Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング  神戸長田区小1女児バラバラ殺人事件-追補4

It must be not easily possible ncluding letting the psychopath of the present professional confess it in the incompetent police which can plan only self-protection(保身しか図れない無能な警察では、今のプロフェッショナルのサイコパスに自供させることなど簡単にできない)!

今、兵庫県警は、御嶽山の水蒸気爆発がどうか止まりますように…、御嶽山でどうかマグマ爆発が起きませんように…と論拠もなく祈るしかない気象庁や行方不明登山者家族の心境であるに違いない。
東仙坊でさえ、本気でそう願っている。
それはそうである。
あたかもそれが当然の義務かのように、拒否することさえできず、硫化水素対策のガスマスクすら付けずに、点数を稼ぎたいだけの政治屋どものパフォーマンスのために、命懸けで救助に向かっている警察・消防署・自衛隊の捜索隊に、二次災害があったら誰がその責任を取るの?
どうして爆発している火山が日ごろ傲岸不遜な人間の言うことを聞いて、その噴火をストップしてくれるの?
どうあれ、遅きに逸した無能極まりない兵庫県警は、必死に逮捕した君野康弘が真犯人であることを祈るしかない。
そして、どうかお願いだから全面自供してとも祈るしかない。
しかし、仮に真犯人だったとしても、どうやって有罪にできるのか?
それはそうだと思わないか?
誰かが自分を犯人に仕立てるために仕組んだ罠だ!
一体どこのどいつがわざわざ自分が犯人であるを証明するものを遺体と一緒にゴミ用ポリ袋に入れる?
名前のある病院の診察券?
落とした! pcと一緒に盗まれた!
約1年前から定期購読している日刊の機関紙? 経済紙? 公共料金の書類? 焼酎の空きビン? 棄てたゴミ用ポリ袋を拾われただけ!
タンスの中に被害女児のクマのぬいぐるみのついたリュックサックがあった? 部屋の中で被害女児の血液が見つかった?
警察の何が何でも自分を犯人にしようとする陰謀だ!
家の近くの雑木林で被害女児のバラバラ遺体が見つかった?
犯人は運びやすくするためにあんな小さい女児なのにバラバラにしたのでは?
それなのに、何でわざわざすぐ近くに遺棄するのか? それも埋めることもなく…。
自分の過去か評判をよく知っている誰かが自分を犯人に仕立てるために仕組んだ罠だ!
いくらバカだと言ってもそこまでバカじゃない!
どうだろう?
少なくとも、このサイコパスを真犯人にするにはまだまだ物的証拠が不足しているのでは?
実は、東仙坊、このサイコパスは、典型的な性的未熟児だと感じている。
そして、そのアイソルーションから、性的フラストレーションとストレスを貯めた性的異常者でしかないとも感じている。
では、性的サディズムや性的フェミニズムによる典型的な快楽殺人なのか?
あるいは、その異常性のプロパガンダなのか?
あるいは、警察へのチャレンジなのか?
どう観ても、そんなタイプには観えない。
では、なぜ残虐非道にバラバラにしたのか?
死因を特定させたくない目的でもあったのか?
どうだろう?
この性的異常者であるサイコパスとネクロフィリア的殺人鬼とのコラボレーションと考えると、すべてに整合性が出てこないか?

■神戸長田区小1女児バラバラ殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするこのサイコパスの内側の顔

①大阪生まれ。早くに両親が離婚したために、鹿児島県南九州市の父親方(?)の祖母に引き取られる。
②鹿児島県内の水産高校を卒業後に、九州の陸上自衛隊駐屯地勤務。
しかし、長続きせず、鹿児島市内の食品配送会社勤務など、職を転々。
20~30代は、鹿児島市の繁華街で風俗店のチラシ配りやパチンコ店勤務。
③2008年(?)、簡易宿泊所が集まる大阪市西成区のアパートに転居。
指定暴力団傘下組織の組員。
④2009年、兵庫県神戸市兵庫区に転居し、風俗店勤務。
このころには、すでに生活保護を受給。
このころのサイコパスをよく知る男性(?)は、「ヤツは『パチンコを打つので金がなくなったら困るから、生活保護費の1万円を使って買いだめしている』と話していた」と証言。
⑤2011年、刑事事件(強姦?)を起こし関西地方の刑務所に服役。
2013年5月、出所。
⑥神戸市長田区内の現在とは別のアパートに一時入居したが、騒音を巡って近隣とトラブルになり、約2週間で退去。
昨夏、現在のアパート(簡素な文化住宅)の2階に転居。
ちなみに、部屋には机とpcしかなく、その4万2000円の家賃は生活保護費を当てていたとか。
また、周辺には、「FXをしている」とうそぶいていたとか。
⑦携帯電話も持たず、pcだけが趣味で、実名で登録している会員制交流サイトに「だれか友だちになって下さい」と書き込み、別のサイトにも「結婚相手メルトモ募集」と記したとも。
また、週2、3回は、兵庫区内の飲食店を訪れ、小銭を手に握りしめて「これで飲ませてほしい」と1杯300円の焼酎を頼むことが多かったとか。
そ、そ、それでいて、自分の部屋の固定電話から、ヒマさえあればヒマ潰し110番(?)。
昨年8月から昨年だけで計約140回(?)。
今年は1月7日~9月8日までで約120回(?)、少なくとも計約260回。
特に、この9月は、3、6、8日に計約10回(?)。
その内容は、「猫がいなくなった」、「よその猫が自分の猫の餌を食べた(?)」などの相談が中心で、近隣騒音や水漏れの苦情、住人とのトラブルなども10数回。
それが、女児の行方不明後は一度もなかったというのだが…。
⑧9月11日の女児行方不明後、自宅アパートで騒音トラブルの相手で半年前から疎遠だった男性にニコッと笑って突然「こんにちは」と話しかけ、その男性から「何や?」と聞き返されていたとか。
それまで、耳にかかるくらいの長さの黒髪だったのに金髪に近い明るい茶色に染めたとか。
ベランダから全裸でその遺棄現場をたびたび眺めていたとか。

どうだろう?
決して大人しいのではなく満足に話し合うこともできない、典型的なコミュニケーション下手の卑屈なオトコだったことは明白では?
とりわけ、本物の恋愛の襞を知ることもない、その性の物質的満足しか頭にない、その内側のとろけた無知なオトコだったはず。
そして、とにかく性急で刹那的で、自制心が欠如した危ないオトコだったはず。
ところで、コヤツに知的傷害者手帳を発効したのは、どこの自治体なの?
その直接的メリットは何らかの金銭の需給を得られるからなのでは?
では、一体どのくらいの知的障害だったのか?
それは本当にそうだったのか?

●東仙坊がプロファイリングするこのサイコパスの正体

①以前住んでいたアパートでもゴミ処理を巡って住民とトラブルを起こしていたということ。
室内にゴミ袋を積み上げたまま放置し、ゴミ屋敷みたいし、畳に蟻がたかっていたということ。
②現在のアパートでもゴミを指定日に出したり、分別したりすることができず、町内会の人にこっぴどく怒られて以来、ゴミ集積所にゴミを出さず、アパート裏の雑木林に棄てていたということ。
実際、 そこは腰の高さまで雑草が茂り、住民も近づかない、不法投棄が相次ぐゴミ棄て場になっているということ。
③今春、「とても親切な信者が多いし、生活に困ったらお互い助け合える。自分も入信させてもらえないか」と某宗教団体(?)に入信していたということ。
④生活騒音トラブルを起こしていた階下や近隣の住民が「9月11日以降に女の子らしい声や物音は聞かなかった」と証言していること。
⑤9月19日夜、「家の鍵をなくした」と知人男性宅に2泊していたということ。
その際、行方不明になっている女児のニュースがテレビで流れると、「警察からいろいろ聞かれた。ややこしくなってきた」と慌ててチャンネルを変え、「もう死ななあかん。会うのは最後や」と言っていたということ。
⑥9月21日、男性と神戸市内の教会を訪れ(?)、アオキという偽名で礼拝に参加。
牧師が「人間が神様に背いた罪とか不義に対して、必ず裁きが訪れる」という趣旨の話をすると、落ち着かない様子で顔とか手とか、震えていたとか。
そこで、礼拝後、牧師は「しんどいでしょう」と話しかけたが返事をせず、目も合わさなず、礼拝後の食事会ではあまり食べなかったとも。
ただし、この牧師のイントネーションと顔はどこから観ても、サプア人だったが…。
特に着目すべき点は、次の4つ。
⑦9月24日未明、自宅から北東約200mの神戸電鉄長田駅近くの竹藪に泥酔状態でいたところを捜査員に任意同行を求められたというが、その竹藪には崖のような急斜面があり、飛び降りるなどして自殺を図ろうとしていたかもしれないということ。
⑧近所の男性から自宅近くの路地で「9月11日午後6時ごろ、このサイコパスと被害女児らしい2人組が手をつないで路上を歩いているのを見た」との新たな目撃証言が出てきたということ(?)。
⑨黙秘します、当番弁護士を呼んでくれと言っていたサイコパスが、その弁護士に、「雑談が多く、生い立ちや職歴について聞かれている。これからどうなるんでしょうか?」と言っていたということ。
⑩あれほど遺体を新聞で何層にもくるみ血液の飛散を防いでいて、部屋の中や草むらでも血痕は点々と微量に検出されていただけというのに、新たに草むらにつながる石段そばの右側斜面で2つ、さらに約80㎝離れた場所で1つ、遺体の一部がゴミ袋には入れられず、むき出しのまま、傷みの進んだ状態で発見されたということ。
言及するのも不快だが、それは女児の陰部ということなのでは?
つまり、性的サディズムや性的フェミニズムによる典型的な快楽殺人だということ?
確かに、そうなると、その陰部とリュックサックがマーキングだということは理解できるが、本当にそうなのだろうか?
もちろん、兵庫県警はそうであってほしいと願っているのだろうが…。
どちらにしても、兵庫県警の無能さでは、このサイコパスを落とすことができないと思うが、どうだろう?

There must be not the method unless we entrust case elucidation to the incompetent police(我々には、無能な警察に事件解明を委ねる以外に方法はない)!



































緊急プロファイリング  神戸長田区小1女児バラバラ殺人事件-追補3

Nobody including the heart of the psychopath could understand it so that a human being cannot assume providence of the Nature(大自然の摂理を人間が想定不可能なように、サイコパスの心根など誰にも理解できない)!

東仙坊、登山を好む人に恨みも怒りもない。
それどころか、本格的登山家だった父親の影響で、子どものころから登山モドキをやらされたので、キライでもない。
それ以上に、ボーイスカウトでの訓練のおかげかもしれない。
とにかく、それらから学び取ったことは、山も生きているということ…。
そして、大自然の営みは、たかが人間の予測を超えるばかりでなく、一切人間の思い通りになどならないということ。
そして、いざとなったときに、到底太刀打ちなどできないということ。
されど人間…。
可能な限り冷静沈着かつ怜悧に用意周到をしてさえおけば、いかなるエマージェンシーにも臨機応変かつ当意即妙な対応ができるということ。
つまり、どこまでも人間として真摯であれば、かなり自然と共生できるということ。
その意味で、紅葉が見たいなどの軽いハイキングやトレイル・ウォーキングのノリで活火山に登山することなど飛んでも八分なのでは?
東仙坊、登山をするには微に入り細にうがった下調べがいると思うが…。
それは、日常生活だって同じ。
いつのまにか生活圏の中に、外来種のはずでしかなかった「セアカゴケグモ」がうごめいているようになってしまっているように…。
いやいや、厳密に言えば、同じ外来種の「ハイイロゴケグモ」、「クロゴケグモ」、「ジュウサンボシゴケグモ」だって日本で見つかっているように…。
さらに正確に言えば、サプアから入ってきた外来種の「ツマアカスズメバチ」がうごめくように…。
命を守るには、とりわけ、我が子の命を守るには、「セアカゴケグモ」、「ハイイロゴケグモ」、「クロゴケグモ」、「ジュウサンボシゴケグモ」、「ツマアカスズメバチ」のようなヒトが身の回りにゴロゴロいると備えるしかないのでは?
それで、どうしても言っておきたいことが、1つ。
最近、リッチな日本人に人気な中南米やカリブ海諸国で、「チクングニア熱」が大パンデミックだという現実。
何でも、すでに発病者が1万人を超え、100人以上が死亡していて、感染者は75万人近くになっているというから、ハンパじゃない。
この「激しい痛みのために体をかがんでて歩く様子」を意味するアフリカの言葉(マコンデ語)のウイルス感染、もともとはアフリカ・南アジア・東南アジアで流行っていたのに、今や世界的。
えっ、どんな病気だって?
現在、日本で流行中の「デング熱」にソックリで、媒介するのもネッタイシマカやヒトスジシマカと全く同じ。
特徴は、40℃に達する高熱・斑状丘疹・激しい関節痛。
特に、関節痛はリウマチのように数年続くというから不気味。
そのほか、頭痛、不眠、全身疲労、結膜炎、羞明など。
なかでも、新生児では、嘔吐、下痢、脳髄膜炎などを生じる場合があるというから、真っ青。
問題は、その2日から2週間程度という潜伏期間。
ウイルスを日本に持ち込むノーテンキなトラブラー・トラベラーがいるのでは?
それで、蛇足ながら、御嶽山の噴煙にもぜひご注意を!!!
ガラス質が肺まで入り込み気管支炎に、また、眼に入ると結膜炎を起こすとか。
えっ、何で「神戸長田区小1女児行方不明事件」なのに、こんなことを書いているのか?って?
ようは、子どもを持つ親御さんに、「セアカゴケグモ」、「ハイイロゴケグモ」、「クロゴケグモ」、「ジュウサンボシゴケグモ」、「ツマアカスズメバチ」のようなオトコどもが、世の中にはゴロゴロいるということを肝に銘じて!って言いたいから…。
さて、本題に入る。

■神戸長田区小1女児バラバラ殺人事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の致命的問題点

①家を出たはずの6歳女児が行方不明になる。
②その家族が捜索願を提出する。
③警察がその自宅周辺の防犯カメラをチェックする。
と同時に、自宅周辺の聞き込みをする。
④目撃情報と不審者情報が集まる。
1)コンビニの防犯カメラに1人で日傘を差して歩いている女児の姿を確認。
後ろをフラフラ歩く不審なオトコも確認。
2)コンビニ近くの同級生のマンションに女児が入ったときのマンションの入り口のカメラにも同じ不審なオトコを確認。
3)そのマンションの管理人に聞き込みをして、間違いなく女児がマンションを訪れたことを確認。
⑤不審なオトコの身元を前科者データで確認。
⑥その防犯カメラに2度も写っているのは偶然ではないと判断し、そのオトコの顔を拡大しプリントアウトし、署内で配布。
⑦「コイツは酔って騒ぎを起こし何度も注意しているヤツだ」、「騒音で近隣といつももめているヤツだ」、「4月ごろから自宅にあったパソコンが盗まれたと署にきていたヤツだ」と署内で判明。
⑧不審オトコの身元を特定。
すると、生活保護を受給していることと知的障害者手帳を交付されていることを確認。
⑨写真を持って不審オトコの住居近くの聞き込みと小学校児童や父兄への聞き込み。
⑩出会い系サイトに登録している趣味はメールという典型的な危ないヤツと確認。
1)5月ごろ9歳小3女児がサイコパスのアパートの前を通りかかったときテラスから唾を吐きかけられたことを確認。
2)9月上旬遺体発見現場である草むら付近で探検ごっこをしていた小学校低学年の女児らが唾を吐かれたことを確認。
3)昨年11月アパート近くで同級生数人と鬼ごっこをしていた11歳小6年女児が不審な声をかけられ近づいてこられ走って逃げたことを確認。
4)走って追いかけられた小5女児がいることを確認。
5)猫を飼っていて部屋に小学生女児を呼んでいたことを確認。
6)酒を呑むと人が変わったように凶暴になりシツコイということを確認。
7)バス停で叫んだり、席を譲れと高齢者に怒鳴ったりしていたことを確認。
⑪オトコを任意で署に呼び事情聴取。
その間に、家宅捜査令状を取って、オトコの自宅を捜査。
⑫オトコの自宅から女児に関わる物証を発見し、尋問。
どうだろう?
行方不明事件のポイントは、72時間。
このくらいのことが迅速かつ適切にできなくて、果たして現代の警察と言えるのか?
それが、5日後、120時間後に、捜査員2人で「近所を聞き込みしている一環としてきた」とオトコを尋ねる。
オトコは戸惑う様子もなく、「どうぞ」と自宅に捜査員を招き入れる。
捜索用に作成した女児のチラシを見せ、「女児を知っているか?」と問いかけると、無反応。
しばらくして、「全く知らない」と女児との面識を明確に否定(?)。
「行方不明になっていることを知っているか?」
「報道で知っている(??)」
「9月11日は何をしていた?」
「酒を酔っていて、覚えていない(???)」
そこで、捜査員はオトコの承諾を得て(?)、押し入れや風呂場などを女児がいないか確認したが、女児の姿はない。
それで、不審なところがなかったなんてどの面下げて言えるの?
本当に後手というよりは無能極まりない捜査員なのでは?
そもそも、このオトコの顏を見た瞬間、コイツはオカシイ!!と感じられなかったら、それだけでも警官(刑事?)失格では?
とにもかくにも、すべてがこれで終わりになってしまったのでは?
実は、女児の死亡推定時刻を発表できないのは、この警察のテイタラクが露呈してしまうことが困るからでは?と勘繰っている。
報道によると、9月23日に発見されたj無残な女児の遺体の状態から、死後10日以上経過していると推定されるとか。
つまり、失踪直後には殺害されてしまっているのである。
ということは、捜査員が見た室内のゴミ用ポリ袋の中に女児の無念の遺体が入っていた可能性だってあるのである。
あるいは、捜査員がやっと現れる前日、9月15日の夜に、遺棄した可能性だってあるのである。
実際、9月15日ごろ、オトコが深夜にアパートから草むらに向かう階段を行き来する音には気づいたという証言だってあるのでは?
その点から言えば、せめてもっと早くから張込ぐらいはしていてもよかったのでは?
もっとも、同情する点は1つある。
前日の夜、この女児が一時迷子(?)になって警察沙汰になっていたこと。
そのせいで、どこかまた迷子では?すぐ見つかるだろう思い込んでしまったということ。
だからこそ、 女児が自ら行きそうなところや迷い込みそうなところ、いくらなんでも6歳女児を襲わないだろうという先入観から事件よりも事故として探索してしまったのでは?
それゆえ、川の捜索や阪神大震災後に増えた廃屋などの子どもが迷い込みそうな場所を中心にしてしまったのでは?
それでも、オトコを疑った段階で、そのオトコの自宅のすぐそばの雑木林を捜索しなかったことは理解できないが…。
どうあれ、おかげで、犯罪には慣れているオトコは徹底的に,、イヤそれなりにナイ頭で証拠隠滅???
凶器と死体損壊場所が特定できないと、相当公判で不利なのでは?
その家宅捜索で、ルミノール反応でさえ血痕が見つからなかったことは、決定的に不利なのでは?
ポイントの1つである女児のクマのぬいぐるみ付リュックサックだって、室内のタンスの中に周りから見えないよう生活用品などのオトコの私物に紛れ込むように隠されていたと言ったって、初日に見つからなかったことは後々不利になるのでは?
どうあれ、防犯ビデオの解析と不審人物の身元確認に4日以上かかっているようでは(?)、警察を辞めるべきでは?

I guarantee than revitalize economy the improvement of the police force must be an urgent problem of Japan(経済を再生するよりも、警察力の向上こそが日本の喫緊の課題)!







ああ日本砂漠-73  性奴隷国家よりも「世界の恥」であるコト!?

I'm concerned about the present conditions of the loss of the Japanese honor to look with an Japanese athlete and the mass media without the intelligence(日本のインテリジェンスのないアスリートとマスメディアに見る、日本の矜持の喪失の現状を憂慮する)!

東仙坊、ラクして儲けたいサプアでの営業におもねっている、我がカンパンゴのラクして稼ぎたいアスリートどものノーテンキ度とハシタなさに、メチャクチャ閉口している。
とりわけ、それらに追従している日本の情けなくてみっともないマスメディアに、絶望している。
特に、メダル、メダルとバカ騒ぎしていることに、憤怒している。
それでいて、その主催者としてのサプアのヒドサを糾弾することもなく、ましてや、負けた悔しさのあまり「今夜は中国人に溜飲が下がる思いをさせた。正直に言うと、日本の国歌は不快に聞こえる」と発言した某国のスイマーを指弾しなかったことは、万死に値する。
その優柔不断さ、事なかれ、卑屈な姿勢が、日本を貶めているということにいい加減気づくべきなのでは?
このスイマーに謝罪させてくれたのは、普通の中国人のnetユーザー。
実際、このスイマー、1500メートル自由形で優勝した後に報道陣に対応し、「申し訳ないと思っている。おそらく誤解がある。全ての選手は自国の国歌を聞きたいと思っているということ」と謝罪釈明している。
どうだろう?
このスイマーに言い訳させるのは、我が国のマスメディアであるべきだったのでは?
どうあれ、メダリストなるアスリートを、とりわけ、ほんの少しビジュアルのいいアスリートを使ってラクして稼ごうとする幼稚なマスメディアは、いつ反省するのか?
徹底的にメダリストを甘やかせ勘違いさせてゆくのをいつ止めるのか?
そもそも、知性の微塵も感じられないメダリストなるアスリートどもをどこまで利用するつもりなのか?
そのせいで、ただただバカみたいに、メダル、メダルとすぐ口に出す軽佻浮薄なアスリートどものオンパレード。
アジアでメダルを取って何になるの?
大切なことはそういう大会でベストを尽くすこと、自分の記録を更新するストイックなアスリートを創出することなのでは?
最低限でも自己記録を出した結果がどうなるかがポイントなのでは?
メダルコレクターを絶賛するなら、せいぜいオリンピックでの話なのでは?
どちらにしても、そういう薄っぺらな日本のマスメディアが、サプアを大喜びさせ、世界を震撼させる大バカアスリート、「世界の恥」を生んだのでは?
9月27日、JOC(日本オリンピック委員会)は、重大な規律違反があったとして競泳男子の冨田尚弥(25歳)をアジア大会の日本選手団から追放したことを発表。
何でも、この国辱的な恥知らず、9月25日午前、チームの応援で訪れていた競泳会場「文鶴水泳場」で、「カメラを見た瞬間、非常に欲しくなった(???)」とプールサイドのサプア記者席から、800万ウォン(約83万円)相当のカメラを盗んだというから、言語道断。
サプア仁川警察署は、水泳場の監視カメラなどを分析。
そして、選手村でカメラを発見。
9月26日夜から事情聴取され、容疑を認めたというから、開いた口が塞がらない。
何でも、この国辱的な恥知らず、前回の2010年広州アジア大会で男子200m平泳ぎで優勝したが、今大会は100m平泳ぎで4位でメダルに手が届かなかったとか。
どうあれ、その蛮行に対し、日本選手団は「日本選手団としての規範。競技を離れた場でも社会の模範となる行動を心がける。全てに規律ある行動をとらなければならない」などと明記された規律違反だと頭を下げただけ。
そして、その国辱的な恥知らずを追放して、チョン。
思わず、ちょっと待て!!と言いたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうだと思わないか?
生温いタガの緩み切った我が社会で、いつのまにかアスリートなるものどもにはかなりのアドバンテージ。
誰が頼んだワケでもないのに、好きなことを好き勝手にやってるだけなのに、上げ膳据え膳の信じられないほどの厚遇。
いつのまにかそれを勘違いした知的じゃないアスリートどもは、自分たちは特別な存在かのように不遜に錯覚。
まるで国民のために奉仕しているかように超タカビー。
東仙坊、そういう超甘の土壌が、この国辱的な恥知らずや内柴正人のような大バカを創り出していると断言できる。
そもそも、借金だらけの我が国が湯水のように税金を注ぎ込んで食わしていることが問題なのでは?
それぞれが苦労しながらストイックに精進してそれなりのアスリートに育っているワケではないのでは?
そして、その胡散臭い金に群がる得体の知れないラクして稼ぎたい者どもの巣窟になっているのでは?
いまだにステロイドを使用するオタンコナスがなくならないのも、それが原因なのでは?
一言でいえば、メダリスト、それは凄い、それだけでしかないのでは?
今のジコチュウのヤングには、いかなる理由があろうと甘やかすことはマイナスなのでは?
どうあれ、この慰安婦問題よりも最低な「世界の恥」を生んだスポーツ界、JOC、日本水泳連盟なるものは、切腹ものなのでは?
それが、「日本選手団としてこれだけ水泳もガンバっているにもかかわらず、こういう事態が起きショックを受けている。厳正に対処するつもりだ」というような釈明ですましていいのか?
せめて、日本選手団全員が丸坊主になって土下座し、即刻帰国すべきほどの重大な不祥事なのでは?
そして、そう糾弾しない日本のマスメディアどものなんとみっともないことか?
ただただメダル、メダルと絶叫するレベルの低さに呆れないか?
アマチュアスポーツはどこまでもプロセスがすべてであって結果が大事ではないのでは?
少なくとも、冨田尚弥なる国辱的恥知らずを追放しただけで片づけられる問題ではないのでは?
また、それをそう捉えられない日本人も相当な厚顔無恥なのでは?
どこかのアホンダラ県議を糾弾するよりも、そんなアホンダラに投票した県民の不見識の方に問題があるのと同じに…。
それで、ふと思い当たるのが、東仙坊、サンザン警告していたデング熱のパンデミック。
すでに正式感染者数が150人近くというから、何をかいわんや。
台湾でだって3000人近く、中国だって6000人以上というのだから、それも当たり前では?
もう一度言っておきたいが、デング熱の恐怖は一度かかった人が再感染すること。
そのときは、かなりの確率で重篤化するというから、とにかく自分で蚊に刺されないように予防するしかないと思うが…。
どうあれ、どこかの首長さんが何の根拠もなく大したことはないと言っていたことを思い出さないか?
すべてが、自分の保身と自分がラクして稼ぐことばかり。
そのシンボルが、我が国の偽アマチュアスポーツの世界なのでは?
その意味で、我が国の高慢なアスリートどもは、まさに「セアカゴケグモ」と言えるのでは?
東仙坊、日本砂漠化プロファイリング 「苔生し」!?「コケムシ」!?新・新日本砂漠化-79  「歯牙県」の「セアカゴケグモ・オトコ」たち!?と書き込んだ通り。
不気味な外来種を放ったらかしにしておいて、その悪影響で、本来の日本人の精神性のすばらしさ、ものあわれ、惻隠、おもいやりを喪失してしまっているのでは?
9月16日午前10時半ごろ、鳥取県伯耆町の米子自動車道大山パーキングエリアの下りで、セアカゴケグモが見つかり94匹を駆除した。
広島県福山市や岡山県勝央町の高速道路のサービスエリアでもセアカゴケグモが見つかっていた。
9月24日、東京都三鷹市の住宅街で、東京で初めてセアカゴケグモが見つかり、1995年日本で初めて発見されて以来、東北地方を含めた全国35都府県にまでその生息域が広がった。
9月26日、中国道のサービスエリアなど兵庫県内の4施設で計46匹セアカゴケグモを発見していたなどと、ノーテンキに言っていいのか?
そもそも、オーストラリア原産で、メスが毒を持っていて、噛まれると吐き気や呼吸困難の症状が出る恐ろしいクモなのでは?
天敵であるイモリを威嚇するための毒々しい赤い模様を持つセアカゴケグモ、「背赤後家グモ」で、奥さんが後家になるバカにできないクモなのでは?
もっとも、こんなことを書くと、夫殺しに使うヒトが出てくるかもしれないけど…。
なんて、書き込んでいたら、タガの緩んだ日本人を証明するリアルな話が出てきた。
9月27日、岐阜と長野の県境にまたがる標高3067mの活火山「御嶽山」が1979年以降で最大の噴火をした。
2007年にも小噴火しているから、まだビンビンに元気な火山。
それが9月10日ごろから体に感じない火山性地震が増加していて、気象庁は注意を喚起していたというのでは?
そうでなくても、ここのところずっと飛騨高山・甲州・関東北部の地震帯でそこそこの地震が続いていたのでは?
誰が「御嶽山」に登山しろ!と言ったの?
すべて覚悟の上の行動なのでは?
それでいて、助けて!って、救助隊や自衛隊はサイボーグかターミネーターなの?
あの火砕流の発生した状況下で、一体どうやって助けにこいというの?
ぬるま湯国家の我が国の国民のリアリティのなさは、ハンパじゃないのでは?
日本の知性のないアスリートどもと登山者どもの根っ子にあるものは、ただの甘えではないの?
運よく下山できたヤツラが笑顔ではしゃいでいる光景を観ながら、コイツらみっともないアスリートどもと同じだな…と憤慨しているのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。

Don’t count on the help of the person if you climbed the mountain without permission(勝手に山に登っているのだから人の助けをアテにするな)!













真実イチロー さようなら、ヤンキースタジアム、よく野球のわかるヤンキースファン!?

With the dramatic finale of Derek Jeter, the Yankee of Ichiro was just over(デレク・ジーターのドラマチックなフィナーレとともに、イチローのヤンキーも終わった)!

他力本願ながら残りを全勝すれば、プレーオフ進出への儚い夢が繋がるヤンキース。
そのボルチモアとの第2戦、1-5と不利なままでの6回裏、1死満塁と初めてのビッグチャンス。
バッターは全くダメなのにジョー・ジラルディが使い続ける良血(?)のWASP、ステファン・ドリュー。
3-0とカウント有利。
東仙坊、2球は見送れ!と叫んだ瞬間、ライトフライ。
もちろん、それが犠牲フライになって1点は入ったのだが、この大バカ者の野球センスはゼロ、ジョー・ジラルディと同じ。
4点差、しかも、自分は打率160代打者、その自覚の全くない典型的なジコチュウ。
ボストンがクビにしたのも当たり前…。
どうあれ、おかげで、2死1、3塁で、我がイチローにはさらなるプレッシャー。
何しろ、自分の後に一切期待ができないのだから。
そうなると、すでに2塁打を打っていたから、長打狙い…。
その結果、空振りの三振。
すると、9回裏、4-5と1点差での先頭打者、相手投手は左のクローザー、ザック・ブリトン。
しかし、0-2から、惜しいショートゴロ。
2死から、不振のブレット・ガードナーが、この試合初めてのヒット。
しかし、大歓声の中、デレク・ジーターが三振で、サレンダー。
そ、そ、そうしたら、頭の腐ったジョー・ジラルディ、ここ5試合で17-7の412一番の当たり屋イチローと唯一の得点源であるブライアン・マッキャンをお休み。
iいつになったらわかるの、ジョー・ジラルディ?
イチローの貢献は守備や走塁にまであるということを…。
そして、準備万端のイチローになかなか声をかけず、やっと声をかけたのが5-9の9回裏。
イチローはレフトフライ。
そして、我がデレク・ジーターのヤンキースタジアムでの最終戦。
おそらく黒田博樹のヤンキーとしての最後の登板、イチローの最後のヤンキーとしての勇姿…。
先発させなかったら、絶対に許さないと念を入れたら、8番ライト。
球場は異様なムード、デレク・ジーターコールが鳴り止まず、我がイチローコールまで…。
いきなり黒田博樹が先頭打者から2連発ホームランを打たれるも、デレク・ジーターのヒットで追い上げ、デレク・ジーターのラッキーな当たりで逆転。
我がイチローは、第1打席、三振。
第2打席、ボテボテの二塁ゴロ、もう少しで内野安打。
第3打席、送りバント2度も失敗も。四球を選びチャンス拡大。
無死満塁で、あの病気のここ5試合143のブレット・ガードナー、ボテボテの一塁ゴロで無得点。しかし、続くデレク・ジーターの当たりは、相手のエラーを呼び逆転。
そして、2死2塁で、イチローのヤンキーススタジアムでの最後の打席、センター前ヒットと思いきや、ピッチャーに好捕され無得点。
アンラッキー…。
そうすると、黒田博樹の勝ち投手の権利を今シーズンも何度もぶち壊してきたデビッド・ローバトソンが、またしても9回の表にホームランを2本も打たれ、5-5の同点。
と、と、ところが、持っている男には神は最後の最後で微笑む。
1死2塁で、バッターは、デレク・ジーター。
その初球、彼らしいインサイドアウトのライト前ヒットで、サヨナラ勝ち。
狂喜乱舞のヤンキースタジアム。
イチローとも熱い抱擁…。
本物の男にはそれにふさわしいフィナーレが必ずある。
かくして、デレク・ジーターのヤンキースタジアムでの活躍は終わり、我がイチローも終わり。
さあ、来年はどこのチームでMLB3000安打を目指すのか?
NYのジャーナル・ニュースは、 「イチローはまたマルチヒットを記録した。ヤンキース打撃陣の中でイチローが高打率を残している。イチローが来季以降もプレーを続けたとしても、おそらくピンストライプのユニフォームではないだろう」と報道。
3試合を残して、21年連続でのシーズン100安打まであと1本。
MLB通算安打も2841本、3000本の金字塔まで残り159本。
「開幕時には我々の外野手の人数が多かった。私はどういう状況になるかも、何試合スタメンで出れるかも確信がなかった。イチローにはスプリングキャンプで、『スタメンで出ることもあると思うが、何試合とは確約できない』と伝えた。彼は自分の仕事をよくやってくれている」とイチローに活躍されたら自分の立場がなくなるジョー・ジラルディはほざいていた。
NYのジャーナル・ニュースは、 「ジーターはあまりに多くの注目を浴びている。それに相応しいが、イチローもメジャー史に名を残す偉人である。野球殿堂入りも、1回目の投票で選出されるだろう。彼は野球界で最も人気のある選手と同じチームにい合わせてしまった」とも書いているが、果たしてそうだろうか?
東仙坊、デレク・ジターとほとんど変わらぬイチローコールを聞いて、感激していた。
当たり前のことかもしれないが、わかる人はわかってくれている…。
渡米後10年連続で打率3割、200安打を達成するなどメジャー史上でも随一の安打製造機と認められているイチロー。
その後、2011年から打率は272、283、262、今シーズンも282と3割到達はおそらく困難。
仮に来シーズンもヤンキースに残留したとしても、ジャコビー・エルズベリーとブレット・ガードナーがいる限り、どこでも守れるイチローが再び控えに回るに決まっている。
そうなると、3000安打到達は2016年以降になってしまう。
それより何より、デレク・ジーターのいなくなったヤンキースなんて、ただのカス。
それ以上に、今以上にチームがバラバラになること間違いナシ。
そうでなくても、めぼしいプロスペクトの不在で、来シーズン、チームの弱体化が進むのは確実。
どちらにしても、無能極まりない人の気持ちを理解できないジョー・ジラルディが監督をやっている限り、イチローにチャンスはない。
望みは、今シーズン、ナショナル・リーグ西地区で優勝を逃したサンフランシスコ。
ここは、とにかく監督のブルース・ボウチーがいい。
しかも、主力選手は30歳前後の脂が乗った選手が多く、2010年と12年には世界一。
外野はライトに右打ちのハンター・ペンス、センターに両打ちのアンジェル・パガーンがいるが、2人は2014年以降も契約が残っていて不動のレギュラー。
でも、アンジェル・パガーンはまるでヤンキースの主力のようにケガがち。
今シーズンだって、100試合未満の出場のうえ、ヒット数だって現在まででたったの115本。
レフトには左打ちの俊足グレゴール・ブランコがいるが、今シーズンで契約切れのうえ、ヒット数も現在まででたったの100本で、260。
しかも、40人ロースターに左打ちの外野手はグレゴール・ブランコしかいなく、サンフランシスコ・ジャイアンツの今シーズンの盗塁数はMLBワースト2位。
そのうえ、イチローのチーム別通算打率を見ると、ドジャース.350、パドレス.337、ロッキーズ.328、ダイヤモンドバックス.322とナ・リーグ西地区チームから高打率。
さらに、ジャイアンツの本拠地AT&Tパークは、イチローが、2007年のオールスターでランニングホームランを打ちMVPを獲得した相性のいい球場。
東仙坊、個人的にもサンフランシスコが好き。
何とか、観戦に行けるかも…。
どうあれ、今シーズン、左腕投手に対し375のイチローを意地でも使わないのは、活躍されたら自分の立場がなくなる、ジョー・ジラルディとブライアン・キャッシュマンの必死の生き残り戦術。
それはそうである。
2人はイチローはいらないと判断しているのだから…。
えっ、じゃあ、シアトルへ戻ればいいって?
確かに、それはある。
何て言ったって、ウマの合うロビンことロビンソン・カノーがいるのだから…。
しかし、プライドの高いイチローのこと、オメオメとシアトルに戻れるのだろうか?
今回のデレク・ジーターのヤンキースタジアムでのファラエル・ショーを見てしまったので、余計そうはいかないのでは?
えっ、日本にも戻るって?
ない、ない、それだけは絶対にない。
東仙坊、イチローの代わりに断言できる。
デレク・ジーターのフィナーレを見たイチローのこと、最後まで、サムライでいるはず。

I would pray for Ichiro shining in San Francisco in the next season(来シーズン、イチローがサンフランシスコで輝くことを祈っている)!

ああ日本砂漠-72 恐れを知らぬキャットバスターに、「猫毛虫」が襲撃!?-2

Is great outbreak of the puss caterpillar revenge from cats killed by a human being(猫毛虫の大発生は、人間に殺された猫たちからの復讐かも)?

東仙坊、猫恐怖症だから余計に、その猫を平気で殺せるヒトが恐ろしい。
そして、猫を殺せるヒトは、間違いなく簡単に人も殺せることは、いろいろなクソッタレどもが証明してくれている。
あの暗闇での異様な眼光…、不気味な瞳の変化…、音も立てずに歩く薄気味悪さ…、ミルクの舐め方一つが血を舐めているかのように見える末恐ろしさ…、疳の虫の赤ん坊のような鳴き声…。
何よりも、飽くことを知らない執拗さ…。
どう見ても、化け猫はリアル。
万一殺したら、タタリがあるのは間違いナシ。
冗談でも、ニャーン、バカン、ウフフと安易に撫でたりなどできない。
その意味で、いつか恐れを知らぬキャットバスターに、よく眠れるかい?と聞いてみたいほど…。
そうでなくても、今、人類はその傲岸不遜な横暴に対し、大自然からの天罰が十分に下っているのでは?
我が国だって、地球温暖化による異常気象というより、すでに異常な恒常気象状態。
とりわけ、洪水による被害は、もはや1年中。
ここは、我が国よりはるかに大きく世界をリードしているはず(?)の最先進国USAで、その実情をチェック。
9月17日、カリフォルニア州では、過去数十年で最悪の3年連続記録的な干ばつ、40℃近い高温に見舞われ、山火事が相次いで発生。
農地の多いセントラルバレーは、壊滅的。
テネシー州やミネソタ州では、大洪水と大竜巻が発生。
9月の平均最高気温23~24℃、平均最低気温8~9℃のサウスダコタ州では、1888年以来126年振りの積雪
ラッシュモアーの降雪量は、なんと11㎝。
ワシントン州やアイダホ州では、町全体を覆い尽くすようなハブーブと呼ばれる巨大な砂嵐
ロードアイランド州・ニューヨーク州・メリーランド州・ミシガン州・ノースカロライナ州・フェニックス州、・ニューハンプシャー州・メイン州などは、鉄砲水による洪水。
どうだろう?
広大な国土らしくバラエティに富んだ異常気象だと思わないか?
「北極から冷たい空気がアメリカ大陸にやってくる」という大気の渦、「polar vortex(極循環)」現象のせいだというが、ただただ驚かないか?
何しろ、ヒマワリが雪をかぶっているというのだから、普通じゃないことだけは確か。
ところで、その自然の脅威にさらされているUSAの東部の人々が、さらに不気味なある生命体の襲撃を受けているというから、踏んだり蹴ったり。
酷い腫れや発疹や水ブクレ、さらに激しい吐き気や痙攣や頭痛や腹痛、呼吸障害などで次々と病院に担ぎ込まれているというから、メチャクチャ心配では?
その不気味な生命体の正体は、「puss caterpillar(プス・キャタピラー:猫毛虫)」。
とにかく、見た目はふと触りたくなるような、なんともいえないフワフワ感、柔らかそうなモコモコ感であふれる「小さなペルシャ猫」のよう。
実際、「puss(可愛らしいニャンコ)」と名づけられいるのだから、それはそう。
分厚いフランネルのような毛で全身が覆われている「Southern Flannel Moth(サザン・フランネル・モス)」という蛾の幼虫で、別名「ボリビアバグ」、学名「Megalopyge opercularis」。
ところが、この「猫毛虫」、外側のフサフサした毛の下の背骨部分に猛毒を持つ小さなトゲを隠していて、これが人の皮膚に突き刺さるというから、恐ろしい。
何でも、蜂に刺されるような触覚だが、実際はもっと厄介だとか。
刺さると同時に痛み出し、たちまち痛みが酷くなり、骨まで達する痛みの感覚だとか。
しかも、カラダのどの部分に刺さったのか、どれくらい多くのトゲが皮膚に入り込んだのかによって、痛みの度合いは変わってきて、12時間以上激痛が続く場合もあるとか。
それでいて、プス・キャタピラーに刺された場合の明確な治療法はナシ。
刺されたところにセロハンテープを貼って剥ぎとり、傷口に残っているトゲを取り除くようにするしかないというから、原始的。
ニレ、オーク、リンゴ、オレンジ、アーモンド、バラなど様々な樹木に生息し、その葉をかじる「猫毛虫」。
大発生と減少を繰り返す習性があり、現在は大発生期だとか。
さらに、このプス・キャタピラー、猫毛虫には奇妙な習性がほかにもあり、寄生虫が糞に引き寄せられ毛虫本体に危害を及ぼすのを防ぐために、糞を遠くへ飛ばすというから、なんか猫っぽくないか?
どちらにしても、このプス・キャタピラーの反撃も、傍若無人に地球を闊歩する人類への警告の一つでしかないのでは?
少なくとも、君野康弘なるサイコパスには、プス・キャタピラーの何億倍の妖怪が襲って欲しいと思うが、どうだろう?
それで、東仙坊、空いた口が塞がらないことが、いくつか。
PSGGの後ろをフラフラ跡をつけるように歩くサイコパスの姿が防犯ビデオに写っていた?
それなのに、任意の聴取に行ったのがなぜ5日後で「不審なところがなかった(?)」なの?
このサイコパスには、前科があるだけでなく、日ごろからいろいろな酒を飲んでのトラブルで警察の厄介になっている前歴があったのでは?
そう言えば、昨年5月に関西のある刑務所を出所したというが、その蛮行はレイプだったのでは?
どうあれ、独り暮らしで生活保護を受け、ワンカップ酒三昧。
奇声を発したり、夜中に階段や2階のテラスを凄い勢いで走ったり、裸でベランダに出ていたり、出会い系サイトに登録
し趣味はメールと典型的な危ないヒトで、その行動もアブノーマルなものばかり。
それどころか、週に数回通っていた病院の看護師女性に「結婚してくれ!」と唐突と言い寄ったとか、昨年8月「たこ焼き食べるか?」と地元の14歳中3女子生徒を長田区長田天神町のたこ焼き店でロレツの回らない状態でナンパしようとして逃げられていたとか、5月ごろ9歳小3女児がサイコパスのアパートの前を通りかかったときテラスから唾を吐きかけられたとか、9月上旬遺体発見現場である草むら付近で探検ごっこをしていた小学校低学年の女児らがサイコパスから唾を吐かれたとか、昨年11月11歳小6年女児がアパート近くで同級生数人と鬼ごっこをしていたときテラスでタバコをを吸っていたサイコパスから不審な声をかけられ近づいてこられ走って逃げたとか、ほかにも走って追いかけられた小5女児がいるとか、なぜコヤツをすぐに確保しなかったのかとただただ呆れるだけ。
そんな中で、プス・キャタピラー、猫毛虫に取りつかれていた、東仙坊、メチャクチャショックな話がこれ。
この根っからのサイコパス顔のサイコパス、そもそも、野良猫を追いかけ回してオモシロがるほどの猫好きで(?)、近所から猫をやたらともらっていたこと。
その猫たちがどうなったのかも心配だが、もしかしたらPSGGがその猫に惑わされサイコパスの部屋を訪ねていた可能性があるということ(?)。
どうだろう?
それはあリ得る気がしないか?
それで気になるのが、そのことを知っていた第三者がこのサイコパスを陥れた可能性もあるのでは?
もしくは、幼女への性的興味を持つサイコパスと殺人に興味を持つサイコパスとの合作の可能性もあるのでは?
そのぐらい引っかかるのが自分の診察券とタバコの吸い殻を遺体と一緒に棄てたということ。
それでいて、黙秘します、弁護士を呼んでくださいでは、どうも納得できないのでは?
車もバイクもないから腐敗臭が酷くなって近くに遺棄するしかなかったということは大だが、車もバイクもないのにどうして防犯カメラに写らずに部屋まで連れて行くことができたのか?
そもそも、バラバラにしたのは、本当にサイコパスの部屋なのか?
酒に酔ったサイコパスが坂道だらけの道を3時間も歩けるものなのか?
そこで、東仙坊、慌ててwebチェック。
す、す、すると、7月8日午後10時15分ごろ、神戸市長田区長田天神町にあるマンションの2階で、帰宅した男性会社員(20)から「自宅の玄関近くの通路に目をくりぬかれたネコの死骸がある」と110番通報。
何でも、無残に殺害された猫は、生後2、3ヶ月(?)、体長約30㎝の黒ネコで、ほかに目立った傷はなく、首輪もナシ。
両目をえぐられ、片方の目を口に押し込まれた状態というから、あまりに残酷。
ちなみに、マンションの玄関はオートロックで、現場に血痕がないことから別の場所から投げ込まれた様子。
すると、8月11日、兵庫県警長田署は、神戸市長田区檜川町に住む、無職(?)、小林弘典(42歳)を、動物愛護法違反で逮捕。
7月8日午後9時35分ころ、長田区長田天神町のマンションの駐車場で猫を殺害し、その死体をマンション2階の廊下に投げ込んだというもの。
それに対し、このサイコパス、「猫を投げ込んだが、殺してはいない。生きた状態で投げ込んだ」などとほざいていたとか。
この現場と今度のPSGG遺棄現場はかなり近いのでは?
そ、そ、それだけじゃない。
昨年10月5日午前10時半ごろ、神戸市北区ひよどり台「ひよどり台公園」の出入口付近の通路で、ほぼまっすぐに切断された猫の頭部を通行人男性(74歳)が発見し、兵庫県警神戸北署に通報。
猫は白色で6~8歳で、周囲に血痕などはなく、胴体部分も見当たらないため、別の場所で切られて運ばれた様子。
現場近くでは昨年2月にも、腹部が切り裂かれた猫の死骸が発見されているというから、ハンパじゃない。
ついでに、挙げておけば、昨年3月11日、神戸市長田区滝谷町の市営住宅の1階階段付近で住民男性(75歳)が両足の骨が折れて露出したウサギの死骸を発見。
すでに住宅の敷地内では7、8匹のウサギの死骸が見つかっているというから、不気味。
兵庫県警長田署は、昨年4月10日、窃盗や動物愛護法違反で、神戸市長田区に住む、無職(?)のオトコ(25)なるラビット・バスターを逮捕。
このラビット・バスター、精神疾患で通院中で、「ウサギは好きだが、噛まれたので腹が立って殺した。ペットショップからウサギを万引しては殺した。2010年以降、20匹以上のウサギを殺して遺棄した」というから、何をかいわんや。
どうだろう?
このあたりで発生する事件はそんなに簡単ではないのでは?
どちらにしても、くどいようだが、こんな街であんなムードのPSGGを独りで歩き回らせた家族の責任は大きいのでは?
何しろ、キャットバスター、ラビット・バスター、幼女に唾をかけるオトコどもがそこら中にいる極めて危ない街なのだから…。

At a glance though this psychopath which did the phiz of the sex offender should have been really the true criminal(一見して性犯罪者顏のサイコパスが本当に真犯人だったらいいのに)!















ああ日本砂漠-72 恐れを知らぬキャットバスターに「猫毛虫」が襲撃!?-1

I guarantee such a motherfucker who can kill a cat could easily murder a person(猫を殺せるようなヒトは、簡単に人を殺せる)!

東仙坊、どこかで書いたような気がするが、実は、猫が本当に苦手…。
ところが、なぜか周りにやたら猫好きが多くて、正直に長い間そう告白することができなかった。
その理由は、実に、簡潔明瞭。
猫のこちらの意思を無視してフィジカルに絡みついてくるところに、どうしても耐えられないだけ。
しかも、全く飽くことを知らないその執拗さに恐怖まで覚えるほど。
まさに、女型の権化、百獣の王のトランジスタ版。
それこそ、少しでもご機嫌斜めにしたら、気分を損なったら、怒らせたら、一生恨まれそうな気配がして、イヤ。
その相手のことを何もわかったような目つきをし、甲高い赤ん坊のような声で鳴くから、凄くイヤ。
無論、そんな猫を残忍に殺すことなど、それこそずっと化けて出られそうで想像さえできない。
しかし、このタガの緩み切ったモラル完全崩壊社会には、その猫殺しを好んでやれる、猫よりも不気味なヤカラがいるから、さらに恐ろしい。
9月18日、警視庁保安課は、猫の首を絞めてケガをさせたとして(?)、動物愛護法違反で、東京都大田区蒲田に住む、コンピュータプログラマー、久保木信也(33歳)なる恐れを知らぬキャットバスターを逮捕。
何でも、9月18日午前2時半ごろ、大田区大森西の駐車場で、猫の首を絞め路上に叩きつけケガをさせたというから、何をかいわんや。
しかも、その可哀想な猫はすぐに死亡してしまったとか。
ともかく、9月18日午前3時20分ごろ、警視庁大森署員が、大田区蒲田の路上で、自転車を降りて立っていた恐れを知らぬキャットバスターを発見。
その自転車の前カゴにポリ袋に入れた4匹のネコの死骸があるのを確認し、「首輪があり、騒ぎになると思って死骸を回収していた」と自供したので、逮捕。
すると、4月以降、大田区で半径500m以内にネコ45匹(50匹以上?)が泡を吹くなど不審死した死骸が発見されていたことへの関与も自供。
そのうえ、「住民らが野良猫に餌やりをしているのに憤慨し、農薬入りの餌を猫に食べさせて殺した。仕事のストレスのハケグチになった」とのたまい、「猫の不審死の報道がされ始めたので、一時、猫殺しを中断していたが、今月初めに猫の数を減らしたいという衝動が湧いてきて、またやり始めた」とほざいているというから、今ごろ、毎夜猫のタタリに襲われているはず。
どうあれ、恐れを知らぬキャットバスター、netで農薬や不凍液を購入し、エサに混ぜてあちこちに置いたり、捕まえた野良猫を傷つけ、殺していたというから、許し難い猫殺し魔。
実際、コヤツの自宅から有害な化学物質「エチレングリコール」入りの農薬の空きビンも発見されていて、8月に大田区内の公園で猫のエサとして置かれた不審物が4つから、その「エチレングリコール」が検出されているというから、言語道断。
それでいて、このデリンジャラスな恐れを知らぬキャットバスター、自宅で猫を1匹可愛がっていて、「自分は愛猫家だ」とほざいているというから、厳罰に処して欲しいもの。
なぜなら、猫を簡単に殺せるような本物のサイコパスなら、人間なんていとも簡単に殺すに違いないから…。
とまで、書いていたら、昨日までブチ切れて書き込んでいた「神戸長田区小1女児行方不明事件」が急展開。
クソッタレが逮捕されたというから、ビックリ。
しかも、そのキッカケが、腰丈の草むらに半径5m以内に無造作に棄てられていた何層にも梱包された6つのゴミ用ポリ袋。
その中には、残虐無比に刃物などで切断されたPSGGの頭部、胴体、両手、両脚が別々、PSGGの所持品が入っていただけでなく、ご丁寧に自分の生活ゴミと自分名義の診察券まであったというのである。
もっとも、そのことにメチャクチャ不安を覚えていた。
それが精神科病院の診察券だったら、何もかも闇の中。
そうしたら、47歳の無職(?)、君野康弘と公表されたから、とにかくホッ。
そして、そのサイコパスが1、2年前に転居してきたというアパートが、PSGG遺体発見現場から、わずか約30m。
つまり、目と鼻の先。
市道から草むらに上がっていく階段沿いの7部屋の木造2階建てアパートだというから、開いた口が塞がらない。
それにしても、今さらになって、そのPSGG遺体発見現場は捜索していなかったとか、PSGG遺体発見現場の自宅周辺で猫が殺されるなど不審者情報も10件以上あったとか、全裸のオトコが走り回っていたとか、防犯カメラにPSGG遺体発見現場の後をフラフラつけるクソッタレが写っていたとか、クソッタレはマーク対象者で9月16日にアパートを訪ねたが不審な点はなかったという兵庫県警も相当な低レベルなのでは?
どうあれ、クソッタレが根っからのアンポンタンだったから、逮捕できたのでは?
ゴミ用ポリ袋の中にあったタバコの吸い殻とクソッタレのDNA型が一致したというが、知的障害者なのに氏名を公表してしまっていいの?
えっ、ホシはPSGGの家族じゃなかったって?
何をおっしゃる、ウサギさん。
この世の中にはこのクソッタレのようなヤカラがゴマンといるのでは?
いろいろな意味でただ飢えただけのライオンが…。
東仙坊、この無念極まりない被害女児をPSGG(Putting Sanshade Gnu Girl:日傘を差したヌー少女)と名づけたように、ヌーはただのライオンのエサでしかないのでは?
ましてや、子ヌーは?
それをライオンから守るのはいつも寄り添う親ヌーなのでは?
それでも、さらにリスクをヘッジするためにいつもヌーは大きな群れをなしているのでは?
それなのに、あたかも育児放棄かのように飢えたライオンの前に1人で放り出したのは一体誰?
実際、同級生の母親が証言していたように、PSGGが月曜から、火、水、木、金、土、日曜日までウチに遊びにきていたというのは普通じゃないのでは?
誰がどう言おうと、PSGGの家族は残りの人生ずっと後悔すべきなのでは?
さて、本題に戻る。
東仙坊、恐れを知らぬキャットバスターの登場に驚愕を覚えていたら、モラル完全崩壊の我が国は、もっともっと犬猫にとって恐ろしい社会になっていたということを知って、思わず絶句…。
ああ日本砂漠-65  今、日本人全員がモスキート・バスターになるべきとき!?を書き込んで、
「大不況のイタリアでは、この夏、冷夏と不景気でバカンスに行くヒトが少なかったんだって。それでね、飼い犬たちにとってそれがグッドニュースだったんだって」
「何で?」
「毎年、バカンスに行くのに飼い犬がジャマになった飼い主たちが、高速道路のパーキングエリアなどに飼い犬を捨てて行くのが酷かったのに、今年の8月15日の祝日は、捨て犬の数が42匹と昨年の86匹から大きく減ったんだってさ」

などと他人事のように扱っている場合じゃないと、大反省。
というのも、我が国でペットとして飼われている犬や猫は推計約2千万匹。
そのうち、飼い主の飼育放棄などで殺処分される犬や猫は年間約16万匹もいるというのである。
なんと身勝手なクソッタレ人間どもだと思わないか?
そのために、京都府と京都市は、京都市南区に来年4月の開所予定の「京都動物愛護センター(仮称)」を建設中だというから、唖然。
その建設地は、最寄り駅から徒歩5分という好立地で、約1万平方mの敷地に、保護した動物の収容施設をメーンに、夜間救急動物診療所や災害時の動物保護施設なども完備させるのだとか。
また、犬を飼っている人が、飼い犬を連れてきて自由に遊べる「ドッグラン」も整備。
保護犬や保護猫の譲渡会、子ども向けの体験学習会なども開催するのだとか。
そして、京都市保健福祉局保健衛生推進室が、「京都市と京都府が共同のセンターを持つことで、自治体の管轄区域を超えた、広域的な保護動物の譲渡が可能になる。出遭いの機会を増やし、殺処分の減少につなげたい」と言っているから、かなり深刻。
そんな中で、早くから殺処分ゼロに向けて取り組んでいる自治体が、神奈川県なのだとか。
約20年前から行政とボランティアが連携し、行政が保護した犬や猫を登録ボランティアに譲渡、ボランティアがネットワークを駆使して新たな飼い主を探し、保護した成犬をしつけて不妊手術をした上で地域の「モデル犬」として住民に譲渡するといった取り組みまでしているのだとか。
その努力の結果、平塚市にある神奈川県動物保護センターでは、昨年度、1972年の開設以来初の「犬の殺処分ゼロ」を達成したとか。
ちなみに、神奈川県動物保護センターの保護犬、保護猫の譲渡会では、近年、希望者が多く、2~3倍の倍率なのだとか。
さらに、5月には、女優浅田美代子、服部栄養専門学校校長服部幸應ら37人が呼びかけ人となり、「TOKYO ZEROキャンペーン」をスタート。
6年後の東京五輪・パラリンピック開催までに、東京都内の殺処分をゼロにすることを目指し、生後8週までの子犬を生まれた環境から引き離すことを禁じる「8週齢規制」の実現などを掲げているとか。
料理研究家藤野真紀子は、「海外から大勢の人が日本に訪れる東京オリンピックにあわせて、影響力のある著名人が『殺処分ゼロ』を発信することで、先進国の中で動物福祉が遅れている日本を一気に変えるチャンスにしたい」と言っている。
さらに、環境省は、昨年11月、犬猫の殺処分ゼロを目指す「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」を立ち上げ、今年6月には実行に向けたアクションプランを発表。
飼い主責任の徹底、自治体を超えた広域譲渡の推進などの具体策を提示し、「動物行政は自治体ごとに課題が異なり、解決にはボランティア、事業者、獣医師、NPOなどとの連携が重要だ」と指摘。
そのうえで、マイクロチップ装着義務化の検討に入っているとか。
何でも、犬猫などのペットの体内にマイクロチップを埋め込み、飼い主情報が瞬時に読み取れるようになることで、迷いペットの殺処分の減少、無責任なペット遺棄も抑止できる、災害時などに行方不明になったペットの発見も容易になると期待できるからとか。
けれども、現在までの登録は、たったの98万件。
それでも、2007年度13万件から7倍以上に増加したのだとか。
事実、昨年だけでマイクロチップの照会で飼い主が見つかったケースが150件もあるというから、有効かも。
そのマイクロチップ、直径2mm、長さ12mmほのガラスなどの小さな筒状の容器に入った記憶装置で、専用の注射針にセットし、動物の皮下に注射して埋め込むため外見からは全くわからないだけでなく、ペットにも苦痛はなく、装着も一瞬ですむのだとか。
そして、動物病院や保健所などにある円形のリーダーをかざすと、「ピッ」と音がして、リーダーの液晶部分に、飼い主の住所や連絡先が登録された15桁の番号が表示されるスグレもの。
しかも、その登録情報を主に管理しているのは日本獣医師会や日本動物愛護協会などからなる「AIPO(動物ID普及推進会議)」で安全だとか(?)。
それもこれも、すべては動物の殺処分の多さの問題が原因。
環境省の調査によると、2012年度の犬猫の殺処分は16万匹超、保健所などに引き取られた犬猫の約77%が殺処分というから、ハンパじゃない。
確かに、保健所が引き取った後にマイクロチップで飼い主を特定できれば、殺処分を減らせる可能性はある。
事実、マイクロチップ装着は、スイスやフランスなどでは、すでに義務化。
しかし、我が国では、2012年の普及率は犬猫でも6.8%。
2011年net調査では、マイクロチップを「よく知っている」、「ある程度は知っている」28.3%、「知らない」が38.2%。
「可哀想」、「必要ない」など否定的な意見も、4割超。
もっとも、仮にマイクロチップが普及しても、最終的には飼い主のモラルの問題。
飼い主が登録先を把握していなかったり、飼い主が変わったのに変更届けを出さなければ、同じ。
どうあれ、身勝手なジコチュウ飼い主どものせいで、不幸なペットが増加し続けることは必至。
東仙坊、思わずいつかペットからの、特に猫からの復讐があるのでは?と一言。

If you kill a cat, the cat changes itself and comes out and should be retaliated surely(猫を殺したら、その猫が化けて出てきて、必ず復讐される)!

To be continued...





緊急プロファイリング  神戸長田区小1女児行方不明事件-追補2

We must not forgive the motherfucker who murdered such an innocent 6-year-old little girl cruelly separately whatever it takes(あんな無邪気な6歳の幼女をバラバラに惨殺したクソッタレを何が何でも許してはいけない)!

東仙坊、胃がギュルギュルいって胸が締めつけられるようで、危ない。
もちろん、慢性的な持病のせいではない。
昨日、行方不明のままだという小1の6歳女児であるPSGG(Putting Sanshade Gnu Girl:日傘を差したヌー少女)ことが、どうしても気になって、再プロファイリングをしたばかり…。
そ、そ、それなのに、その日の夕方に無残な状態で発見されるなんて…。
それも、あんな女児を極悪非道にもバラバラにして殺害するなんて…。
何が地方再生だ! 何が経済成長だ! その前に心の芯がメルトダウンし始めてしまっている日本人の美しい心を取り戻させるべきだろうが…とワナワナ…。
弱きをくじくような社会に一体全体どんな未来があるのか?
いやいや、6歳で人生の奈落の底をムリヤリ見せられるようなことになってしまう世の中のどこに希望があるのか?
そもそも、少子化問題をことあるごとに取り上げるのは、取らぬ狸の皮算用で赤字国債を創り続けている政治屋どもの詐術でしないのでは?
それを人間として成長もできない、それこそ、親の資格など全くない大バカどもに子どもを産むことを奨励してしまったために、それも子ども手当で稼げるかのような錯覚まで与えて、おかげで生まれてしまってことを最初から後悔させられるような子どもたちがウジャウジャいるようになってしまったのでは?
その意味で、この日本がこの21世紀に西アフリカの国々と同じような世界になってきてしまっているのでは?
無論、東仙坊、この世がパラダイスであるべきだとか、ユートピアであるべきだとか、寝言を言っているワケではない。
これだけ身勝手な「Filicide(フィラサイド:子殺し)」や「Child abuse(チャイルドアビューズ:児童虐待)」や「Child neglect(チャイルドネグレクト)」が増えているのは、なぜ?と糾弾しているだけ。
えっ、このPSGGを殺害したのは、親なのか?って?
どうせ誰も言わないだろうから、言わざるを得ない。
結果的にどうなるかは知らないが、PSGGの実母、実父、実祖母、継父は、直接的でなくても、間接的に共犯だということだけは間違いなく言えると思うが、どうだろう?

■神戸長田区小1女児行方不明事件

●現時点で知り得る限りの幼児遺体発見の概要

9月23日午後4時10分ごろ、神戸市長田区長田天神町の雑木林で、複数(5袋?)のゴミ用ポリ袋に小分けされ、厳重に梱包されたPSGGのバラバラ遺体があるのを捜索中の兵庫県警捜査員が発見。
遺体発見場所は、神戸電鉄有馬線長田駅から西約300mの住宅街の一角で、PSGGの自宅から東約100m、通っていた小学校から北西約150mで、自宅と小学校のちょうど中間付近。
発見のキッカケは、腐敗臭。
そして、そのゴミ用ポリ袋の中には、子どもの頭部や手など遺体の一部が見えるのもあったというから、どこまでも残忍。
また、そのゴミ用ポリ袋から、PSGGのワンピースやサンダルや下着(?)もあったというから、絶望的。
さらに、遺体発見場所は、大きなマンションの裏手にあり、神戸大震災で崩壊した住宅跡が更地になったままの草ぼうぼうの雑木林で、 人通りの多い大通りからも見えず、車でも入ることができず、地元の人でもあまり近づかず、昼間でも薄暗く夜間は真っ暗だとか。
その草むらの細い道を40~50m入ったところで発見されたとか。
ちなみに、兵庫県警によると、その遺体発見場所は何度も警察官が捜索した重点的な捜索地帯(???)だっただけでなく、行方不明公開後、たくさんの警察官がいたとも。
それゆえ、行方不明となってから13日目に発見されたということは、実に奇妙だとか。
どうあれ、PSGGが最後に目撃されていた大丸山公園付近から約120m南の兵庫県立夢野台高校付近から、800mも自宅に近い場所というから、摩訶不思議。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の決定的不可解な点

①兵庫県警は、161の防犯ビデオや行方不明当日に周辺を走行したバスやタクシーのドライブレコーダーもチェックしたはずなの有力な映像を発見できなかったこと。
この手の公開捜査ではメズラシク子どもたちの目撃情報がかなりあるのに、大人からの情報が極めて少ないこと。
その結果、あれだけPSGGがどこか目立つ行動をしているのに、13日間で情報が283件しかなかったこと。
実は、東仙坊、ハナからこのことに疑問を感じていた。
それはそうである。
神戸市長田区と言えば、あの日本の犯罪史に残る酒鬼薔薇聖斗による神戸連続児童殺傷事件の起きた兵庫県神戸市須磨区の隣の区なのである。
いくら世知辛い時代になってしまったからと言って、PSGGのような女児があの雰囲気で歩いていたら、かなり気になるはず。
しかも、関西では、卑怯で卑劣なペドフェリアによる蛮行が続発しているのでは?
それが、バタンとドアが閉められてしまったかのように人の目から遮断されてしまったというのは、かなり早い段階でPSGGは意に反しどこかに拉致監禁されてしまったということなのでは?
それも、かなり強硬な手段で騒ぐこともできずに…。
もしくは、PSGGにとって有無を言えない相手(?)に見つかったと考えるのが自然では?
どうあれ、PSGGの母親は午後3時過ぎには、PSGGが同級生の家に行かず1人で徘徊していることを知ったはず。
それで、徒歩でだろうが、自転車でだろうが、車でだろうが、即座に探しに出れば、2時間半もあればPSGGを発見できたのでは?
少なくとも、同級生の母親、祖母(?)、継父(?)と手分して探せば、もっと容易だったのでは?
そこで、どうしても気になるのは、PSGGの母親は午後7時にはもう捜索願を出していること。
それはそうだと思わないか?
PSGGには普段から徘徊する癖があり(?)、前日だってかなり遅い時間に帰ってきていたのでは?
そして、同級生の親や警察の世話になっていたのでは?
つまり、母親としては大恥をかいていたのでは?
当然、それでPSGGを相当叱責していたのでは?
ところで、前夜は、母親はどこで何をしていたのか?
また、そのことに対し、継父はどんな対応をしていたのか?
それより何より、公開捜査を急ぐことで娘の命に危険が迫るかも?と考えなかったのか?
もしかして、そう考える必要がなかったのでは?

②東仙坊、この薄幸極まりないPSGG、定番のペドフィリアに殺害されたのではない、と直感している。
その人懐っこさは相手に殺意を抱かせないだけでなく、そのターゲットにさえできないものだと確信するからに他ならない。
なぜなら、PSGGなら、喜んでいかなる第三者にも親しみを持っただろうし、何でも言われるままに従ったと思えるからである。
それどころか、衝動殺人でもないとさえ感じている。
なぜなら、そのクソッタレのホシは、殺してしまった後の対応さえも考えていたと思えるからである。
その意味で、PSGGをターゲットにした計画殺人ではないかとさえ疑っている。
というのも、このクソッタレは、腐敗が進めば、死亡原因も、死亡推定時間もわからなくなることを熟知したとしか思えないからである。
もちろん、バラバラにすることが一番の証拠隠滅であることも熟知していたはず。
だからこそ、確かに動きにくい面があったせいもあるだろうが、近くに無造作に遺棄できたのだと確信している。
実際、性別も判明できず、DNA鑑定さえままならないのでは?
もっとも、その遺棄の直接的な動機は、その腐敗臭の酷さだとも思っているが…。
どうあれ、このクソッタレ、いまだ未解決のプロファイリング-30 札幌市25歳結婚間近養護施設女性職員殺人・死体遺棄事件からヒントを得ているかも。
ところで、PSGGが自分の分身かのように大切にしていた日傘について、興味深い話が出てきた。
自分が住むマンションの前の植え込みに残されていた PSGGの日傘。
それを見つけたその同級生の2人は、行きつけの駄菓子店の女性にそれを預けていたというのである。
その駄菓子屋の女性の証言。
 「『おばちゃん預かって』って言うから、日傘を預かった2人から。待ち合わせをして遊ぼうとしたらPSGGがこなくて、傘だけが宙ぶらりんになっていたらしい」。

凄くオカシイ話では?
なぜ、2人はPSGGの自宅に日傘を持って行かなかったのか?
このあたりに何か大きな理由があると思わないか?

③えっ、そのクソッタレって一体どんなヤツ?誰なんだ?って?
あんなPSGGを平然とバラバラに切断できる本物のサイコパス。
かといって、細かくはなぜかできなかった面倒くさがり屋のヒト。
それでいて、バラバラにゴミと一緒に棄てたりできない状況にあったヒト。
丁寧に梱包しながら手がはみ出てしまっていることに気づかなかったヒト。
PSGGのとりとめのない天衣無縫さをイライラの原因にしか感じなかったオタンコナス。
PSGGのためにこれ以上自分の人生をメチャクチャにされたくないと思っていたジコチュウ。
それって、かなり限られてくるって?
昨今、大流行の典型的なパターンか?って?
それは、兵庫県警にお任せするしかないのでは?
東仙坊、どうしても気になるのは、小学校の校長のコメント。
何でも、PSGGの通っていた小学校では9月27日に運動会が予定されていて、9月17日、PSGGの母親を訪ね、了解を求めたのだとか。
凄い校長だと思うが、それはここではグッとガマン。
それに対し、PSGGの母親、「PSGGも一緒に参加できたらいいと思います」と応えたのだとか。正直、その答え方に、唖然…。
どちらにしても、PSGGの母親はどうやって生計を立てていたのか?
その継父は、いくつで何をやっているのか?
その祖母は、何をやっているのか?
どうあれ、人の温もりを求め病気のように日傘を差して漂泊していたたった6歳の女児はこのうえなく惨くバラバラに殺害され、もう日傘を差すこともできないことだけは真実。
ただし、クマのリュックサックがないとか、腰回りの部分がないというから、変態コレクターの蛮行であることもまだ否定できないが、とにかく、PSGGの家族に何らかの責任があることも事実だと思うが…。

It may be said that in a sense the family of the damage girl must be coauteurs(被害女児の家族は、ある意味で共同正犯)!








緊急プロファイリング  神戸長田区小1女児行方不明事件-追補1

Where in country where a girl is worrying about the life at only 6 years old, is there the hope to the future(たった6歳で人生について思い悩む女児がいる国のどこに、未来への希望があるのか)?

東仙坊、9月16日、メチャクチャ心配しながら、緊急プロファイリング  神戸長田区小1女児行方不明事件を書き込んで、1週間。
いまだに発見できず、その心配はますます募るばかり…。
そして、この間、ある意味で気にある新情報が、いくつか。
そこで、もう一度、それらを整理しながら、再プロファイリング。

■神戸長田区小1女児行方不明事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件に関する新たに判明した不可解な点

①PSGGの最終目撃情報が、9月11日午後5時半ごろ、自宅から南東約600mの大丸山公園付近だったのが、さらにそこから約120m南の兵庫県立夢野台高校付近で、そこの高校生に目撃されていたということ。
ところが、そのエリアは、PSGGが通っていた名倉小学校とは別の校区にあたり、小学校では行ってはいけないと指導していたというのである。
ともあれ、その高校周辺の防犯カメラ映像にまで拡大し、また、行方不明当日に周辺を走行したバスやタクシーのドライブレコーダーもチェックしているが、まだ映像に見つからないというから、ミステリー。
それはそうだと思わないか?
PSGG、3時間はかなり広範囲に歩き回っているのにである。
凄く変だと思わないか?
ちなみに、9月18日までに兵庫県警長田署に寄せられた目撃情報は計205件
それでも、有力な手掛かりはナシと言うから、ますますミステリー。

PSGGの自宅や通っていた名倉小学校があるエリアは、長田区役所から北へ約2kmの六甲山系に連なる山すそに住宅が立ち並び、急な坂道がかなり多いのだとか。
それでも、1995年阪神大震災で信じ難いほどの大打撃を受けた長田区南部と比べ、比較的被害が少なく、古い家屋も残存。
しかし、13万人だった人口は9万人に減少

空き家率18%で、5軒に1軒は人が住んでいないというから、不気味。
つまり、神戸市長田区だけで約5千軒近く空き家がある計算。
それも周囲から隔絶されたような廃屋が多いというから、ますます不気味。
実際、兵庫県警長田署も、空き家、空き部屋を重点捜査している模様(?)。
また、PSGGが歩きにくそうなヒールの高いサンダルを履いていたことが判明。
サイズ18㎝、紺地に白の水玉模様でリボン付、底は茶色
それで気になることが1つ。
間違いなくPSGGは祖母宅でサンダルに履き替えたはず。
坂道だらけのはずなのに、なぜに歩きにくいサンダルに履き替えたのか?
つまり、PSGGはハナから小学校周辺のよく知った半径300~400mの範囲を約3時間も漂泊するつもりなどなかったはず。
どう考えても、同級生のところへ行くためのオシャレだったのかも?
ちなみに、今までのところで防犯カメラで確認された地点と時間をチェック。
1)9月11日午後2時45分ごろ、名倉小の校門前の防犯カメラ、PSGGが小走りで下校する姿。
2)9月11日午後3時15分ごろ、コンビニエンスストアの防犯カメラ、日傘を差して1人で歩くPSGGの姿。
3)その直後(?)、コンビニ近くにあるマンションのエントランスの防犯カメラ
4)その直後(?)、そばの公園に設置された防犯カメラ

③東仙坊、新たに判明したことを加えて、行方不明当日のPSGGの動きをフォーカス。
1)初めてPSGGの母親から小学校に「娘を学校に迎えに行きたい」と連絡が入り、PSGGを探すも母親と行き違いに(?)、9月11日午後2時45分ごろ、PSGGは1人で下校。
名倉小学校と約300m西のPSGGの祖母宅までは下り上りと連続する坂道を歩いて7~8分(?)。
また、そこからPSGGの小学校の西約200mにある自宅まではすぐ近くとか。
その際、PSGGの同級生は「自転車でPSGGのお祖母ちゃんの家まで迎えに行く」とPSGGに言ったつもりだったのに、PSGGがそれをよく聞いていなかったみたいで、同級生と入れ違いになったのだとか(?)
2)9月11日午後3時ごろ、PSGGの母親が、祖母宅に置いてあったPSGGのランドセルを確認(?)
ここで、東仙坊、前回疑問に挙げていた1つがクリアになった。
それはそうである。
そこに、同級生が、もしくは同級生の母親がPSGGを自転車で迎えにきたのでは?
しかし、すでにPSGGは祖母宅にいない。
では、約束していた同級生か、その母親が家に電話連絡するか、戻ってPSGGがそこにないことをすぐ確認できたはず。
そこで、PSGGの母親がすぐに探し回ったなら、それから2時間半は歩き回っていたはずのPSGGを見つけられたのでは?
さらに、その同級生の母親たちも協力していたはずだから、それはそんなに困難なことではなかったのでは?
ところで、PSGGの祖母は、その日家にいなかったようだが、PSGGはどうやって家に入ったのか?
6歳なのに祖母の家の鍵まで持たされていたということなのか?
もしくは、鍵を置いておく場所が決まっていたのか?
3)PSGGは、祖母宅から約400m南の約束をしていた同級生が住むマンションに1人で向かった。
その道は、バス通りでかなり交通量の多いとか。
事実、9月11日午後3時15分ごろ、「ローソン長田片山町五丁目店」の防犯カメラに1人で日傘を差して歩いているPSGGの姿。
このコンビニの隣には、8月下旬までPSGG一家が住んでいたマンションがあり、PSGGの持っていた日傘はそのマンションの植え込みに置かれていたとか。
また、当然、そのマンションにはPSGGの知り合いも大勢いて、その日も(前に?)、そこのマンション住人男性を尋ねていたとか(?)
その男性の証言。
「見かけたよ。きたから、家に…。お小遣いが欲しそうな感じだった(?)から、20円を渡してあげた(?)」 。
4)コンビニから約束をしていた同級生のマンションまでは、歩いて3分。
PSGGが着くと、なぜかマンションの管理人男性(?)が、「同級生チャンはお腹が痛いから無理やと思うよ」とマンションに入れなかった
そこで、PSGGはその同級生のマンションの砂場などで1人で30分ほど遊んでいたとか。
そして、マンション脇の人通りの少ない坂道を上って行ったとか。
一方、同級生の方は同級生の方で、「PSGGがこない」ともう1人の友人と連れ立って、PSGGの祖母宅に迎えに行ったとか。
5)約1時間後に名倉幼稚園前。
6)その30分後、名倉交番。
交番が面する交差点にはパン店があり、9月上旬、迷子になっていたPSGGを店内に保護したことがあったとか。
7)9月11日午後5時半ごろ、自宅から南東約600mの大丸山公園付近。
そこは、祖母宅とは真逆だが、昨年まで通っていた保育所があり、よく散歩に訪れていたとか。
ただし、坂の傾斜はきつく、住宅の塀の高い所も多いとか。
そして、直後に、約120m南の兵庫県立夢野台高校付近。

④東仙坊、その信憑性に自信はないが、どうしても着目せざるを得ない新情報…。
1)PSGGの母親は、デキ再婚 したばかりで、そのために一家は住んでいたマンションを出たばかりだったということ。
つまり、父親は継父で、乳飲み子の義理の弟がいるということ。
また、その引っ越し先が手狭で、PSGGは祖母の家に身を寄せていた(?)ということ。
だから、当日も、祖母宅から通学していたということ。
2)9月7日、PSGGは外出先で母親とはぐれて迷子になり、大騒動を起こしていたということ(?)。
3)9月10日、つまり、行方不明になる前夜、PSGGは午後6時半に家に帰って、母親(祖母?) から怒られていたということ(?)。
というのも、PSGGの門限は、午後6時だったからだというのである。
ちょっと待って! と思うのは、東仙坊だけではあるまい。
小1で6歳の幼女なのでは、何でそんな遅い時間まで許せるの?
凄く変だと思わないか?
どこの家庭だって夕飯の支度があるのでは、仮にそんな時間まで子どもと遊ばれたら迷惑なのでは?
これには、別の話もある。
午後8時になってもPSGGが帰らないので、仕方なくそこの母親がPSGGを家に送っていくと誰もいないので、仕方なく警察に引き渡したというのだが(?)…。
それで気になるのが、近所の人たちの証言。
「 PSGGが夜独りで歩き回っていた(?)」。
実際、PSGGの引率担当6年生女児 は 「誰にでも付いていくクセがあった。過去に注意をしたこともあるけど『うん』としか言わなかった」 と言い、その母親も、 「母親が自宅にいなくて鍵がかかっていて家に入れずにビショ濡れで商店街の店に保護されたこともある」と証言。

どうだろう?
PSGGのどこかアンハッピーなムードの表情と日傘にメチャクチャ違和感があったが、6歳でかなりの重荷を背負っている歩いている少女がいるなんて、メチャクチャ切なくならないか?
東仙坊、 ああ日本砂漠-69 無邪気な少女たちの微笑のない世界へ!?を書き込んだばかりだったから、「The smiles of Innocent Little girls(スマイルズ・オブ・イノセント・リトルガールズ:無邪気で屈託のない少女たちの微笑)」のない世界には、ただただ秋を感じ哀しくなってしまうのだが…。
どちらにしても、今、どこかで誰かにPSGGが拉致監禁されているとしても、無事なら、その方がPSGGにとって好ましいのかもしれないと感じてしまわないか?
それが、PSGGの実の父親だったらベストだけど…。
あるいは、子どもをただただ欲しがっていた夫婦や独身女性なら、ホッとするのだけど…。
もしくは、すでになんとなくそう感じてもいたが、覚悟の家出だったら、それはそれで手助けしてやりたいほどなのだが…。

An innocent smile should disappear from the face of a child having unspeakable stress all too soon(言いようのないストレスを抱えている子どもの顔からは、いつのまにか無邪気な笑顔が消えてしまうもの)!

真実イチロー デレク・ジーター、イチロー、宗リンのトライアングル・アンサンブル!?

If a manager of Yankees is not Joe Girardi, must be impressive more and yet more, should have been played a game(ヤンキースの監督がジョー・ジラルディでなかったら、もっともっと感動的な試合になったはず)!

1戦も負けられない状況で、1死2、3塁で、サードへの凡フライ、2死1、3塁で三振の復帰以来18-1のバッターを3番に起用し続ける、ジョー・ジラルディ。
おかげで、我がイチロー、またしてもヒーローになり損ね、ムッ…。
それが、ようやく6番に下がり、無死満塁、3-0から何とかライトフライで20打席振りの復帰初打点。
その後、8-0。
えっ、そいつは誰?だって?
そう、そいつは下腹部が痛いとか言って試合を休んでいて戻ってから、全試合に先発し、28-1。
言わずと知れた、ジョー・ジラルディの秘蔵っ子、ブレット・ガードナー。
何しろ、どうしてスランプなの?とのロッカールームでの質問に、「リーダーとして休んでいるワケにはいかない」とうそぶいているとか。
そして、唯一の当たり屋、マーチン・プラードが虫垂炎でシーズンを終えると、続くポイントゲッター、ジャコビー・エルズベリーも得意のハムストリング痛(?)でリタイア。
本当にジョー・ジラルディの好きな選手は、カルロス・ベルトランとかマーク・テシェイラとか魂のないオトコばかり。
そ、そ、そうしたら、何が何でもイチローをトップで使いたくないジョー・ジラルディ、1番になんとブレット・ガードナー。
せっかくイチローが打って繋いで、リードしたのに、2死1、2塁で凡打。
そうしたら、ジョー・ジラルディだけが好きなクリス・カッパーノを引っ張り逆転負け。
最終回、3点差に追い上げたのに、1死1、2塁で2割も打っていないブランドン・ライアンに代打を出さない無策ぶり。
本当にどこまで無能なのかジョー・ジラルディ。
この負けでプレーオフ進出が不可能になったのに、田中将大を投げさすというのだから、ほとんどキチガイ。
そもそも、5試合で3試合もサヨナラ負けするのは、監督の責任。
何が「とてもフラストレーションがたまる。だが、明日またやり返すだ」、トウヘンボク。
さて、そんな中でも、我がイチロー、MLBで14シーズン目での1300得点を記録。
いくら出塁しても返してくれないヤンキース打線で、323の出塁率があるのに、ようやく39点目で達成。
MLB現役最高得点がAロッドの1919得点から1920得点のデレク・ジーターに変わったばかりだが、はるか彼方であることに変わりなし…。
しかも、MLB歴代最高がリッキー・ヘンダーソンの2295得点というから、ビックリ仰天。
もっとも、最初からMLBにいれば、とっくに抜いていたかも。
それより、今、アメリカンリーグで首位打者を取りそうなヒューストンのホセ・アルトゥーベのおかげで、イチローにスポットライトが当てられていて、ちょっぴり満足。
MLBで最も背の低い(163㎝?)ベネズエラ出身の24歳、今シーズンのMLB最速での200本安打を達成。
その出場146試合での200本到達は、2009年のイチローの出場144試合目に次ぐハイペースと話題騒然。
しかも、このまま最多安打キング、首位打者、盗塁王の3冠に輝けば、2001年のイチロー以来というのだから、驚異的。
では、2001年から2010年まで年平均約224安打を放ったイチローのように、後10年連続で年間224安打ずつ打てるか?が注目の的とか。
東仙坊、そういう話題が出ることだけでも、メチャクチャ満足。
とにもかくにも、今の至福の瞬間は、ヤンキースが勝ったときにデレク・ジーターと交わす本物の男同士の笑顔の交換。
とりわけ、サヨナラ勝ちしたときに、その輪の一番後ろで肩を叩き合うシーンにジーン。
そして、そのためだけのために、我がイチローがヤンキースで忍の一字と思うと、凄く切ない気分…。
そんな中で、イチローの愛弟子に胸キュンのシーンを見つけ、メチャクチャ感激。
初めは、二塁に行ったデレク・ジーターが、敵の選手である宗リンの頭をチームメイトにやるようにポンと叩いたこと…。
それが続いて無性にウレシクなっていると、次は一塁のカバーに入った宗リンのお尻をポンと叩いたこと…。
まるで、イチローの愛弟子はオレの愛弟子と言っているかのようで、こっちの方が大喜び…。
実際、宗リン自身、「偉大なデレク・ジーター選手と一緒にプレーできて、こんな幸せなことはないです。ボクは凄くラッキーな男だなと、そう思います」とコメントしたほど。
そう言えば、そのデレク・ジーターが34打席振りとなる通算3450本目のヒットを打った直後、「ホッとというか、その瞬間よかったなあと思う。そういうことも含めて想像していたことでしょうから。デレク・ジーターはどの打席でも打てないことを背負う。だんだん重くなっていくから、早く解放してもらいたいと思うんだけどね。だから緊張して見る。人の打席なんだけど…」とイチローは言っていたとか。
どちらにしても、ヤンキース-デレク・ジーター=0、というより、-∞。
イチローにヤンキースなんて1日も早く離れてほしいと祈るばかり…。
それにしても、ニューヨークファンはいつまで頭の腐ったジョー・ジラルディにガマンし続けるのか?
それで、どうしても理解できないことが1つ。
どうしてジョー・ジラルディは今シーズン中に、田中将大を投げさせようとするのか?
本当に壊れて手術にさせたいのか?
凄く不思議だと思わないか?
もしかしたら、田中将大さえ故障しなければプレーオフ進出ができたのに…という言い訳に使うつもりなのか?
そんなことを考えながら、本気で観戦しなきゃモード。
しかし、その先発オーダーで、もう諦め加減。
1番CFブレット・ガードナー、258
2番DHデレク・ジーター、254
3番Cブライアン・マッキャン、232
4番LFクリス・ヤング、218
5番3Bチェイス・ヘッドリー、238
6番1Bフランシスコ・セルベリ、289
7番2Bステファン・ドリュー、166
8番RFイチロー、283
9番SSブランドン・ライアン、190
どうだろう?
イチローを1割打者の挟み撃ち、これでモチベーションをどうやって上げるの?
さて、田中将大の75日振りの登板。
恐る恐る投げたせいで、いきなりヒットを打たれ、続く打者のセカンドゴロでダブルプレーと思いきや、セカンドの守備位置にセカンドがいなくて、無死1、3塁。
次打者のダブルプレーの間に1点を与えるも、イチローのなかよしブライアン・マッキャンが同点ホームラン。
2回、イチローの愛弟子宗リンに2塁打をライト線に打たれるも無失点。
その裏、1死1塁でステファン・ドリューはセンターへの凡フライ。
そして、2死1塁で、我がイチローが宗リンと全く同じような2塁打。
つまり、ステファン・ドリューがランナーを進塁させていれば、得点が入ったはず。
2死2、3塁で、ブランドン・ライアンが三振で無得点。
そう、当然の結果。
どうあれ、3回から田中将大は復活の気配。
4回の裏、解説者とアナウンサーが、ずっとイチローの話。
次の3000本安打は間違いなくイチローだろ?
同感。
2シーズンあればね。
何言ってるんだよ。毎日プレーすれば1年だよ。
そうだよな。
何でジョー・ジラルディは一番左投手を打っているイチローを左投手のときに使わないんだろ?
……無言。
そして、ステファン・ドリューの打席での話。
何で、こんなに打てないのにシフトを敷いているんだろう?
パワーがないのに流そうとしないからだよ。
それじゃ、この成績も当たり前だよな。
そして、三振。
2死無走者で、イチローの第2打席。
ファビラスなスラッシュ・スプラッシュヒット。
こんなキレイなレフト前ヒットを打てるのはイチローだけだよな。
何でステファン・ドリューはマネしようとしないんだろ?
そして、二盗成功。
凄いよな。ピッチャーが変化球を投げるときに走ってるぜ。
40歳、40歳だよ。
今まで6つのアウトが連続三振だったのにだぜ。
そして、ブランドン・ライアンがレフトフライで無得点。
5回の裏、全くいいところのなかったブレット・ガードナー、ヤンキース15000本目のホームランで1点リード。
デレク・ジーターがヒットで続き、1死3塁になったのに追加点ナシ。
6回の表、いい投球をしているけど肘のことを考えたらもう替えた方がいいのにって2人が言ってるのに、続投。
ヒットを久しぶりに打たれ、無死1塁。
続く打者のセカンドゴロでダブルプレーと思いきや、ステファン・ドリューがタコって1死1塁。
続く打者のセカンドゴロで今度こそダブルプレーと思いきや、セカンドの守備位置にセカンドがいなくて、1死1、2塁。
そこで、田中将大は交代。
リリバーがなんとかメズラシク抑えてくれて、無得点。
田中将大には2-1で勝利投手の権利が残ったのだが…。
イチローの第3打席、無死1塁なのにステファン・ドリューに送らせようともせずに打たせてライトフライ。
白けたイチロー、田中将大のために久しぶりにホームラン狙い。
そのせいで、空振りの三振。
それはそうである。
ブランドン・ライアンもライトフライでジ・エンド。
まさに、監督のいないチームそのもの。
7回裏、な、な、なんとブレット・ガードナー、デレク・ジーターの連続二塁打で追加点。
さらに、ブライアン・マッキャンの2本目のホームランで、5-2。
イチローの第4打席、強烈な一塁真正面のゴロ。
ともかく、4-2。
それで、ふと気がついた。
今日のヤンキース、ブレット・ガードナー、デレク・ジーター、ブライアン・マッキャン、イチローの2本ずつのヒットで勝利。
田中将大、70球、被安打5、三振3、四死球1、失点1での驚異の13勝目。
デレク・ジーターの選手生活最後のヤンキーススタジアムでのデーゲームはメデタク、ハッピー・エンド。
ヤンキーススタジアムは、笑顔の大輪…。

I feel the world that a smile of Derek Jeter and Ichiro and Munenori Kawasaki and bra Ian McCann brings on must be the best(デレク・ジーターとイチローと宗リンとブライアン・マッキャンの笑顔が醸し出す世界は、最高)!

彷徨う大和魂-33  「芸」と「鯨」、「贅肉」と「鯨肉」!?-5

I can't help telling you that a Japanese pro-sports to flatter Korea has Korea origin people too much.(サプアにおもねるスポーツ系の日本人には、サプアルーツヒトたちがやたらといる)!

日本の薄っぺらな知性を代表するみっともないマスメディア、今、「IWCで情けなく日本が国際的孤立化への道へまっしぐら」のような報道だらけ。
どうか能力が本当にあるのなら、我々一般普通人よりも間違いなく優秀なら、クジラ村について本気でリサーチしてほしいと思わないか?
そ、そ、それなのに、全マスメディアもまた例外なく保育園児であるかのように、すぐにサプアでのアジア大会(?)一辺倒。
それも、いつもの浅薄な金メダルだどうこうの話ばかり。
本当に情けないだけ。
せめて、「メインスタジアムから約20km離れた仁川市郊外の新築選手村なのに、そのホスピタリティとインフラは劣悪。
これで本当に大会後に分譲マンションとして売り出す予定なのか? まるでオカラ工事じゃないか? それで、何が22棟2220戸最大1万5千人だ?」とぐらい大々的になぜ報じられないのか?
まさか、日本中のマスメディアがサプア新聞である旭日新聞をマネているということ?
それにしても、気温25℃以上なのにエアコンなしの扇風機。
ユニットバスの排水不可能。
エレベーター故障で22階まで選手たちは階段で上がり降り。
そのうえ、窓に網戸がなく、蚊がブンブン。
選手たちは蚊の音に悩まされたうえ、ボコボコに刺され、寝不足だとか。
万一、ネッタイシマカやヒトスジシマカがいたらとゾッとしないか?
U-21日本代表の手倉森誠監督が、仁川近郊の安山市内での練習後、「選手村に入って色々落ち着かない部分もあるが、いろいろ整っていないのが常識だと考えればいい。割り切ってやっていこうと話した。うまく時間を使いながら、集中してやる。明日を迎えるのが楽しみ…」とシニカルに応えてしまったほど。
えっ、いつものアウェーの洗礼? サプアならでは反日待遇なんじゃないか?って?
まさかそこまで露骨にやる?
サプア開催だから、もしかしたら今のサプアならやるかも?
そ、そ、それなのに、田嶋幸三副団長なるサプアの回し者、「あまりにも快適すぎて、ここで暮らせたら幸せだと思う」とわざとらしく絶賛。
1986年ソウル大会、2002年釜山大会、今回の仁川大会とサプア開催の3度のアジア大会に参加した青木剛選手団長も、「徐々に選手村の中も快適になってきている。市内も街路樹が並んでキレイだ」とのたまうテイタラク。
それだけじゃない。
9月19日、仁川市の富平女子高校で練習していたホッケーの日本男子選手たちが、見学していた女子高校生約20人に記念品としてバッジを渡したところ、いっせいに非難ゴウゴウ。
思わず浮世絵バッジか、AVバッジか、「部屋にきて」バッジかと思いきや、日本ホッケー協会が1946年から採用している2本のスティックの下に太陽を描いたデザインのシンボルマークだとか?
それをもはや定番の旭日旗批判。
それも、いつもずっと国際試合で対戦相手に手渡してきたバッジで、サプアのホッケー選手たちが何度も受け取ってきたものなのだとか。
しかも、ホッケー男女代表のヘッドコーチはいずれもサプア人なのにだとか。
東仙坊、それで受けたのは、今や落日のシンボルである旭日新聞が「日本ホッケー協会バッジ、旭日旗を連想? サプアで問題視」と平気で取り上げたということの方だが…。
そのホッケー協会のバッジに対するサプアのnetユーザーの反応。
「こんな非常識な行動を絶対に許すな」
「日本人は入国禁止だ」
「わざわざ応援にきてくれた学生にすることか? 呆れて言葉も出ない」
「サプアでよくそんなことができたな。絶対にうやむやにせず、参加資格を剥奪しろ」
「何の処罰も与えなければ、大会中にまた同じようなことが起きてしまう」
「最低なやつら。仕返しをしないと気がすまない。日本とサプアの戦争はまだ終わっていない(?)」
「明日、親日派の学生たちが喜んで見学に行くだろう」
「ちょっと大げさじゃない?」
「そんなことで大会の雰囲気を壊さないでほしい。記念品としてもらっておきなよ」

どうだろう?
アサハカなポピュリズムや衆愚政治ほど恐ろしいものはないのでは?
そして、そのベースは一神教なのでは?
どうあれ、サプア人にとって、スポーツ、ミュージック、旭日旗は、反日のための三種の神器なのでは?
それにしても、我がカンパンゴ人のアスリートやコーチに、サプアテイストの顔や氏名が多いのは気にならないか?
いけない、いけない、すぐ話が逸れそう…。
本題に戻る。
とにもかくにも、我が日本に極めて胡散臭いクジラ村の存在は間違いなくある。
そもそも、ホゲー、ホゲーと声に出してみるとすぐわかるが、夜中の不気味な猫の鳴き声のように聞こえないか?
そこで、もう一度、その捕鯨再開を要求するヤカラどもの主張を検証してみよう。
①人類は他の動物や植物を食物として利用する食物連鎖の頂点に位置し続けざるを得ない。人類が生存し続けるには、その生存空間である地球環境の破壊を食い止めながら、地球上の資源を持続的に利用しなければならない。
もちろん、多種多数の生物との共存を望む。 
しかし、爆発的人口自然増加はそれを許さない 。
確かに、2050年、世界人口は107億ぐらいに達し、商業漁業が困難になり、その「食糧安全保障」が重要な問題になり、現在消費している基礎カロリーの約2倍が必要になるという予測はある。
かといって、それは海の鯨の問題だけではないのでは?
それを、「クジラは誰のものでもない無主物」から「人類の共有財産」になったのである。
それだからこそ、捕鯨が持つ食料供給という分野では歴史的役割は終わっていない。 
それどころか、ますますその必要性は増し、21世紀の地球にやさしい未来的産業としての歴史的役割を担う必然性があると言い出すから、ウソっぽくなるのでは?
②IWCの国際捕鯨取締条約に、「鯨資源を保護するとともに、科学的知見をもって資源の持続的利用をせよ」とある。
それなのに、資源量に問題ない鯨類まで捕獲を禁止することは、国際法上の違法行為である。
モラトリアムの成立がIWCを変質させ、多数を占める反捕鯨国は以後、条約を全く無視するという異常事態をIWCに強いている。
家畜から肉1kg得ようとしたら、100平方mから取れる穀物が必要のはず。
それに比べ、鯨には、50万頭位いるミナミトックリクジラのような処女資源まであるのだから、人口増加のための食料難、鯨を含めた野生動物を利用するということは人類にとって必要。
日本は条約に基づいて、100%正しい行為をしているだけ。
どこかもっとものようだが、法はどんどん変遷してゆくものなのでは?
③IWC加盟国に国連の分担金方式を導入すべき。
国連方式が導入されれば、開発途上国の分担金は10分の1ぐらいに下がり、加入しやすくなる。 
発展途上国がIWCに加盟するようになれば、日本に有利になる。
まるでUSAのような発想だと思わないか?
それを言っているヒマがあったら、国連で常任理事国にしろ!と言う方が先決なのでは?
④オーストラリアの本当の狙いは、南極大陸の海洋利権の確保である。
そのために、鯨保護の名目で広大な南氷洋の200海里を既得権益化し、海洋資源保護の権利を振りかざして有利にコトを運ぼうとしているだけだ。
その通りだと思う。
だからこそ、それを言っちゃオシマイなのでは?
どうだろう?
それが、かえって日本人らしくなく実に変だと思わないか?
どうだろう?
なりふり構わぬその主張の裏に、巨大な利権の構造が見え隠れしてこないか?
どちらにしても、経済偏重の現代社会の矛盾に、我々もそろそろ気がつくべきでは?
例えば、世界中に200ヵ国近い独立国家のある中で、GDP第1位USAと、第3位日本の2ヵ国だけで、全世界の資源エネルギーの約50%を使ってしまっているのに、USAの5倍、日本の10倍という人口を持つ中国が、USAや日本と同じような経済レベルの豊かさになれるの?
それには、実用化されている全世界の資源エネルギーの150%分のエネルギー供給が必要になるのでは?
逆も同じ。
市場原理主義の現在の世界では、世界の経済成長が絶えず5%必要と喧伝しているが、もし本当にそうなったら、地球はあと4~5個が必要になるのでは?
どう考えても、オカシな話なのでは?
そこで、メチャクチャ気になる話が出てきた。
9月18日、会計検査院が、業者に出資している9独立行政法人(国の会計からの支出が主な財源)を対象に、2003~2012年度の全98法人と出資先の関連会社計285社の運営状況などを調査。
その結果、8独立行政法人の出資した92業者のうち89業者が清算や解散に追い込まれ、昨年3月までに清算に伴う分配金や株の売却代金などは約70億円にとどまり、出資金計約535億円が回収不能になっていると公表したから、何をかいわんや。
その回収不能額が最も大きかったのが、農林水産省所管の「農業・食品産業技術総合研究機構」。
1986~2005年度に出資した42業者のうち39業者が破綻し、出資金約253億円のうち約9割、約240億円。
どうだろう?
捕鯨関係にもありそうな気がすると思うのは、東仙坊だけではあるまい。
さて、この検証をしながら、実は一番不可解に思っているというか、個人的にどうしても納得いかないことが1つ。
確かに、中国人がハクビシンを、サプアが犬を、シンガポール人がコウモリを食べるのだから、食文化なのだから人からとやかく言われたくないわと我が日本人がいるかを食べている事実に、正直、ショック。
もちろん、2010年アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した映画「ザ・コーヴ」を観たからでも、キャロライン・ケネディ駐日USA大使に「USA政府は、イルカの追い込み漁に反対します。イルカが殺される追い込み漁の非人道性について深く懸念しています」とツイッターされたからでもない。
さらに言えば、子どものころから「フリッパー」、「フリー・ウィリー」、「イルカと少年」に感動し、行く先々の水族館でのイルカショーに感心し、ハワイで直接イルカと戯れ「まるで人間のように声を出す」と衝撃を受けたからでもない。
いくらイルカだって小型クジラのことと言われても、あのイルカを食べているヒトがいるなんて、ただただショック。
それゆえ、「我々は牛や豚などの命を奪って生きている。食肉処理場には目を瞑って、イルカや鯨を殺しているところだけ残虐というのは論理的ではない。食文化はみんな違う。世界的に資源がなくなるのでなければ、相手の立場を認めるのがよろしいのではないか。日本人は数少ない資源を大事にしてきたという自負がある。乱獲で資源がなくなるような捕り方はしておらず、自然の恵みに感謝する文化をずっと続けている。そういった全体をよく理解してもらいたい」とキャロライン・ケネディ駐日USA大使に反論した和歌山県の仁坂吉伸知事に聞いてみたいほど。
アナタはイルカをいつごろからどのくらい食べているの?
食べていて頬が落ちるほど美味しさを味わっているの?
食べ終わった後、あの愛くるしい表情を思い浮かべないの?
全県民投票をしてみたら?
そもそも、1969年まで和歌山県太地町ではイルカ追い込み漁を中止していたの?
率直に言って、東仙坊、それも和食文化と開き直るなら、日本の未来はないと思うのだが…。

We should impeach suspicious people belonging to the whale village strictly(我々は、クジラ村に属する胡散臭いヒトびとを厳しく糾弾すべき)!

彷徨う大和魂-33  「芸」と「鯨」、「贅肉」と「鯨肉」!?-4

To tell the truth, it is just “Moby-Dick” of Led Zeppelin that I would associate in whales immediately(正直言って、鯨ですぐ連想するのは、レッド・ツェッペリンの「白鯨」)!

東仙坊、子ども時代に、「芸者」ならぬ「鯨肉」にハマったことがあったと正直に告白している。
そして、ここ半世紀近く「鯨肉」を食していないのに、「贅肉」だらけと自嘲している。
それでも、鯨で何を連想するか?と人に聞かれたら、即座に応えるのは、「Moby-Dick(モビーデック:白鯨)」。
ただし、それは本家本物のハーマン・メルヴィルの長編小説「白鯨」ではない。
最も愛するロックンロールバンドの「モビーデック」。
ころから心酔していた今は亡きボンゾことジョー・ボーナムのドラムソロ曲。
当時、必死にドラミングを独学させてもらっていた(?)故キース・ムーン、故ミッチことミッチ・ミッチェル、ジンジャー・ベーカー、カーマイン・アピス、ビリー・コブハム、サイモン・カーク、マイケル・シュリーヴ、故コージー・パウエル、ビル・ブルーフォード、サイモン・フィリップス、カール・パーマー、カール・パーマー…。
そんな中で、1971年、武道館で生でジョー・ボーナムの「モビーデック」を見て聴いてから、別格の理想のドラマー。
それこそ、鯨以上にロックンロールしてホェールウォッチングなど目ではなかった…。
ちなみに、ハーマン・メルヴィルの「白鯨」でわかることは、「今になって臆面もなく反捕鯨国を標榜している白人どものの捕鯨目的は、自動車や飛行機の最高の潤滑油になった皮下脂肪から取る鯨油の採取し、特にマッコウクジラの腸内にある龍涎香(抹香臭い分泌液を出す塊?)を究極の精力剤とゴールドのように集めること。そのために、『オレンジのように鯨を剥き、後は海に捨てていた』」ということ。
さて、前回、USAの「食糧安全保障」というグローバル政策に触れた。
それが荒唐無稽な戯言ではないとことをもう少し捕捉しておきたい。
それを逆説的に証明している2つの真実がある。
1つは、簡単にUSAの言いなりにならない国、インドの存在。
そのヒンズー教という宗教上の理由から、もともと牛肉を食べないがゆえに、USAの食糧安保政策に絡め取られる心配がハナからないのである。
同じく、USAの食糧安保政策に全く動じないのがモスリムの国々。
こちらも、イスラム教という宗教上の理由から、もともと豚肉を食べないからである。
どうだろう?
目からウロコのところがあるのでは?
そして、今度は、他の反捕鯨国がUSAと同じであることを証明しておきたい。
第二次世界大戦戦争で、日本はUSAのほか、EUのほとんどの国と戦うことになってしまったことは、周知の事実。
その証拠に戦後、日本から賠償金を取り立てるせせら笑い浮かべた白人の行列に、UK、フランス、オランダ、ソ連、イタリア、スイスなどがあった。
それはそうである。
戦前のUKはインドやビルマ、フランスはベトナム、オランダはインドネシアを植民地にし、阿片を売り、重税を課し、左ウチワでラクに暮らしていたのに、自分たちの兵士を殺されたうえに日本に負けたせいで稼ぎ頭になるはずの植民地を奪われ、EUの小国に後戻りされてしまったのだから、恨み骨髄。
そして、せっかく戦勝国として大手を振って取り立てに並んでいるのに、実質的に日本に勝利したUSAばかりがいい思いしていて、金をとってもどこか間尺に合わない気持ちでいっぱい。
それどころか、その負けた屈辱が晴らせない。
オランダなんかしつこく2度も賠償を受け取るし、フランスは日本の首相をトランジスタ商人と愚弄し、、元日本の捕虜だったフランス人ピエール・ブールはハライセに日本人を猿に擬して、映画「猿の惑星」を創って侮辱。
ところが、日本で大ヒットしてしまって ますます逆上。
USAだって、広島に、長崎に原爆を落とし、溜飲を下げていたはずだったUSAも、沖縄返還をさせられ安全保障にただ乗りされ、そのうえ、見るに見かねて教えてやった捕鯨で大成功され地団駄踏むどころか、対日貿易赤字がでっかく膨らませられて泣きっ面。
そこで、その憂さ晴らしに考えついたのが、反捕鯨国として手を組んでの日本イジメというワケ。
それにしても、凄い世界だと思わないか?
イタリアは戦争中仲間だったはず。
それどころか、永世中立国のスイスと日本は戦ってはいないはず。
スイスの臆面のなさはそれだけじゃない。
確か、ナチの犠牲になったユダヤ人の財産を横領したはず。
もっとも、これでおわかりいただけたと思うが、このスイスに憧憬してしまったのである。
そして、得意のパクリをしているだけ。
でも、メチャクチャ不思議だと思わないか?
何で我が国はイタリヤやスイスに戦争賠償金を払ったのか?
どちたにしても、ここで、我が国のクジラ村の胡散臭い金の亡者どもが捕鯨禁止とどう戦ってきたのか?
簡潔明瞭にチェイスしておく。
①世界は、第二次世界大戦後、とにもかくにも鯨の乱獲を反省し(?)、鯨種の適切な保存を図りつつ捕鯨産業の秩序ある発展を可能にするために、1946年国際捕鯨取締条約を締結し、1948年発効した。
そして、その条約を管理運営するために、1949年IWCを設立した。
②1972年、ストックホルムでの国連人間環境会議で、USAが突然商業捕鯨10年間モラトリアム(一時停止)の決議を提案し採択。
「絶滅する鯨を救え!」、「クジラを救えずに地球は救えるか?」をスローガンに、環境保護運動のシンボルにする。
そこで、1972年のIWC年次会議でも、USAからモラトリアムの提案があったが、科学的根拠ナシとして否決。
③1972年、絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引を規制することにより、絶滅の恐れのある種を商業目的の乱獲から保護することを目的に、CITES(ワシントン条約)を締結、1975年発効、現在(?)175ヵ国が加盟。
付属書で規制の度合いに応じて3段階に分類。
IWCが管理対象とする鯨類すべてを最も厳しい1段階に分類。
ちなみに、2段階は「現在必ずしも絶滅の恐れはないが、取引を厳重に規制しなければ絶滅の恐れのある種となりうるもの」と規定。
IWCでの経緯を中心により簡素化してみる。
1974年、「新管理方式」と呼ばれる資源管理方式を採択。
1975年、北太平洋のナガスクジラとイワシクジラが捕獲禁止。
1976年、南極海のナガスクジラが捕獲禁止。
1978年、南極海のイワシクジラが捕獲禁止。
1979年、インド洋サンクチュアリと、ミンククジラ以外の母船式商業捕鯨禁止を採択。
ただし、捕鯨国のノルウェーやエスキモーは除外。
また、加盟15ヶ国の会議に、新たに24ヶ国が参加。
いずれも鯨とは無縁のケニアやセネガルなど英仏の元植民地、USAの手下ドミニカ、そして全く不可解なスイスなど。
1981年、カナダが脱退を通告(1882年に脱退)。北西太平洋以外でのマッコウクジラ捕獲禁止を採択。
1982年、1986年からの商業捕鯨モラトリアムを採択。日本、ノルウェー、ペルー、ソ連が異議申立。
1982年、UNCLOS(国連海洋法条約)に119ヵ国が調印。
「公海における捕鯨を認めており、各国は個別に自国民に対し捕鯨を禁止することはできるが、いわれなき理由をもって、他国に禁止を強要することはできない」と結論。

1983年、ペルー、異議申立を撤回。
1986年、日本、USAの圧力に屈し異議申立撤回し(?)、1987年をもって南極海での商業捕鯨一時撤退(?)。
1987年、日本、科学調査目的の捕鯨を開始(???)。

1991年、アイスランドが脱退を通告(1992年に脱退)。
1992年、生物の多様性に関する条約の作成を行うUNEP(国連環境計画)でも、UNCLOSの諸規定を再確認。 
反捕鯨国は、鯨類を持続的利用の適用から除外することを提案したが、これを明示的拒否。
つまり、国連の会議では、捕鯨反対という国際的合意が存在しないことが明確になったのだが…。
1992年、約180ヵ国が参加しリオ・デジャネイロで開かれた国連環境開発会議(国連地球サミット)で、人口爆発、食料と居住施設のための急速な開発、環境破壊、それによる地球温暖化などの悪循環を断ち切らなければ、地球そして人類の将来はないことは明白。
この地球サミットで採択された「環境と開発に関するリオ宣言」の第1原則で「人類は持続可能な開発の中心にある。人類は、自然と調和しつつ健康で生産的な生活を送る資格を有する」と明言。 
また、21世紀に向けた人類の行動計画である「アジェンダ21-持続可能な開発のための人類の行動計画」を採択。
その第15章では生物の多様性に関する条約を支援すると宣言。 
「生物の多様性の保全及び持続可能な利用が食料、保健その他増加する世界の人口の必要を満たすために決定的に重要」であると明示。そして、「生物の多様性とは陸上、海洋、その他の生息域に棲むすべての生物を意味する」と断言。
さらに、その第17章で「特に鯨類に関しては適切な国際機関を通じて、その保全、管理および調査に協力するものとする」とも宣言。
1994年、ミンククジラなど資源量が豊富に存在することが世界的に認知され、資源量にダメージを与えることなく持続的利用を可能にした資源管理方式である「RMP(改定管理方式)」と呼ばれる捕獲枠算定方法を採択、南極海サンクチュアリを採択。
本来ならこの段階で地球にやさしい捕鯨が可能ということで、モラトリアムは即刻解除されるべきだったのでは?
1995年、FAOの支援で日本政府が京都で開催した「食料安全保障のための漁業の持続的貢献に関する国際会議」には95ヵ国参加し、京都宣言および行動計画を全会一致で採択。
増大する世界の人口と現在および将来の世代のために十分な食料を確保する必要から、あらゆる水生生物資源(なぜか鯨を含むと表記できないところで負けだと思わないか?)の管理と持続的利用に向かって努力すること。
また「管理目的に合致した方式で水生生物資源の利用についての各国、各地域の社会的、経済的及び文化的相違、特に、食習慣における文化的多様性の尊重および理解の増大を求める」と合意。
これに対しUSA、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチンの4ヵ国だけが一応留保をつけたが、宣言および行動計画は彼ら4ヵ国を含む全会一致でコンセンサスを以って承認。
1996年、スコットランドのアバディーンで開かれたIWC年次会議で報告。
USA、オーストラリア、ニュージーランド、EU代表のアイルランドおよロシアはコメントを付けたが、IWC自体は京都宣言を歓迎したというが…。
1997年、アイルランドより商業捕鯨再開のための妥協案が提示。
日本はミンククジラを1段階から2段階へ降格ウンリスティングを行うよう提案し、参加国の半数近くの指示を受けたが、有効投票数の3分の2以上の賛成票が必要なため提案は否決。
北西太平洋ミンククジラに対して賛成45・反対65・棄権1、南極海ミンククジラ賛成53・反対59・無効1。
ところが、北大西洋ミンククジラに対して同様の提案をしたノルウェーには賛成57・反対51・棄権6で賛成の方が上回るという怪(???)。
つまり、モラトリアム継続の理由は、それまで商業捕鯨中に集められたデータベースに基づく管理方法に「不確実性」があるというのだから、アングリ。
科学小委員会は、その「不確実性」を取り除いた管理方式、いわゆるRMP(改定管理方式)、を1993年に完成しているにもである。
商業捕鯨再開の前提になるRMS((改訂管理制度)のなかで唯一完成が遅れているのが取締措置。 
それゆえ、その取締措置の検討の遅延策で回避されてしまったというのだから、勝てるわけもないのでは?
1999年、「FAO(国連食料農業機関)が世界中での魚介類のオーバーフィッシングを懸念し、減船を強く求めているのだから、同じように鯨類を間引いて海洋生物をバランスよく保存管理しつつ利用すべきだ」と日本が主張するも効果ナシ。
2000年、ナイロビで開かれたワシントン条約会議で、IWC科学小委員会が南極海には76万頭、北西太平洋には2万5千頭の生息を確認していること、科学的に検証し資源状況が良好であることを根拠 に再びこのミンククジラのダウンリスティングの投票を行うことを提案。 
2002年、アイスランドが復帰。
2003年、新たな下部委員会として「保存委員会」の設置。
2004年、南極海サンクチュアリの見直しナシ。
というのも、修正には4分の3の賛成票が必要だったが、約30ヵ国の参加で賛成票はたったの10。
2006年、「改訂管理制度」と呼ばれる国際監視員制度や科学特別捕獲許可等に関する協議が決裂。
2008年、対立打開のため、小作業部会が設置。
2010年、妥協案策定交渉が決裂
2012年、本会議の隔年開催が決定。
どうだろう?
この執念は一体どこからきているのか?
そして、この国益を守るための戦い方ののヘタさ加減にはウンザリしないか?
どちらにしても、ここで捕鯨から本気で一時撤退しないと、慰安婦同様の結果になってしまうのでは?

There must be existence of the suspicious bureaucrats of “the whale village” which ain't superior letting us lose national interest with structure same as a sex slave(慰安婦と同じ構造で、国益を喪失させている優れていない「クジラ村」の胡散臭い官僚どもの存在)!

To be continued...











彷徨う大和魂-33  「芸」と「鯨」、「贅肉」と「鯨肉」!?-3

I think a big right is hidden from “the whale village” which is particular about whaling(捕鯨にこだわる「クジラ村」には、大きな利権が隠されているのでは)?

実は、東仙坊、この調査捕鯨という名の詐欺的捕鯨に、慰安婦問題同様の危惧を覚えている。
誰がどう言おうと、調査捕鯨と言うなら、いくら無駄にしないことがクジラへの報恩と言っても、マーケットに流出させ売買させたら詐欺行為では?
せいぜい、調査後(?)に残った鯨肉を日本の古来の味として調理し、無償で配るだけのものなのでは?
ここにトリックがあるのでは?と疑いたくならないか?
実際、IWCは、2007年、アンカレッジで、「USAやロシアの先住民生存捕鯨とは異なり、日本の沿岸小型捕鯨には商業性が明確に認められる。マーケットで販売されている。しかも、その価格の高騰を招き、一般家庭で日常的に食べられなくなったでけでなく、グルメの贅沢品となっている」と的確に指摘されているのでは?
それに対する日本の言い訳は、「アラスカ先住民が捕獲したホッキョククジラのヒゲや骨などの工芸品が一点数十万円という値段で販売されているのに、それには商業性があるとみなさず、明らかに日本に捕鯨をさせたくないという恣意が感じられる」というピント外れ。
それはそうである。
1989年、日本の不可解なクジラ村の輩ども、IWC より沿岸捕鯨コミュニティにおける鯨肉の消費量を 定量化して示せ!という要求を受け、エスキモー捕鯨で定量化の計算に成功したUSA人の文化人類経済学者コンサルタントを雇用し、現地調査報告。
その日常的に消費するという項目で、鯨肉を好む人が90%にも上っていると回答してしまっているからである。
当然、それに対し、IWCは、「鯨肉を好む人が90%も本当にいて、日常的に消費しているのか? 凄く変だ。 それに、日常的な消費をしているなら、文化ではない。 もしも、それを文化であるとするのならば、西欧の朝食であるハムエッグなども文化となるであろうが、そんなナンセンスは認め難い」 と反発していたはず。
そこで、東仙坊、あるツテを頼りに、ヤングに質問してもらった。
「鯨肉を食べたことがある?」
「しょっちゅう食べる?」
「最近、いつ食べた?」
その回答は、「生まれてこのかた、鯨の肉なんか食べたこともない」、「周り人でクジラの肉を食べているのを見たこともない」、「ウソ。鯨を食べるヒトがいるの? 酷ーい」、「たまにスーパーなどでクジラ肉を売っていたのを見たことはあるけど…」、「居酒屋のメニューにクジラのなんとかかんとかがあるのを見かけたことがあるが、食べたことはない」、「鯨肉? 贅肉ならあるけど、何それ?」というようなものばかり。
そう、少なくと9人のヤングたちは生まれて一度も食べたことがないというのである。
どうだろう?
このあたりに真実があると思わないか?
それゆえ、関西人のニーズが高いとクジラ村の方々がのたまわっているから、思わずわいせつ行為と鯨食には相関関係があるのでは?と疑ってしまったほど。
どうあれ、こんな現状で、 「鯨を食べる野蛮人、 日本人にはもう1回罰として原爆を落すのがちょうどいい」とか、 「ユダヤ人を殺したナチと、鯨を食べる日本人とは、性格が一致している」とまであえて言われる必要が本当にあるの?
UK下院議員トニー・バンクス、「ノルウェー人や日本人が鯨のようなエキゾティックな食物を食べたいならば、彼らは共食いすればいい」 。
UKの日本研究家・ロンドン大学プライアン・モーラン教授、 「日本人は鯨に似ている。 哺乳動物であるのに海に住み、ある種の特殊な地位についている鯨と、東洋人であるが西欧文明の中に住み、ある種の特殊性を有している日本人とは、キャラクター的に一致している」。
ノルウェー文化人類学者・アルネ・カラン博士、 「陸上哺乳類には見られない特殊の形態、そして、魚類には見られない特殊の形態を持つ鯨は、あたかも日本人が西欧でもなく東洋でもなく、存在自体が中間存在なのと共通している」。
どうだろう?
いつのまにか、慰安婦と同じようなことになってしまっているのでは?
1987年、詩集 「鯨帝国」発表前夜、ロンドンのチャンネル4の「鯨を救おう? 地球を救おう?」という朝まで討論に参加した、UKのヤングのアイドル詩人ヒースコート・ウイリアムスが、「文楽などという原始的な日本人しか解らない人形劇に鯨の髭板を使用するのはけしからん。 そんなものには、プラスティックで結構」とまで発言しているのは、それがいかに的外れでも、ある意味反捕鯨国の気持ちを見事に代弁しているのでは?
実際、鯨が増えすぎてくると海での生態系が狂うと叫ぶクジラ村の面々、我が日本人の捕鯨問題への関心度と捕鯨問題に対する日本の基本的立場の重要度の調査結果を喧伝している。
「世界の鯨の資源量」42.3%、「日本の立場」36.7%、「捕鯨を行っている国名およびその捕獲頭数」31.2%、「日本が実施している鯨の科学調査の現状」29.8%、「鯨がどのくらいたくさん魚介類を餌としているかの現状」29.5%。
「鯨は他の生物同様に持続的利用の原則に基づき種を保存しながら利用されるべき」53.1%、「食習慣や食文化はそれぞれの地域のおかれた環境により長い時間をかけて歴史的に形成されたものであり、相互尊重の精神が必要」44.3%、「人口の急増による食料供給不足解決のために、海洋生態系の自然の生産力を活用すべきであり、鯨を含む世界の海洋生物資源の管理と利用を図る」28.4%、「鯨を含め野生生物は、最良の科学的事実に基づいて管理し利用されるべきであり、科学に反する感情や政治的要素を管理や利用に持ち込むことは不適切」25.3%。
どうだろう?
本当にこんなことを考えたことがあった?
ちなみに、USA、UK、フランス、オーストラリアの反捕鯨4国で実施された「捕鯨に関する世論調査」でも、一般人の過半数(?)はミンククジラ捕鯨の持続的利用を支持しているなんて聞くと、ますます困惑。
1997年、USAで、捕鯨に関する国際条約、持続的利用の考え方、絶滅の危機に瀕していない鯨を含む野生動物の持続的利用に関する意見や知識の程度、態度および文化的伝統、食用を目的とした捕鯨の態度を調査。
クジラに関して、「何も知らない73%」、「ある程度は知っている26%」、「よく知っている2%」。
特にミンククジラに関して、「何も知らない92%」。 
そこで、ミンククジラに関するいろいろな情報および条件を与えた後で質問すると、「捕鯨支持71%」、「捕鯨反対18%」、「意見ナシ/わからない10%」
その与えられた情報と条件とは、 1)ミンクジラは絶滅に瀕しておらず、IWCはミンククジラの資源数は世界中で約100万頭と見積もっていること 2)捕獲されたミンククジラは食用として使用される 3)ミンククジラの捕獲はある国や人々にとっては文化の一部 4)ミンククジラの捕獲数はIWCによって管理される、すなわち、ミンククジラ資源数に悪影響がでないような条件下における捕鯨。
翌1998年、UK、フランス、オーストラリアでほぼ同じ調査をした結果、UK61%、フランス63%、オーストラリア53%と過半数の国民がミンククジラの捕鯨を支持しているというのだが…。
かなり前の調査で、果たして今やるとどうなることやら。
どちらにしても、ホエールウォッチングに言いようのない感動を覚えている感性豊かな日本人にとっても、今、何が何でも世界と戦ってまで鯨肉を食べたいとは考えないのでは?
もちろん、戦後ののように貧すればどうなるかわからなくても…。
そこで、どうしても気になるのが、日本の漁業、とりわけ捕鯨の実状。
実は、東仙坊、必死にリサーチしても、なかなかその正確なデータが出てこない。
唯一見つけたのが、これ。
日本の漁業は衰退の一途…。
漁業総生産量は1980年代半ばに約1280万tでピークを迎えた後、下降し続けて現在は480万t前後。
従事者数も、1949年の約109万人から約20万人まで減り、4割が60歳以上で後継者問題も深刻化 。
2009年の統計によると、沿岸漁業者1世帯当たりの平均所得が251万円というから、衰退してゆくのもムリはない。
どうだろう?
これって、かなりリアルなのでは?
それなのに、今、一体日本人の誰が毎日鯨肉を食べたがっているのか?
どこか鯨肉は、日本の芸や芸者と似ているのでは?
ないよりはあればウレシイ。
かといって、日本の新聞でありながらサプアの新聞でしかない旭日新聞のように、「鯨を食わなくてもいいじゃないか。世界を敵にするより鯨を諦めよう」と 長いものに巻かれろ!と情けなく言っているワケではない。
さらに、もしかして中国やサプアから金をもらっているかもしれない(?)環境保護団体に屈しろ!と言っているワケでもない。
もちろん、捕鯨禁止が、反捕鯨国、とりわけ、宗主国USAの日本叩きの一環であることなど、百も承知。
捕鯨禁止、クロマグロ捕獲制限、それらがサバやイワシにまで拡大するかもしれないことも、十分覚悟。
そのうえで、されど捕鯨だとしても、今、ありとあらゆる意味で連帯を深めたいオーストラリアやニュージーランドとの間に亀裂を生じることが国益に準ずるのか?と思うだけ。
それを、反捕鯨国自分たち白人人種が世界を支配しているかのように振る舞うのは許せない!とか、日本イジメだと逆ギレしていることが得策なのか?と言いたいだけ。
それはそうだと思わないか?
日本は宗主国USAの属国。
彼らの巧妙かつ深慮遠謀な「食糧安全保障」というグローバル政策は占領時代に始まっていたはず。
貧しくとも知性豊かな日本人のマインドを洗脳する方法を必死に考えた。
そこで、USAにもないこの「学校給食」という制度の導入を考案。
パンとスキムミルク(脱脂粉乳)を中心としたUSA風の食生活を日本の子どもたちに供与した。
動物性蛋白質が足りないと自分たちが食べない鯨肉を奨励した。
それも、アルミやプラスチックの容器で、濃い味付けで食べさせた。
おかげで、どんどんUSAの子どもたちと同じにアレルギーやデブや糖尿病や心臓病などの生活習慣病に悩まされる子どもたちを作った。
人間は12歳までに食べたものをオフクロの味かのように一生食べ続けるようになるもの。
そのせいで、今では電気炊飯器という便利な道具があってもご飯を炊くことさえ面倒臭がり、朝食をパンやコーンフレークですましたり、食べない日本人がいっぱい。
当然、和食の作法など知らない日本人がほとんど。
どうあれ、「USAからの農産物の輸入ナシに日本人は生活できなくなる」という「食糧安全保障」の支配下に日本人を置くためのUSAの策略の1つ。
そうでなくても、国民1人当たりの耕地面積が中国の5倍もある温暖で雨の多い日本の、聡明な日本人の稲作は戦後すぐに復活したのに、たちまち供給過剰。
そのうえ、国民1人当たりの米の消費量は年々減少の一途で、慢性的な米あまりで、USAの思うツボ。
さらに、肉食を奨励し続け、USAの肉を買え買え!と執拗。
ところが、経済大国になり世界中のどこからでも自由に食糧が買えるようになった日本、これまたスマートに生産コストがより低いオーストラリア産やアルゼンチン産の牛肉を買い始めた。それどころか、金に糸目を付けず、日本国内産の黒毛和牛の高級な霜降り肉を消費し始める始末。
そこで、強引に割高のUSA産牛肉を買うようにさせることを考えた。
日本人が世界中の公海から自由に鯨を獲って鯨肉を食していると、日本の食肉の自給率は飛躍的に向上してしまう。
捕鯨禁止すれば、日本人の食肉に関して、USA産の牛肉に依存しなければならいないはず。
それだけじゃない。
捕鯨禁止で鯨の数を増やせば、魚好きの日本人が獲る魚の総数も減らすことができ、一石二鳥と考えたはず。
どうだろう?
USAの「食糧安全保障」というグローバル政策の勝利だと言えるのでは?
ついでに言えば、USAのそれは我が日本に対してだけではない。
ソ連邦崩壊、つまり、USA側勝利による冷戦終結も全く同じ。
相互の核抑止力による軍事的安全保障のアンバランスによってではなく、USAの食糧安保政策にソ連がまんまとハマってしまっただけ。
確かに、ソ連では商品流通経済は振るわなかったが、世界一広大な国土から原油も豊富に産出し、金も大量に採れたので、それらを輸出して外貨を稼ぎまくっていた。
そこで、1960年代ソ連との激しい核開発・宇宙開発競争に疲れたUSAは、1970年代に入ってその仮想敵国であるソ連に対し、食糧援助をすることによって、豊かな西側市民生活の象徴である大量の牛食肉の習慣を植えつけるという戦略に転じた。
近代的な畜産業とは、1日も早く牛を商品化するために「牛舎の中で、飼料を与えて育てる」という方法。
その牛を育てるための飼料であるトウモロコシ、大豆、小麦フスマ、コーリャンなどの穀類をUSAは大量にソ連に輸出した。
そのせいで、いつのまにかロシア人が豊かな食生活を維持していくためには、USAから穀物飼料を輸入し続けなければならないことになり、その軍門に下ってしまったのである。
それは、中国もまた同じ。
経済的大発展によって、中国人の生活が豊かにになり、国民1人当たりの牛肉の消費量が、その軍事費の伸び率以上に、年々飛躍的に拡大してしまった。
けれども、日本の10倍の人口の中国の耕地面積は、日本の耕地面積のわずか2倍。
人口1人当たりに換算すると5分の1。
国土面積は日本の24倍と広くとも、多くの農作物が穫れない
それが、「四脚のあるものは、テーブル以外はなんでも食べる」といったおよそ他の国の食文化では考えられないような習慣が根付いてしまった理由。
それが、今や中国の大都市には「麦当労(McDonald’s)」をはじめとする外食産業の看板だらけ。
急激に消費の伸びた中国国内で飼われている肉牛の飼料は、中国産穀類では足りず、USAから大量に穀物を輸入するハメになってしまった。
すなわち、すでに中国はUSAからの穀物輸入抜きでは豊かな生活の維持ができなくなってしまっているのである。

The global policy called “the food security” of USA changes smoothly for the moment(USAの「食糧安全保障」というグローバル政策は、今のところ順調に推移している)!

To be continued...

彷徨う大和魂-33  「芸」と「鯨」、「贅肉」と「鯨肉」!?-2

I wonder if Japanese who would eat whale meat that much now(今、日本人の誰がそんなに鯨肉を食べているのか)!

9月15日、IWC(国際捕鯨委員会)総会が、2年ぶりに加盟88ヵ国のうち68ヵ国が参加しスロベニアで始まった。
ICJ(国際司法裁判所)が、3月、「日本の南極海の調査捕鯨が『科学目的』の調査とはいえず、これまでの調査を認めない」と日本に南極海の調査捕鯨中止命令。
その判決を踏まえ、「日本は調査捕鯨計画を見直し、来年度から本格的に再開する」と調査捕鯨方針を9月17日に表明。
それに対し、日本をICJに訴えた反捕鯨国オーストラリアが「ICJ判決の話ができる非常に大事な総会だ。この判決を総会の指針として重視すべきだ」と発言。
また、同じ反捕鯨国ニュージーランドが「調査捕鯨を実施する際に提出している計画を毎年開かれる科学委員会だけではなく2年に1度開催される総会にも提出するよう規定を変更する」という内容の日本の調査捕鯨を先延ばしするための決議案を提出。
すると、日本は「ICJの判決は日本に対してのもので、あえてIWCの総会に提出する必要のない変更だ」とコジツケ的に反論。
そして、捕鯨を支持する20ヵ国程度を集めて会議を開き、日本の姿勢に理解を求めたとか。
それが、日本の国際的な孤立化を助長している。
なぜなら、IWCで日本を支持するそのほとんどの国が、日本の援助を受けた開発途上国だけだからである。
1987年から始まった国際条約にのっとった日本の「2つの海域で鯨の分布や生息数の状況調査」という名目での調査捕鯨。
1つは、1987年から続けている南極海での調査捕鯨。
当初はミンククジラのみ300頭の捕獲枠で調査開始したものの、2005年以降は鯨の種類も増やし、昨年度まではミンククジラが最大935頭、ナガスクジラが50頭、ザトウクジラは50頭の捕獲枠にまで拡大していたというから、???
もう1つは1、994年から新たに始まった日本近海の北西太平洋での調査捕鯨。
こちらも当初はミンククジラのみ100頭の捕獲枠だったのに、2000年から鯨の種類を増やし、昨年度までの計画ではミンククジラの捕獲枠が220頭、イワシクジラが100頭、ニタリクジラが50頭、マッコウクジラが10頭。
しかし、3月の判決を受け、南極海での調査捕鯨を中止。
ただし、判決の直接の対象となっていない北西太平洋の調査については、今年度はミンククジラの捕獲枠の上限を220頭から100頭にするなど、全体の捕獲枠をこれまでの380頭から210頭に減らして調査捕鯨を実施(?)。
どうだろう?
これって、確かに、どこか狡猾でやり過ぎではないのか?
それなのに、「日本としては、国際法や科学的な根拠に基づいた資源管理に不可欠な情報を収集するために調査を行うということが基本方針。これまでも我が国として説明努力を続けてきたが、今回のIWCI総会でもしっかり説明し、理解を得るべく努力していきたい」と資源管理を目的とした調査捕鯨の継続に理解を求めてゆくとは、なんとなく屁理屈なのでは?
ついつい、日本人らしくそこまでしてやることなのか?と感じてしまうのは、東仙坊だけではあるまい。
もちろん、卑屈に西欧の傍若無人な論理に妥協すべきなどと言う気は毛頭ない。
日本の1つの食文化であることは、間違いないからである。
しかし、これだけ世界が混迷する中で、たかが食文化のことで、今、最も味方にしておきたいオーストラリアやニュージーランドと敵対していいのか?
ここまで世界に紛れのない経済大国で先進国であることを誇示していながら、まるで鯨食文化についてだけはカナダやUSAの先住民やニュージーランドのマオリ族のように振る舞うのか?
メチャクチャ矛盾しているのでは?
実際、IWCにおいて管理されたうえでの捕鯨賛成国は、西アフリカ、アジア太平洋、カリブ中米などの開発途上国約30ヵ国などのほかに、ロシア、中国、サプア、ノルウェー、アイスランドぐらいなのでは?
その中で、鯨食をしているのは、ノルウェー、 ロシア、アイスランド、カナダやUSAの先住民族などだけなのでは?
東仙坊、それで気になるのが、中国とサプアが捕鯨を実行していないということ。
そこで、その我が日本の何が何でも調査捕鯨をするという論理に着目して、凄くガッカリ。
すでに指摘しているが、それなら調査捕鯨(?)などというマヤカシでなく、捕鯨をすると主張すべきなのでは?
どうあれ、みっともない日本の主張は、こうである。
①無規制に乱獲したり、絶滅が危惧されるような鯨種の捕獲をしているワケではない。
我々日本人がここ十数年ほど食べてきたのは、減少の見られないミンククジラ。
それも、あくまで南氷洋での調査捕獲の副産物としてである。
しかも、ミンククジラの肉の量は、商業捕鯨で捕獲されていたころのわずか100分の1以下。
総理府統計による 商業捕鯨停止モラトリアム実施以前4年間の全国各都道府県の鯨肉消費量を基本に比率を計算し、従来の消費率を現在入手し得る限りの中でパーセンテージで振り当てて算出(?)。
また、ミンククジラは、オキアミやメロドやイワシばかりではなく、サケなどのも捕食しているから、一石二鳥。
さらに、俊敏なミンククジラがオキアミが主食のシロナガスクジラの生存を脅かしているから(?)、一石三鳥。
そもそも、海の中の食物連鎖の中で、そのトップに君臨する鯨類が、サンマ、サバ、イワシ、スルメイカ、ニシンなど漁業の対象魚を想像以上にたくさん食べていて、1日に鯨は自分の体重の3~5%程度の餌を食べている。
それは、年間450万トン超で、人類の漁業に打撃を与えている。
②生物資源に関しては、持続可能な利用と保全の両立を基本的目標とするという持続利用原則があり、1992年のリオ会議(地球環境サミット)で成立した「環境と開発に関するリオ宣言」や「アジェンダ21」の原則に基づいている。
資源状態の悪いものについては保全措置をとり、資源が豊富なものについては持続的に利用していいという世界的な常識を守っている。
また、「MSY(Maximum Sustainable Yield:最大持続生産量」、すなわち、乱獲にならない程度での最大の漁獲量を保持している。
そもそも、鯨類という人類共通の自然資源を次代に残すために、鯨類の保全と捕鯨産業の健全かつ秩序ある発展を促すという「国際捕鯨取締条約」を締結している。
その第8条の「科学研究のために捕獲した鯨類は無駄なく利用せよ(?)」という規約に従っている。
③反捕鯨国の国々は、カリスマ的生物(アピール性の強い生物)については、その資源が豊富でも、特別な動物としてのイコンとしてアンタッチャブルであるべき、いかなるときも保護すべきと主張するが、どんな基準で特別な動物と決定するのか?
そもそも、牛はOKで、なぜ鯨はNGなのか?
牛は家畜で鯨は野生動物だから比較できないとはいかなる根拠なのか?
そうなると、漁業対象の多くの魚だって野生動物なのでは?
それなのに、陸上の野生動物はどうして捕獲していいのか?
鯨は知能が高いので人類に優るものであるとする論理があるが、哺乳類生物学者であるケンブリッジ大学のマーガレット・クリノウスカ博士は、「 鯨類が特にほかの哺乳類よりも有しているという証拠は存在せず、 解剖学的にはむしろハリネズミやコウモリの初歩的な段階に止まっている」と言っているではないか?
それより何より、反捕鯨国の欧米諸国だって、かつて機械油などの油脂製品資源として大型鯨類をターゲットにしていたではないか。
ただ、自分たちがその肉を食べずに棄てていたからといって、今さら、それを食する日本人を不道徳と非難するのはオカシイではないか。
化石エネルギーには一定の埋蔵量という限界があるのでは、枯渇したときに、まさか再生産能力がある鯨油という 生物資源に戻ったりしはすまいな。
我々は、カタツムリを食べるフランスを責めたことはないし、カンガルーを食べるオーストラリアを責めたことはないではないか。
もし、インドが牛は特別な動物だから食べるべきではないと主張し始めたら、どうするのか?
1995年、ダブリンでのIWC年次会議で、アイルランドの環境文化大臣が語ったように、「たとえ鯨を食べない民族であっても、ほかの国の食文化を強制的に変えようと する姿勢は間違いである」というのが真理では?
にもかかわらず、1994年、鯨を特別の道徳と倫理で守ろうとする理由から、反捕鯨国が多数のIWCで、南氷洋の800平方マイルという大海域を鯨類のサンクチュアリとする横暴な決定。
2007年、アンカレッジでのWC年次会議で、日本の捕獲頭数を空欄にして日本の沿岸小型捕鯨地域に対する捕獲枠を要請する提案(???)を明確に拒否。
日本は、西欧の文化が全ての基本で、他民族の文化は異端なのか?とマジギレ。
④最後は情念的アプローチになるのは、日本の定番。
万葉集の昔に、すでに「勇魚とり」の記述がある。
17世紀には、すでに沿岸捕鯨が産業としての形態を明らかに構築していた。
和歌山県太地の鯨方の先祖は 徳川時代に太地で捕獲された鯨の肉を丁寧に塩漬けとし、京都の宮廷に届けるという 名誉を得ていて、その保存方法を記した巻物まで保存している。
その日本の捕鯨の歴史の詳細が最初に記録された和歌山県太地、北海道網走、宮城県牡鹿半島の鮎川、千葉県外房の和田には、その小型捕鯨を生業として営んで暮らしてきた文化的軌跡が今もある。
歌舞伎、能に並び日本の誇る三大舞台芸術である文楽。その人形の微妙な動きが、弾力ある鯨の髭板を使うことで可能となっている。
ともかく、日本の支えになっているのは、 「日本の沿岸小型捕鯨には、日本が貨幣制度を比較的早期に導入したという歴史から、経済的に貨幣を介して鯨製品を市場化しているという特色はあるものの、文化的、 伝統的、精神的な意味での価値観に捕鯨という行動が欠かすことができない重要性を 有しており、コミュニティ自体の存在意義の核となっている。 これは、アラスカ、グリーンランドなどのエスキモー生存捕鯨と酷似しており、 その点から、日本の沿岸小型捕鯨を単純に商業捕鯨の範疇に入れて禁止するのは不当である。 沿岸小型捕鯨は、IWC によって、商業でもなく、原住民捕鯨でもない第三のカテゴリーを設置して、持続的な少量の捕鯨枠を科学の管理下で行ってしかるべきである」というアラスカやグリーンランドなどの原住民生存捕鯨の研究家の言葉。
どうだろう?
どこか釈然としないのは、東仙坊だけではあるまい。
正直、なぜそこまで鯨にこだわるの?
やがて、化石エネルギーは枯渇し、スコットランドじゃないけど世界中で捕鯨が開始されても、それはそれなのでは?
食糧自給率が40%しかなく、世界的な食料危機が訪れたとき、再び鯨が日本人にとって貴重な動物性蛋白源になるかも知れなくても、それはそれでは?
もっとも、そのときのために備えて、卓越した日本の捕鯨のノウハウは残しておかなければならないが…。
そもそも、ここまで強硬に世界を敵に回してまでして鯨を食べたがる日本人って、今、本当にどれだけいるの?
全く胡散臭い利権の構造、つまり、鯨利権に関わる政治屋や一部の悪徳官僚の暴挙のような気がしないか?
そう、クジラ村(?)の存在?

I think the reason why it doesn't seem to be a Japanese and harasses it obstinately must be that there are some special reasons to some mysterious people(日本人らしくなく執拗に食い下がるのは、一部の不可解なヒトびとにそれなりの特別な理由があるからに違いない)!

To be continued...

彷徨う大和魂-33  「芸」と「鯨」、「贅肉」と「鯨肉」!?-1

Cherish the harmony among people.As for the manners of Japanese beautiful Japanese food, it must be basic(和をもって貴しとなす。日本の美しい和食の作法もそれが基本)!

「和食」がUNESCOの無形文化遺産に登録されたことは、おそらく誰もがすでにご存じのはず。東仙坊、それが何のスタンス?だが、ここは「和食」について、一度じっくり考察してみることにしてみたい。
まず「日本料理」というものがある。
日本で馴染みの深い食材を用い、日本の国土、風土の中で独自に発達した料理のことで、いわゆる「日本食」のことである。
そこで、「日本食」に限らず、日本風の食事全般を「和食」と呼ぶのだとか。
現代風に言えば、日本の食文化の特徴として、日本の国土に根ざした多様な食材の新鮮なままでの使用、一汁三菜を基本とする米を中心とした栄養バランスに優れた構成による長寿・肥満防止に役立つ極めてヘルシーな食事のこと。
自然の美しさや季節の移ろいの表現、正月などの日本の年中行事との密接な関わりをもつ極めてデリケートな食事のこと。
そもそも、「日本料理」とは、素材に手をあまり加えず、選ばれた素材そのものの風味、よさを引き立たせる素朴な調理法が尊重される傾向が強く、「素材の持ち味以上に美味しくない」ことを原則とし、「日本人は美味しいものを探しその持ち味を味わうことを第一としており、美味しくないものに手を加えてまで食べようとは考えなかった」というのである。
どうだろう?
その考え方自体に、「さすが美しい魂を持つ日本人」と感心しないか?
では、なぜ「和食」と名づけられたのか?
我が国は、大和の国のはず。
となると、日本人流に呼ぶには、「大和食」と呼ぶべきなのでは?
えっ、何を言っているんだ、我が国は昔から「倭」の国だって?
確かに、大昔、大中華は、我々を「倭国」とか「倭人」と呼んだそうな…。
今でもその大中華に心酔するヒトびとが多いのだから、それもわからないではない。
でも、そうだとすると、なぜ「倭食」と呼ばないのか?
大中華からすれば、「倭」は、「委」で、「委国」は「遠くの国」。
お偉いと思い込んでいる彼らからすれば、我々日本人が、「性質が従順で(?)」で、あるいは「背が丸く曲がって低い(?)」、島国の野蛮人でしかないとしても、スマートな我々にも独自の文化があり、「wa」 は、アルタイ語(ツングース語)の一人称複数「bua(我々)からきていて、「倭(wa)」とは、「我ら」を意味する我々日本人の言葉のはず。
それゆえ、「倭食」、つまり「我らの食べもの」をソフィスケートして、「和食」と名づけたのでは?
東仙坊、勝手に「食しているときは、平和」とか、「和やかに食すること」と解釈しているのだが…。
さて、そんな「和食」だからこそ、美しさへのこだわりは並大抵ではない。
当然のごとく、作法、マナーが細かい。
そのベースが、口元を隠しながら食するという文化。
とにかく、下を向いて食べることで、口の中が見えないようにすることが肝心。
実は、これは本当にリアル。
敬愛する吉行淳之介の影響もあるが、女性と向かい合って食事をしているとき、その食べている口元を見てしまうと、すぐにゲンナリしてしまう。
猥褻な感じがするからである。
そのせいで、向かい合わず並んで食べる癖がついてしまったほど。
ともかく、いくつかの代表的な基本作法、タブーを挙げてみる。
◎ 醤油をつけた刺身などを口に運ぶとき、垂れないように手を皿の代わりにして下に添える「手皿」。
手のひらサイズの小皿は全部持つためあるので、手ではなく小皿を添えること。
◎お椀には「露切りの所作」。フタを持ち、上の方向に開けて右側に回し、数秒待ってから外すと滴が落ちにくい。その際、フタ返して右側に置く。
そして、お吸物を食べ終えたら、フタを裏返してお椀にかぶせるのはダメ。
裏返しではなく、ちょっとずらしてフタをすること。
同様に、雑煮の汁を飲むときには、箸を置いたままにせず、具を崩さないよう軽く箸で押さえながら飲むこと。
◎御膳が並ぶ会食の席で席を外すとき、御膳の後ろを通るのはダメ。
壁にかかった掛け軸や生けられた花などのしつらえを傷める可能性があるので、御膳の前を通ること。
◎箸置きがない場合、手を休めるのに茶碗や皿の上に箸を置のもダメ。
なければ箸袋を結んで作ること。
箸袋もないときは盆などの縁にかけること。
もともと、箸置きは江戸時代の末になって出てきたもので、それまでは御膳のふちにお箸を置いていたくらいだから、OK。
◎わさびは醤油に溶かさず、切り身の上に直接置いて、醤油を付けて食べること。
鮨は横に倒して箸でつかみ、醤油はシャリにつけずネタにだけ付けること。
◎箸の使い方は、「箸先五分、長くて一寸」。汚してよいのは箸先から1.5㎝、長くて3㎝。
そのほか、汚れた箸先を舐める「ねぶり箸」、器の上に渡してのせる「渡し箸」、箸先から汁を垂らしながら口に運ぶ「涙箸」、
どれを食べるか迷って箸先を動かす「迷い箸」、刺して食べる「刺し箸」もダメ。
ここからは世界共通のマナー。
◎料理を箸で口に運んで一口だけ噛み切って食べ、残りを器に戻すのは絶対にダメ。
あらかじめ器の中で口に入る大きさに箸で切り分け、少しずつ食べること。
◎懐紙(ポケットティシュー?)を用意しておくこと。
焼き魚などを食べるときに手を汚さずに済み、魚の骨、果物の皮や種を出すときに口元を隠すのに使える。
どうあれ、ご飯は左、味噌汁は右なのは、主食のご飯を左に置くため、なぜなら、我が日本では左大臣が右大臣より上位であることで明白なように、古来より左が上位と扱う文化だから…とか考えながら食べると、ますます感心すると思うが…。
と、ここまで書き込んで、これからが本題。
「和食」大好きなうえ、基本的ベジタリアン、東仙坊、ほとんど肉を食べない。
けれども、鯨の竜田揚げ、鯨のベーコンで育った世代。
その意味で、子どものころの最も身近な肉と言えば、鯨だった。
もっとも、そのときはそれなりに美味しくもあった。
しかし、なぜ日本の学校給食に鯨肉がやたら使用されたのか?という理由を知ったのも、恥ずかしながら、最近だった。
えっ、いつ?どうして?だって?
昨年の夏、緊急プロファイリング 広島16歳少女元同級生殺人死体遺棄事件-2 のイントロを書き込んだとき。
それを抜粋しておきたい。
世界のマスメディアは、とりわけ、世界は自分たちのものと思い込んでいるアングロサクソン諸国の国々のマスメディアは、かつてポール・マッカートニーが「人間の友、クジラを食う日本人は人肉食い野郎」と発言したときのように、日本は世界の世論から孤立してまで、何が何でも自分たちはクジラを食べると言い張り、そのためには国際法に違反しているだけでなく、IWC(国際捕鯨委員会)からの脱退まで辞さないと強硬な姿勢を取るとんでもない国だと吹聴されているのである。
えっ、なんだそれって?
オーストラリアが3年前の2010年5月、日本が南極海で行っている調査捕鯨が国際条約違反だから調査捕鯨を中止しろと、オランダ・ハーグのICJ(国際司法裁判所)に提訴した裁判で、6月26日から始まった計30時間以上に及ぶ口頭弁論が7月16日に終了。
日本は、「商業捕鯨の再開に向け、持続可能な捕獲数を調査するためデータを収集しているだけで、条約に沿った科学的研究で、商業捕鯨ではない。調査するクジラの数も適切な資源管理の観点から算出し、その頭数の範囲内で捕獲を行っている(?)。捕獲数の減少には、反捕鯨団体『シー・シェパード』の妨害が原因。オーストラリアの主張は文化の押しつけだとし、捕鯨による両国の考え方は文化の違いによるもの。仮に各国の文化に優劣をつけなければならないとすれば、世界に平和が訪れることはない。オーストラリアの訴えは却下されるべきだ」と主張
それに対し、オーストラリアは、「科学的研究なら当然立てるべき仮説すらない。市場での需要減に伴って捕獲数も減っている。科学的研究とは言えず、日本が南極海で行っている調査捕鯨は、実態としては鯨肉を販売していることでも歴然なように、商業目的の捕鯨であり、国際捕鯨取締条約に違反」と主張
16人の判事による判決が年内にも出される見通しで、その判決について異議申し立てや控訴などはできず、双方とも判決に従うとしているために、もしオーストラリアの主張がすべて認められるようなことになれば、日本が行ってきた南極海での調査捕鯨ができなくなるのである。
東仙坊、その弁論内容を精査していて、正直、メチャクチャ絶望。
いくらICJの当事者になるのが初めてだからといって、冗談でも裁判が日本独特のまあまあいいじゃないか、そこはわかってよの感情論で勝てると考えている浅はかさに、唖然呆然。
それはそうだと思わないか?
1946年の国際捕鯨取締条約では科学調査目的の捕鯨が認められているからって、1回の調査捕鯨で(?)900頭も捕獲し、販売したらマズイのでは?
それでいて、日本の食文化なのだから食べるために販売して何が悪いでは?ピンボケなのでは?

そもそも、カンガルーやコアラを虐待し、いやいや本物の人間のアポロジニを虐待しているオーストラリアが、それこそ「シー・シェパード」まで使って、なぜ調査捕鯨をジャマするのか?
いやいや、日本と悪い関係になること覚悟でまで、それこそ自分たちが動物虐待の元祖と言われるかもしれないリスクを背負ってまでICJに訴えたのか?
もっと言えば、なぜ捕鯨をしているノルウェー、アイスランド、デンマーク、ロシア、韓国をではなく、日本だけがやり玉に挙げられ訴えられたのか?
それ以前に、何を根拠にICJでの裁判を受け入れたのか?
法廷闘争にしてしまったことで、ますますIWCでの捕鯨再開の合意など困難になってしまったのでは?
本当に国家の尊厳、国益を考えるなら、正々堂々、ハナから、1987年に商業捕鯨からのモラトリアムなど受け入れず、海洋国家として数千年からクジラを食べ続け、浜に漂着するクジラは昔から日本人にとって最大のグルメ、特に1300年前に仏教による四足獣を食べることを禁じられてから我々日本人にとっては最大の動物蛋白源と捕鯨を継続しておけばよかっただけでは?
そして、そのついでに、「クジラが1年間に世界で食べる餌、つまり魚介類やオキアミは2.8~5億トン。世界の海で人間が獲っている魚介類の総量約9000万トンの3~6倍。1頭で魚介類を数100kg~1トンも食べるクジラをこのまま放置していたら、海の生態系が破壊される。オーストラリアが絶滅すると言っているミンククジラだって、南極海に76万頭以上、北西太平洋に2万5千頭、世界中の海には100万頭以上の存在が確認されている」と叫べばよかっただけでは?
どちらにしても、日本の弁論がまるでこの事件の16歳少女のようで、ガッカリ。
また、この調査捕鯨問題については、いつか詳細にじっくり。

これを書き込むために、いろいろリサーチしていて、第二次世界大戦後、GHQが占領している疲弊し切って飢餓の恐怖におののいていた日本人の貴重な動物性蛋白源として、自分たちが食べないものの日本では昔から食されていた鯨肉に着目。
その鯨肉を日本国民の動物性蛋白源の核にすることを計画。
撃沈を免れたタンカーを改修し、これらを南氷洋捕鯨に差し向けることを奨励。
そのために、一般国民が海外に渡航することは禁止されていたにもかかわらず、南氷洋捕鯨に従事する日本人には特例処置で出国許可を与えたほど。
実際、この計画は一石数鳥の効果があった。
南氷洋で捕獲された鯨は、主目的だった動物性蛋白源としての鯨肉としてはもちろん、機械油、飼料、化粧品など、数知れぬ多くの分野での日本の産業の復活の手助けになったからである。
それはそうである。
我々日本人は、古来、鯨を天よりの授かりものであると捉え、ありがたく無駄なく 利用してきて、独特の食文化を形成してきたのだから、食糧不足の時代、必死に捕鯨に勤しんだことは十分に理解できる。
しかし、しかしである……。

It is just humiliation to obey a standard of Europe servilely. However, it must be the worst to confront for feelings theory(西欧の基準に卑屈に従うのは、屈辱。けれども、感情論で対決するのも最悪)!

To be continued...

緊急プロファイリング  神戸長田区小1女児行方不明事件

For me, parent and grandparents holding out a child of the gnu to the lion which starved in these days must be shocks(今日日、飢えたライオンにヌーの子どもを差し出す親や祖父母がいること自体が、ショック)!

東仙坊、ここまでくると、もはや理解不能、ただただ困惑…。
率直に言って、一種のネグレクトとさえ疑うほど。
それはそうである。
腹を空かしたライオンがたむろっているところに、ヌーより小さな自分の娘を、自分の孫娘を1人で行かせてしまうのだから…。
百獣の王のライオンも、今や中国の習近平国家主席が言う「覚醒したライオン」、ローマ法王が言う「ソウルからローマに戻るとき、ダニエルのライオンの洞窟に入る。それでもライオンが噛みつかないだろう」、昭和天皇が仰られた「ライオンは威張っているという理由にてコバンザメよりも下」というように、どこにもいいイメージはナシ。
モラル崩壊の我が国では、刹那的な快楽のために卑怯で卑劣な弱い者イジメをするイメージ。昭和天皇が仰られた「鳩を襲った猫」の親玉的存在。
そんなヨダレだらけのライオンの前に、猫を見つけたらバーッて追いかけるような無邪気な6歳の幼児を1人で行かせられる無神経さには、本当に反吐が出るのは、東仙坊だけではあるまい。
そう言えば、このブログを立ち上げた後、許し難い幼女への拉致監禁事件に対し、パリに住む30年来の友人から言われたことがある。
「日本でその手の事件が起こるたびに、事件直後に親が子どもを送り迎えして怖い心配と言っていることがパリで話題になってるわ。こちらじゃ、みんな驚いているわよ。よく子どもを毎回送り迎えしないでいられるって…」
確かに、どんなUSA、UKの映画やテレビドラマを観ても、離婚した夫婦の間でさえ子どもの送り迎えのことが問題になっている。
おそらくフランスでもそれは同じに違いない。
つまり、向こうはライオンは街中をうろついているのだから、自分の子どもをそのエサにはしないと覚悟しているのに違いない。
その意味では、我が日本の親や祖父母の甘いこと甘いこと…。
まだ、世の中を性善説や自分の子どもに限っては大丈夫という勝手な思い込みで過ごしているということなのか?

■神戸長田区小1女児行方不明事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

①兵庫県神戸市長田区長田天神町に住む、神戸市立名倉小1女児6歳(便宜上 Putting Sanshade Gnu Girl:日傘を差したヌー少女:「PSGG」と呼ぶ)がいた。
PSGGは、9月11日午後2時45分ごろ、小学校の授業が終わると、下校途中に自宅近くの祖母の家に寄った
そこで、着替えると、ランドセルを置き、「同級生2人と遊ぶ約束をしている」と祖母に言って、約束した場所に向かって1人で出かけた。
ちなみに、約束していたという同級生宅は自宅から南に約400m離れているコンビニの近く。
実際、9月11日午後3時15分ごろ、そのコンビニの防犯カメラに1人で日傘を差して歩いているPSGGの姿が写っている。

②PSGGは、そのコンビニの隣の同級生の住むマンションの玄関先まで行って日傘を置いた
しかし、なぜかその同級生宅には入らなかった。
そして、夕方には、近くの神戸市長田区房王寺町の大丸山公園にいるPSGGを、同じ小学校に通う3人の児童が目撃(?)。
それから、行方不明に…。
PSGGと約束していた同級生2人とPSGGの母親(29歳)が必死に探したものの見つからず、母親9が月11日午後7時5分、「子どもが帰ってこない」と兵庫県警長田署に通報。

③兵庫県警長田署は、メズラシク翌日の9月12日に公開捜査
PSGGは、身長は115cm、髪は肩までで、上がピンク、下がブルーのワンピース。
そして、クマの人形が付いた リュックサック(縦約35㎝、横約30㎝)。
9月13日午後6時までに、20件の情報提供
なかでも、小学生児童などから、3件の気になる目撃情報。
1つ、9月11日午後4時30分ごろ、小3男児(?)、「名倉幼稚園の近くを歩いていた(?)」。
1つ、9月11日午後5時ごろ、小6男児(?)、「名倉交番前の階段に座っていた(?)」。
1つ、9月11日午後5時30分ごろ、小2男児3人(?)、「大丸山公園近くを歩いていた(?)」。
また、兵庫県警は約160人態勢で捜索を再開し、近くを流れる新港川の川底などもさらったがいまだ未発見だとか。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①東仙坊、その公開されたPSGGの写真を見ながら、思わず絶句…。
そのおしゃまな雰囲気は、どこから見ても、心の歪んだペドフェリアにとって、ヨダレダラダラ、胸キュンの格好のエサ。
どうせ誰も言わないだろうから言わざるを得ない。
こんな女児を、自分が付き添わず1人で外に出した祖母も、それをしてはいけないと諭していない母親も、それぞれに祖母と母親は間違いなく失格。
PSGGがウルサくて世話をするのが面倒だから?
自分が何かをしていてジャマだから?
できるだけ早く自立させて自分がラクをしたいから???
子どもにとって同級生とのつき合いは何よりも大切のはずだから、PSGGの気持ちを尊重して?いかなる理由があろうと、小1の6歳女児を人で外に行かせること自体はキチガイ沙汰と言い切れるのでは?
ましてや、関西、神戸という土地柄なのでは?
しかも、あんなプリティなファッションにわざわざ着替えまでさせて…。
それで、どうしても気になるのが、なぜ祖母の家に着替えがあるの?
自宅はすぐ近くなのでは?
ということは、おそらく自宅は母親もが仕事にも出てて(?)誰もいなかったのでは?
つまり、PSGGはいつも学校帰りは祖母の家に戻っていたということなのでは?

②東仙坊、全く土地勘がないので、地図とニラメッコ。
PSGGの自宅と小学校との距離は、直線で約200m弱(?)。
PSGGの自宅と幼稚園との距離は、直線で約60m弱(?)。
名倉交番と小学校との距離は、直線で約100m弱(?)。
大犬丸公園と小学校との距離は、直線で約200m、すなわち、PSGGの自宅から約400m弱(?)。となると、そのコンビニは、 ローソン長田片山町五丁目店ということ?
すると、神戸電鉄長田駅まで、7~8分?
ともあれ、近くにはワンサカとマンションがあるのでは?
そ、そ、それをあの防犯ビデオの雰囲気で本当に1人で歩いていたら…。
どうだろう?
少なくとも、PSGGはどんどん家から離れて行ったということになるのでは?
ということは、6歳の女児に家から離れたくなる理由があった可能性もあるのでは?
そこで、気になるのが、その背負ったリュックサックの中身。
せっかく着替えたのになぜそれを持っていく必要があったのか?
それより何より、一体そこに何を入れていたのか?
ところで、誰もが自分の携帯電話を持つ時代、さすがに少1のPSGGでは持っていなかったのか?
学校はともあれ、普段は持たすべきなのでは?
どうあれ、その点からすると、おしゃまそうなPSGGなら家出の可能性も全くゼロではないのでは?

③この事件の気になる点の1つに、いつ祖母が、そして母親がPSGGが同級生の家に行っていないということを知ったのか?ということがある。
そして、どれだけそれぞれがPSGGを探したのか?
さらには、PSGGの父親はいつそれを知って、父親もPSGGを探したのか?
警察への通報がかなり早かった気がするのは、なぜ?
それより何より、父親は、祖父は、妹弟はいるのか?
一部には、PSGGをその同級生の母親が迎えに行った(?)という話もあるのに、なぜそれが遅れたからと祖母はPSGGを1人で出かけさせたのか?
そこで、メチャクチャ気になることが1つ。
何であれだけ目立つ女児なのに目撃情報が少ないのか?
その点からすると、JR新快速に似た女児が中年男性と乗っていた(?)などという情報にはあまり信憑性がないのでは?

④この事件解明のカギは、PSGGの持っていた日傘が一体何時にその場所に置いてあることが確認できたかということなのではないのか?
あの雰囲気の女児が自分の大切なものを放っておくわけがないと思うが、どうだろう?
それとも、せっかく約束していたのに留守だったことに動転してしまって、忘れてしまった可能性が強い。
そうなると考えられることは、たった1つ。
1)PSGGはまず約束していた同級生の家を訪ねたが、そのときそこは留守で誰もいなかった。
2)それにショックを受けたか、疑念を覚えたPSGGは、その同級生を探し回った。
しかし、どこにもいなくて途方に暮れていた。
3)そんなとき、PSGGは「どうしたの?」と見知らぬヒト(?)というよりも、なんとなく知っているヒト(?)から声をかけられた。
4)PSGGは懸命に約束していたはずの同級生を探していると訴えた。
5)PSGGは「一緒に探してあげる」と言われて、従ってしまった。
どうだろう?
そんな気がしないか?
えっ、何でいつものようにクソッタレって言わないのか?って?
今回の拉致誘拐は、もちろん、ペドフィリアの蛮行であることは濃厚だが、どこかオンナの気もしてしょうがないのだが…。
どちらにしても、PSGGは半径1km以内のマンションの一室に無事にいると思いたいのは、東仙坊だけではないと思うが、どうだろう?
その意味で、川浚いしているヒマがあったら独り暮らしのマンションを虱潰しに当たるべきなのでは?
どちらにしても、大人の目撃情報が極めて少ないこと自体がその蛮行の裏づけになっているのでは?
それも、場当たり的な発作的蛮行の可能性が強いのでは?
それとも、まだ29歳のPSGGの母親に執着するストーカーによる蛮行の可能性だって捨てきれないのでは?

I would pray for being safe so that what happens to a 6 years old girl(6歳女児に何が起こっていようと、無事であることを祈るだけ)!

真実イチロー  イチローよ、香川真二を見習え!?

If good manager and appearance don't encounter it, no player could shine. Hideki Matsui who was Joe torr manager was lucky in this sense(いい監督と出遭わなければ、どんな選手も輝かない。その意味で、ジョー・トーリが監督だった松井秀喜はラッキーだった)!

ボルチモアとの4連戦の初戦、クソッタレのジョー・ジラルディ、またしてもイチローをベンチ。
その代わりに、超新人のアントーン・リチャードソンを先発。
その新人が3-2と打って、東仙坊、これで、あの無能監督、間違いなくイチローを使わないに違いないと真っ青。
そうしたら、延長11回の裏、我がイチローに守備固めの屈辱を味わせた。
クビになれ!!
逆転されて負けろ!!!
しかし、そんなことを願う必要はなかった。
せっかく狂い咲きをしているクリス・ヤングが11回の表に2死からホームランを打って、1-0とリードしたのに、何とヘボ監督、あの3-5敗のアダム・ウォーレンを起用したからである。
なぜ、すでに5敗なのか?
それは勝負弱く逆転されるからに他ならない。
案の定、先頭バッターに四球。
送りバントされるて、1死2塁になると、四球。
ジョー・ジラルディがクビにしたケリー・ジョンソンを三振にとって、ホッとしたのも束の間、231のバッターをストレートの四球でン死満塁。
そして、さらなる代打に初球、一塁線にクリーン・ヒットを打たれ、逆転サヨナラ負けで、万事休す。
そのボールを空しく追いかける我がイチローの白けた顔。
続くダブルヘッダーの第2試合、たったのヒット4本で完封負け。
我がイチローも、2-0。
ただし、ここでも代打に出たアントーン・リチャードソンが絶妙のドラッグバントヒット。
東仙坊、完全にイヤな予感……。
すると、第3戦。
その先発メンバーは、ここ10試合が162/118/265/382/200/176/391/750/167
286のイチローは蚊帳の外。
しかも、相手のピッチャーが、3-2と打っているミゲル・ゴンザレスなのにである。
そうしたら、アントーン・リチャードソンがMLB初打点で3-0と2回の表でリード。
ウソー!と、思わず絶句。
しかし、その後、11人連続アウトで、あっという間に3-2。
そんな中で、東仙坊、辛辣な解説者と全く同じ意見になった瞬間があった。
デレク・ジーターが四球で初めての無死1塁。
バッターは、30球団1のふさわしくない3番打者、ブレット・ガードナー。
すでに1敗もできない状態なのだから、送りバントだろうがと誰もが思うのに、そのまま打たせてライトへの凡フライ。
本当にこの監督はロクデナシ。
そ、そ、そうしたら、またしても8回裏にイチローに守備固めを命令。
もっとも、今回は9回に打順が回るからまあいいかとポジティブ。
しかし、肝心のイチローがボテボテのサードゴロで、ガックシ。
それでも、ヒット4本で奇跡の1点差勝利。
とにもかくにも、このノーナシ監督の采配は、左打者には左ピッチャー、右打者には右ピッチャーを当てるだけ。
本当に懲りないお方…。
2-4と敗戦濃厚の9回表、チェイス・ヘッドリーが顔面に左腕のクロザー、ジェイク・マギーの98マイルの速球をぶつけられた直後に、バッターボックスに入り、96マイルの速球を左中間に二塁打を打ち、逆転の口火を切ったイチローが、どれだけ凄いのか?
それより何より、ライトからの好返球で追加点を阻んでいたことがどれだけ凄いことなのか?
ジョー・ジラルディには一生わかるワケもないと思うが…。
どちらにしても、ヤンキースが今シーズン完全に終わったと感じたのは、1点リードされた展開で、イチローが三塁内野安打で出塁し、二盗。
そして、ステファン・ドリューの2-0からの3球目に三盗。
完璧なスタートで成功と思った瞬間、この071のジコチュウ打者、なんとライトライナー。
そのせいで、イチローは帰塁できずダブルプレー。
左バッターなんだからイチローが見えるだろうが、見逃したって2-1だろうが、と解説者と一緒にハモったほど。
こんなヤツを使い続けることが、ジョー・ジラルディの最大の欠点。
どちらにしても、ジョー・ジラルディが監督のヤンキースからは一刻も早く離れるべき。
どうあれ、本当にデレク・ジーターの最後のためにプレーオフに進出するつもりなら、1番RFイチロー、2番2Bマーティン・プラード、3番CFジャコビー・エルズベリー、4番LFクリス・ヤング、5番Cブライアン・マッキャン、6番SSデレク・ジーター、7番1Bマーク・テシェイラ、8番3Bチェイス・ヘッドリー、9番DHブレット・ガードナーにすべきなのでは?
それで、ついつい比較したくなるのが、ボルシア・ドルトムントに戻った香川真二。
とりわけ、監督であるユルゲン・クロップとの理解し合った信頼関係。
それと、お祭りかのように復帰を歓迎してくれているドルトムント・サポーターたち。
以前に背番号である23や新しい背番号である7のユニフォームを身にまとい、試合前からシンジ応援歌が何度も歌われる光景は感動もの。
実際、地元のルール・ナハリヒテンは「国民的英雄のように賛美された」と報道。
それだけじゃない。
9月10日付シュポルトビルト、「カガワはバイエルンに対する楽しみなオフェンスである。彼はとても、とても優れた選手だ。我々をさらによくするだろう。彼が再びここにいるということは、とてつもなくスバらしいことだ」
9月11日付キッカー、「香川はボルシアのクリエイティブな中心においてロイスの代わりを務める。香川が鍵となる役割を担う。我々はこれから2~3週間も待つことはできない。シンジは今や我々にとって、確かに、まさしく、極めて重要だ」
9月11日付ビルトで、かつて共に戦いこれから戦いを共にするイルカイ・ギュンドアン、「シンジが戻ってきたことがとてもウレシイね。彼は本当にここがよく似合っている。ボクたちはミッドフィールドにまさしくスバらしい選手を抱えている」
9月12日付ビルト、「トレーニングを途中で切り上げたのは大事を取ったんだ。土曜日に香川はプレーすることができるという前提で考えている。クロップは明日の対フライブルク戦でカガワをロイスの代わりとして固く計画に入れた。彼の契約以来、ロイスとクーバが負傷した。だから今、彼が当初は穏やかに観客席から試合を眺めることができるとは言えない。シンジは今すぐ必要とされている。ドルトムントの雰囲気は彼を戦いへと掻き立て、鼓舞しうるだろう」。
9月12日付デア・ヴェステン、「UKのサポーターたちは、我々は香川の2年間を無駄にさせてしまったと謝罪している」と言ったうえで、ユルゲン・クロップ監督が、「9月13日にブンデスリーガ第3節で対戦するフライブルクについて、これだけは言える。『残念ながらいいチームだ』とね。彼らはパス回しができないと見るや、ロングボールを放り込み、セカンドボールを拾うなど、試合のプランを持っている。我々はアマチュアチームにもいい選手を抱えている。ジョー・ギャウ、タンモ・ハーダー、エディ・ヨルダノフ、そしてミツ(丸岡満)などだ」とコメントしていると報道。
さらに、ユルゲン・クロップ監督は、「シンジがここを去ったときに持っていたものはすべて、まだ彼に備わっていることを確認できた。トレーニング初日から特別な力を示していたよ。2年間、私はこの日のために日本語を猛勉強したんだからね」と言いつつ、香川真二と抱擁を交わしていたとも。
そして、9月13日、8万の観衆が背番号7を「Ka-gala!(香川祭り)」状態で後押しする中、1準アシスト1ゴールのノビノビ活躍。
それから、「彼のゴールへの嗅覚は健在だった」と言うユルゲン・クロップ監督とピッチ上で熱い抱擁…。
チームメイトも、「シンジの存在はピッチの上でも、いつも大きな助けになっている」、「シンジはいかしたキッカーだよ。そしてなにも忘れてないよ」、「シンジは我々にとって有益な存在だよ。特にけが人が出ているチーム状況で最高だった。しかも、復帰初戦でゴールまで決めてしまうなんてフットボールの世界でしか見られないこと」、「60分のプレーで消耗しながら交代していたので、彼にはまだもう少し時間が必要だということが見て取れた。我々の試合展開のスピードについてくるために、遅れを挽回してほしい」、「まず2年間の心の疲れを取ってほしい」
「彼とはピッチ上で息が合うし、ピッチの外では親友だよ。彼は僕たちの助けになる。今日の試合から、それを示してくれた。技術的に傑出した選手で、2人の相手を簡単にかわしてしまえる」、 「こういうカタチで、すぐに試合に入れたことはスバらしかった。彼だけではなく、チーム全体にとってよかったよ」、 「彼がどれだけうまい選手かは知っていたよ。練習ではスーパーだったし、毎日、彼がどれほどのクオリティーを持っているのかを見ていたからね。今日のゴールもスーパーだった。でも、プレー全体でもそうだったね」、 「ファンは彼のことをすごく楽しみにしていたが、みんなの期待に応えたね。本当にものすごいプレーヤーだ」などと実に好意的。
最後に、6日間でその「7KAGAWA」のシャツが1万枚以上売れた香川真二に対するUKの報道をご紹介。
フォーフォートゥー、 「カガワはボルシア・ドルトムントの復帰戦で受けた歓迎ムードに喜びを表した。彼はボールを触る度に歓声を受けた後、先制点に絡み1ゴールを決め、総立ちの拍手を受けながらピッチを後にした」
BBC、「前マンチェスター・ユナイテッドのMFシンジ・カガワがボルシア・ドルトムントの復帰戦でゴール――ドルトムントはフライブルク戦の勝利で火曜日に行われるチャンピオンズリーグのアーセナル戦に弾みをつけた。ドルトムントで2度目のキャリアをスタートさせたカガワはチームの2点目を決めた」
ガーディアン、「ボルシア・ドルトムントがシンジ・カガワのハッピーリターンでフライブルクに楽勝。「ドルトムントのユルゲン・クロップ監督は64分に足をつって交代したカガワについて『良い兆候』と語り、MFセバスティアン・ケールは『シンジは試合中ずっと、少なくとも足をつるまで笑顔だった』と話した。マンチェスター・ユナイテッドでの悪夢を完全に過去のものとした」
メール、「シンジ・カガワがマンチェスター・ユナイテッドを去った後の夢の復帰戦で得点。日本代表はドルトムントの復帰戦で1点をお膳立てし、ゴールを決めた。カガワは日本の国旗や横断幕で迎えられた」
エクスプレス、「マン・ユナイテッドの不合格がドルトムントの復帰戦でゴール。シンジ・カガワがボルシア・ドルトムントでの復帰戦で得点し、マンチェスター・ユナイテッドでの悪夢を完全に過去のものとした」
ミラー、「マンチェスター・ユナイテッドで失敗したシンジ・カガワがボルシア・ドルトムントでの2度目のデビュー戦でゴール。日本代表はオールド・トラッフォードに在籍した2年間で輝けなかったが、ヴェストファーレン・シュタディオンに復帰してすぐ順応した」
スター、「シンジ・カガワが夢のようなドルトムントの復帰戦でマン・ユナイテッドでの悪夢を払拭。シンジ・カガワは話題沸騰となっていたボルシア・ドルトムントの復帰戦で輝いた。カガワはマンチェスター・ユナイテッドで2年間苦しんだが、彼はブンデスリーガでの2度目のデビュー戦で違いを作った」
どうだろう?
イチロー、香川真二のように自分を本当に理解してくれる監督やチームメイトと野球をやるべきでは?
というのも、何が何でもイチローを活躍させたくない頭の腐ったジョー・ジラルディ、今日もまた、全く打ててないダメなヤツラを替えることなく、イチローだけベンチ。
東仙坊、ヤンキースファンには申し訳ないが、負けろ負けろと目一杯の念…。
ちなみに、今日の先発メンバー、150/094/273/379/125/156/385/071/571。
1回表、センター凡フライ/ライト凡フライ/三振。
2回表、ホームラン/レフト線ヒット/ライト前ヒット。つまり、1点取ってなおも無死1、3塁。
それなのに、三振/ショート凡フライ/三振で追加点0。
東仙坊、フン、ザマアミロの一言。
それにしても、可哀想な黒田博樹。

I was impressed by the embrace with Shinji Kagawa and Jürgen Klopp very much(香川真二とユルゲン・クロップとの抱擁にメチャクチャ感動)!


ああ日本砂漠-71  ヤングの共食い世界の中のニュータイプの美人局!?  

The cunning criminal who is gonna use it approaches an ignorant person surely(無知な人には、それを利用しようとする狡猾な犯罪者が必ず近づくもの)!

東仙坊、もう笑うっきゃない…と苦笑している。
いくら1億2千万人総保育園児化のタガの緩み切った平和ボケ社会だと言っても、母さん助けて詐欺社会だと言っても、まるで「騙される阿呆に、騙す阿呆。同じ阿呆なら、騙さなきゃソン、ソン」とばかりに、無知蒙昧なヤングどもは人を騙して金を強奪することばかり。
それも相手の弱みにハッタリでつけ込もうとする三流のやり方。
本人たちは、政治屋や893モドキのつもりかもしれないが、それはもともと市場原理主義と超功利的な一神教にとことんハマったサプアの手口。
つまり、みんながやっているのにオレがやって何が悪い、アイツらがうまくやってイイ思いしているにオレにやれないわけがないなどと徹底的にジコチュウ丸出しになって、なりふり構わずやりたい放題し放題。
ラクして自分たちの同じ穴のムジナから目先の金を手にしようとするオタンチンばかり…。
9月10日、大阪府警曽根崎署は、自分の妻にミニスカートをはかせて誘惑し(?)、盗撮したオトコ(?)を恐喝するなどしたとして、大阪府茨木市に住む、会社員、嵜村一郎(31歳)、妻の風吹(21歳)、知人の大阪市西淀川区に住む、不動産業、田中大樹(30歳)の3人を恐喝などで逮捕。
何でも、7月6日午後2時40分ごろ、JR大阪駅前の家電量販店で、妻に太ももまでの長さの白のミニスカートのワンピースに白のハイヒール姿で、オトコどもの前で前かがみの姿勢をとらせ、スカート内をスマートフォンで盗撮した会社員男性(29歳)を夫が確認すると、店外に連れ出し頭突きをし「警察行くんか、示談するんか」と脅しながら、示談金50万円を要求し、1万円を強奪したとか。
ちなみに、知人のバカはボディーガード役とか。
そして、このニュータイプの盗撮美人局型恐喝犯である大バカ者、「1年ほど前に妻が盗撮被害に遭って思いついた。相手にも非があるので警察に届けないと思った。これまで20回くらいやった。簡単に金が手に入り癖になった」とうそぶいているとか。
一方、そのカモになったアホンダラ会社員男性は「横を向くとキレイな脚があって(??)、思わず盗撮の衝動に駆られた(?)」と話しているというから、ますます困惑しないか?
それはそうだと思わないか?
キレイな脚を見る─わぁ、キレイ!とドキドキする─極めて自然なのでは?
しかし、キレイな脚を見る─わぁ、キレイ!とドキドキする─写真に撮りたい…となるのは、なぜ?しかも、見知らぬ女性の脚なのでは?
実は、現代の盗撮ブームが全く理解できない、東仙坊、これこそが本物の恋愛を知らない今のヤングマンのみっともない現実だとメチャクチャ危惧している。
それはそうである。
本物の女性の脚がかなりセクシーだとしても、映像で見ればそのアトラクション、ファンシーは半減しているのでは?
それ以上に、見知らぬ女性の脚など単なる脚でしかないのでは?
そもそも、バーチャルな妄想の中でしか女性を見れないから、本物の脚を見ることができないのでは?
もちろん、本物の脚以上にアトラクティブな脚を撮る本物のフォトグラファーもいるが…。
どうあれ、この事件で不可解なのは、盗撮した情けない男性の行為が「人を著しく羞恥させる」という大阪府迷惑防止条例上の盗撮にはあたらない(?)とした、大阪府警曽根崎署の判断。
どちらにしても、こんな情けなくてみっともないオトコどもをカモにした大バカ夫婦の勝ちであることは事実なのでは?
なぜなら、今までの20人近くが黙って金を払っているのだから。
もっとも、このニュータイプの盗撮美人局型恐喝も、コヤツらがパイオニアではない。
7月26 日、大阪府警捜査一課は、逮捕監禁と強盗で、大阪府守口市菊水通に住む、職業不詳、里村克彦(28歳)、大阪府内の高3女子生徒(17歳)を逮捕。
そして、行方不明になっている、住所・職業不詳、谷川誠治(28歳)を指名手配し、他2人のオトコの割り出しを進めているとか。
何でも、高3女子生徒が出会い系アプリで知り合ったオトコにまずLINEで「一緒に遊ぼう」などとメッセージを送り、指定した場所に呼び出す。
そして、指定の場所に現れたオトコを無理やり車に乗せて連れ回し脅迫して金を奪う粗暴な美人局。
大阪府内では7月中旬以降、似た手口の犯行が10件近く発生しているというから、ここでもカモには困らなかった様子。
7月12日午前2時ごろ、大阪市天王寺区の路上に呼び出した男性(28歳)を無理やり車に乗せて連れ回し、「殺されたいんか」と脅迫。
午前2時50分ごろ、大阪府守口市内のコンビニのATMで現金を引き出させるなどして計約22万円を強奪。
被害男性は現金を渡した後に解放され、ケガはなかったというから、まだ幸いか?
それにしても、初めてなのに真夜中に遊ぼうというような誘いにノコノコ出かけるオトコどもの何と無知なことか?
こんな状況では、我が国の少子化もある意味当然なのでは?
どうあれ、いまだに振り込め詐欺被害者がゴマンといるように、出会い系アプリを頼りにするヤングのなんと多いことか?
そして、無知なヤングと無知なヤングの共食い状態と言えるのでは?
7月4日、奈良県警奈良署は、売春防止法違反(売春をさせる契約)で、奈良県奈良市三条本町に住む、無職、オタンコナス(31歳)を逮捕。
この逮捕理由が、その共食い状態を端的に象徴している。
何でも、このオタンコナス、3月中ごろ、奈良市に住む知人の元妻(?)の30代女性と出会い系サイトを利用して不特定多数の客を相手に売春させる内容の契約を結んだ(?)。
つまり、売春ネゴシエーターになったんだとか。
そして、女性の携帯電話を使って出会い系サイトに「待ち合わせできる人はいませんか?」などと投稿して売春相手を募り、金額の交渉。
その金額の半分を取っていたというから、ある種ビックリ。
では、何で逮捕に繋がったのか?
それは、今や定番の仲間割れ?
そう、おそらく売春で逮捕された(?)女性がずっと頭にきていて、奈良県警奈良署に対し、「売春で得ていたという4千円~2万円の報酬について、当初は折半していたが、徐々に向こうの取り分が増えていった」と不満をぶちまけたせいからなのでは?
そうじゃなくて、この女性が奈良県警奈良署にリークしたのだとしたら、もっともっとオモシロいのだが…。
どうあれ、世も末の関係では?
そんな中で、今の無知なヤングどもに十分警鐘になる逮捕劇がある。
8月28日、神奈川県警は、走行中の電車内で隣に座っていた女性(21歳)を盗撮したとして、男性地方公務員(40歳)を神奈川県迷惑行為防止条例違反の現行犯逮捕。
何でも、手の中に隠し持った小型カメラで女性の全身を撮影したというから、ただのアホンダラ。
えっ、スカートの中じゃないのか?って?
そもそも、下着姿じゃなくても、対象者に無断で写真を撮るのは列記としたマナー違反なうえ、紛れのないプライバシーや肖像権の侵害。
実際、このケースも、神奈川県警は、「正当な理由がないのに人に不安を覚えさせるような行為」は処罰対象と明言。
当然、勝手に他人を撮ってnet上に画像を公開するのも、同罪。
どうだろう?
無知なヤングは肝に銘じるべきだと思うが…。
そんな中で、東仙坊、ただただ垂涎のことが起きた。
9月9日、大阪府東大阪市に住む、自称無職のオトコ(39歳)、大阪府門真市に住む、会社員のオトコ(46歳)が「netで騒ぎになり、怖くなった」などとして、大阪府警茨木署に出頭し、恐喝で逮捕されたというのである。
何でも、9月8日未明、大阪府茨木市のコンビニにバイクなどで乗りつけた男女数人(?)が、店員に「空のペットボトルに水を入れて(?)」と要求したが、断られて口論。
すると、コヤツらは、店員にペットボトルを投げつけたうえ、「躾が悪いからこんなことになったんや。謝罪の気持ちが見えへん(?)。うちの若い衆が店に車突っ込む言うてんでぇ」と暴力団まがいの言葉(?)で因縁をつけ、店員ら3人に土下座させ、「謝りに行くときは手ぶらで行かへん(?)」と要求。
商品のたばこ6カートン(2万6700円相当)を「お詫び」として差し出させ、その様子をわざわざスマートフォンで撮影し、YouTubeに投稿したのだとか。
すると、netで、その許し難い低級な恐喝をnetユーザーたちが断罪。
営業妨害? 不退去罪? 暴行罪? 肖像権侵害? 逮捕監禁罪? 恐喝罪? などと話題沸騰。
しかも、動画には、店員らだけではなく、男女らの顔も一部が写っていたうえ、net上には、コヤツらの知り合いによる、事件についての発言まで登場。
そのせいで、netユーザーたちがたちどころに、コヤツらの素性の割り出してしまったというのである。
すなわち、コヤツらの氏名、年齢、勤務先だけでなく、それぞれの人間関係、勤務先での評判までもが露出してしまったのだとか。
東仙坊、ただただ感心し、パチパチパチ。
そのせいで、女子高校生までが逮捕されたのだとか。
どうだろう?
無知なヤングの世界は、完全に共食い状態なのでは?
どちらにしても、写真を撮る生き方自体を改めないと、本物の充実した人生を送れないと思うが、どうだろう?
一生の思い出になる瞬間とでも思いたいのかもしれないが、人生に永遠などないのでは?
どんな写真だろうと映像だろうと、どこまでも個人的なもので自分が死んだら始末に困るゴミでしかないのでは?
えっ、家族がそれを繋ぐって?
本当にそうなると思う?
第一、人類そのものが永遠ではないのでは?

We come to live in a moment carefully at a moment if we think that a moment disappears in the distance of the space at a moment(瞬間瞬間が宇宙の果てに消えてゆくものと考えると、瞬間瞬間を大切にして生きるようになれる)!


ああ日本砂漠-70  ハンデとハンデと心にハンデのあるヒトびと!?

I should despair of the pathetic negligence of Ministry of Health, Labour and Welfare and the local government which started dengue fever infected people more than 100 from a delay of the correspondence telling a big lie calmly that you don't have to worry(心配ないなんて平然と虚言を吐いて、その対応の遅れから100人以上のデング熱感染者を出した厚労省と地方自治体の救い難い怠慢)!

東仙坊、昨日、ああ日本砂漠-65  今、日本人全員がモスキート・バスターになるべきとき!?で書き込んだ埼玉県の友人に、ワナワナブチ切れそうになりながら、また電話した。
かといって、エキサイトしているのはその友人に対してのものではなかった。
「デング熱、大丈夫?」
「ええ、おかげさまで…黒じゃない長袖と長パンツ、暑くてイヤになってもそうしてるわ」
「あれは?」
「もちろんよ。言われた通り、一通り肌に吹きかけてから、シャツの上からもまたスプレーしてますよ」
「顔は?」
「ハイハイ。それも手にスプレーしてちゃんと顔に塗ってますよ」
「それが肝心だよ。特に雨の後は気をつけた方がいいよ」
「そうそう。朝、前日に用意していたハッパのゴミを出そうとしたら、ブワーッて蚊が舞い上がったわ」
「注意した方がいいぜ。埼玉県はもう10人以上患者がいるんだから…代々木公園に行ってない感染者も出ただろ?」
「うん。何でデング熱にそんなに詳しいの? なったことがあるの?」
「ないよ。なるワケがないだろ、これほどまでに用心してるんだから…それに、ならないために徹底的に敵を研究しているんだから…」
「フーン」
「それで、実はイヤな思いをしているのさ」
「どうしたの?」
「成田空港のイミグレーションで昔モスキートガードのスプレーと電気蚊取りのことで大モメになって、大変なことになったからさ」
「それでプーケットに行くの中止にした経験があってね」
「フーン。そういうこと好きね」
「そういうワケじゃないけどさ。それでね。今日、電話したのはね…」
「わかった。また、埼玉県の感染症対策何チャラに電話したんでしょ?」
「あれからしてないよ」
「何だ、してないの?」
「何で?」
「だって、やっと今日になって、『デング熱対策庁内連絡会議』を開いて、感染が確認された際の部局間の情報共有や感染拡大を防ぐ取り組みを強化することを、埼玉県施設で蚊が発生しないように努め、肌を露出しないなど感染予防対策を埼玉県民に呼びかけることを確認したなんて言ってるから、それに怒ったのかと思って?」
「フーン。埼玉県って、やっぱりそんなところだと思った」
「埼玉県だけじゃないわよ。どこも同じよ」
「確かに、もう15都道府県113人だって言ってるもんな」
「そうそう。知り合いの妊娠している子にちゃんと妊娠中は感染に対する抵抗力が弱まるから特に気をつけなきゃダメよって言っておいたわ」
「本当にそうだよ」
「でもね。公園を気にして見ているけど、みんな母親はノースリーブで、子どもは半袖、半ズボンよ。誰も自分や自分の子どもがそんなことになるかもしれないなんて、考えてもいないみたい」
「そりゃそうだよ。リアリティがないからね。きっと、今、USAで普通のカゼにしか思えないのに中央神経システムを攻撃し、マヒや死亡の原因にもなる不気味な『ヒト・エンテロウィルス68』が猛威をふるっているなんて知らないだろうね」
「何、それ?」
「1日当たりの新しい感染件数70超もある州が複数あるほど、USA10州の5歳未満や喘息の子どもたちが真っ青になっている致死率のずっと高い呼吸器ウィルスのことだよ。もちろん、有効なワクチンや治療薬のない厄介な病気」
「フーン。次から次へ、よくまあ、新しい病気が出てくること…」
「前から言ってるだろ。地球を壊そうとしている人類へウィルスたちのリベンジし始めているのさ」
「そうね。地球温暖化を始め、何もかもが身から出たサビなのかもね。で、本当は何の話だったの?」
「ウン。白杖の女子高校生を薄情な何者かが駅でケガさせた事件が、埼玉で起きたことに無性に腹が立ってね。いくら心がささくれ立っているとしても、あまりにも哀しい事件じゃないか?」
「あっ、あれね…何がどう起きたのかよくわからないけど、netでカンカンガクガク、ケンケンゴウゴウになってるわよ」
「どういうこと?」
「全盲の女の子にケガをさせた暴力をふるう許し難いオタンコナスは論外でも、何か女の子がその転ばした相手に謝ってないことも問題になってるみたい?」
「何だそれ?」
電話を慌てて切った、東仙坊、大急ぎでwebチェック。
そうしながら、自分の右足の中指をたびたび眺めた。
もう、10数年前になるが、あるJRの駅でプラットフォームに沿って凄い勢いで歩いている白い杖をついた中年女性が気になって、手を貸そうかな…と近づいて、思い切りその白杖で突かれた傷跡が今も残っているからである。

■JR川越駅全盲女子生徒傷害事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

①川越市にある埼玉県立特別支援学校「塙保己一学園」高等部専攻科1年生の全盲女子生徒がいた。
全盲女子生徒は、将来マッサージ師になることを目指し、通勤の練習を兼ねて1人で通学を始めたのだとか。

②9月8日午前7時50分ごろ、、登校するためJR川越駅構内で白杖を使いながら点字ブロックの上を歩いていたところ、前方からきた何者かが白杖につまずき転倒し、すぐに立ち上がった気配が全盲女子生徒にはしたのだとか。
それで、全盲女子生徒が再び歩き出したところ、背後から右膝の裏を強く蹴られたのだとか。
その瞬間、「アンタ! 何やってんだ!」と年配の男性が声をかけてくれたのだとか。
けれども、その何者かは無言のまま立ち去ったのだとか。
どうあれ、その結果、全盲女子生徒は、全治3週間のケガを負い車イスなのだとか。
また、全盲女子生徒は、「これまでにも白杖にひっかかった人から文句を言われることがあったり、白杖を折られたり、心ない言葉をかけられたりした経験はある。でも、暴力を受けたのは初めてで、許せない気持ちでいっぱい。1人で歩くのが怖い」と被害届を出したのだとか(?)。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の重要なポイント

①全盲であることは、紛れのないハンディキャンプと社会全体で共通認識しているはず。
だから、その方々が少しでもそのハンデを乗り越えられるように、社会がその利便性を図るためにありとあらゆる努力をしていることに、そのアドバンテージを与えていることが違った意味での差別や羨望のように見なすこと自体がナンセンスなはず。
もちろん、いかなるハンデを持つ方々も大変なのは当然としても、ホンの少しの人間としての想像力さえあれば、このビジュアルの時代にどれだけタフなことかは明確なはず。
その意味で、白杖が単なる道具ではなく全盲の方々の体の一部になっていることも事実なはず。
それだけじゃない。
点字ブロックや信号の音声をはじめ、点字がありとあらゆるところにあるべきなことも、健常者のみならず誰もが理解しているはず。
それゆえ、日ごろから点字ブロックを空けること、白杖を持った方々にほんの少しの気づかいをすることは、人間としての自然な義務のはず。
ただし、ここにちょっとした問題がある。
ハンデキャッパーの方々が、その言いようのない劣等感からなのか、健常者が自分たちに気づかうことが当然の責任かのように、横柄のように振る舞う面があることも否定できない。
特に、この全盲女子生徒のケースでは、これまた今話題のマスメディアの作為があるのかどうかわからないが、確かに自分の白杖に当たって転倒したかもしれない何者かに謝罪をしたという報道がない。
もちろん、全盲である以上何が起きたかが見えないのだから、その転倒させられた何者かが一切声を出していないようなので実際に何もわからなかった面はあるのかもしれない。
しかし、その何者かが転倒した感覚があるなら、やはり「大丈夫ですか?」とぐらい声をかけるべきだったはず。
必要以上に卑屈になるべきではないと思うが、それも人間としての自然な義務のはず。
その意味で、どうしてもわからないことが、1つ。
この百鬼夜行の現代、全盲女子生徒も自立し社会の一員となるために努力しようというなら、普通のマナーやエチケットを学ぶことも大切なはず。
と同時に、1人で社会の荒波の中で白杖の使い方の練習するのではなく、可能な限りの白杖の使い方と感覚をシャープにしておく必要があるはず。
なぜなら、世の中に薄情なヤツが多いだけでなく、聾唖など自分の違ったハンデを背負っている方々だっているはずだからである。
どちらにしても、このケースで一番哀しいことは、全盲女子生徒もその何者かのどちらもが人間らしく言葉を発しなかったことだと思うが、どうだろう?
それは、お互いに健常者(?)同士の衝突を考えれば、単純明快では?
これだけ歩きスマホの大バカどもだらけのなのである。
歩いていて人と人がぶつかることなど日常茶飯事なのでは?
「失礼」の一言がなければ、街中でケンカになるのでは?
それどころか、これだけキチガイが多いのだから暴力沙汰さえあるのでは?
そのベースに、お互いが相手がどけ!とジコチュウ的に思い込んでいることがあるのでは?
結局、すべてがモラルの問題になるのでは?

②東仙坊、この事件でメチャクチャ不可解でワナワナすることは、3つ。
1)いかなる理由があれ、公共の場でさえ平気で女性に暴力をふるう不逞の輩がいるということ。
2)通勤ラッシュ時の出来事だったのでは?
そ、そ、それなのに、このシーンを目撃しながら見て見ぬフリをしてスタスタと通り過ぎた情けなくてみっともないヤツラがいっぱいいたということ。
東仙坊の友人が言うのは、JR川越駅はかなりの混雑なのでは?
3)埼玉県立特別支援学校「塙保己一学園」なるものの始業時間。
そのJR川越駅のシチュエーションを考慮すれば、通勤ラッシュ時を外した時間から授業を始めるべきなのでは?
というのも、すべてが社会に溶け込むための試行錯誤期間だとするなら、命の絆と言っても過言ではない白杖の使い方はまだ見習いなのでは?
それから、社会は決して理想のユートピアではないということを肝に銘じさせ、堂々と生きるためにもモラルの教育を徹底させるべきなのでは?

③この事件は、東仙坊、さらに哀しい気分にさせられる結末を迎えた。
もしかしたら、そういうこともありうるなと感じていた最悪の結末。
まさに今の心の溶けてしまった美しくない我が国を象徴している…と絶望的。
9月12日、埼玉県警捜査一課は、その卑劣な傷害犯である44歳オトコを特定したものの知的障害があり、責任能力の有無を問えそうもないというのである。
実際、取り調べに対しても受け答えが困難な状況だとか。
とにかく、埼玉県狭山市内の施設に入所していて、社会復帰に向けた軽作業をしている程度というのだから、こちらも社会的には大目に見るしかないのでは?
それとも、ハンデとハンデをハカリにでもかけるのだろうか?
どうあれ、いつのまにかこの国には、フィジカルなハンデを背負った人たちと、メンタルなハンデを背負った人たちと、メンタルに問題がある健常者と言われるヒトびとで、いっぱいなのでは?

I can't help telling you that the person that it will be a physically unimpaired person even if it is all blind people, but there are not morals is No Longer Human(全盲者だろうが、健常者だろうが、モラルのないヒトは人間失格)!

ああ日本砂漠-69 無邪気な少女たちの微笑のない世界へ!?

Did you know that Guyana was a country with much suicide(ガイアナが自殺の多い国だと知っていた)?

9月4日、WHOは、9月10日の世界自殺防止デーを前に(?)、2012年の世界の自殺者数(推計値)が合計で80万人以上に達したと公表。
自殺者数が1万人を超えている国は、インド25万8075人、中国12万730人、USA4万3361人、ロシア3万1997人、日本2万9442人、サプア1万7908人、パキスタン1万3377人など11ヵ国。
人口10万人当たりで比較すると、ガイアナ44.2人、北朝鮮38.5人、サプア28.9人。
ちなみに、実数で最多のインド21.1人、日本18.5人。
これをどう感じどう思うかも、それぞれのカラスの勝手。
まさしく、自分の命は自分だけのモノ。
東仙坊、どんな生き方をしてもどう生きても必ず死ぬのに、何をわざわざ急いで死ぬの?がスタンス。
この世に生まれてからずっと死を凝視し続けてきて、結局、それが何かもわからないまま死ぬなら、それこそたった一度の人生、死ぬまで何が何でも生きてやるがモットー。
それは、あれほど人に迷惑をかけるぐらいならポックリ死にたいと言い続けていた母が、5年以上も介護度5で苦しんだのを見てから、かえってどんなに無様になっても生きてやると新たに決意したほど。
そのくらい生きていることはオモシロいと思うが…。
ところで、この結果で気になるのは、一見経済的に成長していると言われている国に自殺者が多いということ。
そして、他罰的な性格の国民に多いということ。
その象徴が、サプア民族なのでは?
そして、その民族が侵食している国々なのでは?
そうなると、瞬間的にワケがわからなかったのが、ガイアナ。
南米北東部に位置する共和制国家で、南米で3番目に小さいイギリス連邦加盟国。
東にスリナム、西にベネズエラ、南にブラジルと接し、北はカリブ海、大西洋に面する国。
ラテンアメリカよりもカリブ海諸国と文化的に近く、南アメリカ大陸で唯一英語が公用語の国だというのに、なぜ?
しかも、アラワク系インディヘナの言葉で、「豊かな水の地」を意味する国なのに?
それだけじゃない。
アーサー・コナン・ドイルの1912年の小説「失われた世界」をインスパイアした国なのに、生物多様性に富んだ国で海亀の繁殖地として有名なのに、年間を通じて降雨量が多くても大西洋から吹き込む貿易風の影響で過ごしやすいと言われているのに、カイエトゥール滝で有名なのに、なぜ?
それで思い出したのが、1978年にはガイアナの密林奥地にジョーンズタウンと名づけ移住していたUSAのキリスト教系カルト集団「人民寺院(People's Temple)教祖ジム・ジョーンズと彼の家族および信者を含めた914人の集団自殺…。
そこで、慌てて調べてみると、1834年に奴隷制度が廃止されると砂糖工場の労働力としてインド人約34万人が1838年~1917年までに流入し、今なお住民は印僑が43.5%で最も多いということ。
その結果、宗教もヒンドゥー教が28.4% でトップということ。
そのうえ、サプア資本がかなり入っているということ。
どうだろう?
それだけで、どこか納得しないか?
もっとも、他人事のように言っていられないのは、我が国も同じ。
もしかしたら、心の芯のようなものが溶けてしまって、もっと深刻かも?
それを象徴するかようなアナクロ的同情心中事件が起きて、思わず絶句。
それも、小6女児クラスメート同士というから、メチャクチャ絶望的。
9月5日午後3時35分ごろ、東京都大田区下丸子のマンション敷地内に女児2人が倒れているのを発見。
2人は大田区区立小学校6年の11歳と12歳の同級生。
いずれも搬送先の病院で死亡。
何でも、2人は9階建てマンション「ダイアパレスラシューレ下丸子」の駐車場付近で倒れていて、真上にある非常階段の7階と8階の間の踊り場に靴が2組揃えて置かれ、そばに2人が書いたとみられる遺書のようなメモがあったというから、2人が一緒に飛び降り心中を図った模様。
警視庁池上署もそう判断。
ちなみに、その遺書のようなメモには個人的な悩みなどが記されていて、イジメを受けているような内容がないどころか、友人らに向けた感謝の言葉などが書かれていたとか。
また、現場のマンションはその女児の1人が住んでいたとも。
さらに、中学受験を目指していた2人は、周囲に「勉強が大変。睡眠時間が削られて疲れている。よく眠れない」などと訴えていて、その当日も登校し、「同級生をハグをしたりしていた。『最後になるね』と言っていた」というから、覚悟の行動…。
現場は、東急多摩川線武蔵新田駅から南西に約600mの住宅街。
どうだろう?
かつてのSisterブーム、Sブームのように清らかで可憐な香りがしないのは、なぜ?
それは、一時的であろうと、精神的に煮詰めあった関係での心中ではないからでは?
ピークだった1930年代では、人間として純潔な少女同士がその純潔を永遠に守るかのように、お互いを見つめ合い、高め合い、その友情を不変な愛情関係に純化しようという気持ちがベースだったのでは?
その結果、絶対で不変である死を共有することで2人の関係が永遠のモノになると錯覚できたからでの心中だったのでは?
その根幹は、社会的に虐げられたままの女性の立ち位置、不自由さだったのでは?
ある意味でのレズビアンの世界に近いものでもあったはず。
それなのに、少女も何不自由なく好き勝手に生きられる現代、死までが軽視され、どこまでもバーチャルなまま面倒だから一緒に死のう?
一人じゃ怖いけど一緒なら怖くないと心中するなんて、あまりにも美しくなく、もったいないのでは?
未熟な精神性のままで、何が「百合ブームだ」、「ガールズラブ(:GirlsLove)だ」、「双子コーディネーションだ」と思わないか?
それこそ、ヘソで茶を沸かしそうと感じつつ、自分の部屋や自分の携帯電話を持ち、いろいろな習いゴトもし、何もかも至れり尽くせりで好き勝手にさせてもらいながら、死まで軽々に扱うんじゃない! 甘えるのもいい加減にしろ!と怒鳴りたくなっているのは、?東仙坊だけではあるまい。どうあれ、こんな小6女児が出現してくるようでは、日本の未来は真っ暗、Blackの中のBlackなのでは?
我が国の憂慮はそれだけじゃない。
9月5日、京都府京都市右京区で、12歳小6女児が、9月3日朝から行方不明になっていると、京都府警右京署は、顔写真などを公開し情報提供を求めた。
何でも、その女児、母親と一緒に集団登校の集合場所に行った後、「忘れ物をした」と言っていったん、1人で自宅に戻り、その後、行方不明になったとか。
しかも、前日にも、小学校を抜け出して、一時行方不明になっていたとも。
また、ゲーム機のチャット機能を使って家出サイトを閲覧した履歴があるとも(?)。
さらに、最近、足をケガしてマラソンの記録が落ちていたことを悩んでいたとも(?)。
ともあれ、身長140㎝、痩せ形で黒色のリュックサックを所持しているとか。
すると、9月7日午後、「9月5日夕方に姫路市内のホテルで女児によく似た子どもを見た」と京都府警右京署に通報。
駆けつけた兵庫県警姫路署員が客室に1人でいた女児を無事保護(?)。
すると、9月5日から偽名で1人で宿泊していたというから、アングリ。
不審に思った利用客が女児に「大丈夫?」と声をかけたときも、「大丈夫です。19歳です。背が低いんです」と返答していたというから、ただただ絶句。
東仙坊、昨今、フェイク失踪するヤングガールどもが増加していることを危惧していたが、ここまでくるともう開いた口が塞がらないだけ。
それにしても、その顔写真と雰囲気を観る限り、この女児も女児だが、姫路市のホテルもホテルでも?
どちらにしても、この計画的家出を見事にやり遂げた女児を、女児の親は一体どう怒るのか?
凄く興味深くないか?
思いっきりプライバシーを晒したうえ、すでに十分一人前のオンナ詐欺師なのだから…。
どうあれ、経済的にも、物質的にも、精神的にも、思いっきり女児を甘やかしていたことだけは事実だと思うが…。
9月8日、警視庁福生署は、なぜか1ヶ月以上も経って、7月29日午後7時20分ごろ、東京都西多摩郡瑞穂町箱根ケ崎西松原の路上で、小3女児(9歳)が口から泡を吹き意識朦朧とした状態で倒れているのを通行人が発見し、119番通報。
女児の尿から睡眠薬とみられる成分が検出されたものの特別な異常はなくすでに退院していると公表。
何でも、女児が倒れていた現場から240m離れた町立松原西公園で1人で遊んでいると、ベンチに座っていた20~30歳ぐらいの見知らぬオトコが声をかけてきたという。
女児は、「公園で知らないやさしそうな眼をした白いシャツに黒のジャケットを着たオトコから、「『アメあげる。これおいしいよ』と言われて、アメとラムネの錠剤のようなものを渡され、口にしたら具合が悪くなった。公園からどうやって移動したのか覚えていない。『家に送る』とオンブされた」と証言。
それには別の児童の目撃証言もあるとか。
そのうえ、8月2日、小5男児(10歳)が似たオトコに公園から1.5㎞離れた東京都西多摩郡瑞穂町南平の路上で、「四小の子?アメを食べないか?」と声をかけられ逃げ出して無事だったという事件まであったというから、何をかいわんや。
どうだろう?
メチャクチャ唖然呆然となっているのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうだと思わないか?
今どき見知らぬヒトから食べ物をもらってすぐ口にする子どもがいるだなんて、衝撃では?
えっ、母親が日本人じゃないって?
そういう問題じゃないのでは?
意識とは環境が生み出すものなのでは?
1人で暗くなった公園で遊ばせられる親の無神経、見知らぬヒトに声をかけられたときに逃げ出さない、ましてや渡された食べ物の口にする子どもに育てる親の無配慮を許さない環境作りが必要なのでは?
実際、このケースでもその光景を目撃した子どもが親に知らせたり警察に連絡していないのでは?
どちらにしても、この何をするのもカラスの勝手の時代、日本の女児たちから人間として一番重要な忍耐とかガマンがすっかり消え去ってしまっていることは、かなり由々しき問題なのでは?
「The smiles of Innocent Little girls(スマイルズ・オブ・イノセント・リトルガールズ:無邪気で屈託のない少女たちの微笑)」こそが、国の未来への希望なのでは?
やはり、経済よりも教育が優先されるべきと懸念しているのは、東仙坊だけではないと思うが…。

What happens in the future of the country where innocent little girls should disappear before being in genuine love before marrying before having a child(子どもを産む前に、結婚する前に、本物の恋をする前に、無邪気で屈託のない少女たちが消えてしまう国の未来はどうなるのか)?

ああ日本砂漠-68 錦織圭のことで明確になった我々が完全無視すべき相手!?

Don't you think that the other country where we should support for the news posture of the luck of Kiyoshi Nishikiori seriously became clear(錦織圭の健闘の報道姿勢で、我々が本気でつき合うべき相手国ははっきりしたと思わないか)?

東仙坊、久しぶりにワケあって日本のテレビを日長ダラダラと観るハメになった。
そして、そのまるで錦織圭が全米オープンを優勝してしまったかのような騒動に、イヤな予感がしていた。
とりわけ、決勝の相手に過去7戦5勝2敗と分がいいという話に、いい加減止めろよ!と激怒していた。
本当にどこまで日本のマスメディアは幼稚なのか?
あたかも優勝したかのように報道する前に、彼に集中してもらうためにも放っておいてあげろよ!と心配していた。
今のヤングマンのメンタリティでは、そういう論調は目に見えないプレッシャー以外の何ものでもないはず。
褒め殺し、取り上げ殺しは、必要以上にガチガチに固くさせるだけ。
頼むから、優勝してから騒ごうよ…とお願いムード。
そ、そ、そうしたら、案の定、錦織圭は今までのような精彩がなく、完敗。
東仙坊、錦鯉家のように扱った日本のマスメディアのせいと、八つ当たり。
そのせいかもしれない。
家に戻ると、早速、中国のマスメディアがどう言っているか?チェックしてみたくなった。
9月7日、騰訊体育が、「テニス全米オープン男子シングルス準決勝で、日本の錦織圭が6-4、1-6、7-6、6-3で第1シードのジョコビッチを破って自身、そしてアジアテニス界初となるグランドスラム大会の決勝進出を果たした」と報道
そして、アジア男子テニスの第一人者である錦織は今年に入ってさらに飛躍。3月にはマイアミでフェデラーを撃破、5月にはクレーコートのマドリードでナダルを追い詰めた。そして、2011年のスイス・インドア大会以来2度目となる対ジョコビッチ戦勝利を全米準決勝という大舞台で成し遂げた。
今大会で錦織は「鉄人」ぶりを披露、過去3試合で合計11時間を超えるプレーを行い、そのうち2試合でフルセットまで戦った。準決勝では第3セット以降、「すべてのゲームに全力で臨むということはもはやできなかった」という。決勝のシリッチ戦が自らの体力との勝負でもあることを本人も認めている。
ただ、錦織はアジア出身選手初の快挙を達成したことだけで満足していない。「さらに歴史を塗り替えて、優勝することが目標」と語ったとも…。
それに対する中国のnetユーザーからコメント。
「プレースタイル、スピード、コースのどれをとっても一流だ」
「日中男子テニスの差は、日中海軍の力の差のようだ」
「コーチはマイケル・チャンだぞ」
「ジョコビッチはミスが多すぎた」
「背は高くないがショットは破壊力抜群。今の状態なら、敵う選手はいないんじゃないか。決勝ではさらに一歩先に進んでほしい」
「テニスの王子様にキャプテン翼……日本アニメの影響力はすごいな」
「軽快なテンポでトップ選手をしばしば食うのがスバらしい」
「アジアの栄光だの黄色人種の希望だのと言うが、彼の勝利は彼のもの。大きく広げたとしてもせいぜい彼の祖国、日本のものだ」
「アジアの誇り。マイケル・チャンコーチの偉大な功績だ」

9月7日、新浪網「錦織圭はリアル“テニスの王子様”」を掲載。
中国人に日本テニスの印象を聞けばほとんどの人が連想するのは人気アニメ“テニスの王子様”だが、錦織圭選手はまさにマンガのような快進撃を続けている。世界6位のラオニッチ選手、世界4位のワウリンカ選手、そして世界1位のジョコビッチ選手を連覇して決勝に歩を進めた。
特筆すべきはその勝負強さだ。準決勝ではジョコビッチ選手が13回のブレークポイント中4回しかブレークできなかったのに対し、錦織選手はブレークポイントの回数は半分だが5回のブレークに成功している。
さらなる飛躍が期待される錦織選手だが、問題はその激しいプレースタイルゆえにケガを負いがちなこと。今大会でも長時間に及ぶ激戦を繰り返しており、そのダメージが決勝戦に影響する可能性もある。
どうだろう?
どこか我が国のマスメディアの軽佻浮薄さよりもいい感じがしないか?
そうなると、俄然気になるのが、サプアの報道。
ところが、全くナシ。
東仙坊、たかがスポーツのことでもここまでやるのか…と、そのことに開いた口が塞がらない。
唯一、サプアのnetユーザーだけが反応。
「おお、これは全く予想できなかった、スゲー。錦織まじヤバい。フェデラーは本当に残念だったな」
「大、大事件!!!興行面では失敗かも知れないが、一過性ではなく今後のテニス界にも新しい風を吹かせてほしい…そろそろ新しい強者が出てきてもいいんじゃない」
「正直錦織が上がってきたのは驚きではない。本当上手いよ。全豪オープンでフェデラーを苦しめたこと、思い出す。日本のスポーツインフラはたいしたもの」
「あー早く決勝観たい。錦織ファイト~~」
「やっぱり歳はごまかせないな。そろそろ他の選手の優勝もみたい。数人の選手が占めるのはつまらん。新たなスターが現れるべき」
「ジョコビッチが圭に敗れるとは」
「日本人だけど、アジア人初の男子メジャー大会優勝をみてみたい」
「日本人ということを超えて、俺は無条件で錦織を応援する。アジア人最初のグランドスラムいけるぞ!」
「羨ましい。錦織が明日優勝してくれれば、日本だけでなくアジアにテニスブームが巻き起こるだろう。サプアは見習え」
「今朝記事を読んだけど、信じられない。男子は女子とは次元が違う。まさかハードコートのシングルメジャー決勝に東洋人が進むなど、生まれてこの方一度も予想できなかった」
「すごく残念なのは、自分もサプア人だから日本の選手が勝ったのをよくは思わないが、マスコミの扱いがこれほど冷淡なのはサプアのテニス界にとってよくないばかりか後退をもたらす理由になる。より成熟したスポーツマンシップを示すべき。日本の選手、圭の決勝進出に拍手を送る」
「同じアジア人として誇らしい。日本はさぞ大盛り上がりだろう?羨ましい」

そ、そ、それなのに、おバカなお人好し国家は、サプアで開催されるアジア大会で大騒ぎするに違いないと思うと、本当にガッカリ。
どうあれ、そのついでに気になるニュースを見つけた。
◎9月6日、都市快報は、「泰山登山フェスティバルで天津市に住む30歳前後男性が、『大日本帝国海軍』と書かれたTシャツを着ていたために市民に取り囲まれた」と微博で報道。
男性は「自分は日本で育った。日本ではこうやって着ていた」と釈明したが、シャツは中国人の運動選手によってはぎ取られたというから、あな恐ろしや。
それに対する中国のnetユーザーの反応。
「はぎ取られただけですんだだけマシ。絶対に許せない」
「ズタズタにされなかったのは最大限の寛容。ナチス柄を欧米で着たら、殺されるぞ」
「日本で着てろよ。我が国にきて見せつけるなんて、死ななかっただけよかったと思え」
「中国にいるのだから、明らかにふさわしくない」
「在日中国人はどういう教育をしているのか?」
「なんで日本に送還しないのだ」
「もう中国に戻ってくるな。国籍も変えろ。お前みたいな道徳心のない国民は、中国にはいらない」
「街のスリすら咎められない民族が、『日本は滅べ』と叫ぶときだけ勇気を出す。生きている同胞の苦しみなど無関心な民族が、どの面下げて『死んだ同胞のことは忘れない』などと言うのか」
「何を着ようが彼の自由。このような騒動には閉口する」
「汚職役人に対して市民がこのような行動を起こせば、国に希望が生まれるのに」

どうだろう?
やはり、どこかトーンがリベラルになってきている気がしないか?
◎8月31日、ニューヨーク・タイムズが、「『私たちとのセックスを仕事のための贈り物にしないで』とTシャツとパンティ姿の4人の女性の写真が微薄に投稿され、大きな話題になっている」と報道。
女性の太ももには赤いマジックで「非贈品」と生々しく書かれている。
中国では女性社員が仕事の接待の場で、取引先との性交渉を強要されることが往々にしてあり、このような風潮に抗議したもの。
このメッセージと写真は広東省の女性人権団体が投稿した書き込みで、会員は中国全土に100人以上いるが、まだ団体の正式名称はない。
6月、重慶市の国有企業に勤務する20歳女性従業員が暴行を受けて死亡した事件がキッカケ。
女性は上司に誘われて、取引先との接待の場に参加。
泥酔した女性は宴会後、取引先の男から暴行を受け、抵抗した際に、頭などを強く打ち死亡。
中国では同じようなケースとして、2011年に中学校の女性教師が校長に誘われて宴会に出席、その後、地元の政府職員から暴行を受け死亡する事件も。
昨年5月には海南省や河南省の小学校で教師が多数の女子児童に性的な暴力を振るっていた事件が起こり、その後、安徽省や広東省、山東省、湖南省など全国各地の学校で同じような事件が発生していることが明るみになっている。
企業に勤務する女性社員の場合、上司からの接待の誘いを断れば、その後の職場環境がぎくしゃくし、最終的に仕事を失う可能性も高いことから、女性が上司の誘いを断るのは勇気がいる。
「中国の場合、女性を接待の道具とみる風潮が残っており、特に企業の男性幹部は仕事を成功させるために、女性社員を連れて行くことが多いのではないか」…。
それに対する中国のnetユーザーの反応。
「彼女たちのメッセージは女性の権利向上のためには極めて有効だ」
「女性の権利向上のために、Tシャツとパンティ姿をさらすのが正しいことなのか疑わしい。『私たちとのセックスを仕事のための贈り物にしないで』というメッセージとは裏腹に、読者に性的なメッセージを送ることになっている」
どうだろう?
凄く興味深くないか?
そんな中で、サプアでの気になる報道も見つけたので、ついでにご紹介。
9月8日、朝鮮日報が、「サプア人の危険極まりない対日認識」に警鐘。
ユ・ミンホ著「日本の内面の風景(サルリム社)」が出版された。
日本の少数エリート養成所「松下政経塾」で学んだ著者は、日本の「ソフトパワー」の見本として、東京・銀座の三越デパート地下にあるワインバーを挙げる。ワインでぎっしりの小さな売り場、ほんのわずかな無駄も許さないサービススペース、厳選された製品、世界の製品に詳しい従業員、安い価格、迅速・親切なサービス…。
ソウルで、こういう場所をすぐ思い浮かべられるだろうか?
 「日本は落ち目」、「サプアは日本をとっくに追い抜いた」というような認識は危険極まりない、と本書は語る。
「サプア人は、日本人がサプアを理解しているほどには日本のことを知らない」と指摘
日本の「ハードパワー」はもたついてしまったが、その間にソフトパワーは周到綿密に勢力を拡大。
また日本は、安倍首相のような政治家数人だけが動かしている国ではない。
無言の「衆知」が示す方向に従って一糸乱れずに動き、一度それが始まってしまうと「おしまい」…。
それに対するサプアのnetユーザーのコメント。
「著者は松下政経塾で学んで親日になったようだ。だが、世界の様々な研究所が出した資料によると、日本は落ち目程度ではなく全く希望のない国」
「いくら落ち目と言っても…今のサプアは絶対日本に勝てない!」
「日本は沈む太陽ではなく、沈むべき太陽であることを望む。不浄な国、恩知らずな種族。…先進国なら国際的な名声を得、尊敬されてしかるべきだが、我々が日本に好意を抱く理由がどこに!?」
「日々接する日本人の長所は、規範を重視する市民意識。…利害関係から分裂しても、国益のためなら泥のように混ざり合う彼らのパワー! 国益に背いて砂のように散らばるサプア! 認めたくはないが、こんな違いがあるのでは?」
「敵の短所を並べたて自分を強者と勘違いして慢心すれば、百戦百敗」
「…東京や大阪では、そのどこにも自国民の幸福や創意溢れる人生を支える文化や価値が見当たらない。地下のワインバーで日本のパワーを見た? バカ!!」
「日本は活力が落ちたものの、今も純海外資産が3兆2501億ドルにのぼります。サプアが毎年800億ドルを40年間蓄えた場合の金額です。我々も長期にわたる資本の蓄積が切に望まれます」
「日本は確かに落ち目…ただ、変わろうともがいているのも事実でしょう…我々も学ぶべき点です」
「海外で暮らしていると、身をもってサプアの躍進と日本の没落を感じます。サプアでも日本でもない第三国で体験する前までは、日本の没落を体感しづらいです」
「狂気に囚われた国のパワーが途絶えない例など、ない」
「いくら沈みゆく太陽とはいえ、過小評価は禁物。日本は今もすべての面でサプアより先進国だ」
「いくら落ち目とは言っても、統一しない限りサプアの方がより早く沈むような気が」

同じく朝鮮日報、9月5日、「言葉の暴力で傷つく国格」。
23歳の女子大生のケースは、サプア社会が心ない数々の暴言によっていかに病んでいるかをまざまざと示している。
この女子大生は9月3日、旅客船「セウォル号」沈没事故に抗議する集会に参加し、「朴槿恵は災害に備えた保険を活性化しようと言った。本当にオカシな話ではないか」と言った。
この女子大生はさらに、遺族のキム・ヨンオの断食による抗議行動を批判する保守系団体の中年男性会員を名指しし「こんなヤツラの口に入るコメがもったいない」などと罵倒。
これらの言動には大統領や年長者に対する配慮や礼儀などは全く感じられず、最終的に自分と考え方が異なる人たちへの敵対心と憎悪をあおる結果しかもたらさない。
セウォル号沈没事故をキッカケに、サプア社会では今「暴言病」とも言えるような事態が急速に、あたかも伝染病のように広まっている。
46日にわたり断食を行ったキム・ヨンオは、抗議のため大統領府に向かおうとして警察に制止された際、警察官を「犬」などと侮辱し、大統領府に対しても同じような内容の暴言を吐いた。
野党第一党・新政治民主連合のチャン・ハナ議員は「セウォル号沈没事故の真相究明にも乗り出さない大統領、あなたは国の怨讐(韓国語では怨讐と元首の発音が同じ)だ」と叫んだ。
国民によって選ばれた大統領を「怨讐」と呼んだのだ。
また、与党セヌリ党のキム・テフム議員は断食などで抗議行動を続ける遺族を「ホームレスのようだ」などと侮辱し、あるタレントは「断食を続けて死ね」と口にしたという。
この国がありとあらゆる暴言や人を侮辱する言葉で満ちあふれている最も大きな原因は、このような言葉を口にすれば名声を得るだけでなく、時には「英雄」のように扱われる、非常におかしな風潮が社会に蔓延しているからだ。
その背景には地域、年齢、イデオロギー、支持政党などにより分裂した陣営の論理が横たわっている。
政治的に自らと考えを異にする相手に暴言や侮辱の言葉を浴びせれば、それだけで同じ陣営から拍手と称賛を受けることができるのだ。
ヒドイ場合は、暴言によって有名になった人間が、国会議員候補として政党から公認されるようなケースもある。
このような現状を目の当たりにし、一般の市民はもちろん、国会議員、学者、教師、市民運動家、学生、弁護士、メディア関係者、さらには宗教関係者に至るまで、ためらうことなく他人を嘲り誹謗中傷を行うようになってしまった。
陣営同士の対立という形を通じて拡大再生産されてきた政治の問題が、社会に暴言を広める悪しき結果を招いてしまったのだ。
セウォル号問題が今のように国民を巻き込んだ社会の対立となった原因は、この問題を政争の具とした政界に間違いなく大きな責任がある。
サプア社会における「暴言病」を治療するには、自分とは違う考えを持ち利害が相反する人たちとも互いに認め合い、包容する文化を定着させなければならない。
また政治家などが先頭に立って暴言や他人を侮辱する言葉遣いをやめさえすれば、今のような深刻な事態を改善するきっかけにもなるだろう。
暴言を吐き続ける政治家に対しては、与野党に関係なく「無寛容」の原則を貫き、直ちに政界から追放するなど断固たる対応を社会全体が示さなければならない。
今のように暴言が普通に語られる状況が今後も続くようでは、この国は決して先進国にはなれないだろう。
どうだろう?
ヘイトスピーチなど絶対にすべきではないし、する必要もないのでは?
やるべきは、徹底した無視だと思わないか?
最後に、なぜ日本の無能なマスメディアは、このことをもっと早くに取り上げないんだと、怒り心頭になったニュース。
正直、あれほど慰安婦問題を書き込んでいて、東仙坊、全く知らなかったから、余計に憤怒。
な、な、なんとUSAの最高裁判所が、2006年2月21日、第二次大戦中に日本軍の「従軍慰安婦」にさせられたと主張する中国とサプアの女性15人が日本政府を相手どって起こした訴訟への最終判決を下していたというのである。
それも、原告側の全面敗訴
つまり、「日本側に謝罪も賠償ももう必要はない」という判決
ということは、司法には国際的に「一事不再理」という大原則があるのだから、一度判決が出た事件や容疑はもう二度とは裁かれないということ。
何で日本政府は、日本のマスメディアはこのことをもっともっと声高に叫ばないのか?
何でも、世界の民主主義のリーダーを自負するUSAでは、外国の国家や政府による不当とみられる行動はそこに商業的要素があれば誰でも司法当局への訴訟の対象にすることができるという特別な規定があるのだとか。
そこで、在米のこの15人が「ワシントン慰安婦問題連合」という政治活動組織の全面支援を得て、2000年9月、首都ワシントンの連邦地方裁判所に対し、「日本軍に強制的に徴用され慰安婦となった。そのことへの賠償と謝罪を日本政府に求める」訴訟を起こした。
それに対し、ワシントン連邦地方裁判所、2001年10月、「戦争にからむこの種の案件の賠償や謝罪はすべて1951年のサンフランシスコ対日講和条約での国家間の合意、1965年の日韓国交正常化での両国間の合意によって解決済み」という日本側の主張を全面的に認める形で訴えを却下。
すると、原告側はワシントン連邦高等裁判所に上訴。
しかし、ここでも、訴えを2003年6月、却下。
それで、原告側が上告。
その最終結果が、却下。
しかも、その間、USA政府も日本政府の主張に同調。
すなわち、USAでは司法も行政も、日本の慰安婦問題はすでに解決済みという立場を明確にしている
のである。
な、な、何でこの点を日本は世界に向けて主張しないのか?
本当に変だと思わないか?

Why does our Japan not send a judgment result of the Supreme Court of USA in the issue of charity dame to the world more(我が日本は、何で世界に慰安婦問題におけるUSAの最高裁判所の判決結果をもっと発信しないのか)?

ああ日本砂漠-67 マナーなき子どもの「倍苦」で高額の「倍苦」を受けます!?

If the manner of the bicycle is not taught by your children, you should enter the insurance at least(自分の子どもたちに自転車のマナーを教えられないのなら、せめて保険に入るべし)!

東仙坊、前回、自分だけ安全な車は今や日本では単なる殺人凶器と書き込んだ。
それなのに、打てないイチローを観ていたショックで寝込んでしまって、ブログのタイトルを入れるのを忘れたままだった。
いやいや、予約の曜日すら間違っていた。
そのことに気づいて、さらなるショック。
そんなイチローが、スタンスミスの白地に紺のテニスシューズを素足に履いて、NYで開催されているテニスのUSオープンで決勝進出を決めた錦織圭に興奮し、「いやぁ、すごいね。今日はもう、オレのことなんてどうでもいいよ。見たよ。1セット取って、2セット終わったくらいかな、家出てきたのは…相手は1位でしょ。なんかこう、素人が見てても、翻弄してるもんね。いやー、気持ちいいっすよ。冷静な感じもいいね。いやぁ、凄いね。凄いという表現はちょっとダサいけど、気持ちがいいね。だって圧倒してるもん」と賛辞していたとか。
そして、錦織圭が弓子夫人と同じ島根・松江出身という縁にも親近感を抱いていて、「面識はないない。でも、松江出身らしいね。それでちょっとボクにとっては、特別な思いがね。松江の人たちどうしてるんだろうね。体育館とかに集まったりしてるのかな」とまで言っていたとか。
そこで、イチローと記者団とのやり取りを。
──錦織の決勝進出に興奮した
「ま~、テニスの知識はないし、ボクはどれくらい凄いのかがわからない。でも、過去にやったことがないから、というのははかりになる」
──海外のメディアに日本人の活躍が取り上げられた
「こっちのメディアがどうとか関係ないですよ。日本のそういうところは大嫌いでね。こっちのメディアで騒がれてるから日本人が騒ぐみたいな、そんな順番はめちゃダサいですよ。まったく、自分たちの未熟さを自分たちで表現するようなもんだからね。それは嫌いですけど、そんなこと抜きにして、凄いことだよね」
──日本人初の決勝進出
「だって明らかに前に進んでいる証しでしょ。それを刻んでいる。そこだよね。錦織選手が結果を出していないと、96年前の人の存在もあまりに遠過ぎて。だからそりゃあ、やっぱり気持ちいいよね」
そのことに勇気づけられ、東仙坊、再び集中。
車について言及した以上、自転車にも触れざるを得ない。
今や、間違いなく自転車も新たな凶器。
ああ日本砂漠-17   乗るのも「倍苦」、避けるのも「倍苦」!?-1 で書き込んだ通り。
1月20日午後4時55分ごろ、千葉県酒々井町中川の町道交差点で、歩いていた男性と右からきた千葉県印西市に住む千葉県立高1女子生徒(16歳)の自転車が出合い頭にぶつかり、男性は転倒して頭を打ち、約14時間後に搬送先の病院で死亡。
千葉県警佐倉署の発表によると、男性は80歳くらい(?)。
現場の交差点に信号機や横断歩道がなく、道路脇にフェンスがあって見通しは悪いとか。
女子生徒は下校途中で、「男性に気づかずそのままぶつかってしまった」と供述しているとか。
では、その後、この事故はどうなったのか?
男性の身元はわかったのか?
女子生徒は、重過失致死に問われたのか?
必死に探しても何も出てこない。
そこで、この女子生徒の心理状態をちょっぴり推察…。
①ワタシだけが悪いんじゃない向こうだって注意していなかったのにワタシだけが攻められるなんて?
②ついてないわ。あんなところに信号がないのが悪いのよ?
③相手が年寄りじゃなかったら死ぬこともなかったのに、やっぱりついてないわ。
④よかった。保険に入っていて?
⑤どうしよう? ワタシは16歳で人殺しの仲間入りだなんて…?
⑥自転車だって車のように衝突防止装置をつけるべきよ?
⑦お父さん、お母さん、ゴメンナサイ。ワタシのせいで一生借金を背負うハメになって?
⑧悪い夢よ。とにかく、ワタシの人生はこれから、忘れなきゃ?
どうだろう?
その結果を我が国のマスメディアは同様の事故を抑止するためにも報道すべきなのでは?
昨年12月6日午後5時ごろ、栃木県茂木町鮎田の県道沿いの歩道を歩いていた水戸市に住む警備員男性(59歳)が、後ろからきた自転車に追突され転倒し頭を打ち、病院に搬送されたが意識不明の重体だったが、翌日、脳挫傷と急性硬膜下血腫で死亡。
自転車を運転していた栃木県東部に住む男子中学生(13歳)も腹部打撲の軽傷。
現場は直線で急な下り坂で、歩道の幅は約1.8m。
男子中学生は下校途中、男性は仕事を終えて近くに駐車していた車に戻る途中。
男子中学生は自転車のライトを点灯。
栃木県警茂木署は、男子中学生の前方不注意などが原因の可能性もあると重過失致死で任意で事情聴取したとか?
この事故も、その後の経過は全くナシ。
そこで、今度は自転車で人を殺した場合の結末を、マナーを守らせないで自転車を勝手に子どもに乗せている親たちにご紹介。
2008年9月22日午後6時50分ごろ、神戸市北区の住宅街の坂道で、帰宅途中にライトを点灯しマウンテンバイクで坂を下っていた11歳だった小5男児が、知人と路肩寄りを散歩していた61歳女性に気づかず、正面衝突。
女性は突き飛ばされる形で転倒し、頭を強打。
女性は一命は取り留めたものの意識は戻らず、5年以上が過ぎた今も寝たきりの状態。
その損害賠償訴訟の裁判が、昨年7月13日、神戸地裁で開かれた。
被害女性側は、自転車の少年は高速で坂を下るなど交通ルールに反した危険な運転行為で、母親は日常的に監督義務を負っていたと主張し、計約1億590万円の損害賠償を要求。
加害男児の母親側は、少年が適切にハンドル操作し、母親もライトの点灯やヘルメットの着用を指導していたとして過失の相殺を主張。
判決で、田中智子裁判官は、「少年が時速20~30kmで走行し、少年の前方不注視が事故の原因と認定。事故時はヘルメット未着用だった。指導や注意が功を奏しておらず、監督義務を果たしていない」として、少年の母親(40歳)に計約9520万円の賠償を命令。
その内訳も…。
①将来の介護費約3940万円(介護費を1日あたり8千円とし、女性の平均余命年数を掛け合わせるなどして算出)
②事故で得ることのできなかった逸失利益約2190万円(専業主婦の女性が入院中に家事をできなったとして月額約23万円の基礎収入を平均余命の半分の期間、得られなかったなどとして計算)
③ケガの後遺症に対する慰謝料2800万円
具体的には、治療費など被害女性側へ約3500万円、被害女性に保険金を払った保険会社へ約6千万円の支払い。
どうだろう?
どう考えても、自転車は走る凶器なのでは?
財団法人「JCA(日本サイクリング協会)」によると、全国の自転車の保有台数は7千万~8千万台で、うち約3千万台が日常的に利用されているが、加入義務のない自転車の保険加入率については統計がないため把握し切れていないが、10%に満たないのではないか?とのこと。
ちなみに、自賠責保険の加入が義務付けられている自動車の場合、「損害保険料率算出機構」の統計では、任意保険の加入率についても、対人賠償保険、対物賠償保険いずれも73.3%と高水準。
もちろん、この自転車事故が例外的に高額の賠償が求められたケースではない。
神奈川県横浜市金沢区で携帯電話を操作しながら無灯火で自転車を運転していた女子高校生が女性に追突した事故では、被害女性は歩行困難になり、看護師の職を失った。
横浜地裁の判決は、2005年11月、女子高校生の過失を認め、5千万円の支払い命令。
大阪で夜間に無灯火で自転車を運転していた男性が短大非常勤講師をはねた事故でも、大阪地裁は、1996年10月、加害男性に損害賠償2500万円の支払い命令。
2010年1月10日昼ごろ、多摩川に向かう途中だった43歳会社員男性が赤信号にもかかわらず大田区中央の交差点に競技用自転車で時速15~20km進入し、5m手前で気づいてブレーキをかけたものの(?)横断歩道を歩いていた75歳女性を撥ねた。
被害女性は病院に運ばれたものの5日後に外傷性くも膜下出血で死亡。
2010年11月12日、東京地裁は、重過失致死罪で起訴された加害男性に、禁錮2年、執行猶予3年の有罪判決。
1月28日、その遺族が1億636万円の損害賠償訴訟の判決、東京地裁であった。
三木素子裁判長は「男性は脇見をして前方を注視していなかった。青信号で横断歩道を渡っていた被害者に何ら落ち度がない。自転車を運転する際の基本的な注意義務を怠った」と4746万円の支払い命令。
どうだろう?
これでもアナタは自分の子どもに好き勝手に自転車に乗せられますか?と聞きたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。
どうあれ、自転車はエコで手軽でヘルシーなんて言ってられないのでは?
ルールやマナーを守る教育を相当する必要があるのでは?
①自転車は車道が原則、歩道は例外。
②車道は左側通行。路側帯も左側通行。
③歩道は歩行者優先で車道寄りを徐行。
④安全ルールの順守(飲酒運転・2人乗り・携帯電話やヘッドホン使用・傘さし・並走の禁止/夜間ライト点灯/交差点での信号順守と一時停止・安全確認・ブレーキ不備)
⑤子どもはヘルメット着用。
さあ、履行させられている?
警察庁の統計によると、交通事故発生件数は2006年の約95万件をピークに年々減少し、2012年は約66万件まで減少。
同じ期間中で、自転車側に過失がある事故も、年間約18万件から約13万件に減少。
ただし、自転車と歩行者の事故は年間約2500~約3千件で推移。
特に、1999年801件だったが、2000年に1827件に急増して以来、ずっと2000件以上で、10数年で約4倍。
2010年で、信号無視など自転車側に違反があった割合は66.7%、死亡事故に限ってみると74%、そして、死者の64%は65歳以上の高齢者。
当然、全国の警察による自転車事故の検挙件数も、ここ10数年で約5倍。
さあ、アナタも自分の子どもをその仲間にしますか?

The bicycle should take the thing called a running weapon in its heart to your child to yourself(自転車も走る凶器ということを、自分自身に自分の子どもに肝に銘じるべき)!







ああ日本砂漠-66  間違いなくもはや車は単なる狂気の凶器!?  

The car must be the imminent and convenient murder weapon in Japan, such as the gun (日本では、車は身近で便利な銃のような殺人凶器)!

東仙坊、危険ドラッグを服用して車を運転するようなテロリストに、永遠に車の運転をさせてはいけないと書き込んだばかり。
そして、なぜそんなとんでもないヤツラに再び運転をさせるのか?と社会に警告してもいた。
そもそも、根本的に経済の成長ベースを新車の販売台数で図るほど、車メーカーに媚びへつらった経済政策を取っていることが愚の骨頂。
そのせいで、我が国では車を銃代わりに乱用した蛮行が後を絶たない。
9月5日午前9時40分ごろ、大阪府東大阪市柏田本町の「セブン-イレブン東大阪柏田本町店」にワゴン車が突っ込み、店外にいたアルバイト従業員男性(33歳)が死亡、店内にいた男性客(29歳)も足に軽傷を負う車の自殺爆弾テロもどき事件がまた発生した。
その現場を観る限り、よくそれだけですんだな?と感じるほどのメチャクチャ状況。
大阪府警布施署は、車を運転していた大阪府八尾市青山町に住む、菓子卸売業、荒木清三郎(79歳)を自動車運転処罰法違反(過失傷害、すぐに過失致死?) を現行犯逮捕。
現場は、JR長瀬駅の南東約200mの住宅街。
その暴走車は店のガラスを突き破り店内を走り、壁に衝突して止まったというから、ハンパじゃない。
実際、 「ガス爆発のような『ドカン』という大きな音がして、コンビニの方を見たら煙が上がっていた。運転手は車の中で携帯で誰かに電話をかけていた(?)」とか、「物凄いスピードで突っ込んで行った」という目撃証言があるのもムリはナシ。
そして、その言い訳は、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」という今や定番のもの。
それに対し、フザケロ!と言いたいのは、約半世紀に近づいてきた無事故歴ドライバー、東仙坊だけではあるまい。
それはそうだと思わないか?
まもなくほぼ自動操縦が可能になりそうな車の運転で、唯一かつ絶対に間違えてはいけないのが、アクセルとブレーキの踏み間違い。
高齢者だからとか、誰もに起こりうることだからと安易に許容してはいけない間違いなのでは?
極論すれば、それを間違えるようなヒトは死んでも車の運転をしてはいけないのでは?
なぜなら、右と左をともするとわからなくなるほど頭が腐っているのだから。
それは、逆に考えれば、簡潔明瞭。
高速道で流れるように走行しているとき、何かのトラブルでもない限り急ブレーキをかけるヒトはほとんどいないのでは?
それだって、マニアルカー好きだとポンピングブレーキ、ABS搭載した車なら後続車に注意喚起するためにブレーキを数回に分けて踏むのでは?
だから、大きな追突事故は起きにくいのでは?
その点からしても、ブレーキとアクセルを踏み間違えるようなピンボケは絶対に運転してはいけないのでは?
東仙坊、そこまで糾弾する理由は、一つ。
8月28日午後5時過ぎ、栃木県宇都宮市の「セブンイレブン宇都宮若松原店」の店内に普通乗用車が突っ込む同じような自殺爆弾テロもどき事件が起きたばかりだから。
それも、車はガラスを突き破り、雑誌コーナーなどをなぎ倒して停止。
店内にいた20代男性客が飛び散ったガラスで手やひざを切り軽傷。
車を運転していたのは、栃木県上三川町に住む、女性会社員(67歳)???
そして、その見苦しい言い訳は、ここでも「アクセルとブレーキを踏み間違えた」。
まだまだ、ある。
6月20日午前6時半ごろ、香川県丸亀市郡家町の「ローソン丸亀郡家町辻店」で、乗用車が車止めを乗り越え店の窓ガラスを突き破り飛び込む自殺爆弾テロもどき事件が発生。
店内には、店員2人だけで幸運にも客はナシ。
しかし、倒れてきた棚が当たって38歳店員女性が腰に軽いケガ。
車を運転していてケガをしなかったのが、65歳会社役員男性(???)。
もちろん、その言い訳は、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」。
どうだろう?
少しアヤシク感じてこないか?
もし本当に間違えたとしても、すぐにブレーキを踏み、同時にサイドブレーキを引けば、あそこまで店内に突っ込まないないのでは?
そこで、東仙坊、ちょっと真剣に検証してみた。
5月13日午後11時10分ごろ、青森県つがる市柏稲盛幾世のスーパー「イオンつがる柏店」に乗用車が突っ込み、店内を約200mにわたって暴走し柱や壁にぶつかって停車。
ところが、店は午後10時に営業を終了していて店内には幸い客はいなかったということより、一体何しにきたのか?
今、世界的流行の車を使った粗い強盗?
それはそうだと思わないか?
車は店舗出入り口の自動ドアを突き破り、食品売り場の通路を直進したうえ、店内を仕切るシャッターを突き抜け、陳列棚や壁に接触。
さらに、Uターンして入ってきた出入り口付近に戻り立ち往生していたというのだから、メチャクチャ変。
車を運転していた青森県内在住の30代オトコ(???)は病院に搬送されたが、ケガはほとんどなく命に別条ナシ。
現場は国道101号沿いにあるショッピングモールの一角。
どうだろう?
このケースなどは、そのドライバーに何らかの意図があったのでは?
さらに、検証を続ける。
5月20日午前5時40分ごろ、東大阪市上六万寺町の路上で、別れ話のもつれから交際相手男性を軽乗用車で撥ねて殺害しようとしたとして、大阪府警東大阪署は、殺人未遂で、滋賀県日野町山本に住む、パート従業員、細川安来子(26歳)を現行犯逮捕。
それでいて、「殺すつもりはなかった」と殺意を否認しているというから、何をかいわんや。
何でも、2人は軽乗用車内で別れ話をしていたが(?)、男性が車外へ出て立ち去ろうとすると、後をついていくように車で追いかけ「殺すぞ!」と叫びながら撥ねたというから、凄惨。
ちなみに、撥ねられた東大阪市下六万寺町に住む、建築作業員男性(23歳)は両足打撲などの軽傷。
これには、まだ余談がある。
事件前日の5月19日夜、オンナは「男性に電話してもつながらない。拉致されたのでは」と110番
大阪府警東大阪署が男性から話を聴き、拉致の事実がないと判断していたとか。
また、2人は4月にも、車内でケンカしていたところをパトロール中の大阪府警東大阪署員に職務質問されたこともあったというから、ビックリ。
どうあれ、オンナが車を凶器に使ったことだけは確かでは?
6月21日午前0時55分ごろ、神奈川県厚木市上依知のコンビニの駐車場で、 厚木市内に住む高3女子生徒(18歳)と家族3人、同じ高校の友人の少年(16歳)を車で撥ね、女子生徒に肝損傷、女子生徒の姉(31歳)に腰骨折などの重傷、母親(50歳)と妹(17歳)と友人少年にも打撲などの軽傷を負わせたとして、神奈川県警厚木署が、傷害で、 神奈川県厚木市山際に住む、会社員、浜野翔(27歳)を現行犯逮捕。
何でも、その事件直前、オトコは知人の車に同乗していたときに、女子生徒や少年ら高校生たち(?)と通行を巡って口論のトラブル。
その後、いったん帰宅したが、 女子生徒が合流した家族とコンビニにいることを知って(?)、別の車で乗りつけて再び口論となり、その直後に車で撥ねたというから、車は完全に凶器の代わり以外の何ものでもナシ。
その信じ難い劣悪な現状を露骨に証明した事件がある。
2月23日午後2時15分ころ、名古屋市中村区名駅のJR名古屋駅近くの歩道に乗用車が突っ込み、歩いていた人を次々とはねて街路樹にぶつかって止まる車による無差別テロが起きた。
現場はJR名古屋駅から南に約200mの交差点付近で、百貨店や大型家電販売店などが密集し、名鉄・近鉄などの駅、駅前の待ち合わせ場所などがあり、多くの家族連れや買い物客でいつも賑わう場所。
そのせいで、運悪くその場を通行していた10~40代の男性7人、女性6人が轢かれ、1人は重傷、6人が軽傷。
車を運転していたテロリストにはケガがないというから、自爆にはならないただの殺人鬼。
何しろ、交差点を左折する際にそのまま歩道に乗り上げ、時速30~40kmで通行人を撥ねながら35mも走ったというのだから、本物のテロリスト。
実際、「わざと歩道に突っ込んだ。殺すつもりだった」と供述しているというから、二の句が見つからない。
しかも、そのために、事件直前の午後2時ごろ、JR名古屋駅近くのレンタカー店で借りたばかりの車だというから…。
ちなみに、この車を使った自爆型ではない車テロリストは、愛知県名古屋市西区栄生に住む、無職、大野木亮太(30歳)。
愛知県警名古屋署は、殺人未遂で現行犯逮捕したというが、テロリストとして裁くべきなのでは?
そのうえ、東仙坊、検証プロファイリング  「集団登校児童列突っ込み症候群」検証プロファイリング 続・「集団登校児童列突っ込み症候群」!? 検証プロファイリング 続続・「集団登校児童列突っ込み症候群」!?検証プロファイリング  史上最悪の「集団登校児童列突っ込み症候群」-1で指摘してきた、劇場型無差別殺人犯も相変わらず。
12月2日午前7時25分ごろ、福井県鯖江市小黒町1丁目の市道交差点で、8人で集団登校中の鯖江市進徳小5女児(11歳)が、軽乗用車に撥ねられ、女児は頭などを強く打ち、頭の骨を折るなどの重傷。
福井県警鯖江署は、軽乗用車を運転していた鯖江市南越前町東大道に住む、会社員、竹田晃啓(28歳)を自動車過失運転で現行犯逮捕。
どうだろう?
タガの緩み切ったモラルなき日本では、車は単なる凶器に使われているのでは?
そう考えると、裏切った(?)夫や妻、元カレや元カノ、愛人、愛人の愛人、愛人の子どもを車で撥ねるような陰湿な事故に見せかけた事件が本当はワンサカ起きているのでは?
その意味で、交通事故を安易に事故として片づけられない時代になっていると思うが…。

In the traffic accident, the considerable number of murder cases must be mixed(交通事故の中には、相当数の殺人事件が混じっているに違いない)!










心のブラックホール-42 新・ピンク狂師どもによる亡国!?

At first unless we havt to raise the morals of the teacher,Japan shall ruin itself before long(まず教師のモラルを高めない限り、日本はやがて自滅してゆく)!

東仙坊、ああ日本砂漠-60 「性奴隷国家」ではないが、「児童・性虐待国家」!?を書き込んで、この国の精神性の崩壊、ピンク狂師どもの横行に、我が国が中国の属国になる前に、そんな性虐待の加害者天国になってしまうのでは?と憂慮していた。
それはそうである。
肝心のデリケートでセンシティブな第二次性徴期に、性虐待を受けた子どもの精神が歪むのは当然。
その最後に取り上げた石川県のケースだって、今や学校がUSAの刑務所のようになっているという証拠。
8月8日、石川県警は、強制わいせつで、石川県金沢市の市立中学に勤務する20代男性教諭(?)を逮捕。
7月下旬~8月上旬、金沢市内で複数回にわたって教え子の少年のカラダを無理やり触ったというから、ちょっとビックリ。
石川県警は、被害少年のプライバシー保護を理由に(?)、逮捕した教諭の住所、氏名、年齢を公表していないというから???
では、この中学校男児の受けた精神的被害は、どのように治療しているのか?
我々が想像するよりも、「humillation:ヒュミレーション(屈辱)」を感じてしまっているのでは?
相当の心のケアが必要と思うが、どうだろう?
実際、全国の公立小・中・高校と特別支援学校の教員約92万人を対象にした文部科学省の調査によると、2012年度に体罰で懲戒処分や訓告などを受けた教員は計2253人、1988年度の調査開始以来、過去最多。
わいせつ行為などが発覚した教員も増加し、訓告を含む処分の総計は1万827人(前年度4319人)
最も重い懲戒免職も過去最多の206人。
体罰で処分を受けた教員は小学校652人(前年度81人)、中学校1093人(前年度180人)、高校488人(前年度139人)、特別支援学校20人(前年度4人)。
急増の理由は、「大阪市立桜宮高での体罰自殺事件を受け、これまで指導の一環として見過ごされていたケース(?)も体罰として処分されるようになった」からというから、ワケワカメ。
「素手で殴る」最多の60%、「蹴る」9%、「殴るおよび蹴る」6%、「棒などで殴る」5%。
場所は、教室37%、運動場や体育館34%。
状況は、授業中33%、部活動中28%。
わいせつ行為で処分された教員も増加し、前年度より16人多い186人
「自校の児童・生徒」49.4%、そのうち10.2%が「児童」。
「自校の教職員」18.3%、「その他一般人」20.4%。
つまり、自校の児童、生徒、卒業生を相手にしたものが96人。
内容は、体に触る59人、盗撮やのぞき40人、性交35人、陰部などの露出(?)10人etc

ちなみに、セクハラは4人。
最も重い懲戒免職も、わいせつ行為が119人(前年度101人)、飲酒運転44人(前年度40人)、体罰3人(前年度0人)、その他40人(39人)で過去最多。
また、わいせつ行為での停職35人、減給11人。
そのわいせつ行為での処罰者は計186人の内訳は、男性184人、女性2人。
小学校教員49人、中学校60人、高等学校68人、特別支援学校9人。
年代別では50代以上が60人でトップ。
在職教員数と照らし合わせると、20代の割合が最多。
どうだろう?
東仙坊、ずっと声高に叫んでいるように、経済再生よりも教育界再生の方を優先すべきなのでは?
子どもたちへの道徳教育の改善などの前に、ピンク狂師どもを何とかすべきなのでは?
第一、こんな劣悪なピンク狂師どもに、どんな道徳が教えられるの?
それを証明するケースがある。
.2012年7月、静岡県の高校教員(25歳)が18歳未満の女子生徒と性的関係になったことが発覚し免職処分。
何でも、女子生徒から勉強の相談を目的にメールアドレスを聞かれたことがキッカケで、その後個人的な相談に乗るにつれ親密になり、肉体関係に発展(???)。
本人や保護者が訴えたわけではなく、2人の関係を怪しんだ別の生徒が申し出たことで発覚。
2人の年の差は8歳程度だが、当然、女子生徒は18歳未満のため児童買春・児童ポルノ禁止法違反。
そ、そ、それに対し、静岡県教育委員会、「教師にわいせつやセクハラの目的はなく、性的関係をもった女子生徒も不快な思いをしていなかったので、刑事告発はしなかった」とコメント。
東仙坊、思わず絶句。
静岡県の教育では、恋愛の「れ」も知らない少女が教師に憧れる。
それを受けた教師が、ついついその気になって手を出す。
それは2人の間だけの特別な関係だから仕方がない。
いやいや、それだけが教師の特権、教師をやっている意義だから、当たり前。
教師のモラルなど二の次と考えているということなのである。
まさに、開いた口が塞がらない。
そこで、空しくもピンク狂師どもの闊歩状態を、再び列挙。

埼玉県さいたま市立中学校の数学教諭(58歳)

5月24日、埼玉県警にストーカー規制法違反で逮捕されたのは、この58歳のオタンチン。
「交際したかった」、「結婚して、幸せにしたかった」と、な、な、なんと同僚だった20代女性教諭に入れ込む。
執拗に電話連絡し、プレゼントをしたが、その一方的な思いが叶い交際が実現することはなかったのだが…。
2012年4月、オタンチンは、埼玉県さいたま市立中学校に赴任。
担当は数学で、担任はなく、課外では英語部顧問(?)。
その中学校に、ターゲットにされた20代女性教諭いた。
つまり、オタンチンはこの中学校で20代女性教諭同僚だったが、直接的な接点はナシ。
しかし、校内で見かける女性教諭に一方的に好意を募らせていったとか。
「教諭から電話がかかってきて困っている」とその女性教諭から校長に相談があったのは昨年2月。
何でも、オタンチンは職員間の連絡網などを見て女性教諭の携帯電話の番号を把握したのだとか。
ともかく、電話の内容は交際や結婚を迫るもので、勤務時間内外を問わず、かかってきたとか。
ある朝、いつものように女性教諭が出勤すると、職員室の机の上にプレゼント。
中身はディズニーのミュージカルのチケット(?)。
添えられた手紙には「一緒に行きませんか?」
女性教師は即座にチケットをオタンチンに突き返し、断ったとか。
そして、校長に相談。
校長はオタンチンを呼び出して指導(?)。
すると、しばらくは目立ったアプローチはなくなったとか。
だが、それも長くは続かなかった。
ほとぼりが冷めると、オタンチンは再び執拗なストーカー行為を繰り返すようになった。
女性教諭はついに埼玉県警浦和西署に被害相談。
「あなた、それストーカーですよ」。
埼玉県警やさいたま市教育委員会は、オタンチンに警告や注意を行ったとか。
教諭はそのときは「迷惑をかけて申し訳ない。すみません」と反省した様子を見せたとも。
だが、それも一時的な「反省」だった。
警察からの警告にもかかわらず、数学教諭のストーカー行為は続く。
ちなみに、オタンチンは独身。
それも当然では?
どうあれ、その女性教諭が他校に異動した今年4月に入ってからも継続。
「このままでは、相手の家に押しかけるなど凶悪犯罪につながりかねない」と、5月14日、埼玉県警はストーカー規制法違反でオタンチンを逮捕。
その逮捕容疑は、4月4日~12日の間、8回にわたり、女性教諭の携帯電話に連続して電話するストーカー行為。
何でも、オタンチン、4月4日午後8時ごろ、女性教諭の携帯電話に「劇場でお待ちしています。ぜひお越しくだい」と留守番電話メッセージ。
そこで、直後に、女性教諭は着信拒否の設定。
その後も着信履歴には何件もの着信記録。
電話をかけ続けた理由について、オタンチンは「謝りたいと思ったが、電話がつながらなかったから」と釈明。
埼玉県警子ども女性安全対策課によると、2013年中のストーカー事案の認知件数は1132件で、2012年と比べて41件増加。うち口頭注意は474件、書面での警告は119件あり、ストーカー規制法違反で摘発されたのは73人。
ほとんどの加害者は、書面警告を受けた時点で手を引くというが、オタンチンは、どれだけ振られても、どうしても諦めきれなかったというから、救い難し。
ところで、さいたま市教育委員会によると、オタンチンは停職1ヶ月の懲戒処分だったとか。

京都市立小学校教諭小林和也(23歳)と京都市立小学校常勤講師宮脇侑輝(22歳)。

4月24日、京都府警伏見署は、女子大学生にわいせつな行為をしたとして、京都市立小学校の教諭ら2人を強制わいせつで逮捕。
岡山県津山市総社に住む、京都市立小学校教諭、小林和也(23歳)。
兵庫県姫路市亀山に住む、京都市立小学校常勤講師、宮脇侑輝(22歳)。
何でも、4月5日午前3時半ごろ、京都市伏見区の宮脇の自宅マンションで、女子大学生(20歳)の体を触るなどわいせつな行為したというから、情けなくてみっともない。
しかも、3人は大学時代の友人同士というから、余計に恥知らず。
さらに、小林和也は容疑を認め、宮脇侑輝は「無理やりではない」と否認しているというから、言語道断。
4月24日に女性が被害届を提出し逮捕されたとか。
京都市教育委員会によると、小林和也は2013年度、宮脇侑輝は今年度の採用で、京都市伏見区内の別々の小学校に勤務。
ちなみに、2人は4月30日付で諭旨免職処分。
どうだろう?
2人がかりで、友人を襲わなければならないほど、モテないクソッタレどもだったということなのでは?

石川県立金沢西高校教諭山田裕之(47歳)

8月30日、石川県警金沢署に、2月に17歳女子高生に富山県のホテルでみだらな行為をした児童福祉法違反で逮捕されたのが、石川県立金沢西高校教諭山田裕之なるクソッタレ。
そのせいで、金沢西高校は8月30日に予定していた学園祭開催を中止したというから、生徒たちはこのクソッタレを一生忘れることもないのでは?
どうかお願いだから、このクソッタレを反面教師にして成長してと祈るのは、東仙坊だけではあるまい。

静岡県中学校教諭鈴木貴之(40歳)。

9月1日、静岡県で勤務先中学校のトイレに侵入し逮捕・起訴された中学校教諭が、自分の女子生徒を盗撮した児童ポルノを製造で再逮捕。
児童ポルノ禁止法違反で再逮捕されたのは、中学校教諭鈴木貴之なるボケナス。
7月17日、勤務先の中学校のトイレにカメラを設置し女子生徒2人を盗撮し児童ポルノを製造したというのだから、とんでもない大バカ者。
そして、 そのpcから数年前から学校で盗撮したとみられる大量の動画が出てきたというから、どう考えても教師になった目的はそれだけ。
一体こんな大バカ者の教師が日本人のどれだけいることやら…。

どちらにしても、これらのピンク狂師どもが育て上げるのが、その未来をそのまま担うかのようなピンク好きの餓鬼ども…。
8月30日、香川県三豊市で、14歳男子中学生が小学校低学年の女子児童をトイレに連れ込みわいせつな行為をしたとして、未成年者誘拐と強制わいせつで逮捕。
何でも、8月13日夕方、市内のショッピングセンターで店内にいた小学校低学年の女子児童に声をかけ、トイレに連れ込み服を脱がせたうえ、わいせつな行為をしたというのだから、世も末。
防犯カメラ映像などから警察が男子生徒を割り出し逮捕。
そ、そ、そして、このピンク餓鬼、「性的なことに興味があった」とのたまわっているというから、世も末では?

In what is handed down to a student now by a teacher being sad only as for the indecent act(今や教師から生徒に伝承されるのは、悲しいことにわいせつ行為だけ)!

真実イチロー ヤンキースがもっとイチローで稼ぎたいなら…!?

What does Ichiro stay in Yankees for(イチローは、何のためにヤンキースに残っているのか)?

完全に土俵際に追い込まれたヤンキース。
最下位のボストンとの試合、イヤでも負けられない一戦。
MLBは9月になると、ロースター枠が40人に広がる。
それだけでもイヤな予感がしていたら、案の定、外野に2人も追加。
そして、イチローはベンチ。
そ、そ、それだけじゃない。
ついにあれだけ当たっていたマーチン・プラドを7番にして、今シーズン初めて愛弟子ブレット・ガードナーを3番で起用。
当たっていたときならいざ知らず、今は2割も打てない状態なのに、ジョー・ジラルディ、いよいよご乱心。
確かに、今日負ければ、ボルチモアにマジックが点灯するはず。
そうしたら、いきなりボコボコに打たれ、4回までで1-7。
ところが、5回の裏にビッグチャンス。
3-7になって、2死満塁で、すでに2三振のブレット・ガードナー。
2-2から見逃しの三振。
すると、アンパイアにブチ切れ、あえなく退場。
その瞬間、ジョー・ジラルディの首元に冷たい風が…。
でも、これでイチローが出場と思いきや、な、な、なんとここ10試合143のステファン・ドリュー。
何が何でも、イチローだけは使いたくないご様子。
それは、7回の裏でも、明白。
無死1、2塁でバッターは9番のフランシスコ・セルベリ。
キャッチャーも3人なのだから、ここはイチローを代打だろと思いきや、そのまま打たせダブルプレー。
本当に無能な監督、プレーオフ進出ができなければ、間違いなくクビになるはず。
そ、そ、そうしたら、5-9の9回裏、1死1塁で、止めろよ、それだけは…という願い空しくイチローを代打。
というのも、相手は苦手の上原浩治。
ガラガラになったヤンキーススタジアムは、それでも大歓声…。
案の定、空振りの三振。
ジョー・ジラルディの意図がわかって、こんな使い方をよくできるな!忘れないぜ!と余計に悔しくて、恨み節。
それで、観戦していた、東仙坊、気がついたことが1つ。
あれほど、ジョー・ジラルディのそばにいたヒトたちがコーチを含めそばにいなくなったこと。
冷たい風は、間もなく凍りつくかも…。
どうあれ、3連敗で、いよいよ土俵際。
そうしたら、イチローを9番ライトで使い4連敗を阻止。
ヒローになったブライアン・マッキャンとイチローのハグが最高…。
とにもかくにも、ここ10試合の打率が、目を覆うばかり。
ジャコビー・エルズベリー389
デレク・ジーター190ブレット・ガードナー222
カルロス・ベルトラン235
マーク・テシェラ111
ブライアン・マッキャン361
チェイス・ヘッドリー300
ステファン・ドリュー091
イチロー320
375のマーチン・プラードが左足のフクラハギを痛めてしまったのだから、最低。
そして、ボストンとの今シーズンのNYでの最終戦。
ヤンキースの先発は、クリス・カプアーノ、今シーズン途中でボストンをクビになったピッチャー。
とにかく、ジョー・ジラルディとブライアン・キャッシュマンは、クビになった選手を拾うのが好き。特に、ボストンを…。
ステファン・ドリューもいい例。
ついでに言えば、トロントをクビになったエズミル・ロジャースも、アリゾナをクビになったクリス・ヤングもいつのまにかヤンキー。
それで、解説者が実にオモシロいことを言った。
去年まで同僚だったのに、クリス・カプアーノはデビッド・オルティーズのことを何もわかっていないのか?
半速球の球をど真ん中に投げてホームランを打たれ、次の打席、外角にハンギング・カーブを投げて、またホームランを打たれるテイタラク。
本当に白人のこういうピッチャーが好み。
そして、イチローのヒットから始まりせっかく同点になっても、ホームランバッターじゃない左打者にまたホームランを打たれるアリサマ。
もっとも、これはもうちょっとで、イチローが超ファンインプレーで捕りそうだったが…。
さて、そんな中で、ヤンキースの球団公式サイトがイチローについて、突然、実にミステリアスな特集記事。
タイトルは、「Ichiro carving his own niche with '14 Yanks(イチローは、2014年シーズン、ヤンキーとして自分のあるべき場所をコツコツと創り上げている)」。
サブタイトルは、「A tough decision looms, as the Hall-bound outfielder has again proven his worth(殿堂入り確実の外野手は自分の価値をもう一度証明しつつ、タフ・デシジョンを迫られている)」。
ヤンキースとの13億円での2年契約の最終年の今年のシーズン開始前、2月19日、イチローは記者団の質問攻めを賢くかわしていた。
記者団は、イチローが5人目の外野手の位置づけどう感じているのかを聞きたがった。
どちらかと言うと、イチローにその処遇に怒っているとか、トレードを考えているとか、他のどこかのチームで毎日プレーしたいとか、どこかでいつものようにレギュラーでプレーできることはわかっているとでも答えさせたがった。
しかし、イチローは、「I'm not going to fall for questions like that. I'm going to have to find a place for myself, but I've worked hard this offseason. ... Hopefully, those things will come togetherそんな質問にはいいように答えないよ。自分のためにも自分の場所を見つけるつもりで、オフをハードに鍛えてきた。それがいい結果になることを希望している.」と14年目のシーズン前だから賢く答えていた。
そして、8月24日になって、ブレッド・ガードナーの足首痛やジャコビー・エルズベリーを休ますために、ホワイトソックスの圧倒的な左腕クリス・セールに対し、ジョー・ジラルディは今シーズン2回目のセンターで、8番で左打者はイチローだけという先発オーダーを組んだ。
しかし、6回まで数少ない四球とエラーで出塁したものの完璧に抑えられていた。
そして、ようやく満塁でイチローを迎えた。
すると、イチローがいつものように右腕を伸ばしその裾を挙げ、初球の84マイルのチェンジアップを右中間にクリーンヒットを打ち逆転。
エリアス・スポーツによると、それは昨年8月以来のクリス・セールから放った左打者による最初の打点。
ゲーム後、イチローは反応を聞くのに通訳はいらなかった。
「アメージング」の一言。
それはイチローの全経歴とまではいかないものの、そのアメージングという形容詞はイチローの2014のシーズンにもピッタリかも。
2013の半分のヒットしか打っていないが、2010年以降最高のオン・ベース・パーセンテージ.327で、打率も.285。
イチローの358のという左投手への打率もアメージング。
それは8月中旬にブレット・オーバーフォルツァーから奪ったたった1本のヒットでも証明されている。
皮肉屋にとって、イチローの改善された数値は単に幸運の賜物というかもしれない。
結局、解雇されたベテラン(アルフォンソ・ソリアーノとケリー・ジョンソン)とケガ(カルロス・ベルトラン)によるところもある。
しかし、ちょうどマーティン・プラードとザラス・ウィーラーと今競わされてはいるものの、シーズンを通してそうなることはなかった。
「先発しなくても、イチローは我々のための非常にいい代打でした」と、ヤンキースとの契約がシーズン後契約切れになるイチローについてジョー・ジラルディは言った。
「イチローはプレーしなくても、ベンチのいるだけでそのスピードが役に立つことがある。 いたるところでイチローをプレーさせられて、我々は助かっている」とも。
まさにその助かっているこそ、GMブライアン・キャッシュマンのオフシーズンのリストの項目。
しかし、ヤンキースになぜか多い30歳を超えケガを起こしやすいプレーヤー・グループの存在を考えると、ケガをしないイチロー(40歳)は、まだまだ短期投資の価値があるかも。
「イチローはパートタイム・プレーヤーには本当に見えない」と、仲間の外野手ブレット・ガードナーは言った。
「イチローが毎日プレーできるのは明らかに可能。なかでも、毎日のプレーで彼の守備は完璧で、それこそが見ていればよくわかる卓越した何か。それはもっと年齢が上がってもたぶん同じ。そのくらい凄い守備をする」とも。
それは、シアトルの時代のときのようにしょっちゅうではなくても、今シーズンも随所に見ることができる。
シアトルのイチローの日の間にほど顕著にではあるが、それは今シーズン散発的に展示されていました。
統計は、特に相手の得点の阻止(0)と最終的守備評価(-.1)である守備のための走力のような先進の測定基準でプレーヤーの守備範囲と強肩を数値化したもので、イチローのために用意したものではない。
リーグ平均と比較した1つの測定。
参考としては、これまで今シーズン、ゴールド・グラブのアダム・ジョーンズがわずか2、アトランタのジェイソン・ヘイワードは34。
イチローのスピードは、11の盗塁、22の内野安打でも証明されている。
特に、8月17日、カルロス・ベルトランに代わってライトに入っていたイチローが、9回の表、ファーストのジェームズ・ローニーとの一塁戦上の競争で内野安打にしたことでも明白。
現実は、イチローのパワー、現在では大部分が打撃練習において示されるだけだが、減少し続けるということ。
8月26日、単打リストでハンク・アーロンを追い越したボテボテのヒットでもわかるように、スピードとピンポイントのバットコントロールがイチローの生命線。
しかし、ヤンキースの今シーズンは、今まで以上にプラトーンシステムにこだわっている。
それは、せっかくイチローが8月に352と盛り返しても、まるで今シーズンがイチローの低かった1ヵ月(7月の224)のようだとチームは忍耐しないことを意味している。
現在2,824のヒットのイチローがヤンキースにいることを選ぶと、例えイチロー自身がそう考えていなくても、もしナショナル・リーグのチームに行けばより簡単に達成できるに違いないMLBでの3,000のヒットの偉業達成が遅れるかもしれない。
「毎日プレーする機会を得られれば、イチローはワケなくそれを達成できる(3,000本安打を達成する)」と、昨シーズンのヤンキースのイチローのロッカー仲間だったカーティス・グランダーソンは言っている。
「それは、キーになる。イチローが毎日プレーできる状況になるようにすること、そして、イチローがそうしてはいけない理由がない」とも。
それを考えさせようとしているブライアン・キャッシュマンに賛成。
事実、イチローの履歴書 ― アメリカン・リーグMVP受賞、10回のAll-Star、10回のゴールド・グラブ受賞 ― が印象的なまま、かつてそうしたようにイチローに選択権がある。
しかし、松井秀喜が10年前にそうであったように、そして、田中将大が今日日本代表からニューヨークの代表に選ばれるているように、イチローがニューヨークにい続けることも可能。
それはイチローが再び来年の2月に取材団からの質問に取り組まなければならないことを意味するかもしれない。
そして、イチローが常にそうしたように、どこで彼が終わっても、彼が「自分自身の場所を見つけなければならない」と繰り返してトレーニングとコンディション作りに費やされた後に、繰り返されることになる。
「He's as prepared as anyone I've ever seen(イチローは今まで見た誰よりも準備する)」とガードナーは言っている。
「It's a guy I never count out(イチローは計り知れない男だ)」とも。


どうだろう?
デレク・ジーターがいなくなったら、NYで人気のイチローの3000本で営業的に稼ごうと考え始めたのか?
どうあれ、本当にそれを考えるなら、まずジョー・ジラルディをクビにすべきなのでは?

If GM and the manager that are extreme in the incompetence are replaced, Ichiro may be in Yankees next year(無能極まりないGMと監督が更迭されるなら、イチローはヤンキースに来年もいてもいい)!

心のブラックホール-41  決して荊の道だけではない極悪人どもの末路-3

It must be considerably difficult to investigate the essence of the case that did not make a criminal investigation at the first stage that the police are proper(警察がまともな初動捜査をしなかった事件の本質を探るのは、かなり難しい)!

東仙坊、どこか懐古的になって自分のプロファイリングをした事件を見直しているのではない。もちろん、ある深刻な状況から身辺整理をかね、事件の再検討をしているワケでもない。
確かに、今、世界では、シリア難民やリビア難民が何百万人も苦しみ、イラクのキリスト教民族が大量殺戮され、アフリカでは不気味なエボラ出血熱ですでに3500人が感染し1900人も死亡しているのに、タガの緩み切った我が日本では卑怯で卑劣な犯罪三昧…。
なかでも、性犯罪がその国の民度が露呈する情けなくてみっともないもの。
9月3日に新たに就任した松島みどり法務大臣が、わざわざ「刑法の中で物を取るより性犯罪の方が軽く扱われている。刑法の強姦致死傷罪の無期または5年以上の懲役に比べ、強盗致傷罪の無期または6年以上の懲役の方が最低刑が重い。これを絶対に逆転するようにしたい」と指摘せざるを得ないほど。
本当にそんなことこそが日本再生の本道だと思うが…。
さて、東仙坊、過去の自分のプロファイリングを見直すハメになったのは、それぞれのクソッタレや大バカどもの判決に興味を持ったからだけではない。
そのキッカケは、本気でプロファイリングをした事件で、その根底を覆すような発表を今ごろになって、無能な警察が発表したことが一番の原因。
それは、緊急プロファイリング  大分日出町35歳主婦行方不明事件-1。
いまだに未解決であることも呆れるが、その中で触れた「大分日出町高齢夫婦惨殺事件」。
この事件が、3月11日、な、な、なんと事件発生から3年も経って、大分県警捜査一課と大分県警杵築日出署が、夫が妻を刃物で刺して殺害後に自分の腹を刺して自殺した無理心中事件と断定し、殺人で笠置司文(86歳)を容疑者死亡のまま大分地検に書類送検し、ジ・エンドとなったからである。
となると、「大分日出町35歳主婦行方不明事件」そのものを再検証せざるをなくなるからである。
それにしても、殺人の捜査本部を立ち上げ、捜査員110人体制で捜査し、延べ約2万3千人の捜査員を投入したことは、一体何だったのか?
その大分県警のテイタラクには、改めて呆れさせられるのだが…。
どうあれ、大分県警の見立ては、こうだという?
2011年6月21日ごろ、自宅で84歳妻の背中を刃物で刺して殺害。
1)遺体を見つけた当時、自宅は密室状態で、争ったり、荒らされたような形跡がなかったこと。
2)司法解剖の結果、2人の死亡推定時期に数時間から半日のズレがあることから、夫は自傷後、少なくとも1時間は動ける状態だったのに助けを求めたり、逃げたりしていないこと。
以上から、無理心中と判断。
動機は解明できてないが、事件発生前の2011年3月に妻は大病を患い手術を受け、夫が家事や介護を続けていたが、自身も大病を患っていたせいなのでは?とのこと。
また、2人の傷口の形状や深さなどから、凶器は台所にあった3本の包丁だった可能性が高いが、特定できていないというから、???
ともかく、夫の死因は腹の刺し傷による失血死。
妻の死因は、刺し傷や切り傷による痛みや恐怖に誘発される致死的不整脈と推察されるが、死因は不明(?)。
そこで、事件後の自分のソースをもう一度。
6月24日、農業男性(86歳)と妻(84歳)の高齢夫婦が自宅1階書斎で、夫は腹に内臓まで達する深い刺し傷1ヵ所を受け残酷にも失血死、妻は背中を浅く刺され失血性ショック死(?)した、痛ましい事件。
何しろ、室内に荒らされた様子はなく玄関や勝手口は施錠されていて、夫は横向きでテーブルの脚に寄り掛かるように倒れていて、妻はテーブル近くの床にうつぶせで倒れていて、2人に抵抗した痕跡はなく、現場で凶器は見つかっていなく、死後4日程度経過し腐敗がヒドく歯型で遺体を特定したと聞いただけで、あまりにも残虐非道でウンザリ。
しかも、6月27日午後7時ごろ、しばらく姿を見かけないことを不審に思った親類の連絡を受け、長男、長女、別の親類女性の計3人が置き鍵を使って勝手口から家に入って発見したと聞いて、ただただ憤慨。
それはそうだと思わないか?
こんな高齢の親を2人だけで4日間も放ったらしにしておける子どもの神経がわからないと思わないか?
どうあれ、東仙坊、自分のファイルに入れてあっても、どうせ近所の許し難いサイコパス的クソッタレのモノ取りの犯行とプロファイリングすらする気もしなかった事件。
それがいまだ未解決であるだけでなく、そのJR日豊線日出駅から南東に約1kmの住宅街にある現場が、な、な、何と金木犀ママが行方不明になった当日、長女を連れて行った歯科医院の目と鼻の先。
それだけではない。
その歯科医院に殺害された高齢夫婦も通院し、金木犀ママも日ごろから子どもたちを連れて通院し、同じく行方不明になった2歳女児もその歯科医院で金木犀ママと同じ日の同じ時刻に診察を受けていたことがるというから、ビックリ仰天。
そ、そ、それだけではない。
高齢夫婦が殺害された6月24日にも、金木犀ママは子どもを連れその歯科医院に診察に行っていたというから、完全に絶句。
たかだか人口28000人あまりの町だとしても、こんな奇怪な偶然があっていいのか?
凄く変だと思わないか?
当然、金木犀ママが普段よく使っていたスーパーが、2歳女児と同じ大分県日出町川崎のスーパー「マルショク川崎店」だったように、その高齢夫婦も同じスーパーを利用。
この事実だって、因果関係は別にしても、十分に不気味では?

このことから、「大分日出町35歳主婦行方不明事件」をこの事件の延長線上に捉えてしまっていたからである。
それゆえ、2つの事件の間に何の関連もないとなると、その考察は大きく変わる。
どちらにしても、ここまで大分県警が無能だと事件解明を期待できそうもないので、その先入観を棄て、再プロファイリングつもりで、自分の書き込みを精読…。

■大分日出町35歳主婦行方不明事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

大分県速見郡日出町大字大神に、夫(?)と10歳長男と7歳長女と住む、主婦(35歳)なる金木犀ママが行方不明になる事件が起きていたというから、思わず絶句。
何でも、その金木犀ママ、2011年9月12日午前9時45分ごろ、小学校から「長女の歯が欠けたので迎えにきてほしい」と連絡があり(??)、小学校へ黒いミニバンで向かった。
9月12日午前10時過ぎに小学校で長女を引き取り、一緒に歯科医院へ行って治療を終えた後、近くのスーパー、大分県日出町川崎のスーパー「マルショク川崎店」へ向かった。
「何だか忙しい」とグチをこぼしているスーパーの防犯カメラには、9月12日11時20分、2人がお茶などを買う姿が映っている。
その後、9月12日午前11時30分ごろ、再び長女を小学校に送り(??)、長女に「気分が悪いから病院に行くね」と言って別れる
どうやら、乗っていた黒いミニバンが自宅にあったので、自宅に一度帰ったと思われる。
ところが、その「子どもを置いたままどこかに出かけることなどはない」はずの金木犀ママが、忽然と消えてしまったというのである。
しかも、「悩んでる様子も家族不和の様子も見受けられなかった」のに、誰にも何も告げず、携帯電話を敷布団の上に置き、「几帳面で家の中にいても窓などの戸締りをするタイプだった」のに、家のドアや窓のカギが開けっ放しで、「出かける際に必ず使っていた」のに、車を残したまま金木犀ママは、家からいなくなったというから、ミステリー。
ただし、自宅と車のカギ、いつも持っているモノトーンのポーチ、 財布などが入っていたバッグ、長女がタオルケット代わりに使っていたバスタオル(??)、いつも自分が使っていた枕(???)を持って行ったというから、???
また、 室内に荒らされたような跡はなく、冷蔵庫にはスーパーで買ったお茶が飲みかけの状態で残っていたというから、やっぱりミステリー。
なお、金木犀ママは身長152cm、体重47kg、中肉中背、くせ毛の肩下ロングの黒髪、黒のTシャツ、黒の七分の綿パン、大きな白い花のついたビーチサンダル、モノトーンの肩掛けカバン…。
さらに、夫によると「いなくなる前の晩に、翌週末の連休を使って、ちょっと遊びに行こうという話をそのころがちょうど誕生日の家内としてましたしね」と話していたというのだが…。


●東仙坊がプロファイリングする、この事件の真相と犯人像(?)

①9月12日正午前に、35歳主婦なる金木犀ママは、長女を再度小学校に送り「気分が悪いから病院に行くね」と言って別れた後、どうやら、その山の中の一軒家風(?)のような自宅に真っ直ぐ帰ったようだが、どこを探してもそのソースがない。
せめて、街中の防犯ビデオチェックの結果ぐらいは、公表すべきでは?
どちらにしても、仮にどこかの病院に寄ったとしたなら、その病院がどこにあり、どんな病院なのかも気になるのだが…。
もしかして、一度家に戻ってから病院行くつもりだったのでは?
家から歩いて行けるところに病院はないのか?
一番近い内科(?)なら400mくらいところにあるのでは?
それなら、車を置いて行けるのでは?
しかし、そうだとしても、やはり戸締まりはして行くのでは?
携帯電話を持たなかったことを含め病院に行ったと仮定するとある程度整合性が見られるのだが、それだとどうしてもバスタオルと枕が消えたことのツジツマが合わない。
では、なぜわざわざ病院に行くと長女に伝えたのか?
確かに、長女の歯が欠けたということは、その日の想定外の出来事…。
内心ムッとしていたところがあったかも知れない。
けれども、相手が学校、娘ということがあって、ストレートに「何でこんなことで、イチイチ呼び出されなきゃならないの!」とガマンした反動で口走ったのかも知れない。
あるいは、自分の予定をムリヤリ変更させられたことに腹が立っていたのかもしれない。
せっかくの自分独りでダラダラのんびりする時間を減らされたからか?
それこそ、昼下がりのアバンチュールの予定を変更させられるハメにさせらたからか?
そもそも、本当に気分が悪かったのか?
生理痛? 何らかの内臓疾患?
どう考えても、イライラさせられただけだったに違いないと思うが、どうだろう?
そして、こういう精神状態のほとんどの女性の最大の問題は、どうしても集中力を欠くこと。
つまり、スキが出てしまうということでは?

②実は、東仙坊、金木犀ママに関し、明確に判明していることで、2つのことを懸念している。
1つは、くだんのスーパー「マルショク川崎店」でお茶と何を買ったのか?ということ。そして、その飲みかけのそのお茶を冷蔵庫にしまっていたこと。
なぜなら、自分のランチを買った気配がないと思えるからである。
2つ目は、夫の風采とそん醸し出している何とも言えない生活観いっぱいのムード。
おそらく日ごろから金木犀ママ、自分のランチなどに一切頓着のない暮らし、残りモノで間に合わせたり、食べなかったりする暮らしをしていたに違いない。
これらのことから、金木犀ママがカッコいい男(?)と駆け落ちをした可能性がゼロではない気がするからである。
35歳主婦、2人の子どもの母親、甲斐性のなさそうな(?)夫…一人の女として自分の人生をイヤというほど見つめ直す時期であることは間違いないはず。
では、家出、失踪なのか?

③金木犀ママの身に一体何が起きたのか?
それを考察するには、金木犀ママが自宅に戻った後の行動に注目せざるを得ない。
9月12日、この日はメチャクチャ残暑が厳しく最高気温33.2℃を記録している。
イライラしていた金木犀ママは、自宅に戻るやいなや、うだるようにムンムンしていた部屋の空気を入れ替えるべく、窓を大きく開けたはず。
そして、持ち帰ったお茶を冷蔵庫にきちんとしまったはず。
なぜそのことにこだわるのか?
東仙坊、夫が言っているような几帳面で用心深い性格だったら、襲うホシは鍵を開けた瞬間を狙うと考えていたからである。
というのも、室内が荒らされていなかったから、いきなり脅かすしかない方法がないと考えていたからである。
けれども、持ち帰ったお茶を冷蔵庫にきちんとしまう余裕があった以上、そうでないことは確実。
ということは、金木犀ママは、家に戻り一度落ち着いた後、拉致されたと考えるしかない。
では、気分が悪く横になり、ついついウタタネをしてしまったときに襲われたのか?
何のために? なぜ? 誰が?
それより何より、なぜ金木犀ママが狙われたのか?

④東仙坊、どうしても気にしてしまうのは、この手の事件での被害(?)家族の動揺し切ったことによる理解し難い不可解な行動…。
残忍極まりない殺人事件が起き、いまだ未解決な地域で、自分の愛する妻が謎の失踪(?)し、半狂乱であるはずなのに、なぜかテレビカメラを家に入れただけでなく、自分自身が極めて冷静に顔を出し、「小さな地区で2人の行方不明が出るなんて、ちょっと不安(?)」と応える夫の心境は、何?
それだけじゃない。
メチャクチャプライベイトなファミリービデオ映像を提供する理由は、何?
そんな行動にどうしても違和感を覚えてしまうのは、東仙坊だけではあるまい。
ついでに、金木犀ママの表情を解析してしまうと、どことなく何か陰みたいなものを感じるのだが…。
ちなみに、金木犀の花言葉は、謙虚、真実、陶酔。
いみじくも、今回、東仙坊、精読させられた金木犀ママの夫のブログのコメント300あまりの中に、当の本人が触れている箇所があった。
「この一年、ある種の覚悟を持ってプライバシーを曝した上で妻の捜索の協力、妻に繋がる情報の提供を求めてきました。
残念ながら、いまだに何が起きたのかすらはっきりと判明していません。 これから先も今の状況のままというワケにはいかないと考えていますが、停滞している現在の状況を打開、展開する方策も見つかりません」
「妻への誹謗中傷が酷すぎます。妻を見つけるために表に出た以上、私への誹謗中傷、嫌がらせなどは覚悟しておりました。しかし、被害者である妻へのものがあまりにも酷すぎます。何の根拠もなく、匿名性の高い状況での発言に強い憤りを感じます。ウワサでとか、誰かが言っていたからなどは許せるものではありません。言いたいことがあるのならば私へ直接、堂々と言えばと思います。私へのものならガマンもできますが、妻への誹謗中傷に対してはガマンできるものではありません」
この手の事件でありがちなホシは、俗に夫であることは、捜査の鉄則。
おそらく警察も最初からそう決めつけていたに違いない。
実は、東仙坊も、妻から誕生日なのに満足なプレゼントをしてくれないことをナジられた夫による衝動殺人(??)…。 もしくは、その依頼を受けた嘱託殺人(?)…。

⑤あまりの不可解さに、ついに苦肉の推測。
金木犀ママが、島根女子大生バラバラ殺人事件19歳被害女子大生や島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件の夢見るネイリストと似ているから、その同一犯による蛮行とまで考えたほど…。
島根女子大生バラバラ殺人事件19歳被害女子大生、身長147cm、細身、セミロング(ポニーテール)。白地に黒のボーダーでフードがついたワンピース、黒色のレギンス様のもの、黒っぽい靴、黒色のバック。
島根県松江市26歳女性車ごと失踪事件の夢見るネイリスト、身長155cm、やせ形で、長髪。白と黒のワンピース、 黒のジャケット、黒のレギンス。


えっ、何もかも前回のままだって?
その通り…。
すでに指摘してあるが、無能極まりない大分県警、なぜ事件発生後半月以上も経ってから、この事件を公表したのか?
そもそも、家族は、つまり、夫はいつ捜索願を提出したのか?
それも何と言って?
第一、現場の確保は、普通に考えたら不可能だったはずでは?
なぜなら、初めに帰ってきただろうはず(?)の子どもたちが事件性を想像するワケもなかったはず。
つまり、初動捜査がデタラメだったのでは?
また、今や事件解決の重要なポイントである携帯電話の精査をどこまでやったのか?
そして、失踪当日(?)の周辺道路の防犯ビデオの解析をどこまでやったのか?
さらに、警察犬が動かなかったというが、一体いつ警察犬を使ったのか?
どちらにしても、子どもたちの父親、すなわち、夫はいつ妻の失踪を知ったのか?
そのあたりの細かい情報がない限り、ハナからラチが明かないのでは?
どちらにしても、それ抜きに考えると、事件は定番型の犯罪か? それとも事件でないか?のどちらかでは?

We may not solve the housewife disappearance that is this mystery ass by the blunder of the police again(このミステリアスな主婦失踪は、またしても警察の失態で解決できないかも)!

心のブラックホール-41  決して荊の道だけではない極悪人どもの末路-2

I would reconsider the mean criminals whom himself delivered and remember surprise to the numerousness of Koreans some other time(自分が取り上げた卑怯な犯人どもを再考し、そのサプア人の多さに改めて驚愕を覚えている)!

東仙坊、一度プロファイリングをした事件の中から、そのホシの刑罰について気にしている事件についての言及をもう少し続けてたい。
彷徨う大和魂-26   今、北のミサイルよりも畏怖すべきこと!?-1で取り上げた、ジコチュウの大バカ大学生である山田斗喜也(20歳)。
昨年1月21日午前11時45分ごろ、埼玉県坂戸市にある東武東上線若葉駅のホームで、川越市の埼玉県内私立大学2年男性(20歳)と鶴ケ島市の都内私立大学2年女性(20歳)が線路内に転落し、森林公園発池袋行き上り急行電車(10両編成)に撥ねられ、2人は意識はあるものの、全身を打つなどして骨盤骨折などで意識不明の重体
そして、 埼玉県警西入間署が、電車が上り2番ホームに進入してきたところ、ホーム中央の川越寄りに居た2人が突然、もみあうように線路上に転落し、先頭車両に撥ねられ、2人は重体で入院、特に女子大生は脾臓破裂
2人は別々の大学に通う20歳の大学2年生で、以前交際していたというもの。
それから、ホームで男性が都内のアルバイト先に向かうために電車待ちをしていた元交際相手女性に近づき、上半身を背後から両手で抱え、2人がもみ合って線路上に転落したという目撃情報があるとも…。
東仙坊、凄惨過ぎる無理心中未遂で、思わず鳥肌。
死というものを全くリアルに想像しない大学生がいるなんて、最低。
冗談でも、こんなオトコとつき合うからこういうことになるのでは?と、その被害女子大生の将来を心配。
それはそうだと思わないか?
骨盤骨折と脾臓破裂だなんて、女性にとって惨すぎるのでは?
そうしたら、ようやく1月29日、埼玉県西入間署が、川越市的場に住む、この大バカ大学2年生、山田斗喜也(20歳)を殺人未遂で逮捕。
それなのに、殺意については否認していると聞いて、メチャクチャ憤怒。
本当に情けなくてみっともない大学生がまた一人と、激怒。
そうしたら、2月19日、さいたま地検は、殺人未遂と銃刀法違反(?)の罪でさいたま地裁に起訴。背後から抱きつき体を押すなどしてホームから転落させ進行してきた電車に衝突させて殺害しようとしたものの、自らも落ちてしまったということで、お天道様は見ていたということ。
どうあれ、被害女子大生は、全治6ヶ月以上の重傷。
そうしたら、この大バカ、ホームで押す際、包丁1本(刃渡り約16.8cm)を所持していたというから、ハナから確信犯の殺人鬼。
本当に最悪のクソッタレと改めて憤慨しつつ、これが我が国の大学生の実情では?と大きく溜息。
そ、そ、そうしたら、3月6日、この大バカ者、事件のたった約1月前に、別れ話のもつれで女性に刃物で重傷を負わせていたことが判明して、埼玉県警西入間署が、殺人未遂で再逮捕したというから、絶句。
それも、「殺そうと思って切りつけた」というのだから、もうビックリ仰天。
昨年12月16日昼、自宅のアパート室内で当時交際していた女性(20歳)の手首を粘着テープで縛り(?)、刃物で首を切りつけ、重傷を負わせていたというから、???
それはそうだと思わないか?
この被害女性は泣き寝入りしていたということ?
あるいは、埼玉県警が取り合わなかったということ?
どうあれ、単なるシリアルキラーだったということなのでは?
どちらにしても、世の中のためにこの大バカの顔写真を、公開すべきなのでは?

とまで書き込んでいたから、その裁判の行方にメチャクチャ注目していた。
昨年12月6日、さいたま地裁で、その殺人未遂、傷害などの罪に問われたキチガイの裁判員裁判の判決公判があった。
杉山慎治裁判長は「首をベルトで絞め、自由を奪ってナイフで首を切り付けるなど、約1ヶ月の間に重ねた被告の犯行を厳しく非難。殺人未遂でもかなり悪質な部類に属し、刑事責任は極めて重い。そのうえ、元交際相手を駅ホームから落として電車に衝突させ、脾臓破裂や右脚骨折など重傷を負わせた犯行も、一命を取り留めたのが奇跡的。被害者に執着し、一方的に危害をエスカレートしていった経緯、動機に酌量すべき点はない」と、懲役11年(求刑懲役12年)。
どうだろう?
オモシロい判決だと思わないか?
無理心中型電車への飛び込みで助かったことは奇跡的と認めているのでは?
それなのに、たった懲役11年とは被害女性の心情を考えたら、何でそんな軽い判決になるの?プロファイリング-26  東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件 -1で取り上げた、松尾元気(23歳)なるクソッタレ。
東仙坊、その自分のアパートで逮捕され、「やってない」と容疑を否認しているというクソッタレの顔を観て、何もかもが一気にクリア。
このクソッタレ、自分に捜査の手が伸びていることなど、これっぽちも疑っていなかったに違いない。
つまり、ニュースなど全くチェックしていなかったはず。
それどころか、ポンと「これで部屋代を払っておいて」と同居している女性に現金を渡した後、2人で外食を楽しんでいたに違いない。
もしかしたら、被害女性から奪ったジェリーをプレゼントしていたかも?
えっ、そのぐらい変装に自信を持っていたのか?って?
そうじゃない。
そんなことすら考えていない。
このクソッタレ、被害女性を残虐に刺殺したことすら、すっかり忘れていたはず。
えっ、どういうことか?って?
このクソッタレ、生まれて初めて自分を見つめ自分と暮らしてくれる女性が現れ、それに夢中でほかのことなど何も考えていなかっただけ。
その意味で、人を殺したリアリティもなく、おそらくそれも帰ってきた被害女性が悪いと思っているはず。
それゆえ、その自分の犯したことをイヤというほど自覚させるには、相当な刑期が必要だと思うが…。
本当にこういう性根の腐った大バカ者がこの国に増えてしまったのでは?

昨年11月29日、東京地裁で、その強盗殺人罪などに問われたクソッタレの裁判が開かれた。
大善文男裁判長は、「被害女性を刃物で23回にわたり刺すなど、犯行は執拗で残虐。誰が被害に遭ってもオカシクない事件で、社会的な影響も大きい。悪質な犯行で結果が重大なことに加え、反省も見られない」と求刑通り無期懲役の判決。
緊急プロファイリング 京都府亀岡市眼鏡店女性従業員殺人事件で取り上げた、岡本隆史(47歳)なるボケナス。
「自殺か、出頭か迷った(?)。彼女と昨年8月ごろまで交際していて(?)、口論が元になって別れた。殺そうと思ってナイフで首を刺したことに間違いない」とのたまわっているというから、市中引き回しのうえ獄門打ち首にすべきでは?
結局、バカバカしいほどの近場の不倫か何か。
おそらくこのクソッタレ、子どもをダシにして妻とは別れられないとうそぶきつつ、自分が慣れ親しんだ、イヤ、自分が磨き上げた15歳年下の被害女性のカラダが忘れられなかっただけのはず(?)。。
自分が育て上げた肉体を他の男には渡したくない!、自分の女が他の男とめくるめく時間を過ごすのは想像しただけで許せない!というジコチュウクソッタレの傲慢さの発露!!!
このタガの緩み切った社会には、この手の勘違いオトコがゴマンといることの証左!!!

と書き込んだほどのとんでもない独善的な最低の上司。
3月20日、京都地裁で、その殺人罪に問われたボケナスの裁判員裁判の判決公判が開かれた。
樋口裕晃裁判長は「指紋がつかないように手袋を二重につけていたこと、被害女性をハンマーで殴ったあと刃物で刺しているなど、強固な殺意に基づき、用意周到に計画、準備された冷酷かつ相当に悪質な犯行」と懲役15年(求刑懲役17年)
どうだろう?
やっぱり軽い刑罰と言わざるを得ないのでは?
緊急プロファイリング 山口下関市女児絞殺事件-1で取り上げた、湖山忠志(28歳、サプア名・許忠志)なるサイコパス。
もちろん、サプア人らしく最初から最後まで否認する鉄面皮。
2012年7月25 日、山口地裁で、そのサイコパスの裁判員裁判の判決があり、長倉哲夫裁判長は懲役30年(求刑無期懲役)
すると、サプア人気質剥き出しに平然と控訴。
1月21日、広島高裁で、木口信之裁判長も控訴を棄却し、懲役30年の判決。
そ、そ、そうしたら、上告。
本当にサプア人の図太さには辟易しないか?

Unlike some old days, I should vomit in there being many criminals who don't bear a crime some other time(どこか昔と違って、潔くない犯罪者が多いことには、改めて反吐が出る)!

To be continued...

心のブラックホール-41  決して荊の道だけではない極悪人どもの末路-1

We must not let the terrorist who used to take a dangerous drug and fires the shotgun called the car blindly never drive a car(危険ドラッグを服用し車という散弾銃を乱射するテロリストに、車を二度と運転させてはいけない)!

東仙坊、危険ドラッグを服用し車を運転しようとするオタンコナスは、ただの無差別銃乱射をするテロリストと断じている。
それはそうだと思わないか?
風邪薬一つにだって、車の運転を控えるようにと注意書きがあるように、どんな反応をするかわからない化学物質を呑んで車を運転しようとするだけで、そこの明確なテロ殺人の意思があるのと同じ。
それこそ、グァンタナモ収容所のような施設に監禁すべき許し難い犯罪者。
にもかかわらず、8月1日、「危険ドラッグ」で今年上半期(1~6月)に全国の警察が摘発したのが、128事件で145人というから呆れないか?
な、な、なんと昨年同期より77事件(151%)と79人(120%)の増加。
事件数は昨年1年間の125事件をすでに上回り、統計が残る2008年以降の最多というから、開いた口が塞がらない。
薬事法違反が最多の52人で、昨年同期より36人増、4月から禁じられた単純所持28人、使用で2人。
このオタンコナスどもに、少なくとも永久的に車の運転をさせてはいけないと感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
そ、そ、それなのに、警視庁が、危険ドラッグを所持している運転者に対し交通違反がなくても運転免許を最大6ヶ月間停止すると発表し、それでいて、危険ドラッグでの免許停止の運用をするのは全国で初めてというのだから、生温すぎないか?
警視庁は、「事故を起こす危険性がある運転者には物理的に運転をさせない。それしかない」と豪語するのなら、一生二度と運転させないとなぜ言えないのか?
道交法で、覚醒剤や麻薬の中毒者、幻覚症状のある精神障害者を将来的に事故を起こす恐れがある「危険性帯有者」として、免許の効力を最大6ヶ月停止できるように規定しているのだから、危険ドラッグ所持者も「危険性帯有者」に加え同様の規定での運用をするなんて、甘っちょろいことを今ごろ言っていること自体が問題なのでは?
不審な運転者への職務質問で車内から危険ドラッグが見つかった場合、その時点で使用していなくても、過去に使用したことがあり、使用した状態では正常な運転ができなくなる可能性があることを認識していれば、交通違反の有無にかかわらず、都公安委員会に諮って免許の効力を停止する、他道府県在住者の場合も管轄する警察に効力の停止を求める…。
そんなことはあまりに当然なのでは?
そもそも、免許の効力停止には運転者の意見聴取が必要になるために、停止までに通常数ヶ月かかるが、警視庁は危険ドラッグ関連の意見聴取を優先し、1ヶ月程度で実施できるように改めるなどとノンビリしたことを言っているから、オタンコナスどもが増長したのでは?
実は、これで、メチャクチャ気になってきたのが、東仙坊、断じて許し難しと糾弾してきたクソッタレどものその後、つまり、その刑罰の重さ。
例えば、心のブラックホール-38  レイプ被害ガールズの恋愛事情の行方!?-2で取り上げた尾木敬治(43歳)なるクソッタレの判決…。
昨年6月7日、大阪府警捜査一課は、強姦致傷などで起訴中の、住所不定、無職、尾木敬治(43歳)なるクソッタレを逮捕、追送検。
このクソッタレ、2009年12月~2012年2月、大阪市内の路上やマンションの踊り場などで、10歳未満女児から50代女性までを次々と襲い、17件のレイプ事件を確認(?)。
防犯カメラの映像などから計11件の被害を裏付け、 強制わいせつや強盗強姦など9件で逮捕し、うち起訴猶予となった1件を除く8件で起訴。
さらに、昨年2月、大阪市内の路上で、女児の顔にナイフを突きつけて女児を自転車で拉致したうえ、大阪市内のホテルに監禁しレイプ三昧し続けたというのだから、言語道断。
今回、そのわいせつ目的略取、監禁、強姦致傷、強制わいせつなどで2件を追送検。
それでも、「酒を飲んでいたのでよく覚えていない」とみっともなく容疑を否認しているというから、ムチ1億2千万回の刑にすべきでは?
何でも、2009年12月に東北地方で未成年の女性を暴行しようとしたとして強姦未遂で逮捕された1件を除き、レイプ被害は大阪市内に集中。
実際は、どれだけ余罪があることやら、想像しただけでムナクソ悪くならないか?

と書き込んでいたから、余計…。
5月26日、その強姦致傷や強盗強姦など18件の罪に問われた無職、尾木敬治(44)の裁判員裁判の判決公判が、大阪地裁で開かれていた。
斎藤正人裁判長は「被害者に与えた精神的、肉体的苦痛は甚大で、極めて卑劣で悪質な犯行。被告の最初の犯行が、女性に暴行するなどした前科の服役を終えてから約3週間後に起きている。前科3犯があるにもかかわらず性犯罪を繰り返したことは強い非難に値し、再犯の懸念もある」として求刑通り無期懲役を言い渡したというから、とにかくホッ。
とにかく、こんなクソッタレに、冗談でも同じシャバの空気を吸わせたくないと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
それで、次々と気になる卑怯で卑劣な事件の数々を思い出した。
彷徨う大和魂-11 「人間としてあるまじき行為」-8で取り上げた、内柴正人(35歳)なるクソッタレ。
妻がいようが、子どもがいようが、「紫綬褒章」「熊本県民栄誉賞」「熊本県合志市名誉市民」の社会的な称号があろうが、若い10代女性の「ヤワラかな肌」に敵うものはものは、地球上にないという状況なのか?
はたまた、最近のヤングマンの特徴の単なるジコチュウの勘違いなのか?
未成年女子大生に飲酒させ(?)、酩酊状態にさせ(??)、レイプしておきながら(???)、「納得いかない。合意だった」と反証しているだけで、教師として、人間として、男として情けなくてみっともないレイプ確信犯

新・日本砂漠化-203 内柴正人なるオトコの相から見極めるべきことでも、さらに取り上げている。
何でもいいから人より優位であることを証明し、そのアドバンテージだけで女性を自分の思い通りにモノにしようと企んだだけ。
それゆえ、たまたま力強く、コザカシク、ケンカが強かったことを利用し、たまたまやってみた柔道で頭角を現し、たまたま結果的に金メダルを獲得しただけ。
それだって、ちっともストイックではなく、自分のクラスでは敵わない相手がいるので、惨めに体重を増やし、ようやく手にできたシロモノ。
当然、金メダリストのアドバンテージを獲得すれば、柔道そのものなどに興味ナシ。
つまり、柔道の本質などに一切無関心。
頭に浮かぶのは、金メダリストというハクに群がるおバカなオンナども。
残念ながら、そんなオンナどもも今の我が国にはゴマンといるから、たちまち無我夢中。
しかし、そんな刹那的な悦楽は本質的ではないから、たちまち袋小路。
それどころか、そんな勘違い的愚行が、人間の魅力をどんどん失うハメになり、四面楚歌。
実際、金メダルを2つも獲得しながら、どこからもオファーなく、「この歳になっても指導者を要請される話がない。僕の居場所はないみたいです」と、泣き言まで言い出す始末。
その結果の行き着く先は、マイナーな熊本県玉名市にある九州看護福祉大のたった部員は20人の女子柔道部。
当然のごとく、イジケた頭の中は、いつも若い肢体ばかり。
その視線の定まりのなさ、目の奥の濁り、そして、自然に醸し出てしまっている卑屈さ…

昨年12月11日、 東京高裁での控訴審判決。
金谷暁裁判長が、「被告の弁解は信用できない。被害女性は柔道の練習で疲れがたまった状態で飲酒し、酔いつぶれてなかなか目が覚めない状態で、目を覚ますと暴行されていたという証言の信用性は認められる。指導者である被告に渋々従っただけで、不自然ではない。よって、控訴を棄却する」と一審と同じ5年の実刑判決が言い渡されると惨めったらしくふて腐れ。
そして、「わかりましたね」と問いかけられても、一切無視。
それで、こともあろうに、女々しく上告。
4月23日、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は、被告側の上告を棄却。
ようやく、それで懲役5年とした一、二審判決が確定するというが、どう考えても軽すぎるのでは?
それにしても、東仙坊、シャアシャアと控訴したり、上告したりするその神経に日本人らしい潔さがないことがメチャクチャ気になるのだが…。
プロファイリング-22   愛知東海女性営業課長遺体遺棄事件-1 で取り上げた、市川孝之(47歳)なる構わぬ親のスネ齧りアンポンタン。
本当に殺人で有罪にできるのか?とメチャクチャ不安になっていた事件。 
昨年11月22日、名古屋地裁で、その傷害致死加害目的略取などの罪に問われた裁判員裁判が開かれ、森島聡裁判長は「犯人と認められることは明らかで、合理的な疑いの余地はない」と求刑通り懲役16年の判決。
実は、この事件では、このアンポンタンに計200万円の報酬で雇われた5人の裁判が終わっていた。
戸島義男(72歳)、懲役7年、罰金100万円(求刑懲役9年、罰金100万円)。
伊藤次郎(46歳)、懲役5年(求刑懲役6年)。
文昇(54歳)、懲役2年6月(求刑懲役3年)。
野畑直志(47歳)、懲役4年6月(求刑懲役6年)。
ちなみに、4人ともサプア籍で、シャブ仲間。
小川卓美(53歳)、懲役2年執行猶予4年??
すると、この盗人猛々しいアンポンタンも、平然と控訴。
4月7 日、名古屋高裁で、柴田秀樹裁判長は「直接的な証拠がないが、連れ去り後に共犯者のオトコを車から降ろして被害女性と2人になったことや携帯電話の位置情報などの状況証拠から、犯人として疑う余地はない」と一審の名古屋地裁判決を支持し、被告側の控訴を棄却。
どうだろう?
こんなアンポンタンどもに血税を使われていいのか?
そして、こんな軽い刑で本当にいいのか?
どちらにしても、美しくない罪人の何と増えたことか?
もっとも、コヤツらはサプア人なのだが…。

I believe a penalty should be equivalent exchange basically(刑罰は、基本的に等価交換であるべき)!

To be continued...




ああ日本砂漠-65  今、日本人全員がモスキート・バスターになるべきとき!?

Even if my feeling proves right, It might be only unpleasantness.a rage for “dengue fever”(予感が当たっても、不快でしかない「デング熱」の大流行)!

東仙坊、ちょっぴり「天狗ねぇつ」の気分。
それはそうである。
ああ日本砂漠-58 AIDS、梅毒、スーパー淋病、デング熱、エボラ出血熱のテンコ盛り!?を書き込んで、誰もエボラ出血熱のことを心配しているときに、デング熱感染を警告したのが、8月12日
それから、2週間もしないうちに、我が国で70年振りという「デング熱」のパンデミック。
それも、1ヶ月以内に海外渡航歴のない国内感染ばかりというから、ビックリ仰天。
東京と埼玉でこれまでに3人の患者が出たと言っていた矢先に、9月1日にはもう計19人(+東京都13人/千葉県1人/埼玉県1人/新潟県1人/神奈川県2人/茨城県1人)、さらに9月2日には14人(+東京都7人/大阪府3人/山梨県1人/青森県1人/愛媛県1人/新潟県1人)で、たちまち36人
そ、そ、それなのに、世界詐欺師国家の一員らしく厚生労働省や自治体は、心配ないとウソ八百だらけ。
人から人へは感染しないとか、重い症状の人はいない(?)とか、快方に向かっている(?)とか、感染しても発症するのは半数程度とか、発症しても通常は1週間程度で回復するとか、まれに命が奪われるとか、感染しても発症せずにすむことも少なくないとか、あたかも安心させるようなことばかりで沈静化に躍起。
そもそも、38℃を超えるような急な発熱、頭痛、目の奥の痛み、関節痛、発疹、筋肉痛がデング熱の主な症状だといっても、人によっては症状が出なかったり軽いカゼのような症状で終わったりするので、感染しても医療機関に行かない感染者がゴマンといて、それが問題なのでは?
適切な対症療法が取られれば致死率は1%以下というが、適切な対症療法を取らなかったらどうなるの?
今回だって、埼玉県の10代女性が突然40℃の高熱で入院したさいたま市内の病院の医師が賢く気づいたから発見できたのでは?
第一、特効薬もワクチンもないのでは?
それより何より、デング熱を日本で媒介するグレムリンのストライプのようなヒトスジシマカ、いわゆる「やぶ蚊」は日本中に広く分布しているのでは?
蚊に刺される人をゼロにしない限り、パンデミックは防ぎようがないのでは?
今のところ、いずれの感染者も、8月10日~8月26日に東京の代々木公園とその周辺(???)を訪れた経験があるというが、すでにその感染者たちを刺した蚊が日本中にいるのでは?
そこで、日本で1940年代前半に大流行したデング熱を媒介するヒトスジシマカをもう一度チェック。
活動期間=5月中旬~10月下旬。朝から夕方まで吸血。しかし、越冬は不可とか。
活動範囲=50~100m。30~40日で死ぬ運命。熱帯に生息し国内にいないネッタイシマカに比べ、ヒトスジシマカのウイルス増殖力は高くないとも。
そして、最大のポイントは、デング熱発症の前日から5日後ごろまでの患者の血を吸うと、体内でウイルスが増殖し、次に刺す人を感染させるということ
これだけ湿気が激しくて、蚊がそこら中にウジャウジャいるのである。
一体どうやって刺されないようにすればいいのか?
今回だって、免疫力が強いはずのヤングが発症していることにとりわけ注意すべきなのでは?
確かに、免疫力を左右する腸内細菌数が、戦前に比べて3分の1に激減し、日本人全体の免疫力が低下していることもある。
そのために、腸内細菌を増やす食物繊維や発酵食品を積極的に取ったり、寝不足を避け、疲労をためないことも重要。
何しろ、ある免疫細胞は、寝不足によってその働きが5分の1に低下するというのだから…。
どちらにしても、国内ではここ数年海外渡航者が帰国後にデング熱を発症する人が、年間200人~250人近くいるということもうなづけるのでは?
そして、そのヒトたちを刺した蚊がいることも確かなのでは?
そうなると、昨年8月日本を旅行したドイツ人が帰国後にデング熱を発症したのも納得できるのでは?
特に、ガンや糖尿病などの病気で免疫力が低下している人はなおさら注意すべきなのでは?
ということは、デング熱に感染しないためには、何が何でも蚊に刺されないようにするしかない。
長袖、長ズボン、モスキートガード、蚊帳…。
それこそ、自分の周りの蚊がデング熱ウイルスを持っているかもと疑うしかないのでは?
それだけじゃない。
深刻な地球温暖化とグロバリゼーションの影響で、蚊の生息エリアが変化し始めているのも事実。
東仙坊、すでに指摘しているが、国内に持ち込まれるのはウイルスだけではなく、ウイルスを運ぶ蚊も航空機や貨物に運ばれてきているのでは?
実際、成田空港などの国際線旅客ターミナルや駐機場などで毎年のようにネッタイシマカも発見されていて、1年中空調が効いた空港などで繁殖しているとも。
また、2100年までには、北海道でもヒトスジシマカが生息できるようになり、九州や中部地方でネッタイシマカが生息できるようになるとかという説もあるのでは?
どうあれ、蚊に刺されないこと、それがとにかく重要。
なぜなら、蚊が媒介するのは、デング熱だけではない。
今や、世界的なネーミングになってしまった「日本脳炎」。
それは、コダカアカイエカによって媒介され、発症者の20~40%が死亡し、重い精神障害などの後遺症が出るという恐ろしいウイルス疾患。
もっとも、これは感染しても発症するのは1000人に1人とかで、我が国にはワクチンがあるから、昨年の感染者数はたったの10人(?)。
ただし、北海道は例外というから、北海道の人は要注意。
それは、国内での感染例は出ていない「マラリア」も同じ。
毎年、海外から帰国した数10人も(?)が発症しているというのでは?
ちなみに、AIDS、結核とともに「世界3大感染症」と言われる「マラリア」。
WHOによると、2012年には約2億700万人が感染し、62万7000人が死亡しているというのでは?
さらに、世界では30秒に1人ずつマラリアで子どもが死亡しているとも。
しかも、そのハマダラカは国内にも生息しているとうのでは?
そ、そ、それだけじゃない。
ヒトスジシマカやネッタイシマカが媒介するのは、今回のデング熱だけではないというから、開いた口が塞がらない。
「チクングニア熱」と「ジカ熱」なんていうのもあり、昨年、海外から帰国した8人が国内で発症しているというから、???
昨年12月、仏領ポリネシアのボラボラ島に旅行した男女から相次いで感染が確認され、国内でジカ熱患者が確認されるのは、これが初めてだったとか。
どうだろう?
蚊は金の有無に関係なく襲ってくるのでは?
蚊から身を守るには、戸締りと同じで自分自身でケアするしかないと思うが…。
さて、東仙坊、このデング熱騒動には、余談がある。
埼玉県に普段から蚊に刺されやすいと嘆いている大切な友人がいるので、ふと埼玉県の感染症対策何ちゃらかんたらに連絡してみた。
さいたま市といっても、かなり広いと思うけど、その患者は何区に住んでいる子?
それは教えられません。
個人情報保護法とか言っているの?
はい。
わかった。じゃあ、○○区は近いか遠いかだけでも教えてくれる?
それもできません。
ちょっと待ってよ。その子がデング熱って確認されたんでしょ?
ハイ。
その子が蚊に刺されていたら感染が拡がっちゃうんじゃないの?
そういうことはあるかもしれません。
じゃあ、その子の家の周りは殺虫剤でも撒いたの?
まだです。厚生労働省から連絡があったらやります。
ちょっと待ってよ。その間で刺されて移されちゃったらどうするのよ?
長袖を着て、蚊帳でも吊って、モスキートガードでもスプレーして予防してください。
それって、キミは仕事していないのと同じじゃないの?
痴漢に注意と立札を立てて、それで痴漢に襲われた人はしょうがないと言ってるようなものじゃない?もっとも、キミは痴漢に襲われないと思うけど。
どういう意味ですか? 聞き捨てならないことを言いますね。
だってそうだろうが、もしこの間に蚊に刺されて感染した人が出たら、キミはどう責任取るの?
……。
本当に小役人だね。せいぜい感染者が出ないように祈るんだね。
どうだろう?
広島市の避難勧告の遅れと同じ構造では?
そして、広島市に情報提供していた民間気象情報会社は、守秘義務を理由に「一切お答えできない」の一点張り。
これがタガの緩んだ日本の実態なのでは?
そこで、東仙坊、その埼玉の友人に電話し、経緯を説明。
すると、彼女が言った。
「埼玉県はリアリティがないから怒るだけムダよ。全盲の方の盲導犬の服をまくりフォークで刺すようなヒトがいるのよ。最低のヤツでしょ。盲導犬が吠えないことをいいことに、そんな酷いことをするなんて…。それをいくら罪を重くするためだからって警察は器物損壊で捜査だなんて…」
東仙坊、思わず絶句…。
それで7、8年前、ある地方の駅ビルの蕎麦屋が、盲導犬はダメだ出ていけ!とケンカしていたことを思い出した。
それを見ていてブチ切れ、「公共施設、飲食店、スーパーなどの施設に、盲導犬など補助犬の受け入れを義務付けた身体障害者補助犬法が2002年に施行されているんだぞ」と蕎麦屋の店員に怒鳴った経験があるからだ。
そうしたら、イタリアからの興味深い記事を見つけて、もう一度、その友人に電話。
「大不況のイタリアでは、この夏、冷夏と不景気でバカンスに行くヒトが少なかったんだって。それでね、飼い犬たちにとってそれがグッドニュースだったんだって」
「何で?」
「毎年、バカンスに行くのに飼い犬がジャマになった飼い主たちが、高速道路のパーキングエリアなどに飼い犬を捨てて行くのが酷かったのに、今年の8月15日の祝日は、捨て犬の数が42匹と昨年の86匹から大きく減ったんだってさ」
「えっ、それでも、42匹も捨てられたの?」
「そうみたい」
「可哀想…酷過ぎるわ」
困った、東仙坊、「まだまだイタリアの犬にはグッドニュースがあるから、心配するなよ」
「何?」
「レストランで残した料理を、飼い犬のための持ち帰り袋に入れることを拒否した店主が客と争っていた裁判で、先月、最高裁判所で店主の敗訴が確定し、愛犬家たちは堂々と、大きなフィレンツェ式ビーフステーキの残った骨と脂身を、『ドギーバッグ』にしてもらって持ち帰ることができるようになったんだってさ」
「フーン。イタリアってそんな国だったの?」
「……」
くれぐれも、代々木公園に行ったり近づいてもいなくても、日本中の人々よ、蚊に刺されないように…。

I guarantee the country where there is Homo sapiens tormenting a guide dog cannot be loved from the world(盲導犬をいたぶるようなヒトがいる国が、世界から愛されるはずはない)!





真実イチロー 頭のいい選手と頭の悪い監督との永遠の確執!?

Finally I understood the reason why Ichiro was respected by players of Latino(イチローがラテン系選手から尊敬されている理由がついにわかった)!

東仙坊、たった1人の得点源だったジャコビー・エルズベリーがまたしても踵が痛いとかでお休みなのに、イチローを使わないジョー・ジラルディの無能さに、本当にウンザリしている。
香川真二がやっと決断したように、我がイチローにもそれが必要なのでは?
それにしても、過去に7-4、571も打っている左腕のJ.A.ハップが先発なのに、イチローを外し、ザラス・ウィーラーを先発させる頭の腐り方。
個人的には、ザラス・ウィーラーのキャラはキライじゃないけど、これとそれは別。
案の定、3-0、せっかく当たっていなかった愛弟子ブレット・ガードナーが狂い咲きをしても、全部ランナーナシ。
さらに、これまた、個人的にはキライじゃないキャラのフランシスコ・セルベリが打って、5回まで3-0とリード。
しかし、そのリードは、最悪。
6回に2本もホームランを打たれ、たちまち3-2。
そして、7回裏、同点ホームランを打たれた後、2死から、ヒット、盗塁で、ランナーは2塁。
バッターは、バッターは宗リン。
すると、防御率1.50のヤンキースのセットアッパー、セリン・ベタンセスから、ライト前にクリーンヒット。
浅く守っていたイチローの代わりにライトを守る打てないカルロス・ベルトランがホームへボールの返球。
つまり、宗リンが決勝タイムリー、ウッハハハ。
なぜなら、1点を追う9回表、先頭バッターは、チャンスでもチャンスでなくても全く打てないステファン・ドリュー。
何しろ、ここ10試合で143、トータルでも169。
東仙坊、当然代打、ここでジャコビー・エルズベリーかイチロー、そして次がイチローかブライアン・マッキャンだろうがと思いきや、あのおバカ監督、ステファン・ドリューをそのまま打たせ、ライトへ凡フライ。
すると、ジャコビー・エルズベリーをザラス・ウィーラーに代打。
なんとラッキーな二塁打。
そ、そ、そうしたら、代走にイチロー。
東仙坊、ただただ顔が真っ赤(?)になっていたはず。
そして、バッターはジョー・ジラルディの秘蔵っ子ブレット・ガードナー、何しろ、タイムリーを打てば驚愕のサイクルヒット。
もちろん、世の中、そんなにうまくいくはずもなく、あえなく一塁ゴロ。
そして、トロント最終戦のセレモニーまでしたデレク・ジーター。
ここもあえなくサードゴロで、またしても敗戦。
東仙坊、またしても夜明けのザマーミロ、ジョー・ジラルディ!!!の独り大合唱。
2年連続で、デレク・ジーターの最後のシーズンで、プレーオフ進出ができなければ、GMともども、間違いなくクビ!!
それにしても、チャンスに弱いWASPばかり選ぶ何と能ナシの監督よ!!!
一言で言って、大田泰示を使うどこかの監督と瓜二つ!!!
この試合での収穫は、宗リンのNHKへの英語でのヒーローインタビューとデレク・ジーターがムスッとしていたイチローを一瞬笑顔にさせたことだけ。
それで、どうしても書きたいことが1つ。
8月22日、ESPNが、「偉大な選手の近くには、いつも偉大な選手がいた。今季限りで引退するデレク・ジーターにとって、最も偉大なチームメートは誰だったか?」を選ぶ大特集。
USAのマスメディアが各選手の実績に基づき、ランキング形式で20人を選出。
1位、マリアノ・リベラ。
歴代最多652セーブを誇る伝説の守護神は、ジーターと同じ1995年にデビューし、昨年限りで引退するまでチームメート。
ホルヘ・ポサダ、アンディ・ペティットと合わせて「コア4」と呼ばれ、黄金時代を構築。
引退と同時に背番号42は永久欠番に指定され、デレク・ジーターと並んで将来の野球殿堂入りは確実。
2位、Aロッド。
2004年からジーターのチームメート。
近年、すっかりダークなイメージだが、禁止薬物使用という要素を取り除けば、MLB歴代5位の通算654本塁打、MLB歴代6位の通算1969打点は偉大な成績。
3位、ロジャー・クレメンス。
1999~2003、2007年と計6年、ヤンキースに所属した右腕にも、実質、引退後に発覚した禁止薬物使用と公聴会での偽証罪のイメージがあるが、Aロッド同様、MLB歴代9位の354勝、MLB歴代3位の4672奪三振と、MLB史上屈指の豪腕。
サイ・ヤング賞8回、シーズンMVP1回という輝かしい実績。
4位、イチロー。2012年のシーズン途中にトレードで加入した安打製造機は、デレク・ジーターも一目を置く存在。
MLB通算2815安打は歴代48位ながら、日米通算では4093安打で、歴代6位のジーターの3438安打を上回っている。
2004年に記録したシーズン262安打も、おそらく不滅の記録。
デレク・ジーターと同時代にプレーした選手の中では、やはり突出した存在。
しかも、20選手の中でジーターの残りの試合を一緒にプレーできるのはイチローだけ。
5位、ウェイド・ボッグス。ライバルのレッドソックスからヤンキース移籍後は1995、96、97年とデレク・ジーターとチームメート。
キャリア通算3割2分8厘の高打率でMLB史に残るヒットメーカーは、5度の首位打者、8度のシルバースラッガー賞、12度のオールスター出場。
1996年にはデレク・ジーターとともにヤンキース18年ぶりの世界一に大きく貢献。
6位イバン・ロドリゲス、7位ランディ・ジョンソン、8位ドン・マッティングリー、9位アンディ・ペティット、10位バーニー・ウィリアムズ。
11位デビッド・コーン、12位ポール・オニール、13位ロビンソン・カノー、14位CC・サバシア、15位ダリル・ストロベリー、16位ドワイト・グッデン、17位マイク・ムッシーナ、18位ホルヘ・ポサダ、19位ゲーリー・シェフィールド、20位ティノ・マルティネス。

何だかメチャクチャウレシクならないか?
ところで、東仙坊、まさに目からウロコの記事を発見。
8月31日、ウォール・ストリート・ジャーナルが、日本が生んだ安打製造機のスペイン語能力を取り上げ、 「イチローのスペイン語は放送不可能──日本人スターのスペイン語による饒舌なトラッシュトークは内野手の間で有名になっている」という特集記事を掲載。
何でも、イチローは、高い英語力を誇ることで有名。
USAマスメディアの取材には通訳を介して答えるものの、チームメートとは何も不自由することなく話すことができる。
実際に、打撃練習中にデレク・ジーターらと談笑する姿は、球場に行けば毎日見ることができる。
ただ、スペイン語も堪能だということを知っている人は、一体どれだけいるだろうか?
MLBにはラテン系選手が多く、クラブハウスではスペイン語が飛び交う。
そして、イチローはそんな選手たちとも親密な関係を作り上げているというのである。
初めに紹介されているのは、レッズのラモン・サンティアゴが明かしたエピソード。
2003年、当時タイガースに所属していたサンティアゴにとってのイチローとの衝撃的な出遭い。初回にヒットを放ったイチローは、すかさず二盗に成功。
軽快なスライディングから立ち上がると、無表情なまま「No corro casi(ほとんど走ってないよ)」と話しかけてきたとか。
流暢なスペイン語でこんな意味の言葉をかけると、サンティアゴが笑い終わる前にイチローは三盗に成功。
「彼がいつも通訳を介して英語の会話をしていたことは知っていたから、まさかそんなにうまいスペイン語を話せるとは思ってもみなかったよ」。
そして、「日米で偉大な記録を打ち立ててきたイチローには、選手や観客から国際的な人気を誇っている。ただ、気の利いたスペイン語を口にすることで、MLBのラテン系コミュニティから特別な尊敬を集めることとなった」。
確かに、東仙坊、思い当たることばかり。
昨年、ロビンソン・カノー、イバン・ノバ、エドワルド・ニュネス、フランシスコ・セルベリ。
今年、ヤンガービス・ソラルテ、ザラス・ウィーラー。
イチローは、ラティーノとばかり話している。
これも、典型的なWASPのジョー・ジラルディを間違いなくイラつかせているはず。
とりわけ、出塁したイチローにラテン系選手が寄っていき、笑顔でコミュニケーションを取るシーンが気になって、気になって仕方がなかったから、メチャクチャ納得。
エドウィン・エンカーネーション、カルロス・サンタナ、ホセ・アブレイユ、ミゲール・カブレラ、デビッド・オルティス…。
なるほどだと思わないか?
ベース上で、本当は一体何を話しているのか?
すると、現在のMLB最強打者ミゲル・カブレラとの話も登場。
2人の最初の出遭いは、2004年のヒューストンでオールスターゲームが開かれたとき、7人のベネズエラ選手が記念撮影の準備をしていると、そこにイチローが入るよう呼ばれたことだとか。
結果的に写真には8人の選手が写ったが、これが当時マーリンズに所属していたミゲル・カブレラとイチローの最初の出会いで、それから仲がいいのだとか。
そして、 「月日が経ち、ミゲール・カブレラはタイガースの一員としてヤンキースと試合をした。ミゲール・カブレラはイチローが走路に現れたときに『Feo!』と叫んだ。『醜い』と言われたことを理解したイチローは、笑顔でスペイン語を返したが、その言葉は英語でも印刷するのに不適切なものだった」とか。
どうだろう?
ラテン系選手たちにとって、イチローはカリスマであり、よき友人。
だからこそ、尊敬を集めるのでは?
イチローの大親友として知られるラウル・イバネスは、証言する。
「イチローが教材を使ってスペイン語の勉強をしていることは見たことがないが、スポンジのように吸収していく。その高い学習能力には感心する。そのイチローのスペイン語習得の努力が、他の選手たちに大きな財産をもたらしている。彼は偏見を持たれることにとても敏感なんだと思う。自分の立場やこれまでの業績を理解したうえで、そういった機会を使って短い言葉で彼の別の側面を見せているんだ。カルロス・ペーニャはいつまでも、ほかのいろんなことよりもイチローとのやりとりを覚えているだろう。引退したときに、チームメートや対戦相手と交流した瞬間が財産になる。イチローがみんなに残そうとしているものはそれで、みんな彼が殿堂入りプレイヤーだと知っているから偉大な財産だよ」。
その言葉を証明するのがタンパベイやヒューストンの一塁手カルロス・ペーニャ。
「あるとき、内野安打で出塁したイチローは、じっと見つめてから『Que cono tu mira?(何見てんだよ?)』と話しかけてきたので、笑いをこらえるのに必死だったとか。
また、 「現在、タイガースでプレーするビクター・マルティネスは、インディアンスで捕手だったときに、イチローが『muy peligroso(超危険)』という単語をふざけて誰かに言うのを聞いた。別の機会にイチローが打席に立った際、マルティネスは同じ言葉をかけると、笑われた。それからの打席で、イチローは打ちにくい球をファウルにすると、ためらわずに『Mala mia(悪いね)』とスペイン語で冗談を飛ばすようになった」とか。
「イチロー自身は野球人生の中で次第にスペイン語を覚えただけで、会話を続けられるワケではないそうだ。しかし、ストイックな印象とは裏腹に、彼はラテン系の選手を見るとちょっかいを出さずにはいられないようだ」。
イチロー自身もラテン系選手に対する思いを回答。
「親近感があるんですよね、ボクらはみんな知らない土地の外国人だから。ボクらはここにやってきて、同じような困難に対応しなければいけない。ちょっとしたスペイン語を投げかけたら、彼らはすごく面白がってくれるし、それが絆を強めるような気がします。加えて、日本にはそんな汚い言葉がないから、西洋の言葉じゃなきゃ言えないことを自分が言っちゃう、というのが好きなんです」。
ラウル・イバネスは続ける。
「イチローは頭が切れて観察眼も鋭くて、すぐにスペイン語を身につけるんだ。ラテン系選手が話しているのを聞きつけたら、ボクらが言った通りに真似て「どういう意味?」って聞いてくる。彼は完璧主義だから、スペイン語を話すときもちゃんと話したいんだろうね」。
だからこそ、ウォール・ストリート・ジャーナルは疑問を掲げる。
「高い英語力を誇るイチローは、完璧主義者にもかかわらず、USAマスメディアのインタビューを受ける際になぜ通訳を使うのか?」と。
それに対し、イチロー自身が説明している。
「ボクがインタビューを受けるとき、恐らく人々はボクが何かについてどう感じたか?だとか、ボクの意気込みを知りたいからで、ボクが英語で話すのを聞きたいワケじゃない。自分の野暮ったい英語で答えたら、要求に応えられないかもしれない。もしかしたらその瞬間は楽しいかもしれないけど、ボクの考えが知りたくて彼らは聞いてきているだろうと信じているので。母国語で返答したほうが、自分をちゃんと表現できていいんです」。
どうだろう?
東仙坊、ichigagaを止められない理由がわかってもらえるだろうか?

Joe Girardi of the WASP couldn't stand Ichiro resisting racial discrimination casually(人種差別にさりげなく抵抗するイチローに、WASPのジョー・ジラルディはガマンできない)!









プロファイリング-30 札幌市25歳結婚間近養護施設女性職員殺人・死体遺棄事件-4

I think about this case like this when the avarice of the man whom oneself wants to eat if it becomes the thing of the person is in the beginning(この事件は、人のモノになるくらいなら自分も食べてみたいというオトコの強欲が発端だと思うが)!

■札幌市25歳結婚間近養護施設女性職員殺人・死体遺棄事件

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の真相

②東仙坊、LSSWのフィアンセへの疑念が晴れた理由の1つに、ある団員から、LSSWの弟のLSSWのフィアンセをボロクソに詰っているツイートなるものを教えて頂いたこともある。
これが本当にLSSWの弟のツイートなら(?)、こんなメチャクチャ女々しそうなマザコンオトコが女性に好かれるワケがないと自分の推察を変えざるを得なくなったところもある。
では、誰を疑っているのか?
LSSWのフィアンセの嫌疑がなくなれば、自然、その供述に信憑性があるということになる。
そうなると、当然浮かんでくるのは、LSSWを強姦強盗しようとしたクソッタレ、もしくはクソッタレども…。
真夜中、妙齢の女性が1人で物憂げに歩いている。
カモを見つけた。やっちゃまえ!
そのクソッタレが単独だろが、複数だろうが、殺すぞ!と脅かして「東部緑地」に連れ込み、やりたい放題の蛮行。
そして、財布を持っていないことにムッとして殺害。
だとすると、すでに一度指摘しているが、衣服もスマートフォンも靴もそのまま、何より、下着が脱がされているはずでは?
仮に、本物のクソッタレの蛮行なら、拉致してもっと遠くの場所でやりたい放題の蛮行をして、さらにもっと遠くの誰にも発見されない場所にそれこそ埋めてしまうのでは?
それより何より、その手のクソッタレは、ターゲットを狙い定めるのが常道で、偶然などに頼らないのでは?
実は、東仙坊、事件発生直後から最も疑惑をかけているオトコがいる。
それは、LSSWに対しLINEで率直な愛情表現をしていた関西の香り(?)のするオトコ。
そして、そのマザーファッカーは、もしかして5月4日に引っ越したのでは?
そう、LSSWが手伝いに行くことになっていたとかいう引っ越し???
それは、引っ越してくるのではなく、引っ越してどこかへ行ったのでは?
どうあれ、東仙坊、その推察は、こうである。
LSSWは、職場で出遭ったフィアンセと同棲し始め、すぐに当惑し始める。
一見いい人そうに見えたフィアンセは、想像以上にメチャクチャ几帳面で潔癖症だった。
とにかく、何もかもにチマチマとウルサかった。
甘やかされて育ち面倒臭がり屋でいい加減でズボラだった#は、すぐに息が詰まり始めた。
何よこれ? 冗談じゃないわ! こんなヒトを夫にしてガマンしろというの?
すでに結婚を後悔し始めていた。
けれども、式の日取りまで決めてしまっていて、今さら結婚を止めたいとは、凄く世間体を気にする親に言えるワケもない。
仕方なく結婚届を出しに行く。
しかし、それをしたとたん、その不安はメチャクチャ大きくなる。
ああー、イヤだイヤだ…誰か助けて!!!
毎日、そんな気持ちでいたLSSW、自分が結婚を決めて以来、なぜか今まで以上に自分にやさしくなったマザーファッカーに相談する。
すると、おもむろにそのマザーファッカーが言い出す。
「そんなヤツと結婚するのなんか、止めちゃえよ。幸せになれないぜ。そんなヤツじゃ、LSSWにはもったいないよ。LSSWならもっとふさわしい男が見つかるよ」
LSSWは、メチャクチャ動揺する。
「ワタシにそんな気持ちがあるなら、何でもっと早くに言ってくれないの?」
と内心思いながら、LSSWはますます悩み始める。
「もしかしてワタシと結婚したいと思っていたのかしら…」。
しかし、マザーファッカーはストレートにそうは言わない。
何だかその気持ちを確かめたくなったLSSW、そのマザーファッカーと話すことが増える。
その後に、フィアンセを見ると、今まで以上にイラつくし、エキセントリックになる。
フィアンセとの些細な諍いばかりになり、
「もうイヤだ。ガマンできない。このヒトとの結婚を止めたい。これ以上、一緒にいたくない」
LSSWはフィアンセに爆発寸前だった。
そんなとき、LSSWはいつものように家事の分担のことでケンカになる。
LSSWは、無性にそのマザーファッカーに会いたくなる。
なぜなら、マザーファッカーは今日にもいなくなってしまうからだ。
5月4日午前0時40分、「頭を冷やしに散歩してくる」とフィアンセに言って外に出ると、LSSWは真っ直ぐマザーファッカーの部屋に向かう。
5月4日午前0時56分、LSSWはその部屋につく。
すると、マザーファッカーから、すぐにある提案がある。
「少しはフィアンセを懲らしめてやれよ。電話して、『助けて! 警察を呼んで!』とでも言って、心配させてやれよ」
「そんなことをして大騒ぎになったらどうするのよ?」
「大丈夫だよ。そこまでLSSWのこと考えてないから…」
「そうかも。でも、もし警察にでも連絡したら、どうするの?」
「いいじゃない。そこまでやったら、LSSWのこと本気で心配している証明になるし、警察だって、痴話ゲンカだったって許してくれるさ」
「そうね。もし警察に連絡もしないくらいだったら、結婚を止めるわ」
「そうれがいいよ」
5月4日午前1時00分、LSSWはマザーファッカーの提案通りに、フィアンセに「助けて! 警察を呼んで!」と電話する。
「さ、どうなるか?」
「そうね。どうなるかしら?」
「ちょっと楽しみだね」
「うん」
すっかり片づいてしまったガランとした2人ぽっち。
なんとなく新たなスタートを感じさせるムード。
「ねぇ、前から聞いてみたかったことがあるの?」
「何だい?」
「ワタシのこと好き?」
「ああ、今さら何でそんなこと聞くの?」
「だって…」
「ずっと好きだったに決まってるじゃないか」
2人はなぜかお互いに興奮し、1つになる。
「今ごろ、ワタシのこと探し回ってるかしら?」
「わかんないけど、そうだったらいい気味じゃないか」
「そうね。いい気味ね」
LSSWはシャワーを浴び、髪を拭きながら、マザーファッカーが差し出したビールを呑みながら、言う。
「ワタシ、もう決めたわ」
「何を?」
「あんなヒトとの結婚を止めるわ」
「その方がいいよ。LSSWのためだよ」
「うん。そうする…で、結婚してくれるのよね?」
「えっ、どういうこと?」
「だって、ワタシのこと好きって言って、こんなことになっちゃったじゃない?」
「だから?」
「ワタシはアナタが結婚してくれると思ったから、彼との結婚を止めようと思ったし、こうなったのよ」
「これと結婚は別だよ」
「そんな…」
「オレは確かにLSSWことが好きだよ。だからといって、お互いにオトナじゃないか。こうなったから、どうこう言うのは変だよ」
「酷いわ。ワタシはどうすればいいのよ?」
「どうすればいいって、あんなヤツとの結婚を止めればいいだけじゃないか」
「今夜のことよ。ワタシは帰って何て言ったらいいのよ?」
「別に…。結婚を止めるって言えばいいだけじゃない」
「いいわ。このことを話して結婚を止めるって言うわ」
「そんなことをわざわざ言わなくたっていいじゃないか」
「じゃ、どこで何していたって言えばいいのよ?」
「だから、いろいろ歩き回って決心したとでも言えばいいじゃないか。それで十分じゃない」
「そうはいかないわよ。しつこく聞かれるもイヤなの。だから、正直に全部話して終わりにするの」
「それはマズイよ」
「何がよ?」
「このことは2人のだけの秘密にしとかなきゃ、いろいろ後が面倒じゃないか」
「だから、何が困るのよ?」
「オレのせいで2人が結婚を止めたようなことになるじゃないか」
「そうじゃない」
「そうじゃないだろ。LSSWがあんなヤツはもうイヤだ、逃げ出したい、ガマンできない、結婚を止めたいって言い出しただけじゃないか」
「もういいわ。アナタもワタシを騙したのよ。とにかく、彼にだけjなく、みんなに話すわ」
「それは止めろよ」
「何で? このことをみんなに知られたら困るワケ?」
「そうじゃないけど。オレが2人の結婚をジャマにしたことになって、みんなから白い目で見られるじゃないか」
「だから、何で?って聞いてるじゃない。アナタがワタシを好きで、ワタシもアナタが好きで、こうなったから、彼との結婚を止めたって言って、何が悪いの?」
「だから、悪いとかじゃなくて、わざわざ波風立ててみんなから変に思われなくたっていいじゃないか」
「言うわよ。ワタシはこんなにアナタのことが好きなんだから…」
「わかった。それはいいけど、今すぐ言うのだけは止めろよ」
「だから、今は何でダメなのよ?」
LSSWは、いつものようにメチャクチャ感情的になっていた。
「何度言ったらわかるんだよ。わざわざ言う必要はないって言ってるじゃないか」
「結局、オトコなんてみんな同じね。自分の都合ばかり」
「何を言ってるんだよ」
「いいわ。とにかく、ワタシはアナタのことが好きでこうなった。それで、彼との結婚を止めたってみんなに言うわ」
マザーファッカーは、フィアンセの気持ちがわかるような気がしていた。
と同時に、「このことがみんなに知れたら、オレは悪人扱いされるだろうな、特に自分の親は世間から冷ややかな扱いをされるだろうな…あれだけオレに結婚しろとウルサかった親が、こともあろうに、結婚式を前にした女性に手を出して人の結婚のジャマをしたと知ったら怒るだろうな…」という不安に襲われていた。
すると、「みんなに知られたら、オレが困る。それだけはなんとしても阻止しなきゃ。こんなオンナはきっと本当にみんなに話す。オレの立場はなくなる。みんなはオレを最低なオトコだとみなす」とマザーファッカーは、まるでLSSWのように取りつかれてしまっていた。
1)「わかった。LSSWの思ったようにしていい」とやさしく言いながら、酒に睡眠薬を混ぜる。
2)「とにかく、今は2人で酒を呑もう」とLSSWを眠らせ、そばにあったバスタオルで窒息死させる。
3)LSSWの遺体に下着と靴下一方だけをはかせると、それを丁寧にビニールを巻き、大きなボール箱に入れ、他の引っ越しの荷物に混ぜらせ、壊れ物取扱注意と大きく書く。
4)引っ越し先から、見つけて置いた温室の一部に埋める。
5)警察からの問い合わせが一通り終わってから、しばらく様子を見たうえで、「東部緑地」の場所に放置する。
どうだろう?
東仙坊、こんな推察をした理由は、「わかった( ・Д・) 心配しないように頑張る(・ω・)」と「 LSSWやんがそう言うならオレは心配しない( ・Д・)」という言葉と「こっ・・・今回だけなんだからねっ!」という最後の言葉を LSSWが未読だったこと。
どうあれ、 LSSWの成長がまだまだだったことが誘因になっている気がしないか?
そして、このクソッタレのマザーファッカーが殺す気で殺したのではないことだけは感じないか?どちらにしても、この無念な25歳女性の冥福を祈るためにも、北海道警札幌厚別署はこの事件のホシを何が何でも逮捕すべきだと思うが…。

It has the key to this case elucidation that a damage woman was unread by the last message(被害女性が最後のメッセージを未読だったことに、この事件解明のカギがある)!













profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード