Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Before saying Donald Trump, wasn't the democracy of the USA destroyed by the magic of China(ドナルド・トランプをどうこう言う以前に、USAの民主主義は、中国の魔力によって、瓦解させられてしまっていたのでは)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●中国の企み通り、「中共ウィルス」を「世界の警察」を辞めてしまったUSAへの神からの無残な天罰にしてしまっていいのか?

○東仙坊がプロファイリングする、USAが本当にリバイタラズするためのか細く曲がりくねった小道

③東仙坊、なぜ「USA共産党」である民主党が、血眼になってドナルド・トランプ降ろしに邁進したのか?
それも、自分たち同様、中国の「ブラックマネー」にしがみついたメインストリームメディアどもやSNSメディアどもをフル活用し、ホワイトハウス、国防省、裁判所、CIA、FBI、NIC、議会などにいる「チャイナゲート」どもや「ディープステート」の手先どもと一緒に、さらには、USA国内にゴロゴロいる中国のスパイどもと結託までして…。
そして、中国のプラン通りに、「ロシアゲート」、「ウクライナゲート」、「レイシズム」などを次々に捏造して…。
その理由は、単純明快。
1つは、ドナルド・トランプが、本気で中国を排斥し始めたために、自分たちがせっかく築いた黒社会国家中国からのジャブジャブの「アンダーマネー」獲得ルートが細くなり困り出したこと。
そして、それはウォール街を完全支配する「ディープステート」どもにまで悪影響を及ばし始めたこと。
特に、その「ディープステート」が牛耳る「FRB」をないがしろにし始めたこと。
2つ目は、中国を中心とした海外でのあまりにもいい加減な「関与政策」での失政が発覚し、糾弾されることを恐れたバラク・オバマ、ヒラリー・クリントン、ジョー・バイデンが、それらの隠蔽に何が何でも政権を取り戻すしかなかったこと。
ともあれ、その徹底したドナルド・トランプ降ろしのためのメインストリームメディアどもの一致団結した「ネガティブ・キャンペーン」は、醜悪極まりなく、およそ民主主義国家の面影は皆無だった。
なかでも、その編集会議の模様が、隠し撮りされ外部に漏れた映像で判明したが、「CNN」と「ニューヨークタイムズ」の悪辣さは、中国共産党と全く同じ。
そのヒドさは、それらをノー・チェックで垂れ流す「NHK」、「旭日新聞」、「廃日新聞」以下。
それにしても、いくら何でも、ジョー・バイデンの数多くのスキャンダルに見て見ぬフリを決め込んだことは、自分たち自身、今後、大きな禍根を残すと思うが…。
では、ジョー・バイデンがどこまで最低なオトコか、東仙坊、昨年10月27日の恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?で一度詳述しているが、もう一度思いつくままに挙げてみる。
◇習近平が、2013年、尖閣諸島を含む地域に勝手に、「東シナ海ADIZ(防空識別区)」を設定し、戦闘機でパトロールをし始め、無通告機を撃ち落とせと「防御的緊急措置」まで発令したとき、「エアフォース2」にバカ二男のハンター・バイデンとその娘までなぜか乗せて北京に行き、習近平と長時間会談(???)し、「USAは民間機に関しては、中国の規制に従う」と妥協したこと。
そして、日本で、安倍晋三首相が、抗議の共同声明を発表しようと提案すると、このアンポンタン、「主席に就任したばかりの習近平に面倒をかけるは止めよう」と拒絶したこと。
すると、中国が、15億ドルを拠出して、「中国銀行」とUSAの投資ファンド会社「ローズモント・セネカ・パートナーズ」と共同で投資ファンド新会社「ポパイ・ハーベスト(渤海華美)」を設立。
その「ローズモント・セネカ・パートナーズ」の経営者が、な、な、なんとハンター・バイデン。
そして、その「ポパイ・ハーベスト」役員に、クリス・ハインツなるジョン・ケリー元国務長官の娘婿
その会社に15億ドル以上を銀行送金。
◇2011年、習近平が主席候補になると、訪中しなんと6日間も会談。
そして、2013年、習近平が、訪米すると、空港まで出迎え、な、ななんと今度は5日間も密談。
◇ウクライナ最大の天然ガス会社「プリスマ・ホールディングス」の役員に、バカ息子のハンター・バイデンを高圧的に押し込み、月給5万ドルを支給させ始めたとか。
さすがのデタラメなウクライナ検察当局でも、その癒着について捜査をせざるをえなくなると、このアンポンタン、「検察官を辞任させなければ、USAの援助をストップさせる」と脅迫したとか。
◇東仙坊、これまた、昨年12月4日、恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?ですでに詳述しているのが、これ。
王立軍なるオトコの亡命を拒み、ソヤツが持っていた機密文書を習近平に渡し、中国国内のUSAの中国人スパイを摘発に協力し、金をバカ息子ハンター・バイデンを通し受け取ったというとんでもない売国奴。
まだまだある。

The unpopular and incompetent Perennial Candidate Joe Biden became president, giving our Japan a chance to be reborn as an “ordinary country” in a pitiful country that continues its defense strategy, which has been swayed by the USA(人望も能力もない泡沫候補の悪徳ジョー・バイデンが大統領になったことで、USAに甘えきった国防戦略を続ける情けない我が国に、「普通の国」に生まれ変わるチャンスが生まれた)!

To be continued...












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード