Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Even if an era in which individual human rights are important after giving up a hundred steps, a person who is not prepared to sacrifice it for the sake of “public” from the awareness of the imperial family should withdraw from the imperial family(百歩譲って個人の人権が大切な時代になったとしても、皇族としての自覚からそれを自ら「公」のために犠牲にする覚悟がないヒトは、自ら皇族から離脱すべき)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、いかなる理由があろうと、こともあろうに品性とモラルのある理想の家族、高貴で聖なる存在に近いことから敬愛され特別扱いされている皇族の家族が、自分たちの愛娘を、よりによってサイコパス型殺人鬼もどきのオンナ詐欺師のマザコン息子、リベンジ・ポルノ得意の卑劣な三流スケコマシオトコのK・Kクソッタレと結婚するのを許すなんて、正直、正気の沙汰とは思えないのでは?
イヤイヤ、どんな一般家庭だって、自分の息子や娘が結婚しようとする相手が、性悪なうえ信頼できないことがわかったとき、何が何でも破談にするのが、当たり前なのでは?
特に、今回のケースのように、結婚相手の母親が、高校生や大学生のころから自分のカラダを張って稼いだり、K国人の多い反社会勢力と懇意にし、大学卒業と同時に自分の親の家を買ってくれるような親が土地持ちの男性と結婚し、その夫が38歳で実に摩訶不思議な自殺をするやいなやその保険金と遺族年金を手に入れ、そして、その夫の両親を相次いで自殺に追い込み、知り合いの反社会勢力のオトコを使って遺産を手に入れ、家のローンの支払いが返済不要になり、さらに、夫の知り合いのオトコたちから再びカラダを張って金を手に入れていることがわかったら、死んでも結婚させなくするのが、一般家庭の親の責任なのでは?
ましてや、孟子が言う、「君主が仁であれば人民も仁徳を持つ人となり、君主が義であれば人民も義の徳に生きる」の見地から、その仁や義で国民から尊敬されることが存在理由である皇族には超えてはいけない一線が明確にあるのでは?
実際、母親のK・KことREMの元婚約者からの約400万円の借金だけでなく、父親を失ったK一家が気の毒と国立音楽大学附属小学校父兄や教職員からなる「友愛会」が無利子貸与型奨学金120万円だって、返済義務があるのに、「返済期限は決まっているけど、無利子だし、返さなくてもいいのよ」と貸し出し金回収については各家庭の状況に応じるという会則を逆手に取って支払わずに、メチャクチャ授業料の高い「カナディアン・インターナショナルスクール」に通学させた不届き千万の親子で、ICUからの奨学金融資制度での借り入れ約524万円だって残っているというのでは?
そ、そ、それなのに、皇室に尽くしている国民の心配や懸念を無視し、「実際に罪に問われている(?)ワケではないから」とか、「親としては娘の気持ちを尊重するべき(???)」とか、「ムリに破談させたら、娘の心に一生ものの傷がつく(?)」とか寝惚けたことをのたまい、破談にできないばかりか、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを皇室追放さえできないテイタラクは、普通の父親としても失格なのでは?
そもそも、普通の親なら、自分の子どもが結婚して家庭を持つと言い出したときにその収入のメドがなければ結婚なんていう寝言を言わせないのでは?
しかも、OPHLは、もしかした天皇になる可能性があるだけでなく、このままでは自分の息子は未来の天皇なのでは?
ということは、自分の娘の夫は、未来の天皇の愚兄になるのでは?
その権威と責任を、一体どこまで考えていらっしゃるのか?
それに、なぜかその愛娘、学生同士だったときのK・Kクソッタレからのプロポーズに、「私の心は決まっておりましたので、プロポーズはその場でお受けしました」と平然と答えたほどの生活感の欠如した勘違いハナハダシイ甘ちゃんだったのでは?
それより何より、なぜか秋篠宮家を完全に支配するK-プリンセス・モンスターですら、さすがに「お相手の方も問題のある方だから、娘は本当にバカなところがあって、そのへんもよくわからないので。私は非常に困っていて…」と愚痴っていたというのでは?
にもかかわらず、我々の血税で贅沢三昧の暮らしをしていただいている皇族でありながら、我々と同じ、イヤイヤ、我々以下のアブノーマルな家庭では、その暮らしを辞めていただくしかないのでは?
それはそうだと思わないか?
何もかもが我々一般国民と同じなら、少なくとも、フィクションに近いウソみたいに理想の家族ではないはず。
そう、皇族としての資格など全くないはず。
東仙坊、10月26日、そのバラのブーケを手にしたおバカ長女を、33億円の建築費をかけて改築中の赤坂御用地の隣にある約10億円をかけて新築した仮住まいという「秋篠宮御仮寓所」の玄関前で、「カラダに気をつけて」と送り出す、OPHL、K-プリンセス・モンスター、二女KKさまのシーンを観させられながら、思わず、この一家は完全に壊れているな…と呟くばかり。

It must be very nonsense to compare the fate of our Japanese royal family with other royal families who continue to perish(我が日本の皇族の行く末を、滅び続ける他の王族と比較してモノを言うことは、メチャクチャナンセンス)!

To be continued...





















緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Originally the king, the emperor in Japan might be a scapegoat. And sometimes the role is played by princes, princesses and court clowns. In Japan, which is a male emperor system, a princess who doesn't give birth to a boy is likely to be the scapegoat(もともと王、我が国では天皇は、スケープゴートにされる存在なのかも。そして、その役目は、ときどきプリンスやプリンセスや宮廷ピエロが担わされるとか。男系天皇制の我が日本では、男の子を産まない妃がそのスケープゴートにされやすい)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

④秋篠宮家が、なぜ急に長女キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレとの結婚を認めたのか。
それは、もちろん、2人のバカップルのためではない。
実質的な「内廷皇族」として、皇統を引き継ぎ、皇位継承順位1位、皇位継承者2位の2人を抱える筆頭宮家になることののプライドと余裕から、まもなくご退位なされる平成天皇陛下と皇后陛下に、初孫の結婚による「朝見の儀」をやっていただき、歓んでもらおうと点数稼ぎを安易に考えただけ。
実際、2017年6月9日、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が成立し、2019年4月30日限りで平成天皇陛下と皇后陛下がご退位されることが決定。
それを受け、7月8日予定だったのに九州北部豪雨被害を受けて延期されていた、2017年9月3日、祖父の平成天皇陛下の「裁可」を得て婚約が内定し、それを宮内庁長官山本信一郎が正式発表し、赤坂御用地内の赤坂東邸で婚約内定会見が開催されたのである。
では、なぜ平成天皇陛下は、ご退位をお望みになったのか?
自分の年齢が、87歳で崩御なされた父親である昭和天皇の年齢に近づいただけでなく、このままでは、昭和天皇の年齢を超えて死ぬまで天皇としてのメイン・ジョブである宮中祭祀をやり続けなければならないというプレッシャーと戦っていらっしゃったというのである。
事実、数年前に、平成天皇陛下がご退位を打診なされたときは、政府や官邸が、認めようとしなかったとか。
そのために、平成天皇陛下は、自ら国民に直接語りかけるという行動をお取りになったのである。
というのも、我が国には、天皇がお代わりになると、年号が変わるという祭祀的な意味合いも持つ伝統があるからである。
それゆえ、ご退位が簡単ではない面があることも確か。
けれども、ご高齢のうえ数々ご病気をなされているお二人を心から敬愛しているがゆえに、ゆっくりとお二人に余生をお過ごしいただきたいと、我々日本国民は受け入れたのである。
秋篠宮家が、長女キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレとの結婚を認めたのには、まだ理由がある。
自分たちが未来の天皇を抱く筆頭宮家であるという圧倒的に優位なポジショニングを、他の宮家にひけらかすためのイベントとして、2人の結婚を活用し、燻る女性天皇や女系天皇容認派を牽制し、仮に女性天皇や女系天皇が採用されても、自分たち秋篠宮家には、まだ二女までいるとPRすることにもなるからである。
実際、もし女性宮家が創設されることになれば、女性天皇の最有力候補は二女のKさま。
また、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに男の子でも産まれれば、そのアドバンテージの確保はほぼ完璧。
と、と、ところが、コトは、傲岸不遜な秋篠宮家の思惑通りには進まなかった。
それはそうである。
秋篠宮家、イヤイヤ、厳密には、K-プリンセス・モンスターの実家K家を全面バックアップしているある勢力、それと同じ目的を持つK・Kクソッタレの母親であるREMことK・Kを全面サポートするある勢力の両方の目的と戦術が合致し、その双方がK-プリンセス・モンスターに教唆したからの婚約内定。
しかも、K-プリンセス・モンスターの強い要望から、OPHLが、宮内庁に詳細を説明しないまま、強引にセッティングした婚約内定会見。
それゆえ、その直後に、すぐさま、K・Kクソッタレの母親であるREMの金銭トラブルが発覚しても、皇室や宮内庁は、何の手も打てないどころか、指をくわえて見て見ぬフリをするだけ。
そして、秋篠宮家にその処理を任せっきりで、解決に向けて奔走することもナシ。
そのうえで、ひたすらキンダーガートン・プリンセス・モンスターか、K・Kクソッタレのどちらかの心変わりを祈るだけ。
どうだろう?
皇室や宮内庁の怠慢と無能、秋篠宮家の異常さと傍若無人ぶりには、正直、呆れるというよりも、衝撃を覚えないか?
その皇室や宮内庁のどの組織のどの人間も、その自分の個人の金の大元は、我々国民の血税なのでは?

If the parents had properly educated her about what she should be as a royal family, even the princess wouldn't have acted at least to disappoint the people(皇族としてのあり方を両親がきちんと教育しておけば、皇女でも少なくとも国民を失望させるような行動を取ることはなかったはず)!

To be continued...




緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If you are a parent, would your daughter marry a debt-ridden asshole who has no fixed income(アナタが親なら、自分の娘が定収入も決まっていない借金だらけのオトコと結婚させますか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

②いくらヨダレをダラダラ垂らしたK・Kクソッタレでも、さすがに学生同士での結婚はムリだと諦めたようだ。
ただし、2013年、自信満々にキンダーガートン・プリンセス・モンスターにプロポーズできたのは、前年の2人の海外留学が重要なポイントになっている。
K・Kクソッタレは、すでに巷間知られているように母親のフィアンセに強請ってUCLAに留学。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、スコットランドのエジンバラ大学に留学。
それで、東仙坊、メチャクチャ気になることが、1つ。
エジンバラ大学は、かなりレベルが高く、相当クレバーでなければ入れないと聞いたことがあるからである。
確かに、UK王室との繋がりが深いこともあるだろうが、やはり、日本の皇族であることと、かなりの公金が投入されたからとしか思えないのだが…。
ともあれ、この間に、バカップルが、心身ともに(!!!)バカップルになったことは間違いナシ。
何しろ、LAXからエジンバラまで、飛行時間12時間ぐらいかかるけど、フライトがいっぱいあるうえ運賃は5、6万円と格安。
隠し撮りも得意なK・Kクソッタレが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのいろいろな映像や写真、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとのいろいろな映像や写真を撮ったことも間違いナシ。
それは、2014年、「エリート主義に陥らないエリート」を輩出するとUKで人気のレスター大学大学院博物館学研究科に留学し、なぜか
学生寮で生活したことで、より親密になったはず。
ちなみに、こちらも、成田から、飛行時間12時間+1時間。
それゆえ、K・Kクソッタレは、余裕でプロポーズしたはず。
しかし、さすがに学生同士での結婚生活プランナシのままでの結婚には、周りはもちろん、いくら22歳同士のバカップルの2人でも多少の逡巡があったのか、そのままいったん立ち消えになったご様子。
それで、ちょっと気になる2人をよく知る(?)ICU時代の学友の証言が、これ。
「しばらく音沙汰ないので、今現在はどう考えているか推測ですが、高円宮家の絢子さまが結婚された際には、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、『先を越された!」と混乱状態になって、そのことは笑って話していましたね。高円宮家や他の宮家から反対されていることも、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを通じてK・Kクソッタレも知っていると思います。久子さまの要望に、K・Kクソッタレだったらどう答えるかな。たぶん『土下座謝罪? キンダーガートン・プリンセス・モンスターなら喜んじゃうでしょ」とでも答えるかもしれません。学生のころですが、『キンダーガートン・プリンセス・モンスターは謝る経験がないから、なんてこたないことで責められるだけで、すぐ混乱する。オレが謝れ! 謝れ! って言うと、涙流して喜んでるんだよ』ってK・Kクソッタレがよく話していたので…」
ともあれ、東仙坊、K・Kクソッタレのバイオグラフィーのなかで、コヤツが根っからの三流スケコマシだと思わされるのが、2011年、 ICU在学中に、アナウンサー養成学校「テレビ朝日アスク」で、3ヵ月間「アナウンサー基礎科」を受講していたということ。
どうだろう?
名声と富の一石二鳥を狙って、もしキンダーガートン・プリンセス・モンスターがうまくこませなかったら、売れそうなアナウンサーの卵でもターゲットにしようと考えていたのでは?と思うが、どうだろう?
③東仙坊、OPHLに溺愛され、OPHL以外に知った初めてのオトコであるK・Kクソッタレを本当に愛していたかに関しては、かなり懐疑的である。
せいぜいヤンキー風蟻地獄型アプローチにハマってしまったキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、コイツから逃げることは難しいと諦めると同時に、とにかくこの家を一刻も早く飛び出したい、父親であるOPHLの手から何が何でも逃げ出したい、そして、自由になりたい、そのためにはコイツと結婚することを大義名分にするしかないと考えた程度だと感じている。
一方、K・Kクソッタレは、どこまでもK・Kクソッタレらしく、オレは母親の元婚約者のようなバカじゃない、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの秘密は完全に握った、それどころか、皇室を簡単に吹き飛ばせるぐらいのC-4プラスチック爆弾並みの皇室の秘密も握った、もう、オレに怖いものはない、オレの天下だ、オレは日本一の億万長者のようなものだと余裕綽々だったに違いない。
そんなとき、2017年、突然、2人にOPHLの方から、思わぬ提案があった。
な、な、なんと結婚を許すから、2人で婚約内定発表記者会見をしろ!!!というのである。
間違いなく、K・Kクソッタレは、不気味な母親であるK・K、REMとワールドシリーズを制覇したチームのナインのような大歓声を上げていたはず。

The reason why the mother who succeeded in aiming at the royal family finally allowed her to marry an asshole who aimed at her daughter is because the K forces in the back agreed with each other(皇族の狙い打ちに成功した母親が、自分の娘を狙い打ちにしたオトコとの結婚を最終的に許したのは、バックのK勢力同士の思惑が一致したからなのでは)?

To be continued...







緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Did you forget that the lower rank masher who was reported as if it were the egg of a lawyer in New York, proposed to the princess when they were both students(まるでN.Y.の弁護士の卵かのように報道されている三流のナンパ師オトコが、皇女に対し二人とも学生の時代にプロポーズしたことを忘れていないか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、ある勢力の影響下にある平民(?)母親のK・Kの娘であるK-プリンセス・モンスターの長女キンダーガートン・プリンセス・モンスター、同じくある勢力の全面バックアップを受ける平民(?)母親K・KであるREMの一人息子K・Kクソッタレ、2人の低俗な結婚問題を、REMとK・Kクソッタレの借金問題にすり替えてしまっている我が国の情けなくてみっともないマスメディアに激高している。
それこそ、この国も、とっくに中国の軍門に降り、おバカマスメディアに報道規制、言論統制でも敷いているかのごとし。
誰がどう言おうと、このバカップルの問題の根本は、天皇陛下の姪であり、上皇陛下ご夫妻の初孫であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、その皇族の一員である内親王としての自覚も全くないまま、できれば聖なる皇女であってほしいという国民の淡い期待まで裏切ったばかりでなく、その長い間守られてきた皇室の伝統を泥水の中にブン投げ、せっかく我々平民が我々とは違う雲上人たちの聖なる世界とおもんぱかっていた皇室の権威さえも踏みにじって、金も欲しさ剥き出しのヤンキー型三流スケコマシに我々の血税を捧げるような結婚をしようとしていること自体。
そう、皇族の結婚には、それなりの関門があって、人間としてパーフェクトでなくとも、家柄や学歴、特に品性を重視し、最後に天皇陛下が納得した相手と結婚する確固たる伝統と権威があったはず。
えっ、恋愛は自由だって?
そう、それこそが、今回の一番のポイント。
皇室の明確な一員でありながら、「所詮、自分はただの実兄の控え役」とヘンリー王子のようにイジけたのか、なぜか一般家庭のように自主性を重んじ、皇族らしからぬプライベートな自由を謳歌する秋篠宮皇嗣殿下、そして、その放埒な嗜好の犠牲者になりつつも、ある勢力から命じられたミッションを遂行しようと、メンタル・バランスを欠きながらヒステリックにその皇統を守ろうと躍起になっている秋篠宮皇嗣妃殿下、そんな両親の下で、子どもたちが品性の高い平常心を保つことがどれほど困難なことかは想像にたやすいのでは?
何しろ、秋篠宮皇嗣殿下ともあろうお方が、憲法第24条「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない/②配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚ならびに婚姻および家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」を引き合いに、まるで一般国民のような結婚観を述べられていらっしゃるのでは?
それだったら、天皇も、憲法第10条「日本国民たる要件は、法律でこれを定める」に規定された日本国籍を有する「日本国民(国家構成員としての国民)」でありながらも、憲法第1条「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」に明記されているように、主権者としての国民ではないということを意味を十分にご理解なされていらっしゃるのか?と言いたくならないか?
我が国の国体である天皇は、「国民の象徴」として、自分の個人の幸せを追求するのではなく、自分を律しひたすら国民に尽くす特別な存在だからこそ、そして、その皇族たちも、我々一般国民よりもはるかに高潔で気高く聖なるモノに近い存在だからこそ、我々日本人はずっと真摯に敬愛し、雲上人であるがゆえに我々が献身する血税でお暮らしいただくことに何の疑問もなかったはず。
それほど、今まで、天皇は、日本国民と強固にしっかり結びついてきていたはず。
だからこそ、日本を貶めようとする勢力は、天皇の地位と権威をグジャグジャにしようと試みてきているのである。
どうあれ、極論すれば、いかなる時代でも聖なるモノに近い存在とされてきた天皇、そして、その皇族が、我々一般国民と同じように低俗化してしまったら、そう、我々平民と変わらぬ情けなくてみっともない存在になってしまったら、せっかくの我が国の国体である天皇も、そして、皇族も存在価値がなくなってしまうはず。
その意味でも、紛れのない皇族の一員で、なんと内親王であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、ゲスの極みであるK・Kクソッタレと結婚したことは、我が国の象徴天皇制そのものを破壊する行為とも言えるはず。
その点に十分留意しながら、もう一度、このバカップルの結婚までのプロセスを詳細に考察すべきだと思うが、どうだろう?
2人は、交際して、たった1年で、K・Kクソッタレの方から、キンダーガートン・プリンセス・モンスターにプロポーズしているとか。
つまり、まだ2人ともICUの学生であったときなのである。
ということは、K・Kクソッタレは、すぐにキンダーガートン・プリンセス・モンスターがOKしたら、どうやって結婚生活を送るつもりだったのか?
誰がどう考えても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに全面的に強請るつもりだった以外になかったと思わないか?
そう、皇族だからこそ浪費できる自分の公金であることも全く自覚していないキンダーガートン・プリンセス・モンスターの持ち金を一点に狙って…。

Isn't the imperial family living dignifiedly and gracefully with our blood tax because we the general public could respect them(皇族は、我々一般国民が尊敬できるからこそ、我々の血税で堂々と優雅に生活していただいているのでは)?

To be continued...


















緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Shouldn't the real Japanese people categorically prevent the royal females, who are the national polity of Japan, from being struck by the poisonous fangs of the motherfucker who is the scammer of the century(本物の日本国民なら、我が国の国体である皇族女性が、世紀のペテン師であるクソッタレオトコの毒牙にかかってしまうのを断固阻止すべきだったのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

①キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、ICUの大学時代にK・Kクソッタレとつき合い始めている(2011年? or 2012年?)。
コヤツには、将来、天皇になると思われる15歳年下の弟がいるのである。
ということは、本人が望もうが望むまいが、天皇の姉になる宿命にあるのである。
では、コヤツには、皇族としての自覚だけでなく、その宿命に対する責任がどこまであったのか?
それ以上に、我が政府は、そして、宮内庁は、それから、コヤツの面倒看る秋篠宮家の担当は、イヤイヤ、一般家庭だって同じだと思うがコヤツの両親は、愛娘がつき合っているオトコをどこまでさりげなくどこまでチェックしたのか?
昔と違って、我が政府が、宮内庁なるものが、ロクでもない官僚どもの吹溜りになっていることは、事実。
事なかれ主義一辺倒で、品性もプライドもない、それこそ、一般家庭よりもレベルの低い皇族にガツンと諫言できるような宮内庁官僚など一人もいないのでは?
そんなことだから、得意の忖度や迎合やオモネリばかりで、「皇族の家庭」から「異常な家庭」になっても、我関せずなのでは?
さて、異常な両親に、甘やかされ放題で育てられジコチュウ剥き出しの未成熟なジコチュウになったキンダーガートン・プリンセス・モンスター、ジョン・レノンが歌うところの典型的な「クリップルド・インサイド」。
おそらく恋愛経験もほとんどナシ。
それゆえ、人を見る目はもちろん、男を見る目など皆無に等しかったはず。
一方、ある勢力が後ろ盾につくK・Kクソッタレの母親K・K、いわゆる「Resident Evil Mother : REM:内に潜む鬼母」の完璧なる「鵜」であり、パペットであるヤンキー崩れの三流スケコマシの得意技は、「カナディアン・インターナショナル・スクール」仕込みのフィジカル・アプローチ。
それだけじゃない。
可能な限り金のありそうな女性ばかりを狙ったうえ、その模様を卑劣に十八番の録画や録音し、ときにはリベンジ・ポルノとして脅迫するほどの最低のクソッタレ。
それはそうである。
胡散臭いある勢力、そして、自分で稼がず、自殺した夫の保険金や遺族年金、自殺した夫の父親の遺産を反社会性力を使って奪ったり、そして、夫の友人と婚約して金を絞り出すようなオンナの息子が皇族関係者になるというのである。
しかも、その金がほぼ自分のために使われている事実を知りながら、借金ではない、もらったものだと臆面もなく言い切る鉄面皮。
そう言えば、秋篠宮皇嗣殿下が目指すところの一般の人間が、とりわけ、男性が結婚で一番悩むのは生活力と経済力。
その点から言えば、このK・Kクソッタレ、婚約内定を発表したとき、結婚生活を送れるような稼ぎはナシだったはず。
経済観念にルーズな人間は信用されないという定石からすれば、よくこんなオトコをボーイフレンドに選んだだけでなく、何を考えて結婚までしようと思ったのか?
少なくとも、皇族の一員というだけで公益財団法人などの総裁職に就いたりしたぐらいで錯覚し、一般の人間たちが懸命に労働し、何かの生産に携わり、あまり高くはない賃金を手にして必死に生きているというのだということを全く理解していないことだけは確か。
そして、その労働活動や生産活動や経済活動のなかで、いろいろなトラブルやコンペティションに巻き込まれたりして、そのストレスやフラストレーションで苦しむことなど想像だにできないことも、確か。
もっとも、そんな一般社会、それこそ、低俗な世界とは無縁な世界だからこそ、皇室と言えるのでは?
だからこそ、我々一般国民、イヤ、平民が、毎日あくせく働いたお金でリスペクトされながら皇族の方々に生活していただいているのでは?
そう、我々一般国民の低俗な世界とは明白に異なる、清廉潔白で、崇高で、理想の聖なる家族で、我が日本の国体である皇室のスピリチャルな存在そのもの。
それこそ、我々の一般的に生活する次元とは違う、別の次元にある高みの世界だからこそ、我々が畏敬してきたはず。
だからこそ、今や、このジコチュウだらけになった世界に、唯一無二存在できているはず。
その見地から、このすっかり劣化した世界で、男女同権とか、LGBTとか声高に叫んで大騒ぎしている明確に我が日本人のような高レベルの精神性を持たないヒトびとが、我が国の皇室の存在意義などハナから共感できるわけもナシ。
それはそうだと思わないか?
干魃や洪水や戦乱で、住居も、仕事も、食べ物すらないのに、子どもを産み続ける動物ごときの人間とは名ばかりのヒトびとに、人道支援(?)することで自己満足しているヤツらがゴマンといるのが実状なのだから…。

If a father who allows his child to have a free love like the general public, not only to become an emperor, but also to become an emperor's father, the symbolic emperor system, which is unique in Japan's world, will collapse completely(我が子に一般国民のような自由恋愛を許可するような父親が、天皇になることはもちろん、天皇の父親になることを許したら、せっかくの我が国の世界に類のない象徴天皇制は完全に崩壊する)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード