Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

In order not to let my child be a victim of a brutal murderer or murder, it must be absolutely essential to keep communicating skipping breath of anger between parent and child(我が子を残忍な殺人犯や殺人の被害者にさせないためにも、とことん親子間の口角泡を飛ばしてのコミュニケーションをし続けることが絶対不可欠)!

■神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

●閉鎖空間での極めて個人的な殺人のために、事件の全容の事実を具体的に知るのがクソッタレのホシだけ。そのために、ホシの自供に頼るしかないという現実。

④このうえなくミエッパリのクソッタレが決して人には言えないサイコパス・シリアルキラーになった本当のキッカケ。

東仙坊、かねてから教育改革を提唱しているが、今回の日馬富士による傷害事件において、やたらテレビに登場したSUMO評議会委員長の頭の中に花が咲いているようなトンチンカンな女性が、文部科学副大臣だったと知って、絶望的な気分。
日教組なる胡散臭いブラック組織が我が国の教育を担っているうえに、こんな女性が文部科学省にいたのだから、我が国の教育システムは劣化するばかり。
その結果、人間力が身につかないままの知力も修養のない子どもが増加し続けるのも、仕方がないのかも。
そのうえ、脆弱な政府が教育の無償化とかピンボケ政策しか考えつかないテイタラクなのだから、心の平静を得る力や自分の邪悪な部分を自制する力や真実を悟る力の欠けた子どもがますます増加するだけ。
実際、警察庁によると、昨年の自殺者数は21897人で、20代以下は2755人というのだから、開いた口が塞がらない。
しかも、15~34歳の自殺率が事故などによる死亡率の2.5倍で、先進国の中で自殺が事故死を上回るのは日本だけというのだから、何をかいわんや。
それだけじゃない。
内閣府によると、昨年の15~39歳を対象の調査で、「ひきこもり」が全国で約54万人いると推計されるというのだから、もう救い難いのでは?
それも、その「ひきこもり」の高齢化が進み、以前は10、20代が多かったのに、山梨県や島根県などではその過半数が40歳以上というのだから、ただただ絶句。
どうだろう?
これもそれも、日ごろからお互いに必死に対峙できない家庭内の「コミュニケーション・ブレイクダウン」の結果なのでは?
せめて、生きることはツラいことの連続だということを、生きている限りモラルを守り人に迷惑をかけてはいけないということを、生きるということは社会のごく小さな歯車の一つになるということだということを、そして、自殺をしても人に迷惑をかけることなのだということを、子どもにコミュニケーションするのが親の最低限の責任なのでは?
それでも、どうしていいのか?わからないという親に、東仙坊、知ったばかりでこれからぜひ読もうとしている、そう、自分で読んでもいないのにお薦めする非礼を覚悟で、一冊の本をお薦めしておきたい。
それは、岩波現代文庫の「ゆびさきの宇宙 福島智・盲ろうを生きて」生井久美子著という本。
何でも、世界で初めての目も見えず耳も聞こえない盲ろうの大学教授、Mr.福島智のインタビューを基にした評伝とか。
この1962年神戸市に生まれのプロフェッサー、9歳で視力、18歳で聴力を失ってしまったとか。
にもかかわらず、2008年東京大学で、「福島智における視覚・聴覚の喪失と『指点字』を用いたコミュニケーション再構築の過程に関する研究」という論文で学術博士号を取得。
現在、東大先端科学技術研究センター教授で、バリアフリーの研究に取り組んでいるとも。
そんな光と音のない世界に置かれた彼は言っているとか。
「自分にとって、一番の苦痛は、見えない、聞こえないことそのものではなく、人とコミュニケーションができないことだった」と。
「コミュニケーションは魂にとっての酸素、水。それナシでは、まるで『牢獄』にいるようだった」とも。
そんな彼を見ていて、彼の母親が思いついたのが、「指点字」なるものとか。
それによって、コミュニケーションが可能になり、彼は「コミュニケーションに命を救われた」と激白しているとも。
また、著者が彼に「自殺を思ったことはないのですか?」と尋ねると、「それはないと思います。あわてなくても、いずれ、みんな死にますから」と答えたとか。
さらに、「苦しみの末、自分には使命があると考えて生きることにしたのだ」とも言っているとか。
どうだろう?
死にたいなんて寝言を言って自分を誤魔化すヒトたちのなんと愚かなことか。
それなのに、今の我が国では、完全にコミュニケーションが崩壊してしまっているのでは?
それを象徴する事件が早くも、2つ。
コヤツの毒牙にかかった「PMG:Pranky Moth Girl)」が出た群馬県がSNSを悪用した犯罪への注意喚起を呼びかけるなか、11月26日午前10時ごろ、群馬県内の17歳高校2年女子生徒が、SNSで「あなたが好きです。つき合ってください」とのたまわった埼玉県川口市の会社員、山崎雅人(28歳)なるクソッタレに、群馬県大泉町内の公園付近に誘い出され、車で連れ去られ、11月27日午後5時45分ごろまでの間誘拐し、未成年者誘拐で群馬県警大泉署に逮捕されたとか。
ちなみに、群馬県警サイバー犯罪対策課によると、今年上半期(1~6月)にSNSなどコミュニティーサイトを通じ事件に巻き込まれた18歳未満の被害者は計15人。15歳と16歳がそれぞれ4人と最多で、最年少は13歳とか。
11月25日午後6時ごろ、北海道札幌区北43東17の路上で、数百m離れた商業施設付近から買い物をしていた20代女性をつけ、背中を包丁で刺し、1~2ヵ月の重傷を負わせた通り魔事件が発生。
そして、そのホシとして、北海道警が、札幌市内の12歳中学1年男子生徒を、殺人未遂の非行内容で保護し、札幌市児童相談所に児童福祉法に基づき通告、一時保護したというから、思わず絶句。
しかも、このクソガキ、「人を傷つけたい気持ちがあった」とうそぶき、その自宅を捜索すると、現場に残されていた包丁のケースと新品の包丁1丁が発見され、どちらも数日前に万引きしていたというから、完全に絶句。
ちなみに、14歳未満の少年は「触法少年」として扱われ、刑事責任を問われないとか。
どうだろう?
このクソッタレもクソガキも、家族間のコミュニケーションなど全くないのでは?
このことこそが、快楽のためだけのネクロフィリア的サイコパス・シリアルキラーがどんどん出現するような今の日本の最も深刻な状況なのでは?

When you grow up in a “communication breakdown” family, such a person couldn't truly love anybody(「コミュニケーション・ブレイクダウン」の家庭で育つと、そのヒトは本当に人を愛することができなくなる)!
















検証プロファイリング 神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

In order not to suffer from crime victim by SNS, naturally, if you have the ability to read sentences and have the ability to see people, they are saved considerably(SNSによる犯罪被害に遭わないためには、当然ながら、文章を読み取る力と人を見抜く力を持てば、かなり救われる)!

■神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

●閉鎖空間での極めて個人的な殺人のために、事件の全容の事実を具体的に知るのがクソッタレのホシだけ。そのために、ホシの自供に頼るしかないという現実。

④このうえなくミエッパリのクソッタレが決して人には言えないサイコパス・シリアルキラーになった本当のキッカケ。

東仙坊、MHSの兄のtwitterを精読したからこそ、このクソッタレのDMなどに幻惑されてしまうヤングガールズやヤングレディたちの気持ちが、全く理解できない。
その意味で、この兄に免じても、例えメンタルヘルスに問題があったとしても、人を見る目が全くなかったとしても、このMHSにも、自業自得の面があると言わざるをえない。
なぜなら、よく読めば、コヤツの魂胆など文章からも透けて見えてくるのでは?
それ以上に、コヤツと直接会った瞬間、その企みが全身から滲み出ていることに気づくべきなのでは?
まあ、それもこれも、自殺が美しい死かのように錯覚しているせい。
それと、死ぬことでその運命やトラブルや困難や人からの攻撃やツラさから逃げることが、いかに勇気や意志のない卑怯な行為かと自覚できないせい。
人間として生きるということは、ありとあらゆることから逃げないこと、それしかないとイヤというほど認識すべきなのでは?
どうあれ、とにかく一生懸命に勉強し、人見る目や読み取る力を含めた知力や修養、いわゆる人間力を身につければ、このような蛮行から自力で自分の身を守れるようになることだけは、確実。
そうなれば、お天道様の下で悪事を働ければ必ず地獄に堕ちるということも自覚できるはず。
そして、世の中のデキゴトを広い角度と深い見識で俯瞰して見るようにもなれるもの。
例えば、今、世界中の偏狭な人道主義者どもが「民族浄化だ」と声高に叫んでいる「ミャンマーのロヒンギャ問題」。
ほんの少し注意深く観ているだけで、すぐ違和感を覚えることがあるはず。
それは、テレビ画面で、世界の支援が足りないとか、ミャンマー軍の攻撃はヒドすぎるなどと喚いているロヒンギャ族の人々の顔つき。
あれ、ミャンマーのビルマ民族って、もっとチベット族に似た顔だったのでは?
そう、どこから観ても、インド人に似た、そのインド人系のバングラデッシュ人に似た顔なのでは?
第一、どう観てもいくらモスリムだとしてもメチャクチャ貧しいのに子どもが多すぎないか?
そこで、ちょっとググっただけで、すぐ納得。
1000年ほど前からのインド人漂流民が多かったということ。
16世紀以降の諸王朝において戦争捕虜としてもインド人を住ませたということ。
19世紀から20世紀前半のUK植民地時代にインドから流入した労働者たち。
特に、第二次世界大戦後、UK軍として戦ったインド人が、日本軍とともに戦ったビルマ人仏教徒を弾圧。
そのせいか、UKから独立したインド内で発生した宗教戦争で東パキスタンになり、言語問題でバングラデシュになったヒトたちが、力尽くで農耕民族で仏教徒で大らかなビルマ人の土地に侵入しまくったとか。
ところが、ようやく国力をつけビルマ人がミャンマーになって、ようやく反撃し始めたという歴史があるとか。
それゆえ、今の現象だけで、一概に人道問題と簡単に言えない側面があるとも。
どうだろう?
いろいろ自分で考える必要があると思わないか?
まあ、UKが絡むと、どこもかしこも、中東のようなもの。
ところで、その動物愛護に人一倍ウルサイUKで、信じ難い飼い犬の悪行があることをご存知か?
何でも、昨年1年間で、放牧されているヒツジが約1500頭、ウマが約50頭も噛み殺されているというのである。
そのために、犬の飼い主への責任問題になっているとか。
もっとリアルな話にしよう。
我が日本の同盟国で世界一の先進国と言われているUSA、その大都会のサンディエゴに、東仙坊、個人的にお気に入りの街の一つに、な、な、なんと小学校入学前の子どものホームレスが約1000人いるというから、ビックリ仰天。
それだけじゃない。
連日報道されている戦争難民や経済難民の子どもたちの数はハンパじゃないのでは?
ちょっと考えれば、いかに自分が恵まれているかなど、すぐわかるのでは?
となると、残る問題は、その人間力、知力や修養を身につけられず、何も考えず日々の生活に追われているうえ、世界で自分だけが不幸で不運でツラい困難を抱えていると勝手に思い込んでいるヒトたちをどうしたらいいのか?ということだけ。
そういうヤングどもは、劇場型自爆テロリストの予備軍のようなもの。

In order to make children acquire basic human power, there must be no other way to continue communication thoroughly among parents and children within their families(子どもに基本的な人間力を身につけさせるには、親子間で、家族内で徹底的にコミュニケーションし続けるしか方法はない)!

To be continued...








検証プロファイリング 神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

I believe that the kindergarten is watching the dedication of a man who loved his sister that prevented the continuous barbarism of a motherfucker who was abandoned by his sister(妹に棄てられたオトコの連続的蛮行を阻止したのが、妹を愛した男の献身ということに、お天道様は見ていてくれていると信じられる)!

■神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

●閉鎖空間での極めて個人的な殺人のために、事件の全容の事実を具体的に知るのがクソッタレのホシだけ。そのために、ホシの自供に頼るしかないという現実。

④このうえなくミエッパリのクソッタレが決して人には言えないサイコパス・シリアルキラーになった本当のキッカケ。

◇私はその日LINEで妹が連絡してこない事に
「やっと精神的な自立ができてきたのかな?」
と呑気に考えていました
◇死ぬ決心がついたとその日の9時30分頃に妹が彼に連絡を入れました。
その30分前に私は妹とLINEで日時会話をしていました
◇とあるユーザーに妹がDMで連絡しました
彼は以前、妹の希望する練炭自殺を
未遂になる可能性があるからと首吊りを提案した人でした
妹はその時もやはり怖くなり会話を切り上げた相手です
◇ただ具体的な話になると、やはり死ぬ事への恐怖感で会話を切り上げていた事も多いみたいでした。
◇自殺募集をしたところ、多くの人がこのアカウントにDMで連絡をしていました。
どの連絡に対しても妹は
言い方がおかしいかもしれませんが、自殺に前向きな会話をしていました
具体的な日時や方法の提案などです
◇そしてその頃から妹は自殺を考えていました。
自分の所為で心の拠り所だった母親が亡くなってしまった事。
今までは母と一緒だったのに突然独り暮らし
そして隣人の恐怖で自分の部屋ですら安らぐ事ができない
◇私にも頻繁に隣人の事でLINEから連絡が入り、毎日のように1時間から3時間近く通話をしたりもしました
◇妹にとっては地獄だったのだろうと今は思います
常に隣から悪意をぶつけられていると思い込み、また自分は攻撃されないように物音を立てずに生活していたようで
就寝時もトイレに行くのも我慢し、寝返りすらゆっくりと数十秒かけてしていたと言っていました
◇そんな母とずっと過ごしていた妹も
他人の立てる物音は悪意なのだろうと考えるようになったのだと思います。
そんな母の性質上、一戸建ての賃貸に住む事が多かったのですが
グループホームは集合住宅でした
◇妹は引っ越し後、隣人の立てる物音が自分に対して嫌がらせをしてるのでは?と考えて私や職員に訴えました
これは母親の影響だと思います
実は母も精神疾患であり、他人の立てる音は全て自分に対しての攻撃だと思い込んでいました
◇私は妹や母とは別の場所に住んでいた為、母親が亡くなってからは妹は独りになってしまいました
妹やから寂しいとの連絡が頻繁にあり、週に1、2回
食事に連れ出したり一緒に花火をしたり、妹の好きなゲームを一緒に遊んだりしていました
◇妹は中学1年の頃に学校でトラブルがあり、それから現在の23歳まで家に閉じこもっていました
それに適応障害も患っており、家族以外と接するのを極端に怖がっていました
なので彼女にとって家の中が世界の全てのようなものだったと思います
◇しかしまだ本人の居場所は判明しておりません
妹は今年の6月に母親が亡くなった事を引きずっており、またその死因も自分の所為だと思っていたようです。
酷なようですがそれは私も同意します
◇現在、警察に捜索願を出しており
事件性があると認められたのか
当日から捜索を開始してもらえました
携帯の通信履歴から大まかな携帯の所在地も掴めているようです
◇このアカウントにログインできたのは、妹があらゆるパスワードを特定のワードで統一しており
妹の口から直接その旨を聞いていたからです
どうだろう?
自分の妹を助けたいあまり人に言いたくない自分の恥ずかしいプライバシーまで赤裸々に晒すこのMHSの兄と妹にまで逃げられたゲームばかりしているリアリティの全く欠如したミエっ張りのコヤツとのあまりの大きな相違に、諸行無常の観を覚えるのは、東仙坊だけではあるまい。
どちらにしても、コヤツの保釈金を払い身元引受人になったコヤツの父親、そして、コヤツを簡単に見棄てたコヤツの母親と妹に、このMHSの兄のひたむきさについての感想を訊いてみたくならないか?

I wonder if a 23 - year - old woman who had been killed by a serial killer as far as the last elder brother who gave all this to his sister is really willing to die as desired(この自分のすべてを妹に捧げた兄に最後まで甘えて、シリアルキラーに殺害された23歳女性は、今、思い通りに死ねたと本当に喜んでいるのだろうか)?

To be continued...










検証プロファイリング 神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件


I wish that a 23 - year - old woman who couldn't understand her brother 's feelings confronted with his sister so far, reflecting on her brother what he is seeing now, over there(ここまで妹と対峙した兄の気持ちを解せなかった23歳の女性に、今、その兄をどんな目に遭わせているのか?と向こうで反省していてほしい)!

■神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

●閉鎖空間での極めて個人的な殺人のために、事件の全容の事実を具体的に知るのがクソッタレのホシだけ。そのために、ホシの自供に頼るしかないという現実。

④このうえなくミエッパリのクソッタレが決して人には言えないサイコパス・シリアルキラーになった本当のキッカケ。

東仙坊、コヤツと100回以上のやり取りをしていたMHSの兄が、その妹のtwitterにまで入り、妹をなんとか救おうとした情熱にメチャクチャ敬意を表している。
それゆえ、今の彼の無念を思うと、心の底から、同情の念を禁じ得ない。
だからこそ、お天道様がコヤツを罰することに協力してくれたに違いないとも確信している。
10年前に父親のDVから逃れ、まだ小学4年生だった妹と取り乱した母親とともに甲府盆地の外れの集落に身を隠したとき、物心がついたばかりの彼は2人を支えようと一人誓っていたに違いない。
そして、精神的にバランスを欠いたままの母親と妹だけを残し、生活を支えるために家を離れ働きに出ても、いつも2人のことを心配していたに違いない。
それゆえ、妹が中学1年生のときに不登校になったときも、ずっと心を痛めていたに違いない。
そして、今年6月、母親が死んだために、仕方なく9月上旬に精神医療法人が運営する八王子のグループホームに妹を入居させることになったとき、深い罪悪感を覚えていたに違いない。
そのせいか、休みを取れる限り、妹のために時間を割いていたに違いない。
ともあれ、10月30日の警視庁捜査一課による奇跡的なこのクソッタレの逮捕に直結した、彼とtwitterをピックアップ。
◇10月23日を最後にアカウント主、つまり私の妹と連絡がつかなくなりました
それまでは毎日のように連絡を取り合っていました
しかし23日の朝を最後に反応がなくなりました
◇もしも妹がすでに亡くなっているとしたら
LINEで見せてあげた私の晩ご飯のおかずであるエビの唐揚げ
食べたいと言っていたので今度一緒に作ろうという約束は達成できない
来月一緒に居酒屋に行こうという約束も、クリスマスには一緒に贅沢しようという約束も
◇少し気になったのが、捜索願を出した後、妹と相手のDMを見て
既読を確認するチェックマークが青かったと記憶しているのですが
私がDMで句読点一個のメッセージを送ってそれにも既読がつくかチェックしたところ、最初は特に変化がなかったのですが
しばらく後に全部灰色になってました
◇しかし肝心な妹の詳細な居場所は掴めておらず
LINEもいくら送っても既読は付かず
電話で連絡しても反応が無く
一昨日には妹の携帯のバッテリーが切れたらしく、電話の呼び出し音が鳴らなくなりました
◇捜索願を出して数時間後には妹の大まかな居場所を特定し、私の携帯にその場所を伝えていただけました
色々なメディアで見た情報では、警察は中々動いてくれないと聞いていたのでびっくりしました
◇私は妹の部屋まで行き、PCの履歴を見ました。
ツイッターの画面でした。
そこでこのアカウントの存在を知りました
その後警察に捜索願を出しました。
どうでもよさそうな情報も聞かれて、事情を説明するのにかなり時間がとられてイラついていたのを覚えています
◇24日、発覚後
部屋の中で倒れている可能性等を考慮して事務所にある合鍵で職員が部屋に入ってもいいか?
と私へ連絡があり、それを了解しました
妹は部屋にいませんでした。
部屋の中には遺書がありました。
◇発覚したのは24日です
23日、妹は眼科の受診に行くと職員に嘘をついていたようです
◇異常事態に気づいたのはグループホームの職員さんでした
所在確認で部屋を訪ねても、電話をしても反応がない

If there is no older brother devoted to her sister, you just think that this serial killer motherfucker continued to kill a number of women, won't you get cold spine(妹に献身した兄がいなければ、一体このシリアルキラーのクソッタレが何人の女性を殺害し続けたことかと思うだけで背筋が寒くならないか)?

To be continued...

検証プロファイリング 神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

Reading sentences Who can't imagine the character of the other person, is not it suitable for twitter(文章を読み取り相手の人物像を想像できないようなヒトは、twitterに向いていないのでは)?

■神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件

●閉鎖空間での極めて個人的な殺人のために、事件の全容の事実を具体的に知るのがクソッタレのホシだけ。そのために、ホシの自供に頼るしかないという現実。

④このうえなくミエッパリのクソッタレが決して人には言えないサイコパス・シリアルキラーになった本当のキッカケ。

◆逮捕のキッカケとなった、コヤツとMHS(Miss Hysteria Siberiana)とが、接点を持ったのは、twitterだという。
ということは、その中途半端で不十分なtwitterでのやり取りで、MHSがコヤツの稚拙極まりないフェイク文章から何らかの信頼を得たことが根本にあるはず。
ともあれ、そのやり取りを徹底検証してみたい。
東仙坊、まずMHSのアカウント名に着目した。
「ひない」…。
比内? 火ない? 秘ない? 陽ない? 「ひない小町」という居酒屋チェーン店? 東京弁の「しない?」
正直、全くそのメタファーがわからない。
◇9月20日
#自殺募集
死にたいけど一人だと怖い。
だれか一緒に死んでくれる方いましたらdmください。
こちら23の東京です。車ある方だと嬉しいです。
ただただ当惑…。
誰がどう言おうと、死はその人間一人だけの問題なのでは?
だれか一緒に死んでくれる方って、もちろん、誰でもいいということなのだろうが、ようは心中、だとすると、その相手ぐらいはとことん選び抜くべきなのでは?
そうでないと、あまりにも美しくならないのでは?
23の東京、車ある方って、精一杯のミエなのかもしれないが、ちょっと上から目線のうえ、虫がよすぎない?

◇9月22日
「パッと死んでパッといなくなりたい」
率直に言って、絶対にお薦めしたくないが、それを可能にできるのは、人間花火になる以外に方法はないのでは?
それに、現実社会から意識を消すことができても、そのボディが現実社会に否応なしにお残りになるのでは?

それに対し、「まだ一緒に死ぬ相手をお探しですか」、「車を出せます」、「ご一緒したいです」などと返信。
その後、2人は、「カカオトーク(?)」でやり取り。
◇10月1日、「もし、どうにもならなかったら言ってください お力になります」
◇10月2日、「手伝う」
その間、どんなやり取りをしたのか知らないが、手伝うでは、デマンドに応えていないのでは?
◇10月3日、「つらさに直面しているときにすぐ死ぬべき」
人生など、そのほとんどがツラいことばかりなのでは?
ということは、生きている間中、死にまくるしかないのでは?

◇10月6日、「自殺する前に、友人、家族、SNSにこれから死にますや今までありがとうなど連絡を入れるのはNG」
正直、自殺した経験がないから、こうすべきだと言い切ることはできないが、普通の(?)自殺した人間は、せめて家族にだけは感謝の気持ちを伝えているものなのでは?
どうあれ、このセンテンスに、コヤツの本当の狙いを読み取れない方は、ただのカモ。

◇10月14日、「苦しむ時間で比べるなら首吊りの方が短いですが、単純に首吊りが恐いという方もいるので、どちらを選ぶかは人それぞれだと思います」
誤解を恐れずに言うが、こんな大ウソを読み破れない方には、屍姦と解体もやむを得ない面もあるのでは?
一体、いつコヤツが首吊りを経験したの?
伝聞や情報によると…と断らないで書いているだけで、大ウソとわかるのでは?
それに、どんな首吊りで自殺した方や吊されて殺された方も、その首吊り死の感想を生きている方々に伝える方法は、絶対にないのでは?

◇10月23日、「死ぬ決心がついた」
「八王子駅前で会いましょう」
午後1時40分、2人はJR八王子駅前。
午後5時40分ごろ、2人は小田急相武台駅前。
◇10月24日、女性が入っていた八王子市の精神科病院運営グループホームの職員が部屋にMHSがいないことを確認。
MHSの兄が警視庁高尾署に捜索願提出。

People who can't talk to one with their eyes couldn't communicate with each other by e-mail(目と目を合わせて対話のできないヒトは、メールではなおさらコミュニケーションなどできない)!

To be continued...

















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード