Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!


Trying to plot like a parent's enemy, does the Yomiuri group and the Fuji Sankei group try to crush Takanohana(親の敵のように謀略まで図って、読売グループとフジ産経グループは、貴乃花を潰そうとするのか)?

東仙坊、思わずマジかよ…と目を疑いたくなるようなSUMO協会の太鼓持ち勢力の読売グループとフジ産経グループのマッチポンプ的貴乃花潰しに、ビックリ仰天。
まず、読売グループのスポーツ報知が、「次の理事選で貴乃花が落選危機に陥っている。本人は出馬の意思を固めているが、一門内には阿武松(元関脇益荒雄)を推す意見もあり分裂状態」とまことしやかに報道し始めた。
何でも、近日中に緊急一門会を招集する意向だが2人を擁立する可能性が高いため、5期連続で選挙となり、票集めに苦戦している貴乃花は当確ラインに届かない状況で、窮地に追い込まれているとか。
一門の親方衆8人に、昨年12月時津風一門から錣山ら3人が離脱して合流。
計11人となった一派では、候補者を一本化できず、各親方が貴乃花派と阿武松派に分かれているとも。
そして、貴乃花派は、貴乃花に加えて常盤山(元関脇舛田山)ら5人。
阿武松派は、阿武松と不知火(元小結若荒雄)、大嶽親方(元十両大竜)に無所属の3人が加わり、貴乃花が名跡を提供した音羽山(元幕内大道)を除いても、6人と1票差で阿武松派が上回っているとか。
また、現時点で貴乃花一門以外は擁立候補を決定ズミで9人。
「うちの一門から4人は当選できない」とした出羽海一門の山響親方(元幕内巌雄)は一門内からの4票に加え、他の一門から最低3票の協力を固め、7票以上の得票のメドが立ち出馬を決断したとか。
となると、貴乃花一門が分裂するカタチで2人を擁立すれば、出馬は11人となり選挙。
「票集めに苦戦している」貴乃花の持ち票は候補中最も少ない5票。
投票で他の一門からの造反者が出なければ、落選は確定的。
初場所中に2回行われた一門の会合が紛糾し、候補者の一本化に至らなかったのは、総帥である貴乃花の求心力が低下し、主導権は阿武松に移っているからだとも。
それから、読売グループの日本テレビが、初場所千秋楽後の「真相報道バンキシャ!」で、「笑顔の貴乃花親方…独白 バンキシャに語った5分13秒」と報道。
1月26日、貴乃花一門の一門会が終了後の貴乃花部屋前での突撃インタビュー。
「(一門会では何を?)みんなの今後をお互い語り合うという感じですかね」
「(出席したのは?)全部で11人」
「(再び何を?)いつも話すのが相撲界がどうあるべきか、どう目指すべきかという感じで、骨格をしっかり持とうっていうそんな感じですね」
「(自身の理事候補選挙出馬について問われ?)いやいやそれはもう、決まってない決まってない、何にも何にも」
「錣山の立候補は?)イヤ、もういつも錣山親方も一緒に話をしてあの親方もなんていうかな。本当に角界を思う方なので。そんな話で、いい話ですよ」
「(貴乃花一門会って?)角界の立ち位置っていうのはどこなのかなと、日本国のことを考えてどこにあるべきなのかなと、いつもそんな話をして」
「(親方が目指す相撲界の姿は?)私が目指しているものは本当に古きよき物を残して新しい扉をファンの皆様から開いていただけるような骨格を作ると、そういう一翼になればいいなということ」
「今日は寒いのでお帰りください」
確かに、妙にニコニコだったけど、およそインタビューなどとはほど遠い、酔っ払いとタクシードライバーとの会話のようなもの。
そ、そ、そうしたら、その翌朝、今度はフジ産経グループのフジテレビ「とくダネ!」で、元危機管理委員長だった宗像紀夫弁護士を生出演させ、あのSUMO協会の金と寝ているかのような横野ナンチャラビッチが、またしても気が狂ったような貴乃花批判。
それも、日本テレビの「真相報道バンキシャ!」の貴乃花のコメントまで利用しながらだったから、開いた口が塞がらない。

How ugly is the expression of a female reporter that continues to overwhelm the current executive club of the Sumo Association as if it were an old wife of Hakkaku(八角の古女房かのように相撲協会現執行部を庇い続ける女リポーターの表情のなんと醜悪なことか)?

To be continued...










恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


NHK, which uses taxes to drift deflective fake news, should adopt the Kasuga boss to that personal character(税金を使って偏向的なフェイクニュースを垂れ流すNHKは、そのパーソナルキャラクターに春日野親方を起用すべき)!

本当に我が国のマスメディアの無能さ、幼稚さは止まることを知らないご様子。
とりわけ、大金が絡むとすぐ腑抜け。
これだけ醜悪なSUMO協会の不祥事を仕方なく暴露しつつも(?)、そのスタンスは必ず大金を持つ側のサイド。
いくらそれがこの金、金、金の世の常識とは、仮にもジャーナリズムを標榜しているのではないのか?とついつい言いたくなるのは、東仙坊だけではあるまい。
ある意味貴の岩傷害事件以上の壮絶な壮絶な力士による力士への傷害事件の1当事者で1被告でもあったみっともない春日野の弁明の裏を取ることもなく、それがあたかも正確なことのように報道する臆面のなさ、怠慢は、みっともなさの極み。
まさに、含蓄も含羞も全くないSUMO協会執行部と同じ。
とりわけ、再三指摘している通り、NHK、読売グループ、フジ産経グループの3つの魂の売ったフェイクニュースはハンパじゃない。
春日野が、かなりデタラメに喋っている、「北の湖理事長に(?)、危機管理部長の貴乃花に(?)、理事の出来山に(?)、、危機管理委員会の委員長宗像紀夫に(?)、危機管理委員会の顧問小林慶彦に(?)、事件当日ではなかったが数日後に(?)、日付までは覚えていないが事件発生後3ヵ月とか半年ではなくそんなにかからずに(?)……報告していると…。
では、八角は、危機管理部長の鏡山は、理事の伊勢ヶ浜は、いつ知ったのか?
そもそも、一体どう何を伝えたのか?
事件発生の2014年10月時点で、SUMO協会はすでに公益法人だったはず。
しかも、自分自身も被告。
では、口頭でだったのか? 始末書みたいなものだったのか?
また、2015年7月、加害ヤングの栃玄武は引退理由に何を挙げていたのか?
もっともっと問題なのが、我が国のフェイクしか報道しないマスメディア、なぜ刑事裁判の判決が下った2016年6月、なぜ得意の捜査関係者の話によると…と大報道しなかったのか?
メチャクチャ変だと思わないか?
そう、積極的にその隠蔽に協力したのでは?
どちらにしても、春日野がどこまでその事件の詳細を話したかも一切追及することなく、危機管理部長だった貴乃花、理事だった出来山、、危機管理委員会だった委員長宗像紀夫、危機管理委員会だった顧問小林慶彦などに取材することもなく、運よく自分が半殺しにしかけた弟子の栃ノ心が優勝したことでミソギがすんだかのように、「ジョージア・アウト・オブ・マイ・マインド」のジョージア喧噪の中で闇に葬ろうとする狡猾さ。
それにしても、根っからの悪代官顔の春日野、よくあれだけ栃ノ心に優勝インタビューで何もかも親方のおかげ、親方のおかげ、親方のおかげと言わせさせられると、逆に感心…。
正真正銘の含蓄も含羞もゼロのオタンチンなのでは?
それでも、コヤツが、「よくガンバってくれた。いろいろなことを思い出す。ケガもあったけど(???)、よく立ち直った。やんちゃだったし、いっぱい注意もした。すごく成長した。私は優勝したことがないけど、愛弟子がやってくれた。ウレシイね」と言ったときには、思わず反吐が出たのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。
どうだろう?
いっそのことNHKのパーソナルキャラクターとして起用したらピッタリと思わないか?
そんなNHKの姿勢を自分へのバックアップと勘違いしたのか、コヤツ、次回理事選にも「保守本流」最大勢力出羽の海一門から出馬すると言っているというから、本物のソシオパス。
初場所の千秋楽にあれだけの謝罪コメントをするのにも紙を読むしかできない大バカ八角同様、理事の資格など皆無なのでは?
どうだろう?
NHK、ジャーナリズムを標榜する以上、春日野を、そして、その春日野を腹心とする八角を、SUMO協会の理事として不適格と糾弾すべきなのでは
何が次の理事選がどうこうだと思わないか?

It must be certain that only people who are dazzling in their eyes and journalism do not look beautiful(お金に目の眩んだヒトたちもジャーナリズムも、どちらも美しく見えないことだけは確か)!

To be continued...














恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


The only reason why the Kitanoumi had to rely on stinky outside humans was because there were no useful people inside to deal with delicate problems(北の湖が胡散臭い外部の人間に頼らざるを得なかったのは、内部にデリケイトな問題に対処できる役に立つ人間がいなかったから)!

八角のない頭での深慮遠謀によるSUMO協会理事長就任について詳述するには、イヤでも、春日野部屋の低劣な不祥事を隠蔽するために裏で奔走したとみられる危機管理委員会顧問であった小林慶彦について触れざるを得ない。
そもそも、このご仁を重用し、それこそありとあらゆる面で頼りにしたのは、北の湖。
もともと、2002年ごろ、コンサルティング会社「エーティーアンドシージャパン」代表だったこのご仁は、知人(?)から北の湖を紹介されたとか。
そして、2人が特別に親しくなったのは2006年ごろ。
海外との交渉などしたこともなかったSUMO協会にとって、いろいろな人脈を持つこのご仁が、渡りに船の存在だったとか。
そして、勧進元として2006年の台湾巡業を成功すると、2008年のモンゴル巡業の勧進元にもなってもらったとか。
その結果、ネゴシエーターなど一人もいないSUMO協会、このご仁は自然に北の湖の相談相手になっていったとか。
それはそうだと思わないか?
モラルもエデュケーションもないSUMO協会では、「国技とは冗談でも言えない恥知らず的不祥事のオンパレード…。
2000年以降だけでも、ワンサカワンサ。
◆2000年、闘牙が、自動車で人身死亡事故。
◆2002年、武蔵丸が 稽古総見を欠席しプロレス観戦。
◆2003年、朝青龍が、旭鷲山との取り組みでマゲを掴んで反則負けした後、旭鷲山の車のドアミラーを破壊。
◆2004年 朝青龍が、高砂部屋で泥酔大暴れしバトカーが出動。
◆2006年、露鵬が、千代大海との取り組み後口論となり風呂場のガラスを破壊した後カメラマンに暴行。
◇2007年、1月発売の週刊現代が「横綱・朝青龍の八百長を告発する」という記事掲載したことに民事提訴。
すると、SUMO協会の訴えを認めて、4785万円の損害賠償と謝罪広告の掲載命令の判決。
それに対し、講談社は「訴訟詐欺」と主張。
◆2007年、旭天鵬が、自動車で人身事故。
◆2007年、武蔵川部屋の山分親方が、チャンコ番男性をホウキの棒で暴行(書類送検)。
◆2007年、時津風部屋で17歳序ノ口力士時太山を宿舎で暴行殺人(15代時津風らは逮捕)。
◆2007年、朝青龍が、疲労骨折で巡業を休んで無断帰国したモンゴルでサッカーをエンジョイ。
◆2008年、陸奥部屋の豊桜が、弟弟子を調理器具で8針縫うケガを負わせる暴行(書類送検)。
◆2008年、間垣親方が、弟子を竹刀で暴行。
◆2008年、露鵬と白露山に、大麻陽性反応(解雇&北の湖理事長辞任)。
◆2008年、若ノ鵬が、大麻入りタバコ所持で現行犯逮捕(現役力士で初の解雇)。
実は、このとき、あるモンゴル人横綱にも嫌疑があったというのだが…。
ちなみに、このときのモンゴル人横綱は、朝青龍と黒鵬。
◆2009年、若麒麟が、乾燥大麻所持現行犯逮捕(解雇)。
◆2010年、朝青龍が、初場所中に泥酔し一般人男性を暴行(引退)。
◆2010年、大関琴光喜と大嶽(元貴闘力)、野球賭博問題(2人とも解雇)。
◇2011年、警視庁が2010年の野球賭博事件に関連し押収した力士らの携帯電話に現役十両力士数人が八百長を頻繁におこなっていたとみられるメールが発覚。
実際の取組がメールのやり取り通りの内容だったことが判明(福祉大相撲、大相撲トーナメント、地方巡業、3月場所が中止)。
◆2012年、横綱になる直前の日馬富士が、ガムを噛みビール飲んで取材対応。
どうだろう?
冷静に見ても、モンゴル人や外国人力士の不祥事が圧倒的に多いのでは?
それも、なぜか黒鵬が横綱になった2007年以降…。
さて、そんな状況の中で、北の湖が、小林慶彦なるご仁に大きな借りを作る事件が勃発する。
そのために、このご仁を危機管理委員会の顧問として招聘することになるのである。
それは、あるモンゴル人力士の強姦事件のモミ消し…。
そう、なぜか今なお立派な力士だとSUMO協会の金に目の眩んだテレビマスメディアどもが庇い続ける問題のあのモンゴル人力士。
すでに、東仙坊、それについて触れていると思うが…。

The SUMO Association had no choice but to hire this person because having a certain Mongolian wrestler rape rape case erased(あるモンゴル人力士の強姦事件をモミ消してもらったことで、SUMO協会は、この人間を雇わざるを得なくなったはず)!

To be continued...


























































































恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


Betrayal of siblings and the character of asshole who betrayed the death of the president of the president and become the new president, is not it more evident(兄弟子を裏切り理事長の病死を利用して新理事長になったおバカの品性は、火を見るより明らかなのでは)?

東仙坊、すでに明確に断罪しているように、春日野部屋の陰惨なリンチ傷害事件の隠蔽には、SUMO協会現執行部の体質に根幹的問題があるはず。
確かに、その事件発生が、公益法人になった後の2014年10月。
しかも、自分を支える出羽の海一門の不祥事。
百歩譲って、絶対的権力を持つ北の湖理事長が、春日野が罪をなすりつけようとしている危機管理委員会顧問小林慶彦と2人で事件への箝口令を敷いたことも否めない。
しかし、事件が刑事事件として明確に成立するのは、日馬富士傷害事件で貴乃花がこだわったように判決が確定したとき。
実際、春日野は証拠不十分で幸運にも不起訴になったが、被害少年がスマートに親方との会話録音でもしていれば、有罪になったはずの案件。
少なくとも、道義的には、有罪のはず。
それゆえ、民事では間違いなく負けるはず。
では、こんな暴力大好きの確信犯である春日野を懐刀にする大バカの八角が、理事長になれたのか?
その謎を紐解くことこそが、続々と暴露されるSUMO協会現執行部のテイタラクの実態。
2013年5月16日、北の湖は、1988年4月の二子山親方(第45代横綱初代若乃花)以来25年ぶり4人目という還暦土俵入りを披露しているとか。
そのときの太刀持ちが、九重親方 (第58代横綱千代の富士) 、露払いが、貴乃花親方 (第65代横綱貴乃花)。
どうだろう?
ここで、北の湖の後の理事長の順番が、ある意味瞭然となっているのでは?
事実、2014年1月9日の理事会と評議員会を、北の湖は病欠。
そして、2014年1月場所の初日~9日目まで休場。
その復帰までの理事長代行は、九重事業部長。
そのうえ、北の湖の体調不良で、千秋楽恒例の協会挨拶と表彰式賜杯授与も九重が代行。
それはそうである。
2012年の理事改選で最下位当選ながら、理事会において貴乃花とともに北の湖の理事長就任に尽力した論功で、事実上のナンバー2である事業部長に就任していたのだから、当然。
と、と、ところがである。
2014年の理事改選で、最下位である5票しか獲得できず11人の候補者中唯一の落選の汚名を浴びる結果になってしまうのである。
それも、現職事業部長の史上初の落選という屈辱。
というのも、バックボーンだった高砂一門が八角を第1候補に擁立したため。
そう、弟弟子八角にまたしても寝首をかかれたのである。
そもそも、2人の間の確執は、1992年4月師匠の九重(元横綱北の富士)と名跡交換し九重部屋を継承したときが、キッカケ。
すると、九重と陣幕(先代九重)との見解の相違が表面化。
1993年10月、弟弟子の八角(元横綱北勝海)が九重部屋から独立し八角部屋を創設。
その際、陣幕を含む部屋付の年寄全員が八角部屋に移籍し、施設も旧九重のものを継承し、なんと九重の方が部屋を出て行くカタチになったというから、あな恐ろしや。
そして、如才なく狡猾な後見人鈴木宗男の力を借りて病弱の北の湖を丸め込み、あっという間にナンバー2の座を獲得。
と同時に、憎き兄弟子の九重を委員にまで降格させたというから、末恐ろしきかな。
それから、2015年9月場所の初日前日の土俵祭および初日・千秋楽恒例の理事長挨拶を、北の湖が病欠。
すると、事業部長だった八角が代行。
また、2015年11月場所も初日の挨拶を、北の湖が病欠。
2015年11月18日、前日の10日目の取組で黒鵬が栃煌山に猫ダマシを行ったことに対し、北の湖がマスメディアを前に苦言を呈したとか。
ところが、2015年11月20日朝、救急車で福岡市の済生会福岡総合病院に北の湖は緊急入院。
2015年11月20日午後6時55分、直腸ガンによる多臓器不全のために62歳で死去。
現職の日本相撲協会理事長の死去は、1968年12月の時津風理事長(元第35代横綱双葉山)に次いで2人目、本場所中での理事長の死去は大相撲史上初だったとか。
すると、そそくさと八角事業部長が理事長代行に就任。

Do people truly trust Hakkaku as the top people in sumo wrestling world(世にも奇っ怪なSUMO界の人々は、本当に八角をトップとして信頼しているのか)?

To be continued...











恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


Why doesn't the SUMO Association immediately dispose of Kasuga Director(なぜSUMO協会は、春日野理事を即刻処分しないのか)?

東仙坊、これほどの不祥事が表に出たにもかかわらず、その臨時理事会や臨時評議会どころか、一切コメントをしないSUMO協会理事長八角に、組織の最高責任者としての能力は皆無と断定している。
それどころか、一人の人間としても失格、言語道断のクソッタレ。
それをシンボリックに表しているのが、春日野を自分の重要な手下としておいておける、そのピンボケぶり、無神経さ。
そして、その事務局に、「今回の件は協会員でない方の判決(???)。それを取り上げる必要があるのか? 個人情報保護の観点(???)からしてもないかとは思う(?)」と言わせさせる、超鈍感度。
一応、念を押しておくと、刑事裁判が開始されたときは、すでに被害少年力士は相撲を取れる状態ではないことからの不随意的に引退せざをを得なくなったのであり、それは裁判中に引退せざるを得なかった加害少年力士もある意味同じ。
しかるに、刑事裁判が決着したときには、たまたま幸運にも(???)保護責任者遺棄罪では不起訴になったが、春日野は歴然とした協会員であるばかりでなく、な、な、なんとSUMO協会理事。
その時点で、公益法人としてのディスクロージャーとアカウンタビリティーの責務を負うのは、間違いなくSUMO協会現執行部。
そう、このクソッタレとアホンダラ。
そもそも、平然と前執行部の責任にして片づけようという狭小な発想そのものが、大バカ者の証拠。
極論すれば、前執行部の責任を負うのも現執行部。
それこそが、組織の宿命。
どうあれ、この八角、春日野、尾車、鏡山の大バカ4人組では、文部科学大臣の「協会の対応を注視していきたい。説明責任を果たしてもらいたい」という言葉さえ、理解不能のはず。
そう、ガバナンス、コンプライアンス、ディスクロージャー、アカウンタビリティー、レスポンスビリティーなどとは最も遠い存在。
実際、暴力大好きの春日野の釈明だって、本当にいい加減。
「危機管理委員会顧問小林慶彦に報告した直後に、北の湖理事長にも直接伝えて、謝罪した」。
「北の湖理事長や危機管理部長貴乃花に伝えた」
「警察の調査にも全面的に協力し、隠し立てはしていない」
「事件当日ではなかったが、数日後には話した」
「日付までは覚えていないが、事件発生後3ヵ月とか半年ではなく、そんなにかからずに報告した」
「加害者の兄弟子はもう辞めてますから。それも公表しなければいけないのか?」
「差し障りのない程度で話したいが民事裁判に影響もあると思うので控えたい」
どうだろう?
本当にいい加減な口先オトコだと思わないか?
事実、前宗像紀夫危機管理委員長は一切聞いていないともう証言しているのでは?
一番のボロが、これ。
自分の広報部に「春日野はきちんと報告しており、理事としても親方としても問題ない」と言わせたこと。
そう、すでに理事になってからマターとどこか理解しているということでは?
どちらにしても、「冷やしておけば治る」などと言って、「別の兄弟子に、国技館内診療所といつも部屋が使っている赤坂の整体院に連れて行った(??)」っていう言い訳は、すでにキチガイ沙汰では?
それなのに、被害ヤング力士が自分で大学病院での診察を受け、即、手術だと言われたと報告したを提出したとき、「勝手なことをしやがって」と怒った段階で、もはや人非人。
それはそうである。
栃ノ心などをアイアンで殴ったときも、「やりすぎた部分があったことは反省しているが、弟子とは親子関係だと思っているし愛情があるから殴った」とのたまわったアホンダラ。
日馬富士の傷害事件のときだって、「ちょとした気持ちで起こした…」とのたまわった救い難いソシオパス。
被害ヤングのMr.矢作嵐が言うように、「事件を公表していただいたうえで、春日野親方からの謝罪を望んでいる。現在に至るまで、春日野親方からの謝罪は一切ない」というのは間違いないのでは?
第一、そのヤングから、昨年3月22日に3000万円の損害賠償を求めた民事訴訟を東京地裁に起こされていることは事実なのでは?
それなのに、2015年7月に引退した加害ヤングの栃玄武に、「暴行の発端をつくった被害者にも過失がある。殴ったことは悪かった。自分自身の問題で部屋が悪いワケではない。事件のことを話すなと言われたことはない」と言わせて、臆面もなく優勝しそうな栃ノ心について、「ガップリになるとマズいと思ったけど、前へ出るという気迫があった。イヤ、見る方が力が入るよね。こっちが緊張する。自分でやっている方がラクだね。あえて言うことはないけど、一番一番着実に勝っていくことですかね。普段から稽古はキライじゃないし、努力家ですよ。今場所は10番くらい勝ってくれたらとは思っていたけど、ここまでいくとはね」とにやけられるところは、ほとんど完全な病気では?
コヤツにつける薬だけは絶対にないと思うが…。

Hakkaku president who doesn't give any comment upon receiving this case should resign or be dismissed immediately(この事件を受け何のコメントも出さない八角理事長は、即刻辞任するか解雇されるべき)!

To be continued...






















 
















恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


Takanohana responded to everything when responding to listening when the case ruled out(貴乃花は、事件の判決が出たら聴取に応じると何度も何でも応えていたのでは)?

東仙坊、SUMO協会によるこの春日野部屋における懲役3年執行猶予4年の有罪確定の傷害事件隠蔽は、そのガバナンスとコンプライアンスの観点からも、日馬富士傷害事件、立行司式守伊之助パワハラ・セクハラ事件、大砂嵐無免許追突事故よりも重大な不祥事だと言わざるをえない。
22歳のヤングが全治1年6ヵ月の重傷を負わされたうえ、引退を余儀なくさせられるハメになり、味覚障害の後遺症に苦しんでいるというのでは?
しかも、その判決が出たのが、2016年6月、つまり、公益法人に指定された後。
そして、公益法人のディスクロージャーを担当する理事である広報部長になった後。

いくら暴力大好きの親方といっても、その監督責任と広報義務はメチャクチャ大きいのでは?
それこそ、それを黙殺したSUMO協会八角理事長とNO.2の尾車と危機管理部長鏡山も、同じ。
即刻、お得意の(?)臨時評議会を招集すべき事案なのでは?
そして、伊勢ヶ浜同様、SUMO協会八角理事長、NO.2の尾車、危機管理部長鏡山を隠蔽で降格処分にすべきなのでは?
実際、その被害者力士も、「若手力士の間では他にも暴力事件があると思う。協会は隠さないで全て公表してほしい」と言っているというのでは?
東仙坊的には、さあ、NHK、読売グループ、フジ産経グループ、どう報道するつもり?と楽しみにしているが…。
力士でなくても、春日野だけには何かを言われたくないと思うと思うが、どうだろう?
実は、何十年ぶりに、SUMOをチェックしながら、貴健斗、貴公俊、貴源治、貴景勝はもちろん、大栄翔、阿炎、輝、阿武咲、御嶽海、なかでも、逸ノ城と玉鷲に興味を抱いて観戦していた。
そして、その2人のモンゴル人力士が、いかに「モンゴル会」を毛嫌いしていたかがよくわかる相撲に感心していた。
とりわけ、逸ノ城には、先輩の敵を討ってやるというような気迫が感じられ、応援してもいた。
それゆえ、3日目、横綱3人と大関2人の幕内弁当のうち、黒鵬のだけが売れ残ったという話に、手を叩いたりしてもいた。
そして、黒鵬が休場すると、誰もが真剣に相撲を取っていると痛感し、どれだけ黒鵬が百害あって一利ナシかも理解できたのだが…。
では、なぜ八角が理事長にこだわるのか?
その理由は、簡潔明瞭。
親方たちからリスペクトされない自分の立場が、メチャクチャ危ういことを自覚しているから。
もっと明確に言えば、自分にマネージメントをする能力など全くないことを自ら十分に認識しているから。
それなのに、なぜ理事長に固執するのか?って?
理事長であれば、部屋への分配金を牛耳れるので、その恫喝で何とか反発する親方たちを黙らせられるから。
そこまでして、なりふり構わず理事長であろうとするのか?って?
それは、東仙坊、すでに指摘したように、SUMO協会には、今や小判がザクザク。
2016年度経常収益120億1633万円に対し、法人税などはたったの15万1400円。
相撲事業に関しては、法人税はゼロのうえ、経常利益が前年度比3億9千万円増の6億4千万円と、2年連続の黒字。
そ、そ、それゆえ、八角、SUMO協会を私物化し私腹を肥やせるシステムを作り上げたいだけ。
実際、そのために、すでに10人もの専属弁護士がいたのに新たに自分の弁護士を加えたり、同じく3人の公認会計士がいたのに自分の会計士(1年間の公認資格停止を受けていたアヤシイヤツ)を新たに加えたほど。
そして、断行したことが、今までの歴代理事長たちが利益を銀行債などで運用してきた慣行を破り、全部普通口座に移したということ。
そう、いつでも自分の好きなときに自分の思い通りに金を動かせるようにしたということ。
それにしても、2011年2人の仲間とともに春日野にゴルフクラブが折れるほど殴られたのに、「何度も協会規則である着物や浴衣ではない服装で外出したり、門限を破った自分たちが悪い。訴える気はありません」と答え、警察に事件性ナシと判断させたうえ、SUMO協会に厳重注意だけで終らせた栃ノ心と、日馬富士の残忍なパワハラ・リンチを見て見ぬフリをし黒鵬の口裏合わせに協力した鶴竜による優勝争いだなんて、本当にデタラメなSUMO協会らしいストーリー展開だと思わないか?

Is not it too funny to win the championship between the Yokozuna who did not look after Lynch to Takanoiwa and Makuuchi Ryoshi who was Lynch by Kasugano(貴の岩へのリンチを見て見ぬフリをした横綱と春日野にリンチされた幕内力士との優勝争いとは、あまりにもオモシロすぎ)?

To be continued...



恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?

The genuinely bad guy of the SUMO Association's Executive Division must be Kasugano Public Relations Manager(SUMO協会執行部の正真正銘の悪者は、春日野広報部長)!

東仙坊、今回の大砂嵐の無免許運転事故のこれ見よがしの発表は、SUMO協会現執行部サイドが企んだ、貴乃花一門の大嶽潰しであり、大嶽に貸しを作るための作為でしかないと断定する理由は、2つ。
1つが、すでにグルのNHKが防犯カメラで確認ズミと報道しているのに、春日野広報部長が、あえて「何も知らなかった」と強調しながら「大砂嵐が自分は運転していないと主張している」と言い、「初場所9日目から大砂嵐を休場させる」と発表したこと。
凄く変だと思わないか?
何も知らなかったのなら、詳細を長野県警に問い合わせなければいけないし、本人が否定しているのなら、まだ処分などしてはいけないのでは?
そして、8日目まで1勝7敗で休場させるということは、実質的に幕下に転落させるということ。
つまり、引退勧告しているようなもの。
そのうえで、大嶽に言い訳するチャンスをあえて与えていること。
そもそも、この大嶽、評議員会で評議員で、先日の評議員会で八角に楯を突いた親方。
そのために、大嶽、「大砂嵐が車の不祥事を起こしたことに対し、師匠としてお詫び申し上げます。関係者のみなさん、何より相撲ファンの方に不愉快な思いをさせてしまい、お詫びするしか考えておりません。4日が新年の稽古始めだったが、3日に事故を起こしたことも、7日に長野県警に出頭していたことも知らなかった。大砂嵐は一昨年6月に日本人の彼女がいながら、エジプトに帰省した際に日本に留学していたエジプト人女性と自分に内緒で結婚式を挙げたために、結婚も正直私はまだ認めていないんです」と親方としての無能ぶりを自ら言わせられる始末。
2つ目が、10日前に「私テレビに出るのはこれが本当に最後。もうこれから一切、携帯番号も変えて取材には応じません」とうそぶいていたあの池坊ノータリンババアが、この事件に関し、わざわざ「いい大人なんだから、社会人としてやっぱりそれは、自己責任だとは思いますよ。それで部屋の親方が悪い、と言われるのでは、親方になる人がいなくなっちゃうかもしれませんよ」とまたほざいたこと。
どうだろう?
必死に大嶽に恩を売っているのでは?
えっ、不祥事は不祥事、これだけ不祥事が発覚すれば、八角は辞任するか、次回の理事長選に出馬できなくなるじゃないか?って?
そんなタマだったら、とっくに辞任しているのでは?
紙を読まなきゃ何も言えないみっともないオトコの考えることは、この程度だと思うが…。
そう、頭の悪い危機管理部長を貴乃花部屋への無様な配達人にしたように、1月5日の横綱審議委員会による稽古総見の席で貴乃花部屋の新小結貴景勝、十両貴源治、幕下貴公俊を呼び出して口頭で注意をしたように。
まあ、それゆえ、今後は、さらにお互いにスネに傷を持つ下半身問題が、どんどん出てくるのも、必然なのでは?
どちらにしても、SUMO協会現執行部が独占する利権に目の眩んだNHK、読売グループ、フジ産経グループによる貴乃花バッシングが激化することだけは、必至。
そのために、パワハラ・セクハラ被害にあった入門半年の悲劇的な16歳ヤング行司を助けようともしないくらいだから、そんなことは当然なのでは?
そ、そ、そうしたら、1月24日、大砂嵐を出場停止にしたばかりの春日野の部屋所属だった2013年に新弟子検査に合格し2015年7月の名古屋場所で引退した福岡出身の23歳力士が、2014年10月、22歳弟弟子の顔を殴ったり腹を蹴ったりして顎骨折と味覚消失などの後遺症を負う全治1年6ヵ月の傷害を与えた罪で東京地検に起訴され、2016年6月に懲役3年、執行猶予4年の有罪判決が確定していたことが判明したと、突然、日刊スポーツが報道。
2016年1月理事に就任した春日野が、その事件の存在を公表していないばかりか、SUMO協会も春日野から報告を受けたとしているが、時期や詳しい内容は明らかにしていなかったとか。
そこで、共同通信が春日野に取材すると、「力士は辞めてますから公表する必要はない(???)」と応えたとか。
本当にフザけたアホンダラだと思わないか?
その事件で、必要な治療を受けさせなかったとして、春日野も保護責任者遺棄で告訴されていたというのでは(結果はなぜか不起訴処分???)?
というのも、この見るからに悪人顔のアホンダラ、東仙坊すでに指摘した通り、2011年弟子への腹や背中や臀部への素手やゴルフクラブのグリップで叩いたり、頭を拳で殴るなどの暴行で警視庁本所警察署沙汰になり厳重注意(?)されているはず。

True Japanese should notice that Hakuhoh and Kasugano have common unpleasant eyes(黒鵬と春日野が、共通のイヤな目をしていることに、本当の日本人は気づくべき)!

To be continued...






恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


I am being irritated by the strategy of the vulgar SUMO Association's current executive department trying to use the scandal of Ohsunaarashi to crush the a group of Takanohana(大砂嵐の不祥事を貴乃花一門潰しに利用しようとしている下品な相撲協会現執行部の戦略にはウンザリ)!

東仙坊、「知らなかった。何も聞いていない」とやたらワサワサ対応するSUMO協会の対応に、メチャクチャ違和感。
そして、「親方も知らなかったみたいだ。大砂嵐本人は『自分は運転しておらず、妊娠中の妻をかばうために運転席に行っただけ。車は夫人が運転していた。自分は国際運転免許証を持っていない』と主張している」と言い出したことで、やっぱりと確信。
それはそうだと思わないか?
すでに防犯カメラの映像で大砂嵐本人が運転したということは、バレているはず。
にもかかわらず、なぜか深夜の両国国技館で、春日野広報部長は、大砂嵐と大嶽親方にテレビカメラでの撮影ナシでの取材に応じさせたのである。
そう、あの貴乃花部屋の3人をテレビカメラに写る中で叱責したのと同じ。
大嶽親方「師匠としてお詫びします。私にも報告していなかった」
春日野広報部長「車には大砂嵐関と妻が乗っており、本人は妻が運転していたと主張している」
――現時点の関取の気持ちだけでも教えてほしい
大砂嵐「……」
――ファンの方へのメッセージは?
大砂嵐「……」
――師匠や協会に報告しなかったのはなぜか?
大砂嵐「……」
――なぜ何も答えないのか?
大砂嵐「……」
――なぜ大砂嵐関は何も答えないのか?
大砂嵐の弁護士「私が彼の心情を代弁して答えることはできないが、忖度すると、関係者に迷惑をかけたこと、妊娠中の奥様が車に乗っていたことで、奥様に対する配慮があり、どう説明すべきか困惑している。また今回、一方的に警察の捜査を受けていることが報道された。これは大変遺憾なこと。大砂嵐としては道路交通法違反事件に対して、正当な防衛をしたいと考えている。テレビ局の報道が一方的にされた。弁解の機会も与えて頂けなかった。これに対して大砂嵐としても困惑していると思う。報道されていることすべてが事実ではない」
――事実と事実でないこととは?
大砂嵐の弁護士「何が報道されたかわからないが、正月明けに大砂嵐の奥さんが運転した車が事故を起こしたことは事実」
――大砂嵐は一度もハンドルは握っていない?
大砂嵐の弁護士「そういう主張です」
それなのに、春日野広報部長は「大砂嵐関が自身と夫人が乗った車が長野県内で事故を起こした問題の影響で。初場所9日目の1月22日から休場する」と発表したというのである。
ちなみに、大砂嵐は、15歳で地元のクラブで相撲を始め、大学を休学して2011年夏に来日。アフリカ大陸出身者初のエジプト人力士として、2012年春場所で初土俵。2013年名古屋場所で新十両、2013年九州場所で入幕、最高位は前頭筆頭とか。
何でも、エジプト人の夫人に日本の雪山を見せるため一緒に長野県を訪れたとか。
そして、その夫人がエジプト政府が発行する免許証を所持しているものの、すでに失効しているとも。
さて、ここからが、実に不可解。
その追突事故を起こしたのが、1月3日。
それも、千曲からさらに北の黒姫山付近の裏志賀高原スキー場の駐車場の近く。
そして、その事故処理を担当しているのが、長野県警中野署。
それから、1月7日、大砂嵐は弁護士とともに出頭させられ、追突被害者への弁済も完了しているとか。
では、書類送検を検討しているという長野県警中野署は、なぜにSUMO協会に紹介しなかったのか?
イヤイヤ、本当に連絡しなかったのか?
これだけ、SUMO協会の不祥事に世間の目が集まっているときなのでは?
もっと不可解なのが、あれだけすぐに警察捜査関係者(???)の話とブチ上げるマスメディア…。
少なくとも、1月7日の段階で、何らかの情報を掴んでいたのではないのか?

Nagano prefectural police couldn't contact the SUMO Association when this world eyes are suitable for sumo wrestling(これだけ世間の目が大相撲に向いているときに、長野県警がSUMO協会に連絡しないはずがない)!

To be continued...







恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?

Why Hakkaku doesn't resign as taking responsibility as the chief responsible, even though it is a continuation of this scandal just like a general corporation(八角は、なぜ一般的な企業のように、これだけの不祥事続きなのに最高責任者としての責任を取って辞任しないのか)?

東仙坊、尾車との親密な関係にある済生会福岡総合病院の院長の命令に従い、金のために魂を売った済生会福岡総合病院脳神経外科医師、宮城知也なるアンポンタンが、「貴の岩個人の診断書をSUMO協会に提出した」と語っていることに、メチャクチャ注目していた。
つまり、SUMO協会現執行部が、意図的にその診断書が信憑性のないものであるようにしたということは、明確。
では、そこまでして、明々白々な横綱による傷害事件の被害者である貴の岩とその親方である貴乃花を貶めようとしたのか?
今、考えると、その理由も、また明確。
自分たちのガバナンスのなさが露呈してしまうことを恐れたから。
それと、何が何でも悪玉黒鵬とともにかっぱぐ小判ザクザクの利権を手放したくなかったから。
それはそうだと思わないか?
あれだけの低劣な不祥事が続いても、この初場所の非課税の懸賞だって、申し込みだけで、な、な、なんと2239本。
稀勢の里が横綱に昇進して初めての東京開催となった昨年夏場所で記録した過去最多2153本(場所前申し込み、2219本)を上回るペースだというのだから、まさにウハウハ。
一体、いくらネコババ(?)できることやら。
ともあれ、そのためにも、SUMO協会現執行部にとっては、大相撲復活のために理事長を狙う貴乃花は、ただの目の上のタンコブ。
何とか出る杭を打とうと必死。
実際、その済生会福岡総合病院脳神経外科医師宮城知也なるアンポンタンだって、貴乃花との本当のやり取りでは、次のようだったとか。
貴乃花「先生、これやっぱり相撲は取れませんよね」
アンポンタン「相撲を取ったら傷が開く。九州場所は何日間ありますか?」
貴乃花「15日間です」
アンポンタン「後遺症や感染症を考えなければならない状態だ九州場所は出場できないという意味で2週間としておきましょう
どうだろう?
それなのに、SUMO協会現執行部は、「10月26日からの2週間で完治だと医師が言っている」と臆面もなく主張していたのでは?
それだけじゃない。
1月4日、陰謀の貴乃花の理事解任を決定した翌日の1月5日、突如、発覚した現役最高位立行司第40代式守伊之助(58歳)のパワハラ・セクハラ事件。
それで、1月13日、仕方なく臨時理事会を開き、辞表を提出していた式守伊之助を「反省させる」と摩訶不思議な3場所出場停止の懲戒処分を決定した、SUMO協会現執行部。
それを貴乃花サイドのリベンジと受け取り、早速、その反撃を初場所中なのに開始。
大鵬の命日が1月19日。
その大鵬の孫の納谷が初土俵を踏み祖父が現役時代に締めていた化粧回しをつけお披露目されたことにスポットライトが当たった、1月21日、その貴乃花一門の大嶽部屋の出世頭、十両大砂嵐の不祥事をSUMO協会現執行部とグルのマスメディアの1つ、NHKが発表。
それも、長野県山ノ内町で今月初め、無免許で車を運転して追突事故を起こしたため、長野県警が道路交通法違反(無免許運転)で書類送検する予定。
そのうえ、事故当初、車に同乗していた大砂嵐の妻が長野県警に対し、「自分が運転していた」という趣旨の説明をしたが、長野県警が防犯カメラなどを調べたところ、大砂嵐が運転していたことが判明。
また、大砂嵐は国際運転免許証を所持していると主張したが、長野県警は免許は失効していたとみて調べている。
さらに、大砂嵐はレジャーで長野県を訪れていたというが、SUMO協会はその誓約書で、車とバイクの運転を禁止しているということまで、報道。
そ、そ、そうしたら…。

When did the SUMO Association really know the scandals of Egyptian wrestlers(エジプト人力士の不祥事を、SUMO協会は本当はいつ知ったのか)?

To be continued...

恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


Why does Hakkaku interfere with Takanohana, because he is aware that he doesn't have management abilities or charisma(なぜ八角は貴乃花をジャマにするのか、それは自分にマネージメント能力もカリスマ性もないことを自覚しているから)!

東仙坊、貴乃花が民事訴訟を起こし、八角と黒鵬を退治することを心の底から願っている。
腕のケガもしていないのに二重のサポーターを巻くんじゃないの一言も言えない、情けなくてみっともない公益法人のトップ。
イヤイヤ、そのガバナンスを明示するために辞職しない恥知らずのオトコ。
そして、沖縄巡業から戻ると、再び沖縄へ家族旅行に行き10日間も稽古をしなかった、ブラック横綱。
タニマチとのつき合いが多いせいで足の両親指のケガだってもともと痛風にでもなっていると思われる金の亡者の営業マン。
とにかく、このSUMO界に巣食う悪玉のこの2人を何とか一刻も早く始末すべきと思うのは、東仙坊だけではあるまい。
さて、そんなとき、貴乃花が、その貴乃花部屋のHPに、久しぶりにコメントをした。
2018.1.17.
このたびは、私の弟子である貴ノ岩が受けた暴行事件に関して、皆様をお騒がせし、ご心配おかけしていることに対して深くお詫び申し上げます。

1月場所を休場しました貴ノ岩の状況について、
ここにご報告をさせて頂きます。 
医師には、頭部外傷、頭皮裂創痕、右乳突蜂巣炎痕という診断を受けました。相撲を取るうえで避けられない頭部打撲は、慢性硬膜下血腫発症の危険性を増すというご指摘です。
医師によると、受傷後約3ヵ月程度は、頭部打撲を避ける必要があり、2018年1月の就業は困難とのことですので、貴ノ岩の一月場所休場を決断いたしました。

本人は深刻なダメージを負い、後遺症の心配もあるため、これまでは受傷部分の検査治療に多くの時間を費やしてきました。

現在はようやく体を動かすことができるようになり、地道なリハビリを続けております。

私としましては、当面の目標を三月場所での土俵への復帰と定めておりますが、医師の指導の下、本人の心身両面での快復状態を見ながら判断していきたいと考えております。

力士は体力、知力、気力のぶつかり合いに堪えうる肉体を宿さなければなりません。そのためには、日ごろの鍛錬が求められます。
己を克服する気持ちが、厳しく過酷な土俵の上では常に必要とされ、技を競うものであります。また、技の前には心の充実を図り、精進すべきものです。精進とは神事の世界観であり、力士である以上、生涯をそれにかける気持ち
のことです。

貴ノ岩は未来ある青年であり、力士です。
これから本人に未来を切り拓かせるためには、今回の事件を乗り越え、精神的肉体的な懸念を克服し、後遺症の恐怖にも打ち勝たなければなりません。そのための指導は、惜しむことなくして参ります。
これがご心配をおかけした多くの皆様への御恩に報いる道に繋がると考えております。

これまで皆様方に多大なる励ましのお言葉を頂戴いたしましたことに、厚く御礼を申し上げます。
今後につきましても、温かく見守っていただければ幸いでございます。 
以上
2018年1月17日
貴乃花 光司

どうだろう?
あのキズからして、ごく当然の判断なのでは?
それなのに、なぜか陰険なSUMO協会の片棒を担ぎ、その非課税の金に目が眩んでフェイクニュースを垂れ流した最低の我が国のマスメディアどもは、なぜ口をつぐんだままなのか?
せめて、済生会福岡総合病院脳神経外科宮城知也なるトンデモナイアンポンタンの医師法違反ぐらいは追求すべきなのでは?
なぜ、どこのマスメディアも、このアンポンタンに直接取材しなかったのか?
それなのに、貴の岩が仮病のような論調に終始したのか?

For Hakkaku and Mutsuo Suzuki, it must be natural that they don't wanna give the benefits of millet public interest corporations to anyone in the wet hands(八角と鈴木宗男の一味にとって、濡れ手に粟の公益法人の利益を誰にも渡したくないのは、当たり前)!

To be continued...

恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?


In Hakkaku is the president, the SUMO association would surely be destroyed(八角が理事長では、必ずSUMO協会は壊滅する)!

東仙坊、相撲界をほんの少しだけ正常化させるには、ブラック横綱の黒鵬のやりたい放題し放題を阻止させることしかないと確信している。
そして、全面支援する貴乃花が考えていることも、そういうことだと推察してもいる。
ところが、黒鵬が首謀者であった「貴の岩集団パワハラ・リンチ殺人未遂事件」も、鳥取県警本部の裏切りによって、その黒鵬の卑劣で卑怯な行動が明るみ出ることはなくなってしまった。
そのせいで、黒鵬からの目配せで始まったその手先に成り下がった日馬富士の貴の岩への半狂乱の暴行…。
それが執拗な黒鵬の説教が終わって20分くらい経過した後に貴の岩がスマホの画面を一瞬だけ見たときに始まったこと。
そして、それが始まった瞬間、黒鵬が個室内にいたホステスたちを個室から外に出るよう指示したこと。
また、日馬富士がビール瓶の底やカラオケのリモコンで何度も殴った後、「何様なんだ。殺してやろうか」とアイスピックを手にしたのを見て、ようやく黒鵬が止めに入ったこと。
さらに、貴乃花が、「報道陣に囲まれて、病院に行けないので、診断書も出せない」と協会執行部4人に説明したとき、八角が頷き、尾車が「わかった」と答えたこと。
そして、その4人が執拗に「内々ですむ話だろう」と被害届の取り下げを要請してきたこと。
それらのすべてが、闇の中。
そうなると、東仙坊、つくづく相撲バカ貴乃花に言いたいことが、1つ。
昨年の初場所13日目の1月20日夜、稀勢の里と優勝を争っていた黒鵬が、次の日に対戦する貴ノ岩に付き人を使って何度も電話をかけてきたが、貴ノ岩は八百長依頼と察して、電話に出なかったという事実。
バカだな、それだったら、電話に出て、通話録音しておけばよかったのに…ということ。
ともあれ、日馬富士の略式起訴ですべてを隠蔽できるとヌカ喜びした、紙を読まなきゃ何も話せないおバカ八角、初場所の挨拶で一切の謝罪ナシのガバナンスの欠如。
黒鵬とコヤツのいる限り、SUMO協会にイノベーションなど全く不可能なのでは?
少なくとも、公益法人の「Public Interest(:パブリック・インタレスト)の意味など永久に理解できないはず。
何しろ、コヤツ、1月4日、なぜか評議員会に出席し、貴乃花一門の大獄が、貴の岩休場のための診断書が出せないことの説明を貴乃花がしたとき理事長が頷いたとあるが?と質問すると、「そんなこと言うワケないだろ! それだったら救急車を呼べばいいじゃないか!」と恫喝して黙らせたというのでは?
そう、なぜか評議委員会で不公平な審議の進行した小汚いヤツ。
そして、グルのおバカ池坊ノータリンババアに、執行部に従わないことが役員がコンプライアンスを果たしていない「忠実義務違反」に当たるというピンボケ理由を言わせた張本人。
その意味でも、およそ公益法人のマネージメントを任していいようなご仁ではないことだけは、確か。
第一、初場所直前に、現役最高位立行司第40代式守伊之助(58歳)の恥さらし剥き出しのパワハラ・セクハラ事件で臨時理事会を開き、3場所出場停止の懲戒処分を決定していたのでは?
それも、一緒に飲んでいた関取のチョンマゲを叩き「おい、もっと飲め! オレの酒が飲めないのか、投げてやる」と絡んだり、地方巡業で酒に酔って民家の屋根に上り大騒ぎしたこともあるというその酒乱を立行司にしたままにしておいたうえ、本人が辞職願を提出しているのに5月の夏場所後に受理するという前代未聞のワケのわからない処分にしているのでは?
一体その狙いは、何?
同じ宮城野部屋の黒鵬への気遣い?
そもそも、宮城野になぜ何の処分もないの?
それで、実に、奇っ怪な話がある。
その宮城野部屋に所属する幕内格行司式守与之吉(49歳)が、「体調不良のため(???)3ヵ月以上のリハビリ入院加療が必要」の診断書を提出し休場しているというけど、3ヵ月以上のリハビリ入院加療が必要な体調不良って、一体何の病気?
まさかアル中か、ヤク中ではあるまいな?
まあ、横綱による器物を使った殺人未遂まがいの歴然とした暴力の被害者である貴の岩を、事実上の降格処分にしたくらいだから、デタラメなSUMO協会であることだけは間違いないが…。

We couldn't regain the true sumo wrestling the bad behavior of Hakuhoh as it is(黒鵬の悪行三昧をこのまま見過ごしては、本当の相撲を取り戻すことはできない)!

To be continued...











































恒久不変な日本砂漠-7 相撲バカ貴乃花を「出る杭」にして打ちたがるヒトびとの末路!?

There must be something interesting about sumo wrestlers without a fix(八百長なしの相撲は、やはり興味深いもの)!

東仙坊、半世紀ぶりぐらいに、SUMO観戦に没頭した。
それこそ、生まれて初めて、3横綱の土俵入りまでチェックした。
そして、黒鵬のウリジナル的不知火型のデタラメ土俵入りと右腕にサポーターがないことを確認していた。
ただし、途中、どうせ勝てはしないと確信していた気持ち悪いメイクの日本女子ジャンパーが出場している、札幌での女子ジャンプワールドカップ第6戦の中継をチェックし、20点近くの大差でその選手が負けるところをよせばいいのに観てしまっていたが…。
再び、SUMO観戦に戻ると、またサポーターをしているかどうかに注目をした。
ちょうど中入り前で、伊勢の海の勢がサポーターをしていて、幕内の取り組みになって、伊勢ヶ浜の安美錦に次いで2人目だった。
その後も、伊勢ヶ浜の宝富士だけで、照ノ富士も鶴竜もしていなかったのに、やはり、黒鵬は二重のサポーターを右腕にしていた。
そして、立ち合いでは、張り手やかち上げを使わなかったものの、阿武咲に一気に土俵際まで運ばれると右で張り手をしようとしたが、相手が勢いよく土俵外に飛び出してゆき、空振りに終って、勝っていた。
ともあれ、総じて感じたことは、石浦、照ノ富士、鶴竜など偽証したヤツらの表情の悪いこと、悪いこと。
それと同時に、どこかこれ以上黒鵬のワガママに振り回されるのはゴメンだというような決意も表情に見て取れた。
なかでも、その貴の岩の現場に運よく行かなかった高校後輩の逸ノ城と玉鷲からは、ある種の怒りのようなものが漂っていた。
それは、2日目、逸ノ城と黒鵬の取り組みで明白になった。
間違いなく逸ノ城は、本気で黒鵬に挑んでいた。
そのせいで、辛勝した黒鵬には、その衰えぶりが鮮明になった。
何しろ、取り組み直後のその汗のかき方は、ほとんど異常。
案の定、3日目、北籐富士に鶴竜のところに吹っ飛ばされ、4日目、嘉風のバッタリと手をつかされ、その足腰の鍛錬のなさを顕著に露呈。
そして、そそくさと5日目から、休場。
ようは、今や黒鵬は、八百長と張り手とエルボーパンチがなければ勝てないということ。
東仙坊、昨年末の優勝した九州場所の千秋楽、豪栄道を投げた後、土俵下に転がり落ちていった黒鵬を見て、コヤツは日ごろの鍛錬を怠っていると確信していたが…。
どうあれ、これで、黒鵬のやりたい放題だった「モンゴル会」も崩壊することは確実。
もう黒鵬とは距離を置くと決心した雰囲気丸出しの鶴竜、でもきっと優勝はできないはず。
膝を痛めているのに黒鵬に約10分にわたって正座をさせられ左膝外側半月板損傷になったうえ、その口裏合わせのプレッシャーから糖尿病になった照ノ富士も、貴の岩と同じ立場になるはず。
自分の魂を裏切ったヒトには、必ず因果応報。
天罰が下ると思うが、どうだろう?
そもそも、黒鵬を支えた人々が、黒鵬の態度を問題視していることに、すべての答えがあるのでは?
神奈川県宮城野部屋後援会元会長横須賀FM放送会長服部眞司。
「私は双葉山の時代から相撲を見ているけれど、黒鵬は横綱ではない。最近では立ち合いで張り手やヒジを使ったかち上げが見られるが、3~4年前からカラダが衰えているように見える。だからそんな手段を使うのではないか。これは横綱相撲ではない。大鵬も双葉山もこんなことはしなかった。八角だって、黒鵬が望んだとおりに、貴乃花親方を冬巡業に同行させなかった。横綱に全くモノが言えていない」
関西宮城野部屋後援会北田義和会長。
「黒鵬が千秋楽の優勝インタビューで日馬富士と貴ノ岩をもう一度土俵に上げたいと発言した。話したことそのものが悪いとは言わないが、あの場で言わなくてもいいことだなと思った。貴乃花親方が巡業部長なら、巡業に出たくないという旨の発言を個人的な考えをそういった場で口にするのはよくない」
何でこんなマリーシアだらけの黒鵬に、我が国の国技である相撲が踏みにじられてしまうのか?

If you are truly a national sport, you should take sumo wrestling after having first taken Japanese nationality(本当に国技なら、最初に日本国籍を取らせてから相撲取りにすべき)!

To be continued...















検証プロファイリング 東京・八王子市SNS死にたい少女殺人未遂事件!?


A beautiful heart without soil must be the pride of Japanese women to the world(汚れなき美しい心こそ、日本女性が世界に誇るもの)!

東仙坊、それでも、我が国の無知なヤングガールズに、特にSNSで死にたいと甘えるヤングガールズになんとかほんの少しでいいから理解して!と願う、レフ・トルストイの金言が、次の4つ。
わたしたちは踏みなれた生活の軌道から放りだされると、もうダメだ、と思います。が、実際はそこに、ようやく新しいものが始まるのです。生命のある間は幸福があります
死ぬとき、人間はひとりである
自ら精神的に成長し、人々の成長にも協力せよ。それが人生を生きることである
人生の意義を探し求めようとしない者がいるならば、その人間は生きながら死んでいるのだ
ついでに、ジョージ・サンタヤーナの金言も、4つ。
「家族こそが自然の傑作の一つ」
「春と恋に絶望的であることよりも、季節の移り変わりに興味があるのは、心の幸せな状態」
人間の真実な唯一の威厳は、自らを蔑むその能力
最高の虚栄心は、名声を愛すること
まあ、到底理解できなと思うが、単なるコミュニケーションの1つでしかないsexだって、何のパッションも、インパルスも、アフェクションクも、インスピレーションも覚えないヒトが相手では、何も満足を歓喜も味わえないと思うけど…。
ともあれ、それでも、日本中にゴロゴロいる気色の悪いオトコどもの餌食になって、そのたった一つの貴重な命を、たった一度の魅惑的な人生を棒に振りたいとか、せっかくのバージンを捧げたいと欲するヤングガールは、育ててくれた家族や関わってくれた仲間たちにイヤな思いをさせないように、どこかのYouTuberが待ち受けてくれている富士山麓の青木ヶ原にで一人で行って、穴を掘って勝手に入ればイイと思わないか?
どうせ、細川ガラシャの辞世の句である「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」の本当の意味など永遠にわからないはずだから…。
そう、人間は、生まれながらにそれぞれに一輪の花、そして、いつか散る運命を、そして、その散りどきを知っているからこそ美しく見えるもの。大勢に見られようが、例え誰にも見られまいが…。必死に美しく咲くように努めるもの。
とにもかくにも、今回の事件の被害少女のように、我が国のヤングガールズの劣化は極めて深刻だと憂慮ししているのは、東仙坊だけではあるまい。
それで、メチャクチャ気になることが、1つ。
実は、先日、ブログ書き込み中、BGVとしてつけっぱなしにしたままのテレビの音声に愕然とさせられた。
貴乃花のことを心配して、日本のテレビのニュースをチェックしているからなのだが…。
何でも、マツ(松? 沫? 待つ?)とかいう日本ではそこそこ名の売れた男性タレントが、サプアの原宿と言われるミョンドン(?)とかいう場所で、サプア人女性にアタックするという企画で(?)、オレ、サプア語を話させないぜ、サプアじゃ有名じゃないと思うからナンパじゃないとかそのマツなる彼はかなり躊躇っていた。
ところが、いざそのミョンドン(?)を歩き出すと、キャー、キャー女性が集まってきて企画を中止にせざるを得なくなったというのである。
そう、そこには、なぜか日本のヤングガールズばかりがいたというどこか空しいオチ。
それを耳にしながら、もはやこの国のヤングガールズは終わりだなと苦笑しつつ、しっかりしろよ! 日本男児!とメチャクチャ憤慨するしかなかったのだが…。

Japan's Young Girls should recognize that Korea must be a country that doesn't resemble our country(日本のヤングガールズは、サプアが我が国と似て非なる国であることを認識すべき)!

検証プロファイリング 東京・八王子市SNS死にたい少女殺人未遂事件!?

Stupid Young Girls! If you have an idiot saying that you wanna die on SNS, you have to read books(おバカなヤングガールズよ、SNSで死にたいと言っているヒマがあったら、本でも読め!)!

■東京・八王子市SNS死にたい少女殺人未遂事件

●この事件のメチャクチャ不可解な点

②被害少女は、どんな不満や個人的な不安を抱えていたのか知らないが、ともあれ、育ててくれた家族を、関わってくれた友人やコミュニティーの人々を棄て、死を決意し、自ら見るからにクソッタレのオトコのもとに身を委ねたのではなかったのか?
そして、そのクソッタレの思惑通りにことは運んでいたのではないのか?
にもかかわらず、そそくさと逃げ出し、とっくに棄てたはずの父親に連絡し、クソッタレを逮捕させることにしたのか?
ここも、東仙坊、バカバカしいけど、懸命に想像してみる。
◇クソッタレが、約束通りにすぐに殺してくれなかったので、頭にきた。
本当にモノゴトを真剣に考えないヤングガールの頭の軽さって、救い難いものがあると思わないか?
まず、本当に一緒に死んでくれるような奇特なオトコだったら、とっくにこの世に存在しなくなっているのでは?
次に、殺してあげると安易に言ってくれるやさしい(?)オトコは、自分が殺人鬼になってあげると宣言しているということなのでは?
そんなヤツが、本当にいるとどうして思えるのか?
◇クソッタレが、期待通りに襲ってくれロストバージンを経験させてくれたが、あんまりのその粗雑さに、頭にきた(?)。もっと気持ちいいのを味わうまではまだ死ねないと思った(?)。
どうだろう?
この被害少女、出会い系サイトなどでは誰も誘ってくれないので、ついつい「死にたい」を利用した可能性もあるのでは?
その意味では、一番の目的だけは果たしたとも言えるのでは?
どちらにしても、神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件の快楽のためだけのネクロフィリア的サイコパス・シリアルキラーがほざいたように、この被害少女も本気で死にたくなどなかったことだけは確かなのでは?
そう、やはり、被害少女は殺されることで、15分間だけ有名になることを企んだだけ。
そして、クソッタレによって自分の好奇心を満足させただけ。
本当に、この手の目立ちたがり屋のおバカなヤングガールが、誰でもいいから人を殺して自分も死ぬつもりだったとのたまう大バカども同様、なんとこの国に増えてしまったことか?
とにかく、一人の人間としての修養が足りなすぎ。
そこで、東仙坊、ムダだと思うが、レフ・トルストイのいくつかの金言を日本のヤングガールズにご紹介。
「逆境が、人格を作る」
「学問のある人とは、本を読んで多くのことを知っている人である。教養のある人とは、その時代に最も広がっている知識やマナーをすっかり心得ている人である。そして、有徳の人とは、自分の人生の意義を理解している人である」
「悔恨がないのは、前進がないからである」
「謙虚な人は誰からも好かれる。それなのにどうして謙虚な人になろうとしないのだろうか?」
「強い人々は、いつも気取らない」
「孤独なとき、人間はまことの自分自身を感じる」
「確実に幸福な人となるただ一つの道は、人を愛することだ」
「もし苦しみがなかったら、人間は自分の限界を知らなかったろうし、自分というものを知らなかったろう」
「一番難しく、しかも最も大切なことは、人生を愛することです。苦しい時でさえも愛することです。人生はすべてだからです」
「人生の唯一の意義は、人のために生きることである」
「よい人間とは、自分の罪をいつまでも忘れないで、自分の善行はすぐに忘れる者のことである。悪い人間とは、その反対に、自分の善行をいつまでも忘れないで、自分の罪はすぐに忘れる者のことである。自分を許すな。そうすれば、容易に他人を許すことができよう」
思いやりは、あらゆる矛盾を解決して、人生を美しくし、ややこしいものを明瞭に、困難なことを容易にする
人間が死んだり、金銭を失ったり、家がないとか、財産がないとかいうことが、哀れなのではない。なぜなら、これらすべてのものは、人間にもともと備わっているものではないからだ。人間は、自分の本来の財産、最高の財産、すなわち、愛するという才能を失ったときが、哀れなのである

Young girls who have increased their conspicuous tastes! What makes you happy after becoming famous for 15 minutes(目立ちたがり屋が増えたヤングガールズよ! 15分間有名になってそれの何がウレシイの)?

To be continued...

検証プロファイリング 東京・八王子市SNS死にたい少女殺人未遂事件!?


As for the serious problem of our country, is it that the number of self-centered Yongs without moralism has increased like in Korea(我が国の深刻な問題は、いつのまにかサプアのようにモラルなきジコチュウヤングが増えてしまっていることなのでは)?

■東京・八王子市SNS死にたい少女殺人未遂事件

●この事件のメチャクチャ不可解な点

①このクソッタレ、「神奈川県座間市で起きた事件は知っていたが事件をマネたワケではない。殺そうと思って家に連れ込んだ」と供述しているというのでは?
つまり、「私でよければ一緒にラクになりましょう」とか、「部屋空いてるのでよければ話しましょう」などとtwitterし、ヨダレを垂れ流しながら、おバカなヤングガールが引っかかるのを待っていた根っからのスカンバック。
実際、中高生限定の会員制交流サイトで知り合ったヤングガールらと懸命にメッセージをやり取りをしていたというから、その鵜の目鷹の目の魂胆は明白。
おそらくそれでも、あれだけの不気味な雰囲気、ロクなヤングガールが引っかからなかったことは、確実。
まあ、それで、あんなイモっぽい神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件の快楽のためだけのネクロフィリア的サイコパス・シリアルキラーすら、ヤングガールズを好き勝手に食い放題にできるのだから、自分もとその気になったことだけは間違いない。
となると、思い通りに被害少女をモノにしておきながら、なぜその要求に応えヤツのように本当に殺さなかったのか?
それどころか、なぜ被害少女を一人部屋に残して、携帯電話まで持たせたまま、ノコノコ新聞配達に出かけたのか?
それも、縛り上げ動けないように声も出せないようにして…。
いくら本物のバカだとしても、あまりにも変なのでは?
現に、即刻逮捕されるハメになったのでは?
そこで、東仙坊、バカバカしいけど必死に想像をかき立ててみた。
◇自分のモノにしたとき(?)、被害少女にとって初めての経験のうえ満足した様子だったので(?)勝手に安心し切ってしまった???
◇被害少女の話しぶりから他に行くところもなく家には絶対に帰りたくないと言っているので、仕方なくここで一緒に暮らせると思い込んでしまった???
◇被害少女の爆睡の状態がハンパじゃなかったので、油断してしまった???
◇いくら10代のヤングガールでもあまりにも自分の好みでなかったうえ、リビドーを刺激されなかったので、さすがに興醒めしてしまい、逃げるなら勝手に逃げろと思っていただけ???
というのも、被害少女を殺害していないうえ、ムリヤリ被害少女を部屋に連れ込んでレイプしたワケでもなく、被害少女は自らの意思で部屋に入ってきてsex(?)に対しても抵抗していないのだから和姦だ、例え捕まったところで微罪だと思ったから???
どうだろう?
そんなこと以外に、一体何があるのか?
②この事件で最も不可解のことは、やはり、被害少女の心中、つまり、その深層心理。
それはそうだと思わないか?
神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件が世の中を震撼させた後なのである。
少なくとも、被害少女が、その事件でクビをコレクションされた8人の女性たち、もうちょっとで9人目の犠牲者になりそうだった女性の代わりに、9番目の被害女性になろうとしたことだけは、確か。
そして、世の中でなぜあんなイイ子が…と取り上げられる「にわかヒロイン」を、15分間だけ有名になることを目指したことだけは間違いない。
何度も指摘してきた通り、イジメで自殺するガキや自殺するために人を通り魔として殺すクソッタレと同じ。
まあ、レフ・トルストイが、その「アンナ・カレーニナ」で言っているように、「幸福な家庭はどれも似たものだが、不幸な家庭はいずれもそれぞれに不幸なもの」という側面があるのだから、この家族の完全な「コミュニケーション・ブレイクダウン」の世界では、それもまたある意味当然。
では、なぜ被害少女は望み通り(?)殺されるまで待たなかったのか?

Young who couldn't stare oneself even with one's own death can't cherish one's precious life(自分の死さえ自分で凝視できないようなヤングは、せっかくの自分の人生を大切にすることはできない)!

To be continued...





検証プロファイリング 東京・八王子市SNS死にたい少女殺人未遂事件!?


Young girls suicide by bullying and posts wanting to die on SNS must be only the manifestations of self-expression desire to wanna be a little famous(ヤングガールのイジメによる自殺もSNSでの死にたい投稿も、ほんの少し有名になりたいという自己顕示欲の発露)!

東仙坊、人間として生まれた絶対的な真実は、必ず訪れる自分の死だけと何度も何度も書き込んできている。
それゆえ、自分の死を他人に相談することなどは、人間として下の下とまで断定してきている。
なぜなら、そのたった一つの絶対的な真実と向き合わず、自殺をしたいとSNSで見ず知らずの他人にランダムに告白することなど普通の人間のやることではないはずだから。
となると、それでもそのSNSに「死にたい」と語るヤングガールには、別の思惑、ある種の明確な意図があるはず。
そうだとすると、少子化対策という大義名分のもと、子どもを甘やかすことしか考えつかない情けなくてみっともない政府が、大バカどもがSNSを使って自殺願望の女性らを誘い出していたことを踏まえ、自殺関連の書き込みを見つける体制強化などを柱とした再発防止策を考案し、警察庁が委託運営する「インターネット・ホットラインセンター」の監視対象に、この1月にも児童ポルノなどの違法情報だけだったのに自殺関連の投稿を加えたり、別の民間団体に委託して自殺関連の書き込みに絞ったモニタリングも実施したところで、効果があるワケもナシ。
例えそれらを通じ、自殺関連の情報を把握し、日時や場所など具体的に自殺を示唆する書き込みがあった場合は警察が本人に接触を図り、相談窓口を紹介しても、自殺願望を書き込むヤングガールに対する心のケアを強化しても、「死にたい」などと書き込むと自殺対策に取り組むNPO法人などの連絡先が表示される仕組みの拡大をSNS事業者に促し自治体などがSNS上で自殺に関して相談できるような体制を整備したところで、全くの無意味。
では、どうすればいいのか?
何もしないでいいと思わないか?
どうせ誰も言わないだろうから、東仙坊、声高に明言せざるを得ない。
あれだけの事件の後に、SNSに「死にたい」と書き込むような不埒なヤングガールは、被害者になって15分間だけ有名になってその自己顕示欲を満たして自己満足したいだけ。
そう、イジメで自殺するガキと同じパターン。
勝手にやらせておけばいいだけ。
東仙坊、再び起きたこの事件で、それを再び確信しているのだが…。
それで、この成人式で、実に象徴的なデキゴトがあった。
このモラル完全崩壊の母さん助けて詐欺の世界で、成人を迎えるという歳なのに、高額商品を前もって購入するにあたり、その店を徹底的にチェックする必要があるのは当たり前なのでは?
ましてや、Hare no hiなんてメチャクチャ胡散臭い名前なのでは?
また、給料をもらっていない社員の表情とか仕草とか言葉などすぐ気づくと思うが、どうだろう?
まあ、いい社会勉強ができたと肝に銘じるしかないのでは?
ともあれ、今回の不快な事件を、被害ヤングガールの思惑にフォーカスして検証してみたい。

■東京・八王子市SNS死にたい少女殺人未遂事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

1月3日、見るからに気色の悪い典型的なモテないオトコである、東京都八王子市久保山町の旭日新聞販売所「八王子東」寮に住む、
旭日新聞販売店従業員、斎藤一成(28歳)なるクソッタレが、警視庁八王子署に殺人未遂などで逮捕され、1月4日、送検。
何でも、このクソッタレ、神奈川県座間市の9人遺体事件発覚直後の時期から、twitterで自殺願望を抱くヤングガールズにコンタクトを開始。
昨年の暮れ、関東近郊に住む10代少女が「死にたい」とtwitterに書き込むと、「殺してあげる」などのメッセージを送信。
クソッタレの仕事が休みだった1月2日、都内の駅(?)で待ち合わせ。
1月2日夕方、自室に連れ込み、手やビニールヒモで少女の首を絞め、意識が朦朧とすると、服を脱がしレイプ(?)したとか。
ところが、そのまま殺すこともなく、1月3日午前2時ごろ、少女を放置したまま、なぜか新聞配達に出発(???)。
それで、少女はクソッタレの部屋から逃げ(?)、父親に「助けて!」と電話。
父親からの(?)通報を受け、駆けつけた警視庁八王子署員が寮近くの路上で少女を保護。
クソッタレを逮捕したとか。
そして、クソッタレノ部屋で、犯行に使用したとみられるビニールヒモとハサミ(?)を発見したとも。

Ignorous unfriendly young girls! is it so much hoped that you will be fiddled with the creepy real motherfucker(無知蒙昧なヤングガールズよ、不気味なクソッタレのオトコに弄ばれることが、そんなに望みなのか)?

To be continued...




 

検証プロファイリング 東京・八王子市SNS死にたい少女殺人未遂事件!?


Could ignorant young girls in Japan know the absolute truth that when one day they definitely die one day even if they don't wanna die(日本の無知なヤングガールは、いつになったら人間は死にたくなくてもいつか確実に死ぬのだという絶対的真実を知ることができるのか)?

東仙坊、全く触手が動かなかったのに、それこそ、よせばいいのに、検証プロファイリング 神奈川県座間市9人殺害頭部保管事件なるものの検証を真っ正面からしてしまった。
というもの、犯罪大国USAの後を必死に追う我が国では、そして、モラル完全崩壊になってしまった我が国では、その「コミュニケーション・ブレイクダウン」と「アイソレーション」から、15分目立ちたいために何も深く考えず刹那的かつ発作的に死刑になりたいから人を殺すという錯覚に陥った大バカ者ヤングどもが、とりわけ、白石隆浩(27歳)なるクソッタレのようなネクロフィリア型サイコパス・シリアルキラーがとっくのとうにそこら中にワンサカいると確信していたからでもある。
つまり、いわゆるモテないオトコによるもはや特異な蛮行ではなく、そういうオトコによる必然的蛮行でしかないと直感したからでもある。
それ以上に、その文章からも、ましてや、直接会った瞬間に、コイツはヤバいと感じさせる不気味なオトコの毒牙にかかる、救いようがないほどおバカなヤングガールズがいっぱいいるという現実に、ショックを受けたからに他ならない。
そう、「死にたい」とかなんとか自己陶酔して何も考えないまま、光るものなら何でよかったかのように薄暗い気色の悪い薄明かりに向かうネギを背負った蛾のように…。
第一、せっかく人間として生を受けたのに、なぜ「死にたい」、イヤイヤ、「死んでみたい」、イヤイヤ、「死んでやる」と甘えることができるか?
そんなことを望まなくたって、いつ死ぬかわからないのが、人生というものなのではないのか?
それこそ、「死んでも死にたくない」と懸命に願っていたって、死んでしまうのが人間の宿命なのでは?
そう、人間にとっての唯一無二の絶対的な真実は、自分の死という真実だけ。
それゆえ、自分がどれだけ愛する人とも、逆に自分をどれだけ愛してくれる人とも、絶対にシェアできないものがその死なのでは?
そこで、ネクロフィリア型サイコパス・シリアルキラーである白石隆浩(27歳)なるクソッタレにまで、「本当に死にたい女性など一人もいなかった」と断言されてしまった、「死にたい」とSNSに自ら書き込む情けなくてみっともないヤングガールズに、東仙坊、どうしてもお尋ねしてみたいことが、1つ。
いかなる人間も生まれたときから、ほんの何ミクロンかの歯車の一つとしてのミッションを担っているとなぜ思えないのか?
まず、そんなことを露も考えたことはないはず。
イヤ、正直に言おう、全く考えられないはず。
だから、質問を変える。
東日本大震災で、熊本地震で、各種の大洪水や土石流で自分の意思に反し人生を寸断された人たちのことを、どう思っているのか?
もっとリアルに訊こう。
イラクやシリアやイエメンで空爆によって無残に殺害されている子どもたちのことを、イエメンで飢餓やコレラやジフテリアで死んでいる子どもたちのことを、シリアやナイジェリアでISISやボコハラムに拉致されてレイプされ売られているヤングガールたちのことを、世界中で頻発する残酷なテロで自分の意思に反し人生を寸断された人たちのことを、どう思っているのか?
イヤイヤ、もっともっと直近のことで、リアルに訊きたい。
鹿児島市内の公園で見知らぬオトコに刺された16歳女子高校生のことを、千葉県東金市でつき合っていた(?)自衛隊員に自宅で刺された19歳専門学校生女性のことを、前橋市内の県道で85歳のキチガイガンコジジイに修業式に自転車で向かっていて意識不明の重体になっている女子高校生2人のことを、どう思うのか?
もし何も感じたり、何も思わないのなら、すでに人間じゃないと言えるのでは?
その観点からすると、ノホホンと得体の知れない相手に「死にたい」とかなんとかのたまわって自己陶酔しているような大バカジコチュウヤングガールに、何の生きる価値もないのでは?

It must be only a foolish big stupid Young Girl that takes on the genuine big stupid motherfucker's poison(本物の大バカなクソッタレノ毒牙にかかるのは、大バカなヤングガールだけ)!

To be continued...











恒久不変な日本砂漠-6 モンゴル人の八百長を容認するSUMOはもはや「国技」ではない!?


SUMO fans who don't think about anything,! why can you just waste tax on the SUMO Association as a Pandemonium(何も考えないSUMOファンの方々、なぜ伏魔殿のSUMO協会に税金を無駄遣いさせて平気でいられるのか)?

東仙坊、昨年年間最多勝が、56勝で2年ぶり10度目の1位になったのが黒鵬。
そして、それが年6場所制となった1958年以降で1992年の貴花田の60勝を下回る最少記録だということ。
今年計25休しており、1996年の貴乃花の15休を上回る最多休場日数での最多勝、2場所休場した力士が年間最多勝に輝くのは1967年の大鵬以来2人目でもあったということ。
それから、2位が54勝で並んだ24歳御嶽海と、初場所新入幕21歳貴景勝だということも知って、黒鵬に勝っていたら55勝同士で1位だったじゃないか!と地団駄を踏んだほど。
ともあれ、すると、ビートたけしが、いつもの独特のメタファーで、「変だよね? 張り手、かち上げが相撲の決まり手にあるのに、横綱になったら使っちゃいけないって……それを横綱らしくないと言うのなら、モンゴルの人を帰化させずに横綱にするほうがよっぽどオカシイよ。国技なんだから。横綱に値しないっていうなら、国籍が違うほど値しない。張り手もかち上げも、相撲のルールに入ってるのに、それを勝負の世界で使っちゃいけないって変なルール、オカシイでしょ。昔は、第1回目の立ち合いは横綱が立ち上がって、横綱がそれを受けなきゃいけないっていう時代もあったけど、今は近代相撲で年6場所ですよ。それをやらなきゃ勝てないって……」。
実は、彼は根幹的なポイントにそっと触れているのに、幼稚なマスメディアどもにはそれがわからないから、マンガ。
そして、極めつけが、この話。
行司界の横綱、特に現在、木村庄之助が空位になっているから、最高峰の立行司第40代式守伊之助なる気色の悪い行司。
2015年秋場所からの3場所で計4度の差し違えをするテイタラクで、いまだに式守伊之助に据え置かれたままのみっともない行司。
そして、所属する宮城野部屋の宮城野が、「ちょっと酒癖が悪い」、悪いヤツほどよく喋るのリビングサンプル黒鵬が、「私は付け人をやってましたから、そういう趣味はないと思う。ただ、ちょっと酒を飲むと正気を失う」と証言する情けない行司が、パワハラ的セクハラをやったというから、最悪。
まさに、日馬富士と同じ。
何でも、昨年12月沖縄での冬巡業中の夕食で泡盛を飲んで泥酔。
部屋に送った10代男性若手行司に複数回キス、それも唇を舐め回し、胸を触るなどしたというから、言語道断。
そこで、1月5日、問題を知った幕内行司がモンゴルSUMO協会に報告。
危機管理委員会が当事者に事実を確認し、式守伊之助にその被害者行司に謝罪させたとか。
また、今後、臨時理事会を開き、懲戒処分を検討するとも。
ちなみに、その式守伊之助、「泥酔していたので覚えていない。男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのかはわからない」と言っているとか。
それに対し、貴乃花の代わりに巡業の最高責任者だった春日野、あれだけ「何かあったときは、小さなことでもすぐ親方衆に報告してほしい」とほざいていたのでは?
そして、冬巡業後、「集客を心配していたけど、たくさん入っていただいてありがたい。力士はそれぞれ自覚を持った行動をしてもらったと思う」と反っくり返って豪語していたのでは?
それが、何でこのパワハラ的セクハラ事件を掌握していなかったのか?
それなのに、「心よりお詫び申し上げます」の一言で片づけてしまうのか?
八角だって、「立行司として情けない。以前から酒の席での言動は注意していた。それで、またこういうことが起きた。研修会などでも記憶がなくなる飲み方はいけないと言っていたが。行司の長として情けない。すみませんでした」ですむのか?
なぜ自分の管理責任を取ろうとしないのか?
そ、そ、そうしたら、相変わらずモンゴルSUMO協会の非課税の金に目が眩んだままの手先でしかないテレビコメンテーターども、なぜ内々で処理しなかったのか? とか、大したことではないのに何が問題なのか?と醜悪な顔で言い出す始末。
モンゴルSUMO協会のアグリースポークスマンでしかない横野ナンチャラビッチなどは、「問題が明らかになったのは、セクハラを協会に反八角体制の第三者だ」とまたしても貴乃花のせいにしようというのだから、開いた口が塞がらない。
少しは、警察に被害届を出す考えなどはないと言わされている被害者若手行司のショックを想像してみれば?
まあ、キサマではそんなことは絶対に起きないからわからないと思うけど…。
最後の最後に、モンゴルSUMO協会の2016年度経常収益が120億1633万円に対し、法人税などはたったの15万1400円。相撲事業に関しては、法人税はゼロだということを、世界一のお人好し国民である方々も、ぜひお見知りおきを!!!

Takanohana! you won't be a director, immerse yourself in a civil lawsuit(貴乃花よ、理事にならず民事訴訟に没頭しろ)!
 

恒久不変な日本砂漠-6 モンゴル人の八百長を容認するSUMOはもはや「国技」ではない!?


Takanohana must be not the only one that I don't wanna be told that such a typical old aged shameless bitch loses courtesy(こんな典型的な年老いた恥知らずのクソオンナにだけは、礼を失していると言われたくないのは、貴乃花だけではあるまい)!

東仙坊、日曜日の夜、遅い夕飯を口にしながら、仕方なく観ていたテレビに、ビックリ仰天したうえ、激怒させられ、食事が喉を通らなくなってしまった。
テレビで流されていたのは、1月5日の初場所前の横綱審議委員会の稽古総見なる光景…。
そして、1つは、イヤらしい笑みを浮かべたチンピラ顔剥き出しの春日野と鏡山が、3人の若手力士を直立不動にさせ、何かを言っているシーン。
それが貴乃花部屋の力士で、規則違反の格好で街を歩いたことを叱責されたというナレーションを聞いて、横綱審議委員会メンバーが勢揃いしている場所で、テレビカメラが入っている場所で、なるほどどこまでも姑息なヤツらと憤慨し始めていた。
それが、2つ目の黒鵬の稽古シーンになって、何でも春日野が「相撲取るのか?」と訊くと気のない返事をしていたのに、八角に「行け!」と大声を出され、八角は大関と稽古しろ!と言ったのに、相手を平幕の正代に代え、7番SUMOを取ったとか。
結果的には、7番とも楽勝。
ところが、その6番目に今やクセになってしまった「張り手」。
一気に稽古総見会場の空気が凍てついたとか。
それはそうだと思わないか?
あれだけ、「張り手、かち上げが多い」、「横綱相撲とは言えない」、「美しくない」、「見たくない」とさすがの金に魂を売ってただの白髪ジジイに成り下がった北村ナンチャラという横綱審議委員会委員長でも、明確に酷評した取り口を、その目の前で行ったのである。
もちろん、その白髪ジジイに「黒鵬に自覚をどう促すか。協会として工夫、努力して欲しいという意見もあった」と言われた八角の目の前でもあるのである。
と、と、ところが、この白髪ジジイも八角も何も言わないばかりか、白髪ジジイに至っては、「ああいう立ち合いを本場所でもすればいい」とはぐらしたというから、万死に値するのでは?
それに対し、「不届き者だね。あんだけ注意されてね。横審にケンカを売っているね」と皮肉ったのが元横綱の解説者北の富士だけとは、こんな「モンゴルSUMO」を観るヒトの気が知れないと思うが…。
そして、3つ目に流されたのが、黒鵬と貴景勝の一番。
どこから見ても、それはただのボクシングの試合。
それを観て、東仙坊、夕食どころではなくなるほど、プッツン。
そのまま、もう一度、その一番を確認しようと、webチェック。
そして、YouYubeでなんとか発見。
昨年名古屋場所4日目千秋楽、黒鵬と貴景勝の初顔合わせ。
ちなみに、行司は、立行司式守伊之助。
すると、黒鵬、立ち合いから張り手を雨嵐。
途中では、ボクシングのようなさあこい!のポーズ。
それに怒った貴景勝、まともに懐に飛び込んでジ・エンド。
ついでに、2回目の対戦も発見してチェック。
そう、貴景勝が貴の岩の浴衣で歩いた問題の昨年九州場所3日目、右からの張り手一発で撃沈。
ちなみに、行司は式守伊之助ではナシ。
思わず次回は殴り返せ!貴景勝と、ブチ切れ。
そ、そ、そうして、よせばいいのに、池坊ノータリンババアのペントハウスのセミヌードまで見てしまって、吐きそうになって夕飯も・ジエンド。
その分厚いアイメイクに、このオンナのまさに正体見たり…。
少なくとも、1977年1月6日午前1時、娘の家庭教師の京大生と自宅リビングでsexの真っ最中に旦那である池坊専永に見つかって土下座をしたというクソオンナにだけは、礼を失したと言われたくないのは、貴乃花だけではあるまい。
どうだろう?
史上最悪の「生け洟」だったのでは?
どちらにしても、次からも、モンゴル力士どもが二重のサポーターを腕に巻いていたら、「モンゴルSUMO協会」が完全に「モンゴル会」とグルであるという証明になると思うが…。

We should pay attention to whether Mongolian SUMO wrestlers are dual supporters(我々は、モンゴル人力士どもが二重のサポーターをしているかどうかに注目すべき)!

To be continued...


恒久不変な日本砂漠-6 モンゴル人の八百長を容認するSUMOはもはや「国技」ではない!?


If you accept permanent, you only have to do a World SUMO wrestling(八百長を容認するなら、「世界SUMO」という興行にしてしまえばいいだけ)!

東仙坊、凄惨な横綱3人による八百長を教唆するための集団的パワハラ・リンチ事件、その真相を闇に葬ったまま金稼ぎに邁進しようとしている「モンゴルSUMO協会」…。
そして、そんな下品な八百長SUMOを楽しみしていると平然とのたまうニセ日本人ども…。
その情けなくてみっともない現状に、我が国の魂の喪失、素養の劣化を本気で危惧している。
我々日本人の美学は、いつも儚くも美しく生きることではなかったのか?
それだからこそ、思いやりに溢れた慈愛の精神を大切に保持してこれたのではなかったのか?
しかし、我々日本人には決して合わない市場原理主義に犯され、強欲丸出しに、ジコチュウ的犯罪を平気で行うヒトたちのなんと増えてしまったことか?
憂さ晴らし的通り魔的殺傷事件、アオリ運転による意図的交通事故、気晴らし的連続放火事件や連続器物損壊事件…。
これも八百長SUMOのファンがいることに共通していると感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
そもそも、モンゴル人などの外国人が、日本国籍を取らずにSUMO力士になれるだけで、国技ではないのでは?
それだったら、いっそこんなに土俵には金が転がっていると世界に教え、チョンマゲもなくし、モンゴルの「ブフ」にだけでなく、世界中のSUMOに似た格闘家を集めて興行すればいいのでは?
サプアの「シルム」、中国の「シュアイジャオ」、ロシアの「サンボ」、トルコの「ヤールギュレシ」、カザフスタンの「クレス」、ギリシャの「パンクラチオン」、スペインの「ルチャ・カナリア」、スイスの「シュビィンゲン」、アルメニアの「カフ」、アゼルバイジャンの「ギュレシュ」、ウズベキスタンの「クラッシュ」、トルクメニスタンの「グレーシュ」、タジキスタンの「グーシュティンギリ」、タタールスタンの「クリャシュ」、ジョージアの「チタオバ」、ブラジルの「ルタリーブリ」などから、グローバルな時代らしくSUMO力士を集めればいいのでは?
そして、貴乃花は、日本国籍を有する日本人力士だけで、真大相撲協会を創ればいいだけなのでは?
とにかく、我々日本人の美学を我々自身が放棄してしまったら、我々は世界一バランスのいいと言われている質実剛健の美しさそのもののアイデンティティを喪失してしまうのでは?
せっかく、あの中国まで評価してくれているのに…。
昨年12月26日、中国の今日頭条が、「日本人は世界から見て、国民性、民度、社会環境など様々な点で高く評価されている。中国人から見て非常に恐ろしい民族と思える」という理由を紹介。
日本人は高い環境保護意識と倹約の精神を持っている。例え豊かな国であっても食べ物を粗末にすることなく、高い効率のもとで限りある資源を有効に活用している。節約を美徳とする日本は中国と真逆である。中国で節約と言えば品質を犠牲にしてコストを下げることを指す。中国人はバイキング形式の食事で食べ切れもしないのに大量に皿に取って、最終的にはやはり食べ残す。こうした光景は中国では普通だが、日本人は食べ残すことは非道徳的と見なす。また、日本には世界に名だたる自動車メーカーが複数存在し、自動車大国でありながら、ミエやメンツで自動車を買うようなことはしない。日本人の平均月収なら経済的に自動車の購入は可能でも、使用頻度や維持費を考慮し、自家用車を持たないという選択をする人が多数いることは中国では考えられない。中国では自動車は自分の社会的ステータスを示すツールとしての意味も持つため、裕福でなくてもムリして高級車を購入する人も少なくない。公共サービスの質の高さ、ホテルや空港などでの客に対する信頼意識、日本人の謙虚さ、社会全体にある秩序など、西洋諸国から民度や秩序について賛辞を受けても、日本人は決して驕ることのない態度を保っている。中国には儒教の教えとして『五常』と呼ばれる『仁、義、礼、智、信』の徳を重んじる教えが古くからある。それゆえ、中国人は自国について『礼儀の国』であると主張するが、真の意味での礼儀の国は日本だという声も少なくない。中国人が日本の社会を見て恐ろしいと感じるのは、中国人が重んじる態度や概念が日本に存在しているからなのかも
どうだろう?
メチャクチャ気恥ずかしい気分にならないか?

It must be not a beautiful Japanese person who is proud of the world if the beauty of beauty disappears from the soul of the Japanese(日本人の魂から潔い美しさがなくなったら、世界に誇る美しい日本人とは言えない)!

To be continued...










恒久不変な日本砂漠-6 モンゴル人の八百長を容認するSUMOはもはや「国技」ではない!?

Asshole who attack Takanohana of sumo wrestlers are no longer Japanese at that stage(相撲バカの貴乃花を攻撃するヒトは、その段階でもう日本人ではない)!

東仙坊、紙を見なければ何も話せない八角も、太宰府天満宮に宿舎を構える伊勢ヶ浜も、「東風吹かば、匂いおこせよ、梅の花、主なしとて、春を忘るな」の歌を知らないばかりか、その作者も、読み方も、もちろん、意味さえも理解できていないに決まっていると確信している。
それは、今の貴乃花の心境でもあるからである。
そうなると、「かくすれば かくなるものと知りながら やむにやまれぬ大和魂」なんていう歌は、エイリアンが作ったと思うに違いない。
それは、おバカ丸出しの池坊ノータリンババアも同じ。
日本を代表する華道の家元の妻でありながら、その醜悪このうえないセミヌードを公開することでしか自己表現できない、今のヤングキッズガール並の頭脳では、それも当たり前。
ついでに、吉田松陰の言葉から、頭の空っぽの3人にいくつかをプレゼント。
人間が生まれつき持っているところの良心の命令、道理上かくせねばならぬという当為当然の道、それはすべて実行するのである
「満開となれば、やがて花は落ちる。太陽は南中すれば、やがて陰り始める。人は壮年を迎えれば、やがて老いていく。百年の間、必死で勉強すべきであり、ゆったりとくつろぐヒマなどない」
夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。ゆえに、夢なき者に成功なし
「士たるものの貴ぶところは、徳であって才ではなく、行動であって学識ではない」
君子は、何事に臨んでも、それが道理に合っているか否かと考えて、そのうえで行動する。小人は、何事に臨んでも、それが利益になるか否かと考えて、そのうえで行動する
「賞誉されて忠孝に励む人は珍しくない。責罰されてもなお忠孝を尽す人物こそ、真の忠臣孝子である。武士たるものが覚悟すべきこと、実にこの一点にある」
「君子は、理に合うか否かと考え行動する。小人は、利に成るか否かと考えて行動する」
「世の人は善し悪しごとも言わば言へ。賤が心は神ぞ知るらん」
末の世において道義を実践したならば、必ずそのときの人々から極端だと言われるであろう。もしまた、世人から極端だと言われるくらいでなければ決して道義ではないのであって、すなわち、世俗に同調し濁った世に迎合したものにすぎない
どうだろう?
仮にも力士と「士」がついているのだから、少しは頭に入れてみれば?
ついでに、何が何でも八百長レジームを死守したい「モンゴル互助会」と「モンゴルSUMO協会」は、自分たちにとってジャマな存在である貴乃花を処分したことにもまた言及しておきたい。
卑怯で卑劣な横綱3人による八百長を拒絶した力士への見せしめとしての集団パワハラ・リンチ事件を、法治国家に暮らす人間として警察に被害届を提出し、適正な手順で正当な判断を仰ごうとしただけの貴乃花を、内々で片づけようとした組織のやり方に反したと理事解任にした、劣悪な「モンゴルSUMO協会」。
それも、貴乃花の主張を力尽くで抑えて、税金のかからない金の魅力にとりつかれた情けないヤツらども使って、一方的に…。
BBCまでが、相撲に関する著作もあるUK人作家が「他のほとんどのスポーツでは、貴乃花は内部告発のヒーローとして称賛されるだろう」と明言していたのに…。
実際、ヤフーニュースの意識調査でも、1月5日朝の時点での約30万票の回答のうち、「処分は不要」約44%、「処分が重い」約25%、「処分は妥当」約17%、「処分が軽い」約12%だというのに…。
もっとも、東仙坊、個人的には、「モンゴルSUMO協会」の意のままに洗脳されてしまっている大バカどもが約30%もいるということの方が、恥ずかしいが…。
どうあれ、おバカな「モンゴルSUMO協会」とそれを支持する大バカどもに、貴乃花の気持ちを思いながら、福沢諭吉が西郷どん弁護のために言った「丁丑口論」と「瘦我慢の説」のごく一部をプレゼント。
「西郷は天下の人物なり。日本狭しといえども、国法厳なりといえども、豈一人を容るるに余地なからんや」。
その一方、やたら評価されている勝海舟に対し、「一時の兵禍を免かれしめたると、万世の士気を傷つけたると、その功罪相償うべきや」
えっ、難しすぎるって?
ようは、貴乃花は相撲界にとってかけがえのない大切な人だろうが何でももっと大目に見てあげないんだということ。
それに対し、八角は表面上の災いをなんとか一応誤魔化したかもしれないが、相撲の将来を考えるとそれで本当によかったのか? ということ。

As Beat Takeshi says, if you are a national sport, you should let the wrestlers make Japanese nationality first(ビートたけしが言う通り、国技ならまず日本国籍を取らせてから力士にさせるべき)!

To be continued...

恒久不変な日本砂漠-5 八百長をヘンテコな組織論で擁護する日本の時代錯誤の歪み!?

Do you think that you couldn't normalize the education world because there are so many fans of SUMO wrestling(今の相撲のファンが多いから、教育界の正常化が図れないと思わないか)?

●11月9日、愛知県豊橋市教育委員会は、愛知県豊橋市立岩西小学校2年生担任を務める40代男性教師が、「何度も説明したが理解してもらえず、イライラした」と5人の児童に対して後頭部をつかんで壁や黒板にぶつけたり定規やホウキで頭を叩くなどの体罰を与えていたと謝罪発表。
何でも、教員歴12年目というこの教師、2012年に体罰で戒告処分を受け、2013年からこの小学校に勤務。
すると、12月11日、この教師が、別の児童にも体罰をしていたことが判明したと発表。
児童がケガをした事例はなく、現在この教諭は療養休暇中で、別の教師に担任を交代させたとか。
どうだろう?
SUMO協会の親方同様、こんな根っからの暴力教師はザラにいるのでは???
●12月7日、2006年甲子園出場を果たした北海道栄高校の渡邊伸一(45歳)野球部監督が、野球部員3年生に体罰を加えたとして3ヶ月の停職処分。
部員にケガはなかったが(?)、監督は11月21日付けで退任したとも。
何でも、11月2日の授業中、1人の部員が進学などのためにアルバイトに就く許可を学校側に申請していると知り激高、部員の腹を蹴ったり、顔を平手打ちしたとか。
それで、その日のうちに、部員や保護者へ謝罪したが、高校は監督を出勤停止とし、経緯を北海道高校野球連盟に報告したとか。
どうだろう?
わざわざこの程度の暴力で高野連に報告するなんて、この高校は気が狂っているのでは???
●12月1日、全国大会で優勝経験がある足利工業大学付属高校バレーボール部の昨年3月の定年まで監督だった60代男性コーチが、バレーボール部での約束として女子マネージャーとは個人的な交際はしないというルールがあるにもかかわらず、2年生男子部員がルールを破って女子マネージャーと交際。
ところが、男子部員は交際していないと平然と答え、女子マネージャーが認めたので、男子部員を正座させ、「カッとなってやった」と胸などを複数回蹴りケガ
はさせたとか。
そのために、男子生徒側は警察に被害届を提出。
過去にも暴力をふるい校内処分を受けていた男性コーチは指導を外されたとか。
どうだろう?
これはSUMO協会同様、部内のルールを破ったのだから、高校はこの部員を選手から外すべきなのでは???
東仙坊、まさにモンゴルSUMO協会そのものと感じたのが、これ。
●12月30日、兵庫県警尼崎南署は、勤務先の幼稚園に通う2歳男児を暴行しケガをさせたとして、傷害で、兵庫県尼崎市の「めぐみ幼稚園」教諭、岡田恵美子(41歳)を逮捕。
コヤツ、「ケガをさせたことに間違いない。躾のためだった」と応えるというから、日馬富士。
何でも、12月27日午前9時20分ごろから1時間45分にわたり、園内の教室で男児の体を揺さぶったり両頬を平手で殴るなどし、内出血による全治約2週間のケガをさせたというから、日馬富士。
ちなみに、こたつ、被害男児が在籍する2歳児クラスの担任とか。
帰宅した男児の両耳の後ろにアザがあるのを母親が確認し、男児は「先生に叩かれた」と言ったというから、貴の岩。
そこで、12月29日、貴乃花のごとく父親が110番。
兵庫県警尼崎南署員が教室の防犯カメラ映像を確認すると、ほかの教諭の姿も記録されていてコヤツがを止める様子はなかったというから、黒鵬、鶴竜、照の富士、石浦。
では、コヤツは、クビになるだろうが、黒鵬、鶴竜、照の富士、石浦の教諭たちはどうなるのか?
幼稚園がSUMO協会だとしたら、おそらく不問???
どちらにしても、教育評論家と称する小木(?)ナンチャラカンチャラと頭の中が枯れたお花畑になっている池坊ノーテンキババアよ、SUMOについてどうこう言ってる場合ではないのでは?
もっとも、池坊ノーテンキババアは、幼稚園でしかないモンゴルSUMO協会の顔としてはピッタリだけど…。

Both deterioration of SUMO and degradation of the educational world are both the worst cause of deterioration of educators(SUMOの劣化も、教育界の劣化も、どちらも教育者の劣化が最大の原因)!

恒久不変な日本砂漠-5 八百長をヘンテコな組織論で擁護する日本の時代錯誤の歪み!?


The falling of sumo world and educational world must be obvious if you look at the SUMO critics who claim to be members of the SUMO association and idiots who self-term educational critics(相撲界と教育界の堕落ぶりは、相撲協会会友を名乗るアホンダラどもと教育評論家を自称するアンポンタンどもを見れば一目瞭然)!

東仙坊、「礼節と礼儀を教えるためには暴力も必要で、教育界ではそんなこと当たり前」とほざいた教育評論家と称する小木(?)ナンチャラカンチャラというアンポンタンに、何も知らないSUMOについてモノを言うな! そんなヒマがあったら教育界の暴力撲滅に尽力していろ!と激怒するあまり、このテーマで書き込みを続けている。
そして、今のヤングの典型のようなただの目立ちたがり屋の頭の中が枯れたお花畑になっている池坊ノーテンキババア、42歳でその美し過ぎる(?)セミヌードを雑誌に発表しただけ(???)の醜悪なモンゴルSUMO評議員会委員長が、真摯に厳粛に粛々(?)と日本語を満足に使えないままのたまわったから、ついにプッツン。
マジメにマジメにマジメに???
なんていうおバカ。
何でキサマみたいなピンボケがモンゴルSUMO評議員会評議会委員長なの?
誰がどうやって選んだの?
仮にも「理事の忠実義務に反する」とぬかすなら、一体評議会のどんな規則に違反したの?
あるいは、理事会のどんな規則に違反したの?
それぐらい具体的に説明しろ!
それ以上に、その非課税の金をいくらもらっているの?
キサマだけじゃない。
何で出席もしない外部理事の元NHKのエビジョンこと海老沢勝二、出雲大社宮司の千家尊祐を選んだのは?
そして、公認会計士の小西彦衛を選んだのは誰?
それから、理事会をチェックする組織になぜ年寄株を持った元親方(?)なる湊川、大嶽、二子山がいるの?
東仙坊、唖然とさせられたのが、理事をチェックする組織を理事会が選出しているという事実。
それで、どうやってガバナンスが守れるの?
それなのに、全会一致で解任だって?
理事の1人が問うたという貴乃花文書の「貴の岩の巡業休場のための診断書をマスメディアに囲まれていて病院に行けないから」と提出できないことに対し、八角が頷いた」ということ、「執行部の4人が再三『内々で処理してくれ』と言ってきた」ということをなぜ審議しないの?
どうあれ、誓約書にサインしていた、日馬富士、黒鵬、鶴竜、照の富士、石浦、伊勢ヶ浜、宮城野、井筒の報告義務違反をなぜ問わないの?
「礼を欠いた」と言うなら、醜悪に規則違反の物言いをつけたうえ、理事の巡業参加を分を超え直訴した黒鵬を、警察から連絡があったのにうやむやにして日馬富士を土俵にあげた危機管理部長の鏡山の責任をなぜ問わないの?
それ以上に、本場所だからと警察の刑事事件捜査を遅らせた協会主事(?)の責任は?
とにかく、キサマのようなヤツが冗談で文部科学副大臣などやったから、教育界はこんな惨憺たる現状なんじゃないか!!!とその直近のグジャグジャぶりを羅列してみる。
●12月12日、岩手県教育委員会は、生徒3人に体罰をしたとして、盛岡教育事務所管内の岩手県立高校40歳男性教諭を停職2ヵ月の懲戒処分。
何でも、10月27日、顧問を務める運動部に所属する1年生の男子生徒3人が練習での指示を行っていなかったことから、頬を平手で1回ずつ叩き、「今後このようなことがあったらぶっ殺す」と発言したとか。
そして、1人はまるで貴の岩のように左耳の鼓膜が破れたとか。
また、その教諭はすでに顧問を外されているとも。
ちなみに、2013年にも、岩手県内の公立小中高で、昨年度体罰を行った教員7人を減給などの懲戒処分、
盛岡教育事務所管内の中学30代男性教員が、顧問を務める運動部の練習中、延べ15人の生徒の頬を平手でたたいたとして減給3ヵ月。
しかも、このモンゴル人横綱もどき教員(?)は、2009年にも体罰で戒告処分を受けているとも。
一関教育事務所管内の中学40代男性教員は、部活動中に生徒を蹴り減給1ヵ月。
北上教育事務所管内の中学50代男性教員は、生徒の頭をスリッパで叩くなどして戒告。
このモンゴル人横綱もどき教員(?)も、2003年にも体罰で文書訓告。
どうだろう?
モンゴルSUMO協会と瓜二つなのでは?

Why is the cabinet office of the SUMO Association's regulatory agency(SUMO協会の監督官庁が、なぜ内閣府なのか)?

To be continued...

恒久不変な日本砂漠-5 八百長をヘンテコな組織論で擁護する日本の時代錯誤の歪み!?


Who is responsible for making paddle tolerance SUMO wrestling public interest corporation(八百長容認SUMOを公益法人にした責任は、誰にあるのか)?

「ヤバい経済学:悪ガキ教授がモノゴトに隠された部分を探し当てる」のスバらしいところは、八百長相撲をどうやったら止めさせることができるかということにまで言及していること。
①八百長は、勝ち越しを狙う力士のインセンティブとそれを察知した相手力士の心情や思惑とが絡み合って織りなす「相撲文化の心性」―計量経済学では「不可算な要素」―によって生まれる。
したがって、このインセンティブの背後にある歪み(例えば、負け越せば幕下に落ち、十両力士の持つ特権をすべて剥奪される)を緩和することが、不正行為によって生じる金銭上のやりとりをなくすのに役立つ。
②八百長は探知・発覚に敏感である。
つまり、マスメディアが八百長疑惑などを大々的に報道すると、実際の八百長相撲は姿を消したり、減ったりする。
マスメディアによる監視、および発覚した場合の厳重な処罰も撲滅に有効

③八百長相撲に関する情報、誰が不正行為を働いているかについては、協会内部の関係者が最もよく知っている。
内部告発者への強力なインセンティブを与えることが不正行為の抑制に効果的
特に、告発が客観的なデータ分析を伴うものであればなおさら。
上記の措置が協会内部で実施不可能であり、自浄行動ができないいのであれば、第2相撲協会の創設を考える必要があるかも。

どうだろう?
さすが!と唸らされる解析では?
やはり、相撲には「Fixed(八百長)」、力士らによる星の回し合い、星の暗黙の譲り合いがあることは、現実なのでは?
それに、出稼ぎのために日本にきて「他人の犬を育てるよりは、自分の犬を育てろ」というモンゴル人力士たちが、それを躊躇いなくするのもまた当然では?
どちらにしても、中国か北かのように「組織」を適切にチェックする機能がないモンゴルSUMO協会。
それも、公益法人であるがゆえに理事が経営責任を取ることもないモンゴルSUMO協会。
「弟子~親方~理事という一貫した終身雇用的システム」、「年功序列型の番付の上下による賃金パラダイム」、「モンゴルSUMO協会内の『モンゴル会』」という「三種の神器」のような施策がまかり通る旧態依然とした時代遅れのモンゴルSUMO協会。
もしガバナンスやコンプライアンスを一人の人間として最優先したら、何よりも法令順守の観点から、監視する純然たる第三者である外部組織も持たないいい加減な協会の指示を待っていてはあれほどの傷害事件でもうやむやにされてしまうと、警察に届けたことのどこが悪いのか?
その段階で、警察の刑事捜査では何も語ってはいけないのでは?
第一、「公益通報者保護法」なるちゃんとした法律があるのでは?
ともあれ、教育評論家とか称するオカマチックな気色の悪い小木(?)ナンチャラカンチャラというオトコよ、キサマは社会心理学用語や経営学用語の一つに「集団凝集性」なるものがあるのを当然ご存知なのでは?
そう、「集団が構成員を引きつけて、その構成員を集団の一員となるように動機づける度合いのこと」。
まあ、「個人を集団に留まらせるように働く力のこと」。
そして、それには、「集団内の人間がお互いに好意を持つことにより生じる集団の魅力」という「対人的凝集性」と、「集団に所属することで自分の目標を達成できることにより生じる集団の魅力」という「課題達成的凝集性」の2つがあり、「集団凝集性」が高くなるほど組織そのものの拘束力や団結力やお互いの協力が強くなり、自然に成果が高くなる。
と同時に、過度に「集団凝集性」が高くなると、批判的な意見を受け入れられなくなったり、多様な意見が出なくなったりし、単一化し、一切外部を遮断する歪んだ集団になる。
どうだろう?
小木(?)ナンチャラカンチャラというアンポンタン、モンゴルSUMO協会は、まさに過度に「集団凝集性」が高くなってしまったな内部統制の取れない恥知らず組織と言えないか?

It must be a mad organization that the organization himself selects an organization that manages the personnel rights of the organization(組織の人事権を管理する組織を、その組織自体が選出するなんて気の狂った組織)!

To be continued...
























恒久不変な日本砂漠-5 八百長をヘンテコな組織論で擁護する日本の時代錯誤の歪み!?


In this era of money, money, money, SUMO must be not a shrine, too(これだけ金、金、金の時代では、相撲も神事ではないのでは)?

「ヤバい経済学:悪ガキ教授がモノゴトに隠された部分を探し当てる」は明言している。
SUMOのメジャーである平幕と十両では、66人の力士が15日間、相撲を取る。
15日間の勝負で8勝以上と勝ち越したした力士は、番付を上げる。
逆に、負け越した力士は番付の順位を下げる。
番付における力士の地位は、「栄誉」の源泉で、給料はこれに応じて支払われる。
マイナーである幕下以下の力士には、給与が一切支払われない。
メチャクチャ厳しい階級差別の世界である。
それだけではない。
十両以上と幕下以下とでは、住む部屋から、着物、食事の順番まで異なる。
さらには、十両は付け人がつく身分だが、幕下以下は逆に自分が誰かの付け人にならなければならなくなる。
天と地ほどの違い。
こうした状況下で、十両力士はなんとか地位を守らねばならないし、幕下上位の力士はなんとしてでも勝って十両に這い上がりたい。
その目安は、15日間の取り組みで8勝7敗と勝ち越すことだけ。
当然、十両下位力士同士の取り組みは熾烈なものになるはず。
ところが、その十両の取り組みの過去の結果を精査すると、7勝7敗で千秋楽を迎えた十両力士の勝敗に1つのパターンがあることが判明。
7勝7敗で千秋楽を迎えた十両以上の力士が、8勝6敗で勝ち越しを決めている十両以上の力士と取り組む場合、前者が勝つ予想確率は、数量計算では48.7%。
にもかかわらず、実際の勝率はなんと79.6%。
同様に、同じく7勝7敗で千秋楽を迎えた十両以上力士が、9勝5敗と勝ち越しを決めている十両以上力士との対戦する場合、勝つ予想確率は47.2%
しかし、実際の勝率は73.4%と圧倒的に高くなっていたのである。
ここには、同僚力士にも8勝させてやりたいという「互助」が働いている
この貸し借りは、それ以前あるいはその後の取り組みで精算されている。

どうだろう?
同じチョンマゲを結い、浴衣を着て、雪駄を履く、「国技」という名の下の特別な閉鎖的世界で「同じ釜の飯を食う仲間同士」、そんな一種のファミリー的相互扶助が働くのは、日ごろから強い帰属意識を持たされ、すべてを内輪の論理で片づけるクセがついている以上、ごく自然なのでは?
それこそ、他のいかなる組織よりも、その帰属意識が強力なのでは?
だからこそ、即座に自衛本能が働き、すぐ壁をメチャクチャ高く築くのでは?
そう、頭のてっぺんから足の指先まで染み込んでしまっている隠蔽体質による八百長のモミ消し。
その著書は、それを的確かつ適切に喝破している。
万一、大相撲の取り組みで不正行為が行われ、それが証拠をともなって明確に暴露された場合、SUMO協会なる組織は存在できなくなる
なぜなら、相撲は2000年の伝統を持つ日本の「国技」であり、名誉と儀式と歴史を重視する点では他のスポーツとは比較にならないから。
SUMO協会関係者(主として力士)には、万一、他の力士が八百長相撲をしていた場合、そのインセンティブを知りつつも、見て見ないフリをする下地が十分にある。
SUMO協会には、力士が八百長をし金銭の授受を可能にする「相撲文化の心性」が存在している
実は八百長相撲をしていながら、真剣勝負のように見せる無秩序なシステムがある。
③八百長行為を調べる我々の手法は、実際に八百長行為を立証するために、さらに修正する必要がある。
が、我々の解析は、少なくとも、誰かが、将来、八百長の実態を解明しようとする場合、役立つことは間違いない

Certainly, there must be a point in this economist's sumo wrestling consideration(確かに、この経済学者のSUMOの考察に、一理ある)!

To be continued...













恒久不変な日本砂漠-5 八百長をヘンテコな組織論で擁護する日本の時代錯誤の歪み!?


Assholes who feel sympathized with Fuji Hiima or wish to see sumo wrestling without Yamato soul have lost the heart of Japanese people(日馬富士に同情したり、大和魂を喪失したSUMOを観たいというヒトたちは、日本人の心を失っている)!

東仙坊、昨年末、貴乃花を子ども染みた頑ななバカかのようにバッシングするヒトたちの多いことに、かなりのショックを受けていた。
そして、ただの鉄砲玉のチンピラでしかない日馬富士に同情するヒトたちに、ただただ唖然とさせられていた。
それも、我が国ならではの不祥事を隠蔽する卑屈極まりない組織論を振りかざし、まるで組織の裏切り者かのように徹底攻撃するヒトたちに、本当に激怒させられていた。
何が礼節と礼儀を教えるためには暴力も必要だだ!
そう言えば、教育評論家とか称してテレビでやたらほざくオカマチックな気色の悪い気持ちも背丈も小さなオトコにいたっては、教育界ではそんなこと当たり前とまで言い切る始末。
蛇足ながら、このアンポンタンだけは教育について語る資格はゼロと断言できる。
ともあれ、日馬富士による殺人未遂に近い傷害事件の本質が、八百長に従わない力士に対するSUMO界の最高峰である横綱3人の八百長組織による「見せしめ」としての集団リンチ事件であること。
そして、相撲界随一の厳格で八百長を嫌う相撲バカの親方に、横綱3人が口裏合わせをしたうえ、被害者である力士を脅迫してウソをつかせた卑劣なパワハラ事件であること。
そんなことも理解できないで、テレビでモノを言うな!とメチャクチャ憤慨。
そこで、衆人の前でSUMOについて自分の意見を言うなら、仮にも教育者として、2005年のベストセラー「Freakonomics: A Rogue economist explores the hidden side of everything(ヤバい経済学:悪ガキ教授がモノゴトに隠された部分を探し当てる)」か、2007年の400万部以上のベストセラーで35ヵ国で翻訳されたその増補版を読んでから言えと大声。
何でも、それらは、シカゴ大学経済学部教授スティーブン・レベットがジャーナリストのスティーブン・ダブナーと共同執筆したもので、2002年学術雑誌「American Economic Review」に「Winning isn't everything: Corruption in SUMO wrestling(勝つことだけがすべてではない:大相撲における不正行為)」と発表された同僚のマーク・ドゥガンとの共同学術論文がベースとか。
また、1997年に発表されたマーク・ウェストの「Legal Rules and Social Norms in Japan'sSecret World of Sumo(相撲という日本の閉鎖社会における法規と社会規範)」という文化人類学的見地から相撲を論じた研究論文など18本の参考文献、八百長について日本の週刊誌が報じた一連の記事などを使用しているとも。
それから、「現実のコマーシャル活動で生じている不正行為が経済にどのような影響を及ぼしているのか? 公に、あるいは私的な場所において贈収賄を行うことは経済的能率性を弱めていると信じられている。その結果、政府や企業は、企業で働く従業員が正直になるようなあらゆるインセンティブを創出しようと努力はしている。にもかかわらず、不正行為は密やかに蔓延している。組織的な不正行為は経済学上のはっきりしたデータとして捉え難い。従って、これまで不正行為に関する確たる論文はあまりない」という理由から、1989年~2000年までの本場所の「関取(平幕と十両力士)の星取表と番付表を徹底調査。
その対象とした取り組みが、6万4000件、対象力士数が3万2000人というから、ハンパじゃない。
そして、封建的体質を引きずり経済大国である日本社会の中で今なお確固たる地位を占めている「国技」に潜む不正行為を発見し、相撲取りがなぜ八百長をせねばならないかを経済効率数値を使って立証したというから、恐れ入らないか?
それによると、7勝7敗の相撲取りの千秋楽の勝率はなんと75%。
しかし、同じ相手と次の場所以降で対戦したときの勝率は4割程度。
つまり、わざと負けることで借りを返したり、統計的には返し切れない分は金銭で埋めたと分析したというから、かなり当たらずも遠からずと言えるのでは?
そのうえ、元力士のヒトだけで協会運営のすべてを取り仕切っていること自体が、ガバナンスが機能不全に陥っている原因と指摘しているのだから、お見事では?
そこで、もう少しその著書に詳しく触れておきたい。

Why don't you understand the assholes who have deteriorated now just the sumo stupid heart that only loves sumo(相撲を愛するだけの相撲バカの心根をなぜ今の劣化したヒトたちはわからないのか)?

To be continued...

東仙坊が感じる愛すべき日本女性の魂の劣化の現状!?


The Japanese young .I want you to learn that Japanese aesthetics must be simple frugality, effort and overcome(日本人のヤングよ、日本人の美学が質素倹約と努力と克己であるということを学んでほしい)!

東仙坊、我が国のヤングガールズの趣味嗜好をとやかく言うつもりなど毛頭ない。
しかし、いくら見かけが酷似していても、サプアが日本ではない別の国だということぐらいは、最低限認識してほしいとお願いしているだけ。
そして、サプア人のほとんどがその歪んだ反日教育のせいで、もはや生理的に日本が好きではなく、日本を稼ぐためには言葉巧みに利用しているだけだということも、十分に認識してほしいとお願いしているだけ。
実際、我が国で振り込め詐欺やレイプ犯罪に手を染めているヒトのほとんどが、サプア人かサプア系。
一方、政界、経済界、スポーツ界、芸能界、893界で跋扈しているのも、またサプア人かサプア系。
そう、日本人とサプア人との決定的に似て非なる点は、日本人が心身の鍛練といわゆる克己のために自助努力を惜しまないのに、サプア人はその「身体軽視」の伝統的偏向儒教思想の影響で、ラクして稼ぎ有名になることを好むというところ。
東仙坊、すでに何度も何度も、指摘してきている通り。
それは、近づいてきた平昌オリンピックでも同じ。
北が戦争を仕かけてくるかもしれない状況なのに、逆に、日本を海に沈めると明言している北が参加するかもしれないのに、なぜ我が国では平昌オリンピック不参加とかいう話が一切出てこないのか?
メダルを手にしてラクして生きていこうとしているアスリートや胡散臭いそれぞれの協会に気を遣っているのか?
あるいは、どこかの頭空っぽ芸人かのように北が本当に戦争なんかしやしないと思い込んでいるのか?
あるいは、恥知らずのサプアの脅迫に応じ、ネギを背負ってサプアに観戦に行きたいとでも思っているのか?
あるいは、昨年12月29日、中国の今日頭条が、「平昌オリンピックの開催に対して欧米では100万人もの人が否定的な意見を抱いている。平昌オリンピックのボイコットに対する署名数は20万人分に達している」という記事を掲載したことも知らないのか?
その記事によると、「平昌オリンピックのチケットの売上が不振であることに加えて、NHL所属選手が不参加となったこと、ロシア戦手団の参加が禁止されるなどの問題が相次いでいる。そして、サプアの食用を目的とした犬や猫の取引きを禁止するよう求める署名が100万人分も集まっている。サプアでは年間100万頭もの犬が食用とされている。犬食文化はサプアでは古くから存在する伝統でもある。平昌オリンピックはチケットの売上不振に加え、文化まで批判の対象となっていて決して順風満帆ではない」とのこと。
どうだろう?
他の国の食文化にどうこう言う必要はないが、おそらくイルカはもちろんクジラもほとんど食べないと思える我が国のヤングガールズ、ペットとして極めて身近なイヌを食べるサプア人たちに何か違和感を覚えないのか?
それだけじゃない。
これだけ世界中でサイクリング・ブームなのに、自転車に乗れらい人が多いということに、セオル号沈没事故でも明白になったように泳げない人が多いということに、何か感じないのか?
とにかく、世界に誇れる日本人女性らしい本当の所作の美しさを身につけるには、そのセンシティブでデリケートな感覚とマルチプルなモノの見方、そして、イマジネーションとクリエイティビティーを磨き、人にインスピレーションを与えられるようになるしかないのでは?
それで、ちょうどいい見本がある。
どちらもその平昌オリンピックでの活躍が期待できるウィンタースポーツの女性ヤングアスリートでありながら、おそらく現実的にワンダフルな結果を残すに違いない女性アスリートとほとんどダメだと思われる女性アスリートとの大きな相違点。
いい結果を残すに違いないと思える女性アスリートは、スピードスケートの高木美帆。
彼女は前々回のオリンピックでラブリーな女性アスリートと話題になりながら、前回のオリンピックには出場ナシ。
ところが、今回、ほとんどノーメイクでひたすら精進しているから、メチャクチャ美しく輝いて見えるので、かなり期待できる。
一方、ほとんどいい結果を残せないと思える女性アスリートは、スキージャンプの高梨沙羅。
前回のオリンピックで優勝確実と言われていたのに、無残な結果。
そ、そ、そうしたら、その素朴で少年のように凜々しかった雰囲気をなくし、全く不似合いなメイクで目を被いたくなるほどの醜悪さ。
そのハナハダシイ勘違いは、きっとまた無残な結果に終るに違いないと憂慮しているのは、東仙坊だけではないと思うが、どうだろう?

Even in the Pyeongchang Olympic Games, I have to anticipate that Sara Takanashi couldn't win(平昌オリンピックでも、高梨沙羅は優勝できないと予想せざるを得ない)!













東仙坊が感じる愛すべき日本女性の魂の劣化の現状!?


I should have continued to point out that deterioration of the soul of our Japanese people will accelerate as long as we meet with Korea(かねてからサプアとつき合うと我々日本人の魂の劣化が加速すると指摘し続けているのに…)!

実は、東仙坊、我が国のヤングガールズに関し、最も危惧していることが、これ。
サプアのプロパガンダの成果なのか、はたまた我が国の情けなくてみっともない教育の欠陥のせいなのか?
もしかして、もはや日本を貶めることが国是的目標でしかないサプアと本当に仲よくなれるとでも思っているのか?
今は、経済的苦境から再び甘い言葉をかけてきているが、仮に再び経済回復でもできた折には、今まで以上に反日になるのは自明の理。
にもかかわらず、何も考えないせいか、K-POPブーム、美味しい激辛サプア食、プチ整形、肌の美容(?)、偽物だらけなのに安い商品、国内旅行感覚などと、今にも北からの攻撃があるかもしれないのに、サプアにノコノコでかけるヤングガールズが多いというから、何をかいわんや。
事実、昨年10月の日本人出国者数で見ても、サプアへは9月の増加(?)から減少に転じ、前年10月比20.9%減の約18万人。
それを、サプア、中国、台湾、香港4ヵ国の渡航先別比較で見ても、2014年12月サプアへの出国が前年比20.7%減の17万500人。
さらに、2005年~2014年までの年間推移で見ても、伸び率最高値は2009年28.4%をピークに減少の一途で、2014年17%減の228万400人。
ところが、そのサプア渡航者の約6割が20代日本人女性というから、アングリ。
それも、女性だけでの渡航が半数以上というから、もう絶句。
何でも、2008年前年比6.4%増の約235万人というサプアへの渡航者の男女比が逆転。
リーマンショックや新型インフルエンザの影響があったのに、2009年前年比28.6%の約302万人に増加。
ついに、2011年サプアへの日本人渡航者数の58.6%が女性になったとか。
まあ、20代女性の海外旅行行き先の28.7%がサプアとだというから、それも当然。
そうなると、俄然気になってくるのが、そんなヤングガールズの社会見識。
サプア料理に使用される大量のトウガラシの辛味成分「カプサイシン」が、胃ガンの発生を促進しているということも知らないのか?
実際、胃ガン発生率は、サプア人がダントツで世界トップ。
それだけじゃない。
日本人女性相手のボッタクリが横行。
それより、アジアのレイプ発生数ランキング1位のサプアでは、日本人女性へのレイプもワンサカ。
性犯罪大国のUSAでも、2007年、1万人当たり3.09件の性犯罪発生だというのに、人口1万人当たりで3.16件。
2010年1年間の性犯罪発生は、1日平均54.6件。
13歳未満の児童被害の性犯罪発生は、1日平均3.2件。
性犯罪者は、2010年2万1116人。
小中高生による学生間の性犯罪事件発生は、2010年7月までで90件、2日に1件。
親族間性暴行犯罪発生は、2010年468件で、1日1件以上。
2011年性暴力犯罪発生は、前年比約11%増加の2万375件。
どうだろう?
2012年の352万人をピークに減少し続けるのも、当たり前なのでは?
それにしても、直近の内閣府調査で、日本人の66.4%がサプアに親近感を感じていないというに、なぜサプアがそこまで好きなのか?
ついでに言うと、「チーズタッカルビ」のどこがいいの?
イヤイヤ、K-POPスターと言われている三流ホストのクローンみたいなサプア人男性グループのどこがいいのか?
それを決定的にしたのが、2017年「世界で最も美しい顔100人」の第21位に、日本人トップとして初登場でランクされたというサプアガールズアイドルグループTWICE(?)のサナ(?)こと湊崎紗夏なるヤングガールのどこがいいのか?
まるでサプア人女性のように無機質でバーチャルなキャラクターでしかないのでは?
とにかく、こんななんとなく空気に流されるだけのヤングガールばかりでは、日本の未来は真っ暗なのでは?

The advent of such a digital society must be only an injury to nurture the true relationship between humans(これほどまでのデジタル社会の到来は、人間同士の本当の関係を育む傷害になるだけ)!

To be continued...








東仙坊が感じる愛すべき日本女性の魂の劣化の現状!?


If young girls really have their own intention, they should be able to say that they are contraceptive because they are scared of venereal diseases and pregnancy for their loved ones(ヤングガールに本当に自分の意思があるなら、愛する相手に性病と妊娠が怖いからキチンと避妊してと言えるはず)!

東仙坊、日本人女性が美しいのは、いつも分をわきまえ奥ゆかしく控えめで物静かな口調でモノを言うからと確信している。
そういう女性の多くは、衆人の前でエラそうに大声でモノを言わないばかりか、私はこう思うのですが…とかそれはこういうことなのではないでしょうか……とのようにそっと淡々モノを言う。
そう、本物の教養や修養があると、実に美しい言い方をする。
それゆえ、見聞きしている側に、大きなインスピレーションを与えてくれる。
そうなると、大きなインスピレーションを与えてもらった方も、自然にその言い手の女性に好感を抱くから、その女性が美しく見えてくる。
そう考えると、上西美由紀、蓮舫、稲田朋美、山尾志桜里、小池百合子、豊田真由子、池坊保子、安藤優子がいかに外見的にも貧相に見えるのかが理解できるはず。
その見地からも、フジテレビは、メインキャスターを安藤優子から、早く三田友梨佳に交代させるべきだと思うが…。
ところで、東仙坊、かねてから危惧していることが、1つ。
それは、日本のヤングレディーたちの無教養、不見識の激しさ。
そもそも、読書をしようとしないというから、それも当然なのかもしれないが…。
その劣化の具体的な証左の1つが、いわゆる先進国の中で唯一増加し続けるHIVやAIDS感染者の増加、そして、梅毒やクラミジアや抗生物質に耐性がある「スーパー淋病」の蔓延。
実際、それは、ヤングガールズの「できちゃったベビー出産」や「嬰児殺し」同様、いつsexするのもカラスの勝手だが、自分だけは大丈夫というジコチュウ的過信や単なる無知蒙昧による自己管理能力のなさと無知による感染予防のなさが原因。
何しろ、女性のHIVやAIDS感染の約70%近くがsexだというのから、それは歴然。
また、ビックリ仰天なのが、我が国の梅毒感染者が、昨年11月下旬までで約5000人超。
1973年以来、44年ぶりの数字だというから、開いた口が塞がらない。
もちろん、この完全グローバル化した時代、それは宗主国のUSAでも同じで2000年6000人だったのが2016年には約2万8000人とか。
もっとも、そのUSAで梅毒より深刻なのが、クラミジアと「スーパー淋病」。
何でも、「スーパー淋病」を含む淋病感染者、そう、尿道炎などをともない治療しないと骨盤感染症や子宮外妊娠や死産や不妊などに繋がる性感染症感染者は、世界で毎年約8000万人にいる中で、USAでは2016年約47万人。
最も多いクラミジア感染者にいたっては、約160万人というから、思わず絶句。
ちなみに、オーストラリアの2016年淋病感染者は、約2万4000人超で、5年間で6割以上も増加しているとか。
そして、女性感染者は、15~24歳が最多とも。
かつては結婚の条件とされた梅毒感染の有無。
性器や唇などに赤い発疹ができ、放置すると脳や心臓に重い合併症を起こすという梅毒が急激にパンデミックしているという状況は、いくらモラル完全崩壊の我が国だとしても、かなり由々しき問題なのでは?
国立感染症研究所が、昨年11月に発表した梅毒感染者は、東京1561人、大阪703人、愛知310人、神奈川286人、福岡202人などとか。
どちらにしても、自分の愛する相手から性感染症を移されたりしたらかなりショックなのでは?
もしくは、自分の愛する相手に性感染症を移したも、かなりショックなのでは?
本当に確固たる自我に目覚めたのなら、そう自分のオピニオンを持つなら、自分のリスクコントロールのためにも、愛する相手に予防をしっかりと促すべきなのでは?

Young girls should be aware that unexpected pregnancy and venereal infections will unnecessarily deal with their precious lives(ヤングガールは思いがけない妊娠と性病感染がせっかくの自分の人生を台ナシにしてしまうと自覚すべき)!

To be continued...

















東仙坊が感じる愛すべき日本女性の魂の劣化の現状!?


The inner surface is not polished and the way of poor women's things must be arrogant and frivolous and not externally beautiful(内面が磨かれず貧しい女性たちの物の言い方は、傲慢で軽薄なうえに外見的にも美しくない)!

実は、東仙坊、自他共に認めるフェミニスト。
ほとんどの女性とコミュニケーションが取れると自負している。
というのも、メチャクチャエモーショナルな女性との目と目を合わせての会話が何よりも好きだからに他ならない。
それから、レッド・ツェッペリンが言うところの、「Soul of a woman was created below(女性の魂は下半身で創られる)」ということをイヤというほど実感させられているからでもある。
そして、それだからこそ、女性を愛すべき存在と捉えているからでもある。
また、それこそが、シモーヌ・ド・ボーボワールが喝破した、「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」という受動性の証左でもあると理解しているからでもある。
そんな中で、とりわけ、川の流れるように嫋やかに健気に生き、ときどき、太陽の煌めきを浴び月のように凜とした輝きを放つ、日本女性は、このうえなくラバブルでアドラブルで愛すべき存在だった。
一言で言うと、美しく可愛くもあった。
ところが、近ごろ、そのフェミニズムやジェンダーフリーの大きな潮流をジコチュウ的に勘違いした女性が増えてきて落胆させられている。
とりわけ、その目立ちたがり屋の性分からなのか、まるで芸能界でダメだから仕方なく政界に入ったかのような女性たちに、その醜悪さが呆れさせられている。
もちろん、どんな女性でも確固たるパーソナリティーを持っているのだから、自分のオピニオンを明言することは大切。
どうだろう?
それには、深化させたインテリジェンス、的確なイマジネーション、適切なクリエイティビティー、臨機応変なフレキシビリティーが絶対条件であるということを、なぜかご存知ないかのご様子。
そもそも、モノゴトを本当に理解するには、マルチプルな視点でモノゴトを俯瞰して凝視する必要があるのでは?
ところが、モノゴトを狭小的に表象的に直観的に捉えた偏向的な思い込みを過信する女性たちが、衆人の前で恥ずかしげもなくその軽佻浮薄で厚顔無恥な自分のオピニオンをのたまうから、実に閉口させられる。
上西美由紀、蓮舫、稲田朋美、山尾志桜里、小池百合子、豊田真由子、池坊保子などが、その典型的な代表格。
お願いだから、テレビに映らないで祈っているのは、東仙坊だけではあるまい。
さて、新年早々、このテーマを取り上げたくなった理由は、1つ。
かつてCNNデイウオッチのコレスポンダーの時代からキレのある一人の女性として評価していたニュースキャスター安藤優子の劣化ぶりを目の当たりにして、ショックを受けたから。
それも、自分がキャスターを務める番組で、下世話のオバサン丸出しの品性のなさで、もう一人のヤングレディーキャスターを「出る杭を打つ」的に黙らせようとする醜悪なシーンを何度も見せられたから。
そう、なりふり構わぬ鼻持ちならないイヤなオンナの高慢ぶり。
確かに、そのときのサブジェクトだった相撲協会同様、マスメディアも閉鎖的なムラ社会。
だからといって、その間断なき凄まじさは、言語道断の醜いイジメ。
その被害者であるヤングレディーが、実にバランスのいい当意即妙の意見を淡々と述べるから、余計にムキになる始末。
思わず、そのヤングレディーの知的レベルの高さに、生まれて初めて、ググってしまったほど。
何でも、三田友梨佳なる30歳のヤングレディー、東京都生まれで、青山学院高等部在学時にシアトルに1年間交換留学した経験を持ち、青山学院大学国際政治経済学部国際経済学科・国際コミュニケーションコース卒業し、2011年フジテレビに入社したとか。
また、「青山学院大学学業奨励賞」なるものを受賞しているとも。
ともあれ、東仙坊、このヤングレディーなら、中国外務部報道官華春瑩のように報道官か、USA国連大使ニッキー・ヘイリーのように国連大使に起用してみたいと思ったほど。

In a closed society, an immature woman would wear water to soon erase the sparkling flame of a mature woman(閉鎖的な社会では、未熟な女性は、成熟した女性の煌めく炎をとことん早く消すように水をかけまくる)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード