Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-11


【前回までのプロファイリング】
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-1
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-2
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-3
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-4
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-5
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-6
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-7
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-8
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-9
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-10




我が国って、ほんとうに文明国なのだろうか?
もう壊れきってしまったのか?壊れている途中なのか?壊れ始めたのか?
かの三島由紀夫が1970年に割腹自殺した時には既に、「無機質で、空っぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない経済大国になってしまった」と、日本の将来を憂慮していた。
すべての箍が緩んでしまい、モラルが木端微塵に粉砕され、夢も希望もない国になってしまったのか?
東仙坊は望みを棄てていない。人間ならではのこの上ない繊細さ、感受性、思いやり、ほんとうの愛さえあれば、まだまだなんとかなる。
それにしても、香川坂出3人殺害事件は、やはり当初直感した通り、ぐちゃぐちゃでしかなかった。
Eventually I’ve gotten lots of regrets because of profiling this case(この事件をプロファイルしてやっぱり後悔した)!


■東仙坊の香川坂出3人殺害事件 総括

Children are a link between husband and wife(子はかすがい)!

結局、坂出警察署(Sakaide Police Department:SPD)は、ボケナスの単独犯ということで片付けてしまいそうな気配である。
信じられない、東仙坊は危惧する。
どちらにしても、この犯罪は、土着的な色彩の強いrude(教養のない)dull(鈍感な)な地域が生み出してしまったとも言えなくない。
懐かしい日本語で簡単にまとめると、
子は鎹(かすがい)と全く考えない、破れ鍋に綴じ蓋も知らない、うだつの上がらない一人の男と、羽目を外した一人の女が織りなした、痴情怨恨事件にほかならない。
さらに言うと、
異常な家庭環境で育ちながらもグレることのなかった男が、溺れるものは藁をも掴む状態の女から、白羽の矢を立てられて、その肉体的欲望に惑わされ、阿漕(あこぎ)に金を無心され、抜き差しならぬ情況に追いつめられ、挙句の果てには、等閑(なおざり)」のまま、戸板に豆だからと、鳴かず飛ばずの心境から、惨殺することで、ケリをつけたというのが関の山
人間万事塞翁が馬。まさに、鶴亀鶴亀
他山の石にしないと、禍々(まがまが)しい事件だった。

新しい年になっても、東仙坊の願い空しく、次から次へと卑劣で身勝手な犯罪がいろいろ起きている。
1月3日、佐賀県唐津市で、21歳の女性が、岩本朋宏(23歳)によって、交際のもつれから殺され、ミカン畑に放置された。
どうやら、今年も東仙坊忙しくなりそうなイヤな予感がする。
どうあれ、今回で、香川坂出3人殺害事件のプロファイリングは終了する。
東仙坊、あとどのくらい生きられるかわからないが、残りの人生、少なくともDADのようなオトコの顔だけは2度と見たくない。



 にほんブログ村 ニュースブログへ 

プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-10


【前回までのプロファイリング】
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-1
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-2
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-3
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-4
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-5
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-6
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-7
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-8
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-9




人間、生きていることに確固たる信念を持てなくなると、刺激的なゲーム的興奮だけを欲しがるようになる。まさに、エキサイティングな「バーチャル・リアリティ」を好むようになるのである。
実際、ある調査によると、今の高校生までの子どもたちの20%が「死んだ人が生き返る」と考えているのだそうである。
東仙坊、何も言えない。
そんな風潮の象徴的な出来事が、この正月の福袋への狂騒だと言える。
実は、東仙坊、本業の方でそれらにある種加担しているので責任がないとは言えないのだが、正直、ショックを受けている。
本来、ショッピングは自分で欲しいものや必要なものを、欲しいだけ必要なだけ買えばいいだけのはずである。単なるおトク感やノリであれだけバカ騒ぎされると、赤面させられる。あまりにも刹那的すぎて、みっともない気がしないかい?
世の中、どこか変な方向へ、ズレだしている気がして、とても不安になってきた。
そういえば、東仙坊、この正月に運転しながら、ますますドライバーのマナーが悪くなってきたようで、閉口させられたばかりである。なぜ、そこまでイライラしているのか?
人間だからこそ、誰だって自分がかわいいのはわかる。でも、ここまで自分のエゴのために他人のことを無視するようになってくると、異常としか言えない。


■東仙坊のプロファイリング 川崎政則の自供できない犯行動機④

ボケナスの事件発生の銃のトリガーを引いた決定的な主因に言及する前に、実はDAD(もう忘れている方もいるかもしれないので…。被害者の父親であり娘婿)の、昨年12月7日、全国ネットの某特番での衝撃発言が、重要なポイントでもあるので、それに基づいたプロファイリングをしておきたい。

I have been wondering how come that man could speak in front of TV(なぜあのオトコはTVの前であれだけ喋るのだろう)?

DADの証言に基づくプロファイリング

①「妹の枕元で姉ちゃん口説くような男で、まぁ自分がギャンブルしよっても、家に金を入れんでも、生活は成り立つし、それでガンになったU.S.に『掃除せい、ご飯の支度せい、弁当は』という、そう言う風にこき使う鬼の人間ですね。『オレと一緒になったら、じいちゃん・ばあちゃんが喜ぶわ』と執拗に口説いていたみたい」
ボケナスの性格では、第3者のいる前で絶対に意思表示なんかするわけない。これはMASAからの直接的な、または女房(MASAの娘)や子どもたちからの間接的な、また聞きでしかない。これはまさしくMASAの方から口説いていたという証左でしかない。
なぜなら、いくら鬼畜のMASAでも身内の前ではまだまだ多少の見栄があったに違いないからである。


②MASAがいつも「もうあんな気色の悪いオッサン、どうにかならんかなぁー」と言っていた。
普段から間違いなくMASAは、自分の周りのヒトたちに言訳がましくそう言い続けたに違いない。そう言わなければ、いくらなんでも自分が惨めでたまらない、ボケナスがそんな対象でしかなかったという意外の何物でもないという証左である。
とにかく、ボケナスは影の薄い男だったのは事実である。


③DADがMASAに自分からボケナスに口説くのをやめるように言うと提案したとき、MASAは「ややこしいことになる。自分から直接言う」
これこそが、MASAの決定的なやましさの表現でしかない。ウソをついているヒトが最も恐れるのが、客観的な会話であるのは当たり前。

④「財産を狙っていたんですよ。ばあちゃんと一緒になったらもう受けとる人間いないじゃないですか」
レベルの低いバカな話でしかない。U.S.が娘であり、そこに子どもがいる以上、法定相続は間違いなくある。逆に、これはDAD自身がMASAの娘と結婚した理由だと述べているのに過ぎない。

⑤「金銭だけで人殺せるもんか。はっきり言って、金銭問題以上に恋愛感情あった人間を殺す、その分の方が強いんちゃうか」
その通り、周りのヒトたちは2人の肉体関係をとっくに知っていたということにほかならないのである。

では、東仙坊の明言する、ボケナスの確定している決定的犯行動機の主因は、2つある。
もちろん、それらとすでに挙げてきた副因の数々が微妙にかつ複雑に絡んでいたのは当然である。

ボケナスの決定的犯行動機①
MASAが、妹の死後、露骨にボケナスの肉体的要求を拒絶するようになったからである。
そのために、父親からなぜか邪険に扱われていた孫たちを盾にし始めたからである。
しかも、邪気のある孫たちは、祖母と一緒になって、「気色悪い」とボケナスを嘲笑するようになったからである。
そのために、不幸にも孫たちまでが一緒に惨殺されることになったのである。

ボケナスの決定的犯行動機②
MASA が当てつけのように、ボケナスと真逆の30代の背の高いオトコと親密になっている場面を目撃してしまったからである。
しかも、真っ最中のところを見てしまったのである。
だからこそ、MASAの胸を何度も何度も刺しまくったのである。
そしてまた、だからこそ、その数ヶ月間、ボケナスが一人で悶々としていた隠れ場所を、MASAの処刑場にしたのである。


そして、確定していない主因がたった1つある。
「はよせんか」の声である。
この声の主は、東仙坊がプロファイリングする限り、DADに限らず、元夫、息子、娘の元夫、ボケナスの息子、あるいはそれら全員がグルでなど、ありとあらゆる可能性がある。
というのも、ボケナスは、母親が死んだ時点で、妻が死んだ時点で、例えこの事件を起こさずとも、既に何の希望もない絶望の人生でしかなくなっていたからである。
それゆえ、仮にMASAが保険に入っていたとしたら、姑息なそれでいてこざかしいDADか元夫がマスコミから獲得する金をボケナスの家族に分配する条件などを与えて、ボケナスを唆したのである。

To be continued…



 にほんブログ村 ニュースブログへ 

プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-9


【前回までのプロファイリング】
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-1
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-2
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-3
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-4
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-5
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-6
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-7
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-8




■東仙坊のプロファイリング 川崎政則の自供できない犯行動機②

東仙坊が前回書いた「川崎政則の自供できない犯行動機①」は、昨年の2月のことで裏付けされる。
昨年2月、不幸な女は不運も呼ぶのか、ガンの5年以内の再発、しかもU.S.は肺ガンなのである。覚悟はできていたはずなのである。
それなのに、30年暮らした家、家族と一緒を選ばず、あえて無駄な入院をしたのである。
事実、余命何ヶ月を告知され(東仙坊、この告知に実は凄く頭に来ている。長くなりそうなので止めるが、自分を何様だと思っているのか医者は?)、最後の外泊をほのめかされ、夫であるボケナスより姉であるMASAを選んだことが、レズビアン説やボケナスを逆上させ、今回の事件に繋がったなどとマコトシヤカニ言われている。
確かに、この東仙坊もこのやり取りが大きく影響していると「香川坂出3人殺害事件-4」で明言している。
しかしながら、東仙坊が示唆する意味は一般とは明らかに違う。
重要なポイントは、5年前と歴然と違い、U.S.が入院すると同時に、MASAは現場となった娘の近くの借家に引っ越したことである。
つまり、ボケナスから離れ、逃げて行ったのである。
その行為自体がボケナスをほんとうに逆上させ始めたのである。
ようは、末期を姉の新しい家を選んだということは、妻から、暗に【私はみんな知っているのよ。いい加減にして頂戴。みっともない。イイ年して恥ずかしくないの?子どものため、今では孫のためにも黙っててあげるけど…第一、姉さんも嫌がっているのだから】と言うことなのである。
だからこそ、「おまえのせいですべてが滅茶滅茶になった」というボケナスの言葉は、U.S.の【アナタのせいですべてが滅茶滅茶になった】というU.S.の心の声が言わせたということでしかなく、【例え私が死んでも、姉さんの家に追いかけていってはダメよ】とまで念を押されたのである。
と同時に、妹の性格を熟知、利用し、最後まで卑怯にもボケナスとの関係をネタに金を脅し取る姉MASAに対しても、【私が死んでも、一生このことは誰にも口外しないように】と念を押しているのである。
つまり、気丈なU.S.は、最後まで自分の家族の面子を守ろうとしたのである。
そうでなければ、あえて姉の家に行く必要もなく、自分の家に帰るのが嫌なら、実家である両親のところに行くか、ほんとうにお金があったのなら、どこか旅行にでも行ったに決まっている。
ましてや、自分の銀行の預金通帳やキャッシュカードを、そんな姉になんか百人が百人渡したりはしない。自分の子ども、特に孫を生んだ娘に渡すに決まっている。
百歩譲って、仮に姉のMASAを信用したのだとしても、喪主が葬式代を払えないのである。亡くなったのが口座の名義人なのだから、その口座の金で払ってあげるのが筋でもあり、当人の願いでもあったのではないのか?
病院のベッドで、まもなく確実に訪れると言われてしまった死を前にして、その見舞金まで姉にそっと渡している姿があまりにも情けなくなってしまった。
それゆえ、我慢に我慢を重ねていたU.S.でも、ついに堪忍袋の緒が切れたのである。
今まで押さえ込んでいた感情が爆発し、結婚して初めて自分の夫であるボケナスを罵り、夫婦喧嘩が表面化し始めたのである。
また一方、その時点でほとんどボケナスをウザイと感じていたMASAの方も、そんな妹を煽り始めたのである。
ところで、その見舞金がどのくらいあったのか(香典でさえ20万円なのである)?預金がいくら残っていたのか?東仙坊、若干気になってもいる。
どちらにしても、MASAが2人の関係をとっくに妻であるU.S.に暴露していたことの事実自体が、無知蒙昧で女の本性を知らないボケナスにとっては、予想できなかった裏切りであって、許しがたいことだったのである。それも今回の事件発生の間違いなくもう一つの副因となっている。


■東仙坊のプロファイリング 川崎政則の自供できない犯行動機③

“目から鱗”の興味深い話がある。
ヒトはストレスを受けると、「オキシトシン」というホルモンが分泌してきて、男性はそれによって「アンドロゲン」が刺激され、鎮静作用が阻害され、攻撃的になってゆくのだそうだ(これはなんとなくそんなものと思う)。
しかるに、女性は「エストロゲン」が刺激され、鎮静作用が増幅され、やさしくなってゆくのだそうだ(思わず、ウソ!ヘー!)。
もちろん、ボケナスやMASA 、MASAの元夫、MASAの子どもたち、DADなんかには、何のことだか絶対にわからないことだろうが…。
更年期に入りそうな50歳前に、肺ガンを宣告され、摘出手術を受けた女性。そして、抗ガン治療費用毎月6万円を自分で払うためにボロボロになって働いている女性。実の姉と不倫し金を貢ぐ夫とそれをネタに借金を迫ってくる姉のために、初孫にお祝い1つ満足にあげられない女性。
いくらほんとうは性欲の強かったU.S.でも、抗ガン剤などの影響や死への不安もあり、自分を裏切った最低のオトコであるボケナスの要求だけは受けなかったし、ボケナスはボケナスでそれが好都合だったのである。
いったいU.S.は何を考えて死んでゆき?夫によって、なぜか話し合えるようになった姉MASAと今どんな話をしているのか?
ともあれ、ボケナスは、母親の教えに背き、不満だった妻の姉のための借金さえ忘れ、すっかり溺れてしまったMASAへのlust(肉欲)のために、生まれて初めて自分で借金をしたのである。妻のU.S.がMASAのために借りた6枚の他にも、借用証書があるからこそ、ボケナスは余計口惜しくて金の話を前面に押し出し始めたのである。
つまり、せっかくのU.S.の最後の願いも空しく欲望のままに、さらに言うと、ある意図を持つ周りのヒトたちのガセ情報や煽動によって、昨年4月の妻の死後、ますますMASAへの傾斜を深めていったのである。
MASAはMASAで、ほとんど絞りきってしまったレモンのようなボケナスでも、【いまさら、減るもんじゃあるまいし】と小銭欲しさに新しい部屋に呼んだのである。
だからこそ、間取りもよく知っていたし、それこそ鍵の在りかまで知っていたのである。もしかすると、合鍵まで持っていたか、渡されていたのである。
あるいは、巷間言われているように、誰かが…。これは最後にきちんと説明する。
ともあれ、強かなMASAは妹の死によって、妹名義の借金が消滅すること、財産相続が優位になることは知っていた。
しかしながら、なにぶん、MASAはその日の生活に困り過ぎていたし、ボケナスは他にやることがなさ過ぎた。
そして、坂出ならではの明け透けな地域特性が、「あのキモいチビ爺さんマジだぜ」「そこまでさせておいて、それはないよな」「実の姉と関係するなんて奥さんがかわいそう」「あのしょぼい風采でどうやって喜ばせてるんだろう」「あの公衆便所のどこがいいのかしら」「このままじゃ奥さんも浮かばれまい」、それぞれがそれぞれにボケナスを追い込んでいったのである。
すなわち、言いたい放題の周りからの揶揄と中傷がボケナスのテンションを否応なしに高めたのである。
それが、この事件発生の銃に、弾を込めたのである。
ところで、その前に東仙坊どうしても確認してみたいことがある。
MASAは一切保険に入っていなかったのか?
DADは今度の事件でいくらマスコミからせしめたのか?
あの地域の人たちは、なぜあんなに堂々とマスコミの前でためらいもなくいろいろと話すのだろう?

To be continued…











 にほんブログ村 ニュースブログへ 

プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-8


【前回までのプロファイリング】
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-1
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-2
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-3
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-4
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-5
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-6
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-7




Did you know the murder as same as this case without the cause in Kagawa Prefecture(同時期に起きた香川のもうひとつの殺人を知っていた)?

この事件と全く同じ時期。昨年11月14日、派遣型風俗店従業員の31歳女性を、仕事を終えた徳島のホテルまで迎えに行った経営者の松本恵美(33歳)とその夫の松本充宏(38歳)が車中で絞殺し、香川県東かがわ市坂元の大坂峠付近の山中に遺棄したというのである。その動機が「被害者の暴力に耐えきれなかった」と言うから、またしても唖然、呆然、絶句させられる。
女男女(PCのフォントにないので、後の文字を参考にイメージしてください!)という文字がある。
逆に、嬲という文字もある。どちらも、ジョウ、なぶると読み、もてあそぶという意味である。
「ヒトの命を簡単にもてあそぶ」。なぜか昨今そんな犯罪が増えてきている気がするのは、東仙坊だけなのか?
かのゲーテが言っている、「自らの内にその傾向を見い出しえない犯罪は一つもない」と。


■ボケナス川崎政則の自供に基づく事件詳細の再確認

①司法解剖結果によると、3人とも大量の出血による失血死で即死である。共に、複数の刺し傷があり、特にMASAには何度も何度も胸を刺している。では、子どもたちはなぜ殺害されたのか?「騒がれたので」という供述は信ぴょう性が無く、明らかに3人に対する強い殺意があった。その証拠に、ためらい痕が全くない。

②最初は現場に「初めて行った」と言っていた供述を翻し、「1,2日前に下見に行った」と言い始めている。では、鍵のかかっていないことをどうしてわかった?間取りは?

③「懐中電灯を持参した」との供述に加え、「血が飛ぶのでカッパを持って行った。熱帯魚の水槽の灯を利用した」とも言い出した。では、以前にもヒトを刺した経験があるのか?DADのいうところのこれらの計画性(?)なるものは、まるで誰かから聞いたか、命令されたかのようで、凄く不自然でしかない。

④現場から1.5km離れた、当日も翌日も自分が働いていたパン工場の北西300mの坂出港の資材置き場に、わざわざ穴を事前に掘っておいてまでして、3人を遺棄している。では、なぜそこをMASAの処刑場所に選んだのか?そして、なぜさらにその翌日、律義にも(?)退職届まで提出したのか?

⑤犯行翌日、ご丁寧にも義理の両親を「気を落とさないで」と激励に尋ねている。では、なぜ逃走(?)する際、息子に「一人で生きてゆけ。ジッちゃんとバッちゃんに言うな」と言い残したのか?

⑥坂出市に近い高松市のウィークリーマンションに逃げ(?)、わざわざ戸籍まで移している。そこまで、警察をバカにしたのはなぜ?あるいは、本物のボケナス意外の何者でもないのか?

⑦実際、このボケナス、マスコミが掲載した大昔の写真と大違いで、現場検証に立ち会う時の風情では、周りの証言にもある通り、痩せてげっそりとした感じの初老のオトコでしかない。では、最近の写真すらないのはなぜ?



■東仙坊のプロファイリング 川崎政則の自供できない本当の犯行動機①

すべての今度の犯行への道筋は、5年前にゴングが鳴ったと断言できる。
当時のMASAの生活は、まさに奈落の底状態で、3万円の自分の家賃が払えず夜逃げまでしている。そして、金欠の余り、結婚詐欺に近い手段まで取りつつ、パチンコの玉欲しさにパチンコ店従業員と不倫までしながら、やけくその、破れかぶれの、自堕落極まりない淫売生活をしている。
ということは、逆に言うと、もういい加減ほとんどのヒトたちが、簡単にはMASAに金を貸さなくなっているのである。
それは頼みの綱であるU.S.も同じだったに決まっている。
本音はどうあれ、400万円ものヤミ金への返済までさせられているのだから、当然といえば当然である。事実、この頃、姉の無心に対してのグチを周りにU.S.はこぼしている。
そして、肝心のボケナスはというと、本人の自供にもある通り、「すでにMASAのpride(傲慢)greed(貪欲)sloth(怠惰)な無心に対しwrath(憤怒)を覚えていた」のは確実である。
事実、MASAはボケナスのいない時を見計らって借金をしに来ていたと、U.S.の長女が証言している。
その一方で、ボケナスは自分の妻であるU.S.に対し【なぜあんなだらしない姉に大切なお金を貸すのかと、一種のenvy(羨望)wrath(憤怒)に近い猜疑心を間違いなく持っていた】。
それでは、仮にも正真正銘の夫婦である、そのような感情をなぜ簡単に表現できなかったのか?もちろん、生来の劣等感の強いイジケ虫だったこともある。それどころか、そんな感情を必死でコントロールしなければならない絶対的理由を、その時はまだ持っていた。
なぜなら、まだ自分の母親が健在だったからである。
ボケナスのプロフィールを記述した時に指摘したように、ボケナスを戦死した夫の代わりに夫の実兄との間で生み養子縁組みさせてもらった以上はという母親の執念が、ボケナスの体の隅々にまで染み込んでいた。
実際、その少しでも恥ずかしくない人間に育てようとしたその決意が功を奏したのか、ボケナスは、少年時代からぐれることもなく、自他共に認められる実直のオバケみたいなオトコだったのだが…。
運命とは残酷である。魔性のすれっからしMASAとさえ出会わなければ…、正しくはその妹とさえ出会わなければ…。
どちらにしても、4年前に96歳で往生した母親は今頃さぞかし草葉の陰で悲涙を流していることだろう。そう、すべてが無駄になり、その自分が犯してしまった最大の罪を後悔しているに違いない。
また、その意味で、ボケナスの母親の死が、この事件発生の1つの副因になったことも否めない。
では、なぜこの5年前のその時なのか?
夜逃げした後、lust(肉欲)の化身であるMASAが、この妹であるU.S.とボケナスの住む借家のすぐ近くに移り住んだのである。
それにしても、東仙坊、合点がいかないのは、なぜ簡単に借金だらけなのに引っ越しができるのか?いくら物価の安い地方だとしても費用がかかるのでは?なぜ、一人暮らしなのか?元夫はどこ?息子たちはどこ?刑務所?不可解極まりない。
ともあれ、そんな状況下になったのに、平々凡々で質素極まりなくとも普通に暮らす56歳のオトコの妻が、不運にもガンの摘出手術のために入院してしまうのである。
つまり、家を離れたのである。
百戦錬磨、手練手管、なんでもありの必殺オトコ殺しの巨大MASAとマザコン小男ボケナスとの勝負の結末など、ボビー・オロゴンとボブ・サップの試合以上に、見なくてもわかることなのである。
そして、その結末を利用して、その醜聞から必死に意地でも家族を守ろうとする実の妹U.S.から卑劣に金を脅し取り、またもう一方で、【まさか妻の姉なのだから言うわけない】と能天気で女に無知蒙昧な義弟のボケナスからも狡猾に金をせびっていたのである。
なぜ、ここまで東仙坊が断言できるのか、それは前にも書いたように、偏にU.S.の本質的性格が影響しているからである。
エデイプス・コンプレックスを持つ女性は、基本的に性欲が強い。そのうえ、姉妹がある場合、それを反面教師に見立てて行動を選ぶ傾向が強いが内実はほぼ同じ結果。
その意味で、不幸極まりないU.S.のたった1つ趣味であった「姉さんと一緒に行くカラオケ」というのも、実は、裏切ったボケナスへの復讐として、肉欲の権化のMASAと一緒に別のオトコと逢っていて、その口止め料として金を渡していたと考えたほうが整合性もある。

To be continued…







 にほんブログ村 ニュースブログへ 

プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-7


【前回までのプロファイリング】
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-1
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-2
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-3
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-4
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-5
プロファイリング-4 香川坂出3人殺害事件-6




Where is the moral gone in this country(この国のモラルはいずこに)?

昨年の大晦日、鹿児島県南さつま市で、森竜二(34歳)が両親をハンマーで殴り、父親を殺害し、母親を重傷にし、自分の頭を殴って(不謹慎だけど、可笑しくない?)自殺しようとした事件がまた起きた。
12月30日には、千葉県柏市で、合宿中の女子高校生をわいせつ目的で襲おうとし、日本競輪A級選手、三井呂之33歳が現行犯逮捕された。
一体全体、今日本人はどうしちゃったのだろう?何がしたくて生きているのだろう?
「そんなの関係ない」とばかりに、どこまでも自己中心的で、瞬間的にキレちゃうのだろうが…なぜ?
人間は、「ホモ・サピエンス(賢い人)」ではないのか?
自制心とか修養とかを持っているのではないのか?
自分のストレスや不満を全く躊躇せずに他人にぶつけ、他人の痛みなどこれっぽっちも考慮しないエゴイストでいるなんて…実に、みっともない。

Think about the mean of your life by yourself. Please don’t blame someone (自分の生きていることの意味ぐらい自分で考えろ、他人のせいにするな)!

かつて評論家、小林秀雄は「個性というものは、ひとりよがりの思い上がりで、できるものではない。柔軟な心で素直に社会と交わらなければ、うまれないもの。社会的なものがあってこそ、個性は成長するのだ」と言っていた。
解剖学者、養老孟司の言う通り、せっかく生まれながらにして持つ65億分の1の個性を成長させなきゃ、実にもったいない。
「それがわからないから、困っている?」って、甘えるのもいい加減にして欲しい。
「他人に甘えるな!弱気をくじけ!勇気を持て!他人を思いやれ!」
東仙坊はズーっと叫び続けている。

I’m gonna show you the mean of life(東仙坊が不遜にも教える人生の意味を)!
極めて簡単である。
いつも『メメント・モリ(死を想え)』を忘れなければいいだけである。
そう思わないか?
年末の異常な稲妻、雷鳴、そして直後の不思議な空の色…。
生きているから、感じられる、可笑しいと思わないか?
だから、「どうでもいい」「どうにでもなれ」って言うのは、信じられないほどのオタンコナス。
誰がどう言おうと、圧倒的に死の方が長いのである。
なのに、間違いなく今生きていることは事実(?)なのである。
できる限り生きて、できるだけ多くのことを感じていたくないか?
感じるって、最高だと思わないか?それこそ死んでもいいくらいな気持にならないか?
とくに、他人の笑顔や喜ぶ姿、やさしい眼差し、鳥の鳴き声、みずみずしい花びら、生きている喜びではないか?
さらに言うと、世界的分子生物学者、村上和雄が示唆しているように「人間は生きていることがすばらしい」のである。氏によると、「約60兆の細胞のうち、約30億のヒトゲノムがあり、ONしているのはたったの10%位で、90%がOFFしたまま。特によいDNAがOFFしているので、悪いDNAをOFFし、よいDNAをONさせるには、プラス思考で感動すること」だそうである。
ただここにも問題があり、動物行動学者、日高敏隆によると、利己的DNAは利他的DNAよりも強く働くようで、余程の後天的要因がないと抑えられないらしい。
つまり、悪いことをするDNAは遺伝してしまうのである。
ともあれ、ホーキング博士が警告している。
「このままでは次のミレニアムはない。現在、視認し得る、地球程度の文明を持つ惑星が宇宙には200万あり、そうした惑星同士の交流がないのは、どれも文明の過剰発展で極めて不安定になり、宇宙全体から見るとほとんど瞬間的に崩壊消滅しているから…」と。
いまこそ、我が国は、愚劣で低レベルな経済市場原理主義を棄て、作家、司馬遼太郎が言った「美しい停滞」を選択すべきではないのか?
どちらにしても、作家、開高健が言ったように「明日地球が滅びるとも、今日りんごの木を植える」と、毎日全力で生きてゆくのが人間の生きる意味なのである。

話が大分それたので、元に戻すが、最後に、吉田兼好も、その「徒然草」で、「死は前よりしも来らず、かねて後ろに迫れり。沖の干潟遥かなれども、磯より潮の満つるが如し…されば…必ず果し遂げんと思はん事は、機嫌を言ふべからず」と説いている。
ようは、「生老病死は潮時もなく何もなくやってくるから、ほんとうにやりたいことややらなければならないことは、すぐにやるべき」と示している。
だから、東仙坊も急いでいる。

Look! A silly politician, you couldn’t meet UFO absolutely(バカな政治屋さん、UFOとは出会えないよ)!



■この事件が起きた環境の持つ重大な問題点

この惨殺事件発生場所が、それに関わるほとんどのヒトたちが、四国、坂出市からなぜか離れてないことは特筆に価する。
我が大和民族のルーツの約60%が、朝鮮半島を経由した北方蒙古民族であり、残りの約40%が南方の海から直接入ってきたポリネシアン民族であることはよく知られている。
そして、特にポリネシアン系のそのDNAが、実は四国に色濃く残っているということに、東仙坊は着目した。
それは、よく言えば、南方特有のおおらかさ、奔放さであり、悪く言えば、だらしなさ、適当さでもある。
それの最たるものが、つい最近まで残っていた(今も?)『よばい(婚)』であり、いわゆる「夜這」である。
もともとは、求婚すること(名前を繰り返して呼ぼう、の“呼ぼう”)の名詞形であり、女系社会だった我が国らしい圧倒的女性優位システムのことである(ジェンダー・フリー信者には垂涎に違いない?)。
これは、基本的に未婚の男女間の話であり、親も周りも積極的に支援していた公明正大なところもあり、仮に複数の男性を受け入れていた女性が妊娠しても、その男の中から好きなオトコと有無を言わさず結婚でき、子どもも誰の子というより、村の子としてみんなで協力して育てたのである。
東仙坊もこれを一概に不謹慎だとも思わない。ある種合理的な側面もあり、現在のような身勝手な子殺しが無くなるかも知れないところもある。
ただし、それが本来の解放さを維持するには、余程の人間的な習熟と寛容さが絶対条件であり、現在のような自己中心的で未成熟な、大人になれないヒトたちでは遠い夢でしかない。
実際、今話題の高知の「ヨサコイ」も「夜さ来い」、すなわち夜這であり、徳島の400年の伝統を誇る盆踊り、「阿波踊り」も、リオのカーニバル同様、踊り自体はsexの官能的姿態を表現しているorgyの一種なのである。
東仙坊、実は阿波踊りが意外に好きで、徳島で踊っている。
また、高知の女性には、「ハチキン」と呼ばれる気の強い面があり、結婚年齢が全国で1番低いのに、離婚率が逆に1番高いそうである。

To be continued…




 にほんブログ村 ニュースブログへ 
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード