Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It must be the responsibility of the self-centered father, who couldn't be placed on the windward side of the royal family, to create the daughter of the royal family into a self-centered monster of the century(皇族の娘を世紀のジコチュウ・モンスターに創り上げたのは、皇族の風上にも置けないジコチュウ丸出しの父親の責任)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

◎11月28日、中国マスメディア「網易」
「渡米後のバカップル2人が生活する様子を欧米メディアで写真付きで報道している。日本政府は、バカップル夫妻に対する報道統制を敷いたが、海外マスメディアには無関係だ」
「日本のマスメディアと在N.Y.日本国総領事館との間で暗黙の合意に達したようだ。つまり、2人の生活や仕事の写真を撮ることは禁じられている。N.Y.に駐在することは制限される可能性がある。それを破った場合、報道機関の駐在員がビザの取得や更新の際に、何らかの不利な対応を受ける。海外マスメディアのパパラッチにとっては、そのような合意に達することは明らかに不可能だ。UKのデーリーメールや他のマスメディアはバカップルのN.Y.での居住地域を詳細に報道し、買い物や2人で歩いたりしている写真もnet上で広く出回っている。海外マスメディアに対しては日本の公権力も及ばないとして、今後もバカップルがパパラッチから追い駆け回されるに違いない。いくら日本の皇室が本当に怒ってもムダ
「日本のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、あらゆる困難を乗り越え、持参金を諦め、婚約者と結婚した。結婚後はUSAで民間生活を送る。『間違った家族』との結婚がよい結末を迎えることは難しく、しばしば失敗することがある。世界の王族が一般人と結婚後に離婚した例として例えばタイのウボンラチャタニ姫。例え離婚したとしても、『王族パワー』を駆使して収入には困らない。ウボンラチャタニ王女はとても活発で彩り豊かな生活を送っている。彼女は映画を作ったり、バラエティー番組で歌ったり踊ったりしている。王女の生活は一般の人々の生活よりも断然よい。結婚が失敗したとしても、辞める選択肢がある。独身になっても知名度の高さから収入を得る多くの手段がある。結婚が失敗しても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターには関係ない。ウボンラチャタニ姫から学ぶだけだ。生計を立てるために駆けずり回っている私たち一般の人々とは異なり、裕福な家庭の娘であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターを心配する必要はない。今後2人の結婚生活の行方にかかわらず、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは生涯にわたってセレブ生活が保障されている
「それにしても、K・Kクソッタレの母親の金銭トラブルの対応についてキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、『私がお願いした』との指示発言したことは不可解だ。その支持発言が日本の雰囲気を変えた。皇室が民間の問題に介入することで象徴として位置づけられる天皇制が揺らぐことになる。人々は象徴のカタチに対して直接訴える。シンボルとは象徴されるものを指す。それらが何を象徴しているのかを考える必要がある。それは民主主義であり、常にこのカタチを決めるのは国民だ。皇室は国民からの信頼のうえに成り立つもので、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの発言をキッカケに皇室のあり方が問われる可能性がある
◎12月1日、中国マスメディア「網易」
「バカップルの動向が渡米後も注目を集めるなか、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレの2人のために投入された税金の詳細を公開するよう強く要求
日本のnet上で寄せられている国民の声を紹介。
「1人で出かけることができるなら、生活を続けるために警備費は必要ないと認識して自力で生きてください。仕事を通じてお金を稼ぐ必要があるだろう。皇室から離脱したのだから、警備などに血税が使用しないでください」
「意図的にマスメディアに写真を撮らせ、『私たちが自分の力で生きている』とみんなに知らせた! 陰でボディーガードがいるに違いない。やっぱり演じるのが大好きな女性なんですね。とにかく、後ろに日本人の税金がある」
持参金は辞退したが、それ以上のお金が使われている。持参金は必要なくとも、住居費や警備費に2億円を費やした可能性も指摘されている。皇室は詳細を公開する必要がある。税金の使途の詳細を公にすべきだ
ついでに、以前のモノも、1つ。
◎2019年12月24日、中国マスメディア「今日頭条」
「悠久の歴史を持つ中国では様々な王朝が生まれ、そして消えていった。中国人は、自国の歴史について『5000年の歴史』と自称するが、その歴史のなかでも300年以上も続いた王朝は1つも存在しない。一方、日本の皇室は、世界最長の歴史を持つと言われることもある。中国は、非常に長い歴史を持つ国だが、漢や唐といった著名な王朝ですら存続期間が300年を超えていない、日本の皇室はこれほど長く存続し続けられたのに、なぜ中国では王朝の誕生と滅亡が繰り返されたのか? 中国は王朝が変わるたびに国の名前も変わってきたワケだが、日本はいつも時代もずっと日本であり続けた。中国は長い歴史のなかで様々な王朝が生まれ、政権を担ってきたが、長期にわたって統治できた王朝はない。中国の歴史上では、別の民族によって侵略され、滅亡した王朝も少なくない。、一部の歴史研究家の考察のなかに興味深い意見がある。中国の歴史上における王朝の滅亡は人口および経済と関係があるらしい。この説は、王朝が誕生し、政治が安定すると人びとの収入が増え、人口も急激に増加するが、人口増加が頭打ちになると経済成長が止まり、人びとの不満が高まっていくというものだ。そこに自然災害などが発生すると、不満が爆発して騒乱につながり、最終的に王朝の滅亡につながった。騒乱や戦争によって人口が減少すると社会的な富の分配が公平に向かうが、人口が増えると富の分配の不均衡が生じ、人びとの不満が高まり、社会的矛盾が拡大した。その社会的矛盾を解消する手段が戦争であり、それによって王朝が滅亡し、新しい王朝が生まれるというサイクルがあった。これが中国の歴史上で多くの王朝が生まれ、消えていった要因の1つではないか?」
どうだろう?
中国のインフォーメーション収集力は、化なりのモノだと思わないか?
どちらにしても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターをもう一度皇族に戻したり、異常な秋篠宮家をこのままにしておいたら、せっかくに我が国の皇室も一巻の終わりなのでは?
そう、中国外交部報道官汪文斌あたりに、「日本の皇室は、今の時代にありえないような女性差別が行われている。日本政府は、自国の非人道的な天皇制から国際社会の目を背けるために、中国に対してありもしない人権問題を捏造している。日本だって、K・Kクソッタの人道問題を取り上げられたら困るでしょ」なんて言われちゃうのだから…。

We, the general public, should fully understand that the “female emperor” Aiko emperor can still continue to be a “male emperor”(「女性天皇」愛子天皇なら、まだ「男系天皇」は継続できるということを、我々一般国民が、十分に理解しておくべき)!

To be continued...

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Is China collecting all the information about Japan in detail because it considers our country tough, or is it already licking it as a minion(中国が、詳細に我が日本の情報を集めきっているのは、我国を手強いとみなしているからか、それとも、すでに手下だと舐めきっているからか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

東仙坊、中国の本当の顔を真摯に直視すべきときとばかりに、粉骨砕身、中国について書き込んでいるときに、ついつい始めてしまったこの今回の緊急プロファイリング。
実は、その反応で、もっとも興味深かったのは、な、な、なんと中国と中国のマスメディア。
◎10月16日、「テンセント」
「日本中が反対! 『軟飯男』が皇室の内幕を暴露か」。
ちなみに、「軟飯男」とは、「ヒモオトコ」のこと
また、中国では、K・Kクソッタレに関する記事は、他にも「鳳凰男」、「渣男(ダメオトコ)」が枕詞とか。
反結婚デモなど、日本のムードを伝えたうえで、「10月26日の記者会見で、日本で一番美味しい『軟飯』を食べたオトコは何を語るのか」
◎11月2日、中国マスメディア「テンセント」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターが結婚後初めて秋篠宮邸のある赤坂御用地を一人で訪れ7時間も滞在したときの様子について、表情が暗く、K・Kクソッタレとの対立が心配されている」
以前とは別人。結婚後、一度も笑顔を見せていない。夫が司法試験に不合格だったこともあり、ご夫婦の間に何か心配なことが起きているのではないか。ご夫婦の関係が懸念される
◎11月21日、中国マスメディア「テンセント」
「K・Kクソッタレはニューヨークに着いて彼の本当の姿を見せた」
「ニューヨークに戻ったばかりのK・Kクソッタレが彼の同僚たちと飲んでいる様子がUSAのマスメディアによって報道された」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターは不慣れな土地に着いたばかりで警戒心があり家にいた状態だった。一方で、K・Kクソッタレは自由を享受し始め、マスコミや皇室からの監視が終わり、別人のように話し、振る舞った」
おとぎ話よりも伝説的な愛は実際には危険であり、それが将来幸せになるかどうかについては疑問符がまだある
「K・Kクソッタレの表情からも、こういう自由な生活が大好きだったのだろう。今後夜に家を空けることが多くなるかもしれず、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに冷や汗を流させる(l.o.l.)」
◎11月7日、中国マスメディア「百度」
「論説サイト『灰姑娘説事』が、元皇族のバカップルの今後のニューヨークセレブ生活について特集」
「夫婦は結婚生活の場として月額約80万円のアパートメントを借りるようだ。広さは約100平方mで、マンハッタン島の西側にあるアッパーウエストサイドという高級住宅街にある。ここには多くのセレブが住んでいる。その優れた地理的位置と多くの文化施設に加えて、適切な学区もある住宅地で、世界屈指のスーパーセレブタウンだ」
「セレブとして、法曹に専念してきたK・Kクソッタレのキャリアはどうなるのか? ニューヨークでまっとうにスタイリッシュな生活を送るためには、収入の要件は低くない。K・Kクソッタレはニューヨーク州の司法試験に落ちてしまった。弁護士になれば約2000万円の収入が見込めるが、年収は大幅に減り約600万円にとどまる。キンダーガートン・プリンセス・モンスターはメトロポリタン美術館で働く機会があり、年収約1500万円になる。夫婦の年収は当初予想された3500万円から2100万円に減少する。この数字では、年間家賃が1000万円になるアパートメントに住むのはかなり難しい。額面で2100万円としても税引き後の手取りは1500万円に満たないとみられ、年間1000万円の家賃がかかる部屋に住むのはムチャだ。彼らの目の前の困難を克服するために、どのように協力するのだろうか?」
◎11月13日、中国サイト「百度」
「論説マスメディア『嬛嬛説王室』のコラムを掲載」
「現在のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは厄介な市民生活の浮き沈みを経験し始めている。買い物や旅行を学ぶことは、ほんの第一歩だ。幼いころから手を伸ばせば何でもあり、口を開ければ食べることができ、服も着させてもらえる生活を送っていた。すぐには自立することはできず、一般の人々の生活に適応することもできない。皇室では何不自由ない生活を過ごしてきた。今後、一般人としての生活を送るには相当な努力が必要。宮内庁は24時間体制のサービスを密に提供し、アパートメントのセキュリティー対策を改善するために連絡を取っている。日本では今でも皇室の厚遇を楽しむことができるが、そんな対応がなくなってくるのは時間の問題であり、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは自立して生きることを学ばなければならない」

If you wanna know the truth about our country, you should listen to some Chinese mass media rather than our Japanese mass media, which only spills news and fake news about China(我国のことに関しての真実が知りたければ、中国に忖度したニュースとフェイクニュースしか垂れ流さない我が日本のマスメディアよりも、中国の一部のマスメディアに耳を傾けるべき)!

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

How many genuine intellectuals in our country could think of the reason why only our imperial family could be proud of the oldest history of the world, even though royalty around the world have fallen(世界中の王族が没落しているのに、我が国の皇室だけが万世一系の最古の歴史を世界に誇れる理由を考えられる本物の有識者が我が国に何人いることか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

東仙坊、海外のマスメディアが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚について、どう報道しているかにひたすら注目。
◎11月25日、ベトナムのニュースサイト「Aファミリー」
「日本の元プリンセスが新たな危機に直面している。最近、キンダーガートン・プリンセス・モンスターはアシスタントやボディーガードなしに買い物をする姿が目撃された。一方、2人の写真はUSA到着直後から、住居の詳細とともにマスメディアで大きく取り上げられている。その結果、セキュリティーへの危険性が非常に高まっている。在NY日本総領事館公式サイトによれば、昨年からN.Y.での暴力犯罪は急増。報道によれば、殺人は40%増、銃撃事件は昨年から倍増しているという。バカップルが住むのは、過去にトラブルが多かった地区でもあり、多くの人々が2人の安全性に懸念を抱いている(?)」
◎11月28日、ベトナムのニュースサイト「チャンネル14」
「日本の元プリンセスと夫は、普通とはいえない陰の合意(??)が明らかになり、一般民衆は『一般人だが、一般人でない』と冷ややかな見方」
「2人の一挙手一投足は、いまだに日本と世界で注目の的。まるで一般人のように自由な生活を謳歌しているが、彼らのUSAでの写真はnetで拡散されている。また、人々が知らないうちに陰の合意がなされ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターたちの安全とプライバシーを確保するために手を貸していた(?)との報道があった。この報道の前から、日本では一部の人々が『普通の生活を送ると言いながら、皇室を離れても大いなる特権を享受している。注目が集まることでセキュリティー面も問題になっている』と、不満や強い不快感を示していた。また、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの現地での就職先について宮内庁と外務省が議論し、民間会社よりも政府や州が管轄する施設の方が、安全面で適切だと判断したという報道があった」
◎12月3日、ベトナムのニュースサイト「ゴイサオ」
「元プリンセスの義母は息子の渡米後、平和裏に暮らしている」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレが渡米してから半月以上が過ぎ、REMは再び静かな生活に戻った。息子の結婚以降は家にいて、ほとんど外出することもないということだ。務めていた洋菓子店も、長年のストレスの影響で退職。情報筋によれば、2人の婚約後、REMの住居横に設けられていた簡易派出所は解体された(?)。ひっきりなしに巡回していたパトカーも見えず、大勢いた報道陣も去った。REMがジャーナリストから年金不正受給疑惑を刑事告発され、K・Kクソッタレが結婚後の会見で疑惑をきっぱり否定。キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレが、REMの借金返済に手を貸したにもかかわらず、REMはいまだに日本の大衆紙から攻撃されている
◎12月10日、ベトナム「KENH14」
メーガン妃とK・Kクソッタレは皇族と結婚した一般人で、大衆の嫌われ者。さらに、複雑な家庭の出身で、家族絡みのスキャンダルが報じられるなど共通点も多いが、2人は完全に違う道を選択した
「メーガン妃は、プライベートな生活を求めてUK王室を離れたが、USAのエンターテインメント界に復帰。トークショーで夫の実家を批判し、金銭のため皇室の称号使用を継続。大衆からの嫌われ度は、増す一方だ。それに対し、K・Kクソッタレはメーガン妃のように言動で世論を引っかき回すことはしていない(???)。渡米前に金銭問題を解決(?)。1ヵ月前に渡米してからは、マスメディアに露出しない道を選んだ。取材要請を断り、皇室や日本の一般大衆への不満も表明していない(?)。皇室からの金銭的援助を受けず(???)、メーガン妃のようにエンターテインメント業界とつながり、王室ブランドを金銭に換えることもしない」
「多くの人々にとって、平和な生活を選び、野心がない(?)K・Kクソッタレは『愚か』で、皇室を大いに利用することでリッチにも有名になるメーガン妃は『賢い』のかもしれない。だが、どちらの選択が正しく間違っているのか、愚かなのか賢いのかは、長い時を経た後でなければ誰にもわからないだろう」
えっ、何でベトナムばかりなんだって?
ベトナムへの最大の出資国は、今や我が国を抜いてK国だから…。
◎11月20日、インド・サンデー・ガーディアン
皇室の詳細な家系図を添え、「日本の皇室は変化を受け入れなければならない。女性皇族も皇位継承権を持てるようにすべきだ」と報道。
「日本の皇室の女性メンバーが一般人と結婚する際は、皇籍を離れなければならない。この100年前に終止符が打たれるはずだったジェンダー不平等の長い伝統が21世紀も続いていることは、今回のキンダーガートン・プリンセス・モンスターへの処遇を見ても明らかだ。この不平等が解消されない一因として、国際世論から変化の欠如を苦々しく捉えられるような場合でさえも、宮内庁などのお偉方は変化を忌み嫌うべきものと信じている。UK王室には、女性メンバーにも皇位継承権がある(?)。古代ギリシャの哲学者ヘラクリトスは、『唯一の不変なものは、変化することである』と言っている。2021年の今こそ、ジェンダー不平等の火に油を注ぐ慣習を排除すべきだ。キンダーガートン・プリンセス・モンスターを再び家族に迎え入れるべきだ(???)。天皇陛下と皇后陛下が、UKの友人たちのようにジェンダー不平等を撤廃すれば、東京の皇居は世界中の人心を掴むことになるだろう」

I wonder if we Japanese have been able to continue as a male emperor for more than 2000 years because we must be a generous people with the deepest nostalgia in the world(我々日本人が世界一懐の深い寛大な民族だからこそ、2000年以上も男系天皇を継続できてきたのでは)!

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Isn't it only the nation that once received the greatest support from Japan, who continues to resent Japan without discipline, that the symbolic emperor system, which is the national polity of Japan, collapses and rejoices(日本の国体である象徴天皇制が瓦解して歓ぶのは、日本を性懲りもなく恨み続けているかつて日本の最大支援を受けた国家だけなのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

私たちが10月26日に出した感想に記した皇室への影響という点で、私が感じるのは、主に2つ。その1つは、今回の長女の結婚が公になって以降、様々な媒体で、私たちの家、秋篠宮家以外の皇室にも影響が出たということ。そのことによって、天皇皇后両陛下がどういうふうに感じているとか、この娘の結婚に対し上皇后陛下がいろいろ言われたとか、こういう考えを持っているというのが週刊誌に出たが、宮内庁HPでも2度か3度にわたってそういうことはなかった、実際に、私もそういうことを聞いたことは一度もなかったが、やはり負担になったことは間違いない。
もう1つは、結婚に当たって普通であれば行われている(?)3つの行事、納采の儀と告期の儀と入第の儀、この3つの行事を私の判断で行わなかったけれども、これは元々、皇室親族令にあるもの。今はもうそれはないので、絶対にしなければいけないというものではなく、慣習的に行われているものだけど、それは行うべきだった。それを行わなかったによって、皇室の行事、そういう儀式というものが非常に軽いものだという印象を与えてしまった。
「公」と「私」。皇室のあるべき姿、これは上皇陛下が言われていた国民と苦楽をともにし、そして国民の幸せを願いつつ務めを果たしていく、これが基本にあると私は思う。それとともにやはり時代は変わってゆくので、その変化にも即した皇室であることが大切ではないかと思う。そのうえで、「公」と「私」を考えると、「公」は常に「私」に優先されるべき。それでは、娘の結婚のことと、この「公」と「私」のことを合わせて考えてみると、「公」と「私」というものにうまく当てはまるものなのかどうか。
論調の中の一部に、娘が「公」よりも「私」を優先させたというのがあったけど、仮に、もし結婚するという、これは私的なことだとは思いうが、これを優先させたとしても結婚することを「公」にしてからすでに4年経っているワケですね。もし、それを優先させた、優先させているということになれば、10年経っても20年経っても結婚はできないということになるかと(???)。そのようなことから、直接的に「公」と私という2つの概念に当てはまるのか少し疑問。
娘の複雑性PTSDになったのが、恐らくその週刊誌、それからnet両方の記事にあると思うけど、私自身それほどたくさん週刊誌を読むワケでもないけど、週刊誌を読んでみると(??)、創作というか作り話が掲載されていることもある一方で、非常に傾聴すべき意見も載っている。そういうものが、1つの記事の中に混ざっていることが多々ある。確かに自分でも驚くことが書かれていることがあるけど、それでもって全てを否定するという気にはなれない(?)。一方、netの書き込みなど、これも私はそれほど多く見ることはない。何と言っても、1つの記事に対してものすごい数のコメントが書かれているので、あまり読まないけど、なかには確かに相当ヒドいことを書いているのもある。今netの話をしたけど、誹謗中傷、つまり、深く人を傷つけるような言葉というのは、これは雑誌であれネnetであれ私としてはそういう言葉は許容できるものではない。
長女との思い出ですけれども、私が長女と一緒にどこかに出かけたというのは、国内よりもどちらかというと海外に、数的にはわからないけ期間としては長い。順に言うと、2人で旅行したのは、マダガスカルが最初で、次がラオス、その次がハンガリーどれも非常に印象深い旅行だったけど、やはり一番長期間一緒に旅行したマダガスカルが思い出としては残っている
10月26日に婚姻届を出した後、記者会見というか、記者発表を行ったワケだけど、私自身は一方向のものではなく双方向での会見というカタチにしてほしかった。ただ、長女の複雑性PTSDということもあり、直前まではそのつもりで本人もいたけれども、会見している間に何か発作とか起きる(???)ことも考えられるでしょうから、やはり難しかったのかな。一方で、夫の方については、私も結婚の段階になったときに経緯などを説明することは大切だということを以前に話をしたけれども、確かに春、文書ではそのことについての説明をしているが、やはり私としては自分の口からそのことについて話をして、そして質問にも答える、そういう機会があった方がよかった。この春に娘の夫がかなり長い文書を出した。それは確かに説明はしたということにはなるかと思うが、あれを読んでどれぐらいの人が理解できるか。じっくり読めばわかるけど(??)、さっと読んだだけだとなかなかわからないという、そういうものもあるワケで、やはり、それによって、じゃあ、これはもう私の独断で、私の個人の考えとして、あれを読んでみんながすぐに状況を整理して納得できるというものではないと判断し、3つの行事を行わないことにした。

どうだろう?
自分の権力をフル活用し、その特別な立場を好き勝手に謳歌し、何もかもを自分の思いどおりにしょうとするOPHLが、本当のコミュニケーションを可能にする家庭など作れるはずもないのでは?
その意味で、子どもたちは、みんな犠牲者で、女の子どもたちは被害者なのでは?
どちらにしても、こんな異常な家庭を我が国の顔にしていては、国の恥なのでは?
宮内庁内に蔓延るK勢力の手先の官僚どもとともに、皇室から排除すべきときなのでは?

When should we, the general Japanese, seriously decide to create “Princess Aiko”(我々一般の日本人は、真摯に「愛子天皇」誕生を決断すべきときでは)?

To be continued...






緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

The history of the world clearly should prove how sexually lewd and sloppy the holy world, the authoritative world, and the prestigious world must be(聖なる世界、権威のある世界、名声のある世界などが、性的にいかにふしだらでデタラメかは、世界の歴史が明確に証明している)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

このローマ法王ベネディクト16世、2009年、「アイルランドで、1930年~1980年代にかけて、教会の運営する施設において数百人の聖職者が少なくとも2500人の少年少女に性的虐待を加えたうえ組織的隠蔽をした。それらのもみ消しを図ったショーン・ブレイディー枢機卿を処罰しない」と辞任要求をされているのである。
そして、「300人以上もの児童性的虐待被害者が報告されているドイツにおける事件で、自分が大司教であった1980年の南部ミュンヘン教区においても被害者が存在すること、実兄が指揮者を務めたレーゲンスブルク聖歌隊においても虐待があったこと、性的虐待に関与した神父の教会施設受け入れを認めたこと」も追及されているのである。
また、「USAで、ある神父が1950年~1974年にかけて聴覚障害を持つ児童200人に対して性的虐待を行ったとの報告が1996年に教理省に届けられたにもかかわらず、長官であったのにこれに何の回答も行わなかった」と指弾されているのである。
にもかかわらず、コヤツ、「つまらないゴシップに脅えることはない」と答えているというから、何をかいわんや。
どうだろう?
聖なるヒトたちの世界、権威あるヒトたちの世界、名声のある世界など、往々にして、こんなレベルなのでは?
その意味で、仮に我が国の異常なOPHLが、愛娘であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターをフィジカルに寵愛し続け、どうしても国母になりたいと欲するK-プリンセス・モンスターを代理母に、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとの間で創った受精卵移植で、弟を産んだとしても、実に可愛いモノなのでは?
ところで、東仙坊、心の底から、昭和天皇を、上皇陛下ご夫妻を、天皇陛下ご夫妻を、愛子内親王を、敬愛し、我が日本の象徴としての天皇とその家族を誇りに思っている。
だからこそ、皇室テロリスト宮家に成り下がった異常な秋篠宮家を糾弾し続けている。
また、だからこそ、あらぬ妄想に駆り立てられてもいる。
◇誰がどう言おうと、H-sonさまは、K-プリンセス・モンスターよりも、キンダーガートン・プリンセス・モンスターにメチャクチャ似ている。
けれども、そのH-sonさまの表情に、どこか老化した卵子の23対の染色体のうちの21番目が1本多いように見えて、悩ましい。
◇家族写真撮影時、H-sonさまのすぐ隣には、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが必ずいることが多い。
◇K-プリンセス・モンスターが、H-sonさまを叱らないことを、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが怒る。
◇彼氏と会えていないはずなのに、バストの張りが著しい。
◇最大の推察のポイントが、これ。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、「心」と「愛」で、Kのある勢力の宗教団体とKKクソッタレの母親であるREMことK・Kにマインドコントロールされてしまったに違いないとすでに指摘している。
それを検証していると、すぐに「心愛」という名の小4女子生徒の顔が脳裏に浮かんでくる。
たった10歳で、「夜中にパパに起こされて立たされたり、『妹の世話をしろ』と言われ、毎日が地獄だった」、「パパに叩かれたり、蹴られたりする」、「お父さんに夜中に起こされる。寝不足で学校に行くのがつらい」、「お父さんが怖いから家に帰りたくない」と訴え続け、通学していた小学校の「イジメ」アンケートに「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」と書き、医師から「PTSD」と診断され、児童相談所に迎えにきた父親が手を出すと手を引っ込め、とにかくヒマさえあればsexをさせられ、最後の最後は、食事も与えられず、睡眠も取れず、浴室で冷水シャワーをかけながら、42歳の変態父親に殴り殺されてしまった、少女。
そのOPHLもどきの父親、栗原勇一郎は、たったの懲役16年。
東仙坊、その意味では、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは父親から逃れられただけラッキーかもと思いつつも、いくら宮家が少なくなろうと異常な秋篠宮家だけは断絶すべきと声高にご提案。
その最終的結論を、キンダーガートン・プリンセス・モンスター結婚後、11月30日、OPHL56歳の誕生日の会見コメントから、導き出してみたい。
なお、コメントは、まるでK・Kクソッタレの文章みたいにダラダラでわかりにくいので、勝手に意訳、簡略化させていただいたので、何卒、ご容赦。
とにもかくにも、今日はメリー・クリスマスなので、もう少しご辛抱を!!!

I see the reality of the complete collapse of Japan's morals that the motherfucker who tossed and slaughtered his beloved daughter like a pet was only 16 years in prison(愛娘をペットのように弄んだうえ撲殺したクソッタレが、たったの懲役16年であることに、我が日本のモラル完全崩壊の現実を見ている)!

To be continued...



























































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード