Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

A subservient country that couldn't speak clearly to other countries couldn't clearly convey its claims to protect its own national interests, politically, economically, culturally and historically(他国に明確にモノが言えない卑屈な国が、政治的にも経済的にも、そして、文化的にも歴史的にも、自国の国益を守るための主張を明確に伝えることなど一切できない)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

◆いくら宗主国のUSAが、今や「専制国家の代表国家」である中国が来年の冬季五輪の成功でその優位性の大プロパガンダをしようとしていることを阻止するために、「トモダチ作戦」として東京五輪を成功させるための全面支援として、ファーストレディーのジルやバイデンや「ファイザー」CEOを開会式に送り込んでくれた。
だからと言って、そのUSA選手団の約100人がワクチン未接種だというのに、なぜ整然と開会式で入場させられなかったのか?
◆どうしても我が国の宗主国になりたいご様子の中国、なぜか777人のその選手団を一瞬日本選手団と見間違えてしまうほどの赤と白のユニフォームを着用して登場する不気味さ。
まるで、これだけ内に媚中派を抱えた我が日本をすでに自分たちの属国とみなしているかのごとく。
◆東仙坊、戦後の世代である。
それゆえ、周りに多くの混血、いわゆる「ハーフ」がいっぱいいた。
もちろん、「合いの子」とイジメるヤカラどももいたが、ほとんどの人々が日本人らしくどこまでも大らかにすぐ仲よくなっていた。
それどころか、ファンション業界を中心に、「ハーフ」はとても重用される存在にもなっていた。
そして、半世紀以上が過ぎ、すっかりこのグローバル化した現代、その「ハーフ」など少しもメズラシクもなくごく当たり前の存在になっているのでは?
そんな中で、NBAプレイヤーでもある八村塁は、二言目には日本人の誇りを持って…と言い続ける大和男児。
彼が、開会式で旗手を務めたことは、ナイス。
けれども、すでにどこかで糾弾したが、金のために二重国籍から日本を選んだだけのブラック女子プレイヤーは、例の「B.L.M」騒動の際、自分が日本人であることを忘れたかのような、イヤイヤ、日本人であることを恥じるような言動に終始したから、ブチ切れ。
以来、その名前さえ思い出せないほど無視。
そ、そ、そうしたら、なんと最終聖火ランナーに、コヤツを起用したというから、激怒。
いくら世界の人種差別否定の風潮に媚びる姑息な人選とはいえ、あまりにも無神経で短絡的。
すっかり鼻白んだのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。
◆我が国のアニメやコミックが、世界的に評価されていることは、さすがに知っていたつもりだが、こんな国民が四苦八苦しているときに強引に実施する世界的イベントにしては、あまりにライトな、イヤイヤ、稚拙な内容だったのでは?
そういう人材を中心に企画していたせいか、せっかくユニークな着眼点もあるのに、どこかうらぶれたハコでの三流コメディアンによる三流コメディーの観が全体的に否めなかったのでは?
◆最も腹立たしかったのが、最後の花火。
それも、朱色と黄色が目立つどこかの国の花火にソックリ。
そう、13年前のどこかの「鳥の巣」の花火に瓜二つ。
わざわざナチュラル・テイスト豊かで繊細な木造の日本式国立競技場での開会式だったのでは?
もう少し情緒のあるものにすべきだったのでは?
それにしても、パクリ国家のモノをパクるとは、いよいよ我が国の文化だけでなく、我が国自体がフィナーレなのかも。
◆東仙坊、「ビデオリサーチ」の推計によると、この開会式をリアルタイムで視聴したのは日本全国で約7327万人もいるというから、唖然呆然…。
もちろん、十人十色、その奇特な7327万人の視聴者たちが7327とおりの感想を持ったことを揶揄するつもりは毛頭ないが、思わずゾッとさせられているのは、まさかそのマジョリティが、我が国のおバカメインストリームメディアどもの「世界的な祭りを祭り好きな日本人なら成功させなきゃいけない」という煽動に引っかかって、「自国で開催する歴史的な祭りだから感動した」と安直に思っているのでは?という不安。
そこで、声を大にして、普通の日本国民に伝えたい。
今や、金満集団IOCが仕切る「オリンピック」など、「マスメディアの丸儲けイベント」でしかないということ。
そう、税金泥棒的反日マスメディアのNHKと金欠に喘ぐ「日本民間放送連盟」がその枠組みを超えて共同制作する放送機構「ジャパンコンソーシアム」を立ち上げ、巨額の放映権料を支払ってまで開催したかった「営業イベント」。
それは、中止や再延期を訴えながらも、「オフィシャルパートナー」や「オフィシャルサポーター」であることを放棄せず、朝から晩まで、五輪、五輪と垂れ流し続けていることで、明白。
ということは、我が国のおバカメインストリームメディアには、人のいい視聴者たちと思いがけないメダルラッシュで、ジャンジャン広告料が入っているということ。
それで、実に興味深い話が、1つ。

The Japanese must lose their original Japaneseness and become a sly country like them due to the cunning speculation of the USA, China and South Korea(日本人は、米中韓の狡猾な思惑によって、どんどん本来の日本人らしさを喪失し、彼らのような陰険な国になってゆく)!

To be continued...
















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード