Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 熊本3歳女児殺人vs山陽高速道バスジャック-2

Outwardly Yoshihiro Yamaguchi and Yohki Kajita might be truth reverse, but the essence must be the same(山口芳寛と楫田優希は表面上は真逆でも、本質は同じ)!

■山陽自動車道高速バスジャック横転事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の真相

①この映画「スピード」フェチクソッタレ、「就職活動に悩んでいた」とのたまい、「自殺するつもりでハンドルを切った」とまでおっしゃられているから、開いた口が塞がらない。
それはそうだと思わないか?
いわゆる就活なんかで自殺しなきゃならないとしたら、今日日、ほとんどの大学生が自殺しなければならなくなるのでは?
第一、そんなことで自殺するくらいなら、どこかでそっと1人で勝手に死ねばいいだけでは?
無関係な人を道連れに死ぬのは、無理心中というより、単なる無差別テロでは?
「甘ったれるのも、いい加減にしろ! 早くどこかで死ね!」と激怒しているのは、東仙坊だけではあるまい。
たまたま乗客全員が軽傷ですんだが、もし本当に死者が出てたらどうしたのか?
どうあれ、その11人の味わった恐怖の瞬間を考えたら、相当な重罪に処すべきでは?
実際、事故後のバスの状態を観たら、映画「スピード」のキアヌ・リーブスが現れて助けてくれたのかも…と思えるほど、凄惨な状況だった。

②映画「スピード」フェチクソッタレが、直接、この許し難い凶行に及んだ動機は、わざわざ電話した母親が電話に出なかったこと。
「自分が大阪まできてイヤな思いをしてるのに、そんな自分が電話しているのに、何で電話に出ないんだよ。酷いじゃないか? きっとオレのことなんかどうでもいいんだ。いいよ。そうなんだ。だったら、思い知れ!」という典型的な母親への甘えの裏っかえしが、原因。
えっ、まさか!って?
これがリアリティのない今のヤングマンの実態。
自分でこれがダメだったら次は何とか?前向きに創意工夫して何もできない、母親頼りのみっともない甘えん坊。
だって、23歳の成績優秀なオトコでは?って?
学校の成績なんて、そんなものでは?
そえこそ、まさに、SFW!
SFWって、何だ?って?
So Fucking What! なるほど成績がいい、だから何?っていうこと。
成績はいいのに越したことはないが、それは単に成績がいいというだけで、その人間性や知性や能力とは全く無関係だと思うが…。
どうあれ、人間としての基本である苦悩することも独りでできない大学生って、一体何者?って、こっちの方が質問してみたいけど。
それはそうだと思わないか?
人生で唯一の真実が、自分も絶対に独りで死ぬということだけ。
当然、自分がどう生きるかを決めるのも、あくまで自分自身。
それすら、自分でマネージメントできなかったら、人間ではないのでは?
東仙坊、心底ウンザリするほど、この手のヤングが多いのは、この世の悲しい現実だと憂慮している。
ちなみに、単位の取得状況は順調で、卒業まで7単位をのこしていただけだったらしいが…。

どうだろう?
映画「スピード」フェチクソッタレが事件を起こした真相は、そんな程度のものだと思わないか?
東仙坊、このなさけなくてみっともない映画「スピード」フェチクソッタレのことで、注目したのが、2009年10月から2010年9月まで休学し、オーストラリアに留学したこと。
休学届には「語学研修と異文化体験をしたい」と書いてあったというが、一体それで何を学習してきたのか?
そもそも、その費用は誰が工面したのか?
誰が考えても、英語が少しくらい流暢になるか(?)、留学のハクをつけるために、無様に親の金で行ったことは間違いないのでは?
仮にそうだとしても、海外留学で日本人が一番学習させられるのは、自分のしっかりした「opinion」、「will」、「thought」を持つこと、「independence」では?
どちらにしても、そんな時間があったら、せいぜい読書でもしろ!と思わないか?
どうあれ、インターネット会員制交流サイト「フェイスブック」と「ミクシィ」に鹿児島大の学生として登録し、その英語で書き込んでいたとは、笑止千万。
心底勘違いした大バカ者では?
それも、「今春に仕事を見つけないといけない。少しナーバスで忙しい」とか「ES(エントリーシート?)終わらない」と就職活動に追われる様子を女々しく書き込んでいたとは、言語道断。
それに対しての「頑張れ!」などと応援するコメントに、「頑張るしかないか」、「就活は不安だよね」、「俺の長所と短所を教えていただけませんか?」などと返していたというから、もはや絶望的。
人間としては、相当な未熟者では?
さらに、気になる点が、商社への就職(?)を希望し、年明けから就職活動を始めていたということ。
鹿児島大学の最近流行の謝罪会見で、「就職活動としてはまだ入り口の段階。内定が出る時期ではないのに…。就活担当教員が2月中旬、農業問題に関する課題について6時間以上会話(?)したが、就職活動については話さなかった」と発表したこと。
実際、大学の就職支援室に相談した記録も残っていないというから、???。
東仙坊、東京電力にでも就職しろ!と一言。
どうあれ、この映画「スピード」フェチクソッタレも、無思慮に瞬間的に破れかぶれで劇場型殺人を企てたことだけは間違いない。
どこまでも、ジコチュウ的に…。

It is just the silly talk of the great asshole that this ashamed disgusting case indulges himself forever(この情けなくてみっともない事件は、どこまでも自分を甘やかす大バカ者の戯言)!

To be continued...

検証プロファイリング  熊本3歳女児殺人vs山陽高速道バスジャック-1

Such a childish selfish asshole used to commit a mean crime with cowardice(幼稚なジコチュウの大バカ者が、卑怯で卑劣な犯罪を犯す)!

東仙坊、東日本大震災の影響をもろに受け、やっとの思いで、緊急プロファイリング 熊本3歳保育園児瞬殺事件を完結したばかり。
地震の衝撃があまりも鮮烈だったために、それを始めようとした自分のモチーフまで忘れかけていて、茫然自失。
ジコチュウ的に、ないも同然の動機で、簡単にわずか3歳の保育園女児を残忍に殺した20歳の大学生、山口芳寛にメチャクチャ義憤を覚えたから、徹底的に糾弾してやりたかっただけ。
それを実践しながら、このような自分勝手で卑怯で卑劣な犯罪を抑止するには、この日本にいつのまにかワンサカ繁殖してしまったcreepyでweirdな、つまり気味の悪いヤングマンの実態を解明する必要性を感じてもいた。
今のモラル完全崩壊のぬるま湯社会では、「見て見ぬふり」、「触らぬ神にたたりなし」、「寄らば大樹の陰」、「臭いものにはフタ」というような風潮がまかり通っている。
それらは、さらに「人それぞれ」という曖昧糢糊な見せかけの寛容と許容に変化し、今や本流になっている。
あたかも、表面上お互いの個性を尊重するかのように見えても、実際は、「好きにしてれば」、「言わぬが仏」、「何を言ってもムダ」という不干渉というより、「言うだけバカを見る」、「言ったらソン」という無関心に他ならない。
その根底には、ほとんどのヒトが自分で考え自分の本当の主張や意見を持つということができず、ヘタに関わって明確な自我がないことがバレたらイヤという極めてネガティブな発想がある。
ある意味、それは、厄介なことや面倒なことを巧妙に避ける一種の処世術のようなもの。
どうあれ、決して認めていない人のことまで、「人それぞれ」とゴマカしているから、気味の悪いヤングマンが平然と輪の中にいられることまではわかった。
そして、それが、戦後教育の根幹である欺瞞と錯覚の平等意識、多いものを減らし大きいものを小さくし高いものを低くしたアベレージ意識から培養されていることもわかった。
自分で考え創意工夫することもなく、それをする権利それをしてもらう権利ばかりを身につけた、情けなくてみっともないヒトを大量に輩出してきている。
それこそ、それはモグラ叩き的に平均化させてきたのである。
お陰で、個性個性と言いながら、どこにも個性のない「長いものに巻かれる」、自分の意思さえ持てないヒトで溢れかえることになってしまったのである。
それを司ってきたのが、このうえなく恥知らずである日教組とピンク狂師ども…。
本来、教育とは、人間として生きることがどういうことなのか、動物とはどこが違うのか、モノゴトは損得だけではないということ、もっと言うと、もののあわれ、思いやり、儚さを教え込むこと。
そして、いつもどこまでも人間として生きることがどういうことかと自分で考え、自分自身をセルフ・コントロールする本当の知性を身につけさせるもの。
それなのに、ピンク狂師どもは、その私利私欲、強欲、性的妄想のままに、やりたい放題し放題。
当然の結果として、その生徒どももジコチュウになるのは当たり前。
東仙坊、今回、プロファイリングしたばかりの熊本3歳保育園児瞬殺事件のホシ、山口芳寛、20歳も、まさにその典型。
「メンタル3歳保育園児クソッタレ」と呼んだ通り。
その未熟さ、ジコチュウ度には目を覆いたくなるばかり。
もちろん、家族の問題が一番だろうが、その周りにいたはずの何の使命感を持たないピンク狂師どもの責任は、相当あると思うが…。
そこで、その幼稚度を軸に、その他の卑怯で卑劣なヤングマンの愚行を比較対照しながら、検証してみたい。

■メンタル3歳保育園児クソッタレ、山口芳寛に見る幼稚度

①大人から見た「いい子」を目指すみっともなさ
大人から見た「いい子」であることは、大人に黙って服従するラクさ、手間のかからないラクさを与えるだけで、本人が人間的に苦悶し、試行錯誤し、自分なりの考えをもつことを妨げるだけ。
最初から、自分で何も考えず、それこそ他人と違う意見も持てず、長いものに巻かれるみっともない人間になるだけ。

②人から好かれたい好かれたいと媚を売るみっともなさ
人から好かれるということは、それだけの魅力ある人間性を持つことのはず。
それは言われているように、見かけなど一切無関係。
自分のことより人のために自然に何かをしていれば、いつのまにか人から好かれるようになるもの。

③自分が気に入ったから相手も気にいるはずと思い込む情けなさ。
気に入った相手を思うことは、とても大切。
その相手に自分のできる限りの思いやりややさしさを注ぐことも、とても大切。
だからといって、相手からもそうしてもらえると思い込むことは、愚の骨頂、マヤカシの気持ち。

④人間である以上、どこまでも対峙して話し合うことが肝心とさえ理解できない情けなさ
人間関係の構築は、どこまでもコミュニケーションが基本。
必死になって相手の意思を感じ取り、自分の意思を感じてもらおうと努力することが大切。
うるさい黙れ! もういい!というようなものではないはず。

⑤人生は誰にとってもタフで何一つ自分の思い通りにならないということすらわからない情けなさ
人生とは、何のために生きるか人間とは何と一生追求し続けるもの。
そして、ありとあらゆる事象を素直に受け入れ、それでもなお自分のベストを尽くす続けるもの。
安易に自分で描いた夢が実現できないからといって、絶対に自暴自棄にはなってはいけないのが人間。

にもかかわらず、メンタル3歳保育園児クソッタレは、ピンク狂師になって教え子に好き勝手にわいせつ行為を働く夢を壊されたからと言って、自分が気に入る同世代の女の子たちがキモイと相手にしてくれなかったからと言って、たった一人の自分を嫌わなかった3歳女児を嬲者にしようとして殺してしまうなんて、絶対に許したくないと思わないか?
実は、そんな幼稚な理由で、人間としての知性のカケラさえ見せず、人の命まで脅かす大バカ者がたくさんいる。
その代表格が、メンタル3歳保育園児クソッタレ同様の大学生、楫田優希、22歳なる映画「スピード」フェチクソッタレ…。

■山陽自動車道高速バスジャック横転事件

●現時点で知りうる限りの事件の時系列的概要

①2月25日、大阪府大阪市の阪急梅田駅バスターミナルから、映画「スピード」フェチクソッタレが、「南国交通(鹿児島市)」の大阪発鹿児島行き高速バスに、1人で乗車。
その映画「スピード」フェチクソッタレ、鹿児島県荒田に住む、鹿児島大学農学部生物環境学科環境システム学コース3年の大学生。
リクルートスーツに身を固め、ネクタイをして、黒い手提げカバンに会社説明のパンフレット。
どうやら、大阪で就職活動した帰路?

②山陽自動車道のサービスエリアで、高速バスは休憩。
午後11時43分、映画「スピード」フェチクソッタレが、母親の携帯にこの日3回目の電話(?)するも、就寝中のため応答なし(??)。

③サービスエリア出発後、映画「スピード」フェチクソッタレ、後方の席から立ち上がりバス内を徘徊。
午後11時55分ごろ、突然、客席との仕切り扉を開けて乗務員席に侵入。
運転手に「バスを降りたい(?)」と要求したが断られたため、今度は「他の客も乗っているのは知っていたが、自殺したかった」と運転手を押しのけてハンドルを左に切る。
そこへ、運転手が異変を感じ呼び出した交代要員として別の運転手が現れ、再度制止しようとしたが、それを振り切ってハンドルをつかみ、左に切ったため、バスは路肩に乗り上げて横転。
暗闇の中で、「これで誰も降りられない。みんな死ぬんだ。殺してくれ」という映画「スピード」フェチクソッタレの叫び声が轟きわたる。

④幸運にも、その運転手2人と乗客9人(大阪、兵庫、鹿児島3府県に住む14~70歳)が軽傷。
映画「スピード」フェチクソッタレ自身も、背中にケガ。
現場は、広島県東広島市河内町入野、河内インターチェンジから西1km。
その結果、河内IC-高屋ジャンクションの下り線が約5時間半通行止。
映画「スピード」フェチクソッタレは、広島県警東広島署に、殺人未遂現行犯で逮捕。

The arrogant young man who misunderstood himself was great have caused a bus accident and was gonna die(自分は偉いと勘違いした男がバス事故で死のうとしただけ)!

To be continued...

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード