Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 三重県御浜市中2女子生徒行方不明事件-エピローグ(2)

The disappearance from home collaboration with self-centered female junior high school students and the immature 30 years old man with your continued patronage certainly should increase only this(これだけ身勝手な女子中学生どもと未成熟な30歳オトコとの家出コラボは、今後とも間違いなく増加する)!

③実は、12月11日この事件が公開捜査になった翌日の12月12日、同じ四国の愛媛県宇和島市で、この事件のバックボーンをつぶさに推し量れる「ある興味深い出来事」が起きていたというから、なんたる偶然…。
何でも、12月6日、この事件と全く同様に、愛媛県宇和島市に住む15歳女子中学生が行方不明になったというから、まさしくグリーン・プラム2。
すると、グリーン・プラム2の知人(?)から、グリーン・プラム2の家族に、「神奈川県相模原市のオトコのアパートにいる」との具体的な情報があったとか。
そこで、グリーン・プラム2の家族が必死に神奈川県相模原市のオトコのアパートを訪ねると、オトコがいないばかりか部屋の鍵もかかっていなく、グリーン・プラム2だけが部屋にいるのを発見、保護。
愛媛県警が、12月25日、未成年者誘拐で、神奈川県相模原市に住む、満足な恋愛一つできない情けないオトコ、アルバイト作業員、武藤真二(37歳)を逮捕。
それも、オトコは12月22日からバイト先を無断欠勤し逃走を図った様子というから、開いた口が塞がらない。
2人は、9月中旬にnet上での悩み相談を通じて知り合い(?)、グリーン・プラム2が、「家を出たい」と言い出し、オトコはついてきそうだと思い、「オレんちこん」などと誘い出した(?)とか。
宇和島市から相模原市まではおよそ900㎞、かなりのロングドライブ。
まあ、「家出したくて自分でついて行った。自分の意思でやった」と言っているというグリーン・プラム2、自らオトコの慰みモノに歓んでなっていたと思うが…(?)。
そして、家族によって愛媛県宇和島市に連れ戻された、現在、反省するどころか、ふて腐れて、投げやりな日々を過ごしていると思うが、どうだろう?
どうあれ、我々が今回のグリーン・プラムとグリーン・プラム2の家出のための連続フェイク行方不明事件から学ぶべきことは、たった一つ。
このグローバルな市場原理主義社会の時代、誰もがよりジコチュウになり、コミュニケーションすらままならないまま、他人のことなどこれっぽっちも顧みず、誰の意見も聞かず、やりたい放題し放題。
そして、すべてが人のせいで、自分の責任など果たさず、少しでも自分に刃向ったり自分を傷つける人はみんな敵。
そのうえ、全く自信も余裕もないくせにいつも自分が勝てると錯覚。
そう、いつのまにか本来の日本人の美徳など皆無の精神的異邦人ばかりにこの国がなってしまっているということ。
そのせいで、モラル、一体それが何?の救い難い現状。
たかが女子中学生のガキどもが、なぜか卑屈な親が持たせてくれるスマホを好き勝手に使い、下着を売ったり、自分のヌードを送信したり、援交をしたり、自分を自分で最初からバーゲンセール。
何が何でも自分がしたいことをラクしてしたいだけなのだから、そのためのウソなど朝飯前。
家出したいと思えば、スマホでおバカな車で遠路はるばる迎えにきてくれ、ただで飯を食わしてくれる大人をそそくさとスマホで探すだけ。
一方、30歳を超えてもまともな恋愛一つできない情けなくてみっともない恋愛アマチュアのオトコどもは、同世代の女性には口さえ満足に効けないくせに未熟な少女になんとか立ち向かうのが精一杯。
それを誤魔化すために、あたかも「ペドフィリア」を装うだけ。
その意味では、女子中学生の方が、30歳のオトコどもよりもはるかに年上。
そうなると、今後、このような家出はますます増加するだけ。
えっ、もしかしたら、そんな女子中学生と30歳過ぎの大バカオトコどもとの間にだって、本物の恋愛に発展する可能性があるかもしれない?って?
何をおっしゃるウサギさん。
スマホで家出の手伝いをする大人を打算的かつ功利的に探すような少女が、まんまとそれに乗じるようなオトコを本気で信頼するはずもないはず。
率直に言って、バカなオトコと内心思っているのが関の山。
えっ、肉体関係を持っていることで情が移るかもしれない?って?
そんな強かな少女が、家出で協力のお礼として肉体を捧げたところで、そんなオトコを愛するワケもナシ。
家出直後はその充実感から、オトコのケアをするかもしれないが、落ち着き慣れたら、すぐにもっと稼ぐイケメンを探し始めるだけ。
そもそも、一生懸命、遠距離を車で走らせてきて「オイシイ言葉」をベラベラ言うようなオトコを本気で信用するはずもナシ。
それこそ、オトコがマジになればなるだけ、その逃げだすタイミングが早くなるだけ。
その見地から言うと、今回のグリーン・プラムやグリーン・プラム2のように家出にバカなオトコを利用する女子中学生たちは、せいぜい殺されないように絶えず目配りをすべきでは?
そんなことより、今回の2つの事件解決で、東仙坊、そっと心配していることがある。
1つは、高知のオトコの4歳の二男、長男と逃げ出したと思えるオトコの妻はちゃんと引き取るのだろうな!ということ。
また、オトコの母親が金を持っていそうだが、まさその育児費用を請求するのではないよな!ということ。
2つ目は、それぞれの自分の家に戻ったと思える(?)グリーン・プラムとグリーン・プラム2、まさかノコノコ同じ中学に通ったりはしないよな!!!ということ。
それだけが気がかりなのだが…。

What don't understand me is why the wife of the man did not take the second son of the infant with him by a divorce(わからないのは、なぜオトコの妻が乳飲み子の二男を離婚で連れて行かなかったのか?ということ)!
























緊急プロファイリング 三重県御浜市中2女子生徒行方不明事件-エピローグ(1)

Families in Japan must be the inferior situation that there is “like a mother like a daughter” now(今や、日本中の家庭が、「この母にこの娘あり」の劣悪な状況)!

東仙坊、躊躇しながらも実行した「緊急プロファイリング 三重県御浜市中2女子生徒行方不明事件」で、やっぱり…という想像通りの結末があった。
12月22日、三重県警捜査一課は、グリーン・プラムなる三重県御浜町立御浜中2女子生徒(14歳)を高知市内で発見、保護するととともに、グリーン・プラムを車で連れ去ったとして、未成年者誘拐で、高知県高知市南金田に住む、職業不詳(??)、波川智央(33歳)なる鈍重な女房に逃げられたオトコを逮捕したと発表。
何でも、三重県警捜査一課は、グリーン・プラムのスマートフォンのnet履歴をチェックし、SNSでやり取りしていたオトコが判明し、12月22日午前9時ごろ、三重県警の捜査員がオトコの自宅に乗り込んで発見したとか。
ちなみに、オトコの自宅は、三重県から440㎞、直線で230~240㎞、車で9時間のJR高知駅から1㎞強(徒歩5分)の住宅街。
通りと通りのコーナーにあるエレベーター付きの3階建てのそこそこ瀟洒な家。
また、オトコはそこで8年前ごろから住んでいて、数年前からどちらにしても4歳二男と2人暮らしだったとも。
ともあれ、オトコはSNSでグリーン・プラムと知り合い、彼女の学校や家庭での人間関係の悩みを聞き、「グリーン・プラムに頼まれ連れ出し、家に住まわせた。同意の上だった。誘拐にあたるとは思わなかった」と、ベビーシートと木刀を積んだ高知ナンバーの黒いSUVで、11月18日午前7時半過ぎ、三重県南部の路上まで行き、グリーン・プラムを高知まで誘拐した(??)ことになったということ(?)。
つまり、何が何でも家出をしたかったグリーン・プラムの小賢しい思惑と、同世代の女性ではダメでも中学生のオンナなら何とか思い通りにできるというみっともない離婚経験オトコの思惑が、見事に一致した低級な行方不明事件だったということ。
それにしても、グリーン・プラムの情けない母親から捜索願が出たとき、なぜ三重県警は即刻グリーン・プラムのスマホの履歴をチェックしなかったのか?
開いた口が塞がらないほどテイタラクなのでは?
と同時に、グリーン・プラムが失踪(?)2日前に、送信した「家出する」というLINEを読んで、彼女の家や教師に、イヤ、本人に誰も連絡しないのは?本当に友情すら微塵もない乾いた世界になってしまったと思わないか?
それ以上に、グリーン・プラムの家族は、なりふり構わずその仮装友人と思しきLINE仲間たちに誰か何か聞いていないか?と尋ね回らなかったのか?
また、本当にグリーン・プラムのジコチュウ丸出しの家出計画のディテールを誰も聞いていなかったのか?
さらに、なぜ中学生にスマホを好き勝手に使わせるのか?
とにもかくにも、この事件(?)で我が子に優柔不断な親どもが再認識すべきは、子どもにまで卑屈にへつらい満足に管理すらできなければ、社会生活の中で自分が活躍する場などないということ。
そして、我が子と目と目を合わせて徹底的に対峙すること。
そうでなければ、思春期を迎え、ともすると自分の人生を自分で好き勝手にできると錯覚し、自己顕示欲と自己陶酔に駆られた我が子が自分で自分の歩みの階段を外す愚を犯すことになると思うが、どうだろう?
そして、結果的に多くの人たちに迷惑をかけることにもなるのでは?
どうあれ、この事件で明確に判明したことが、いくつか。
①この中学生並みの頭脳の離婚経験をし4歳男児のシングルファーザーを担っていたオトコは、不動産売買・賃貸・住宅購入の 不動産総合ポータルサイト、株式会社アプライ代表。
小学校校長を歴任した父親(3年前他界)と現役大学教授の母親を持つ、外面のいい典型的なイジケ虫。
2003年公職選挙法違反(詐偽投票)で逮捕されていて、2006年高知市四万十市で胡散臭い貸金業を営んでいたオトコ。
せいぜい、グリーン・プラムに防犯カメラの前を歩かせ、車に乗せると同時にそのスマホを始末させるアイデアぐらいしか考えつかない程度の腐った頭脳の持ち主。
②グリーン・プラム、弟を可愛がり、兄にきつく当たっていたというから、同性として母親を心底毛嫌いしていたことは明白。
普通に人間的に成長していれば、イヤでも自分が母親と大した違いのない存在と気づき、とりあえず母親を反面教師にし忍耐を覚えればいいだけなのに、それができない母親と同じようにエモーショナルなジコチュウ少女。
それでいて、物欲が旺盛で、オトコの貧しそうでないところを利用しようとした、打算いっぱいの今の典型的軽佻浮薄な少女。
間違いなく、エレベーターのある夢のような家に住め、にわか母親気分で炊事洗濯掃除を中心にオトコと4歳のオトコの二男の面倒を看ていたはず。
ただし、グレーのスウェットパーカーと紺のスウェットパンツだったということは、さすがのノータリンのパラノイアのシングルオトコでも、一人前の女としての扱いをしていなかったはず。
つまり、我々の一番の危惧は無用な気がするのだが…(???)。
その意味では、便利なナニー(子守)としてオトコは彼女を利用していただけなのでは?

There must be the worst serious problem of our country with the childishness of the young man in becoming it(我が国の一番の深刻な問題は、ヤングマンの幼稚化)!

To be continued...





緊急プロファイリング 三重県御浜市中2女子生徒行方不明事件

An evil of the global warming may be to produce sudden difference of temperature in each family(地球温暖化の弊害は、各家庭の中でも急激な温度差を生むことかも)!

地球温暖化防止に尽力するから金をくれ!と発展途上国が先進国にワケのわからない「オネダリ」をする会合をパリで開いているとき、我が日本でも歴史的な不気味なことが起きた。
12月11日、前線をともなう低気圧が西・東日本の太平洋側から三陸沖へ進んだ影響で、局地的に激しい雨が降り、強風が吹き、雨量や最高気温が12月としての記録を更新する地点が続出。
なかでも、三重県尾鷲市では、午前5時前までの1時間に67.0mlの非常に激しい雨が降った後に晴れ、午後0時21分、25.6℃と、25℃以上の「夏日」を記録し、12月としては観測史上1位の数字を更新したとか。
そのニュースに、思わず、東仙坊、webの地図でその場所をチェック。
伊勢市から熊野灘沿いを南に下ったところで見つけ、フーンとどこか納得していた。
そ、そ、そうしたら、もっと不愉快でムナクソ悪いニュースが同じ三重県から伝わってきた。
それも、その尾鷲市よりも南の熊野市の南、アカウミガメの産卵地として有名な七里御浜海岸の西、三重県最南端の南牟婁郡の御浜町と紀宝町…。
何でも、山間部に熊野古道を有する温暖な気候を生かした柑橘類栽培が盛んとか。
その人口12000人弱の三重県南牟婁郡御浜町、そこにある御浜町立御浜中2女子生徒(14歳、便宜上、「グリーン・プラム:Green Plum」と呼ぶ)が、11月18日午前7時25分ごろ、自分の母親(?)に見送られて(???)自宅を出た後、中学校に行かず、夜になっても帰宅せず、携帯電話も繋がらず、その夜のうちに(?)母親が捜索願を三重県警紀宝警察署に提出していたとか。
そこで、三重警察は、これまで非公開で行方を探してきたが、家族の意向を受け(?)、12月11日、公開捜索に踏み切ったとも。
ちなみに、グリーン・プラムの確認は、11月18日午前7時半通学路にある自宅近くのパチンコ店の防犯カメラに1人で歩く姿が映っていたことが最後とか。
また、行方不明になっているグリーン・プラム、身長155cmの中肉、白いトレーナー(胸部分に、アルファベットで中学校名MIHAMA)、紺色のズボン、黒い運動靴、ヒョウ柄のリュック、星柄の入った紺色の傘。
さらに、グリーン・プラムの携帯電話は電源が切れたまま。
そして、三重県警の捜査では、グリーン・プラムにトラブルなどは見つからなかった(?)とか。

■三重県御浜市中2女子生徒行方不明事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①三重県、女子中学生、行方不明と言えば、誰もが即座に思い浮かべるのが、東仙坊もプロファイリングした「三重県朝日町15歳花火大会帰り少女惨殺事件」。
最近でも、同じくプロファイリングしたばかりのどこか引っかかる「三重県伊勢市私立高校同級生嘱託殺人事件」。
実際、三重県警の不審者情報はハンパじゃない。
◎12月11日午前7時35分ごろ、津市須賀瀬町地で、黒色ジャンパー・黒色ズボン・メガネの50歳~60歳代白髪交じりオトコに、女子児童らが登校中、写真を撮られた?
◎12月10日午前10時40分ごろ、 鈴鹿市算所で、灰色パーカー・黒色ズボン・ビジネスバックの30歳~40歳代の身長160㎝、小太りのオトコが、 女子高校生が登校中、「遊ばない?」と声をかけてきた?とにかく、娘を持つ親御さんは休む暇がないのでは?
だ、だ、だとすると、拉致監禁なら48時間が勝負のはず。
なぜ、ここまで公開捜索が遅れたのか?
誰だどう考えても、この行方不明に事件性がないとみなす原因があったということなのでは?
プライバシープロテクションから、グリーン・プラムの家庭の状況が見えてこないが、「夕方に仕事から帰宅した母親」とあるから、昨今の定番の母子家庭なのでは?
と同時に、朝、出勤前なのに娘を家の前で通学を見送るとは、かなりの母娘ケンカがあったと思わないか?

②情報が極端に少ない以上、公開捜索で明らかになったことにイヤでも着目せざるを得ない。
1)グリーン・プラムのファーストネームに使われている漢字!!!
2)14歳で身長155㎝、中肉と言うと、典型的なアベレージの背丈!
ということは、ほぼ肉体的な思春期を終えているはず。
つまり、胸などがそこそこに成長していても、精神的に成長できているかどうかで、かなり心身のバランスを欠いているはず。
その一方で、まだ何も怖がらない年代なので思いつきのまま大胆不敵な行動を取りやすい面が強いはず。
正直、デリケートな年齢なのでその外見に触れたくはないが、グリーン・プラムのビーバーのような前歯は彼女自身の明確な劣等感の原因であるとともに、異性のリピドーをメチャクチャ萎えさせると思うが、どうだろう?
3)実際、昨今の中学生女子生徒行方不明公開捜査で手が込んだ家出のケースがなぜか続出!!
そのせいで、公開捜索を躊躇ったのか?
どちらにしても、失踪後、4週間近くたっての公開捜査では、情報にも相当限界があるのでは?
ましてや、もし事件だったら解決など到底不可能なのでは?
どちらにしても、中2で初めて本格的な家出を経験している、東仙坊、グリーン・プラムの無事をただただ心から祈るだけだが…。

It must be true for a girl not to permit her mother unless in extreme circumstances as a teacher on the other hand and a rival(女の子にとって、母親は反面教師でもあり、ライバルでもあるから、よほどのことがない限り、母親を許容しないはず)!
























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード