Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

It must be common knowledge in the 893 world that charisma, power and money are absolutely essential to remain a 893 boss(893のボスであり続けるためには、カリスマ性とパワーとマネーが絶対不可欠であることは、893世界の常識)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、摩訶不思議な国である中国なるものを必死に凝視してきて、中国は本気で戦争するような国ではない、正確に言えば、戦争なんかしたくない国でしかないことは、何度も何度も指摘してきた。
中国人は、そして、中国共産党は、国のことなど信じたことも、国に尽くそうなど考えたことなど生まれてこの方一度もないはず。
ありていに言えば、どちらも信じるのは金だけ。
第一、正真正銘の893国家が、本当に暴力を振るったら、893ですらなくなってしまうのでは?
そう、893が893であるためには、暴力を振るうぞ振るうぞと脅かしに使ってこその暴力のメリット。
それでも、ここのところ、相当ヤバい状況かもとちょっと心配していたのも事実。
なぜなら、傀儡主席だったはずの習近平が、現職の強味を発揮し、調子に乗って、あまりにも「浙江閥」、「江沢民派」退治に邁進しすぎていたから。
それはそうだと思わないか?
USAをどんどん怒らせているのは、それが原因。
そう、「浙江閥」や「江沢民派」とUSA民主党やウォール街やUSAのマスメディアでせっかく創り上げた濡れ手に粟の錬金法を、習近平がおバカ丸出しに自分の名声欲のためだけにブチ壊しているから。
とにかく、コヤツが最高指導者に就任した2012年以降の反腐敗闘争は、個人的怨念による復讐のようなモノ。
それはそうである。
コヤツ、自分の父親の習仲勲が華国鋒とともに広東省深圳市で「経済特区」を唱えて始めた「改革開放政策」を鄧小平が横取りしたと思っているだけでなく、せっかく父親が1962年西北革命根拠地を築き上げ毛沢東の「長征」の終着点としての「延安」を用意していたのに虚偽によって失脚させられたと恨んでいるのである。
そして、それとともに、毛沢東が後継者にしようとしていた西北革命根拠地における功労者高崗国家計画委員会主席&人民政府副主席&人民革命軍事委員会副主席を同じく虚偽で1954年自殺に追い込み、その権力を強奪したと思っているのである。
そのうえ、その「改革開放政策」を深化させ、先富論によって貧富の格差を生んでおきながら、腐敗撲滅に動かず、軍部の腐敗まで容認し、独断で総書記に江沢民を指名し、金によってしか権力を高める道がなくなる、金を仲介とした縁故関係によって中国を底なしの腐敗地獄に追い込んだトンデモナイヤツと決めつけているのである。
確かに、鄧小平は、1989年の天安門事件で中国のヤングが叫んだ「民主」、「党幹部の汚職追放と腐敗撲滅」を武力によって鎮圧し腐敗を黙認しただけでなく、「長征」も「西北革命根拠地」もタブー視化し、「党史」を捏造してきた。
それゆえ、コヤツ、鄧小平派、江沢民派、胡錦濤派、いわゆる「浙江閥」を徹底的に潰し、「長征」を正視させることで、「習近平新時代の思想」を、「新たな長征」への試み「新征程」と位置づけ、「毛沢東の長征」と「習近平の新征程」を同格にし、自分を毛沢東と同じ終身主席にしようと試みているのである。
実際、その余裕と自己陶酔は、11月11日、公表された「第19回党大会六中全会公報」に掲載された、コヤツの「歴史決議」の採択に向けた講話にイヤというほど見ることができる。
中国共産党建党中央委員会政治局は、中国の特色ある社会主義の大旗を高く掲げ、マルクス・レーニン主義、毛沢東思想、鄧小平理論、3つの代表の重要な思想の江沢民政権、科学的発展観の胡錦涛政権、習近平新時代の中国特色ある社会主義思想を指導とすることを堅持しながら、第19回党大会と第19回党大会一中全会、二中全会、三中全会、四中全会、五中全会の精神を全面的に貫徹し、国内外の大局やコロナ感染防疫や経済社会発展および発展と安全などのバランスをうまく統制しながら統治してきた。そして、安定の中でも進歩を遂げ、経済は比較的良好な発展を遂げ、科学技術の自立と自強を積極的に推進し、改革開放を絶えず深化させ、貧困との戦いを計画通りに勝ち抜き、民生保障を効果的に改善し、社会の大局的安定を維持し、国防と軍隊の現在化を着実に進めてきた。さらに、中国の特色ある大国の外交を全面的に進め、党史に関する学習教育を堅実で効果的に行い、多くの深刻な自然災害を克服するなど、さまざまな事業で重要な新しい成果を上げた
そう、習近平は、小康社会の全面的な構築完成を正式に発表し、全党と各民族の人民が2つ目の100年の目標に向かって力強く「新征程」に踏み出すときだと豪語しているのである。
では、中国の激化の一途を辿る内部抗争は、そこまでおバカ習近平に有利に運んでいるのか?
どこの世界でも、どこの組織でも、トップの唯我独尊的傍若無人、すなわち、「やりすぎ」は必ず反発を生むのでは?
大晦日らしく、一般人の我々でさえ、それぞれがそれぞれに自分の胸に手を当ててじっくり考えれば、何でもやり過ぎは、それこそ、人間にとって最も大切な愛ですら、愛しすぎはロクな結果にならないときづくのでは?

Is it okay for Japan to rejoice in the fact that “The Loyal 47 Ronin” is popular in China? Or shouldn't it be rejoicing(中国で「忠臣蔵」が人気ということに、はたして我が日本は歓んでいいのか? それとも、歓ぶべきではないのか)?

To be continued...




恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

If you sell your soul for money and you lie down with dogs, it might be natural for it that you would get up with fleas(金のために魂を売って朱に交わっていると、赤くなってしまうのは当たり前なのかも)!

■893国家中国を甘やかし寛大極まりない関与策を取り続け、木のテッペンにまで登らせてしまったUSA民主党の世紀の不作為

●日本は、歴史的にありとあらゆる影響を中国から受けてきたが、ただの一度も中国と真っ向から対峙したことはなかったのでは?

○日本は、この経済成長など見込めない時代だからこそ、中国の本当の顔を真摯に直視すべきとき

東仙坊、キンダーガートン・プリンセス・モンスターなる皇室テロリストにブチ切れ、やむにやまれぬ大和魂と「緊急プロファイリング 国体である『皇室』が『普通の家庭』になっていいのか!?」を書き込んでしまって、すっかり、このメインテーマを忘れて四苦八苦。
そこで、慌てて、何を書き込んでいたのか?と読み返して、ビックリ仰天。
ちょ、ちょ、ちょうど拡大し続ける「中共ウィルス」変異株である「デルタ株」に対する我が国の信じ難いほどの感染症対策のお粗末さを書き込んでいたからに他ならない。
ヒトが媒介する以上、その感染症対策は、誰が何と言っても、厳格な水際作戦。
そ、そ、そうしたら、首相になりたいだけで首相になられたオーラなき新首相、声高に、「ヒトの細胞に結合するウィルス表面の突起部分だけで32ヵ所、全体でも59ヵ所もの変異があるという『オミクロン株(B.1.1.529)』が相手。UK由来『アルファ株』やインド由来『デルタ株』と共通変異があっても、南アフリカ由来『ベータ株』とも違う別の系統で変異した新型コロナウィルス。気道ウィルス量が、従来株に比べて1000倍以上、入院2.2倍、ICU収容3.9倍、死亡1.9倍。ウイルス排泄期間も、従来株が13日であるのに18日以上。重症度はまだ不明だが、再感染が多く、ワクチンをすり抜け、その感染力は『デルタ株』の500倍。なんとか感染拡大を阻止したい」と11月30日から外国人の入国禁止措置。
ヘェ―!と 思わず感心していたら、12月1日から、検疫で陽性が判明するヒトたちが、なぜか20人とか、30人とか、40人とかワンサカワンサ。
ど、ど、どういうこと?と訝しんだら、思わず絶句。
アウトブレイク真っ最中のアフリカやUKやUSAなどから、1日上限3500人で、日本人を中心に、特段の事情がある外国人を入国させていたというのである。
しかも、1日の上限をはるかに超える3700人、5000人を毎日入国させていたというから、何をかいわんや。
そして、今、UKやUSAで死者が急に増え出している「デルタ株」は、前の我が国で下火になった「デルタ株」とは違うというから、ますます恐ろしくないか?
また、そもそも、ほとんど空気感染していると思われる「オミクロン株」なのだから、飛行機内、そのトイレ内、サテライト内、バス内、感染するのも当たり前なうえ、陽性反応が出るまでには3~5日以上かかるのでは?
つまり、検疫での陰性など、アテにならないはず。
それだけじゃない。
入国したヒトの3分の2は、その14日間の自主隔離を無視しているというのでは?
それで、率直に感じたことが、1つ。
12月22日、大阪で、12月23日、京都で、市中感染者が出て、政府はホッとしているのでは?と思えること。
それはそうだと思わないか?
市中感染することで医療費がかさむことを前提に、自分の懐に金が入るスキームを用意して待っていたとしか思えないのだから…。
どうだろう?
本当に中国みたいな日本になってきているのでは?
さて、その中国、12月13日、天津市で、12月14日、広東省広州市で、本土では初めての「オミクロン株」が見つかると、なぜか欣喜雀躍。
大々的に「中国のやり方が正しかったと世界が徐々に理解した」などと海外の対応と比較し、自画自賛。
ついには、「これで、世界を震撼させている『中共ウィルス』の発生源が中国ではなかったことが証明された」とまで臆面もなく言い出す始末。
あの鍾南山も、「『オミクロン株』は新たな問題を引き起こした。多くの国家が重要視し、厳格な措置を講じている。これはここ2年の実践において、中国のやり方が正しかったと、世界が徐々に理解したことを説明している。コロナ対策には、ワクチン接種率を上げ、集団免疫を獲得することや治療薬の活用、それに国際社会が協調することなどが重要だ」と公言。
「環球時報」は、シンガポールの中国語新聞の記事を転載。
「日本や欧米の国々が新規入国を厳しく制限するなどの方針に転じた場合、中国の『ゼロコロナ』を持続不能で不正確だと責めることはできなくなる」とする専門家の意見を紹介。
国営新華社は、「『オミクロン株』は中国の防疫政策の合理性を再び証明した。新型コロナ発生以降、『中国の治』と『西方の乱』の対比が鮮明になっている」と強調。
そ、そ、そうしたら、12月23日、中国の陝西省西安市は、新型コロナウィルスの感染拡大を受け、行動制限強化、すなわち、実質的ロックダウンを発表。
何でも、12月9日以降の累計感染者数が、200人を超えただけでなく、ネズミを介して広がるハンタウィルスによる「腎症候性出血熱」感染者も相次いで確認されているというから、大変。
ただし、アウトブレイクしているのは、「デルタ株」で、12月22日には1日63人の感染者が確認されたとか。
となれば、「ゼロコロナ」政策を取っている中国、不要不急の事情で市外に出ることを止めさせるだけでなく、生活必需品の購入も各家庭で2日に1度、1人のみ外出可能と制限強化。
そして、お得意の全市民約1300万人を対象とするPCR検査。
東仙坊、北京五輪開催まで、約1ヵ月、ガンバレ! 中国!と冷笑しつつ、12月19日、湖北省で、高速高架橋が倒壊 3人が死亡、4人がケガをしたという映像を観ながら、一車線通行のため、積載量オーバーのトラックなど3台が縦列になったとたん、突然倒壊してしまう高架橋工事って、一体どんなもの?
さらに、12月19・20日、沖縄を通過し太平洋に入っている中国海軍の張り子の虎空母「遼寧」で、艦載戦闘機とヘリコプターの発着艦のパフォーマンスをしている映像を観ながら、どうかみなさんご無事で!!!とブツブツ。

Why are new eerie infectious diseases occurring one after another in China? It must be time for us Japanese to seriously consider the cause(なぜ次から次へと不気味な新たな感染症が中国で発生するのか? 我々日本人は本気でその原因を考えるべきときなのでは)?

To be continued...












緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It must be the responsibility of the self-centered father, who couldn't be placed on the windward side of the royal family, to create the daughter of the royal family into a self-centered monster of the century(皇族の娘を世紀のジコチュウ・モンスターに創り上げたのは、皇族の風上にも置けないジコチュウ丸出しの父親の責任)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

◎11月28日、中国マスメディア「網易」
「渡米後のバカップル2人が生活する様子を欧米メディアで写真付きで報道している。日本政府は、バカップル夫妻に対する報道統制を敷いたが、海外マスメディアには無関係だ」
「日本のマスメディアと在N.Y.日本国総領事館との間で暗黙の合意に達したようだ。つまり、2人の生活や仕事の写真を撮ることは禁じられている。N.Y.に駐在することは制限される可能性がある。それを破った場合、報道機関の駐在員がビザの取得や更新の際に、何らかの不利な対応を受ける。海外マスメディアのパパラッチにとっては、そのような合意に達することは明らかに不可能だ。UKのデーリーメールや他のマスメディアはバカップルのN.Y.での居住地域を詳細に報道し、買い物や2人で歩いたりしている写真もnet上で広く出回っている。海外マスメディアに対しては日本の公権力も及ばないとして、今後もバカップルがパパラッチから追い駆け回されるに違いない。いくら日本の皇室が本当に怒ってもムダ
「日本のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、あらゆる困難を乗り越え、持参金を諦め、婚約者と結婚した。結婚後はUSAで民間生活を送る。『間違った家族』との結婚がよい結末を迎えることは難しく、しばしば失敗することがある。世界の王族が一般人と結婚後に離婚した例として例えばタイのウボンラチャタニ姫。例え離婚したとしても、『王族パワー』を駆使して収入には困らない。ウボンラチャタニ王女はとても活発で彩り豊かな生活を送っている。彼女は映画を作ったり、バラエティー番組で歌ったり踊ったりしている。王女の生活は一般の人々の生活よりも断然よい。結婚が失敗したとしても、辞める選択肢がある。独身になっても知名度の高さから収入を得る多くの手段がある。結婚が失敗しても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターには関係ない。ウボンラチャタニ姫から学ぶだけだ。生計を立てるために駆けずり回っている私たち一般の人々とは異なり、裕福な家庭の娘であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターを心配する必要はない。今後2人の結婚生活の行方にかかわらず、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは生涯にわたってセレブ生活が保障されている
「それにしても、K・Kクソッタレの母親の金銭トラブルの対応についてキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、『私がお願いした』との指示発言したことは不可解だ。その支持発言が日本の雰囲気を変えた。皇室が民間の問題に介入することで象徴として位置づけられる天皇制が揺らぐことになる。人々は象徴のカタチに対して直接訴える。シンボルとは象徴されるものを指す。それらが何を象徴しているのかを考える必要がある。それは民主主義であり、常にこのカタチを決めるのは国民だ。皇室は国民からの信頼のうえに成り立つもので、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの発言をキッカケに皇室のあり方が問われる可能性がある
◎12月1日、中国マスメディア「網易」
「バカップルの動向が渡米後も注目を集めるなか、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレの2人のために投入された税金の詳細を公開するよう強く要求
日本のnet上で寄せられている国民の声を紹介。
「1人で出かけることができるなら、生活を続けるために警備費は必要ないと認識して自力で生きてください。仕事を通じてお金を稼ぐ必要があるだろう。皇室から離脱したのだから、警備などに血税が使用しないでください」
「意図的にマスメディアに写真を撮らせ、『私たちが自分の力で生きている』とみんなに知らせた! 陰でボディーガードがいるに違いない。やっぱり演じるのが大好きな女性なんですね。とにかく、後ろに日本人の税金がある」
持参金は辞退したが、それ以上のお金が使われている。持参金は必要なくとも、住居費や警備費に2億円を費やした可能性も指摘されている。皇室は詳細を公開する必要がある。税金の使途の詳細を公にすべきだ
ついでに、以前のモノも、1つ。
◎2019年12月24日、中国マスメディア「今日頭条」
「悠久の歴史を持つ中国では様々な王朝が生まれ、そして消えていった。中国人は、自国の歴史について『5000年の歴史』と自称するが、その歴史のなかでも300年以上も続いた王朝は1つも存在しない。一方、日本の皇室は、世界最長の歴史を持つと言われることもある。中国は、非常に長い歴史を持つ国だが、漢や唐といった著名な王朝ですら存続期間が300年を超えていない、日本の皇室はこれほど長く存続し続けられたのに、なぜ中国では王朝の誕生と滅亡が繰り返されたのか? 中国は王朝が変わるたびに国の名前も変わってきたワケだが、日本はいつも時代もずっと日本であり続けた。中国は長い歴史のなかで様々な王朝が生まれ、政権を担ってきたが、長期にわたって統治できた王朝はない。中国の歴史上では、別の民族によって侵略され、滅亡した王朝も少なくない。、一部の歴史研究家の考察のなかに興味深い意見がある。中国の歴史上における王朝の滅亡は人口および経済と関係があるらしい。この説は、王朝が誕生し、政治が安定すると人びとの収入が増え、人口も急激に増加するが、人口増加が頭打ちになると経済成長が止まり、人びとの不満が高まっていくというものだ。そこに自然災害などが発生すると、不満が爆発して騒乱につながり、最終的に王朝の滅亡につながった。騒乱や戦争によって人口が減少すると社会的な富の分配が公平に向かうが、人口が増えると富の分配の不均衡が生じ、人びとの不満が高まり、社会的矛盾が拡大した。その社会的矛盾を解消する手段が戦争であり、それによって王朝が滅亡し、新しい王朝が生まれるというサイクルがあった。これが中国の歴史上で多くの王朝が生まれ、消えていった要因の1つではないか?」
どうだろう?
中国のインフォーメーション収集力は、化なりのモノだと思わないか?
どちらにしても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターをもう一度皇族に戻したり、異常な秋篠宮家をこのままにしておいたら、せっかくに我が国の皇室も一巻の終わりなのでは?
そう、中国外交部報道官汪文斌あたりに、「日本の皇室は、今の時代にありえないような女性差別が行われている。日本政府は、自国の非人道的な天皇制から国際社会の目を背けるために、中国に対してありもしない人権問題を捏造している。日本だって、K・Kクソッタの人道問題を取り上げられたら困るでしょ」なんて言われちゃうのだから…。

We, the general public, should fully understand that the “female emperor” Aiko emperor can still continue to be a “male emperor”(「女性天皇」愛子天皇なら、まだ「男系天皇」は継続できるということを、我々一般国民が、十分に理解しておくべき)!

To be continued...

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Is China collecting all the information about Japan in detail because it considers our country tough, or is it already licking it as a minion(中国が、詳細に我が日本の情報を集めきっているのは、我国を手強いとみなしているからか、それとも、すでに手下だと舐めきっているからか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

東仙坊、中国の本当の顔を真摯に直視すべきときとばかりに、粉骨砕身、中国について書き込んでいるときに、ついつい始めてしまったこの今回の緊急プロファイリング。
実は、その反応で、もっとも興味深かったのは、な、な、なんと中国と中国のマスメディア。
◎10月16日、「テンセント」
「日本中が反対! 『軟飯男』が皇室の内幕を暴露か」。
ちなみに、「軟飯男」とは、「ヒモオトコ」のこと
また、中国では、K・Kクソッタレに関する記事は、他にも「鳳凰男」、「渣男(ダメオトコ)」が枕詞とか。
反結婚デモなど、日本のムードを伝えたうえで、「10月26日の記者会見で、日本で一番美味しい『軟飯』を食べたオトコは何を語るのか」
◎11月2日、中国マスメディア「テンセント」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターが結婚後初めて秋篠宮邸のある赤坂御用地を一人で訪れ7時間も滞在したときの様子について、表情が暗く、K・Kクソッタレとの対立が心配されている」
以前とは別人。結婚後、一度も笑顔を見せていない。夫が司法試験に不合格だったこともあり、ご夫婦の間に何か心配なことが起きているのではないか。ご夫婦の関係が懸念される
◎11月21日、中国マスメディア「テンセント」
「K・Kクソッタレはニューヨークに着いて彼の本当の姿を見せた」
「ニューヨークに戻ったばかりのK・Kクソッタレが彼の同僚たちと飲んでいる様子がUSAのマスメディアによって報道された」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターは不慣れな土地に着いたばかりで警戒心があり家にいた状態だった。一方で、K・Kクソッタレは自由を享受し始め、マスコミや皇室からの監視が終わり、別人のように話し、振る舞った」
おとぎ話よりも伝説的な愛は実際には危険であり、それが将来幸せになるかどうかについては疑問符がまだある
「K・Kクソッタレの表情からも、こういう自由な生活が大好きだったのだろう。今後夜に家を空けることが多くなるかもしれず、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに冷や汗を流させる(l.o.l.)」
◎11月7日、中国マスメディア「百度」
「論説サイト『灰姑娘説事』が、元皇族のバカップルの今後のニューヨークセレブ生活について特集」
「夫婦は結婚生活の場として月額約80万円のアパートメントを借りるようだ。広さは約100平方mで、マンハッタン島の西側にあるアッパーウエストサイドという高級住宅街にある。ここには多くのセレブが住んでいる。その優れた地理的位置と多くの文化施設に加えて、適切な学区もある住宅地で、世界屈指のスーパーセレブタウンだ」
「セレブとして、法曹に専念してきたK・Kクソッタレのキャリアはどうなるのか? ニューヨークでまっとうにスタイリッシュな生活を送るためには、収入の要件は低くない。K・Kクソッタレはニューヨーク州の司法試験に落ちてしまった。弁護士になれば約2000万円の収入が見込めるが、年収は大幅に減り約600万円にとどまる。キンダーガートン・プリンセス・モンスターはメトロポリタン美術館で働く機会があり、年収約1500万円になる。夫婦の年収は当初予想された3500万円から2100万円に減少する。この数字では、年間家賃が1000万円になるアパートメントに住むのはかなり難しい。額面で2100万円としても税引き後の手取りは1500万円に満たないとみられ、年間1000万円の家賃がかかる部屋に住むのはムチャだ。彼らの目の前の困難を克服するために、どのように協力するのだろうか?」
◎11月13日、中国サイト「百度」
「論説マスメディア『嬛嬛説王室』のコラムを掲載」
「現在のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは厄介な市民生活の浮き沈みを経験し始めている。買い物や旅行を学ぶことは、ほんの第一歩だ。幼いころから手を伸ばせば何でもあり、口を開ければ食べることができ、服も着させてもらえる生活を送っていた。すぐには自立することはできず、一般の人々の生活に適応することもできない。皇室では何不自由ない生活を過ごしてきた。今後、一般人としての生活を送るには相当な努力が必要。宮内庁は24時間体制のサービスを密に提供し、アパートメントのセキュリティー対策を改善するために連絡を取っている。日本では今でも皇室の厚遇を楽しむことができるが、そんな対応がなくなってくるのは時間の問題であり、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは自立して生きることを学ばなければならない」

If you wanna know the truth about our country, you should listen to some Chinese mass media rather than our Japanese mass media, which only spills news and fake news about China(我国のことに関しての真実が知りたければ、中国に忖度したニュースとフェイクニュースしか垂れ流さない我が日本のマスメディアよりも、中国の一部のマスメディアに耳を傾けるべき)!

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

How many genuine intellectuals in our country could think of the reason why only our imperial family could be proud of the oldest history of the world, even though royalty around the world have fallen(世界中の王族が没落しているのに、我が国の皇室だけが万世一系の最古の歴史を世界に誇れる理由を考えられる本物の有識者が我が国に何人いることか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

東仙坊、海外のマスメディアが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚について、どう報道しているかにひたすら注目。
◎11月25日、ベトナムのニュースサイト「Aファミリー」
「日本の元プリンセスが新たな危機に直面している。最近、キンダーガートン・プリンセス・モンスターはアシスタントやボディーガードなしに買い物をする姿が目撃された。一方、2人の写真はUSA到着直後から、住居の詳細とともにマスメディアで大きく取り上げられている。その結果、セキュリティーへの危険性が非常に高まっている。在NY日本総領事館公式サイトによれば、昨年からN.Y.での暴力犯罪は急増。報道によれば、殺人は40%増、銃撃事件は昨年から倍増しているという。バカップルが住むのは、過去にトラブルが多かった地区でもあり、多くの人々が2人の安全性に懸念を抱いている(?)」
◎11月28日、ベトナムのニュースサイト「チャンネル14」
「日本の元プリンセスと夫は、普通とはいえない陰の合意(??)が明らかになり、一般民衆は『一般人だが、一般人でない』と冷ややかな見方」
「2人の一挙手一投足は、いまだに日本と世界で注目の的。まるで一般人のように自由な生活を謳歌しているが、彼らのUSAでの写真はnetで拡散されている。また、人々が知らないうちに陰の合意がなされ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターたちの安全とプライバシーを確保するために手を貸していた(?)との報道があった。この報道の前から、日本では一部の人々が『普通の生活を送ると言いながら、皇室を離れても大いなる特権を享受している。注目が集まることでセキュリティー面も問題になっている』と、不満や強い不快感を示していた。また、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの現地での就職先について宮内庁と外務省が議論し、民間会社よりも政府や州が管轄する施設の方が、安全面で適切だと判断したという報道があった」
◎12月3日、ベトナムのニュースサイト「ゴイサオ」
「元プリンセスの義母は息子の渡米後、平和裏に暮らしている」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレが渡米してから半月以上が過ぎ、REMは再び静かな生活に戻った。息子の結婚以降は家にいて、ほとんど外出することもないということだ。務めていた洋菓子店も、長年のストレスの影響で退職。情報筋によれば、2人の婚約後、REMの住居横に設けられていた簡易派出所は解体された(?)。ひっきりなしに巡回していたパトカーも見えず、大勢いた報道陣も去った。REMがジャーナリストから年金不正受給疑惑を刑事告発され、K・Kクソッタレが結婚後の会見で疑惑をきっぱり否定。キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレが、REMの借金返済に手を貸したにもかかわらず、REMはいまだに日本の大衆紙から攻撃されている
◎12月10日、ベトナム「KENH14」
メーガン妃とK・Kクソッタレは皇族と結婚した一般人で、大衆の嫌われ者。さらに、複雑な家庭の出身で、家族絡みのスキャンダルが報じられるなど共通点も多いが、2人は完全に違う道を選択した
「メーガン妃は、プライベートな生活を求めてUK王室を離れたが、USAのエンターテインメント界に復帰。トークショーで夫の実家を批判し、金銭のため皇室の称号使用を継続。大衆からの嫌われ度は、増す一方だ。それに対し、K・Kクソッタレはメーガン妃のように言動で世論を引っかき回すことはしていない(???)。渡米前に金銭問題を解決(?)。1ヵ月前に渡米してからは、マスメディアに露出しない道を選んだ。取材要請を断り、皇室や日本の一般大衆への不満も表明していない(?)。皇室からの金銭的援助を受けず(???)、メーガン妃のようにエンターテインメント業界とつながり、王室ブランドを金銭に換えることもしない」
「多くの人々にとって、平和な生活を選び、野心がない(?)K・Kクソッタレは『愚か』で、皇室を大いに利用することでリッチにも有名になるメーガン妃は『賢い』のかもしれない。だが、どちらの選択が正しく間違っているのか、愚かなのか賢いのかは、長い時を経た後でなければ誰にもわからないだろう」
えっ、何でベトナムばかりなんだって?
ベトナムへの最大の出資国は、今や我が国を抜いてK国だから…。
◎11月20日、インド・サンデー・ガーディアン
皇室の詳細な家系図を添え、「日本の皇室は変化を受け入れなければならない。女性皇族も皇位継承権を持てるようにすべきだ」と報道。
「日本の皇室の女性メンバーが一般人と結婚する際は、皇籍を離れなければならない。この100年前に終止符が打たれるはずだったジェンダー不平等の長い伝統が21世紀も続いていることは、今回のキンダーガートン・プリンセス・モンスターへの処遇を見ても明らかだ。この不平等が解消されない一因として、国際世論から変化の欠如を苦々しく捉えられるような場合でさえも、宮内庁などのお偉方は変化を忌み嫌うべきものと信じている。UK王室には、女性メンバーにも皇位継承権がある(?)。古代ギリシャの哲学者ヘラクリトスは、『唯一の不変なものは、変化することである』と言っている。2021年の今こそ、ジェンダー不平等の火に油を注ぐ慣習を排除すべきだ。キンダーガートン・プリンセス・モンスターを再び家族に迎え入れるべきだ(???)。天皇陛下と皇后陛下が、UKの友人たちのようにジェンダー不平等を撤廃すれば、東京の皇居は世界中の人心を掴むことになるだろう」

I wonder if we Japanese have been able to continue as a male emperor for more than 2000 years because we must be a generous people with the deepest nostalgia in the world(我々日本人が世界一懐の深い寛大な民族だからこそ、2000年以上も男系天皇を継続できてきたのでは)!

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Isn't it only the nation that once received the greatest support from Japan, who continues to resent Japan without discipline, that the symbolic emperor system, which is the national polity of Japan, collapses and rejoices(日本の国体である象徴天皇制が瓦解して歓ぶのは、日本を性懲りもなく恨み続けているかつて日本の最大支援を受けた国家だけなのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[皇室テロリスト宮家である秋篠宮家をこのまま放置することの我が日本のデメリット]

私たちが10月26日に出した感想に記した皇室への影響という点で、私が感じるのは、主に2つ。その1つは、今回の長女の結婚が公になって以降、様々な媒体で、私たちの家、秋篠宮家以外の皇室にも影響が出たということ。そのことによって、天皇皇后両陛下がどういうふうに感じているとか、この娘の結婚に対し上皇后陛下がいろいろ言われたとか、こういう考えを持っているというのが週刊誌に出たが、宮内庁HPでも2度か3度にわたってそういうことはなかった、実際に、私もそういうことを聞いたことは一度もなかったが、やはり負担になったことは間違いない。
もう1つは、結婚に当たって普通であれば行われている(?)3つの行事、納采の儀と告期の儀と入第の儀、この3つの行事を私の判断で行わなかったけれども、これは元々、皇室親族令にあるもの。今はもうそれはないので、絶対にしなければいけないというものではなく、慣習的に行われているものだけど、それは行うべきだった。それを行わなかったによって、皇室の行事、そういう儀式というものが非常に軽いものだという印象を与えてしまった。
「公」と「私」。皇室のあるべき姿、これは上皇陛下が言われていた国民と苦楽をともにし、そして国民の幸せを願いつつ務めを果たしていく、これが基本にあると私は思う。それとともにやはり時代は変わってゆくので、その変化にも即した皇室であることが大切ではないかと思う。そのうえで、「公」と「私」を考えると、「公」は常に「私」に優先されるべき。それでは、娘の結婚のことと、この「公」と「私」のことを合わせて考えてみると、「公」と「私」というものにうまく当てはまるものなのかどうか。
論調の中の一部に、娘が「公」よりも「私」を優先させたというのがあったけど、仮に、もし結婚するという、これは私的なことだとは思いうが、これを優先させたとしても結婚することを「公」にしてからすでに4年経っているワケですね。もし、それを優先させた、優先させているということになれば、10年経っても20年経っても結婚はできないということになるかと(???)。そのようなことから、直接的に「公」と私という2つの概念に当てはまるのか少し疑問。
娘の複雑性PTSDになったのが、恐らくその週刊誌、それからnet両方の記事にあると思うけど、私自身それほどたくさん週刊誌を読むワケでもないけど、週刊誌を読んでみると(??)、創作というか作り話が掲載されていることもある一方で、非常に傾聴すべき意見も載っている。そういうものが、1つの記事の中に混ざっていることが多々ある。確かに自分でも驚くことが書かれていることがあるけど、それでもって全てを否定するという気にはなれない(?)。一方、netの書き込みなど、これも私はそれほど多く見ることはない。何と言っても、1つの記事に対してものすごい数のコメントが書かれているので、あまり読まないけど、なかには確かに相当ヒドいことを書いているのもある。今netの話をしたけど、誹謗中傷、つまり、深く人を傷つけるような言葉というのは、これは雑誌であれネnetであれ私としてはそういう言葉は許容できるものではない。
長女との思い出ですけれども、私が長女と一緒にどこかに出かけたというのは、国内よりもどちらかというと海外に、数的にはわからないけ期間としては長い。順に言うと、2人で旅行したのは、マダガスカルが最初で、次がラオス、その次がハンガリーどれも非常に印象深い旅行だったけど、やはり一番長期間一緒に旅行したマダガスカルが思い出としては残っている
10月26日に婚姻届を出した後、記者会見というか、記者発表を行ったワケだけど、私自身は一方向のものではなく双方向での会見というカタチにしてほしかった。ただ、長女の複雑性PTSDということもあり、直前まではそのつもりで本人もいたけれども、会見している間に何か発作とか起きる(???)ことも考えられるでしょうから、やはり難しかったのかな。一方で、夫の方については、私も結婚の段階になったときに経緯などを説明することは大切だということを以前に話をしたけれども、確かに春、文書ではそのことについての説明をしているが、やはり私としては自分の口からそのことについて話をして、そして質問にも答える、そういう機会があった方がよかった。この春に娘の夫がかなり長い文書を出した。それは確かに説明はしたということにはなるかと思うが、あれを読んでどれぐらいの人が理解できるか。じっくり読めばわかるけど(??)、さっと読んだだけだとなかなかわからないという、そういうものもあるワケで、やはり、それによって、じゃあ、これはもう私の独断で、私の個人の考えとして、あれを読んでみんながすぐに状況を整理して納得できるというものではないと判断し、3つの行事を行わないことにした。

どうだろう?
自分の権力をフル活用し、その特別な立場を好き勝手に謳歌し、何もかもを自分の思いどおりにしょうとするOPHLが、本当のコミュニケーションを可能にする家庭など作れるはずもないのでは?
その意味で、子どもたちは、みんな犠牲者で、女の子どもたちは被害者なのでは?
どちらにしても、こんな異常な家庭を我が国の顔にしていては、国の恥なのでは?
宮内庁内に蔓延るK勢力の手先の官僚どもとともに、皇室から排除すべきときなのでは?

When should we, the general Japanese, seriously decide to create “Princess Aiko”(我々一般の日本人は、真摯に「愛子天皇」誕生を決断すべきときでは)?

To be continued...






緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

The history of the world clearly should prove how sexually lewd and sloppy the holy world, the authoritative world, and the prestigious world must be(聖なる世界、権威のある世界、名声のある世界などが、性的にいかにふしだらでデタラメかは、世界の歴史が明確に証明している)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

このローマ法王ベネディクト16世、2009年、「アイルランドで、1930年~1980年代にかけて、教会の運営する施設において数百人の聖職者が少なくとも2500人の少年少女に性的虐待を加えたうえ組織的隠蔽をした。それらのもみ消しを図ったショーン・ブレイディー枢機卿を処罰しない」と辞任要求をされているのである。
そして、「300人以上もの児童性的虐待被害者が報告されているドイツにおける事件で、自分が大司教であった1980年の南部ミュンヘン教区においても被害者が存在すること、実兄が指揮者を務めたレーゲンスブルク聖歌隊においても虐待があったこと、性的虐待に関与した神父の教会施設受け入れを認めたこと」も追及されているのである。
また、「USAで、ある神父が1950年~1974年にかけて聴覚障害を持つ児童200人に対して性的虐待を行ったとの報告が1996年に教理省に届けられたにもかかわらず、長官であったのにこれに何の回答も行わなかった」と指弾されているのである。
にもかかわらず、コヤツ、「つまらないゴシップに脅えることはない」と答えているというから、何をかいわんや。
どうだろう?
聖なるヒトたちの世界、権威あるヒトたちの世界、名声のある世界など、往々にして、こんなレベルなのでは?
その意味で、仮に我が国の異常なOPHLが、愛娘であるキンダーガートン・プリンセス・モンスターをフィジカルに寵愛し続け、どうしても国母になりたいと欲するK-プリンセス・モンスターを代理母に、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとの間で創った受精卵移植で、弟を産んだとしても、実に可愛いモノなのでは?
ところで、東仙坊、心の底から、昭和天皇を、上皇陛下ご夫妻を、天皇陛下ご夫妻を、愛子内親王を、敬愛し、我が日本の象徴としての天皇とその家族を誇りに思っている。
だからこそ、皇室テロリスト宮家に成り下がった異常な秋篠宮家を糾弾し続けている。
また、だからこそ、あらぬ妄想に駆り立てられてもいる。
◇誰がどう言おうと、H-sonさまは、K-プリンセス・モンスターよりも、キンダーガートン・プリンセス・モンスターにメチャクチャ似ている。
けれども、そのH-sonさまの表情に、どこか老化した卵子の23対の染色体のうちの21番目が1本多いように見えて、悩ましい。
◇家族写真撮影時、H-sonさまのすぐ隣には、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが必ずいることが多い。
◇K-プリンセス・モンスターが、H-sonさまを叱らないことを、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが怒る。
◇彼氏と会えていないはずなのに、バストの張りが著しい。
◇最大の推察のポイントが、これ。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、「心」と「愛」で、Kのある勢力の宗教団体とKKクソッタレの母親であるREMことK・Kにマインドコントロールされてしまったに違いないとすでに指摘している。
それを検証していると、すぐに「心愛」という名の小4女子生徒の顔が脳裏に浮かんでくる。
たった10歳で、「夜中にパパに起こされて立たされたり、『妹の世話をしろ』と言われ、毎日が地獄だった」、「パパに叩かれたり、蹴られたりする」、「お父さんに夜中に起こされる。寝不足で学校に行くのがつらい」、「お父さんが怖いから家に帰りたくない」と訴え続け、通学していた小学校の「イジメ」アンケートに「お父さんにぼう力を受けています。先生、どうにかできませんか」と書き、医師から「PTSD」と診断され、児童相談所に迎えにきた父親が手を出すと手を引っ込め、とにかくヒマさえあればsexをさせられ、最後の最後は、食事も与えられず、睡眠も取れず、浴室で冷水シャワーをかけながら、42歳の変態父親に殴り殺されてしまった、少女。
そのOPHLもどきの父親、栗原勇一郎は、たったの懲役16年。
東仙坊、その意味では、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは父親から逃れられただけラッキーかもと思いつつも、いくら宮家が少なくなろうと異常な秋篠宮家だけは断絶すべきと声高にご提案。
その最終的結論を、キンダーガートン・プリンセス・モンスター結婚後、11月30日、OPHL56歳の誕生日の会見コメントから、導き出してみたい。
なお、コメントは、まるでK・Kクソッタレの文章みたいにダラダラでわかりにくいので、勝手に意訳、簡略化させていただいたので、何卒、ご容赦。
とにもかくにも、今日はメリー・クリスマスなので、もう少しご辛抱を!!!

I see the reality of the complete collapse of Japan's morals that the motherfucker who tossed and slaughtered his beloved daughter like a pet was only 16 years in prison(愛娘をペットのように弄んだうえ撲殺したクソッタレが、たったの懲役16年であることに、我が日本のモラル完全崩壊の現実を見ている)!

To be continued...



























































緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Apparently, the Imperial Household Agency also has bureaucrats who are dazzled by money(どうやら宮内庁にも、ご多分に漏れず金に目の眩んだ官僚どもが跋扈しているようである)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

ローマ・カトリック教会とUK教会は、世界中に児童売買ネットワークを張り巡らさせ、世界中の児童を拉致し、生贄儀式で児童を強姦したり、拷問を加えたり、殺害していたというから、完全に絶句。
何でも、イエズス会の資料には、「ローマ法王には、新生児の儀式的殺人を行う特権が与えられている」と明記されているとか。
そして、ヤングガール被害者は、「2009年と2010年、オランダとベルギーでの『第9サークル(児童生贄ネットワーク/18世紀初頭にイエズス会によって創設されたイルミナティ・カルト)』によるカルト生贄儀式の中で、ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(後のフランシスコ法王)に実際に拷問を加えられ強姦された。そのとき、カトリック教会やUK教会だけでなく、UK王室、ベルギー王室、オランダ王室が参加していた。そして、カナダのブラントフォード居住学校から拉致されていたインディアンの子どもたちが生贄儀式中に殺害されるのを見た」と法廷で証言。
また、別の目撃者たちは、「1960年代に行われた生贄儀式には、ベネディクト前法王、枢機卿ダッチ・カーディナル・アルフリンク、そして、ベルンハルト・ファン・リッペ(オランダのユリアナ女王の王配)などが参加していた。そして、ベネディクト前法王は、第二次世界大戦中に生贄儀式を行う『闇の騎士団(イエズス会の支援を得て1933年ナチスのワッフェンSS部が創設)』に所属していた。儀式に参加した教会の指導者たちは、儀式中に新生児を石の祭壇に載せ、身体を細かく切断した後、新生児の血を飲み、肉や骨を食べた」と法廷で証言。
さらに、別の被害者たちは、「1942年と1945年には、カナダに住んでいたオランダのウィルヘルナ女王と彼女のオランダ王族がインディアンの学校で行われていた『第9サークル』の生贄儀式に参加していた。そして、ウィルヘルナ女王、ベルンハルト・ファン・リッペ王配、ヘンドリック王を含むオランダ王室とベルギー王室は、カナダのインディアン居住学校の児童やインディアンの新生児の強姦・殺害に関与していた。しかも、当時、カナダ政府は、カナダに住むオランダ王族に治外法権を与えていた」と法廷で証言。
ところで、今日は、「Xmas・イブ」。
そう、ナザレの「キリスト(Christ :救世主)のミサ(mass)」、キリスト降臨日。
その世界のキリスト教徒は、24億人以上、世界人口の33%。
そして、その宗派の中で、最大のローマ・カトリックは、その約51%。
そんななか、万世一系の皇統を世界に誇る我が国のキリスト教系」宗教団体総信者は、約192万強、全宗教団体総信者数のたったの1.1%。
そ、そ、それなのに、狭い日本、日本中のいたるところで「Xmas」狂騒曲。
東仙坊、それにかなり加担したことの自戒を込めて、一般の日本人の方々に、もう一度、日本人らしさをともに取り戻そうよとブツブツ。
さて、二言目には人権を振り翳して人を責めることがお好きな世界のクリスチャンの方々は、前回書き込んだ、1534年、フランシスコ・ザビエルらによって創設されたキリスト教のローマ・カトリック教会の男子修道会「イエズス会」が、「メメント・モリ(死を覚えよ)」を掲げ、骸骨を身近に置きつつ、表向きは世界各地への宣教のように見せながら、実体は、反キリストを掲げる悪魔崇拝会だったことをいかがお考えなのか?
その「イルミナティ」の大部分がメンバーだった「イエズス会」の命令に従い、新しいローマ法王が就任されるたびに、新しい法王が参加する「第9サークル」の生贄儀式を開催し、そこで儀式参加者らが、霊的パワーを得るためとバチカンの教皇職の安定的な政治的地位を維持するために、殺害した新生児の血を飲み、骨を食べていたことをどうお考えなのか?
2013年2月25日、ブリュッセルの「国際慣習法裁判所」での悪魔崇拝的生贄儀式についての有罪判決をどう考えているのか?
幼い先住民の子どもたちを拉致監禁し、天然痘にわざと感染させて人体実験を行い、食事を満足に与えることもなく、常に精神的肉体的に苦痛をともなう拷問・性的虐待を加えたうえ、機械で手足を引きちぎたりして虐殺した悪魔どもは、どうなったのか?
そう、世界は自分たちのモノと中国人顔負けで思い込んでいるバチカン、ローマ法王、イエズス会、UK王室、デンマーク王室、ベルギー王室などは、その裁判後、どう対処したのか?
その答えは、簡潔明瞭。
そんな市民裁判官たちが全員一致で出した判決など、完全無視。
象徴的なのは、その判決以前に700年振りの不名誉な生前退位を表明していたベネディクト16世。
2013年2月28日、カステル・ガンドルフォにの城のバルコニーから、「私はもはや教皇ではなくなる。この世における巡礼の最後をたどり始めた1人の巡礼者だ」などとイケシャアシャア。
そして、その後も、平然と名誉教皇でい続けているのである。
けれども、コヤツの嫌疑は、これだけではなかった。

It must be time for the Japanese, who are the most likable people in the world, to remember how many abnormal people there are in the world, even to the Pope(ローマ法王までがこのテイタラクでは、世界中に異常な人々が一体どれだけいることか、我々世界一のお人好し民族の日本人も肝に銘じるとき)!

To be continued...



緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

We should be more suspicious of countries and people who have no intention of supporting China, but who insist on being holy and valuing human rights(中国を支持するつもりは毛頭ないが、聖なる存在であることや人権を大切にしていることをやたら主張するような国やヒトを、我々はもっと疑ってかかるべき)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、率直に言って、「sexual urge/sexual impulse:性的衝動」だけで、この歳になっても女性と関わったことはない。
それゆえ、必然的に、女性を金で買ったこともない。
そのせいか、かなりのコスモポリタンを自負しているにもかかわらず、世界一の性労働国家のサプア人女性をはじめ、タイ人女性、インド人女性、カンボジア人女性、ミャンマー人女性などと残念ながら、つき合ったことはいまだにない。
そんななか、すでに少し書き込んだように、仕事で行ったタイのあるホテルで、20~30年前、偶然、OPHLを見かけた。
すると、一緒にいた日本人カメラマン、現地のモデル・コーディネーターが、すかさず言った。
「よく見かけるよ。……」
……部分については、さ、さ、さすがに書き込むワケにはゆかない。
ただ、世界中にゴマンとある性風俗街で、とりわけ、タイが世界中の性の享楽を求めるオトコたちから注目されているのは、「ペドフィリア(pedophilia)」や「エフェボフィリア(ephebophilia)」どもの天国である点だそうだ。
ヘタすると、10歳未満の「whore(娼婦)」までいるとか。
それゆえ、「精神医学的フェティシズム」や「性的フェティシズム」の巣窟で、変態性欲、「パラフィリア(paraphilia : 性的倒錯)」、同性愛、サディズム、マゾヒズムなど何でもOKとも。
そこで、まず今なお世界の存在する27の王室の歴史をほんの少しだけ勉強しておきたい。
デンマーク、UK、スペイン、スウェーデン、タイ、バーレーン、オランダ、ベルギー、トンガ、モロッコ、レソト、エスワティニ(旧スワジランド)、ヨルダン、サウジアラビア、クウェート、バーレーン、カタール、UAE、ブータン、カンボジア、マレーシア、ブルネイ、ルクセンブルク、モナコ、リヒテンシュタイン、ノルウェー。
東仙坊、やはり、UKに支配されていた国が多いんだなとメチャクチャ納得しつつ、気になる王国は、何と言っても、中世ヨーロッパのプロトタイプになった5世紀にゲルマン民族のフランク人が創った「フランク王国」。
そして、それが分割してできた西フランクの「フランス王国」、東フランクの「神聖ローマ帝国」、中フランクの「イタリア王国」、それから、「バチカン教皇庁」。
それらの国々の王室の権力欲と名声欲と性欲剥き出しの耽美主義と耽美主義が混じり合ったドロドロ、グチャグチャの歴史…。
それらを、1世紀ごろにガイウス・ペトロニウスが書いたという「サテュリコン」の世界の目で見てゆくと、今回の我が国の皇族の好色的傲慢など赤ん坊のごとし。
王と王女、女王と王子の近親相姦なんか序の口、誰も彼もが入り乱れての「orgy(オージー)」やスワッピングやラブ・アフェアだらけ…。
我が国だって、公家や武家や寺院を中心に、稚児は、日常茶飯事。
それらを象徴的に具現化した事件がある。
2013年2月25日、ブリュッセルの「国際慣習法裁判所」が、ローマ法王ベネディクト16世(ヨーゼフ・アロイス・ラッツィンガー)、UK王室エリザベス女王、カナダのスティーブン・ハーパー首相など被告30人全員に懲役25年(仮釈放ナシ)の有罪判決を下したとか。
その罪状は、な、な、なんと5万人以上の子どもの大虐殺。
それも、バチカン、イエズス会、ローマ法王、UK王室、オランダ王室、ベルギー王室などがグルになって、生贄儀式決行のために、UK教会が所有するカナダのインディアン居住学校のモホーク族キッズたちを拉致し殺害というのだから、開いた口が塞がらない。
実は、今年の5月27日、先住民同化政策の一環としてカトリック教会によって建てられたカナダのブリティッシュコロンビア州カムループスの寄宿学校の跡地から、215人の子どもの遺骨が発見されたばかり。
何でも、そんな寄宿学校は全国に139校設置され、1863年~1998年までの間に、15万人以上の児童・生徒が親元から強制的に引き離されて生活していて、校長や教員による肉体的・性的虐待が日常的に行われていたことが明らかになっているとも。
それゆえ、先住民支援団体「アッセンブリー・オブ・ファーストネイションズ」ペリー・ベルガルド会長は、「私は寄宿学校について、先住民に対するジェノサイドの現場だと言い続けてきた。今回の例はその最たるものだ」と訴え、ジャスティン・トルドー首相は、「父親として、子どもをムリヤリ取り上げられたらどう感じるのか、想像すらできない。首相として、先住民の子どもをコミュニティーから奪い引き離すなどという恥ずべき政策にショックを受けている。確固とした措置を行う」と述べているとか。
そして、カナダ初代首相ジョン・A・マクドナルドの銅像を撤去したとも。
それだけじゃない。

Those who are obsessed with power and honor must be also extremely honest with their libido(権勢欲と名誉欲に取り憑かれるような方々は、性欲にもバカ正直)!

To be continued...


緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It might be one of the fate of a woman who doesn't know true love to choose a bastard who looks like her father in order to escape from her father(父親から逃げ出すために父親似のオトコを選んでしまうところが、本当の恋愛を知らない女性の宿命の一つなのかも)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

父親の魔の手から逃げ出すために、何とか結婚を利用しようとしたキンダーガートン・プリンセス・モンスターの最大の過誤は、そんな父親似のいい加減なオトコにすべてを託すことになったこと。
そう、屈折した体験から男を見る目を養えなかった女性に、ごくありがちなパターン。
おかげで、さらに4年近くも忍従の日々を送るハメになってしまったのだから、正直、可哀想と言えば可哀想。
イヤ、やはり、自業自得。
では、紛れもない皇族であるOPHLとキンダーガートン・プリンセス・モンスターとの2人の間に一体何が起きていたのか?
東仙坊、それを書き込む前に明確にしておきたいことが1つある。
それは、昭和天皇、平成天皇、令和天皇を、そして、それぞれの皇后を、心の底から畏敬するとともに、令和22年に皇紀2700年を迎えると初代神武天皇から繋がる126代も続く男系男子という万世一系の皇統を世界に誇る気持ちで溢れているということ。
それゆえ、80%を超える一般国民同様、成人になられたばかりの愛子内親王に次の天皇、女性天皇になっていただきたいと本気で願っているということ。
そう、こうして書き込み続けているように、昭和天皇同様、秋篠宮家から天皇を出してはダメだ、それは日本国のためにならないと糾弾しているだけ。
えっ、女性天皇になったら、男系天皇ではなくなってしまうのではないか?って?
そうじゃない。
愛子内親王が即位されれば、父親が天皇なので、男系天皇はそのまま継続されるのである。
事実、我が国には、すでに推古天皇をはじめ、八方の男系の女性天皇がおられたのである。
ようは、本当の問題は、その跡。
もし愛子内親王がやがて結婚されて、運よく男子をご出産なされば、何の問題もナシ。
けれども、もし女子しかご出産なさなければ、女系天皇になってしまうのである。
しかし、それはH-sonさまが次の天皇になっても同じ。
もし、H-sonさまが、結婚し子どもを作っても、男子が生まれなければ皇位継承者は誰もいなくなるのである。
もっとも異常な秋篠宮家が皇統を継続していれば、まず心配はナシ。
極めてはしっこいOPHLとK-プリンセス・モンスターの2人は、自分たちを目の敵にした昭和天皇だって、成子、祐子、和子、厚子に続く、第5子で、ようやく男子の皇太子を出産し、午前6時39分にサイレンを2回鳴らしたぐらいで、歴代天皇の約半数だって側室を母に持つ庶系の天皇で、120代仁孝天皇も、121代孝明天皇も、122代明治天皇も、123代大正天皇も、側室の産んだ男子だったんだ、そのために天皇にはたくさんの側室がいたんだと、そっと誰か妻以外の女性に男子を出産させるに違いない。
そう、今回のように???
それもこれも、1898年、「民法」で重婚が禁止され、「一夫一婦制」となり、「戸籍法」でも「妾」が削除され、大正天皇が側室制度を廃止し、戦後、皇室典範改正で、「庶子(正妻の子どもではない子)」は皇位につけなくなってしまったから。
では、なぜ女系天皇ではダメなのか?
それは、海外では女系に移った場合、王朝の交代とみなされるからとか。
それには、東仙坊、フーンの一言。
蛇足ながら、自分が結婚をしない理由は、ウソだらけになる「一夫一婦制」に生理的に反対だから。
そして、ヨサコイこそが日本の大らかさの原点と信じているから。
ついでに、哺乳類において、一夫一婦型の行動を取る種は、たったの3~5%であることをご存知か?
さて、いよいよ本番。
では、OPHLとキンダーガートン・プリンセス・モンスターの父娘の間で、一体何が起きていたのか?

I am convinced that there must be no system that does not fit the real Japanese as much as monogamy(一夫一婦制ほど本物の日本人にフィットしない制度はない)!

To be continued...

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

A motherfucker who arrogantly thinks that everything is what he wants would never realize that he is an extraordinary egoist(何もかもが自分の思いどおりになると傲慢に錯覚するようなヒトは、自分が異常なエゴイストであることを絶対に自覚しない)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、2006年8月ごろのH-sonさま妊娠中のK-プリンセス・モンスターの姿の写真、なぜかそんな時期にあえて初めてのホームステイをしたキンダーガートン・プリンセス・モンスターの写真を、徹底チェック。
そして、K-プリンセス・モンスターの写真は、全然見つけられなかったもののなぜかウィーンにホームステイしたキンダーガートン・プリンセス・モンスターの写真はいくつか発見。
そこで、その額や頬や上唇などにシミがないか、全体にむくんでいないか、特に腹回りを懸命にチェック。
えっ、何で?だって?
キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、まだ中3で15歳だったろって?
逆にだから?
ともあれ、見つかった写真のキンダーガートン・プリンセス・モンスターのファッションが、みんなカジュアルでルーズフィットのものばかりなうえ、もともとポッチャリ型なので、写真での個人的な疑問解決は、ほぼ困難。
第一、お腹の膨らみ方も、人によってまちまち。
それにしても、なぜ自分の母親の臨月がもうすぐのときに、その母親と祖父が懇意にしている日本語ペラペラのヒトたちのウィーンの家庭に人生で初めての独りホームステイをしたのか?
凄く違和感を覚えないか?
仮にそのオゾマシイ疑念が杞憂だったとしても、H-sonさま誕生のちょうど1年後、なぜ2人だけでプライベート海外旅行を、それも「生物多様性ホットスポット」のメッカと言われているマダガスカルに2人だけで行ったの?
まるで、生命そのものの儚さ、人間なんて所詮単なる動物の1つ、自分たちの関係は超特別なものと言い含めるためだったのでは?と疑いたくならないか?
そして、陰険にその関係を続け、それに懐疑的になり始めたキンダーガートン・プリンセス・モンスターを、さらに言い含めるために2人だけで再び行ったのが、2010年のラオス。
それでも、いくら無知蒙昧で鈍感なキンダーガートン・プリンセス・モンスターでも、異常な父親への猜疑心は強まる一方。
そして、父親以外のオトコを知ると、そのガマンはすぐに限界に到達。
「結婚を理由に、この家から、父親の魔の手から逃げ出せる」
おそらく正直なところ、そのオトコが実際はどんなクソッタレでも構わなかったはず。
そう、とにかく父親との関係を終わりにしたかっただけのはず。
だからこそ、2017年、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが婚約内定会見を開く前に、仕方なく2人だけでハンガリー旅行に行かざるをえなかったのである。
つまり、この旅行は、愛娘を最後まで手放したくない惨めったらしい父親が、最後通牒を突きつけてきた愛娘に対し、ストカーもどきに、「せっかくの2人だけの特別な関係を本当に精算つもりなのか?」とか、「オマエナシではオレはダメなんだ。結婚したってイイが、この関係だけは続けよう。そのためにも、オマエは結婚しても新しい宮家を創ってオレの側にいてくれ」などと見苦しく懇願するためだったはず。
ところが、OPHLが、そういう態度を取れば取るほど、キンダーガートン・プリンセス・モンスターはウンザリし冷ややかになったはず。
そして、さすがのキンダーガートン・プリンセス・モンスターも、「もうこれ以上パパのオモチャにされるのはゴメンなのよ」と最後通告したはず。
どうだろう?
自分の妃が、自分の母親が未来の天皇を誕生させるという歴史的かつ奇跡的(?)な瞬間の直前と、その約1年後に、思春期の愛娘と2人だけでプライベートな海外旅行をする父親は、どう考えても異様なのでは?
そこに、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが父親のOPHLを脅迫するH-sonさまの秘密の何かを感じるのは、東仙坊だけではないと思うが…。

The husband, who later learns that he has been married by his wife's tactics, should destroy the family to take revenge(自分が妻の策略に引っかかって結婚してしまったことを後で知った夫は、必ず復讐をするようにその家庭を崩壊させる)!

To be continued...

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Isn't it possible to say that Princess Monster, who smashed the pride and dignity of the royal family into small pieces while enjoying the special treatment with her father who is a self-degrading royal family, became a terrorist of the imperial family(自堕落な皇族である父親と一緒になってその特別待遇を十分に満喫しておきながら、皇族のプライドとディグニティを木っ端微塵に破壊したモンスター皇女は、皇室のテロリストになったといえるのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

②皇位継承権1位の皇太子の結婚前に皇位継承権2位の皇太子の実弟の初子として、平成天皇の感動の初孫として、そして、女の子として誕生した、キンダーガートン・プリンセス・モンスター。
すると、3年後に生まれたのも。また女の子の実妹KKさま。
それから、10年後にお生まれになった皇太子の初子も、女の子の愛子さま。
さらに、15年後に待望久しく男の子として生まれたのが、実弟(?)であるH-sonさま。
それで、皇室は、宮内庁は、そして、政府は、ただただ何も深く考えることなく、胸を撫で下ろすだけのテイタラク。
そう、その15年間で、日本を根幹から破壊しようと企てるKなる奇っ怪な勢力どもが蔓延る異常な秋篠宮家において、我々一般国民が口に出せないアブノーマルなコトが起きていたのでは?とついつい想像して、イヤな気分になるのは、東仙坊だけではあるまい。
では、何不自由なく好き勝手に生きられる身分を保証されながら、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、どこまでも頑迷固陋で、軽佻浮薄で、直情径行で、とにかくジコチュウでゴリゴリの意地っ張りの浅薄な成熟できない女性になってしまったのは、なぜか?
2005年ごろから、国内を中心として両親の公務や接見に、特に父親のそれらに同行・同座させられるようになっていたのに、なぜ1日も早く皇室を離脱したがるようになったのか?
それは、もともとチャランポランナうえ、世界の王族や皇族にありがちな性の奔放さを身につけてしまったOPHLの愛娘キンダーガートン・プリンセス・モンスターへの異常なほどの溺愛、寵愛、偏愛ぶりがすべての原因と推察せざるをえない。
だからこそ、娘離れができず、ダミーとして誰かと結婚させても、何とか手元に置いておきたいと画策したことで、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが結婚承諾を相手の男性にしてから8年後の結婚になってしまったのでは?
もちろん、そこには、相手の男性が「世紀のクソッタレ」であるK・Kクソッタレだったという予定外の問題もあるが…。
東仙坊、そう推察せざるをえない論拠は、明々白々。
それは、2人だけの異様な私的旅行、とりわけ、私的海外旅行の数々。
1回目が、2006年7月30日、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの学習院中等科3年生のときの夏休み、伊勢神宮式年遷宮の行事「川曳き(お木曳?)」を一緒に視察。
ちなみに、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、その直後の2006年8月3日~8月16日まで、オーストリアのウィーンでホームステイ。
そのホームステイのホスト・ファミリーは、K-プリンセス・モンスターの父親の仕事仲間の乗馬学校経営のオーストリア人オラックご夫妻家。
2回目が、「生物多様性ホットスポット」であるマダガスカルに、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの高校生として初めての夏休みに、2007年8月13日~8月25日、なぜかタイ経由で2人一緒に旅行。
3回目が、2010年3月22日、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが高校を卒業すると、その翌日からなぜかまたタイ経由でラオスに行こうとするも、タイの政情不安で、ラオスだけ2人一緒に6日間旅行。
4回目が、キンダーガートン・プリンセス・モンスターがなぜか初めての婚約内定会見を開く前、2017年8月19日、OPHLよりも1日遅れて出発し8月23日まで2人だけでハンガリー旅行。
ついでに、すでに少し触れたが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの留学は、2010年、1ヵ月間、アイルランド国立大学「ユニバーシティ・カレッジ・タブリン」。
2012年、約10ヵ月間、エジンバラ大学。
2014年、ICUを卒業後、レスター大大学院に1年間。
さらに、ついでにキンダーガートン・プリンセス・モンスターの英会話力は、ラステックなアクセントのキツイ英語で、そのコミュニケーション能力は疑問だらけ。
ここでは、そのことを横に置いて、東仙坊、柄でもなく3日間、必死でwebで探し回ったのが、2006年8月のころのキンダーガートン・プリンセス・モンスターとK-プリンセス・モンスターの写真。
そう、個人的にある疑問に取り憑かれて…。

We welcome the merciless and ugly mass media of our country not to report on this stupid couple, but should we stop evaluating it as a couple with a loving belief(我が国の情けなくてみっともないマスメディアどもが、このバカップルについて報道しないことは歓迎するが、愛を貫いた信念を持ったカップルのように評価することも止めるべきなのでは)?

To be continued...

















緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

I am worried that there are Japanese people who don't know the true love that this royal girl evaluates as if she had pierced her love(この皇族の女子が、まるで自分の愛を貫いたかのように評価する本当の愛を知らない日本国民がいることを憂慮している)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

頭脳明晰かどうかという点で、やはり、劣悪と結論づけざるをえないのが、メインターゲットのキンダーガートン・プリンセス・モンスター。
それはそうである。
人間が学習し続けるのは、人を見る目を養うことと人間らしさを身につけるため。
その意味では、少なくとも皇族失格。
もしここまでのジコチュウのアンポンタンが新たに女性宮家を創設することになったら、あんなに気色の悪いサイコパスもどきのK・Kクソッタレが、その子どもが皇族を名乗ったり血税で生活するようになったら、せっかく世界に誇る我が日本の皇族の歴史もジ・エンドになってしまうのでは?
ついでに言っておけば、仮にこの時代に皇族復帰を望む奇特な旧宮家の男系男子がいたとして、その方に配偶者がいる場合も、この問題は露骨に出てくるのでは?
それにしても、このジコチュウだらけの世界で、高潔で品性の高い人間を配偶者にしている元皇族が、男女ともにどれだけいるのか?と思わないか?
ともあれ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの学業成績がそれほどでもなかったのでは?と感じる証左が、これ。
2009年に発行された「学習院」女子中等科・高等科の文集「ふとした瞬間(とき)に思うこと」。
高校3年生になる直前のキンダーガートン・プリンセス・モンスターの作文「永遠に変わらない気持ち」。
「私は今高校二年生だ。そのうち高校を卒業し、大学に入学する。そんなこのごろ、よく感じるのは、自分が変わってしまったということだ(?)。小さいころはよく外で遊んだ。今でも外で運動する機会はあるが、昔のように純粋に楽しむことはなかなかできない。家が自然に囲まれていることもあって、昔はもっぱら自然の中が私の遊び場だった。対して今は余計な思考がじゃまする。手が汚れるだの、つかれるだの。そのうえ、現実が見えてしまっているから空想の余地もなくなってきている。現実社会を生きていくのだから仕方がない、当然のことだ。自分が変わったと感じる分、成長しているということでもある。この間、那須へ、夏休み中唯一の旅行に出かけた。東京の人混みから離れて緑いっぱいの自然の中で過ごせるのがウレシイ。そう、永遠に変わらない気持ちだって存在するのだ」
実は、web探偵の矜持をかけ、懸命にこの文章を解読してみた。
1)コヤツは、変わってしまった、あるいは、変わらざるをえなくなってしまった自分を悔いている。
凄く変だと思わないか?
この時期変わることは、イイ悪いは別に、極めて自然。
それが、イイ方向に変われば、それ自体が人間としての自分の成長のはず。
では、悔いるような変化とは、どういうことか?
自分の意思に基づかず、ヒトから変わることをムリヤリ強要させられたということなのでは?
2)コヤツ、何かの理由で、今までは外で無邪気に手を汚し、疲れを感じることなく遊んでいた時間を、室内で過ごさざるをえなくなって、不満を感じている。
しかも、それは手を汚さないものの他のどこかの部分を汚し、ただただ、フィジカルにメンタルに疲れを覚えるだけ時間になっていたのでは?
3)コヤツは明確に書いている自分の家が自然に囲まれていると…。
それはそうである。
家は、広大な赤坂御用地内にあるのだから、それは当然。
けれども、そこでは一緒にいるのがイヤなヒトでもいるのか、そこから離れて那須に行かなければ楽しくないと書いている。
そうすれば、まだまだ自分は生きる気力が出てくると暗に言っているようでは?
どうあれ、コヤツが自分の父親を脅迫できる何かのファクター? そう、自分と父親との間の人に言えない何かのシークレット? 何か弟に関わる重大な何か? を、この時点までに持つハメになったとこは確かなのでは?

In a world where freedom is the norm, there must be so many people who think that having self-control is a loss(自由であることが当たり前の世界では、自制心を持つことがまるで損かのように錯覚するヒトがメチャクチャ多くなる)!

To be continued...




緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It must be extremely difficult to properly educate the royal studies as a symbolic emperor, so it must be necessary to have a well-developed plan(帝王学をきちんと教育することを、象徴天皇としてのあり方を叩き込むのは、極めて難しいことで相当の練ったプランが必要なのでは)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

天皇になるかもしれないOPHLの子どもの学校選びの異常さが如実に現われたのが、未来の天皇にほぼなりそうな自分の一人息子H-sonさまの学校選び。
ついに天皇の伝統というよりも慣習になっていた「学習院」を本当に拒絶してしまったから、実兄の天皇陛下は、イヤイヤ、父親の上皇陛下は、それをどうお思いになられたのか?
それより何より、国民の象徴としての天皇としての品格と威厳とどう身につけさせ、国民の誰からも畏敬されるパーソナリティにどうやって鍛錬させるつもりだったのか?
それにしても、いくら前身が東京女子師範学校といっても、今まで皇族を受け入れたことがない国立(?)の「お茶の水女子大学附属幼稚園」に、なぜか1年前に制定されたばかりの「特別入学制度」適用第1号として入園させるなんて、やはり、かなり強引では?
なぜ女子大の附属だったのか?
H-sonさまの母親、つまり、K-プリンセス・モンスターが、お茶の水女子大名誉特別研究員(?)として心理学の研究をされ、自分の研究室まで持っていたからか?
実際、2019年4月26日、東京都文京区にあるお茶の水女子大学附属中学校で、H-sonさまの席に、柄の部分に棒が粘着テープで巻きつけられ刃の部分がピンク色に塗られた包丁2本が置かれる意味不明な事件が発生しているのでは?
その結果、お茶の水女子大学附属小学校、お茶の水女子大学附属中学校となんとか無事に(?)きたが、高校は女子校だから高校受験をしなくていけないのでは?
いったいどこの高校に行かせるつもり?
そもそも、どんな学力があるの?
未来の天皇をそんな状況下に置いてイイの?
もしかして、東仙坊、すでに少し触れたが、お茶の水女子大附属校と筑波大附属校との間に初めてできた「提携校進学制度」をまたまた皇室ブランドで強引に利用し、筑波大附属高校に入学させ東大を目指すというつもりというが、そんな学力があありになるの?と訊いてみたくならないか?
どうあれ、聡明であることに越したことはないが、我々一般国民は、未来の天皇に、日本人らしい思いやりややさしさをしっかり身につけた人間味溢れる、そして、品性とモラルをしっかりと保持する凜とした人間であってほしいだけなのでは?
それにしても、本当にどこの高校に行かすのか?
まさか、OPHL自身が客員教授(?)を10年以上続けていて、K-プリンセス・モンスターの実弟が准教授を務めている東京農業大学第一高等学校?
それで、天皇教育は、とりわけ、情操教育は、本当に大丈夫なの?
どちらにしても、異常な両親、異常な姉ども、異常な家庭、未来の天皇は、すでにメチャクチャ苛酷な環境にあるのでは?
本当に、このH-sonさまが天皇で、我が日本の未来は大丈夫なの?
では、K-プリンセス・モンスターの学識は?
一番敏感な時期に、静岡市立中田小学校、新宿区立早稲田小学校、豊島区立目白小学校と転校を繰り返し、最終的に父親が働く「学習院」の初等科へ編入した彼女は、さらに、父親がオーストリアウィーン郊外のニーダーエスターライヒ州ラクセンブルクにある国際応用システム分析研究所主任研究員に招かれたために、ウィーンのアメリカ・インターナショナル・スクール・オブ・ヴィエンナに編入した後、再び「学習院」女子中等科へ編入し、「学習院」女子高等科、そして、学習院大学に進んだ典型的な帰国子女。
それゆえ、日本語独特の微妙なニュアンスを解すのが、かなり苦手だとか。
それでも、OPHLを見事に狙い打ちできたドイツ語もかなり話せるバイリンガル。
そして、生粋の「学習院OG」のはず。
それなのに、異常な秋篠宮家のヒトびとは、なぜに「学習院」をそこまで徹底して忌み嫌うのか?
どうだろう?
こうなると、その理由は、1つだと思わないか?
一人息子で将来天皇になると思われるH-sonさまに、自分たちがエラそうに言っているけど、大して学業の成績がよくなかったことが知られたくない?と考えたのでは?
もっとも、OPHL個人は、祖父である昭和天皇にそのことでかなり怒られたこと、父親である上皇陛下に「学習院」から転校したいと言ったのに説得させられたこと、妻に「学習院」でハメられたなどが、「学習院」ギライになった原因だと思うが…。

Does denying a school for our royal family lead to rejecting the very existence of our royal family(自分たちの皇族のための学校を否定することは、自分たち皇族の存在そのものを拒絶することに繋がるのでは)?

To be continued...
















緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Isn't it what we, the people, want from the emperor as a symbol of our people, not academic authority, but to maintain the character and morals that we could admire as human beings(我々国民が、我々の国民のシンボルとしての天皇に求めるのは、学術的権威などではなく、人間として敬愛できる品性とモラルを保持してくれることではないのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

集中力に欠けるところがあるうえ、どこか唯我独尊的怠惰さの強いOPHL、もしかしたら自分の学識レベルを自覚しているかのように、虚栄心剥き出しに各種財団法人や社団法人などの総裁として名を売っている。
東京農業大学育種学研究所を前身とする財団法人「進化生物学研究所」で家禽類研究従事すると、財団法人「山階鳥類研究所」総裁、社団法人「日本動物園水族館協会」総裁。
2年間、オックスフォード大学セント・ジョンズ・カレッジ大学院動物学科で魚類分類学を学び、1年間オックスフォード大学大学博物館およびロンドン自然史博物館に在籍すると、財団法人「世界自然保護基金ジャパン」総裁、「日蘭協会」名誉総裁、特定非営利活動法人「全日本愛瓢会」名誉総裁、「サイアム・ソサエティー」名誉副総裁。
総合研究大学院大学生命科学研究科遺伝学専攻し総合研究大学院大学から理学博士学位を授与されると、妻の実弟が勤務する東京農業大学非常勤講師、東京農業大学農学部バイオセラピー学科客員教授に就任。
そして、東京大学総合研究博物館特招研究員。
どうだろう?
枯れ木も山の賑わいの域を脱していないのでは?
どう考えても、飛び抜けて特別な才能があるとは見えないのでは?
そして、それは英会話力においても、同じようなモノなのでは?
実は、東仙坊、OPHLの学術的本質を垣間見れるポイントが、2つあると結論している。
1つは、宮内庁から顰蹙を買いながらも生やし続けている口髭。
まさしく、その知的自信のなさの象徴とも言えるのでは?
どうあれ、そのぐらいナルシステックに自己主張しないと
2つ目が、まさしく異常なまでの「学習院」嫌悪というよりも、完全憎悪。
その不可解さは、このうえなく異常。
それはそうである。
皇族のためにあるような学校を、慣習として歴代天皇が必ず学んだ学校を否定するのだから、ある種の近親憎悪のようなモノ。
しかも、自分の妃の父親が教授でいるのに、あえてそうした理由は、一体何?
それだけじゃない。
皇族を受け入れる体制がきちんと整備されているうえ、警備も完璧に配備され、学友も何代にもわたって「学習院」という家庭の子女がいっぱい。
その意味では、妃であるK-プリンセス・モンスターの母親ぐらいが数少ない例外。
ともあれ、メインターゲットのキンダーガートン・プリンセス・モンスターについては、最後にじっくり詳細に触れるとして、OPHLの子どもたちの学校選びは気になることばかり。
二女KKさままで、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの後を追わせるように、学習院大学をわざわざ中退させてまで、ICUに転校させたこと。
しかも、その転入の仕方は、「AO(アドミッションズ・オフィス)入試」。
そう、秋篠宮ブランドを目いっぱい活用しただけ。
それで、マサチューセッツ州ボストンへ短期留学、リーズ大学に留学させる金の使いよう。
ちなみに、ICUは、入学金30万円、年間授業料約150万円がベース。
で、その結果は、東仙坊、自分自身で彼女の英語のスピーキングをチェックしてみたが、ディクテーション(dictation :読み上げられる英語を書き取ること)能力も、カンバセーション能力も、ボキャブラリーも、 プロナンシエーション(pronunciation)も、どう聴いてもCクラス。
このレベルでは、失礼ながら、激烈なディスカッションもディベートなども土台ムリなのでは?
どちらにしても、娘2人のICU入学は、私立大学ICUの広告塔にして稼ぐことだったに違いない気がするが…?

Isn't this outlaw candidate for the emperor trying to be an excellent salesman like a prince somewhere(このアウトロー的な天皇候補は、どこかの王子のように優秀な営業マンになろうとしているのでは)?

To be continued...




緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

An asshole with a strong sexual orientation is naturally obsessed with money. And, in the family where such an asshole must be the head of the family, a strong family bond couldn't be formed(性的嗜好を強く持つオトコは、自然にマネーに執着する。そして、そんなオトコが家長の家庭では、強い家族の絆が結べない)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

①OPHLは、天皇の実弟で皇位継承権1位の社会的立場と血税で生活できる特別に保証された経済的立場を謳歌し、そのいい加減な本性丸出しに有料公務を優先しながら、とりわけ、どこまでもフィジカルに(?)自由奔放に放蕩三昧。
K-プリンセス・モンスターは、そんな夫の本質に気づきつつも見て見ぬフリをし、何とか義兄の嫁よりも評判を取り、そのウソっぽい笑顔で敬愛されようと必死。
そんな積み木くずし一家である秋篠宮家の異常さを象徴する話の1つが、これ。
実兄が天皇に即位して最初に行う「新嘗祭」のうちの五穀豊穣と国民の安寧を祈る「大嘗祭」。
そう、天皇が一代に一度だけ行う重要な儀式がゆえに、内閣の助言と承認に基づいて行われる国事行為としてではなく、国にとって重要な公的な性格の皇室の儀式だとして、そのコストを公費(宮廷費)から支出するという大イベント。
それに対し、「宗教色が強いもので、国費で賄うことが適当かどうか? 天皇の私的生活費にあたる『内廷費』から支出されるべきだ。憲法に定められた政教分離の原則との関係からも身の丈に合った儀式にすれば、皇室の行事として本来の姿ではないか?」と公然と非難し、東仙坊、「その通り。あえて無駄遣いをすることで尊さを演出する手法は時代錯誤であるだけでなく、これだけ国民の象徴として愛されている今の天皇家に、そんなチープな権威づけが必要なのか」と思わず共鳴させられていたほど。
そのために、今回の令和天皇の「大嘗祭」、宮内庁が、総額を27億1900万円と発表していたが、総額24億4300万円にコスト削減されたとか。
ちなみに、平成天皇の「大嘗祭」費用は、総額約22億5000万円。
そ、そ、そうしたら、OPHL、自分の住居の改築費に33億円、そのための仮住まい新設(???)に9億8千万円をかけたと知って、フザケロ!の一言。
こんなジコチュウの父親の娘が、どんな金銭感覚になるかは、火を見るよりも明らかでは?
②2つ目は、皇族ということで、誰もがリアルに触れようとはできない皇族メンバーが、皇族なら生まれながらに誰もが頭脳明晰で聡明なのか?という根本的問題。
仮に今までがそうであったとしても、下々の1人であったK-プリンセス・モンスターの血が混じっているのでは?
では、まずOPHL、当然のごとく、学んだ学校は、終始一貫、「学習院」。
それはそうである。
もともとが、華族の子弟が学ぶ教育機関として創立された宮内省直轄の官立学校。
そして、華族中心ながら、武術、馬術など武課教育を重視し、皇室に生まれた男子が「学習院」で学ぶのは大原則のようになっていたはず。
事実、歴代の天皇を見ても、「学習院」で学ばなかった人物が天皇になるということなど想定外だったはず。
その「学習院」の源流は、京都御所の東側に設置された公家のための学問所で、孝明天皇が「学習院」の額を下賜したことから、明治天皇が「学習院」と命名されたとか。
そして、その明治天皇が、「いさをある 人ををしえの 親にして おほしたてなむ やまとなでしこ(勲功のある人物を教育の長として、皇国の子どもたちを養い育てよう)」と学長に乃木希典を就任させたことから、その校風は激変。
何しろ、柔弱華美の弊に流れていると批判されていた「学習院」が、質実剛健、質素勤勉の風土に一気に変貌したとか。
それはそうだと思わないか?
この明治天皇に殉死した大和男児の中の大和男児、昭和天皇の入学1年前に、「今日のように寒いときや雪などが降って手のこごえるときなどでも、運動をすればあたたかくなりますが、殿下はいかがでございますか?」と尋ね、「ええ、運動します」とお答えさせたとか。
そう、明治天皇は、将来の天皇である孫の教育係として、この「乃木大将」をお選びになったのである。
それゆえ、この大将、中・高等学科を全寮制にして自ら住み込み、生徒と寝食をともにし、「贅沢ほど人をバカにするものはない」とか、「寒いときは暑いと思ひ、暑いときは寒いと思へ」などと訓示。
華族だろうと年少だろうと容赦ナシに、規律を厳守させたとか。
どうだろう?
そうやって育った昭和天皇が、どこか柔弱華美な色事師的OPHLに明確にダメ出しをしていたというのだから、学生時代のOPHLの成績も推して知るべしなのでは?
実際、東仙坊、必死にOPHLの学生時代の成績なるものの検索を試みたが、完全な秘密厳守だったようで、ハッキリした成績表などを全く見つけられなかったが、いくつかの周辺の証言から推察すると、特段悪かったワケではなかったが、かといって卓越してよくもなかったようなのだが…。

Isn't it absolutely essential for the imperial family to have an educator like Maresuke Nogi(やはり皇族には、乃木希典のような教育者が絶対不可欠なのでは)?

To be continued...







緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

It must be said that the immaturity of the spirituality, which is misleading by religion despite being a member of the imperial family, has a problem with the discipline of parents and how to raise them(皇族メンバーでありながら宗教に惑わされてしまう精神性の未熟さは、ひとえに親の躾とその育て方に問題があると言わざるをえない)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

実は、東仙坊、どこか違和感を覚えるキンダーガートン・プリンセス・モンスターの「心」の言葉使用7回で、即座に思い出し、ピタッとくっついたのが、次の言葉群。
笑顔で日々暮らせよ、笑顔は我が家から仕合わせの輪が広がる」
が変る、人生が変る」
「一番大切なものは『の救い』。穏やかなでいられるよう、いつも神に願うこと」
「人生における全ての選択は、私たちのの動いた方向で決まり、この方向によって、幸、不幸が、自然と分かれていきます。がどう動くかは、それほど重要なこと。心が穏やかであれば、人生のどの局面においても、神が導いてくださる最善の方向へ進むことができます」
は自分のものですが、怒り一つ、自分では抑えることができず、悲しみ一つ、自分で消すこともできません。
自由にならないものだからこそ、ときに取り返しのつかない事態を引き起こしてしまうこともあります。しかし、神にが揺れないよう守っていただいたり、苦しい状態から救っていただいたりすることで安定し、穏やかさを取り戻せます」
「穏やかなというのは、ささいなことに思えますが、実は、仕合せな人生を歩むうえでどうしても欠かせないもの。の状態は、健康、ひいては寿命にまでも影響します」
どうだろう?
キンダーガートン・プリンセス・モンスターの話したことのすべてのロジックが、これらの言葉群の影響をそのまま受けているということがわからないか?
えっ、これは、誰が言っている言葉か?って?
横浜市に誕生した一人の御子に御魂を封じ込めこの世に降臨された(?)、実在の神(?)の化身が、神の指示によって(?)、1953年に設立したという、神、仏、人の道を説く、摩訶不思議な新興宗教。
そう、K・Kクソッタレの母親であるREMことK・Kとその両親が信じる新興宗教で、このままではキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、次のこの新興宗教の象徴なのでは?
ちなみに、このK系新興宗教団体のHPには、「海外在住のご家族がいられる皆様へ」、カナダのバンクーバーやカルガリー、USAのニュージャージーやロサンゼルスなどの「海外会場」が紹介されている。
どうあれ、もはや母親似のエキセントリックでエモーショナルな対応、父親のいろいろな意味での異常な溺愛(!!!)に辟易したキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、完全にREMのマインドコントロール下。
そう、K・Kクソッタレよりも、K・Kクソッタレの母親を信じ切ってしまっているのである。
その意味からも、何が起きても、コヤツだけは、二度と皇族に戻してはいけないと思うが…。
では、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、なぜここまで皇族の風上にも置けないほどのジコチュウのおバカになってしまったのか?
それだけじゃない。
高校時代から自分の力(?)のすべてを使って生き伸び、人に甘えすがり、人を利用し、サイコパス型シリアルキラーごときの遺産・保険金詐欺師と呼んでも決して間違いではないREMの手中に簡単に落ちてしまったのか?
⑤では、コヤツが、こんな異常なK・Kクソッタレの母親REMになぜキンダーガートン・プリンセス・モンスターがイチコロになってしまったのか?
その1にも、2にも、最大の原因は、一言で言えば、自分の周りに、そのような根っからの悪女であるだけでなく本物の悪女がゆえに一見そうは見えない悪女へのある種の憧れ、思慕の念がいつも心の片隅にあったせい。
そう、東仙坊、再三指摘してきたように、コヤツが、「ストックホルム症候群」とほとんど同じ典型的な「アウトロー憧憬症候群」だったがゆえ。
では、なぜそうなったのか?
◇自分の両親が、正義の味方でも、高貴で聖なる存在でも、知性に溢れた「公」のためにすべてを捧げる皇族ですらなく、皇室の一員としての社会的経済的アドバンテージを満喫するだけのどこまでもいい加減で明確なフィロソフィーもビジョンもない父親、そんな父親をカモにしただけの目立ちたがり屋でウソ笑いを浮かべるだけの母親。
そして、そんな仮面夫婦丸出しの両親が生み出す、ウソだらけの異常な家庭。
そ、そ、それだけじゃない。
デタラメな父親は皇位継承権1位になったのに天皇になることなど全く考えていないのに、見栄っ張りな母親はそんな夫の皇后に、そして、皇位継承権2位になった弟の母親としての国母になることを夢見るばかりで、そのコミュニケーション・ブレイクダウンはヒドくなるばかり。

Whether it is a general family or a royal family, if the parents are masked couples, the spirituality of the children would only be distorted(一般家庭だろうと、皇族の家庭だろうと、親が仮面夫婦だと、子どもたちの精神性は歪むだけ)!

To be continued...



緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Secondly, isn't it the taboo of the imperial family members to say that there is support from His Majesty the Emperor and His Majesty the Emperor(二言目には、天皇皇后陛下や上皇上皇后陛下のサポートがあることを口にするのは、皇族メンバーのタブーなのではないのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[異常な皇室テロリスト宮家である秋篠宮家でキンダーガートン・プリンセス・モンスターが何が起きていたのか?]

実は、東仙坊、興味津々な点があったので、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚報告会見を食い入るように虎視眈々。
そして、目からウロコ的にピーンと感じたことが、いくつか。
それから、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに間違いなく起きていたある重要なファクターを完全に理解した。
そのうえで、せっかくの皇族でありながらも、我々一般国民のように、自分らしくありたいとばかり生きていると、それはありうることだと痛感させられていた。
◇意思に反してかどうかは知らないが、約10年近くも皇族の一員として公務に携わりながら、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが身につけた救い難い狡猾さと傲岸不遜さ。
①コヤツは、自分を心配するあまりに非難・批判をする国民を黙らせようと、必ず頭が高いこれを見よとばかりに、「天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下も静かに見守ってくださっている」とこの国の象徴である方々が自分の結婚を認めているのだから文句を言うんじゃないと、「天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下」の印籠を振り翳すということ。
そう、平然と「天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下」を利用しているということ。
そうしていながら、「天皇皇后両陛下や上皇上皇后両陛下」への感謝の念を表わしていないということ。
さらに、一般家庭の嫁ぐ娘でさえ必ず表わす今まで育ててくれた両親への感謝の念を一切表わしていないということ。
それは、K・Kクソッタレも同じで、その手法にかなり問題があっても、母子家庭で自分を育ててくれた母親なのだから、感謝の言葉があってもよかったはず。
②「一方的な憶測が流れるたびに(?)、誤った情報がなぜか間違いのない事実であるかのように取り上げられ(?)、いわれのない物語となって広がっていくことに恐怖心を覚える(???)とともに、辛く、悲しい思いをいたしました」とどこまでも抽象的にのたまわっていたコヤツ、「私のことを思い静かに心配してくださった方々(???)や事実に基づかない情報に惑わされず(???)、私とK・Kクソッタレを変わらずに応援してくださった方々に(???)、感謝しております」と表明したのだが、どうしても訊いてみたくならないか?
一方的な憶測の部分って、何?
誤った情報が事実のように取り上げられているって、何のこと?
いわれのない物語になって広がってゆくコトに恐怖を覚えるって、そうさせる理由を提供しているのは自分たちなのでは?
仮に百歩譲って、アナタ方お2人に好意的なヒトたちがいるとして、それって一体どんなヒトたち? イヤイヤ、本当に本物の日本人?
国民の象徴である特別な立場を熟知するなら、例え自分たちを誹謗中傷するヒトですら非難する立場にないのでは?
とにかく、自分を応援してくれるヒトびとと応援してくれない人びとと国民を分断するようでは、ハナから皇族失格なのでは?
③コヤツ、「私たちは2人で新しい生活を始めることになります。これから生きていくなかで、また違ったカタチでの困難があると思います」とものたまわっている。
一般の本当の本物の日本人の国民なら、このバカップルが、正直、勝手にN.Y.でだろうと他のどこかでだろうと、好きなところに行って好き勝手に暮らしてくださいと思っているに違いない。
そして、幸せになろうと不幸になろうとどうでもいい、ただ、お願いだから、二度と皇室に関わったりしないでと思っているに違いない。
そのうえで、ヘンリー王子やメーガンのように醜悪にスキャンダルを暴いて荒稼ぎするんじゃないよと思っているに違いない。
④東仙坊、コヤツのコメントを精査して、思いっきり戦慄させられたのが、そして、キンダーガートン・プリンセス・モンスターがここまで異常になってしまったすべての原因はこのせいか!と認識させられたのが、これ。
たった約11分強の一方的な結婚発表会見で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが発した「心」という言葉が、な、な、なんと7回も使用されていたのである。
えっ、それが何だって?

When you meet a type of person you haven't seen too much, you tend to be overwhelmed by its freshness and even see what's wrong(あまりにも見たことのないタイプのヒトと出会うと、人はその新鮮さに驚愕し過ぎて悪いところさえもよく見えたりしがちになる)!

To be continued...












緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Shouldn't the royal family be cut off if a member of the royal family easily rides on the minions of a cult-smelling cult group(皇族の一員が、胡散臭いカルト教集団の手先の口車に安易に乗るようでは、その皇族一家は断絶されるべきなのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

⑨10月1日、宮内庁長官と秋篠宮家側近トップ(?)加地隆治皇嗣職大夫が、精神科医をともなって記者会見。
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、10月26日にK・Kクソッタレと入籍し、その後、記者会見に臨まれる」と発表。
「秋篠宮家の長女キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、『複雑性PTSD』との診断を受けられている。ご自身とK・Kクソッタレ、その家族に対する誹謗中傷が行われている(?)と感じられているからである。そのために、結婚発表会見で質疑応答は行えない。また、女性皇族が結婚して皇籍を離れるに際して支払われる最大1億5250万円に上る一時金について、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは以前から高額すぎるとして躊躇いを感じていらしたそうで、このため一時金についてはキンダーガートン・プリンセス・モンスターの辞退したいとのお考えを尊重し、不支給が決まりました。さらに、OPHLが、昨年の誕生日会見で『決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない』と述べられたことを踏まえ、その後も状況に大きな変化はないと判断して一般の結納に当たる納采の儀などの儀式や結婚式、披露宴は執り行わない。 これは戦後の皇室としては異例中の異例なことですが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターはご入籍後、K・Kクソッタレとともに渡米し、現地で新婚生活を始められることになります。キンダーガートン・プリンセス・モンスターのPTSDについては、秋篠宮ご夫妻が『大変心配なさっている』と見受けられました。『絶対に結婚する』というキンダーガートン・プリンセス・モンスターの強い思いを完遂させるために、他の様々な事柄をそぎ落とし、入籍実現の一点に絞って計画を進めていらしたようです」とも発表。
そして、実際、10月26日、借金など返す必要はないとK・Kクソッタレに指示していたと自ら供述なされたキンダーガートン・プリンセス・モンスター、顎でたびたびK・Kクソッタレを促し、一般男性のように自分を「愛しています」と言わせつつ、一方的な結婚報告会見。そう、帝国憲法下では現人神だった昭和天皇でさえ、戦後、『私』よりも『公』を優先し敗戦に鬱ぐ国民を励ますため全国巡礼の旅に出て国民に寄り添われた事実を顧みず、上皇陛下がプロポーズの際、上皇后陛下に『公的なことが最優先であり、私事はそれに次ぐもの』と述べられたことも無視し、天皇陛下がコロナ禍のなか今年の元日に当たって国民に向けて異例のビデオメッセージを発せられたことも気にせず、『公』よりも『私』を優先するキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、昨年11月13日に公表されたお気持ちの文章の中で、『結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択』と綴られたように、ご結婚に否定的な意見が国民のなかに根強いことなど全く考慮せず、夫に何の感謝の気持ちを言わせないまま、結婚しました宣言。
もっとも、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚宣言のお言葉から、東仙坊、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが今いかなる状況にあるかがハッキリ見えたのだが…。
現在、新型コロナウィルス感染症の影響が続き、 大変な思いをされている多くの方々に お見舞いを申し上げます。
そして、困難の中にある人を助け、私たちの生活を支えてくださっている方々に深く感謝申し上げます。
本日、皆様にお伝えしたいことがあるため、このような場を設けました。
私が皇族として過ごしてきた中で抱いてきた感謝の気持ち、私たちの結婚を心配し、応援してくださった方々への感謝、これまでの出来事の中で私たちが感じてきたことや、結婚への思いなどについてお話したいと思います。
これまでおやさしいお導きのもと、皇族としての仕事を自分なりにできる限り大切に果たそうと努めてまいりました。
この30年間、たくさんの方々に助けられ、見守られ、支えられてきました。を込めて私と一緒に仕事をしてくださった方々に、から感謝申し上げます。
訪問した先々では、たくさんの方々がやさしい言葉と笑顔で迎えてくださいました。直接お目にかかる機会のあった方も、お目にかかることのなかった方も、私に温かい気持ちを向けてくださった全ての方々に、から感謝申し上げます。
数々の出会いが私にとってどれほど大切であったか、到底言い表すことができそうにありません。これは今後も決して変わらない思いです。
私とK・Kクソッタレの結婚について、さまざまな考え方があることは承知しております。ご迷惑をおかけすることになってしまった方々には、大変申し訳なく思っております。また、私のことを思い、静かに心配してくださった方々(?)や、事実に基づかない情報に惑わされず、私のK・Kクソッタレを変わらずに応援してくださった方(?)に感謝しております
私にとってK・Kクソッタレはかけがえのない存在です。そして私たちにとって結婚は、自分たちのを大切に守りながら生きて行くために必要な選択でした。
私たちは2人で新しい生活を始めることになります。これから生きていくなかで、また違ったカタチでの困難があると思います。しかし、これまでもそうであったように、2人で力を合わせてともに歩いていきたいと思っております。これまで私たちが自分たちのに忠実に進んでこられたのは、お互いの存在と、励まし応援してくださる方々の存在があったからです(?)。いま、を守りながら生きることに困難を感じ(???)、傷ついている方がたくさんいらっしゃると思います。周囲の人の温かい助け合う支えによって、より多くの人がを大切に守りながら生きていける社会となることをから願っております。


If human rights, something that doesn't make sense, end up liking everything, isn't the world just going to be extinct(人権なる意味不明なものが、何もかもを好き勝手にすることになってしまったら、世界はすぐに自ら滅亡してゆくだけなのでは)?

To be continued...




緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Where in our country is there a person who lives for “public” more positively and consciously than “private”, who is proud of his character and morals, even if there are few imperial families(皇族が少ないからといって、品性とモラルの誇り「私」よりも積極的かつ意識的に「公」のために命を懸けてくれる人間が我が国のどこにいるのか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

⑧東仙坊、ここでなぜかにわかに興味を持った我が国の皇族について、ちょっと検証しておきたい。
まず、今回、いかなる卓越した識見をお持ちなのか全くミステリアスな6人の「有識者会議」が全員一致で提案する戦後に皇籍を離脱した旧11宮家の男系男子の皇籍復帰案を取り上げてみたい。
何でも、旧宮家の男系男子は、皇籍離脱するまでは現行憲法や皇室典範の規定により、皇位継承資格を保持していたのだとか。
では、我が国の宮家とは?
幕末近くまで、伏見有栖川閑院4宮家。
そして、皇位を継がない男子は、みんな出家。
明治維新後、彼らは次々と還俗し、新たに宮家を創設。
ただし、身分は、公家筆頭の五摂家(近衛、九条、一条、二条、鷹司)より格下。
朝香、華頂、賀陽、北白川、久邇、小松、竹田、梨本、東久邇、東伏見、伏見、山階が加わり、15宮家。
それが、明治の間に、と小松の2宮家が断絶。
大正の間に、有栖川と華頂の2宮家が断絶。
雲上人の集う皇室は、極めてクールな世界で、正妻の子も妾腹の子も一緒に育てられても、その嫁ぎ先でハッキリとした差があったとも。
また、その権力欲と名誉欲に取り憑かれた閉鎖的な空間では、ご多分に漏れず、我が日本の皇室も、世界の王室同様、その性関係はグチャグチャ、グニャグニャ、ドロドロだったとか。
とにかく、下々の平民とは、歴然と隔絶された伏魔殿であったことは確か。
そして、その歴史は、今なお残っているところもあるのでは?
実は、それで、東仙坊、時間がないなか久しぶりに夢中になって読んでいる本がある。
それは、小田部雄次「梨本宮伊都子妃の日記/皇族妃の見た明治・大正・昭和」。
それはさておき、注目は、その佐賀藩鍋島家出身の梨本宮伊都子妃が主導した愛娘の方子さまの縁談。
皇太子裕仁殿下(昭和天皇)のお后候補の1人だったのに、従妹の久邇宮良子女王に敗れ、その反動もあって、サプア併合を進めるためにサプア王朝の王世子の李垠と政略結婚させたというから、ビックリ仰天。
その結果、方子さまは、泣く泣く嫁ぐ「悲劇の女王」にされたとか。
ちなみに、それで生まれたサプア王公族も、戦後、廃止されたとも。
また、1916年、「兼々あちこち話合居たれども色々むつかしく」と言っていた梨本宮伊都子妃は、李垠との結婚について悩む愛娘に、「私たちは皇族という、陛下のいちばんお側にいる者なのです。命を懸けても、陛下をお支えする。この日本という国を守らなければいけない立場なのです」と言って説き伏せたとか。
さらに、凜とした眼をした武家の娘の梨本宮伊都子妃、妹の規子さまの山階宮家との縁談が不調になると、ヒステリーに「お相手を華族名鑑から選んでやるわ」と怒っただけでなく、李王家の妹や甥の縁談や大正天皇の節子皇后による皇太子とその弟たちの縁談にも、積極的に関わったとか。
どうだろう?
そのぐらい皇族の結婚というモノに、国民の目が向くものだったのでは?
ともあれ、政府が、宮内庁が、それぞれのバックにいるある勢力どもが、秋篠宮家と結託し、キンダーガートン・プリンセス・モンスターをいったん結婚させ、K・Kクソッタレと海外で生活させ、ほとぼりが冷めるまで待つしかない。そうでもしなければ、皇室の危機から脱出できない。
そのためにも、一切の結婚のための皇室の儀式をせず、一時金を辞退させよう。
そうして、なんとか一件落着のようにしなければ、何とか成立させたい一度結婚して皇室を離脱した皇族女子の皇族復帰、新たな宮家創設は不可能になると考えたことは間違いない。
もっとも、皇族としての品性を保持するための一時金を辞退したような皇族女子の復帰など絶対に許してはいけないのでは?
そう、我が思いやりと心配りを誇る日本国には、ヘンリー王子もメーガン妃も絶対不必要なはず。

The end of the Japanese royal family must be when the number of people like Prince Henry and Princess Megan of the British royal family increased(日本の皇室の終焉は、英国王室のヘンリー王子やメーガン妃みたいな輩どもが増えたとき)!

To be continued...








緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If you try to force a daughter who is closer to the physical group than the brain group to learn, it would make you a sensory group who couldn't grasp things deeply(どちらかというと頭脳派というよりも肉体派に近い娘を、強引に学習させようとすると、モノゴトを深く捉えられない感覚派にしてしまうもの)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

昨年10月31日、秋篠宮家で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターと妹のKKさまが共通の友人とハロウィンパーティーをオンラインで開催したとか。
KKさまは、チャイナ服。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、シスターの修道服衣装に超ミニ丈のスカート。
そして、最大のポイントが、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの腕、デコルテ、太ももなどに施された、「K・Kクソッタレ命」、「K・Kクソッタレのモノ」といった文言の無数のペイント。
それを見たOPHLが、『まさか、あのオトコにここを…』と恐る恐る問うと、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは勝ち誇ったような笑みを浮かべて、『ええ、全身が(!!!)』と意味深に返答したとか。
どうだろう?
完全に異常な家庭だと思わないか?
とりわけ、父親であるOPHLと長女のキンダーガートン・プリンセス・モンスターとの父娘関係は、異常そのものなのでは?
いくら自分が異常なほど寵愛しているからといって、子離れができない身勝手で未熟な親だからといって、一家の長である父親が、なぜそこまで娘に気を遣ったり、遠慮したりせざるをえないのか?
そして、いくら自分を溺愛する父親だからといって、やっと親離れしようとしている鈍感で未熟な娘だからといって、娘に父親に対する尊敬の念がカケラさえもないのはなぜ?
父親がよほどの弱味を娘に握られているか? 娘が父親のよほどの弱味を握っているかのどちらかなのでは?
東仙坊、それでメチャクチャ気になることが、2つ。
1つは、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが言うところの弟で未来の天皇であるH-sonさまの秘密って、一体何?
2つ目が、30最直前の娘が、あえて自分が、しかも、全身がフィアンセのクソオトコのモノと言う異常さって、一体何?
そもそも、自分が誰々のモノかのように考えること自体がナンセンスだということさえわからない頭なのでは?
では、文書発表から約3年間、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、何を考え、何をしていたのか?
あまり賢くない弁護士志望ではないK・Kクソッタレが、ナルシスト丸出しのバカな長ったっらしい文章を公開したから、状況は最悪。
2018年、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、「私はもうダメかもしれない。もうこれ以上、公務はできません」というまでに落ち込んだ状態だったとか。
2019年、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚は、半恒久的に凍結されそうな流れだったとも。
そ、そ、そんななか、大きく潮目が変わるデキゴトが起きる。
民主党のオコチャマ政権が始めた女性宮家創設に乗り気じゃなかった安倍晋三首相が、またしても辞任。
それによって、親韓派の自民党のヤカラどもが主役の座を担うようになったために、自民党と宮内庁が推進する「安定的な皇位継承策を議論する政府の有識者会議 (座長清家篤元慶応義塾長)」が、今年3月、再編復活。
そして、岸田文雄政権が発足すると、一気に加速。
それはそうである。
座長の清家篤は、OPHLが上皇陛下から引き継がれた日本学術振興会賞・日本学士院学術奨励賞・日本学術振興会育志賞などの授賞式を通じてモノが言える下働きのような存在。
他の5人だって、大橋真由美上智大学法学部教授/宮崎綠千葉商科大学教授/中江有理女優/細谷雄一慶応大学法学部教授/冨田哲郎JR東日本取締役会長というレベル。 
突然、10月26日、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが懲りずにk・kクソッタレとの結婚を表明するやいなや、11月30日、OPHLの誕生日にはなんと、第11回目の会合を開催。
そして、「秋篠宮ご夫妻の長男H-sonさままでの皇位継承はゆるがせにしてはならない」としたうえで、「皇族数の減少が喫緊の課題である」ことを改めて確認。
それから、女性皇族の婚姻後の皇族の身分保持と皇族の養子縁組を可能とすることで皇統に属する男系男子が皇族となることを可能とする皇族確保策2案を軸に意見集約。
12月6日、政府は、「現在、皇位継承資格を持つのは、OPHL/H-sonさま/上皇さまの弟の常陸宮さまの3方で戦後最少となっている。
キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚にともなう皇籍を離脱し、皇族の方々は17方に減少しているので、その2案を採用する方向だ」と発表。
清家篤座長も、「皇族数の確保策として示された2案について、実現するのはどちらかではなく、どちらもということではないかと理解している。皇族数を確保するためにはどちらも可能性としてあり、客観的にこういう選択肢があり得るということだ」と発言。
「安定的な皇位継承策を議論する政府の有識者会議」事務局も、「女性皇族が婚姻後も皇室に残る案に関し、恒久的な制度とすることが適当ではないか」などと報告。
どうだろう?
まさに、キンダーガートン・プリンセス・モンスター救済案だと言えるのでは?

The Miyake, who has a royal boy who wanna make a luxury life with blood tax for a royal girl who is trying to marry a man whose income is not stable, must soon disappear(収入の安定しないオトコと結婚しようとしている皇族女子に、なんとか血税で贅沢な暮らしができるようにしてあげたいと考えるような皇族男子がいるような宮家は、じき自然消滅するに違いない)!

To be continued...






緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Do you wanna wonder how much the whole love relationship was, while waiting for marriage for about 4 years after the announcement of the engagement offer(婚約内定発表してから約4年間も結婚を待てる恋愛関係って、一体全体、どこまで本物の恋愛だったのか?と他人事ながら疑いたくならないか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

⑦恥ずかしい品性をどこにも感じないK・K母子家の借金開き直り問題が暴露され、その結婚の日程が白紙になった後、5ヵ月も沈黙していた秋篠宮家とK・K母子家。
2018年2月、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、突然、文書を発表する。
私たちは、今まで結婚に関わる様々な行事や結婚後の生活にむけて、2人で話し合い、それぞれの親や関係する方々と相談しながら準備を進めてまいりました。しかし、その過程で、現在予定している秋の結婚までに行う諸行事や結婚後の生活について、充分な準備を行う時間的余裕がないことを認識するようになりました(?)
昨年5月、予期せぬ時期に婚約報道がなされました。このことに私たちは困惑いたしましたが、結婚の意思を固めていたことから、曖昧な状態を長引かせない方がよいとの判断をし、当初の予定を大きく前倒しして婚約が内定した旨を発表することにいたしました。婚約の内定発表に際しては、多くの方々がお祝いのお気持ちを寄せてくださったことを大変ありがたく思っております(???)。その後、昨年11月には、それ以降の諸行事の予定を立て、発表いたしました。
しかし、いろいろなことを急ぎ過ぎていた(?)のだと思います。ここで一度、この速度が自分たちに本当に合っているのかを慎重に考えるべきでしたが、婚約の内定発表に関しても、それ以降の事柄に関しても、私たちはそのまま前に進むという選択をしてまいりました(?)
今、私たちは、結婚という人生の節目をよりよいカタチで迎えたいと考えております。そして、そのために、2人で結婚についてより深く具体的に考えるとともに、結婚までの、そして結婚後の準備に充分な時間をかけて、できるところまで深めて行きたいと思っております(???)本来であれば婚約内定の発表をするまでにその次元に到達していることが望ましかったとは思いますが、それが叶わなかったのは私たちの未熟さゆえである(!!!)と反省するばかりです。
これらのことを踏まえ、それぞれの親や関係の皆様と相談を重ねた結果、この度、今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました。
一度決めた予定を大幅に変更することは、私たちの結婚に快く協力してくださっている方々に多大なご迷惑とさらなるご負担をおかけすることとなり、大変申し訳なく思っております。
私は、結婚に関わる諸行事を延期したい旨、天皇皇后両陛下にご報告申し上げました。両陛下は、私たち2人の気持ちを尊重してくださいました(??)
私たちは、この度の延期を、新たな生活を始めるための時間を作るよい機会と考え、その時間を大切に、結婚までの期間を過ごしてまいりたいと思います。

どうだろう?
普通の人間なら、自分の未熟さに本当に気づいたのなら、その結婚自体を考え直したりするものなのでは?
どうあれ、そのころのキンダーガートン・プリンセス・モンスターの心模様は、どんなものだったのか?
東仙坊、メチャクチャ気になったその真偽の裏づけは取りようがない、3つの内部リークとされるエピオード。
1つは、これ。
「キンダーガートン・プリンセス・モンスター姉妹が私室で盛大なパーティー(?)を開いていると、OPHLが、突然、現われ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに、『よくこんな状況で…』と迫ると、二女KKさまが、『これ以上お姉ちゃんを責めないで! 』と庇う。そのとき、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、『K・Kクソッタレを認めてくれないなら、弟の秘密をバラすわよ(???)』と脅す。これに狼狽したOPHL、大声でK-プリンセス・モンスターの名を呼ぶも外出中で返事ナシ。仕方なく、OPHLはその後お一人で静かに外出された」。
2つ目が、これ。
「加地隆治皇嗣職大夫も話したとおり、『近くキンダーガートン・プリンセス・モンスターから何らかの発表がある』というのは確実です。このところ、OPHL、K-プリンセス・モンスター、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは頻繁にお話し合いの機会を持たれています。キンダーガートン・プリンセス・モンスターのお心が延期以降も一切変わらず(?)、最近ではご夫妻に対し、『K・Kクソッタレが国民からバッシングをされるのを止めませんでしたね?』、『K・Kクソッタレを守ってほしかった…』と良心の呵責を煽るようなこともおっしゃるとか」
そ、そ、そして、3つ目が、これ…。

Isn't it necessary to say that a father who wanna keep his daughter on his side until the very end must be a terrible father who couldn't leave his child(最後の最後まで、娘を自分の側に置いておきたいと考える父親は、子離れのできないみっともない父親と言わざるをえないのでは)?

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

If the eldest daughter of the Akishinomiya family just didn't like the royal family's house, wouldn't she try to leave the house even if she repaid the fiance's debt(秋篠宮家の長女は、ただただ皇族の家がイヤだったのならフィアンセの借金を立て替えて払っても家を出ていこうとしたのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、意志に反そうがそぐおうが、成年皇族として「公」を担っていた皇族の一員である女性が、その結婚というモノをどこまでも「私」の1つとしてしか捉えられない未熟なままにしてしまったことに、その皇族のテイタラクを指摘せざるをえない。
ましてや、その皇族が、天皇に直結する筆頭宮家では、まさに言語道断。
それだけじゃない。
「皇族に生まれたくて生まれたワケじゃない。私だって一人の人間としてこうしたいとかああしたいと思うことがあるのよ。もうこれ以上仮面を被って窮屈に生きるのはイヤ。結婚したい人と結婚して自立したいのよ。パパ、ママ! もう、いい加減、私に構わないで自由にさせてよ」と30歳を前にして言い出すようでは、まだお尻の蒼い赤ちゃんでは?
そもそも、そこまでイヤだったら、せめて成年皇族になる前に、皇室典範第11条第2項の「親王(皇太子および皇太孫を除く)、内親王、王および女王は、前項の場合の外、やむをえない特別の事由があるときは、皇室会議の議により、皇族の身分を離れる」を御旗に掲げ、それこそ、すでにお使いのような「複雑性PTSD」というメンタル・イルで皇族としての品位を保つことができないとでも申し出ればよかったのでは?
それが、新たな宮家創設の波に乗ってラクして暮らそうといったんは考えただけで噴飯ものなのでは?
実際、あんな品性の微塵もない三流スケコマシオトコであるK・Kクソッタレと結婚したのだから、十分に品性のなさは証明できたのでは?
それにしても、自らK・Kクソッタレに母親の元婚約者の借金など返済する必要がないと命令していたとのたまえるキンダーガートン・プリンセス・モンスターの異常さは、一体何?
東仙坊、どうしてもわからないのが、傲慢なキンダーガートン・プリンセス・モンスターの性格を考えると、なぜ、自ら立て替えて素早く簡単に片づけなかったのか?ということ。
もしかして、こんなK・Kクソッタレのために自分のお金を出すなんて冗談じゃないとでも思ったの?
あるいは、家を出たいためにアナタと結婚するしかないんだけど…、もうアナタ以外に結婚相手を見つけることもできなそうになったのだから仕方なく貴方と結婚するけど…、誰がアナタの狙い通りにお金なんか出すのよ…とでも考えたのか?
あるいは、 そんな借金、時効がくれば自動的にチャラよ(2022年?)とでも考えたのか?
どちらにしても、キンダーガートン・プリンセス・モンスターがあんなK・Kクソッタレを結婚相手に選んだおかげで、秋篠宮家ご夫婦が企んだ女性宮家創設で娘たちは永遠にハッピーライフの話も一気に縮小化。
その動きは、秋篠宮家の2人の女性内親王が結婚し皇籍離脱したら、皇室典範を改正し、「女性宮家を作れるのは内親王のみ」と規定し、実際に女性宮家創設できるのは、天皇家の愛子内親王だけにする方向で決着しそうな気配。
その意味では、K・Kクソッタレは、皇室改革に大きく貢献したのかも?
また、こんな状況では恥ずかしくて日本にいられない、いっそのこと海外で好きなように生きたいとでも短絡的に考えたのだろうが、それにしても、「複雑性PTSD」というフェイントって、何?
それで、どうやってパスポートが取れたの?と思うのは、東仙坊だけではあるまい。
そこで、10月1日、その診断をしたNTT東日本関東病院元精神神経科部長秋山剛医師のコメントを真剣にチェック。
「2018年~2019年ごろにかけ、状況を変えることが困難である、という無力感を感じる状態(?)になられ、結婚後には平穏で幸福な生活を送りたいという願いが、不可能となってしまうとの恐怖を感じるようになられた(???)」
どうだろう?
これがメンタル・イルだというのなら、我が日本人、1億2千万人強全員が、メンタル・イルなのでは?
イヤイヤ、世界の70億人全員がメンタル・イル、「複雑性PTSD」なのでは?
本当にどこまで国民を愚弄するのか? 秋篠宮家、キンダーガートン・プリンセス・モンスターだと思わないか?
そして、三流政治屋レベルの宮内庁長官と皇嗣職大夫にいたっては、「中学生のころから、身近な方々やご自身に対する『誹謗中傷』と感じられる情報を日常的に目になさり、精神的な負担を感じておられた(?)」とうそぶく始末。
そう、長期にわたって、国民やマスメディアが、批判ではなく、「誹謗中傷」をしてきたと言うのである。
これって、国民と対決する「象徴的フィクションの存在」という構造だということなのでは?

A woman who gets caught in a third-class skeleton must be a lie like a third-class politician or bureaucrat(三流のスケコマシに引っかかるような女性は、三流の政治屋や官僚のようなウソをつくもの)!

To be continued...
























緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

The Akishinomiya family, a spender who couldn't be placed on the windward side of the royal family, is only struggling day and night to maintain the high status and high income of their children(皇族の風上にも置けない浪費家の秋篠宮家は、自分の子どもたちの高い身分と高い収入を保持させてあげたいと日夜奮闘しているだけ)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

自分のようにジコチュウでモノゴトを甘く捉える父親から、そして、そのメンタル的にもフィジカル的にもエコノミカル的にもベタベタ関わってくる父親からのプレスから一刻も早く逃げ出したいと考えるキンダーガートン・プリンセス・モンスター。
家を牛耳り何もかもを自分の思うようにさせようとする傍若無人な母親から、そして、人の話を絶対聞こうとせずに一人エモーショナルにエキセントリックに一方的に喚き散らす母親から離れたいと考えるキンダーガートン・プリンセス・モンスター。
そんなキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、30歳を前に、結婚の印籠をかざして、秋篠宮家から出て行こうとする気持ちは、頑なだった。
そんななか、女性天皇と女系天皇の承認は実現されない気運が高まり、変わるとすれば女性宮家創設ぐらいになってきた。
そこで、何が何でも、自分の側にキンダーガートン・プリンセス・モンスターを置いておきたいOPHL、これだ! 一石二鳥だ!とほくそ笑みながらプランしたのが、女性宮家創設が決定した後の結婚許可。
これなら、メチャクチャ甘やかして育ててしまったキンダーガートン・プリンセス・モンスターだけでなく、二女にも便利。
そうなれば、娘に年間3000万円、娘の夫に年間1500万円入るから、収入の心配は全くなくなる。
とりわけ、ほとんど収入の安定していないキンダーガートン・プリンセス・モンスターの夫は、メチャクチャ助かるはず。
どうだろう?
それが、2017年のキンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚内定発表までのプロセスだったと思うが…。
⑦OPHLが、泣く泣くキンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚を許し、宮内庁にすら本気で相談しないままに、どこか自分に似た適当なオトコと一緒に婚約内定記者会見をさせると、その本来の国民に大歓喜で迎えてもらえるはずの皇女の婚約内定発表が、国民をすっかり白けさせただけ。
その原因は、白日の下に晒された2人のK・K母子による借金踏み倒しの事実、サイコパス・シリアルキラーもどきの保険金と遺産の搾取の事実。
実は、それにブチ切れたのは、秋篠宮家ご夫婦はもちろん、K-プリンセス・モンスターのバックボーンであるKの勢力、そして、意外にも、キンダーガートン・プリンセス・モンスター自身。
そして、それに困り果てたのが、K・K母子を全面サポートしていたあるKの勢力。
その結果、そのKの勢力は、自分たちの血の本質である開き直り精神剥き出しに、REMの元婚約者にシカトで徹底抗戦を選択。
それが、秋篠宮家ご夫婦とK-プリンセス・モンスターのバックボーンであるKの勢力を怒り狂わせる。
それはそうだと思わないか?
ゴウツク皇族の秋篠宮家にとって、イヤイヤ、キンダーガートン・プリンセス・モンスター個人にとっても、約400万円強の金などはハシタ金。
それこそ、宮内庁の職員をREMの元婚約者の下に駆けつけさせ、口止め料を上乗せし、1千万円でも払って黙らせればいいだけ。
けれども、そんなハシタだからこそ、そっちでちゃんと片づけろ!と見棄てたから、ビックリ。
そんななかで、キンダーガートン・プリンセス・モンスターだけは、自分の婚約内定のタイミングでアヤをつけてきたREMの元婚約者を逆恨み。
そう、決してK・Kクソッタレの言葉を信じたワケではなく、恐れ多くも上皇陛下ご夫妻の初孫の婚約に難癖をつけた国民の一人に激高しただけ。
そして、その問題を簡単にできるくせに内々でそっと処理してくれなかった両親に、マジ切れ。
それから、イヤというほど再認識させられたのが、いろいろな意味で(???)、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを自分の手元に置いておきたいと画策していること。
それゆえ、皇室を離れたいと必死なキンダーガートン・プリンセス・モンスターにとって、K・Kクソッタレを本気で愛していようがいまいが、コヤツとの結婚を理由にして皇室を離れる以外に方法がないということも再確認させられてもいたはず。

His Imperial Highness Prince Akishinomiya sent out that he could marry his beloved daughter for the time being because the momentum for the establishment of the female palace was finally increased(秋篠宮皇嗣殿下は、ついに女性宮家創設の気運が高まったから、ひとまず寵愛する愛娘を結婚させてもいいと送り出しただけ)!

To be continued...


















緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Taking the “up to 3 years of enthusiastic love theory”, I have decided that a motherfucker who could declare “I love you” must be a lie four years after the announcement of the engagement offer without being satisfied(「熱愛期間最大3年説」を取るので、婚約内定発表から満足に会わないまま4年も経って、「愛してます」と明言できる人間はウソつきと決めつけている)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

⑥東仙坊がプロファイリングする、キンダーガートン・プリンセス・モンスターがK・Kクソッタレのプロポーズを受けてから婚約内定発表までの約4年間の秋篠宮家の真相。
最初は、K-プリンセス・モンスターが、K・Kクソッタレのバックに見え隠れるするある勢力が、自分のバックボーンである勢力と協力し合えるとの判断から、自分の両親と綿密に相談したうえで、全面賛成したはず。
それに対し、異常なほどキンダーガートン・プリンセス・モンスターを溺愛し、側に置いてきたいOPHLは、K・Kクソッタレの収入が安定していないことを盾に猛反対したはず。
けれども、不自由で面倒臭い皇室から、離れたいキンダーガートン・プリンセス・モンスター、メチャクチャOPHLに抵抗したはず。
そこで、名誉欲と自分の夢に固執するK-プリンセス・モンスターを懐柔するアイデアを出す。
それは、当時、かなり煮詰まっていた女性天皇、女系天皇容認の動き。
そこで、いろいろな意味で、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを手放したくないOPHL、一計を講じる。
万一、女性天皇か女系天皇が承認されたら、筆頭宮家の年齢的にも適齢になりそうなキンダーガートン・プリンセス・モンスターが天皇になるチャンスが生まれる。
この話は、K-プリンセス・モンスターの心の芯まで蕩かしてしまった。
OPHLとK-プリンセス・モンスターの2人だけでなく、K・Kクソッタレの母親のREMことK・Kはもちろん、両家の後ろ盾になっているある勢力までが、すっかりその気になって、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとK・Kクソッタレに結婚を少し待ちなさい!と有無を言わさず命令したはず。
そして、その一方で、その気運をせいぜい女性宮家創設の話で留め、亡くなったばかりのK-プリンセス・モンスターの父親などを使って、女性天皇や女系天皇阻止にも動く策略家。
それはそうである。
自分が、自分の愛息が次の天皇になる予定になっているのだから…。
そう、秋篠宮家にとっての本当の最優先懸案事項は、H-son親王の皇位継承だけ。
それで、蛇足ながら、優柔不断でいい加減なOPHLの「帝王教育」にも触れておきたい。
「幼稚園に行って、それから小学校、だんだん上の学校に行くワケですが、そのような中できちんとした社会生活(?)をできるようになってくれればと思います。そう、早い段階から子どもたちの社会でもまれさせることはイイコトだと思います。また、それと同時に、皇族としての自分の立場も追々自覚し、これは前に娘たちのことでお話ししたこともあったかもしれませんけれども…これも上の二人の娘と同じことになりますけれども、自分が関心のあることなどを深めていってくれればイイなと私は思っております」
それに対し、こんな話も?
「H-sonさまが学習院ではなくお茶の水女子大附属小を選ばれたのは、高校で筑波大附属校に進み東大を目指すためではないかと言われてきました。問題は、その筑波大附属校とお茶の水女子大附属校との間に『提携校進学制度』ができたことです。数名が無試験でお互いの高校へ進学できるようになりましたが、制度ができたのがH-sonさまの中学受験のタイミングと重なったため、H-sonさまのための制度ではと邪推する声が上がりました。キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚問題で秋篠宮家が逆風にさらされるなか、H-sonさまが仮にこの制度を使って高校へ進学すれば、さらに非難が集まると秋篠宮ご夫妻は気にされているのかもしれません」
「OPHLは、H-sonさまが将来、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのように『皇室を出たい』というお気持ちを抱いてしまわないか、大変心配なさっているのです」
どうだろう?
H-sonさまだけじゃなく、誰もがこんな異常な一家から逃げ出したくなるのは、当然なのでは?
そこで、東仙坊、皇族の自覚に乏しいOPHLにお尋ねしてみたいことが、1つ。
久邇宮家の男子で海軍兵学校に入学した久邇邦昭が、井上成美校長から、「皇族の将校はより重い責任がある。より一層実力がなければならぬ。上になればなるほどワガママを抑えねばならぬ。自ら苦痛を耐え忍んで下々のものに想いをいたし、下々のものが苦境に立たないようにせねばならぬ」と諭されたということを、どうお考えになるのか?ということ。
さて、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの婚約内定発表までの話に戻りたい。

I think His Imperial Highness Prince Akishino should have once entered the Naval Academy and trained his spirit by the principal, Shigeyoshi Inoue(秋篠宮皇嗣殿下は、一度海軍兵学校に入って校長の井上成美に精神を鍛錬されるべきだった)!

To be continued...






緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

What did the princess think about living when she proposed to each other immediately? At least, is it certain that it has nothing to do with the hardships that many people are experiencing(学生同士のプロポーズに即断OKをした皇女は、生活することを一体どう考えていたのか? 少なくとも、多くの国民が味わっている生活苦などとは全く無縁なことは確かでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

③ここは、ちょっとその信憑性を確認のしようがない宮内庁関係者からのリーク(?)に、素直に注目。
「交際を始めてからというもの、2人はK・Kクソッタレの自宅のある横浜方面で幾度もデートを重ねてきました。秋篠宮ご夫妻のご意向もあり、護衛は遠巻き(??)。そのおかげで、2人きりで過ごす時間もあった(?)ようです」
「すべてが新鮮で、目からウロコが落ちる思いだったでしょう。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、それまで知ることのなかった自由な世界に一度身を置いた。だからこそ、『デート報道』以降、皇族という立場の不自由さを改めて痛感し、自由への渇望を強めることになったのではないか」
2016年、週刊誌が電車内で寄り添う2人の様子を写真つきでスクープした。キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、交際相手の存在が露見したことで、それまでのように気ままにデートを楽しむことはできなくなってしまったようだ」
「自由を失ったような息苦しさを感じ(?)、どうにか現状から逃れられないかと思案したようです(?)。ときにはKKさまとも励まし合いながら、つらい時期を乗り越えたといいます。姉妹がそのように考えたのは、秋篠宮家の教育方針も影響していたように思います」
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、非常に芯の強い方です。K・Kクソッタレがどんなにマスコミに騒がれようとも、『彼は何も間違ったことはしていない(???)個人の人権が尊重される時代にあって、なぜ、ここまで寄ってたかって批判されなければならないのか(?)』と心底疑問に思われていた。ですから、思い悩まれる家族を心配しながら、それでも、結婚を諦めるという発想はキンダーガートン・プリンセス・モンスターの中になかったはずです」
④実は、OPHLは、自分の誕生日会見で、娘たちの結婚についての質問に答えている。
娘ですので、近くにいてくれたらいいとは思いますけれども…
どうだろう?
ここに、OPHLの娘たちに対するある考えが透けて見えてこないか?
東仙坊、後で詳述するつもりだが、有料の公務を優先するOPHLらしい権力主義的甘い考えがすでにあったことは間違いない。
⑤2013年、ICUの大学院進学を希望していたキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、すでに書き込んだように5ヵ月後のICU卒業を控え、ICUの交換留学制度を利用し、エディンバラ大学に留学。
学生寮での生活をエンジョイし、スーパーなどでのショッピングも謳歌し、1ヵ月ほどヨーロッパ旅行し日本に帰国。
そのときの留学体験リポートを公表している。
「自分は最初、留学するなら大学院で留学しようかと考えていました。しかし、エクスチェンジ経験者の方からお話を伺って、2011年の夏休みにアプライすることを決定しました」
「(携帯電話の手配は?)現地でプリペイドを買いました(???)
「(生活上で注意すべきことは?)歩きにくい道が多いので、ヒールは危険です」
「(寮の食事は?)まあまあ。マズいと言う人もいましたが、そこまでではありません」
「どちらかと言えば派手でお金がある新入生が多かったようで、毎晩のようにクラブに出かけて部屋や共有スペースでパーティーをしているような人が多かった。私は盛り上がって楽しむのも好きだが、基本的にゆっくりお茶を飲みながらオシャベリする方が好きだったので、そこからして合わなかった」
「他の授業の課題もあるし、ワガママなことに勉強だけやるのもイヤだった(?)ため、どうしてもその授業に割く比率が割くべき比重より低くなり、生まれて初めて単位を落とすという経験をした」
「私のポリシーは、『イイコトも悲しいコトも貴重な経験になると信じる』だった。それを実際に信じていたからこそ楽しんで留学生活ができた。ガンバり過ぎないこと、ときには失敗したっていいやと思いながら過ごすことが大切だと思う」
どうだろう?
男と言えば父親のOPHLしか知らなかった(?)キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、初めて知った他人であるオトコであるK・Kクソッタレとヨーロッパで過ごした生まれて初めてのめくるめく時間…。
しかも、オトコは、ワイフ・コンプレックスの父親に似たマザ-・コンプレックス丸出しの斜に構えたいい加減なオトコ、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが、「ストックホルム症候群(東仙坊が名づける『アウトロー憧憬症候群』)」になって、たちまち夢中になってしまったのも当たり前。
さて、そうなると、頑迷固陋でせっかちなキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、2013年12月、K・Kクソッタレのプロポーズを受け入れておきながら、婚約内定発表まで、約4年もかかったのか?

The distorted marriage of the princess must be all due to the imperial parents' attempts to put them on their side and live gracefully with the creation of a new palace(この皇女の結婚が歪んだのは、皇族の両親が新たな宮家創設で自分たちの側に置いて優雅に暮らさせようと企んだことがすべての原因)!

To be continued...












緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Don't you think the responsibility of the imperial family and the Imperial Household Agency, which made a girl born in a naive and hard-headed imperial family so blind, heavy(世間知らずの頭の固い皇室に産まれた女子を、ここまで人を見る目がない人間にしてしまった皇族の両親と宮内庁の責任は、相当重いと思わないか)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、一般家庭としても異常、皇族の家庭としてはさらに異常な秋篠宮家と糾弾している。
当然、その家族たちも、それぞれに異常。
まあ、コミュニケーション・ブレイクダウンの家庭では、そうなってしまうのは、必然。
今回のキンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚問題だって、その結婚相手が完全無欠の男でなくても、それなりの普通の男なら、我々国民をそれなりにお祝いして歓んで受け入れたすべてが丸く収まったはず。
それで、万事メデタシ、メデタシであったはず。
それなのに、なんとキンダーガートン・プリンセス・モンスターが選んだオトコは、外見も中身も、典型的な三流スケコマシ。
それも、2人ともサイコパス的遺産・保険金詐欺シリアルキラーもどきの異常な母子。
それは、2人の恥知らずな借金の多寡の問題よりもシリアスなのでは?
では、なぜキンダーガートン・プリンセス・モンスターが、そこまで唯我独尊型の意固地なジコチュウお化けになってしまったのか?
もう一度、そのそれぞれの性格を徹底検証。
「普段からの挨拶や感謝などの躾に加え、OPHLが何より大切になさったのが、お子さまたちの個性を尊重し、自主性を伸ばすという教育方針です。それがカタチになって現れたのが、大学進学。過去の皇室の慣例に従う学習院大学ではなく、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、皇族として初めてICUへと進学しました。OPHLとしても、その後の国際的な活躍もお考えになって後押しなさったのだと思います」
どうだろう?
一般家庭も同じだと思うが、個性を尊重し、自主性を伸ばすというような発想の教育は、とかく子どもをジコチュウにしがちなのでは?
仮にも皇族の一員である以上、少しでも聖なる高貴な存在である責任とプライドを持たせられるように、国民の信頼と敬愛を受けられる人格であるように、育てる責任が秋篠宮家ご夫妻にはあるのでは?
「もともとパパっ子のキンダーガートン・プリンセス・モンスターは、OPHLの教えに従い行動しながらも、同時に自由に生きたいとの思いを強くしていったのでは? 公務は真面目に、プライベートは自由にというのは、OPHL譲りの生活スタンス(???)です。ときには、より活動的な性格の妹のKKさまと、お忍びでの買い物にも出かけたとも聞いています。息苦しい皇室での暮らしから早く抜け出したい(?)、との思いを抱えていたのでしょう。そんなときK・Kクソッタレとの出会いがありました」
ここからは、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが実際に話したことだけ彼女はをベースに、その結婚までのプロセスをフォーカスしてみたい。
①キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、2017年9月の婚約内定発表の席で、「天皇陛下のお許しを頂き、婚約が内定いたしましたことを誠にうれしく思っております。婚約内定発表の具体的な時期が決まる前の突然の報道で多くの人にご迷惑をおかけし、申し訳なく思っております…出会いは大学1年のころ(2010年)。当初はすれ違うと軽くあいさつをする程度だったが、2012年交換留学生の説明会を機に親しくなり(?)、留学前に交際を始めた。お互いにおつき合いをする人は結婚を考えられる人でありたいとの気持ちがあり、当初から結婚を念頭に置いていた。2013年12月、K・Kクソッタレにプロポーズされ、私の心は決まっておりましたので、その場でお受けいたしました。実演はご遠慮申し上げるのですけれども、ファーストネームで呼び合っております」。
ついでに、K・Kクソッタレは、「夜空にキレイな月を見つけ、思わず電話した。月のように静かに見守って下さる存在で、愛情深く、確たる信念を持っているところに強く惹かれた」なんて露骨にメチャクチャ臭くのたまわっていた。
誰もがご存知のように月は死んだ地球唯一の衛星で、その輝きは太陽の光を反映しているだけ。
そう、まさに太陽の言いなりのような存在???
②2011年10月、キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、20歳の成人になったときに、「父」と「結婚」について触れている。
「かつてはよく怒る父親でございましたけれども、最近はすっかり丸くなっております。昔は全般的によく怒る、本当にもうそれしか言いようがないのですけれども、厳しいこともありました。厳しく躾てくれたこと(?)に感謝しておりますけれども、導火線が少々短いところがあったと申しますか…(!!!)」
「両親、特に父は、私の年のころには結婚を考えていたようですけれども、私はまだあまり結婚については考えたことはありません(??)」

Wouldn't you be surprised from the bottom of your heart that there is a 30-year-old Japanese woman who believes in a man who says something so white with teeth nowadays(今どきここまで歯の浮いた白々しいことを言うオトコを信じる30歳の日本女性が存在するなんて、心の底から驚かないか)?

To be continued...

緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Isn't it only a matter of time before the imperial family, who says that they are close to the people by mouth and enjoys the special treatment, would fall(口で国民に寄り添うとい言いながら、その特別待遇を満喫しているような皇族では、没落するのも時間の問題なのでは)?

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、メチャクチャたくさんあるSNSや週刊誌の情報のなかから、自分なりにどこか納得できる、そして、どこか信憑性を感じられる秋篠宮家の異常さを垣間見れるものを、必死にピックアップ。
そう、キンダーガートン・プリンセス・モンスターとOPHLが、誹謗中傷の一言で片づけようとしている限りなく真実に近いソースをキャッチアップ。
秋篠宮邸では、ご家族一人一人の好みに合わせて、料理の温度を微妙に調節するのが決まりだというから、どこが一般家庭を目指すだと思わないか?
キッチンで職員が料理を温め直していると、キンダーガートン・プリンセス・モンスターが駆け寄り、「今日の晩ごはんは、何ですか?」と尋ねる。そんな姉の陰に隠れて、後ろから控え目に覗き込む妹のKKさま。OPHLは、ソファに腰かけギターをつま弾きながら料理がテーブルに配膳されるのを待っている。ある日の夕食でのこと。K-プリンセス・モンスターが、H-sonさまが料理を食べ残しているのに気づき、『今は成長する時期なのだから、出された食事はちゃんと全部食べなきゃダメよ』と叱った。すると、H-sonさまは気が進まないようすだったが、残さず食べ切ったが、母親が席を外していなくなると、食べたものをその場で全部吐いてしまった。そばで一部始終を見ていたキンダーガートン・プリンセス・モンスターは衝撃を受け、介抱しながら、『どうしたの? 大丈夫?』と声をかける。H-sonさまは『ちょっと調子が悪いだけだよ』と答える」
どうだろう?
未来のクィーンは料理をしないばかりか、食事中に席を離れるとは?
そして、もしかして天皇になるかもしれない皇嗣殿下は、配膳されるをギーターを弾きながら待つとは?
それから、未来の天皇はムリして食事を詰め込んで吐くとは?
日常の食事風景がこんな家では、キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚が頓挫してから、その食事のときのムードが最悪になるのが当たり前。
その典型が、これ。
「キンダーガートン・プリンセス・モンスターは、『夕食時など家族で団欒をしている際に、自由に話ができないことが苦しい』とおっしゃていました。OPHLは、家長としてのお立場上、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに話しかけづらい(?)。一方、K-プリンセス・モンスターは結婚には絶対反対なので、キンダーガートン・プリンセス・モンスターのほうが会話をしたくないワケです。妹のKKさまは、お姉さまの味方なので、キンダーガートン・プリンセス・モンスターに同調して、同じく両親と話そうとはしなかったそうです。キンダーガートン・プリンセス・モンスターが一番懸念していたのは、H-sonさまへの影響でした(?)自分たちのギクシャクした関係がH-sonさまに伝わってしまう。それがまだ小学生だった弟の心に、どれほど深刻な影響を与えてしまうか、考えただけでもツラい、と。だから自分を偽って、K-プリンセス・モンスターとはまるで仲がよいかのように振舞っている(???)、そうおっしゃっていました」
どうだろう?
まさしく家庭内のコミュニケーション・ブレイクダウンなのでは?
では、この劣悪な状況を打開するには、どうしたらいいのか?
それは、一般家庭も、皇族家庭も同じだと思うが、家長であるべき父親の強力なリーダーシップ、磨き上げられた人間性、人生の長者としての確固たるフィロソフィーしかないと思うが、どうだろう?
となると、いつも優柔不断でいい加減で、それ以上に妻や子どもたちに畏敬されない日常の素行(!!!)、いわゆるディグニティやステイタスの欠如が家長である父親にあったと考えるべきなのでは?
実際、OPHLの人間としての未熟さは、皇族としての自覚のなさは、日ごろから、明白。
一度決めたことを絶対に譲らなかったり、皇族として前例破りの行動であってもあえてやってみせたりするところは、OPHLとキンダーガートン・プリンセス・モンスターは親子で瓜二つです。OPHL自身も、K-プリンセス・モンスターとの結婚を決められた際には、『昭和天皇の喪中なのに(!!)』とか、『兄の浩宮よりも先にするなんて』などと世間からのバッシングがありましたが、本人の意思は揺るがなかった。学生時代には自ら、『自然文化研究会』という新しいサークルを作って旅行に出かけたり、自分の興味がある生物学を学ぶために他大学の教授を招いて講義を聞いたり、一緒に飲み会を開いたりしていた。前例にとらわれず、自分の思うがまま、自由に振舞うことがお好きなのです。今回の一連の騒動を見ながら、そういった面がキンダーガートン・プリンセス・モンスターにもしっかり引き継がれていると思いました」
どうだろう?
この当をえた意見は、かなり言い得て妙なのでは?

Even in ordinary households, a father who loves his daughter sometimes has an illusion of that affection. Even more so, in a closed imperial family, isn't that illusion even more intense(一般の家庭でも、娘を溺愛する父親はときとしてその愛情を錯覚するもの。ましてや、閉鎖的な皇室では、なおさらその錯覚は激化するものなのでは)?

To be continued...





緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

His Imperial Highness Prince Akishinomiya had no intention of becoming an emperor, but as his wife and father-in-law told him, he tried to keep his brother from becoming the emperor, and as a result, he should become a motherfucker who sold his soul(天皇になる気など毛頭なかった秋篠宮皇嗣殿下なのに、妻や義父に言われるままに実の兄を天皇の座につかせないように策略を巡らせた結果、魂を売った人間になりさがってしまった)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、秋篠宮家の異常さ、そのOPHL、K-プリンセス・モンスター、キンダーガートン・プリンセス・モンスター、KKさま、そして、未来の天皇のH-sonさまのアブノーマルさを検証する前に、どうしても触れざるをえないイヤなエピソードがある。
それは、指摘する「ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家」の行動によって、平成天皇が譲位を決断し、令和天皇誕生に繋がったという隠された真相のことである。
そう、K-プリンセス・モンスターの母親の裏で跳梁跋扈するある勢力と結託したK-プリンセス・モンスターのおかげで教授になれたK-プリンセス・モンスターの父親の仲間である学者どもや評論家どもが展開した、皇太子ご夫妻に離婚や退位を迫る、「皇太子殿下、ご退位なさいませ」という「廃太子論」。
もしこのまま皇太子妃が宮中祭祀を受け入れられないなら、皇后としての資質に疑念があると言わざるをえないから、皇室の皇室たる所以である宮中祭祀を維持するためには、離婚もやむをえない。
しかしながら、皇室典範に明確にあるように、皇后の離婚は想定すべきものではなく、お代替わりが起こった後では離婚できなくなる。
それゆえ、皇太子妃がこのまま宮中祭祀を受け入れることができない事態が続くならば、御代替わりの前に離婚という事態も想定せざるを得ない。
けれども、「一生全力で守ります」と皇太子妃にプロポーズされた皇太子殿下が、離婚を受け入れるとは思えない。
せっかく皇太子ご夫妻よりも秋篠宮ご夫妻の方が、天皇皇后両陛下を深く理解し(?)、皇族としての強い責任感を抱き(?)、将来の天皇、皇后にふさわしい資質を持つ(?)というのにである。
そこで、皇室典範第3条にある「重大な事故」を拡大解釈し、皇位継承権第1位の座を皇太子殿下からOPHLに移すことを考慮しても問題はない。
そして、大プロパガンダをしたのが、皇太子ご夫妻は、将来の天皇皇后両陛下の地位に相応しくないのだから、皇太子一家としての地位を放棄し、秋篠宮家に皇位を委譲すべきという人間の資質無視の屁理屈。
もちろん、それらのレベルの低い術策に、聡明な平成天皇陛下と皇后陛下がお引っかかりなるワケもナシ。
自分たちが、上皇陛下と上皇后陛下におなりになって、チョン。
それでも、ただで転ばないのが、Kの血を引く、強欲剥き出しの秋篠宮一家。
皇位委譲の代わりに要求したのが、筆頭宮家として、「あの他の宮家の方々のような三下とは格が違いますから、その点ご理解お願いします」とのたまう他の宮家から区別された特別な地位の保障。
そのうえでの過去に前例のない伝統破りの全く新しい儀式「立皇嗣の礼」のコロナ禍の下での強行。
そう、OPHLが、現時点での皇位継承の最有力候補、暫定的な皇位継承の有資格者であることを大々的にお披露目するセレモニー。
それも、またまた数千万円の血税を使用して…。
その開催を強く要望したのが、K-プリンセス・モンスター。
いくら宮内庁が、「『立皇嗣の礼』の開催は、OPHLの即位を約束するものでも確定させるものでもない」と繰り返し説明したというのに、馬の耳に念仏。
それはそうである。
ある勢力の特命を受けた自分のK家両親から徹底的に叩き込まれた表面上の微笑みを浮かべ、その目的を完遂すべく、OPHLを国内外に知らしめつつ、溺愛する自分の息子(?)のH-sonさまを将来の天皇に即位させ、自分が国母になる前段階として、できたらOPHLを天皇に即位させ、H-sonさまを皇太子にしたいと夢見るK-プリンセス・モンスター。
そのK国の十八番であるプロパガンダ上手のある勢力を巧妙に活用し、マスメディアをコントロールし、天皇陛下や他の皇族方の評判を貶めようとする姑息で陰険なオンナ。
それは、二女KKさまの服装がラフだと心配した平成皇后陛下が、K-プリンセス・モンスターに、「少し控えめに…。国民の皆さんに不快な感情を与える恐れのないように」と注意されると、「もう時代が違いますから」と平成皇后陛下に即座に返したり、自分のライバルと決めつける皇太子妃が笑顔でいらっしゃるときに、K-プリンセス・モンスターは、「私はご病気ではありませんよ」と唐突に発言したことでも、証明ズミ。
どうだろう?
一般の家庭のように、ストレスフルな勤労生活を送ったことのない秋篠宮家のヒトびとが、その皇族という特殊な世界でだけ暮らしていると、いつのまにか皇室ならではの権力闘争の渦中に入り込んでしまうのは、ある意味自然かも知れないが、K-プリンセス・モンスターの場合は自分の意見だけではないから、よりその権力欲の虜になってしまっているのでは?

At any given time, the forces of a certain country that wriggles to destroy our country from within are aiming for the collapse of the imperial family(いつの時代も、我が国を内から破壊しようと蠢くある国の勢力は、皇室崩壊を狙っている)!

To be continued...









緊急プロファイリング 国体である「皇室」が「普通の家庭」になっていいのか!?

Even if an era in which individual human rights are important after giving up a hundred steps, a person who is not prepared to sacrifice it for the sake of “public” from the awareness of the imperial family should withdraw from the imperial family(百歩譲って個人の人権が大切な時代になったとしても、皇族としての自覚からそれを自ら「公」のために犠牲にする覚悟がないヒトは、自ら皇族から離脱すべき)!

■子育てに失敗し皇族としての挟持させ身につけさせられなかった「情けない皇族の超未熟な皇女」と異常な母親に育てられ身のほどを弁える勇気さえ身につけられなかった「異常な母子家庭のマザー・コンプレックス丸出しの三流スケコマシ」とが織りなす世にも異様な合体劇

●秋篠宮家が、「皇族の家庭」から、「一般の家庭」をスルーし、「異常な家庭」になってしまった理由。

◆皇族としての自負も自覚もないジコチュウ丸出しの「恋愛無知」キンダーガートン・プリンセス・モンスターの結婚の真相の裏側。

[ある胡散臭い勢力の鉄砲玉でしかない皇室テロリスト宮家である秋篠宮家の思惑]

東仙坊、いかなる理由があろうと、こともあろうに品性とモラルのある理想の家族、高貴で聖なる存在に近いことから敬愛され特別扱いされている皇族の家族が、自分たちの愛娘を、よりによってサイコパス型殺人鬼もどきのオンナ詐欺師のマザコン息子、リベンジ・ポルノ得意の卑劣な三流スケコマシオトコのK・Kクソッタレと結婚するのを許すなんて、正直、正気の沙汰とは思えないのでは?
イヤイヤ、どんな一般家庭だって、自分の息子や娘が結婚しようとする相手が、性悪なうえ信頼できないことがわかったとき、何が何でも破談にするのが、当たり前なのでは?
特に、今回のケースのように、結婚相手の母親が、高校生や大学生のころから自分のカラダを張って稼いだり、K国人の多い反社会勢力と懇意にし、大学卒業と同時に自分の親の家を買ってくれるような親が土地持ちの男性と結婚し、その夫が38歳で実に摩訶不思議な自殺をするやいなやその保険金と遺族年金を手に入れ、そして、その夫の両親を相次いで自殺に追い込み、知り合いの反社会勢力のオトコを使って遺産を手に入れ、家のローンの支払いが返済不要になり、さらに、夫の知り合いのオトコたちから再びカラダを張って金を手に入れていることがわかったら、死んでも結婚させなくするのが、一般家庭の親の責任なのでは?
ましてや、孟子が言う、「君主が仁であれば人民も仁徳を持つ人となり、君主が義であれば人民も義の徳に生きる」の見地から、その仁や義で国民から尊敬されることが存在理由である皇族には超えてはいけない一線が明確にあるのでは?
実際、母親のK・KことREMの元婚約者からの約400万円の借金だけでなく、父親を失ったK一家が気の毒と国立音楽大学附属小学校父兄や教職員からなる「友愛会」が無利子貸与型奨学金120万円だって、返済義務があるのに、「返済期限は決まっているけど、無利子だし、返さなくてもいいのよ」と貸し出し金回収については各家庭の状況に応じるという会則を逆手に取って支払わずに、メチャクチャ授業料の高い「カナディアン・インターナショナルスクール」に通学させた不届き千万の親子で、ICUからの奨学金融資制度での借り入れ約524万円だって残っているというのでは?
そ、そ、それなのに、皇室に尽くしている国民の心配や懸念を無視し、「実際に罪に問われている(?)ワケではないから」とか、「親としては娘の気持ちを尊重するべき(???)」とか、「ムリに破談させたら、娘の心に一生ものの傷がつく(?)」とか寝惚けたことをのたまい、破談にできないばかりか、キンダーガートン・プリンセス・モンスターを皇室追放さえできないテイタラクは、普通の父親としても失格なのでは?
そもそも、普通の親なら、自分の子どもが結婚して家庭を持つと言い出したときにその収入のメドがなければ結婚なんていう寝言を言わせないのでは?
しかも、OPHLは、もしかした天皇になる可能性があるだけでなく、このままでは自分の息子は未来の天皇なのでは?
ということは、自分の娘の夫は、未来の天皇の愚兄になるのでは?
その権威と責任を、一体どこまで考えていらっしゃるのか?
それに、なぜかその愛娘、学生同士だったときのK・Kクソッタレからのプロポーズに、「私の心は決まっておりましたので、プロポーズはその場でお受けしました」と平然と答えたほどの生活感の欠如した勘違いハナハダシイ甘ちゃんだったのでは?
それより何より、なぜか秋篠宮家を完全に支配するK-プリンセス・モンスターですら、さすがに「お相手の方も問題のある方だから、娘は本当にバカなところがあって、そのへんもよくわからないので。私は非常に困っていて…」と愚痴っていたというのでは?
にもかかわらず、我々の血税で贅沢三昧の暮らしをしていただいている皇族でありながら、我々と同じ、イヤイヤ、我々以下のアブノーマルな家庭では、その暮らしを辞めていただくしかないのでは?
それはそうだと思わないか?
何もかもが我々一般国民と同じなら、少なくとも、フィクションに近いウソみたいに理想の家族ではないはず。
そう、皇族としての資格など全くないはず。
東仙坊、10月26日、そのバラのブーケを手にしたおバカ長女を、33億円の建築費をかけて改築中の赤坂御用地の隣にある約10億円をかけて新築した仮住まいという「秋篠宮御仮寓所」の玄関前で、「カラダに気をつけて」と送り出す、OPHL、K-プリンセス・モンスター、二女KKさまのシーンを観させられながら、思わず、この一家は完全に壊れているな…と呟くばかり。

It must be very nonsense to compare the fate of our Japanese royal family with other royal families who continue to perish(我が日本の皇族の行く末を、滅び続ける他の王族と比較してモノを言うことは、メチャクチャナンセンス)!

To be continued...





















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード