Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング  東京・江戸川保育士主婦刺殺事件-2

It must be easy to turn out worst when you talk about money to part when troublesome(別れるのに面倒だからと金を話しをすると、最悪の結果になりやすい)!

■東京・江戸川保育士主婦刺殺事件

●東仙坊がプロファイリングする事件の不可解な点

②実は、東仙坊、facebookが殺人被害女性の定番では?と感じている。
誰がどう言おうと、webの世界を過信すべきではないと思うが…。
この被害女性も、また典型的なfacebook活用者。
そこで、あまり興味がないが、以前から面識があったという2人の出遭いに言及せざるを得ない。
被害女性は、静岡県熱海市出身で、日本女子体育大を経て、都内の保育園勤務。
2009年8月に静岡県出身のシェフである夫(28歳)と結婚し、都内暮らし。
昨年、保育士免許取得のために都内の保育専門学校を卒業。
4月、夫は2014年の帰国予定で料理修業のため渡仏。
「夫の店を手伝うのが私の夢」と周りに言いながらも、スキャンダラスに「包丁片手のチャッカル」と「love affair(ラブアフェア:浮気)」。
やはり、夫より10歳も年上だと違う(?)、左官だから盛ん(?)とドキドキ。
ところで、その「包丁片手のチャッカル」はというと、かつて岡山県倉敷市茶屋町早沖で父親の「込山左官」の左官工で、近所から「やんちゃで、難しいし性格。 かなり粗暴で近所とトラブルだらけ」と言われていたオトコ。
それなのに、事件後、「包丁片手のチャッカル」の父親は、「ビックリした。事件を起こすような子じゃないのに。よっぽど何かあったと思う」と他人事。
しかも、2008年、倉敷ケーブルテレビに(??)「暮らしの家を支える職人、左官工」として取り上げられ、数多くの道具を見事に使い分け、正確な手さばきを披露し、「これからも古いものと新しいものの融合をさせ未来へつなごうという思いで日々、腕を磨いている」と話していた結果が、被害女性を15ヵ所刺しただけ。
どちらにしても、2人の出遭いは、facebookか、今や男女間犯罪の定番の出会い系サイトと考えるのが、自然では?
もしくは、言われているように、都内の被害女性の前の部屋近くで偶然知り合ったのか?

③東仙坊、今回も、いつもながらに被害女性の自業自得的側面、身から出たサビを糾弾せざるを得ない。
その決定的な論拠が、空き部屋情報…。
同じマンションの同じ階で空き部屋が出たことを迅速に知れるのは、どう考えても、被害女性。
夫が留守をいいことに、そそくさと「包丁片手のチャッカル」にコンタクトして、呼び寄せたと確信している。
そして、その論拠は、それだけにとどまらない。
実は、この事件で最初から一番気になった点が、これ。
軽トラックを運転し、岡山から東京に吹っ飛んできた「包丁片手のチャッカル」、どう見ても、お金が十分にあったとは思えない。
となると、家賃8万円前後の2DKマンションへの引っ越し費用は、一体どう工面したのか?
東京だと、何だかんだで、40~50万円くらいは必要だったのでは?
それに、駐車場だって、全部で10~20万円は最初に必要だったのでは?
そこで、事件直前の被害女性の金切声の「何で返してくれないの(?)」で、目からウロコ。
被害女性が、その費用を立て替えたのでは?
つまり、自分のお金でアマンをそばに呼び寄せたのでは?
ところが、予想以上に「包丁片手のチャッカル」がその気になって、閉口。
黙らせるために、言うことを聞かせるために、直情的にそれを責め立てたのでは?
どうだろう?
かなり真実をついていると思うが…。
そして、それこそが、「包丁片手のチャッカル」の被害女性への思いを、一気に殺意に変えたと思わないか?
どちらにしても、世の主婦たちよ、アバンチュールをエンジョイするなら、貧しいオトコだけは絶対に止めた方がいいと思うが…。
なかでも、前のオトコとのヤケボックリほど始末に悪いモノはないと思うが…。
そんなオトコを相手にするくらいなら、東仙坊、明確にバイブレーターの使用をおススメしたい。
とにかく、言われているストーカー説は、身内用のマユツバだと思うが…。

④東仙坊、パリで男としてのメンツをグシャグシャにされ、いい面の皮にされた夫に深く同情している。
しかし、偶然、今いるところがパリなのだから、きっと立ち直れる。
パリでは、どこかで書き込んだことがあるが、「cocu(コキュ:妻を寝取られた男)」は、男のペーソスのシンボル。
そこから、さらに寛容になって女性を深く愛せるようになれるはず。
負けるな!
そんなことより、凄く心配しているのが、事件当日、外出していたというネイリストの妹の心理状態。
なぜなら、間違いなく「包丁片手のチャッカル」のことを相談されていたはずだから…。
「家を空けなければよかった」とか、「ちゃんと親に相談しておけばよかった」とか、姉の凄惨な死を自分の責任かのように自分自身を責めているのでは?
どうかそんな風には考えないで!
誰のせいでもない。
みんな姉が自分で蒔いた種。
せいぜい姉を反面教師にして、自分が同じ過ちをしないように肝に銘じてほしいのだが…。

The miserable ending of the damage woman might be the natural consequences after all(被害女性の悲惨な結末は、結局、自業自得かも)!







緊急プロファイリング  東京・江戸川保育士主婦刺殺事件-1

If your life has a clear plan, you should marry after realizing it(自分の人生に明確なプランがあるのなら、それを実現してから結婚すべき)!

これだけモラルを完全喪失し、それぞれがそれぞれにジコチュウ的になりふり構わず自分のしたい放題好き放題の時代。
モラルについて取り上げること自体、口幅ったいが、それでも幾分の節度はいるのでは?と、ついつい言いたくなる不快な事件がまた一つ…。
夫が自分のしたいように4月から料理修業のために単身渡仏。
どのくらいのスパンなのか興味がないが、その間、にわか独身の妻が何を好き勝手にしようと、夫の許容範囲にあったはず。
それでも、一応、2人の愛の巣に(?)別のオトコをいかなる理由でも連れ込むのは、やはりタブーなのでは?
どうあれ、今、夫はパリでいい面の皮…。
まあ、東仙坊、そんな夫に対し、妻の奇怪な死にめげずガンバっていいシェフにおなりなさい!としか言いようがないのだが…。

■東京・江戸川保育士主婦刺殺事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

10月8日午後10時15分ごろ、都営地下鉄一之江駅の北西約1.7㎞の住宅街にある東京都江戸川区松江のマンション住人から、「男女の争う声が聞こえる(?)」、「女性が助けを求める声をあげている(?)」と110番通報。
警視庁小松川署員が駆けつけると、そのマンションの3階の1室の台所付近で、そこに住む、30歳保育士主婦が背中など15ヵ所を刃物で刺され、左手には防御創を作り、Tシャツとジーパン姿でうつぶせの状態で倒れて死んでいるのを発見。
その近くには血の付いた包丁が2本。
1本は、その家のものではないことが判明。
玄関は無施錠で、室内には争ったような形跡。
司法解剖の結果、死因は失血死。
被害主婦の部屋から、同じ階に住む30代オトコの部屋まで血痕が付いているのを確認。
その後の捜査で、マンションの廊下や周辺の階段、路上、現場から南東に約100m離れた公園内、公園内駐車場へ転々と続く血痕を発見。
どうやら、被害女性ともみ合った際に負傷したホシが、駐車場に止めていた自分の岡山ナンバーの軽トラックで西の方向に逃走。
ただし、高速道路を使った形跡はナシ(?)。
さらに、その後の捜査で、オトコの部屋から血痕と血を拭ったタオルを押収、DNA鑑定で被害女性の血を確認。
また、現場に残された凶器の包丁に付着していた指紋がオトコと一致。
10月9日、警視庁は殺人で、その同じマンションの同階に住むオトコ、職業不詳、込山昌寛(38歳)なる「包丁片手のチャッカル」を指名手配。
すると、10月10日正午ごろ、名古屋インター近くの愛知県名古屋市名東区のラブホテル「サンマリーノ」の部屋で、照明コードを首に巻きつけた状態でベッドの上で自殺しているのを、10月9日午後2時半ごろにチェックインしたのにチェックアウトしないので、部屋を確かめに行ったホテル従業員が発見。
しかも、手が切れ血がついていたというから、間違いなく本ボシ。
ホテルの部屋にあった運転免許証で、本人確認。
もっとも、その逃走に使用していた軽トラックは未発見というから、ミステリー。
どうあれ、わざわざ現場から約270㎞先で、エンド・オブ・ライフ。
警視庁は、容疑者死亡のまま殺人で東京地検に書類送検。
ところで、マンション近隣住民によると、「包丁片手のチャッカル」がそのマンションに住み始めた8月以降、いきなり被害女性の部屋で、男女が頻繁に言い争う声を聞くようになったというから、何をかいわんや。
いつも女性の方が「何で返してくれないの(?)」とか金切声を上げ、特にここ1週間前から激しくなり、事件当日はとりわけ「いつもより怒鳴り声が大きかった。今回はオトコの方が『うるさい!』と怒鳴っていた」というのだが…。

●東仙坊がプロファイリングする事件の不可解な点

①東仙坊、どうしても気になるのが、現場に残されていたという血のついた2本の包丁…。
もしかしたら「包丁片手のチャッカル」が本当に包丁を持って部屋にきたのに対し、被害女性も包丁で立ち向かおうとしたのか?
それが、残忍無比な15ヵ所も刺す結果を招いたのでは?
どう考えても、「包丁片手のチャッカル」の方は夢中だったはず(?)。
脅かしてまで言うことを聞かせようとしただけだったのでは?
ところが、被害女性が敢然と戦おうとしたので、本来の直情径行性格がそのまま剥き出しになったと思うのだが…。
どうしてもそう感じてしまう理由が、「包丁片手のチャッカル」のベランダにメチャクチャきれいに干されている洗濯物の数々。
そして、血を滴らせながら、自殺の逃亡にすぐ出発したという事実(?)。
どうあれ、こんな凄惨な結末を迎えたのは、被害女性の何も考えないふとした心の緩み、寂しさのハケグチのせいだと感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうである。
「包丁片手のチャッカル」のストーカー的片思いだけだったら、夫が渡仏した直後にすぐケンカが始まっているだろうし、あえて同じマンションに引っ越してくる必要もないのでは?
誰がどう言おうと、元カレだか今カレ高興味もないが、被害女性の方からコンタクトを取ったのは間違いないのでは?
それも、夫が渡仏してから…。
そして、8月、「包丁片手のチャッカル」が同じマンションの同じフロアに引っ越してきた直後は、その状況に陶酔していたことも間違いないのでは?
かなりスリリングでエキサイトできるそのアバンチュールに…。
けれども、「包丁片手のチャッカル」にそんなシャレがいつまでも通じるワケもなかった。
慌てた被害女性は、ネイリストの妹を9月下旬から同居させることで、何となくコトを荒立てずにその状況を打破しようと浅知恵を絞った。
それがますます「包丁片手のチャッカル」をムキにさせる結果になり、諍いはより激しくなることに…。
そして、妹が外出すると、すぐまたファイト。
どうだろう?
そんな顛末だと思わないか?
えっ、被害女性の前の部屋からストーカーで、4月にそれを避けて引っ越してきたのに追っかけてきたって?
だから、もし本当にそうなら、「包丁片手のチャッカル」にだけは絶対知られないように引っ越ししただろうし、夫の方が包丁で戦っていたのでは?
それ以上に、最初から妹と同居するだろうし、ストーカーを一人住まいの自分の部屋にあえて入れるはずは絶対にないのでは?

You should select carefully in the men of the partner to enjoy a short-lived dangerous love affair(つかの間の危険な情事を楽しむには、相手の男を厳選すべき)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード