Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 祇園責任転換(!!)無差別暴走テロ事件-3

I wonder if we couldn't live without car and nuclear power generation(自動車も原発もなしでは、本当に生きていけないのか)!

■祇園責任転換(!!)無差別暴走テロ事件

●東仙坊が、原発再稼働と比較してプロファイリングする事件の本質

○自動車が誕生して、100年ちょっと。
今や単なる文明の利器にとどまらず、文明の必需品としての確固たるステータスを確保するとともに、根幹的な経済活動の基盤にさえなっている面まである。
しかしながら、東仙坊のような天邪鬼は、やがて世界の道路が自動車で飽和状態になったらどうするのだろう?それでも、生産し続けるのか?と、ついついシニカルに考えてしまう…。
なぜなら、かつて文明人のステータスシンボルとしての王座すら獲得してきた自動車は、今や単なる交通移動手段ツール、それどころか地球を破壊する排気ガスを出す厄介モノであり、年間大量の人間を殺戮凶器にまでなり下がっている。
また、まもなく枯渇するだろうガソリンを燃料とすることから、エコロージーの大合唱のもと、電気自動車などが開発されたり、パーム油メチルエステルなどのありとあらゆるバイオ燃料の開発に血眼になっている。
にもかかわらず、その「自動車ムラ」の稼ぐ巨額マネーに群がる大バカ者どもは、世界でもメズラシイ買い替え需要喚起のための車検システムを維持したり、酔っ払い運転すらその罰則を軽減したり、何でもアリ…。
①今回の癲癇患者の運転免許取得に関しても、その病気の申告を強制しないのは、そこまでも自動車を一台でも多く売るためだと思うが、どうだろう?
それに、我が国はもちろん、今、世界中で自転車が見直されているのでは?
どう考えても、100万台の車を減らすわけにはいかないということが、その根底にあるのでは?
一方、原発が稼働し始めて、60年近く。
まるで人類の叡智が創造した理想の廉価でエコなエネルギーかのように詐称され、今回のフクシマノブイリで露呈したように安全管理など狡猾に二の次。
その誰も基本コストがわからないことをいいことに、陰険な原子力ムラのクソッタレどもが巨額マネーを貪り尽くしている。
何しろ、あれだけの人災を起こしておきながら、何もしない天下り顧問どもにも月90万円ずつ払っていたというのだから、普通じゃない。
しかも、その誰一人として、東仙坊が糾弾し続ける、使用済み核燃料処理について解決策に言及しない恥知らず。
そして、フクシマノブイリの廃炉への道だって、一向に見えてこないのに、もう再稼働とは呆れるばかり…。
電力が足りない足りないと言うけど、国民はもちろん企業は原発のない状態を想定して行動していると思うが、どうだろう?
これだけの地震大国では、脱原発を考えるのは当然なのでは?
目に見えず、臭い一つない放射能の恐怖は、ハンパじゃないのでは?
にもかかわらず、これだけの被害を受けながら、今日にも大地震が起きるかもしれないのに、その対策は数年後のまま再稼働するなんて、まさに狂気だと思うが、どうだろう?
第一、ウランだって、ガソリン同様すぐになくなるのでは?
どう考えても、再稼働うんぬんよりも、使用済み核燃料の処理をどうするかが優先だと思うが…。
それでも、なし崩し的に再稼働するということは、抗癲癇剤を服用していたらある程度問題ない、それでも事故を起こしたら仕方ないと高をくくっているからに違いない。
つまり、リスクマネージメントなんてこれっぽっちも考えていないのでは?
②それは、癲癇患者の方への運転免許交付も同じ。
万一事故起こしそうなら運転しないで、何とか薬を飲んで発作を止めて、ともかく病気を申告して、事故を起こさないで!と他力本願。


○原発の安全は、原子力安全委員会、原子力安全保安院などのクソの役にも立たない組織が責任転換(!!)するので、原発規制庁なるものを作るというが、それすらできないうちに再稼働というのだから、開いた口が塞がらない。
何もかもがデタラメ、懲りない日本。
癲癇患者の運転に関しても、何だかよくわからない日本てんかん協会やその専属医師が、どこまでも本人のモラルの問題化のように責任転換(!!)するテイタラク。
何もかもがいい加減、ぬるま湯日本。
そんな中で、最も卑屈で陰険なのは、やっぱり究極のカーキチの家族と言わざるを得ないと思うが、どうだろう?
正直に告白しているように、いつか究極のカーキチが重大事故を起こすと確信していたはず。
だからこそ、想定通りに(?)、すぐにそれを癲癇のせいに責任転換(!!)したと思うが、どうだろう?
実は、東仙坊、究極のカーキチ自身とそう打合せしていたとさえ感じているのだが…。
すなわち、
③今回の事件は、車が好き、ドライビングが好き、運転の仕事しかしたくないという一人の究極のカーキチが、そのドライビングテクニックを過信し、自分の病気を受け入れず、自分だけは大丈夫と思い込み起こしてしまった自動車追突事故であることは間違いない。
と同時に、「どうしよう? どうしよう?」と事故を起こしてしまったことからパニックになり、「こうなったら大きな人身事故にして、何もかもを持病のせいにしてしまおう!」と無差別テロリストに化して、家族を助け、自分も言い逃れようと決行した事件であるに違いない。

どちらにしても、そんなことで命を落とすことになった被害者たちには、絶対ガマンできないことだと思うが…。
どうだろう?
原発の人災とそっくりだと思わないか?
極論すれば、自分が癲癇になんかなると考えてもみなかった究極のカーキチが、再発防止のために道交法改正などを求める請願書が提出されたりし始めた世の中に、運転を辞めた方がいいとウルサイ病院と家族に反発、「うるさいんだよ! 放っておいてくれ! 自分は誰よりも運転がうまいのに…あまりウルサイと目にもの見せてやるぞ!」と自爆テロを企てたともいえる側面があるのでは?
その意味で、
④この事件は、癲癇が起こしたのではなく、自分が事故を起こしたことで、その癲癇気質に火がつき、破れかぶれになって、そのドライビングテクニックを披露し、逃げ切ろうとしたのが真実だと思うが、どうだろう?

This kind of crazy driver didn't cause an accident for epilepsy and he caused an accident and suffered from epilepsy(癲癇で事故を起こしたのではなく、事故を起こして癲癇になっただけ)!

緊急プロファイリング 祇園責任転換(!!)無差別暴走テロ事件-2

I think to be indiscriminate terrorism that an asshole did by the reason of some disease(どこか病気を理由にした無差別テロに思える)!

桜が舞い、人にまで桜が咲くと、悪事を働くヤツラのためにまで、サクラが出現する…。
4月12日午後1時ごろ、白昼、狭い京都祇園の通りを歩いていた18人が次々に猛進してきたシルバーの軽ワゴン車に轢かれ、7人が死亡する痛ましい事件が起きた。
その不運の被害者の12人が観光客というから、凄惨。
近くに花街、八坂神社、南座があるのだから、当然といえば当然か…。

■祇園責任転換(!!)無差別暴走テロ事件

●現時点で知りうる限りの事件の時系列的概要

4月12日午後1時ごろ、京都市西京区に住む、藤崎晋吾(30歳)なる究極のカーキチは、いつものように得意先への配達のために、祇園地区の藍染製品販売会社「藍香房」社有車のシルバーの軽ワゴン車で出発。
入社5年、究極のカーキチにとっては、いつもの日常でしかなかった。
大和大路通を北に進行していて、客を2人乗せ時速20~30㎞で走行中のタクシーに追突。
しばらく、そのタクシーをそのまま押してから、バックすると、ハンドルを大きく切って、タクシーの横を通り逃走。
スピードを一気に時速50㎞(70㎞?)に上げ、クラクションを鳴らし、停まっている車を巧みに避けながら、赤信号を無視して京都市東山区の四条通大和大路の交差点に進入。
出合い頭に衝突しそうになった市バスを避け、歩行者を次々と撥ね、蛇行しつつ複数の車に衝突しながらも、微妙なカーブを見事に直進。
その後、白川通を過ぎたところで、電柱に衝突して、停止。
タクシーに追突してから約360mの狂気。
その約360mの路上には、ブレーキ痕が全くなかったというから、残酷。
数10mも轢かれて引きずられた通行人がいたのも、当たり前…。
ちなみに、究極のカーキチも停止していたトラックを避け、電柱に衝突し、全身を強く打って死亡…。

●この事件の圧倒的に不可解な点

①事件直後から、この究極のカーキチと同居する両親、近くに住む姉(34歳)がマスメディアにヤタラメッタラ登場。
究極のカーキチについて、いろいろとプライバシーをメチャクチャ公開。

1)2003年11月、20歳のころ、市内の路上でバイク事故を起こして大ケガを負い、一時危篤状態。
その後は言葉がうまく話せなくなるなど、言語障害。
リハビリを続け、4~5年後には元の生活を送れるまでに回復。
ところで、そのバイク事故の原因は?
単に癲癇の発作がどうこうということではなく、何が原因で、究極のカーキチに非があったかどうか?
2)約1年前に酒席で突然意識がなくなって倒れたほか、最近では癲癇の症状が頻繁に出るようになり、家族の間ではプライベートでの車の運転を禁止させていた(?)。
3)約1年前に「癲癇の疑い(?)」と診断された。最近3ヶ月は症状がひどくなり、家族会議で「仕事も危なくて続けられない。全く車を運転せずに働き続けるか、それがムリであれば、車を運転しない仕事に就くか、この3日間、ずっと家族で話し合っていた(?)」
4)3月5日に運転免許を更新したばかりで、もちろん、申告の義務はないので、癲癇についての記載なし。
5)4月初旬には、母親が究極のカーキチの障害認定手続きで区役所や保健所を訪れたばかりで、通院を続けさせていた。
そんな中で、姉が決定的な答えを言っている。
「家族は仲がよく、夕食後はよく話し込んでいた。弟も仕事が好きだった。一日も早く車に乗るのを止めさせるべきだった。家族の認識が甘かった。大勢の方々の命を絶ってしまい、亡くなった人にどうお詫びすればよいのか? 事故を心配していたが止められず、後悔でいっぱい。今年に入って癲癇と診断された。いつかこんな事故を起こすのでは?と心配していた
どうだろう?
何となく病気に責任テンカンさせている気がするのは、東仙坊だけではないと思うが…。
②勤務先の社長が、「5年間働いていますが、会社で発作を起こすことはなかった。車が好きで『家でも乗っている』と言っていましたしね。持病のことも知らされていなかったし…」と言っていることも、メチャクチャ気にならないか?どちらにしても、京都府警が、究極のカーキチの遺体を司法解剖して発作の有無を調べるというから、それを待つしかないのだが…。
③司法解剖の結果、究極のカーキチの体内から抗癲癇剤を検出。
④究極のカーキチが通院していた病院がわざわざ記者会見し、「運転は再三再四しないように注意していた」と釈明。

ところで、タクシーのドライブレコーダが公表され、物凄いスピードで究極のカーキチの運転するシルバーの軽ワゴン車が、飛ぶように走るシーンを観て、やはりこれは紛れのない自爆的自動車暴走テロと感じたのは、東仙坊だけではないと思うが…。

I guarantee this asshole whom the driving of the car is good for as for this case of the car if didn't run, never got up(この事件は、車の運転好きの大バカ者が車の運転しなければ絶対に起きなかった)!

To be continued...








 






緊急プロファイリング 祇園責任転換(!!)無差別暴走テロ事件-1

Are country and where where the Democratic Party government of our country and the next mind were out of order different(我が国の保育園児政府と、隣のキチガイの国と、どこが違うのか)?

これだけの歴史的国難にあっているときに、なぜここまで平和ボケのままでいられるのか?
凄く不思議だと思わないか?
これだけ大至急やらなければならないことが山積しているのに、なぜここまでトンチンカンでいられるのか?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
いくらウナギよりも栄養価があると言われても、土臭くウソ臭いドジョウの柳川鍋も食べたくない。
八百屋お七(?)のような女房に鋭気を吸い取られ、たったの一言もメモなしでは答えられないアンコウの吊るしも観たくない。
もちろん、今や完全売国奴サイコパスでしかないポッポの奇怪な歌声も聞きたくない。
それより何より、隣のキチガイの国の「テッポウドン」も「ロドン」もウンザリで、どこにも一条の「光明」も感じない。
そもそも、敵国はどこどこにミサイルを発射すると言って発射するものなのか?
それなのに、何々配備だと右往左往…。
冷静に発射準備の様子を観ていれば、ロケットの外回りの作業で、手でドライバーを回していて、思わずロケットまで偽物かと思っていたほど。
そ、そ、それなのに、その結末は、不味そうなスイーツかと思っていた(?)「Jアラート」とが機能しないどころか、発射44分後の発射発表。
あれって、確か20分ぐらいで飛来するのではなかったのか?
本当に保育園児国家らしく、何もかもがマンガでは?
それで、どうしても看過できないのは、これほど超大型地震の発生予告を予告しながら、これだけ日本はもちろん世界中で大型地震が現実的に発生しているのに、フクシマノブイリの廃炉への道も真っ暗なままなのに、なぜ原発再稼働を急ぐのか?
一体どこまで頭が腐っているのか?

そんなとき、東仙坊、こ、こ、これこそが原発再稼働と共通根幹問題!と痛感させられる事件が起きた。
昨年5月にも同様の事件が発生し、検証プロファイリング 続続・「集団登校児童列突っ込み症候群」!? で、まさに書き込んだばかり。
癲癇の持病があり、医師から運転しないよう指導されていたうえ、病気を隠して免許を取得し、7年間で6件も交通事故を起こしていた、人間クレーンゲーマーオトコ柴田将人が、歩道にいた児童6人を撥ねて死亡させたのに、自動車運転過失致死で、たったの懲役7年。
無論、事故を起こす可能性があるのに車を運転したがる大バカ者は、論外。
でも、それ以上に、問題なのは、そんなオトコにクレーン車免許を与えること、それだけ事故を起こしたら病気云々ではなく、免許剥奪にするのが、道理では?
そのときも、東仙坊、癲癇で苦しんでいる患者の方々の名誉を代弁し明言していたが、癲癇の病気のせいの事故ではなく、そのオトコのモラルによる事件。
実際、きちんと発作を抑える薬を飲んで、無事故でいる癲癇患者もいると強調していたのだが…。
その後、「何の罪もない人が理不尽に命を落とすのはおかしい。国には早く対応してくれるよう求めたい」と、この4月9日、再発防止のために道交法改正などを求める請願書と約17万人の署名を小川敏夫法相らに提出したばかりというから、何をかいわんや。
しかも、警察庁は警察庁で、癲癇患者を巡る交通事故対策について検討を始める方針を示したばかり。
事実、警察庁によると、運転者の発作・急病による交通事故は2011年に254件発生し、癲癇による事故は73件で、うち5件が死亡事故というから、やはり何らかの規制が必要なのでは?
一番の問題は、癲癇の有無に関係なく、どこまでもそのドライバーのモラルや良識だと思うが…。
というのも、2002年治療法の向上などにより、道路交通法改正で、過去2年に発作がないなど一定の条件下で医師が判断すれば癲癇患者の免許取得が可能になったが、その持病の不申告に罰則がないから。
厳密に言えば、社会への平等参加(?)を目的に、その欠落事由を外したのである。
とにもかくにも、その規制強化の気運に対し、日本てんかん協会(?)は日本てんかん協会で、「正しく服薬や治療をしていれば運転中に発作を起こすことは滅多にない(??)。癲癇のある人が必ず事故を起こすとの誤った印象は持たないでほしい。発作を起こす場合などは運転しない」と呼びかける一方、同じく4月9日に「病名による差別はしないでほしい」などと要望したばかり。
ただし、「心臓や脳などの病気でも発作は起きる。癲癇と関連づけることには慎重であってほしい」というのは、間違いなくヘリクツ。
ポイントは、なぜそこまでしても、車という凶器を運転するのかということ。
癲癇患者の方々の方にも、やはり甘えがあることは否めないのでは?
実は、東仙坊、原発と癲癇患者のドライビングと共通すると思うのは、そこ。
原発も、車も人間の文明が生み出した利器なら、使わなきゃソンとか、自分が使えないのは不公平だと思うこと自体が勘違いなのでは?
この21世紀の文明社会で、何が何でも原発や車と考えることがすでにアナクロだと思うが…。
そこで、今回の事件の本格的プロファイリングに入る前に、癲癇(てんかん、Epilepsy)について、少し確認しておきたい。
癲癇とは、脳細胞のネットワークに起きる異常な神経活動、癲癇放電のために、癲癇発作をきたす疾患・症状。
いろいろな病因によってもたらされる慢性の脳疾患で、大脳ニューロンの過剰な放電から由来する反復性の発作(てんかん発作)が主な特徴。
我が国には、人口の1%、約100万人くらいはいるというのだが…。
では、一体その中で、どれくらいの人が運転免許を持っているのか?
いやいや、どのくらいの人が車という凶器がなければ日常生活も困難と感じているのか?
いやいや、正確に言えば、その普通の良識とモラルを持つ癲癇患者の方が、あえてその凶器をロシアンルーレットのように乗り回したいと考えているのか?
東仙坊、そのほとんどの方が仮に運転免許を持っていても、自分の発作を伴うその癲癇という病気に気づいてまで、あえて運転しようとしてはいないと思うが、どうだろう?
その意味で、日本てんかん協会が、わざわざ、「心臓や脳などの病気でも発作は起きる」とトンチンカンな言い訳していることにも、内心、腹を立てていたと思うが、どうだろう?
結局、いつものように、どこまでもそれぞれの良心の問題なのでは?

さて、何が何でも、消費税増税同様、原発再稼働に邁進し始めたデタラメ幼稚園児政府、その言い草に、どこかの市長じゃないが、このままこの政府でいたら、愛する日本は「無理心中」させられてしまいそう…。
これだけ大地震が起こると大騒ぎしていながら、しかも、当然、その南海トラフ沿いで発生する地震や日本海東縁部地震の影響をはじめ、福井平野東縁断層帯、濃尾断層帯、柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯、野坂・集福寺断層帯、湖北山地断層帯、琵琶湖西岸断層帯などの影響を受けるかもしれないかなりデリンジャラスな福井県大飯原発…。
それなのに、免震「オフサイトセンター」もないまま、放射性物質除去フィルターもないまま、再稼働することが安全で、それをしないと「集団自殺」するようなものと国民を脅かすなんて、こんな大バカ政府、何が何でも辞めさせるしかないと思わないか?

For this case, there must be a problem same as over-optimism of nuclear power generation re-operation with root and trunk(この事件には、原発再稼働の甘さと同じ問題が根幹にある)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード