Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング10 愛知豊田女子高校生殺人事件-2

By the way, what for did such a motherfucker kill this kind of childish schoolgirl(ところで、こんな子どもみたいな女子生徒を何のために殺したのか)?

東仙坊、前回、この無念の15歳女子高校生の不運に、慟哭していると書き込んだ。
無論、そのもったいない死に同情の念を惜しまない。
ところが、正直、この被害者のプロフを精読し、若干その気持ちが薄れた。
15歳にもなって、これほど未成熟で自己中心的だなんて…、なぜか、あの佐世保小6同級生殺人事件被害者のHPを思い出し、ブルーになった。
あの12歳少女のなんと心根のやさしく広かったことか…。
だからと言って、被害者に手をかけた不逞の餓鬼を絶対に許さない。
プロファイリングを続ける。


■東仙坊が気になる、この事件のいくつかの不可解点

●犯行現場

①現場は、周辺に水田が多い中、ちゃんと乾いていた陸稲の田んぼで、しかも雑草が1m近く伸び、見事に3方向から死角になった場所。
そのうえ、被害者の通り道を事前にかなりチェックしていたのか、待ち伏せし(?)、歩いて近づき、襲撃している。
余程の土地勘があるのだろう。
でも、そうだとしたら、なぜ口を塞ぐ必要があったのか?
今日、5月8日になって、口の中にタオルまで詰められていたと発表された。
そこは、大声を出されても、誰にも気づかれない場所ではないのか?
では、なぜレイプをしなかったのだろう?
このことが犯行動機を錯綜させるだけでなく、一連の不審者事案被疑者との関連性を否定してしまうと思うのだが、どうだろう?
どこを見ても、ホシの目的が、被害者殺害にしか思えなくないか?
では、なぜ被害者が明確なターゲットにされたのか?

②粘着ビニールテープを用意周到に使ったことで、まるで女性暴行魔のように見えるが、本当にそうなのだろうか?
それならば、殴ったりせずに、凶器などで脅かせばよかったのでは?
どうせ粘着ビニールテープを巻くなら、手足まで、ではないのか?
第一、真っ暗な場所で、黒い粘着テープを使うのは変ではないのか?
結果として窒息死させてしまうなら、乱打して大量の鼻血を出させる必要があったのか?
返り血を浴びることは、犯行時間が午後7時~7時半、とてもリスキーだと思うのだが?
つまり、首を、手や何かで絞めれば、よかっただけではないのか?
どちらにしても、いきなり抵抗できないくらい殴ったのなら、テープを巻き付ける必要は全くないはず。

③警察は、現場から30mも離れた場所で、足型を取っているという。
とすると、その夜、ホシは車かバイクを止めていたのか?
被害者がその怪しい気配を感じて、道順を突然変更したのか?
そんな離れた場所から、ホシはそっと近づき、突然殴りかかったのだろうか?
どうしても、納得できないのだが…。

④ホシにとって安全な(?)現場なのに、ショルダーバッグをそこに放置しなかったのは、なぜ?
わざわざリスクを負って、遠くまで捨てに行ったのは、なぜ?
しかも、見つかりやすい状態で破棄したのは、なぜ?
例え、そのフェティシズム(女子の汗の滲みたモノへの異常性欲)から、ジャージーや下着が欲しかったのなら、黙って現場から持っていけばいいだけでは?

●被害者が高校入学と同時に開始した、携帯プロフ(東仙坊、気になるセンテンスを列挙するが、マスコミが紹介した部分に恣意を感じ、また腹が立っている!)

[性格]マイペース わがまま 心配性 好き嫌い激しいよ 

[好きなスポーツ]卓球 見るだけなら野球も好き

5月1日午後7時 なんかこわいんだけど お母さんおそいよお

5月1日午後10時7分 違うんだよね…?気のせいだよね?

5月2日午後12時12分 気持ち悪い 部活どうしよ

東仙坊、この被害者の全プロフを精読し、一種の虚脱感と空虚感を覚えている。
全く成長の見られない15歳の女の子が、優等生のように言われる世の中に、絶望する。
もしこの所感が死者を冒涜するものになるなら、先に謝罪しておく。
その結果、すでに考えていた犯人像が全く見当違いだと痛感させられた。
「お願いだから、秀逸なマスメディアの方々、情報精度をもっと高めていただきたい」と、責任転嫁しつつ、あわてて再プロファイリングした。

■東仙坊がプロファイルする犯人像 - mistaken version(失敗版)

最初は、被害者プロフの「お母さんおそいよお」という言葉に、無様に引っかかって、3人いる兄の中の誰かが、一連の性犯罪の犯人だと気づいた融通の利かない妹を口止めのために、あるいは東京・渋谷で妹を惨殺した武藤勇貴のように、失恋に苦しむ妹を不憫だと殺しただけと考えた。
東仙坊、面目丸つぶれになるところ。
プロフを読めば一目瞭然、被害者は、親兄弟はもとより他者のことなんか全く考慮していない。
恋に恋する子どもじみた、ただの少女ストーカーにすぎない。

■東仙坊がプロファイルする犯人像 - final version(決定版)

この事件の全容は、呆れるほど簡単。
報道によって、犯行現場でホシが待ち伏せしていたと先入観を持たされたことが、複雑に見えただけ。
被害者が、ホシを自ら呼び出したと考えればいいだけ。
つまり、被害者が、下校寸前にメールを出し、嫌がる相手を現場に呼びつけた。
そして、ホシは被害者から決定的な心理的脅迫(?)の文言を言われ、逆上し、殺してしまった。
どうやら、それが顛末のようである。
それをベースに考えると、この犯罪の粗野さ愚鈍さがいっぺんに理解できる。
顔面を強打し、大量の出血をさせ、DNA鑑定とルミノール反応をしやすくする愚行。
足跡に全く留意せず、指紋の検出しやすい粘着ビニールテープで口を塞いだ稚拙さ。
ショルダーバッグだけ別の場所に移し、ジャージーや下半身の下着を奪い、パラノイアの犯行に見せようという不可解な偽装。
それで、遺族が密葬にした理由も理解できる。
遺族はホシがクラスメートだと感じているに違いない。
そう、おそらくホシは、ストーカーの被害者から愛情の押し売りをされ続けていた、同級生の彼氏だと思うのだが、どうだろう?
サッカーなんかに全く興味のない被害者がわざわざマネージャーにまでなって、つきまとった、中学校からの同級生の男子。
きっと、彼の携帯には、てんこ盛りの被害者からのメールがあったことだろう。
その確たる証左は、やはり、被害者のプロフ。
そもそも、このプロフ自体が彼氏に対する赤裸々で自分勝手な私信。
被害者は、その幼い恋心を絶対的なものと思い込み、自分のような存在が振られる訳はないと過信し、不遜なまでに彼氏の生活を撹乱し、単なる重荷になっている自覚が全くなかった。
こんな一方的な愛情をストレートにぶつけられて、耐えられる少年は世界中にいないと思うが…。
最終的な動機も、そのプロフに見つけられる。

「なんかこわいんだけど お母さんおそいよお」
「違うんだよね…?気のせいだよね?」
「気持ち悪い 部活どうしよ」

これらのセンテンスを、東仙坊、繰り返し繰り返し読み返し、何とか辿り着いた結論がある。
この被害者は、全編、自分のエモーションしか吐露していない。
今だかつて、母親について書き込んだことはもちろん、父親だろうと兄たちについてもない。唯一、プロフィールの[尊敬する人]の項目に、お母さん 看護士さんだから憧れる、とあるだけ。
もし、「お母さん」が、言葉通りお母さんを意味しないとしたら、それは、一体何?
そのとき、東仙坊に、一番若い女性部下が言った。
「お母さんて、女の子って言う意味かも?」
「何、それ?」
「女の子が一番気にすること…もう、15歳でしょ!」
確かに、東仙坊、この被害者の文言の粘着性、「繋がり」という表現に、肉体的リレーションシップのある彼氏がいると感じてはいたが…部下の発言に、まさしく、目からウロコ。奥歯に挟まっていた異物がようやく取れた。
司法解剖に関する記事を念のため精査してみた。
どこにも妊娠していたと記述はない。
15歳の少女ゆえの個人情報だからか?
例えそれが事実でなくても、この被害者の性格なら、自分勝手にそう思い込み、それで彼氏を追求して、よりを戻そうとしたに違いない。

なんだかこわいんだけど 生理が おそいよお
(妊娠?) 違うんだよね…? 気のせいだよね?
(つわり?) 気持ち悪い 部活どうしよ

そう当てはめてみると、恐ろしいほど適合すると思わないか、どうだろう?
心配性で、わがままで、マイペースの女の子なのである。
「親に話すわ!先生に話すわ!みんなに話すわ!」 「どうするのよ?」 「いつもの場所で待ってるからきて!こなかったら、お母さんに話すわ!」と、彼氏にメールを出したとしたら…。
全てが明々白々になると思わないか?
絶望的なほど未熟な世界の話で、本当にウンザリするだろうが、整合性が高いと思わないか?
そして、その彼氏が「15歳」であることまで自覚してたら…。
どうやら、そんな子どもじみた悲し過ぎる普通の事件だと思わないか?

Actually an innocent girl should become the mature lady on and on by what she broke her heart(無邪気な少女は、失恋することで成熟した女性になる)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


 にほんブログ村 ニュースブログへ 

プロファイリング-10 愛知豊田女子高校生殺人事件-1

Really whose failure was this terrified tragic homicide (このゾッとする悲劇的な殺人は、本当は誰のせい)?

東仙坊、このgolden week(黄金週間)、個人的な問題を抱えて、どこにも出かけられなかった。
いつものように行かざるを得ない場所で、後期老人医療介護システムの変更に伴う、摩訶不思議な弊害と口角泡を飛ばして、戦っていた。ナンセンスと百も承知でも、簡単に引き下がるわけには行かなかった。
いくら机上の空論しか知らないidiots(バカども)が考えついた法律とはいえ、末期患者に延命治療を拒否させた医者に、その患者が死んだ後に、2,000円のインセンティブを払うという、神をも恐れぬ仕業を容認はできなかったからである。
この法律を作ったバカどもは、必ず地獄に堕ちるに決まっているから、2度と話がしたくないので、東仙坊、もっともっと自己犠牲し、社会貢献し、天国に行きたいと欲している。
それなのに、「このゴールデンウィークは、天気がいい、天気がいい」と、気象予報士なる人たちが盛んに連呼していたから、内心、「天気悪くなれ、悪くなれ」と祈り、雨が降るたびに、「いいぞ!」と欣喜雀躍していた。
そして、願い通りに天気が崩れ、「これじゃ、やっぱり地獄かも知れない…」と憂鬱になっている。
とんだヤブヘビである。
それにしても、東仙坊、本業でも、この黄金週間というネーミングが未だに納得できてない。
golden age(黄金時代、全盛期)、golden rule(黄金律)、golden mean(中庸)、どれもピンとこない。
せいぜいgolden bat(昔懐かしのタバコの銘柄)、Golden Gate Bridge(何十年も前に初めて見たとき、なるほど金門橋だと思ったサンフランシスコの橋)、golden slumber(かのビートルズの曲名にもなった、至福のまどろみ)なら、何とか理解できる。
どこから見ても、黄金週間とは、抜け目のない商人たちを中心に、これ幸いと普段より割高にして、ただただ儲けるときだと思ってしまうのは、うがち過ぎか?

どうあれ、東仙坊、久しぶりに書斎に戻り、ブログをチェックしたら、3通のメールがあった。
その1つに、「愛知の女子高校生殺害事件における東仙坊の見解が聞きたい」という主旨のものがあった。
その筆致には、東仙坊の能力テストをしたい?という含みが感じられた。
東仙坊、性格なのか、逃げたくないので、急遽予定を変更して、そのリクエストにお答えしようと思う。
それにしても、いつになったら、こんな情けなくてみっともない事件がなくなるのだろうか…?


■現時点で、メディアを通じて知りうる限りの事件の断片的概要

5月2日、愛知県豊田市生駒町の田んぼで、午後6時45分に下校した女子高校生(15歳)が、
帰宅途中、何者かに襲われ、顔面や頭部を数カ所激しく殴られたうえ、粘着ビニールテープで口の周りを中心に7重に巻かれ、制服を泥だらけにして、仰向けに倒れていた。
すぐそばには、乗っていた自転車、携帯電話、脱げた(?)靴の片方、身体の下にもう片方があった。
現場は、伊勢湾自動車道豊田南インターチェンジから、西へ約150m。学校から4km、自宅まで1km。付近には、民家も街灯も全くなく、近隣の人も夜には出歩かないという。
現場には、被害者以外の足跡が一つ発見されていて、犯人は単独のようらしい。
死因は、巻かれたテープのせいではなく、大量に出た鼻血が気道に詰まった窒息死。
被害者の左手に切り傷、口の周りに圧迫した跡があるものの抵抗傷はない。
また、犯行に使われた粘着ビニールテープは、幅38mm、長さ3.8m、電気絶縁タイプ、手で簡単に切れるタイプの市販品。
さらに、遺体発見時の3日午前5時30分頃、現場から12~15km(車で約30分)離れた岡崎市稲熊町の小川の土手で、被害者の持っていたショルダーバッグが口を開けたまま偶然発見された。中には、教科書や参考書22冊、弁当箱、電子手帳、腕時計があったが、当日部活で着ていたジャージーがなくなっていたという。
被害者は、普段一人で午後7時30分頃に帰宅していたので、携帯をかけても繋がらないことを不審に思った家族が捜索願を出していて発見された。
現場までは、学校を出てから自転車で15~20分ぐらいで通りかかったようで、犯行時間は午後7時前後と推定されている。
なお、財布は自宅に残されていた(?)という。


■現場の環境的な問題点

2007年4月以降、現場の豊田市では、車やバイクを使った不審者事案9件があったが、被害者の通う高校は、刈谷市に属しているため、連絡されていなかったという。
それ以上に、現場付近では、女子高校生や女子児童をターゲットにした事件が頻発していたという。

2月4日、女子中学生がカッターで切りつけられた事件

2月13日、女子高校生がスカートめくられた事件

2月14日、集団下校の女子児童の後をつけた事件

4月21日、駅トイレで盗撮事件

4月22日、下半身露出事件

4月23日、現場から8kmの場所で、被害者と同高校の2年生女子が自転車で帰宅途中の午後7時頃、同じように襲われ、自転車ごと押し倒された事件。
この事件では、20歳代の身長180cm位の黒マスク、黒服装男が手配されている(?)。

4月24日、下半身露出事件

4月25日、現場から東に3.5kmの場所で、被害者とは別の高校の女子生徒が、自転車で午後7時頃帰宅途中、バイクで近づいてきた男に、「豊田高校はどこ?」、「ここはどこ?」としつこく声をかけてきて、「わかりません」と答えたら、同じく自転車ごと倒された事件。


■東仙坊の激怒の矛先(誰も言えないだろうから、東仙坊、言わざるを得ない)

①感受性が強く聡明だったと言われている被害者本人の浅はかさと甘い判断

それだけ危機を感じながら、なぜ弱気をくじき賢明な方法で、事件から逃れない。
勇気は、振り絞って出すもので、いかなる時も、いかなる場合でも、油断してはいけないのである。
とりわけ、当日お昼に、嫌な予感がしたのなら、仮病を使っても、その直感のままに行動しろ!
せっかくの命なのに、自分のバカなプライドのために失ってしまうなんて、大馬鹿者である。
それ以前に、あんな道を1人で通うぐらいなら、そんな高校辞めちまえ!
悔しすぎないか?
東仙坊、慟哭している。


②家族の危機管理能力の欠如

家族、とりわけ兄弟たち、何をしていたのだ?一生後悔して生きていけ!
たった一人の末娘、妹をこんなカタチで失ってしまった責任は、全員にある。
あんな状況の通学路ということは、誰もが知っていたに違いない。よく放っておけたな?例え、うるさい、ウザイ、結構と言われても、家族の安全を守るのが務めではないのか?
明るく元気で人気者の娘、妹、高校に入っても、中学時代同様、すぐ級長になるような女の子なのである。
東仙坊、一人一人の頭をかち割って調べてみたい。
これには、ちょっと違う意味も含んではいるが…。


③被害者の高校の危機管理意識の欠如

今更、学校関係者を糾弾しても空しいだけだが、自分の学校の生徒が襲われて10日も経っていないのである。最低でも、クラブ活動の停止か、セキュリティ会社に依頼するか、集団登下校を厳命すべきではないのか?
その意味で、共犯者としか思えないが、どうだろう?
その傷害未遂犯?が捕まるまでは、保護者に送迎させてもよかったのではないのか?
抑止は、先手必勝に決まっている。


これらの状況から、マスコミは、その同一犯の方向で進んでいるようだが?もちろん、その可能性は多いにあるだろうが、本当にそうなのだろうか?
そんなに簡単な事件なのだろうか?
では、この事件は、なぜ婦女暴行じゃないのだろう?
そのクソッタレは、何のために被害者を殺す必要があったのだろう?
劇場型のassholeなら、誰でもいいのではないのか?
確かに、粘着テープまで使って、そんな匂いもしないわけではないが…。
東仙坊、どうしても腑に堕ちないいくつかの点がある。
事件発生から4日経った、5月6日午後0時40分頃、現場からそんなに遠くない愛知県半田市の路上で、部活動を終え帰宅途中の14歳の女子中学生が、後ろから付いてきた男に、後ろ髪をつかまれ、そのポニーテールを切られるという事件が起きた。
何かこの事件、今までの不審者事案の犯人(?)が、「冗談じゃない!オレは女子高校生を殺したりしない!」と言っているような気がするのは、東仙坊だけなのか?
どちらにしても、またこのassholeも、本当に情けなくてみっともないだけなのだが…?
これが、現在の我が国のモラル水準で、警察の能力なのかも知れない。
凄く悲しくないか?

It must be too late for the family to grieve over a member’s death who was killed by such a freak (家族の一員が変なヤツに殺されてから嘆いても遅すぎる)!

to be continued...




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


 にほんブログ村 ニュースブログへ 
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード