Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-34 静岡県浜松市女性介護士刺殺事件-追補1

Please don't do forgetting that a brutal murderer is let run loose around Hamamatsu-shi, Shizuoka in this December(この師走に、静岡県浜松市周辺には凶悪殺人犯が野放しにされたままだということをどうか忘れずに)!

東仙坊、よせばいいのにまたサプアについて書き込み始め、かなりウンザリ。
そのせいなのか?
あるいは、なぜか亡くなった母親の夢を見るせいなのか?
ここのところ、1977年に発表した自伝的随筆「私の浅草」で第25回日本エッセイスト・クラブ賞まで受賞した、稀代の本格派女優、沢村貞子のことを想い出している。
その随筆が、人気NHK朝の連続テレビ小説「おていちゃん」の原作となっていたからか?
どにかく、沢村貞子がインパクトのある日本人らしい母親像や祖母像を茶の間に提供してくれた女優だったことは、紛れのない事実。
東仙坊、個人的には溝口健二監督の「赤線地帯」での演技が強烈に残っている。
そんなとき、なぜ沢村貞子を突然思い出した理由がわかった。
最後に沢村貞子が自分の遺骨を夫の遺骨とともに相模湾に散骨させたということ。
そして、その沢村貞子の本名を今回のある事件が引き金で知るハメになったこと。
そう、自分の中でメチャクチャ引っかかっている事件があるからである。
その事件とは、プロファイリング-34 静岡県浜松市女性介護士刺殺事件と書き込んだもの。
実は、かなり経っているのに、一切捜査情報が洩れてこないので危惧している。
二女の大学入学の足しになればと、長女の初孫がカワイイからと、 介護士として老人施設に勤めながらポスティングのバイトまでしていて、その最中に惨殺されてしまった50歳のポインセチアマム…。
東仙坊、その無念さは想像を絶するものがあるに違いないと同情するばかり。
と同時に、このホシのようなヤツは即刻逮捕しなければ、また蛮行を犯すと深刻に危惧しているのだが…。

■静岡県浜松市女性介護士刺殺事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①事件後に新たに確認できたこと。
現場となった民家の郵便受けにはポインセチアマムが配布していた「地域情報誌」が投函されていたこと。
ポインセチアマム宅付近に白いワゴンタイプの車が駐車していたこと。
犯行現場近くから走り出る白い車があったこと。
実は、この情報は、東仙坊から1つのケースへの想像を払拭させてくれた。
夜にポスティングをされることって、結構ナーバスにさせられる。
とりわけ、玄関ドアにポストがついているようなアパートでは、そのガサゴソという異様な音と不審者の雰囲気に緊張させられるもの。
その意味で、「何度言ったらわかるんだ。内に入れるなって言っているだろ」とすでに何度も何度もクレームをつけていたのに、ポインセチアマムが泰然自若と微笑するばかりで取り合わなかったせいで、近隣トラブルのようにブチ切れたオトコがいる可能性もあると思っていたからに他ならない。
そうだとすると、ホシの年齢が20代からそれこそ70代くらいまでに拡大してしまいそうだと懸念してもいたから、なおさらホッ。

②東仙坊、この事件でどうしても合点がいかないのは、バッグも地域情報誌(?)も持っていたのでは?
それでいて、助けて! ギャー!と悲鳴を上げられたのに、なぜ防御創がないのか?
人間は本能的に瞬時に反応するのでは?
それでいて、刃物で気道や頸動脈に達するほど深く切られ、横向きの状態に倒れてしまう惨い殺され方をしてしまうなんて、無念極まりないのでは?
結果的に、財布や携帯電話が入ったバッグもそのままということは、その殺意は異常なほど強烈だったということ。
唯一の朗報が、着衣の乱れがなかっただけ。
どうだろう?
これほどまでの殺意を抱けるヤツとは一体何者?

③2008年4月30日、静岡県浜松市中区野口町の一軒家の1階居間で独り暮らしの83歳女性が殺害される事件が発生している。
今回の現場から、直線で約1km。
遺体を発見したのが、39歳女性ホームヘルパー
4月29日午後6時20分ごろから4月30日午前9時20分ごろまでの間、家電コードで首を絞められたことによる窒息死。
2008年12月10日、事件は捜査特別報奨金制度対象事件に指定されたが、静岡県警浜松中央署は、2009年8月9日、浜松市中区領家に住む、印刷業、松島重男(79歳)を逮捕。
その理由は、電気コードなどから採取した第三者のDNA、目撃された不審な男の似顔絵、現場に残されていたタバコの吸い殻のDNAがこのオトコと一致したこと。
オトコは、殺害を否認し続けるも、2010年10月29日、静岡地裁浜松支部から、懲役13年(求刑・懲役18年)の判決。
何でも、被害女性と関わりのあった1000人ぐらいの人の中から特定したというから、実に大変。
では、もう一つ、気になる事件がある。
この現場から7kmほど離れた、周りを畑で囲まれた静岡県浜松市西区西山町の平屋建ての一軒家で、79歳女性が何者かに首を刺され殺害された事件。
被害女性は、48歳長男との2人暮らし。
4月21日午後7時ごろ、仕事から帰宅した長男が台所で首から血を流してうつぶせに倒れている母親を発見し、119番通報。
被害女性はすでに死亡していて、浜松医科大で司法解剖の結果、死因は鋭利な刃物(未特定)で首を切られたことによる失血死で、これまた一切の防御創ナシ。
実はこの事件も不可解なことばかり…。
1)発見当時、部屋の電気はついていなかった。
2)普段着のママ被害女性の着衣に大きな乱れもなく、争ったの痕跡もナシ。
3)台所は玄関から最も奧にあり、勝手口があるが家財道具で塞がれ、入れない状況。
4)タンスの引き出しが開いていたり、室内が荒らされたりした形跡がないばかりか、家の窓などに強引に侵入した形跡もナシ。
5) 被害女性は財布を複数所有していたが一切手つかず。通帳や印鑑もそのまま。
6) 台所以外に血痕が見当たらず、引きずった痕跡もナシ。
7)台所にあった包丁にも使用された痕跡ナシ。
8)台所の洗い場­には急須や料理をした形跡はなく、接客した様子はナシ。
9)長男は午前8時に出勤。
被害女性を、午前11時ごろ、自宅前の畑で独りで草むしりをしているのを近所の住民が目撃。
そうなると、犯行時間は、午前11時から午後7時までの間。
⑩長男は帰宅した際、自分の鍵を鍵穴に差し込んで玄関を開けた。
ただ、「普段は玄関の鍵がかかっていることが多いが、もともと鍵がかかっていたかどうかはっきりしない」と話し、実際、自宅からは玄関の鍵は発見されてなく、ホシが持ち去った可能性があるとか。
どうあれ、ホシは玄関から侵入した模様(?)。
⑪被害女性は、用心深い性格で、昼間も必ず玄関に鍵をかけ、インターホン越しで訪問者をしてから扉を開けるなど、防犯意識が高かったとか。
⑫東仙坊、最大のポイントは、被害女性が火曜日と金曜日だけデイサービスに行っていたことだと感じているのだが…。
どうあれ、捜査する静岡県警浜松中央署は、被害女性宅周辺は防犯カメラもなく、犯行に用いられた凶器なども見つかっておらず、物証は乏しいままと混迷しているご様子。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件のホシ像(可能性の高い順)

①介護施設を通じポインセチアマムに思慕の念を覚えそれなりのアプローチをするも邪険にされ続け、勝手にブチ切れたタコの蛮行。
その意味で、かなりの高齢者の可能性も否定できない。

②妻の職場での浮気を疑った夫の凶行。
この可能性も全くゼロとは言えない。

③その民家宅の独り暮らしの70代女性を襲おうとしていた本格的シリアルキラーと運悪く鉢合わせしてしてしまって、顔を見られたと殺害されてしまった可能性。
そうなると、4月のホシと同一犯。
とすると、同じ犯行をまた重ねる可能性が大。

どうあれ、静岡県警浜松中央署は4月の事件の解決を優先すべきだと思うが…。
そして、このシリアルキラーは、間違いなく介護施設関係者、もしくは介護施設利用者だと思わないか?

Probably, as for this continuation murderous fiend, the trick of the barbaric act should become bold(おそらくこの連続殺人鬼は、どんどんその蛮行の手口が大胆になるはず)!

プロファイリング-34 静岡県浜松市女性介護士刺殺事件

The criminal who did such cruel how to kill gets tired of a lie of the politician-likes that it may be said that what is livable society to be loose in Hamamatsu-shi now(これほどまでに残虐な殺し方をしたホシが、今、浜松市で野放しになっているのに平気で住みよい社会と言える政治屋どものウソにはウンザリ)!

東仙坊、スペインが存亡の危機に近い経済状況であるということに危惧を覚えていた。
すると、そのスペインの中で唯一好調だったカタルーニア地方が独立するという住民投票を憲法裁判所の判決を無視し実施しようしたことに憂慮を覚えてもいた。
すると、今、そのカタルーニャでは、降り続く豪雨により各地で被害が拡大。
冠水や土砂崩れの危険から13の自動車道を閉鎖。
あのクラシカルでエキゾチックな街並みはほとんど増水した川の中…。
その凄然とした光景に、ただただどこか因果応報の面があるのでは?と感じてしまうのは、東仙坊だけではあるまい。
そう言えば、10月の台風18号襲来のとき、静岡県浜松市の安間川や芳川が氾濫しそうだった光景もどこか印象に残っていた。
奇妙にすべてがフラットでメリハリがなくボワーンとしていたからである。

■静岡県浜松市女性介護士刺殺事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

静岡県浜松市東区子安町で、会社員の夫(52歳)と二女の女子高校生と3人暮らしをしていた50歳主婦なるポインセチアマムがいた。
長女が嫁いで子どもがいるというのだから、厳密には、ポインセチアグランマム。
病院の受付けで働いていたが、現在は、近くの介護施設で介護士。
二女が大学に行きたい(?)と言っているので、本当なバイトしてはいけないけど、できるだけ娘のリクエストに応えてやりたいとポスティングのアルバイトを少々。
何しろ、ポスティングのバイトは、1枚3円程度(?)と廉価でも、時間がフリーなところが実に便利。
夕食片づけ後にサッサと終わらせられるところが、メチャクチャラク。
実際、11月27日、1時間弱で帰宅できたほど。
それゆえ、ポインセチアマム、11月28日午後9時ごろ、前夜に続き、自転車でポスティングのバイトに出発。
と、と、ところが、前夜とは違って、午後10時を過ぎても帰宅しない。
そこで、携帯電話に電話するも、いつもすぐ出るはずの妻が出ない。
不安を感じた夫が捜しに出ると、自宅から30mくらいのあたりで妻の自転車だけ発見。
そして、11月29日午前0時半ころ、夫は静岡県警浜松東署にポインセチアマムの捜索願を提出。
すると、それで近所を捜索し始めた静岡県警浜松東署員が、11月29日午前7時15分ころ、自宅から350mにある浜松市東区子安町にある民家の敷地内の植え込み付近で、右側を下向きにして首から血を流し倒れているポインセチアマムの遺体を発見。
現場付近に凶器らしきものは残ってなかったが、遺体の近くにはポインセチアマムの携帯電話やその配布するはずの情報誌があり、少し離れた場所でポインセチアマムのバッグ、その中に財布、財布の中に現金も発見。
また、遺体には引きずられた後も 抵抗した後もなく、着衣に乱れなどはなく、その場で刺された模様だとか。
そして、その遺体発見現場は、JR浜松駅から北東方向に約2.5kmほどの位置にある住宅街の一角。
それから、その発見現場となった民家の独り暮らしの高齢(?)女性とポインセチアマムは面識ナシとも。
さらに、司法解剖の結果、死因は失血死。
首前面の刺し傷が致命傷で、気道や頸動脈まで達していたというから、メチャクチャ凄惨。
そ、そ、そうしたら、11月28日午後10時過ぎから午後10時半ごろ、「ギャー」という悲鳴や「助けて」との叫び声を聞いたという近所の人々がいっぱい。
なかには、テレビの音を小さくして確認したとか、子どもの叫び声だと思ったとか、言い争っているようだったと証言しているヒトもいるとか。
そのうえ、白いワンボックスカー(?)の不審車情報もあるとか。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①この事件の不可解さは、その犯行時間帯、犯行場所、その殺害方法と犯行遺棄現場に集中している。
11月28日は金曜日。
となると、その午後9時~午後11時半は、空き巣にふさわしい時間ではない。
また、刃物を持っての強盗にもふさわしい時間でもない。
というのも、かなりの目撃者は、物音聴取者が現れる確率が高いからである。
実際、静から住宅街らしくこの事件でも悲鳴聴取者がたくさんいることでも明白。
その点からすると、間違いなく刃物を持ち歩いていたはずのホシが強盗だったのか?ということにも単純に疑問が残る。
仮に強盗に押し入る予定の家が弱そうな老女の独り暮らしだったとしても、その抵抗されたり顔を見られるリスクははるかに大きくなるはず。
そのうえ、その犯行場所は、ロケーションとしても犯罪現場に適していいるとは思えない。
逆に、逃げるのには好都合とも言えるが…。
なぜなら、現場の家は南北(?)の裏のマンションに通じる道と東西(?)の道の角にあり、多少植木が多いが隠れやすいとは思えないからである。
また、ポインセチアマムの自転車が発見された場所は、比較的車に接しやすい場所とも言えるのだが…。
そうなると、今日日、最も考えられるのが、今や定番の通り魔的レイプ犯。
ポインセチアマムの動きを勘違いした可能性もゼロじゃない。
事実、ポインセチアマムの夫は、「何で?妻なんだ?」とその無念の内を次のように証言していた。
「いくらオバンでも一応女なんだから心配だよ。ジョギングする格好でついて行ってやろうか?」
「明日仕事なんだから、先に休んでいて」
どうだろう?
ポインセチアマムがまだ十分に女性としての艶を持っていたと思えるのでは?
となると、その手の卑怯で卑劣にオトコにありがちな脆弱さからすると、その殺し方はあまりにも残虐非道すぎるのでは?
第一、その一番の目的を果たしていないのでは?
えっ、若い女性だと思ったのにそうじゃなかったからかえって逆上したんだって?
東仙坊、そんなことは絶対にないと言い切れる。
その手のクソッタレは、一度情欲の虜になったら相手のことなど一切考えないから、必ずその情欲は果たすはず。
そのうえ、基本的にビビり屋が多いから、被害女性の抵抗なしで殺害したりはできないはず。
そこで、断然不可解なことは、2つ。
1つは、2度も悲鳴を上げているのに、防御創がないこと。
2つ目は、そんな悲鳴を聞いても誰一人と110番しなかったこと。
どうだろう?
何かが狂っている地域なのでは?
どうあれ、このホシがポインセチアマムを狙い打ちしたと考えざるを得ない面が強いのでは?

②東仙坊、正直、この事件を初めて耳にしたとき、空白の2時間半何て言ういい方にラブホで殺されたのでは?と思ってしまったほど。
その不倫関係のモツレ、ポスティングのバイトを口実にイソイソ情夫に会いに行って惨殺されたのでは?と勝手に勘違いしてしまったほど。
けれども、殺害現場が遺体発見現場で、いつも一時間弱ぐらいで帰宅していたということを聞いて、それが失礼な誤解と確信している。
となると、考えられるパターンが3つ。
その色彩が強い順に並べてみる。
かなり長い間思慕の念をポインセチアマムに対し示していたのに、全く相手にされず1人マジギレし、ストーカー化していたみっともないオトコの蛮行。
その介護施設関係者、それこそ被介護者の可能性すらありそうな凄惨な殺し方。
無論、その前の病院の受付け時代の関係者の可能性も高い。
つまり、長い片思いの果てのポインセチアマム自身をハナからターゲットにした計画的な蛮行。
その根拠は携帯電話をそのままにしてあること。
2つ目は、どんな広告物のポスティングをしていたのかよくわからないが、その行為そのものにブチ切れていた近所のオトコ。
入れるな!どうこうのトラブルがすでにあった可能性もあるのでは?
それに対し、ポインセチアマムがかなり強烈な言い返しをしていたことが考えられると思うのだが…。
その意味で、ポインセチアマムが偶然ターゲットになってしまった可能性も?
3つ目は、二女の周りにいるオトコの可能性もあると思わないか?
ポインセチアマムの雰囲気に、うちの子は今受験勉強でそれどころじゃないの?と堂々と拒否するイメージがあるのだが…。
どちらにしても、このモラル完全崩壊社会らしくその殺害の仕方が凄くマンガチックな感じもするのだが、どうだろう?

After all we can't kill that person by such a method if we don't murder you for mind to suppress(結局、その人を殺す気で殺さなければこんな方法では人を殺せない)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード