Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 熊本3歳女児殺人vs大阪3歳男児ポリ袋殺人-2

The asshole that it is the same immaturity that an inexperienced asshole used to accept(未熟な大バカ者が受け入れるのは、同じ未熟な大バカ者)!

東仙坊、この比較検証のポイントは、3歳女児を残忍に殺害した山口芳寛20歳と3歳男児を残忍に殺害した杉山裕幸20歳との共通する未成熟なメンタリティ。
何しろ、2人とも、3歳児相手に、そのありとあらゆるプライオリティを無視して、マジに対応しているのだから、もう呆れるばかり。えっ、東仙坊、人と対峙することを推奨しているって?
対峙することが重要なのは、どこまでもface-to-face、eyes-to-eyesで、どれだけ相手の心根を感じ取り、いつもその相手を思いやり、限りなく愛情を注ぎ込んでゆくため。
その意味で、自分の感情のままにしか3歳の子どもを相手を見ない、20歳の情けなくてみっともない恥知らず2人は、本当に対峙などしていない。
それは、今回の3歳男児の母親モドキの田中有維も同じ。
東仙坊が、そのクソッタレオンナを、男児ペット愛好オンナと名づけた通り。
そこで、その論拠を、男児ペット愛好オンナが書き込んでいたインターネットの会員制交流サイトmixiでの日記ブログで証明してみたい。
長男生後6ヵ月のときに、「…おかゆを食べさせてみたら…こーんなにおいしそうに(?)食べてくれました。ちょーがっついています(笑)。タイミングが遅ければテーブルまで食べ始める…でも酸っぱい果物はおじいちゃんみたいな苦い顔をするのが可愛い。いや~親バカっ楽しいですよ(笑)。最近は恐いって感情が芽生えてきたらしく予防接種の時とか1回目はきょとんとしてたのが腕を押さえられた瞬間にギャン泣きしたり、お風呂のシャワー音にびくっとしたり、その分楽しいとかの感情も豊かになってきたのかなー。したい事があると(立ちたいとかアレ取りたいとかね)うなったり、ウソ泣きしたりして、叶うとニッコリするゲンキンな息子です」と、書き込んでいる。
どうだろう?
その冷徹な視線、きめ細かな観察眼、ある種の驚愕を覚えないか?
それはどこかうすら寒いほどの冷酷さを感じるほどでは?
それが親子でないなら、いざ知らず。
男児ペット愛好オンナにとって、3歳男児は間違いなく自分の長男のはず。
本来、子育てとは、出産と同時にゴングが鳴らされる、親子という血の鎖で繋ぎ合ったまま繰り広げられる、家族というリング上でのデスマッチ。
それこそ、メチャクチャ壮絶でタフなエンドレスの格闘。
そのために、感情と感情がぶつかり合うこともタビタビ。
ときには、相手のことを忘れてしまうこともあるほど。
それこそが、人間たる所以。
それでも、基本が愛情である以上、本気で暴力などを使わないのが人間。
なぜなら、殴ったりしたときの相手の痛みを想像するから。
その慈悲の心こそが、人間の本性のはず。
そして、その本性を維持するために、懸命にセルフコントロール、克己するのが人間。
そのために、いつもかえって冷静でいなれないもの。
あたかも自分の感情のままに扱えるペットではないのだから、自分の子どもの対してのセルフコントロールは難しいのが当たり前。
つまり、この男児ペット愛好オンナのように、3歳長男をまるで第三者のように観察していること自体が、いかに愛情を持っていないかを証明していると思うが…。
どうあれ、それが昨年8月26日には、山口県内で乳児を投げ落とし重傷を負わせ母親が逮捕された虐待事件を引き合いに、「赤ちゃんはこちらの都合無視で自分の欲求を泣くことだけで訴えてきます。…睡眠だって1時間毎に泣いて起されます。気が狂いそうです。手を上げた事はありませんが、『ベランダから落としたら死ぬよね。この子が…死んでも泣かないかもしれない』くらいはしょっちゅう考えてました。そんな経験は母親しかわかりません」と、書き込んでいる。
どうだろう?
今度は、自分が自分の子どもを都合のいいように思い込んでいたかったのに、どうやら思い通りにならないとわかり始めると、その愛情の希薄さを棚に上げ、世の中の母親はみんな同じに悩んでいると自己弁明しながら、本気でジャマとみなしているのだから、何をかいわんや。
所詮、「出産してみたかった症候群(?)」、「母親を演じてみたかった症候群」でしかなく、中にいる子育てを通じて成長できる女性ではなったということでは?
どちらしても、男児ペット愛好オンナ、ようやくバイブレーター代わりになるバカオトコを見つけ、その父親の臭いがする長男がガマンできなくなったことだけは、事実。

さて、本題に戻る。

■無愛情男娼気取りオトコ、杉山裕幸に見る幼稚度

①出会い系サイトで知り合って(?)、子持ちの年上のオンナの家に転がり込むみっともなさ
昨年末出会い系サイトで知り合い、今年2月下旬から千葉県から大阪に行き、働かずに食わせてもらえる恩恵を受けるなんて、まさに幸運なご仁。
これは、受け入れる側の原因がすべてでも、本来は男の沽券に関わるもの。
その分、その家に以前からいる人間、ここでは3歳男児にも献身するのがスジのはず。
その無配慮、感受性の鈍さは、「メンタル3歳保育園児クソッタレの『①大人から見た「いい子」を目指すみっともなさ』に通じるものがあると思うが…。

②何も考えずに女に媚を売るみっともなさ
人から好かれるということは、その相手の好みに合わせればいいわけではないはず。
ましてや、人間としての行動として間違っている場合は、毅然と拒絶すべきもの。
それだけの魅力ある人間性を持つことのはず。
いくら風采が悪く、甲斐性がないとしても、へつらうだけでは、ただの恥知らず。
それにしても、蓼喰う虫も好き好きと言っても、「おとなしく、家でゲームをして過ごすようなタイプ」をバイブレーター代わりにする男児ペット愛好オンナの何と不可解なことことよ…。
どうあれ、この無愛情男娼気取りオトコの不甲斐無さは、「メンタル3歳保育園児クソッタレの『②人から好かれたい好かれたいと媚を売るみっともなさ』と全く同じ。

③自分が気に入ったから相手も気にいるはずと思い込む情けなさ。
気に入った相手を思うことは、とても大切。
その相手に自分のできる限りの思いやりややさしさを注ぐことも、とても大切。
だからといって、相手からもそうしてもらえると思い込むことは、愚の骨頂、マヤカシの気持ち。
これは、今回の恥知らずの殺人犯である2人ともに言えること。
その最大の原因が、かねてから東仙坊全然理解できない、出会い系サイトなるものでのウソの出会いだと思うが…。

④人間である以上、どこまでも対峙して話し合うことが肝心とさえ理解できない情けなさ
人間関係の構築は、どこまでもコミュニケーションが基本。
必死になって相手の意思を感じ取り、自分の意思を感じてもらおうと努力することが大切。
うるさい黙れ! もういい!というようなものではないはず。
特に、相手が自分の子どもではない場合、父親代わりにかえって辛抱強くコミュニケーションすべきもののはず。
その意味でも、頭が3歳程度で、まさに「メンタル3歳保育園児クソッタレ」そのもの。

⑤人生は誰にとってもタフで何一つ自分の思い通りにならないということすらわからない情けなさ
人生とは、何のために生きるか人間とは何と一生追求し続けるもの。
そして、ありとあらゆる事象を素直に受け入れ、それでもなお自分のベストを尽くす続けるもの。
安易に自分で描いた夢が実現できないからといって、絶対に自暴自棄にはなってはいけないのが人間。
今回の事件が起こる要因は、まず男児ペット愛好オンナがヤケクソになってとりあえずのバイブレーター代わりを探したこと。
それに、ヤケクソの無愛情男娼気取りオトコがマンマと乗ったこと。
そこに、運悪く前のオトコ(?)の3歳男児がいたこと。
つまり、相当人間的に成長していないと、この関係をいいものにできるわけはハナからなかったと思わないか?
結局、「メンタル3歳保育園児クソッタレ」同様、その知性の欠如が一番の問題。

にもかかわらず、無愛情男娼気取りオトコは、3歳男児が言うことを聞かなかったと言って、いくら自分になつかない子どもだからと言って、縛ってビニール袋に入れ口を結わいて窒息死させるなんて、一生後悔させたやりたいと思わないか?
どちらにしても、この無愛情男娼気取りオトコも、メンタル3歳保育園児クソッタレも、な、な、何と成人…。
最近、何も政治のことなど考えない政治屋どもが選挙対策のために、成人の年齢を下げようとする動きもあるが、それは全くの逆では?
今の腐り切った我が国の教育界の現状を考慮すると、30歳ぐらいにすべきだと思うが…。
どうあれ、我が国の幼稚化は、ますます激しくなってゆくと憂慮しているのは、東仙坊だけではあるまい。
また、このパターンでのプロファイリング、無限に継続しなければならない気がして、もう終わりにしたい。

Easy crimes should increase on and on as far as we would do easy life(イージーライフをしている限り、イージーな犯罪が増え続けるばかり)!

検証プロファイリング 熊本3歳女児殺人vs大阪3歳男児ポリ袋殺人-1

We are really sorry that an unforgivable murderer comes out when there is the whole such Japan by the sincere mood(こんな日本中が真摯なムードでいるときに、許し難い殺人者が出てくるなんて、本当に残念)!

東仙坊、3歳の子どもと愛情を持って対峙するのではなく、まともに対決してしまう知的レベルが3歳の情けなくてみっともない20歳のオトコ、メンタル3歳保育園児クソッタレなる山口芳寛をプロファイリングした。
そして、このモラル完全崩壊の我が国では、ピック狂師どもが跋扈する日本では、20歳で成人式を終えたのにその知性が3歳並のクソッタレが増殖していると結論し、今の卑怯で卑劣なヤングマンの比較検証を試みていた。
そ、そ、そうしていたら、日本中のヤングが、東日本大震災を機に、命の尊さ、命の大切さを再認識しているときのはずなのに、東仙坊のプロファイリングを補足証明してくれる奇特な大バカ者が出現し、複雑。
これもまた運命なのかも…と、やむを得ずプロファイリング。

■大阪3歳男児ポリ袋殺人
 
●現時点で知りうる限りの事件の概要

3月31日、3歳男児をポリ袋に入れて窒息死させたとして、大阪府警城東署は、殺人で、大阪府大阪市城東区東中浜に住む、実母のパート従業員、田中有維(26歳)なる男児ペット愛好オンナ、そして、交際相手(?)で同居の無職(?)、杉山裕幸(20歳)なる無愛情男娼気取りオトコを逮捕。
3月30日夕、自宅マンションで、男児ペット愛好オンナが「大事なゲーム機をゴミ箱に捨てたりしたので、そういうことをしたら『アンタも捨てるよ』とわからせるシツケのつもりで3歳長男をゴミ袋に入れた」。
すると、3歳長男、「何てヒドイことするの、ママ」と必死にポリ袋から逃げ出した。
それを見た無愛情男娼気取りオトコ、スケにいいとこ見せなきゃ囲い込んでいてはもらえないと、「今度はオレがやる」とニヒルに決め、ご丁寧にポリ袋へ入れ直したというから、開いた口が塞がらない。
そして、「何かにつけて言うことを聞かないので、シツケのためにポリ袋に入れ、わざわざ粘着テープで口をくくり、隣の部屋に放置した」とその完璧な入れ方を誇らしげに主張したというから、ただのおバカ…。
案の定、3歳男児、「オマエはママの何? オマエは何の立場でボクにそんなことをするの? どちらにしても苦しいよ。息ができないよ、ママ! 助けて!」と最初は泣きじゃくっていたが、20分くらいもがき苦しんだが「ママは何でボクにそこまでするの。ママがそんなにボクがキライなら、ボクは喜んで死ぬよ。それがママの望みだろ? ママの望み通りになるよ。ママのジャマをしたくないからね。でも、オマエ、オマエは、覚えてろよ。化けて出てやるから」と静かになってしまった。
東仙坊、個人的に絶対に許せない2人がリビングから様子を伺ったときには、すでに息をしてるようには見えなかったので、男児ペット愛好オンナが午後7時55分ごろ、119番。
救急隊員が駆けつけたときには、ポリ袋から出され、意識不明の状態でリビングの床に無念の表情(?)で倒れていたというから、ただただ合掌…。
病院へ搬送されたものの約1時間後に死亡。
残酷にも、両手両足に縛られた痕があり、現場から粘着テープが付着したポリ袋が発見されたというから、犬畜生。
東仙坊、3歳男児が、今わの際に、無愛情男娼気取りオトコに対し、「今に見てろよ。必ず復讐してやる。死んでもオマエだけは許さない。だって、オマエが本当にママのことを好きだったら、そんなことを自分の子どもにしちゃダメだよ。可哀想じゃないかって止めるものだろ? それなのに、オマエはママにいいとこ見せようと本気でボクを殺そうとしたのだから…本当に、本当に、ボクは息ができなくて苦しかったのだから、それ以上の苦しみをオマエに与えてやる。いいか! 忘れるなよ」と呟いたに違いないと信じているのだが…。
えっ、一番悪いのは母親だって?
東仙坊、今回のメインターゲットが3歳男児を殺した20歳の無愛情男娼気取りオトコだから言うのではないが、今やこんな母親としてのリアリティや自覚のない母親は、それこそ日本中にゴマンといると思っている。
つまり、男児ペット愛好オンナは、単にその典型的なクソッタレ。
極めて残忍に殺された3歳長男も、草葉の陰から、「ママ、本当に苦しかったよ、死ぬまで息が、息ができなくて。ママ、ボクはママのペットじゃなかった、一人の人間だったのに…。そんなにボクを愛せなかったのなら、産まなきゃよかったじゃないか? ボクだってそんなママから生まれたくなかった」と悲しい目をしてう恨みの一言を言っていると思うが、すべては自分で選択できなかった運命。
東仙坊、少しでも今は安らかに眠れ!と祈るばかり…。
だからこそ、そんなイミテーション母親もどきを一人前の母親にするのが、実はそばにいる男の役割のはず。
それこそが、男の存在価値では?
その意味では、実の父親も同罪。
そ、そ、それなのに、こともあろうに、そんな男児ペット愛好オンナのバイブレーター代わりとして2月ごろから拾われただけの分際で、3歳男児をスケをいじやかせるジャマモノ二人のせっかくの時間をぶち壊すライバルかのように思い、自分の手で殺した無愛情男娼気取りオトコは絶対に許せないと義憤に駆られているのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうだと思わないか?
おそらく実の父親と思しきオトコと母親モドキのオンナとの日々のケンカの様子でストレスだらけだったのだろう。
あんな甘えん坊の顔をした3歳男児のこと、それこそ、無我夢中で1回目のビニール袋から脱出したに違いない。
それを今度は、残忍非道に手足まで縛り、ビニール袋に入れ、その口を粘着テープで塞ぐとは、悪魔の仕業。
そのせいで、3歳男児は瞬く間に呼吸困難。
実際、司法解剖でも、死亡推定時刻は3月30日午後8時ごろ、ポリ袋をかぶせられ、短時間のうちに死亡したとみられるというから、あまりにも悲惨。
東仙坊、「こんなに日本中が生まれ変わろうとしているときに、こんな不届きな殺人をした大バカ者だけは絶対に許したくない。それがシツケというなら、キサマも更正のためにビニール袋に入れ!」と大興奮。

This asshole would kill the 3 years old boy who barely revived in earnest once again again(命からがら生き返った3歳男児を、このクソッタレはもう一度本格的に殺し直した)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード