Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 広島16歳少女元同級生殺人死体遺棄事件-4

I think it must be a key of such case restraint to elucidate it why girls have lost a feeling of sympathy and the consideration that they should have had in ten months after birth(少女たちが、生後10ヶ月では持っていたはずの同情や思いやりの気持ちをどうして喪失してしまったのか、それを解明することこそがこのような事件抑止の鍵)!

■広島16歳少女元同級生殺人死体遺棄事件

●タガの緩み切った平和ボケ日本人がこのみっともない事件から痛感すべき点

②東仙坊、16歳にもなりながら胎児程度の頭しかない未成長な少年少女の蛮行と書き込んだが、どうやらそれは当たっていないのかも…。
6月13日付USAオンライン科学誌「プロスワン」に掲載された、京都大と豊橋技術科学大などの研究グループの論文によると、1歳未満の赤ちゃんが、苦境に立つ弱者に対して同情の念を抱き、それを態度で示すことが実験で明らかになったというのである。
何でも、従来、生後18ヶ月の幼児が痛みを訴える大人に同情を示したとの研究結果があったものの、人間には生まれながらに思いやりの気持ちがある可能性を示す成果だというから、ビックリ仰天。
実験は、他者を認識して行動し始めるとされる生後10ヶ月の赤ちゃん40人を対象に実施。
四角(黄色)と丸(青色)が画面を動き回る動画を用意。
赤ちゃんを2つのグループに分け、それぞれに、1)図形が互いに接触せずに動く、2)片方が片方を一方的に小突いて攻撃しているように動くもの、四角が丸を攻撃するパターン、丸が四角を攻撃するパターンを見せた。
その後、赤ちゃんの前に、四角(黄色)と球体(青色)のスポンジ状の立体2つを並べ、どちらに手を伸ばすかを調べた。
1)のグループの赤ちゃんは、選んだ色にほとんど差はなかったが、2)のグループは8割の赤ちゃんが、自分が見た動画で攻撃されていた側の色を選んだというのである。
それは、手を伸ばして近づこうとする行為は好意を示し、言葉を話せない赤ちゃんにも同情や思いやりの気持ちがあるとみられ、弱者へのいたわりの気持ちがあるとしか考えられないということだとも…。
と、と、ということは、生まれながらにあったはずの同情や思いやりの気持ちを、これらの16歳のガキどもは喪失てしまったということでは?
それって、もちろん本人の問題が一番だと思うが、親の躾の問題なのでは?
どちらにしても、未成熟な胎児と呼ぶことだけは間違いなのかも?

③東仙坊、卑怯で卑劣な蛮行の抑止のためには、迅速な犯人逮捕しかないと結論している。
その意味で、どうしても気になるのが、我が国のCSIの無能さと司法解剖を含む法医学者のテイタラク。
どうだろう?
これだけ世界に誇るサイエンステクノロジーとインテリジェンスを持っているのだから、早急に有能かつ優秀な法医学者の養成が必要なのでは?
事実、この事件でも、遺体の特定や死因の特定が迅速にできないなんて、被害者があまりにも無念では?
この事件も、この頭の腐ったガキどもを本当に殺人で起訴できるのか?不安にならないか?
また、幸いにも、鳥取県内で犯行に使われたとみられる白のバンも発見できたのだから、車内で指紋や毛髪の採取に限らず、その凄惨な暴行の形跡を徹底的に見つけて欲しいものでは?

④東仙坊、正直、こんなムナクソ悪いだけの事件を取り上げたくなどなかった。
けれども、ちょうど参議院選挙真っ只中で、恥知らずの政治屋どもがその演説で必ず口にする甘い言葉に、「待機児童の解消」というのがあって、ますます愉快ではなかったので、やむを得ず取り上げたほど。
それにしても、国の命運がかかった選挙の時期に、こんな事件ばかりを取り上げるこの国のマスメディアって、一体何なのか?
そして、自分の強固な意思で一生懸命に子育てをしている親にではなく、何も考えず面倒なことを忌み嫌いラクして生きようとしている親、特に名ばかりの即物的な母親にむやみやたらおもねる国って、一体何?
そもそも、みっともない自己保身の権化でしかない政治屋どもが、本当は子育てに何が問題なのか?果たしてわかっているのか?
今や党の戦略に迎合してしまった安倍晋三首相までが、「今後2年間で20万人、保育需要ピークの2017年度末までに40万人分の保育の受け皿を作る」と具体的なスケジュールを提示する始末。
確かに、出生率が高い国は子育て支援策が充実している面があるにはあるが、どの国も財政は逼迫しているのでは?
そもそも、来年4月から段階的に引き上げられる消費税増税分から7千億円が子育て支援策に充てられるというが、それが本当に社会の活性化、より美しい国作りに役立つのか?
全国で最多だった待機児童を保育所だけでも144ヵ所を増設し3年間でゼロにした横浜市だって、そのために計約370億円も使ったのでは?
それなのに、保育士不足という新たな課題も浮上したのでは?
このタガの緩み切ったモラル完全喪失の今の日本のどこに、信頼できる保育士が育つ状況があるの?
16歳で自分たちの手でデリヘルを運営するような少女ばかりなのでは?
筆記と実技試験で行われる保育士国家試験合格率は18%だからといって、その試験回数を増やせば、優秀な保育士が育つの?
ちなみに、この参議院選挙で、無能な政治屋どもが集票のために掲げた施策も、自民党「待機児童解消加速化プランの展開。2020年までに指導的地位の女性割合を30%以上にする」、公明党「待機児童を遅くとも5年で解消。女性の再就職と創業を支援」、民主党「待機児童を解消し、保育・幼児教育の負担軽減。女性の起業支援の投資ファンド設立」、みんなの党「保育の質を維持しながら株式会社を含む保育園設置基準の緩和。女性の起業を支援」、日本維新の会「保育バウチャー導入。保育への株式会社参入規制緩和。育休中の自宅勤務制度推進」、生活の党「中学まで子ども1人当たり年31万2千円の手当支給。指導的地位の女性割合を3分の1に」…。
どうだろう?
どれも具体的ではなく、絵に描いた餅では?
どちらにしても、自立できない親、とりわけ、自分の勝手で母子家庭になるひたすら甘やかすことが根本的な我が国の社会問題なのでは?
実際、この事件の被害少女の家庭も、生活保護費と被害少女のサービスをともなう接客業の収入。
さらに、広島市中区の16歳少女にいたっては、親のネグレクトを理由に単身世帯として月額約10万円の生活保護費受給。
今年4月中旬から広島市中区の6階建てマンション、6畳洋室とキッチンの1Kタイプに入居。
家賃は、広島市の生活保護の中の住宅扶助費上限である月額4万2000円。
それで、不法で不純なサービスをともなう接客業で稼ぎながら、無職の交際相手の16歳少年と共同生活していたというのだから、開いた口が塞がらない。
ちなみに、2011年7月末現在、未成年者受給は、全国の生活保護受給世帯約202万世帯のうち、1473世帯。
年齢別では、5歳以下39人、6~11歳38人、12~14歳50人、15~17歳295人、18~19歳1051人。
どうだろう?
この事件の少女たちのような子どもは、一体どのくらいいるのか?

さて、このメチャクチャ不快な事件について、どんどん白日の下に晒され始めていることがある。
実は、この主犯のスケ番気取りが、自宅にいったん返された直後にバスに乗って逃走を図っていたということ。
そして、LINEで知人に「逃げたい」とメッセージを送っていたこと。
スケ番気取りが自首直後、他の共犯者どもが事件に関するLINEでのやり取りを消去していたこと。
「面白半分で殺人に加わった」とか、「周りの雰囲気に流されて自分も殴ってしまった」と自供しているガキがいるということ。
数人が「被害者を林道下に投げ落とした後、7人全員で見に行き、死んでいることを確認した」と自供しているということ。
どうだろう?
少子化問題を勘違いし国を挙げてジコチュウな親や子どもを甘やかした結果が、この事件なのでは?

I believe the true declining birthrate measures letting only a mature woman have mother as a human being(真の少子化対策は、人間として成熟した女性だけを母親にさせること)!

緊急プロファイリング 広島16歳少女元同級生殺人死体遺棄事件-3

It must be so terrible for me such a society which melted of the present hoop that such girls stupid can easily make a prostitution organization with themselves(こんなおバカな少女どもが、簡単に自分たちで売春組織を作れてしまう今のタガの緩んだ社会が恐ろしい)!

■広島16歳少女元同級生殺人死体遺棄事件

●現時点で判明した限りの反吐が出そうなほどレベルの低い蛮行の詳細

①せっかく広島ならではの本物の893のいる世界なのに、薄っぺらにそれをカタチだけ真似る極めて粗野で気の弱い16歳のスケ番気取りがいた。
この手のツッパリ少女は、嗅覚で自分よりも明らかに弱いイジケタ少女を見つけ、手下にする。
そして、その手下を有無を言わさず従属させるために、「あいつむかつくけん、やっちゃろうか」というように、たびたび屁のツッパリ的バイオレンスをパフォーマンスする。
その意味で、一目でその貧しさが伝わる被害少女には、ハナから金で従属させられると錯覚する。
頭の腐ったスケ番気取りには、逆にその貧しさと自分とは違って男の兄弟がいるだけに肝が据わっているとは理解できない。
その証拠に、スケ番気取りとそこそこ親密になっても、その不気味な学校を辞めてはいない。
そして、どこかその薄っぺらさを侮蔑している。
それゆえ、スケ番気取りの彼氏たちも、その気になればいつかは自分の方になびくと内心思っている。
また、スケ番気取りの彼氏たちの方も、ちょっとでもコナをかければ被害少女をモノにできると感じている。
そして、それはスケ番気取りが金でのオブリゲーションをかければかけるほど、顕著になる。
そうなると、さすがに頭の腐ったスケ番気取りでも、そんな被害少女の気持ちを感じ取り、ムカつく。
そのうちに、そのスケ番気取りがヤリ手婆になって始めたサービスをともなう接客業(???)で稼ぎを独り占めにすることに反発を覚えた被害少女は、それまで払わせられていた飲み食いの金やカラオケの金を払わなくなっただけでなく、生活が苦しいから貸してとか、ことあるごとに金の無心するようになったに違いない。
それが、スケ番気取りの生理に触れたことは間違いない。
それだけじゃない。
その反発はどんどん深まり、スケ番気取りの彼氏たちにもわざとアプローチするようになったに違いない。
実際、サービスをともなう接客業(???)の仕切り役として金をネコババしていたスケ番気取りのバカなメンツを丸潰しにしたに違いない。
おそらくそれはほかのサービスをともなう接客業に従事する少女たちの共感を呼び、スケ番気取りのプレゼンスをグシャグシャにしたに違いない。
それゆえ、「殺してやりたい」、ジコチュウで思慮のない直情径行のスケ番気取りは、そう思うようになったはず。
それにしても、このスケ番気取りのような無知蒙昧で軽佻浮薄なヤンキー少女どもが、見よう見まねで始められ、月に100万以上を稼ぎ、バカな少年とともにマンションに住めるようなる社会って、一体何?
どう見ても、ヤンキー少女デリヘル集団により「ウリ」の仕事なのでは?
この少女たちの親ども、そしてその涎を垂らした顧客どもは、一体どんな大バカ者どもなの?
そして、自らの意思でその「ウリ」に身を染める少女たちは、一体どんな母親になってゆくの?
東仙坊、どうしてもただただ甘やかしまくる今の社会に、その責任があると思うのだが…。どうあれ、ともすると、その仕事を拒否する姿勢まで被害少女が見せだしたから、2人の諍いは激しさ増していたはず。

②6月28日の夜、スケ番気取りと交際相手の少年ら16歳男女4人が、広島市中心部のカラオケ店(?)で遊んでいた。
そこへ、被害少女からスケ番気取りにLINEでメッセージ。
怒った4人(?)は、被害少女を呼び出そうと計画。
しかし、被害少女との間でトラブルが起きていた4人は、自分たちが誘ってもこないと考えた。
そこで、以前からLINEでやり取りをしていて、その場にいなかった別の16歳少女2人に連絡、被害女性を誘い出すよう頼んだ。
その2人の少女は言われるまま、「遊びに行こう」と被害少女を広島市内の繁華街に呼び出した。
午前2時の話というから、その結末もお里が知れていたのでは?
また、4人は、スケ番気取りの交際相手が親しくしていた瀬戸大平に車を出すよう依頼。
21歳の瀬戸大平なる大バカ者も言われるまま、わざわざ自分の車ではなく他人名義の白いバンを第三者から借りて運転して登場。
「決着をつけてやる」と意気込むスケ番気取りに、誰かが「灰ケ峰に行こう。あそこでしよう」と言った(?)。
車に乗った7人は、広島市中心部の待ち合わせ場所のコンビニ店に向かい、被害少女をバンに乗せた。
スケ番気取りが車にいることに戸惑う被害少女。
「決着をつけよう」と言いつつも、仲間に手足を押さえつけさせ、殴る蹴るのうえ、被害少女の体中に根性焼きをし続けるスケ番気取り。
さらに、車内の床に寝かされ、踏んだり蹴ったりされ、グッタリする被害少女。
「被害少女に恨みはなかったが、仲間だから加勢した(?)」
「みんなで殴ったり暴行をした(?)」
「私は手を出していない(?)」
「車を降りても、みんなで暴行を加えた(?)」
やがて、バンは約20kmも走り、灰ケ峰山頂付近の遺棄現場近くで止まった。
「タイマンをする」とイキガルスケ番気取りは、ほぼ息絶え絶えの被害少女を連れ、2人だけ舗装されていない登山道を上がってゆく。
しばらくすると、スケ番気取りだけが戻り、誰かが「もう一人は?」と聞いても何も言わなかったため、みんなはそのまま車で帰る。
すでに、スケ番気取りは、「首を絞めて殺した」というのだから、ただただムナクソ悪いだけ。
ともかく、少女2人は4人や被害少女とLINEでしかつき合いがなく、実際に会うのはこの日が初めてだったとか、同じ仕事をしていた少女がいたとかは無関係。
また、「山に行ったのは間違いないが、遺棄していない」と容疑を否認しているという21歳の瀬戸大平なる大バカ者にどんな刑罰が下されるのか?にも興味はない。
東仙坊、ここでも、どうしても引っかかるのは瀬戸大平の父親が、「私の息子が起こした事件で、父親として大変心を痛めておりますとともに、亡くなられた方に対して申し訳なく思っております」とコメントしたこと。
本当に天下大平(?)な頭なのでは?

●タガの緩み切った平和ボケ日本人がこのみっともない事件から痛感すべき点

①このスケ番気取りの16歳少女が自首したキッカケが、誰かに言われ(?)、遺棄後しばらく日が経ってから現場に行き、「自分が残忍非道に殺害した遺体を見て、その傷みの激しさにとても動揺し、精神的に不安定になっため…」とほざいているというから、本当にイヤにならないか?
少しでも人間らしい感性があれば、実際に自分の目で確かめなくても十分に想像できるのでは?
もちろん、そんな想像力があれば冗談で人を殺めたりもしない。
この想像力の欠如こそ、つまり、現実に生きることのリアリティの欠如こそ、今の親がその役目を全く果たしていない証拠なのでは?
逆に言うと、自分の子どもが人間として成長するために想像力を豊かにさせることこそ、親の唯一無二の責任なのでは?
想像力が豊かになれば、自然に利他的になれるだけでなく、本物の創造力も培われるはず。
実は、東仙坊、そのために重要な役割を果たすのが打算的で功利的で保守的な母親と違う父親の存在だと確信している。
それだからこそ、誹謗を覚悟で、緊急プロファイリング  茨城龍ヶ崎小5女児路上暴行事件で、すでにこの事件の当事者である16歳少女たちも母子家庭が生んだ産物とまで極論している。
無論、東仙坊の周りにも、母子家庭でありながら、立派に子ども育て上げた母親らしい母親はたくさんいる。
しかし、そのいずれの母親も、社会に甘えることなく自分でとことん家庭とその生活をマネージしている。
そして、そのために人一倍の忍耐と努力をしている。
それゆえ、生活保護も受けていないし、自立支援センターなど誰も利用していない。
すなわち、何が何でも子どもを産みさえすれば社会からのリワードやプレミアムがもらえるかのようなシステムが、社会を歪めていると指摘しているのである。
実際、この事件のスケ番気取り、殺人を犯し精神的なショックを受けたとほざきながら、自首前に母親にウソをついている。
それだけではない。
犯行に関係ない友人たち(??)にも閲覧可能なLINEで、人殺しを公表している。
どうあれ、そんな状況下でまで、娘にウソをつかれる母親が本当に母親の役目を果たしていたのか?
それ以前に、たびたび家出をした娘をどう叱責していたのか?
ウリで大金を得て16歳のオトコと暮らし始めた娘にどんな疑念を抱いていたのか?
もしかしたら、その分け前に大喜びであったわけではあるまいな?
そして、それは被害少女の母親も同じなのでは?

Our false socialist society of the tepid water should increase a deplorable and disgusting parent and the child(ぬるま湯のエセ社会主義社会が、情けなくてみっともない親と子どもを増産している)!

To be continued...

緊急プロファイリング 広島16歳少女元同級生殺人死体遺棄事件-2

Does neither the communication nor the negotiation think that the future of the country which is not even made must be considerably dark(コミュニケーションもネゴシエーションも満足にできない国の未来は、相当暗いのでは)?

実は、東仙坊、この情けない頭の腐った16歳のガキどもの凄惨な事件を、違った意味で杞憂している。
それは、なぜか日本の幼稚なマスメディアは、朝から夜までこのムナクソ悪い事件ばかりを追って一切触れないが、世界は今、まるで日本が野蛮な恥知らず国家かのように一斉攻撃している。
もしかしたら、この事件がそんな自分勝手な敵国どもに格好のいい餌にされるのでは?と心配しているからである。
えっ、どういことだって?
世界のマスメディアは、とりわけ、世界は自分たちのものと思い込んでいるアングロサクソン諸国の国々のマスメディアは、かつてポール・マッカートニーが「人間の友、クジラを食う日本人は人肉食い野郎」と発言したときのように、日本は世界の世論から孤立してまで、何が何でも自分たちはクジラを食べると言い張り、そのためには国際法に違反しているだけでなく、IWC(国際捕鯨委員会)からの脱退まで辞さないと強硬な姿勢を取るとんでもない国だと吹聴されているのである。
えっ、なんだそれって?
オーストラリアが3年前の2010年5月、日本が南極海で行っている調査捕鯨が国際条約違反だから調査捕鯨を中止しろと、オランダ・ハーグのICJ(国際司法裁判所)に提訴した裁判で、6月26日から始まった計30時間以上に及ぶ口頭弁論が7月16日に終了。
日本は、「商業捕鯨の再開に向け、持続可能な捕獲数を調査するためデータを収集しているだけで、条約に沿った科学的研究で、商業捕鯨ではない。調査するクジラの数も適切な資源管理の観点から算出し、その頭数の範囲内で捕獲を行っている(?)。捕獲数の減少には、反捕鯨団体『シー・シェパード』の妨害が原因。オーストラリアの主張は文化の押しつけだとし、捕鯨による両国の考え方は文化の違いによるもの。仮に各国の文化に優劣をつけなければならないとすれば、世界に平和が訪れることはない。オーストラリアの訴えは却下されるべきだ」と主張。
それに対し、オーストラリアは、「科学的研究なら当然立てるべき仮説すらない。市場での需要減に伴って捕獲数も減っている。科学的研究とは言えず、日本が南極海で行っている調査捕鯨は、実態としては鯨肉を販売していることでも歴然なように、商業目的の捕鯨であり、国際捕鯨取締条約に違反」と主張。
16人の判事による判決が年内にも出される見通しで、その判決について異議申し立てや控訴などはできず、双方とも判決に従うとしているために、もしオーストラリアの主張がすべて認められるようなことになれば、日本が行ってきた南極海での調査捕鯨ができなくなるのである。
東仙坊、その弁論内容を精査していて、正直、メチャクチャ絶望。
いくらICJの当事者になるのが初めてだからといって、冗談でも裁判が日本独特のまあまあいいじゃないか、そこはわかってよの感情論で勝てると考えている浅はかさに、唖然呆然。
それはそうだと思わないか?
1946年の国際捕鯨取締条約では科学調査目的の捕鯨が認められているからって、1回の調査捕鯨で(?)900頭も捕獲し、販売したらマズイのでは?
それでいて、日本の食文化なのだから食べるために販売して何が悪いでは?ピンボケなのでは?
そもそも、カンガルーやコアラを虐待し、いやいや本物の人間のアポロジニを虐待しているオーストラリアが、それこそ「シー・シェパード」まで使って、なぜ調査捕鯨をジャマするのか?
いやいや、日本と悪い関係になること覚悟でまで、それこそ自分たちが動物虐待の元祖と言われるかもしれないリスクを背負ってまでICJに訴えたのか?
もっと言えば、なぜ捕鯨をしているノルウェー、アイスランド、デンマーク、ロシア、韓国をではなく、日本だけがやり玉に挙げられ訴えられたのか?
それ以前に、何を根拠にICJでの裁判を受け入れたのか?
法廷闘争にしてしまったことで、ますますIWCでの捕鯨再開の合意など困難になってしまったのでは?
本当に国家の尊厳、国益を考えるなら、正々堂々、ハナから、1987年に商業捕鯨からのモラトリアムなど受け入れず、海洋国家として数千年からクジラを食べ続け、浜に漂着するクジラは昔から日本人にとって最大のグルメ、特に1300年前に仏教による四足獣を食べることを禁じられてから我々日本人にとっては最大の動物蛋白源と捕鯨を継続しておけばよかっただけでは?
そして、そのついでに、「クジラが1年間に世界で食べる餌、つまり魚介類やオキアミは2.8~5億トン。世界の海で人間が獲っている魚介類の総量約9000万トンの3~6倍。1頭で魚介類を数100kg~1トンも食べるクジラをこのまま放置していたら、海の生態系が破壊される。オーストラリアが絶滅すると言っているミンククジラだって、南極海に76万頭以上、北西太平洋に2万5千頭、世界中の海には100万頭以上の存在が確認されている」と叫べばよかっただけでは?
どちらにしても、日本の弁論がまるでこの事件の16歳少女のようで、ガッカリ。
また、この調査捕鯨問題については、いつか詳細にじっくり。

■広島16歳少女元同級生殺人死体遺棄事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

①7月12日午後1時10分ごろ、母親に付き添われ、広島市東区に住む、無職(?)、16歳少女なるスケ番気取りが広島県警広島東署に自首。
「友だちを殺して灰ケ峰に捨てた」と話したため、広島県警が捜索。
②7月13日午後5時20分ごろ、広島県呉市の灰ケ峰(標高737m)山頂の北東約750m付近の斜面で遺体を発見。
遺体発見現場は、JR呉駅から北東約4.5km。山頂とふもとを結ぶ林道から脇道に入り、車で近づける。灰ケ峰山頂には、白いドーム型の気象レーダーや駐車場と展望台があり、呉市街や瀬戸内海が見渡せることから、夜景スポットとして有名(?)。
遺体は損傷が酷く、特定がなかなかできないものの16歳少女の高等専修学校で同級生だった、広島市安佐北区に住む、同校女子生徒(16歳)の模様。
現場近くで見つかった所持品の中に、財布やピンクのバッグがなかったものの斜面の草むらから被害女子生徒のスマートフォンも発見。
ほかにも動物が運んだとみられる遺体の一部や現場から離れた場所で靴などが発見。
また、スカートなどの衣服は身につけていて、公園東側の林道から約20m入った付近で崖下に投げ落とされたような状況。
ちなみに、中学校時代は不登校だったという被害女子生徒には、6月下旬(?)に母親から捜索願。
母親は「娘の行方が分からなくなったのは6月の終わり。イヤな予感がしてすぐ警察に連絡した。携帯電話に連絡しても出ず、途中からつながらなくなった」…。
なお、被害女子生徒家族は昨年引っ越してきたとみられ、母親と中学生の弟と3人暮らし。
また、スケ番気取りは「昨年は在籍していたが3ヶ月くらいで、母親が『学校の方針と合わない』と言って退学届を出した」というから、どこか納得。
また、スケ番気取りも、母親と中学生の妹と3人暮らし。
2月ごろに金銭トラブルで警察がきた(?)という噂、5月ごろから若いオトコが軽自動車でたびたび訪問、5月下旬ごろ女性2人が怒鳴り合う声、6月ごろ自宅の方から「うるさい、ぼけ」という声…。
さらに、スケ番気取り、母親に嫌気が差して昨年10月から今年1月ごろまで家出していたというから、またまた納得。
ところで、広島市内にある高等専修学校なる不気味な学校、通信制も活用しつつ、大学入学資格などの取得を目指す生徒が通うところだそうだというから、何をかいわんや。
③7月14日未明、広島県警呉署が、スケ番気取りを死体遺棄で逮捕。
当初、スケ番気取りは、「灰ケ峰にタクシーに乗って2人で行き、その場で殺した。その後、自宅に歩いて帰った。気に入らないことがあって口論になり、その後もみあいになった」と自供。
しかし、広島県警呉署が捜査したところ、該当するタクシーはナシ。
すると、「6月下旬の午前2時ごろ、広島市内の繁華街で被害者と落ち合い、車で山に行った。山中でケンカになり殺した。帰りは歩いて下りた」とか、「6月下旬の午前2時から4時の間、自宅近くから車に乗った。斜面で殺害した後、歩いて山を下り、車に乗った」とたびたび供述を変更するも、2人ともに運転免許ナシ。
また、スケ番気取りは、7月初めごろから家出をしていて自首する前日の7月11日に帰宅し、母親に犯行を打ち明け、「LINEに悪口を書き込まれた」などと動機について話したというから、凄く納得。
そして、その母親が7月16日、「今回、私の子どもが起こした事件で母親として被害者の方に心からお詫びします。私自身突然のことで困惑しています」という自筆の談話を発表したというから、完全に納得。
どうあれ、スケ番気取りのスマートフォンを押収、通信履歴などの消去部分を復元し分析。すると、友人とみられる相手とスケ番気取りとのやり取りで「私たちも逮捕されるね」というメッセージを発見。
④7月17日、広島県警呉署が、新たに男女6人を死体遺棄で逮捕。
そのうち4人は、に出頭した後、交遊場所だった広島市を離れ、約150km離れた鳥取県内に身を隠していたというから、失笑しないか?
鳥取県内に身を隠していたのは、鳥取県湯梨浜町別所に住む、無職(?)、瀬戸大平(21歳)、スケ番気取りの交際相手の住所不定(?)、無職(?)、少年(16歳)、広島市中区の無職(?)、少女(16歳)、その交際相手の鳥取県米子市の無職(?)、少年(16歳)。
しかも、広島市中区の少女には母親も付き添っていたというから、開いた口が塞がらない。
そのうえ、この母親は、7月16日、知人に電話で「逃げている娘と一緒に山陰地方にいるが、自首すべきかどうか迷っている」と相談し、その知人から「自首した方がいい」と勧められていたというから、もう絶句。
ちなみに、後の2人も、広島県安芸郡の16歳の無職(?)、少女、広島県呉市の16歳の無職(?)、少女。
どうだろう?
メチャクチャウンザリしないか?

This regretful girl killed cruelly should change herself into the bed of assailants night after night(この残虐に殺害された無念の少女は、加害者どもの寝床に、夜な夜な化けてやるべし)!

To be continued...

緊急プロファイリング 広島16歳少女元同級生殺人死体遺棄事件-1

I believe this kind of society as Japan indulging a child at random certainly should perform meltdown from the inside(やみくもに子どもを甘やかす社会は、間違いなく内側からメルトダウンする)!

東仙坊、操作ミスで間違ってラフ原稿をそのままupしていたことを、「どうしたんですか? pc同様、頭までオカシクなってしまったんですか?」と電話で教えてくれたのは、副団長だった。
実は、それだって、携帯電話が1ヶ月半ぶりに使えるようになったばかりで、そうでなかったら大恥をかいたままだった。
それにしても、認知症なのか? デジタルが生理的に好きになれないのか? 時代遅れのアナログ老人のせいか?タブレットの上手な使い方をどうしても覚えられない。
正直、ちょっとだけ面映ゆい。
もっとも、目の病気を抱える自分にとって、メールのやり取りをしないのは、助かってもいる。
ところで、副団長との電話でのやり取りで、次のようなこともあった。
「水を小まめに取ってます?」
「ああ、大丈夫…水を飲んでいなきゃとっくに倒れている」
「何で、広島の事件をプロファイリングしないんですか? 何だか、人を殺した大バカばかりがスポットライトを浴びていて、無残に殺されて何も言えなくなってしまった被害少女が無視されているみたいで、腹立たしいじゃないですか?」
「ああ、あれか? バカバカしくて触手が動かない。どうせ16歳になっても下半身とは違って頭に1本の毛も生えない未成長のガキが、自分の彼氏かなんかにチョッカイかけられブチ切れたような事件だよ、レベルの低い…。ダラダラ一緒の時間を過ごしていると、女友だちは自然に彼氏に色目を使うようになるだろうし、彼氏の方も自然にその気になるもの。それにアタシの彼氏に手を出すなんて10年早いってガキがブチ切れたんだよ、どうせ」
「いいから、LINEの文章読んでみてくださいよ。メチャクチャ腹が立ってくるから」
「LINEって?」
「前に、団長のようにお金のない人向きの無料通話・無料メールスマートフォンアプリがあるって教えたじゃないですか?」
「あれか? 興味ないよ。どうせあの国のヒトが儲かる仕組みだろ?」
「そんなこと言ってないで、お願いだからチェックしてみてくださいよ」
それで、やむを得ずチェックして、東仙坊、副団長の言うように、我が目を疑った。
とっくに1億2千万人総保育園児化と危惧してきてはいたが、こ、こ、これでは1億2千万人総胎児化なのでは?
16歳少女は、7月12日午後1時10分、母親に付き添われて広島県警広島東署に「友だちを殺して捨てました」と自首。
しかし、この日は16歳被害少女元の遺体は見つからず、広島県警は16歳少女をいったん帰宅させた。
その翌日、逮捕前日の7月13日午後11時34分、登録の友人らにあてたLINEの書き込み。「人をころしたんよ」
───は?
───だれを?
「◇◇ゆうやつ」
「いま行方不明でさがされよる」
───なんで殺したん?
「わからん。はらたったけん」
───まって!
───一から説明できる?
───◇◇ってこと会ったときは?
「グルチャでいいあいになっていまからこいやゆてなってあってタクシーではいがみねいって殴って蹴ってやら根性焼きやらしよおたらあんま動かんなって、それで首絞めて最後に首の骨おってなげすてた」
───何で喧嘩になったん?
「あいつが喧嘩うってきた。グルチャでいいあいしおたけないようおぼえてないけど、人間ぢゃないとか?しねとか
───で、ころしたるわいゆうてやったら、わかったころしにこいやゆうやけ、ころしたった」
これだけじゃない。
6月下旬(事件後?)、知人ら数人で一緒に撮った写真を添え、「プリとって、ラーメン食べにいって、おけいってー 楽しかった楽しかった」。
7月9日、「家出して、役所での手続き中に警察官に保護された。なんもかんもうまくいかん」
7月11日、「今まで生きとって一番の後悔」。
「◇◇が行方不明になっとるの知っとる」
───知らんかった!
「うちが殺したんよ。明日、自首しに行く」
7月12日、「もー涙が止まらん なんもしてないのに泣けてきて涙が出てくる 10年も15年も耐えれん」。
「殴って蹴って 気づいたらしんどった」。
交際相手に「待っとくってゆってくれてありがとう」。
他の友人に「無理せず頑張ってね!!」。
「支えてくれてほんまにありがとう」。
「うちが出てくるまでまっとってほしい。頑張って成長してくるね」。
「けじめつけてきます。ぢゃあ、いってきます」。
7月13日、「支えてくれとった皆にちゃんとゆっとかんといけんことがある。うち捕まるの嫌で逃げようとした けども、捕まって凄い動揺しとる。〇〇と〇〇ちゃんと話して本間に決めた。今ちゃんと事情聴取もしよる 皆裏切ってごめんね」
「☓☓まっとってね。ほんまに、あいしとる。ずっと一緒ょ?(ハート)」。
「☓☓ちゃんなんだかんだ姉妹わ姉妹ですね?(ハート)わらまっとってくださいね!!」。
その他にも、「イライラする。本間に殺したい」。
また、同じく逮捕された16歳少女も「ほんとうに殺すとは思わなかった」。
どうだろう?
思わず言葉を失うのは、東仙坊だけではあるまい。
どうあれ、まるで1対1のタイマンかのように言いながら、卑怯かつ卑劣に7人もの多数で殴る蹴る体中を根性焼きにされ、首を絞め首の骨まで折られて無残に殺された、4月の自分のブログに「遊ぶよー」、「だーい好き」、「ありがとねー」と16歳少女についてノーテンキに書き込んでいた16歳被害少女になり替わり、この勘違い誇大妄想型ジコチュウ16歳少女を徹底的に糾弾することにした。
ちなみに、16歳被害少女のブログは5月中旬を最後に更新されていないというが…。

そこで、広島県広島市東区に住む、無職(?)、16歳少女が、高等専修学校1年生の時から不登校になり、その後家出、「みんなで捜し回って、3~4ヶ月前に連絡が取れた」などと触れ始める前に、16歳少女といえば、この大バカ16歳少女が自首した同じ7月12日、16歳の誕生日を迎え、初めて国連で演説した、パキスタンの少女マララ・ユスフザイに、まず書き込みたい。
マララは、イスラム武装勢力「TTP(パキスタンのタリバン運動)」が女子教育を抑圧しているとブログで告発。
すると、タリバンはこともあろうに、昨年10月、下校途中にマララの頭を銃撃。
UKに搬送され、複数回の手術を経て、奇跡的に命を取り留め、高校に通えるまでに回復したばかり。
そして、「私は全ての子どもが教育を受ける権利のためここにいる。銃弾で人を黙らせることはできない」と正々堂々と訴え、「テロや貧困の唯一の解決策が教育だ。ペンと本を手に取ろう。それこそが最強の武器。私たち自身が動こう。今こそ声を上げるときだ。各国政府は全ての子供に無償の義務教育を」とも求めたというから、パチパチパチ。
国連が、この日を「マララ・デー」と名付けたというのも当然では?
どうだろう?
マララが、「少女が教育を受けられない割合が高いことが問題」と必死で訴えているときに、自ら教育を受けることを放棄しただけでなく、自分の気分だけで多勢に無勢で同級生を残忍に殺してしまうみっともない16歳少女が出現する日本は、本当に文明国なの?
しかも、16歳なのに、無教養剥き出しに頭は空っぽの自己陶酔胎児並み…。
東仙坊、再三再四、口を酸っぱくして叫んできたが、今、経済成長よりも何よりも、教育改革こそが最優先課題なのでは?
 
I guarantee the decisive difference with the girl who is gonna study at the risk of life and the girl who are indulged in the line without knowing the preciousness of the life should become clear ten years later(命懸けで勉強しようとする少女と命の尊さも知らずにラインに耽る少女との決定的な違いは、10年後に明確になる)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード