Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

The world's number one crime, even if it's a lie, and even numerical economic growth has disappeared China must be just a coffee cup without creep, sugar, or even coffee beans(ウソでも数字上の経済成長さえなくなった世界一の犯罪中国は、ただのクリープもシュガーもコーヒー豆さえないコーヒーカップでは)?

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、ブッ千切りの世界一のCO2排出国家である犯罪国家中国が、CO2ゼロを目指すなんて大ウソをついても、誰が信じるとメチャクチャ冷ややか。
それどころか、そのせいの電力不足で、「世界の工場」の看板を外すことになったら、何の存在価値があるの?と、思わず嘲笑。
実際、「アップル」やEV大手「テスラ」の中国の一部供給業者は、電力不足で工場稼働停止。
ブルームバーグ通信も、巨額負債で経営危機に陥っている恒大集団の問題を挙げつつ、「中国の電力危機は、『恒大集団』に続く経済的な打撃だ」と大報道。
9月27日、中国国有送電会社「国家電網」は、電力不足を受け、「全力を尽くして電力供給を守る戦いに臨む。省をまたぐ電力融通などの対策を行う」と発表。
同じく9月27日、吉林省政府幹部は、「地元の電力会社に対して火力発電用の燃料である石炭確保に全力を尽くせ。ロシアやモンゴル、インドネシアからの輸入を進める」と指示。
もちろん、中国の深刻な電力不足は、現地工場で大量電力使用する日本企業にも悪影響は必至。
JETRO広州事務所などが緊急調査を行ったところ、「自動車メーカーなど日系製造業も集積する広東省では、180社以上の日系企業から電力規制の影響を受けている」との回答があったか。
JETRO広州事務所清水顕司所長は、「実際に影響を受けている企業はもっと多いと思われる」と言明。
広東省広州市では、9月22~27日、電力使用量が多い朝から深夜の時間帯の生産用電気供給停止の通知や節電要請があり、ブレーキ大手「曙ブレーキ」は、工場の稼働を深夜から朝の時間帯に変更。当初、土曜の9月25日は工場を稼働し、日曜の9月26日は休みとする予定だったのに、変更を余儀なくされたというから、大変。
金属加工機械大手「アマダ」も、同じく深夜から朝の時間帯に工場を稼働。
そして、節電対策として事務所ではエアコン調整を実施し、作業現場でも照明を極力切るなどしているが、安全作業に徹するよう努めているとか。
どうだろう?
基本的能力不足のうえ、電力不足では、ただの異常な国と言っても過言ではないのでは?
ともあれ、中国が、その世界を震撼させている人造化学生物兵器「中共ウィルス」同様、世界を大恐慌の恐怖に陥れているのが、9月20日、一気に明るみになった中国不動産開発大手「恒大集団(Evergrande Group)」のデフォルトによる経営破綻問題。
何しろ、自ら、「負債総額が1兆9700億元(約33兆5000億円)に膨れ上がっている。デフォルトに陥るリスクがある」と公表・警告したから、特に欧米の投資家どもが真っ青。
それはそうである。
1996年広東省で創業。本社は深圳。
折から施策による施策による不動産市場の活況を追い風に、各地でマンション開発を展開したうえ、ミネラルウオーターや食品の販売、観光業、net関連サービス、保険、ヘルスケア、ディズニーランドより広い(?)子ども向けテーマパーク建設、サッカークラブ「広州FC(Guangzhou FC: 広州恒大)」運営、EV開発(?)など事業多角化に邁進していた国内最大級の民間コングラマリット企業。
国内で、20万人の直接雇用と380万人の間接雇用を創出、280以上の都市で事業展開。
許家印会長にいたっては、一時は中国一の富豪。
ただし、2017年、430億ドル(約4兆7000億円)あった個人資産は、現在は、90億ドル(約9900億円)を下回っているとか。
それもこれも、ここ数年、中国国内の不動産バブルを追い風に(?)、M&Aに積極的になったり、門外漢だらけのなのに、2019年、EV開発を手がける「恒大新能源汽車集団(Evergrande NEV)」を設立したりしたことが裏目。
事実、その新会社からは、なぜか市場に投入されている車種はないとも。
そこに、江沢民派撲滅を図る習近平が、不動産会社への引き締めを強化。
すると、一気に資金繰りが悪化。
株価が、今年になって約80%下落したりして、取引先への未払い金などを含めた負債総額は、な、な、なんと1兆9665億元(約33兆3千億円)。
請負業者やサプライヤーからは支払いが滞っているとの苦情が、債権者からも返済を求める声が殺到。
そのために、格付け会社「ムーディーズ・インベスターズ・サービス」、「フィッチ・レーティングス」、「スタンダード・アンド・プアーズ」が、相次いで格付けを引き下げ。
そこで、恒大集団と投資家の双方は、約1300億元(約2兆2000億円)の返済に関して合意したものの、その返済能力は疑問視されたまま。

Would the stupid boss soon regret the real estate bubble due to an internal conflict for the rest of his life(おバカボスは、まもなく内部抗争のために不動産バブルを弾かしてしまって、一生後悔することになるのでは)?

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード