Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-22   愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件-epilogue

I wonder if the Japanese police might flinch as soon as a fragrance of the garlic is strong(日本の警察は、ニンニクの香りが強いとすぐ臆するのかも)!

東仙坊、愛知県警の無能ぶり、テイタラクぶりを危惧しなければならない事件は、まだまだある。
プロファイリング-22 愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件-1で、愛知、岐阜両県警の合同捜査本部は、10月24日、このうえなくお門違いのトバッチリで無残に殺された産業廃棄物処理会社「富田日中貿易」48歳主婦営業課長「戻らない花配達人」を殺害したとして、営利・加害目的略取罪などで起訴中(???)の金型製造会社「プロスワン」社長、市川孝之(46歳)なる親のスネ齧りアンポンタンを再逮捕。
その報道に、思わず、「えっ、何? それ! まだ殺人で逮捕されていなかったんだ」と、一人絶叫…。
そのあまりのショックに、目ん玉が飛び出そう。
昨年11月7日ごろ、御嵩町美佐野の山林にある農業用水路(幅約50cm、深さ約30cm)に、「戻らない花配達人」を押し込んで身動きできない状態のままフタをかぶせて放置し、溺死させて殺害させたというのに、何で親のスネ齧りアンポンタンをまだ落とせないのか、愛知県警???
確かに、どこかニンニク、ジンニク・シャブシャブ? 8.9.3.バーン、金.金.Kimの香りいっぱい。
何とも臭くてベトベトでニュルニュルな感じ。
それでも、事件発生当時、親のスネ齧りアンポンタンの携帯電話に遺体遺棄現場付近から発信した記録があり、車が周辺を走行していたことも確認。
また「戻らない花配達人」が勤めていた産廃処理会社「富田日中貿易」と相川さんが勤めていた産廃処理会社と親のスネ齧りアンポンタンの父親の会社「市川金属」の間に金銭トラブルの存在を確認。
さらに、当時の天候や用水路の水の流れを調べた結果、用水路に放置すれば水死する恐れがあり、明確な殺意があったと断定。
目撃証言もなく物的証拠も乏しいが、殺害の機会と動機があるのは親のスネ齧りアンポンタン以外に犯行は不可能だったと判断し再逮捕になったというが、果たして…。
何しろ、我が国にはニンニクの香りのする執拗な人権派弁護士どもがいっぱい。
その判決を、日本人なら注視しておくべきだと思うが…。

そこで、東仙坊、あわててこの事件の親のスネ齧りアンポンタン4人の共犯者どもの営利・加害目的略取(?)裁判をチェック。
6月15日、第一回公判、
8月14日、名古屋地裁(田辺三保子裁判長)で判決。
まず判決から、逮捕時覚醒剤所持、愛知県岩倉市に住む、無職、戸島義男(72)、懲役7年、罰金100万円(求刑懲役9年、罰金100万円)。
愛知県岩倉市に住む、無職、伊藤次郎(46)、懲役5年(求刑懲役6年 )。
愛知県名古屋市中村区に住む、無職、文昇(54)、懲役2年6月(求刑懲役3年)。
愛知県東浦町に住む、派遣工員、野畑直志(47)、懲役4年6月(求刑懲役6年)。
ちなみに、4人とも韓国籍で、シャブ仲間。
1人が控訴。
公判から見る事件の顛末はこうである。
①戸島義男が、親のスネ齧りアンポンタンから「やっつけたい会社がある」と依頼を受ける。
②戸島義男は、伊藤次郎に依頼。
③伊藤次郎が、文昇を誘う。
④文昇は、野畑直志に依頼。
⑤当初、4人は親のスネ齧りアンポンタンと共謀し「富田日中」社長の連れ去りを計画してもののガードが厳しいせいか、弱い女性にターゲット変更。
⑥昨年11月7日午後3時半ごろ、岐阜県輪之内町の小川卓美被告が経営するプラスチック製造会社「東輪化学工業」の敷地内で、 商談を装って呼び出した「戻らない花配達人」に親のスネ齧りアンポンタンがスタンガンを押し当てるなどして車に押し込んだうえ、 両手を粘着テープでグルグル巻きに縛り、車内で親のスネ齧りアンポンタンが「ぶっ殺してやる!」と言って覆いかぶさり、 顔を殴っていたというから、最低。
⑦親のスネ齧りアンポンタンは、運転手役の野畑直志に、最初「この先に共犯者がいて、待ち合わせしていて、引き渡す」と話していたが、途中で「堤防に行ってくれ。こいつをぶっ殺す」と言い、 野畑直志が愛知県江南市で降りた後、親のスネ齧りアンポンタンが「戻らない花配達人」を乗せたまま車で走り去ったのが、最後。
つまり、最後の最後は、親のスネ齧りアンポンタンと「戻らない花配達人」は2人きり。
⑧戸島義男が連れ去りの4、5日後に報酬として計200万円受け取った際、親のスネ齧りアンポンタンから「3日ぐらい食事をしていないと聞いた」というから、共犯者にも偽装か?
⑨罪状認否で、4人は「間違いありません」と罪を認めたものの、いずれも「死亡の経緯は知らない」と供述しているというから、大変では?
⑩「連れ去りを依頼した親のスネ齧りアンポンタンが被害女性をどうするか考慮せず、利益目的で加担した。死亡原因の一端は被告らの身勝手な行動にある」という検察の見解が、リアルでは?
それにしても、「戻らない花配達人」を現場に呼び出した小川卓美が、逮捕監禁幇助罪で懲役2年、執行猶予4年とは、一体どういうこと?

どうだろう?
あまりにも無念極まりない「戻らない花配達人」のために、本当に愛知県警はこのなりふり構わぬ親のスネ齧りアンポンタンを本当に殺人で有罪にできるのか?
メチャクチャ不安にならないか? 

By such a plight, the unreasonable 48 years old woman who she was murdered and worked as a person shouldn't rest in peace(こんなテイタラクでは、メチャクチャな殺され方をした48歳女性が、浮かばれない)!


プロファイリング-22   愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件-2

I wonder how many companies should be the business partner of the industrial waste processing company in Wanouchicho, Gifu(岐阜県輪之内町には、産業廃棄物処理会社の取引先になる会社が何社あるの)!

東仙坊、オカシな話かもしれないが、地図を見ながら、目を回している。
そして、凄い行動力と呆れている。
そして、一所懸命やったのだろうが、あまり賢くないな…と、苦笑している。
とにかく、この事件の解明は、いくつかのポイント地点で、昨年11月7日の道路の防犯カメラを精査すれば、共通する車が簡単に浮かび上がるのでは?
その意味で、ホシの逮捕は、いくら無能な愛知県警でも、そう難しくないのでは?
そのキーを握るのが、その行動の順番…。
それを的確に読めば、さらに簡単なのでは?
また、2つに折られようが壊されようが、携帯の履歴、メール内容、カーナビの走行距離だろうと行先だろうとチェックできるのでは?
つまり、ホシの偽装は、メチャクチャ稚拙極まりないのでは?
それより何より、この事件で気になるのは、その動機では?
そして、こんな乱雑な事件を今まで放置していた愛知県警のテイタラクでは?

■愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①遺体にある多数の傷…。
それも、顔を何度も殴られたうえ、手足を縛られたような傷まで…。
それでいて、首を絞めたような跡があり、結果的に溺死とは、一体ホシは何がしたかったのか?
あるいは、何をしたのか?
何をしようとしたのか?
どう考えても、レイプが目的ではないことだけは確実では?
実際、検死でも、レイプはなかったのでは?

②あれだけの人っ子一人いないような山に遺棄しているのに、なぜその前に水死させたのか?
2011年11月7日は、月曜日である。
それゆえ、昼間の交通量は、それなりにかなりあったのでは?
それなのに、ワザワザ人に見られるリスクの高い、愛知県犬山市の「入鹿池(1633年に造られた周囲16㎞の日本で2番目に大きい人工池)」で、溺死させたのか?
そこには、「博物館明治村」とか、「リトルワールド」とか、「桃太郎公園」とか、観光スポットがいっぱいあるのでは?

③行方不明になったと思われる時間から(?)、最初の携帯電話発見まででも1時間と少々?
顔を殴り、手首を縛ったりしていたら、岐阜県海津市に行くには、ハナから「戻らない花配達人」を待ち伏せしていたということ?
少なくとも、そこから岐阜県輪之内町から南に走り、三重県三重県桑名市まで行ったのでは?
となると、殺害現場の愛知県犬山市、遺棄現場の岐阜県御嵩町から遠くなるのでは?
それでいて、これだけの広範囲を単独運転で果たして本当に回れるのか?
いくら道路事情がよくても、相当なスピードで走っても不可能なのでは?
それに、そもそも「戻らない花配達人」を乗っていた社用車に乗せて移動させたのか?
その社用車を午後8時までに愛知県名古屋市中村区に運んだということは、別の車に乗せたのでは?
当然、社用車を乗り捨てた後には、別の車も必要だったのでは?
どうあれ、愛知県東海市名和町─岐阜県輪之内町─岐阜県海津市─三重県桑名市長島町─愛知県名古屋市中村区─愛知県犬山市─岐阜県御嵩町…。
この車社会ならではの物凄いエネルギッシュな行動パターンでは?

と、東仙坊、ここまで本気でプロファイリングをし始めていたら、2月26日、愛知県警は、なぜか突然、岐阜県輪之内町大藪にある「戻らない花販売人」48歳女性が事件当日初めて訪問した会社を誘拐で(?)家宅捜索。
そして、2月27日、岐阜県輪之内町大藪のプラスチック製造会社「東輪化学工業」社長、小川卓美(53歳)、岐阜県各務原市鵜沼朝日町の金型製造会社「プロスワン」社長(?)、市川孝之(45歳)の2人を営利・加害目的略取(???)で緊急逮捕。
えっ! な、な、何だそりゃ?
つまり、とっくに疑いを持っていたのに、今まで放置していただけだということに他ならないのでは?
というのも、曖昧だった「戻らない花販売人」の事件当日の行動も、失踪直前に岐阜県輪之内町大藪のプラスチック製造会社「東輪化学工業」を訪問しているのも確認していたというのだから…。
案の定、その社長は、2月25日、「向こうの会社も女性の名前もニュースで知った。向こうの会社の関係者も被害女性の夫もうちにはきていない。それが不思議。普通だったら行方不明になった次の日にでも心配でくると思う」、「わたしは(会ったことは)覚えがないし、本当に。わかっていることがあれば、それは言いますよ」と、カメラを見ないで答えている。
それでいて、別の日の取材では「被害女性を名乗る女性が飛び込み営業に来た。1~2分対応した」と答えてもいる。
また、「戻らない花販売人」は、約1年前から、逮捕された岐阜県各務原市鵜沼朝日町の金型製造会社「プロスワン」と取引関係があり、その営業を担当。
そこで、会社同士のトラブルがあり、「戻らない花販売人」は携帯電話を変更(?)していたというのである。
さらに、愛知県警は、市川孝之は2台の車で待ち伏せしていたから、ほかにも共犯者がいるというのだが…。

どちらにしても、ここまでで、すでに明確になったことは、たった一つ。
この48歳のキャリアウーマンの命が、気の狂った大バカ者どもの会社と自分の会社との確執の単に犠牲になったということ。
つまり、たった一度の人生を残虐非道に奪われてしまったということ。
言い方を替えると、無駄死にさせられたということ。
典型的な殺され損…。
小川卓美が、仲のいい市川孝之に「オマエが頭にきている会社の営業のネエチャンと言われた通り連絡できた。会いにくるってよ」と連絡したに違いない。
「ちょうどいい。可愛がってやる。オレをなめやがって。オレに金払えなんてぬかすと、どうなるか、教えてやる!」
そんな調子でいたぶっているうちに、ヤバい状況になって、面倒だからと口封じをしたに違いない。
そんなムナクソの悪い話のようだから、ここでもう止めるが、本当にマンガみたいな子どもの世界になった気がして、呆れないか?
ようするに、花配達人が、自分たちより明らかに弱そうだから考えただけの卑怯で卑劣な犯行…。
それにしても、こんな幼稚で杜撰な大バカ者どもの蛮行を、簡単に捜査できない愛知県警も、相当情けなくてみっともないと思わないか?
最後に、今どき、女性を一人で営業に行かせる会社の安全管理は、一体どうなっているのか?
しかも、海千山千の危なそうな裏社会の香りプンプンの会社ばかりの世界で…。

This must be how to put before the world miss children(子どもの世界の落とし前のつけ方)!

プロファイリング-22   愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件-1  

There is the horrifying murder case that occurred in Aichi(愛知県で発生していた、おぞましい殺人事件)!

東仙坊、仕事が佳境で、煩雑なプロファイリングを極力避けてきていた。
そうでなくても、時間が、時間が足りないのに…。
それなのに、「愛知県豊橋」という言葉に、どうしても、どうしても引っかかってしまっている。
確かに、プロファイリング-21  愛知県豊橋全裸女性絞殺事件-1を昨年末に書き込んだのに、まだ未解決のままのこともある。
書き込んだばかりの彷徨う大和魂-13   「末法」の「マッポ」の崩壊!?-3のマッポレイプマン森崎港平が、「愛知県警豊橋署」の現職警官だったということもある。
そのプロセスで、愛知県豊橋市での約10年前の強姦致傷で、山形刑務所で服役中(?)だったクソッタレレイプ魔木村大が時効直前に再逮捕されたということを知ったこともある。
2月26日午前6時ごろ、愛知・豊川市中部町で、75歳の男が隣の住宅に侵入し、「ケガをさせて苦しめてやろうと思った」とナタや木槌で70歳と39歳の母娘を襲い、と大ケガ(2人とも重傷だが命に別条ナシ?)を負わせ、殺人未遂で現行犯で逮捕されたということもある。
それらで、イヤでも、未解決の「愛知豊田女子高校生殺人事件」を思い出していたこともある。
何しろ、愛知県に全くの土地勘のない、東仙坊、豊橋市、豊川市、豊田市と区別がつかない。
「盗用は死?」、「東洋は死?」、「樋端?」、「1484?」、「渡夜川?」、「徒よ買わ?」、「外よ顔?」、「戸よ立?」、「…と酔った?」…。
そこで、webの地図で、豊橋市、豊川市、豊田市を確認。
そ、そ、そしていたら、ガマンしていた事件プロファイリングを無性にしたくなってしまった。
そのずうっと気になっていた凄惨な事件は、それこそ地図を観ながらでしか全くよく理解できない 実にミステリアスなもの…。

■愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

①遺体発見

2月21日、岐阜県御嵩町で、道路工事をしていた作業員が、国道から外れた林道脇の側溝の中にあおむけで倒れている女性の遺体を発見。
側溝は、幅50cm、深さ30cm。
発見当時、水は1、2cmほど流れていたが、ほとんどナシ。
遺体は、青の長袖シャツ、黒のズボン、裸足。
上半身の上には側溝のフタが覆い、腐乱が激しく、右足部分が白骨化。

②司法解剖

遺体には、殴られたり、縛られたとみられる皮下出血が顔の額や両手足に複数。
また、首に圧迫された痕。
死因は、水死、つまり溺死。
死後約3ヶ月。
精密な薬物検査と肺の水の分析をしたところ、発見現場から約20㎞離れた愛知県犬山市の「入鹿池」と同じような成分を検出。
さらに、DNA検査の結果、昨年11月8日に家族から捜索願が提出されていた、会社員女性(48歳)「戻らない花配達人」と確認。

③被害女性

遺体発見現場から車で約1時間の愛知県東海市名和町のマンションに、1994年ごろから住んでいた、「戻らない花配達人」は、夫(50歳)と子ども2人の4人暮らし。
2010年に入社した東海市にある産業廃棄物処理会社「富田日中貿易」営業課長。
プラスチックの買い取りの担当。

④行方不明当日の行動

昨年11月7日昼に「岐阜県輪之内町(35㎞)に仕事に行く。アポを午後3時半に取った」と言って、1人で会社の車で会社を出発。
ただし、なぜか具体的な会社名を告げなかったという。
前日、部下に「輪之内町の会社に初めて行く。遠いところだからイヤだわ」と話し、岐阜県輪之内町の地図を調べていたというのだが…。
会社の話では、岐阜県輪之内町内に取引先を持っておらず、取引先になりそうな企業に問い合わせたが(??)、「戻らない花配達人」が訪れた形跡はないというところから、話が迷走???
午後2時35分、 同僚に「今から岐阜県に行く」と電話連絡。
その後、午後3時ごろ、別の業務に関して会社に電話。
さらに、午後3時15分ごろ、会社に「相手の会社に着きました」と電話連絡。
また、時間がわからぬが、家族にも、「仕事が終わったので、今日は帰る(?)」と電話。
ここまでだと、その得意先の話は何らかのフェイク、ダミーかと思ってしまいそうだが?
どうあれ、午後5時ごろ、輪之内町の隣の岐阜県海津市の川岸で、私有と社有の2つの携帯電話と営業日報が廃棄されていたのを発見。
携帯電話はいずれも2つに折られていたという。
午後8時10分ごろ、愛知県名古屋市中村区の路上で、その乗っていたはずの(?)社用車が発見。
車内に目立った血痕などはなかったが、カーナビが壊されていたうえ、消火剤が撒かれていましたという。

⑤事件翌日

三重県桑名市長島町の路上で、「戻らない花配達人」のカバン、健康保険証、運転免許証、財布、キャッシュカードなどが発見。
現金はそのまま。

It must be the mysterious case not to have profiling on when I don't watch a map(地図を見ないとプロファイリングできない不思議な事件)!

To be continued...


















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード