Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Japan must be a mysterious country where the top of the country never declares that it would hold the Tokyo Olympic and Paralympic Games in front of the people(国民の前で、国のトップが一度も東京オリンピック・パラリンピック大会を開催すると明言しないまま、なし崩し的に開催する摩訶不思議な国、日本)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、「東京オリンピック・パラリンピック大会」開催という「利権の子ども」の「できちゃった婚」に心の底から辟易している。
何が何でも生むと決めつけているIOCとただ生んでみたい欲した東京都という当事者間で、こんな「世界大戦争」下で本当に生んでしまってイイのかどうか?と真摯に話し合うこともないまま、その「利権の子ども」をバックアップすることによる「トク」だけを欲する我がおバカ政府、「オリンピック・ムラ」の巣窟の東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会、おバカメインストリームメディアどもが、「生め! 生め! 」、「何の科学的なノウハウも的確で適切なプランもないくせに、オレたちが、その『利権の子ども』を安全・安心を保障してやる」の大合唱。
それでいて、誰一人として認知しようとしない卑怯さ…。
6月21日、IOCのトーマス・バッハ会長、IPCのアンドルー・パーソンズ会長、橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会会長、小池百合子東京都知事、丸川珠代五輪担当相による5者会合が、オンラインで実施され、3月20日の会合で「海外からの観客見送り」と「海外在住の外国籍ボランティア約2300人の受け入れも、専門性の高い一部の人を除いて断念」と決定したのに続き、「国内の大規模イベントの制限に準じ、『蔓延防止等重点措置』が解除されることを前提に、会場定員数の50%以内で最大1万人の観客を受け入れること。万一、感染状況が今後悪化し『緊急事態宣言』が発出された場合には、無観客開催」と決定されたとか。
そう、6月21日、クソの役にも立っていない尾身茂分科会会長が、メズラシク感染症学者26名と連名で、「無観客開催。その競技場地域住民のみの観戦。今よりも厳格な感染防止対策」という提言など、全く無視。
それどころか、どうやら止めることになったようだが、会場内で観客への酒類の販売を容認するつもりだったというから、開いた口が塞がらない。
それだけじゃない。
「開会式にスポンサー招待客ら約1万人を入場させる。彼らは観客じゃない(???)」というのだから、もはやキチガイ。
どうだろう?
この「ウィズ・コロナ時代」に世界からトップクラス(?)が集うスポーツの魅力やパワーを最大化した見事な「東京モデル」がまもなく観れるのでは?
ともあれ、5者のなかで、有観客に固執したのは誰か?
それは、火を見るよりも明らか。
事実、ボクネンジン首相も、6月17日、「来月開幕の東京オリンピック・パラリンピック大会は、国内観客を入れて開催する。感染対策として東京、神奈川、北海道などの大規模イベントの参加人数を最大1万人とする政府決定をすでに行った。大会の人数上限はこうしたルールを基本として決定される」と表明しているくらいだから、なおさら明白。
そう、見込んでいた金が黙って逃げてゆくと真っ青な、橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会会長、小池百合子東京都知事、おバカ政府の丸川珠代五輪担当相の3人。
なぜなら、これで皮算用していた約900億円のチケット収入が半分を下回ることは確実。
それだけじゃない。
観客数上限を超えたチケットを販売ズミの競技も、10%強。
「海外からの一般客受け入れ断念に結論が出たワケではない」と最後までうそぶいていたおバカ橋本聖子東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長も、「再抽選が必要となった。心苦しいことだが、ご理解を賜りたい。希望者には払い戻しを行います。詳細は6月23日に発表します。観客上限の40%や30%未満の時間帯もあるが、追加販売は行わない」と暗く喋るのが精一杯。
ともあれ、これで、政府、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会、東京都の3者間で、どこがその数百億円の赤字を負担するのかと醜い争いが始まることだけは、間違いナシ。
どうあれ、これで暗黙の内に東京オリンピック・パラリンピック大会開催が既成の事実になって、IOCもIPCもウハウハ。
なかでも、6月15日、なぜか上げ膳据え膳で東京オリンピック準備状況を監督するIOC調整委員長として来日しているジョン・コーツIOC副会長にいたっては、今ごろ、配下の武藤敏郎たちと酒池肉林のハーレムを最高級ホテルのスィートで味わっているのでは?
では、なぜ開催するだけでいいのか?
実は、それを明確に証明するある人の発言がある。
東仙坊、世界一のモノゴトを深く考えなくなってしまったお祭り好きのお人好し日本国民は、目を皿にして読むべきだと思うが…。

Yuriko Koike must be the strange governor of Tokyo who was hospitalized immediately after the official denial of the Tokyo Olympic and Paralympic Games with a full audience(目いっぱいの有観客での東京オリンピック・パラリンピック大会開催が正式に否定されたら、即座に入院してしまった変な東京都知事、小池百合子)!

To be continued...

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be surprising that Japan was brainwashed to make children “Olympic cults” like China(我が国で、中国のように、子どもを「オリンピック・カルト」にさせるための洗脳が行われていたとは、ビックリ仰天)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、従順でお人好しな我が日本国民を、たった一度の人生で感動できるのは、勇気を与えてくれるのは、「スポーツとオリンピック・パラリンピックのパワーしかない」とファシズム的マインドコントロールし、「オリンピック・カルト」仲間にさせようとする、我が国のおバカ政府や官僚ども、そして、我が国のおバカメインストリームメディアどもの策謀の証左と呆れ果てさせられた話が、これ。
何でも、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が、全国の小中学校・高等学校向けに作成した「オリンピック教育」のための教材があるのだとか。
そのなかに、小学校低学年向け教師用指導案「1964東京五輪のレガシー」なるチャプターがあるとも。
そこには、「1964東京五輪が日本に残したものについて理解させること」、「1964東京五輪は日本の社会を元気にしたことを理解させるように持ってゆくこと」などとあり、「指導上の留意点」として、「2020東京オリンピック・パラリンピックも日本の社会を変えていくことを考えさせること」とあるというから、開いた口が塞がらない。
どうだろう?
「オリンピック開催ボロ儲け論」に取り憑かれた「オリンピック・ムラ」の政治屋どもや官僚ども、メインストリームメディアどもが、一致団結して、この「世界戦争下」にもかかわらず、「オリンピック・パラリンピックこそが日本を、世界を元気にするものだ」と言い張って、何が何でも開催しようとするのは、ある意味、当然と言えるのでは?
ともあれ、日本国内で、開催か中止かに一言も触れていなかったボクネンジン首相が、6月11日、UKのコーンウォールで開幕した「G7サミット」で、「世界のトップ選手が最高の競技を繰り広げることを期待している強力な選手団を派遣してほしい」とG7各国首脳に要請した段階で、世界に東京オリンピック・パラリンピック大会を開催すると宣言したも同然。
そのために、6月13日、G7各国首脳は、極めて儀礼的に声明で、東京オリンピック・パラリンピック大会への支持を表明。
すると、たちまち、ブラック死霊の傀儡のおバカオリンピック・パラリンピック大会組織委員会会長、「大変心強い思いです」とのコメントを発表。
ところで、ボクネンジン首相の「強力な選手団を派遣してほしい」という要請にメチャクチャ違和感を覚えたのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうだと思わないか?
オリンピック・パラリンピック大会って、そのそも、その時点での世界のトップアスリートたちがその腕を競い合い火花を散らし合うものだったはずではないのか?
つまり、強く聡明なアスリートたちは、感染状況の悪い場所に世界中からの人々が集まればさらにスキルアップしたコロナウィルスに感染する可能性が強くなってリスキーで、自分の将来を考えて棄権しそうな状況だと、自ら認めるような要請なのでは?
本当にバカ正直なボクネンジンと言えるのでは?
だからこそ、G7各国首脳の儀礼的な支持表明をまともに受け取って、すぐさまボクネンジンは、そのボクネンジン度を暴露する。
「東京オリンピック・パラリンピック大会の感染対策の徹底と安全安心の大会について、私から説明をさせていただき、全首脳から大変力強い支持をいただいた。私自身、改めて主催国の総理大臣として、こうした支持を心強く思うとともに、東京大会を何としても成功させなければならないという思いで、しっかりと開会し、成功させなければならないという決意を新たにした。子どもやヤングに夢や感動を伝えたい。東日本大震災から復興を遂げた姿を伝える機会にもなる(?)。安全安心な東京大会の開催に向けて、万全な感染対策を講じ(???)、準備を進めていく。世界のトップ選手が最高の競技を繰り広げることを期待する」
どうだろう?
どこかの我が国の小学校低学年の教師に、東京オリンピック・パラリンピック大会について付け焼き刃で学んだのでは?
それはそうである。
次回の2024年パリ五輪開催国であるフランスのエマニュエル・マクロン大統領が、「開会式への出席を楽しみにしている」と表明せざるをえないのは、当たり前
また、ようやく従順な子分にしたばかりのボクネンジンに、ジョー・バイデンが、「選手、スタッフ、観客らを守るのに必要な公衆衛生の措置を万全にして、東京五輪を前に進めていくことへの支持を確認した」と発表するのも、最低限のお世辞。
思わず、この救い難いボクネンジンに、ちょっとロンドンにでも立ち寄って、普通のロンドン市民に東京オリンピック・パラリンピック大会開催について訊いてみなよと言いたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。
UKでは、せっかく1回目のワクチン接種率が高まって、長かったロックダウンが解除させそうだったのに、再びワクチンがあまり効かないような「インド変異株」、いわゆる「デルタ株」に蹂躙され始め、ロックダウンがさらに1ヵ月延長されたばかり。
おそらく多くの元来シニカルなロンドン市民たちが、「こんなときに五輪を開催するなんて正気の沙汰じゃない」と答えると思うが…。
実際、もともと「医療界からの悲鳴は、日本でパンデミックが悪化し続けているにもかかわらず、IOCや主催者が疲れ果てた医療従事者に耐え難い負担をかけている可能性があるという警告だ」と報道していたUKの「ガーディアン」、「菅義偉首相の関心は、世界よりも国内に向けられているように思われる。五輪開催という不人気な決定に対し、国際的支援を求めている。もし世界中から選手や関係者を招き入れ、感染拡大を広げたときに、世界を敵に回すことになるということに気づいているのか? 今回のG7で、最低限無観客、できれば中止を提言できたチャンスを逃した功罪は計り知れない」と辛辣報道。
ついでに、「南ドイツ新聞」も、「IOCと日本政府は、全体を公平に見ることができないでいる。偏った視点から五輪開催を強行しようとしている」と報道。
「ニューズウィーク」も、「今も、海外マスメディアが五輪関連で報じるとしたらワクチンの遅れなどトラブルばかり。海外の人はみんな呆れている。1年延期になったために、しかも強引に開催することになったために、日本のイメージダウンになっている。あれ? 日本はあんなに経済大国になって何でも一生懸命賢くやってきたのに、なんでワクチン接種が進まなくて病床が逼迫するのって。みんな驚いている」と報道。

Due to the Japanese people who are vulnerable to “sports” for some reason, the rude people who just wanna devour their interests cling to “sports business” and “Olympic unevenness”(「スポーツ」になぜか弱い日本国民のせいで、利権を貪りたいだけの不届き千万のヤツらは、「スポーツ・ビジネス」と「オリンピック・ムラ」にしがみついて離れない)!

To be continued...

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Ordinary Japanese! Do you know that the “infinite hell of debt expansion due to the issuance of deficit-financing bonds” that must be worrisome to us now begins with the 1964 Tokyo Olympics(普通の日本人たちよ! 今、私たちを心配させている「赤字国債発行による債務拡大の無間地獄」が1964東京オリンピック開催が発端に始まっているということを知っているか)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

1964東京オリンピックが成功したかどうか?
「安心・安全」のことなど全く歯牙にもかけていない我が国のボクネンジン首相が、「私が責任を持って、この世界的『中共ウィルス』の大パンデミック禍のなかで『安心・安全な五輪』を遂行し、我が国の底力を世界に示す」と豪語しているごとく、「戦後の我が国の復活」を世界に示すことができたのか?
そのうえ、2013年、ピンボケ日本経済新聞が、「アジア初だった1964年東京五輪大会 高度成長の礎築く」と大喧伝したように、高度成長の礎だったのか?
確かに、おバカ我が政府が、ウハウハほくそ笑みながらしながら断行した自分たちの懐が潤う公共事業やインフラ整備を大々的に敢行できたが、高度成長の礎にはならなかったのでは?
それどころか、五輪に費やした膨大な費用のせいで、翌年度から戦後初めての赤字国債を発行するハメになったのでは?
そして、それ以来、狡猾に私腹肥やしのためにしか働かないおバカ政治屋どもに味を占めさせ、い、い、今の今にいたるまで、赤字国債を発行し続けての債務残高の元凶になったとさえ言えるのでは?
そう、大いなる浪費は、クソッタレ政治屋どもや官僚どもの「蜜の元」。
その意味では、五輪開催こそが高度成長にブレーキをかけたとも言えるのでは?
ついでに、戦後の高度成長は基本的要因は、誰がどう言おうと、戦後の「人口増」。
戦後、我が国の人口は、まさに右肩上りで増え続け、1967年、1億人を突破し、それとともに、GDPもドイツを抜いて世界2位。
そう、ある程度の経済規模になった国のGDPは、人口の大きさに比例するもの。
事実、G7のGDPランキングを見れば、人口3億2000万人のUSA、人口1億2000万人の日本、8300万人のドイツと人口にピッタリ比例。
ついでに、世界一の人口14億5000万人の中国が、近いうちにGDP世界一になるのも当たり前。
ともあれ、1964東京オリンピックが成功したか、しなかったかを計る興味深いデータがある。
◇1967年、「日本放送協会放送世論調査所?」が、1964年東京オリンピック終了後(12月12日~19日)に東京都23区を対象に実施した「東京オリンピックにたいする意見と行動調査(事後)」。
◉オリンピックは景気を維持するのに大変役に立ったか? 「YES」31.7%、「NO」59.2%。
◉オリンピックは物価を上昇させたか? 「YES」57.2%、「NO」36.5%。
◉オリンピックは国土の開発と建設を促進させるのに役に立ったか? 「YES」77.3%、「NO」17.7%。
◉オリンピックには大変な費用がかかったので、いろいろな点で国民に負担をかけ犠牲を払わせたか? 「YES」50.3%、「NO」44.9%。
◉オリンピックは成功したか? 「YES」84.6%、「almost YES」15.4%。
どうだろう?
今日、「オリンピック・ムラ」のハイエナやハゲタカどもがうそぶいているほど、1964東京オリンピックが成功したワケではないのでは?
実は、その評価は、1964年の東京五輪の後、世界で初めて開催された「国際スポーツ科学会議」でかなり厳密にされ、辛辣に批判されている。
それを報道したのが、1964年10月6日の読売新聞。
1)「すべての人のスポーツ」というオリンピック憲章の精神が忘れられた過度の選手強化
2)「大衆からすっかり離れてしまっている日本のアマ・スポーツ」
3)「スポーツの過激なナショナリズム化」
どうだろう?
その偏狭で軽佻な姿勢は、以後、ひたすら激化する一方で、「スポーツ・ビジネス」は丸儲けだとばかりに、予算を毎年拡大し続け、何が何でもメダルを取れと膨大な海外練習を含む選手強化費を注ぎ、メダリストに巨額の賞金を渡し、「アマチュア・アスリートのセミプロ化」を推進。
そこに、より金満家集団IOCが根幹的収入源である放送権料upのために「プロフェッショナル・アスリートの参加」を画策し、さらなるコマーシャル化に成功。
そのせいか、好きなスポーツをしてラクに富と名誉が一石二鳥で手に入るとアスリートを目指すヤングが激増。
もっとも、それは、「スポーツ・ビジネス」の限りない美味しさに気づき、「オリンピック・ムラ」に食いついた政治屋どもや官僚どもの小汚い策略の成果でもあった。
そう、何をやっているかさえ全くわからない「スポーツ庁」を、ただの鉄面皮のウソつきでしかない「東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当大臣」を創設してまで…。
まだある。

What attracts you to the “money, money, money commercialist festival” that has nothing to do with the current “Olympic Charter” or “Sacred Peace Festival”(今の「オリンピック憲章」や「聖なる平和の祭典」と全く無関係な「金、金、金の商業主義の祭典」のどこに魅力を感じるのか)?

To be continued...

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

What a pity for Japan that is completely stuck in the traps of “sports business” and “Frenzy Olympics” set up by the United States and China, who don't hesitate to lie from a distorted view of history(歪んだ歴史観からウソをつくことに躊躇いのない米中両国が仕かけまくる「スポーツ・ビジネス」と「狂乱のオリンピック」の罠に完全にはまってしまっている我が日本のなんとみっともないことか)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、かつて、正直にオリンピック・フリークであることを告白したことがある。
そうなったキッカケは、決して、「聖なるスポーツの祭典(?)」で、鍛錬され尽くされたアスリートたちのスポーツに勇気づけられたからなどでは全くなかった。
我が国の三白眼のボクネンジン首相が、詐欺師の口上のようにちょうど触れたアスリートたちのことで、説明してみたい。
確かに、日本人らしくアクティブなディフェンス戦略という「回転レシーブ」と今までにないクイックという新たなオフェンス戦略で優勝した「東洋の魔女たち」には、驚愕を覚えた。
そして、ボクネンジンは、アンポンタンJOC会長と同じ柔道のオランダのアントン・ヘーシンクの名を出した。
しかし、あの柔道無差別級決勝に触れるなら、その相手をなった日本人柔道家神永昭夫のことを取り上げるべき。
すでに、柔道がJUDO化し始めていて、ホッキョクグマのようなアントン・ヘーシンクに、彼は、正々堂々とよせばイイのに正攻法の柔道で立ち向かった。
けれども、10分近く経って、その巨大なボディに覆い被られ、そこから脱出しようと必死にあがいたものの無念にも散った。
しかしながら、彼は、負けた後もどこまで毅然と美しくあり続けていた。
そして、今やその柔道は、金メダルを取ればイイというちっとも美しくないJUDO家どものものになってしまった。
それから、東仙坊、ボクネンジンは本当にボクネンジンなんだなあと再確認させられたのが、オリンピックのマラソンで史上初の2大会連続優勝を果たした「裸足の王者」エチオピアのアベベ・ビキラの名を出し、10000mで6位になり、最後のトラックで抜かれたものの我が国マラソン史上初めて銅メダルを獲得した円谷幸吉の名を出さなかったこと。
東仙坊、率直に言って、我が国にスポーツ史なるものがあるのだとしたら、あまりに日本的すぎる最大の悲劇の男だと思うのだが…。
なぜなら、限りなく実直だった大和男児の円谷幸吉は、1968年、メキシコシティ五輪の開催の年に、自衛隊体育学校宿舎の自室でカミソリで頚動脈を切って27歳で自殺してしまったからである。
どうか普通の、イヤ、本来の美しい日本人なら、彼の遺書を読んで、我が国の歪んだスポーツのあり方を、とりわけ、「オリンピック・カルト」に狂った稚拙なオリンピック信仰を改めてほしいものだが…。
父上様母上様 三日とろろ美味しうございました。干し柿 もちも美味しうございました。
敏雄兄姉上様 おすし美味しうございました。
勝美兄姉上様 ブドウ酒 リンゴ美味しうございました。
巌兄姉上様 しそめし 南ばんづけ美味しうございました。
喜久造兄姉上様 ブドウ液 養命酒美味しうございました。又いつも洗濯ありがとうございました。
幸造兄姉上様 往復車に便乗さして戴き有難とうございました。モンゴいか美味しうございました。
正男兄姉上様お気を煩わして大変申し訳ありませんでした。
幸雄君、秀雄君、幹雄君、敏子ちゃん、ひで子ちゃん、
良介君、敬久君、みよ子ちゃん、ゆき江ちゃん、
光江ちゃん、彰君、芳幸君、恵子ちゃん、
幸栄君、裕ちゃん、キーちゃん、正嗣君、
立派な人になってください。
父上様母上様 幸吉は、もうすっかり疲れ切ってしまって走れません
何卒お許し下さい
気が休まる事なく御苦労、御心配をお掛け致し申し訳ありません。
幸吉は父母上様の側で暮しとうございました

どうだろう?
純朴な人間に、ここまでのプレッシャーやストレスをかけた、スポーツって何なのか? それ以上に、オリンピックって何なのか?
東仙坊、声を大に再三言い続けてきているが、人間の一生に何が何でもスポーツが必要なのか? イヤイヤ、オリンピックの何が崇高なのか?
1964東京オリンピック大会を主催したとき、確かに高度成長が始まってはいたが、そこまでの経済的余裕などなかったはず。
しかし、日本国民は、戦後の我が日本の復活を世界に示したいと為政者どもの分不相応な虚栄の一端を担わされ、オリンピックを盛り上げさせる小道具の一つに利用された。
そして、その反動から、他愛なくアスリートたちに、国のためにもっと力を尽くして戦え! 次こそは優勝しろ!と圧力をかけたはず。
そう、日本の復活を世界示すためにの美名の元に、何とかオリンピックを成功させようと、全く今のようになりふり構わぬ状態。
では、私利私欲のためにどうしても東京オリンピック・パラリンピック大会を開催したいとほぼ気の狂った「オリンピック・ムラ」の象徴である東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会、いまだ2026年インバウンド6000万人の白日夢を追う我がおバカ政府、バカ高い放映権を買ってしまっていて少しでも元を取りたいと必死の我が国のおバカメインストリームメディアどもが、三流詐欺師どもらしく口裏を合わせて叫んでいるように、1964東京大会は成功したのか?
目算どおりに、世界に我が日本の復活を示せたのか?

Have you ever wondered how many people around the world are now living desperately without even jokingly thinking about the Olympic Games(今、現在、冗談でもオリンピックのオをパラリンピックのパさえ考えることなく必死に生きている人々が世界中にどのくらいいるかを一度でも考えたことがあるか)?

To be continued...






恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be the current situation in Japan that is obsessed with this “Olympic cult” that a son of bitch who once dominated the world as an athlete should easily be transformed into an ugly money‐hungry(かつてアスリートとして一世を風靡したオトコが醜悪な金の亡者に簡単に変貌してしまうのが、この「オリンピック・カルト」に取り憑かれた我が日本の現状)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

そんな金の亡者どものIOCの単なる手先でしかないでしかないJOCだからこそ、その金の流れが極めて異常なのは、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会と五十歩百歩。
2013年、IOC総会で、夏季五輪の東京大会招致が決定したが、その直前と直後に、東京五輪招致委員会からシンガポールの見るからにイミテーション・コンサルティング会社とわかる普通の家庭マンションペーパーカンパニー「ブラック・タイディング」に、「コンサルタント料」として約2億3000万円も支払うのも、自明の理。
しかも、「ブラック・タイディング」代表は、セネガル出身のIOC委員だったラミン・ディアク国際陸連会長の息子パパマッサタ・ディアクの単なるお金の窓口。
フランス検察が、「そのお金でパパマッサタ・ディアクがパリで高級時計や宝石などを買い、IOC委員の買収に使った」と見るのも当たり前。
そ、そ、それなのに、2016年、JOC調査チームが、「正当なコンサル料で(?)日仏の法律に違反しない」という報告書を発表するフテブテしさ。
2017年、フランス検察の要請に応じて東京地検特捜部が、無知な小狸である招致委員会理事長でJOC会長竹田恒和を聴取。
2018年、パリでも、フランス当局がJOC会長竹田恒和を聴取。
すると、平然と2019年無罪を訴えていた小狸が責任をとって、6月末でJOC会長職を退任。
東仙坊、あんなマンションに約2億3000万円も支払えるなら、自分には約5億円はコンサルタント料として払ってもらえるのでは?と勝手に予測。
ところで、そんなJOCの経理部長が、この2020年度決算が理事会に提出される繁忙期に、突然、自ら命を断つという凄惨な事故(?)が発生した。
そのことについて、前JOC会長竹田恒和のJOC調査チーム座長だったという立教大法学部教授早川吉尚弁護士なるアンポンタンが、実に奇妙な見解を出した。
「招致委員会の調査では『日本の法律に違反することはなく、IOC倫理規定への違反も見出せない(?)』という結論を出しました。その過程で、今回亡くなった方の名前が登場したこともありません。私たちが調査した招致委員会には、JOCからの資金拠出はほとんどなく(??)、そもそも別組織です。ただ、JOCの収入構造は、国内で様々な競技大会が開かれることによってその収入の一部が入ってくるというものですから、この1年は収入が大きく減っている状況が続いているワケです。JOCは職員もたくさん抱えている(???)し、収入がなくてもJOCがやらなくてはいけない活動はたくさんあるので、お金はかかる(???)。財務的に厳しい状況になれば、一番苦しむのは財務の責任者の方になるでしょう
どうだろう?
果たしてこのご仁、本当のことを言っているのだろうか?
第一、本当にそうだったら、なぜ会長の座に執着した鉄面皮の竹田恒和が責任を取る必要があったのか?
本当はJOCからの使途不明な資金がいろいろなカタチで招致委員会に流れていたのでは?
それより何より、あれだけ露骨にバレていたペーパーカンパニーへの振り込みが正当なコンサルタント料と言ってしまえる無神経さは、キサマ本当に法律を勉強したの?と訊いてみたくならないか?
そんなことだから、一介の経理部長が大変な思いをしていたのでは?
にもかかわらず、今やかつての柔道界のレジェンドの面影など微塵もなくなってしまって、情けなくて惨めな金の虜になってしまっているおバカJOC会長山下泰裕、「ご遺族は警察が自殺と認定していることに納得していない。事故死ではないかと思われている」とコメントまでして、自分が責任を問われないように必死。
東仙坊、人間が金のために魂を売るとここまで醜悪な顔になってしまうんだと、ただただビックリ。
さて、そんなアンポンタン会長、6月3日、先行優先ワクチン接種に躊躇するアスリートもいるなか、選手約600人を含めた日本選手団関係者約1600人に6月1日から開始したワクチン接種に関し、実に興味深いコメントを発している。
「五輪開幕50日前にあたり、大会開催を不安視する声があることは理解できる。具体的な取り組みを示し(?)、大会の防疫策を説明していくことが必要だ(?)。選手には、その努力を重ねる姿が多くの人の感動を呼び起こし、子どもたちの憧れへとつながることを否定する人はいない。開催を望んで(?)、五輪に向け練習することを後ろめたく思う必要はないと、強く伝えたい。自分も接種を受けた。単に自分を守るだけでなく、みんなに迷惑をかけないということが競技団体から伝えられ、思った以上に接種者が増え(?)、五輪に参加する日本代表選手や候補選手の約95%がワクチン接種を受けた。そして、代表選手(候補を含む)の約5%が辞退したようだ。様々な考えから(?)辞退する人、受けたくても受けられない人もいると聞いている」
どうだろう?
このアンポンタン、その約30人のワクチン辞退の選手たちの気持ちをどこまでおもんぱかっているのか?
きっと、どこかで、「その競技団体のトップに、なぜ接種させないんだ」と怒鳴りつけているに違いないと思うのは、東仙坊だけではないと思うが…。

The inferiority complex of our Japanese living in a small island country in the Far East to foreigners must be extraordinary. That is why, like a tyranny, the Olympics and Paralympics continue to assume that they are events for the nation's rise(極東の小さな島国で生きる我が日本人の外国人への劣等感は異常なほどである。だからこそ、まるで専制国家のように、オリンピックやパラリンピックが国家発揚のためのイベントと思い込み続けている)!

To be continued...


















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード