Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

While defending the stupid high prosecutor-general, the stupid government itself brought out the “National Civil Service Law”, and the public's eyes seemed to face their worst failure this time(アホンダラ高検検事長を擁護している間に、おバカ政府は自ら「国家公務員法」を持ち出してしまい、自分たちの今回の最大の落ち度に国民の目が向かいそうになってしまった)!

東仙坊、ここで、もう一度、「内閣官房健康・医療戦略室」なるものの存在を再確認しておく。
2013年、世界最先端の医療技術・サービスを実現し、健康寿命延伸を達成すると同時に、それにより、医療、医薬品、医療機器を戦略産業として育成し、日本経済再生の柱とすることを目指すために、内閣官房に設置された、厚生労働省、文部科学省、経済産業省、内閣府が所管する「独立行政法人」の審議会、それが「医療分野の研究開発の司令本部」の「内閣官房健康・医療戦略室である。
そして、その会計監査的「健康・医療戦略の司令塔」として設置されたのが、「AMED(日本医療研究開発機構)である。
ということは、形式的には、そのトップは、内閣総理大臣、もしくは、その手足であるはずの官房長官がなるべきなのだが、さすがにそんな細かいところまで関わっている余裕はない。
そんなことから、実質的トップには、内閣総理大臣補佐官が担当している。
そう、今回の問題の張本人、クソオトコの和泉洋人首相補佐官である。
では、内閣総理大臣補佐官、すなわち、首相補佐官とは、何ぞや?
内閣法第22条」に、「内閣総理大臣の命を受け、国家として戦略的に推進すべき基本的な施策その他の内閣の重要政策のうち特定のものに係る内閣総理大臣の行う企画および立案について、内閣総理大臣を補佐する」とある。
まあ、簡単に言えば、USAなどの大統領補佐官ほどのステイタスもディグニティもないが、お世辞的に、シンクタンクとか、ブレーンの役目か。
では、どんな人が選ばれるのか?
国家公務員法第34条第1項第6号」に規定される、国家公務員幹部職員であること。
本省の部長・審議官級の職(法文上、「部長の属する職制上の段階」等と規定)以上の職員であること。
一般職の職員の給与に関する法律「給与法第6条第1項第11号」に規定する指定職俸給表の適用を受けることから、霞が関では、一般に指定職であること。
では、どうやったら選ばれるのか?
国家公務員法第61条の2」以下に規定されるように、まず任命権者である各府省の大臣等による人事評価等の情報に基づき(?)、幹部職員(幹部職に属する官職に係る)標準職務遂行能力を有することについて確認が行われるとか。
そして、その「適格性審査(?)」を経て、当該標準職務遂行能力を有するものと確認された者については、「幹部候補者名簿」に記載されるとも。
ちなみに、この「適格性審査」は、基本的には定期的(年1回)に行われるが、必要と認めるときは随時行うことができ、「幹部候補者名簿」はその都度更新されるとか。
その「幹部候補者名簿」の中から、任命権者が自ら主任の大臣である府省の幹部職員の任用を行うとか。
これらのことから、内閣総理大臣補佐官、すなわち、首相補佐官については、内閣総理大臣および内閣官房長官に協議したうえで、その結果に基づいて行うとか。
つまり、総理および官房長官の意向を踏まえたうえで、首相補佐官を任用する仕組みだというのである。
そして、「適格性審査」および「幹部候補者名簿作成」に係る権限は、一義的には総理大臣の権限かと思いきや、その権限は、「国家公務員法第61条の2第5項」により、官房長官に委任されているとか。
そう、適格性を認められて「幹部候補者名簿」に記載されるかいなかは、内閣官房長官の胸三寸
しかも、「適格性審査」は、必要と認めるときは随時行うことが可能であるうえ、降任や幹部候補者名簿からの削除も可能だというから、国家公務員は、内閣官房長官に、首根っこを抑えられているようなもの。
そのうえ、「適格性審査」の基準となる幹部職員の「標準職務遂行能力」に関しては、倫理、構想、判断、説明・調整、業務運営および組織統率の各項目について、極めて曖昧なことしか記載されていないというから、内閣官房長官が恣意的に運用でき、ますますまさに「生殺与奪の権」を握らたようなもの
そこで、メチャクチャ不可解なことが、1つ。
なぜ2人の内閣総理大臣補佐官だけが、ずっと現政権で残り続けているのか?
とりわけ、すぐ側のクソオンナとの不倫スキャンダルが発覚したクソオトコは、どう考えても、言語道断の国家公務員幹部なのでは?
ましてや、元オコチャマ民主党にお仕えなされた大大バカ。
実際、スキャンダル発覚後、「内閣官房HP」の「内閣総理大臣補佐官紹介」の欄から、写真もプロフィールも外したほどなのでは?
なぜか、現在は、他の5人と同格になっているが…。
さて、ここからが本番。
では、こうして選ばれた内閣総理大臣補佐官、つまり、首相補佐官の仕事と権限は何なのか?
内閣総理大臣補佐官は、国家公務員法等の趣旨を踏まえ、国民全体の奉仕者として政治的中立性が求められている職員に対し、一部の利益のために、その影響力を行使してはならない
あくまで、総理大臣直属のスタッフとして総理大臣を補佐することを職務とするもので、組織を代表する立場にはなく、内閣官房副長官その他の職員に対する指揮命令権を持たず、これらの者から指揮命令を受けることもない
そう明確に規定されているというのである。
すなわち、制度上、人事に関する権限も指揮命令権はないはず。
と、と、ところがである。
その「内閣総理大臣を補佐する」という仕事が、「内閣官房長官に属する」という立場が、逆に、国家公務員の幹部たちの方からすると、内閣総理大臣と官房長官を後ろ盾にした強大な存在に思い込んでしまう傾向があるというのである。
そして、それを狡猾に利用し、虎の威を借る狐なるトンチンカンが出てきてしまうのが、我が国の哀しい政治の歴史。
実際、なぜかかなり長い間内閣官房内に巣喰い、どこか内閣総理大臣と官房長官を噛む飼い犬になってしまっている、このクソオトコは、その典型。
まあ、周辺に、「安倍晋三首相に重宝されている」とか、「菅義偉官房長官の腹心」とか、「菅義偉官房長官の懐刀」とか、「菅義偉官房長官と一心同体」などと言わせるようになった段階で、このクソオトコの天国になったのも当然かも。
第一、内閣官房内で、不倫愛人関係の自分たちで自由にできる「内閣官房健康・医療室」での錬金術を考えた始めただけでも、トンデモナイ国家公務員幹部の2人と言えるのでは?
では、なぜこの2人が責任を取らせられないのか?
えっ、クソオンナは、内閣官房内での要職からは解かれたって言っていたじゃないか?って?
でも、いまだに、「厚生労働省大臣官房審議官(危機管理、科学技術・イノベーション、国際調整、ガン対策、国立高度専門医療研究センター担当)」で残っているのでは?
ここに、今回の問題の本質がある。

So, the foolish government of the idiot asked the Sankei Shimbun to sacrifice idiots and try to blind them to their fatal mistakes(そこで、慌てたおバカ政府が、産経新聞社に頼んで、アホンダラを生け贄にし、致命的な自分たちのミスへの目くらましを図ったというのが、今回のアホンダラのマージャン事件の真相)!

To be continued...
























恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be the time when the Japanese people, who are grown up in Japan, get seriously angry at the money-making story that the foolish person of the director of the Cabinet Secretariat's Health and Medical Strategy Office, and his affair mistress fool of the Ministry of Health, Labor and Welfare, in the midst of such a national crisis(厚生労働省のクソオンナ官僚とその不倫愛人の「内閣官房健康・医療戦略室」室長のクソオトコがこれだけの国難のときに繰り広げる金儲け話に、大人しい我が日本国民も本気で怒るとき)!

「事実を申し上げたいと思っていることがございまして、昨年の7月以降、実質的にはそれより前から始まっていたかもしれませんけれども(?)、クソオンナが次長になられてから、我々のオートノミー(自律性)は完全に消失しております。それはどういうことかといいますと、我々は厚生労働省、文部科学省、経済産業省、それから今は総務省とございますけれども、予算のマネジメントとか一つ一つの事業の運営のやり方に関して、『内閣官房健康・医療戦略室』は基本的にマイクロマネジメントをやられてきたということであります。先ほど冒頭、瀧澤美奈子委員から非常に重要なご指摘がありましたけれども、コトは『iPS細胞ストック事業』の問題だけではございません。何が問題かといいますと、『内閣官房健康・医療戦略室』のイニシアチブのおかげで『AMED』発足してから最初の3年間、あるいは3年半は非常に順調な運営ができたというふうに自分自身でも思いがございますけれども、クソオンナがきて、『補佐官から各省局長への指示について伺ってある」と各省の予算のマネジメントに関する相談などは全部『内閣官房健康・医療戦略室』を通してやるようにということと、担当大臣とか政治家の方々とコンタクトをとるな! ということをクソオンナから言われております。その証拠も残っております。令和元年度の後半戦の調整費がどういう運用の仕方をされたかということを次に申し上げますと、その80億前後のお金がですね」と告発し始めると、「AMED」審議会会長田辺国昭(東大法学部卒の中央社会保険医療協議会元会長のタコ)がおもむろに遮ったとか。
それでも、「AMED」末松誠理事長はガンバったとか。
「先ほどちょっと申し上げた80数億のお金、多くはゲノム関連の調整費として使われますけれども、現時点までは我々はディスカッションには一切参加しておりません。これはトップダウンですので、そのような仕組みになっています。このような仕組みはルールの範囲内ではあるけれども、『AMED』から見ても極めて不透明な決定プロセスで中身が決まっております。調整費の運用は、2019年春までの4年は上手くいった。5年目は調整費の提案をしては『内閣官房健康・医療戦略室』がダメ出しをするようになった。我々の提案が悪かったのかも知れないが、もしかしたら、そのころから理事長裁量型を減らせば、トップダウン型の予算が増えるとお考えになったのかも知れないが、それは単なる推論にすぎない。『内閣官房健康・医療戦略室』の意思決定、『トップダウン型調整費』の意思決定のプロセスというのは、明確に申し上げますと、クソオンナは、現在は非常勤の『AMED』担当室長ということですけれども、かつ厚生労働省大臣官房審議官をやられております。そのような状況下で、研究者コミュニティーから見ると、研究費を応募した側と審査した側が同じになっているワケです。利益相反状態です。この利益相反状態で恣意的な省益誘導が行われたというふうに言われても反論のしようがないと思います」
どうだろう?
仮にも理事長なるご仁が、クソオンナが自分の厚生労働省での担当プロジェクトに金を優先的に注ごうと、本来の「AMED」の使途を歪めてその予算をハゲタカのごとく狙っていると内部告発しているのでは?
それも、「白紙の小切手」として毎年175億円(2回分割)が予算措置される調整費のほとんどを、クソオンナが不倫愛人の和泉洋人首相補佐官とのマッチポンプで、「恣意的な省益誘導」、「国家予算の私物化」をしているというのだから、看過できないのでは?
ともあれ、すると、クソッタレは応えないのに、文部科学省から参加している大臣官房審議官(科学技術・学術政策局担当)の渡辺その子戦略室次長なるイカ(?)が声を上げたとか。
「随分事実に関する誤認が含まれてございます。『ゲノム協議会』を、10月23日と12月24日、12月24日は報告になりますので10月23日に決めて皆様にお諮りして、どういう『トップダウン経費の使い方をするのが適切か』を議論していただいております。その『ゲノム医療協議会』の構成員の中には、『AMED』のプログラムディレクターも入っております。これは委員として入っております。それから、ご専門の方としては、『ゲノム医療協議会』ですから、ゲノム医療のゲノムサイエンス的な面、ライフサイエンス的な面、データサイエンス的な面、それから倫理的な面、それぞれの面から御参画いただいている委員と関係省庁、そして、参与といたしまして『内閣官房健康・医療戦略室』の参与は何名かいらっしゃるのですけれども、自治医科大永井先生、ガンセンター中釜理事長も参与としてのお立場で、いかなる解析を、あるいは、どういう『トップダウン経費』の使い方をするのが適切かというところで議論していただいたうえで、室長は和泉補佐官ですね。室長を通して最終的に『内閣官房健康・医療推進戦略本部』で決定しているものでございます
どうだろう?
笑えると思わないか、このクソオンナ2、クソオンナをかばうつもりで、実用性に疑義も呈されているようなクソオンナの担当プロジェクトなのに、「和泉洋人首相補佐官を通して決めた」と、つまり、結論ありきの不透明な意思決定の実態を暴露してしまっているのである。
それに、すかさず理事長が応えたとか。
「クソオンナ2からご説明がありましたけれども、私が大変驚愕しているのは、それだけの知識人とゲノムの専門家が集まりながら、非常に各論的なことで恐縮ですけれども、「戦略室から提案されて厚労省で動かすという中に、IRB(治験審査委員会)がどのぐらい時間がかかるのか? そして、残りの1年ちょっとで本当に終わるのか、アウトカムが5年後、6年後にならないとわからないプロジェクトがあるのはなぜなのか?」
東仙坊、この「AMED」理事長の告発を、大バカどもの集まりで国会が、大バカマスメディアどもが、大々的に取り上げないことが、この地に堕ちた殺人集団厚生労働省の極めて深刻な現状を物語っていると思うのだが、どうだろう?
そ、そ、それなのに、大大バカ野党、国会に和泉洋人首相補佐官を参考人として出席させるよう要求し、与党がシャットアウトし、北村誠吾地方創生相を補佐する職員の出席を強行採決で決めると、すぐにダンマリ。
ここが、実にポイント。
和泉洋人首相補佐官、元々、民主党が内閣官房にしたクソオトコ、あまり追及すると、得意のブーメランが飛んできてしまうのでは?
実際、クソオンナの令和元年度第2回調整費の「トップダウン経費(88.4億円)」の執行を、「意思決定プロセスと内容に問題あり」とストップさせたのは与党というから、かなり複雑。
どちらにしても、「トップダウン型経費」は流行する感染症の研究開発などに使われるべき予算なのだから、今こそ、使うべき予算。
それなのに、「AMED」審議会では、何の結論も出なかったというから、我が国の未来は暗澹としているのでは?

At the pandemonium named Ministry of Health, Labor and Welfare, people who seriously protect the lives of the people must be wiped out by the hands of small dirty bureaucrats who don't care for the people(厚生労働省という名の伏魔殿では、本気で国民の命を守ろうとする人々は、国民のことなど歯牙にもかけない小汚い官僚どもの手によって抹殺されてゆく)!

To be continued...
















恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

We ordinary Japanese should pay attention to why the scandal-filled “Cabinet Aide” of scandals with no greed and power must be not dismissed(我々普通の日本人は、なぜ強欲で権勢欲の塊のトンデモナイないスキャンダルまみれのクソオトコの「内閣補佐官」がなぜ更迭されないのかということに注目すべき)!

次にクソオトコの和泉洋人首相補佐官(67歳)。
コヤツ、東京大学工学部卒業の建設官僚。
そう、土建屋型。
それゆえ、名誉欲、金銭欲、性欲にメチャクチャ目のない典型的なお偉いしー。
2012年、国土交通省を退官、民主党・野田政権時代に内閣官房参与(国家戦略担当)として官邸入り。
最大の不可解さは、対立政党の安倍政権になっても、なぜかそのまま留任させられただけでなく、メチャクチャ重用されるミステリー。
一体、脇の甘いオボッチャマ安倍晋三にどんなオイシイ話を持ちかけたのか?
あるいは、安倍晋三のどんな弱点を掴んだのか?
内閣総理大臣補佐官(国土強靭化および復興等の社会資本整備ならびに地域活性化担当)
内閣総理大臣補佐官(国土強靭化および復興等の社会資本整備、地域活性化ならびに健康・医療に関する成長戦略担当)
内閣総理大臣補佐官(国土強靱化および復興等の社会資本整備、地方創生ならびに健康・医療に関する成長戦略担当)
内閣総理大臣補佐官(国土強靱化およ復興等の社会資本整備、地方創生、健康・医療に関する成長戦略ならびに科学技術イノベーション政策担当)。
どうだろう?
少しずつ内閣の奥深くまで入り込めたのは、なぜ?と疑いたくならないか?
ともあれ、コヤツが、自分の愛人のクソオンナを堂々と「厚生労働省大臣官房審議官(危機管理、科学技術・イノベーション、国際調整、ガン対策担当)」に押し上げ、挙句の果てには、自分が手にした「内閣官房健康・医療戦略室」次長にしたうえ、内閣府大臣官房審議官(科学技術・イノベーション担当)と「AMED」医療情報基盤担当室室長も併任させてしまったというから、ハンパじゃない。
ところで、東仙坊、すでに、「医療分野の研究開発の司令本部」の「内閣官房健康・医療戦略室」と会計監査的「健康・医療戦略の司令塔」の「AMED(日本医療研究開発機構)」の関係について、少し触れている。
ところで、「AMED」には、通常予算とは別に、内閣府に計上される「科学技術イノベーション創造推進費」のうち175億円が医療分野の研究開発関連の「調整費」として充当されるのだとか。
さらに、その「調整費」は、「AMED」理事長が、「PD(プログラムディレクター)」らの意見を勘案して、現場の状況・ニーズに対応する「理事長裁量型経費」と「健康・医療戦略推進本部」による機動的な予算配分を行う「トップダウン型経費」の2つに分かれているのだとも。
そして、その「トップダウン型経費」は、感染症流行などの突発事由により、可及的速やかに研究開発に着手する必要が生じた場合、ある領域において画期的な成果が発見されたことなどにより当該領域へ研究開発費を充当することが医療分野の研究開発の促進に大きな効果が見込まれる場合、「医療分野の研究開発関連の調整費に関する配分方針」よりに配分されるものなのだとか。
ところが、今まで、2019年度まで一度も執行されたことはなかったとか。
そ、そ、それなのに、昨年11月、初めて「トップダウン型経費」に、88億4000万円が配分されたとか。
そう、クソオンナが加わるやいなや、突然、内部で何の手続きも踏まないのに、決定したというのである。
もちろん、それが、いち早くクソオンナが、「厚生労働省大臣官房審議官」らしく新型コロナウィルスのパンデミックの危機情報を入手し、足りなくなるだろうPPEやN-95マスクや医療用ガウンやフェイスシールドなどの補充や新型コロナウィルス研究のためだったら、まだマシだったかもしれない。
もともと、そういう場合のための予算なのだから。
しかし、事実はそうではなかった。
クソオンナがクソオトコと閨房での密談で、独断専行に決定したもの。
しかも、その約90%にあたる約80億円を厚生労働省で自分が推し進める「全ゲノム解析実行プロジェクト」に使うというのだから、感染症対応のような緊急性や画期的な成果の発見がある場合の「トップダウン型経費」の趣旨とは全く合致しないもの。
ちなみに、その「全ゲノム解析実行プロジェクト」とは、ガンと難病の患者を対象にすべてのゲノムを網羅的に調べ創薬などに活かそうというものだとか。
そのために、新型コロナウィルスのパンデミックの始まった危機的状況下で、その血税を使うことに恍惚を覚えてしまった中年不倫愛人関係のクソオンナとクソオトコの気色の悪いカップルは、さらなる血税の私物化を図っていたというのだから、東京高検前検事総長のアホンダラ問題よりも、何万倍も問題なのでは?
実際、1月9日、開催された第10回「AMED」審議会で、委員や理事長から、クソオンナ批判が噴出したとか。
専門委員で科学ジャーナリストの瀧澤美奈子が、「週刊文春」が報道した「iPSのストック事業」にストップをかけた件に言及し、「こんな手続が許されているなら、今日のこのような会議も全く無意味ではないかと思います。官邸主導の御旗を振りかざして、予算や人事を握って一部の人間が行政を歪めているのではないかという疑いが国民の間で今、広がっております。その説明責任をしっかり果たしていただかないと、この会議自体も全くムダなものになると思います」と、クソオンナに説明を要求。
けれども、クソオンナはシカト。
彼女の問題提起はスルーされたまま、議事が進行。
そして、楠岡英雄委員(国立病院機構理事長)の「『AMED』が、各省庁の予算執行機関になってしまっていて自由度が全然ないというのが今の『AMED』の一つの大きな欠陥になっている。こういう基金によって、『AMED』独自の発展の場というのが持てるのであれば、非常に期待できると思うが、どのようなことを考えているのか?」という質問に応えるカタチで、「AMED」末松誠理事長が、次のように言い始めたとか。
ご注目!!!

The work of the Ministry of Health, Labor and Welfare, a murderous group that keeps the lives of the people behind, is behind all because the unscrupulous fucking bitch must be still sitting on the chair of the “Minister of Health, Labor and Welfare Secretary of State”(国民の命をないがしろにし続ける殺人鬼集団厚生労働省の仕事がすべてに遅れるのは、破廉恥極まりないクソオンナが、いまだ首にもならず「厚生労働省大臣官房審議官」のイスに座り続けているから)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード