Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

When would Japan, which has lost its Japanese dignity because of money, change its way of dealing with unusual and unscrupulous China(金のために日本人としての矜恃を失った我が日本は、いつになったら異常で不埒な中国との接し方を変えるのか)?

東仙坊、中国を一党独裁で支配する「中国共産党組」における熾烈な内部抗争について、簡単に書き込んできた。
そして、ジコチュウ丸出しのおバカ「組長」の周りには、もはやレベルの低い小物の単なるイエスマンどもしか残っていなく、その首を取られるのは時間の問題と分析してきた。
なかでも、自分の汚れ仕事を代行させていた「若頭」王岐山を敵に回したことは、致命傷になるに違いないと予測している。
と、ここまで書き込んできて、唐突と、今回のテーマのもはや副題と言っても過言でもない、「中共ウィルス」、人為ウィルス説の話に戻したい。
そう、世界中が、勝手に第一波とか、第二波とか、第三波とか、トンチンカンなことを言っている間に、「正体不明のコロナウィルス」は、人類の愚鈍さをせせら笑うかのように、大爆発。
すでに世界の感染者数は、5600万人を超え、死者も134万人超。
にもかかわらず、金、金、金のことしか頭にない世界の為政者どもは、そして、それに組みするおバカマスメディアどもは、マスをするしないの自由の問題、生きることは旅行することと酒を飲み大声で語り合うことかのように錯覚させ、感染拡大を助長するばかり。
そんなテイタラクだから、この「ミステリアスな新型コロナウィルス」をどこの国がどうして感染を広げたかなんかにまで手が回るはずもナシ。
せいぜい再び「ロックダウン」をするかどうかで手一杯。
リアリティの欠如する我が日本にいたっては、死者や重症者を詳細に発表せず、この「狡猾なコロナウィルス」の真の怖さをはぐらかし、「強盗キャンペーン」、「強盗トラブル」、「強盗イイと」なんてワケのわからない言葉を掲げ、経済維持のために社会活動を続けるようにと狡猾に煽るばかり。
人生のオマケのような旅行が、みんなでワイワイの飲み会が何が経済活動なのか?
そもそも、消費税増税で経済は根本的にグジャグジャになることは明白だったのでは?
それを誤魔化すために考えた姑息な手段が「インバウンド」なるのもだったのでは?
それも世界有数のモラルなき民族である中韓を頼りにして…。
東仙坊、誰も言わないからどうしても言わざるをえない。
実のところ、そのおバカ政策のせいで、世界一脇の甘い国である我が国には、世界中から、不埒なゴロツキやチンピラどもが、ワンサカやってきてしまっているのでは?
そう、それこそ、見事に変異した「中共ウィルス」つきで…。
さて、東仙坊、「中共ウィルス」の人為ウィルス説、強いては、習近平と王岐山との内部対立本格化による「中共ウィルス」によるテロ事件に触れる前に、どうしても書き込んでおきたい話が、これ。
10月19日、沖縄県が、沖縄の大宜味村にある「バナメイエビ」養殖場で、甲殻類特有の伝染病「AHPND(急性肝膵臓壊死症)」が国内で初めて発生していたと発表したことを、ご存知か?
何でも、この胡散臭い養殖場、8月、タイから10万尾の「バナメイエビ」を輸入し養殖を始めたのに、沖縄県に飼育状況報告書を未提出だったとか。
そこで、10月8日、沖縄県が立ち入り検査に入ると、な、な、なんとすでに9万8000尾が怪死していたことが判明したとか。
そのために、10月18日、水産技術研究所が検査すると、「AHPND」への陽性が確認されたとか。
もちろん、養殖場は、沖縄県の指導に基づき、残りのエビ約2000匹を殺処分し、施設の消毒を行ったとか。
それはそうである。
沖縄県は、「クルマエビ」生産量全国一を誇っているのだから、感染したら大変。
ちなみに、この「AHPND」が今までのところヒトに感染したことはなく、感染した「バナメイエビ」が市場に出回ることはなかった(?)とも。
ところで、不可解なのは、この養殖場、海に面していないだけでなく、出荷や他の養殖場への移動もしていないというのである。
では、どうして感染したのか?
タイで感染していたのなら、とっくに全部死んでいたのでは??
また、この「AHPND」、世界で初めて確認されたのが、これまた2009年、中国。
これで、どうか思い出してほしい。
東仙坊、6月11日、恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?
で、中国発の「中共ウィルス」の世界的大パンデミックのなか、エビ養殖の世界でも中国発の「DIV1(十脚目虹ウィルス)」という毒性の強い新種ウィルスが猛威を払っていることをすでに書き込んで、警告しているのである。
多少重複するかもしれないが、もう一度触れておきたい。
「DIV1」は、2014年、浙江省で、中国産養殖エビの主要種の「太平洋ホワイト」で初めて発見された、エビ類に対して強烈は感染力と致死力を発揮する猛毒の新種ウィルスで、感染したエビは体色が赤みを帯び、数日後には殻が軟らかくなり、2~3日で池の底に沈んで斃死し、その致死率が80%以上というから、声も出ない。
以来、中国全土に広がり、2018年までに11省のエビ養殖場と孵化場で発症。
昨年2月には、養殖エビの一大産地、広東省広州市・珠江流域の3分の2におよぶエビ池に感染し、在池量の95%におよぶ大量廃棄処分したとか。
それが、夏場の水温上昇とともに終息したかのように思えたのに、今年2月、再度、中国養殖エビ一大産地の広東省で感染、発症が相次ぎ、広東省のエビ池の2~3割が襲われたというから、これはまたまたかなり深刻。
それで、東南アジアのエビ養殖主要国にも感染域が広がる可能性は排除できないと言われていたはず。
すると、6月18日、台湾農業評議会が、5月8日から2週間にわたって全国のエビ類養殖場を検査したところ、中国発の「DIV1」の陽性反応が、ザリガニ池12ヵ所、キングエビ池3ヵ所、ジャイアント・タイガー池1ヵ所で出たことを発表したというから、ビックリ仰天。
そして、エビ類だけでなく、カニ類に至るまで甲殻類全般に感染、発症するというから、さらにビックリ。
そのうえ、感染経由は不明で、今のところ予防対策も治療法もないというから、メチャクチャ気持ち悪くないか?
それにしても、「中共ウィルス」だけでなく、「鳥インフルエンザ」、「CSF(豚熱)」など何で中国から広がってくるのか?

Should bioscientists, who could be said to be the best in the world in Japan, seriously consider why China is causing so many new types of infectious diseases(日本の世界一優秀と言ってもいい生物科学者たちは、なぜ中国からこれだけ新種の感染症が発生するのか本格的に考察すべきなのでは)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード