Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 愛知県武豊町17歳女子高生絞殺事件


Young girls! After all, you should be aware that an asshole with no equipment couldn't take manly action until the end(ヤングガールズよ! 結局、器量のないオトコは、最後まで男らしい行動は取れないということをよく認識すべし)!

実は、淫行処罰規定があるのに、恋愛関係によるsexについて無罪判決を出したケースが、たった1県だけある。
それは、性犯罪のメッカの1つ、愛知県。
何でも、妻子を持つ飲食店の副店長だったオトコが、アルバイト店員の17歳女子高生とsex関係を持ったが、お互いが恋愛感情を抱いていたのだから、淫行に相当するというのは疑問が残ると、名古屋簡易裁判所で判断したというから、まるでサプアの裁判所かのよう。
ここでは、オトコの不貞も、17歳女子高生の不貞も、問題にされないというのだから、メチャクチャ大らか(?)。
そんな環境だから、恋愛に未熟な女子高生のカラダに夢中になる大の大人のオコチャマが表われるし、恋愛がsexばかりかのようでイヤになってくる17歳女子高生が出てくるのでは?
どうあれ、今回の事件も、頭が腐ったままの24歳の会社員のオトコが、18歳女子高生のカラダに溺れただけでなく、馴染んだせいでずっと自分の専用の「性処理マシーン(?)」にしたくなった、ジコチュウオトコの卑怯で卑劣な蛮行。
それはそうだと思わないか?
18歳女子高生で無機質で空虚なラブホテルに行く神経、18歳女子高生の外泊を大目に見る親の無神経などを度外視しても、週末18歳女子高生とのデートをラブホテルにするオトコの甲斐性のなさ、その目的はあまりにも露骨で、仮に本気で恋をしていたとしてもたちまち興醒めなのでは?
せめてディズニーホテルには行けないまでも、男のミエと器量でシティホテルに行くべきなのでは?

■愛知県武豊町17歳女子高生絞殺事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

1月21日午後1時半ころ、愛知県武豊町にあるラブホテル「SEEN」の1室で、ベッドの上に若い女性が1人で(?)仰向けに倒れているのを従業員が発見。
「女性の意識がない」との119番通報を受けて、女性をすぐ病院に運んだものの、搬送先の病院で死亡が確認。
その首には、ヒモで絞めたような痕がクッキリとあったとか。
殺害されたのは、愛知県名古屋市天白区古川町に住む、18歳私立女子高生。
司法解剖の結果も、死因は首を絞められたことによる窒息死。
す、す、すると、駆けつけた愛知県警半田署員が、ホテルの屋上にオトコがいるのを発見。
すわ、飛び降り自殺でも図るのかと思いきや、そのラブホテルが料金を払わないと外に出られない構造のために、このオトコ、ベランダから屋上に上がって逃げようとしていたというから、最低なヤツ。
そして、1月21日正午ごろ、オトコが「殺そうと思い殺しました」と殺害を認めたために、愛知県警半田署員が殺人で緊急逮捕。
そのクソッタレの名は、愛知県大府市長草町石原に住む、会社員、上野太樹(24歳)。
何でも、このクソッタレ、2011年福岡県北九州市にある豊国学園高等学校を卒業後、愛知県太宰市にある梱包会社に就職し、被害18歳私立女子高生と彼女の家族公認でつき合っていたとか。
そして、2人は1月20日の夕方ころに、この現場になったラブホテルにチェックインしたとも。
そこで、まず、土地勘のない、東仙坊、ちょっと地図検索。
クソッタレの自宅(アパート?)は、18歳私立女子高生の自宅から南へ約10㎞ぐらい。
ラブホテルの場所は、さらにそこから南西へ約10㎞ぐらい。
そう、自宅でもなく、賑やかな名古屋市方面でもなく、人里離れた知多半島の先の方…。

●東仙坊がプロファイリングするクソッタレの殺害動機

これは、当初期待したバージン・ロスト、十分なsex経験をした被害18歳私立女子高生が、いつまでもうだつの上がらない将来への夢も全く感じられないクソッタレのsexマシーンにされていることにウンザリし始め、間違いなく他に好きな人ができたから別れたいと切り出したに違いない。
それに対し、冗談じゃないせっかく自分専用のsexマシーンなのに、他の男に取られてたまるか、他の男に取られるくらいなら、誰も二度と利用できないsexマシーンにしてやるとジコチュウ丸出しに殺害した、昨今では極めて定番のストーカー殺人。
ここ数日間でも、元妻を、元妻の彼氏を殺害した大バカ者どもがワンサカ出ているのと同じ根っこ。
別れる別れないの最後の勝負に出て敗れた典型的なみっともないオトコによる、計画殺人に近いモノ。
その意味では、よくラブホテルで発生する、sexが下手ねとか、早漏なのとか、ナニが小さいわねと言われたことによる衝動殺人とは明確に違うモノ。
それにしても、自分のたった一度の人生が永遠でないように、いかなる恋愛関係にも終わりが必ずあるということも受け入れられない軽いオトコのなんと増殖してしまったことか?
人を愛することの原点とは、どこまでも愛する相手がより幸せになるために自分が何をできるか?ということだと思うが…。

Young girls! Make sure that your immature assholes are thinking about own girlfriend only for own sex machine(ヤングガールズよ! 今の未成熟なオトコどもは、自分の彼女を自分専用のsexマシーンにしか考えていないということを十分に認識すべし)!









緊急プロファイリング 愛知県武豊町17歳女子高生絞殺事件


In Japan, there must be many miserable and undaunted men who choose high school girls for mere sex treatment(我が日本には、女子高生を単なるsexの処理の相手に選ぶ情けなくてみっともないオトコが多いことか)!

もう少し、前回の続き。
──年齢は感じさせない、大人のおつき合いはできたのでは?
もちろん、そういう方も、いると思いますけど。
──国学院大に通い2014年夏、神主の資格も取っている。お父さまは、どう思われているか?
父は2012年に亡くなっていますので。
──お母さまは、何と言っている?
お母さんは、もちろん資格を取ったことを喜んでいますし、今年も正月、たくさんの方に参拝いただき、喜んでいた。淫行疑惑の件は報告させていただきました…全てです。とにかく、会見の件に関して、母親は「皆さんに、ちゃんと頭を下げてきなさい。その後の話は、これからしましょう。とにかく、会見を大事に、大切にやってきなさい」と言っていました。
──6股騒動の際もSNSで女性と知り合ったと言っていた。よく、そういうことはするのか?
よく、しているというわけではないですけど、そういう出会い方をボクは批判は全くない。
──ファンからSNSでお付つ合い…前回だって、かなり傷ついている女性もいる。SNSでのアプローチは変えないのか?
全く、そこだけということじゃない。友だちの紹介も、食事会で出会うこともあります。
──前回「もう女遊びはしない」と言った数ヵ月後に、また騒動?
女遊びということに関しては、どういうふうにとらえられるか、ちょっとボクもわからないですけど…彼女になればいいなという気持ちは、どこかにあった
──彼女から連絡はあった?
友人関係で繋がっているので、連絡はあります。内容に関しましては「年齢を偽っていたこと、申し訳ございませんでした」という内容(???)が特に多かったです。
どうだろう?
この大バカ者は、ただ女性とフィジカルな関係が持ちたいだけ
そして、自分に人間としても男としても本物の自信がないからこそ、自分でラクに支配できる女性なら誰でもいいのである。
本物の男やsexを熟知している女性だと、どこか不安と当惑がつきまとい、落ち着いて食べることができないから。
その結果、単に男とのフィジカルな関係に憧憬と興味を抱くと同時に、三流お笑いタレントでも女性の扱いがうまいのかも知れないと思えるオトコだったらそれなりのステイタスと満足が得られるかもと浅はかな女子高生は錯覚するのである。
ましてや、ただ自分も有名になりたいと企んでいる女子高生にとって、一石二鳥の格好の相手なのでもある。
どちらにしても、この手の未熟な大のオトコにとって、いくらそれなりに女子高生の方に経験があったとしても、まだまだ初々しさが少しは残るボディに夢中になるのは、極めて当然
それはそうである。
メンタルな関係を問わないばかりか、少なくともsexが下手ねとか、ナニが小さいわねとなどと仮に思っていても口に出さないから、安心。
そのうえ、何か美味しいモノを食わせたり、何かプレゼントしてやれば、大喜び。
大バカ者にとっては、どこまでもコントロールしやすく、超コンビニエント。
そう、女子高生は、あくまで自分のsex処理のための単なる道具
しかも、その女子高生が精神的に物質的に成長しない限り、一切問題ナシ。
さて、そうなると、どうしても考えなければならないことが、1つ。
◆青少年を誘惑し、威迫し、欺罔しまたは困惑させるなどその心身の未成熟に乗じた不当な手段により行うsexまたはsex類似行為
青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないようなsexまたはsex類似行為
どうだろう?
完全に、「2年以下の懲役または100万円以下の罰金」の「青少年条例違反(淫行)」なのでは?
とりわけ、都道府県で解釈の違うこの「淫行」、東京都では、「みだらな性行為」、それへの「誘惑」も禁止なのだから、例え、恋愛であっても有罪。
つまり、この34歳の「お笑いタレント」なる大バカ者は間違いなく淫行で有罪だということでは?

In Japan a shameless high school girl who prostitutes like a Korean woman has increased(我が日本には、サプア人女性のように売春する恥知らずの女子高生がなんと増えたことか)!

To be continued...

緊急プロファイリング 愛知県武豊町17歳女子高生絞殺事件


School girls should take care of immature adults who quickly misunderstand the physical relationship with a 17 - year - old girls high school girl as a romantic relationship(17歳女子高生とのフィジカルな関係を恋愛関係とすぐ勘違いする未成熟な大人のオトコには、女子高生は気をつけるべき)!

実は、今回の凄惨な事件とワケのわからない「お笑いタレント」の淫行には、根本的に共通点がある。
それを精査・証明するために、この34歳の「お笑いタレント」なる大バカ者の1月21日の記者会見の内容を取り上げたい。
ちなみに、この大バカ者、すでに6股(?)交際(???)で名を馳せているとか。
──彼女が10代と知り、大人のつき合いはよくないと伝えた。どう話をつけた?
そこに関しては…別れるとか、もう好きじゃないとかそういうことは発信しておりません。ただ…彼女と話し合って、友人関係に戻りましょうとお話はして、彼女も納得して決めました。
──彼女が家にくることもなくなった?
その話をしてからです。連絡は取り合っています。ボクも正直、10代と聞いてから、どういうつき合い方が正解か正直、わからなくて…ただ、10代という認識のもと、彼女が応援してくれているのもあるので、そこはありがたく大事に受け止めていた。「ライブに行きたいんだけど」と相談を受けたときに、「お越し下さい」招待はさせていただいたのは事実。
──10代であっても、真剣であったらご両親に会いに行くなり行動は起こさなかった?
ボクは34歳…正直、考えられなかった。
──恋愛感情はどうなった?
10代と聞いて…お父さん、お母さんに会いに行ったらOKという話も先ほどあるかも知れないんですけど…考えられないですね。
──お父さんに会いに行ったのは?
つい最近です。ご自宅に行ったのではなく、待ち合わせしました。彼女はその場にいませんでした。
──1発、殴られる覚悟は?
もちろん、覚悟していきました。
──彼女はアイドル活動をしていたという情報もある。どこかで気づかなかった?
歌手やっている、という話は聞いていました。ただ、ボクから彼女の活動を調べる、ということはなかったです。正直、アイドルの曲だったり、活動は…すみません。
──お酒は飲んだ?
ボクは正直、記憶が全くなくて、お酒を飲んでいた認識は全くない。
──彼女のtwitterから、凄く酔ったことがわかる?
イヤ、その認識は全くない。あの写真は、今回の報道で初めて見ましたけど…基本、ボクは、ああやって無防備で寝てしまうということもあり…。
──2人で酒を飲んだことはない?
ないです。もともと、彼女が飲めるかどうか、強いか弱いかも分からない。
──6股報道などいろいろなことがあり、締めにまたこの騒動?
前回の件に関して、事務所の方であったり、母親だったり、いろいろな方々が謝ってくれて動いてくれた中、今回のことが起こって、非常に情けない。
──実家の神社への影響は考えなかったのか?
10代だと知ったときに、思いました。
──6股報道があった。今回のお相手はお一人? また出てくる?
それは、ないです。交際には至らない。
──公表できる間柄ではないと言うが、彼女だったのかただの遊び相手?
恋愛感情はありました。
──男女の関係はあった?
すみません、ちょっと直接的な…申し訳ないですけど。22歳と伺って、実際にそうであって認識していれば、ボクの彼女だと親に紹介したりとか、そういう発展はあったかも知れません。
──同じ女性でも17歳だとダメ?
ダメってことは、もちろんないと思います。女性のタイプ、男性のタイプ、皆さんあると思いますけど…10代と言われたとき、ボクは、ちょっと…。

If high school girls are to be sex's partner, if you don't give a reasonable TPO and dreams, the miserable asshole will only be able to be transfered sexually transmitted diseases or to be escaped immediately or to be arrested(女子高生をsexの相手にするならそれなりのTPOと夢を与えなければ、情けないオトコは性病を移されるかすぐ逃げられるか捕まるだけ)!

To be continued...


女子高生をsexの相手にするならそれなりのTPOと夢を与えなければ、男は性病を移されるかすぐ逃げられるだけ

緊急プロファイリング 愛知県武豊町17歳女子高生絞殺事件


The deep psychology of inexperienced assholes who oppose seriously seventeen-year-old girls high school students proves the loss of my morality in Japan(17歳の女子高生をマジに相手にする未熟な男どもの深層心理こそ、我が日本のモラルの失墜を証明している)!

東仙坊、世界の劣化、67億人総保育園児化について、すでにたびたび書き込んできている。
その証拠は、あれだけ自分の国を木っ端微塵に破壊してこの先どうするの?と訊きたくなるだけのシリアのバッシャール・アル=アサド大統領、弾劾されたブラジルのジルマ・ルセフ大統領、UKの「Brexit」とボリス・ジョンソン、弾劾訴追で職務停止中のサプアの更年期障害お嬢さん大統領、大統領選で敗北したのに席を空けないザンビアのヤヒヤ・アブドゥル=アズィーズ・ジェムス・ジュンクング・ジャメ前大統領、そして、極めつけが、我々の宗主国であるUSAの成金ボケド素人大統領。
ついに宣言通り、メキシコとの国境にちょうど北海道から沖縄までと同じ距離の「壁」を約250~300兆円で造ると発表。
実に、笑える話だと思わないか?
ちょっと調べればすぐわかるはずだが、違法移民だろうがドラッグプッシャーだろうが、使用しているのは、「穴」。
その意味で、まさに「バカの壁」。
おそらくこのご仁、タイやフィリピンやベトナムで洪水が続いていることはもちろん、南極で福岡県と同じくらい氷が流氷になって世界の潮位を一気に上げることになるということ、それこそ、USAで1月としては例年の1.5倍のトルネードが発生していることさえ知らないご様子。
まあ、就任式翌日に世界中で500万人以上のトランプ反対デモがあったことには一切触れず、いまだに自分の就任式で150万人(?)の歴史的に最大の聴衆が集まったと豪語しているくらいだから、それも当然か?
どうあれ、世界中にモラルなきアンポンタンがウジャウジャ。
それこそ、雨後の竹の子というよりも、老朽化した築地市場のドブネズミのごとく。
そこで、「JAPANファースト」の見地から、我が日本をフォーカス。
実は、東仙坊、我が国の無能なマスメディアを席巻する、「お笑いタレント」なるものの存在に辟易している。
ニュース以外の日本のテレビを見ない最大の理由なのだが、近ごろは、ニュース番組にまでなぜか登場してきているから、ただただ唖然。
そして、「お笑いタレント」のはずなのに、自分のプライバシーばかり話して稼いでいるようだから、ますますウンザリ。
「お笑い」を取るには、センス・オブ・ヒューモアやウィットはもちろん、それなりのインテリジェンスとスキルとパーソナリティがなければ簡単ではないはず。
その意味では、ほとんどがバカ丸出しのおバカばかり。
しかも、バッド・ルッキング。
まあ、コヤツらの狙いは、少々名前を売ってのナンパ。
そう、「お笑いタレント」とは、モテないオトコどもが懸命に考えた狡猾な手段。
ただ、困ったことに、我が国の無知蒙昧で軽佻浮薄で未熟なヤングガールズどもが、今まで以上にタレントなるものに弱いということ…。
さて、そんななか、1月20日、また1人の「お笑いタレント」の淫行疑惑が報道されたとか。
その「お笑いタレント」とは、34歳の狩野英孝。
東仙坊、コヤツのコトを全く知らないばかりか全く興味もないので、自分で徹底リサーチをしたくない。
それゆえ、偶然観た、安藤優子のニュースを頼りにしたい。
疑惑を報じた写真週刊誌「フライデー」。
コヤツが千葉県に住む通信高校い通う17歳の女子高生と昨年11月から半同棲状態であったこと、この「地下アイドル(?)」の女子高生が当初22歳だとコヤツに言っていたということ(???)、コヤツのファン(??)でライブにもきていて差し入れをしてたということ、コヤツのtwitterをフォローしていた女子高生にコヤツからダイレクトメールを送信し連絡をとるようになったこと(?)、その後LINEでも連絡を取るようになったこと、そして、女子高生がコヤツの家に宿泊するようになったということ。
えっ、コヤツが、今回の事件と何の関わりがあるのか?って?
し、し、しばしお待ちを…。

A 17-year-old girls high school students' admiration for easy lost virgin and budgeting are proof of our moral loss(17歳の女子高生たちの安易なロスト・バージンへの憧憬と打算が、我が国のモラル失墜の証明である)!

To be continued...





ああ日本砂漠-183 「JAPANファースト」として真っ先にやるべきコト!?


The world's best wisdom and skills in Japan should focus on defense first(我が国の世界最高峰の英知と技術は、まず国防に集中すべき)!

では、肝心のミサイルについて、検証してみたい。
ここでも、ロシアの超音速対艦ミサイル「ヤーホント」のマッハ2.5が最強と言われてきたが、インドが開発したミサイル「プラモス」はマッハ3を超えたとか。
一方、USA軍のハープーン型ミサイルはマッハ0.8、日本の最新型対艦ミサイル「93式空対艦誘導弾」はマッハ1.1というから、ちょっと心配。
と、と、ところが、我が国の防衛省は、2017年度予算案の概算要求で、前年比2.3%増の、過去最大の5兆1685億円を計上。
日本の弾道ミサイル防衛の柱である「イージス艦搭載SM3(海上配備型迎撃ミサイル)」では、日米共同開発中の改良型「SM3ブロック2A」の実験が最終段階に入っていて、「PAC3(地対空誘導弾パトリオット3)」も迎撃範囲を広げる改修中というから、どこかホッ。
そ、そ、それだけじゃない。
「ASM-1」と「ASM-2」の後継となるマッハ5の「XASM-3(次世代型対艦ミサイル)」がほぼ完成したというから、メチャクチャウレシクならないか?
全長6m、 射程距離150km以上(?)、重量900kg 、超音速推進装置/インテグラル・ロケット・ラムジェット、GPS誘導 + アクティブ/パッシブ複合誘導。
しかも、ステルス性抜群というから、歓声を上げたくならないか?
まだまだある。
陸上自衛隊「SSM-1(88式地対艦誘導弾)」。
対艦ミサイルでありながら海岸線からではなく、山の向こう側から発射し、山あり谷ありの複雑な島の地形をかいくぐるように洋上に進出し飛翔。
目標位置を設定すれば、障害物を回避しながら最短距離でターゲットに命中するとか。
そのうえ、目標に集中してしまわないよう、分散してロックオンするプログラムが搭載されていて、射程が200㎞以上というから、ワンダフル。
ちなみに、尖閣諸島は、宮古島や石垣島などから約170㎞。
陸上自衛隊「中SAM(03式中距離地対空誘導弾)」。
同時多目標対処能力を持ち、巡航ミサイル(弾道ミサイル?)にも対処可能とか。
この2つの誘導弾、「三菱重工業」や「三菱電機」を中心とした多くの日本企業の技術と英知が集約されていて、USAで行った発射実験を見学していたUSA人が「当たりすぎる!」と目を丸くしたとも。
そうなると、黙っていられないのが、USA空軍、マッハ6の無人極超音速機「X51A」 を「ボーイング」と共同開発中とか。
そ、そ、そうしたら、東仙坊、思わずニッコリするさらなる朗報が1つ。
なんと、日本政府が、UKと進めていた戦闘機次世代ミサイル技術の共同研究を完成し世界最高水準のミサイルを開発できることが判明したと発表したのである。
それはそうである。
UKも、世界有数の軍事技術国家。
しかも、射程の長さは同じ種類のミサイルの中で世界随一というドイツやフランスなどEU6ヵ国と共同開発した空対空ミサイル「ミーティア」をベースに、我が国独自の探知・追尾能力に長けた強力レーダー「AAM4」を組み合わせるというのだから、盤石。
その空対空ミサイル「JNAAM(ジョイント・ニュー・エアトゥエア・ミサイル)」を最新鋭ステルス戦闘機F-35に搭載するば、鬼に金棒。
そ、そ、そうしたら、UKが、昨年、USA沖で行った原子力潜水艦アスチュートから潜水艦発射型戦略核ミサイル「TridentII D5」を発射する試験を4年振りに行ったが失敗していたというから、メチャクチャガッカリ。
それでも、世界がギャフンとなるような最強のミサイル開発を続けるべきと真剣に祈っているのは、東仙坊だけではあるまい。

We should softly develop the world's strongest weapons without showing off its technology(我々は、その技術を誇示することなく、そっと世界最強の兵器を開発すべき)!



ああ日本砂漠-183 「JAPANファースト」として真っ先にやるべきコト!?


Even our citizens of peace blur should be aware of which weapons we manufacture with technologies boasting in their world and which we can excell, which they can only imitate, are excellent(平和ボケの我が国民でも、自分たちの世界に誇るテクノロジーで製造する武器と模倣しかできない国の武器とどちらが優秀なのかぐらいは認識すべき)!

東仙坊、もちろん、右翼でも好戦派でもない。
戦争なんて、おバカがやることと確信してもいる。
しかし、ずっと1億2千万人総保育園児化と我が国を糾弾してきたが、それは間違いで、世界67億人総白痴化だと痛感させられた、今、その抑止という観点からだけでも、世界が我が国に手出しできなくなるような強力兵器の必要性を声高に叫ばざるを得ない。
事実、現在だって、そこら中で、戦争だらけ。
そのうえ、もはや、USAの劣化は顕著で、全く頼りにはできない。
それはそうである。
あのNASAですら、最近は我が国のJAXAにオンブにダッコなのだから…。
では、東仙坊、自信満々に世界最強の非核国産ミサイル製造を提案する根拠は、たった1つ。
中国の「汽車之家」が掲載した、「中国の自動車工業史を変えた日本のエンジン」という記事。
そして、「ドイツ人が中国人に自動車の作り方を教え、日本人は中国人にエンジンの作り方を教えた」というその内容。
中国の自動車工業に深い影響を与え、彼らが目標としてきた日本のエンジン10種類をトップ10形式で説明。
第10位、スズキF8B
第9位、ダイハツTJ376
第8位、スズキF10A
第7位、トヨタ8A-FE
第6位、三菱4G13・4G18
第5位、三菱4G63
第4位、三菱4G64
第3位、トヨタ4Y
第2位、三菱4G63S4T・4A91T
第1位、いすゞ4JB1
そして、そのほとんどが、1980年代から1990年代にかけて中国国内に入ったものとか(?)。
なかでも、第1位のいすゞ4JB1、1985年に中国へと入って以来、約30年にわたって中国国内の小型トラック・バスなどに広く用いられ続けているというから、ビックリ仰天。
しかも、数十万㎞走っても大きな修理を必要としないので、「神エンジン」と称されているとか。
そこで、気づかないか?
30年も使用していて、あのパクリの中国が、そのテクノロジーをいまだにマネできないということに…。
つまり、自動車だろうと、兵器だろうと、動力部は極めて重要なのでは?
ということは、万が一の際には、その違いは決定的なものになるのでは?
実際、制空権を争うことになる戦闘機1つ見ても、それは明らか。
世界を恐喝し続ける中国の最新鋭機は、一昨年、ロシアから大量に買った「Su-35」。
これは、2008年に初飛行した戦闘機で、Su-27の改良型。
高出力の双発エンジン、大量の燃料搭載可能。
電波吸収材使用で、レーダー反射が低減。
推力偏向ノズル装備、超音速巡航能力を所有。
パッシブ・フェーズドアレイ・レーダー搭載で、30の空中目標を同時に追尾し8目標と同時交戦可能。
もっとも、第4世代と第5世代戦闘機の中間で、ステルス性はナシ。
それはそうだと思わないか?
心の底では中国を信用していないPuさんが、ベストのモノを中国に売るはずもないと思わないか?
事実、すでにロシアは、それをはるかに凌ぐ「Sukhoi PAK FA(スホーイ T-50 パクファ」を自国で配備。
高度なステルス性とアフターバーナーを使用しないスーパークルーズを実現したシロモノで、空対地ミサイル、空対艦ミサイルを複数搭載。
レーダーは1500個の素子で構成され、首振り可能。
空中32目標を同時に追尾し、8目標と同時交戦可能。
それを凌駕できるのが、日本がようやく配備し始めた航空自衛隊「F35AライトニングⅡ」で、ステルス型で最大速度マッハ1.6。
しかも、我が国では、それにさらなる付加価値を加えているとも。

A country that doesn't seriously push for national defense will only sit and die(国防に本気で全力を注げない国は、座して死ぬだけ)!

To be continued...


ああ日本砂漠-183 「JAPANファースト」として真っ先にやるべきコト!?


Japan could make a win-win relationship even with “JAPAN First”, with countries of the world and its advanced technology( 我が国は、「JAPANファースト」でも、世界に国々とその高度なテクノロジーでウィンウィンの関係が作れる)!

そうでなくても、もともと「USAファースト」の国が、ロクでもないド素人を大統領にして、世界中が慌てふためいている。
その宗主国に追従するしかない能のない我が日本政府も、ひときわオロオロ。
TPPだって、何とかド素人を説得しなきゃと、バタバタ。
そして、そんな我が国のことなど何も知らないし知ろうともしないド素人大統領、我が国への嫌味か回答かのように真っ先にTPPからの恒久的脱退を発表。
我が国は、世界の大恥。
そもそも、UKの「Brexit「で、すでに世界の潮流が、「保護主義」、「孤立主義」、「大衆迎合ファシズム」の時代に入ったことは、明々白々。
今さら、ジコチュウの代表国家「USA」が、「USAファースト」を改めて鮮明にしたところで、慌てること時代がピンボケ。
我が日本も、「都民ファースト」なんて言って遊んでいないで、「JAPANファースト」を表明すればいいだけ。
そうすれば、育ての親の命令で兄弟のように接しさせられてきた、陰険なストーカー国家の「サプア」とも関わらなくてすむだけ。
えっ、「ノドン」や「テポドン」のドン好きの「隣のキチガイの国」にどう対応するのか?って?
あの国が一番好きなのは、世界一味方の多い我が日本。
東仙坊、再三再四、断言してきたが、あの国は日本を攻撃などしてこない。
その意味では、反日キチガイの「サプア」よりもマシ。
もっとも、その「サプア」も、とっくにその「隣のキチガイの国」のモノのようなものだが…。
どちらにしても、ラクして稼げるITや金融商品に目が眩み、ダサい製造業のイノベーションを世界のどこよりも怠ったのが、USA。
第一、まるで「サプア」人のようにいい加減で、識字率が低く、ジャンキーの多い白人労働者にどんな作業をさせることができるの?
せいぜい中国のように石炭産業でも再開させるのが関の山では?
そんなことも知らない無知なド素人が、まさかUSAの大統領とは?
どうあれ、我が日本も、「JAPANファースト」を掲げ、昔のようにUSAの惨めな属国であることから抜け出せばいいだけ。
何しろ、ロシアだろうと、中国だろうと、隣の北と南のキチガイの国だろうと、UKだろうと、イヤイヤ、世界中の国々が頼りにしているのは、我が日本の傑出したハイテクノロジー。
それをバーゲンしないで、きちんと取引すればいいだけ。
親米派、媚中派、親韓派など、内にいる売国奴どもに好き勝手にさせなきゃいいだけ。
そ、そ、それなのに、あのPuさんにせせら笑われるように、タイやベトナムやインドネシアに行って金の配るだけのおバカ外交に明け暮れているだけ。
いっそPuさんのようにUSAのド素人大統領のモスクワでのSMプレイの乱痴気騒ぎの映像や脱税の手口を掴む方がよっぽどマシと思わないか?
ともあれ、かねてから、東仙坊、我が国の国防のために、なぜ世界が羨むハイテクノロジーで核を凌駕するような新たな兵器を開発しないのか?とメチャクチャ歯痒く感じていた。
それこそ、USAの核の傘がなくなっても、余裕で毎日を暮らせるような?
それはそうだと思わないか?
我が国では、普通の国民がサリンを作成できるほどなのだから…。
そう、あの完全にジコチュウのナルシストでしかないおバカが大統領になってしまった、今、どこの国とも同じようにまず国防から始めるのが基本。
とりあえず、威力も凄くてスピードがメチャクチャ速くて命中率の精確なミサイルの開発をそっと行うべきなのでは?

Nasty amateur USA President was born, and at last our country could become an ordinary country(ド素人USA大統領誕生で、ようやく我が国は普通の国になることができる)!

To be continued...


緊急プロファイリング フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件 -3


Don't you think that leaving pictures and images every time will head to the past(いちいち写真や映像を残すということは、過去に向かうことになると思わないか)?

■フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件

●東仙坊が検証するこの手の定番のストーカー事件が後を絶たない原因

②2つ目の問題が、すでにストーカー化していたはずのクソッタレと2人切りでブザンソンのさらなるド田舎で会わざるを得なくなったMDGの身勝手な個人的理由。
それは、クソッタレの心理状況を全く無視し、自分の今の状況を守りたいだけで、その状況を何とか自分で乗り越えようと焦ったため。
どういうことかというと、今の新しいボーイフレンドのバレないように自分で何とかうまく片づけようとしたことが、間違いだということ。
本気で打開したかったのなら、新しいボーイフレンドと一緒に会うしかなかったはず。
なぜなら、クソッタレはすでにMDGに新しいボーイフレンドがいることを十分に熟知していたはずだから。
にもかかわらず、MDGがなかなかそれを認めないために余計にブチ切れたはず。
えっ、そんなことをしたら、そのボーイフレンドまでが失踪するハメになっていたって?
そうだろうか?
金持ちのボンボン、独り善がりの勘違いオトコ…。
軍隊にも巧妙に入らず、税金も払わず、倒産からなぜか甦り、大統領にまで上りつめたどこかのジコチュウ丸出しのアヤシイ成金オトコと同じでバカなプライドだけ強く、評判とか人気を異常に気にするところがあるのでは?
自分が48%の得票で辛うじて大統領になって支持率も40%しかないくせに、その就任式に集まった民衆の数だけをなぜか気にする器量の小さいダメオトコ。
これから海外には一銭も出さないと言うけど、その金でボロ儲けしたのは自分の国だろうが?
そんなことをも知らずに大統領になるなんて恥を知れと思わないか?
そもそも、「Buy American!」と言うけど、何を買うの?
スロベニア生まれの24歳年下のロボットのような女房に、ラルフローレンのドレスを着せたのはいいけど、どこで縫製されているか知っているのか?
中国製かアンゴラ製なのでは?
それでいて、自分は、イタリアの「ブリオーニ」製のネクタイをしているただのナルシスト。
この手のタイプには、新しいボーイフレンドに、クソッタレに対し、「彼女から聞いたよ。キミのことを本当に愛していたって…。でも、キミがカッコよくてスバらし過ぎるから自分にはもったいない。キミにはもっとステキな女性の方がふさわしい」などとおだてるのが一番だったのでは?
そ、そ、それなのに、無思慮に愛されるヒロインを演じたかったのか、自分一人で何とか対処できると思ってしまったことが、女の浅知恵だったのでは?

③東仙坊、この失踪事件(?)のような低級なストーカー事件が後を絶たない最大の原因は、今を必死に生きていないせいだと感じている。
そもそも、日付だって、時間だって、人間が便利に生活するために想像した仮想のモノのはず。
ということは、その瞬間の真実はその瞬間だけのモノであって、永遠のモノでも絶対なモノでもないはず。
にもかかわらず、その瞬間を写真や映像にして、あたかも永遠のモノか絶対なモノかのように錯覚するからこそ、後で面倒なことになるはず。
とりわけ、すべてがトライ&エラーでしかないときに、そう錯覚した写真や映像などは、やがて自分の単なる負荷になるはず。
第一、これだけモラルが完全崩壊した時代では、ロクなオトコがいないせいも手伝って、ヤングガールにとっては、致命的な弱みになるはず。
それに、今を本気で生きていたら、それを写真や映像などにしているヒマもないはず。
どちらにしても、自分のヌードや彼との親密な瞬間などを安易に写真や映像にしない方が、自分のためになると思うし、少なくとも、そうしていれば、このような無残なストーカー事件に巻き込まれないと思うが…。

A woman shouldn't think with a moterfucker who doesn't know real love that it can be resolved by talks(女性は、本物の愛を知らないオトコとは話し合いで解決できるなんて思うべきではない)!

緊急プロファイリング フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件 -3

Light young girls,! Absolutely stop having to meet with a relentless asshole with two people(軽佻浮薄なヤングガールズたちよ! 執拗な男と2人切りで会うことだけは絶対に止めなさい)!

■フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件

●東仙坊が検証するこの手の定番のストーカー事件が後を絶たない原因

①すでに、東仙坊、この失踪事件が、今やモラル完全崩壊の我が国でも定番になった典型的ストーカー事件と結論していることを書き込んでいる。
そして、その執拗なクソッタレから逃げるために、あえてチリから遠いド田舎のブランスのブザンソンの大学に留学したということも指摘している。
しかしながら、超リッチな親の庇護をタップリと受けているクソッタレにとって、決して遠くはなかった。
そこで、まず気になったのが、塾でバイトをしていたというMDGがなぜ簡単に留学できるのか? 彼女も同じようにリッチな親の庇護を受けられたのか?とうこと。
そこで、調べてみると、MDGが、「トビタテ留学ジャパン」という奨学金を利用して留学していたということがわかった。
一言で言うと、2013年に文部科学省を中心として始まった官民協働の海外留学システム(スポンサーが金を提供するということ)で、留学先授業料(上限30万円)、毎月生活費、渡航費一部、事前・事後研修の交通費と宿泊費、壮行会の交通費が支給され、返済不要だというから、実に大甘。
ということは、それを巧妙に利用し、厄介になった元彼から逃げだそうとしたMDGも大したタマと言えるのかも?

②誰がどう言おうと、この事件で最も不可解なことは、たった1つ。
それは、すでに簡潔明瞭に殺害予告に近い(?)ストーカー宣言をしているクソッタレと、なぜ2人切りで会ったのか?
それも、2度も?
それだけじゃない。
なぜ2人切りで食事をする前に、美術館にまで一緒に行っているのか?
そもそも、クソッタレに恐怖を感じから逃げ出したはずではなかったのか?
それゆえ、携帯電話の着信拒否までしていたのでは?
にもかかわらず、なぜノコノコMDGは2人だけで会ってしまったのか?
それには、2つの問題があるはず。
1つは、今の典型的な女性らしく、携帯電話番号そのものやメールアドレスやSNSのアドレスを変更しないことがあると思うが、どうだろう?
そのうえ、2人が親密なときに何も考えずにそれらにupした2人の映像そのものもいろいろ問題になると思うが、どうだろう?
なぜなら、いかなる関係にも永遠なるモノなどあり得ないのにもかかわらず、少なくともそれらの映像はほぼ恒久的に残るのだから。
すなわち、本来なら2人だけのとことんプライベートなモノのはずなのに、まるでパブリックなモノかのように誰の目にも触れることができるのだから。
その点からだけでも、トライ・アンド・エラーが必然である「puppy love(パピーラブ)」でしかないはずの学生同士の未熟な恋愛さえ、まるで絶対的なモノかのような錯覚を当事者同士に与えてしまう側面があることも事実。
東仙坊、やむを得ずいくつかチェックしたが、MDGがクソッタレのために料理している映像、サンティアゴから100㎞離れた港町バルパライソでの「Love Story」という映像を観る限り、クソッタレにMDGの方が夢中になっていたようにしか思えないが…。

In order for men and women who have become intimate to be separated, they can not be separated smoothly without mutual intelligence and morality(親密な関係になった男女が別れるには、お互いにそれなりのインテリジェンスとモラルがないと円滑に別れられない)!

To be continued...

緊急プロファイリング フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件 -3

It must be evident in a world full of eggists that people with money become more egoisted if you look at some president(ジコチュウだらけの世界で、カネを持った人がよりジコチュウになるのは、どこかの大統領を見れば歴然)!

■フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件

●重要参考人チリ人、ニコラス・セペダ・コントレラスなるクソッタレの略歴と事件前後の行動

⑩フランス警察の発表によると、裏の非常口はMDGの部屋に近く、カメラの死角になっていて、その非常口の屋外で血痕を発見。
それは、直径2~3㎝の大きさで、約30㎝の範囲で複数見つかったとも。
また、タイヤ痕も発見。
⑪クソッタレは、昨年12月16日、サンティアゴで、自分のバースデーパーティーを開催。
⑫昨年12月30日、自分のマンション駐車場で、クソッタレがピックアップトラックの荷台に乗り込みシートをかけられ、父親の運転で出て行ったことが確認されているとか。
そして、1月2日、サンティアゴの北約400㎞のチリ中部セレナのマンションに入るの目撃されているとか。
ちなみに、そのマンションは、クソッタレの父親名義の別荘で、クソッタレの母親らが住んでいるとか。
⑬1月3日、クソッタレは、再び、SNSの「デーリーモーション」に投稿。
「ボク自身はとても落ち着いている。何も悪いことはしていない。単にメディアが騒いでいるだけ。フランス捜査当局がMDGを見つけてくれることを望んでいる。メディアの熱が下がるのを待っている。そして、法的な措置を取るつもりだ。インターポールに調査協力をしている」とほざいているとも。
さらに、チリ警察の尋問に、「フランスには行っていない(?)」とまで主張しているとも。

●東仙坊が指摘するこの事件から我々が肝に銘じるべき最も重要なこと

我々の日本以外の国では、基本的に普通の人々が意識する「死」とは、「自分が関わる人の死」だけであるということ。
それも、「自分の生活にとって大切な人の死」だけで、厳密に言えば、これだけ世知辛い世の中になって、家族や友人の死のなかにさえその死に興味がないということ。
つまり、自分と無関係の人の死はそれなりに、後で哀悼の意や憐憫の情をそれなりに表すことがあっても、毎日、世界で死んでいる知らない人の死の1つ。
えっ、この「個」がすべての時代、そんなことは当たり前だって?
その通り。
だからこそ、自分の生は自分でどこまでも守らなければいけないということ。
ともあれ、この事件でも、午前3時ごろに、本当の怖ろしい女性の悲鳴が1、2分も続いたのに、誰一人として警察に電話しなかったことがすべて。
その情けなさとみっともなさに驚愕を覚えるのは、東仙坊だけではあるまい。
どちらにしても、絆の崩壊、コミュニティの崩壊は、我が国よりも世界の方がはるかに顕著であるということを、イヤというほど認識すべきなのでは?
ましてや、民族問題を抱えた一神教の白人社会の国で、得体の知らないイエローの女性が、いきなり地元のフランス人男性と親密になったり、ワケのわからないラティーナと切った貼ったをやっていたら、余計に無視されると思うが、どうだろう?
とにかく、学校の寮なのだから、せめて最初ぐらいは真摯に学ぶ姿勢が見せていなければ、そのコミュニティで誰からも大事にされないのでは?
とにかく、学生の本分は、恋愛を含め学ぶことが第一で、そのためにも、自分が自由に生きるためには自分で自分の身を守る意識を明確に持つことと、いろいろな人と本気で関わってイザというときに助けてくれるような本物の友人を作ることなのでは?

The reason why the current woman looks at a man doesn't grow up must be because raw communication is thoroughly poor(今の女性が男を見る目が育たないのは、生のコミュニケーションがメチャクチャ下手だから)!

To be continued...






































緊急プロファイリング フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件 -3

This psychopath motherfucker must have decided its resolve when he camped for two days near the victim's dormitory(このサイコパスオトコは、被害女性の寮の近くで2日間野宿したときに、その決意を決定的にしたに違いない)!

■フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件

●重要参考人チリ人、ニコラス・セペダ・コントレラスなるクソッタレの略歴と事件前後の行動

②クソッタレとMDGが、かなり親密であったことは、その「デーリーモーション」などのSNS映像でも、明々白々。
そして、それこそ、いかなる恋愛も当事者同士の犬も食わぬ問題であるうえ、そのプロセスにおけるディテールに何が起きたのかは別にして、少なくとも、どう見ても夢中になっていたとしか思えないMDGの方が、クソッタレから逃げたいと思ったことだけは確か。
また、その口実として、安直にフランス留学を選んだことも確か。
事実、昨年11月、MDGは自分の友人に、「別れてよかった。クソッタレがfacebookのアカウントに無断で入り込んで、ワタシの友だちを削除した(?)」と語っていたとか。
さらに、別の友人には、「クソッタレから『結婚しよう』と言われた」とも話していたとか。
一方、クソッタレはクソッタレで、自分の友人に、「フランス留学を考えている」と話していたとか。
③新たな情報で、一番気になるのが、これ。
昨年8月末、MDGが通う予定だったとしていたフランスの「フランシュ・コンテ大学」のキャンパス内ですでに2人が会っていたということ。
④昨年、クソッタレがチリへ帰国後も、FacebookでMDGとコミュニケーションを取り合っていたとか。
そして、昨年9月7日、net上に、クソッタレは、自分の顔をupにして動画投稿。
「MDGは信頼を取り戻し、自分がしたことに対し、少し代償を払わなければならない。MDGが9月21日までに、その条件を守れば許すことにする」と宣告。
⑤昨年11月30日、スイス・ジュネーブの空港でレンタカーを借用。
ブザンソンの西約80㎞のディジョンのショッピングモールで、ゴミ袋、洗剤、燃料、携帯電話を購入。
フランス東部ブザンソンに入るとともに、ブザンソン近郊の広さ2万ヘクタールの「ショーの森」を抜け、南西約40㎞のドール方面にまで走行。
そして、昨年12月1日はホテルに宿泊したモノの、昨年12月2日・12月3日の2日間、寮の近くで野宿。
⑥MDGが失踪した(?)昨年12月4日、2人はレンタカーでブザンソンの南東約20㎞のオルナンにある美術館を2人で見学した後、レストランで食事。
ガソリンスタンドで給油してから、2人は一緒に寮に帰ったとか。
また、ここまでの支払いのすべてはクソッタレのクレジットカードだったことも判明(?)。
⑦昨年12月5日午前3時ごろ、ドン!と何かを叩くたたくような音、女性が必死で叫ぶような甲高い怖ろしい絶叫が1、2分続いたことを、同じ寮の数人の学生が訊いたと証言。
クソッタレが1人で寮から出て行くところを寮の防犯カメラが確認。
⑧昨年12月7日、クソッタレは母国チリに向かって出国。
また、2人の共通の友人である日本人に、「現在、旅行中」という日本語への翻訳を依頼。
そのせいか、MDGの携帯電話から、日本人の友人はそれを受け取り、フランス人の友人は、「パスポートの不備があって、リヨンの日本領事館(?)に行ってくる」とたどたどしいフランス語のメールを受信。
⑨昨年12月10日・12月13日、携帯が繋がらないことを不審に感じたMDGの友人(?)が、寮管理人が立ち会いのもと、MDGの部屋に入り、その不在を確認。
その際、部屋が荒らされていないこと、MDGのパソコンとスーツケースと日ごろ持ち歩いているポーチがなくなっていること、普段着用していた厚手のコートやマフラーなどの防寒具が残っていたことを確認。
そこで、大学を通じ、フランス警察当局にMDGの行方不明を届け出。

Even though mere romance love game cuts into a pasted love-hate drama, private images taken so easily have a big influence(単なる恋愛ゴッコが切った貼ったの愛憎劇に変わるのに、その安易に撮ったプライベート映像が大きく影響している)!

To be continued...


緊急プロファイリング フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件 -3


When we Japanese people notice when countries other than Japan must be not Japan(我々日本人は、いつ日本以外の国が日本じゃないと気づくのか)?

東仙坊、このフランスへの日本人留学生失踪(?)事件、フランス警察によると「殺人・死体遺棄事件」の進捗状況に、一向にイライラなど覚えていない。
しかし、世界を席巻しつつある「大衆迎合ファシズム」の影響が少しずつ我が国にも表われてきているようで、我が日本政府は堪忍袋の緒が切れたのか、フランス政府に続き、チリ政府にまで捜査協力を要請するために、薗浦健太郎外務副大臣を派遣したとか。
これは、フランスに対しかなり無礼な越権行動だと思うが、どうだろう?
なぜなら、この事件は間違いなくフランスで発生していて、その捜査権はフランスにあるはず。
ということは、その事件の被害者が我が日本国民であっても、フランス警察に全権を委ねるべきのはず。
その意味で、フランス政府に捜査協力を求めることはできるが、いくらその重要参考人がチリ人でチリに逃亡していることが明確になっているとしても、フランス政府とチリ政府間の問題でしかないはず。
実際、数々の物的証拠などから、クソッタレそのものであるニコラス・セペダ・コントレラス(26歳)を重要参考人として特定したのも、フランス警察で、コヤツを「インターポール:ICPO(国際刑事警察機構)」を通じ殺人と死体遺棄で(?)国際指名手配したのも、フランス警察で、「犯罪人引渡条約」未締結のチリ警察にコヤツの身柄拘束を依頼しているのもフランス警察。
ここは、ひたすら臥薪嘗胆。
フランス警察やフランス検察の実力に期待すべきだと思うが、どうだろう?
第一、我が日本とチリ政府の間にも、「犯罪人引渡条約」はないのでは?
そうなると、独立した1つの法治国家であるチリの法律の問題。
チリでも、ほとんどの他の国同様、遺体なき殺人事件は成立しないとか。
また、引き渡しの妥当性に関しては、最高裁判所が判断するとか。
さらに、仮に引き渡しが認められても、被告側は異議申し立てが可能とも。
そして、こうした手続きの間、被疑者を拘束するかどうかを決めるのも最高裁判所とか。
もし逃走の恐れがあると判断されれば拘束命令や出国禁止命令が出るケースもあるが、ほとんどのケースでは拘束しないまま手続きが進むとも。
どちらにしても、いくらグローバルな世界になっても、それぞれの国の法律は遵守されるのが、当然。
東仙坊、そんなことをしているよりも、外国人何千万人招致とかノーテンキにやっている我が国の現状を考えると、今後、それにともなって悪いヤツラも大甘日本にワンサカ集まってくるというコトへの対策でも考えるべきなのでは?
実際、何でもありの中韓はもとより、親日のベトナムやタイ、イランやイラクなどの中東諸国やナイジェリアなどのアフリカ諸国から、相当の犯罪人が集結しているというのでは?
どちらにしても、世界は我が国のほとんどの平和ボケ国民が描くような平和でもユートピアでないばかりか、その個の主張から我々の想像を超えたサイコパスやソシオパスがゴマンといることをイヤというほど認識すべきなのでは?

■フランス・ブザンソン21歳日本人女性留学生失踪事件

●重要参考人チリ人、ニコラス・セペダ・コントレラスなるクソッタレの略歴と事件前後の行動

①父親が、固定ブロードバンド・サービスの38%を占めるチリの大手携帯会社「Telefonica Chile」の役員(?)。
チリ南部テムコにある有数の進学高校を卒業後、チリ最高峰の大学「チリ大学」を卒業。
2014~2015年、筑波大学に特別聴講生として留学歴、MDGと同じサークルに所属。
現在は、無職なのに、首都サンティアゴにある16階建て高層マンションの1階に1人で住んでいたとか。
ちなみに、家賃は約月18万円で、一般の学生アパートの5倍とか。

In the world, there are certainly psychopaths and sociopaths that our Japanese imagination doesn't exist(世界には、我々日本人の想像を絶するサイコパスやソシオパスが確実に存在する)!

To be continued...




















彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


The crazy who just pulled the foot of a person at a prominent Korean staff must be not fixed forever(サプア人の目立ちたがり屋で人の足ばかり引っ張る性格は、永遠に直らない)!

東仙坊、自分たちはエラい他の低級な民族とは違うと思い込み、コツコツ働くことを忌み嫌い、とにかくラクして一攫千金を夢見て、キラキラするモノを好み、モラルもマナーもヘッタクレもないとばかりに、やりたい放題し放題の「サプア」。
そ、そ、そんな血が、いつのまにか我が世界一のお人好し国民「カンパンゴ」の血に濃く混ざってしまっている。
それも、物静かでやさしいブリヤートのDNAが減らされ、ジコチュウで人の足ばかりを引っ張るイヤな性格の「サプア」の血が約20%も濃くなってしまってきている。
それで理解できることは、たった1つ。
集団でのイジメ、パワハラ、モラハラ、セクハラの増加から、すぐブチ切れての殺人、強盗、レイプの増加、執拗なDV、ストーキングの増加、人を平然と騙す詐欺の増加、そして、自殺や離婚の増加まで…。
それらは、我々のDNAの中にいつのまにか増加してしまった「サプア」のDNAがもたらしているのでは?という超リアルな疑念…。
だからこそ、東仙坊、かつては明確に兄弟でなかった「サプア」と国交を断絶すべきと断言している。
そう、これ以上、彼らのDNAを我が民族の血に濃くすべきではない!!!と声を大に訴えているのである。
我々民族の本来の美学である思いやり溢れる克己の精神を取り戻すためにも…。
どうあれ、我々大和民族は、醜悪な「青虫」からやがて美しい「蝶」に変身し色とりどりの野原をやさしく飛び交う存在。
しかし、「青虫」の段階で、簡単には退治できない天敵がいるというのである。
それが、「ミクロガステル」という3、4㎜ほどのハネのある虫。
それが青虫の体内に多数寄生し、血液を吸って成長するとか。
それも一気に血を吸い取って死なせては困るからとチビチビと血を吸い続け、青虫の命が果てる最後の最後にその青虫のカラダを破って出てくるのだとか。
実に狡猾でイヤな寄生の仕方だと思わないか?
しかも、「ミクロガステル」は、「青虫」のカラダに卵を産みつけるのではなく、「蝶」の卵を見つけるとその中に自分の卵を注入しているというから、あまりにも理不尽では?
すなわち、卵の段階で寄生されてしまうのだから、助かりようがないのである。
どうだろう?
これでは、美しい「蝶」が減ってしまうのも、当然なのでは?
我々にとって、最も大切な心が、精神が歪んでしまうのも、当たり前では? 
そもそも、東仙坊、世界一のお人好しの我が「カンパンゴ」が、小ずるいその「サプア」の子育て方法や生き方を大目に見て、大甘に対処してきたことが問題だと確信している。
その「カンパンゴ」の弱みにつけ込んで、「恨」と「反」で我ら日本人を根本から征服しようとし始めている。
おかげで、すでに我が日本人の心と魂はグニャグニャのトロトロ…。
ジコチュウで短絡的で衝動的でブチ切れやすい卑怯で卑劣なヒトがいっぱい。
本当に怖ろしいと思わないか?
とにもかくにも、兄弟でないことがはっきりした今、「ミクロガステル」でもある「サプア」とはきっぱりと決別すべきときなのでは?
ところで、実は、東仙坊、このサプア人を「ミクロガステル」化させ、我が日本人の肝っ玉を根幹的に抜く作戦、もしかしたらサプア人とよき似ている我が宗主国USAの戦後戦略の一環なのでは?と疑っている。
というのも、戦後、ジコチュウ剥き出しの「パーソナリティー」を異様に大切にするUSA、我々大和民族に恐れをなし、「3S作戦」という大和魂争奪戦略。
もちろん、その「3S」とは、Sex、Sports、Screen(映画&テレビ)。
そして、そのDNA的実働部隊にサプアを巧妙に利用したと思うのだが、どうだろう?
その結果、その戦略が功を奏し、我が民族はサプア人のようにガマンできないブチ切れやすい性格になってしまったのでは? 
だからこそ、サプアとは、永遠に国交断絶をすべきだと思うないか?
とにかく、我が日本を元の心温かな民族に戻すためにも、これ以上、サプアのDNAを絶対に濃くしてはいけないと思うが…。

Even the last moment of humanity, the Koreans must blame it on Japan and be sure to get abroad on the anti-Japanese(人類最後の瞬間も、サプア人はそれを日本のせいにして反日に明け暮れるに違いない)!

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


Even if we get angry, why don't we break the diplomatic relationship with such a country that will make a comfort woman to Takeshima which is our territory(我々が怒ってもなお、我々の領土である竹島にまで慰安婦像を作るとほざく国となぜ国交を断絶しないのか)?

東仙坊、心の底からウンザリしながらも、「サプア」の糾弾を続け、「サプア」と国交断絶すべきと提言し続けてきた理由は、たった1つ。
我が国のモラル再生と卑怯で卑劣な犯罪の抑止を夢見たからに他ならない。
あれほどまでに、心穏やかで、思いやりに溢れ、わび・さびを感じ、もののあわれ、潔さを信条としてきた我が日本人に、一体何が起きてしまったのか?
そうひたむきに検証してきて、ジコチュウ極まりなくすぐにブチ切れる「サプア」の悪影響が、愛する日本の芯を蕩かしているという答えにたどり着いたからである。
それはそうだと思わないか?
執拗なほどエキセントリックでエモーショナルな反日に明け暮れながら、なぜノコノコ日本にやってくるのか?
それは観光客に限らず、仕事を求めるヒト、留学するするヒト、プロフェッショナルな売笑婦やホステスのように荒稼ぎにくるヒト、集団スリ犯や多種多様な窃盗犯どもや詐欺犯ども、犯罪の逃亡者ども、893になりにくるヒト、人を殺しにくるヒト…。
とにかく、卑怯で卑劣は犯罪者に、「サプア」のヒトやサプア系のヒトが多いことだけは、紛れのない事実。
それは、この書き込み中に、自分の妻を殺しながらシラを切っている大手出版社のサプア籍の編集次長の例を挙げなくても、明白。
と、と、ところが、勝手にDNA的に兄弟と思い込んでいた「サプア」と、DNA的に全く違うと今回知って、かえって当惑…。
それはそうである。
実は、新・日本砂漠化-44 「歩くコウモリ魚」に見る日本人のDNAの危機!!で、日本人のミトコンドリアDNAタイプの詳細について、はっきりと書き込んでいる。
●日本人固有タイプ4.8% ●「サプア」に多いタイプ24.2%  ●中国に多いタイプ25.8%  ●沖縄に多いタイプ16.1% ●アイヌの人々に多いタイプ8.1% ●5集団以外のタイプ21%。
どうだろう?
昔は、たった5%だった「サプア」に多いDNAタイプが、な、な、なんと19.2%も増えているというのだから、なるほどと思わないか?
おそらく、それもここ約150年くらいのことでは?
つまり、「サプア」は、DNA的に我が国を蹂躙しているということなのでは?
そこで、「サプア人」が属するという「南方系O系統」を徹底検証。
朝鮮半島に最初に入った「ワイカイ族」や「貊族」と呼ばれる北方モンゴロイドは、南方からきたアジア人とも交流しながら、ほぼ半島全体に拡大。
「ワイカイ族」や「貊族」の正体は、全く不明(?)。
ただ、他人種と比べて感情の起伏が少ないとされるモンゴロイドのなかで、「サプア」人が例外であること
他の北方モンゴロイドに比べてエラの張った者が多いこと
北方モンゴロイドは、人類の中では新しい人種で脳の体積も大きいのに、長い歴史の中で一度も大きな繁栄を築いたことがないこと
それらが著しい特徴とか。
メチャクチャ納得できるのは、東仙坊だけではあるまい。
それに対し、我が日本人のルーツである「ブリヤート人」とは、蒼き狼と白い鹿がバイカル湖を横断して草原へ移動したモンゴル民族が起源。
そもそも、バイカル湖周辺が、人類文明の一原点で、アルタイ諸民族の発祥地。
我々には、サプア人とは明確に違い、自然と共生できる素地がDNA的にあるというのも、当然な気がしないか?

If it is a genuine Japanese citizen, could we devote our life to Korea for solemn reason(本物の日本国民なら、これだけ傍若無人なサプアのために命を捧げることができるのか)?

To be continued...

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


It should not be with an unusual country that only does pulling the love of an another country rather than shining(自分たちが輝くよりも、人の国の愛を引っ張ることしかしない異常な国とは、つき合うべきではない)!

東仙坊、ゲノム解析の結果に、ただただ驚愕すると同時に、どこかホッと胸を撫で下ろしている。
なぜなら、現在の我々日本人は、シベリア系の遺伝子基盤にシナ大陸中南部系を追加しただけで90%、残りの10%も東南アジア系などのいろいろなDNAで、サプア人のDNAと似たものはわずか5%程度だと判明したからである。
つまり、我々の本当のルーツは、マンモスを追ってユーラシア大陸を横断したシベリア系種族で、今なお、DNAの約5割がそうだというのである。
そして、日本人(沖縄人、アイヌ人、縄文人を含む)は、世界でも稀な古代血統とされる「Y遺伝子D系統」を多く持つ人種で、サプア人は全くの赤の他人だというから、ウレシクならないか?
それもこれも、我が国が島国であり人の出入りが少なく、東アジアでも孤立した異質の「D系統(北方古モンゴロイド)」を持っているというのである。
実際、「D系統」は、アジア人種よりも地中海沿岸や中東に広く分布する「E系統」の仲間であり、「Y遺伝子」の中でも非常に古い系統で本土日本人の半数以上が「D系統」で、世界的にもチベット人や中近東の人だけがこのDNAだとか。
そのうえ、「D2系統」でも、アイヌ人88%、沖縄人56%、本土日本人42~56%で、サプアほぼ0%。
さらに、アイヌ人は、南方系O系統はナシの完全な「D系統」で、世界でも数少ない純粋「D系統」を引き継ぐ人種であると同時に、数少ない北方古モンゴロイドの末裔であり、本土日本人と沖縄人には「南方系O系統」が混ざっているとも。
すなわち、事実上、アイヌ人と本土日本人は大差がなく、アイヌ人に「南方系O系統」を足したのが本土日本人。
一方、サプア人や中国人が、典型的な「南方系O系統」で、我が日本人とは全くの別とか。
では、どうしてそういうことになったのか?
もともと、日本本土の縄文人は北方古モンゴロイドに属し、その北方古モンゴロイドとは白人種から枝分かれしたばかりの古い黄色人種のことで、まだ寒冷地に対応していないために、人類学的には白人種との中間とか。
そして、その北方古モンゴロイドのほとんどが絶滅したが、海に守られている日本や高山のチベットに残ったのだとか。
また、サプア人よりも二重瞼が多く立体的な容姿が多いのも、そのためとも。
事実、日本人(沖縄県人やアイヌ人も含む)や「ブリヤート人」のDNAは緑色より黄色が多いが、支那人やサプア人は緑色より黄色が少ないとか。
どちらにしても、日本列島への渡来人は、朝鮮半島からの渡来人は非常に少なく、大多数は大陸からの渡来人だったとも。
ともあれ、最新のミトコンドリアDNA科学に基づく日本人のルーツは、大きく9つのグループに分類されるとか。
そして、日本人の約95%はそのいずれかに属するとも。
ちなみに、世界の母親は35人。
日本人はそのうちの9人の母親で、何と95%とか。
◆誕生地                                              ◆誕生した時期 ◆日本人に占める割合
D─バイカル湖西部…アジア最古、中央・東アジア最大。一部はアメリカ大陸へ。
  長寿で寒さに強い。                                           6万年前誕生       34%
M7─支那中南部(揚子江流域)…北海道から沖縄まで古くから日本にいた「原日本人」。
  縄文人の一つのルーツ。                                       4万年前誕生       15%
B─支那南部…環太平洋に広く分布。            6万年前誕生 15%
G─シベリア東部…アイヌ人にも多い。朝鮮半島、支那、中央アジアにも分布。         3万年前誕生  7.5%
A─バイカル湖付近…ベーリング海を渡り、北米先住民の祖先。寒冷地に適応。     2~3万年前誕生    6%
F─東南アジア…東南アジア最大。痩せた体型。            4~5万年前誕生     5%
M9─ヒマラヤ・チベット…中央・東アジアに分布。      4万年前誕生       3.4%
CZ─北東アジア(満州北部)…北欧から南米に広く分布。支那中部で誕生
   M8aグループが合流。     3~4万年前誕生   3.2%
N9─支那南部…縄文以降の比較的新しく渡ってきた「渡来人グループ」。       2~3万年前誕生    7%
その他─秋田県を中心に白人と同じグループなど。  3.9%
どうだろう?
これでサプア人よりも中国人の方がまだマシだと思わないか?

It is just not myself alone that our Japanese people are extremely happy to know that they are similar to Koreans(我が日本民族が、サプア人とは似て非なる存在と知って大喜びしているのは、東仙坊だけではあるまい)!

To be continued...










 






彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


I have thought that Korea is a DNA-like brotherhood and have desperately tried gaming up to now(サプアがDNA的に兄弟の国だと思い込んで、これまで必死にガマンしてきたのに)!

東仙坊、「サプア」の歴史を検証するたびに、ますますこの国とはつき合うべきではないとの結論を出さざるを得ない。
というのも、何一つ信頼できるモノがないからである。
ところで、なぜ「サプア」を「Korea」と呼ぶのか?
それは、「高麗」の「コリョ」から、そう呼んでいるだけ。
つまり、世界の国々のほとんどが国名はその地域名を表しているのに、「サプア」は国名なのである。
実は、それは「サプア」の親分の中国も同じ。
「唐」、「チーナ」が「China」になっただけ。
そう、こちらは王朝名。
その意味では、我が国では、中国を「支那」と呼ぶのが正解。
確かに、歴史に学ぶことはあるかも?
さて、ここからが、今回のメインテーマ。
実は、東仙坊、「サプア」との本性的な確執を、兄弟間の嫉妬と羨望がベースとずっと捉えてきた。
そう考えるしか、ロジカルに理解できなかったからに他ならない。
事実、長い間、日本列島の先住民である縄文人、朝鮮半島から渡ってきた弥生人とが混血を繰り返して現在の日本人になったとする「混血説」が通説になっていた。
そして、日本人全般が縄文人の遺伝子を受け継いでいる一方、日本本土出身者は弥生人との混血の度合いが大きくなりながら、どんどん混血しながら北海道や沖縄方面に広がって行ったとも言われていた。
その根拠は、朝鮮系土器・石包丁や華北系青銅器などの発見。
それゆえ、日本本土人は、「クラスター(集団)」としてはサプア人と同じとみなされてきた。
しかしながら、そのゲノム解析が進歩するにつけ、その弥生系渡来人の系統が、稲作の源郷である長江下流地域の江南地方人の血が濃いことなどが判明。
そして、1万年以上前から日本列島には縄文人が広く薄く居住してきたが、3000年ほど前からは中国大陸からの渡来人によって稲作農耕がもたらせられ、弥生時代が始まったということがわかってきた。
それだけじゃない。
発掘された縄文人の人骨からミトコンドリアDNAを抽出し世界各地の人々と比較研究した結果、縄文人のミトコンドリアDNAのほとんどが、シベリアのバイカル湖周辺に住むブリヤート人のDNA構造と同じだということが判明。
そして、縄文時代の遺跡から「ガーシャ遺跡」の土器と似ている非常に薄い土器も発見。
さらに、縄文人の歯から採取したDNAの多くが、シベリアのブリヤート人のDNAと一致。
つまり、シベリアのマリタ遺跡を築いた種族たちが、約2万年前の氷河期にユーラシア大陸と陸続きだった北海道にマンモスを追ってやってきて、その後、南下し日本列島全体へと移り住んでいったというのである。
そして、氷河期が終わり、温暖化によって海面が上昇すると、日本海に対馬暖流が流れ込み、北海道もサハリンから切り離され、現在のような日本列島を形成。
気候も温暖湿潤となり、日本列島には豊かで多彩な森が広がっていって育まれたのが、縄文文化だというのである。
それだから、日本列島人(アイヌ人、琉球人、本土人)はかなり特異で、東南アジア人やサプア人や台湾人などの他の東アジア人とは明らかに異なるというのである。
事実、寒さに対応するために、目は細く、省エネ型の小さなカラダだったとも。
その点から、厳密に言えば、サプア人は、日本列島人と他の東アジア集団との中間に位置するとも。
また、ちょうど支那大陸は、「春秋戦国」の戦乱の時代。
戦火を逃れた揚子江河口の浙江省辺りのカラダの大きな漁労民たちなどが潮の流れに乗って、安住の地を求めて日本にやってきたというのである。
そして、一気に日本列島を北上し、濃尾平野あたりで拮抗。
先住民である縄文系の人々と敵対したり共存しながら次第に融合し劇的に混血し、今の日本人のプロトタイプになったとか。

Our ancestors must be mild Boryat people who are different from Koreans(我々の祖先は、サプア人とは違う温和なブリヤート人)!

To be continued...

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


What Japan had historically had with merit with Korea was only one time when we were in a friendly “Baekje”(我が日本が、歴史的にサプアとつき合ってメリットがあったことは、気の合った「百済」のときのたった一度だけ)!

国同士で合意した約束事項を、金を返せば破棄できると平然と言い切れる頭の腐り切ったヒトびと…。
それらのキチガイどもは、ことあるごとに隣のキチガイの国との統一を口に出す。
そう、自分たちよりも明確なアイデンティティーのもと世界を堂々と威嚇できているから、憧れているから。
それこそが、その発狂してしまったヒトびとの夢の実現、「小中華思想」の具現化。
そこで、その経済的破綻とか文化的かつ政治的困難を全く考慮せず、できあがった「ニューサプア」国家について、考えてみたい。
人口7千万人。
確かに、UKやフランスよりも多くなる。
兵力160万人、予備役900万人。
我が国の6倍、そのうえ、核兵器完備。
当然のごとく、在サプアUSA軍を追い出しているだろうから、まさに我が国の敵国。
どうあれ、反日キチガイだった更年期障害お嬢さん大統領になるヤツは、完全に我が国の敵国となるだけだと思うが…。
ともあれ、東仙坊、「サプア」との国交断絶を提言する以上、その理由を明確にする必要があると、面倒でも、その「サプア」の歴史を我が国との関わりの中で検証。
①約55年前の原人の遺骨が発見された朝鮮半島。
②紀元前約2300年(?)、「檀君朝鮮(???)」。
③紀元前200年(?)、「箕子朝鮮(?)」。
④紀元前150年(?)、「衛氏朝鮮(?)」。
☆「漢」に滅ぼされ、「楽浪」、「玄菟」、「臨屯」、「真蕃」の「漢」の4群。
⑤1c~5c、「馬韓」、「辰韓」、「弁韓」。
「馬韓」→「百済」、「辰韓」→「新羅」、「弁韓」→「伽耶」、「高句麗」。
☆200年、神攻皇后、「新羅」を討伐、「百済」と「高句麗」を帰服。
☆6c、創生期、大和朝廷は、「伽耶」の任那に日本府を設置、同盟関係。
「百済」と友好関係を創り、儒教や仏教を導入。
⑥663年、「高句麗」を制圧した「唐」と「新羅」によって壊滅された「百済」の復興のために、☆天智天皇は、白村江で倭軍42000人を出兵させるも、敗戦。
☆668年、天智天皇は、日本国を建国し、正式にサプアとも国交断絶。
☆桓武天皇(781~806)の生母が、滅ぼされた「百済」の武寧王の子孫(「続日本紀」)。
⑦7c~10c、「統一新羅」、「安東」、渤海」。
⑧10c~、「新羅」、「後百済」、「後高句麗」、「遼」、「女真」。
★1019年、「刀伊」女真人の対馬来襲。
⑨11c~、「高麗」、「金」。
★元寇…1274年文永の役/1281年弘安の役。
「元」と「高麗」に、対馬の女・子どもまで手の平に穴を開けられ綱を通して繋がれ船の横につるされ矢除けにされたとか。
☆それに怒った「倭寇」が活発化。
⑩14c~、「李氏朝鮮」。
☆1375年、足利尊氏が、「日本国王使」を送ると、公式使節団「朝鮮通信使」が来日するようになる。
★1419年対馬来襲、宗貞盛が撃退。
1420年、講和成立。
☆1592年、豊臣秀吉の朝鮮への約15万人の出兵(文禄の役)/1598年慶長の役。
再び完全に国交断絶。
「朝鮮通信使」も中止。
☆1602年、徳川家康が、「朝鮮通信使」の再受け入れを検討。
★1607年、「朝鮮通信使」再開。
その結果、1回400人前後の一行が、 対馬~江戸往復6ヵ月のそれが、全部で12回。
鎖国のなか、「サプア」には、特別の計らい。
そんななかで、9回目の徳川吉宗のとき、「我々を『倭』と呼ぶこと、日本人を『倭人』と呼ぶことを止めなさい」と言うと、「それは120年前の豊臣秀吉が悪いんだ」とうそぶいたというから、まさしく今と同じ。
⑪1871年、正式に国交回復。
☆1880年代、福澤諭吉、脱亜論。
どうだろう?
歴史的につき合いはそんなに深くなく、モラルなき「サプア」や「中国」とはつき合わない方が我が国にとってよかったということが言えるのでは?

Do you know how cruel the things to Japanese people in Tsushima where Korea insists on their territory(かつてサプアが自分たちの領土と主張する対馬で、どれだけ残虐なことを日本人にやったか知っているか)?

To be continued...








彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


Such a country that is not interested in research and technological innovation will eventually disappear(コツコツ研究することや技術革新に興味がない国は、やがて消えてゆくだけ)!

東仙坊、「サプア」の異様なノーベル賞コンプレックスの話になると、イヤでもすぐ思い出すのが、黄禹錫なるご仁のこと。
かつて、「サプア」でノーベル賞に最も近い存在と言われただけでなく、世界を救う救世主で「サプア」の国民的ヒーローで、「サプア」が世界の先端医療をリーダーする立役者と国民からだ絶賛されたご仁。
何しろ、父親と死別し母子家庭の貧しい農家で育ちながら、親戚の援助や奨学金でソウル獣医科大学を卒業し、1982年ソウル大学家畜臨床繁殖学博士号を取得。
北海道大学獣医学部に留学し金川弘司の師事を受け、1997年ソウル獣医科大学教授、2005年ソウル獣医科大学学長にまで上りつめ、小さなころから世話をしていたする牛の世界的な研究家になった、絵に描いたような立身出世の人物。
実際、1993年「サプア」初の牛の人工授精に成功(?)、1999年「サプア」初の牛のクローンを誕生させることに成功(?)。
2003年BSEに耐性を持った牛、さらにヒトに臓器を提供できる無菌処理をした豚を誕生させることに成功(?)。
問題は、ここから。
2004年2月、体細胞由来のヒトクローン胚からES細胞を作製することに世界で初めて成功した(?)と、「サイエンス」2004年3月12日号に発表。
この段階で、ヒトはおろか、サルなどの霊長類においてすら体細胞由来クローンの成功例がなかったのだから、まさに画期的(?)。
2005年5月、患者の皮膚組織から得た体細胞をクローニングして、そこから患者ごとにカスタマイズされたES細胞11個を作製した(?)と、「サイエンス」誌2005年6月17日号に発表。
と、と、ところがである。
2005年11月、「サプア」国内で人卵子売買、不法卵子での人工授精手術や代理母などのブローカーの存在が明らかになり、ブローカーや産婦人科病院などに司直の手が入った。
すると、2005年11月10日、2005年論文の共著者の一人ピッツバーグ大学のジェラルド・シャッテン教授が、「黄禹錫教授が卵子を違法に入手している」とメディアに公表。
それだけじゃない。
2005年の論文に添付された培養細胞の写真が2個を11個に水増しした虚偽だったことが判明。
2005年12月15日、卵子提供で協力関係にあり、黄禹錫教授とともにES細胞の論文を発表した盧聖一ミズメディ病院理事長が「黄禹錫教授は論文の内容が虚偽だったことを認めた」ということを公表。
調査により犬のクローン以外は全て完全な捏造であることが確定したために、「サイエンス」は発表されたES細胞に関する2つの論文を撤回。
その結果、いろいろな方々が赤っ恥。
「最高科学者」の第1号に認定し、「世界幹細胞バンク」に数千億ウォンの援助を行い、「黄禹錫バイオ臓器研究センター」を設立し、「最高科学者」の研究費として年間数億ウォンの支援していた、「サプア」科学技術部。
ヒトクローン胚作製を記念した記念切手を発行した、「サプア」情報通信部。
民間人としては初めて24時間体制の3府要人(大法院長、国会議長、国務総理)級警護の対象にした、「サプア」警察庁。
「国家イメージ広報大使」に任命した、「サプア」文化体育観光部。
小・中・高校用の教科書に早くも登場させていた、「サプア」教科書会社。
とりわけ、一丸となって熱狂した国民が激怒。
海外マスメディアが、「偏狭な民族主義とエモーショナルな過度の国民の期待が捏造に走らせた」と批判したから、逆ギレ。
日本の自虐歴史観の影響をまともに受けているサプアのマスメディア、「黄禹錫の『偉大な成果』をサプアの民族性と結びつけた『お箸技術論』がサプア社会で持て囃された原因は、文化的独創性と先進性に異常なまでに執着してきたサプア的集団意識によるもの」、「最古・最高に執着するのは、歴史的に中国中心の北東アジア文化圏の辺境で暮らしてきた集団的コンプレックスから旧石器捏造事件を捏造した日本人くらいなもので(???)、我が国はそんな意識に染まる理由はない。たとえ2等でもはるかに下は多い。黄禹錫神話の崩壊とともに我々の強迫観念も一緒に解消するよう期待する」と、それでも日本人よりもマシと報道(??)。
2009年10月26日、このご仁に、 胚性幹細胞捏造事件でソウル地裁が懲役2年、執行猶予3年の温情有罪判決。
そして、一昨年、このご仁、北京大学医学研究所、天津国際生物医薬連合研究院、英科博雅遺伝子科学技術有限公司と共同で中華人民共和国の天津に世界最大のクローン工場を建設することを決定していたというから、サプアも中国も、どんな正体の国かよくわかるのでは?

It must be only the boss of China who is in good condition with Korea in the world(世界でサプアと気が合うのは、親分の中国だけ)!

To be continued...





彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


Are Koreans really proud of Norwegian men born in Busan and Japanese women's children as Korea's Nobel Prize winner(釜山生まれのノールウェー男性と日本人女性の子どもをサプアのノーベル賞受賞者として本当にサプア人は自慢してくれるのか)?

東仙坊、「サプア」の本性をどうしても見てしまうのが、これ。
我が日本人がノーベル賞を取るたびに、まるで、アイツらが取れるのになぜ我々が取れないのだという嫉妬剥き出しの大騒ぎ。
これで対日本では0-22だ!とかいう変な羨望。
その果てには、とうとう、サプア人ではないが、サプアで出生し8歳までサプアで育ち、ノーベル賞委員会のHPにも「1904年10月3日釜山生まれ」と明記されているとまで言い出す始末。
それは、1987年にノーベル化学賞を受賞したノルウェー系USA人、 チャールズ・ペダーセン(1904~1989)。
このプロフェッサー、海洋エンジニアの父親はUKが掌握したサプアの釜山税関に就職したために、釜山で生まれて8歳まで釜山暮らし。
その間、父親は、平安道で雲山鉱山が開発されると、そこに転勤。
8歳になったとき、長崎の修道院学校に通うために、サプアを出国。
その後、MITなどで学び、「クラウンエーテル」という新しい有機化合物を合成する方法を発見し、ノーベル化学賞を受賞したとか。
では、なぜ長崎で学校に通ったのか?
単純に、プロフェッサーの母親が日本人で、サプアで農産物貿易をしていただけ。
そのために、サプア語のできない彼は、ノーベル化学賞を受賞したとき、列記としたUSA人。
そのバカバカしさに、昨年6月、UKネイチャーがいち早く反応。
「サプアでノーベル賞の自然科学分野の受賞者が出ない背景」を特集。
「研究開発についてGDP比で世界最大級の投資を行うサプア政府がノーベル賞を目指すならばカネより大事なものがある」と結論されたというから、大笑い。
それを受け、朝鮮日報が、「サプア唯一のノーベル賞が平和賞なのは偶然ではない」と題した論説主幹・楊相勲のコラムを掲載
「サプアではサプア人がノーベル受賞しなかった場合、日本にはできるのにサプアはなぜできないといった論議が盛んになる。つまり、サプアの世論は、日本がやることはサプアも当然やることができ、なさなければならないと言わんばかりだ。日本を羨む前に、日本人の科学研究に対する姿勢を見習うべきだ。日本が近代科学研究を本格的に始めたのは100年以上前のことだ。東北大の小川正孝教授が1908年に43番元素を発見、「ニッポニウム」と名づけた。それは、20年後に否定されるが、後に新元素の発見自体は事実だったと確認された。それから100年あまりたって、2012年に九州大の森田浩介教授の研究チームが113番元素を発見。それは今年、100年前の「ニッポニウム」に似た「ニホニウム」と正式に命名された。森田教授らはニホニウムを発見するため、7年間で400兆回の実験を行った。日本人の100年越しの執念を知っていれば、日本はノーベル賞を受賞できるのにサプアは何をしているのかとは批判できないはずだ」
どうだろう?
その通りだと思わないか?
そもそも、テクノロジーやリサーチそのものをバカにし、ラクして稼ぐことばかりを夢見、そのためには、パクったりカネで人を釣ったりばかりしているせいなのでは?
そして、サプア人が今ノーベル賞受賞候補として期待しているのが、ソウル生まれたのに1歳のときに両親とともにサプアを棄て、カナダに移住した、ゲノム研究で世界的に知られるUSAジャクソン・ラボラトリー・ゲノム医学研究所所長、サプア系カナダ人、チャールス・リーだというから、開いた口が塞がらないのでは?
いくら彼が慶尚道の方言を話す(?)といっても、間違いなくカナダ人なのでは?
どうあれ、本当にデタラメな国だと思わないか?
それを証明する話がある。
一見インディアンに似ているサプア族、USAで不法滞在するためにインディアンを装ったというから、何をかいわんや。
そして、それを聞いた別のサプア族が、USA先住民インディアンが発行している「部族証」があればUSA市民権者として暮らせるとニセの「部族証」を売る詐欺事件が起きたというから、ただただ唖然としないか?

Because the appearances are similar and the Koreans who try to immigrate with the Indian ID card must be the worst fraudsters(外見が似ているからとインディアン部落証で移民しようとまでするサプア人は、根っからの詐欺師)!


To be continued...


































彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?

Why should we create friendly relations with an unusual state where freedom of expression is nothing(表現の自由さえない異常な国家と、なぜ友好関係を創らなきゃいけないのか)?

東仙坊、この1月25日に刑事裁判の判決の下る「帝国の慰安婦」の著者、朴裕河世宗大教授が、もし本当に有罪になったら、何が何でも、「サプア」と国交を断絶すべきだと確信している。
彼女が、自分なりに調査分析し、ごく普通に自分の意見を述べただけで、高貴な人格権(?)を持つ単なる売春婦への名誉毀損が成立するというなら、「サプア」には言論の自由がないばかりか、全く「法」がないと結論せざるを得ないからである。
ともあれ、それを裏づけるためにも、いくつかの「サプア」に対する普通の意見を紹介してみたい。
なぜかサプア語になかなか翻訳されなかった、USAで1991年に出版されたカーター・エッカート、ハーバード大学朝鮮史専攻教授の著書「日本帝国の申し子」。
それは、日本統治時代、民族資本で「東亜日報」も創刊した「京城紡織株式会社」の創業者とその一族の歴史を調査分析したモノ。
「日本統治時代は、陳腐な通説と歪曲された歴史認識によってその歴史的意義が隠蔽されてきた。この時代の工業化がサプア経済の形成に果たした役割は重要である。植民地支配はすべての人に苦痛をもたらせたワケではなく階層によって影響はさまざまだった。日本は圧政者であると同時に社会経済の推進者でもあった」と指摘しているとか。
そして、そのサプア語翻訳者、朱益鐘も、「サプアで伝統社会を解体し資本主義経済を発展させた原動力が外部からもたらせられたのは明らかだ。今なお、収奪論と近代化論の対立構造を越えられないでいる」とも指摘。
その「東亜日報」は、何年か前の「8.15光復節」に、「日帝時代の再構成」という洪賛植論説委員の論評を掲載。
「日帝時代は暗鬱な時代ではなく、資本主義が根を下ろし、すべてが新しく始められるダイナミックな時期だった。学会の日帝時代研究は新たな段階に入りつつある。日本に対する怒りを噴出し、過去を他人のせいにして終わらせるのではなく、歴史から教訓と知恵を学び、光復節を再び国を奪われないよう省察の日にしなければならない。日本統治時代の年平均の経済成長率3.7%は当時の先進国の1%より高く、人口も1633万人から2430万人に増えるなど経済事情はよかったという証拠が出され、収奪論で過去を認識してきた人々を当惑させている。歴史の真実は、おそらく収奪論と植民地近代化論の間のどこかに位置するのだろうが、最近の論争は我々が忘れたがっている歴史に対する関心を取り戻すのに意味がある」。
もう1つが、オークランド大学講師ジェーン・ヤマザキがUSAで出版した「第二次世界大戦への日本の謝罪」という学術書。
ちなみに、彼女は日系ではなく、夫が日系三世というだけとか。
「日本の『過去の戦争、侵略、植民地支配」に関する天皇、首相、閣僚らによる謝罪があるが、主権国家が過去の自国の間違いや悪事を認め、対外的に謝ることは国際的に極めてまれだ。普通は謝罪しない。USAの奴隷制、インディアン文化破壊、フィリピンの植民地支配、ベトナムでの破壊、UKによるアヘン戦争、南アフリカ・インド・ビルマなどの植民地支配。どれも謝罪などされていない。現代社会では、国家は謝罪しないのが普通で、過去の過誤を正当化し、道義上の欠陥も認めないのが一般的。なぜなら、過去への謝罪は自国の立場を低くする自己卑下で、自国への誇りを減らし、もはや自己を弁護できない先祖と未来世代の両方の評判に泥を塗るから。にもかかわらず、日本が例外的に国家謝罪を重ねている動機は、1)特定の国との関係改善 2)歴史の反省からの教訓 3)道義的原則の確認などからであるが、失敗している。というのも、謝罪が成功するには受け手がそれを受け入れる用意があることが不可欠なのに、サプアや中国にはその意思がなく、和解する気がないからである」。
どうだろう?
まだ何かを甘く期待できるのか?
そこで、このこともついでに考えてほしい。
GHQの集計によると、日本の政府、軍、法人、個人などが朝鮮半島に残してきた資産は、59.4億ドル。
それを総合卸売物価指数で現在の価格に換算すると、16兆9290億円。
なかでも、土地、家屋、預貯金などの個人資産は、4兆8965億円。
「サプア」は戦勝国でもないのに、それを奪ったということになるのでは?
それだけじゃない。
ソ連軍に占領されていた北では、時計、ラジオ、本まで奪われたというのでは?

Should not each request repayment to a country that has deprived Japanese individuals' assets even though they are not victorious countries(戦勝国でもないのに我が日本人の個人資産を収奪した国にそれぞれが返済を要求すべきではないのか)?

To be continued...

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?

A Japanese compulsion comfort woman for USA forces has never appeared on the table yet. Korean professional prostitutes take the anti-Japanese lead contrary to that(USA軍のための日本人強制慰安婦は、まだ一度も表に出てこない。それに反し、サプアのプロフェッショナル売春婦たちは、反日の先頭に立っている)!

東仙坊、「サプア」の厚顔無恥な慰安婦どもに触れるたびについつい思ってしまうのが、我がカンパンゴの慰安婦の方々の日本的な恥じらい。
そう、からゆきさんたちへの畏敬の念に近い、その奥ゆかしさへの称賛。
それはそうである。
主戦直後の1945年8月、占領軍であるUSA軍は、日本政府や旧軍当局に命令し、東京や周辺の地方自治体から、7万人以上のからゆきさんが集められ、USA軍専用の売春施設を開設させた。
これは、きちんとした記録が残っていて、日本もUSAも認める紛れのない事実である。
そして、そのなかには、強制徴用された慰安婦、すなわち、「性奴隷」がいたことも、また事実であり、USA軍も日本政府も認めている。
それから、USA軍兵士の激しいsexに耐えかねて自殺した性奴隷たちがたくさんいたことも、事実である。
しかしながら、そのただの一人として、日本政府やUSAに賠償請求などしていない。
それどころか、一度も表にさえ出てこない。
どうだろう?
強制的にだろうと、自ら積極的にだろうと、その手の仕事に携わらずを得なかった女性のごく普通のあるべき姿なのでは?
それを念頭に、1944年9月に、USA軍戦争情報局心理戦争班が作成した「前線地区での日本軍売春宿」という報告書を検証してみたい。
ちなみに、この報告書は、1944年11月のUSA軍「南東アジア翻訳尋問センター」の尋問報告に明記されているとか。
もっとも、これが読めるようになったのは、1973年。
1944年8月、ビルマ北部のミイトキーナ地区で、「キョウエイ」という日本軍専用慰安所の経営者の41歳日本人男性とその38歳日本人妻、サプア人女性慰安婦20人が捕虜になった。
「2人はソウルで食堂を経営していたが、もっと稼ぎたいと考え、日本軍司令部にサプア人慰安婦をブルマに連れて行く許可を得た。そして、22人のサプア人女性の性格、外見、年齢で、1人当たり300円~1000円をまず家族に払い、取得。その年齢は、19歳~31歳。
その際、日本軍には何も払ってはいないが、日本軍は2人にビルマまでの輸送、配給、医療手当などの援助をすることを約束。それから、1942年7月20日、一行は釜山を船で出発。台湾、シンガポールを経て、ビルマの首都ラングーンに入り、ミイトキーナ地区に到着」
「すべてのサプア人慰安婦は、契約条件の下で雇用された。それは、それぞれの総売上の50%が受け取れること。移動、食糧、医療は無料。移動と医療は日本軍からの供与。食糧は、軍の支援を得て、経営者が購入。そのため、毎月最低1500円は経営者に払うこと。家族に支払われた前金を利息付きで返済すれば無料で国に帰れること。ただし、この経営者、衣類、日常必需品、贅沢品などを結構な値段で売りつけていた」
どうだろう?
ごく普通の売春婦契約だったのでは?
そうでなければ、からゆきさんのように、自殺する慰安婦がいっぱいだったと思わないか?
どちらにしても、戦争で慰安所は、性犯罪防止、性病蔓延、秘密漏洩の防止などの観点から、ある意味、絶対不可欠なモノとも言えるのでは?

History should prove that a soldier needs a comfort woman in the war(戦争で戦士に慰安婦が必要なことは、歴史が証明している)!

To be continued...

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


Our country shouldn't blame general citizen for an agreement matter between the countries and make the diplomatic relations a defeated country(我が国は、国同士の合意事項を一般市民のせいにして破る国とは、国交をすべきではない)!

東仙坊、なかでも、「サプア」とは絶対に決別すべきと決定的に痛感させられたのが、これ。
昨年1月13日、ソウル東部地裁は、日本軍による従軍慰安婦被害者を「自発的な売春婦」などと記述した「帝国の慰安婦」の著者、朴裕河世宗大教授に、名誉を傷つけられ人格権(?)を侵害されたとして、慰安婦被害者9人が損害賠償を求 めた民事裁判で、被告に原告1人当たり1000万ウォン(約98万円)、計9000万ウォン(約875万円)の賠償金を支払うよう命じる原告勝訴の判決を言い渡した。
「日本政府と日本軍が慰安婦を募集、運営する上で直接的、間接的に介入した事実は国連のさまざまな報告書(?)、河野談話(???)、国内外の学術研究結果などで認められている。それに基づけば、被告が著書に記述した内容中32ヵ所が虚偽事実に該当するか、極めて一部にすぎない事実を一般化して断定しており、慰安婦被害者の名誉を毀損し、人格権を侵害した(??)」
「本の記述のうち、『慰安婦の大多数はからゆきさん(日本人慰安婦)の後裔』、『アヘンを軍人とともに使用したのはむしろ楽しむためだった』などとした10ヵ所を虚偽事実の摘示による名誉毀損に当たる。こうした記述は、サプア人慰安婦が本人の選択で慰安婦になり、経済的代価を受け取って性売買を行う売春用従事者であるかのように暗示するもので、慰安婦被害者の社会的評価を阻害している」というのが、その判決理由だというのだから、こちらの方が恥ずかしくなるだけ。
「サプア」の司法は、すでに完全崩壊しているとしか言えないのでは?
この民事裁判の判決だけでも、もしかしたら隣のキチガイの国よりも気が狂っているのかもと言わざるを得ないと思わないか?
実際、親韓派の代表的マスメディアであるニューヨーク・タイムズまでが、「植民地時代、日本によってムリやり連れ出された罪のないサプアの少女たちが、性奴隷として毎日たくさんの日本兵たちに汚されたことは、サプアでは公認の歴史であるが、日本への憎しみと同様にサプアに定着しているこの常識に彼女が意義を唱えた。日韓の文献を念入りに調べ、生存する慰安婦への聞き取りも行った結果、そのような好ましくない部分を削除した一様な慰安婦のイメージは、彼女らが誰なのかを十分に説明するものではなく、慰安婦論争を激しくさせるだけだと気づいた」と説明していたのにである。
事実、彼女は、2013年に「帝国の慰安婦」を出版。
「日韓の悪徳業者が女性たちを騙して慰安所に連れてきたこと」、「奴隷のような環境にはあったものの、日本国民として扱われた植民地の女性たちは奉仕することを求められたこと」、「次第に同志のような関係となり、日本兵と恋に落ちる者もいたこと」などを率直に考察しただけだったはず。
それだけじゃない。
最近になって、「稼げると言われて、業者に誘われ慰安婦になったが、儲けられなかった」と怒った証言をしていた元慰安婦の事実、2013年にソウル大の安秉直名誉教授に発見された従軍慰安婦たちの引率人(サプア人男性)の日記も、一切無視。
さらに、今、現在、「サプア」マフィアの金銭奴隷になっているプロフェッショナルの売春婦が国内に20万人超、国外に15万人のいるという紛れのない事実さえ無視。
本当に気の狂った大衆迎合ファシズム国家なのでは?
そ、そ、それなのに、昨年12月20日、ソウル東部地裁でのその刑事裁判の論告求刑公判で、検察が、「史実を意図的に歪めて慰安婦被害者に消えない傷を与えた(?)」と懲役3年を求刑したというから、もはや中国以下。
それはそうだと思わないか?
このメチャクチャなニセ国家では、司法であるはず検察や裁判所が、歴史的な事実を評価し、言論の自由や学問の自由を全く考慮せず刑事罰を科そうとするのだから、完全に民主主義を否定しているのでは?
彼女の「自分の意見を示しただけで、名誉毀損罪は成立しない。 表現の自由の侵害だと思う。私の本を正しく読んでくれれば何の問題もない。だから表現の自由を論じる必要もない」という弁明がなくても、それこそ、「サプア」には何の自由もないのでは?
それにしても、プロフェッショナルの売春婦の人格権がどうこうと言える「サプア」の臆面のなさに、正直、苦笑させられてしまうのは、東仙坊だけではあるまい。
実際、「サプア」では、「性労働者の日」を設定し、オリンピック競技場で1000人以上の「性労働者」たちが集結し、「性労働者に生の選択権を」とか「性労働者の生存権を保障しろ」などというプラーカードを持って堂々とデモをするくらいなのだから、それもやむを得ないのかも?

If this female professor becomes guilty of a trial of defamation of character, Korea has no choice but to conclude a lawless state perfectly(この女性大学教授が名誉毀損の刑事裁判で有罪になったら、サプアは完全に無法国家)!

To be continued...     






彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


It must be because of the sweet illusion of brothers that we have not been able to say clearly to Koreans for a long time(我々が長い間サプア人に明確にものが言えずにきてしまったのは、兄弟への甘い幻想のせい)!

我が国の曖昧な対応が、そうでなくてもジコチュウにエビぞる「サプア」を増長させてきたことだけは、間違いのない事実。
⑬日本のEEZにおける品性のない「サプア」漁船の違法操業摘発。
水産庁九州漁業調整事務所は、昨年11月26日、沖縄県久米島灯台沖の日本のEEZ内で違法操業をしていた「サプア」の延縄漁船「2008ヨンソン」を拿捕し、「排他的経済水域における漁業等に関する主権的権利の行使等に関する法律」違反で船長を逮捕。
翌11月27日にも、対馬沖のEEZ内で「サプア」のイカ釣り漁船「103テサム」を拿捕。
何しろ、昨年の九州漁業調整事務局による外国漁船の拿捕件数5件のうち、「サプア」漁船が4件。
水産庁による外国漁船の拿捕件数でも、最も多いのが「サプア」漁船で、2008年には18件、2012年5件、2013年9件、2014年7件、2015年6件というから、本当に我が物顔。
昨年8月27日にも、鹿児島県宝島荒木埼灯台沖で、「サプア」アナゴ筒漁船「237ヤンチャン」を「無許可操業」を禁止する「漁業主権法第5条1項」違反で拿捕。
それに対し、我が国は、相変わらずの曖昧な対応だから、違法操業が止むワケもナシ。
それもこれも、「サプア」がルールを守らない国だから。
何でも、「日韓漁業協定」に基づいて日韓漁業共同委員会を設置し、毎年相互入漁の操業条件などについて協議しているのだが、昨年6月22日~6月24日まで東京で開かれた委員会では双方の意見に齟齬が大きく合意に至らなかったとか。
つまり、昨年7月1日から始まる2016年漁期では互いのEEZ内では漁獲できなくなったはず。
そもそも、それだって、「サプア」で最もよく食されるタチウオの年間漁獲量を2150トンから5000トンと2倍以上に拡大することなどを要求したため。
というのも、日本のEEZ内で獲れるタチウオはとりわけ高品質で、高級品として高値で取引できるからとか。
実は、それ以上に問題なのが、「サプア」の密漁や漁獲量の過少申告。
昨年3月3日、拿捕された「サプア」の延縄漁船「ヘヤン」はアマダイなどの漁獲量を操業日誌に841㎏過少記載。
一昨年11月4日、「501テヤン」がタチウオなどの漁獲量を487㎏過少記載。
どちらも「漁業主権法第12条(操業日誌不実記載)」違反で拿捕したというから、ハンパじゃない。
しかも、その「サプア」らしく手口が狡猾で巧妙。
カニの密漁では、カニカゴを海底に沈め、日本の官憲に発見されないようにブイをつけずにGPSで場所を確認し、サデ曳き(海底に沈めた漁具を引っかけるモノ)により揚収できるようにしたりしているとか。
また、カニカゴ、バイカゴ、刺し網など使用ズミの漁具を放置してゆき、我が国の漁船が底引き網で魚を獲ろうすると、それらがジャマで操業できなくなるとも。
とりわけ、その傍若無人さが突出しているのが、1999年の「新日韓漁業協定」で創設された暫定水域。
暫定水域とは、日韓両国が協議しながらお互いに自由に使える海域のはずなのに、チカラづくで日本の漁船には操業させないとか。
事実、2000年には、鳥取県の沖合底引き網漁船が「サプア」漁船の底刺し網を破ったために「サプア」に連行され、賠償を求められたケースもあるというから、開いた口が塞がらない。
それもこれも、休漁期がない「サプア」漁船は漁具を常に設置しているためとか。
それでいて、「サプア」が異常なのは、自分たちの親分である中国の違法操業漁船には、躊躇いもなく機関砲を使用すること。
昨年11月1日と11月12日、「サプア」海上警察は、違法操業中の大型中国漁船に対し発砲。
特に、11月12日には、仁川市近海で違法操業中の中国漁船30隻に対し、M60機関砲を使用し、弾丸95発を発射したというから、ハンパじゃない。
どうだろう?
我が国も、その「サプア」の姿勢に準じるべきときだと思わないか?
そもそも、違法操業に対し、対応するのが何で水産庁なのかと思わないか?
それにしても、釜山の慰安婦像設置に我が国がほんの少しやさしく抗議しただけで、「盗っ人猛々しい」と反論してくるあたり、本物のキチガイと思わないか?

I could say that having a Korean relationship with Korea is hundreds of dirty and no one interest(サプアとつき合うことは百害あって一利ナシと言い切れる)!

To be continued...


彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?

That a Korean can be an egocentric principle carried without exception might be a cause of haughtiness by Confucianism's and christianity's being united(サプア人が、徹底した自己中心主義になれるのは、儒教とキリスト教が合体したことによる横柄さのせいかも)!

東仙坊、なぜ我が実直なカンパンゴ国民が、こんなデタラメだらけの「サプア」を信頼できるのか? 全く理解できない。
そこで、自然に、逆を考えてみた。
まず、少なくとも、こんな「サプア」と国交断絶して困るのは、一体誰?と…。
賄賂と汚職好きの「サプア」と結託しボロ儲けしている売国奴の政治屋どもと官僚ども?
親サプア派の文化人を自称している方々?
お金でサプア人女性を買いに行ったり買ったりしているみっともないオトコども?
次に、どう考えても、困るのは、向こう側だけなのでは?と…。
例えば、カッパキで稼ぎまくっているサプア人ゴルファーたち、サプア人NPBプレーヤー、サプア人サッカープレーヤー、KPOPシンガー、サプア人スリ集団?
個人的には「サプア」よりも日本が好きで日本人になっている方々だって、いい加減にしてくれ!と思っていると思うが…。
⑪サプア陸軍が導入してしまっている国産新型小銃「K2C1」の重大欠陥。
それも、銃身覆い部分をプラスチックではなくアルミニウムで作ったために、覆いが熱くなり、100発以上撃つと手で持てなくなるというから、マンガ。
そもそも、銃身覆いに金属を、それも熱伝導率が高いアルミを使う設計自体、気が狂っていると思わないか?
どうあれ、それで生産中止。
1丁当たり113万ウオン(約11万円)で5万9000丁契約し、配備している約1万300丁は全量回収というが、「サプア」は、現在隣のキチガイの国と戦争中なのでは?
それこそ、こんな状態では、反日、反日、寝ても覚めても、反日、なんて言っている場合じゃないのでは?
第一、「サプア」がすぐに言うけど、歴史は後世の人たちが清算するものでも、改正したりするものでも、もちろん、改竄するするものではないのでは?
単なるデキゴトのドキュメント、それ以外でもそれ以上でもないはず。
それで、かねてからどうしても引っかかることが、1つ。
再三指摘してきたとおり、我々は、「サプア」と戦争していない。
それどころか、「サプア」は、我々とともに、USAなどの連合国や中国と戦ったはず。
それゆえ、戦後、連合国に加われなかったし、対日講和条約にも参加できなかったはず。
それはそうである。
「サプア」は、我々に併合させられていたのだから。
そのために、日本とともに戦った人々を、今さら、「親日」と糾弾し続けるのか?
その心根はわからないが、やむを得なかったというのが事実なのでは?
事実、「神風特攻隊」にも、少なくとも14人もいるというのでは?
そして、その方々は、民族の名誉のためにも逃げないと志願したというのでは?
それなのに、なぜ「親日」と讃えないのか?
⑫慶尚南道鎮海にある海軍基地にある潜水艦司令部内の修理所で、装備作動検査を行っている最中に「70t級特殊作戦用潜水艇SDV」の艇内に貯まったガスが爆発し、幹部将校ら3人が死亡、1人が負傷したというから、何をかいわんや。
どうだろう?
この「サプア」のどこを信じられるのか?
いくらお人好しでも、我々が本当に一緒に運命を託せる国なのか?
自殺率が、鬱病率が、離婚率が、世界のトップを絶えず争いながら、ジコチュウ丸出しに人の国を罵りまくるメチャクチャ不可解な国。
それでいて、その国民の約3分の1がクリスチャンで、3万以上の教会があり、その宗教観を人に押しつけるというメチャクチャお節介な国。
そして、我が国にとって、百害あって一利ナシの国。
そう思わないか?

History must be only a just document in the past(歴史は、過去の単なるドキュメントに過ぎない)!

To be continued...



彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


Why couldn't my Japanese Government protest against the country where you blame a local self-governing body for promise between the countries and break it harder(我が日本政府は、国同士の約束事を地方自治体のせいにして破る国に、なぜもっと強く抗議できないのか)?

脆弱な我が日本政府が、1月6日、「サプア」国内では37ヵ所目の釜山・日本総領事館前に慰安婦像が設置された国際法違反行為への対抗措置として、1)長嶺安政駐韓日本大使と森本康敬在釜山日本総領事の一時帰国 2)日韓通貨スワップの取り決め協議の中断 3)日韓ハイレベル経済協議の延期 4)在釜山総領事館職員による釜山市関連行事への参加見合わせの4項目を発表。
また、ワシントンでの日米韓3ヵ国の外務次官協議に先立ち、杉山晋輔外務事務次官が、「サプア」の林聖男外務第一次官に、「像設置に強く(?)抗議し、早期の像撤去を要求したとか。
そして、「日韓両政府は一昨年末の合意で慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認し合った。それに基づき昨年、元慰安婦支援などへの10億円拠出をはじめとする合意内容を着実に履行した。しかし、サプア側はソウルの日本大使館前の慰安婦像は『地方自治体の責任』などと主張して撤去に動かないばかりか、釜山の日本総領事館前での慰安婦像設置を容認した。日韓は隣国であり、サプアは極めて重要な国だ(???)。このような措置を採らざるを得なかったのは極めて残念ではあるが、国と国として約束したことは履行してほしい。そういう強い思いだ」と強調。
どうだろう?
まだまだ大甘な対応だと思わないか?
ビザなし渡航の禁止ぐらいを宣言すべきなのでは?
イヤイヤ、釜山は日本人観光客を当てにしているのだから、渡航禁止ぐらいすべきなのでは?
なぜなら、いまだに「サプア」は、日本に何をやっても、言っても許される、日本を自分たちの道義から最も遠くにいる未開で野蛮な民族だということにしたがっているのだから…。
そ、そ、そうしたら、サプア政府が、臆面もなく、「非常に遺憾」と逆ギレ。
こりゃダメだ、どこまで甘えるのか、心の底からウンザリと感じるのは、東仙坊だけではあるまい。
もっとも、親サプア派の多い我が国のマスメディアや内にいる売国奴どもは、「本来はイイ人たちだから話し合えばわかり合える」と平然とサプア人のようにうそぶくと思うが…。
ともあれ、日常で最も重要な「食」がデタラメの「サプア」、何もかも儲かるためならデタラメ、いい加減。
もともと、テクノロジーそのものを愚弄している国だから、やれることはパクリとタカリ。
日本のテクノノジーがなければ何もできない、中国と同じみっともないお「国」。
すべてが、推して知るべし。
⑦「ギャラクシーノート7」などサムスン製スマートフォンの連続発火。
⑧2013年11月21日にロシアのドニエプルロケットで打ち上げられたサプア製宇宙観測衛星「科学技術衛星3号(STSAT-3)」に搭載されたサプア天文研究院開発の「多目的赤外線映像システム」が、冷却器の寿命切れで機能不全。
総事業費約278億ウォン(約27億5000万円)が、たった1年半で「デブリ(宇宙のゴミ)」。
⑨サプア空軍のUSA製空中早期警戒管制機「ピースアイ」、2機を追加導入。
何でも、空飛ぶレーダー「ピースアイは、遠方から接近してくる航空機を察知して分析するには欠かせない「軍の目」ともいえる重要装備で、機体背部に設けた棒状「フェイズド・アレイ・レーダー」で半径約500㎞内の航空機約1千機を探知・追跡するとか。
ところが、すでに4機導入しているのに、故障続きで自分たいで修理もできず、導入1年後の2013年時点で、飛べる機体はわずか1機なのだとか。
それが、大口顧客になるはずだったUSA空軍が不採用だったために、スペアパーツの生産ラインも次々と閉鎖。
新品を追加する以外に方法がないというのだから、笑えないか?
えっ、USAや日本はどうしているのか?って?
とっくにPDCA(cycle、Plan-Do-Check-Act cycle)を終えていて、完成されたテクノロジーをそっくりそのまま導入しているので、何の心配もないとも。
⑩サプアの次期主力戦車「K2(黒豹:フクピョ)」の国産がほぼ不可能になったとか。
何でも、開発開始は1995年。
2011年に224両配備される予定だったのに、エンジンと変速機を一体化した「PP(パワーパック)」開発において、耐久検査で度重なる不具合が発生。
そこで、ドイツ製輸出用PP(通称ユーロパック)を100台分購入し、なんとか半数程度を戦力化。
それでも残り124両は我々の手でと2021年戦力化を目指していたというのだが…。

Why does everything have to associate with an inaccurate country by this much in our Japan(我が日本は、これほどまでに何もかもがデタラメ国と、なぜつき合う必要があるのか)?

To be continued...

彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


It must be pathless but we part from the race by which the head has only an anti-day whatever happens(何が起きても反日しか頭にない民族とは決別する以外に道はない)!

ごく普通に考えて、自国の大統領が、刑事被告人になり、弾劾訴追案を国会で可決され職務停止中なのに、それでいて、「反日」を叫べる厚顔無恥さは、国際社会の恥そのものなのでは?
実際、国政介入だかなんだか興味もないが、逮捕された影の女性大統領。
その不気味なデブリ(?)占い師の傲慢な20歳の馬術娘が、梨花女子大に不正入学したと指名手配され、デンマークで不法滞在で現地デンマーク警察に拘束。
何でも、ドイツに創設された母娘2人のペーパー会社にサムスンが送金した巨額資金で馬を購入にしていたとも。
そして、梨花女子大では不正に単位を取得していたとして、柳哲鈞教授梨花女子大を業務妨害などで拘束。
さらに、職権乱用などで拘束していた文亨杓前保健福祉相を再逮捕。
どうだろう?
国そのものがとっくに放火してしまっていると言っても過言ではないのでは?
東仙坊、個人的に、「サプア」とのコミュニケーションは恒久的に絶対不可能と特に感じる話が、これら。
①オーガニック食品専門店として有名な(?)「こだわりの店」が製造販売していた、100%無抗生物質の自前の牛の骨で作った「即席韓牛コムタン(牛の骨や内臓を煮たスープ)」が、得意のデタラメ食品だったと発覚。
何でも、抗生物質のエサを食べた一般的なサプア牛の骨で一度カルビタンスープを取った後のダシガラを再利用し、無抗生物質の牛の骨などと混ぜて誤魔化していたというのだから、「サプア」はあくまで「サプア」。
それを、一般的なコムタンより約5割高い価格で、3年間で30万個、60万人分を販売していたというから、何をかいわんや。
それでいて、返品と交換(?)には応じるが、人体に有害ではないと開き直っているというから、アングリ。
②ノリの養殖場で、一昨年11月~昨年4月までの間に、青ノリに付着している異物を取り除くために工業用塩酸、成長を促進させるために工業用硫酸を不法に使用していたとして、サプア木浦警察が、その塩酸約1万700リットル(ドラム缶約54本分)、硫酸約2万5340リットル(ドラム缶約127本分)を押収し、ノリ養殖業者8人を水産資源管理法違反で逮捕
しかも、2011年、全羅南道ノリ養殖事業組合が、養殖漁業者向けに販売されている「栄養剤」の分析を専門機関に依頼したところ、硫酸と塩酸が検出されていたというのだから、開いた口が塞がらない。
つまり、それらのノリ養殖業者は確信犯なのに、5年も不法行為をやり続けていたということ、イヤ、誰かが見て見ぬフリをしていたということ。
どうあれ、そんなノリを食べていた人のカラダは一体どうなっているのか?
稼ぎためには何でもありの、パクリ・タカリ・捏造・詐欺国家「サプア」の真骨頂なのでは?
③加湿器に使う殺菌剤が原因で1500人超が死傷した事件が発生(事件発生は2011年)。
しかも、その殺菌剤を製造・販売した「オキシー・レキット・ベンキーザー」、 2001年販売開始前に、原料の製造会社から化学物質が有害だと知らされていたというから、ただただ絶句。
それも、10種類も。
そのうえ、事件発覚後には証拠隠滅に走ったというから、言語道断。
それゆえ、「家の中のセウォル号事件」とも呼ばれるとか。
とにかく、特に、妊産婦や乳幼児が肺損傷などのその被害に遭っているというから、極めて残酷。
④そ、そ、そうしたら、その殺菌剤に使われていた有害物質が、歯磨き粉に含まれていたことが判明したというから、唖然呆然。
そ、そ、それも、歯磨き粉メーカー10社の68種。
どうだろう?
「サプア」には見事なまでにコンプライアンスもモラルもゼロということでは?
⑤サプアで日常化しているのが、食品の「使い回し」だとか。
なかでも、結婚式披露宴会場の1人3~5万円の高級料理での食材使い回しは顕著で、エビやサザエなど一度使用した食品を再利用するのは当たり前。
肉や貝も急速冷凍しリサイクルし、一週間後の別の披露宴で出すというから、ハンパじゃない。
⑥大衆食堂の人気メニューである骨付き肉のスープ「カムジャタン」をあるマスメディアが調査したら、歯型がついていたというから、もう笑うっきゃないのでは?
誰かがかぶりついた骨付き肉を常習的に再利用しているということ。
そこで、そのマスメディア、ランダムに12ヵ所の「カムジャタン」を12個回収し細菌検査をした結果、11個で大腸菌を検出、3個で黄色ブドウ球菌まで検出したというから、もう救うことはムリなのでは?

It must be only Korea and China that a food camouflage and the pooling of ingredients could be done in the world(食品偽装や食材使い回しができるのは、世界でサプアと中国だけ)!

To be continued...


彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


A Korean female president applied herself to doing “anti-Japanese” as she didn't like putting a label of “Japanophile” and became insane. Whoever will be, the new president who will be after this must be apparent “anti-Japanese”, the one just makes it intenser(「サプア」の女性大統領は、「親日家」のレッテルを貼られることを嫌い気が狂ったように終始「反日」に励んだ。この後になる新たな大統領は、誰がなっても間違いなくその「反日」をさらに激しくするだけ)!

では、「サプア」の気に狂ったような反日は、我が日本に植民地化されての屈辱や劣等感からなのか?
そのための日本憎しの「サプア」の歪んだデタラメ戦後教育のせいなのか?
実は、それだけではない。
それこそが、東仙坊、こんな国に体をなしていない「サプア」とは国交を断絶すべきと主張する一番の根拠。
それは、「小中華」の「サプア」は、所詮、親分の「大中華」の中国への「事大主義」に陥る運命にあり、ストレスフルな毎日になるコトは必至。
そのために、そのストレスの解消として、自分たちが偉ぶれる相手が不可欠。
それで、白羽の矢を立てたのが、すぐそばにある小さな島国の八百万神を信じるワケのわからない未開の野蛮人の国(?)と彼らが決めつけた我が日本。
そんな日本だからこそ、自分たちが文化的にも上位で一方的に思い通りのさせられるという「侮日」。
日本を貶めてさえいれば自分たちは大国だという砂上のアイデンティティー。
こんなおバカな国と一体どうしてつき合わなければならないのか?
我々大和民族は、何よりも卑怯を忌み嫌う「かくすれば、かくなるものと、知りながら、やむにやまれぬ、大和魂」。
いくら「武士は食わねど高楊枝」、「武士の情け」と言っても、「わび」と「さび」を全く理解できずにただ反っくり返るだけの「サプア」とどんな関係が作れるのか?
中国と一緒にただ滅びてゆくだけの「サプア」の何が我々に必要なのか?
いかなる関係も一方通行では必ず破綻するのでは?
そもそも、歴史は自分たちに都合よく創るもの、自分たちが日本の文化を創ってやったんだとほざく「サプア」のどこが信用できるのか?
その意味では、中国よりも始末に悪いのでは?
それより何より、こんな「サプア」と「友好」など地球が消滅しても不可能なのでは?
そして、この「サプア」と接して何の「国益」があるのか?
我々大和民族にとって、具体的に何の「メリット」があるのか?
しかも、「サプア」は元の木阿弥の中国の手先になって日本を貶めるために波状攻撃しているのでは?
それだけじゃない。
隣のキチガイの国と同じ民族だからと手を結ぼうとさえしているのでは?
それとも、我が国の内にいる売国奴どもが画策しているように、「サプア」のありとあらゆるタカリ・ユスリ的要求を今まで通り黙って受け入れるのが「友好」だとでも言うのか?
そんなことは犬のクソでも食らえ!だと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
少なくとも、我が大和民族は、「法治国家」だけとしかつき合うべきなのでは?
どうあれ、発狂したような反日を展開した更年期障害お嬢さん大統領の後に待っているのは、それ以上の狂気そのものの「反日」だけなのでは?
事実、「サプア」の正当なる歴史は、次から次へ獄中に入る大統領列伝なのでは?
そして、最も厄介なのは、セコセコと金を貯めては海外に「経済移民」となって逃げ出しながら、そのヤマシサから反日活動をしている「サプア人」なのでは?
しかも、その悪影響をもろに受けているのが、我が国の唯一の同盟国USAだというから、迷惑千万なのでは?
そして、その数、軽く約200人以上。
もちろん、今やその1つのアイデンティティーになった、プロフェッショナルの売笑婦(?)を中心に…。
それだけじゃない。
逃亡する犯罪者のほとんどが、USAというから、さすが「サプア」。
なぜ中国や日本じゃないのか?と不思議に思わないか?

Because Korea was colonized by Japan, you “weren't anti-Japanese”. Historically, only Korea could also build the identity only by despising Japan without causes(「サプア」は、日本に植民地化されたから「反日」になったのではない。歴史的にも、理由なしに日本を見下すことでしかそのアイデンティティーを構築できないだけ)!

To be continued...




彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


How could we associate with Korea which is non-constitutional form of government which just says “pro-Japanese” and is rejected(「親日」と言うだけで排斥されてしまう非法治国家であるサプアとどうやってつき合えるのか)?

東仙坊、内にいる親サプア派の売国奴どもにどうしても訊いてみたことは、たった1つ。
国際条約や国際合意を守ることができない国といったどうやってつき合うのか?
イヤイヤ、本当につき合う必要があるのか?
「サプア」の慰安婦問題や竹島問題しかり、隣のキチガイの国の拉致問題しかり、どちらもその「サプア」民族の抱える「復讐の炎」から、「日本にはどんなヒドいことをしても、それこそ何をしても許される」、「日本が傷つくことなら歓んで何でもする」と、法を無視し何でもありの反日大衆迎合ファシズムを実践する異様さを、誰がどう抑えられるのか?
ここまで異常な反日を展開した更年期障害お嬢さん大統領が失墜したところで、待ち受けるのは、中国と協調しての反日を豪語している「歴代最悪の国連事務総長」か、「親日」殲滅を掲げる従北派のキチガイ左翼が次期大統領になったら、もっともっと反日が超法規的に繰り返されるだけなのでは?
実際、そのハッタリとタカリと捏造とデタラメだけの「サプア」の慰安婦デモに加わっているヤングどもは、その徹底した反日教育の成果(?)か、自分たちの得意のプチ整形もなく、大好きなキンキラもつけず、隣のキチガイの国の美女軍団よりも不気味。
まさに、マインドコントロールされきってしまったカルト教団の信者のようでは?
そして、その偏狭で卑小な「侮日」は完全に「サプアのDNA」そのもの。
その意味で、その異常な反日大衆迎合ファシズムは永遠に変わらないし、決して日本に植民地化されたからだけではないと思うが…。
ともあれ、「サプア」の教科書をよくチェックすれば、その異常なDNAが自省とはほど遠いものであることがすぐわかる。
その歴史教科書の中で、「サプア」は自分たちのことを棚に上げ、徹底的に世界で歴史的に植民地国家になった国々をコケ下ろしている。
それでいながら、「日本は我が国の主権を侵奪した」と自分たちはただの被害者だと書いている。
それ以上に、唖然とさせられる記述が、これら。
労働力不足を補うため、強制的に日本に連行された約70万人のサプア人や約4万人の中国人は、炭鉱などで重労働に従事させられた。多くのサプア人女性なども、従軍慰安婦として戦地に送り出された(?)」
「警察官(?)や役人(?)が土足で家に上がり、寝ている男を連れ出すこともありました。抵抗する者はなぐりつけ、泣きさけびながらトラックに追いすがる妻子を上からけりつけたともいわれます(?)」
「フビライはさらに東南アジアや日本にも遠征しようとした。1268年、元は高麗の王を仲立ちにして、日本に服属を求める国書を送ったが、幕府はこれを無視した(??)」
「元寇は日本人に強い恐怖心をうえつけました。その一方で、暴風雨は日本の神々がおこしたものだと思った日本人の間には、日本を『神国』とし、元軍の一員として戦いをまじえた高麗のことを低くみる思想が強まっていきました(?)」
「サプア侵略。日本軍は、首都漢城を占領してサプア北部に進みますが、救援に来た明軍におしもどされました。各地でサプアの民衆による義兵が抵抗運動を起こし、サプア南部では、李舜臣の水軍が日本の水軍を破り(?)、日本からの補給路をたちました」
「秀吉軍にしたがってサプアへ渡ることを命じられた一人の僧(?)は、日本軍の残虐なふるまいに出くわし、『野も山も焼きはらい、人を切り、人の首をしばる。そのため、親は子どもをなげき思い、子どもは親をさがし回るあわれな光景を見た』と日記にしるした」
「2003年現在、日本には約63万人の在日サプア人・サプア人が住んでいます。その多くは、1910年の日本のサプア併合以来、移住を余儀なくされた人たちや、また、日本に連れてこられて、意思に反して働かされた人たちとその子孫です。これらの人たちは、民族の誇りを守り(?)、さまざまな分野で活躍しています。しかし、就職などでの差別はなくなっていません。また、選挙権や公務員になることなども制限されています」

これらが、我が日本の教科書にあるというのだから、何をかいわんや。
とにかく、この日本の教科書を作る親サプア派が内にウジャウジャいる限り、百害あって一利なしの「サプア」と惜別するのは、簡単じゃないと思わないか?

Unless the quislings who need Korea and Japan where they conspire and are earning are put back, Japanese feels good and we never visit the day when we can live(サプアと結託し稼いでいる日本いる売国奴どもを始末しない限り、我々日本人が気分よく暮らせる日など絶対に訪れない)!

To be continued...







彷徨う大和魂-39 国交断絶すべき「サプア」民族を「ミクロガステル」と呼ぶべきかも!?


South Korea should keep us in a liver with abnormality more than North Korea(我々は「サプア」の方が「隣のキチガイの国」よりも異常と肝に銘ずるべき)!

東仙坊、死のことよりも、宇宙のことよりも、「謎」と感じている「国」がある。
その国は、全く何もアイデンティティーを持ち合わせていないせいか、我が大和民族を貶めることこそが仮想アイデンティティーにしてしまっているから、メチャクチャ厄介。
それも、異常なほどにエモーショナルに、クレージーに、執拗に…。
その意味では、自国のポリシーもビジョンもストラテジーもない、単なる「反日国家」。
しかも、ファーイーストのペニンシュラにある小国のうえ、約30年前に軍事政権からようやく民主主義国家に変貌したと自慢するもいまだに幼稚極まりない「大衆迎合ファシズム」国家。
そして、資本主義の崩壊が叫ばれてから資本主義国家になった「最悪の資本主義国家サンプル」。
にもかかわず、何の根拠があるのか、いつも「国際社会」とか「アジア」を口に出し傲岸不遜に自分たちの国が世界の中心にあるかのようにモノを言うから、ますます「謎」。
とりわけ、我が大和民族には、自分たちの方がありとあらゆる面で上位とほざき続けるから、全く「謎」の中の「謎」。
それを、「小中華思想」だからと、これ以上、看過しているワケにはいかないと心の底から感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
それはそうである。
何がしたいのかよくわからない更年期障害お嬢さんが大統領になると、その本家本物と「中華思想」の中国と結託し、終始一貫「反日」一筋。
経済的にも、国防的にも、それが有利とでも浅はかに思ったのか、気の狂ったような「反日」行動。
それに裁判所までが加担するのだから、完全に「無法国家」で、「情治国家」。
もともと、中国のただの「手下国家」だったせいか、一見普通に見える赤と黄色の原色好きの国民までが、声高に我が大和民族を愚弄し罵詈雑言を放つ姿は、隣のキチガイの国よりも、不気味。
それにメチャクチャ憤慨し、こちらも、何を言ってもムダと百も承知で、思い出しただけも、彷徨う大和魂-27  世界一モラルの欠如した民族と決別のとき彷徨う大和魂-29  「サプア」に蹂躙される「カンパンゴ」の国彷徨う大和魂-32 「サプア」を水槽に入れて飼い続ける「カンパンゴ」彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?彷徨う大和魂-38 いい加減「カンパンゴ」抜きで生きろよ「サプア」!? などと徹底糾弾。
特に、その摩訶不思議な国と我が大和民族との関係が、「サプア」と「カンパンゴ」の関係と同じだと閃いてからは、一心不乱。
とうのも、この「カンパンゴ(Bagrus meridionalis)」というお人好しの淡水魚。 
その子どもたちを体全体で覆うようにしながら、自分の未受精卵を食べさせて子育てをするというのである。
ところが、それに目をつけたのが、外見は「カンパンゴ」にソックリでも、ヒゲがやや短い「サプア」という狡猾で陰険な淡水魚。
どちらもナマズの仲間というのだから、似ているのも当たり前。
その「サプア」、カップルで「カンパンゴ」の巣の近くでその様子を伺っていて、カンパンゴのメスが産卵すると、目ざとくサプアのメスも素早く同じ巣に産卵。
そして、一足早く孵化し、まだ孵化しない「カンパンゴ」の卵を次々に食べて成長するというのである。
それなのに、のほほんとそんなことを意に返さない「カンパンゴ」は、その「サプア」の子どもまで必死に守って育てるというから、メチャクチャ歯痒くないか?
肝っ玉も体も小さな「サプア」が捕食から身を守るために考えた「托卵」という行動というが、まさにその「国」のやり方。
その考察の結果から、この「サプア」とは国交断絶すべきと結論したのだが…。
この大甘国家、内にいる親サプア派の売国奴どもがゴマンといるせいか、相変わらずのお人好しぶり。
あたかも、893の情婦のごとく、その仁義なき恫喝にダラダラと従うばかりで、本当に情けない「カンパンゴ」国家。
一昨年末に、性懲りもなく、「サプア」との間で、「日韓慰安婦問題合意」を締結し、また10億円も搾り取られたのに、約束のソウルの駐韓日本大使館前の慰安婦像を撤去しないばかりか、世界中での設置を画策し、昨年末には釜山の日本総領事館前にも慰安婦少女像を設置したから、開いた口が塞がらない。
それに対し、なぜか卑屈な我が国は、「国際社会」に訴えないばかりか、小声で、またしても、国際法である「ウィーン協約」第22条「各国政府は外国公館の安寧の妨害または公館の威厳の侵害を防止するために適当なすべての措置を取る特別な責務がある」という規定違反と囁くだけ。
もういい加減、相手は「国」の体をなしていない「異常国家」で隣のキチガイ国家よりもゲスだと答えを出すべきだと思うが、どうだろう?

Korea must be the country where they don't even have the national appearances as well as being not constitutional form of government(「サプア」は、法治国家でないばかりか、国の体さえ持たない国)!

To be continued...

真実イチロー 新年に我がイチローの信念に揺るぎがないことを祈願!?


Because he's the adult who matured, Ichiro could have a real dream like a child(イチローは成熟した大人だから、子どものように本物の夢が見れる)!

東仙坊、柄でもなく、我が日本の未来を心配している。
精神的に未成長な子ども大人ばかりがここまで増えてしまって、本当にどうなってしまうのか?
もともと、世界に誇るその日本人ならではスマートさ、インテリジェンス、モラルは一体どこへ雲散霧消すてしまったのか?
だからこそ、イチローを愛することができる。
まず、学歴がなくても、人生の不備や不確実さを知り、ひたすら謙虚かつ節度を保ち自浄努力で独自の哲学を持ち、どこまでもストイックに自己研鑽を続けている、紛れのない日本人のサムライであること。
次に、自分で英語で十分に話すことができるのに、USA人がいくら流暢に英語を使ってもその内容に含蓄や含羞がないと徹底的に愚弄することを認識したかのように、日本の微妙なニュアンスを解せる日米混血の卓越した通訳アレン・ターナーを使い続けていること。
最後は、あれほど頼んだのに、明らかに自分が損をする役回りでしかないマーリンズを離れなかったこと。
どうだろう?
我がイチローこそ、数少ない日本人のでありながら本物の国際人なのでは?
実際、昨年末の毎年恒例になった「イチロー杯争奪学童軟式野球大会」の閉会式で、「今日のコトを胸に刻んで立派な大人になってほしい。人との比較ではなく、自分の中でちょっとだけガンバってみる。続けると思ってもない自分になる」と言った言葉は、そのへんの口先オトコでしかない教育者どもよりも明らかにプレシャスでトレメンダスでエフェクティブでは?
それにしても、どこかの日本の監督同様、苦労を知らないスノッブの白人至上主義無能監督ドン・マッティングリー、早々と今シーズンのイチローの起用法に言及。
「1週間に1、2度は起用する。そのくらいがベストだ(??)」とのたまわったから、東仙坊、早くもワナワナ。
何しろ、コヤツ、マスメディアの前では、43歳となったイチローに関し、「年齢に関する話は止めようじゃないか。イチは外野全ポジションを守れるんだ。いまだに強肩で足も速い。常に準備ができている」とほざきながら、誰よりも34歳で引退した自分と比較するイヤなヤツ。
選手と親密になリ過ぎたバリー・ボンズをクビにしたぐらいだから、それも納得。
いかに人望がないかは、最後まで指名したのに断られたドジャースのクローザー、ケンリー・ヤンセンで、明白。
それにしても、投手力が弱いのに、選ぶピッチャーが、イチローがお墨付きを与えた田沢順一以外、ロクデモナイヤツばかり。
エディンソン・バルゲス、ブラッド・ジーグラー、ジェフ・ロッカ…。
野手は、ほぼ同じ。
結局、マルセロ・オスーナも買い手ナシ。
さて、イチローは、弟分の宗リンが、「カレーライスから、ウナギに代わった」と発表させたくらいで、沈黙を維持。
東仙坊、一番の興奮は、MLBの公式サイトが、12月26日、「2016年の最高の瞬間」と題し、イチローの史上30人目の、USA生まれ以外で4人目の偉業である通算3千安打を特集で取り上げたこと。
そして、「27歳でメジャーデビューした選手の3千安打は予測できなかった」と言わせたこと。
さらに、あのピート・ローズにまで、「途方もない打者。3千安打で自動的に殿堂入りに値する」と賛辞させたこと。
どちらにしても、昨シーズン、13-10と絶好調だったイチローを、2試合続けて干したクソ監督、もし今シーズンも同じことをしたら、絶対に許さないから…、調子のいい選手を起用するのが、監督としての一番の義務と責任だろ!!と独り無言で脅迫もどき。

There must be no ways Don Mattingly has no choice but to expect to become even a little able manager for me(ドン・マッティングリーが少しでも有能なマネージャーになることを期待するしかない術がない)!








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード