Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-15  中大教授刺殺事件reexaination (再検証)-2

I think this must be just his reason to kill his own proffesor(これこそがクソッタレの殺人動機)!

東仙坊、まずホシである山本竜太なる28歳の若者の表情に、鳥肌を立てた。
酷似している、あの名うてのクソッタレたちと、理屈抜きに同じインプレッションを感じる…。
清田龍也、馬込政義、金川真大、加藤智大、星島貴徳、とりわけ酒鬼薔薇聖斗や光市母子殺人犯(2人とも、なぜか親切な方が教えてくれた?)と瓜二つに感じてしまうのである…。
愛する我が国に、一体何が起きているのか?
本当に悲嘆に満ちた気分にならないか?
書き続けてきたウイルスじゃないが、人間と非人間の間にいるイソウロウのような気がしてきて、戦慄を覚えている。
いつのまにか、この国には、「アンデッド」にかまれた「アンデッド」が溢れかえってしまっているのかも…。

ともあれ、本題に入る。
東仙坊、すでにプロファイリング-15 中大教授刺殺事件を実行している。
そこで、それと比較対照しながら、詳細に再検証してみたい。

まず、「このホシは自分のガールフレンドを被害者に寝取られたcocu(コキュ)のような若者」と直感したと書き込んでいたが、どうやら的を得ていないかも…そんな気のきいた風合い(?)など微塵もないのかも…。
ここには、当然、教授の教え子が共通のガールフレンドという意味を込めていたつもりだったが…
ところが、あのホシの表情を見てしまうと、いくら物好きが増えている時代だとしても、もしかするとそれはちょっと…?と懐疑的になってしまったからである。

■東仙坊がプロファイリングする、本物の男になれず、未熟なオトコである犯人像!?

①……被害者は、午前10時頃1階の警備室で鍵を受け取り、5分後に4階で学生と顔を合せ、その後15分ぐらいでトイレに行き、犯行に遭遇。
犯行時間10分前、個室に誰もいなかった状況は、証言されている事実。
男子トイレの隣には女子トイレがあり、その隣にはエレベーター。被害者の教授室は、そこから20~30m離れた廊下の一番奥。
血液反応で、ホシは被害者が倒れた後も執拗に刺し、返り血を浴び、自分もケガをして、階段で下まで歩いて逃走、。
被害者の両腕にいくつかの防御瘡があるのに、悲鳴や物音を誰も聞いていない事実。
……学校は試験前で、教室に寝泊まりしている学生までいたこと。
トイレの別名は、「ご不浄」。
誰が考えても、2人きりになれる教授室でなく、他人が出現するリスクがあるトイレでの凶行に、ホシの強い殺意
だけは明確。
実際に、ホシはトイレの中で待ち伏せしていたと自供。
ここまでで、ホシがこの学校の構造に熟知していた、学校の生徒だと十分に暗示していたつもりだったが、卒業生だったということで、これはほぼクリアしている。
それこそ、心中してもいいぐらいの覚悟なのに、できたら逃げ切りたいとも考える身勝手な復讐の鬼に化した未熟なバカと感じるが、どうだろう?
どちらにしても、犯行方法は、恨み骨髄でもマンガチックで稚拙な逆上型。
ここは、まさにその通りだったと思うが、そうだとすると、典型的サイコパスによるアスペルガー装い犯罪になってしまうと思わないか?

②……表面上は、誰もが羨むような絵にかいたようなサラブレッド(?)による典型的セレブのハッピーファミリー(?)。
実際、またしてもかと言うような、「あんなに温厚で静かで慕われたいい人が…」のオンパレード。
……
「一体どんな性生活をしていたのか?というより、どれだけ女子大生にもてたのか?」。
こんな時代なのである。
援交、買春・売春、セクハラ、不倫、何でもありと思うがどうだろう?
どちらにしても、ほとんど被害者の意のままだったと思わないか?
その意味で、最初は、プライドを傷つけられた妻が送った刺客だとさえ感じたのである…。
つまり、この夫婦はとっくのとうに仮面夫婦だったと考えるのが、自然だと思わないか?
これこそが、うがちすぎの東仙坊の嫉妬、羨望なのか?
正直、凄く息苦しい生活だったに違いないと同情したくならないか?
実は、正直、この側面を今だどうしても全面否定できない。
これこそが、もう一度プロファイリングしたくなった一番の動機。
このクソッタレの表情を見た瞬間、本能的に、もしかして?という新たな直観が生まれたからである。
ホシは、不幸にも(?)、両親を亡くしている。
何と13歳という多感な思春期の時にである…。
しかも、その後が、祖母と兄との3人暮らしだったという。
顰蹙を覚悟で率直に言うと、肉体的(?)にというより、少なくとも精神的には間違いなくホモセクシャルのような関係があったのかも…と感じてしまうのである。
その根拠の一つに、40代男性と自宅で同居していたということもある。
ホシが「先生」と呼び、動機を「今は言えない」と生臭く横柄に言っているということもある。
それ以上に、被害者の雰囲気に、どうしても何かそういう匂いを感じてしまうからである。
さらには、いくら一方的にだったとしても、これだけ恨まれていたことをごく一部の生徒が知りながら、身内や近い周りが知らなかったことは、凄く不自然だと思わないか?
そこに、東仙坊、どうしても、被害者の意識的隠蔽、家族や周りに対するモラル的「未必の故意」、つまり、immoral(インモラル:背徳)のlove・affair(ラブ・アフェアー:不倫)を感じてしまうのである。
もちろん、彼女寝取られ説だって、まだ完全消滅したわけではない。
どちらにしても、クソッタレが、2年前から自宅近くのホームセンターでアルバイトをしながら、1年半前から、事件当日を含め、逮捕される1ヶ月前まで、どこで誰と住んでいたかが、重要なポイントになると思うがどうだろう?
とりわけ、事件前、いや、事件当日、どこからきて、どこに帰ったのか?
そして、事件後、一ヶ月半前まで、どこで誰と暮らしていたのか?
事件当日、実家からきて、実家に帰ったと、ホシは自供している(?)というのだが…。
もしかすると、司直の手が伸びたのを感知したホシが、迷惑をかけたくなくて、実家に戻ったということではないのか?
その点で、どうしても最初の直観もまだ捨てきれないのである。
こんな大学教授に、自分勝手に信じていた(?)ガールフレンドが食べられていたと知った、あるいは聞かされた(?)、ごく普通の虚弱な若者(ばか者?)は、一体どんな反応をするのだろうか???
おそらく100人が100人、自分のことを棚に上げ、「ふざけるな。今に見ていろ。目にもの見せてやる」と短絡に直情的に思い込むに違いない。
だからこそ、被害者のステイタスのすべてである大学内での犯行
だったのでは?
それが、本物の恋愛を知らない未成熟なオトコだったら、なおさらだと思うが、どうだろう?
世の中に平等があると信じ込んでいる、ジコチュウ的未熟な嫉妬マン?の仕返し、それが東仙坊の結論。
このへんは、ズバリと思うより、無性に腹が立ってくる

それにしても、よくまあ、大胆不敵かつ安易に、思慮なく極悪非道な殺人事件を起こす、徹底的ジコチュウヤングの増えたことか?
本当に絶望的な気分にならないか?
どこかの化学者、わけのわからないインフルエンザ・ウイルス(?)を創るくらいだったら、人類の未来のために、こういうジコチュウだけに取りつくウイルスでも創ってくれたらいいのに…そして、いくら被害者がセレブだからと言って、犯罪抑止のためにも、警察が情報操作をしないで欲しいと思うのは、東仙坊だけではあるまい。

Those selfish young men! Listen to that breaking sound of the arctic ices(ジコチュウの若者たちよ! 北極の氷の壊れている音を聞け)!


プロファイリング-15  中大教授刺殺事件reexaination (再検証)-1

I got an inspiration about the unsolved cases which I already have done profiling(プロファイリングした未解決事件にインスピレーションがわいた)!

東仙坊、A(H1N1)のお陰で、すっかりコクーン状態。
いくら誘われても、飲みにすら行かない。
そして、絶えず体温計でチェックして、発熱のないことを確認しては、静かにコーヒーを飲んでいる。
喫茶店にすら行けないのだから、自分でコーヒーを入れている。
正確には、イれているという感じが当たっている。
そのせいか、そのあまりにも悪意に満ちた相から二度と顔を見たくもなかった、毒入りカレー事件の林真須美の上告が却下され死刑が確定し、秋田連続児童殺人の畠山静香が上告を取り下げ無期懲役が確定し、「よかった、よかった。めでたし、めでたし」と、安堵の念に胸を撫で下ろした。
「これで、世の中、少しはすっきりするかも…」と、大きな期待を持った。
すると、自分がプロファイリングして、まだ未解決の事件が気になってきた。
直近の「プロファイリング-16 愛知一家3人殺傷事件」はともかく、 まだ、3件も残っていたからである。
「プロファイリング-7 静岡沼津女性殺害事件」
「プロファイリング10 愛知豊田女子高校生殺人事件」
「プロファイリング-15 中大教授刺殺事件」…。
自分の創作活動が一向に進んでいないということもあったせいか、「無能警察、捜査活動は進んでいないのか?」と、再び、義憤に駆られ始めていた。

そうしていたら、唐突に、5月20日、「プロファイリング-7 静岡沼津女性殺害事件」の中で、少し触れた未解決事件のホシが逮捕されたという朗報が飛び込んできて、吃驚しつつも、静岡県警に「よくやった(?)。あと、もう一つ残っているけど、勢いに乗って、それも一気に解決してくれ!」と、歓声を上げていた。
2004年11月7日午後6時ごろ、沼津市足高の実家に帰省、犬の散歩で外出したまま行方不明となり、旧富士川町(現富士市)に住む会社員の既婚女性(当時25歳)が、1km離れた静岡県沼津市宮本の山林で、特殊のこぎり刃兼用大型カッターナイフによって、残忍に首を一周するように切られ、失血死させられた事件。
なぜか犬だけが実家に戻ってきて、実家はすぐに大騒ぎになり、行方不明捜査が始まり、家を出た直後に何者かに車で連れ去られ、現場付近で殺害されたとみられていた。
その後、沼津警察署は、当日目撃された不審者情報を、300万円の報奨金を付け、捜査特別報償金対象事件として公開していた。
呆れるほど粗末なイラストで、「年齢25歳くらい、身長170㎝くらい、やせ型、黒っぽいウィンドブレーカーようの上衣とジーパンようのズボンの男」ということだった。
それを見て、一体、誰がどこでその不審者を見たのか?
そして、そんな特殊なカッターを持っているのだから、手配イラストから見ても、ブルーカラーだな、きっと?
さらに、失礼覚悟でも、強姦されたという情報が一切なかったので、新婚間もないのにしょっちゅう実家に帰っているなんて、元カレかな?とさえ考えていた。
それが、沼津市新沢田町の建設作業員、松井健一(43歳)を殺人で逮捕した、現場から検出されていた遺留物(?)のDNAの型がそのクソッタレと一致したことが決め手になったと発表されたから、「やっぱりなあ…建設作業員…遺留物かあ」と納得していた。
おそらくあまりにも残虐無比な強姦殺人で、遺族の心中を考慮したのかも知れないが、本当にそうなのだろうか?
よく第2、第3の事件が起きなかったと、逆に衝撃を覚えている。
もしかしたら、実際は起きていても、発覚しないだけかも…。
それはそうだと思わないか?
もし初めから、そんなにむごい犯罪だとわかっていれば、いくらお人好しの女性たちでも逮捕されるまでは、自分の身を守ることに終始したに違いないからである。
それにしても、そのクソッタレ、逃亡することなく、手配のイラストが貼られている中で、よくも近くでのうのうと生活していたなんて、とんでもないヤツ。
市中引き回しのうえ獄門打ち首にすべきだと思わないか?
でも、もしそうでなかったんだとしたら、「私はやってません」と否認してるくらいだから、元カレか?報奨金狙いの賞金稼ぎの手柄なのか?
どちらにしても、今度は千本浜の「プロファイリング-7 静岡沼津女性殺害事件」も、早く解決してくださいと念じていた。

そうこうしていたら、今度は、「プロファイリング-15 中大教授刺殺事件」のホシが、突然、逮捕されたというビッグニュースが飛び込んできて、またビックリ。
5月21日、1年留年2004年3月に中央大理工学部電気電子情報通信工学科を卒業した、アルバイト店員、山本竜太(28歳)が、中大教授刺殺で逮捕された。
このクソッタレ、神奈川県平塚市の閑静な住宅街にある実家の一軒家で1人暮らししていて、その実家で拘束されたという。
また、卒業後、大手食品メーカー、電子機器関連会社、航空機器製造販売会社など5社に転職したが、職場になじめずいずれも数カ月で退社。2年ほど前からは、自宅近くのホームセンターでアルバイト店員勤務だったという。
どうあれ、このクソッタレは、被害者教授のゼミを選択し、卒論の指導も受けていたとういうから、その辺に何か事情があることは間違いない。
「刃物で何回も刺したことは間違いない」と容疑を認めながらも、動機について「今は話したくない」と供述しているというから、フザケロ、一昨日こいと怒り心頭。
何でも、警視庁に「卒業生に思い込みの激しい人物がいる」との情報が寄せられ、クソッタレが浮上。
また、被害者教授自身が、昨年5月頃、学生に対し、クソッタレを名指しして、「(大学に)来たら教えてほしい」などと話していたという。
さらに、昨年6月、なぜか大学に「卒業証明書」と「成績証明書」を取りにきているという。
警視庁も、大学内をよく知り、恨みを持つ人物が関与しているという判断から(珍しく正しい)、事件直前その現場トイレに入っていた不審男を追い、クソッタレを校内監視カメラでも確認、現場に残されていた大量の血痕や微物を鑑定し、被害者教授の爪の間に残っていた微物のDNAとクソッタレのDNAの型が一致したことが判明し逮捕に繋がったという。
なお、凶器はまだ見つかっていないという。
警視庁が卒業生の情報を洗いざらい調べているという噂を聞いていたので、卒業生の中には「OBの逆恨みか」と思っていた人が多かったともいう。
ちなみに、クソッタレの両親は約15年前に死亡。以来、兄と2人で暮らしていたが、兄は結婚し、別居。その後、祖母と40代男性(?)と3人で暮らしていたが、約1年半前から約1ヶ月前まではその実家に暮らしていなかったという話も出ている(東仙坊、この新聞配達の証言に信憑性を感じているのだが…)。

そこで、このホシの犯行動機を、自分のプロファイリングを読み返しながら、再検証してみたくなった。

ところで、ウイルスおたくマスクマン、東仙坊、インフルエンザA(H1N1)のことで、とても気になることを見つけた。
いつものように、WHOのHPを見て、5月22日 42ヶ国、感染者数 11168人、死者 86人。
感染者数が、どんどん増え続けていることになど、今や気にしていない。
ただ、偶然観ていたスペイン国営放送のテレビで、キャスターがその感染者数を3700人と明確に言っていたのに、WHOのスペイン感染者数では、113人になっていることを発見したのである???
凄く変だと思わないか?
それが、世界の経済優先施策の答えだと思わないか?
それと、宗主国の死者数が、毎日増え、ついに9人になっているのである…。
ついでに、その宗主国に行って、わざわざ感染した高校と高校生の愚行には、東仙坊も正直呆れていたし、このブログで指摘もした。
だからと言って、同じく能天気に、感染してしまったヒトたちを責めていてどうするの?
東仙坊、明言しているように、人類対ウイルスの真剣勝負で、とっくにその火ぶたが切られているんだということが、なぜわからないの?
本当に情けなくてみっともなくて無知な行動。
この世に、一度生を受けてしまった以上、絶対に避けられない真実だと自覚し、個人個人の逃げ出せない対応の問題だと思うがどうだろう?

In sudden I made up my mind to do profiling it again(突然、再検証しようと決心した)!

To be continued…





プロファイリング-15 中大教授刺殺事件

I feel so easy to find out the cause of murder by this consumed excited asshole with jealousy(嫉妬に燃えてキレたバカの殺人理由は、簡単)!

東仙坊、背丈に合わせて、少しでも温厚にゆったりと生きたいと、必死に自制している。
年頭に、太陽を凝視しながら、モラル再生のために、今年も微力を尽くそうと、誓ったばかりだから…。
実際、主治医からも、あんまり興奮するのは慎んだ方がいい、体によくないとアドバイスも受けている。
ところが、電車に乗るだけで、毎日毎日、わけがわからないほど怒り心頭になってしまう。
本当にこの国のモラルは雲散霧消してしまったのか?
たかが電車に乗っている時間、されど電車に乗っている時間…。
そのあまりのマナーの悪さに、決して座らずに、仁王立ちして、わなわなと震え、品性のないヒトたちを睨みつけている。
そして、危ないオヤジになりかけている自分と戦っている…。
昨夜の混雑した深夜電車の中でも、大きな声で携帯電話で話している30代半ばのオトコがいた。
同じ年ぐらいの男がそばにいる。
どうやら電話の話し相手は奥さん?
「うるせーな!呑んでいて、何が悪いんだよ…うるせーな、もうすぐ帰るから、文句言うんじゃないよ」
かなり強気である。
そばの連れの男の手前があるらしい。
それが突然口調が変わった。
「えっ、ゆっくりでいいって、どういうことなんだよ。呑んでるって?こんなに遅い時間に…。誰と呑んでるんだよ?」
その時、降車駅になってしまった。
「何!男と呑んでるって!誰なんだよ?ふざけろ、てめー!いいから、その男を電話に出せ!」
オトコの絶叫に近い怒鳴り声が、電車外にまで響いてきた。
東仙坊、階段をいつも通りゆっくり昇りながら、「自分に甘く、他人に厳しい。現代の若者の特徴だな…自分に自信がないから、自分をダメだと思いたくないから、すぐキレる。おそらく、本物の恋愛をしたこともないだろう…きちんと恋愛をして、もしうまくいかなかったら、カッコが悪い。適当な関係に違いない。きっと仕事も同じ。きちんと働く自信がないから、やってみようとしないのだろう…」と考えていた。

だからかも知れない。
家に戻って、PCをチェックして、「中大教授刺殺事件のプロファイリングはしないのですか?」とメールを読んだ瞬間、「このホシは自分のガールフレンドを被害者に寝取られたcocu(コキュ)のような若者」と直感した。

■東仙坊がプロファイリングする、本物の男になれず未熟なオトコである犯人像!?

①誰もが利用できるトイレで、背中から胸、腹と10か所以上もめった刺しし、小便器の前でうつ伏せに殺害したことが、この事件解明のポイント。
被害者は、午前10時頃1階の警備室で鍵を受け取り、5分後に4階で学生と顔を合せ、その後15分ぐらいでトイレに行き、犯行に遭遇。
犯行時間10分前、個室に誰もいなかった状況は、証言されている事実。
男子トイレの隣には女子トイレがあり、その隣にはエレベーター。被害者の教授室は、そこから20~30m離れた廊下の一番奥。
血液反応で、ホシは被害者が倒れた後も執拗に刺し、返り血を浴び、自分もケガをして、階段で下まで歩いて逃走、。
被害者の両腕にいくつかの防御瘡があるのに、悲鳴や物音を誰も聞いていない事実。
年齢20~40代、身長170~175cmのホシは、メガネをかけ、黒ニット帽、黒ロングコート、黒ズボンで、凶器を持ったまま、トレンチコート・マフィアを装っていたこと。
学校は試験前で、教室に寝泊まりしている学生までいたこと。
トイレの別名は、「ご不浄」。
誰が考えても、2人きりになれる教授室でなく、他人が出現するリスクがあるトイレでの凶行に、ホシの強い殺意だけは明確。
それこそ心中してもいいぐらいの覚悟なのに、できたら逃げ切りたいとも考える、身勝手な復讐の鬼に化した未熟なバカと感じるが、どうだろう?
どちらにしても、犯行方法は、恨み骨髄でもマンガチックで稚拙な逆上型。


②被害者が、父、祖父、叔父、妻が学者一家で、39歳の若さで教授になったエリートであること。とりわけ、父と祖父が中大の教授だったということ。
しかも、学生結婚し、高校生の息子、小学生の双子の娘がいる、恐妻家であることも、この事件解明のポイント。
被害者は上智大を卒業して、中大に。そして、妻は明大の準教授。
表面上は、誰もが羨むような絵にかいたようなサラブレッド(?)による典型的セレブのハッピーファミリー(?)。
実際、またもかと言うような、「あんなに温厚で静かで慕われたいい人が…」のオンパレード。
被害者本人も、わざとらしく「妻が同じ仕事をしていてよかった」とのろけていた???。
誰も言わないだろうから、東仙坊が代わりにはっきりと聞いてみたい。
「名誉、地位、おそらく富と何もかもを持った、これだけの45歳の男が、何が楽しくて生きていたのか?」。
いやいや、これは大きなお世話。
「何もストレスはなかったか?言われているようにスキーやテニスや天体観測で、ストレスをしっかり発散していたのか?」。
まだまだ嘘っぽい。ストレートにいこう。
「一体どんな性生活をしていたのか?というより、どれだけ女子大生にもてたのか?」。
こんな時代なのである。
援交、買春・売春、セクハラ、不倫、何でもありと思うがどうだろう?
どちらにしても、ほとんど被害者の意のままだったと思わないか?
その意味で、最初は、プライドを傷つけられた妻が送った刺客だとさえ感じたのである…。
つまり、この夫婦はとっくのとうに仮面夫婦だったと考えるのが、自然だと思わないか?
これこそが、うがちすぎの東仙坊の嫉妬、羨望なのか?
正直、凄く息苦しい生活だったに違いないと同情したくならないか?
いけない、いけない、また悪い癖が出た。
バカなホシのプロファイリングのはず…本題に入ろう。
こんな大学教授に、自分勝手に信じていた(?)ガールフレンドが食べられていたと知った、ごく普通の虚弱な若者(ばか者?)は、一体どんな反応をするのだろうか?
おそらく100人が100人、自分のことを棚に上げ、「ふざけるな。今に見ていろ。目にもの見せてやる」と短絡に直情的に思い込むに違いない。
だからこそ、被害者のステイタスのすべてである大学内での犯行だったのでは?
それが、本物の恋愛を知らない未成熟なオトコだったら、なおさらだと思うが、どうだろう?
世の中に平等があると信じ込んでいる、ジコチュウ的未熟な嫉妬マン?の仕返し、それが東仙坊の結論。
不謹慎を承知で言わせてもらえば、起こるべくして起きた事件の一つ!?
その意味では、かなり自業自得の面もありそうで、正直、義憤をあまり感じない。
それゆえ、今回は初めて1回で終わり…。


We have to know that the ignorant love shuld change into the motive to kill the rival easily(無知な恋愛感情は簡単にライバルを殺す動機になると知るべき)!






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード