Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 兵庫県権現ダム20歳女性殺害死体遺棄事件

It must be foolish to be aware that stupid is already stupid that Young Lady of water merchant that can easily move stores in the same city already has a strong back society's backing(同じ街で店を簡単に移れるような水商売のヤングレディーには、すでに強力な裏社会の後ろ盾がいることを、バカはバカなりに認識すべき)!

■兵庫県権現ダム20歳女性殺害死体遺棄事件

●おバカ2人の物的証拠だらけの蛮行のバカバカしさ

④この事件の決定的な物証は、クソッタレ翔馬とNUIRSYLの各種防犯ビデオでのツーショット。
東仙坊、ここまで鮮明に写るなんてと感嘆しつつも、詳細にチェック。
場所は、大阪市キタのうらぶれた繁華街。
日付は、8月9日の真夜中の3時ごろから早朝の7時半ごろまで。
どこかの胡散臭い店の呼び込みオトコに連れられ、かなりデリンジャラスな店に消えたり、どこから観ても、ヒマそうな2人。
ところが、どこをどう観ても、2人に仲むつまじい様子は皆無。
クソッタレ翔馬のヨダレだけが溢れているだけ。
メチャクチャ気になるのが、NUIRSYLの表情と歩き方。
すでに相当酔っ払っているか、どこか薬でも飲んでいるような感じ。
どちらにしても、パンパンの白いパンツ、蚊に食われることを一切気にしないようなオフショルダーのダークブルーのフリル付きブラウスは、世に虫除けスプレーがあることさえ知らないかのよう。
そして、クソッタレ翔馬の思惑のままに、2人でタクシーに乗り込み、約4.7㎞離れたクソッタレ翔馬の家賃6万円の1LDKマンションの4階の部屋に一緒に入った段階で、ほぼ99%がリスクだけ。
そう、無事に生還するのは、命懸けで奇跡を起こすしか道はなかったはず。
それはそうだと思わないか?
背が低いの必死に上げ底靴を履いた、目の異様なクソッタレ翔馬に、女性への畏敬の念など全くなかったはず。
実際、それ以降、エレベーター付近に設置されたどの防犯カメラにも、NUIRSYLが出ていった映像は写っていないというのでは?
どうやら、兵庫県警加古川署が指摘している通り、カメラの死角となる非常階段を使いレンタカーでNUIRSYLの遺体を運び出したのでは?
どちらにしても、クソッタレ翔馬の部屋から、NUIRSYLの痕跡が見つかれば、ほぼ完璧。
その意味でも、NUIRSYLが着ていたはずのオフショルダーのダークブルーのフリル付きブラウスを何とか発見すべきなのでは?
というのも、遺棄されたとき、彼女は白のTシャツを着ていたのだから。

●東仙坊がプロファイリングするNUIRSYLがクソッタレ翔馬に残忍に殺害された理由

①東仙坊、誰がどう言おうと、42歳のクソッタレ和彦は、金のためにクソッタレ翔馬の蛮行に協力をした情けなくてみっともない大バカ者と断定している。
そう、クソッタレ翔馬が周りに言っていたように、自動車免許のないクソッタレ翔馬の「専属運転手」。
兵庫県高砂市内の高校を卒業後、10年以上前から大阪市内に住み、営業(?)の仕事をやっていたというだけの大したビジョンもないオトコ。
そもそも、正月や夏に実家に帰ったり、事件後急に母親に健康を気遣う電話をしたりした、チキンタイプのオトコ。
それを証明するのが、母親が、「息子からの電話は約5年ぶりだった。事件に関与したことが事実ならば大変申しわけない。やさしい子だから信じられない」と、父親が、「実家を出てから連絡もあまりない。大阪で一生懸命やっていると聞いていた」と、マスコミに応えたりしていること。
まあ、「ケースの中身は知らなかった。クソッタレ翔馬に頼まれてモノを運んだが、人だとは思わなかった」という供述に信憑性はないが、その程度のタマ、NUIRSYL殺害そのものに加わってはいないはず。
②では、ごく普通の鑑識眼、人を見る目があれば近づかないクソッタレ翔馬に、なぜ簡単に殺害されてしまったのか?
それも、こんなヨダレたらたらの大阪市枚方市出身の大阪市内の高校中退で元ガールズバーの店長のアンポンタンに…。
ヒマをもてあましていたNUIRSYL、一緒に時間を過ごしたかった男に邪険にされムカついていた、だから、クソッタレ翔馬にアプローチされたとき、曖昧な態度で断ることはなかったはず。
日々、女性を「こます」ことを生業にしているコヤツ、棚ボタ感覚でNUIRSYLを「やっつけよう」とじっとガマン。
もしかしたら、ただ酔っ払わせようとしただけでなく、そのために薬物も使ったかもしれない。
それはそうである。
コヤツの目的は、ハナから1つ。
まずNUIRSYLを食べて自分のモノにすること、次にデリヘルに売り飛ばし稼ぐこと、そのうえでNUIRSYLに自分に貢がせることの一石三鳥。
そして、NUIRSYLを何とか自分の部屋まで連れ込むことに成功。
と、と、ところが、一見カントリーヤングレディー丸出しのNUIRSYL、思わぬ抵抗に出たところか、クソッタレ翔馬が自分にデリヘルに移れと言ったこと、自分を手込めにしようとしたことを、自分を可愛がってくれている反社会組織の幹部に言いつけると言い出し、携帯電話ですぐに連絡しようとしたはず。
どうだろう?
ヤバいと次の瞬間にはNUIRSYLの携帯を奪い、そのクビを近くにあった幅の広い形状のモノ(彼女の着ていたオフショルダーのダークブルーのフリル付きブラウス?)で絞めてしまったに違いない。
だからこそ、レイプもしていないし、殴ってもいないし、NUIRSYLの遺体の上半身が白いTシャツになっていたと思うのだが…。
そんな典型的な大慌て殺人だと思わないか?
そして、もしかして、それでもまだNUIRSYLは生きていたのに、再び薬物でも注射され、そのままダム湖に沈められた可能性もあるのでは?
クソッタレ翔馬にとって、そのくらいNUIRSYLの後ろ盾はヤバいヒトだったと思うが、どうだろう?

There must lots of low-ranking assholes who are trying to make money by making women make his own things, making money by making women's own things. (女性を自分のモノにしてから売って儲け、さらに貢がせて儲けようとする低級なオトコは、世の中にいっぱい)!















緊急プロファイリング 兵庫県権現ダム20歳女性殺害死体遺棄事件


Young lady should be conscious of the fact that she is making her own appearance and tangle as hard as possible before becoming overconscious of her being always watching(ヤングレディーは自分がいつも見られているという自意識過剰になる前に、懸命に自分が見られるような恰好や猥雑さを醸し出しているということを自覚すべき)!

■兵庫県権現ダム20歳女性殺害死体遺棄事件

●現時点で知りうる限りの時系列的事件の概要

③悲劇の無念極まりない被害女性が20歳のNUIRSYLと判明すると、たちまちこれまたいろいろな男たちがいろいろに証言。
◇40代の知人男性(??)、「客に好かれるタイプだった。若いのに残念だ」
◇親しかった(?)30代男性(??)、「週1回ほど仕事上の相談を受けていた(?)が、人間関係などのトラブルは聞いたことがなかった」
◇親しかった(?)大阪府内の20歳男性(??)、「8月9日の夜中3時前。『十三にいるよ』って言われたんで、家帰ったんだなと…8月9日の午前7時ごろにも、彼女から『寝たん? 』とLINEが届き、正午過ぎに返信したが、読んだことを示す既読が画面に表示されなかった。その後、電話をかけるなどしたが、連絡がつかなかった。実は、前日の8月8日、彼女から8月10日に遊びの誘いを受けたが、都合が合わなかった。会っていれば巻き込まれずにすんだかもしれない」
◇店の40代男性客、「8月8日、彼女はスーツを着た男とアフターで飲みに出かけた」
④一応着目すべき話が、これ。
NUIRSYL自身の、8月6日のtwitterへの2つの書き込み。
「前座ってきたおっさんに ガン見されてるなう おっさんこんな事書かれてるとは 知らずガン見なう 隣の自撮りしてる女の方見とけよ 今日はイライラする日やあ」
「それでから 後ろぴったり着けられて エスカレーターは さすがに鳥肌やたから駆け下りたし」
どうだろう?
どこか自意識過剰になったヤングレディーの内面とかなり低級な大阪の雰囲気がわかるだけなのでは?
⑤兵庫県警加古川署によると、NUIRSYLの自宅マンションの室内に荒らされた形跡など全くなかったとか。
また、そばの防犯カメラには、遺体発見の8月11日の数日前(?)にNUIRSYLが外出する様子が写っていたとも。
東仙坊、そのときの服装が重要なポイントだと思うのだが…。
⑥8月17日、兵庫県警加古川署は、大阪市西区立売堀に住む、職業不詳(?)、森翔馬(20歳)、大阪市生野区巽北に住む、稲岡和彦(42歳)を、8月9日午前7時半~8月11日午前8時40分ごろ、兵庫県加古川市平荘町前山の権現ダムにNUIRSYLの遺体を遺棄した死体遺棄で逮捕。
何でも、遺体遺棄現場、NUIRSYLの自宅の周辺、クソッタレ翔馬の自宅周辺、大阪キタの繁華街などに設置された防犯カメラの映像などから割り出したというから、本当にグッジョブ。
なかでも、クソッタレ和彦の実家が兵庫県加古川市内にあり、権現ダムから西に約7㎞の距離だというから、メチャクチャ納得。
もちろん、おバカカップルは、「遺棄していない」とか、「お互いを知らない(?)」などと容疑を否認。
⑦8月19日午前、2人を神戸地検に送検。

●おバカ2人の物的証拠だらけの蛮行のバカバカしさ

①2人とも、押収されたそれぞれの携帯電話のロック解除を拒んでいるというが、今の警察にとって、「DF(デジタルフォレンジック)」と呼ばれる解析技術でそんなモノを解除するのはいとも簡単。
それゆえ、事件前後の位置情報や通信内容などは全部モロバレ。
②クソッタレ翔馬が免許を持たないために、8月10日、ガキに金で雇われた惨めなクソッタレ和彦が、大阪市内でレンタカーを借りていたとか。
大爆笑させられるのが、その際、まさかのときの連絡先の欄に、クソッタレ翔馬の氏名と住所を書いていたというから、マンガ。
しかも、そのレンタカー、8月10日、クソッタレ翔馬の自宅マンション前に停まっていたのが確認されたというから万事休す。
③遺体発見前、大阪市内の量販店で土嚢を購入する不審な1人のオトコが確認されていたが、それがクソッタレ和彦と判明したとか。

It must be absolutely essential to cultivate the insight to see through the other person's nature at first sight in order for humans to fully enjoy their own life(人間が自分らしい人生をとことん謳歌するには、一目で相手の本性を見抜く洞察力を養うことが絶対的に必要)!

To be continued...
































緊急プロファイリング 兵庫県権現ダム20歳女性殺害死体遺棄事件


This case pretended that the murderer would be caught quickly, but as early as this, our Japanese police must be truly excellent(この事件は、犯人がすぐ捕まると予感していたが、ここまで早いとは、我が日本の警察はさすがに優秀)!

東仙坊、せっかく中国安徽省の18歳無職男性が、「私が好きなのは法治が整備された現在の日本だ。日本の警察が好きなだけ。日本警察の質と勤務態度は世界一」と言ってくれて当局に逮捕されてしまったというのに、大阪府警のお粗末さ、テイタラクには本当にガッカリ。
あれだけの極悪犯罪者に、おバカな国選(?)弁護人をつけ、靴を与え、脚立を貸し、手袋も渡し、まんまと警察署内から逃走され、やりたい放題し放題をされているのに、10日間も経っても3000人体制でいまだに捕まえられないというのだから、情けないやらみっともないやら。
もっとも、そんな我が国の警察でも、間違いなくすぐ犯人が逮捕されると予見できたのが、8月11日午前8時35分ごろ、兵庫県加古川市の権現ダム湖で釣り人が発見し発覚した、ヤングレディー死体遺棄事件。
それはそうだと思わないか?
その蛮行の手口が、あまりにも幼稚でガサツ。
そ、そ、そうしたら、ほぼ1週間で、兵庫県警加古川署がホシのクソッタレを逮捕したというから、パチパチパチ。
こ、こ、これで、逮捕されてしまった18歳中国人男性にも顔向けができると、とにかくホッ。

■兵庫県権現ダム20歳女性殺害死体遺棄事件

●現時点で知りうる限りの時系列的事件の概要

①8月11日午前8時35分ごろ、兵庫県加古川市平荘町の権現ダム湖南側の岸から数mのあたりで、透明のプラスチック製衣装ケースに押し込まれた状態のヤングレディーの遺体が浮かんでいるのを、偶然、釣りにきた男性が発見し、「遺体がダムに浮いている」と警察に通報。
何でも、ケースのフタは外れ、ケースのそばに浮いていたというから、???
そのせいか、遺体の足が湖面に露出していたというから、凄惨。
そして、ケースには2本のロープが巻かれ、そのロープの先に土嚢が2つ固定されていたというから、陰険。
また、その身長約160㎝、白いTシャツと白い長ズボンの20代くらいのヤングレディー、着衣に乱れがなく、レイプされた様子も目立った外傷はなかったとか。
ただし、顔には鬱血したような痕、首には幅の広い形状のもので絞められた痕があったとも。
それにしても、見つからなくしたいのに透明のプラスチック製衣装ケースに遺体を押し込んだり、付属品のフタでは閉まらないからと自作のフタで代用したり、既製品の土嚢を使用したり、携帯電話など直接身分を示すものは始末しながら現金やカード入りの財布や化粧品まで衣装ケースに入れたりするおバカな手抜きの手口は、ほとんどアホ。
おかげで、そのヤングレディーの遺体の身元特定は、兵庫県警加古川署でもお茶の子さいさい。
遺棄発見現場は、JR山陽線加古川駅の北約7㎞の普段は人が立ち入ることはほとんどない山あい。
ちなみに、ダムを管理する兵庫県職員が、8月10日午前10時に巡回した際に不審な状況はなかったというから、8月11日朝までに遺棄されたご様子とか。
②司法解剖の結果、首を絞められたことによる窒息死と思えるも明確に特定できず、死亡推定時刻は8月10日午後。
また、薬物反応があったという話も(?)あり、薬物で殺害された可能性もあるとも。
す、す、すると、その無念の被害女性が、三重県松阪市出身の大阪府大阪市淀川区十三に住む、20歳女性(便宜上、「NUIRSYL: Not Using Insect Repellent Spray Young Lady」と呼ぶ)と判明。
何でも、このNUIRSYL、三重県の県立高校を卒業し、歯科衛生士を目指し大阪市で1人暮らしを始めたとか。
けれども、自宅近くの大阪・十三の繁華街にあるセクシーキャバクラ店で働き、その後、約3㎞離れた梅田の高級店に移り働き始めていたとも。
そのせいか、マンションも家賃10万円の淀川沿いの1LDKに引っ越していたとか。
それから、船舶やオートバイの免許を取ってもいたとか。
ともあれ、遺体発見現場までは彼女のマンションから、約60㎞も離れていたとも。

Many kinds of men gather to women who have become pretty earning while they don't know(知らない間にかなり稼ぐようになってしまった女性には、いろいろな種類の男たちが群がる)!

To be continued...






































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード