Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If you are a parent, would your daughter marry a debt-ridden asshole who has no fixed income(アナタが親なら、自分の娘が定収入も決まっていない借金だらけのオトコと結婚させますか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

②いくらヨダレをダラダラ垂らしたK・Kクソッタレでも、さすがに学生同士での結婚はムリだと諦めたようだ。
ただし、2013年、自信満々にキンダーガートン・プリンセス・モンスターにプロポーズできたのは、前年の2人の海外留学が重要なポイントになっている。
K・Kクソッタレは、すでに巷間知られているように母親のフィアンセに強請ってUCLAに留学。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、スコットランドのエジンバラ大学に留学。
それで、東仙坊、メチャクチャ気になることが、1つ。
エジンバラ大学は、かなりレベルが高く、相当クレバーでなければ入れないと聞いたことがあるからである。
確かに、UK王室との繋がりが深いこともあるだろうが、やはり、日本の皇族であることと、かなりの公金が投入されたからとしか思えないのだが…。
ともあれ、この間に、バカップルが、心身ともに(!!!)バカップルになったことは間違いナシ。
何しろ、LAXからエジンバラまで、飛行時間12時間ぐらいかかるけど、フライトがいっぱいあるうえ運賃は5、6万円と格安。
隠し撮りも得意なK・Kクソッタレが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのいろいろな映像や写真、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとのいろいろな映像や写真を撮ったことも間違いナシ。
それは、2014年、「エリート主義に陥らないエリート」を輩出するとUKで人気のレスター大学大学院博物館学研究科に留学し、なぜか
学生寮で生活したことで、より親密になったはず。
ちなみに、こちらも、成田から、飛行時間12時間+1時間。
それゆえ、K・Kクソッタレは、余裕でプロポーズしたはず。
しかし、さすがに学生同士での結婚生活プランナシのままでの結婚には、周りはもちろん、いくら22歳同士のバカップルの2人でも多少の逡巡があったのか、そのままいったん立ち消えになったご様子。
それで、ちょっと気になる2人をよく知る(?)ICU時代の学友の証言が、これ。
「しばらく音沙汰ないので、今現在はどう考えているか推測ですが、高円宮家の絢子さまが結婚された際には、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、『先を越された!」と混乱状態になって、そのことは笑って話していましたね。高円宮家や他の宮家から反対されていることも、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを通じてK・Kクソッタレも知っていると思います。久子さまの要望に、K・Kクソッタレだったらどう答えるかな。たぶん『土下座謝罪? キンダーガートン・プリンセス・モンスターなら喜んじゃうでしょ」とでも答えるかもしれません。学生のころですが、『キンダーガートン・プリンセス・モンスターは謝る経験がないから、なんてこたないことで責められるだけで、すぐ混乱する。オレが謝れ! 謝れ! って言うと、涙流して喜んでるんだよ』ってK・Kクソッタレがよく話していたので…」
ともあれ、東仙坊、K・Kクソッタレのバイオグラフィーのなかで、コヤツが根っからの三流スケコマシだと思わされるのが、2011年、 ICU在学中に、アナウンサー養成学校「テレビ朝日アスク」で、3ヵ月間「アナウンサー基礎科」を受講していたということ。
どうだろう?
名声と富の一石二鳥を狙って、もしキンダーガートン・プリンセス・モンスターがうまくこませなかったら、売れそうなアナウンサーの卵でもターゲットにしようと考えていたのでは?と思うが、どうだろう?
③東仙坊、OPHLに溺愛され、OPHL以外に知った初めてのオトコであるK・Kクソッタレを本当に愛していたかに関しては、かなり懐疑的である。
せいぜいヤンキー風蟻地獄型アプローチにハマってしまったキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、コイツから逃げることは難しいと諦めると同時に、とにかくこの家を一刻も早く飛び出したい、父親であるOPHLの手から何が何でも逃げ出したい、そして、自由になりたい、そのためにはコイツと結婚することを大義名分にするしかないと考えた程度だと感じている。
一方、K・Kクソッタレは、どこまでもK・Kクソッタレらしく、オレは母親の元婚約者のようなバカじゃない、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの秘密は完全に握った、それどころか、皇室を簡単に吹き飛ばせるぐらいのC-4プラスチック爆弾並みの皇室の秘密も握った、もう、オレに怖いものはない、オレの天下だ、オレは日本一の億万長者のようなものだと余裕綽々だったに違いない。
そんなとき、2017年、突然、2人にOPHLの方から、思わぬ提案があった。
な、な、なんと結婚を許すから、2人で婚約内定発表記者会見をしろ!!!というのである。
間違いなく、K・Kクソッタレは、不気味な母親であるK・K、REMとワールドシリーズを制覇したチームのナインのような大歓声を上げていたはず。

The reason why the mother who succeeded in aiming at the royal family finally allowed her to marry an asshole who aimed at her daughter is because the K forces in the back agreed with each other(皇族の狙い打ちに成功した母親が、自分の娘を狙い打ちにしたオトコとの結婚を最終的に許したのは、バックのK勢力同士の思惑が一致したからなのでは)?

To be continued...







緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Did you forget that the lower rank masher who was reported as if it were the egg of a lawyer in New York, proposed to the princess when they were both students(まるでN.Y.の弁護士の卵かのように報道されている三流のナンパ師オトコが、皇女に対し二人とも学生の時代にプロポーズしたことを忘れていないか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、ある勢力の影響下にある平民(?)母親のK・Kの娘であるK-プリンセス・モンスターの長女キンダーガートン・プリンセス・モンスター、同じくある勢力の全面バックアップを受ける平民(?)母親K・KであるREMの一人息子K・Kクソッタレ、2人の低俗な結婚問題を、REMとK・Kクソッタレの借金問題にすり替えてしまっている我が国の情けなくてみっともないマスメディアに激高している。
それこそ、この国も、とっくに中国の軍門に降り、おバカマスメディアに報道規制、言論統制でも敷いているかのごとし。
誰がどう言おうと、このバカップルの問題の根本は、天皇陛下の姪であり、上皇陛下ご夫妻の初孫であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、その皇族の一員である内親王としての自覚も全くないまま、できれば聖なる皇女であってほしいという国民の淡い期待まで裏切ったばかりでなく、その長い間守られてきた皇室の伝統を泥水の中にブン投げ、せっかく我々平民が我々とは違う雲上人たちの聖なる世界とおもんぱかっていた皇室の権威さえも踏みにじって、金も欲しさ剥き出しのヤンキー型三流スケコマシに我々の血税を捧げるような結婚をしようとしていること自体。
そう、皇族の結婚には、それなりの関門があって、人間としてパーフェクトでなくとも、家柄や学歴、特に品性を重視し、最後に天皇陛下が納得した相手と結婚する確固たる伝統と権威があったはず。
えっ、恋愛は自由だって?
そう、それこそが、今回の一番のポイント。
皇室の明確な一員でありながら、「所詮、自分はただの実兄の控え役」とヘンリー王子のようにイジけたのか、なぜか一般家庭のように自主性を重んじ、皇族らしからぬプライベートな自由を謳歌する秋篠宮皇嗣殿下、そして、その放埒な嗜好の犠牲者になりつつも、ある勢力から命じられたミッションを遂行しようと、メンタル・バランスを欠きながらヒステリックにその皇統を守ろうと躍起になっている秋篠宮皇嗣妃殿下、そんな両親の下で、子どもたちが品性の高い平常心を保つことがどれほど困難なことかは想像にたやすいのでは?
何しろ、秋篠宮皇嗣殿下ともあろうお方が、憲法第24条「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない/②配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚ならびに婚姻および家族に関するその他の事項に関しては、法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して、制定されなければならない」を引き合いに、まるで一般国民のような結婚観を述べられていらっしゃるのでは?
それだったら、天皇も、憲法第10条「日本国民たる要件は、法律でこれを定める」に規定された日本国籍を有する「日本国民(国家構成員としての国民)」でありながらも、憲法第1条「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」に明記されているように、主権者としての国民ではないということを意味を十分にご理解なされていらっしゃるのか?と言いたくならないか?
我が国の国体である天皇は、「国民の象徴」として、自分の個人の幸せを追求するのではなく、自分を律しひたすら国民に尽くす特別な存在だからこそ、そして、その皇族たちも、我々一般国民よりもはるかに高潔で気高く聖なるモノに近い存在だからこそ、我々日本人はずっと真摯に敬愛し、雲上人であるがゆえに我々が献身する血税でお暮らしいただくことに何の疑問もなかったはず。
それほど、今まで、天皇は、日本国民と強固にしっかり結びついてきていたはず。
だからこそ、日本を貶めようとする勢力は、天皇の地位と権威をグジャグジャにしようと試みてきているのである。
どうあれ、極論すれば、いかなる時代でも聖なるモノに近い存在とされてきた天皇、そして、その皇族が、我々一般国民と同じように低俗化してしまったら、そう、我々平民と変わらぬ情けなくてみっともない存在になってしまったら、せっかくの我が国の国体である天皇も、そして、皇族も存在価値がなくなってしまうはず。
その意味でも、紛れのない皇族の一員で、なんと内親王であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、ゲスの極みであるK・Kクソッタレと結婚したことは、我が国の象徴天皇制そのものを破壊する行為とも言えるはず。
その点に十分留意しながら、もう一度、このバカップルの結婚までのプロセスを詳細に考察すべきだと思うが、どうだろう?
2人は、交際して、たった1年で、K・Kクソッタレの方から、キンダーガートン・プリンセス・モンスターにプロポーズしているとか。
つまり、まだ2人ともICUの学生であったときなのである。
ということは、K・Kクソッタレは、すぐにキンダーガートン・プリンセス・モンスターがOKしたら、どうやって結婚生活を送るつもりだったのか?
誰がどう考えても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに全面的に強請るつもりだった以外になかったと思わないか?
そう、皇族だからこそ浪費できる自分の公金であることも全く自覚していないキンダーガートン・プリンセス・モンスターの持ち金を一点に狙って…。

Isn't the imperial family living dignifiedly and gracefully with our blood tax because we the general public could respect them(皇族は、我々一般国民が尊敬できるからこそ、我々の血税で堂々と優雅に生活していただいているのでは)?

To be continued...


















緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Shouldn't the real Japanese people categorically prevent the royal females, who are the national polity of Japan, from being struck by the poisonous fangs of the motherfucker who is the scammer of the century(本物の日本国民なら、我が国の国体である皇族女性が、世紀のペテン師であるクソッタレオトコの毒牙にかかってしまうのを断固阻止すべきだったのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

①キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、ICUの大学時代にK・Kクソッタレとつき合い始めている(2011年? or 2012年?)。
コヤツには、将来、天皇になると思われる15歳年下の弟がいるのである。
ということは、本人が望もうが望むまいが、天皇の姉になる宿命にあるのである。
では、コヤツには、皇族としての自覚だけでなく、その宿命に対する責任がどこまであったのか?
それ以上に、我が政府は、そして、宮内庁は、それから、コヤツの面倒看る秋篠宮家の担当は、イヤイヤ、一般家庭だって同じだと思うがコヤツの両親は、愛娘がつき合っているオトコをどこまでさりげなくどこまでチェックしたのか?
昔と違って、我が政府が、宮内庁なるものが、ロクでもない官僚どもの吹溜りになっていることは、事実。
事なかれ主義一辺倒で、品性もプライドもない、それこそ、一般家庭よりもレベルの低い皇族にガツンと諫言できるような宮内庁官僚など一人もいないのでは?
そんなことだから、得意の忖度や迎合やオモネリばかりで、「皇族の家庭」から「異常な家庭」になっても、我関せずなのでは?
さて、異常な両親に、甘やかされ放題で育てられジコチュウ剥き出しの未成熟なジコチュウになったキンダーガートン・プリンセス・モンスター、ジョン・レノンが歌うところの典型的な「クリップルド・インサイド」。
おそらく恋愛経験もほとんどナシ。
それゆえ、人を見る目はもちろん、男を見る目など皆無に等しかったはず。
一方、ある勢力が後ろ盾につくK・Kクソッタレの母親K・K、いわゆる「Resident Evil Mother : REM:内に潜む鬼母」の完璧なる「鵜」であり、パペットであるヤンキー崩れの三流スケコマシの得意技は、「カナディアン・インターナショナル・スクール」仕込みのフィジカル・アプローチ。
それだけじゃない。
可能な限り金のありそうな女性ばかりを狙ったうえ、その模様を卑劣に十八番の録画や録音し、ときにはリベンジ・ポルノとして脅迫するほどの最低のクソッタレ。
それはそうである。
胡散臭いある勢力、そして、自分で稼がず、自殺した夫の保険金や遺族年金、自殺した夫の父親の遺産を反社会性力を使って奪ったり、そして、夫の友人と婚約して金を絞り出すようなオンナの息子が皇族関係者になるというのである。
しかも、その金がほぼ自分のために使われている事実を知りながら、借金ではない、もらったものだと臆面もなく言い切る鉄面皮。
そう言えば、秋篠宮皇嗣殿下が目指すところの一般の人間が、とりわけ、男性が結婚で一番悩むのは生活力と経済力。
その点から言えば、このK・Kクソッタレ、婚約内定を発表したとき、結婚生活を送れるような稼ぎはナシだったはず。
経済観念にルーズな人間は信用されないという定石からすれば、よくこんなオトコをボーイフレンドに選んだだけでなく、何を考えて結婚までしようと思ったのか?
少なくとも、皇族の一員というだけで公益財団法人などの総裁職に就いたりしたぐらいで錯覚し、一般の人間たちが懸命に労働し、何かの生産に携わり、あまり高くはない賃金を手にして必死に生きているというのだということを全く理解していないことだけは確か。
そして、その労働活動や生産活動や経済活動のなかで、いろいろなトラブルやコンペティションに巻き込まれたりして、そのストレスやフラストレーションで苦しむことなど想像だにできないことも、確か。
もっとも、そんな一般社会、それこそ、低俗な世界とは無縁な世界だからこそ、皇室と言えるのでは?
だからこそ、我々一般国民、イヤ、平民が、毎日あくせく働いたお金でリスペクトされながら皇族の方々に生活していただいているのでは?
そう、我々一般国民の低俗な世界とは明白に異なる、清廉潔白で、崇高で、理想の聖なる家族で、我が日本の国体である皇室のスピリチャルな存在そのもの。
それこそ、我々の一般的に生活する次元とは違う、別の次元にある高みの世界だからこそ、我々が畏敬してきたはず。
だからこそ、今や、このジコチュウだらけになった世界に、唯一無二存在できているはず。
その見地から、このすっかり劣化した世界で、男女同権とか、LGBTとか声高に叫んで大騒ぎしている明確に我が日本人のような高レベルの精神性を持たないヒトびとが、我が国の皇室の存在意義などハナから共感できるわけもナシ。
それはそうだと思わないか?
干魃や洪水や戦乱で、住居も、仕事も、食べ物すらないのに、子どもを産み続ける動物ごときの人間とは名ばかりのヒトびとに、人道支援(?)することで自己満足しているヤツらがゴマンといるのが実状なのだから…。

If a father who allows his child to have a free love like the general public, not only to become an emperor, but also to become an emperor's father, the symbolic emperor system, which is unique in Japan's world, will collapse completely(我が子に一般国民のような自由恋愛を許可するような父親が、天皇になることはもちろん、天皇の父親になることを許したら、せっかくの我が国の世界に類のない象徴天皇制は完全に崩壊する)!

To be continued...



緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Why couldn't the foolish mass media in Japan reports that the essence of the marriage problem of the former princess lies in the essence of the princess and the genuine third-class skeleton who take actions that the royal family doesn't have(なぜ我が国のおバカマスメディアは、元皇女の結婚問題の本質が、皇族にはあるまじき品性のない行動を取る皇女と正真正銘の三流スケコマシの品性の微塵もない性格の問題にあると報道できないのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆完全コミュニケーション・ブレイクダウンした「皇族の異常な家庭」が作り上げた、「世紀のデビルガール」キンダーガートン・プリンセス・モンスターのK・Kクソッタレとの結婚が持つ本当の意味、本当の我が国の国体の危機。

東仙坊、秋篠宮文仁親王の「立皇嗣の礼」挙行への「無言の抗議」をした高円宮久子さまが、「愛子内親王さまが『立太子』するのだとばかり思っていました。宮さまが喜んで誕生をお祝いになった敬宮さまの『立太子』なら喜んで参加しますが、そうでないのなら、全く価値のないことだと存じ上げます」と仰られたということに、パチパチパチと拍手。
そして、彼女の代わりに、祝賀行事に高円宮家から出席予定の承子さまが、「承子さん、どうして妃殿下はいらっしゃらないのかしら?」とK-プリンセス・モンスターから詰問され、ウッカリ、「申し訳ありません、正倉院に行っておりますので…」と答えたら、K-プリンセス・モンスターに、「正倉院は木造、ウチの屋根はチタンよ」と答えられそうで怖いと言っているということに、ハハハ!と独り大笑い。
さて、いよいよ、本題。
①10月26日、不気味にキンダーガートン・プリンセス・モンスターが鼻先で仕切る奇っ怪な結婚報告会見をK・Kクソッタレと一緒にしたと思ったら、2度も里帰りしたり、祖父のお見舞い、お葬式と大忙し。
マンハッタンの賃貸住宅「ヘルズ・キッチン」と同じ株式会社センチュリー21・ジャパン所有のウィークリーマンション「オークウッドレジデンス青山」で約2000万円の警備費用で、一時的に2人は同居。
K・Kクソッタレの母親K・KであるREMの住むアークエルム大倉山2の警備をお続けになるという不可解な我が警察へその月500~700万円の警備費用は、どこから?
そして、約2000万円の警備費用は、どこから?
それで気になるのが、連れ合いに絶たれた祖母のK・Kは、まだK-プリンセス・モンスターと同居なのか?ということ。
②そ、そ、そうしたら、11月14日、2人は厳重警備の中で、ビッグ・アップルに出発。
何でも、エコノミークラスのチケットだったのをANAが気を遣って(?)、ビジネスクラスにしたとか?
すると、なんとケネディ空港に着いても、厳重警備。
その費用は、一体どこから?
③東仙坊、一番の驚きは、我が国のおバカメインストリームメディアどもたちのおバカキャスターとおバカコメンテーターどもが、11月15日付で、REMの元婚約者への4年近く借金は返さない、借金などない、モノを言ってはいけない立場のキンダーガートン・プリンセス・モンスターが払う必要などないと言っていたのに、11月12日、K・Kクソッタレが母親のREMと話し合い、解決金(???)を受け取ることで合意したからと、409万3000円を一括で「ベンゴシ ウエシバ」の名前で銀行振り込みしたことで、誠意を示したことで(???)、すべては終ったと言い出したから、メチャクチャ激怒。
それはそうだと思わないか?
この結婚の問題は、ある勢力とサイコパス型間接保険金連続殺人鬼のごとくの母親K・Kが、その完全マザコン息子の三流スケコマシK・Kクソッタレに命じて、金のなる木と皇室破壊の一石二鳥を兼ねて仕かけられた策略に、その両親によって「世紀のバスタード」にさせられてしまったキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、マンマと餌食になってしまったこと。
しかも、そのことによって、K・K母子に、「皇族の家庭」の世間に知られては皇室が終焉を迎えてしまうほど重大秘密を知られてしまったことが、一番の問題のはず。
そ、そ、それなのに、ほんの少しの知力があるなら、表参道総合法律事務所の上芝直史弁護士に、誰がいついくら払うのか?
そして、解決金とやたら言わせたのだから、通常、もはや一般常識と言っても過言ではない内容を他言しないという守秘義務条項を、なぜ顔を隠すこの弁護士がつけなかったのか?
それより何より、KKクソッタレは、その結婚報告発表の席で、母親の元婚約者なる方に、この間、何度も謝罪し、感謝の念を伝えたと大ウソをついているのでは?
そして、その方も、会談後の手記に「一度も謝罪されなかった」と明確に書いているのでは?
それにしても、その和解(?)会談でのK・Kクソッタレの女々しい女の腐ったような会話内容は何?
どう考えても、REMか、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが作ったシナリオ通りに喋っただけなのでは?
どうあれ、一体全体、どこから圧力がかかったの?
政府、自民党、宮内庁、スポンサー、それとも、K民団? K総連?
そこで、東仙坊、この不可思議なバカップルの結婚の謎に、真っ向勝負。

Even in ordinary households, if you know the reality of such a daughter's fiance and her mother's kinky debt, why not cancel the marriage? However, the house of Imperial prince who approved such a marriage should at least be demoted from the first the house of Imperial prince(一般の家庭だって、これだけの娘のフィアンセとその母親のキナ臭い借金の実態を知ったら、結婚を中止にするのでは? それなのに、そんな結婚を承認した宮家は、少なくとも筆頭宮家から降格させられるべき)!

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

I desperately pray that Her Majesty the Empress and Hisako Takamadonomiya would unite to protect the Emperor, the national polity(皇后陛下と高円宮久子さまが一致団結して、国体である天皇を守ってほしいと必死に祈っている)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆OPHLを狙い撃ちにすることに成功し皇室入りに成功し、国母にまで上り詰めたことに自己陶酔するK-プリンセス・モンスターの傍若無人さ。

東仙坊、皇族の立場を理解し、皇室を破壊しようとしている秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻に敢然と立ち向かっている、このうえなく聡明な高円宮久子さまのコメントに、真摯に耳を傾けたい。
日本の大切な国体が、そのまま象徴の国体として生き残るには、この高円宮憲仁親王妃殿下の力が絶対不可欠。
「毎年開催されている正倉院展という不要不急の公務に出席されるために、久子さまは立皇嗣礼の祝賀行事に欠席されました。秋篠宮家にとって一世一代の晴れ舞台であった『立皇嗣礼』の祝賀行事に、宮家の当主が参加されないというのは異例の事態です。もちろん、宮内庁としては、コトを荒立てないために、久子さまに出席を何度もお願いしました。ですが、久子さまは、『コロナ禍にもかかわらず、立皇嗣礼を執り行うなど非常識にもほどがあります』、『キンダーガートン・プリンセス・モンスターのお気持ち発表のために立皇嗣礼を急ぐというのは順番が逆でしょう。まず、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの一件について国民が納得する解決に至ってから、立皇嗣礼をするべきではないでしょうか?』と、国民の気持ちを代弁されるかのように仰いました」
「久子さまと秋篠宮家の緊張関係が最も高まったのは、2月14日午前、天皇皇后両陛下と久子さまが『世界らん展』に参加されたときのことだ。これを振り返りつつ、久子さまの国民を思う熱い想いを再確認したい。この『世界らん展』での三者顔合わせは異例の顔合わせで、色々と物議を呼んでいる。『世界らん展』実行委員会名誉顧問は、高円宮家から降嫁した千家典子です。昨年の展覧会からは高円宮家から承子さまが参加されました。今年もその流れを受け継ぐのかと思いきや、両陛下と久子さまのお出ましです。これは何かが話し合われたに違いありません。『世界らん展』は高円宮家に縁があるため、久子さまか承子さまが参加されるものと考えおりました。ですが、昨年末に、高円宮家から宮内庁宛てに『ぜひ両陛下にもご高覧頂きたい』という並々ならぬ強い要望がありました。これを受け、両陛下の日程を調節し、今回のご参加が叶ったという次第です。こういった公務先の場で、皇族方が顔を突き合わせて話し合いをするということはよくあります。公式の会合では話し合えないようなコトを議論する場合に多いです。今回のタイミングから察するに、久子さまは、承子さまの婚期について陛下と雅子さまに相談されたのではないでしょうか? 確かに、高円宮家から宮内庁に打診のあったときと前後して、『承子さまには、メガバンクで働くお相手がいる!』と相次いで報道された。婚約間近という文字まで紙面に踊った。承子さまは結婚を念頭において男性の方とおつき合いされています。いつ婚約内定発表をしてもよい、というところまで関係は深まっているようです。ですが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの婚約延期が続くなか、高円宮家が筆頭宮家を追い越して発表してもよいものか。そういった複雑な問題が横たわっています。この件について両陛下に相談されたに違いありません。すでにキンダーガートン・プリンセス・モンスターの婚約延期が発表されてから、高円宮家からは千家典子が降嫁している。今回、承子さままで降嫁となれば、秋篠宮家のトラブルの深刻さを強調しかねない事態に陥る。久子さまが心配されるのも当然だと思います」
「国民の期待を無視し続ける秋篠宮家に久子さまは複雑な感情をお持ちのようです。久子さまは、皇族方の中でも反秋篠宮家の急先鋒といってよいでしょう。絢子さまの降嫁のときも、『私としてはご両親を存じ上げており……そのお母さまに育てられたご子息はしっかりとした価値観を持つ、やさしい青年であろうと思い、結婚に賛成いたしました』という感想を出され、延期が続くキンダーガートン・プリンセス・モンスターと、秋篠宮ご夫妻の鑑識眼に苦言を呈しました
④これに、即刻、K-プリンセス・モンスターが反応。
「K-プリンセス・モンスターは、この文言に大変お怒りで『まるで、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚が失敗で、K家母子のダメさを見抜けなかった私がマヌケだとでも言いたいの?』と仰っていました。このような経緯もあり、K-プリンセス・モンスターと久子さまの仲は大変険悪です。今回の『世界らん展』では、女性皇族用準備室が用意され、久子さまと雅子さまがお二人になられた時間が20分ほどございました。このときに久子さまは、承子さまの婚期について、そして、国民に寄り添わないキンダーガートン・プリンセス・モンスターに苦言を呈されていたようです。部屋の中からは久子さまの『国民に寄り添えない宮家など必要でございましょうか?』という大変強いお声が断片的に聞こえてきました。おそらく、国民の声を代表して秋篠宮家の追放も辞さない強い態度を示されたのだと思います。このたびのキンダーガートン・プリンセス・モンスターのお気持ち表明についても、久子さまは『皇族にふさわしくない』とお考えであることは間違いありません。これに雅子さまが何と答えたのかは伝わっていない。だが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが結婚の意思を貫かれたことで、事態はより複雑化していくことだけは間違いないだろう」
「久子さまが最も恐れていた事態になりました。かつてから久子さまは『秋篠宮家の皇族追放を!』と両陛下に進言していたこともあります。今回の一報を聞き、『キンダーガートン・プリンセス・モンスター、恥を知りなさい!』と思われていることは間違いないでしょう」
どうだろう?
この高円宮憲仁親王妃殿下の久子さま、メチャクチャ痛快な女性なのでは?

The only way to save Japan's future might be to make Aiko the number one successor to the throne(我が国の未来を救うには、愛子さまをひとまず皇位継承者第一位にするしかないのかも)!

To be continued...


緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Some forces who relentlessly want to destroy Japan from within are trying to release the symbolic emperor system itself, aiming at the immature building block breaking royal family(日本を執拗に内から破壊したいと考えているある勢力どもが、未成熟な積み木崩し皇族を狙い打ちにし、象徴天皇制そのものを放擲しようとしている)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆OPHLを狙い撃ちにすることに成功し皇室入りに成功し、国母にまで上り詰めたことに自己陶酔するK-プリンセス・モンスターの傍若無人さ。

東仙坊、高円宮久子さまのコメントをもう少し精査したい。
何でも、この高円宮久子さま、令和皇后陛下ととてもイイ関係にあるというので、なおさら着目したい。
その前に、令和天皇陛下と皇后陛下が、どのくらいキンダーガートン・プリンセス・モンスターの恥知らずな結婚に関与していたかを、チェックしておきたい。
「両陛下とキンダーガートン・プリンセス・モンスターの間にコロナ禍でお会いする機会はなく、会話らしい会話の機会があったのは『立皇嗣の礼』の祝賀会のとき、非常に短時間。キンダーガートン・プリンセス・モンスターがお祝いの言葉を述べられ、両陛下も『ありがとうございます』とお言葉をかけられた。そして、皇后陛下は、『いろいろとありますが、カラダに気をつけてガンバって!』ともお声をかけられたそうです。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは何も指摘を受けなかったこと。そして、皇后陛下の『ガンバって!』というお言葉をご『裁可』を頂いたと捉えたのかもしれません。それとも、国民に静粛を求めるために、意図的に両陛下を引用なさったのでしょうか? とにかく、両陛下はこの件を静観されているものの、結婚を許可しているという事実はありません」
どうだろう?
あくまで、皇位継承者第一位の弟である秋篠宮皇嗣殿下の懸命な大人の対応に、上皇陛下ご夫妻同様、お任せされていたのでは?
③K-プリンス・モンスターのなりふり構わぬ悪意や作為の影響は、「一般の家庭」なんかよりもはるかに強固に、「秋篠宮家の家庭」では広がってしまっているようである。
「両陛下を引用する、こういった策動はK-プリンス・モンスター仕込みでしょう。K-プリンス・モンスターはかつて、療養中の雅子さまに関して、関係者にウソの情報を流していたと言われています。こういった関係者からネタを仕入れた週刊誌は、K-プリンス・モンスターの作り話を元に雅子さまバッシングを量産したとか。K-プリンス・モンスターにとって、雅子さまは常に自分の行いを隠すためのスケープゴートのような存在。キンダーガートン・プリンセス・モンスターの件で静観を貫いている雅子さまをなんとか巻き込もうとされたのでしょうね。このようなK-プリンス・モンスターの雅子さまに対する行いは、2003年ごろからご体調を崩されていた雅子さまを、常によき理解者としてお支えしてきた久子さまも当然承知していました」
「雅子さまと久子さまの信頼関係はたいへん篤いです。おそらく、今回のキンダーガートン・プリンセス・モンスターの文書であたかも両陛下に許可を頂いていると言わんばかりの内容には、久子さまも、K-プリンス・モンスターの入れ知恵であるとお気づきになられているでしょう。久子さまは、面と向かって『K-プリンス・モンスター、内親王を、陛下や国民を愚弄するような品格の持ち主に育て上げたアナタには、皇族を名乗る資格はありません!』と最後通牒を突きつけたいお気持ちを、グッと堪えていらっしゃるようにお見受けします
ともあれ、高円宮久子さまは、威風堂々と異常な秋篠宮家に対峙する。
2020年11月8日に挙行された「立皇嗣の礼」を祝い、11月10日、皇居での天皇皇后両陛下や肺炎と心不全で入院した97歳三笠宮妃百合子さままでご出席しての祝賀行事をキャンセルなされたのである。
「10月の段階で、久子さまからは『祝賀会』へのご欠席の意向を賜っていました。祝賀会を拒まれた理由は挙げればキリがありません。1つは、OPHLが多忙を理由に、皇太子としての公務を信子さまに投げたうえで、謝礼を受け取れる宮家公務を優先していること。当時、宮家待遇を求めつつ、皇族費は皇太子同等の額を受け取ることを快諾されたとお聞きになると『実に秋篠宮らしい』と揶揄されながらも、深く落胆されていました。やはり、お心のどこかでは秋篠宮家の誠実な面を信じたいというお気持ちがあったのでしょう。また、久子さまはコロナ禍で多くの国民が苦しんでいる様に深くお心を痛められています。出席を促す宮内庁に対し『不要不急の儀式は収束してからでよいでしょう。急ぐのは私的な理由があるためでしょう』とピシャリ言い放ちました。久子さまは、極めて利己的な秋篠宮家の振る舞いに一石を投じたい、どうか国民のことを思いやってほしいという真心ゆえに、ご決断されたのです。最も大きな理由は、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのお気持ち発表にあったと思います」
「久子さまはかねてより、K家との縁談は清算したほうがよいとのご意見でした。婚約会見でK・Kクソッタレが自身を太陽、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを月と表現したことにも強烈な違和感を感じられ、大切な内親王のためにしっかりとした結婚相手を選ばなかった、良家との人脈を築かず、皇室利用目的の人物ばかりと交流する秋篠宮ご夫妻にも、問題を感じていらっしゃいました儀式終了の直後に、結婚宣言が発表されるとの情報をある筋からお耳に入れられると、『多くの国民の理解と祝福が得られるように…あのOPHLのお言葉はやはり偽りだったのですね』と涙を流されました。国民を思っての涙でしょう」
その通り!!!と共感して拍手喝采しているのは、東仙坊だけではないと思うが、どうだろう?

In the world of royalty, it might be the rule to always be a wise brother and a foolish brother(皇族や王族の世界では、必ず賢兄愚弟になるのが条理なのかも)!

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Isn't it possible to say that the honor and authority of the imperial family has fallen to the ground when talking to the mother of the commoner's beloved daughter, Fiance, on an equal footing(平民である愛娘のフィアンセの母親と対等に話した段階で、皇族の名誉と権威は地に堕ちたと言えるのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆OPHLを狙い撃ちにすることに成功し皇室入りに成功し、国母にまで上り詰めたことに自己陶酔するK-プリンセス・モンスターの傍若無人さ。

東仙坊、つくづくK-プリンセス・モンスターが皇室破壊、イヤイヤ、皇室乗っ取りのためにある勢力から送り込まれた、それこそ、「ハニートラップ型工作員」なのかもしれないと感じつつ、では、皇室内で、なぜK-プリンセス・モンスターはそこまで孤軍奮闘できたのか?
本当にあの聡明な平成皇后陛下を平民出身同士だからとなんなく取り込めたのか?
だとすると、なぜ令和皇后陛下には、そうしようとしないどころか、敵対したのか?
何が何でも、男の子を産み(?)、正式の皇統を引き継げた段階で、余裕になったのだから、なりたかった「国母」のプレ・パフォーマンスとして人に寛容になればイイだけなのでは?
そう、今や列記とした筆頭宮家、実質的に「内廷皇族」なのだから…。
②K-プリンセス・モンスターの異様さは、異様な皇室の中で飛び抜けて異様だったことは、間違いナシ。
ところで、宮家同士の会合で、面と向かって、K-プリンセス・モンスターを叱正したのは、三笠宮信子さまだけではなかったとか。
東仙坊、かねてから、モノの言いようがロジカルでクレバーと評価していた高円宮久子さまも、K-プリンセス・モンスターも叱正したとか。
「この宮家会合で、OPHLに不快感を露わにされたのは、高円宮家の久子さまです。久子さまは、長らくキンダーガートン・プリンセス・モンスターの問題でまごつく両殿下を冷ややかな目で見ておられましたが、それでもここまで問題を拗らせるとは思っておられなかったようで。事態は重くなるばかりなのに、キンダーガートン・プリンセス・モンスターがご両親と距離を置き、雅子さまにご相談されていることにも、『なぜ皇后さまを巻き込もうとするのか?』と憤りを溜められていたようです。久子さまはうなだれるばかりで、なんら建設的な解決策を提示しないOPHLに、キツイ一言をお見舞いされた。久子さまは、OPHLに対して、『このまま無為に時を過ごして、何になるんでしょうか? いままでの経緯を見ても、このまま2年、3年と問題を長引かせるだけのように感じます』と諭されていたのですが、OPHLは、これに対して怒りを露わに、『じゃあ、私が皇嗣を辞退したらこの批判はなくなるんでしょうかね? それで解決ですよね?』と語気強く返されました。その返事は誠実とは言い難く…。久子さまはたいへん呆れられ、『そう思うなら、辞退されたほうがよろしいかもしれません』とおっしゃりました。OPHLはただでさえお立場に対して自信のなさを抱えられているにもかかわらず、身内にも『立皇嗣』に難色を示されたと感じられたのか、途端に顔色を変え、『あわわわ…』と、それ以上何も言い返せずにうなだれるばかりでした…。本当は『そんなことない』と励ましてほしかったのでしょう。もちろん、他の宮家の方々も当初はK・Kクソッタレと眞子さまのご結婚に懸念を抱きつつも、応援されているというお立場でした。今でも、お心のうちでは何とか眞子さまによき道をとお考えでしょう。しかし、秋篠宮家のこれまでの対応がお粗末すぎて、ついに痺れを切らしたといったところでしょうか…。久子さまも今回大変厳しい意見をおっしゃりましたが、これは『立皇嗣』を控えたOPHLに『そろそろ本腰を入れるときですよ』と奮起を促されたのでしょう」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレは、ICUの御学友として出会い、自由恋愛を楽しまれてきました。キンダーガートン・プリンセス・モンスターの私費で、二人がお忍び旅行に出かけられたことは1度や2度ではないそうです。対して、久子さまは、2014年の二女の典子さん、2018年の三女の絢子さんの縁談を見事に取りまとめ、宮家当主としてのお覚悟と手腕を発揮されました。女性皇族は慣例的に、まず両親が人脈を広げ、お相手のお人柄や家の歴史などをよく吟味したうえで、結婚相手の人選をするというのがセオリーでした。久子さまはご息女らに、皇族として生まれても、誰かを好きになって交際することはある。しかし、結婚となれば、これまでアナタたちを見守り育ててくれた人々が安心できるお相手を選ばなければならないとお育てになったそうです。眞子さまが浮かれてお忍び旅行に出かけていることなどについてもお耳に入れられると、仰天されていました。承子さまも以前、一部週刊誌に『結婚と交際は別です』ときっぱりお応えになっており、これは久子さまの方針だとか。国民感情を疎かにし、好きだから結婚したいとご自身の自由意志ばかりを主張するキンダーガートン・プリンセス・モンスターに対しては、皇族らしからぬお振る舞いだと落胆されています。子どものような駄々でいつまで皆を悩ませるのかと…。キンダーガートン・プリンセス・モンスターのお目を覚まさせるためでしょう。紀子さまを通じて、『キンダーガートン・プリンセス・モンスターには、土下座も辞さない覚悟で国民に誠心誠意のお気持ちを話され、期待に応えていくというお覚悟はありますか?』と迫られたこともあるほどだそうです」
どうだろう?
この高円宮久子の「ポイント・オブ・ビュー」こそが、今の皇室に必要なのでは?

Even if we try to persuade people by acknowledging “individual freedom”, if we couldn't convince them that the imperial family and the commoners are clearly different in themselves, it must be just a wasteful discussion(「個人の自由」を認め合って人を説得しようとしても、皇室と平民とではそれ自体が明確に違うということを説得させられなければ、単なる徒労の話し合いにしかならない)!

To be continued...











緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Even if you realize that you are not a very special person, if you say that you are no different from ordinary people, it would be impossible to maintain the imperial family(いくら自分が大して特別な人間でもないことを自覚しているからといって、自分が一般人と変わらないと言ってしまっては、皇室の維持は不可能になってしまうのでは)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆OPHLを狙い撃ちにすることに成功し皇室入りに成功し、国母にまで上り詰めたことに自己陶酔するK-プリンセス・モンスターの傍若無人さ。

①花瓶の角度(?)、窓枠のホコリ、ガラス窓の拭き跡などで再三再四執拗に小言を言いまくり続けるK-プリンセス・モンスター。
K-プリンセス・モンスターのその外見のイメージとはほど遠い悪魔の仕業に近い本質には、夫であるOPHLはもちろん、他の家族も辟易しているとか(?)。
「朝の朝礼。殿下が同席されることもありますが、このミーティングはもっぱらK-プリンセス・モンスターがイニシアチブをとられ、各職員に前日までの作業の報告をさせるとともに、その日の仕事内容の分担確認、注意事項などが言い渡されます。ここで、K-プリンセス・モンスターから、『それは違うでしょ』、『どうしてわからないの』などと実に細かく厳しいご指導を頂くのです」
「記者会見で質問に答えられるときの穏やかな口調とは打って変わり、宮邸でのK-プリンセス・モンスターは早口で、お声も高い。職員の不手際をご注意なさる一方で、仕事で報われることはほとんどなく、『それがアナタたちの仕事でしょ』とお考えになっています。実際に、『アナタ、うちで働けてウレシイでしょう』、『ありがたく思わないといけないわね』などといった、実にシビアなお言葉を浴びせられた者もいます」
「一人の母親として娘と一家の幸福を願うというのは常識的な感情だ。だが、皇族という立場から、その感情を抑えなければならないことにK-プリンス・モンスターは気づかれていないようだ。会社の代表が『社員のことなど知らない。自分の年収だけが心配』と言えば、その会社は社員からそっぽを向かれてしまい、会社そのものが成り立たなくなるだろう。皇室も同じことでは?
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚延期問題が勃発してからすでに2年あまりが経過したものの、秋篠宮ご夫妻はこの件について何1つ解決策を見いだせていらっしゃいません。それどころか、ご夫妻はお互いに責任を押しつけ合うような口論もされているようで、キンダーガートン・プリンセス・モンスターもますます疎外感を持たれているようです。過日、そのような状況を憂いて、他の宮家当主らが秋篠宮ご夫妻と話し合いの場を持たれましたが、時に議論が紛糾しK-プリンス・モンスターが取り乱される場面もあったのです」
「筆頭宮家である秋篠宮家にあれこれ口を挟むことは憚られることですが、宮家同士の会談に参加されたいずれの方々も、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレの結婚は破談にすべきとお考えのようです。秋篠宮家の内部だけでなく、宮家の間にも隙間風が吹き荒んでいるように思えてなりません。どうかOPHL、K-プリンス・モンスターにおかれましては、皇室の務めを思い起こしていただきたく願います」
「K・Kクソッタレが懸案事項を解決しないことには、秋篠宮家としては『助け舟』を出すこともできません。このままでは『立皇嗣の礼』にケチがつくのも避けられないでしょう」
「秋篠宮ご夫妻のお二人は、そろって、『立皇嗣の礼』で内外に宣明すれば、国民は祝福してくれるはずと思い込んでいる。そんなとき、他の宮家の方々の要望で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚問題について会議。そこでは、『筆頭宮家が、このアリサマとは情けない。本当に大丈夫なのか?』、『しっかりと国民の声に寄り添って欲しい』などと次々厳しい声。ですが、秋篠宮ご夫妻はヘラヘラしながら、『キンダーガートン・プリンセス・モンスターに任せるしかない』、『何とかなるから大丈夫』などと責任放棄ともとれる発言を連発。どう見ても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの暴走を止められないのは秋篠宮ご夫妻の責任。すると、お疲れになったのか、K-プリンセス・モンスターが、『国民の声なんかどうでもイイです。キンダーガートン・プリンセス・モンスターとウチが最優先です』とご乱心。このお言葉にカチンときたのか、寬仁親王妃、三笠宮家信子さまが、『K-プリンセス・モンスター、いい加減にしなさい。悠仁くんは未来の天皇になるのですよ。その母親であるアナタが、そんなことを言ってはいけません』と叱責。そうしたら、口に含んだ紅茶を吹き出しながら、K-プリンセス・モンスターが、『私は未来の皇后ですよ! 国母になる重い立場でストレスも多いんですっ。私の大御心にこそ国民は忖度すべきです!』と叫ばれました。それで、皆様すっかり白けて、そのまま会議は終了となりました」
どうだろう?
ある勢力の命令に従わざるをえないK-プリンセス・モンスターの複雑さが如実に現われているのでは?
それにしても、ここまで皇室での立場にこだわるK-プリンセス・モンスターが、なぜ「国民の祝福」は得られないキンダーガートン・プリンセス・モンスターのKKクソッタレとの結婚をよくシブシブでも許したと思わないか?
それこそ、誰もが感じていたように無期限延期状態にしなかったのか?

Even if you are encouraged by a certain force and gain the tremendous authority as planned, if you don't have a noble spirit in the first place, you wouldn't be aweed by others(ある勢力に後押しをされその絶大なる権威を予定通りに手に入れたとしても、もともと高貴な精神を持っていない人では、人に畏敬されないのでは)!

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If you can understand what the true purpose of His Highness's trip to Thailand was, wouldn't he be able to understand the root of his family problems at once(皇嗣殿下のタイ旅行の本当の目的が、何だったのかがわかると、彼の家庭問題の根幹が一気にわかるのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆秋篠宮文仁親王から、秋篠宮皇嗣殿下になってもお変わりのない、その異様性とヤンチャぶり。

②OPHLの公私混同に近い異常な回数の海外旅行。
とりわけ、なぜか異常に多いタイ旅行。
東仙坊、正直、その理由の一端を直接目撃してしまっているのだが、そのことは口が裂けても書き込めない。
実は、それ以外にも、OPHLの数多くの海外旅行の裏で、宮内庁職員や外務省職員やJICAスタッフなどが大きな負担を強いられ、波紋を呼んでいるとか。
何でも、OPHLは、断固チャーター機の利用を拒絶するのだとか。
その結果、警備などの手間やコストが割高になって困っているのだとか。
もちろん、OPHLは、表向きには、経費削減を主張しているというから、マンガ。
それが如実に現われたのが、2019年の悠仁さまにとって初めての海外旅行になった、秋篠宮皇嗣殿下ご夫妻とご一緒のブータンへの私的親善旅行。
「皇位継承順位1位」と「皇位継承順位2位」の2人が、同時に海外旅行する以上、飛行機を区別したり、警備を倍にしたり、ヒッチャカメッチャカ。
そのうえ、旅行をフィックスしているのが、OPHLが個人的に繋がりのある学者というから、宮内庁職員や外務省職員は右往左往するばかりだったとか。
それでいて、サービス残業や時間外労働に明け暮れさせている宮内庁職員や外務省職員やJICAスタッフなどに一切感謝の意を表さないのが、秋篠宮皇嗣殿下だとも。
そんななかで、発生したのが、悠仁さま羽織袴不評によるK-プリンセス・モンスターブチ切れ事件。
自分の息子の旅行服に羽織袴を自分自身でご提案なさっておきながら、羽織袴がマスメディアに不評だとわかると、その責任のすべてを担当職員たちに押しつけようとでもするように、K-プリンセス・モンスターは国際電話で1時間以上も怒鳴り続けたとか。
③天皇になどハナからなる気がないのに、コロナ禍のなかで、K-プリンセス・モンスターに言われるがままに「立皇嗣の礼」を挙げた髪結いの亭主OPHLの情けなさ。
そもそも、何を考えているのか、何も考えていないのか、OPHL、「皇嗣家」になり当然のごとく職員が増員されることに、なぜか難色を示していたのに、「秋篠宮家職員20人程度、東宮家専属職員70人とは大きく違う。K-プリンセス・モンスターは、折に触れて、『人手も予算も足りません』と待遇への不満を口にしてきた」というK-プリンセス・モンスターの要求に応じ、その20人を50人になんとかしたばかり。
そうしたら、宮内庁で皇嗣付きになるくらいなら退職するという職員が続いて、人手不足はなかなか解消しないというから、すでにこちらの方が本物の「ヘルズ・キッチン」。
「秋篠宮ご夫妻は、国民の声を気にされてはいるようなのですが、それほど深刻には考えておられない。お2人そろって『立皇嗣の礼』で内外に宣明すれば、国民は祝福してくれるはず』などと能天気]
「2019年の誕生日会見で、秋篠宮殿下が『前回は私の隣に今の陛下がおられて、私はそこで行われる所作を、わからなければ隣を見ていればいいと、そういう感じがあった』と仰った通り、この期に及んでも『立皇嗣の礼』での所作が何もわからないという状況。通常、リハーサルは1回。秋篠宮殿下にはあと数回リハーサルをしていただく必要があります」
「『立皇嗣の礼』の後にキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、K・Kとの結婚について何らかの発表をすると見込まれています。加地隆治皇嗣職大夫も、先のミーティングで、『いつキンダーガートン・プリンセス・モンスターがお気持ちを発表されても大丈夫なように準備を』と我々職員らに言いつけました。皇嗣職の職員らには緊張感があります。なにより、当事者であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターをはじめ秋篠宮ご夫妻のご心労(???)もいかばかりかと拝察いたします」
K家の一件がきれいに片づかない限り、秋篠宮家への『向かい風』が収まることはないない。このままでは秋篠宮殿下に対してだけではなく、悠仁さまに受け継がれる皇統にまで『向かい風』が吹く。この秋から皇室典範改正の議論が始まるが、国民の8割は愛子天皇を容認している。なんとしても悠仁さまを即位させたいK-プリンセス・モンスターは、この『向かい風』をなんとしても『追い風』に変えなければならない」
どうだろう?
どことなく皇族であるOPHLの方が、平民のK-プリンセス・モンスターの尻に敷かれている状況が見えてくるので??

It's no coincidence that men who are addicted to traveling to Thailand tend to have a strong preference for infant rape like priests(タイ旅行にはまる男性たちに、まるで聖職者たちのようにある嗜好が強い傾向があるのは偶然ではない)!

To be continued...


















緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It must be no exaggeration to say that the official duties of the imperial family are the service to the people to be close to them. Then, what kind of benefits did the trip to Thailand, which wasted the tax of His Imperial Highness Prince Akishino, bring to the Japanese people(皇室の公務とは、国民に寄り添うための国民への奉仕と言っても過言ではないはず。では、秋篠宮皇嗣殿下の税金をジャブジャブ浪費したタイ旅行は我が日本国民にどんなメリットをもたらしたのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆秋篠宮文仁親王から、秋篠宮皇嗣殿下になってもお変わりのない、その異様性とヤンチャぶり。

①OPHLの公務の多さには、目にあまるものがある。
とりわけ、兄の天皇陛下が、「私個人としては、自分のための公務は作らない。公務は、かなり受け身的なものと考えています。依頼を受けて、意義のあることであればその務めをする。私自身はそう考えて今までずっときています」と言明し、どこまでも国民に寄り添うものを選んでいるのに反し、OPHLは、自分の懐が潤うものばかりに積極的。
高円宮久子さまに、「OPHL、K-プリンセス・モンスター、自分のための公務は作らないは真っ赤なウソではありませんか。国民の前で平気でウソぶき、皇太子妃殿下を公然と批判するのはどういった思惑からですか?」と明確に糾弾されたことは、東仙坊、すでに指摘ズミ。
なかでも、その外国行きは、公務とプライベートを含めても、異常な数の多さ。
とりわけ、タイ訪問の数は、恐ろしいほど。
ランダムにピックアップしただけでも、次の通り。
◉1989年、7月16日~8月18日、タイ、魚類の調査研究。
◉1992年、9月13日~9月28日、タイ、魚類の調査研究/11月5日~11月24日、K-プリンセス・モンスター同行、スリランカ、パキスタン、インド、タイ。
◉1993年、8月4日~8月14日、インドネシア、鳥類の調査研究。
◉1994年、8月4日~8月14日、インドネシア、鳥類の調査研究
◉1995年、9月16日~9月22日、K-プリンセス・モンスター同行、 タイ。
◉1996年、3月9日~3月11日、タイ/4月17日~4月23日、タイ、魚類の調査研究。これが凄いのは、ビル・クリントン大統領の宮中晩餐会を欠席してまで、タイへ行ったということ。
◉1997年、2月26日~3月7日、K-プリンセス・モンスター同行、ネパール、 ブータン、シンガポール・タイ立ち寄り。
◉1999年、6月27日~7月8日、K-プリンセス・モンスター同行、ベトナム、ラオス、タイ。
◉2001年、8月2日~8月5日、K-プリンセス・モンスター同行、タイ。
◉2003年、8月7日~8月21日、K-プリンセス・モンスター同行、タイ。
◉2005年、8月17日~8月24日、タイ、家禽類に関する日タイ共同調査研究。
◉2007年、3月14日~3月23日、タイ私的訪問/8月13日~8月25日、マダガスカル、タイ立ち寄りの私的訪問、キンダーガートン・プリンセス・モンスター同行
◉2010年、3月23日~3月28日、ラオス、鳥類の調査研究、キンダーガートン・プリンセス・モンスター同行
◉2011年、タイ。
◉2012年、タイ。
◉2017年、ハンガリー私的旅行、キンダーガートン・プリンセス・モンスター同行
この旅行の凄いところも、9月3日にキンダーガートン・プリンセス・モンスターの例の婚約内定会見後、9月30日から出発しているのである。
ついでに、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、2019年7月、一人でペルー・ボリビアご訪問、LA経由で。
どうだろう?
セレブリティのメチャクチャ摩訶不思議な海外旅行ばかりだと思わないか?
特に、十分に年ごろになった長女と2人だけの旅行なんて、実に不可解な気がしないか?
どうあれ、OPHLとK-プリンセス・モンスターが徹底的に異常な皇太子妃陛下バッシングを続けていた2007年、メズラシク天皇陛下と皇后陛下は、「自分を律し、私どもが私的に外国を訪問したことは一度もありません」とあえて言及し、中越地震被災者の方々ことなど一切考慮せず、自粛などとは全く無縁に、しかも、両陛下や皇太子一家の静養スケジュールなどを無視し、勝手に予定を決定し、自分の好きな旅行ばかりしているOPHLについに苦言を呈したほど。
どうだろう?
OPHLとK-プリンセス・モンスターのせいで、秋篠宮の家庭が、皇室が壊れてゆくのも当たり前なのでは?
それにしても、タイで一体何をしているのか?
実は、東仙坊、仕事絡みで、OPHLのタイでの行動の一端を垣間見たことがあるのだが…。

Why is the storm of royal reform now blowing against the few remaining unpopular Thai royal families in the world(世界に残っている数少ない大衆化していないタイ王室に対し、なぜ今、王室改革の嵐が吹いているのか)?

To be continued...











緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

In the current male emperor system, it must be only true that the Miyake will be overwhelmingly superior if only a male successor is created(現行での男系天皇制では、男の継承者さえ作れば圧倒的にその宮家が優位になることだけは事実)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆東仙坊がプロファイリングする、未来の天皇誕生までのミステリアスなプロセス。

①昭和天皇が、なぜ強硬にOPHLの結婚に反対したのか?
性に奔放な、というよりも、性に執着するOPHLのキャラクターを知ったある勢力が、その一味である学習院大学講師Kの長女KK(K-プリンセス・モンスター)をなんとかOPHLの妃にさせようと深慮遠謀。
できちゃった婚させようとするが、何度、せっかく妊娠しても、逆にOPHLは力尽くで中絶させてしまう。
それに、業を煮やしたK、OPHLを脅かすだけでなく、つ、つ、ついになんと昭和天皇にまで直談判。
それが、昭和天皇をマジで逆上させる。
その結果、昭和天皇の目の黒いうちは、2人の結婚は、事実上、頓挫させられる憂き目に。
②昭和天皇崩御後、喪が明けるのを待って、1990年、2人はただちに結婚。
その際、KKは、「好きになった方がたまたま皇族だっただけです」と平然とうそぶく鉄面皮。
ある勢力は、とりあえず胸を撫で下ろしつつ、すぐさまKKに子作りを命令する。
というのも、まだ皇太子が未婚だったからである。
その狙いどおりに、第一子を出産するも、残念なことに女の子(キンダーガートン・プリンセス・モンスター)。
③1993年、到底ムリと思って安心していた勢力を焦らせるデキゴトが起きる、なんと皇太子がご成婚なされたのである。
ところが、ある勢力は、思わぬ僥倖に高笑い。
皇太子妃が、なかなかご懐妊なされないからである。
そこで、とにかく先に男の子を産めと、KKに命令する。
その甲斐あって、1994年、第二子を出産するも、またしても女の子。
地団駄を踏むある勢力。
当然のごとく、再び、早く男の子を産めとKKに命令。
ところが、早くから堕胎を繰り返した反動か、年齢のせいなのか、OPHLのKKに対する気力と体力が萎えたのか、今度はなかなか妊娠しない。
④2001年、皇太子妃がなんとかご出産すなさるも、な、な、なんと女の子。
しかも、皇太子妃に第二子は不可能と判明したために、ある勢力はひたすら狂喜乱舞。
じっくりでイイから、OPHLとKKに男の子を産めと厳命。
産み分けゼリー使用、パーコール法、マイクロソート法、着床前診断などで、なんとかにしようとするも、ウマくゆかない。
40歳が近づいてきたKKは、焦る。
37歳で、なんとかやっと懐妊するも(?)、「部分前置胎盤(哺乳類の胎盤が何らかの原因で出産に悪影響のある位置に定着するハイリスク妊娠の1つ。 子宮口を一部(部分前置胎盤、辺縁前置胎盤)または全部(全前置胎盤)塞いだ状態になること)」の不安から、断念。
⑤そんな2人に、なぜかどこからかコウノトリが本当に飛んでくる。
2006年9月6日午前8時27分、KKは、皇后陛下がその「部分前置胎盤」を案じるなかで、東京都港区の愛育病院で、皇族としては初となる帝王切開で、身長48.8 cm、体重2558gの長男を無事出産(???)。
東仙坊、2人の長女と二女は、紛れのない女の子である。
歳の離れた弟の誕生に素朴に、しかも、心配された母親も問題がなかったことから大喜びし、母親のいる病院に駆けつけ、弟と顔をつき合わせたような写真があるのでは? とほぼ1日webチェックしたが見つからなくて、ガックシ。
そのせいで、偶然、見つけたのが、大学生時代にOPHLが着ていたディープ・グリーンのノルディック柄のセーター。
そう、誰かさんが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターと一緒にN・Yに向かうときに着ていたのと同じタイプ。
とにかく、ここまでで明確なったことは、たった1つ。
OPHLが、元々優柔不断で判断力や実行力に欠けていたせいもあるが、何から何まで、妻のKK、すなわち、K-プリンセス・モンスターの言いなりで、まるで「操り人形」のようなものであったということ。
どうだろう?
皇族であるOPHLの方がそうなってしまうのには、K-プリンセス・モンスターへのよほどの裏切り行為をしたか、言い訳のできない決定的な弱味を握られてしまったと考えるべきなのでは?

In order to receive the respect of the human heart, character is absolutely indispensable. If the imperial family loses its character, it must become unnecessary(人心の敬愛を受けるのには、品性が絶対不可欠。皇室に品性がなくなったら、皇室は不必要になってしまうに違いない)!

To be continued...










緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Does the “Akishinomiyake”, who officially became the leading palace of succession to the imperial family, wanna further develop the imperial family or destroy the imperial family(正式に皇統継承の筆頭宮家になった「秋篠宮家」は、皇室をより発展させたいのか? それとも、皇室を壊滅させたいのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

◇自分の恋に狂ったというよりもなぜか気が狂ってモンスター化した長女の三流スケコマシとの結婚を上皇后陛下の責任に転嫁しようとするK-プリンセス・モンスター。
「過日、上皇后陛下に挨拶しようと、K-プリンセス・モンスターが上皇家に打診をしましが、『上皇后陛下はお疲れですから、またの機会に』と断られてしまいました(?)。とりつくしまもなく面会謝絶を喰らったワケです。もっとも、上皇后陛下としては『お茶会に誘ってもこないのに、こういうときばっかり』と仰っている(?)とか」
「ふと『もう二人の結婚を認めたほうがよいのかもしれませんね。上皇后陛下が裁可を出したのですから、私たちに責任はありません。上皇后陛下が全ての責任を取るべきです』と漏らされ周囲を驚かせた」
「K-プリンセス・モンスターは、上皇后陛下をお手本にしてここまでガンバってこられた方(?)。今回の『結婚容認』発言は、上皇后陛下に拒絶された悲しみから出た一時の迷いだと信じています。ですが、秋篠宮家の空気は日を追うごとに緊張感で張り詰める一方です。今は一時の気の迷いでも、今後どうなるかは解りません。『立皇嗣の礼』で秋篠宮ご夫妻から何らかの発表があってもオカシクありません。波風立たぬように、『両親の反対を押し切ってが駆け落ちした』というカタチになるのではないかと予想していますが、冷静さを失ってしまわないか不安ですね」
どうだろう?
K-プリンセス・モンスターが、反対すればするほど意固地になってゆくキンダーガートン・プリンセス・モンスター…。
典型的な恋愛経験のメチャクチャ少ない娘にありがちなパターンだが、それは恋は盲目とか、アバタもエクボなどとかと大きく違う、母娘間だけの何とも言えない意地の張り合い、復讐のし合いに近いものになっているのでは?
その意味で、何がキンダーガートン・プリンセス・モンスターの気持ちをできる限り尊重したいだ、バカップルの結婚の意思は固いだだと思わないか?
この異常な一家は、矛先が自分たちに向かいだして、かなり真っ青になってきているだけ。
そう、この権勢欲に駆られた2人にとって、2006年9月6日、自分たちに男の子である悠仁さまが誕生した段階で、いつものようにガッツポーズ。
皇統を守ったうえ、皇統が自分たちに移り、皇位継承者を2人擁する筆頭宮家の座を獲得し、すでに我が世の春。
これで、まず「女性天皇」が否定されれば、完璧に万々歳。
政府、自民党、宮内庁がグルになってプッシュする「女系天皇」、「皇女制度」、「女性宮家」の創設。
それらが決まれば、キンダーガートン・プリンセス・モンスター、またまたラクして暮らせるだけでなく、弟に子どもができなければ、自分がK・Kクソッタレとの間に男の子を産めば、なんと我が子が天皇。
仮に、愛子さまに男の子が生まれても、なんと我が子が天皇。
万一、悠仁さまに早めにアクシデントがあれば、もしくは、天皇が務まらない事情ができたら、それはさらに早まるばかり。
どちらにしても、秋篠宮家にとって、皇太子家から皇位を簒奪しただけで、大満足。
とりわけ、K-プリンセス・モンスターは、皇太子妃殿下に完全勝利して、自己陶酔。
◆皇統、皇位継承権を確実に手にした段階で、露骨になった秋篠宮家の異常化、完全家庭崩壊への急速化。
東仙坊、すでにほとんど瓦解していた秋篠宮家の完全家庭崩壊の最大の要因は、悠仁さま誕生と秋篠宮文仁親王の「皇嗣」就任と結論しているが、悠仁さま誕生については、最後の最後で言及したいので、後回し。
では、「皇嗣」とは?
「皇太子」が、「次の天皇として確定した者」を意味するのに対し、単に「皇位継承順が1位の跡継ぎの者」という意味。
皇室典範第8条に、「皇嗣たる皇子を皇太子」、「跡継ぎである天皇の子を皇太子」とあるのに、
「皇嗣」は、特定の人を指し示す固有名詞ではなく、「天皇の地位を嗣ぐ者」。
さて、問題は、ここから。
従来、「皇嗣」、すなわち、「皇位継承順位第1位にある者」が「皇太子」であったために、皇室儀礼として、「「立太子の礼」が執り行われてきたとか。
しかし、天皇には、男の子がいないために、実弟の秋篠宮文仁親王が「皇嗣」となったとか。
つまり、「皇太子」となったのである。
また、本来、「次の天皇として確定した天皇の弟」、「皇嗣たる皇弟」を、「皇太弟」と呼称してきたとか。
ところが、なぜかOPHL自身が、自信がないのか、どこか目立ちたいのか、スルーして息子に繋げたいのか、「皇太子」や「皇太弟」という慣例的な呼称に難色を示したとか。
そこで、自ら選んだのが、「事実上の皇太子」、「皇太子と同格」を意味する「皇嗣」。
そして、ワケがわからないのは、2700年の歴史のなかで行ったことがないという「立皇嗣の礼」の開催を、国事行為として要求したということ。
それはそうだと思わないか?
そのセレモニーを「次期天皇決定宣言の場」と位置づけるのであれば、「皇太弟」を名乗るべきで、「皇太弟」でない以上、次期天皇は明確に決まっておらず、「皇嗣殿下」OPHLは、「暫定1位」の意味でしかなくなるのでは?

Was His Imperial Highness Prince Akishinomiya, who waneda hold a national event in Corona, trying to prevent his beloved daughter's stupid marriage, or was it to escape bashing to himself(コロナ禍で国家行事挙行を希望した秋篠宮皇嗣殿下は、愛娘の愚かな結婚をなんとか阻止しようとするためだったのか? あるいは、自分へのバッシングから逃れるためだったのか)?

To be continued...







緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

When parents and children try to respect each other's family autonomy, it must be quite natural that the parent-child communication becomes a reluctant one(親子間で相手の家庭の自主性をお互いに尊重しようとしたとき、その親子のコミュニケーションが遠慮がちの忖度したものになってしまうのは、極めて自然)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

◇大波紋を巻き起こした皇太子徳仁親王の「皇太子妃雅子の人格否定宣言」への平成天皇陛下と平成皇后陛下の反応。
「宮内庁にも様々な課題があり、常に努力が求められますが、昨今のように、ただひたすらに誹られるべきところでは決してないと思っています。私としても初めて聞く内容で大変驚き、動きという重い言葉をともなった発言であったため、国民への説明を求めましたが、その説明により、皇太子妃が公務と育児の両立だけではない、様々な問題を抱えていたことが明らかにされました。私も皇后も、相談を受ければいつでも力になりたいと思いつつ、東宮職という独立した一つの職を持っている皇太子夫妻の独立性を重んじてきたことが、これらの様々な問題に、気がつくことのできない要因を作っていたのだとすれば大変残念なことでした。質問にある私の意思表示のもう1回は、皇太子の発言が、私ども2人に向けられたものとして取り上げられたときでした。事実に基づかない様々な言論に接するのは苦しいことでしたが、家族内のことがほとんどであり、私ども2人への批判に関しては、一切の弁明をすることは、皇室として避けるべきと判断し、その旨宮内庁に伝えました
「東宮妃の長期静養については、妃自身が一番に辛く感じていることと思い、これからも大切に見守り続けていかなければと考えています。家族の中に苦しんでいる人があることは、家族全員の悲しみであり、私だけではなく、家族の皆が、東宮妃の回復を願い、助けになりたいと望んでいます。宮内庁の人々にも心労をかけました。庁内の人々、とりわけ東宮職の人々が、これからもどうか東宮妃の回復にむけ、力となってくれることを望んでいます」
◇上皇陛下と上皇后陛下に対しての皇后陛下のお言葉。
「このような国民の皆様の温かいお気持ちは、平成の御代の間、上皇上皇后両陛下が国民と苦楽をともにされながら、長きにわたって国民に寄り添われ、ご立派にお務めを果たされたことによるところが大きいものと深く感謝しております。そして、これからの日々、陛下とご一緒に、国民の皆様の幸せを常に願いながら、寄り添っていくことができましたらという思いを新たにしてまいりました。顧みますと,上皇陛下には、80代半ばを迎えられていた今年4月まで、このように重いご公務を毎年欠かさずお務めになっていらっしゃいましたことに深い敬意の念を新たにいたします。また、上皇后陛下には、平成の御代の間、皇后としてのお務めを果たされながら、上皇陛下を常にお傍でお助けになり、上皇陛下のお力になってこられました。上皇后陛下には、今年ご手術をお受けになり、ご案じ申し上げましたが、上皇上皇后両陛下には、これからもくれぐれもお体を大切になさり、永くお元気にお過ごしになりますよう、心よりお祈り申し上げます。そして、ご譲位後も私たちの歩みを温かくお見守りいただいてきましたことに深く感謝申し上げます。
天皇陛下には、お忙しい中でもいつも私の体調をお気遣い下さいますことに心より感謝申し上げます。私も、天皇陛下のお務めの重さを常に心にとどめ、陛下をお傍でお助けできますように健康の一層の快復に努めながら、皇后としての務めを果たし、陛下とご一緒に国民の幸せに力を尽くしていくことができますよう努力してまいりたいと思っております」
◇東仙坊がプロファイリングする天皇陛下の皇嗣殿下に対する正直なお気持ち。それを、的確かつ適切に表現しているのが、これらの証言。
「悠仁さまに相応しい教育が過不足なく施されているかどうか、天皇陛下は絶えず気を揉まれています。もはや天皇陛下自ら帝王学をお授けするのが困難であり、それゆえ、OPHLとK-プリンセス・モンスターに託すしかない。ところが、天皇陛下は、その内容を案じておられるのです」
「トランプなどカードゲームのお相手を務めるのですが、悠仁さまは負けるととたんにご機嫌を損ねられ、感情を露わになさいます。そのために職員は、わざと負けて差し上げることもあるというのです。小さな勝ち負けにこだわるのは、将来のお世継ぎに相応しくない。もっと、大所高所から帝王学を学ばせるべきなのではないでしょうか」
◇「皇族の家庭」を「異常な家庭」にしてしまったOPHLの身勝手さを象徴する言動。
「大嘗祭は絶対にすべきものだと思う。ただ、宗教色が強いものであり、それを国費でまかなうことが適当かどうか疑問だ。平成のときの大嘗祭も国費でまかなうべきでないと考え、多少意見を言った(?)。今回は、前回を踏襲することが決まってしまったが、今でもすっきりしない感じを持っている(??)。私は、やはり内廷会計で行うべきだと思っている。相当な費用がかかるが身の丈にあった儀式のカタチで行うのが本来の姿ではないか? その費用について、宮内庁長官などにはかなり私も言っているんですね。ただ、残念ながら、話を聞く耳を持たなかった。そのことは私は非常に残念なことだったなと思っています」
実は、東仙坊、この意見を聞いて、初めてOPHLに感心していたほど。
そ、そ、そうしたら、2019年から公費である「宮廷費」で、それも総工費約33億円もかけて、皇嗣邸を増築工事中だというから、凄く裏切られた気分。
それだけじゃない。
その間、赤坂御用地内に約9億8千万円かけて新設させた「御仮寓所」に、なぜか皇嗣妃の家族と一緒に住んでいる(?)というから、開いた口が塞がらない。
どうだろう?
どこかいい加減にしろ!と怒鳴りつけたくならないか?

If there is a brother who has the right to succeed to the throne, it must be inevitable to teach “royal studies” only to his brother, but if he neglects to teach “human studies” to his younger brother, the imperial family itself would be destroyed(皇位継承権を持つ兄弟がいる場合、兄だけに「帝王学」を伝授するのは必然だが、弟への「人間学」の教授を怠ると、皇室そのものが瓦解することになる)!

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

The more heirs to the throne, the more likely it is that the forces that are trying to make the heirs of the throne that they have the power to become the emperor would wriggle(皇位継承者が多ければ多いだけ、自分の力の及ぶ皇位継承者を天皇にさせようとする勢力が蠢くもの)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

◇大正天皇が、男の子4人もお生みになられた。
そして、規定どおり、長男は、やがて昭和天皇に、弟宮の二男である秩父宮は近代日本で初めて第二皇子に、三男である高松宮殿下、四男である三笠宮殿下ということになった。
ここで、特筆すべきは、帝王学を叩き込まれた昭和天皇以外の弟宮たちへの教育内容。
とりわけ、第二皇子である秩父宮への矛盾だらけの教育には、ただただ驚愕を覚える。
「アナタは天皇になるかもしれない。しかし、天皇になることを自ら望んではいけない」というこのうえなく苛酷なもの。
というのも、近代日本の情報閉鎖集団、それも、まだ軍事的機能をベースに作られている社会空間にあって、第二皇子やその他の弟宮たちは、本人の意思と関係なく、その真意が絶えず疑われたからだというのである。
それもこれも、昭和天皇、秩父宮、高松宮、三笠宮がそれぞれに繋がるリレーションシップが存在していなかったからとか。
すなわち、昭和天皇や秩父宮の意思とは別に、宮中内部には、近代日本になって初めての第二皇子や2人の弟宮たちの存在に厳重警戒する声がたくさんあったとか。
そう、誰かが権力集団の対立に利用されるのではないかと疑われたというのである。
それゆえ、元老西園寺公望は、秘書原田熊雄に、「今の秩父宮とか高松宮とかいう方々にかれこれいうことはないけれども、あるいは、皇族の中に変な者に担がれて何をしでかすかわからないような分子が出てくる情勢にも、平素から相当に注意して見ていてもらはないと、コトすこぶる重大だから、皇室のために、また日本のために、この点はくれぐれも考えておいてもらわなければならん」と絶え間なく注意喚起していたとか。
一方、昭和天皇の弟宮たちは弟宮たちで、「皇統の控え」として常に緊張状態を強いられていたとか。
それもこれも、「兄宮を補佐する」という抽象的な役割は与えられていても、具体的に天皇が弟宮に政務や軍務を相談したり、助言を求めるといったシステムがなかったからだとか。
にもかかわらず、昭和初期の秩父宮には、国家改造を企図する青年将校に利用されるのではとの懸念はあったとか。
それは、二・二六事件のとき、一部の将校が秩父宮を立てていたのではないか? そして、秩父宮自身もその意思があったのではないか?と疑われたということでも明確だった。
本当のところは、弘前連隊勤務だった秩父宮が、兄宮や軍上層部の諒解を得て、兄宮を補佐し事件の鎮圧に協力するために上京していたというのにである。
どうだろう?
UKのケースでもはっきりとわかるように、皇室に2人以上の男子が誕生すると、その子育てにかなり腐心する必要があるはず。
その点からすると、人間本来のプレシャスな人倫を代表するのが皇族の役目とするなら、その子育ての仕方は一般家庭のものとは異なるものになるべきなのでは?
その意味で、兄弟二人を「開かれた皇室」の名の下で限りなく同格に扱ったことが大きな錯誤になってしまったと思われるのだが、どうだろう?
そう、それが、二男の家庭を、「一般の家庭」のような「皇族の家庭」というよりも、「一般の家庭」よりも「異常な家庭」にさせてしまったのでは?
◇2004年、皇太子徳仁親王が、欧州歴訪前、皇太子妃雅子に関し、突如とお述べになった衝撃の発言。
「今回の訪問が雅子にとっても貴重な機会だったのですが、それが失われ残念に思います。私も出発に際し、後ろ髪を引かれる思いです。ぜひ2人でと考えておりましたが、健康回復が十分でなく、医師とも相談したうえで単独となりました。雅子も心底残念に思っています。外交官の仕事を断念して皇室に入り、国際親善が皇太子妃の大切な役目と思いながらも、外国訪問がなかなか許されなかったことに大変苦労していました。雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です。細かいことは控えたい。なかなか外国訪問ができなかったことを、雅子も私もとても悩んだということをお伝えしようと思います。私は、これから雅子には、本来の自信と、生き生きとした活力を持って、その経歴を十分に生かし、新しい時代を反映した活動を行ってほしいと思っていますし、そのような環境作りが一番大切と考えています。今後、雅子本人も気力と体力を充実させ、本来の元気な自分を取り戻したうえで、公務へ復帰することを心から希望しているということです。雅子の復帰のためには、いろいろな工夫や方策も必要と考えますし、公務のあり方も含めて宮内庁ともよく話し合っていきたいと思っています。雅子が早く健康を回復し、復帰できるよう、私自身も全力で支えていくつもりです」
そして、思わぬ大反響を受け、さらなる皇太子徳仁親王のお発言。
「結果として、天皇皇后両陛下はじめ、ご心配をおかけしてしまったことについては心が痛みます。記者会見という場で発言する前に、せめて陛下と内容について話をして、そのうえでの話であるべきではなかったかと思っております。私個人としては、自分のための公務は作らない。公務は、かなり受け身的なものと考えています。依頼を受けて、意義のあることであればその務めをする。私自身はそう考えて今までずっときています。人それぞれに考え方は異なりますし、また、どこの家庭でも同じように、世代間に考え方の相違はあると思います。しかし、そういったことは話し合いを続けることによって、自ずと理解が深まるものと考えます。公務については後でもお話しすることになるかと思いますが、国民の幸せを願って、国民のために何ができるかを考え、それを実践していこうとすることにおいては、陛下のお考えも、秋篠宮の考えも(?)、私の考えも同じだと思います。私としては、お世継ぎ問題も含めて、コメントは差し控えさせていただきます。愛子の養育方針ですが、愛子にはどのような立場に将来なるにせよ、一人の人間として立派に育ってほしいと願っております」
どうだろう?
これは、間違いなく実弟のOPHLに向けておっしゃられていると感じるのは、東仙坊だけではあるまい。
事実、「2004年、OPHLがご療養中の雅子さまを明らかに意識したうえで、記者会見で公然と雅子さまを批判されたことがありました。この際、高円宮久子さまはOPHLの増長ぶりに呆れ果て、『OPHL、K-プリンス・モンスター、自分のための公務は作らないは真っ赤なウソではありませんか。国民の前で平気でウソぶき、皇太子妃殿下を公然と批判するのはどういった思惑からですか?』と糾弾されたほどです。異常な雅子さまバッシングの背景にK-プリンス・モンスターがいたことも承知していらっしゃいました」という証言があるとか。

The flaw in the “open imperial family” must be that any kind of men with any plot or malice could approach the imperial family(「開かれた皇室」の欠陥は、いかなる策謀や悪意を持った人間でも皇室に近づけるようになること)!

To be continued...

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

What would the national polity of this country be if His Highness and Hisahito, who had not learned proper “royal studies” became emperors(きちんとした「帝王学」を学んでいない皇嗣殿下や悠仁さまが天皇になったら、この国の国体は一体どんなことになってしまうのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、恐れ多くても、上皇陛下と上皇后陛下の唯一のご失敗は、「開かれた皇室」作りをご自分たちだけでおやりになろうとなされたことだと結論している。
昭和天皇が上皇陛下におつけになった、幼少時代に福澤諭吉の家で一緒に暮らしたことがある小泉信三のような子どもの教育係を二人の息子のために用意できなかったことが、その一番の要因である。
その意味で、一般の家庭のように、異常な父親と異常な母親に育てられ、異常な長女が誕生した家庭にいる、未来の天皇をメチャクチャ危惧するのは、東仙坊だけではあるまい。
ともあれ、聡明で心穏やかな上皇陛下と上皇后陛下ご夫妻が、長男はともかく、二男の子育てに失敗し、昭和天皇の「自分から皇室に入りたいという方は困ります」というアドバイスを無視して、ある種の策謀を抱く、イヤイヤ、ある種の使命を持ったK-プリンス・モンスターを二男と結婚させてしまった致命的なミスを犯したことは、事実。
そして、それが、ご長男である天皇陛下と皇后陛下のご家庭にまで悪影響を及ぼしているようだから、最悪。
そう、機密性の高い空間ほど、ちょっとした隙間から一気に埃が入り込んでいることは、国民の誰もが熟知していることなのでは?
どうあれ、国民から憧憬され敬愛されるべき1つの「皇族の家庭」が、「異常な家庭」になってしまったことだけは間違いナシ。
それを「象徴」的に裏づける話が、これら。
◇2002年、平成皇后陛下、満68歳誕生日のときの大胆なコメント。
「小泉純一郎総理の北訪問により、一連の拉致事件に関し、初めて真相の一部が報道され、驚きと悲しみとともに、無念さを覚えます。なぜ私たち皆が、自分たち共同社会の出来事として、この人々の不在をもっと強く意識し続けることができなかったかとの思いを消すことができません。今回の帰国者と家族との再会の喜びを思うにつけ、今回帰ることのできなかった人々の家族の気持ちは察するにあまりあり、その一入の淋しさを思います」
◇平成皇后陛下としての最後の言葉。
陛下は、これまで『全身』と『全霊』双方をもって務めに当たっていらっしゃいましたが、加齢とともに徐々に『全身』をもって、という部分が果たせなくなることをお感じになり、政府と国民にそのお気持ちをお伝えになりました
「公務を離れたら何かすることを考えているかとこのごろよく尋ねられるのですが、これまでにいつか読みたいと思って求めたまま、手つかずになっていた本を、これからは1冊ずつ時間をかけ読めるのではないかと楽しみにしています。読み出すとつい夢中になるため、これまでできるだけ遠ざけていた探偵小説も、もう安心して手許に置けます。『ジーヴス』も2、3冊待機しています
そして、「ジーヴス」とは、UKの作家P・G・ウッドハウスによる探偵小説「ジーヴスの事件簿」に登場する執事「ジーヴス」と注釈なされたとか。
ちなみに、P・G・ウッドハウスは、1881年生まれのUK人ユーモア作家。いわゆる「ジーヴス」ものは、貴族階級のお人好しでオッチョコチョイな青年が主人公。その性格ゆえに巻き込まれる多くのトラブルを、天才執事「ジーヴス」が快刀乱麻を断つように解決していく話とか。
このコンビの人気は、UK国内ではシャーロック・ホームズとワトスンに比肩するとも。
そんな彼を執事に採用するキッカケは、主人公と婚約中である令嬢へのジーヴスの評価。
令嬢は、主人公に対し、結婚の条件に「ある暴露本の出版阻止」を要求。主人公の親族が回想録を世に問おうとしたところ、そこにはあろうことか婚約者の父親の好ましからざる過去が記述されていたというのである。結婚を切望する主人公は、令嬢の要求に応じ、原稿を盗もうとするものの、一歩先を行く執事ジーヴスが主人公を出し抜き本を出版されてしまうとか。
その結果、当然のごとく婚約破棄となったのだが、それは婚約者の性格を見抜いた執事ジーヴスの巧緻な策略のなせる業だったというのである。
このポイントは、執事ジーヴスが、主人公に後でじっくり説くところ。
「彼女は、気の強い性格で機嫌は変わりやすく、彼女と結婚した暁には幸せになれない。彼女の教育方針は押しつけがましく、プレゼントされた本はアナタに全くふさわしくない」。
その甲斐あって、主人公は婚約者と正反対で、もっと甘え上手でしとやかでお喋り好きの女性こそ理想の妻ではないのか…となんとか理解したとか。
どうだろう?
かなり意味深な初孫へのメッセージなのでは?
「昔、『フォーサイト家物語』というUKの小説がありました。上皇后陛下は、この小説を書いたジョン・ゴールズワージーの研究を聖心女子大の卒業論文でお書きになったんです。英文学専攻で英語も堪能でしたから、『ジーヴス』シリーズは原書でお読みになっているのかもしれません」
「1955年1月15日、読売新聞が、『成人の日記念感想文』の入選者を発表。正田美智子はこれで全国2位。このときもUK文学について言及されていました。だから、上皇后陛下の中では一貫してそういったものが根づいていて、とってもお好きなんだと思いますよ」
事実、「はたちのねがい」というテーマに応募した感想文では、「虫くいのリンゴではない」というタイトルで、UK人作家トーマス・ハーディの「テス」に触れるなどしている。ちなみに、そのときの審査員は石坂洋次郎ら。
「上皇后陛下は自分の感想やお気持ちを素直にお出しになるタイプ。例えば、赤坂御所に西向きの窓というのがあって、上皇后陛下は何かにつけて『窓』のついた和歌を詠んでいるんです。例えば、『嫁ぎくる人の着物を選びをへ仰ぐ窓とほき夕茜雲』。これは、K-プリンス・モンスターが嫁いできたときに詠まれた和歌で、ご自身が振り袖を誂えてあげたということですね。上皇后陛下は何かを考えているときはきっと窓から外を見て考えることが多いんじゃないかしら。そういうお振る舞いからも、『ジーヴス』を通じ、上皇后陛下のお気持ちが何か読み取れるかも」

Should Her Majesty have given her first grandson advice on marriage to his master from the butler “Jeeves”(上皇后陛下は、初孫に執事「ジーヴス」の自分のご主人さまに対する結婚アドバイスをこんこんとお諭しになるべきだったのでは)?

To be continued...







緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

World history should prove that many cases of self-destruction of a “royal family” with time and wealth are when royal members who couldn't control their sexual liberation emerge(時間と富を有する「皇族」なるものが自滅する多くのケースは、その性の放埒さを自制できない皇族メンバーが出現したときであることは、世界の歴史が証明している)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、本意ではないが、上皇后陛下のプロフィールを簡潔明瞭にチェック。
何でも、後に東宮御教育常時参与になる小泉信三が、昭和天皇の命を受け、正田家の300年前までを徹底フォーカスしたとか。
◉正田家のルーツは、群馬県館林の在住の300年前、天和2年没の庄田六三郎。
四代を経て、正田文右衛門が、庄田を正田に改め、以後代々、正田家当主は、正田文右衛門を襲名。
◉正田家祖先は、源義家の孫で、新田義重の重臣、生田隼人。
徳川郷の生田隼人は、松平親氏の出国時に銭一貫文と品物を餞別とし、郷内の百姓とともに中瀬までお見送り。
また、そのときに松平親氏の領地を預けられたことで、以後 生田家が知行を受け徳川郷主。
1591年、徳川郷主十六代生田義豊は、武州川越で家康公に謁し、「新田徳川系図」の提出と生田から正田への改めを命じられたとか。
そして、家康公より徳川郷へ三百石の御朱印を寄進され、正田家に徳川遠祖の御館跡を子孫末代まで居屋敷として所持してよいと仰せつけられたとか。
1644年、世良田東照宮勧請にともない、十八代正田義長は邸内に私的東照宮を建立。
1872年、邸内社であった東照宮の社地を徳川郷へ寄進。
1907年、郷内4社各末社が合祀されたことにより、徳川郷の鎮守に崇められるようになったとか。
◉徳川家の菩提所である群馬県新田郡世良田長楽寺の周辺にいた正田家の人々が館林に移って商人となったとか。
そして、正田家は、代々「米文」の暖簾のもとに、「米問屋」を家業とし、上州館林および近郊きっての富商になり、その名声は江戸はいうまでもなく大阪方面まで聞こえていたとか。
それはそうである。
江戸深川や大阪堂島の米相場を動かしていたというのだから。
また、弘化のころ(1844年~1847年)、名主の職にあり、名字帯刀を許されていたとも。
◉三代目正田文右衛門、美智子妃の父親である正田英三郎の曾祖父。
1873年、突然。家業の米穀商を辞め、「亀甲正」という商号で新しく醤油醸造業を始め、正田家「中興の祖」と言われているとか。
どうだろう?
政治と癒着した現代の企業家のようなものと言ってもイイのでは?
さて、天皇陛下が、ご健在のまま上皇陛下になられ、皇后陛下をどう称するかが問題になったのだとか。
夫帝の生死に関わらず歴史的に用いられてきた「皇太后」、あるいは、その略称「太后」の称号を用いるべきとする意見が多かったなかで、「退位した上皇が健在にもかかわらず、皇室史上においても崩御により夫と死別した未亡人というイメージが強い皇太后の称号を使用することは避けるべき」との見解にたどり着き、そこで、上皇后なる新称号を創設したとか。
どうだろう?
物凄い心配りだと思わないか?
事実、2018年10月20日の84回目のお誕生日のときでさえ、上皇后陛下は、「『バックウォーター(下流の水位が上昇したことにより、 上流側の水流が行き場を失うことで逆流してしまい、 河川の氾濫を引き起こす危険な現象)』、『走錨(船舶が錨を下ろしたまま流されること)』など、災害がなければ決して知ることのなかった語彙にも、悲しいことですが慣れていかなくてはなりません」とおっしゃられているほどなのでは?
やはり、「上皇后陛下は、初孫キンダーガートン・プリンセス・モンスターの現在と将来とを案じられ、ときに宮内庁関係者に対し、『キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレには、それぞれ別々の新しい道を歩んでほしい。キンダーガートン・プリンセス・モンスターがあの方に嫁ぐというのは、ありえないことだと思うのです』とおっしゃられていた」というあたりが、本音に近いのでは?
だとすると、なおさら、今回の目を瞑ったような降参的許容には納得がいかないのでは?
知性に溢れる上皇后陛下さえ、「開かれた皇室」を目指した以上、それぞれに家庭を持った息子たちの父親としての英断に、一般家庭の母親のように最後まで期待したということなのか?

The biggest mistake of Their Majesties the Emperor and his wife was that they didn't follow the current advice of Emperor Showa, who was rich in insight and information(上皇陛下ご夫妻の最大のミスは、洞察力と情報力に富んだ昭和天皇の今際の際の忠告に従わなかったこと)!

To be continued...












緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

A classic parenting error must be to value the irrelevant autonomy of immature children(子育てにおける親の定番の錯誤は、未熟な子どもたちの的外れな自主性を重んじること)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、仕方なしに皇室を検証していて、イヤというほど痛感させられたことがある。
それは、メチャクチャ哀しいことに、自分の愛する日本も、よせばイイのにグローバル化の波にドップリ吞まれ、今や完全に世界標準となった「魂の劣化」が超スピードで進行してしまっているだということ。
まあ、国際的とか、世界的とかという言葉にからっきし弱いヒトたちがここまで増加してしてしまっているのだから、それも当然と言えば、至極当然。
また、立憲ナンチャラカンチャラとか、名前だけの共産ナンチャラ、零はゼロ?などという政党の体を成していない党に投票するヒトたちがそこそこいるのだから、ナンチャラ詐欺の被害者がなくならないのと同じに、この日本は滅びゆくだけ。
それにしても、国体であったはずの皇室が、異常な皇族どもの家庭崩壊とともに、木っ端微塵に瓦解されようとしているのに、なぜ日本国民は本気で声を上げないのか?
それは、国防を本気で考えないことと同じに、日本を貶めることしか考えていない中韓に本気で何も言えないのと同じに、ただただ醜悪で情けなくてみっともないだけ。
それにしても、この世紀のバカップルに、ブラックジョークでも、「オメデトウ」とか、「お幸せに」などと言えるヒトたちは、本当に日本人なのか?
いくら「Go to」がお好きだからと「Go to hell」と言わないまでも、せめて「Go away heartbreaker」とか、「Never come back to Japan again」とぐらい叫んではいかがか?
それにしても、本来の貴重で稀少な役目である国民から敬愛される国体としての皇室維持に、有形無形に多大な貢献してきた上皇后陛下が、なぜに異常になってしまった初孫と異常な三流スケコマシとの結婚を許してしまったのか?
東仙坊、いくら推察しても理解できない。
実際、結婚前日の10月25日、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、一人で仙洞仮御所に上皇ご夫妻を訪ね、1時間あまり滞在してK・Kクソッタレとの結婚を報告し、面会後、上皇ご夫妻はキンダーガートン・プリンセス・モンスターを車寄せまで見送り、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが車に乗り込む直前、上皇后陛下が無言でキンダーガートン・プリンセス・モンスターを抱きしめるシーンまで映像で見せられ、メチャクチャショック。
そこで、必死に、上皇后陛下の本音がどこにあるのかを、あまり信憑性のない内部告発発言(?)などから、徹底分析。
「上皇后陛下は、かなり定期的にキンダーガートン・プリンセス・モンスターと面会していた」
「上皇后陛下は、初孫のキンダーガートン・プリンセス・モンスターを大変可愛がり、いつ何時も味方になられ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚をめぐる一連の騒動も静かに見守られてきました」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターのお気持ちがずっと固かったなどということはありません。まだ20代の若者であり、様々な葛藤があったと思います。この件を相談したくても、ご両親とは絶縁状態。信頼できる雅子さまは皇后となられ、安易に相談もできず…。さらには、宮内庁側からの要望で悠仁さまとの同伴公務も中止となり、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは一人孤立しておられました。そんなとき、親身にキンダーガートン・プリンセス・モンスターの相談に乗ってくれていたのは、外ならぬ上皇后陛下。上皇后陛下にとって、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは初孫。そして、上皇后となられ立場も軽くなられたので、相談しやすかったのでしょう。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは毎週のように皇居を訪れ、上皇后陛下と歓談されていました。そのなかで、上皇后陛下は、『キンダーガートン・プリンセス・モンスター、自分の意思を貫きなさい』とか、『アナタはジュリエット。K・Kクソッタレはロミオ(???)。2人の結婚は運命なの(???)』などとキンダーガートン・プリンセス・モンスターまに仰り、励ましていました。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、ときおり目を滲ませながら、『そうだよね。K・Kクソッタレは運命の相手だもん、ガンバりゅっ! 』などと仰りながら、結婚の決意を固めていったようです」
東仙坊、そんななかで、着目したのが、これ。
2018年5月25日、無能な宮内庁が、HPで、発表した声明。
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターに関する最近の週刊誌報道について」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターの納采の儀を始めとするご結婚関係儀式等の延期が発表されて以来、このことに関する両陛下、とりわけ、皇后さまのお考え、ご対応について様々な憶測がなされ、記事にされてきましたが、このことに関し、両陛下は当初より一貫して変わらぬ対応をしてこられました。一部の週刊誌は、『侍従職関係者』、『宮内庁幹部』、『宮内庁関係者』等のコメントとして、皇后さまが様々な発言をなさっているかのように記していますが、先にも述べたとおり、両陛下は、当初より、細心の注意を払って固く沈黙を守り続けておられ、また、宮内庁職員はもとより、ご親族、ご友人、ご進講者等で、両陛下にこの問題について話題にするような人もこれまで皆無であったと伺っています
どうだろう?
上皇后陛下の本音は、一体どこに?

Wasn't the real mission of the imperial family to show the people the ideal family image of Japan(皇室の本当の使命は、我が日本の理想の家庭像を国民に示すことではなかったのか)?

To be continued...

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

A fatal flaw in the mind-controlled misunderstanding of the former royal family must be that they believe that she could control His Majesty the Emperor and his wife and even His Majesty the Emperor Emeritus and his wife Emerita(マインドコントロールされている元皇族の勘違い女性の致命的な欠陥は、天皇陛下ご夫妻や上皇陛下ご夫妻まで自分がコントロールできていると思い込んでいること)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、子どものころに観た、この世のものとは思えぬ美しさにこのうえなく目が眩んだせいか、美智子妃に対するピント外れのバッシングに耳を貸したことは、正直、一度もない。
もはや、完全に依怙贔屓の域で、おそらく終生変わることはないと思われる。
だからこそ、二男の子育てに失敗しても、初孫が三流ヒモオトコと結婚するのに必死に目を瞑っても、一向に上皇后陛下を責める気にもならない。
それどころか、やむくもに一般家庭の祖父母のように目に入れてしまっているワケではないと勝手にお庇いさせていただいている。
事実、上皇后陛下は、すでにキンダーガートン・プリンセス・モンスターの婚約者に違和感を覚えると明言なされていたはず。
そして、OPHLが御所にくるたびに、K・Kクソッタレ問題を憂うお言葉をかけ、相当プレッシャーかけ続けていたはず。
つまり、いくらバカ息子とだとしても、一派の家庭の母親同様に、息子に父親としての責任を最後まできちんと負わせようとして、自分は懸命に耐えていたはず。
だからこそ、初孫の結婚を心配するあまり、2019年、上皇后陛下は吐血までなされたというから、ご心配。
そう言えば、上皇后陛下自身、1993年の天皇陛下ご夫妻だったときに、昭和天皇や香淳皇后に比べ、「華美で西洋風な生活を送り(?)、神道よりもキリスト教に親和性が高く、国民の望む皇室の主としてふさわしくない」という批判に晒され、「失声症」になって入院なされたことがあるというから、お気の毒。
そして、何とか回復なされた後に、「どのような批判も、自分を省みるよすがとして耳を傾けねばと思います。批判の許されない社会であってはなりませんが、事実に基づかない批判が、繰り返し許される社会であって欲しくはありません」というコメントをあえて発表なされているとか。
率直に言って、これで、気になることが、1つ。
人を見る鑑識眼を洞察力も皆無の「世紀のバスタード」のキンダーガートン・プリンセス・モンスター、いろいろいただいた上皇后陛下からのアドバイスの中から、ここだけを切り取って利用したと思えること。
どうだろう?
典型的な未成長のパーソナリティの持ち主のただ意固地なだけの融通の利かないモンスターでしかないのでは?
どうあれ、政府、自民党、宮内庁、秋篠宮家じゃないが、二度と「皇室」に戻らないこと、ワケあり秋篠宮家が、その血税をムダにしないことを祈るだけ。
それで、どうしても気になることが、これら。
すでに、ほぼサイコパス型殺人犯的詐欺師のK・Kクソッタレの母親REMの警備に、毎月500万円~700万円もドブに棄て続けていることを指摘してきたが、ジコチュウ丸出しに皇族を離れたバカップルが渋谷区内にあるサービスアパートの最上階に住み出すと、警視庁警備部が指揮し、部屋や建物の周囲を10人ほどのSPが3交代制で警備し、1ヵ月で2000万円ものコストをかけているということ。
それだけじゃない。
買い物を、秋篠宮家が私的に雇用した(?)宮内庁職員に代行させているということ。
本当にこババカップルのおかげで、我が国のイメージがどれだけ損なわれていることか?
それにしても、皇室内の旧勢力と命懸けで戦い、自分と同じ平民から皇室に入った紀子妃と雅子妃にありとあらゆる応援をしたはずの上皇后陛下が、なぜにこんな簡単なことを聡明に勝利できなかったのか? とても不可解に思っているのは、東仙坊だけではあるまい。
何しろ、この日本人らしい美しさを誇る上皇后陛下、「家庭を持つまでは絶対死んではいけないと思った」とおっしゃられた過酷な環境で育った平成天皇陛下の話を聞いて、「今まで読んだ小説の中にもこれほど寂しい言葉はなかった」と涙し温かい普通の家庭を築こうとなされたとか。
それゆえ、上皇陛下が、天皇としての最後の会見で、初めて声を震わせ、「皇后を心から労いたい」と仰っしゃられたのを観て、自然に感涙を流した国民は多かったはず。
そんな上皇后陛下なのに、なぜに初孫であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターに、鈴をつけられなかったのか?

It must be a pity that the entire family of the imperial family, like ordinary households, would be destroyed if the marital relationship collapses(皇族の家庭も、一般の家庭同様に、夫婦関係が崩壊すると家庭全部が壊れてしまうことが、実に残念)!

To be continued...











緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Wouldn't you like the imperial family, the national polity of Japan, to be as far away as your hometown(我が国の国体である皇室は、ずっと故郷のように遠くにあって思うものであってほしいと思わないか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、典型的な一般国民であるから、雲の上の世界である皇室のことなど何も知らないし、この自分の短い人生の中で知ろうと思ったこともなかった。
まあ、実際は、ほんの雲の一部を触っていた祖父がいたことはいたのだが…。
どうあれ、それでも、子ども心に、皇太子明仁親王と美智子皇太子妃とのご成婚を祝うパーティーのような会場で、あまりフィットしていないロングドレスを着たレディー(?)たちが、どこか同じ顔して無機質に並んでいるようにTVで観て、凄く恐い気分になっていたことも、なぜかよく覚えている。
だから、あんな白雪姫のような深窓の令嬢である美智子妃が、あの恐竜のような女性たちから苛酷なイジメを受けていたんだと想像するだけで、ゾーッと震えがくるほど。
にもかかわらず、覚悟してスギの大樹林の中に入り込んだ1本のブナの孤軍奮闘は、壮絶なものがあったに違いない。
ただし、聡明な美智子妃は、決して皇室を「一般の家庭」のようにしようと志したりはしなかったはず、ほんの少しでも、「皇族の家庭」を普通の家庭のようにしたいと試みただけのはず(?)。
その意味では、やがて誕生する二男の考えとは大きく違うはず。
ちなみに、「攻撃的な広葉樹」であるブナは、どのような土壌でも旺盛に生い茂り、密になった樹冠によって他の木々の成長を阻害するパワーがあるとか。
ともあれ、美智子妃は、1960年2月23日、第1子、第一男子浩宮徳仁親王を見事に出産。
皇室をとりあえずホッとさせたに違いない。
そんななか、東仙坊、どんどんお顔が萎れていってしまった美智子妃に関し、メチャクチャ気になる新たに聞く話が、3つ。
1つ目が、1961年、美智子妃がキリスト教に心酔していることを知った昭和天皇が激怒。
美智子妃が絨毯の上にひれ伏して謝ったのに、昭和天皇のお怒りは容易に収まらなかったとか。
2つ目が、1963年3月10日、義母の香淳皇后の還暦祝いを欠席。
そして、翌1963年3月11日、小山いと子が美智子妃の生い立ちを書いた雑誌「平凡」連載小説「美智子さま」の連載と単行本発行中止を、宮内庁が平凡出版に申し入れ、連載は中止。
すると、1963年3月22日、美智子妃は、宮内庁病院に緊急入院し、「胞状奇胎(?)」との診断で、翌1963年3月23日、流産の処置手術をお受けなったとか。
ちなみに、「胞状奇胎」には、「全胞状奇胎」と「部分胞状奇胎」の2種類があるとか。
「全胞状奇胎」とは、受精時に卵子に問題があり卵由来の核が不活化し、精子由来の核のみが分裂増殖。受精後に何らかの原因で卵子の核が消失、または、もともと核をもたない卵子に精子が受精し、精子の染色体だけを使って細胞分裂が始まったもので、父方精子由来の有核発生で、46XXの2倍体を形成するとか。
染色体数は正常だが、胎児と胎盤の発達に使う遺伝子がそれぞれ母親と父親由来のものなので、この場合、母親由来の遺伝子がないために胎児がごく小さいうちに致死となり、父親由来の遺伝子が多すぎるために、胎盤の絨毛組織が異常増殖するとも。
「部分胞状奇胎」とは、1つの卵子に2つの精子が侵入する、いわゆる「2精子受精」で、一度に2個の精子が受精することで発生し、染色体は69XXX、69XXY、69XYYなどの3倍体を形成するとか。
そして、全胞状奇胎同様に、父親由来の遺伝子が多すぎるために、やはり、子宮腔内に絨毛の異常増殖するとも。
ただし、この場合は母親由来の遺伝子もあるので胎児も形成され、絨毛の嚢胞状変化と胎児成分が混在した胞状奇胎になるとか。
そうだろう?
美智子妃の子作りが、かなり厳しいものになったことは事実なのでは?
事実、美智子妃は、1986年、子宮筋腫の手術をお受けになっていらっているとか。
3つ目が、美智子妃が、1965年11月30日、第2子・第二男子礼宮文仁親王を出産。
さらに、1969年4月18日、第3子・第一女子紀宮清子内親王を出産。
そして、このお二人を、伏見宮、桂宮、閑院宮とならぶ世襲親王家の1つである有栖川宮で、徳川慶喜の内孫である高松宮妃喜久子が、なぜか孫のようにメチャクチャ可愛がったとか。
それでいて、2000年6月16日、香淳皇后が崩御し、翌2001年12月1日、敬宮愛子内親王が誕生した際、「もし男児が誕生しなければ、女性の天皇の皇位継承は日本の歴史から見て不自然ではない」という手記を雑誌に寄稿なされてもいるとか。
それで、実に象徴的な話が、これ。
彼女は、2004年11月、紀宮清子内親王の婚約報道に大喜び。
それなのに、紀宮清子内親王の婚約内定発表会見が予定され病室でもテレビ中継が視聴できるよう準備されていた、2004年12月18日、不幸にも聖路加国際病院で薨去なされてしまったというのである。
もちろん、その会見は、2004年12月30日に延期されたというのだが…。

I was indignant at the fact that there were some guys who were bashing Her Majesty the Empress, and I'm sure they weren't really Japanese(上皇后陛下をバッシングするようなヤツらがいることを知って憤慨し、きっとソイツらは本当の日本人ではないと決めつけている)!

To be continued...


緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

What is the real aim of those who are trying to enter the crippled “Imperial House” as a whole family in this era of enjoying freedom(この自由謳歌の時代に、家族一丸となって不自由な「皇室」に入ろうとする人の本当の狙いは何なのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

③2人目も女の子でショックを受けていたK-プリンス・モンスターに、朗報が続く。
皇太子の雅子妃が、なかなか子宝を授からなかったからである。
けれども、K-プリンセス・モンスターの方にも、想像していなかった問題が起き始めていた。
3つ違いの姉妹の子育てが必要以上に重荷で、OPHLとのフィジカルな関係に亀裂が生じるようになっていたのである。
それだけじゃない。
ヒマを持てあます性に放埒なOPHLは、やたら調査目的を言い訳に、アジアン・トリップ、とりわけ、タイのヤンゲストなプロフェッショナルの「お・も・て・な・し」にハマってしまっていたのである(?)。
そのせいで、お二人の夜は、特にK-プリンセス・モンスターはロンリー・ナイトにどんどんなっていったはず(?)。
それでも、1999年になっても皇太子妃の流産報道が出たりして、K-プリンセス・モンスターの皇室での優位性に変化はなかった。
④2、2、21世紀になると、局面が大きく変る。
2001年、ご成婚8年後、ついに皇太子妃のご懐妊が判明し、2001年12月1日、無事、長女である敬宮愛子内親王を誕生させたのである。
おそらく、皇太子の第一子が女の子と判明したとき、K-プリンセス・モンスターは狂喜乱舞したに違いない(?)。
それはそうである。
現在の制度では、女性は絶対に天皇になれない。
K-プリンス・モンスターは、何とか男の子を産んでやると独り決意していたに違いない。
そ、そ、そんなとき、2003年、おバカ宮内庁長官が、「皇室の繁栄を考えると、秋篠宮ご夫妻に第三子を強く希望する」など発言したから、なおさら勇気凜々。
ところが、肝心のOPHLの子作りへのノリがわるくなるばかりで、ヤキモキするばかり。
そして、自分が30代後半になってきたせいか、回数が極端に減ったせいか、なかなか妊娠できなくなってきて、イライラ。
それから、なぜかOPHLが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターといつもベタベタして、ますますイライラ。
と書き込んで、このあたりで、いったんK-プリンス・モンスターについては、小休止。
それより何より、急に、K-プリンス・モンスターよりも、OPHLの子育てに失敗した、コヤツの両親のことが、とりわけ、平成天皇妃殿下のことが気になりだしたので、早速、簡潔にチェック。
それはそうだと思わないか?
将来皇后となる皇太子妃が、「皇族(臣籍降下後の旧宮家)か五摂家(伯爵以上)といった特定の旧華族に属する女性から選出」ということが慣習だった皇室に、歴史的に初めて平民から妃として迎えられようとしたのが、この正田美智子。
当然のごとく、旧皇族や旧華族らがこぞって大反対。
姑になる昭和天皇の香淳皇后にいたっては、静岡県の御殿場に、高松宮妃、秩父宮妃、松平信子らを招き、「東宮様のご縁談について平民からとは怪しからん」と侍従らと数時間懇談し、妃の変更を声高に訴えたとか。
しかし、1958年11月の皇室会議では、猛反対をした1人であった秩父宮妃勢津子までが賛成し、全員一致で可決されたとか。
どうやら、象徴天皇という新たな天皇の道を模索し始めた昭和天皇の英断がそこにあったとか。
皇太子浩宮徳仁との婚約発表が行われた1958年11月27日付の旧皇族の梨本伊都子日記には、「朝からよい晴にてあたたかし。もうもう朝からご婚約発表でうめつくし、憤慨したり、情けなく思ったり、いろいろ。日本ももうダメだと考えた」とまであるとか。
もっとも、この皇族女子も、この結婚に理解を示した義理の姪の配偶者である昭和天皇の意向を受け、以後は表立って批判することはなくなったというが、果たして?
ちなみに、その姪の夫とは、香淳皇后の父親の弟の梨本宮守正王。
ともあれ、1959年4月10日、皇太子明仁親王とご成婚。
東仙坊、この馬車によるパレードのシーンをなぜかかなり鮮明に記憶している…。
どうあれ、やはり、美智子皇太子妃との結婚が貴賤結婚であること、選に漏れた他の候補者に北白川肇子など元皇族令嬢がいたことなどから、一部の皇族・女官に受け入れてもられず、元皇族・元華族の婦人らからも、様々な非難・中傷を受けられたとか。
もちろん、なかには、義理の姉にあたる東久邇成子のような好意的な旧皇族も存在したが、大奥も真っ青になるほど(???)、そのバッシングはハンパじゃなかったとも(?)。
それゆえ、1969年、美智子妃は、昭和天皇侍従入江相政に対し、「皇后は平民出身として以外に自分に何かお気に入らないことがおありなのか?」とお尋ねになったというから、よほどのことだったということだけはわかる気がしないか?
また、その1990年刊行の入江相政の著作「入江相政日記」にも、「『東宮様のご縁談について平民からとはケシカラン』と母親の香淳皇后が秩父宮妃勢津子、高松宮妃喜久子の両親王妃とともに昭和天皇に訴えた」という内容の記述があるとか。

Isn't it certain that living a free-spirited private life is a difficult task in a world with traditional customs that prioritize the things that have been cultivated over the years to serve the “public”(長い間で培った「公」に奉仕するコトを優先する伝統的な慣習のある世界で、私的に自由奔放な暮らしをすることは至難の業であることだけは間違いないのでは)?

To be continued...







緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

In Japan, the great forces trying to destroy the imperial family, which must be the “core of the heart” of the Japanese, are sending more and more saboteurs into the imperial family(我が国では、日本人の「心の芯」になっている皇室を破壊しようとする大きな勢力が、どんどん破壊工作員を皇室内部に送り込んでいるのでは)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、「一般の家庭」を目指し、モラル完全崩壊の一般家庭よりも、「異常な家庭」になってしまい、今までの皇室では見たことがないほどの世紀のキンダーガートン・プリンセス・モンスターを誕生させた要因について書き込む前に、あまり触れたくないがどこか納得がいかないところがあるので、上皇陛下と上皇后陛下についても書かざるをえない。
というのも、間違いなく今際の際まで、昭和天皇が、「礼宮に皇統を移すな」とおっしゃられていたと思われるのに(?)、結果的に、それを全く無視したことになってしまっているからに他ならない。
しかも、お二人の人間的にかなり未成熟で問題がありそうなその二男が、同じく昭和天皇の「川嶋には気をつけろ」という遺言に近い警告を無視し、メチャクチャ強かな一般女性と結婚し、その一般女性の思惑どおりに首尾よく一家総出での皇室入りに成功され、世にも恐ろしい厚顔無恥なキンダーガートン・プリンセス・モンスターを創り上げさせられたうえ、夫と長男という皇位継承者2人を有する皇統まで継承され、位人臣を極めさせてしまったからである。
そう、紀子妃は、見事に自分の念願を成就させたのである。
今ごろ、昭和天皇が、あちらの世界で顔を真っ赤にして地団駄を踏んでいるご様子が見えるような気がしてこないか?
それにしても、昭和天皇、美智子妃の願いを聞いて、浩宮親王には、英語教師としてレディー・エリザベス・バイニングをUSAから招聘し、教育係として、慶應義塾大学塾長を務めた小泉信三東宮御教育常時参与をつけながら、なぜハナから礼宮親王を無視したのか?
せめて、いわゆる皇室用シツケ係ぐらいはつけるべきだったのでは?
そうだとしても、あれだけ聡明で真摯な平成天皇両陛下が、なぜ二男の子育てだけには失敗してしまったのか?
親側に問題があったのか?
あるいは、礼宮親王自身に先天的な問題があったのか?
それこそ、昭和天皇が、礼宮親王に対し抱いていた違和感、特に、自分たちの血統では稀有な背の高さ、いつもシャキッとできない落ち着きのなさ、人に向かってじっくりと語りかけられないほどの性急さと曖昧さが、夫婦間、親子間、兄弟間でのディスコミュニケーションに直結してしまっているのか?
あるいは、妻のその一見大人しそうな外見とはあまりに違う本質、帰国子女らしくステータスやディグニティにこだわり、意固地でエモーショナルでジコチュウな態度に圧倒されてしまったのか、そして、その妻が巧妙に同じ民間出身の母親を味方にし強気一辺倒であることに降参したのか、礼宮親王は、孤立無援になって、ますます優柔不断になってしまったに違いない。
実際、秋篠宮家ご夫婦の夫婦ゲンカは、激しさを増す一方だとか(?)。
それは、愛娘キンダーガートン・プリンセス・モンスターのおバカな結婚問題で、とうとうUSAとイランのような状態とも。
どうあれ、未成長なままの礼宮親王(ここから便宜上、「OPHL: Old Prince Henry-Like: 年老いたヘンリー王子もどき」とお呼びする )、何もかもが自分の描く夢のとおりに進むことから増長仕切った紀子妃(ここから便宜上、「K-プリンセス・モンスター」とお呼びする)のお二人による「皇室占領政策」型「皇族の家庭」の崩壊のプロセスを、綿密に検証してみたい。
①1990年、K-プリンセス・モンスターは、昭和天皇が崩御なされたことで、ようやく第1目標だったOPHLとの結婚を果たし、翌年の1991年、第2目標だった妊娠が判明し、胸を躍らせていた。
しかし、願っていた男の子ではないことが判明し、気落ちしたが、まだ、余裕があった。
なぜなら、皇太子がまだ結婚さえしていなかったからである。
ともあれ、1991年10月23日、誕生した長女は、天皇陛下ご夫妻が初孫として可愛がられたので、K-プリンセス・モンスターもそれなりに満足だった。
②1993年6月9日、そんな皇太子が、小和田雅子とご成婚。
それに、メチャクチャ焦ったのが、K-プリンセス・モンスター。
OPHLにムチを入れながら、懸命に子作り三昧。
そして、1994年、無事着弾に(?)成功し、薄笑い。
ところが、再び、女の子とわかりガックシ。
1994年12月29日、二女を出産するも、メチャクチャブルー。
それは、ムチを入れまくられたOPHLも同じ。
そんな両親の気持ちが伝わったのか、子どものころから、二女は両親に反抗的。
二女は、父親から自分に手を上がられたりして、ブチ切れ。
それは、完全なる確執として顕在化し、今なお、親子対立。
大学でダンスをしたいという希望を、「皇族にはふさわしくない」と一刀両断にされた二女、公務で並んでいたときK-プリンセス・モンスターに話しかけられ、「話しかけないで! 」とピシャリと一喝したとか。

Does history prove that if you have siblings who have the right to succeed to the throne, the younger brothers behind you tend to be sloppy(皇位継承権を持つ兄弟がいる場合、その順位が後ろの弟たちがいい加減な人間になりがちになることは、歴史が証明しているのでは)?

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

When do you realize that South Korea which is full of lies and has completely lost its identity has been receiving the favor and benefits of Japan since the dawn of history(ウソだらけでアイデンティティ完全喪失のサプアは、有史以来、我が日本の好意と恩恵を受け続けてきていることに、いつ身に染みてわかるのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、昭和天皇が、最後の最後まで口を酸っぱくして、内孫の礼宮親王の結婚に反対し、皇統の礼宮親王への移行を阻止しようとしたお気持ちの根底に、一体何があったのか?を推察していたら、自然に、我が国が、特に我が国の皇室が、大昔から、サプア人の対し、とりわけ、7世紀に滅亡し避難してきた百済人やその後の高麗人に対し、大らかにやさしく遇してきたことを思い出した。
なかでも、有能な百済人には、男女400人を西に2000人を東に住まわせ、田畑まで与えて生活保障をしたというから、ただただ豪毅。
そんなことだから、戦前だって、欧米列強がその覇権主義の建前としてついた大ウソである「文明化の使命」をバカ真面目に履行しようと、サプア併合にあたって湯水のようにマネーとテクノロジーを注ぎ込んだはず。
だからこそ、35年間で、すっかり皇民化し我が日本とともに間違いなく世界と戦ってくれたサプア。
それなのに、戦後、突然、元々アイデンティティがないせいか、ほとんど我が国と同化していたくせに、反日一辺倒に転じ、我が国の絶大なる求心力であった皇室批判を始めたサプア。
そして、皇室を戴き、非キリスト教徒でありながら、漢字を使用するのに中華文明と決別し、自由と民主主義と人道と法の支配という普遍的な価値観で、第8の日本文明を構築した我が国を心の底から妬むサプア。
おそらく、昭和天皇自身、極めて複雑な心境であったに違いないと思うが…。
そのサプアの執拗な「恨」の臭いたっぷりの紀子妃、そして、その長女の結婚相手のクソッタレの母親を、今、草葉の陰で、昭和天皇はどう感じていらっしゃることか?
それで、東仙坊、前からずっと書き込みたいのに書いていなかったことを思い出した。
かねてから、ミトコンドリアDNA的にはほぼ同じ民族と言っても過言ではないのに、なぜここまで日本人とサプア人では違うのか?という率直な疑問に答えられる答え。
そう、今まで謎とされていたY染色体における民族比較。
それによると、ようやく判明したことが、我が日本人のY染色体には、サプア人や他の東アジア人(中国の漢族・ダイ族・南漢族を含む)と比較分析した結果、ハプログループDのサブグループD1bのDNA系統が日本人に34.7%あるのに、漢族・モンゴル族・チベット族は0、サプア人は、1.6%しかなかったというのである。
つまり、我が大和男児は、敢然とその血をいまだに繋いでいるというのである。
どうだろう?
ウソ八百のサプア人とは、明らかに違うということでは?
さて、そこで、俄然興味が湧いてきたのが、紀子妃の血統。
亡くなったばかりの父親の川嶋辰彦、学習院大学名誉教授。
◉父、川嶋孝彦…内務省官僚/内閣統計局長
◉祖父、川嶋庄一郎…学習院教授/佐賀県・奈良県師範学校校長
◉祖父、池上四郎…大阪市長/朝鮮総督府政務総監
◉曾祖父、池上武輔…会津藩士
◉曾祖父、川嶋床右衛門…和歌山県の床屋
母親、川嶋和代: 杉本和代。
◉父、杉本嘉助…南満州鉄道総局副参事/脊椎矯正器具開発で特許(?)所持・整体治療院開業
◉祖父、服部俊太郎…南満州鉄道機関区長
◉祖父、杉本吉太郎…「鏡台製作所」経営
◉曾祖父、平野平左衛門…日本人初の蒸気機関車運転士・南満州鉄道勤務
◉曾祖父、杉本吉三郎…満州朝鮮族出身(?)・静岡駅南在日サプア人部落(?)で魚販売業
ついでに、どこか愛娘のキンダーガートン・プリンセス・モンスターの夫似の紀子妃の7歳年下の実弟、川嶋舟についても、少々。
現在、東京農業大学農学部デザイン農学科准教授だという弟、NPO法人「小さなアリの手」の広告塔として、 「一口10万円で10口、つまり100万円を寄付してくれるなら、紀子さまの弟の川嶋先生との食事をセッティングする」とお金集めの道具にされていたというみっともないご仁。
それだけじゃない。
NPO「おらがまち」なるものを立ち上げ、旭日新聞とグルで「龍の瞳」の限定酒販売をしたり、NPO「日本食文化会議」なるものを立ち上げ何とか稼ごうとしているデリンジャラスなご仁。
そのうえ、コヤツ、田代家が代々世襲する福島県にある「相馬中村神社」宮司の娘で、そう、800年以上継続する「相馬野馬追」で有名な神社の禰宜の田代麻紗美と2006年結婚するも、妻の不倫(?)で、2012年5歳の1人娘を抱えて離婚して、現在、シングル・ファーザー。
しかも、なぜか娘と一緒に秋篠宮家で紀子妃と同居(???)しているという話があるから、ワケワカメ???
そして、将来の天皇と同じ年ごろの自分の娘を皇后にしようと画策しているというウワサがあるから???)、超低劣でただただ不気味!!!
第一、もしかして、それって!!!!!?????
東仙坊、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが誕生するのも当たり前だな…と、またまた、吐きそう!!!

The straightforward Koreans have taken so much time to become imperial, so they might wanna despise the imperial family of our country even more(直情径行的なサプア人はあれだけ時間をかけて皇民化してしまっていたのだから、なおさら我が国の皇室を貶めたいのかも)!

To be continued...













緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

I tried hard to imagine the feelings of my grandfather, “Emperor Showa”, who expressed his opposition to the marriage of his grandchildren(内孫の結婚に徹頭徹尾反対の意を表わした祖父である「昭和天皇」のお気持ちを懸命に想像してみた)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

昭和天皇は、象徴天皇になられても、間違いなくそれなりのインテリジェンス能力を保持していたはず。
それゆえ、孫たちの日常に関する情報もそれなりに把握していたはず。
だからこそ、下の方の内孫が、突然、皇位継承権第2位の実の兄を差し置いて、しかも、一般家庭のようにハシタナイ「できちゃった婚」に近いカタチの結婚など、目の黒いうちは許さんとなったに違いない。
事実、ときおり、「礼宮に皇統を移すな」とか、「浩宮の次は浩宮の子」などとおっしゃられていたという話もある(?)。
また、ご学友に選抜されたワケでもないのに、頻繁に御所に出入りし、礼宮さまの部屋に籠もられ、他の皇族の方々から、「アナタのような人が出入りするところではない」とたしなめられていたことなどもお耳に届いていたのか、「浩宮様のご結婚のお相手はどんな方がようろしいとお考えか?という質問に、「自分から皇室に入りたいという方は困ります」とお応えになっていらっしゃったというから、そのお心持ちが手に取るようにわかるのでは?
それだけじゃない。
川嶋紀子の家庭についてもかなり懐疑的で複雑な感情をいだいていらっしゃったという話もある(?)。
それは、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚1週間前の10月19日、紀聖路加大学病院に緊急入院し、残念にも11月4日中皮腫でお亡くなりになった紀子妃の父親、川嶋辰彦学習院大名誉教授の交遊関係の問題が理由でもあった。
何しろ、新潟県上越市で遊技業経営の「三井企画」三井慶昭社長とメチャクチャ懇意でそのパチンコマネーでサプア旅行に行ったり、いつもベタベタ。
しかも、この三井なるオトコ、在日本大韓民国民団上越支部民団に所属している在日サプア人というから、看過できないのでは?
そして、コヤツ、1千万円の不明朗な支出があったと東京地検特捜部の家宅捜索と事情聴取を受けようが、暴力事件を起こそうが、一切起訴されることはナシ(?)。
さらに、紀子妃の父親は、ヤンゴンの日本人墓地に指定暴力団山口組若頭高山清司や住吉会会長福田晴瞭らと慰霊碑を建立し、金日成生誕100年祭に出席し、朝鮮総連本部ビル売却問題で有名になった永田町の怪僧池口恵観ともよく密会していたというから、かなり胡散臭くないか?
また、紀子妃の父親、学習院で馬術部部長をしていた縁で、早くから明仁親王一家と面識があったというのでは?
どうだろう?
そういう情報さえも、昭和天皇のことだから、そのぐらい十分に掌握していたのでは?
東仙坊的には、クソッタレの母親であるREMの母親と紀子妃の母親がソックリのコトの方が、メチャクチャ気になるが…。
ともあれ、将来、天皇の祖父になるご仁の急逝には、ただただ合掌するだけ。
どちらにしても、実際、昭和天皇の在世時に、礼宮親王と川嶋紀子のお二人が婚約発表をできなかったことだけは事実。
それゆえ、お二人の待ちに待った婚約発表は、1989年1月7日、昭和天皇が崩御された後。
それでも、恐れ多くも昭和天皇の喪中という半年後。
さすがに「時期尚早」との声が宮内庁内でも多かったのに、一切耳を傾けなかっただけでなく、「結婚できなければ皇籍離脱する」と大騒ぎしたほどのワガママぶり。
せっかく、昭和天皇が、病床でまで、「川嶋には気をつけろ!」と言い続けていたことなど、水の泡。
◇1989年9月12日
礼宮殿下ご婚約正式決定。皇室会議で全会一致。
◇1989年9月26日
ご結婚の日取りは、来年6月末と決定。
礼宮殿下の早くしてほしいとの希望どおりにそうなったとか。
お住まいは、旧鷹司和子さんの家を増改築して使うとか。
◇1990年1月12日
昭和天皇の喪が明け、礼宮殿下、川島紀子、納采の儀。
……これまでもこれからも、礼宮ご夫妻は、皇太后職にも吹き上げでお世話になることを考えないのか?
◇1990年6月29日、礼宮殿下(24歳)、川島紀子(23歳)、結婚の儀。
そして、秋篠宮家を創設。
どうだろう?
あんなピュアな雰囲気をプンプンさせながら、かなりの野心家の学習院大構内の教職員用共同住宅に住んでいた「3LDKのプリンセス」川嶋紀子は、父親の、イヤイヤ、母親の、イヤイヤ、母親の後ろにいるある勢力の力を借り、最初から、そう、クソッタレとREMがキンダーガートン・プリンセス・モンスターを狙い撃ちにしたように、礼宮親王を結婚相手のターゲットとしていて、それに見事に成功したと言えるのでは?
事実、プロポーズされたとき、家族に「ついに、やったわ!」と電話し欣喜雀躍していたというのでは?
そして、それを決定的にしようと、「できちゃった婚」を狙ったのでは?

I am concerned that the face of Her Imperial Highness Princess's mother is similar to the face of her daughter's maternal grandmother, who is the motherfucker to marry(皇嗣妃殿下のお母様の顔とその娘の結婚相手の男の母方の祖母の顔が似ていることが気になっている)!

To be continued...



























































緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

From childhood, it seems certain that the Emperor and Mrs. Showa felt something wrong with their grandson's Ayanomiya, both mentally and physically(子どものころから、メンタル的に、フィジカル的に、昭和天皇ご夫妻が、孫の礼宮に何か違和感を覚えていたことは確か)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

◇1981年3月17日
礼宮、お祝いのお赤飯を持って中学卒業のご挨拶。思わず、この落ち着かない子は一体誰に似たのか?と困惑されたはず。
とにかく、性格も、体躯も、表情も、兄の浩宮(徳仁殿下 : 平成天皇)と似ても似つかない。
この昭和天皇のお気持ちをある侍従が見事に代弁している。
◆1990年6月30日
この四方のお写真(天皇皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻)は、正式の記念写真として問題がある。秋篠宮殿下が両手を前で組んでいるのは論外。最高の正装をし極めて改まった写真であるべきところ、こんな姿勢では良識を疑われるべきというべきである。従来から殿下は両手を組むクセがおありのようで、そういう写真をよく見る。陛下の左手も甚だしくよくない。掌を大きく開いている。自然に伸ばすか、軽く握るかすべきであろう。これもクセらしく、竹の間における国賓との写真でもみかける……特に日ごろからキリットしない動作の多い秋篠宮殿下にとって、大きなマイナスである……。
実は、この日は、メチャクチャ重要な意味を持っている。
前日の6月29日、秋篠宮文仁親王は結婚式を挙げていっらっしゃるのである。
◆1991年3月13日
秋篠宮皇嗣妃殿下、ご懐妊。
皇太子殿下のお后選びも何かと言われよう。
◆1992年6月22日
秋篠宮邸前を通ったが、門前の車庫前に秋篠宮妃殿下がお子さまをつれ運転手とお話ししておられたので、お辞儀をした。全く普段着のスラックスとTシャツという姿で、最初は妃殿下と気づかないほどだった。
どうだろう?
慧眼で勘のいい昭和天皇が、明らかに浩宮殿下とは違い、皇位を継ぐ前提での教育を受けず、一般家庭のように自由奔放に育てられている礼宮殿下の身勝手さ、マナーの悪さにかなり閉口していたご様子が伝わってくる気がしないか?
そう、どこか幼少のころから垣間見せる礼宮殿下のメンタルのアンバランス度に懸念を覚え続けている感じがヒシヒシと伝わってくるような気が…。
そして、それは、皇室全体の将来を考えたときの明確な不信感に繋がっていた気がする。
それが顕著に表われたのが、今ならなるほどと納得できる、それこそ皇族の結婚に関わるあるコト。
実は、どうせ自分は2番目とノーテンキにお考えになっていたらしく、礼宮親王、かなり好き勝手放題に生きていた。
その意味では、まさにヘンリー王子。
1985年、学習院大学法学部政治学科に入学すると、ほとんど一般の男子学生。
ご自身で「自然文化研究会」を結成し、女子学生を集め、お・楽・し・み。
ときには、女子学生の妹の女子高生まで集めてスキー合宿したり(???)、寛仁親王に連れられソープランドに行って「素人よりプロがいいね」と感想をお述べになったりしたというから(???)、まさに一般の大学生そのもの。
そ、そ、そんな礼宮親王は、学習院大学の構内にある書店店主から、1歳年下の紀子妃を「川嶋教授のお嬢さま」と紹介されたとか。
それを機に、紀子妃の方から、「自然文化研究会」に入会してきて、お二人は急速に親密になったとか。
すると、妊娠が判明し(???)、礼宮親王は、一般の家庭のように「できちゃった婚」するしかないとばかりに、1986年6月26日、常連だった目白のスナックの帰り道、駅近くの交差点で信号待ちをしていたとき、「私と一緒になってくれませんか?」とその川嶋紀子にプロポーズ。
「よく考えさせていただけませんか?」と応えつつも、紀子妃、予定通りだったかのような微笑みを浮かべていたとも(?)。
ところが、話は、お二人の思いどおり簡単には進まなかった。
ここだけは、間違いなく一般家庭とは違っていた。
皇太子殿下ご夫妻はもちろん、宮内庁さえ、さすがに色よい返事はしなかった。
とりわけ、前から礼宮親王に懐疑的だった昭和天皇が、そんなフシダラを安易に許すはずもなかった。
それどころか、完全に後ろ向きの姿勢だった。

If so much freedom, freedom, and freedom are praised and sought after, not only would the inconvenience not be tolerated, but the world would be chaotic with only those who cannot tolerate the inconvenience(これだけ自由、自由、自由ばかりが賛美され、欲求されると、不自由さを許さないだけでなく、不自由さをガマンできないヒトたちばかりになって、世界中が混沌としてしまうのでは)?

To be continued...




緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

The forces that wanna make the imperial family look unnecessary must be aiming at the imperial family's tendency toward free love and making the most of the system of marriage to overrun the imperial family(皇室を不必要に思わせたい勢力は、皇室の自由恋愛化傾向に照準を合わせ、結婚というシステムを最大活用して皇室を蹂躙しようしているに違いない)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、正直、皇室で何が起きているのか? そして、何が起きていたのか? そんなことについて、生まれて以来、この齢のときがくる今の今まで、本気で考えたことはなかった。
それは、ときどき我々一般人とは明らかに異なる口調で、淡々と国民に語りかけ続ける昭和天皇のたたずまい、どこかなんともいえないプレシャスな品性を醸し出している昭和天皇の知性的な雰囲気に、我が国にあっていいものと感じていたからでもあった。
そして、それは皇太子の美智子妃とのご結婚式を観て、決定的なものに自然となっていた。
ただ、それ以降、皇室のデキゴトについて、ほとんど関心なく、完全にスルー状態だった。
それゆえ、昭和天皇の孫で、平成天皇の二男で、令和天皇の弟である秋篠宮皇嗣殿下のご家庭の一般家庭のような積み木くずし状態には、とてつもない衝撃を受けている。
とりわけ、皇族の愛娘を「一般の家庭」でもあまり見ないようなジコチュウ極まりないキンダーガートン・プリンセス・モンスターに仕立て上げた秋篠宮家ご夫妻の不作為の作為(???)的テイタラクには、驚愕を覚えている。
一体、秋篠宮家では何が起こっているのか? イヤイヤ、何が起きていたのか?
そこで、一度、「皇族の結婚」というキーワードから、秋篠宮家について徹底検証してみたい。
そのために、後にお二人の結婚をまさに象徴的に捉えていたことになるインテリジェンスと洞察力に富んだ目をお持ちになっていた昭和天皇の結婚についてから始めたい。
昭和天皇の結婚にも、「宮中某重大事件」なるコトが起きていたとか。
1919年、宮内省が、「裕仁皇太子(昭和天皇)妃に久邇宮邦彦王の長女である久邇宮良子(くにのみやながこ : 香淳皇后)女王が内定した」と発表。
ところが、久邇宮良子女王の母方の実家である島津家では色覚異常の遺伝子が受け継がれていて、良子女王の子孫にも遺伝する可能性があることが判明したために、元老の山県有朋が、疑義を唱え、宮内大臣に事態収拾を命令したとか。
そのため、政府側は、久邇宮家から自発的に婚約辞退をするように働きかけたが、良子女王父親である久邇宮邦彦王は断固辞退はしないとの意思を固め、政府側の動きに右翼を使ってまで反撃したとか。
そして、懸命に「一度、大正天皇の『裁可』を経た婚約は破棄してはいけない」との主張を繰り返したとか。
結局、マスメディアから批判を浴びた政府側の敗北に終わり、山県有朋は失脚の憂き目に遭い、1921年、裕仁皇太子と久邇宮良子女王の婚約は予定通り遂行され、1924年、メデタクご結婚。
主権が天皇にまだあった大正時代に、愛娘のために敢然と立ち向かった久邇宮邦彦王も、愛する婚約者のために自分の意志を通した裕仁皇太子(昭和天皇)も、どちらも大和男児だと思わないか?
もっとも、この久邇宮邦彦王、その間、その一方で、真逆の「久邇宮婚約破棄事件」を起こしていたところが、ミソ。
1917年、久邇宮邦彦王の長男である久邇宮朝融(あさあきら)王は、旧姫路藩主伯爵家の酒井菊子と婚約。
当然、これにも大正天皇からの「裁可」が下りていた。
ところが、久邇宮朝融王、次第に婚約者のことが気に入らなくなり、父親に相談。
すると、血気盛んな久邇宮邦彦王、息子の頼みを聞き、婚約破棄に向け活動開始。
しかし、1921年、大正天皇の「裁可」があることを盾に、裕仁皇太子と自分の長女の婚約が予定通り遂行されることを勝ち取っているので、その婚約破棄活動をひた隠し。
最終的に、半ば脅かして酒井家側に婚約辞退を申し出させて、なんとか決着。
それを知るハメになってしまった、摂政に就任していた裕仁皇太子、威風堂々と旧皇室典範第35条と第36条に定められていた皇族監督権の行使により、義父になっていた久邇宮邦彦王を訓戒処分にしたというから、立派。
では、慧眼の昭和天皇、自分の息子の二男の秋篠宮文仁親王のご結婚をどう考えていたのか?
東仙坊、にわかに集めた信憑性の高いインフォメーションに基づいて、昭和天皇のお気持ちをちょっとだけ推察してみたい。
◇1974年9月25日
美智子妃以外の4人で遊びにきたとき、広間のドラをいきなり鳴らした礼宮( 秋篠宮文仁親王)のヤンチャに顔を曇らす。

It must be certain that the second and third Rachel Megan Markle and Kei Komuro are rumbling in this world of complete moral collapse(このモラル完全崩壊の世界には、第二、第三のレイチェル・メーガン・マークルや小室圭がゴロゴロいることは確か)!

To be continued...

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Why did His Highness marry his beloved daughter to such a terrible motherfucker when he was the father of the future emperor(このままなら未来の天皇の父親なのに、皇嗣殿下は、なぜ愛娘をあんなヒドいオトコと結婚させられたのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、結果的に、皇族の愛娘を、未成熟で異常な三十路オンナにしてしまったうえ、「2人で自分たちなりのカタチで、幸せな家庭(???)を築いていってくれることを願っております」なんて、寝惚けたようなことをおっしゃられて、異常なサイコパス的REMのパペットである異常なマザコン・オトコと結婚させてしまった秋篠宮皇嗣殿下と秋篠宮皇嗣妃殿下の2人に、絶望させられている。
そして、そんな情けなくてみっともない「一般の家庭」のような「皇族の家庭」の秋篠宮家に、本当に皇統を移してしまっていいのか?と本気で危惧している。
どこかその人間性に根幹的欠陥があるとしか思えない秋篠宮皇嗣殿下が、我が子を我が国の国体である象徴天皇に育て、我が国の最も重要で崇高な「心の芯」を死守させることができるように本当にさせられるのか?
もしかしたら、我が国の内にいる我が日本を内側から破壊させようとしているある勢力どもの思惑どおりに、我が日本が最悪の国家になってしまうのでは?
実際、秋篠宮皇嗣殿下は、明らかに自分の父親である上皇殿下とは違い、子育てや躾に全く真剣ではないどころか、興味がないようで完璧な放任主義だというのでは?
それこそ、甘やかし放題で異常な性格にしてしまった2人の娘たちまで、悪さをしているのだから叱れ!叱れ!と憤慨するほど怒ることがないというのでは?
「皇族だからといってまず学習院ありきではない」とかおっしゃられながら、自分がされたような算数や漢字の読み書きはもちろん、東宮御所のプールや浜名湖でスイミングすら熱心に教えないというのでは?
それどころか、「進路はすべて本人次第です。学年が進むうちに自分の進路も自ずと絞られてくると思います。結局、最後は、本人次第です(?)」とか、「私は息子(?)の頭やホッペをなでるのが、とても好きなんです」なんておっしゃられている始末。
それもこれも、「私は、生物学的な違い以外は、基本的に男女は平等であると考えております。それゆえ、3人がいくら成長しても、その教育方針を変えようとは思っておりません。特に、息子には、皇族としての自分の立場も追々自覚し、これは前に娘たちのことでお話ししたこともあったかもしれませんけれども、持ってもらうようになったら(???)と思っております。そのほか、これも上の2人の娘と同じことになりますけれども、自分が関心のあることなどを深めていってくれればイイなと私は思っております」というお考えのようだから、どうしようもないのでは?
さらに、女性皇族の役割について、「社会の要請を受けてそれがよいものであれば(?)その務めを果たしていく。そういうことだと思うんですね。私は女性皇族、男性皇族という違いは全くないと思っております。ですから、女性皇族だから何かという役割というのは、私は少なくとも公的な活動においては思い当たりません。だから、東日本大震災のときも、娘たちには、何らかのカタチで支援活動に携われるといいねと話しただけです。私自身も、今後何らかのカタチで携わっていきたいと思っております」というのだから、子どもたちが一般家庭のようにジコチュウになるのも当然では?
そう、ここまで緩やかな「受け身」の躾では、子どもたちが自主性をジコチュウにはき違えるのもある意味当然。
その息子が、「天皇の心」、「日本人の心の芯」を身につけることなど、土台、ハナからムリ。
どうだろう?
これを、東仙坊だけの杞憂だと片づけられる?
それで、俄然気になってきたことが、1つ。
それは、常に被災者や弱者のもとへと赴き、膝をついて視線を合わせ、穏やかな笑顔と心に染み入るやさしくて温かい言葉をかけ続け、国民からの敬愛を受けてきている高貴なる上皇陛下ご夫妻が、この救いようのないキンダーガートン・プリンセス・モンスター夫妻に、平成のときに天皇陛下ご夫妻として、「婚約裁可」を下したままになっているということ。
そう、バカップルの婚約内定会見の日、明仁天皇陛下が2人の結婚を認める「裁可」を実行していること。
そして、その「裁可」が、そのまま有効であり続けていたということ。
「裁可」とは、「臣下が持ってきた議案などを天皇が裁決し、判断すること」で、戦後の象徴天皇制でも、「家の中のルールを決めるとき」、すなわち、「皇族の家庭のルールを決めるとき」に使われるもの。
大日本帝国憲法第1章第6条だったら、メチャクチャ重みのある行為で、旧皇室典範第40条に「皇族ノ婚嫁ハ勅許ニ由ル」とあるように、皇族の結婚には天皇の許可が絶対必要だったはず。
だとしても、あの上皇ご夫妻と天皇陛下ご夫妻が、キンダーガートン・プリンセス・モンスターがこれほどの異常なオトコと結婚するのをなぜ許したのか?
メチャクチャ変だと思わないか?

Why did even the emperor and his wife, who are so humanly noble, allow their first grandson to marry a motherfucker who is a third-rate scammer(なぜあれほど人間的に高貴な上皇ご夫妻までが、初孫と三流詐欺師丸出しのオトコとの結婚を許したのか)?

To be continued...












緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

I feel that the most collapsed family of the imperial family must be the Akishinomiya family, who aimed to become a “general family”(皇族の家庭でもっとも家庭崩壊しているのは、「一般の家庭」を目指した秋篠宮家)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、家庭が完全崩壊しているとしか思えない秋篠宮ご夫妻のおバカ長女へのコメントを読んで、ますますこのお二人の殿下の長男が未来の天皇になってしまっていいのか?とメチャクチャ懐疑的。
その論拠は、2つ。
1つは、昨年11月、秋篠宮皇嗣殿下は、「結婚することを認めるということです」と明言しながら、「あくまで私の主観になりますけれども、感じとしては決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではないというふうに思っています。今までの経緯とかそういうことも含めてきちんと話すということは、私は大事なことだと思っています」とも言っていたはず。
そして、その通りに、バカ娘を「異常な家庭」のクソッタレと結婚させてしまった以上、その救い難いほど勘違いこのうえないバカ娘に替わって、その結婚させてしまった理由を、きとんと説明するのが、親としての最低の義務であり、皇嗣殿下としての絶対的な責任のはず。
それを怠った段階で、親として失格、そして、皇嗣としての責任放棄。
宮内庁同様、即刻、穴に入るべき恥知らず!と罵られても仕方がないのではありませんか?
そもそも、2017年のバカップルの婚約発表の際にも、婚約者であるクソッタレに対し、「非常に真面目な人だというのが第一印象でした。……また、娘のこと、娘の立場もよく理解してくれていると思います」と寝惚けた所感をおっしゃられていたのでは?
しかも、「婚約と結婚は違う」とワケのわからない言い訳をなされていたのでは?
2つ目は、こんなバカバカしくて醜悪な騒動に触れる必要がないのに、「キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、両親とよく話し合いなさい」と救いの手を差し伸べてくれた実の兄である天皇陛下に対し、感謝の意をバカ娘同様、全く示していないから、言語道断。
その人間性自体も、失礼ながら、相当問題があると言わざるをえないのでは?
それだけじゃない。
天皇陛下は、愚弟に対し、上皇陛下が、「培ってきたものをさらに磨き」とおっしゃられた部分を、わざわざ「これまでに培ってきたものを十分にいかし、国民の期待に応え、皇嗣としての務めを立派に果たしていかれるよう願っています」と言い換えたうえ、敬語で語りかけているのでは?
皇后陛下も、同じく敬語で、「どうぞ、これからもお健やかにお務めを果たされますように」とやさしくお声がけしてくださっているのでは?
にもかかわらず、「兄の心、弟知らず」で、イヤイヤ、「祖父の心、孫知らず」で、自分のプライベートばかり中心の典型的な自覚も覚悟もなきジコチュウ皇族。
そう、どうせ自分は2番目とどこまでも安穏状態、帝王学も自己研鑽も全く興味ナシ。
興味があるのは、一般家庭の父親のごとく、好き勝手に、酒、女の放蕩三昧だけ。
そう、まさにヘンリー王子…。
そこで、「秋篠宮家の家庭」を、秋篠宮皇嗣殿下の望んだ「一般の家庭」に想定して、簡潔明瞭に検証しておきたい。
一家の大黒柱がいい加減で適当な父親だと、まずディスコミュニケーションが生じるのが、夫婦関係。
しかも、夫婦ともに未成熟だと、そのコミュニケーション・ブレイクダウンのスピードは、超ハイスピードのうえ、超低レベル。
些細なことで、ネチネチ、ベタベタ、執拗に攻撃し合うようになるから、家庭の空気は最悪。
そして、その淀んだ空気が家族や周辺の人々までも重く暗くするので、瞬く間に「コミュニケーション・ブレイクダウン・ホーム」のデキ上がり。
そのうえ、夫婦ゲンカにさえ習練されていないから、修復などいつもできないままに、絶えず修羅場。
当然のごとく、子どもたちのメンタリティーは、どんな医師でも治すことのできないほど、グニャグニャ。
特に、母親は、誰も近づきたくなるようなヒステリー。
そして、子育ての失敗をお互いになすり合う、メチャクチャ醜悪なファイトの連続。
「キサマは、母親失格だ。最低のオンナだ」
「そんなオンナに愛してる。愛してるって、近づいてきたのは、誰よ」
「それがいけなかった。大失敗だった。子どもがあんなふうになっちゃうなんて」
「安心しなさいよ。本当にアナタの子どもだと思ってるの? ちゃんと確かめてみたら…」
「どういうことだ?」
「フン。ザマーないわね」
どうだろう?
一般家庭では、そんな感じなのでは?
実際、他の宮家当主たちとの話し合いの場で、エモーショナルに「みんな私のせいだって言うのですね?」と金切り声を上げる取り乱した紀子妃、語気を荒げて「じゃあ、私が皇嗣を辞退したらこの批判はなくなるんでしょうかね? それで解決するんですよね?」と怒鳴りつける皇嗣殿下のみっともない姿を、大勢の宮内庁関係者が目撃しているというのでは?

Isn't it only possible that there must be some special reason why His Imperial Highness Prince Akishino is so obedient to his daughter, and to his daughter's marriage partner and his family(秋篠宮皇嗣殿下が、自分の娘に、そして、娘の結婚相手とその家族にここまで従順なのには、何か特別な理由があるとしか思えないのでは)?

To be continued...



緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If the “royal family” that should continue to concretely show the people “the importance of loving the family” and “the basics of human beings that children should be raised in the love of their parents” collapses, Japan The future would be pitch black(「家族を愛する大切さ」と『子どもは両親の愛情の中で育てるべきという人間としての基本」を、具体的に国民に示し続けてくれるはずの「皇族の家庭」が崩壊しては、我が国の未来は真っ暗)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、率直に言って、元キンダーガートン・プリンセス・モンスターとクソッタレの2人が、今後、どうなろうと構わないし、興味もない。
ただ、この2人によって、我が国の一般の家庭人である我々の「心の芯」である皇室が、グジャグジャにされ、せっかくメンタル的に1つになっている日本人が、今や世界標準とでも言うべき分断されないことを願っているだけ。
何しろ、国民の幸福と安寧を祈り思いやる天皇(皇族)を象徴とし、国民の方も天皇(皇族)を敬愛する、最高の関係を構築していることこそが、我が国が世界に誇る自負。
その意味で、ここまでの「積み木くずし」状態にある、「コミュニケーション・ブレイクダウン・ホーム」でる秋篠宮家の近未来をメチャクチャ憂慮している。
とりわけ、未来の天皇ともう一人の天皇の姉とそのパートナーを危惧している。
それはそうである。
秋篠宮皇嗣殿下と紀子妃殿下が、子育て、いわゆる躾に失敗しているのだから、心配になるのは当然。
それなのに、もはや親の言うことを全く聞かないだけでなく、REMに完全にマインドコントロールされてしまっている愛娘を、宮内庁とそして日本政府と協力し合って、年収約1500万円の「メトロポリタン美術館」学芸員として勤務できるテハズまで整えて、そのクソッタレの夫ともにニューヨークに行かすことで、もういいんじゃないか、あとはお好きに…と終止符を打ってチョンにしようでは、あまりにも無責任なのでは?
第一、あれだけおバカマスメディアどもに取り上げられた、女性皇族が婚姻によって皇籍を離脱することになっている「皇室典範」による「皇族としての品位を保つ」という名目の一時金、約1億4千万円についての授受に2人は一切触れなかったのでは?
それだけじゃない。
独立の生計を営まない成年内親王であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターには、「皇室経済法」で定められている「皇族費」として、な、な、なんと年間915万円も血税が支払われていたのでは?
実は、それが、クソッタレとREMに流れていると考えるだけで、東仙坊、ムラムラ。
それゆえ、万一、こんなおバカなキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、今後、女性宮家創設が認めら、新宮家の当主になって、年額3050万円を、その単なるヒモであるクソッタレが念願の「殿下」になって、年額1525万円を、つまり、バカップルで「皇族費」として血税年額4575万円を受け取ることになったら、死んでも税金を納めないと決意している。
そ、そ、そうしたら、東仙坊、思わず失笑、イヤイヤ、大爆笑するニュースが入ってきて、久しぶりに、大事に取っていた発泡酒でなく本物のラガービールで独り乾杯。
な、な、なんと9227人が受験した7月のニューヨーク州の司法試験で、5791人が合格したのに、クソッタレが不合格だったということが判明したというから、大恥。
東仙坊、お天道様は見ていたと一言。
ちなみに、全体の合格率は63%、初めて受験した人の合格率は78%だったとか。
ついでに、2017年、イスラエルのマスメディアに、クソッタレは、「Kim ×××」と呼ばれていたのだからと、「Kim ・・・・」をチェックしたら、なんと29人。
そこで、よせばイイのに、「Lee」、「Park」、「Kang」、「Yune」、「Chang」とチェックして、鳥肌。
こ、こ、これでは、USAで、特に、ニューヨークでの反日プロパガンダに勝てないワケだと妙に納得。
ところで、秋篠宮皇嗣殿下と紀子妃殿下は、3年間もあったのに、なぜキンダーガートン・プリンセス・モンスターをお諭しすることができなかったのか?
言い方を替えると、なぜ三流スケコマシのクソッタレとその異常な母親の魔の手からお救い出すことができなかったのか?
ただただ、摩訶不思議と感じているのは、ほとんどの一般の日本国民だと思うが、どうだろう?
そして、最後の最後に、次のような歯の浮くような大ウソのコメントで、皇族だった愛娘(?)を、「一般の家庭」ではなく「異常な家庭」に本当に送り出してしまったお二人の愚の骨頂の原因は何なのか?
東仙坊、我が国の未来のために、徹底的に検証してみたい。
本日、私たちの長女キンダーガートン・プリンセス・モンスターは結婚いたしました。
最初に結婚をすることについて公表して以降、私たちにとって予期していなかった出来事が起こりました。このことについて、私たちの周りからも種々の示唆(?)をいただくとともに、心配する声や反対する声が寄せられました。また、皇室への影響も少なからずありました(?)。ご迷惑をおかけした方々(???)に誠に申し訳ない気持ちでおります。
本日、婚姻届を提出し受理されました。本人同士が結婚を考え始めたときから本日まで、さまざまな困難なこと(???)があったにもかかわらず、2人の考え(?)が揺らぐことは一度もありませんでした。昨年、私が2人の結婚を認めると会見でお話をしたことも、2人の考えが常に一貫していたことによります。これからも、今までの気持を大切にして、2人で自分たちなりのカタチで、幸せな家庭(???)を築いていってくれることを願っております。
今回、皇室としては類例を見ない結婚となりました。しかし、そのような中にあっても静かに見守って下さった方々、そして直接的・間接的に応援をして下さった方々に深く感謝申し上げます。
秋篠宮文仁・紀子


If a person who was born as a royal family and couldn't stand the role of “public” is rushed out of the royal family, and if there is no royal family, then there is no choice but to eliminate the symbol of our country(皇族として生まれて、その「公」の役割をガマンできないようなヤツは、そそくさと皇族から叩き出し、それで皇族が一人もいなくなるようなら我が国の象徴をなくすしか道はないのでは)!

To be continued...




























緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Did the “royal family” take over the “general family”? Is the “general family” threatening the “royal family”? I'm not sure yet, but the only Imperial Household Agency wants to bury this unusual family(「皇族の家庭」が「一般の家庭」を乗っ取ったのか? 「一般の家庭」が「皇族の家庭」を脅迫しているのか? まだよくわからないが、宮内庁が、この異常な家庭を葬り去りたいのだけは確か)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、REMと三流スケコマシのクソッタレの典型的な詐欺師親子、イヤイヤ、それに「皇族の家庭」を破壊し「一般の家庭」のような「コミュニケーション・ブレイクダウン・ホーム」になり下げようと画策する異常な関係の父娘である秋篠宮皇嗣殿下とキンダーガートン・プリンセス・モンスターが加わった、日本人の「心の芯」の「デストロイヤー・ファミリー」である4人が雁首を揃えて、バカップル海外脱出計画を立てたに違いないと確信している。
その意味では、比較的簡単なニューヨーク州での司法試験合格を狙うところは、さすが。
カリフォルニア州だったら、ロースクルーに全く通っていない人が、それこそ、合格する確率などハナからナシ。
それでも、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに命令されたクソッタレのニューヨークでの生活拠点作りには、不可解なコトばかり。
ありとあらゆるクソッタレの留学に関するコストには、秋篠宮皇嗣殿下とキンダーガートン・プリンセス・モンスターの金が奥野善彦弁護士を通じ当てられていることは、すでに言及ズミ。
オカシイのは、まずフォーダム大ロースクール「LLM(法学修士)」コースに入ったこと。
それから、1年後に、「JD(法務博士)」コースに編入したこと。
というのも、大きな弁護士事務所入りを目指すには、ロースクール卒業後に「JD」に入り、3年間学ぶのが通例のはず。
そう、とにかく、ニューヨークで弁護士になるのに重要なことは、「JD」での1年目で、「LLM」に入るのは、キャリアにハクをつけるためのもの。
それゆえ、「LLM」は、多くの法律資格を持つ外国人留学生が選ぶのだとか。
また、弁護士の就職活動は2年生の終わりの夏休みで終わりになるので、弁護士事務所のインターンで働き、その後よほどのことがない限り、その弁護士事務所に就職するのが定番だとも。
つまり、どの弁護士事務所のインターンになれるかが、「JD」の1年時の成績で決まるとか。
とりわけ、ビッグローのインターンは、ハーバード大、エール大、コロンビア大といった有名大学が公募し、最初の書類選考で成績優秀者に絞り、次の面接で決定するとか。
採用された学生には1年目から2千万円以上の給与を支払うので、メチャクチャ厳選するとも。
また、ビッグローは、インターン以外の方法では採用しないとか。
ということは、LLMに入った時点で、希望するビッグローへの道はゼロ。
ましてや、フォーダム大ロースクールのランクではハナからムリとか。
では、なぜクソッタレが、奨学金を取得できたり、JDへ編入したりできたのか?
やはり、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのフィアンセであること、もしくは、それを利用しようと弁護士や経営者がいるからでは?
それもこれも、ロイヤル・ファミリーを持たないUSAでは、「ロイヤルは金のなる木」と呼ばれているから。
それはそうだと思わないか?
あの自分の娘に「リリベット・ダイアナ(お祖母ちゃん・お母ちゃん)」なんておちょくってつけ「殿下」の称号を返上するって発表したのに、「サセックス公爵夫人」と自己PRを続けるレイチェル・メーガン・マークルの暴露本が22億円、動画配信サイトとの契約が160億円。
まさに、濡れ手で粟。
実際、フォーダム大で650万円全額免除の奨学金を受け取るのは、ニューヨークで司法試験に合格するよりも難しいと言われていたのでは?
それだけじゃない。
「彼は弁護士になるとは言っていない」と再三公言する奥野総合法律事務所が、生活費としてすでに支払ったのが、すでに約1500万円。
ニューヨークでのマンハッタン島のアッパーウエストサイドにある家賃約80万円の1LDKの賃貸物件を廉価で2人に提供するのが、ニューヨークで不動産業を営む日本人経営者。
結婚会見のために日本に帰国する旅費を支援したのが、旅行代理店を経営する女性会長。
もっともミステリアスなのが、これ。
クソッタレは、ニューヨーク在住のある日本人弁護士が仲立ちをして、USA5ヵ所に弁護士350人以上を抱える法律事務所「ローウェンスタイン・サンドラー」に年収600万円ほどの「ロー・クラーク(法律事務員)」として所属しているというのだが、これに関し、なぜかビックリするようなニュースが、10月25日、「ドイチェ・ヴェレ(ドイツ国営放送)」から配信されて、ビックリ仰天。
何でも、クソッタレを雇い続けさせるために、日本政府が「ローウェンスタイン・サンドラ―」に国税を使って財政的な支援を保証しているというのである。
ま、ま、まさかと思うが、どこかそれをあるかも?と思わないか?

Isn't the home of His Majesty the Emperor of the future collapsed like the “general homes” all over the place(未来の天皇陛下の家庭は、とっくにそこら中の「一般の家庭」のように崩壊してしまっているのでは)?

To be continued...



緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

In Korea, where there are many women who do everything to live, it must be really troublesome because there will always be forces trying to use such women for politics(生きるために何でもやる女性が多いサプアでは、そんな女性を政治利用しようとする勢力が必ず現われてくるから、実に厄介)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮皇嗣殿下は、本物の長い伝統のある「皇族の家庭」を「一般の家庭」になされたいのか?

東仙坊、率直に言って、極貧の幼少時代を送った、生きるためには何でもありの軀を張ることを厭わないサプア人の血を引くREMのようなオンナが、我が国の内にゴチャゴチャいることをかねてから憂慮している。
そして、そのようなオンナたちが軽佻浮薄な人のイイ日本人男性をたぶらかせていることには目を瞑るが、その虚栄心に名誉欲を加え、日本の国体そのものを貶めようとすることだけは、看過できない。
⑫狡猾なREMは、早くから生きてゆくための手段として、我が子を自分の後釜にしようと計画したに違いない。
それこそが、女手一つで子育てをする自分の恩恵を受ける息子の義務と決めつけてもいたはず。
粗暴なイジメっ子になっていたクソッタレを、中高一貫の6年間で1000万円以上の学費がかかる「カナディアン・インターナショナルスクール」に通学させる強かさ。
そして、三つ子の魂百までと、「パパ活」を続けるド根性。
「湘南のパパ」、「3億円の資産家」と、しっかりゲット。
それから、2006年から、さすがに夫の遺族年金だけでは苦しくなったのか、大倉山の自宅マンションから20分で通勤できる学芸大駅前の洋菓子店「マッターホーン」で裏方の仕事(?)を開始。
月収約12万円(?)。
⑬2009年、クソッタレの大学進学を翌年に控えた、悪魔のようなREMが、これだ!と飛びつくようなニュースが飛び込んできた。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、ICUに合格という発表があったのである。
REMは、一計を講じ、心酔するその新興宗教団体の全面サポートを取りつけたに違いない。
そして、バカ息子を「カナディアン・インターナショナルスクール」に行かせておいてよかったとほくそ笑んだに違いない。
クソッタレは、悪魔の母親の命令どおりに、キンダーガートン・プリンセス・モンスター一点張りでアプローチしたに違いない。
そこで、REMは、念のために新たな金ヅルとして、問題の元婚約者をゲットしたに違いない。
もちろん、夫の遺族年金を受け取り続けるために、そう、不正受給するために、
そのうえで、20012年、クソッタレが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを落とすことに成功。
⑭結婚して秋篠宮家を出ることを急ぐキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、三菱東京UFJ銀行虎ノ門支店に就職していたクソッタレを、自分にトコトン甘い秋篠宮皇嗣殿下のコネを使って、そう、秋篠宮皇嗣殿下が総裁を務める公益財団法人「WWF(世界自然保護基金)ジャパン」監事の奥野善彦の奥野総合法律事務所に「パラリーガル」として転職させ、一橋大学大学院国際企業戦略研究科・経営法務専攻(夜間コース)にも入学させ、間接的に金銭援助をさせる。
どうだろう?
この段階で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのREM化はメチャクチャ顕著で、ほとんど同格の「世紀のバスタード」になっていたと言っても過言ではないのでは?
⑮2017年、REMの計画通りに、クソッタレとキンダーガートン・プリンセス・モンスターの2人で婚約会見。
この後のことは、ヒマな我が国のマスメディアが詳細に報道しているので、東仙坊は、REMに集中。
⑯2018年、「適応障害」で、洋菓子店「マッターホーン」を長期休職。
そして、「東京都洋菓子健康保険組合」の傷病手当を1年6ヵ月フル受給。
その間、軽井沢の友人の喫茶レストランで、住み込みで仕事をし傷病手当を不法受給。
⑰2020年、再び洋菓子店「マッターホーン」に勤務。
すると、無断欠勤が続いたことから、店がREMに電話連絡をすると、REMは、「私の弁護士(?)から連絡があったはずだ」と返答。
そうしたら、まもなく勤務先近くの整形外科医院の「アキレス腱断裂」の診断書と「終業後、更衣室で靴を履き替えるときにバランスを崩してアキレス腱を傷めた」という内容の労災申請書類を送ってきたとか。
それに対し、店側は、その現場を誰も見ていないと争う姿勢というから、結局、REMは、どこまでもREMのまま。
それで、「この母親に、この息子あり」の話が、1つ。
クソッタレがパラリーガルとして勤務する奥野総合法律事務所内の同世代の弁護士から雑用を頼まれブチ切れ、机を叩き、「オレは皇族よ! 辞めるわ!」と睨みつけて凄んだとか。
もちろん、その場は事務所側が腫れ物に触るように宥めて収まったが、REMに、「アナタは将来、天皇陛下になる人よ(???)。バカにしたヤツらを見返すために、海外留学して国際弁護士になるのがイイんじゃないかしら」と入れ知恵され、「ニューヨークに留学して、国際弁護士の資格を取る」って言い出したとか。
それを受け、コトが沈静化するのを待っていたキンダーガートン・プリンセス・モンスターと秋篠宮皇嗣殿下、奥野総合法律事務所を通じ費用を負担し、フォーダム大ロースクールに留学させることを選択。
クソッタレ、「誰かを助けるために弁護士になるんじゃない。モテるためになるだけ」とうそぶきつつ、コンドームをいっぱい持ってニューヨークに旅立ったとか。

Unfaithful assholes who try to cheat on people for wealth and fame couldn't be alert for a while because they approach people with a fairly detailed plan(富と名声のために人をたぶらかそうとする不貞の輩どもは、かなり綿密な計画を立てて人に近づくから、一時も油断できない)!

To be continued...




profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード