Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-21  愛知県豊橋全裸女性絞殺事件-2

The partner whom a human being should be cautious of most after all must be a human being(結局、人間が最も警戒すべき相手は、人間)!

12月13日、「CERN(欧州合同原子核研究機関)」が、物質を構成する素粒子に質量を与えたとされる未知の粒子「ヒッグス粒子」を発見した可能性が高まり、緊急記者会見を開くというから、ファンタスティック。
何でも、「CERN」の日本の研究者も数多く参加する「ATLAS」実験チームと欧米中心の「CMS」実験チームがそれぞれに「LHC(大型ハドロン衝突型加速器」を使い、陽子と陽子を高速で衝突させ、そこから出てくる粒子をそれぞれ分析したところ、ヒッグス粒子の存在を示すとみられるデータがあることが判明したというから、インクレダブル。
その「神の粒子」とも呼ばれる「ヒッグス粒子」は、現代物理学の基礎である標準理論を説明する粒子の一つで、世紀の大発見になるというから、グレート。
ビッグバン直後は、すべての素粒子も光と同じに高速で進んでいたが、その後、素粒子だけは「ヒッグス粒子の海」の抵抗を受け光速より遅くなり、そのために質量を生じ、物質の原型ができたというから、ミラクル。
そ、そ、それから137億年、不気味なほどの物質至上主義社会になっただけでなく、人間が人間を簡単に生きるためにではなく殺せるモラル崩壊社会になってしまうとは、「ヒッグス粒子」もビックリでは?
まさか、ここまで人類の脅威が人類そのものになってしまうとは?

■愛知県豊橋全裸女性絞殺事件

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の犯人像と動機

①この残忍無比な殺人が、モノ取りなどの強盗の居直りやレイプ魔の凶行でないことだけは、誰の目にも明らか…。
誤解を恐れずに明言すれば、53歳の独り暮らしのジェーン・ジュクジョをその愛欲からツールとして共有していたオトコどもの1人が間違いなくホシ。
すでに、断言している通り、その消えた(?)携帯電話のメール歴や送受信歴にその氏名があるのは、確実。
それを丹念に調査すれば、簡単にホシにたどり着くはず。
そもそも、生活保護を受けながら、週にたった2回アルバイトをするだけで、普通に暮らせることができるのか?
しかも、75歳か79歳の高齢者が経営するスナック(居酒屋?)にくる客って、どんな人たち?
少なくとも、その中に引っ越しのバックアップをしてくれたオトコがいたことも、間違いないのでは?
その意味で、それぞれにジェーン・ジュクジョを自分の所有物のように思い込んでいたオトコは、最低1人以上はいるのでは?
一方、ジェーン・ジュクジョはジェーン・ジュクジョで、もう破れかぶれで怖いものなし。
可能な限り、経済的なバックボーンになりそうなオトコどもに、コナをかけていたのでは?
それこそ、必死で生きるためになりふり構わず…。
実際、11月26日の昼間には、複数のオトコどもと会っていたという証言もあるのでは?

②東仙坊、ホシは部屋が荒らされていない、防御瘡がない、全裸で両手首を白い粘着ビニールテープで幾重にも巻かれていたという事実以上に、ジェーン・ジュクジョの衣服がその足元にまとめて置かれていたという点に着目している。
それだけでも、ホシがいわゆるヤングマンではないことを裏づけていると確信している。
では、ホシはどんなオトコなのか?
実は、かなり年を取っているだけでなく、ラブゲームに不慣れというか、久しくラブゲームから遠ざかっていたオトコとも確信している。
そして、そのことをジェーン・ジュクジョが感じなかったことが無残に殺害されることになってしまったと思っているのだが…。
そこで、気になることが2つ。
ジェーン・ジュクジョのワンルームアパートには、バスルームがあるのか?
ジェーン・ジュクジョの部屋は、きちんとカーテンがしてあったのか?
実は、最初、すっかりその気になって新たなパトロンになるつもりだったオトコが、キスマークか他のオトコの臭いを嗅いでブチ切れたか?
あるいは、気になって様子を伺っていてブチ切れたか?
あるいは、別れた子どもあたりが、自分の母親の恥知らずな状況にブチ切れたのか?
と、瞬断していたが、どうやらそうではない様子?
その意味で、最も疑わしき1年ほど前から知り合いジェーン・ジュクジョを半囲いしていて(?)、第一遺体発見者でもある56歳友人男性も、その現場で殺人を犯しただけで圧倒的に不利なうえ、稚拙な偽装をしても無意味なことを百も承知していたはずという点で、シロ?
その場合には、かなりジェーン・ジュクジョにアザや傷が残るような状況になったはず?
さて、そこで、ポイントになってくるのが、両手首にグルグルに巻きつけてあったという粘着ビニールテープ…。
どう考えても、ホシは、殺害後に巻いたと思うがどうだろう?
それがとっさに思いついた偽装工作では?
ということは、ホシは殺害する気がなかったばかりか、ジェーン・ジュクジョ自身も殺害されるなんて全く気にしないような状況で発生した殺人事件と考えるべきでは?

③東仙坊、この事件の経緯は、こんなものだったのでは?と想像している。
かねてジェーン・ジュクジョがコナをかけていたオトコがいる。
自分のパトロンでは、これ以上のサポートができないことが前日にわかったジェーン・ジュクジョは、11月26日、今まで以上に、積極的かつ艶めかしくアプローチをした。
このジェーン・ジュクジョのようなマスキュリンタイプは、オトコと関わった翌日は、自分で気づかないほど艶めかしいもの。
オトコは、ついに一大決心をして、その深夜、恐る恐るジェーン・ジュクジョの部屋を訪ねる。
ジェーン・ジュクジョは、カモがついにきたことに満足するとともに、ここはスペシャルなサービスをして悦ばせてトリコにしようと懸命になる。
自分から全裸になり、やさしく怪しくベッドへ誘う。
オトコは、久しぶりのそんな状況に興奮するも、その奇妙な積極さがどことなく気になり思い通りに下半身がついてこない。
それでも、カモを逃がすまいと、「いいのよ。あせらなくて、夜は長いから…」と、やさしく包んでくれたかもしれない。
オトコは、その温もりにある種の安らぎを感じ、蕩けそうになる。
ところが、アルバイトで酒を飲んでいたジェーン・ジュクジョは、どんどん酔いが回り眠くなり、面倒でうざったくなってくる。
そのせいで、そのパフォーマンスに陰りが出始め、「しようがしまいが、料金は一緒よ」とか、「見た目では、もっと激しいのかも思ってたわ」とか、それこそ、「意外だったわ!」とか「もうダメとは知らなかったわ?」とでも言って、大胆に眠り込んでしまったに違いない。
オトコは、その隣で、「何でできないんだろう?」とか「どうしちゃったんだろう?」とか「このことを人に言われたくない」とか、それこそ「やっぱり、単に金目当てでしかなかったんだ」と、悶々としていたに違いない。
と同時に、ジェーン・ジュクジョの無様な寝方が次第に腹立たしくなっていったに違いない。
オトコは、言いようのないジェーン・ジュクジョへの不快感、自分への悔悟の念が憎悪に変わってしまったことを自覚できなかったに違いない。
次の瞬間、そばにあったバスタオルを眠りこけているジェーン・ジュクジョの首に巻いて、思いきり一気に締め上げていたに違いない。
どうだろう?
そんな犯行だったと思うのだが、どうだろう?
生きるために何でもありになってしまっているトウが立ったオンナと、何となく何かを期待し息をしているだけのトウが立ったオトコとの、典型的オールディーズな不毛な「ある愛の詩」の当然の結末だと思うが…。
どちらにしても、日本中の幼児化傾向はますますヒドクなり、50歳を超えてもこのテイタラクというのが、現代の一番の問題では?

The person who couldn't build mature human relations must be not a human being(成熟した人間関係を構築できない人は、人間じゃない)!



プロファイリング-21  愛知県豊橋全裸女性絞殺事件-1

In a Japanese heart, a strong and dry wind drier than “Santa Ana”should rage now(今、日本人の心の中で、「サンタアナ」よりも乾いた空っ風が吹き荒れている)!

東仙坊、また新たなインフルエンザウイルス「H3N2」、絶え間ない地震は、間違いなく我々日本人だけに限らず、全人類に重要な警告を与えていると、深い溜息をついていた。
無節操で何でもありの資本主義の終焉は、世界中を振り込め詐欺社会に替えてしまっていることだけは間違いない。
人類が自分たち自身で促進している地球温暖化は、なりふり構わぬ市場原理主義どもによって、深刻化するばかり。
このままでは、2℃どころか、今世紀中には3.5℃上がってしまうというのだから、何をかいわんや。
温室ガス削減だって、EUがいくら-0.2%にしたって、USAが+16%、日本が+8%という現状なのだから、砂上の楼閣。
第一、最も温室ガスを排出している中国がさらにメチャクチャ垂れ流ししまくっているのだから、どうしようもできないはず。
まあ、我が人類は、今や世界の中心国家、中の華の国とともに滅亡するのが宿命か?
実は、そんな中で、東仙坊、ビックリ仰天するニュースがある。
世界一大自然に恵まれた美しい国家と思い込んでいたカナダが、温室ガス排出量+33%というのである。
えっ、どうして?と観ていたら、何でも、そのカナダ、今や石油埋蔵量世界第3位になっているのだというから、青天の霹靂。
しかも、その石油が、「タールサンド」を生む粗悪品で、新たな環境汚染を拡大しているというから、アングリ。
これじゃ人類滅亡のスピードがますます早まるばかりと危惧するのは、東仙坊だけではあるまい。
どちらにしても、3.5℃も上昇すれば、干ばつ、水不足、海水の水位上昇、新たなウイルス誕生は免れないのでは?
えっ、生命が存在する可能性がある地球に似た太陽系外惑星が見つかったんだから、そこへ脱出すればいいって?
確かに、12月5日、NASAは、ケプラー宇宙望遠鏡で初めて確認したと発表。
「地球から600光年のケプラー22b惑星。地球の2.4倍の大きさ、表面温度22℃と生命の存在に適し、液体の水が存在する可能性があるとしている。というのも、生命の存在には、太陽に相当する恒星と惑星との距離が、液体の水を維持できるよう適度に離れている「ハビタブルゾーン」にあることが必要で、ケプラー22bは理想的な位置にある」というから、ドキドキ。
で、で、でも、人類が、地球が生きている間に、600光年も離れたところまで果たして行けるようになるのか? 
それなのに、我々人間は、情けなくみっともなくモラルを喪失し、卑怯で卑劣な蛮行三昧…。
どんどん心の中にまで、「空っ風」、「六甲おろし」、「伊吹おろし」、「鈴鹿おろし」などが冷たく吹き荒れるのも、ムリはないのでは?
日本人の美徳を忘れたジコチュウどもの愚行の何と増えてしまったことか?
ところで、今、USAのLAで、「Santa Ana(サンタアナ)」が猛威をふるっていることを知っているか?
それは、北アメリカ大盆地で発達した高気圧から低緯度方向に向かう風で、風上にはモハーべ沙漠があるので、ここでさらに昇温乾燥し、サンタアナ峡谷から北東ないし東の強風となって吹き出し、沙漠からの砂塵をともないニューボルト海岸付近から太平洋上160kmくらいにまで達する南ロスアンゼルス盆地に吹く高温で乾燥した風。
低湿のため、絶縁体に帯電が生じ、時には燃料の爆発事故まで生じたり、林野火災の原因となる厄介なもの。
しかも、海上100km以上に達するので、陸上の生態系に影響を及ぼすばかりでなく海洋生態系への影響も大きいリスキーなもの。
そんな風に、聖母マリアの母である聖アンナを意味するスペイン語を当てていることが、意味深では?
そこで、そろそろ、我が国でも、そういう風に、「空海おろし」とか「最澄おろし」とか「法然おろし」とか「日蓮おろし」と名づけるべきだと思わないか?
そのくらい胸が痛くなる「空っ風」が吹き荒れていると思うが…。

■愛知県豊橋全裸女性絞殺事件

●現時点で知りうる限りの事件の断片的概要

11月28日午後3時45分ごろ、愛知県豊橋市大村町花次のピンク色2階建てアパート「石黒ハイツ」102号室で、11月26日以降メールをしても返事がないため不審に思って訪れた(?)友人男性(?56歳)が、その部屋に住む独り暮らし女性(???53歳)がベッド脇に全裸で仰向けに倒れ死んでいるの発見し、110番(119番??)。
何でも、玄関の鍵は開いていて、室内に荒らされたような形跡はなく、両手首を胸の前で粘着ビニールテープで何重にも巻かれ、目立った外傷や出血の痕は見られず、顔が鬱血、足元に衣服が置かれていたというから、メチャクチャ悲惨。
アパートはワンルーム型で1、2階各4室。
現場はJR豊橋駅の北約3km(JR牛久保駅の南約2km?)の住宅街で、周辺は田畑。
ちなみに、司法解剖の結果は、死後1~2日ほどで(?)、タオルのような柔らかいもので首を絞められたことによる窒息死。

●東仙坊がプロファイリングする、この事件の不可解な点

①東仙坊、個人的な事情で目が回るほどの忙しさにもかかわらず、この事件をどうしてもプロファイリングしたくなってしまった理由は、2つ。
一つは、また愛知県豊橋市で発生した卑怯で卑劣な犯行だったということ…。
えっ、みんな同じだって?
痴情怨恨による、残酷無比な殺人、情けなくてみっともない愛知県警、未解決は今や定番だって?
もう一つは、マスメディアの極めてミステリアスな被害者女性の表現の仕方…。
「その部屋に住む女性と思われる(??)」、「50代ぐらい(??)女性が倒れている」と言いながら、「遺体発見の知人男性は11月25日夕(?)にそのアパートで(別の場所?)女性と最後に(?)会ったが…」、「愛知県豊橋市の女性がアルバイトしていたスナック(居酒屋?)店長(75歳、女性経営者79歳?)は、『土曜日はうちにきています。午後11時半まで仕事やっています。あんまり急なことでね、こっちも頭の中、真っ白になっちゃって。あの子の勤務態度、くればね、なかなかあれして、マジメな子だったよ。人当たりがよく、客からも好かれていた。まあ、性格はちょっと男っぽいところがあるね。午後11時すぎまで(働いて)。タクシーで行かなければしょうがないねなんて、しゃべったのが最後。それが土曜日。やさしい子だったなぁと思って、だから気に入っていた』と言っている」とまで書いているのに、何でジェーン・ドゥみたいな身元確認中の表現なのか、凄く気になったから。
そ、そ、それが、急に室内に「住民基本台帳」があり、貼付されていた顔写真と一致し被害女性の身元が確認できたと言い出したから、ますますミステリー???

②今や、個人の正確必需品でしかない携帯電話がなくなっていたことも、なぜか後日に判明したという不可解さ?
それはそうだと思わないか?
確か、遺体発見男性は、「11月26日、11月27日にメールを女性の携帯電話にしたが返事がなかったので心配した」と言っていたのでは?
ところで、この被害女性(便宜上、ジェーン・ジュクジョと呼ぶ)、昨年9月から週2回午後6時から午後11時半までアルバイトしていて、11月26日も働いていたのでは?
ということは、少なくとも11月26日に関しては、ジェーン・ジュクジョは意図的に遺体発見男性のメールに返事しなかったのでは?
それだけでも、11月26日の夜中は、ジェーン・ジュクジョに別の約束があったと考えるべきでは?
それだけじゃない。
前日の11月25日は、ジェーン・ジュクジョは、アルバイトは休みではなかったのか?
つまり、ジェーン・ジュクジョにとって、遺体発見男性は、そんな相手(客?)でしかなかったのでは?
実際、それでいて、土日は訪ねなかったのだから(??)、妻子持ち?
どうあれ、金銭的に満足させてくれる相手でなかったことだけは間違いないのでは?
どちらにしても、東仙坊、初めに決めたタイトルにするだけで、答えのわかる事件だと思うが、どうだろう?
そのタイトルは、「愛知県豊橋全裸シングル熟女絞殺事件」…。
もしかしたら、「愛知県豊橋全裸謎のシングル熟女絞殺事件」の方が適切か?

③ジェーン・ジュクジョは、約1年前からそのアパートに住んでいたというが、アルバイトを始めたのは昨年の9月。
ということは、それまでは、どこで誰と住んでいたのか?
そもそも、そのアパートの賃貸契約者名は誰だったのか?
ジェーン・ジュクジョではなかったから、なかなか身元確認ができなかったのでは?
また、生活保護を受けていたのはどうして?
というより、どうやって生活保護が受けられたのか?
悲劇のジェーン・ジュクジョに、もちろん鞭打つつもりは毛頭ないが、その生活は、特に過去は凄くワケありでは?

④事件捜査の鉄則は、すべてはcrime scene 事件現場。
その見地から言っても、開いている玄関、荒らされていない部屋、見つからない防御瘡、ベッド脇に全裸、足元に衣服、仰向けで胸元に粘着ビニールテープで何重にも巻かれた両手首…。
どこをどう見ても、顔見知りの犯行。
それも、一度ならず何度もその現場に足を運んだことがある、ジェーン・ジュクジョの友人男性(元夫を含め?)たちの一人がホシでは?
ところで、レイプ検査は? 陰部のDNA検査は?
どうあれ、唯一の連絡方法であるジェーン・ジュクジョの携帯電話のメールや送受信記録のなかに、ホシはいるはず。
その意味では、事件解決は簡単なのでは?

There might be some retaliation when you do way of life you become a mature woman and become and fall and not to mind(熟女になってなりふり構わぬ生き方をしていると、それなりのしっぺ返しがあるかも)!

To be continued...
 

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード