Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 日本の男色変態小児性愛者どもの暗躍!?


If humiliating images of victimized boys are exposed, they will be killed twice(もし被害男児たちの屈辱的映像が露出したら、彼らは心を二度殺されることになる)!

とにもかくにも、子どもたちが団体行動の中で大自然と直接触れ合い、大自然に愛着を持ち、人間が単に大自然の極一部の存在であることを自覚し、人を思いやることの大切さを見につける被害男児たちが、ムリヤリ味合わさせられた異様な体験は、将来一体どんなオトナにさせるのか?
そのPTSDやトラウマは一生ものなのでは?
というのも、東仙坊、大好きなドラマの1つの「クリミナル・マインド」の中で、FBIのそういう被害に遭った子どもたちはほぼ間違いなく犯罪者になるという統計に対し、同じ被害男児だった捜査官のデレク・モーガンが必死にそんなことはないと否定したシーンが印象的だったからである。
ともあれ、すでに群馬県のキャンプ場で8歳男児にわいせつ行為をして撮影したとして昨年9月に逮捕されていた開発哲也(35歳)なるクソッタレと3人の「TANK」メンバーは、2014~2016年、群馬、千葉、熊本、沖縄各県のキャンプ場や宿泊施設などで小学生男児7人にわいせつな行為をしたり、その状況を撮影したとして、2月9日、ピンク狂師Aとピンク狂師Bとともに、神奈川県警に逮捕・再逮捕されたとか。
そ、そ、そして、神奈川など7県警(?)の共同捜査本部によると、明らかになったのが判明した被害男児だけで、9都府県の4~13歳の168人
何しろ、6人のpcから約10万点以上のわいせつ画像や動画が発見されたというのだから、愕然。
それに対し、「わいせつ行為ではない」と一部を否認する橋本顕(45歳)なるピンク狂師A以外のクソッタレどもは、「幼い子どもに興味があった」と供述。
それに対し、警察は、ほとんどが寝ている間にカラダを触ったり、カラダに薬を塗るフリをしていじられているような動画や写真と発表し、クソッタレども6人は撮影した画像を交換していたが、netへの流出は確認されていないし、被害男児が自分でわいせつ行為をされていることに気づかず、「楽しい旅行だった(?)」と帰宅していたとも発表しているのだが、ちょ、ちょ、ちょっと待ってと思わないか?
というのも、このクソッタレどもの逮捕のキッカケが、netにupされた1枚の画像だったはずでは?
それも、男児が犯されているアナルsexのシーンというから、気持ち悪くならないか?
何でも、男児を犯しているオトコ2人のうち、1人が高校教師(???)で、1人が開発哲也(35歳)なるクソッタレだったことが、今回の逮捕に繋がったとか。
どうだろう?
本当に168人の男児たちは大丈夫なのか?
決して誰かに相談できることではないのでは?
どちらにしても、東仙坊、それらの画像や動画がnetにupされないことを祈るばかりなのだが…。
そう危惧する理由は、たった1つ。
そのオゾマシイ男児が犯されているアナルsexのシーンの投稿者が、男子中学生(?)だったということ。
そう、その投稿者は、なぜそんな醜悪なモノをupしたのか?
もしかして自分自身が被害者で、そのレイピストであるクソッタレどもに復讐がしたかったのか?
ということは、自分の被害映像をupしたということ?
そのマインドって、メチャクチャ怖ろしいと思うのだが、どうだろう?
黙って警察に持って行けばいいだけなのでは?
となると、もしやその男子中学生もすでにコレクターだということ?
そうだとすると、もはやピンク狂師どもが蹂躙する学校は崩壊しているということなのでは?
どうあれ、自分の性欲を満たすために教師になろうとする不逞のヤカラどもを何とか阻止しないとこの国は内側からますます溶けてゆくのでは?

These sneaky sex offenders should be sentenced to put their faces on the market around the city(こういう卑劣な性犯罪者どもは、市中引き回しのうえ顔を晒す刑にすべき)!

検証プロファイリング 日本の男色変態小児性愛者どもの暗躍!?

Even if you are not hairy, such as denying homosexuals, you shouldn't forgive only homosexuals raping boys(ホモセクシャルを否定する気など毛頭なくても、男児を強姦するホモセクシャルだけは断じて許すべきではない)!

ヒナ祭り、男児好きども、何想う…。
レイピストになるために医師になるヤツラどもの次は、子どもを自分の毒牙にかけるために教師になるクソッタレども。
それも、LGBT時代到来に狂喜乱舞したのか、今まで以上に大胆不敵に男児好きのピンクオトコ狂師どもが跳梁跋扈している…。
もしかして、「稚児文化」こそ、我が国古来の伝統と胸を張っているつもりなのか?
それにしても、教え子を自分の性欲のハケグチにするピンク狂師どもとどちらが多いのか?という深刻な状況なのでは?
さて、強制わいせつや児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの罪に問われた、東京都立川市富士見町に住む、小学校臨時教諭、橋本顕(45歳)なるピンク狂師Aの公判が、2月10日、横浜地裁(足立勉裁判長)だったとか。
何でも、このクソッタレ、昨年4月と5月、顔見知りだった当時11歳の男児に、静岡県伊東市内のスーパーで、「お肉を買ってきたからステーキを食べよう」などと声をかけ、熱海市内にある元小学校教諭、田中耕一郎(66歳)なるピンク狂師Bのマンションに連れて行き、わいせつな行為をし、それを撮影したというから、断じて許し難き蛮行。
もともと、このターゲットの男児にご執心で、以前から「温泉がある。卓球ができる」などと声をかけていたとも。
また、他の子どもたちにも、「マンションではカレーなど、子どもたちが好きそうなメニューを作った」と誘惑していたとか。
どうあれ、敏感な11歳の時期にそんな経験をムリヤリされてしまった被害男児は、この後どうなるのか?
被害男児の父親は、「息子にわいせつな行為をしたことは許せない。二度と自分たちの生活に近づかないで欲しい」と言っているというが、例えこのクソッタレが地球上から消えても、この被害男児のPTSDは一生残るのでは?
また、いい歳をした離婚歴のある変態ピンク狂師B、2011年東京都杉並区の小学校を最後に定年退職し、「教員研修センター」非常勤勤務をしていたというから、何をかいわんや。
これでは、ピック狂師ばかりになるのも当然か。
ともあれ、独身の橋本顕(45歳)なるピンク狂師A、会社勤務の中、2011年教員資格を取得し、逮捕時には東大和市の小学校の非常勤算数教師だったというから、教師になった目的はたった1つ。
そして、「あきら会」なる男児ポルノ愛好家グループを立ち上げ、蛮行三昧だったというから、開いた口が塞がらない。
その延長線上で、岐阜県の33歳小学校教師(???)が逮捕され懲戒免職となっているが、こちらは氏名の公開すらなぜかナシ。
実際、このピンク狂師A、昨年3月28日、立川市内の公園のトイレで4歳男児にわいせつ行為をしながら腕時計型カメラ(?)で動画を撮影したとしても、逮捕されているとか。
東仙坊、この被害男児、何をされたかも理解できないことを祈るばかりだが…。
そして、2月9日、神奈川県警など7県警が、強制わいせつや児童買春・児童ポルノ禁止法違反(提供目的製造)などで逮捕・再逮捕したのが、ピンク狂師Aとピンク狂師Bほか、後4人。
看護師資格を持つ、大阪府東大阪市新庄に住む(?)、開発哲也(35歳)なるクソッタレをリーダーにする、男児ポルノ愛好家グループ「TANK」のメンバーども。
何しろ、このクソッタレ、開発哲也、10年前看護師資格取得し結婚するも(??)、2012年、子ども向け自然体験キャンプを企画する東京の旅行代理店に転職、すでに約40回以上添乗しているというから、最悪。
そして、男児ポルノの愛好家のSNSで知り合ったオトコどもに、自分の旅行代理店とキャンプを共同企画するNPO法人にボランティア登録すれば一緒に楽しめると、ペドフィリア・ホモ・パーバートグループを結成したというから、ただただ絶句。
ちなみに、このクソッタレと一緒に逮捕されたのが、チーム「TANK」の無職、鈴木龍哉(23歳)、横浜市立大学4年、鈴木航平(22歳)、國學院大學2年 オトコ(22歳???)。
また、この3人、家庭教師や塾のアルバイト先でそれぞれに蛮行を重ねていたというから、もはや言葉も見つからない。

To tell the truth, the boy who is the victim of rape continues to suffer for a lifetime alone(正直言って、レイプの被害男児の方が、独りで一生悩み続ける)!

To be continued...








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード