Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 神奈川県相模原市小5女子行方不明事件-エピローグ-2

If a parent always makes a “touching” with the full of the love a girl, the girl must feel strange and come to be able to refuse subtly when she is touched by somebody creepy(親が愛情あふれる「タッチング」を女の子にしておけば変なヤツに触られることに変な感じがして即座に拒否できるようになる)!

東仙坊、「緊急プロファイリング 神奈川県相模原市小5女子行方不明事件」をきちんとチェイスし、そのホシの逮捕を精査していれば、「緊急プロファイリング 岡山県倉敷市小5女児行方不明事件」はもっと迅速かつ的確にプロファイリングできたと、慙愧の念…。
というのも、岡山県倉敷市小5女児行方不明事件のホシ、情けなくてもっともないペドフィリアのクソッタレである藤原武(49歳)が、神奈川県相模原市小5女子行方不明事件のホシ、高木伸夫(30歳)なるオタンコナスにヒントを得たことだけは間違いナシ。
そのありあまる酷似点を適切に列挙することで、その蛮行の阻止に努めたい。
小学生女児、特に現代らしく体躯の成長著しい女児をお持ちの親御さんは、ぜひ肝に銘じるべし。

●ペドフィリアのクソッタレどもの共通項

①女房子どもに惨めに見捨てられ、三行半を突きつけられた魅力のないオトコ。
そして、その後にの女房も真っ青になるような魅惑的な成熟した女性を自宅に誘うことさえできないみっともないオトコ。
つまり、そこそこのファミリー対応の住居になぜか独りで暮らすしかないオトコ。
そのタイプのオトコには、あらかじめ注意を怠らないこと。
一見大人しそうに見えるが、とにかく生気に欠け、ファンションセンスがないことが、最大の目印。
②夕方、住宅街を自分の車を独りで運転し当てもなくブラつく目を血走らせたオトコ。
よく見ていると、女児に目をつけているのが露骨にわかるオトコ。
そういうオトコを見つけたら、その車のナンバーを記憶しておくこと。
また、ナンバーが変わっていないかにも、注意をすること。
そんなオトコの車に女児が乗っているのを見たら、即刻、110番をするか、携帯電話で撮影すべし。
さらに、そんなタイプのオトコが慣れない感じで女児が喜びそうなモノを買っていたら、それもマークすべし。

えっ、今日日、日本中そんなオトコばかりだって?
本当にそうだろうか?
人間的な本物の男は必ずいるはず。
問題は、人間としてはもちろん、男として未成熟なオトコどもがいること。
そして、ちゃんと人間に対する鑑識眼や洞察力を身につけてさえいれば、独特の気色の悪さを醸し出しているオトコには気づくはず。
ただし、それを小学生女児に求めるのは、酷。
とりわけ、体躯の成長が著しい小学生女児は、オトコどものアプローチに弱いもの。
なぜなら、今の子どもたちは、手を繋いだり、オンブされたり、ダッコされたり、フトンをそっとかけられたりしながら、どこかホッと安堵できる愛情あふれる親から「touching(タッチング:触られること)」に慣れていないから、ただtだ不快な触り方を拒めないからである。
そして、この拒めなかったという罪悪感によるトラウマは一生引きずることになるのである。
そのうえ、小学生女児は性的被害を受けても、ほとんどの場合なんとなくオカシイと感じてもそれを許せないことと認識できていないだけでなく、断ったら嫌われるとか、相手が喜んでいるからガマンしなきゃとか、それこそ、イイコトなのかもしれないと勘違いしてしまいがち。
だからこそ、逃げたり誰かに助けを求めたりするということを思いつかないし、ワケがわからにからこそ誰にも言えない。
もちろん、自分が性被害に遭っているなどと自覚できない。
そうなると、親や誰かに話したら大変なことになる、話してもそんなことありえないと言われたらどうしようと沈黙する。
実は、ペドフィリアのクソッタレどもは、それを狙っている。
しかも、オモチャやキャラクターグッズを買ったり、好きなものを食べさせたり、好みのテレビを見せたり、好きな格好をさせたり、至れり尽くせりのプリンセス待遇。
日ごろ孤立無援の小学生女児にとって、つかの間のデードリーム。
実際、今回の事件の2人もそうしたはず。
そこで、今年起きている別の同じような事件から、そのへんのニュアンスを確認してみたい。

■札幌市白石区小3女児拉致監禁事件

●現時点で知り得る限りの事件の顛末

①1月27日午後3時ごろ、札幌市白石区の札幌市立東札幌小学校から帰宅した、小3女児(9歳)が、「学習ノートを買いに行く」と母親(28歳)に告げ、約300m離れた商店に1人で出かけ、行方不明。
母親が警察に通報したことで、発覚。
被害女児は、札幌市白石区東札幌五条に住む、34歳会社員の二女。
事件当日、札幌市内は午後から夜にかけて雪が降り、夕方には風雪・着雪注意報。
そこで、北海道警札幌白石署は、いつのものように道路脇に大人の背丈ほどの高さまで積もった雪を掘り起こして捜す作業から、捜索開始。
そして、近隣の店や駅などから提供を受けた約40ヵ所の防犯カメラ映像、タクシーのドライブレコーダーをチェック。

②2月2日昼、 「少女マンガを持った不審な男がいる」との市民からの情報。
その情報の人相が、現場周辺に設置された防犯カメラに映っていた、女の子を連れたオトコと酷似。
北海道警札幌白石署捜査員が、そのオトコを割り出し、2階建てのアパート前で張り込む(?)。
そ、そ、そこは、被害女児の自宅から数百mしか離れていない場所。
すると、2月2日午後10時半過ぎ、オトコが1階の自分の部屋から出てくる。
「女の子がいるのか?」と北海道警札幌白石署捜査員が声をかける。
オトコは「いない」と否定。
「中を確認させてくれ」と伝えるとなぜか拒まないオトコ(??)。
北海道警札幌白石署捜査員が中に入ると、1DKの奥にある居間で、パソコン用椅子に座っていた被害女児が、ワッと泣き出したというのだが…。

無事保護された被害女児は、拘束などはされてなく、外傷もなかったというから、とにかくホッ。
そして、 「駐車場でオトコに『ちょっときて』と言われた。家までついて行くと、粘着テープでグルグル巻きにされた。待ち伏せされていたような感じだった」と証言しているというのだが…。
どうあれ、札幌市白石区東札幌3の4、無職、松井創(26歳)なるオタンチンを、監禁で現行犯逮捕。
そして、オタンチンは、「事実と違う」などと否認しているというから、どこか気にならないか?
どうだろう?
監禁から6日も経ってしまっているのである。
そして、被害女児は、サルグツワもナシ、粘着テープもナシだったのである。
この被害女児の未来のためにも、相当なメンタルケアが必要に違いないと本気で心配にならないか?

■東京・新宿連続小学女児と中学女子生徒強姦魔

●現時点で知り得る限りのホシであるアンポンタンの蛮行

①2月6日、警視庁捜査一課は、東京都新宿区西早稲田に住む、解体工、岩井哲也(38歳)なるアンポンタンを、強制わいせつで、逮捕。
何でも、昨年12月上旬の夕方、東京都新宿区内の路上で、帰宅途中の小学校低学年女児に声をかけ、「静かにしないと首を絞めて殺す」と脅迫し、「女の子に興味があり、触りたかった」と小学校低学年女児の自宅マンション敷地内に連れ込んでわいせつ行為(?)に及んだというから、言語道断。
現場で採取されたDNA(?)がアンポンタンのものと一致したというのだが…。
しかも、新宿区内では2013年10~12月、女子中学生が被害に遭う強制わいせつ事件や強姦未遂事件が他に2~3件発生しているというのである。
そして、強姦未遂事件の現場近くの防犯カメラ画像に折りたたみ自転車で逃走するアンポンタンが映っているというのだが…。

②どうだろう?
こんな手口で襲われた小学女児や中学女子生徒は、一体どんな恋愛を今後できるのか?
これでは少子化になるのは当たり前なのでは?
誰がどうやって、この子たちのメンタルケアをできるのか?

■大阪・兵庫ランドセル女児連続わいせつ事件

●現時点で知り得る限りのホシであるアンポンタンの蛮行

①1月27日、兵庫県警生活安全特捜隊と兵庫県警尼崎東署に、強制わいせつと強制わいせつ未遂などの罪で追起訴し捜査を終えたと発表した、奈良県奈良市北村町に住む、エレベーター管理会社勤務でマンションやビルでの点検担当、宮内弘(44歳)なるアホンダラ。
昨年9月3日午後1時ごろ、小6女児が自宅のエレベーターで、オトコに首もとから衣服の中に手を差し入れられそうになったが小6女児抵抗したため、未遂のまま。
その約15分後、兵庫県尼崎市で、無言で近づき小2女児が腕をつかまれマンション入り口から階段登り口へ連れて行かれ、首もとから衣服の中に手を入れ、両胸を手で触わられたうえ、ズボンと下着を脱がされ、下半身を触わられる事件が発生。
9月24日、兵庫県尼崎市内のマンションのエレベーター内で、無言で近づいたオトコに女児が体を触られたとの通報が入り、緊急配備。
現場付近で警戒中の兵庫県警尼崎東署捜査員が手配のオトコによく似たアホンダラを発見し、強制わいせつで緊急逮捕。
すると、このアホンダラ、2007年ごろから約6年間、兵庫県伊丹市・川西市・尼崎市、大阪府東大阪市などで、「小学女児ばかり100件以上やった。多すぎて覚えていない」と供述。
兵庫県警生活安全特捜隊と兵庫県警尼崎東署は、その6年間のなんとか16件の被害を裏付け捜査をしただけというから、開いた口が塞がらない。
最後に追送検できた事件は、2012年6月1日夕方、大阪府枚方市の集合住宅で、10歳女児の胸を触るなどわいせつな行為をしたというから、残念無念。

②アホンダラには、妻と大学生・高校生の2人の息子がいるというから、何をかいわんや。
何でも、犯行日は仕事が休みの平日
小学生が登下校などで外出する午前8時台から午後4時台にかけ、マイカーに乗って外出。
ターゲットの女児は、ランドセルを背負っていること、発達が未熟であること(?)
「手で女児の感触を味わいたかった」と1人で歩いているランドセルを背負った女児を見つけると、後をつけ蛮行に及んだのだとか。
そして、犯行後は急いでマイカーに戻り、手が女児の感触を覚えている間に自慰をしていたというから、唖然。
そのうえで、「同級生にイジメられていた中学時代に、やさしく接してくれた年下の女の子が忘れられなかった」とうそぶいているというから、晒し首にすべきでは?
どうだろう?
このアホンダラはどんな刑罰を受けるのか?
それより何より、こんなアホンダラを6年間野放しにしてしまう兵庫県警と大阪府警のテイタラクは、何?
どちらにしても、この100人以上という被害小学生女児の心はどうやって取り戻すの?

実は、東仙坊、それ以上に恐ろしい状況に日本はあると危惧している。
厚生労働省は、2011年度に全国の児童相談所で対応した虐待相談5万9919件のうち、性虐待は2.4%の1460件なんて、悠長なことを言っているが、そんな少ないワケがないはず。
誰にも言えないで苦悩している女児が、そして男児が、相当いるはず。
というのも、その加害者が、父親だったり、兄だったり、祖父だったり、伯父(叔父)だったり、教師だったりするのでは?
こんな状況で、何が経済成長だと憤慨しているのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。

It should be understood when damage and the trauma of one of children receiving it by a sexual crime shall follow it throughout the life(性犯罪によって受ける子どもたちののダメージとトラウマは、一生付いて回るものだと理解すべき)!










緊急プロファイリング 神奈川県相模原市小5女子行方不明事件-エピローグ-1

Though mean sex offenders should learn it with cowardice steadily, the learning of the police supervising it must be insufficient(卑怯で卑劣な性犯罪者どもがどんどん学習しているのに、それを取り締まる警察の学習が足りない)!

東仙坊、昨年11月9日から「彷徨う大和魂-32 「サプア」を水槽に入れて飼い続ける「カンパンゴ」を始めてしまって、本来の探偵業をないがしろしてしまっていた。
それでも、ときおり、プロファイリングをしては自己満足しているつもりだった。
そんな中で、「緊急プロファイリング 岡山県倉敷市小5女児行方不明事件」を検証しながら、どこかデジャブのような事件だな…とせっかく感じていたのだが、詳細には思い出せなかった。それゆえ、その岡山県倉敷市の事件で急展開があり、被害女児が無事(?)救出されたというニュースを耳にし、その情けなくてみっともないホシのプロフィールを目にし、やっぱりこんなオトコか?とウンザリしつつ、被害女児に本当のメンタルケアが必要だなと憂慮するだけだった。
そして、そのことをすぐに書き込んだつもりだった。
ところが、サプアで頭がいっぱいだったせいか、どこで書き込んだのかなかなか思い出せなくて、メチャクチャ焦った。
それこそ、泣きたい気持ちで探し、ようやく見つけ、さらに哀しい気持ちになってしまった。
ヤバい、どんどん記憶力が落ち始めている…急いで本当にやりたいことをやっておかなければ…。
この短い人生、悔いを残すことだけは絶対にゴメン…。
どこか性急になり始めてもいるのだが…。
どうあれ、それは、「彷徨う大和魂-32 「サプア」を水槽に入れて飼い続ける「カンパンゴ」-233」のエピローグと「プロファイリング-29 サイパン観光客日本人姉妹行方不明-追補のイントロダクションにあった。
ここで、少し整理して再掲載しておきたい。
その成熟した女性に絶望したというよりも、成熟した女性に歯牙にもかけられないみっともないペドフィリアのクソッタレ、
無職、藤原武(49歳)が逮捕され、11歳小5女児WMGを無事(???)に保護
何でも、このクソッタレ、WMGの母親が記憶していた数字と一致するナンバーのシルバーの小型セダン(トヨタ製)を所持し、WMGの携帯電話のGPSが位置表示していた倉敷市の北東2kmからさらに北東6kmの岡山県岡山市北区楢津の2階建て一軒家に独り暮らし
それも、その家は実家で、数年前に父親が死亡し、約1年前に県外から戻ってきたのだとか。
そして、情けなく本気で幼女に夢中になっていたに違いない。
この手のタイプは決して懲りないので、市中引き回しのうえ獄門晒し首に処すべき。
そんなクソッタレのことより、東仙坊、飲みながら心配しているのは、WMGの今後のことばかり…。
すでに6日も経ってしまっている(?)のでは?
本当にWMGの瞳は、まだ白い朝顔のままなのか?
その「PTSD」、「トラウマ」はハンパじゃないのでは?
あるいは、ファザーレスチャイルドでもあるWMG、「プリンセス症候群」と呼んでいいような「ストックホルム症候群」になってしまっている可能性も大なのでは?
どちらにしても、慎重かつ繊細なメンタルケアが絶対に必要なのでは?
WMGが、薄紫色の朝顔になってしまわないためにも…。
というのも、捜査員たちが踏み込んだとき、クソッタレが横にいるのに、2階建て住宅1階の洋間のベッドに白いパジャマを着て寝転んでテレビを観ていたWMGは、驚いた様子で「何、何」と声をあげたというのでは?
頼むからWMGの母親、そして祖父母、ここはWMGのために思い切った決断が必要だと思うのだが…。
一般公開捜査をしたということは、WMGのプライバシーはみんな晒されてしまっているからである。
無論、ホシのクソッタレをヤリ玉に上げることは、一向に構わない。
仮に、この本物のペドフィリアのクソッタレ、監禁、未成年者略取誘拐で逮捕起訴されたところで、日本の「罪を憎んで人を憎まず」の寛大な司法のこと、初犯で、前科がなく、被害女児に傷がない(?)ということにでもなれば、いずれも懲役3月から7年以下の刑罰だから、執行猶予さえつく可能性まであるはず。
ちなみに、営利目的等略取および誘拐罪(刑法225条)営利、わいせつ、結婚または生命若しくは身体に対する加害の目的があることが要件なら、法定刑は1年以上10年以下の懲役で、執行猶予はつかないと思うが…。
実際、WMG本人も、「閉じ込められた後も脅された。でも、暴力は振るわれていない」 と証言しているというから、かなり心配では?
どうあれ、岡山市内の私立関西高校商業科卒業後、東京都内の法政大学に進学。
さらに、大阪市立大学(?)、大阪大学大学院(?)へ進学。
兵庫県内の自宅に住み、パソコンを使ったイラストの仕事し、1年足らずで離婚も経験し(?)
2、3年前に父親が亡くなり、姉が家を出て、母親の介護のために岡山の実家に戻り、母親が介護施設に入所したためにそこで1人暮らし。
そして、昨年11月~12月、「パソコンで仕事をするので音が漏れないようにしたい」とか「母親が大きな声を出すので」などと説明し、防音機能を持ち外から施錠できるように800万円(1千万円?)をかけ、1階台所に敷居を設け新たに4畳半の洋間を増設改築。
それから、そこに閉じ込める少女を物色。
そして、「3月にWMGを偶然見かけて一目惚れ」とストーカー。
そのために、せっかく車を替えたのに、3月、WMG宅周辺で交通事故。
その事故処理で、警察の事故処理記録に免許証番号があったというほど。
それでも、なおもWMGをターゲットにストーカーをチャンスを狙う執拗さ。
そのうえ、4月、WMGの自宅の近くでナンバーを付け替える偽装工作
5月にはWMGを大胆に車に付け回したために、WMGの母親が岡山県警倉敷署に相談。
6月にもWMGの母親が車を見ていたほど。
事件当日、カッターナイフで「殺すぞ」と脅し車に乗せ、獲物部屋に連行。
途中でWMGの携帯電話に気づき、「携帯は用水路に捨てた」。
実際、クソッタレの供述通り、倉敷市内の用水路でWMGの携帯電話を発見。
その発見場所は、WMGの自宅から約2kmの地点で、水深約1mの水底。
どうやら防水機能があったため、失踪後数時間にわたって、電波を確認できた模様。
ともかく、「少女に興味があった。自分の好きな女の子のイメージ通りに育て、将来は結婚したかった」とのたまわっているクソッタレが、自転車の前カゴに女児用の商品など大量の買い物袋を入れ帰る姿を住民が目撃。
そのとき、鍵を外から閉めて逃げられないようにしていたとか。
そして、7月18日夜から(?)クソッタレ宅周辺で張り込みをしていた捜査員が踏み込むと、多数の美少女アニメのポスターが張られた洋間で、「女児の関心を引くため、たくさんお菓子を与え、テレビアニメBLEACH(?)も見せていた」とうそぶくように、テレビを観ていたWMGを「妻です」と言い逃れようとしたというから、何をかいわんや。
ともあれ、クソッタレの自宅からは自宅からはWMGや衣服や靴などの所持品が見つかり、また、犯行を示唆するメモやWMG自宅周辺の住宅地図が押収されたというから、事件は一応決着。
成熟した女性に歯牙にもかけられないみっともない50歳近くのオトコの情けない蛮行は、今回はジ・エンド。
本当の恋愛をできない卑屈なオトコのなんと増えたことか?
どちらにしても、これ以上、WMGの未来のためにそっと放っといて上げてと祈るばかり。

実は、東仙坊、これでようやく思い出せたのが、ほぼ同じような蛮行である「緊急プロファイリング 神奈川県相模原市小5女子行方不明事件」のこと。
こちらも、情けなくてみっともないホシが、事件発生後4日後に逮捕されていたのに、放ったらかしだったことに気づいたからである。
しかも、こちらも11歳のビッグブーブガールである小5女児が無事だった(?)というから、とにかくホッ。

■神奈川県相模原市小5女子行方不明事件

●東仙坊がプロファイリングする恥知らずのホシ

①2月7日、 略取と逮捕監禁で、神奈川県警相模原署に逮捕されたのは、新横浜にあるコンピューター関係会社(ej works?)に勤務する、高木伸夫(30歳)なるオタンコナス。
東京都町田市成瀬の閑静な住宅街にあるメゾネットタイプのアパートに、約1年ほど前から、妻と幼い子ども2人と暮らしていたが、最近ではその姿を目撃されていなかったとか。
事実、大家は、 「奥さんがいて、子どもが2人いるというが、どんな子かよくわからない。奥さんもこないし、家賃だけはちゃんと払っていた」と証言。
その勤務先の会社も、「1年ほど前からウェブの制作を担当していた。普通に出勤していて特に変わった様子はなかった」と証言。

②1月11日午後4時10分ごろ、神奈川県相模原市中央区田名の路上で、ビッグブーブガールにカッターナイフを突きつけ、「ちょっときて」と脅し、自分の車に無理やり連れ込んだというから、許し難し。
そして、そこから約14kmの自宅まで連れて行き、自宅に丸3日以上にわたって監禁

③ 1月15日午前3時50分ごろ、ビッグブーブガールは自宅から約23km離れた神奈川県茅ヶ崎市の駐在所を1人で訪れ、警察電話を使って神奈川県警茅ヶ崎署員に保護されたというから、唖然。
そして、「思い出したくない」とか、「わからない」とか、「覚えていない」とか、「誰かと一緒にいたかもしれない」と応えていたというから、思わず茫然。
それでも、「移動中は目隠しをされていた。食べ物などは与えられていた。知らないオトコの人に車に乗せられた」と応えるまでになんとかなって、神奈川県警相模原署は、ビッグブーブガールの自宅周辺(?)や神奈川県茅ヶ崎市周辺の防犯カメラ映像を解析するなどし、車の特定に全力を集中。
とにかく、ビッグブーブガールに外傷だけはなかったというのだが…。

④このオタンコナス、解放前日の1月14日、会社に「仕事を休む」と連絡すると、レンターカーを借り、ビッグブーブガールを乗せ、その茅ヶ崎まで行き、交番から500mのところで、「周りの人に入ったらダメだよ」と強く言い聞かせて(?)解放。
1月15日にレンタカーを返却すると、そのまま出勤。
ちなみに、レンタカー会社によると、後部座席にチャイルドロックがかかっていたとか。

⑤正月に神奈川県内でナンバープレート2枚を盗み、1月11日~1月13日の休みの間に、盗んだナンバープレートを自分の車につけて「ターゲットになる女児を狙って相模原市内を自分の車でウロウロしていた」と実施したオタンコナスの計画的蛮行は、意外なことからほころびる。
ビッグブーブガールが、監禁場所の外で流れる音楽と監禁された日に食べた宅配ピザについて、かなり詳細に記憶していたからである。
その音楽とは、街が決まった時間に流すメロディー。
何でも、 町田市では午後4時半になると「愛の鐘」というメロディーが流していて、周辺の市町村の中にこの音楽を流しているところが他にないことが判明したというのである。
もう1つは、「大手チェーンのものではない宅配のピザだった」とのビッグブーブガールの的確な証言。
そこで、町田市周辺の宅配ピザ店を捜査し、その配達記録などからオタンコナスを特定。
注文を受けたというピザ店によると、「注文の時間は午後8時38分だかそれくらい。ピザとセットで、1,580円になる組み合わせだった」と実に具体的。
どうあれ、それで、ガッチャン。
「すぐに解放しようと思ったが、もう少し一緒にいてほしかった」とのたまわっているオタンコナス、自分の妻のように自分を男としてバシバシ愚弄しない、男を知らない、見かけが女に見えるだけの女児を思い通りに手籠めにしようとしただけ。
どちらにしても、男としても、人間としても、こんな劣悪なオトコが本当に増えているのでは?
ナンバープレートの交換、女児を探し回って独りドライブ、刃物で殺すと脅かす、自宅へ連れ込む、そして、監禁。
そうでもしないと、女性から愛されもしない、好意も示されない、すぐ女性に逃げられてしまう、魅力も能力もない惨めなオトコのなんと多いことか?

The country where the men who are not loved by a woman are gonna play with a girl must be just ugly(女性に愛されないオトコどもが女児をもてあそぼうとする国は、ただただ醜い)!

To be continued...








緊急プロファイリング 神奈川県相模原市小5女子行方不明事件

The Kanagawa Prefectural Police! Make an effort in putting up pawn than the quantity of the investigator(神奈川県警よ! 捜査員の量よりも質を上げることに努力して)!

東仙坊、千葉県警、愛知県警、大分県警、京都府警、大阪府警、岐阜県警、神奈川県警は警察の体をなしていないととっくのとうに絶望している。
そんな中で、大阪府警がまた虚偽の被害申告に基づいて20代男性を監禁と窃盗で逮捕し約4時間20分後に釈放したと発表したから、呆然…。
被害女性の話の裏も取らずに客観的証拠がないまま逮捕したというから、言語道断。
何しろ、大阪府警の誤認逮捕が明らかになるのは昨年7月以降、これで7件目というから、ただただ嘲笑。
そ、そ、そうしたら、今度は神奈川県警が、手錠を外し腰紐(??)だけにしておいてマンマと強盗強姦犯に逃げられ、丸2日間も捕まえられないテイタラク。
それも、6階から階段で逃げられ、赤信号を横切られ、オメオメと逃がしたというから、噴飯もの。
それで、4000人態勢とか、最後には1万人態勢とか、巨額の税金の無駄遣い。
それでいて、最後は100人ものの捜査官で取り囲み、ホシが見えないほどだったというから、もうマンガ。
さて、その神奈川県警の管轄内で、またしても小難しい事件が起きてしまった。
最初は、50人態勢、すぐに80人態勢、そして公開捜査とともに250人(?)態勢…。
どうあれ、捜査員の数でしか捜査ができないのが神奈川県警なのか?
それにしても、11歳の小5女子がこの冬午後4時ごろから行方不明になって、3日後に公開捜査とは?
大丈夫なのかい?神奈川県警とついつい言いたくなるのは、東仙坊だけではないと思うが…。
どちらにしても、サプアと中国ノイローゼ気味なので、久しぶりにプロファイリング。

■神奈川県相模原市小5女子行方不明事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

①1月11日土曜日、成人式の連休前、神奈川県相模原市中央区田名に住む相模原市職員(49歳)の三女で相模原市市立田名北小学校5年生女子(11歳:便宜上、ビッグブーブガールと呼ぶ)が自宅で、同級生の女友だち3人と遊んでいた。
②1月11日午後4時ごろ、寒さ厳しい今年の冬、日が暮れるのが早いだろうが、まだそこそこ明るいはず。友人たち3人が帰ると言い出したので、ビッグブーブガールも愛犬の柴犬を連れ、一緒に自宅を出る。
ただし、ビッグブーブガールはなぜかその3人とは別方向に向かったという。
また、なぜか携帯電話と財布も持っていない。
さらに、そのとき自宅には、ビッグブーブガールの母親と祖父母がいたが、ビッグブーブガールが家を出るところは見ていなかったという。
③1月11日午後4時10分ころ、自宅付近を犬がリードのついた状態で1匹で歩いている姿を近所の住民が目撃(??)。
④1月11日午後4時20分ころ、犬を連れて散歩している女の子を複数の人が目撃(??)。
⑤1月11日午後4時40分ころ、16歳の姉(長女?)が帰宅。
犬だけがリードをつけて家にいることを確認。
⑥1月11日午後4時50分ころ、父親が帰宅。
そして、犬がリードのついた状態で自宅にいるのに帰ってきていないことに気づき不審に思うも、以前にも同じことがあったのですぐに大騒ぎせず(?)。
⑦1月11日午後6時40分ころ、ビッグブーブガールの父親が「娘が帰ってこない」と神奈川県警相模原署に届け出。
しかし、すでに真っ暗闇だったために自宅周辺の捜査で終了(?)。
⑧1月12日、神奈川県警が50人態勢で終日自宅を中心に捜査するも未発見。
また、誘拐の身代金要求もナシ。
⑨1月13日、神奈川県警、相模原市、田名北小学校などが協力し捜索範囲を広げるも進展ナシ。
自宅から20~50mほどの位置にある自治会付近で、車に乗ったへらへらする不審者(?)の目撃情報アリ。
⑩1月14日、神奈川県警は80人態勢に増員し、朝から本格捜査。
現場付近で警察官が「窓に黒いスモークを貼った不審な車」の捜索も開始。
と同時に、公開捜査を実施。
ビッグブーブガールの顔写真とともに、氏名、「身長155㎝、黒髪で肩にかかる長さ、黒色ジャンパー、紺色ジーンズ、オレンジラインの入った白のスニーカー」を紹介し、捜査協力願い。
昼ごろ、自宅近くを流れる相模川で遺体発見するも、ビッグブーブガールとは無関係と判明(???)。
神奈川県警は途中から約250人態勢に増員。
しかし、いまだ発見できず…。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①父親が帰ってから家族で周辺を捜索したというが、そのとき、その柴犬のリードを放してみたのか?
②ビッグブーブガールは過去に家出したこともないというが、こんな時代に夕方の犬の散歩をいつも1人でやらせていたのか?
また、犬の散歩に行くとき、家族にその旨をいつも伝えなかったのか?
それ以上に、財布はともあれ、携帯電話を持って出ないのはいつものことだったのか?
東仙坊、今日日のキッズが携帯電話を肌身離さず持ち歩くのが当然と思っていたから、かなりビックリしているのだが…。
どうあれ、東仙坊、柴犬は賢く忠誠心が強いと思い込んでいるせいもあるが、犬に戦ったり吠えたりした様子はなかったのか?
③家族は、11歳の小5女子でありながら身長155㎝もある三女をどう捉えていたのか?
もしくは、何か微妙な変化を感じていなかったのか?
実は、このことこそが、今、一番気にかかっていることなのだが…。
つまり、このビッグブーブガール、すでに誰かに(?)声をかけられていて、自らそっとソイツに会いに行った気がして仕方がないのだが、どうだろう?
それも一緒にどこかへ出かけるような…。
そうでなければ、これほど迅速な拉致(?)というか監禁(?)というか行方不明事件など到底不可能だと思うのだが、どうだろう?
そう、あたかもデートのように…。
だからこそ、意図的に携帯電話を置いて行ったのでは?
そして、自分の意思でソイツに会うことを楽しみに出かけたのでは?
つまり、愛犬をダシにソイツとの約束を果たそうと…。
その意味で、ビッグブーブガールはまだどこかで誰かと無事に生きていると思いたいのだが…。
どちらにしても、直前まで一緒だったというビッグブーブガールの3人の友だちへの聞き取りが極めて重要なポイントなのでは?
何かいつもと違うことを仄めかしているに違いないと思うのだが…。
ところで、無能で無様な神奈川県警、初動捜査できちんと警察犬をちゃんと使ったのだろうな?
とにもかくにも、東仙坊、昨今頻発している情けなくてみっともないオトコによる卑怯で卑劣な蛮行でないことをただただ祈っているのだが…。

This 11 years old Big-boob-girl whom an adult woman seemed to be able to see at a glance should have had been already picked up(この一見大人の女性に見えそうな11歳少女は、すでにナンパをされていたはず)!


















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード