Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 相模原知的障害者施設重複障害者大量殺人事件

When the family is seeming to be the family and is communicating each other, everyone could acquire real affection to a person(家族が家族らしくコミュニケーションし合っていれば、誰もが人に対する本物の愛情が身につく)!

■相模原知的障害者施設重複障害者大量殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするホシの劇場型無差別自爆テロリスト化のプロセス

○ホシが劇場型無差別自爆テロリストに変容するキッカケ

③では、クソッタレの家族の崩壊、そして、家族への復讐がなぜ今回の「常軌を逸する発言であることは重々理解しております」という蛮行に繋がったのか?
それは、極めて単純明快。
表面的な通り一遍の浅薄なコミュニケーションしか知らないクソッタレは、自分が柄でもなく真剣に対峙した重複障害者たちに、そして、その家族たちに本気で同情したからに他ならない。
クソッタレは指摘している、「(重複障害者たちの)保護者の疲れ切った表情」、「重複障害者たちはほとんど家族から絶縁状態だ」…。
そのうえで、独り善がりの結論を出している、「私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活および社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です」、「重複障害者に対する命のあり方はいまだに答えが見つかっていない所だと考えました。障害者は不幸を作ることしかできません」…。
つまり、こうである。
少なくとも重複障害者ではない自分、そして、傍から見れば普通の家族にしか見えない自分の家族がこれだけ壊れているのだから、子どもが自分の意思を言葉で伝えられないような重複障害者の家族が壊れるのは当然だ。
そのために、ムダな税金を使っている。
だから、自分がその重複障害者たちを抹殺するから、その金を自分に回してくれ!
何よりも、それは重複障害者たち自身を、そして、その家族を不幸のドン底から解放することになる。
実際、コヤツは、事件後、自分が残虐に殺害した重複障害者たちは自分に感謝しているし、その家族からも感謝されると思い込んでいたはず。
それを裏づけるコメントが、これ。
「突然のお別れをさせるようになってしまい、遺族の方には心から謝罪したいと思います」…。
どうだろう?
市場原理主義社会による格差社会、世界のジコチュウ化、家族の崩壊による完璧なまでの狭小な偏見では?
しかしながら、本当に歪みは、コヤツのトンチンカンなファンシーではない。
実は、このクソッタレが喝破したように、知的重複障害者たちに限らず、ありとあらゆる重複障害者たちとその家族たちの間には、微妙な亀裂が間違いなくあることを否定できない。
東仙坊、5年半の両親の介護で、自分自身、それをこの目で目の当たりにしている。
動くことも返事もできない母親の枕元で、平然と「いつまでガンバって生きてるんだよ。オレたちは本当に困っているんだよ。いい加減にしてくれよ」と言い放つ息子がいた。
同じようなヤングレディの面倒を看ている看護婦から、「新婚の夜にこんなことになってしまって、本当にお気の毒なの。しかも、ご主人、もう半年も経つのに一度も見舞いにこなくて、可哀想なの」と直接聞いた。
母の介護を依頼している施設長から、「メズラシク仲のいいご家族ですね」と唐突と言われ、「そんなことないですよ。ケンカばかりで」とバカ正直に応えると、「ここに入った方のご家族なんて滅多にきませんよ」と言い放たれた。
そう、この勝ち組と負け組に安易に区分けされてしまう差別の現代では、自分たちの手に負えないハンディキャッパーを抱えることがハンディキャップのように捉える傾向が強いのが、現実。
それは、本来美しい負けを認める我が国でも、例外なくそれは顕著になっているはず。
どちらにしても、今回の事件の主因は、クソッタレの家族の完全崩壊。
それを証明したのが、精神的重複障害者のようなコヤツを見棄てた見て見ぬフリの両親。
26歳を超えた成人のクソッタレの蛮行だから親に責任取れ!などと言うつもりなど毛頭ないが、せめて堂々と人前に出てきて、「絶対に我が子でも許せない。自分が殺しておけばよかった」とでも言うべきなのでは?
それを、自分の働いている小学校の保護者会で、「息子がとんでもないことをしてしまいました。申し訳ございませんでした」というコメントを出すなんて、何たる父親。
本当に、この父親にコヤツありなのでは?
どうあれ、またきっと逃げ出すだけだろうから、そんなオトコに教育されていた子どもたちは辛うじて救われるかもしれないが、たった一度の人生を奪われてしまった無念の被害者たちのことは、どうするつもりなの?
どちらにしても、コヤツような劇場型無差別自爆テロリストの増殖を防ぐには、貧しさや豊かさで一喜一憂するよりも、家族間の本当のコミュニケーションが何よりも必要だと思うが、どうだろう?
それには、相手へのこのうえない思いやりと本物の愛情と逃げない勇気が絶対不可欠なのでは?

The tool from which one between the man introduces mutual feeling to the character each other must be not only a word(人間同士がお互いの感情を性格に伝え合うツールは、言葉だけではない)!










検証プロファイリング 相模原知的障害者施設重複障害者大量殺人事件

If becoming desperate with the world now, you should commit suicide somewhere quietly, it must be the trouble which may have a lot of young people who are the worst asshole who tries to take unrelated people and die together(今、世界には、ヤケクソになったのなら静かにどこかで自殺すればいいのに、無関係な人々を道連れにして一緒に死のうとするクソッタレヤングどもが多くていい迷惑)!

■相模原知的障害者施設重複障害者大量殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするホシの劇場型無差別自爆テロリスト化のプロセス

○ホシが劇場型無差別自爆テロリストに変容するキッカケ

①誰がどう言おうと、このクソッタレが、十分にその資質を見せていた劇場型無差別自爆テロリストに変容したのは、同居していた彼女に逃げられた(棄てられた?)コトに他ならない。
なぜなら、コヤツの自己顕示欲の源は、女性のモテたいコトだけ。
そして、初めて一緒に暮らした女性によって、自分自身が完全否定されたことで、捨て鉢になったはず。
そう、いくら人を見る目のない女性だって、一緒に暮らせばイヤと言うほどその未熟な人間性に生理的に辟易するモノ。
ともあれ、典型的なナルシストタイプの幼稚なジコチュウのクソッタレは、失恋という現実に発狂状態になったはず。
自分が成熟していないことを棚に上げ、世の中のヤツラがオレを認めないのは許せない、特に女性どもがオレの虜にならないことは許せない。
これ以上ガマンできないし、もう何もかもどうでもいい、こんな世の中に未練はない…。
ここまでは、誰もが絶望した場合にふと考えるファンシー。
そして、多くの場合が、「destrudo(デストルドー:死の欲動)」に駆られるモノ。
と、と、ところが、末期的現代の問題は、それらのヤケクソのヤングが、そっと自殺するのではなく、無差別自爆テロリストに変容してしまうこと。
しかも、もう破れかぶれだと一か八かで、世の中に見て見てオレ様を!とばかりの劇場型テロを起こすから、本当に困ったモノ。
幽霊やお化け同様、無差別自爆テロだけは阻止のしようがないのでは?
実際、今や世界的流行のジハードをスローガンのホームグロウン無差別自爆テロリストだって、酒を飲み、ステーキを食い、ドラッグを愛好し、同性愛受容の欺瞞イスラム教徒というのだから、開いた口が塞がらないのでは?
さらに、困るのは、自分は死んだ気で劇場型無差別テロを起こし無辜の人々を勝手に大量殺害しながら、平然と自分だけは生き残り、世の中が許し難い殺人者と騒ぎ立てることに自己陶酔したがる本物のクソッタレの増加。
コヤツも、まさにその一人。
どちらにしても、こんなクソッタレにたった1度の人生を奪われてしまった被害者たちは、あまりに無念で死んでも死にきれないはず。
東仙坊、ご冥福を祈るだけで、メチャクチャ歯痒い思い…。
そして、コヤツの蛮行の副因が、同居していた女性に逃げられ自暴自棄になったコトと確信する根拠は、衆議院議長大島理森に手紙を持って行ったのが、2月14日、バレンタインデーだというコト。
どうだろう?
これにすべての意味が込められていると思わないか?
②では、主因は?
それは、あくまで自分を棄てた家族への復讐。
それこそ、彼女に棄てられたことも家族のせいだと転嫁していたはず。
とにかく、親から送られた血の証である目と鼻を変え、自分を擬人化させ、せっかくライフスタイルのロレックス化のシンボルだったはずの車のバンパーが壊れたまま、親から餞別として受け取った自宅はゴミ屋敷。
それだけじゃない。
3月24日、相模原市の緑福祉事務所で、預金ゼロで親族(?)の援助も得られないと生活保護申請。
4月3日、3月24日から3月31日までの分の日割り分+4月分として、生活扶助7万8千円を受け取っていたのに、4月下旬、雇用保険が入金されたのだからと4月分を返済させられたはず。
どうだろう?
精神的にも、物質的にも、経済的にも、クソッタレがヤケクソになったことは明白では?

The dimension of the immature disappointed in love man might be stoker murder to her for kind of these dreadful cases(この凄惨な事件の本質は、未熟な失恋オトコの元彼女へのストーカー殺人)!

To be continued...


検証プロファイリング 相模原知的障害者施設重複障害者大量殺人事件


The home collapse must be a primary cause for the theater type destruction terrorist's multiplying at the all over the world where differential public opinion expanded(格差社会が拡大した世界中で劇場型自爆テロリストが増殖しているのは、その家庭崩壊が主因)!

■相模原知的障害者施設重複障害者大量殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするホシの劇場型無差別自爆テロリスト化のプロセス

○ホシが劇場型無差別自爆テロリストに変容する環境

①小学校教師を父親とする3人の核家族…。
家庭内で「イイ子」であること、学校で「ヒョウキンでオモシロイ子」であることが、このクソッタレの幼稚な生活信条であったことは手に取るように理解できる。
しかしながら、物心がつき、リビドーが強まったとき、それではなぜか一向にモテないことを知らされる。
それは、クソッタレにとって、ガマンできない許し難いことだった。
なぜなら、自己顕示欲の塊でありながら、自己嫌悪や劣等感に苛まされることがないために、デリカシーや感受性が欠如していたから。
では、どうしてそうなったのか?
間違いなくクソッタレの両親は、一人息子と一つのパーソナリティーを持った一人の人間として対峙することなく、通り一遍の世俗的な妥協的接触しかしなかったからに違いない。
そう、コヤツの家庭は、今や世界的定番の「家庭崩壊」だったはず。
②コヤツの家庭崩壊の亀裂は、コヤツが親が勝手に期待した大学ではなく、いわゆる三流大学(?)に入学したことで、致命的になったはず。
それゆえ、どこか鈍感なコヤツの「餓鬼の反抗期」は大学時代にやってきた。
一般的な普通の親が忌み嫌う倶利伽羅紋紋をカラダに入れ、脱法ドラッグに手を染め、DVに走ったことは確実。
すると、このクソッタレの情けなくてみっともない両親は、スタコラと我が家を放り投げ逃げ出してしまうテイタラク。
えっ、両親は近所とのネコの餌づけのトラブルでいられなくなったって?
そんなワケがあるはずはないのでは?
少なくとも、父親はともあれ、大学生の息子のケアを放棄するような母親は稀有なのでは?
ましてや、一軒家の保持は大変面倒なのでは?
そう、決定的な家族の断絶…。
実は、東仙坊、これこそが、このクソッタレの劇場型無差別自爆テロリスト化の最大の原因と確信しているのだが…。
どうあれ、そこで、メチャクチャ気になるのが、クソッタレの生活費。
よほど凶暴化したクソッタレの顔が見たくなくなったのか、まるで「手切れ金」かのようにまとまった金を渡したに違いない。
それが、クソッタレ自身が言うところの「ロレックス化」を加速させたはず。
あのホンダ・シビックハイブリッドをはじめ、時計、アクセサリー、ファッション。
そして、それが功を奏し、念願の同居してくれる彼女が見つかったはず。
残念ながら、今の我が国には、そんな外見的経済性に心を動かすヤングレディーがワンサカ。
ただし、その手のヤングレディーだからこそ、ハウスキーパーにはなってくれなかったはず。
③とにもかくにも、彼女を見つけたことで、自分の職業についても、初めて本気で考えた。
彼女からの評価を高めようと、食品メーカーのデリバリーの仕事を辞め、本物の人への思いやりとやさしさと懐の深さで接する必要がある障害者施設の職員になる道を選んだ。
そして、彼女がいる余裕から、そう、リビドーを充足させられている満足感から、柄でもなく入所している障害者たちに、とりわけ、重複障害者たちに真剣に対峙した。
と、と、ところが、このクソッタレには、致命的な人間的欠陥があった。
それは、その家族崩壊のために身につけられなかった本当の人間同士のコミュニケーションの仕方の欠如。
そう、コミュニケーションとは、言葉以外でもいくらでもできるということを悲しいことに全く知らなかった。
それゆえ、自分がせっかく愛情を示しているのに応えてくれない、いつも一方通行であることをモドカシク感じ始めてもいた。
実は、このことは後々、特に重要な意味を持ってくるのだが…。

※ps、イチローを先発させない無能監督に怒りのあまり、up忘れ、ゴメンナサイ!!

Be wound on something long of our country, the mass media of the style don't refer, but it must be also true that actuality of the family's break can be seen at facilities variously(我が国の長いものに巻かれろ型のマスメディアは言及しないが、各種施設で家族の断絶の現実が見れるのは、真実でもある)!

To be continued...







検証プロファイリング 相模原知的障害者施設重複障害者大量殺人事件


This must be the case profiling without fail(これは、間違いなく事件プロファイリング)!

一体どうなっているんだ?
これでは事件プロファイリングではないじゃないか?
そう怪訝に思っている方がいるかもしれないが、これはあくまでそのためのイントロダクション。
というのも、東仙坊、この事件の残忍非道なホシである植松聖(26歳)のようなクソッタレが、今、日本はもちろん、世界中にワンサカ出没しているということを指摘しようと試みているからである。
その意味で、コヤツは決して特殊な犯罪者でもなく、それこそ、平成史上初の極悪犯罪者でもない。
もちろん、すでに周知の事実のように、コヤツが抵抗すらできない明白な社会的弱者である無辜の重複障害者たちを残虐に5本もの刃物で襲い、19人も殺害し、25人に重軽傷を負わせた行為は、人間として風上にも置けない蛮行でしかない。
しかしながら、それを犯罪史上稀に見る特別な犯罪として捉えてしまうと、単にコヤツの思う壺。
それはそうである。
このグローバル市場原理主義がもたらせた格差社会の世界で、1億2千万人総白痴化の現代日本で、何が何でも有名になりたい、何でもいいから目立ちたい、世に自分の名前を轟かせたい、他のヤツラとは明らかに違うところを見せつけたい、どうしてもモテたい、と勝手に妄想する未熟ヤングどもがどんどん増殖しているはず。
誤解を恐れず極論すれば、今、始まったオリンピックでメダルを取りたがるアスリートたち。
ミュージシャンや俳優やモデルやコメディアンになりたがるヒトたち。
なぜか政治屋や政治グループのリーダーになりたがるヒトたち。
東仙坊、執拗に取り上げたUKのボリス・ジョンソンがその代表格。
昨日まで「Bremain(ブリメイン:EU残留)」だったのに首相になりたいために親友の首相を裏切り「Brexit(ブレグジット:EU離脱)」に変容。
どうだろう?
直接的に殺人は犯していないもののやっていることは植松聖とほとんど同じでは?
もっとも、これらのヤツラは、金銭欲と性欲だけは満足できているから、直接的な殺人を犯さなくてすんでいるだけ。
それだけの違い。
では、傍若無人に人非人になって殺人を犯すようなクソッタレはどのようなヤツか?
自己顕示欲、成功欲、名声欲、ありとあらゆることに強欲で、その性格の悪さによって四面楚歌の孤立無援状態で、当然のごとくその家庭は崩壊し、粗暴で、しかも知性も品性もなく、とにかく他罰的で、何よりもヤケクソ状態であるヤツ。
大概は、自分のことを棚に上げ、勤勉でもストイックでもなく、その疎外感から酒やドラッグに溺れ、暴力事件や窃盗事件を犯し、こうなったら最後にデカいことをやって死んでやると意気込む典型的トンチンカン。
実際、この手のタイプは、今、世界中でジコチュウ劇場型自爆テロを連日のように実行している。
我が国でも、宅間守、加藤智大、金川真大ほか、すでに覚えていられないほどたくさんのクソッタレどもが出現しているはず。
えっ、コヤツらも、そして、今回の植松聖なるクソッタレも、自殺していないから、自爆テロではないって?
東仙坊、ここで言う自爆テロリストどもとは、もう死んでもいい、どうでもいいやと無差別に殺人を犯す衝動に駆られたクソッタレのことを指しているのである。
いわゆるフロイトの分析した「destrudo(デストルドー:死の欲動)」のこと。
植松聖なるクソッタレの場合は、典型的な「家族への復讐」。
とにかく、いかなるクソッタレも、最初からジコチュウ劇場型自爆テロリストになるのではない。
どこかで「アイデンティティ・クライシス」になったとき、冗談じゃない、オレ様を見くびるんじゃない、本当のオレの凄さを世間はイヤと言うほど知ればいい、目にもの見せてやると思い込んでやる、誇大妄想的自我の発露こそが、ジコチュウ劇場型自爆テロリストに変貌させるのである。
その意味で、この「デストルドー」は、「リビドー」並みに強力な欲望で、往々にして、「リビドー」の欲求が満たされないときにより強力になり、凶暴な行動に走らせる。

Now such a desperate theater type destruction terrorist like this asshole gotta be full in the world(今、世界中にこのオトコのような破れかぶれの劇場型自爆テロリストがいっぱい)!

To be continued....













検証プロファイリング 相模原知的障害者施設重複障害者大量殺人事件


Entire people would learn all the time and it has to raise true knowledge to actuality of the world, a core at the national heart should melt and the whole country should degrade(国民全体が絶えず学習し世界の現実に対し本当の知識を高めていないと、国民の心の芯が溶け国全体が劣化する)!

東仙坊、すでに何度か指摘したように、白人至上主義者たちがその喧伝のために創設したオリンピックは、とっくに純粋で神聖なスポーツの祭典などではない。
また、政治色のない世界平和のシンボルでもない。
それは、ドラッグで骨の髄まで腐ってしまったかのような(?)ハイエナのIOCを見れば、一目瞭然。
この救い難い金の亡者どもが毎日やっていることは、自分の貯金通帳の残高チェック。
それが増えるためなら、モラルなど一切ナシ。
すべてが、金、金、金。
そして、その世界的大イベントを国家発揚の格好の場としか考えないロシア、中国、北朝鮮など「ならず者国家」のための単なるフェスティバル。
どちらにしても、せっかくドーピング取り締まり独立機関「WADA」が、ソチオリンピックでのロシアの国家ぐるみのドーピングの事実を国家ぐるみで隠蔽した調査結果を発表したのに、IOCがロシアチーム全体を出場停止にしなかったことで、完全にオリンピックのステイタスは地に落ちてしまったはず。
金のために魂を売ったIOCのトンマデス・バッカ会長が、今さら、古代五輪の開催中に戦争を中止した故事に由来する「オリンピック停戦を願う壁」設置、シリアやコンゴなどの「難民五輪選手団」結成のわざとらしいパフォーマンスをしたところで、ときすでに遅し。
そう、経済破綻をスポーツによって自国民や世界の目を反らそうとするのは、あくどい金儲けのために平和を利用するのは、「ならず者国家」や世界的詐欺師の常套手段。
そして、勝つためには、金、金、金、それもアンダーマネーをジャブジャブ使うのも、そう。
一方、いまだに流行遅れのオリンピックの経済効果に一縷の夢を託す経済破綻した開催国側も、また同じ。
今さら400人以上のロシアの大選手団が出場しないなんて冗談じゃない大損だとIOCに嘆願したことは、明白。
それはそうである。
開幕を数日後に控えながら、国民がオリンピック開催反対のデモをする国なのでは?
実際、開始されたサッカーのブラジリアでのオープニングゲーム、イラクvsデンマーク戦だって、サッカー王国というのに無観客試合のようなものなのでは?
そ、そ、それだけじゃない。
開幕のメイン会場の前の通りでなぞの大陥没が起きているというのでは?
もちろん、競技会場や選手村の工事遅れもハンパじゃない。
すでに入所したアスリートたちからは、配線がむき出しとか、水が逆流するとか、シャワーがお湯が出ないとか、事前に十分想像できたトラブルが200件超。
それ以上に、史上初めて現職警官と消防士たちが空港で「地獄にようこそ!」と掲げた通り、連日、強盗や銃撃戦ばかり。
開幕前から観光客はもちろん、信じ難いことにアスリートまでがもう被害に直面。
五輪金メダリストを含むスペインのセーリング代表チームメンバー。
パラリンピックに出場するセーリングのオーストラリア代表女子選手。
中国の陸上選手。
当然のごとくリアリティの欠如した世界一のお人好し国民である我が日本人は、格好のターゲット。
空港に到着した直後、オトコからポルトガル語で話しかけられた瞬間に別のオトコにカバンを奪われた男性。
コパカバーナ海岸で拳銃強盗に現金を奪われた男性。
オリンピック公園のあるバーハ地区のレストランで置き引きに遭った男性。
そもそも、警備応援部隊に派遣されたブラジル連邦警察警察官までが拳銃強盗に遭うくらいだから、そんなことは朝飯前。
また、民間警備会社からの派遣警備員どもが施設や選手村から、室内照明のカサ、電球、鏡、便座のフタ、ノートパソコンを奪うだけでなく、会場内で女性をレイプしたというのだから、何をかいわんや。
東仙坊、個人的に最も不可解に感じるのは、自分のファンシー実現のために一切の躊躇なくリオデジャネイロに向かう我が日本の代表アスリートのヤングレディたち。
WHOが、妊娠をする予定のある女性のブラジル渡航禁止をはっきりと勧告しているのでは?
しかも、ブラジルでのジカ熱感染リスクのある妊娠予備軍女性が60万人と言われているのでは?
そ、そ、それで、ついつい合点してしまうことが、2つ。
これだから、我が国のAIDS患者は一向に減少しないのかも…。
これだから、「子宮頸ガン」のワクチン予防接種による副作用を訴える世間知らずのヤングレディたちが出てくるのかも…。
それはそうだと思わないか?
なぜガンなのにワクチンがあるのか?
そもそも、なぜ「子宮頸ガン」撲滅に血眼になったのか?
その理由は、「子宮頸ガン」は、「マザーキラー」と称されるガンで、好発年齢が30~40代のために多くの母親が子どもを残して亡くなるからに他ならない。
では、なぜワクチンができたのか?
それは、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」によって引き起こされることが多いと判明したからに他ならない。
では、「ヒトパピローマウイルス(HPV)」はどうして感染するのか?
「クラミジア」に感染している相手とsexするからである。
そう、「クラミジア」に感染している相手とsexしなければ、ワクチンなど必要ないのである。
つまり、今、投与されている「子宮頸ガン」ワクチンは、WHO、EMA(EU医薬品庁)、CDC(USA疾病予防管理センター)、FIGO(国際産婦人科連合)、日本産科婦人科学会が、「HPVワクチンは世界で1億7000万回超が販売されており、多くの国で接種されている。市販製品の安全性に懸念はないことを再確認した」と、その安全性を認めているのである。
しかも、2013年6月、WHOの諮問機関である「GACVS(ワクチンの安全性に関する諮問委員会)」は、「ワクチン接種後の眩暈と動悸、および日本で報告された5人の慢性疼痛について、現時点ではHPVワクチンを疑わしいとする理由はほとんどない」という見解を示してもいるのである。
それでも、副作用を懸念するなら、自分がsexをする相手をまず性病科に連れて行ってクラミジアに感染していないかを検査してもらえばいいだけ。

That it became abundant economically, a mistaken country would indulge the people thoroughly. So a great asshole of the selfish one fond of standing out seller who misunderstood should appear excessively(経済的に豊かになったと錯覚した国は国民を徹底的に甘やかす。だから、勘違いしたジコチュウ目立ちたがり屋のクソッタレがやたら出現する)!

To be continued...


























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード