Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 東京・大田区整体師による睡眠薬入りジュース使用連続レイプ事件

The current Japanese woman couldn't understand the meaning of the word “Life is full of uncertainties” that Takakeisho stands for the motto(今の日本の女性は、貴景勝が座右の銘にしている「一寸先は闇」という言葉の意味も理解できないのか)?

■東京・大田区大森西の整体師による睡眠薬入りジュース使用連続レイプ事件

●裁判で明白になったこの事件の詳細

⑦2015年12月2日、このクソッタレの裁判員裁判、開始。
すると、コヤツ、一転、否認から戦術転換。
「合意というのはウソだった。睡眠薬のことが発覚すると罪が重くなると思ってウソをつき、引っ込みがつかなくなった。被害者への申し訳なさは常に感じており、ウソをついているのが心苦しく、真実を話すことにした」、「妻の浮気でストレスが貯まっていた。自分の施術でどんどんキレイになっていく女性客を見て(?)、欲情してしまった」、「録画は後から見直すためだった」、「睡眠薬を飲ませたのは、無抵抗の人に性的なことをすると、征服欲や支配欲が満たされ興奮した」、「事件後、自分は何て愚かなことをやったんだろうと思った。謝罪と反省はしてもしきれない。自分でも卑劣だったと思う。本当に申し訳ありませんでした」などと罪状を容認。
それに対し、検察側、「裁判員裁判で一転して起訴内容を認めたのは、裁判員の心証をよくして罪を軽くするためなのではないのか?」、「謝罪の手紙を用意したというが、被害者側に渡そうとした形跡がない」、「整体院は盛況だったのに、財産はないと主張し、賠償しようとしないのはなぜか?」と反論。
女性裁判員も、「睡眠薬を飲ませる以前に、『生理ではないか?』、『生理が終わって何日目か?』と女性たちに聞いているが、最初から暴行しようと計画していたのではないか?」と質問。
それらに、クソッタレ、「心証をよくする意図はなかった」、「謝罪や賠償は考えている」などと応えたとか。
⑧東仙坊、注視したのが、事件後にPTSDと診断された女性の出廷での今も癒えない苦しみの証言。
この女性、吹奏楽のプロを目指してミュージカルなどで演奏していて、より上手に演奏するため腰痛を治療しようと訪れクソッタレの餌食になってしまったとか。
そして、事件後、楽器が全く演奏できなくなり、自宅に引きこもって約10㎏太ったうえ、人生全てが楽しくなくなり、自殺を考えるようになったとも。
「大切なオーディションを控え、私にとっては節目のときだった。自分は過去とは違う人間になってしまった。自分が汚れた気がして毎日3回お風呂に入っている。自殺を何度も考えた。施術台ではなく布団に寝かされたこと、飲み物を飲まされたことなど、今思えば不審な点は数多くあった。それに気づかなかった自分を責めてしまう。人生を返してほしい。絶対に許せない
⑨弁護側の最終弁論、「被告が卑劣なことをしたのは事実。ただ、同種の事件では悪質性が高いとはいえない(???)。懲役10~15年が妥当だ。裁判員は感情的にならず、冷静に量刑を考えてほしい」。
⑩2015年12月10日、東京地裁(鈴木秀行裁判長)は、に懲役20年(求刑懲役25年)の実刑判決。
「整体師の立場を利用し、女性客の信頼につけ込む狡猾な手口。件数も多く、女性の一人にはPTSDを発症させ、人生を狂わせた(?)。性欲や支配欲に基づく動機は酌量できない」、「真摯な反省に至っているとは評価できないが、一定の反省を示し、強姦致傷事件が1件のみであることなどを考慮した」、「被告自身、出廷した女性の声を聞いて、彼女の痛み、ツラさを十分にわかったと言っている。他の7人もツラい思いであることは間違いない。懲役20年はみなさん軽いと思っている
「女性は勇気を持って法廷にきた。アナタも彼女のおかげでエスカレートする犯行をストップできた。変な話かもしれないが感謝すべきことだ。人生をかけて贖罪する気持ちをもってもらいたい」…。
どうだろう?
本当に一般的な殺人事件よりも重刑が科されたと言えるのか?
性犯罪が、殺人と同様に、イヤイヤ、殺人以上に他人の人生を壊し取り返しのつかない事態を招くものだと伝わるものになっているのか?

●東仙坊がプロファイリングするこの事件で最も不可解なこと

東仙坊、飛行機で隣の席や近くの席に座る人間の本性を直観的に即座に見抜くことが飛行機内での安全のために不可欠だと書き込んだばかり。
その意味からも、ごく普通のマンションで看板も表札ない整体クリニックになぜ一人で自ら行けるのか?
その若い女性の知的レベルがどうしても気になるのだが…。
それは出会い系サイトでの出会いも一緒。
あるいは、何時間もかけて東京から茨城のド田舎まで30代のオトコに会いに行く(?)、薬科大学1年の19歳女子学生も一緒。
あるいは、そのまま即刻神経内科に入院すべきな千葉県柏市児童相談所長に相談して41歳DV夫に10歳長女を殺されるようにした31歳の母親も一緒。
どうあれ、我が国の女性たちに、もう少し人を見る目を養ってほしいと思わないか?

The slogan “Let's be careful, sweet words and dark road” must be for the women of the world to be permanently immortal(「気をつけよう、甘い言葉と暗い道」というスローガンは、永久不滅に世の女性のためにある)!

検証プロファイリング 東京・大田区整体師による睡眠薬入りジュース使用連続レイプ事件


If I took up this incident, a ridiculous actor who raped a massager came out, and the opened mouth didn't close(この事件を取り上げていたら、逆にマッサージ師をレイプしたとんでもない男優が出現して、開いた口が塞がらない)!

■東京・大田区大森西の整体師による睡眠薬入りジュース使用連続レイプ事件

●裁判で明白になったこの事件の詳細

④では、やりたい放題だったこのクソッタレ、整体師浅川秀明(52歳)の卑怯で卑劣な蛮行がバレ、2014年4月22日、警視庁大森署に準強姦未遂で逮捕される結果に繋がったのか?
それは、ある女性客の芯の強さ。
そう、東仙坊、よく立ち向かったと感激させてもらった一人の女性のおかげ。
2013年12月9日、都内に住む20代女性客が店に行くと、「今日はいつもと違うコースだから」と言われ、睡眠薬入りジュースを飲ませられ、直後に女性は意識を失ったとか。
ところが、この女性、途中でなぜか覚醒し衣服を脱がされていることに気づき、意識朦朧となりながらもほぼ全裸のまま必死にその場を逃げ出し、最寄りの警視庁大森署に駆け込んだとか。
そして、ほぼ現行犯の状態で逮捕されたクソッタレの自宅のpcから、わいせつ動画がジャンジャン出てきたとか。
⑤2014年5月13日、別な女性客に対する準強姦で再逮捕。
そこでも、コヤツ、「利尿作用を促進して、体をキレイにしましょう」と睡眠薬入りジュースを勧め、意識を失わせてからレイプし、さらに女性客が目を覚まさないことを確認してビデオカメラを回し始めたとか。
⑥実は、このときまでは、レイプ、すなわち、刑法177条の強姦罪は、「暴行または脅迫を用いて13歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、3年以上の有期懲役に処する。13歳未満の女子を姦淫した者も、同様とする」で、実行行為である「姦淫」が「男性器の女性器への一部挿入」と解釈されていたために、被害者は女性限定。
また、被害者が女性でも、肛門性交や口腔性交は強姦罪の適用対象外。
さらに、親告罪。
それから、この蛮行の「準」とは、刃物で脅すなど脅迫的な手段を使うのではなく、酔うなどして抵抗できない相手に対して犯行に及んだという意味。
そして、法定刑は、強姦罪も準強姦罪も同じ3年以上20年以下の懲役、併合罪の場合は有期刑の最長となる懲役30年まで。
それゆえ、被害に気づかない女性が多かったせいで、起訴されたのがたった11件。
それはそうである。
誰だって、ビデオに撮られていたからアナタもレイプ被害者ですよと後から言われたって、いろいろな意味で簡単に認めたくないはずだし、知られたくない人に知られる恐れがあるからあえて訴えたくもないはず。
そのせいか、このクソッタレ、「一連の行術の一環。薬は使っておらず、合意の上だった」とイケシャアシャアと容疑を否認し続けたとか。
それでも、11件で起訴され、準強姦罪や準強制わいせつ罪など10件について、裁判官だけで審理する区分審理ですでに有罪が確定。
ただし、明らかにPTSDになってしまった女性には、いわゆる心への傷害罪が成立するとし、検察側は準強姦致傷罪に起訴罪名を変更し追及。
事件が、裁判員裁判対象事件となったために、その審理を終えた時点で全体の量刑を判断することになったとか。
どうだろう?
だとすると、これが明治時代から100年以上変わらなかった刑法の性犯罪規定が改正された後だったら、どうなったのか?と思いたくならないか?
2017年6月16日成立、6月23日公布、7月13日施行の新刑法では、強姦罪が「強制性交等罪」と変更。
刑法177条の「強制性交等罪:13歳以上の者に対し、暴行または脅迫を用いて性交、肛門性交または口腔性交(以下「性交等」という)をした者は、強制性交等の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。13歳未満の者に対し、性交等をした者も、同様とする」となったうえ、男性被害者も可能になり、肛門性交や口腔性交も処罰対象になり、強制性交等罪も強制わいせつ罪も非親告罪になり、強制性交等罪は原則執行猶予ナシになったとも。
そう、強姦罪や強制わいせつ罪が親告罪だった従来は、「示談」により告訴が取り消されると、事件は必ず「不起訴(裁判で有罪判決を受けることもなく前科もつかない)」になっただけでなく、「3年以下の懲役なら、執行猶予をつけることができる」という法律から、かなり加害者が有利だったのである。

I want Japanese women to realize that the homicide demons of Ibaraki's innocent dirty baldness and the rapist monks called Japanese character actors have the same eyes(茨城の気色の悪い薄汚いハゲの殺人鬼も、日本の性格俳優と呼ばれている強姦魔も、同じ目をしているということに、日本の女性たちに気づいてほしい)!

To be continued...








検証プロファイリング 東京・大田区整体師による睡眠薬入りジュース使用連続レイプ事件


If you don't cultivate eyes to see yourself, it must be a dream and dream of a safe life etc(自分自身の人を見る目を養わなければ、安全な生活など夢のまた夢)!

東仙坊、1月26日、銃による殺人のメッカでパイオニアでもあるUSAからの21歳の5人殺しのオトコが逮捕されたというニュースに、思わず、ウソーッと独り大声を上げていた。
その顔が、毎日のように観ているUSAのクライムドラマの典型的なサイコパスの顔だったからである。
それゆえ、「こんな顔、ここ30年の間にドラマで何度観たことか…」とUSAのクライムドラマのキャスティング担当者のセンスに戦慄させられたからでもある。
東仙坊、本当に人を見る目、洞察力と鑑識眼、直感力が必要が毎日を無事に生きてゆくためには絶対不可欠と改めて認識させられているのだが…。
それにしても、ドラングの傷害で満足に働けないギタリストの父親とディスカウントストア「Dollar General Store」の店員として働く母親とトレーラーに住んでいて、ドラッグに溺れ、そのトレーナーを追い出されたオトコ、ダコタ・テリオット(Dakota Theriot)。
それで泊めてもらっていたルイジアナ州リビングストン・パリッシュのガールフレンドの家で、そのガールフレンドとその兄と父親を射殺し、ガールフレンドの父親のピックアップトラックで隣のアセンション・パリッシュに行き、自分の両親を射殺。
そして、バージニア州ウォーソーに住む祖母を殺害しようとして、あえなく警察に逮捕され、眠り続けたという正真正銘の本格的サイコパス。
やっぱり、サイコパスにはある相があると確信しているのだが…。
それで、どうしても取り上げたいある日本の事件がある。

■東京・大田区大森西の整体師による睡眠薬入りジュース使用連続レイプ事件

●裁判で明白になったこの事件の詳細

①東京都大田区大森西のマンション5階に、1996年、居住専用物件で店舗営業不可だったのにもかかわらず、マンション管理会社にバレないよう看板も表札も出さないまま、「健友館あさかわ整体操体クリニック」を開業したのが、浅川秀明なるクソッタレ。
そのために、集客はnet交流サイト「mixi」だけで、「整体クリニックを開業しています。狭いところですが、毎日たくさんの人が身体を治しに、また、美容整体を受けにこられています。エステに行くよりも効果はありますよ」とアピールしていたとか。
と同時に、舞台俳優(?)も細々とやっていたとか。
そもそも、大阪市で生まれたコヤツ、高校卒業後、陸上自衛隊で2年間勤務。
除隊後はスタントマンになったもののケガで廃業。
その後、舞台などの裏方として働き、ケガをした役者のマッサージなどをするうちに整体に興味を持ち、整体師の民間資格を取ったとか。
そんなことから、コヤツ、歌手のビヨンセ(?)やEXILEなど有名芸能人と一緒に仕事をしたことを臭わせたり、「本業はジャニーズの舞台監督」などと荒唐無稽な大ウソをついていたとも。
そんなヤツだから、2002年には、所得税の確定申告の際に、架空の7つの会社から賃金支払いを受けたように虚偽記載したうえ、所得税を源泉徴収されたように書類を偽造し、国から240万円を騙し取ったとして、所得税還付詐欺で、警視庁大森署に逮捕されていたとか。
②2009年、結婚するも、妻に浮気され2011年に離婚。
そのせいで、精神科に通い始め、睡眠薬を処方されるようになり、そのとき未使用だった睡眠薬を保管し蛮行に使ったというから、何をかいわんや。
③警察の捜査で裏が取れているコヤツの最初の蛮行は、遅くとも2010年9月。
そして、2014年までの蛮行で、警察が何とか起訴に持ち込めたのが、計8人に対する計11回の準強姦、準強姦未遂、準強制わいせつの事案。
実際は、ビデオに残っている被害女性だけで20人以上はいるとか(???)。
「特別な治療がある」とか、「デトックス施術をしよう」などとと女性客らに睡眠薬入りジュースを飲ませ、寝入った施術台に横たわる女性客が目を覚まさないよう注意深く服を脱がして全裸にすると、徹底的にまず手で弄んだとか。
それから、女性客の足をM字開脚させ、避妊具も付けずにレイプしまくったとか。
そうしてから、そそくさと女性客に服を着せ、目を覚ますまで何事もなかったように、施術を続けたとか。
それゆえ、レイプされたことにさえ気づかないケースがほとんどだったとも。

It must be not a butterfly but a moth that jumps in to the light(光に見境なく飛び込んでいくのは、蝶ではなく蛾)!

To be continued...









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード