Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング  川崎市オゾマシキ終末バラバラ殺人事件-2

I don't know how the son could have the hatred as he killed his real mother and took it to pieces(実の母親を殺害してバラバラにするほどの息子の憎悪ってどうやって抱けるのか)!

■川崎市オゾマシキ終末バラバラ殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

②相変わらずの無能極まりない神奈川県警、安否確認のためにわざわざ現場に入りながら遺体の一部(?)の存在に気づかず(??)、その遺体発見が丸1日遅れたことが、ホシの逃走を利することになったことは間違いない
そして、腐敗が進んでいないのにかかわらず、男女の区別すら簡単に公表しないばかりか、これだけ科学捜査の進んだ現代で被害者の特定を即刻公表しないところに、何らかの恣意的意図があることも間違いない。
さすがの警察も、その凄惨な犯行のあまりのオゾマシサに、ある種の躊躇を覚えていると素直に考えるのが、極めて自然か?
切断面以外の遺体の首に別に刃物傷があったというようなことより、その現場にあった刃物の血痕のDNAや刃物の指紋やDNA検査をすれば、すぐ事件の本質が浮き彫りになるのでは?
ところで、東仙坊、この凄惨な事件のホシが長男であるかどうかは別にして、どうしてもわからないことがいくかある。
まず、膨大なエネルギーを注いで、あえて残虐無比に死体をバラバラにするのは、どこまでも殺人の隠蔽工作、事件そのものの証拠隠滅のためのはず。
死体を細かくすることで処理しやすく、また運搬しやすく、巧妙に遺棄処分すれば、被害者は行方不明のままということで終わってしまうかもと薄汚く期待するためのはず。
最低でも、死因の特定が不可能になってホシに有利になるはず。
だとすると、バラバラにしておいてはなぜ現場にその一部を放置したのか?
とりわけ、頭部を…。
メチャクチャ矛盾だと思わないか?
もちろん、あえてバラバラにすることで、警察を愚弄したり、その猟奇性を際立たせたり、「見せしめ」の意味もないワケではない。
そ、そ、そうだとすると、もし長男の仕業だったとしたら、母親の女手一つで19年間も育てられていながら、そ、そ、そこまで母親を憎んでいたということ?

次に、人間が人間を包丁で解体など本当にできるものなのか?
東仙坊、鯵の三枚おろしさえ、ウロコを取るだけで終わってしまうので、想像もつかないのだが…。
どうあれ、現場の台所の隣にはバスルームがあったはず。
そこを徹底的にかつ迅速に科学捜査して欲しいものでは?

③この15年間も2人だけで暮らしていた母子家庭での凄惨な事件発生の報に接し、しかも43歳の母親と19歳の長男が同居するアパートでの不可解な事件と聞いて、何とも言えない不気味さを感じていたのは、東仙坊だけではあるまい。
それは、「gender-free(ジェンダーフリー:一般通念にとらわれず、人それぞれの個性に基づいて好き勝手に自分の生き方をする)」現代社会らしく、短絡かつ刹那的な近親相姦的オゾマシサを感じたからではない。
その全くの逆で、これだけの軽佻浮薄で無知蒙昧な家庭ばかりになると、親子の相互理解は本当に可能なのか?と、ついつい懐疑的になったからに他ならない。
つまり、父親ナシで自分の人生を半ば犠牲にし真摯に女手一つで、一心不乱にパート販売員をしながら長男を育てた母親…。
父親ナシで受験や塾などで自分の時間をムダに浪費することなく、貧しくても一生懸命な母親に感謝し自分で契約社員として働きながら好きなコンピュータ関係の専門学校に通うことを目指していた長男…。
2人は、その狭いアパートで、それぞれにお互いが自分の「Libido(リビドー:性衝動)」をどうコントロールしていたのか?
果たして本当にお互いを理解し合えていたのか?
えっ、どういうことかって?
それに応える前に、もう少し…。
ここで言う「リビドー」は、単にフロイトが指摘した「性的衝動を発動させる力」というよりも、ユングが指摘した「すべての本能のエネルギー」のこと。
「人間の性を非常にバラエティに富んだものへと向ける本質的なパワー、いろいろな欲求に変換可能な心的エネルギー」のこと。
そして、その「リビドー」を「自我」によって何とかバランスを取ることで社会適応性を身につけたり、自己に向けることで厳格な「超自我」を形成して強いモラルを身につけたりすること。
えっ、ますますわからないって?
ようは、こういうこと。
極論すれば、人間のやることなんか何もかもが「リビドー」の変形のようなもの。
それこそ、文化的活動や人間のモラル、芸術さえも「リビドー」の変形。
そして、人間は毎日その「リビドー」から身を守るために、必死に自制したり、それこそDNA的な何かで忌み嫌って辛うじて人間らしく生きているはず。
さらに、もっと具体的に言ってみる。
19歳にもなれば異性にも性にも相当な興味があるのが当然なのだが、生活のために忙しいうえ、そばにいる母親の手前、かなりの忍耐をしてストレスになっているはず。
まだ43歳と言えば女盛りそのものだが、生活のために忙しいうえ、そばにいる長男の手前、かなりの忍耐をしてストレスになっているはず
大切なことは、2人がお互いにそういう状況であることを理解し合っていたかどうか?ということ。
一言で言うと、「母さん、彼氏というか、あっちの方はちゃんとうまくやってるの? 欲求不満じゃないの? もし部屋を使いたいときは前もって言ってくれよ。遊びに出かけるから…」
「大丈夫よ。そんなことより、こんな部屋じゃ、家にガールフレンドも連れてこれないでしょ、悪いわね。本当に大学を行かせてあげられないだけでなく、いい暮らしさせてやれなくて!」
「何言ってるんだよ。母さんはよくやってくれてるよ。ボクは早く親孝行をしてラクにさせてやりたいって考えてるんだけど、ゴメンね」というようなやり取りができているかどうか?ということ。
もっと、もっと、フランクに言うと、この母親は思春期を過ぎた長男がどんなsexライフをしているのか?心配していたのか?
同じく、この長男は、女盛りの母親がどうやってsexライフを満足させているのか? いやいや、40歳を過ぎた母親の起伏がなぜ激しいのか? それが更年期障害というどうすることもできない女ならではの病気だときちんと認識していたのか?
どうだろう?
そのお互いの理解さえあれば、こんなオゾマシイ事件が起きなかったのでは?
実は、東仙坊、そう直感したくなるソースを読んだばかりだった。
3月5日、40歳以上の女性の過半数が更年期障害の症状や原因がはっきりしないカラダの不調(不定愁訴)に悩み、日常生活に何らかの影響を感じていることを、医療情報サイト「キューライフ」が発表。
調査は1月、40歳以上の女性を対象に3888人から回答を得たというから、そこそこのサンプル数では?
それによると、3年以内に不定愁訴や何らかの不調を感じた人は、なんと54%
具体的には、「肩こり・腰痛・手足の痛み(57%)」、「疲れやすい(55%)」、「顔がほてる(51%)」など。
不調が、生活に「影響している」人は、58%。
こうした症状はで更年期障害を疑い医療機関を受診した人は、24%。
その受診しない理由は、「ガマンできる」、「そのうち治る」

更年期障害症状の相談相手は、「友人・知人」が60%を占め、「配偶者(46%)」や「配偶者以外の家族(31%)」を上回っているから、息子などでは到底ムリかも…。
ちなみに、「誰にも相談していない」人も、38.7%
どうだろう?
15年間ムリをしてガンバっていた母親の更年期障害は相当なものだったと思わないか?
どうあれ、そのメチャクチャ情緒不安定なものの言いようをした母親に、無知で未熟な長男がブチ切れたのが、この事件の真相に大きく関わっていたに違いないのでは?
と、と、ところで、バラバラにしたということは、自分の母親を裸にしたということ?
Oh my god! クワバラ、クワバラ…。
どうかこのジャン・バティスト・グルヌイユごとき猟奇的サイコパスがそっと自殺していてほしいと本気で願っているのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。

I guarantee when women trying only this hard increase, the menopausal disorders should become the big problem(これだけガンバル女性が増えると、その更年期障害は大きな問題になる)!

緊急プロファイリング  川崎市オゾマシキ終末バラバラ殺人事件-1

Does the country where a person such as Jean-Baptiste Grenouille appears have the future(ジャン・バティスト・グルヌイユのようなヤツが出現する国に、未来はあるのか)?

オリンピックフリークでも、東仙坊、2020年東京オリンピック招致に賛成でも反対でもない。
やれるものなら、東京でやればいい…おそらくほとんどの日本人同様そう思っているだけ。
それが、あの金満体質のIOC評価委員現地調査隊に、6億円もかけておもねってまでそうしたいのかと言えば、その金を東北の復興費用にあてれば…せめて被災地のノラ犬やノラ猫のエサ代にすれば…と言わざるを得ない。
何かが変?
隣のキチガイの国のデブ金が、元NBAの不気味な異端児とバスケットの試合を観戦するのとどこか似ている?
そんな金があるのなら、コチェビに温かな食事を食わせろよ!と言いたいのと同じ。
どこかがズレている?
もしかすると、モラル完全崩壊の我が日本も、その隣のキチガイの国や兄弟の国同様、その人間性をすっかり歪めてしまっているのかも…。
それにしても、神をも恐れぬサタンやデーモン的殺人鬼が、映画「パフューム」のジャン・バティスト・グルヌイユごとき猟奇的サイコパスが、ついに我が国に出現するとは?
東仙坊、あれだけ倦むことなく彷徨う大和魂-23  イエ、イエー、家の絆はオー・イエーッ!?-1 を書き込んで警告していたのに…と、正直、かなり、かなりショック…。

■川崎市オゾマシキ終末バラバラ殺人事件

●現時点知り得る限りの事件の概要

東急田園都市線鷺沼駅から南東に約500mの閑静な住宅街である神奈川県川崎市宮前区有馬のアパート2階、6畳・4.5畳・キッチンの2Kの部屋で暮らす、母子家庭があった。
2人は、1998年、母親が28歳、長男が4歳のときにその部屋に引っ越してきて、全く近所づき合いもせず、15年…。
おそらく今では定番そのものの離婚(?)による2人暮らし。
アパートの大家である男性(59歳)によると、「15年間賃料の滞納もなく、この3月分も2月26日に振り込み済みだった。近隣住民から苦情や相談などのトラブルを受けたこともない」というから、メチャクチャプライドのある実直な母親だったに違いない。
実際、母親は、まだ女盛りでしかない43歳で、川崎市内の大手ディスカウントショップにマジメにパート勤務。
19歳の長男も、中学時代は成績も優秀で、契約社員として都内の清掃会社で勤務し、午前中は仕事、午後は勉強。
この4月からコンピュータ関係の専門学校(?)に通学予定(?)。
ただ、ゲームにのめりこむタイプで、内向的な面もあったというから、これまた定番か?
どうあれ、2人は、3月1日は、それぞれに通常に勤務。
3月2日、母親は休日だったが、長男は勤務予定。
しかし、長男は3月2日朝「体調がすぐれない」と職場の上司に欠勤を伝えるメールを送付。
3月3日は、2人とも休日。
ところが、3月4日以降、2人とも無断欠勤…。
3月4日午後6時半ごろ、母親の妹(40歳)の夫(46歳)が「2、3日、義姉が見当たらない。安否確認して欲しい」とアパート近くの鷺沼交番に届け出。
神奈川県警宮前署員が義弟と尋ねるも、部屋は施錠。
そこで、無施錠のトイレの格子戸を外して室内に入ったが、部屋には誰もいなく、部屋にはゴミが散乱していたが荒らされた形跡もなかったので(?)、いったん帰宅。
3月5日午前9時半ごろ、再び神奈川県警宮前署員とともに、妹と義弟が部屋に入り、台所でタオルや新聞紙でくるまれビニール袋に入ったクルブシの数cm上から下の人間の女性のものとみられる、腐敗していない右足首を発見。
また、台所付近には血の付いた包丁女性用手提げバッグの中から玄関の鍵と数万円が入った母親の財布携帯電話2台(1台は長男のもの?)
さらに、台所用マットや床に複数の血痕や血だまり、他の財布3点(2点は母親のもの?)、パソコン2台、長男名義の通帳2冊なども発見。
ただし、長男が使用している財布はナシ。
神奈川県警は死体遺棄事件として捜査を開始。
3月6日、別のポリ袋に入った人間の女性のものと見える膝から下の左足、女性とみられる首で切断された頭部、肩から指先までの左腕を発見し、事件は猟奇的バラバラ事件の様相。
すると、アパートの1階住民から、「3月に入って夕方、2階から不審な物音を聞いた。何か引っ張るような音だった。ガガガーというような音」という証言。
近所の住民から、「3月3日の午前中に女性の叫び声みたいなものは聞いた記憶が…。物音はだいたい、夕方終わって、夜暗くなるくらいに2回ほど、ドタンバタンみたいな」という証言。
神奈川県警は、遺体のDNA鑑定と2人の所在確認を急ぐというのだが…???

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①事件現場の状況から、外部からの侵入者によるこのうえなく凄惨なバラバラ殺人とは、どうやっても考えられないのでは?
強盗目的、強姦目的、殺害目的だったとしてら、七面倒臭いバラバラにする必要は、どこにもないはず。
と同時に、室内はどうしても荒らされるのでは?
仮に強盗の居直りだとしても、殺すのなら2人ともで、それは単独犯ではかなり困難でバラバラなどにしているヒマなどないでは?
では、複数犯だとしたら、失礼ながらもっと裕福な家庭を狙うのでは?
そして、それなら母親の財布を残さないのでは?
それ以前に、2人暮らしの部屋に日曜日に犯行を計画しないのでは?
では、怨恨による複数犯?
そうだとしたら、余計にバラバラにしないだろうし、長男も道連れにするだろうし、第一、凶器を残して行かないのでは?
それなら、女盛りの母親目当ての強姦目的?
そうだとしたら、長男のいない時間を狙うのでは?
このとき絶対と言っていいほど、長男も現場にい合わせたはず。
なぜなら、今のヤングが、とりわけゲームオタクのヤングが携帯電話を置いて出かけるワケがない。
それに、長男が携帯電話を忘れて出かけていたときだったとしたら、施錠するために母親の玄関の鍵を奪うしかなかったのでは?
と、と、となると…。
そう、誰もがとっくに感じているように、この残忍非道なバラバラ殺人事件は、長男によるオゾマシイ母親バラバラ殺人なってしまうのでは?
そ、そ、そんな殺人事件が、ま、ま、まさかこの日本で起きるなんて…。

Has the case that a son killed mother in a family of mother and child and took it to pieces happened so far(母子家庭で息子が母親を殺害しバラバラにした事件が今までに起きたことがあったか)?

To be contunued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード