Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-10

I got be nervous a little bit to the police (ちょっと警察に興奮してしまう)!

東仙坊、今度は、江東潮見事件続報を、意図的に、テレビで観ないようにしている。
あれほどまでの情報操作をしておきながら、何喰わぬ顔で、猟奇的な言葉をテーブルに並べるなんて…。
何だかよくわからないが、腸が煮えくりかえって治まらず、クラクラっと目まいがしてくる。
冷静に考えれば、被害者姉の110番通報後、深川警察が現場に到着した時点まで、間違いなく被害者は生きていたのでは…凄く悔しくないか?
実は、東仙坊、この事件のプロファイリングの初めに、これを一番気にかけていた。その意味で、一番残念な結果なのである。
警察が、瞬時に、的確に、適正に捜査をしていたら、被害者の命は、もしや?
東仙坊、事件直後に、そのことを懸念していたのだが…これだと、警察を一日中責めることになりそうだと思わないか?
本当に、この国の警察の能力は、どうなってしまったのだろう?
そう言えば、前々回書き込んだ、デブスならず者、栄えある全国指名手配にもかかわらず、あれだけメディアの画面に準主役級で取り上げられたのに、見事(?)逃げ切って、今は、東京、新宿・花園町に…、ナイフを持った流れ者として悠々と潜伏しているらしい…。大阪、京都、東京、どうやら、このデブスならず者、見かけに似合わずアーバン志向?取りあえず地方は安全かも?
ところで、あの手配写真、なぜ直近のものがあるなら、初めからそれを出さないの?本当に呆れないか?あれでは、東仙坊だって、あのデブスならず者を、大至急、ドヤセならず者に変えなければならないではないか?
それにしても、この国のモラルは完全に消滅してしまったのか?
本当に情けなくて、みっともないと思わないか?

5月18日、JR東海道線豊橋発米原行の快速電車内で、安岡栄次(33歳)が、専門学校女子生徒(19歳)への強制わいせつで逮捕された。
その被害者女性の隣に座ったバカタレは、通路側を塞ぎ、空間を密室のようにし、「オレと付き合え、言うことを聞かなかったら、殺したるぞ」と脅迫し、助けを求めて席を立った女性の腹を蹴ったり、胸などを触っていたという。
この事件は、デジャヴ?凄くまた恥ずかしい事件だと思うがどうだろう?
将来を悲観してしまいそうな話しだが、またしても、他の乗客は、誰も助けてくれなかったらしい。
それこそ何度も「助けて」と叫んでも、ダメだったらしい。
弱気をくじけ!見て見ぬふりするな!」で書き込んでから、一体どのくらいの月日が経ったんだろう?
東仙坊、これほど喉をからして叫んでも、まだ勇気を凛々させることができないヒトはいるようである。どうして、そんな弱気の虫から、思いきって脱皮できないのだろうか?
どうして変わることを、成長することを、そんなに恐れるのか?
本当に不可思議な国だと思わないか?この日本。
やっぱり、モラル再生には、ベースになる教育から始めるしかないのだろうか?
そのために、一刻も早い、教育者のモラル再生を実現するしか、もうないのかも?
普通仮面を被った異常犯罪-3」、「普通仮面を被った異常犯罪-4」に続いて、教師の悲しい現状リポート第3弾…。

5月13日、広島県三原市で、公立小学校教師、森田直樹(42歳)が、強制わいせつで送検された。
この恥知らずのデバガメ、自分が犯行に及んだ女子児童のわいせつなビデオや写真400点あまりを、自宅で保有していたらしい。こんなのを見ていると、今や学校自体が、出会い系サイトと言えるかも?
デバガメ自身が提出した上申書によると、使われていない教室や車の中で被害を受けた15人の女子児童がいるというが、実態はもっともっと多いに違いない。
犯行後、言葉巧みになだめたり、プレゼントをしたりして、発覚させないようにした手口なんて、ほとんど援交の感覚?
この恥知らずのデバガメ、そうしながらも、相手の対応によって、さらにわいせつ行為を繰り返していたというから、なおさら始末が悪いと思わないか?本当に最低なヤツである。

5月20日、大阪地裁において、大阪市立中学校の男性教諭(43歳)が、セクハラと体罰で被害者から賠償請求を求められていた裁判で、市に100万円の支払いを命じる判決が下った。
この根性ナシの卑怯者、平然と否定し続け、教育委員会に守られて、昇進しているというから吃驚仰天?
何でもこの根性ナシの卑怯者、鍵をかけた部室内で女生徒を個別指導する際、「プライドを捨てて先生についてこれるか(?)」「心を裸にできてない(?)」「3回まわってワンと言え(?)」などと強要し、女子生徒たちを裸にさせたり、自分の指を舐めさせたりしていたというのだが、ここまでローレベルだと、こちらが想像できなくなると思わないか?本当に呆れないか?

5月22日、福岡地裁において、学校法人「都築総合学園」前総長、都築泰寿(72歳)が、強制わいせつ罪に問われた裁判で、検察側は「総長という圧倒的な地位や権力を背景とした、卑劣極まりない犯行」と、懲役4年を求刑した。
この勘違いのうつけ者、「懲りて懲りて懲りすぎた。留置場にぶち込まれ、体重は減り、マスコミには叩かれた」と厚顔無恥に法廷で証言し、「謝る気持ちはないけど、謝ってやってもいい。少しは謝っても、深くではない」(?)などと暴言まで吐いていたが、本当に呆れないか?
この勘違いのうつけ者、セクハラをする際、「こんなことでワーワー騒ぐな。新聞とかメディアに写真撮られたら一発やろうが」と、脅していたというが、その勘違い度は、並大抵のものじゃないと思うが、どうだろう?こんな井の中の蛙って、ミャンマーとビルマの違い、サイクロンと台風とハリケーンの違いがわかるのだろうか?

このようなセクハラなどのわいせつ罪って、なぜか日本の教育界を暗示していると思わないか?
本音と建前、二面性、長いものには巻かれろ…。
表面上、「いい人」を演じてさえいれば、全て「いい」。
そんな風に、浅はかで、短絡的なことばかり教えるから、誰もが成熟しなくなったのではないのか?
表面上の「いい人」が、いい人であるわけがないと思わないか?
そう教えるのが教育だと思うが、どうだろう?
ところで、東仙坊、前からずっと悩んでいたが、それぞれの地方団体の「教育委員会」って、どんな立場にいるの?教師や校長よりランクが上っていうこと、給料が高いっていうことぐらいは感じるが、実際に、何の仕事をしているのか、何もわからないのだが?そして、何人いるの?
このような状態を見ていると、自然に悲観的になってくる…。
どちらにしても、我が国のモラルの再生は、中国四川省の復興と同じくらい時間がかかるかもしれない…。

It should be impossible for us to make our moral better(モラルをよくするのは無理かも)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-9 東仙坊から、「甘ちゃんアマチュア警察」へご質問?

Let us think about this criminal investigation at the initial stage of the Shiomi's case together again(潮見事件での初動捜査を、もう一度考えよう)!

東仙坊、この残忍非道な潮見殺人事件について、どうしても解せないことがある。
もう一度、知りうる限りの情報を基に、考察してみたい。

その前に、なぜ、マスコミは加害者の母親を追うのだろう?
一体このクソッタレの母親に、何を言わせたいのだろう?
今更そんなことをしても、あれだけ直接やり取りし合い、あれだけの質問にあんな答えをしていたクソッタレを、正義の一翼を担っているはずのマスコミの責任を放棄し、看過した事実を隠せないと思うが、どうだろう?
政治も警察も、官僚化し、ここまで硬直化してしまった以上、マスコミまでが、そんなバカどもにサポートされることになったら、この日本は一体どうなるの?
バカどもが、抽象論や観念論を振りかざし、誤魔化したり、翻弄したり、虚偽を言ったりしている具体的真実を、どんどん暴き、曝し、仄めかすのが、使命では?
別に、二律背反に、ジレンマを覚えているのはマスコミだけでない。
また、いちいち報道を無菌消毒しなければならない義務もない。
とにかく、一番みっともないのは、ジャーナリズムの右顧左眄だと思うが?
少なくとも、東仙坊、マスコミが、せっかく正義感に溢れているのに、昨今の過誤を必要以上に叱責する風潮におののき、そのポピュリズム傾向を強めざるを得ないことは理解している。
けれども、「柔よく剛を制す」は日本の美徳だと思うが、どうだろう?
東仙坊、衝撃、慟哭、自省、憤怒、そして、激怒!でも書き込んだが、あのクソッタレのビデオをあれだけ持っていたなら、今頃放映するのではなく、あの収録直後に、「2軒隣りの男性の証言」としてガンガン流すなり、独自に心理分析医や犯罪心理学者なる方に見せ、それを警察に渡すべきだったのでは?
このままでは、マスコミは、捜査の進捗状況をホシに報告した、単なる協力者になってしまうが…?
あんな劇場型犯罪者志向の自己顕示欲の亡者に、いいように利用されたお人好しでいいの?

東仙坊の今なお不可解な点、そして警察への質問

①失踪事件通報受信後、何分で現場に駆けつけ、どんな捜査を、いつまでしたのか?

クソッタレへの1回目の聞き取りが、当日午後10時。発覚後かなり早い段階。何らかの不審点があったのでは?なのに、なぜ、玄関先で終わらせてしまったのか?
任意捜査の限界だとしても、なぜ、事件発生推定時刻に、たった1人あのフロアにいた不気味なオトコに集中し、巧妙に中へ入らなかったのか?
同じ時刻に、同じマンション住民が「女性の悲鳴のようなものを聞いていた?」と言うが、実際それをどう調べたのか?
それが本当だったら、誰も狂言とは推測しない。
玄関で見た血痕の量を、どこから、「ほんの微量」と発表したのか?
その後2回もチャイムを鳴らしても、応答しなかったクソッタレを、なぜ、放置できたのか?

②5台あった防犯ビデオ解析は、事件発生推定時刻のどのくらい前から、どのくらい後までやっていたのか?

このクソッタレ、4月21日午前0時、近くのコンビニで「70リットルと30リットルのポリ袋、タオル」を購入していて、その際、店員に「ゴミの日はいつ」と質問し、逆に店員から「バッグの底に血がついてますよ」と聞かれ、「友だちが魚を入れた(?)」と答えていたというではないか…この買い物は防犯ビデオに、映っていたのか?
まさか、ゴミ袋を捨て歩くことを含め、住民誰もが自由に出歩けたのでは?

③2回目のクソッタレへの聞き取りが、翌日午前2時~3時(当日の深夜)。それは何の目的だったのか?どうしても怪しい点があったのでは?

そんな時間に任意で聞き取りするだけで大勝負。玄関先で、何を聞いたの?
捜査は情報とスピードと知能が全て。
しっかり近隣の聞き込み捜査をしていれば、少なくとも21日にはクソッタレに、「昨夜、外出されましたよね。防犯ビデオに映っていたのですが、どちらに?」、とか、「昨晩、近くのコンビニで70リットルのポリ袋、お買いになりましたよね?こんなワンルームマンションにお住まいなのに、何にお使いになるのですか?教えてもらえませんかね?」と尋ねたりできたのでは?

④あんな戒厳令状況下で、安眠している住民がいるはずもないのに、なぜ、次の訪問が、翌日正午過ぎになったのか?

その能天気度に、今、東仙坊、豆腐を皿に投げつけている。
本当にプロフェッショナルなのか?
クソッタレがいみじくも言っていたが、「ちょっと大人しくしてようかな…警察の人にいてもらえるなら、ずーっといてくれてたら…」、ここまで愚弄されて、沽券にかかわらないのか?

⑤3回目でようやくクソッタレの部屋に入れた捜査員は、一体どこを、どんな気持ちで捜査したのか?

クソッタレも、「トイレやバスルームを見られた」と、税関を無事に通過したときのようなホッとした顔で、話していたが、天井裏や冷蔵庫の中や電気ジャーの中まで、隈なく捜索したのでは?
それなのに、今になって、クソッタレの部屋のフローリングの床や廊下から、血だまりができるほどの被害者の血痕が複数見つかり、毛髪まで大量にあったなんて…。
これもインタビューで話していたが、一人暮らしのオトコの部屋に、なぜ、複数の包丁があるの?
それ以上に、クソッタレが自ら指紋を提出したなんて、真っ赤な嘘。提出を頼んだら、拒否しただけでなく、指紋や掌紋が取れないように細工していた、とんでもない食わせ者である。

⑥クソッタレの共同記者会見が、一番奇々怪々?
テレビ局によって編集が違い、わかりにくい部分も多いが、東仙坊が着目したポイントは…。


「9階って、人が少ないんで、人に会ったことは1~2回しかない…人がいるって、電気メーター見るとわかるでしょ…」

「最初に入室されていたのが女性でしょ、やっぱ、こっちから行くのもちょっと警戒されるでしょ、まあ、むこうが警戒するでしょ…ピンクのスーツケースが置いてあって、玄関外に…」

「何か事件があったみたいだが、事件、いや、だったかな…」

「…朝出かけて、7時頃帰って、お風呂入って寝るだけ…」

「女性の写真を警察から見せられたというか見たというか、知ってる女性と全然違った…」

「場所柄、ホステス関係の女性が多くて、その延長線の方かなって…」

⑦事件(その時点では違うけど)翌日から、テレビや防犯ビデオに、ゴミ袋を持ってクソッタレが出かけるシーンが映っている…冗談じゃない!お願いだから、全部チェックしていたと言って欲しいが…。

4月21日、江東区清掃事務所で、警察立ち会いで、事件発覚後のマンションから出た可燃ゴミと不燃ゴミ計200~300袋を内部確認したが、不審なものは何もなかったというではないか?
案の定、5月28日、このクソッタレ、「出勤途中に、他のマンションのごみ捨て場などに、分散して捨てた」と供述しているという。
つまり、このクソッタレをマークしていなかったということ?

本当に情けなくてみっともないと思わないか?
警察だけじゃなくて、この国が?
不可解な国、Jabon、ジャボーンになってしまった気がしないか?
5月27日、東京地裁で、実の妹を殺害してバラバラに15のシンメトリーパーツにした、武藤勇貴(23歳)に、求刑17年に対し、殺人罪について7年、死体損壊に無罪という判決が下りた??
東仙坊、茫然自失、アスペルガー?
笑止千万の心理学者のご託宣、支離滅裂の判事のご判断、誰もが耳をかっぽじって聞くべきでは?
法廷で、実の娘をボロクソに言って、この本物サイコパスである二男の減刑嘆願までする、親がいるくらいだから…もう、ほとんど驚くこともないが…。
簡単に意訳させていただく。
「空気読めない、生来のキチガイ(?)。それが中学に入り、キチガイにしか感じられない不快感・不安感(?)を振り払おうと、さらなるキチガイ2乗に成長(?)。それが犯行時、人間にしか現われないはず(?)の記憶、意識、知覚がバラバラになる発作を起こし、それが酷くなり、さらなるキチガイ3乗に大成長。つまり、キチガイ3乗は、並のキチガイじゃないから、当然、責任能力はない?」と偉いヒトが言った。
それを受け、「そんなキチガイ3乗でも、殺した瞬間だけは正常になったのだから(?)、17年は重すぎるけど、懲役7年は仕方ない。ただ、死体をバラバラにするときは、元通りのキチガイ3乗に戻ったのだから、無罪?」と、別の偉いヒトが応えた。
どうして、これらの偉いヒトたちは、そんな考えができるのだろう?どうして、そんなことがわかるのだろう?どうしたら、そんなことが言えるんだろう?
凄く変で怖くないか?
まさか、星島貴徳、このキチガイをリサーチしてたり、死体が特定されないと立件不可を知っていたりしたら…?

I wonder if he should belong to the Asperger Syndrome too(アイツも、アスペルガー症候群だったりして)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-9

The society which lacks the morality should make us do what we want(モラル喪失社会は、何でもアリにする)!

東仙坊、後悔からか、柄でもなく一日中テレビをチェックしていた。
もし星島貴徳なるクソッタレを一度でも直接見ていたら(もちろんテレビ画面でも)、全財産、単勝1点買いで勝負していた。おそらくディープインパクトよりも、シンボリルドルフよりも、テンポイントよりも堅かったと思うが、どうだろう?
あの30分近くにわたる不可解な犯行声明会見(?)、明らかに落ち着かず、動揺だらけで、まるで自供しているようだと感じるのは、東仙坊だけなのか?
それにしても、事件2日後、自ら指紋を提供したというのに、なぜ、今になって指紋が一致したのか?どうしても納得できないのだが…?
警察の能力が信じられなくなった社会に、モラルの再生なんて、本当にあるのだろうか?
極めて懐疑的だと思わないか?
自己中心的な利己的行動、怠惰、破壊だらけのノーガードの打ち合い、ルールなしのやりたい放題になると思わないか?
どちらにしても、今、東仙坊、塩をかけられたナメクジ状態。
いっそ、トイレの洗剤と何とかという入浴剤を持って、オーストラリアとハワイの中間あたりにあるキリバス共和国のミレニアム島近くの無人島に行きたい気分。
東仙坊のプロファイル」でも書き込んだが、東仙坊、不遜に自分だけが人間の生き方を知っているとか、傲慢に自分だけが日本や世界の未来を憂慮しているとか、誰もが黙って自分の考えに共鳴すべきなどと、ただの一度も考えたこともない。
モラルを喪失した、何でもありの社会になってしまったら、それはさらなる強力なエネルギーに発達し、巨大な人為的タイフーン、ハリケーン、サイクロンになって、愛する日本が滅茶苦茶に壊れてしまうと危惧しているだけ。
このブログで声を大に叫ぶだけで、世の中が変えられると本気で思うなら、何でも簡単に解決できると思うなら、社民党の代議士にでもなって、国会で叫んでいる。
結局、どんなに面倒でも、それぞれがそれぞれに自分で考えるようになるしかないのである。
東仙坊、どうしようもないという無力感から、とりあえず自分のできることをするしかないと、改めて決意している。
吉田松陰の「かくすれば、かくなるものと、知りながら、やむにやまれぬ、大和魂」の心境である。
どこにも絶対的な解決方法なんてないし、話し合ってすむこと何かない。
明日も、ミャンマーの軍事政権は援助物資をネコババし続けるだろうし、新宗主国の解放軍兵士たちは援助物資を横領し続けるに違いない。
ただどうあれ、警察の能力低下だけは、本当に深刻な現実問題かも知れない…

東仙坊、前々回書き込んだが、5月22日、あの船場吉兆に、ここ5年間、衛生管理に特に優れた店を顕彰する「優秀標」を、大阪市が、贈っていたことが判明した。
これって、贈った側も贈られた側も、ただのこの上ない恥知らずのできレースということ?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
談合に似て、いくらわかっていても、他人事にしていないと、巡り巡って、自分の身に火の粉がかかってきて、ヤブヘビになるということ?
自分の目で見て自分の手で仕事をしないヒトと、お客のことなんか全く考慮せずに儲けることだけを考えているヒトとのコラボレーションほど、醜悪なものはないと思うが、どうだろう?

そういえば、「プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-7」で書き込んだが、下山芳晴なるボケナス判事、被害者から直接被害相談を受け、公衆電話や非通知発信で無言電話までかけていたというから、呆れないか?
しかも、被害者の知人の通話記録を押収するための差し押さえ令状を自分で発布しているというから、恐れ入らないか?
それ以上に、もう笑うっきゃないほど唖然とさせられることは、あの「桶川女子大生ストーカー刺殺事件」の担当判事だったというではないか…
それも、公判中に居眠りをして更迭させられたと言うから、まさに何をかいわんやでは…。
どうやら、一度、自分を偉いと勘違いしてしまったヒトは、どんどん内心孤立感を深め、対外的にはどんどんその特権を行使したくなるものらしい。

ところで、愛知県では、今、一体何が起きているのだろうか?
5月20日午前8時頃、愛知県春日井市の路上で、徒歩で登校中の私立中学2年女子生徒(13歳)が、後ろから近づいてきたオトコに、ゴムで束ねていた髪を約10cmハサミのようなもので切られ、近くに止めてあった自転車で逃げられるという事件が起きた。
このデジャヴのような事件は、どうやら今度は本物らしい(?)
そのとんでもないバカタレ、身長約170cm、黒っぽい上着、白いラインの入ったジャージのようなズボンだというが、即刻逮捕しないと、世界中からバカにされてしまうと思うが、愛知県警さん、どうだろう?
これは試験だと思うが…。

5月22日午後4時40分頃、同じく愛知県名古屋市港区で、軽トラックに乗って廃品回収をしていた男性(21歳)が、「テレビはいくらになる」と声をかけられた後、いきなりナイフのようなもので4ヶ所も刺されるという殺人未遂事件が起きた。
まるで、世の中ジェンダー・フリーなのだと主張したいかのようなこの事件(?)。
そのキチガイは、身長170cmの中肉中背、白いTシャツ、ジーンズ、サングラスだというが、これも早急に逮捕しないと、世界中から犯罪者が愛知県に集結してしまうと思うが、どうだろう?
これは追試?

もっとも、その体たらくは、愛知県警に限らないようだが…
5月21日午前8時45分頃、京都府京都市南区の桂川沿いの路上で、自転車に乗っていた女性(45歳)が、デブスのならず者、石津淳(40歳)に、刃物で刺され、現金12万円入りのバッグを強奪されるという事件が起きた。
このデブスならず者、5月14日、大阪府枚方市で、少年2人を切りつけ、殺人未遂で指名手配中だったというではないか、本当に情けなくてみっともないと思わないか?
初めは女性の自転車の前カゴに入っていたバッグを奪おうとしたが、抵抗されたため刺してそのバッグを奪い、ご丁寧に自分の運転免許証と貯金通帳入りデーバッグを残して、被害者の自転車で逃げたという?
つまり、このデブスならず者が、特異な大ボケでなければ、まだ犯人特定できてないのでは?

We wish the police would lead us to the justice(警察は正義の方向を示して欲しい)!






◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-9 東仙坊、衝撃、慟哭、自省、憤怒、そして、激怒!

I am astonished at hear the news that a motherfucker was arrested for the murder of the Shiomi's case by the stupid police (潮見失踪事件で、愚鈍な警察に殺人でクッソッタレが逮捕されたと聞いて、吃驚仰天した)!

東仙坊、この失踪していたかのような江東区潮見の23歳女性が、すでに殺されてしまっていると聞いて、凄く衝撃を覚えている。
結局、この事件は、「神隠し」、「神から隠れ」でもなく、卑劣で卑怯な強姦殺人事件の「捜査漏れ」でしかなかったということらしい…。
その意味で、いつ女性が殺されたのか?という犯行時刻は、大変重要な意味をもっているはず。
それなのに、どうやらバラバラにされてしまった上に、こんなに時間が経ってしまったら、警察にとっては好都合かも知れないが、到底不可能に違いない。
そして、この最悪の結果に対し、その被害者の無念を慮り、心から慟哭している。
というのも、「プロファイリング-9 江東区潮見女性失踪事件-3」以降、失踪女性が生きていると楽観視していたのは間違いない事実だからである。
と同時に、その2人の氏名にまだ多少違和感を覚えているが、被害女性の姉に対しては慎んで謝罪したい。いくら甘ちゃんだからと言っても、それが容易でないことぐらい十分覚悟している。
どんな誹りも受け入れる。
それから、その一部屋隣のクソッタレ、星島貴徳(33歳)は、絶対に許さない。
何を言っても、今や言い訳かも知れないが、このクソッタレ、事件直後テレビインタビューに応えていて、確か「8時頃には家にいたが何の音も聞こえなかった……」と言った最後の方に「早く無事に見つかるといいですね」と言っていた。
それを観て、東仙坊、「こいつが犯人じゃない?」と即答していたのに…。
悪いヤツは、必ず喋る。

そんなことより何より、今頃になって、被害者の部屋にクソッタレの指紋が、クソッタレの部屋に血痕があったとは、一体何なの警察?
しかも、その血痕が何のものか?誰のものか?わからないとは…一体1ヶ月何をしてたの?
あれだけの状況証拠下で、マンション9階には、20室、居住室はたったの5室。しかも、当時、部屋にいたのはこのクソッタレだけだとは…?
今、クソッタレをテレビで観たが、何と怪しい気色の悪い顔のオトコか…そのうえ、「自分が疑われているのかもしれないけど、疑われるとこもちょっとあるかも…」と話した瞬間の不気味な表情に、何にも感じないなんて、ただただ呆れないか?
一体どんな鑑識眼、洞察力?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-5」でも書き込んだが、少なくとも、東仙坊、金輪際、日本の警察を信じない。
決して八つ当たりではない。
案の定、クソッタレの部屋からは、被害者の遺留品はもう何も出てこないというではないか…。
拳銃自殺したり、警察署で飛び降り自殺したり、いろいろな恥知らずの罪を犯したり、およそモラルの規範という自覚もないヒトが多いのも、なぜか納得できると思わないか?
それこそ、警察官は、天職とでも思わなければやっていられないはず…。
もう一度確認しておきたい。
110番通報を受けた直後、テレビに平然と応えていたこのクソッタレの部屋を、間違いなく聞き込みしたんだよね?
なぜなら、被害者の部屋から、エレベーター方向7室は空室、被害者が部屋に入ろうとした瞬間を素早く狙える、すぐ近くの部屋(1室先)の居住者は、奥のこのクソッタレしかいないのだから…。
それにしても、4月25日、警察が、全150戸の捜査を完了し、不審な点はなかった。何者かが防犯カメラの死角を突くなどして、マンション外に連れ出した疑いが強いとみて調べていると発表したのは、一体何だったのだろう?

事件直後、室内も玄関先も争った形跡がないと発表したのは、何だったのだろう?

どちらにしても、これだけ世間を震撼させ心配させた事件。
初動捜査の間抜け加減は別にして、まだまだ詳細不明で不可解な点が多いが、東仙坊のささやかな名誉のために、自分のプロファイリングを再確認しておきたい。



プロファイリング-9 江東区潮見女性失踪事件-1

■この事件(?)の重大ないくつかの疑問点

被害女性(?)が帰宅したことは、間違いなくビデオ確認されている。
ところが、被害女性が出て行った?もしくは連れ去られた痕跡が一切ない。
設置されている5台の防犯ビデオ全てで、確認できていない。
警察犬を使っても、通路に女性の臭気反応がなく、追跡できなかったという。
姉妹の部屋は、エレベーターホールから、かなり遠く、連れ去られるにしても、脅かされて歩いたにしても、その臭いが残らないこと自体が、変なのである。
確かに風が強いと言うこともあるが…。
4月21日現在で、マンション全体の30%、約50戸の空室チェックは終了し、残りの100戸ある居室の80%のチェックは終わったと警察は発表している。

同じ9階に住む男性が、午後8時には家にいたが何の物音もしなかったと証言している。
凄く変だと思わないか?あの通路を音も立てずに、臭気も残さずに、どうやって運んだのだろう?あるいは、どうやって連れ去ったのだろう?
どちらにしても、犯人(?)は、スーパーマンやスパイダーマンのような能力を持っていたということ?
実際、外階段を誰かが使った様子は1階の防犯カメラにはない。
そうなると、考えられるのは、被害女性が降りた9階エレベーター外か、外階段のどこかで、外部の誰かが待ち伏せしていたか?もしくは、女性の帰宅以前から部屋の中に侵入し、あえて果物ナイフ(?)を選び、待ち伏せしていたのか?
とするならば、一体9階までどうやって侵入したのか?それ以上に、部屋の中にどうやって侵入したのか?
被害女性が、9階でエレベーターを降りた時、1人だったことも確認されている。
では、女性が部屋に入る瞬間を後から狙ったか?

そうだとすると、犯人(?)は9階まで階段で上がった、相当の脚力の持ち主だと思うが…。

事件翌日の午前2時30分ごろ、同マンションの7階に住む女性が、隣の部屋から、ドスンという物が落ちるような大きな音と「イヤー」という女性の叫び声を聞いたという証言がある。
この情報って、物凄く重要だと思うのだが、どうだろう?
東仙坊、これが被害女性の声だったとしたら、全ての謎が一気に解決すると思うのだが?
それがあるから、9階~7階の重点的捜査を行っているに違いない。
110番後たったの5時間。その時、当然捜査員は現場に残っていたのではないのか?
だとすれば、それに気づかなかったのか?
当日は、万が一脅迫電話などがあることも想定して、現場には、捜査員がずっと残っていたはず。



たった1室隣での犯行だったら、全てが解決すると思わないか?
なぜマスコミは、あの証言しているクソッタレのビデオを、1室隣のオトコの証言として報道しなかったのか?香川事件以来すっかりビビってしまったということ?




プロファイリング-9 江東区潮見女性失踪事件-2

■東仙坊がプロファイリングする、犯行(?)動機

東仙坊、明言する、この妹だけが絶対的ターゲット。
あるいは、被害女性自身の大がかりな…。
これらの状況からすると、こんな時代らしく勝手に思慕の念を抱いた、同じマンションに住むパラノイア・オトコの犯行と考えてみる必要はある。
被害女性を自分の部屋にナイフ(?)で脅かしながら、連れ込み乱暴しようとした?短絡的な強姦目的の拉致(?)。

だとすると、被害女性は裸足(もちろん、ストッキングかソックスは履いている)、警察犬がその臭気を見逃すはずはないと思いたい(警察犬までが昨今の警官のようになっているかも知れないけど…)。
そして、思い通りに、防犯カメラの盲点を突き、有能な警察犬の追跡もかいくぐれるほど巧妙に、そのassholeが自分の部屋に被害女性を連れ込むか、外に連れ出すことに成功していたとする。
今、被害女性は、どうなっているのだろうか?
そのホシは、何をしているのだろう?
捜査を急ぐ必要があるのでは?
居室捜査が開始されている。
本当に外に連れ出されてしまっているのだろうか?
かなり、無理がある。
実際、東仙坊が忌み嫌う最低の犯罪であるrape(強姦)発生は増加しており、
この国は地獄なのか?週間映画人間-3」や「プロファイリング-6 世界不可視的戦争 今そこにある重大危機-3」で書き込んだクソッタレ栄紀祥のように、平気で同じマンションの複数女性を強姦する卑怯で卑劣なオトコは多い。
ちなみに、2004年7月5日、大阪府東署で逮捕された、強盗強姦魔、多田央(43歳)は、オートロックの同じワンルームマンションで、獲物の女性がドアを開けると同時に部屋に押し入り、強盗強姦したという。それも、何と50回以上待ち伏せし、5回は犯行に及んだと言う。



またしても、警察の無能さを露呈したというだけ?

The police, give me back my times(警察よ、時間を返して)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-8

To tell the truth, I don’t know how I should feel delicious when I used to eat the Toro (正直言って、トロがどうして美味しいのかよくわからない)!

東仙坊、「人生は生きているだけでbeautiful(すばらしい)」と感じている平凡な人間。
当たり前のごとく、「長いものに巻かれる」、「朱に交われば赤くなる」と器用に立ち回れない、不器用でバカ正直な人間である。
有体に言えば、単なる硬直したタテ社会のオチこぼれでしかない。
だからと言って、微塵も後悔したことも、不便を感じたこともない。
ひたすらhumane(人間味豊か)に、そこそこ生活している。
ただ正直言って、いわゆるグルメではない。
美味しそうな高そうな寿司屋で、「大間の大トロが入ってますよ」なんて、寿司職人に威勢よく言われると、虚勢張って「それお願い」と応え、「おいしい」と涙流して喜んでいる。
そして、内心「本当に大間のもので、インドのものじゃないよね」と支払のたびに、祈っている。
なぜなら、東仙坊、どんなに食べ比べさせられても、絶対に当てる自信がないからである。
その寿司屋の「のれん」を信用するしか術がないのである。
そもそも、我が国の商人の家訓は、「のれんを守ること」だと確信している。
だからこそ、我々客は、のれんを選んで食べてもいる。
まさか、その「のれん」のモラルまでがここまでなくなっているとは…。
もっとも、夕張メロンを1玉125万円で競落としたヒトが、「夕張を応援したかった」と言っていたが、それが本当に応援することなのだろうか?
不思議な気持ちになるだけなのだが…。

昨年10月偽装表示事件で話題になった老舗(?)、高級料亭「船場吉兆」が、5月2日、今度は食べ残しを使い回していたことが発覚した。
東仙坊、「頭を垂れ、謝罪し続けるヒトしかいないのか?」でも書き込んだが、こんな店が営業再開しただけでも、我が世界一のお人好し国民は実に太っ腹と呆れていたが…。
今度も、料理長が、「きれいなものもったいない(?)。使えるものは全て使え。再利用(?)できる。社長の指示で仕方なかった。料理人として恥ずかしい」と答えていたが、滅茶苦茶な誤解で、開いた口が塞がらない。
おそらくこれでもまた、テレビに映されたい奇特なセレブリティ(?)が、どうせ現れるのだろうが、本当に変な国だと思わないか?

5月21日、東京都内のデパートなどに店舗を持つ鮮魚販売会社「魚きん」の秋田店で、賞味期限切れの刺身を使い回して販売していたことがわかった。
そんなものだろうな、と感じ始めていたときだから、余計に腹が立ってくる。

実際、月刊誌「日経レストラン」の5月13日~15日の調査では、
「食材の一部を使い回したことがある」と答えた飲食店従業員は、21%。
「お客が手をつけずに残した料理を使いまわしたことがある」は、15%。
「メインの料理ではなく刺身のツマや添え物などを使いまわしたことがある」は、21%だった。
一方、客側の調査でも、86.5%が、「飲食店で手をつけないで残した料理の使い回しが行われていると思う」と答えていた。

本当に変な国だと思わないか?
もともと、のれんを守る老舗なら、もったいないという発想は、再利用することでなく、それらを社会的に還元するようなことを考えることだと思わないか?
余計なもの、無駄なものを有効利用するからこそ、そのロイヤリティが上がるのではないのか?
これって、我が国全体に言えると思わないか、どうだろう?
企業が利益ばかりに固執するあまり、福祉やボランティアの発想が生まれないのでは?
自由主義とか市場経済主義だとか、よくわかりもしない呪縛にあい、大切な何かを見失っているのが、今の社会の一番の問題と思わないか?
よくよく考えれば、実に変なことばかりだと言うことがよくわかる。
原油が史上最高値を更新していると言うが、OPECは需要に対応していると増産していないのである。
つまり、これはただの投機で、一部でボロ儲けしている不逞の輩がいるだけ。
東仙坊、「世界不可視的戦争」で憂慮したけど、後何ヶ月のG.B.大統領最後のカッパキ大作戦と思うが、どうだろう?
そもそも、有限の自然資源で稼ぐヒトがいるだけでも可笑しいのである。
EUでは、それに加担しているのが日本だと言う批判まである。
賢い人なら、ガソリンを買わなければいいだけ。
史上初めてのデフレの中でのインフレなんて、凄く矛盾していると思わないか?
こんな状況なのに、無能な政治屋と官僚に任せているせいではないのか?
日本の官僚ほど、情報とスピードのない存在はないと思うのは、東仙坊だけなのか?
これほど教師の質が問われているのに、教育改革のために、25,000人の教師の増員を図ればいいなんて発想、一体どこから出てくるのかと思わないか?
こんなことだから、「declining country(衰退国家)」と呼ばれるんだと思わないか、どうだろう?
未だに官僚に改革を任せ何もせず、官僚によって身勝手に選ばれたゴマスリ学者やエコノミストが、絵空事の改革案を作るだけの日本。
もちろん、政治屋はそれに何も言えない。
こんな情けなくてみっともない国も珍しいと思うのだが、どうだろう?
今こそ、世界中に日本人ならではの「インダストリアル・スキル」を誇示する時だと思うが、どうだろう?
こんな時代だからこそ、世界は日本人の能力がなければ、動かないと思わせたくないか?
それこそ、そんな能力を使わないことが、もったいないと、東仙坊は確信する。
そう言えば、マグロだって、江戸時代には、死日(シビ)とよばれ、トロなど誰も食べなかったと言うのである。
惑わされないことが肝心なのである。
その意味では、将来が不安だからと言って、銀行や保険会社に騙されて、せっせと貯蓄するような生き方は危ないと思うのだが、どうだろう?

I think we would not better use the gas. That is it (ガソリンを使わなければいいだけ、それだけ)!


◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-7

I'm not such an easy nihilist (東仙坊は安易なニヒリストではない)!

東仙坊、今、猛省している。
恥を知っているからである。
このプロファイリングを開始し、自分で考えられる、日本にあると思われる、ありとあらゆる罵詈雑言を駆使し、ヒトを非難しても、実は何も痛快じゃない楽しくない。
それどころか、その自己嫌悪で、困惑し、酷くブルーである。
では、何のためにそこまでして、暴走チャリンコ乗り、マナーの悪いドライバー、救いようのない教師、奮起して欲しい警察官、ジコチュウの偉いヒトを糾弾してきたかというと、再三再四指摘してきた通り、それこそがモラル再生への早急な道だと信じたからに他ならない。
東仙坊、お読みいただいている方にはとっくに理解していただいていると思うが、決して安易なニヒリスト(虚無主義者)ではない。
もちろん、日本国民に必要以上に不安を与えたいわけでもない。
当然、人間自身が早めている「世界の終わり」に怯えてもいない。
全く逆である。
「天」を、モラルを喪失してしまった日本に、人間を超越した存在はないと錯覚した日本に、困った時やみくもに助けてくれる都合のいい神しかいなくなった日本に、「そうじゃない、間違いなく信じられる何かはある。上手く言えないがバイブレーションみたいな何かを感じないか?」と、伝えたいだけ。
つまり、今なお「天(あめ)は見ている」、「天網恢恢疎にして漏らさず」と、言いたいだけ。
「毎日、例え昨日と同じ今日であっても、それを自分の壮大なる叙事詩、自分の感動的な抒情詩と捉え、粛々と生きてゆくしかないのでは?」と、尋ねたいだけ。
人間、必死で生きているからこそ面白い、そう思わないか?
紀元前に、「お金を増やすことを尊重すればするほど、ますます徳を尊重しなくなる」と、かのプラトンは国家論で言っているし、「富は海水に似ている。飲むほどに渇く」と、かのショーペンハウアーは言っている。
お金のために、刹那的な快楽のために、モラルを喪失しては、人生もったいないと思わないか?
どうあれ、その信じられる何かに愛されるには、普通仮面を被って異常な罪を犯してはいけないと、東仙坊、そう言っているだけだと理解して欲しい。
まさに、マキャベリの言う、「天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄への道を熟知すること」を、実践したいだけなのである。
しかし、残念ながら、それは、もう儚い夢なのかもしれない。
今や、やはり世界から言われているように日本は、「極東のパラダイス」、「天の裁きもない、何でもあり天国」なのか…?

5月21日、山梨県警が、宇都宮地裁判事、下山芳晴(55歳)を、20代女性へのストーカー行為で逮捕した。
この現職判事、「今日も仕事するの」「明日、会えるのかなぁ」「今度いつ会えるかなぁ」などと、自宅パソコンやインターネットカフェからフリーアドレスを使い、匿名で1ヶ月間執拗にメール送信をしたという。
その上、警察庁幹部や山梨県警幹部に、女性の被害に関する相談をしたり、捜査に乗り出すよう要請したりという裏工作をしていたという。
肝心要の裁判官がこの体たらくじゃ、何を言っても無駄だと思わないか?
悲しいけどそんな気持ちになりそうな、自分が怖い。
いくら憲法で身分を保障されている裁判官でも、国会の弾劾裁判所で罷免できるはずなのだが…。
どちらにしても、取調べで「恋愛目的ではない」???と供述しているというから、ますます異常だと思わないか?

At last the bastard judge should come out who put on the stalker badge (ついにストーカーバッジをつけた可笑しな判事が出現した)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-6

Where is gone, the Japanese sense of morality (日本モラルよ、どこへ)?

東仙坊、とっても複雑な気分。
このプロファイリングの中で、前々回、「こんな人間としてはただのボンクラに学ぶ博士候補生はどうしているのだろう?」と危惧した矢先、早速その実態を報告してくれる事件が起きた。
確かに、大学が違うが、近くの同じ国立大学なのだから、似たようなもの(失礼!どっちの大学に言えばいいのやら?)。
5月17日、茨城県警つくば中央署は、筑波大大学院生、坂爪昭容(27歳)を暴行で逮捕した。
このキ印イエダニ、夜、自転車で走りながらガラス越しに映る一人暮らしの女性を狙い、落し物を届けにきたフリをし、ドアを開けさせ、「虫がついている(?)」なんて言いながら、暴行していたと言うから、アングリ…それも10件以上…?
本当に、危険なキ印だと思わないか?
それだけ、リアリティのない社会になってしまっていると思わないか、どうだろう?
前回書き込んだ「デイ・アフター・トゥモロー(明日の次の日はあるのか?)」という映画、ただの映画に終わることはないと思うが…。
実際、この南極の夏は、気温が上昇し、「スノーアルジー(雪氷藻類)」が大発生し、ピンクやグリーンのカラフルな世界なのだという。これらの雪氷藻類は、赤潮にちなんで「赤雪」とも呼ばれるそうだが、今年ほど色が濃いのも珍しいらしい。
経済が全て、お金が全てなんて、映画同様、のほほんと言っている暇はないと思うのは、東仙坊だけか?
生態系の異変も急激で、ここ30年間で、南極の自生種子植物数は、最大25倍も増えているという。
そして、氷が必要なアデリーペンギンは65%も減少し、氷がなくても大丈夫なジェンツーペンギンが増加しているらしい。
事実、ニュージーランド南部海底海山で、真オレンジ色のクモヒトデの新種が発見されたというから、不気味だと思わないか?
東仙坊、そのオレンジ色のクモヒトデの仲間(?)の写真を見て、卒倒した。

さて、今回は、働かなくても首にならない、給料をもらえると勘違いしたり、自分は偉いから多少のことは何したって新宗主国の官僚のように許されると勘違いしている、社会的に高い立場(?)にいるヒトたちが、ターゲット。

5月12日、岐阜市で、夫からのDV(家庭内暴力)被害を受け別居していた女性が、自分の住所を夫に教えないように求めていたのに、市職員が誤って夫に知らせたため、女性が転居せざるを得なくなった補償費として、岐阜市が98万円を支払った。
昨年7月、女性は現住所などが書かれている戸籍の付票を、夫が取得できなくする措置を岐阜市に求めていた。
ところが、怠け者担当職員が、それを忘れ、9月にそのDV夫が付票を取得してしまったという。
うっかりミスだと言うが、それで殺されてしまったりしたら、どう責任を取るのだろう?
昨今のDVやストーカー被害増加傾向からすると、そんなミスは不届き千万だと思うが?
そんな自覚も配慮もなく仕事をただダラダラとやっているから、こんなことが起きるに違いない。
どうか、心して仕事してもらいたい。
ちなみに、この怠け者への処分は、3ヵ月間の減給だというが、それって適正なのだろうか?

5月13日、大阪市は、中抜け(職場を抜け出す)、カラ出勤(タイムレコーダーを同僚に記録してもらう)などで勤務時間や手当をごまかしていた121人を処分したと発表した。
中には、4年間で806日間、1209時間、勤務時間中にスポーツ施設プールに通っていた、辻井弘至(40歳)のように懲戒処分になった詐欺野郎。
親族が死亡したと偽り、4年間で忌引休暇を計6回利用し、停職3ヶ月になった男性職員(40歳)、1年間で忌引休暇8回の男性職員(41歳)などのせこい行為で処分されたのが5人。
胴回りの太いマンホール作業担当(?)部下の日報を偽造し、特別勤務手当不正受給させ、諭旨免職になった上司(47歳)などがいるという。
確か、大阪市って、今、財政が危機的状況なのではないのか?
ちなみに、大阪市は昨年、学歴詐称(?)で965人、市税滞納(???)で80人、マイカー通勤で50人が処分されている。
さらに、2005年には、カラ残業で7924人もが処分されている。
つまり、大阪市には、ゆすりたかりの役立たずしかいないということ?
はっきり言って、大阪市の再興なんて、不可能では?
そういえば、東仙坊、泣き虫ボクちゃん知事が、一律減給を表明した途端、組合員なる人たちが泣きながら「生活できないから撤回して」と懇願しているシーンを見せられ、茫然自失した。

5月15日、東京都南青山の路上で、下半身を露出したテレビ朝日社会部記者、島本光規(29歳)が、公然わいせつの現行犯で逮捕された。
この身の程知らずのタレ流し、仕事中で酒も飲んでなく、本当に何がしたかったのだろうか?
冷静に考えても、自分のオトコ自慢(?)がしたかったとしか考えられないのだが?
その目撃させられた女性に、そんなに立派だったのか聞いてみたくないか?
そういえば、プロファイリング8 普通の人々の日常的犯罪-7でも取り上げたが、テレビ朝日の系列局である朝日放送ラジオ局編成制作部主任、田結荘斎治(37歳)も、東海道新幹線の車内で下半身を露出して公然わいせつ罪で逮捕されていた。
テレビ朝日には、オトコ自慢が多いっていうこと?

4月17日、福島県郡山簡易裁判所から、盗撮目的で勤務先の女子トイレに侵入した、建造物侵入罪で、罰金10万円の略式命令が、福島県職員でハイテクプラザ主任研究員、高橋幹雄(48歳)に下った。
このブタヤロウ、自分の働いているハイテクプラザ1階の女子トイレに、小型カメラを設置して逮捕され「迷惑かけて申し訳ない」(?)と供述していた。
ほとんど救いようのない頭の構造だと思うのだが、どうだろう?
それを受けて、福島県は、「誠に遺憾でお詫びしたい。今後は綱紀粛正と県民の信頼回復に努めたい」と言いつつ、このブタヤロウに、停職12ヶ月の懲戒処分にした。
これって、凄く変だと思わないか?
ところで、このブタヤロウ、本当に平然と職場に復帰するのだろうか?

3月17日、警視庁多摩川署は、東京都世田谷区の民主党区議、それも3期当選のならず者、阿部力也(45歳)を、強制わいせつ致傷で書類送検した。
このならず者、昨年の選挙期間中、自分の選挙事務所で30代の女性運動員に体を触るなどのわいせつ行為をした上、ケガまでさせたという。
この手の議員と呼ばれる優れたヒトたちのこういう事件って、かなり多い気がしないか?
だいたい先生と呼ばれて、うれしそうな表情をするヒトに、ろくなヤツはいない。

今回、東仙坊が、最も着目するのが、この事件。
4月22日、茨城県国民健康保険団体連合会 会計課主任、森知勇(34歳)が、茨城県警と水戸署に業務上横領で逮捕された。
この洞察力に長けた子ダヌキ、何と、連合会が管理する保険金を3年間で10億円も着服した。
これは、ある種、アッパレと言ってもいいのではないだろうか?
職場にいる同僚、上司が、いかに仕事などしないかを読みきったからこそできた犯罪と言えないだろうか?
理事長名義の預金通帳と印鑑を使い、水戸市内の金融機関から、堂々と横領していたと言うから、実にたいしたものだと思わないか?
決算時には、発覚を防ぐために、口座に繰越金を補填、帳簿も改ざんしたという。
念のために説明しておくと、この連合会は、市町村が徴収した国民健康保険や介護保険などの保険料を管理。医療機関や介護機関からの診療報酬請求や介護報酬請求が適正なものかを調べ、その支払などの仕事をしている。
そして、昨今の人員削減により、ほとんど1人でこの子ダヌキが管理していたらしい。
では、一体何に使ったのか?
分不相応なマンションを購入した以外は、全て競艇だという。
しかも、ボートピア岩間には、ほぼ連日出現し(勤務時間内にも行っていたらしい?)、週末には家族も一緒で、有名な存在だったというから、呆れないか?
笑止千万なのは、そのボートピア岩間には、この子ダヌキ専用の自動発売機や払戻所まであったということ(?)。
そして、最大のオチは、何と、自分で犯罪を告白したことだろう。
つまり、その連合会の誰もが最後まで気づいていなかったのである。
一体、他の職員たちは、日々何をしていたのだろうか?
この子ダヌキ、その水戸市内の金融機関で、合計31回、多い時で1回につき、755万円を引き出している。
連合会によると、「チェック機能が働いていなかった」と例のごとく頭を垂れて謝罪をしたのだが、その光景が、東仙坊にとって、摩訶不思議でしかなかった。
人員を削減したはずなのに、頭を垂れているヒトたちが、今までになく大勢で、確か20名くらいはいた。
それを見て、ここには働かない天下りのヒトたちが五万といるのだと感じたのは、東仙坊だけなのか?
ところで、そうでなくても不足しているこの貴重な財源、どうやって穴埋めするのだろう?
茨城県の人たちが、どこまでお人好しかテストされている気がするが…。

I can’t help telling them “Heaven knows”(天は見ているとしか言えない)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-5

The whole police stations, what is the matter with you(日本中の警察署よ、どうしちゃったの)?

東仙坊、沈思黙考、複雑な気分を味わっている。
偶然、久しぶりにテレビで映画を観てしまったからである。
「Day After Tomorrow」
急激な地球温暖化による必然的な結果として、地球の氷河期への移行スピードが海流の温度低下で加速され、1万年後ぐらいだろうという勝手で甘い予測に反し、突然今日始まってしまうという意味深な映画だった。
東仙坊の拙い認識でも、それは未来の絶対として、とっくに覚悟している。
実際、毎年、ハリケーン、サイクロン、タイフーンの規模は拡大していて、つい最近でも、ミャンマーで数十万人(?)死亡行方不明になるサイクロンがあったばかりである。
どちらにしても、なぜか映画の冒頭で、巨大な雹の犠牲になるのが日本で、家に「今から帰るよ」と駅から家庭に携帯電話をかけていたマイホームヤングパパだということも、凄く辛辣だった。
とにかく、東仙坊、寒いのにからっきし弱いから、あんな凍結死だけはゴメンである。
それにしても、東仙坊、世界不可視的戦争北極の氷がもの凄い叫び声をあげながら溶けている音が聞こえないか?でも書き込んだが、地球温暖化問題は本当に深刻で一刻の猶予もないと思うのだが…。
人間がいつも人間らしくあるためには、どこまでも謙虚に怜悧に、生きている限り学習し続けてゆくことしかないはずなのに…。
それこそが人生のはずなのに…。
ともすると、何かに目がくらみ、すぐに傲岸不遜になり、学習しなくなるのはなぜなのだろう?
Karma(業)? deception(欺瞞)? greed(強欲)?
間違いなくlearning people(学習する人間)、 learning organization(学習する組織)だけが、生き残る時代がもうすぐやってくると思うが、どうだろう?
ともあれ、普通仮面を被った異常犯罪から身を守るには、自分の鑑識眼を磨き、imagination(想像力)を働かせて、他人を洞察し、自己判断してゆくしかないと思うが…?
東仙坊のプロファイルで宣言した通り、自分が何か変と感じることを、勇気をもって、声を大に叫んでゆくしかない。
それ以外に、喪失された我が国のモラルの再生の道は、どうしても見つからない。

5月19日、四川大地震に駆けつけた日本の国際緊急援助隊が撤収を決定した。
マスメディアでは、これで日中間が一気に友好的になるという楽観論もあるが、本当にそうなのだろうか?
もちろん、現地住民の中には、素直に感謝してくれている人たちがいると信じたい。
生き埋め被災者生存率72時間を考慮すれば、初めから凄く変な話だと思わないか?
地震発生から4日後に、最新装備を持つ都市型災害専門チームが、一度人民解放軍が救出活動を実施した山間部で、400kmも、300kmも移動させられるなんて、凄くおかしいと思わないか?
あの国のヒトたちが、簡単に日本人に手柄を上げさせ、恩を受けるとは思わないのだが、どうだろう?
あんな大災害なのに、それに便乗した[振り込め詐欺]が横行している国なのだから…。
しかも、学校などの建物ほど、「おから工事」だというから、呆れないか?
とにかく、他人を厳密に見つめることが肝心なのである。

ところで、今、日本の警察に何が起きているのだろう?
東仙坊がプロファイリングした、大阪守口乳児殺人事件静岡沼津殺人事件江東区潮見女性失踪事件愛知豊田女子高校生殺人事件、そのどれ一つも解決できないままである。
それどころか、前々回のプロファイリングで触れた、舞鶴女子高生殺人事件も、一向に進展していない。
拝啓、K.P.D様 お願いですから弱きをお助けください!で指摘した問題は、川口警察だけに限らず、全国の警察の問題なのかもしれない。
時代の変化に合わせて、捜査手法そのものをinnovation(刷新)しなければと思うが、どうだろう?
心から警察の奮闘を祈りたい。
だから、弱気をくじく、素人探偵団組織を創ろう!の通り、真摯に甘ちゃんアマチュア探偵団。
今回のターゲットは、その警察官。

5月11日、愛知県警は、安城署警備課警部補、小島修身(52歳)を、詐欺容疑で逮捕した。
この恥知らずの口先オトコ、トラブルの仲介をすると偽り、名古屋市内の主婦から50万円を騙し取ったのだが、遊ぶ金欲しさに「警察に相談せず、金で解決する方がいい」と持ちかけたというから、開いた口が塞がらない。

5月4日、午後4時30分頃、名古屋市内の病院で、体調不良を訴える38歳の容疑者の女が、付き添っていたはずの愛知県中川署の女性巡査(27歳)が、居眠りしていた隙を見て、逃亡する事件が起きた。
このプロ根性のないタワケ者、一体、警官の仕事を何だと考えていたのだろうか?
本当に、呆れるだけである。

5月11日、愛知県名古屋市熱田区で、妻とケンカし、灯油をかぶって自宅周辺を歩いていた45歳男性を、ライターを取り上げて保護し、熱田署で事情聴取をしようとしたところ、着替えを拒み、「タバコを吸わせろ」と騒いだために、その男性からお金を受け取り、署員がわざわざタバコを買いに行き(?)、別の署員が私物のライターを渡し、いったん署の喫煙室でタバコを吸わせた。
そして、2階刑事課取調室内で事情聴取を再開すると、「タバコを吸わせてくれれば飲酒検査に応じる」と言った。そこで、本来なら禁煙であるにもかかわらず、仕方なく署員がタバコ・ライター・灰皿を男性に渡したという。
ところが、その男性は署員3人の目の前で、火だるまになって全身やけどで死亡してしまったというのである???
これって、本当に警察の話なのだろうか?
今や、警察官って、それだけ卑屈なのだろうか?
しかも、「誰が火をつけたかわからない」なんて、どういうこと?

お分かりいただけたかもしれないが、上記の3件は、全て愛知県警内で起きている。
そう、東仙坊が気にしている、愛知豊田女子高校生殺害事件も、そんな愛知県警が捜査しているのである。
凄く心配で不安だと思わないか?
東仙坊、愛知県警の意地が見たい。

5月18日、福岡県警戸畑署地域課巡査部長、前岡秀昭(56歳)が、児童福祉法違反と売春防止法違反で逮捕された。
この二枚舌おちゃらけオトコ、風俗店の経営者と共謀し、10代の少女を売春させただけでなく、非番の日には、その電話番をしたり、その少女の送迎までやっていたというから呆れないか?

5月16日、警察官の権限を誇示し、マッサージ店の経営者を脅迫し、無料でマッサージさせるなどわいせつ行為をしたとして、強制わいせつと公務員職権乱用の罪に問われていた、警視庁蔵前署警部補、渡辺和三(57歳)の初公判が東京地裁で開かれた。
この役立たずのヘンチクリン、他の店からも現金を受け取ったりしている確信犯で、懲役3年が求刑された。

そして今回、東仙坊、一番わけがわからないのは次の事件。
5月12日、埼玉県警は、無免許で交番バイクを運転しパトロールしていたとして、道交法違反で、西入間署と朝霞署の25~28歳の男性巡査4人を書類送検し、懲戒処分とした。
このトンチンカンの操り人形4人は、警察学校時代に全員普通自動車二輪免許の卒業検定試験に合格しているが、「仕事に慣れるのに必死で、免許取得の手続きを後回しにしていた」(?)、「試験に合格していたので、安易に考えて乗ってしまった」(?)と供述している。
東仙坊、どう考えても??? 何がなんだかわからない。
どうやら、以前は、警察学校入校中に免許取得手続きを行っていたが、免許は個人のものということになり、各自が免許センターに行って取得するように変更されたせいらしい。
それだって、5年前の話である。
警官としての誇りや責任の問題以前に、一人の社会人としての義務を怠っているだけではないのか?
一体どこからそんな甘えが、モラル無視ができるのだろうか?
こんなことが、交通違反を取り締まる側の警官に、起きていること自体、実は大問題ではないのか?
仮にこのトンチンカンに交通違反で捕まっていたら、滅茶苦茶にマンガだと思うが、どうだろう?
東仙坊、バレーボール女子日本代表柳本監督よりも出なくなった声でお願いしたい。
「日本のモラル再生のために、日本の警察官の皆さん!頑張って!」

Surely the police officer looks so awful, however, better than those teachers (確かに警察官は酷いけど、それでも教師よりはマシかも)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-4

I suppose a man as a teacher who shouldn't have experiences about Love enough(教師になるようなヒトって恋愛経験が十分にないのかも)!

東仙坊、前回情けなくてみっともない、蛮行を犯す教師を糾弾したつもりだった。
誰もが、それこそが日本のモラル再生の第一歩だと感じていると確信するからだった。
けれども、まだ生ぬるい手ぬるいと部下たちから、キョウシてきされた(?)。
ただ怒っティチャーいけない。
教育改革よりも、どんどんビシバシ教育者改革を早めなければ…。
それにしても、およそ品格のない罪をなぜ教師たるものがこれほど犯すのか?
キツネもタヌキも本気で怒り狂い始めるほど、でたらめなロクデナシ、はた迷惑なウツケモノ、身のほど知らずの変態野郎、インチキ良識人のペテン師、恥さらしの口先オトコが、何と教師に多いことか?
本当に、呆れないか?
あまりの酷い言葉ばかりで、キョウシくするが、それが実態。
そのせいなのか?
今、北海道後志支庁で、キツネとタヌキが原因不明で次々と死んでいる?

2008年3月、東京都調布市では、車の中で女子生徒のカラダに触るなどした、市立中学校のウスラとんかち男性教師を、懲戒解雇処分手続きをとらず、依願退職させようとした。
どうやら不祥事隠しをしようとしたのだが、調布市教育委員会には、厚顔無恥なおチョウフシ者が多いのかも…、類は友を呼ぶのだろう。
チョウフざけてないか?

2008年3月17日、東京都文京区で、文京学院大学女子中学校校長、谷田貝秀雄(52歳)が、窃盗で逮捕された。
電車内で女性のカバンから、現金約2万3千円入り財布を盗んだという。
この面汚しの狼藉者、「酒を飲んでいた」と言い訳しているが、周りでは「あのバカが、ヤッタカーイ、ヒデーオ!」と言っている?
本当に情けなくてみっともない狼藉者だと思わないか?

2008年3月8日、埼玉県川口市立川口高校校長、市川和夫(56歳)が、教え子に対する脅迫で逮捕された。
このラッキーマン的勘違いハナツマミ、昨年11月からだけでも、100回近くも脅迫したというから、驚き桃の木山椒の木。
それも、「交際していることを他人にばらす?」とメールなどで、交際経緯を詳細に書き込み、交際継続を迫ったというから、恥の上塗り。
誰も言わないから、仕方なく東仙坊が言ってやる。
「キサマは、5年も若い肉体をむさぼった好運なゴキブリなんだぞ…それ以上何がしたいのか?なぜ、その彼女に男ができて、さらにラッキー(?)と祝ってやれないのか?人を愛することは相手の幸福を望むことではないのか?実に男として器量の狭い恩知らずのタワケ者!」
その意味で、こんなハナツマミと5年も付き合ったそのスベタも同じく、情けなくてみっともないと思わないか、どうだろう?
これを機に、少しは一人の女としても成長して欲しいと、心から切望する。
それにしても、「全部知っている。殺すこともできる」、「殺すことは簡単」、「警察に相談しても無駄だ」と、学校の封筒を使って手紙を書き、校長室のパソコンで脅迫メールまで送るとは…そんな校長のいた学校って、一体どんなモラルなのだろう?
東仙坊、凄く杞憂する。
ただ、女性の交際相手の名前や住所まで調べた、このハナツマミの労力?だけは、もしかすると受験には役立つかも知れないが…?
どちらにしても、このハナツマミの家族も、さぞや大変な残りの人生が待っていると思うが、どうだろう?
こんな高校2年生女子生徒を身勝手に所有しようという狼藉者が、いくらイチカー罰かでも、簡単に教え子をたぶらかすことができる世の中に、やっかみを抜きにしても、絶望しないか?

2008年3月17日、千葉大学大学院融合科学研究科の40代の男性准教授が、大学から懲戒処分を受けた。
自分の教え子に「自分の半年間の恋人になれ」、「自分の援助がなければ卒業できないぞ」と、性的関係を強要したという。
この人間としてはただのボンクラ、「好意があった」からだと言い訳しているらしい。
本当によく恥ずかしくなく生きていられると思わないか?
こんな未成長な目をチバしらせたボンクラに学んだ博士たちは、今どうしているのだろう?
そっちの方を危惧するのは、東仙坊だけか?

2008年4月27日、大阪府警住之江署は、大阪府立藤井寺工科高校教諭、安井隆之(26歳)を、道交法違反の現行犯で逮捕した。
この掟破りのマヌケ、ナンバープレートを外した改造車で、猛スピードで車を横滑りさせてUターンする(?)「ドリフト走行」をしたという。
一体誰がこんなマヌケを教師にドラフト?したのか?
こいつもこいつで、何で教師になったのか?
刹那的なヤスイ命懸けゲームを楽しみたいなら、今すぐダルフールにでも行け!

2008年5月2日、広島市安佐北区の住宅街で、夜間街灯近くの外からよく見える自家用車内において、下半身を露出して自慰行為をした公立中学教諭、森山良二(45歳)が、公然わいせつ罪で逮捕された。
この駄々っ子バイキン、一体何を考えていたのだろう?
東仙坊、プロファイリングするのも汚らわしい気がする。
それにしても、教師のモラルの再生は、モウムリヤマかも…。

2008年5月2日、福岡県警田川署は、元小学校教頭、福岡県福智町方城児童センター所長、仲村孝容(62歳)を、中学1年女子生徒へのわいせつ行為で逮捕した。
この背信ブタヤロウ、電話で自分が講師をしている公民館の勉強会に呼び出し、「写真を撮ってあげる」と声をかけながら、女子生徒の胸や尻を触ったり、頬擦りしたという。
ぜひ、頭をMRI検査をしてみたい。
頭のナカムラむらに違いない。
性悪な利己主義者の腫瘍が見つかり、参考になると思わないか?

2008年5月15日、新潟市教育委員会は、新潟市西区の40代男性中学教諭を停職3ヶ月の懲戒処分にした。
このスケベな卑怯者、部活中、女子生徒の背後から両腕で首を絞める仕草をしながら、胸を触った確信犯である。
そのショックで、女子生徒は4ヶ月も不登校になり、その卑怯者も「大変申し訳ないことをした」と話しているのである。
こんな卑怯者を、首にしない新潟市教育委員会には、そんなスケベな卑怯者仲間がいっぱいいるということ?
凄く変だと思うが、どうだろう?
日本中の変態教師は、新潟に、ニゲッタし?

2007年12月27日、日本の恥そのものの面汚しウスラバカ、山梨県立巨摩高校吹奏楽部外部指導員、萩原吉人(33歳)に、甲府家裁が、児童福祉法違反および児童ポルノ禁止法違反による懲役2年6ヶ月の判決を下した。
「生徒の未熟さを利用した卑劣な犯行。演奏指導の一環であるかのように装い、性行為が演奏技術向上のために不可欠だと信じ込ませた。純真な生徒の心をもてあそんで性欲を満たしており、誠に悪質。生徒への悪影響もきわめて大きい」という裁判官の非難でもわかるように、言語道断の変態でしかない。
このウスラバカ、1998年~2007年までに、判明しているだけで13人の女性部員に、演奏に悩む女生徒なら練習と称してsexができると考え、「音が弱いからsexしないとまずい。オレが力になってやる」、「音楽家になりたいなら、今の音じゃダメだ。腹式呼吸をマスターするには、カラダの中を変えるしかない。それにはsexだ。sexすれば音色がよくなる」と洗脳し、「音色を安定させるまで続けなきゃダメだ」と好き放題やり放題だったと言うから、まさに何をかいわんやだと思わないか?
しかも、フルート演奏者としては、そこそこだったというから、悪い冗談?ふざけてないか?
どちらにしても、ホテルで、車で、住宅街空き地で、山中で、果ては部室に作ったプレハブで、「個人レッスン」と呼び出し、女生徒たちの全裸写真や行為中のビデオまで撮影していたというから、市中引き回しの上獄門晒し首にすべきでは?
それにしても、9年間も、こんな面汚しウスラバカを自由にさせていた、県立高校と山梨教育委員会の責任ってないのだろうか?
それよりも何よりも、こんなson of a bitch(変態)に、高校生にもなっていいようにされていたpure girlsが、この21世紀にいるとは、ショックじゃないか?
東仙坊、そのpoor girlsに聞かざるを得ない。
「本当に音色がよくなったのか?」
「それほどまでして、何のためにいい音色が出したかったのか?」
こんな情けなくてみっともない事件が、この日本で起きるなんて…悲しすぎないか?
とりあえず、そのウスラバカが刑務所に入っただけで、ヨシトするか…。

ところで、あまりに情けなくて、呆れて、東仙坊、駄洒落でも言ってなければ、絶望し切ってしまいそうだったので、どうかお許しを!!

We would not better expect the teachers anything moral(教師にモラルなんて期待しない方がいい)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-3

By the way, what did such a teacher teach the student at school usually (ところで、そんな教師って学校で普段、生徒に何を教えていたのだろう)?

東仙坊、「なぜ、舞鶴女子高生殺害事件のプロファイリングをやらないの?」というメールを、何日か前に受け取っている。
しかし、最初から、そのケースは扱いたくないと直感していたので、やらない。
どうか、悪しからずご了承いただきたい。
その理由は、ごくごく簡単。
ちょうど、同じ15歳の愛知豊田女子高生殺人事件をプロファイリングしている最中だったせいか、どこかこの幼稚な被害者が自ら招いた事件のように感じてしまったからである。
もちろん、残虐非道に金属製鈍器で撲殺し失血死させたホシを、断じて許さない。
しかし、中学校にも満足に行かず、高校にもきちんと行かず、37歳母親と二人暮しなのに、かといってバイトもしていない。
午後10時頃、一度パジャマに着替え、その後洋服に着替え、たぶん広い家なのだろう?母親に気付かれることもなく(?)、初めてそっと家を出て行ったなんて(?)、ロサンゼルスのダウンタウンを真夜中1人で歩くことと変わらないと思わないか?
どうあれ、東仙坊、そう思ってしまった。
被害者は、午前0時前にプロフを更新し、その30分後に携帯で外で友だちと話している。
一方母親は、午前2時(?)に娘のいないことに気づき、午前9時に捜索願を出している。
しかも、被害者のプロフに、「…何か大丈夫な気がしてきた。きょうから部屋でまた寝る。あれから1人で寝た事ないからなぁ。淋しいので誰か泊まりに来て…」とあったこと。
その上、被害者の母親が、遺体発見直後にマスコミに向けて手記なるものを発表し、その内容の中に、「…何の落ち度もない娘に対して……この可愛く撮れている写真を使って下さい」という文言があったこと。
それらに、なぜか酷く暗澹たる気持ちにさせられた。
無防備だとか、無知だとか、そういうレベルの問題ではなく、東仙坊、その未熟な少女と母親に何を言い出すかわからないので、自粛しようともう一度決意した。
例のcreepyベトベトな気色の悪さを感じないか?
それに、あれだけの物証があれば、正直、犯人はすぐに逮捕されると思ったし、今でもそう思っている。
無論、マスコミが指摘している、付近で起きた7年前の高校生殺人事件(未解決)など、この事件と全く関係ない。
その意味で、この神をも恐れぬ卑劣で卑怯で凶悪なホシをすぐ逮捕できないようでは、京都府警は警察を辞めるべきだと思うが、どうだろう?

5月9日午後11時25分頃、愛知県岩倉市の市道で、自転車で帰宅途中の女子高生(16歳)の腕を引っ張って引きずり倒し、顔や腹を殴って近くの草むらに連れ込み、胸を触るなど、わいせつ行為を働いた、福永育史(33歳)が、現行犯逮捕された。
豊田市女子高生殺人事件発生から、たったの1週間。
この史上最低のクソッタレ模倣犯、どんどんマスメディアに顔写真を載せるべきだと思うがどうだろう?
それにしても、何と情けなくてみっともないお調子者のオトコなのだろう?
こんなオトコがすぐ出てくるようでは、日本の未来もない。
どちらにしても、とことん愛知県警は侮辱されていると思うが、どうだろう?
それでも、たった一つの光明もある。
女子生徒の悲鳴を聞き、現場から100m離れたアパートから駆けつけた男性教師(25歳)が、女子生徒に馬乗りになっていたクソッタレを40mも追いかけて取り押さえたというから、実に「エライ!」と思わないか?
本当に、こんなcoolな話を聞くのは久しぶりだし、特に教師の弱きを助ける善行なんて、滅多にお目にかかれないから、余計impressive感動的。
東仙坊、拍手喝采である。
というのも、こういう情けない蛮行の犯人って、今まで教師がやたらと多かったからである。
どちらにしても、この勇気ある男性教師には、甘ちゃんアマチュア探偵団の名誉勲章を差し上げたい。

さて、東仙坊、あまり計画性がある方ではない。
というより、計画的に何かをしたりすることが、好きではない。
どこまでも心の趣くままに、それがライフスタイルである。
そんな訳で、計画的に情けなくてみっともない犯罪を考えるヤツを許せない。
ましてや、自分のただの欲望のために、稚拙で恥ずかしい計画を立てているようなヤツは、この手で八つ裂きにしたくなる。
そんな事件を、また教師が起こした。
5月10日、警視庁少年育成課は、東京都台東区立駒形中学校教諭、鈴木明(51歳)を、児童福祉法違反で逮捕したと発表した。
このヨダレ垂れ流し仮面教師、2007年3月10日・11日の両日、自分が担任していた中学3年生女子生徒を、わざわざ親に虚偽の「卒業旅行日程表」を渡して、栃木県那須町のホテルに連れ出し、みだらな行為をしたというのである(?)。
「信頼していた先生に嫌われたくない(?)、怖かったので従った」と女子生徒は話しているそうだが、どこをどう信頼していたのか多少気にはなるけど、「ストックホルム症候群」のようなものだろうと、ここではあえて触れない。
自分の車で栃木に連れて行き、ホテルで親子を装っていたとは、恐れ入谷の鬼子母神。
この仮面教師、何を勘違いしたのか、その後も平然と関係を迫って訴えられたらしいが、本当に「一昨日こい!」である。
取調べに、「教育者として、人間として恥ずかしい」と、のたまわれているようだが、のこのこテレビに映っているくらいだから、どこまで反省しているのやら…。
それにしても、一体どこから自分の生徒を、肉体的に所有しようと考えるのだろうか?
東仙坊、野暮に教師と生徒間での思慕の念をこれっぽっちも否定しない。
デリケートな時期の生徒が、畏敬の念を覚える異性教師に、ある種の恋愛感情のようなものを抱くのは、自然だとさえ考える。
けれども、それは、そんな安易で軽佻浮薄な肉体的なものではなく、より純化した崇高で精神的な絆になるのではないのか?
教師たるもの、肉体的に素っ裸になっている生徒に、精神的な服を着せていくことが使命ではと思うのだが、どうだろう?
それが単なる出歯亀になって、情けないトリックまで使って、みっともない淫行をするなんて、打ち首ものだと思わないか?
こんな成熟していない教師に、一体どんな教育ができるのだろうか?
それにしても、わざわざ物的証拠になるニセの「卒業旅行日程表」を作った行為に、病的なおぞましさ、パラノイアの臭いを感じるのは、東仙坊だけか?
また一方、そこまで愚弄された親は親で情けないと思わないか?
百歩譲って、仮に女子生徒のほうに何らかの誤解をさせる対応があったとしても、それをきちんと諭すのが教師のはず。
そう、「武士は食わねど高楊枝」が教師の根本倫理。
たとえ据え膳の状況になっても、食わぬが教師の本懐。
それが全く逆なのだから、絶望的な気分にさせられてしまう。
本当にムズムズしたイヤな事件である。

東仙坊、やはりteacherは、preacher。教師は、変なことセン教師であって欲しいと思う。
それが、教え子の肉体に「狂死」するようでは、我が国の未来も…と憂慮している。

I wonder why the teacher would try to possess the own student physically(なぜ自分の教え子を肉体的に所有したいのか)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-2

Drivers! Don't forget that you used to drive that kind of an iron strong vehicle like a small tank (ドライバーたちよ!小さな戦車みたいな鉄の強固なカタマリを運転しているということを忘れるな)!

東仙坊、単なるcoward(臆病者)、人間以外の動物が苦手。
その理由は、簡潔明瞭、言葉が通じないと感じるからである。
中学生時代、カエルの解剖で卒倒し、家にカエルくらいだから、生半可なものではない。
小学生時代に、犬にお尻をかまれてから、それはhip dog?酷くなったようである。
それなのに、今、チンパンジーかヒキガエルでも飼おうか、真剣に悩んでいる。
チンパンジーは難しいだろうから、ヒキガエルを飼えばいいと思われるかもしれないが、実は、カエルの方が不気味で、嫌いだから、本当に困っている。
もっともチンパンジーだと東仙坊より賢そうで、飼われてしまうことになりそうだから、最初から無理かも…。
どちらにしても、なぜ、そんなことで苦悩しているかと言うと、中国四川省の大地震直前、北京動物園のチンパンジーが大暴れし、ヒキガエルにいたっては何と1週間も前に、数十万匹が大移動したと言うからである。
「カエルと命をヒキカエル?」なんて!
日本でまもなく起きるだろう大地震(?)で、「東仙坊、ヒキガエルで、イキカエル」、そうなれたらとマジで考えている。

さて、東仙坊、ドライビングには五月蝿い。
まさに、マナーとモラルの宝庫、品性のテキストと思っているから、当然。
そして、ドライビング歴、40年弱、無事故無違反である。
やはり、そう言うと、虚偽になる。正確には、今までのところ、無事故1違反。
この話しになると、またその違反(東仙坊、口惜しくてワナワナしてくる?)のことを思い出して、自然に興奮してくる。
数年前、仕事で新潟に行ったとき、関越自動車道で信頼性のない新型Hシステムなるものの餌食になり、2年以上戦って、高裁まで行き、不承不承、スピード違反で免停に甘んじた経験がある。
今なお納得していないが、もはや過去のこと。
以来、新潟には行っていないし、もう行かないと固く決意している。
ただ、それ以外に違反していないのは、自動車は、他人に対しては間違いなく“戦車”であり、自分にとっては“電気椅子”だとみなしているから。
自動車を運転する責任は、本当に重大だと肝に銘じている。
もちろん、プロファイリング-8 普通の人々の日常的犯罪-3でも書き込んだ通り、マナーやエチケットを守らない厚顔無恥なドライバーを断固許さないばかりか、マナーを守らない不道徳で不謹慎なドライバーを見つけるたびに、「天よ、ちゃんと見ていて!どうか天罰を!」といつも心の中で祈っている。
ましてや、飲酒運転するような不逞のドライバーには、「地獄に堕ちろ!」とさえ考えている。
「live hard, drive hard(厳格な生き方と運転)」、それが、東仙坊の信条である。
ドライビングには、絶対的にモラルと品性が不可欠と信じている。

5月13日、真昼間の午後0時40分頃、九州自動車道下り車線の高速道路で、熊本県警高速隊に、缶ビールを片手に飲みながら運転していた、60年代アメリカ・テキサスにタイムスリップした横柄なタコ、高原清彦(48歳)が、酒気帯び運転で現行犯逮捕された。
この横柄なタコ、助手席に350mlの缶ビール6本を置き、すでに2本を空にし、3本目を飲んでいたらしいのだが、「事故を起こしていないし、人に迷惑もかけてない」と開き直っているから、何をか言わんや!である。
どういう頭の構造をしているのか、研究対象になると思うのだが、どうだろう?
一つだけ言えることは、この横柄なタコ、世の中のことも、世界のことも、それこそ愛する人たちのことを一度も本気で考えたことがないと思うが、どうだろう?
さぞや、幸せな家族なのだろうが、東仙坊、断じて羨望しない。

5月12日、長崎県平戸市の片側一車線の緩やかな坂道のカーブで、乗用車を運転していた24歳の三流映画女優気取りのジコチュウ・オンナが、中央線を超え、観光バスと正面衝突をした。
このジコチュウ・オンナ、運転中携帯電話でメールをしていて、ハンドル操作を誤ったのだという。
お陰で、バスの乗客8人が軽傷を負った。
本人も左足骨折重傷という天罰が下ったのだから、許してあげれば?と、思う人がいるかもしれないが、そうは問屋が卸さない。
それは単なる結果オーライだっただけ。
観光バスには、添乗員を含め37名も乗っていたのである。
最悪のケースは、38名の犠牲者が出る大惨事になったかもしれないのである。
中央分離帯のない、狭い海岸線の道路で、しかも、カーブで、メールを打ちながら下を向いて運転していたなんて、悪魔の化身のテロリストと呼んでも過言ではないと思わないか?
どうあれ、東仙坊、このジコチュウ・オンナにだけは、二度と自動車を運転させたくない。
もっとも、ジコチュウ(自己中)は、ジコチュウ(事故中)、運転はできないはず…。

そして、今回、東仙坊が絶叫するほど糾弾したいのが、次の事件。
5月13日、青森県青森市内で、断じて許し難い、ハッピームード錯覚バカ、大山浩美(47歳)を、自動車運転過失致死で青森地検が逮捕した。
同時に、助手席に乗っていた、20代のbitch(ハッピームード錯覚バカオンナ)も、重過失致死罪で逮捕された。
2人は、2007年12月28日、午後5時20分頃、青森県野辺地町の町道で、動けない妻の代わりに買い物に出かけていた69歳の男性を、前方不注意ではねて死亡させたのである。
そして、その原因が、あろうことか助手席にいたバカオンナが、チョコレートを口移しで、運転していたバカに食べさせようとしたためだというから、唖然呆然、開いた口が塞がらない。
なんとスゥィートで、微笑ましくて、ステキなカップルだと思わないか?
その被害者の無念は?動けない被害者の妻は、今どうやって生活をしているのだろうか?
そして、どんな気持ちでいるのだろうか?
そのあまりの幼稚さに、能天気度合いに、心の底から腹が立ってこないか?
しかもこのバカ、事故直後、なぜか訳ありなのか、助手席のバカオンナを、通行人だと言ってとぼけていたと言うから、許してはいけない確信犯である。
ところで、こんな重罪なのに、なぜそのバカオンナの氏名を公表しないのだろう?
もしかして、非モラル的な関係だからというなら、逆ではないのか?
それこそ、バカップルを市中引き回しの上獄門さらし首にすべきではないのか?
こんなバカとバカオンナのカップルには、一生後悔するほどの罰を科して欲しいと思うが、どうだろう?
そうしてくれたら、東仙坊、キスチョコを量刑の日数分だけ、差し入れてやると約束する。

それにしても、どうしてここまで利己的で傲慢に、車の運転ができるのだろう?
ハンドルを握るだけで人格を豹変させるヒトって、ドアを開けただけで、自分だけの別世界に入り込むような錯覚を持つのだろうか?
それって、50年前の話ではないのか?
これだけモータリゼーションが発達した現代、自動車なんて、単なる交通手段の一つではないのか?
東仙坊、あたかも自動車を時代錯誤してステータスシンボルのように考えているヒトをあまり信用しないのだが…。


Even if we would take a look at someone's driving way, we could dig the someone's character (運転の仕方をみれば、その人の性格がわかる)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-1

When you should walk along on the pavement, you would better watch your steps usually and look around! Or (歩道を歩くときは、いつも気をつけていないと)?

最初に、今までの新宗主国への偏見をなくして、中国四川省の大地震で、不運にも亡くなってしまった大勢の方々へ、特に、子どもたちへ、深い哀悼の意を表する。
明日は我が身か。
なかでも、四川省の幼稚園で、背中にセメント板を受けて倒れながらも、園児の命を守った21歳の女性教諭に、心からの敬意を払う。

さて、東仙坊、モラルの早急な再生のために、自分がどうしても気になる小さく見えても、実際には極めて異常な犯罪を、声を大にして、糾弾してゆくことが急務だと確信する。
プロファイリング-8 普通の人々の日常的犯罪でも、そう考え、本気で揶揄したつもりだったが、東仙坊独特の皮肉が通じなかったのか、一向に減少する気配がない。
そこで、ストレートに、普通の仮面を被っただけの異常者の犯罪として、改めて明確に断罪してゆきたいと思う。

東仙坊、4~5年前から、世の中いくら“自転車操業”の時代だからと言って、一般歩道における“自転車の騒業”、すなわち、“自転車の悪行”に激怒し続けている。
歩道はどこまでも歩道で、歩行する人間が優先されなければならないはず。
本来、道路交通法上、車扱いされる自転車は、命懸けで車道を走るべきものであるはず。
それを自転車が巻き込まれる交通事故が増加したため、安全のために歩道を走ることを許可したのではなかったのか?
にもかかわらず、「そこのけ、そこのけ」とばかりに、ベルを鳴らしながら走るヒト。
ヘッドホンを耳にしたまま、傍若無人に猛スピードで走り抜けて行くヒト。
携帯電話を使いながら無神経に歩行者をかすめて行くヒト。
そのマナーの劣悪さに、心の底から閉口させられる。
確かに、自転車のベルをチリンチリン鳴らすから、自転車を「チャリンコ」と呼ぶという話もある。
東仙坊、それよりも、「子どものスリ」から来ているという説が正しいのでは?と思う。
そのくらい危険で、イヤな気持ちにさせられる。

東京都台東区浅草の雷門通りの歩道で、今年の1月31日に、84歳の女性に自転車で衝突し、左太もも骨折全治5ヶ月の重傷を負わせ、逃げていた67歳のオンナが、重過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)で、5月9日、書類送検された。
防犯カメラの映像をもとに逮捕された、この不届き千万の恥知らずオンナ、「女性が痛がっているのはわかっていたが、カラオケサークルに遅刻しそうなのでそのまま行った」と供述しているという。
こんな卑劣で卑怯な犯人が、のうのうと何ヶ月もとぼけて生活していたかと思うと、心の底から腹が立たないか?
ところで、なぜ、こんな重大犯罪人の氏名を公開しないのだろう?
どこが「厳しく対処してゆく方針」なのだろう?
事実、自転車による交通事故は、極端に増加しており、2005年、自転車乗用中の死傷者数は、185,532人、自転車と歩行者の交通事故は、2,256件(前年比4.6倍)なのである。
当然、自転車事故による死亡事故まで起きている。
東仙坊の記憶では、数年前に、札幌で木の枝を切っていた人のハシゴに、飲酒運転の自転車が衝突し、その人を死亡させた事件がある。
とにかく、自転車に乗るヒトの信号無視、一時不停止、飲酒運転は、目に余るものがあると思わないか?
東仙坊、車なのだから、厳罰が必要だと思うが、どうだろう?
その不届き千万の恥知らずオンナに教えておきたい。
2005年、自転車に背後から衝突され、重度の障害を負った当時57歳の女性の損害賠償請求で、加害者である19歳の女性(当時高校生)とその父親に、約5,000万円の支払を命じた判決があるということを。

そもそも、自転車とは、英語でbike(バイク)、つまり、“倍苦”のはず。
それを心地よい便利な乗り物にするには、ゆったり流れる雲や水のように、あるいはそよ風や蝶のように、のんびりと歩行者の間をやさしく走ればいいだけだと思うのだが、どうだろう?
どうせなら、わが国の風物詩といえる風鈴のように、のどかに何とも言えない安堵感を覚える「チリリーン」という音色に合わせて、「チリリンコ」であって欲しいと思う。

Now it must just be a dangerous weapon for a walker on the pavement that the bike should be ridden by the crazy (今やキチガイが乗った自転車は、歩行者にとって危険な凶器)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


東仙坊のプロファイル

I am not always all right, besides I don’t wanna be actually (東仙坊がいつも正しくもないし、実際そうなりたくもない)!

東仙坊、最近、世の中まだまだ捨てたものでもない、と痛感している。
自分のブログを読んでくれる人たちが、こんなに増えるなんて、これっぽっちも思っていなかった。
正直、うれしい悲鳴。感激で一人祝杯を上げている。
心から感謝の気持ちでいっぱいである。
このブログを立ち上げた理由は、再三再四書き込んでいるように、情けなくてみっともない犯罪の抑止、失われてしまったモラルの再生、日本人ならではの崇高な精神性の回復、それ以外にない。
そのために、それぞれの人が、この東仙坊の単なる一つのモノの見方を加味し、幅広いアングルから物事を凝視し、少しでも的確かつ適切に、それぞれにその本質を捉えてもらえたらと、いつも切に願っている。
もちろん、東仙坊自身、おそらく地球上の全ての人間と同じに、いつも完璧でもないし、いつも正しくもない。
絶え間なく学習している普通の人間の一人でしかない。
世界に、65億人、日本に、1億3千万人。
それだけの地球人たちが、今この瞬間を偶然一緒に生きているのである。
当然、モノの見方の違うヒトがいて、この東仙坊の考え方を真っ向から否定するコメントを寄せるヒトが現れるのも、仕方がないし、極く当たり前である。
東仙坊、それらも全て真摯に受け止め、日々反省してもいる。
しかるに、閑話休題でも書き込んだ通りで、コメントに対し逐一返事をできないばかりか、本業が忙しくて、失礼ながらargument(議論)している余裕がない。
それ以上に、メールをくださる方がこれだけ増えると、ますます時間がなくなってしまった。
どれもこれも、人間として生きていてよかった思うものばかりで、感動している。
プロファイリング-5 大阪守口乳児殺害事件に書いた通り、生きている限り、メールには答えてゆきたいと改めて決意している。

もうお気づきの方もいらっしゃると思うが、各種ブログランキングのバナーを外したばかりだったが、この度、コメント受付もそんな理由で止めたいと決断した。
何卒、ご理解の上ご了承いただきたい。

東仙坊、profileの意味の一つである「評判、注目度」に興味がない。
純粋に、こんな風に考えてみたら、もっと物事の本質が見えるのでは?もっと世の中がよくなるのでは?と提案してゆきたいだけだからである。
無論、いつも自分が正しいとか何て、不遜に考えたこともない。
このブログを通して、いままでにない全く新しいコミュニケーションをしている実感に、毎日感涙している。
そして、緊急プロファイリング 心神喪失って、一体、何!?で書き込んだ、佐世保小6で同級生に惨殺された被害者の作文を思い出し、悲嘆の涙を流している。

そもそも、profileとは、英語で、「モノの側面、横顔」とか「外郭、輪郭」という意味でしかなく、profiling(プロファイリング)とは、「犯人像の分析技法」で、現場に残された状況、多種多様な経験、多種多彩なデータなどをベースに、心理学的な側面を加味して、犯人像を推理特定してゆくもの。
宗主国のFBIが考案した捜査手法に過ぎない。
東仙坊、プロの警察官などではないので、まず現場状況を直接把握できないし、膨大な犯罪データもない。
ただ、本業のおかげで、数多くの人間の心模様を把握する経験とその大量のデータがあるだけ。
ずっと学習し続けている心理学的な見地から、人間的に推理しているのである。
つまり、名前通りの「甘ちゃんアマチュア探偵団」のプロファイリングにほかならない。
それを十分ご理解のうえ、ぜひお読みいただきたい。

ぼ、ぼ、ぼくらは、甘ちゃんアマチュア探偵団
勇気凛々、潮の音
怒りに燃える大声は、沖の干潟にこだまする
ぼ、ぼ、ぼくらは、甘ちゃんアマチュア探偵団

その「甘ちゃんアマチュア探偵団」のポリシーを見事に表現している、U2の「Istill haven't found what I'm looking for」の訳詩もお届けすることにしたい。



I still haven't found what I'm looking for by U2
だけど まだ探し求めているものは見つからない


とてつもなく高い山を登った
大平原を駆け抜けた
キミとだけ一緒に
キミとだけ一緒に

走った
這った
都会の壁もよじ登った
文明の障壁も
キミとだけ一緒に

だけど まだ探し求めているものは見つからない
だけど まだ探し求めているものは見つからない

甘い唇とキスをした
彼女の指先で癒されていると感じた
それは火のように燃えた
燃える欲望

天使のような話し方で話した
悪魔の手をつかんだ
夜にはそれは温かかった
ほんとうは石のように冷たかった

だけど まだ探し求めているものは見つからない
だけど まだ探し求めているものは見つからない

真実に満ちた世界が来ると信じた
すべての人たちが血の出る思いをしてひとつになる
血の出る思いをしてひとつになる
でも 自分はまだ走っている

キミは絆を絶った
束縛を失った
ボクの恥辱の受難を運んだ
恥辱の十字架を
わかるだろ ボクはそう信じる

だけど まだ探し求めているものは見つからない
だけど まだ探し求めているものは見つからない
だけど まだ探し求めているものは見つからない
だけど まだ探し求めているものは見つからない



Would you please figure it out what I mean (どうか東仙坊の本音を理解して欲しい)?



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


日本砂漠化プロファイリング RIPとは言えない?

We will never give that kind of suicide with H2S any sympathies (決して硫化水素で自殺した人に同情してはいけない)!

R.I.P. とは、Rest In Peace(安らかに眠れ)。
東仙坊、それがラテン語の「Requiescat In Pace(レクイエスカト・イン・パーセ)」からきているなんて、全く知らなかった。
UK(英国)のウェールズ南部のBridgend(ブリッジエンド)という小さな町で、昨年1月から、17人の15歳~27歳の若者ばかりが首つり自殺している。
それも、ほとんどの若者が、ウェブサイトで親密にコンタクト取りあっていたというから、どこかの国と変わりない自殺の連鎖。
これを、世界を先取りしていて、cool(カッコイイ)何て考えて欲しくない。
若者向けSNS(ソーシャル・ネットワーキング・システム)「Bebo」が元凶だとも言われている。
東仙坊、残念ながら、その「橋の終わり」なる小さな町に行った経験がない。
そこで、行ったことのある友人に聞いてみると、1000年前ぐらい前に建てられた古びた小さな教会や修道院、かやぶきのコテージ、廃墟のような崩れかけた城跡があるだけで、何にもないプリミティブな湿原だと言う。東仙坊の言う地獄の原型のような感じだとも言う。
なんとなくオープン型青木ヶ原のような感じか?
どちらにしても、そこで首吊り自殺するのだと言う。
東仙坊、日本砂漠化プロファイリング 映画「コンスタンティン」を観たか?弱気をくじけ!見て見ぬふりをするな!でも、書き込んだように、自殺を容認しない。
ましてや、硫化水素自殺のような自爆テロを断じて許したくない。
死んで花実は絶対に咲かない。

5月10日、日本チェーンドラッグス協会が、ようやく硫黄入り商品の販売自粛を決定した。遅きに失した感はあるが、それでも歓迎したい。
それにしても、では政府の危機管理対策はどうなってるのだろう?
本当にみっともなくて情けない。

5月10日
長野県松本市、市営公園駐車場の軽自動車、32歳女性
福島県三春町、三春ダム駐車場の乗用車、33歳男性
5月11日
東京都中央区、ビジネスホテルの浴室、40代男性
京都府京都市、民家、28歳男性
5月12日
群馬県富岡市、駐車場の乗用車、20~30代の男性3人
兵庫県神戸市、阪神高速道路高架下の路上、21歳男性

そして、佐賀県唐津市で、二男(5歳)とアパートの納戸内で硫化水素心中を図った、29歳の母親、馬場陽恵が、殺人未遂で逮捕された。「一緒に死のうとしたが、息子が泣き出し思いとどまった」というが、その子どもは、きっと力強く生きてくれると信じたい…。

東仙坊、どこかの遺族が、その醜くて悲惨な遺体を、この連鎖を阻止するために、見せしめにして欲しいと心から祈る。
また、5月4日、埼玉県さいたま市のマンションで起きた、硫化水素による無差別テロ犯(?)も早急に逮捕して欲しいと願っている。

ところで、この硫化水素自殺をするヒトのmotive(動機)をプロファイリングしておきたい。
まず、現代人の持つ不遜極まりない「自己表現」に対する執着と錯覚があると思う。
人間は、脊椎動物、哺乳綱、霊長目、ヒト科、ホモ属、サピエンス種の単なる動物に過ぎない。
なのに、いつのまにか、動物の大将だとか王様だとか、勘違いしたに違いない。
「今話題のこの死に方なら、自分らしくてオシャレ」とでも考える、薄っぺらなヒトが、流行にでも乗った気分でやっているだけ。
つまり、ファッション感覚で自殺している、非個性的で情けなくてみっともない行為に他ならない。
極論すれば、子どもを産んでみたいから産む、それと何ら変わりない。
自己中心の最たるものでしかない。
これでは、ガルシンの言うように「この世の中に人間ほど凶悪な動物はいない」ということになってしまう。

東仙坊、プロファイリング4 香川坂出3人殺害事件-7でも書き込んだが、生きている間中、死の恐怖と戦っているようなもの。
ただ、ハイデッカーが言っているように「人間は死に至る存在」であり、ヤスパースが言っているように「人間は存在しているだけでなく、自分が存在していることを承知している存在」でもある。
それゆえに、「もののあわれ」、生きていることをprecious(貴重)と感じ、粛々と生活してゆくしかないはず。
ソフォクレスの言うように「不思議なものは沢山ある。しかし、人間ほど不思議なものは絶無」。
ギールケの言うように「人の人たるは、人と人との関係にある」。
ジンメルが言うように「人間の可能性は無限。だが、人間の不可能性も無限」。
そう信じ、葛藤しながらも生きてゆくしかないのである。
確かに、セネカが言うように「人間は自殺する唯一の動物」、キルケゴールの言うように「人間とは絶望するという点で、他の動物と異なる」ともあるが、これらが意味することは形而上学的にもっと高いレベルでの話しで、実際に簡単に自殺するヒトとはほど遠い。
それらの理由から、硫化水素自殺する不届き者に、R.I.P.、Rest In Peace(安らかに眠れ)なんて、
到底言ってはいけないと思うのだが、どうだろう?
お人好しを止めて、世の中で断罪すべきではないか?

ところで、前回書き込んだ半田市で、髪を何者かに切られたと狂言した14歳の少女、てっきり自責の念から反省して警察に届けたのかと思っていたら、その2回目に一緒に髪を切りに行った友人が学校の先生に報告したから発覚したというではないか…さらなる唖然呆然。
この少女、少女の親、半田警察署は、一体どうなってるのだろう?
軽犯罪法違反で厳罰に処すべきだと思うが、どうだろう?


東仙坊、そう言えば、同じような意味で気にしている事件がある。
このゴールデンウィークが始まった頃から、食べ物や飲物に異物を混入する事件が続発している。

石川県金沢市で、中学校の給食パンや小売店のパンから、木製のヨウジが見つかった事件。
三重県伊賀市・名張市・四日市市で、スーパー4店の菓子パンから、18本の縫い針が相次いで見つかった事件。
兵庫県神戸市で、スーパーのジャガイモの袋に縫い針が見つかった事件。
福島県福島市・伊達市・二本松市で、スーパーやコンビニの惣菜などからホッチキス針や金属片が8件も見つかった事件。
群馬県前橋市で、コンビニの菓子パンから縫い針が見つかった事件。
北海道函館市で、スーパーのカップ入り濃縮コーヒーから縫い針が見つかった事件。

これらの犯行目的も、本当に情けなくてみっともないものでしかない。
とっても、人間的にいやらしい犯罪である。
東仙坊、始めは、あの国のスパイたちがやっていると決め付け、スーパーやコンビニに行っては、病気のように買い物していた。
だから、ペットボトルの飲料をチェックしているときなど、逆に怪しまれて閉口させられた。
これらの毒入りドリンクドリンクメーカー犯罪者、兵庫県神戸市だけでは飽き足らず、東京の自動販売機にまで進出したらしい(?)。
ともあれ、そんな折も折、5月4日、香川県高松市で、28歳の女性が、コンビニ菓子パンの縫い針混入自作自演犯罪をしたというから、凄くあきれないか?
しかも、その針は、そのコンビニで万引きしたというから、……やっぱり開いた口が塞がらない。
お天道様、助けてください!それしか言葉が出てこない。

We don’t wanna be a good-natured man any more to forgive what such an asshole should do(とんでもないヤツらがする犯罪を許すお人好しになるのはやめよう)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


日本砂漠化プロファイリング ルビコン川を渡る前に

We would have to make our country clear at once (我々は自分たちの国をすぐにキレイにしなければならない)!

東仙坊、………絶句している。
プロファイリング-10 愛知豊田女子高校生殺人事件-1で書き込んだ、5月6日、愛知県半田市で、起きたと言われていた14歳女子中学生のポニーテール髪切り取り事件が、狂言だったと判明した。
これは二つの意味で、東仙坊、絶望の淵に追い込まれている。
当然、一つは、凶悪な豊田市15歳女子高生殺人事件現場から、僅か20kmの場所で、こともあろうに洒落にもならない狂言をした事実である。
その赤いジャージーを着た女子生徒の被害状況供述では、30歳ぐらいの身長170cm、やせ形のオトコで、暗い色の Tシャツとジーパン姿。後ろから来て、髪をカラダがのけ反るくらい引っ張り、ハサミで7cm切り取ってもって逃げたということだった。
某犯罪ジャーナリストは、豊田市と同一犯の可能性まであると言わされたのである。
それが、母親から散髪するように言われ、5月3日に、1度美容院に行ったが、友人とも美容院に一緒に行く約束をしていたので、3日後にまた美容院に行き、また髪を切った。
ところが、髪が短くなりすぎ、母親に2度美容院に行ったことがわかると怒られるから、狂言したという。
東仙坊、「???」。
どう考えても、2度目に美容院に行ったときに、髪を切らないでと言えばよかっただけでは?
こんなことで、ルビコン川を渡ってしまっていいのだろうか?
プロファイリング-9 江東区潮見女性失踪事件-5でも指摘したが、こういう狂言にどんな罰則があるのだろう?
はっきりする時が来たと思うのだが…。
ところで、なぜこの女子生徒は、その日のうちに、虚偽を警察に届けなかったのか?
これは、とても問題だと思うのだが、どうだろう?
この女子生徒の将来が末恐ろしいと感じるのは、東仙坊だけなのか?
それ以上に、情けなくて屈辱的でその無能さを露呈した半田警察署は、どんな気持ちでいるのだろう?
そんな聞き取りをしているから、犯人検挙できないのでは?と言わざるを得ない。
どちらにしても、日本人ならではの真摯さ、謙虚さ、率直さは、一体どこへ行ってしまったのだろう?

そういえば、前回書き込んだばかりのチューリップ破壊者が、また現れた。
5月9日、札幌市で、550本のチューリップの花を手で引きちぎっていた、65歳の男が器物損壊容疑で取り調べを受けた。
「はじめは枯れた花びらをちぎっていたが、だんだん面白くなってしまい、他の花もちぎった」と話しているという。
何とみっともなくて、情けないオトコだと思わないか?

そして、全く同じことが、例の硫化水素による自殺者にも言えると思わないか?
日本砂漠化プロファイリング 映画「コンスタンティン」を観たか?でも指摘した通り、これは間違いなく自爆テロ以外の何物でもない。
これを1日も早く阻止することこそ、国家の第一義だという認識がなさすぎると思わないか?
だから、その取りつかれたような不気味な自爆テロリストは、どんどん増えるばかりである。

5月2日
鳥取県鳥取市、マンション、26歳男性
栃木県矢板市、駐車場の乗用車、28歳男性
北海道千歳市、山中の軽自動車、19歳男性
埼玉県さいたま市、アパート、20代女性
神奈川県横浜市、アパート・トイレ、38歳男性
神奈川県川崎市、マンション、20歳女性
千葉県松戸市、民家、29歳女性
5月3日
埼玉県新座市、路上の軽自動車、36歳男性
東京都千代田区、ビジネスホテル客室、男性2人+女性1人
三重県名張市、民家、25歳男性
北海道札幌市、マンション浴室、30代男性
5月4日
神奈川県藤沢市、アパート浴室、24歳男性
北海道訓子府町、窃盗で自宅捜査中、30歳男性
群馬県高崎市、民家、56歳と30歳の母子
5月5日
福井県越前町、海岸駐車場の乗用車、27歳男性+21歳女性
福岡県福岡市、市営住宅、20歳男性
5月6日
神奈川県横須賀市、路上の乗用車、20代男性
和歌山県田辺市、路上中央の乗用車、30代男性
大阪府高槻市、民家、17歳男性
長野県長野市、路上の軽自動車、40歳男性
広島県広島市、民家の浴室、26歳男性
兵庫県加古川市、民家の浴室、41歳男性
滋賀県高島市、空き地の乗用車、33歳男性+31歳男性+27歳男性+33歳女性
滋賀県彦根市、民家の浴室、18歳男性
兵庫県西宮市、路上の軽自動車、35歳と41歳の夫婦
兵庫県西宮市、路上の乗用車、34歳男性
埼玉県川口市、民家のトイレ、33歳男性
5月7日
長崎県長崎市、社員寮、20代男性
千葉県船橋市、マンション、39歳男性
神奈川県横浜市、マンション、22歳男性
5月8日
富山県射水市、民家、37歳と生後11ヶ月の母子
北海道札幌市、公園内障害者用トイレ、18歳男性
神奈川県相模原市、マンション、30歳男性
熊本県山鹿市、空き地の軽自動車、33歳女性
5月9日
山梨県甲府市、ドラッグストア駐車場の乗用車、38歳男性

これってイラクやアフガニスタンよりも、今や危険な状態だと思わないか?
東仙坊、地震も嫌だけれど、この硫化水素なるもの、もっと恐ろしい。

5月9日、兵庫県西宮市の住宅街で、市道のマンホールから硫化水素が発生した。
下水管に積もった土砂で、汚水が流れにくくなっていて、自然発生したというが、本当にそうなのだろうか?
そして、ついにこれを武器にし始めたjerk(大バカ)が、案の定、出現した。
5月7日、大阪市中央区難波千日前で、消費者金融に「硫化水素や。金を出せ」と透明の袋をかぶった強盗事件が起きた。驚いたことにこの大バカ、本当に硫化水素を発生させていたという。
物凄く怖くはないか?
5月8日、和歌山市一番丁、ゆうちょ銀行和歌山支店に、「金を出せ。硫化水素をもっている」と女性職員に刃物を突きつけて逮捕された大バカ、山川紀夫(43歳)のように、実際、硫化水素を持っていなかっただけで、カワイイ奴に思えても、これはこれで許してはいけない。
5月9日、兵庫県南あわじ市で、南あわじ署榎列駐在所に、何者かが、入口付近の床に卵の腐ったような異臭を放つ液体をまいた事件が起きた。
まさに、テロだと思うが、どうだろう?

本当にこの国は、まだ日本なのだろうか?
東仙坊、ただただ溜息をつくばかりである。

Please don’t open Pandora’s box easily (簡単にパンドラの箱を開けるな)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


プロファイリング10 愛知豊田女子高校生殺人事件-2

By the way, what for did such a motherfucker kill this kind of childish schoolgirl(ところで、こんな子どもみたいな女子生徒を何のために殺したのか)?

東仙坊、前回、この無念の15歳女子高校生の不運に、慟哭していると書き込んだ。
無論、そのもったいない死に同情の念を惜しまない。
ところが、正直、この被害者のプロフを精読し、若干その気持ちが薄れた。
15歳にもなって、これほど未成熟で自己中心的だなんて…、なぜか、あの佐世保小6同級生殺人事件被害者のHPを思い出し、ブルーになった。
あの12歳少女のなんと心根のやさしく広かったことか…。
だからと言って、被害者に手をかけた不逞の餓鬼を絶対に許さない。
プロファイリングを続ける。


■東仙坊が気になる、この事件のいくつかの不可解点

●犯行現場

①現場は、周辺に水田が多い中、ちゃんと乾いていた陸稲の田んぼで、しかも雑草が1m近く伸び、見事に3方向から死角になった場所。
そのうえ、被害者の通り道を事前にかなりチェックしていたのか、待ち伏せし(?)、歩いて近づき、襲撃している。
余程の土地勘があるのだろう。
でも、そうだとしたら、なぜ口を塞ぐ必要があったのか?
今日、5月8日になって、口の中にタオルまで詰められていたと発表された。
そこは、大声を出されても、誰にも気づかれない場所ではないのか?
では、なぜレイプをしなかったのだろう?
このことが犯行動機を錯綜させるだけでなく、一連の不審者事案被疑者との関連性を否定してしまうと思うのだが、どうだろう?
どこを見ても、ホシの目的が、被害者殺害にしか思えなくないか?
では、なぜ被害者が明確なターゲットにされたのか?

②粘着ビニールテープを用意周到に使ったことで、まるで女性暴行魔のように見えるが、本当にそうなのだろうか?
それならば、殴ったりせずに、凶器などで脅かせばよかったのでは?
どうせ粘着ビニールテープを巻くなら、手足まで、ではないのか?
第一、真っ暗な場所で、黒い粘着テープを使うのは変ではないのか?
結果として窒息死させてしまうなら、乱打して大量の鼻血を出させる必要があったのか?
返り血を浴びることは、犯行時間が午後7時~7時半、とてもリスキーだと思うのだが?
つまり、首を、手や何かで絞めれば、よかっただけではないのか?
どちらにしても、いきなり抵抗できないくらい殴ったのなら、テープを巻き付ける必要は全くないはず。

③警察は、現場から30mも離れた場所で、足型を取っているという。
とすると、その夜、ホシは車かバイクを止めていたのか?
被害者がその怪しい気配を感じて、道順を突然変更したのか?
そんな離れた場所から、ホシはそっと近づき、突然殴りかかったのだろうか?
どうしても、納得できないのだが…。

④ホシにとって安全な(?)現場なのに、ショルダーバッグをそこに放置しなかったのは、なぜ?
わざわざリスクを負って、遠くまで捨てに行ったのは、なぜ?
しかも、見つかりやすい状態で破棄したのは、なぜ?
例え、そのフェティシズム(女子の汗の滲みたモノへの異常性欲)から、ジャージーや下着が欲しかったのなら、黙って現場から持っていけばいいだけでは?

●被害者が高校入学と同時に開始した、携帯プロフ(東仙坊、気になるセンテンスを列挙するが、マスコミが紹介した部分に恣意を感じ、また腹が立っている!)

[性格]マイペース わがまま 心配性 好き嫌い激しいよ 

[好きなスポーツ]卓球 見るだけなら野球も好き

5月1日午後7時 なんかこわいんだけど お母さんおそいよお

5月1日午後10時7分 違うんだよね…?気のせいだよね?

5月2日午後12時12分 気持ち悪い 部活どうしよ

東仙坊、この被害者の全プロフを精読し、一種の虚脱感と空虚感を覚えている。
全く成長の見られない15歳の女の子が、優等生のように言われる世の中に、絶望する。
もしこの所感が死者を冒涜するものになるなら、先に謝罪しておく。
その結果、すでに考えていた犯人像が全く見当違いだと痛感させられた。
「お願いだから、秀逸なマスメディアの方々、情報精度をもっと高めていただきたい」と、責任転嫁しつつ、あわてて再プロファイリングした。

■東仙坊がプロファイルする犯人像 - mistaken version(失敗版)

最初は、被害者プロフの「お母さんおそいよお」という言葉に、無様に引っかかって、3人いる兄の中の誰かが、一連の性犯罪の犯人だと気づいた融通の利かない妹を口止めのために、あるいは東京・渋谷で妹を惨殺した武藤勇貴のように、失恋に苦しむ妹を不憫だと殺しただけと考えた。
東仙坊、面目丸つぶれになるところ。
プロフを読めば一目瞭然、被害者は、親兄弟はもとより他者のことなんか全く考慮していない。
恋に恋する子どもじみた、ただの少女ストーカーにすぎない。

■東仙坊がプロファイルする犯人像 - final version(決定版)

この事件の全容は、呆れるほど簡単。
報道によって、犯行現場でホシが待ち伏せしていたと先入観を持たされたことが、複雑に見えただけ。
被害者が、ホシを自ら呼び出したと考えればいいだけ。
つまり、被害者が、下校寸前にメールを出し、嫌がる相手を現場に呼びつけた。
そして、ホシは被害者から決定的な心理的脅迫(?)の文言を言われ、逆上し、殺してしまった。
どうやら、それが顛末のようである。
それをベースに考えると、この犯罪の粗野さ愚鈍さがいっぺんに理解できる。
顔面を強打し、大量の出血をさせ、DNA鑑定とルミノール反応をしやすくする愚行。
足跡に全く留意せず、指紋の検出しやすい粘着ビニールテープで口を塞いだ稚拙さ。
ショルダーバッグだけ別の場所に移し、ジャージーや下半身の下着を奪い、パラノイアの犯行に見せようという不可解な偽装。
それで、遺族が密葬にした理由も理解できる。
遺族はホシがクラスメートだと感じているに違いない。
そう、おそらくホシは、ストーカーの被害者から愛情の押し売りをされ続けていた、同級生の彼氏だと思うのだが、どうだろう?
サッカーなんかに全く興味のない被害者がわざわざマネージャーにまでなって、つきまとった、中学校からの同級生の男子。
きっと、彼の携帯には、てんこ盛りの被害者からのメールがあったことだろう。
その確たる証左は、やはり、被害者のプロフ。
そもそも、このプロフ自体が彼氏に対する赤裸々で自分勝手な私信。
被害者は、その幼い恋心を絶対的なものと思い込み、自分のような存在が振られる訳はないと過信し、不遜なまでに彼氏の生活を撹乱し、単なる重荷になっている自覚が全くなかった。
こんな一方的な愛情をストレートにぶつけられて、耐えられる少年は世界中にいないと思うが…。
最終的な動機も、そのプロフに見つけられる。

「なんかこわいんだけど お母さんおそいよお」
「違うんだよね…?気のせいだよね?」
「気持ち悪い 部活どうしよ」

これらのセンテンスを、東仙坊、繰り返し繰り返し読み返し、何とか辿り着いた結論がある。
この被害者は、全編、自分のエモーションしか吐露していない。
今だかつて、母親について書き込んだことはもちろん、父親だろうと兄たちについてもない。唯一、プロフィールの[尊敬する人]の項目に、お母さん 看護士さんだから憧れる、とあるだけ。
もし、「お母さん」が、言葉通りお母さんを意味しないとしたら、それは、一体何?
そのとき、東仙坊に、一番若い女性部下が言った。
「お母さんて、女の子って言う意味かも?」
「何、それ?」
「女の子が一番気にすること…もう、15歳でしょ!」
確かに、東仙坊、この被害者の文言の粘着性、「繋がり」という表現に、肉体的リレーションシップのある彼氏がいると感じてはいたが…部下の発言に、まさしく、目からウロコ。奥歯に挟まっていた異物がようやく取れた。
司法解剖に関する記事を念のため精査してみた。
どこにも妊娠していたと記述はない。
15歳の少女ゆえの個人情報だからか?
例えそれが事実でなくても、この被害者の性格なら、自分勝手にそう思い込み、それで彼氏を追求して、よりを戻そうとしたに違いない。

なんだかこわいんだけど 生理が おそいよお
(妊娠?) 違うんだよね…? 気のせいだよね?
(つわり?) 気持ち悪い 部活どうしよ

そう当てはめてみると、恐ろしいほど適合すると思わないか、どうだろう?
心配性で、わがままで、マイペースの女の子なのである。
「親に話すわ!先生に話すわ!みんなに話すわ!」 「どうするのよ?」 「いつもの場所で待ってるからきて!こなかったら、お母さんに話すわ!」と、彼氏にメールを出したとしたら…。
全てが明々白々になると思わないか?
絶望的なほど未熟な世界の話で、本当にウンザリするだろうが、整合性が高いと思わないか?
そして、その彼氏が「15歳」であることまで自覚してたら…。
どうやら、そんな子どもじみた悲し過ぎる普通の事件だと思わないか?

Actually an innocent girl should become the mature lady on and on by what she broke her heart(無邪気な少女は、失恋することで成熟した女性になる)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


 にほんブログ村 ニュースブログへ 

プロファイリング-10 愛知豊田女子高校生殺人事件-1

Really whose failure was this terrified tragic homicide (このゾッとする悲劇的な殺人は、本当は誰のせい)?

東仙坊、このgolden week(黄金週間)、個人的な問題を抱えて、どこにも出かけられなかった。
いつものように行かざるを得ない場所で、後期老人医療介護システムの変更に伴う、摩訶不思議な弊害と口角泡を飛ばして、戦っていた。ナンセンスと百も承知でも、簡単に引き下がるわけには行かなかった。
いくら机上の空論しか知らないidiots(バカども)が考えついた法律とはいえ、末期患者に延命治療を拒否させた医者に、その患者が死んだ後に、2,000円のインセンティブを払うという、神をも恐れぬ仕業を容認はできなかったからである。
この法律を作ったバカどもは、必ず地獄に堕ちるに決まっているから、2度と話がしたくないので、東仙坊、もっともっと自己犠牲し、社会貢献し、天国に行きたいと欲している。
それなのに、「このゴールデンウィークは、天気がいい、天気がいい」と、気象予報士なる人たちが盛んに連呼していたから、内心、「天気悪くなれ、悪くなれ」と祈り、雨が降るたびに、「いいぞ!」と欣喜雀躍していた。
そして、願い通りに天気が崩れ、「これじゃ、やっぱり地獄かも知れない…」と憂鬱になっている。
とんだヤブヘビである。
それにしても、東仙坊、本業でも、この黄金週間というネーミングが未だに納得できてない。
golden age(黄金時代、全盛期)、golden rule(黄金律)、golden mean(中庸)、どれもピンとこない。
せいぜいgolden bat(昔懐かしのタバコの銘柄)、Golden Gate Bridge(何十年も前に初めて見たとき、なるほど金門橋だと思ったサンフランシスコの橋)、golden slumber(かのビートルズの曲名にもなった、至福のまどろみ)なら、何とか理解できる。
どこから見ても、黄金週間とは、抜け目のない商人たちを中心に、これ幸いと普段より割高にして、ただただ儲けるときだと思ってしまうのは、うがち過ぎか?

どうあれ、東仙坊、久しぶりに書斎に戻り、ブログをチェックしたら、3通のメールがあった。
その1つに、「愛知の女子高校生殺害事件における東仙坊の見解が聞きたい」という主旨のものがあった。
その筆致には、東仙坊の能力テストをしたい?という含みが感じられた。
東仙坊、性格なのか、逃げたくないので、急遽予定を変更して、そのリクエストにお答えしようと思う。
それにしても、いつになったら、こんな情けなくてみっともない事件がなくなるのだろうか…?


■現時点で、メディアを通じて知りうる限りの事件の断片的概要

5月2日、愛知県豊田市生駒町の田んぼで、午後6時45分に下校した女子高校生(15歳)が、
帰宅途中、何者かに襲われ、顔面や頭部を数カ所激しく殴られたうえ、粘着ビニールテープで口の周りを中心に7重に巻かれ、制服を泥だらけにして、仰向けに倒れていた。
すぐそばには、乗っていた自転車、携帯電話、脱げた(?)靴の片方、身体の下にもう片方があった。
現場は、伊勢湾自動車道豊田南インターチェンジから、西へ約150m。学校から4km、自宅まで1km。付近には、民家も街灯も全くなく、近隣の人も夜には出歩かないという。
現場には、被害者以外の足跡が一つ発見されていて、犯人は単独のようらしい。
死因は、巻かれたテープのせいではなく、大量に出た鼻血が気道に詰まった窒息死。
被害者の左手に切り傷、口の周りに圧迫した跡があるものの抵抗傷はない。
また、犯行に使われた粘着ビニールテープは、幅38mm、長さ3.8m、電気絶縁タイプ、手で簡単に切れるタイプの市販品。
さらに、遺体発見時の3日午前5時30分頃、現場から12~15km(車で約30分)離れた岡崎市稲熊町の小川の土手で、被害者の持っていたショルダーバッグが口を開けたまま偶然発見された。中には、教科書や参考書22冊、弁当箱、電子手帳、腕時計があったが、当日部活で着ていたジャージーがなくなっていたという。
被害者は、普段一人で午後7時30分頃に帰宅していたので、携帯をかけても繋がらないことを不審に思った家族が捜索願を出していて発見された。
現場までは、学校を出てから自転車で15~20分ぐらいで通りかかったようで、犯行時間は午後7時前後と推定されている。
なお、財布は自宅に残されていた(?)という。


■現場の環境的な問題点

2007年4月以降、現場の豊田市では、車やバイクを使った不審者事案9件があったが、被害者の通う高校は、刈谷市に属しているため、連絡されていなかったという。
それ以上に、現場付近では、女子高校生や女子児童をターゲットにした事件が頻発していたという。

2月4日、女子中学生がカッターで切りつけられた事件

2月13日、女子高校生がスカートめくられた事件

2月14日、集団下校の女子児童の後をつけた事件

4月21日、駅トイレで盗撮事件

4月22日、下半身露出事件

4月23日、現場から8kmの場所で、被害者と同高校の2年生女子が自転車で帰宅途中の午後7時頃、同じように襲われ、自転車ごと押し倒された事件。
この事件では、20歳代の身長180cm位の黒マスク、黒服装男が手配されている(?)。

4月24日、下半身露出事件

4月25日、現場から東に3.5kmの場所で、被害者とは別の高校の女子生徒が、自転車で午後7時頃帰宅途中、バイクで近づいてきた男に、「豊田高校はどこ?」、「ここはどこ?」としつこく声をかけてきて、「わかりません」と答えたら、同じく自転車ごと倒された事件。


■東仙坊の激怒の矛先(誰も言えないだろうから、東仙坊、言わざるを得ない)

①感受性が強く聡明だったと言われている被害者本人の浅はかさと甘い判断

それだけ危機を感じながら、なぜ弱気をくじき賢明な方法で、事件から逃れない。
勇気は、振り絞って出すもので、いかなる時も、いかなる場合でも、油断してはいけないのである。
とりわけ、当日お昼に、嫌な予感がしたのなら、仮病を使っても、その直感のままに行動しろ!
せっかくの命なのに、自分のバカなプライドのために失ってしまうなんて、大馬鹿者である。
それ以前に、あんな道を1人で通うぐらいなら、そんな高校辞めちまえ!
悔しすぎないか?
東仙坊、慟哭している。


②家族の危機管理能力の欠如

家族、とりわけ兄弟たち、何をしていたのだ?一生後悔して生きていけ!
たった一人の末娘、妹をこんなカタチで失ってしまった責任は、全員にある。
あんな状況の通学路ということは、誰もが知っていたに違いない。よく放っておけたな?例え、うるさい、ウザイ、結構と言われても、家族の安全を守るのが務めではないのか?
明るく元気で人気者の娘、妹、高校に入っても、中学時代同様、すぐ級長になるような女の子なのである。
東仙坊、一人一人の頭をかち割って調べてみたい。
これには、ちょっと違う意味も含んではいるが…。


③被害者の高校の危機管理意識の欠如

今更、学校関係者を糾弾しても空しいだけだが、自分の学校の生徒が襲われて10日も経っていないのである。最低でも、クラブ活動の停止か、セキュリティ会社に依頼するか、集団登下校を厳命すべきではないのか?
その意味で、共犯者としか思えないが、どうだろう?
その傷害未遂犯?が捕まるまでは、保護者に送迎させてもよかったのではないのか?
抑止は、先手必勝に決まっている。


これらの状況から、マスコミは、その同一犯の方向で進んでいるようだが?もちろん、その可能性は多いにあるだろうが、本当にそうなのだろうか?
そんなに簡単な事件なのだろうか?
では、この事件は、なぜ婦女暴行じゃないのだろう?
そのクソッタレは、何のために被害者を殺す必要があったのだろう?
劇場型のassholeなら、誰でもいいのではないのか?
確かに、粘着テープまで使って、そんな匂いもしないわけではないが…。
東仙坊、どうしても腑に堕ちないいくつかの点がある。
事件発生から4日経った、5月6日午後0時40分頃、現場からそんなに遠くない愛知県半田市の路上で、部活動を終え帰宅途中の14歳の女子中学生が、後ろから付いてきた男に、後ろ髪をつかまれ、そのポニーテールを切られるという事件が起きた。
何かこの事件、今までの不審者事案の犯人(?)が、「冗談じゃない!オレは女子高校生を殺したりしない!」と言っているような気がするのは、東仙坊だけなのか?
どちらにしても、またこのassholeも、本当に情けなくてみっともないだけなのだが…?
これが、現在の我が国のモラル水準で、警察の能力なのかも知れない。
凄く悲しくないか?

It must be too late for the family to grieve over a member’s death who was killed by such a freak (家族の一員が変なヤツに殺されてから嘆いても遅すぎる)!

to be continued...




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


 にほんブログ村 ニュースブログへ 

日本砂漠化プロファイリング 映画「コンスタンティン」を観たか?

Absolutely we don't have to allow that kind of asshole who was killed oneself by H2S(硫化水素で自殺するようなバカを絶対許してはいけない)!

東仙坊、連日連夜、モラルの喪失を悲嘆し続けてきている。
人間 − モラル = animal(野獣)。それを、intelligence(知性)ある人間社会とは呼べないからである。
しかるに、究極的モラル崩壊を象徴するような、破廉恥ではた迷惑な自殺がブームになっている。
今年に入って120件、4月だけで80件も起きた「硫化水素」による自殺のこと。
これが実に厄介な代物。
この「硫化水素」、空気より重く、拡散しにくく、滞留しやすいため、家族や近隣の人や助けようとする人を巻き込むからである。
そもそも、「硫化水素(H2S)」なるもの、毒性が極めて強く、あの「青酸(厳密にはかなりそれよりは弱い)」に匹敵するらしい。
200~300ppmで、目や気道に激しい刺激。500~700ppmで、30~60分後に意識混濁、呼吸停止。1000ppmで、数呼吸で昏睡即死。
簡単に言えば、自爆テロ型毒ガスのようなもので、このまま放っておくわけにはゆかないと思うのだが、どうだろう?
しかも、卵の腐った臭いと言われているが、高濃度だと無臭だという。
周りに配慮して「毒ガス発生中」なんて張り紙1枚を貼ったからといって、絶対に許してはいけない自殺方法なのである。
東仙坊、認知症が始まっているせいか、「竜が水槽?」、「理由が吸いそう?」、最初は、一体何だそれ?そんな印象でしかなかった。
それが、トイレ用洗剤と入浴剤で、簡単に作れる(?)不気味な毒ガスで、中学の理科で実験しているようなモノだと聞いて、ただただ戦慄し、不愉快な気分になった。
そんな英知があるなら、何か他のコトに使えよ!それしか言葉が見つからないほど、腹が立つ。
どちらの製品も、そこら中で、安い値段で誰もが簡単に手にできるというが、絶対生活必需品ではない。
すぐに販売停止にすればいいだけと思うが、どうだろう?
相変わらずの危機管理能力の欠如に、呆れないか?
一目散に現場から避難するしかないというが、いつどこで誰がやるかわからないのに、一体どうしろというのだろう?

5月1日、東京都江戸川区で、33歳の女性がベランダで発生させたケースでも、夫(34歳)と長男(14歳)だけでなく、駆けつけた警察官の3人まで巻き込まれた。
また、4月30日、福島県桑折町で、松野信也(49歳)が、自殺のためではなく、自分の母親殺害のために、ついに硫化水素を利用した。

こんな毒ガスを間違っても発生させたら、即刻テロリストとして、もっともっと断罪すべきではないのか?
当然、未然にそれを防げなかった家族は、そのテロの共犯というのは、どうだろう?
飲酒運転者の助手席に座るのと同じだと思うが…?
どちらにしても、人間として、最低最悪の死に方でしかない。
ところで、その硫化水素による自殺のどこが、「簡単で楽な死に方」なのだろう?
肺は動くのに、息はできなくなり、数時間もだえ苦しみ足掻き、皮膚がエイリアンのように緑色に不気味に変色し、顔やカラダ全体が溺死体のようにパンパンに膨れ上がり、アンパンマンのお化けのように物凄い醜悪な姿で死ぬことを知っているのか?
抑止のためにも、その遺体の醜さを公開すべきだと思うが、どうだろう?
どこにもキレイな部分などないばかりでなく、ただただ苦しいだけなのである。
どこかの手も満足に動かせない生後18日の赤ん坊のように、突然、鼻に粘着テープを貼られたことを想像してみたらいい…?
しかも、本当に死ねればいいが、万一助かったら、重度の脳障害が残ってしまうのである。
我々日本人の美学からしたら、絶対に耐えられないと思うが、どうだろう?
確かに、この国のヒトびとが、無知蒙昧で自己中心的であることは、今更否定できない。
あの同じように醜い死に方をする「エイズ」ですら、未だに増加しているのだから、そんな知識も全くないに違いない。
どうせ死んでしまうのだから、どうでもいいと思うのかもしれないが、そうは問屋が卸さない。
考えてもみよう。
人間、死んだ後の方が長いと思わないか?
かの極楽浄土でのんびり過ごすか?
悪魔のはびこる地獄で七難八苦で過ごすか?
結構、大切なテーマだと思うのだが、どうだろう?

そう言えば、東仙坊、この卵の腐った臭い、硫黄の臭いと聞いて、すぐ、映画「コンスタンティン」を思い出した。
神を信じず、末期ガン患者になり、一度自殺を図ったために、天国には行けないことを悩み、主演のキアヌ・リーブスが、必死で自己犠牲し、人間界のために悪魔払いをしていた時、そのsatan (悪魔)の手下たちは、確か、硫黄の臭いがしたはずだった。
だから、硫化水素自殺なんかしたら、間違いなく地獄に行くのだと思うが、本当にそれでいいのか?
あんなに、悪魔を恐れないキアヌ・リーブスですら、結局は天国に行きたくなるくらいなのだから…。
それに、これだけ犯罪があの宗主国のように多発するようになったのだから、やっぱり自殺はよくないという意識をもっと持つべきではないのか?
カトリックの世界では、自殺したら、葬式一つ挙げられないのである。
せっかく、マネをするのだから、そこまでマネをするべきだと思うのだが、どうだろう?
少なくとも、東仙坊、satanの言う通り、いくら地獄がテーマパークのようでも、凄く不気味な悪魔ばかりで、何だか疲れそうで行きたくないと感じたが、ぜひ一度映画を観て、確認して欲しい。
あの卵の腐った硫黄の臭いの一体どこが心地いいのだろう?
とにもかくにも、硫黄の臭いは、地獄の臭い、そう思うべきではないのか?
わざわざ苦痛で溢れる阿鼻叫喚の地獄に行く必要はないと思うが、どうだろう?
それにしても、たった一度の人生、なぜ自殺してしまうのだろう?
東仙坊、全く理解に苦しむ。
そこで、弱気をくじけ!見て見ぬふりするな!から、抜粋して、もう一度あえて言う。

確かに、ここ数年、いやもう十数年になるかもしれないが、「自殺増加傾向」、「中高年の自殺急増」、「若者の自殺傾向顕著」などとよく新聞の見出しになっている。
それはあたかも凶悪な少年犯罪、残酷な殺人事件、低劣な弱きをくじく拝金主義的詐欺事件の増加と比例しているかのように見える。
けれども、それらのどの記事の中にも「なぜ自殺が悪いのか」、「なぜ自殺してはいけないのか」とは一切書かれていなかった。
ただ、なんとなくこれ以上自殺者を増やしてはいけない、緊急予防策が必要、自殺予防センターやいのちの電話の設置、などとあるだけだった。
個人の人権と宗教の自由が保障されているのだから、「神様が与えてくれた尊い命を粗末にするな」、「他人に迷惑かけることになるんだからやめなさい」などと、一概に言えないことぐらいは理解できる。
無能な政府や官僚ではあるまいし、何が問題点なのかぐらいは有能なマスコミのはずなのだから、その自己責任として明確に指摘すべきである。
このブログへのコメントで、カンケリお侠さんが的確かつ端的に指摘しているように、『自殺は結果的にどんな方法を選んだとしても人様に迷惑をかけるのだから、してはいけない』。
東仙坊もそれに尽きると同感する。

キリスト教はもちろん、あの自爆テロを奨励しているかのようなイスラム教でも、金のためなら親兄弟さえ殺していいかのような儒教でも、宗教上自殺を認めていない。

それでは、自殺をされて困るほんとうの理由の核心に触れる。
なんといっても最大の理由は、されてしまった家族が、友だちが、同僚や仲間が、意志に関係なくそれに巻き込まれる他人が、悲しくやり切れない気分になる。
そればかりか、直面させられた人間はもとより、直面してない人間もいろいろ話を聞いてしまうので、PTSDのようにその情景が脳裏に突然浮かんでくる。そして、その残りの人生ずーっとなんともいえない暗澹たる気持にさせられる。
「Completely a suicide must kill own family (自殺者は自分の家族も殺す)」
特に遺族は経済的にもその負担をさせられる。
自殺者の後処理に、管轄自治体、管轄官庁などに膨大なコストがかかり、結局それを国が税金で負担させられるから迷惑なのである。
例えば鉄道会社の場合は、後処理コストにダイヤの乱れのコストが加わり、天文学的な額になってしまうようである。
自殺の名所のようにさせられてしまった、東尋坊、青木ケ原樹海、華厳の滝、錦ケ浦、高島平団地などの自治体や住民は、そんな現実があるのだからもっと声を大にして正直に怒るべきである。
「Go to hell suicide(地獄に落ちろ、自殺者)!」と立ち上がったらどうだろう?
これらが理由のすべてであり、これ以外に何もないと東仙坊は確信する。



実際、この硫化水素自殺でも、建物の管理会社が、遺族に後始末で500万円を請求したケースも出ているのである。
その意味で、ザ・ペニンシュラホテル東京は、1泊14万円の部屋で硫化水素自殺した男の遺族に、一体いくら請求するのか、見ものだと思わないか?抑止のためにも、ぜひ公表して欲しいものである。


At last a suicide must be an one of the homicide (結局、自殺も人を殺すことにほかならない)!





◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


 にほんブログ村 ニュースブログへ 

プロファイリング-8 普通の人々の日常的犯罪-ultimatum(最終章)

It must be the most important concern in Japan that the ordinary people used to commit the extraordinary crimes(我が国の一番の心配は、普通の人々が犯す異常な罪そのもの)!

東仙坊、結局、何のために、「普通の人々の日常的犯罪」プロファイリングをしたかったのか?
その意図は、今や、自己のために必然だった日本古来の利他精神は完全に雲散霧消し、社会や家庭のモラルは皆無となり、絶対的責任回避の利己的個人主義が、普通の常識として跋扈している、と警告したかったからにほかならない。
一言でいえば、「振り込め詐欺横行社会」、それが現代社会の実態なのである。
それが何を意味するのか?
夫婦間、親子間の親密なコミュニケーション、綿密な情報交換が絶対不可欠で、簡単に他人を信じてはいけないということに他ならない。
ようは、自分の安全確保、財産保全は、自分の日常的risk control(危機管理)に全てがかかっている、と認識しなければならないということ。
その実感、自覚があまりにも希薄だから、あの手この手の振り込め詐欺被害がますます増加しているのが、現状なのである。
当然、これには、金銭や暴行や殺人などの物質的肉体的詐欺だけでなく、結婚や恋愛などの精神的詐欺も含まれている。
学校や会社のイジメだって、ネットオークション詐欺や出会い系サイトによる犯罪だって、ストーカーだって、それこそ、無差別殺人だって、今流行の硫化水素自殺だって、振り込め詐欺の一種と言うことができる。
その手口を考えたら、誰にもそう感じてもらえると思うが、どうだろう?
まず基本的に、利己のためにはターゲットは誰でもいい?というのである。
つまり、相手の人間性や人格なんかに何も興味も感心もないどころか、はなから愚弄している。
その意味では、自分が相手よりスマートだと思い込んでいる。
なんと、傲慢で能天気だと思わないか?
つぎに目的はターゲットの金銭、愛情、命を強奪し、自分の満足を得ることでしかない。
つまり、相手の後悔、苦痛、無念なんか歯牙にかけていないどころか、世の中に現実を示唆してあげているとまでのぼせているのである。
その意味では、教授料を払うのは当然だとさえ思っているのである。
なんと、不遜で傍若無人だと思わないか?
とすると、そんな手合に引っかかる、騙される、狙われる、カモになる自分は一体何だろうと思わないか?
東仙坊が指摘し続けている、お人好しの普通のいい人だから?
本当にそうだろうか?
普段何も考えていない普通のお年寄りだから?
本当にそれだけなのだろうか?
核家族化、別居、都合のいいホッタラカシ…。
この東仙坊でさえ、両親がリフォーム詐欺にかかる辛酸を舐めているから、これだけは自信を持って言い切れる、子どもの責任が相当大きい。
実際、3月31日、警察庁の報告によると、今年1~2月の振り込め詐欺発生件数は、3,532件(昨年2,085件)、その被害額は約49億円(昨年25億円)と、物凄い増加なのである。
それゆえ、どこにも「自分だけは大丈夫」などという確信を持てないばかりか、被害にあってから「どうしよう?」とか、「どうしたらいいの?」なんて言っていられないと思うのだが、どうだろう?
卑劣で卑怯な振り込め詐欺師たちは、前触れもなく、無差別にやみくもに網を投げてくるのである。
中には、話し相手欲しさに、自分からわざわざ網にかかるお年寄りまで現れているような気がするが、どうだろう?
東仙坊、こんな「振り込め詐欺横行社会」が、我が国のモラル喪失社会を象徴している、と思う。
その元凶は、日本砂漠化プロファイリング どうなってるの福田康夫?にも書き込んだ通り、いつのまにか、経済がすべて、お金がすべての経済市場原理主義が横行し始めてからだと思うが、どうだろう?

どちらにしても、この東仙坊のブログにも、そんな種類の不逞の輩が現れ、結構、ショックを受けている。
こちらの内容を全く精査せずに、自分のブログに誘引するためだけのコメントを入れてきたヒトが、ついに出現した。
正直、とても馬鹿にされている気分で、不愉快極まりない。
一方、東仙坊の認知度も上がってきたのかと苦笑いするしかない。
どうやら、web社会のモラル喪失問題は、噂通りらしい。
東仙坊の場合は、その対処は極めて簡潔。
いくら甘ちゃんアマチュアでも、仮にも探偵団である。
東仙坊、それなりのネットワークを作り、対応策を講じ、きちんとチェックし、判断している。
本当に、油断もスキも見せられない世の中のようである。

What is this kind of silly asshole thinking about? Please doesn't humiliate me (一体何を考えているのか?馬鹿にしないで)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎


 にほんブログ村 ニュースブログへ 
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード