Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-12  愛知一宮クレーン吊り下げ殺人事件

I am wondering why the murderer could hang the victim higher more in the air(なぜ殺人犯は、もっと空中高く吊るさなかったのだろう)?

東仙坊、どんどん健忘症?認知症?脳梗塞?それすらが解らなくなるほど記憶が定かでなくなっている。
クレーンに吊らされるアクション映画が何だったか?ずーと思い出せなくて、ここ何日間、歯痒い気分。
誰か助けてクレーン!と、ありきたりのことしか浮かばない。
なぜか辞世の句なんて意識したせいか、すぐにターミネーターがチェーンにぶら下がりながら「I will be back」って言ってるシーン、ETが天を指しながら「ET go home」と言っているシーンばかりが思い浮かぶ。
もっとも、はっきり思い出さないほうがいいような事件が実際に起きた。
好事も無きに如かず…のほほんと好々爺を目指し、じっくり世直しなんて考えていたら、「クレーン吊り下げ殺人のプロファイリングは?」と、また悪魔の囁きのようなメールを受け取ってしまった。
今の我が国では、何ごともない、いいことさえない平穏な暮らしさえ無理なのかも…。

■現時点で知りうる限りの断片的概要

愛知県、イヤでもこのことを念を押さざるを得ない。
極悪非道な犯罪が、またしても愛知県で発生した。
9月1日、午後9時5分頃(?)、愛知県一宮市で、金属加工業経営者(不動産業も)の男性(57歳)が、金属ワイヤで2重に首を巻かれ、工場内のクレーンのフックに引っかけられ、地面に足が着くか着かないかの高さに吊るされ殺されるという事件が起きた。
司法解剖の結果、死因は窒息死。被害者の額や下あごには、鈍器で殴られたときにできる深く割れた傷があり、目の回りにも激しく殴られたような打撲痕。
クレーンの下に血だまり、そのほか数カ所に血痕。
被害者の左腕だけに擦り傷があり、動けなくなった状態で10m位は左側を下に引きずられたらしい。
工場内で、殴った凶器と見られる工具も2つ発見(?)。
発見当時、被害者は作業着、工場の入口の引き戸は開けっ放しで、灯は点いたまま。
現場は、JR東海道線尾張一宮駅から北東2.5kmの住宅街。
被害者は、隣接する豪邸で、母親(85歳)と2人暮らし。数百メートル離れた別宅に、妻(53歳)、長男(19歳)、妻の母親(81歳)。
この奇怪な事件は、犯人らしき若い男(?)が、午後8時54分、友だちと一宮市内のゲームセンターで遊んでいる長男に、被害者の携帯電話から、「工場に来い。いいもの見せてやる」と電話が入り、工場に着いて、ぶら下げられた父親を発見したことで事件が発覚。
工場に着くまでの約10分間に、5回ぐらい電話があり、「オレの女に手を出したから、焼きを入れた(?)」、「借金をさせられた(?)」、「次はオマエだ(?)」などと強い恨みがあることを伝えたという。
午後9時10分、女性の声で「降ろしてください」と119番通報があり、救急隊員が現場に駆けつけると、長男が心臓マッサージをしていたという。
なお、この工場は従業員3人。当日、その長男は午後4時まで工場で一緒に働いていて、午後6時ぐらいに家族(?)が被害者が働いていたのを確認しているという。
また、そのクレーンはコンピュータ制御で、慣れていないと使えないという。
さらに、ちょうど犯行時間頃、工場向かいの公民館駐車場に、見かけぬ青色ワンボックスカーが駐車していたという情報もある。

■この事件に感じられるいくつかの疑問点

①被害者携帯には、いろいろな発信歴があるだろうに、なぜ長男に電話をしたのだろうか?
仮に言われているように、次に長男がターゲットだとしたら、呼び出した時点で、なぜ同じように殺害しなかったのか?
つまり、まだ事件は発覚していないのである。
仮死状態の父親を見せ脅迫しながら、同様にいたぶるのが常道では?
それより、長男を本当に恐怖におののかせたかったなら、なぜ発覚前に電話したのだろうか?
予期せぬ出来事にさせるべきでは…。
そのためにも、電話をするなら、すぐそばにいる被害者の母親か、妻ではないのか?
確かに、こんなモラル喪失の時代、50代後半の被害者が、長男の周りにいる滅茶苦茶若い女性に金を使って手を出すこともあるだろう…。だとすると、金をさらに要求するために悪戯することがあっても、殺害してしまうのはやり過ぎの感ではないか?
もう一度確認しよう。
発信歴、もしくは携帯電話内の電話帳で、長男の電話番号が解るということは、すでに知っていたか、被害者が長男の番号と明確に解るように登録していた以外にありえない。
凄く可笑しいと思わないか?

②長男は電話をゲームセンターで受けたというが、ゲームセンターにいることを知っていたのか?
それよりも、ゲームセンターは五月蝿くて、電話は聞き取りにくくなかったのか?
もっと言えば、ホシが、長男が隣接する本宅(?)か別宅にいるとは絶対に思わなかったのは、なぜなのか?
そして、ゲームセンターと工場との距離は、そんなに近いのか?
ゲームセンターで遊んでいた19歳の若者が、父親の電話を何なんだよウルセーヨと無視せず、しかもそれが父親ではなく見知らぬ若い男(?)のワケの解らない内容の電話だったのに、どうして押っ取り刀で、たった10分もかからないうちに工場に駆けつけたのか?
工場に戻る前に、そんな電話を受けた時点で警察に通報するのが普通の神経だと思わないか?
凄く可笑しいと思わないか?
ところで、その一緒に遊んでいた友だちは当然工場へも一緒に行ったのだろうか?

③犯人は怨恨と脅迫を兼ねて、前代未聞のマンガチックな殺し方をしたのに、なぜ、空中高く死体をブラブラさせなかったのだろうか?
なぜ、地上スレスレの位置に吊るしたのか?
考え方によっては、意識のあった被害者にとっては、それの方がより凄惨な気がするが、次のターゲットの長男にとっては、高くブラブラさせられたほうが大きな恐怖だったのでは?
周りから発見されることを恐れたのだとしたら、長男に電話するかなり前に、犯行を終えていたことにならないか?

④長男は工場に戻ったとき、なぜ、すぐに自分で警察や救急車に自分で連絡しなかったのか?
間違いなく母親かどちらかの祖母に連絡をしたからこそ、119番は女性の声になったのではないのか?
ところで、それは誰?
まさかそれ以外の女性では…。

⑤被害者は見るも無残なボコボコ状態だったのではないのか?
なのに、なぜ救急隊が到着する前に、クレーンから降ろして、心臓マッサージをしたのか?
ここに、あの大阪守口乳児殺人事件と同じ可笑しさを感じるのは、東仙坊だけなのか?
すなわち、一体誰がその被害者の残酷無比な現場状況を見たのか?
凄く不思議だと思わないか?

⑥長男は、なぜ午後4時で働くのを止めたのか?
バカ息子だから甘やかしていたのか?
では、それから午後8時54分まで、どこで何をしていたのか?
まさか5時間近くもゲームで遊んでいたわけはないと思うがどうだろう?
長男の詳細なアリバイは?

⑦119番連絡したのは、被害者の妻ではないのか?
そして、午後6時に被害者に連絡をしたと言っているのも、同じなのではないのか?
つまり、被害者のウソのような異様なクレーン吊り下げを見たのは、長男と被害者の妻だけではないのか?
被害者の妻のアリバイは?

■東仙坊がプロファイリングするこの事件の犯人像

①ホシは、被害者に我慢できないほどの怨念を持っていて、堪忍袋の緒が切れて、衝動的に殺害したのである。
被害者は近所でも評判のガリガリ亡者なうえ、徹底的な成り上がり者的利己主義者。
こういう犯罪でいつも憤怒し続けてきた、東仙坊、今度は目を、耳を疑うほど近所の人たちが普通のいい人とは答えず、イヤなヤツだったと答えている。

②ホシは、自分の大切だと思っているヒトの分まで、被害者に対し激怒していたために殺害後、さらに、被害者をいたぶりつつ、犯行を偽装している。
多分、この自己中心的な成金の被害者、言われているように女性問題もたくさんあるに違いない。
しかし、それなら、命より奪おうとするものがほかに絶対にあるはず。

③ホシは、心情的にコンセンサスの取れた2人による共謀殺人。最初からなのか、どちらかが発作的に殺害したため慌てて後から偽装しようとしたかは、まだ明確ではない。
ただ、ホシは、精神的にも、物理的にも、かなりの苦痛を味あわされていたに違いない。
未熟な人間が、母親っ子、お婆ちゃん子が、道義的な矛盾を感じたとき、母親のために、お婆ちゃんのために許さないと逆上したのが顛末では…、息子と一緒に、あるいはやってしまった息子をかばおうと、また逆に母親をかばおうとして…。
東仙坊、また勘が外れて欲しいと心から願っている。

Sometimes the ignorant son should be excited to kill the own father for the own mother (時々、母親を思うあまりに父親を殺す未熟な息子はいる)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード