Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-27 燃える太陽とともに生きられる限り必死に生きる日々 〈4〉

Don't you find it strange that only 1/2 billionth of the sun's energy reaches the earth, yet global warming is occurring(太陽のエネルギーが地球に地球に20億分の1しか届いていないのに、温暖化とは奇妙な気もしないか)?

■スマートな人間は、いつも最悪を考慮しているから、多種多彩なエマージェンシーやアクシデントに迅速かつ的確に対応できる!!!?

●いつも太陽の死を想い、自分の死を微塵も恐れることなく、命懸けで人のためになにか行動するように努めるのが、人間!!?

◆地球で誕生したのかどうかさえわからないこのうえなく摩訶不思議で貴重な生命を、自分の生命も人の生命も絶対ムダにしてはいけない!?

東仙坊、前回の「月の砂」での「日傘」なんて想像していて、一人シニカルになっていた。
よくよく考えたら、生まれて以来、一度も「「日傘」なるものを使用した経験がないことに気づいた。
それどころか、かなり若いころ、ワイキキの浜辺で、オールド・ビーチボーイに、「太陽の光を浴びるのは最高だ。ビタミンDがいっぱい体内で生まれるから元気になれる」と教示されてから、陽光のなかにひたすら浸る暮らしを続けている。
もちろん、日ごろ健康に細心の注意を払って生きるコトを信条にしているのに、皮膚ガンを懸念したことだけはない。
高齢になっても、シミができることさえ恐れずに、太陽サンサン、日向を選んで一生懸命太陽を浴びる日々。
そして、ときどき、それだけ輝いてもキミもやがて消えるのか…と、どこか納得。
ともあれ、地球の大気と水の大循環は、すべて太陽のおかげとか。
太陽から放出されたエネルギーで、地球に届くのはわずか20億分の1なのに、何もかもが煌めく太陽の恩恵。
それも、雲や地表面による反射などで、その30%近くは宇宙空間に放散してしまっているのにだとか。
そもそも、地球は、ほぼ球形。
赤道付近では、真上から太陽のエネルギーを受けられるが、高緯度の北極や南極地域では斜めに受け、面積に対して受け取るエネルギーが少なくなるとか。
それに、反射などがプラスされる地表面が氷雪に覆われているエリアでは、反射率が80%もあるので、太陽のエネルギーを受け取りにくい極地域は氷雪を蓄えやすく、そのために反射率もさらに上がって、寒冷化がさらに進行するとか。
つまり、赤道付近と極地域では、太陽から受け取るエネルギーの差は非常に大きいとも。
もし熱エネルギーが移動しなければ、高緯度地域と低緯度地域の気温差は100℃。
ところが、この巨大な温度差こそが、地球全体の大気を動かす原動力だというのである。
高緯度地域が冷えると、低緯度地域の熱エネルギーは、大気を通じて高緯度地域に移動。
エネルギー移動は水平方向にも起こり、地球全体の気候を調節する大気の大循環システムを構築。
大気だけではなく、水も同様に大循環。
温められた低緯度地域の海水は、高緯度地域へと流れ、海洋大循環のシステムを構築。
どうだろう?
こう見てくると、燃える太陽こそが、「地球システム」を支える強力エンジンと間違いなくいえるのでは?
ところで、太陽のことについて考えれば考えるほど、そんな太陽系の地球なる惑星で誕生した(?)、もしくは、他から偶然やってきた(?)生命のミステリーについて、東仙坊、ちょっぴり触れたくなった。
2022年4月28日、中国山東省臨沂市で、中国とUSAの古生物学者(???)が、5億400万年前の古代化石群を発見し、そこに数十種類の古代動物の化石が埋もれていて、それらを「臨沂動物群」と名づけたとか。
何でも、中国科学院南京地質古生物研究所趙方臣によると、新たに発見された「臨沂動物群」は臨沂市西郊にあり、これまでに35点以上の化石種を発見。
これらの古代生物は、5億400万年前の海底に生息していたとも。
「節足動物」の数が最も多く、巨大な1対の「鋏角」を持つ「カンブリア紀」の海の覇者「アノマロカリス」、小さいながらも非常に凶暴な「モリソニア」、全身が長いトゲでびっしり覆われた「セリオペ」などが含まれているとか。
そのほか、「海綿動物」や「蠕形動物」も、多数確認。
また、化石のほとんどの筋肉、皮膚、内臓、目などの軟体構造が見事に保存されているとか。
ちなみに、「臨沂動物群」が生息していた時期は、地球上の生命が進化の歴史で最も波乱に満ちた「カンブリア紀の生命大爆発」を経験したばかりで、わずか数百万年間に、「脊椎動物」を含むほぼ全ての現代動物の祖先が勢ぞろいし、地球上の生命はかつてないほど繁栄していたとか。
そして、「臨沂動物群」のうち多種多様な海底生物は、勢いがあった生物の写し絵で、また、生命大爆発後の生物の進化を探る重要な窓口で、「カンブリア」大爆発後に動物がどのように移動、拡散、生息してきたかという謎の答えは、「臨沂動物群」の化石に隠されている可能性が大っとか。

Isn't it certain that arthropods, sponges, and helminths existed on Earth at least 500 million years ago(少なくとも約5億年前までには、地球に「節足動物」や「海綿動物」や「蠕形動物」が、誕生していたことは確かなのでは)?

To be continued...

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-27 燃える太陽とともに生きられる限り必死に生きる日々〈3〉

Just the sudden stop of a crowded train could cause a lot of trouble, but if the Earth suddenly stopped rotating, what would happen to the Earth and the humans living on it(満員電車が急停止しただけでも前にあれだけつんのめるのに、もし地球が自転を急停止したら、地球とそこに住む人類はどうなるのか)?

■スマートな人間は、いつも最悪を考慮しているから、多種多彩なエマージェンシーやアクシデントに迅速かつ的確に対応できる!!!?

●いつも太陽の死を想い、自分の死を微塵も恐れることなく、命懸けで人のためになにか行動するように努めるのが、人間!!?

◆地球で誕生したのかどうかさえわからないこのうえなく摩訶不思議で貴重な生命を、自分の生命も人の生命も絶対ムダにしてはいけない!?

テーマパークにある回転系アトラクション「コーヒーカップ?」が大の苦手の、東仙坊、地球が、24時間で一回転の自転をしている、月はもちろん、他の惑星も、太陽も、「天の川銀河」さえも回転していると書き込みながら、どこか目の回る気分を味わっていた。
そ、そ、そうしたら、実にオモシロい話を見つけた。
「NASM(USA国立航空宇宙博物館)」名誉地質学者ジェームズ・ジンベルマンの思考実験によると、自転する地球が自転をやめて完全停止したら、地球の赤道上の人や建物などは時速1700km、また北緯60度付近の人や建物などは時速850kmで吹き飛ばされるというのである。
参考までに、新幹線の最高速度は時速320km、飛行機の速度は時速900km。
もちろん、そんなことは絶対に起きないというのだが…。
吹き飛ばされたすべてのモノは、地球の自転と同じく東の方向に時速1700kmで投げ出され、やがて地球の重力に引っ張られて落ちるとか。
そのときの落下のエネルギーは相当なもので、少なくとも海の一部は蒸発してしまうとも。
実際、地球の回転速度は、赤道でもっとも速く、緯度が高くなるにつれて遅くなるのだとか。
北緯・南緯60度の地点付近では、速度は赤道に比べて半分の時速850kmとか。
そして、北極点や南極点では、自転の速度はゼロ。
それゆえ、地球が急に止まってもすぐに吹き飛ばされることはナシとか。
緯度が低い地域の空気や水は、物凄いスピードで動いているので、極地といえどもやがて暴風や大津波が襲ってくるとか。
そう、即死は免れるかもしれないが、極地にいても助かる見込みはナシとも。
では、地上が壊滅した後は何が起きるのか?
完全に自転が止まった場合、地球のある地点に着目すると、地球が1年かけて太陽を1周する間に昼と夜が1回ずつ訪れることになるとか。
それから、昼は長い間高温にさらされ、夜は低温が続くとも。
幸運にも大気が残っていたとしても、風が昼の側から夜の側にかけて吹くようになり、海が残っていたとしても海流は大きく変わり、地上の気候は今とはまったく違うものになるとか。
けれども、もし大気や海が残っていたとしたら、そこで微生物がしぶとく生き延びている可能性はあるとか。
そう、長い時間をかけて、新しい地球の環境に適応した生物が進化してくるかも?
では、生物の進化をあるところからやり直したら、どんな世界になるのか?
猛暑日と熱帯夜が続く夏…。
それに、人類の目先のことだけを考えた産業活動で放出される温室効果ガスによって気温が上昇が加わり、日本だけでなく世界各国で気温の上昇が顕著。
アントニオ·グテーレス国連事務総長が言ったところの「地球沸騰の時代」になること間違いナシ。
そのせいか、ユタ大学教授ベンジャミン・ブロムリーが、温暖化を止めるためのあるアイデアを発表した。
何でも、宇宙空間に「日傘」を浮かべて太陽の光をちょっとだけ弱めればいいのだとか。
それも、太陽光の1~2%を隠せば十分なのだとか。
そのために、一番単純な方法は、大量の砂をバラ撒くことなのだとか。
地球から太陽の方向に150万km離れた、「第1ラグランジュ点(L1)」と呼ばれる場所は、ちょうど地球と太陽の重力がバランスよくつり合うところで、そこに砂粒を浮かべておけば、イイ感じに「日傘」として機能してくれるとか。
もっとも、太陽からはプラズマの流れである「太陽風」や強い光が放たれているので、砂粒はそれらに押されて1週間ほどで「L1」から離れてしまうとも。
それゆえ、地球から砂粒を運べたとしても、どんどん流されていくので、太陽光を遮るために必要な砂の量は1000万トン以上(東京ドーム5杯分?)をどんどん定期的に補給する必要があるとか。
ちなみに、1000万トンの砂を地球から「L1」に運ぶのに必要なエネルギーを計算すると、アポロを月に送ったサターンV型ロケット2万発分だとか。
そこで、もっと都合のいい砂粒の供給源は?と目をつけたのが、「月の砂(レゴリス)」とか。
何しろ、月は地球に比べて重力が6分の1、同じ量の砂を「L1」まで打ち上げるのなら、地球からよりも月からのほうが簡単で、必要なエネルギーも、地球から運ぶときの10分の1ですむとか。
それを電力に換算すると、数平方kmの太陽電池でOKとも。
では、この砂粒の「日傘」アイデアはどこから思いついたのか?
惑星は、生まれたばかりの恒星の周りでマイクロメートル(1mm の1000 分の1)サイズの砂粒が集合して大きくなっていくことで形成されるはず。
ということは、惑星がまさに作られているときには、恒星の周りには大量の砂粒が浮かんでいて、地球から見ると恒星の光が隠されて見える。
それが、ヒントになったというのだが…。
どうだろう?
本当に地球温暖化を防ぐには、そんな荒唐無稽なことしかないということなのでは?

Isn't it a really interesting idea to make a “parasol” out of lunar regolith that blocks a little bit of sunlight in order to prevent global warming(地球温暖化防止のために、太陽光をほんの少し遮る月のレゴリスで「日傘」を作ろうなんて、実にオモシロい発想なのでは)?

To be continued...



たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-27 燃える太陽とともに生きられる限り必死に生きる日々 〈2〉

The Earth, the Sun, and the Milky Way are all rotating, so isn't it normal to feel strangely dizzy from time to time(地球も、太陽も、天の川銀河も回転しているのだから、ときどき得体の知れないメマイを覚えるのも当たり前なのでは)?

■スマートな人間は、いつも最悪を考慮しているから、多種多彩なエマージェンシーやアクシデントに迅速かつ的確に対応できる!!!?

●いつも太陽の死を想い、自分の死を微塵も恐れることなく、命懸けで人のためになにか行動するように努めるのが、人間!!?

◆地球で誕生したのかどうかさえわからないこのうえなく摩訶不思議で貴重な生命を、自分の生命も人の生命も絶対ムダにしてはいけない!?

東仙坊、前回、人類が発見したなかで最も明るい天体クエーサー「J0529-4351」、太陽の170億倍または190億倍の質量で、周辺の物質を1日に太陽1個分ずつ取り込んで急成長している超大質量ブラックホールの周囲に直径7光年の大きさで形成されている降着円盤で、その明るさは太陽の500兆倍以上と書き込みながら、マジにその明るさを想像して目を回していた。
そして、「レッド・ツェッペリン」の「THANK YOU」を口ずさみながら、新たな書き込みをしている。
昨年4月、UKダラム大学物理学部観測的宇宙論専攻ジェームズ・ナイチンゲールが率いるチームが、NASAのハッブル宇宙望遠鏡の重力レンズ効果(遠くの天体から出た光が途中にある銀河や銀河団などの重力場によって曲げられる凸レンズ現象?)とスーパーコンピューター「DiRAC COSMA8」を使った新たな初めての手法で、想定する銀河内のブラックホールの質量を変えながら宇宙から届く光を数十万回以上シミュレーションし、「観測史上最大級の太陽の300億倍以上の超巨大質量ブラックホール」を発見。
その結果を、「Royal Astronomical Society(UK王立天文学会月報)」に掲載論文で発表したとか。
ジェームズ・ナイチンゲールは言う。
「このブラックホールは観測史上最大級で、ブラックホールの大きさの理論的上限にあることから極めて刺激的な発見」
「我々が知る最大級のブラックホールの大半はアクティブな状態で、近接する物質が吸い込まれて熱を発し、光のカタチでエネルギーを放出する。重力レンズ効果はアクティブでないブラックホールの研究を可能にする」
ともあれ、今まで知られていた最大のブラックホール「TON 618」が、質量、太陽の40億倍、100億7000万光年の距離だったというから、「天の川銀河」の中心にある超巨大ブラックホールよりも7000倍以上の大きさが、どれだけ大きいかは少しぐらい想像できるのでは?
興味深いことは、まだある。
地球が自転し、太陽の周りを公転しているように、「天の川銀河」をはじめ、「渦巻銀河」・「棒渦巻銀河」のように円盤構造を持つ銀河も、回転運動しているというから、またまたビックリ仰天。
それも、回転速度は秒速数百km、なかでも、「天の川銀河」の回転速度は、秒速約220km、重力と遠心力が釣り合うことでカタチを保持しているというけど、メチャクチャ速くないか?
東仙坊、たまに感じる正体不明のメマイはそのせいかも?と思わず苦笑。
もっとも、ビッグバンから9億年後の129億年前の銀河も回転していたというのだから、それも当然の自然現象なのかも。
2022年7月1日、早稲田大学大学院先進理工学研究科徳岡剛史を筆頭とする研究チームが、電波望遠鏡群「アルマ望遠鏡(ALMA)」を使った観測の結果、「『しし座』の方向約132.8億光年先の銀河『MACS 1149-JD1』が回転運動している兆候を捉えた」とする研究成果を、USA天文学会発行の「The Astrophysical Journal Letters」に発表。
何でも、「MACS 1149-JD1」は、観測史上最も遠くで見つかった回転円盤銀河で、直径約3000光年、「天の川銀河」の100分の3、質量は太陽10億個分。
また、「MACS 1149-JD1」は、「ジェイムズ・ウェッブ」宇宙望遠鏡による初年度観測ターゲットで、今回、アルマ望遠鏡の観測で得られた酸素イオンガス分布をもとに、「ドップラー効果」による波長のズレを測定したとか。
その回転速度は秒速約50km、「天の川銀河」など後の時代の銀河と比べてかなり遅く弱々しいために、銀河の回転運動が発達してゆく始まりを捉えたことになるとか。
過去の研究に照らし合わせると、「MACS 1149-JD1」は、ビッグバンから2.5億年後、135.5億年前に形成され、ビッグバンから5億年後の133億年前に回転する銀河円盤が形作られ始めたとか。
とにもかくにも、銀河の回転運動は、おフロの水を抜くときに、排水溝に向かう水が渦を作る様子に類似。
もし回転運動をしていれば、銀河への星の材料となるガスの流入が整然と継続的にあり、その流れの中で星が生み出されて銀河が形作られたと考えられるが、逆に、回転運動がなければ、小銀河の衝突を繰り返すような激しい環境を経て銀河が形作られたと考えられるとか。
どちらにしても、これらの発見が、宇宙の進化や銀河形成に関し、とてつもなく遠くにある銀河が、どのような姿で、どんな運動をしているのか?を洞察する重要ファクターな提供してくれることは、確かでは?

How many times larger than the mass media's favorite Tokyo Dome would a black hole be, which is more than 30 billion times the size of the sun(太陽の300億倍以上のブラックホールって、マスメディアの好きな東京ドーム何杯分になるのか)?

To be continued...


























たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-27 燃える太陽とともに生きられる限り必死に生きる日々 〈1〉

Just by imagining a rapidly growing black hole that absorbs the equivalent of one sun a day, wouldn't any stress or suffering in your life instantly disappear(1日に太陽1個分を吸収して急成長しているブラックホールのことを想像しているだけで、ちょっとした生活上のストレスも苦悩もたちどころに消えてしまうのでは)?

■スマートな人間は、いつも最悪を考慮しているから、多種多彩なエマージェンシーやアクシデントに迅速かつ的確に対応できる!!!?

●いつも太陽の死を想い、自分の死を微塵も恐れることなく、命懸けで人のためになにか行動するように努めるのが、人間!!?

◆地球で誕生したのかどうかさえわからないこのうえなく摩訶不思議で貴重な生命を、自分の生命も人の生命も絶対ムダにしてはいけない!?

東仙坊、たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-25 人生を凝視すると、太陽の死をいつも想ってしまうを書き上げても、決して虚無感や厭世観や虚無感のトリコになってブルーに毎日を過ごしているワケではない。
太陽だって、健康に過ごせば、後約50臆年ぐらいは生きるというのだから、約5万年後ぐらいには、我が日本列島も、ウソ、ウソ、ウソだらけの歴史的奴隷国家である中国の本土に接してエベレストを超える大山脈になるとわかっても、別段、動揺したり、怒り心頭になっているワケでもない。
今まで以上に、日々を必死に生きたいように生きようと覚悟しただけ。
そして、周恩来や鄧小平とは全く違う意味で、そう、堀墓鞭屍の屈辱を受けることはないとわかっているけど、大自然に、特にあの川に散骨だけはしてもらいたいだけ祈るだけ。
それにしても、「サドン・デス」、歳と無関係に、「突然死」が多いことは十分に理解しているけど、よせばイイのにクルマを運転し、他者を殺害する恥知らずの年寄同胞のなんと増えたことか。
東仙坊、虚心坦懐、明鏡止水、枯淡虚静…、そして、人を殺傷するくらいなら、クルマの運転だけは死んでもしないと決意するばかり。
さて、2月22日、「ANU(オーストラリア国立大学)」」天文学者らが「ネイチャー・アストロノミー」に発表した新しい論文によると、「太陽系から約120億光年以上離れた場所にあるクエーサー『J0529-4351』は、これまでに発見されたなかで最も明るい天体であることがわかった」とか。
何でも、このクエーサー、太陽の170億倍または190億倍の質量で、周辺の物質を1日に太陽1個分ずつ取り込んで急成長している超大質量ブラックホールを中心に据えているというのである。
ブラックホールは、一般的に、その強い重力で光をも引き寄せて逃がさないはず。
クエーサー「J0529-4351」の光源は、ブラックホールの周囲に直径7光年の大きさで形成されている降着円盤で、その明るさは太陽の500兆倍以上と想像を絶するものだとか。
実は、このクエーサーは、1980年ESO(ヨーロッパ南天天文台)の1mシュミット望遠鏡画像に出現していたのに、あまりに特異な性質のために、それが非常に遠い位置にあるクエーサーとは認識されなかったのだとか。
コンピューターによる分析では、既知のクエーサーに比べて明るすぎる天体は、比較的近い場所にある恒星と分類される可能性が高かったとか。
しかし、2023年、オーストラリア「サイディング・スプリング天文台」2.3m望遠鏡による観測で、「J0529-4351」は恒星ではなく、非常に遠い場所のクエーサーであることが特定されたとも。
ただ、これまでに発見された最も明るい天体かどうかについては、2023年発表された論文の時点でもわかっていなかったとか。
というのも、まだ、「J0529−4351」の明るさが重力レンズ効果によるものである可能性があることを排除していなかったからとか。
今回発表された論文では、「J0529−4351」を捉えた画像は、重力レンズによって生まれるヒズミなどがなく、その手前には重力レンズを構成するような質量を持つものが存在しないことが判明。
また、このクエーサーが、重力レンズもナシに、他に類を見ないほど明るく輝いている理由は、ブラックホールが周囲の恒星を捕食するペースによるものだとか。
クエーサーの光は、降着円盤からのものだが、そのなかでは、ブラックホールに捕らえられた天体などの物質を構成する粒子が互いに衝突して加熱され、強いエネルギーを放出。
そのために、より多くの物質が降着円盤に含まれ、降着円盤が巨大であるほど発する光も強くなるのだとか。
ただし、あまり物質が多すぎてもイイというワケではなく、その光の強さはブラックホールの質量や回転、取り込まれる物質の量といった要素を元に算出される「エディントン限界光度」と呼ばれる指標によるとか。
彼らは、「J0529−4351」の中にある超大質量ブラックホールが、太陽170億個分、もしくは190億個分であるとの推定値を提案。
これらの質量は、これまでに知られている超大質量ブラックホールの中で最大というワケではない。
とはいえ、「天の川銀河」の中心にあるブラックホールが太陽400万個分の質量だと考えれば、その規模の違いは明確。
それにもかかわらず、このクエーサーが他に類を見ないほどの光を発しているということは、「エディントン限界光度」をわずかに下回るために、年間370太陽質量の物質を取り込んでいることになるのだとか。
つまり、だいたい1日に太陽1個を取り込んでいるということ。
そこで、彼らは、現在、「J0529−4351」がどうやってそれほど大量の物質を降着円盤に取り込めているのかを調査中とも。
ちなみに、過去には太陽の600兆倍の明るさを持つクエーサーも発見されているが、こちらは重力レンズ効果込みの明るさであるため、実際の明るさはもっと低いとか。

Doesn't the fact that it's more than 500 trillion times brighter than the sun mean it's brighter than heaven(太陽の500兆倍以上の明るさって、もしかしたら天国?よりも明るいということなのでは)?

To be continued...

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!?〈13〉

In Japan, unlike the late former Prime Minister Shinzo Abe, as long as the prime minister is a pathetic member of the Diet who becomes a slave to the Ministry of Finance, the lives of the people of Japan would never be enriched(我が日本は、故安倍晋三元総理と違って、財務省の奴隷になってしまう情けない国会議員が首相である限り、国民生活が豊になることはない)!

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

東仙坊、我が国への一番の危惧は、いつのまにか我が国に、国民益や国益を追求する政治家が完全に消え去り、自分益しか頭にない情けなくてみっともない政治屋どもばかりになってしまったということである。
その最大の原因は、政治を志すのが、ポリシーもビジョンもストラテジーも微塵もない、それこそ、ロマンもインテリジェンスもモラルもない、ロクデモナイ不逞のヤカラどもだけ。
なぜなら、ラクして稼げるうえ功名心も満足させられるから。
それは、ごくわずか、本当にごくわずかのアスリート志向、エンターテイナー志向のヒトたちも同じ。
再三指摘してきているとおり、ニセ日本人どもが多いことは、事実。
ともあれ、ロクでもない国会議員どもの給料、いわゆる「歳費」とは、法律で決定されるところがミソ。
つまり、法律は国会で作るのだから、国会議員は、自分たちの給料を自分たちで決定しているのである。
では、その国会議員給料、歳費は、毎月130万1000円。
民間のボーナスに当たる期末手当というものも、年2回支給されるので、年収は、約2000万円。
それに、非課税の文書通信交通滞在費、毎月100万円立法事務費、毎月60万円が支給されるので、年収は、約4000万円。
さらに、3人分公設秘書雇用手当、最高で年間2500万円支給されるので、年収、6500万円。
どうだろう?
この国会議員給料では、安いのか?
ちなみに、UKの会社の調査では、国会議員給料の世界ランキングで、日本の国会議員給料は、世界第3位。
ところで、我が国の国会議員の定員は、衆参合わせて、713人。
国会議員1人の年収は、約6500万円
それゆえ、単純に年間で、約463億4500万円が、血税から国会議員給与に支出されていることなる。
日本の納税者人数は、657万人。
それで割ると、納税者1人当たり。年間約7000円・
毎月にすると、国民1人の負担は、約580円
さて、昨年10月20日、閣僚など特別職国家公務員給与を上げる法案「特別職の職員給与に関する法律」が提出され、一般職の国家公務員給与を引き上げるのに合わせ、首相や閣僚、副大臣ら特別職国家公務員給与も改定された。
各月額給与は、首相201万6000円(6000円増)、閣僚147万円(4000円増)、副大臣141万円(4000円増)、大臣政務官120万3000円(4000円増)。
月給以外に期末手当も上がり、2023年4月にさかのぼって引き上げられるとか。
一般職国家公務員給与引き上げに合わせ、会計検査院長や人事院総裁らの給与増額とともに、首相は月給と期末手当を合わせて年間46万円、閣僚年間32万円増。
2022年度までの首相給与4015万円、閣僚給与2929万円、2023年度からは4061万円、閣僚2961万円にアップするとか。
そして、何も働かず喚くだけの国会議員の期末手当も年37万4千円アップするとか。
そのせいか、立憲ナンチャラ党泉健太代表、「国民の賃上げを優先すべきときに、首相や閣僚からというのはまったく順序が逆だ。国民感覚があれば、法案は取り下げるべき性質のものだ」と小声で囁くだけ。
実は、東仙坊、今回のテーマを選んだ理由が、これ。
我が子を簡単に、しかも、残酷に殺害するニセ親どもなんと増えたこと、増えたこと。
こども家庭庁によると、昨年9月7日、2022年度全国児童相談所が子どもの虐待について受けた相談は、21万9170件過去最多、32年連続増加、前年度より5.5%1万1510件増というから、唖然呆然。
子どもの前で家族に暴力を振るうなどのいわゆる「面前DV」などによる「心理的虐待」最多で59.1%12万9484件、前年度から約4700件増、「身体的虐待」23.6%5万1679件、「ネグレクト」16.2%3万5556件、「性的虐待」1.1%2451件。
また、2021年度虐待を受けて殺された子どもは74人、前年度から3人減。
0歳26人で最多。
74人の子どものうち、50人が心中以外、「身体的虐待」42%の21人、「ネグレクト」28%14人。
そんな状況下なのに、支持率低下を何とか食止めたいメモ読み首相、「実質的な国民負担は生じない。少子化支援金10万円支給する『国民1人あたり月500円弱』の社会保険料負担増だけだ」と悪魔の財務省が考案した「ステルス増税」を狡猾に実行しようとするテイタラク。
いつも税金ではなく、「社会保険料」という名目で徴収するのは、財務省の常套手段。
実際、2月9日、2023年度は46.1%に急低下する見込みを発表していた財務省、発表した国民負担率は、2022年度実績で48.4%と過去最高を更新したのでは?
そう、財務省は、政府の経済成長予想などを機械的計算でいつも意図的に操作するだけ。
とにもかくにも、東仙坊、指摘したいのは、「国会議員給与増の国民1人の負担、約580円」を少子化支援金10万円支給する「国民1人負担、月約500円弱」で埋めようとしているのでは?ということ!!!

Rather than handing out money like hot water to other countries, wouldn't it be better to increase the annual allowances of members of the Diet even more and strictly check their spending(よその国に湯水のように金を配るより、国会議員の歳費をもっともっと増額し、きちんとその支出チェックを厳格にするようにすればイイのでは)?

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!?〈12〉

Are the people of Japan, who could swallow all things cloudy, so concerned about politicians being careless with their money that our idiot mainstream media is making such a fuss about it(清濁併せ呑める我が日本国民は、我が国のおバカメインストリームメディアどもが大騒ぎするほど、いまさらながら政治屋どもの金にだらしないところをそんなに気にしているのか)?

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

東仙坊、この国会議員に公設秘書を雇う際に義務づけられている秘書名・採用日・勤務地などを示す文書「現況届」未提出問題を、ことさら声高に追及したい理由は、明々白々。
それは、自民党に盛山正仁文部科学相ら閣僚6人を含む160人などは当たり前すぎて気にもならないが、「汚れた手で憲法を触るな」と自民党を下品に攻撃しまくる目クソ鼻クソの存在でしかない泉健太代表を含む立憲ナンチャラ党69人の小汚い国会議員ども。
それはそうだと思わないか?
この異様な政党の代表代行は、勤務実態のない公設秘書給与詐取で懲役2年・執行猶予5年の有罪判決を受けた辻元清美なのでは?
ということは、そのノウハウを党でみんなに教えたということ?
そのせいかどうかは知りようがないが、な、な、なんと泉健太の公設秘書は、3人全員が「現況届」を未提出。
そ、そ、それなのに、立憲ナンチャラ党、「制度の徹底が十分でなかった(???)。大変申しワケなく思う(?)」と陳謝して、チョン。
本当にいい加減な保育園児政党だと思わないか?
事実、自民党、立憲ナンチャラ党、日本維新の会の議員が、地方議員を公設秘書に採用、兼職させていたことが判明しているのでは?
仮に、「地方議会がなければ永田町で仕事をしていた」と弁明している公設秘書が本当に給料二重取りしていたら、合わせれば軽く年収1500万円以上になるのでは?
もしかしたら、国会議員が公設秘書の給料を渡さず自分の懐に入れているのもあるのでは?
そう、かつての(?)辻元清美のように…。
ちなみに、立憲ナンチャラ党代表のクソッタレ、2月22日、明確な公職選挙法違反の新潟6区選出梅谷守立憲ナンチャラ党衆院議員に関し、「岡田克也幹事長のほうで対応して、情報収集をして、事実確認をしているという状況です。今後さらに何か判明する事実があれば、厳正に対処しなければならないと考えています。説明責任を全部果たし終えているというふうには考えておりません。(本人に記者会見などで改めて説明させる考えは?)その可能性は十分あると考えます。(立憲ナンチャラ党は国会で自民党の『政治と金』の問題などを厳しく追及している。所属議員のこうした問題が国会での議論にどういう影響を与えると考えるか?)国会での議論に影響を与えるものにしてはいけないと思います。新潟の事案があったから国会の論戦を緩めるというものではないと思いますね(???)。(普段の厳しい追及の姿勢と矛盾する印象を受ける?)印象というのはいろいろとお持ちなのかもしれませんが、やはり本人に確認をするということが大事だし、幹事長には、それを改めて指示をしたいと思います。新しい事実が確認をされるということであれば、当然、やはり対処しなければいけないと思っていますので、『消極的に』ということであるべきではないと私も思います。(現時点で把握している範囲だと、厳正な対処が必要なほどの事案ではないという認識か?)厳正な対処は常に必要だと思いますよ。現在進行形であると考えています。(梅谷守が衆院予算委員会の委員から外れたのは、本人が責任を取ったということか?)国会対策委員会からは『相まって』というふうに聞いてます。本人からもそうだし、当然、国会対策委員会のほうとしてもそういう判断をしたというふうに聞いています。(国会の議論に影響が出ると判断したのではないか?)国会の議論に影響が出ることは、たぶんないと思います」と自分に公設秘書給料詐取もんだいがあるのにイケシャアシャア。
どうだろう?
もし、本物の日本人なら、こんな政党政権などに期待しないと思うが…。
乗せられやすいニセ日本人も、お灸をすえるのなら、自民党も立憲ナンチャラ党も、そして、他の野党も同じでは?
悪徳極まりない典型的なサンプルが、これ。
もう一度念を押しておくと、血税が給与の公設秘書は、「国会議員秘書給与法」で兼職が原則禁止、もし国会議員が兼職を認めた場合も国会に兼職届提出が基本。
日本維新の会大阪10区池下卓衆院議員が、2021年衆院選で初当選すると、大阪府高槻市議だった甲斐隆志市来隼の2人を2021年11月ごろから公設秘書公設秘書に「現況届」未提出のまま雇用。
甲斐隆志は、市議の任期終了までの約1年半兼職。
その秘書給与は、年間800万円超、市議報酬と合算し、年間約2千万円、そのうえ、現在も、公設秘書。
市来隼は、後任と交代するまでの約4ヵ月間兼職。
その秘書給与は、4ヵ月間で約100万円(??)、そして、現在は、大阪府議。
それに対し、池下卓、「2人は休日返上で秘書業をこなしてくれた(?)。兼職届を出せていなかったのは事務的ミス」と応えるだけ。
2人も、「秘書給与を事務所に入れる行為(?)はしていない」と回答しているとか。
どうだろう?
セコい錬金術を政治屋の仕事と勘違いしている国会議員ばかりなのでは、この国は?

Historically, there hasn't been a single politician in our country who is fair, impartial, has common sense, and is good with money(我が国の政治屋のなかに、公正で公平で良識がありお金にキレイなヒトなど、歴史的にも一人もいないのでは)!

To be continued...










たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!?〈11〉

If the opposition parties are thoroughly concerned with politics and money, shouldn't they also pursue the public secretary salary fraud, which is a crime committed by the ruling and opposition parties(野党が徹底して政治と金を問題視するのなら、与野党の確信犯的犯行である公設秘書給料詐欺も追及し合うべきなのでは)?

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

◇国会議員の立法に関する調査研究活動を行うため必要経費の一部(?)として支給される公費である「立法事務費」。
1953年、成立した「立法事務費交付法(国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律)」に基づいて導入。
何でも、この「政党交付金」とどこが使途が違うのかわからないミステリアスで使途を届け出る必要はない血税、国会議員本人が受け取る歳費とは異なり、国会議員に対しては支給せず、衆参両議院の各会派に対し、会派所属議員の数に応じて支給する奇妙なシステムだとか。
ただし、国会議員一人であっても、会派結成を「政治資金規正法」規定による政治団体として届け出て、議院運営委員会承認を得れば、支給されるとか。
支給日は、原則毎月1日で、議員1人当たり月額65万円、国会が開かれていない月にも支給されるとも。
ともあれ、この二重支給型マネー、議員個人ではなく、会派に交付されるため、不透明な政治資金の温床だとも。
実際、2010年、民主党の政党資金について巨額の使途不明金が問題となった際には、立法事務費が流用されていたことが発覚。
2014年、「みんなの党」と「結いの党」の分裂時に、「みんなの党」代表が「結いの党」メンバーの会派離脱を認めず、「結いの党」所属議員13人分の立法事務費が「みんなの党」へ支給。
どうだろう?
これもまた、財務省が口を開けている政治屋どもへの甘いアメの一つなのでは?
ところで、それ以上に、我が国のほとんど全部のおバカ政治屋どもが抱えている血税喰い行動がある。
それも、そのパイオニア的犯罪者国会議員である辻元清美が所属しているせいか、立憲ナンチャラ党でも、ワンサカワンサ。
それは、何か?というと、血税で給与が賄われている公設秘書。
何しろ、2000年前後、辻元清美のように国会議員が勤務実態のない公設秘書給与を詐取事件が続発。
そこで、与野党は、2004年、公設秘書制度改革で、秘書情報の透明性を高めて不正を断ち切り、国民からの信頼回復を図ろうと、「現況届」なる文書提出義務化、兼職の原則禁止を導入を国会で申し合わせ。
そう、国会議員は、公設秘書を雇う際、秘書名・採用日・勤務地などを示す文書「現況届」を、雇用主の国会議員所属会派を通じ、国会に届け出ることが義務づけられているとか。
そ、そ、それなのに、与野党間の暗黙のルールがないがしろにされ、「現況届」未提出のために、勤務実態がわからない公設秘書が、衆参両院で約2000人のうちの4人に1人、552人もいるというから、何をかいわんや。
そして、そんな実態不明の公設秘書を雇っていた国会議員数が、衆院で212人、参院で61人の計273人、全議員710人(欠員3)の約40%もいるというから、唖然。
それはそうである。
公設秘書自身はもちろん、監督責任を負う国会議員にも、その良識を尊重して(?)、例え「現況届」未提出でも一切罰則ナシ。
それでいて、給与支給の根拠として、非公開扱いの「採用届」を該当する全ての秘書分について国会に提出しているというから、確信犯の悪徳国会議員どもとニセ公設秘書ども。
実際、「現況届」未提出の該当議員は、党派別に、自民党160人/立憲ナンチャラ党69人/国民ナンチャラ党3人/日本維新の会18人/れいわ新撰組6人/共産党1人/公明党2人/教育無償化を実現する会1人/無所属13人。
そこで、「現況届」未提出の該当議員事務所にその理由を尋ねると、「失念」や「事務処理上のミス」が目立ち、国会のルールそのものを理解していなかった議員までいたとか。
そんななかで、議員の家族や身内を採用したことにしたり、選挙区内にある企業に公設秘書を派遣させたり、あらゆる兼職が原則禁止なのに国会議員の許可があれば例外的に認める秘書給与法を悪用し地方議員に兼職させたり、政策に全く関与していない政策担当秘書などもいたとか。
どうだろう?
私設秘書は、国会議員個人が給料を支払うが、政策秘書、第1秘書、第2秘書の計3人の公設秘書の給料は血税で払うのでは?
それも、年間ボーナスを含めて1000万円以上?
こんな雇用実態では、公設秘書を公表できないのも当然なのでは?

Who came up with an item like legislative expenses, and what was it for? If that's the case, what else do politicians spend money on(立法事務費なんてアイテムを、誰が何のために考えたのか? だとすると、政治家とは、他に何のお金を使うのか)?

To be continued...

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!?〈10〉

Did you know that Japan's members of the Diet receive the third highest salary in the world(我が日本の国会議員の血税によるサラリーが、世界第3位の高額であることを知ってる)?

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

この財務省が陰で仕切るデタラメ国家で、金を自分の懐に入れるために一生懸命な政治屋どもにモラルや良識や透明性を要求するなら、法治国家らしくそれぞれの法を厳格にするしかない。
そ、そ、それなのに、ついつい自民党を攻撃したいあまりに、調子づいたおバカ丸出しに政治資金収支報告書虚偽記載に触れてしまって、立憲ナンチャラ党、お得意の、イヤ、大好きなブーメランになることほぼ確実。
政治と金の問題をクリアにするには、共産党を除く全国会議員の政治資金収支報告書を厳密にチェックする必要があるのでは?
それも、脱税行為をダダ漏れさせている役立たずで時代遅れの1948年制定の「政治資金規正法」に基ずく、所管させている総務省にではなく、第三者委員会にでも?
それはそうだと思わないか?
「規制」ではなく、「規正」とあるところがミソの「政治資金規正法」。
政治団体に対して設立の届出と政治資金収支報告書提出義務を課して政治資金の流れを明らかにさせるとともに、「政治団体」および「公職の候補者」の政治活動に関する政治献金(寄付)や政治資金パーティーの制限、株式などによる投機的運用禁止など政治資金の取り扱いを直接的に規正し、違反した場合には罰則なども課すと表向き謳っているものの、実態は、あんな超低級の支出項目を許しているのでは?
どうあれ、企業・労働組合・団体などから政党・政治団体への政治献金を制限する代償として、1994年、「政党交付金」の支給を成立させた段階で、なぜ財務省が、自分の傘下の国税庁にも共同所轄させなかったのか?
ここに、このうえなくブラックな「ディープステート」気取りの財務省が、政治屋どもを自分たちの思いどおりにコントロールするメソッドが隠れているのでは?
血税を自分たちの所有物と見なしている財務省と血税をなんとかして自分の懐に入れたいとばかり政治屋どもとのコンビプレーは、まだまだある。
2022年、「国会法および国会議員の歳費、旅費および手当等に関する法律の一部を改正する法律」を成立し、支給名目を改正。
費目も、「文書通信交通滞在費」から「調査研究広報滞在費」と変更
された、国会議員が国政に関する調査研究、広報、国民との交流、滞在等の議員活動を行うために支給される手当。
最大のポイントは、報告・領収書提出義務がないこと、使途の公開義務がなく、歳費と合算して、毎月1日、自動振込されること。
そのために、個人の政治活動費に流用するケース、文通費を投資に流用するケースなどがいっぱい。
国会議員の「第二の給与」とも言われているシロモノ。
また、月末初当選議員にも月初めの辞職議員にも満額100万円支払われたり、衆議院や参議院の比例当選議員が辞職し繰り上げ当選議員が出た場合も、辞職議員・繰り上げ当選議員の両者に満額の100万円ずつ支払われたりしている矛盾したものになっているのでは?
さらに、返還義務もなく自主的に国庫返納もできる法律が存在しないために、月末の選挙での初当選議員にも満額の100万円支払われたりもしているのでは?
そもそも、経費である以上は領収証をつけて実費処理すべきで、領収書不要で100万円前払いはバカげているのでは?
どちらにしても、全議員が経費領収書を提出し議会に設置した独立委員会のチェックを受けたりするシステム、目的外支出をした場合は議会内で制裁できるシステム、目的外流用されないようにする第三者によるチェック・システムが喫緊に絶対必要なのでは?

Where does this out-of-focus idea that only wealthy people could become politicians come from if we don't give them subsidies to political parties(政党交付金を出さないと政治家にリッチな人しかなれないというピント外れの発想は、どこから出てくるのか)?

To be continued...











たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!?〈9〉

Just as politicians must be always unscrupulous with money, our idiot mainstream media must be always unfair and bigoted(どんなときでも政治屋が金に無節操なように、我が国のおバカメインストリームメディアどもは、いつも不公正で偏狭)!

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

東仙坊、凄くアイロニカル。
どこかの我が国のおバカメインストリームメディアが、何の意味もない中国の統計数字のような「廃日新聞」世論調査データを出し、立憲ナンチャラ党が政権交代を可能なほど支持率を集めているとTVで言い出したから、唖然呆然。
思わず、それなら、ここまでグジャグジャの我が日本政府、いっそのこと立憲ナンチャラ党に政権をまた担わしてもっとグジャグジャにしてしまえよ!と一言。
イヤイヤ、金への汚さなら立憲ナンチャラ党、自民党と目クソ鼻クソ。
ここは、キサマたちの念願である共産党政権にでもさせて、いっぺんに日本国を滅亡させたら、いかが?とかなりラジカル。
それにしても、立憲ナンチャラ党の下品さには、反吐が出る。
アンタも相変わらずのクソッタレじゃないか! 2022年分政治資金収支報告書に30万円分のパーティー券収入を購入した団体名と金額を不記載で訂正したばかりのくせに!!!と書き込んだばかりの、安住淳なるいけ好かない立憲ナンチャラ党国対委員長、2月20日、同党の新潟6区選出の梅谷守立憲ナンチャラ党衆院議員が、自身の選挙区内で有権者に自分の手で日本酒を配り公職選挙法に抵触する疑惑が浮上していることについて、「地元で対応している話なので国会には関係ない」とほざいているから、開いた口が塞がらないのでは?
ちなみに、この梅谷守なるスットコドッコイ、2月15日、醜悪このうえない盛山正仁文部科学相に対し、「『世界平和統一家庭連合』の関連団体『世界平和連合』が任命する『平和大使』に在任中だ。アナタの出身校である『灘高』の校是を提唱した『講道館柔道創始者・嘉納治五郎』先生に恥ずかしくないのか? 『灘高』の後輩がアナタの背中を見ている。ことごとく認めないが、断定もされない。逃げの答弁としては、さすがと申し上げるべきかもしれませんが、これを見せられる国民はどんな思いを抱かれると思いますか?政治家として潔さを示すべきだ」と執拗に要求していたオトコ。
ともあれ、このスットコドッコイ、自身の出処進退や今後説明する意向があるのか?と問われると、まるで盛山正仁文部科学相のように、「出席ないしは、参加の対価と認識していた。自分の認識不足、軽率だったなと深く反省をしております」と繰り返すばかりとか。
どうだろう?
大隈重信に恥ずかしくないのか? 潔く辞任なされば!!と言ってやりたくならないか?
それにしても、この目クソ鼻クソの政治屋どものモラルのなさ、レベルの低さには、辟易するのは、東仙坊だけではあるまい。
そして、宗主国USAの目に見えての脆弱化に、我が国の普通の国民は不安になってくるはず。
それから、「核戦争にはしたくない」とロシアを安心させたジョー・バイデン、「NATOは負担金をもっと払わなきゃ助けない」とNATO諸国を動揺させるドナルド・トランプとの認知症剥き出しのジコチュウ老人2人による金網デスマッチを観ているだけで、我が日本の普通の国民は我が国の明日が心配になってくるはず。
また、ウクライナで北製ミサイルが空けた巨大なクレーターを観て、昨年12月9日、中国人民解放軍シンクタンク軍事科学院中将が、「尖閣諸島を台湾省の一部と位置づける中国の論理に従えば、台湾侵攻と当時に尖閣奪取に出る可能性がある」と公言したことを聞いて、我が日本の普通の国民はイヤな気分にさせられているはず。
そ、そ、それなのに、何が何でも首相の座にしがみついていたいだけのメモ読み無能首相、任命責任をこれ以上取りたくないために、醜いだけの盛山正仁文部科学相を守り切る無様さ。
そ、そ、そのうえ、支持率回復のために(?)、北に膨大な金を持って駆けつけようと企んだり、ロシアがその野蛮で阿漕な侵攻を止めていないのに、錯乱したのか、「ウクライナの経済復興が世界にとって未来への投資」と謳って、158億円の無償資金協力を含む官民一体でのウクライナの復興支援???(地雷除去・がれき処理/医療、電力など人道状況の改善/農業/バイオ/デジタル/電力/交通インフラ整備/汚職対策?―の7分野)を表明。
本当にこのメモ読み無能首相では、我が日本はダメになるばかり。
そんなことをするくらいなら、秘密裏に、「FORTUNIO(フォーチュニオ)」なる日本のスタートアップ会社が生んだDDD(Drone Detective & Disabilitating System: ドローンディテクティブ&ディセイブリテイティングシステム: ドローン探知・無力化システム)は長距離にわたってドローンを受動的に無力化するドローンICDシステムを、ウクライナに渡すべきだったのでは?
何でも、この画期的な新兵器、半径MAX25km以内のドローンを検知し、ICDを有効にすると、ドローンの遠隔操作を不能にできるとか。
独自技術の小型化したシステムで、あらゆる天候下で遠距離のドローンを検知すること可能とも。
通信機器との干渉もなく、空港運営を妨げず、低コストでエリアプロテクションシステムに組み込んだり、車や船に搭載可能とか。
しかも、アクティブレーダーではなく、電波を発しないパッシブシステムを採用しているので攻撃をされず、ドローン特有の信号を検知する機能を有しておりドローン以外はレーダー検知しない確実なカウンター・ドローン・ソリューションというのでは?

As long as I live, I don't wanna have daily conversations in Chinese or Korean, and I don't wanna live under any opposition government in Japan(東仙坊、生きている限り、中国語やサプア語で日常会話をしたくないし、日本のいかなる野党政権の下でも生活したくない)!

To be continued...























たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈8〉

Did the members of the Constitutional Democratic Party finally go crazy and turn into a group of psychopaths, or were they originally a group of paranoiacs? Whatever the case, if they really think that the people are in charge of the government, then it's true. Is this a group of abnormal people(立憲ナンチャラ党の方々は、ついに発狂してサイコパス集団化したのか、それとも、もともとパラノイアどもの集団だったのか? どうあれ、もし本当に国民が政権を担うことを期待していると考えているなら、本物の異常者集団なのでは)?

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

東仙坊、あのポッポちゃんを仲間にするほど、冗談でも首相に立てる民主党の流れを汲んだお人たちだから、立憲ナンチャラ党のお里が知れているとかねてから鼻白んでいる。
もっとも、腐り切った自民党とは明らかに違い、ポッポちゃん同様、未成長の保育園児集団だから、我が国の政治の役に立つ部分など皆無。
それでいて、ジコチュウの誇大妄想狂のように、説明責任! 全てを明らかにしろ! 犯罪なんだから認めろ! などと下品かつ声高にわめくばかり。
本当に恥知らずのオタンコナスどもだらけ。
挙句の果てには、長妻昭なるイイ人ぶり専門の政調会長、「自民党『清和政策研究会』の政治資金パーティー裏金問題で『清和政策研究会』の閣僚が辞表を提出したのだから、下野して政権を禅譲(???)することを真剣に考えるべきだ」とワケのわからない虫のイイ話をし出す始末。
「時事通信」が実施した昨年12月の世論調査でだって、岸田文雄内閣支持率は前月比4.2ポイント減の17.1%というけど、立憲ナンチャラ党支持率は、たったの4.4%で、自民党よりもポイント減が激しかったのでは?
本当にどこからそんな寝言を言えるのか?と思わないか?
それで、東仙坊、そのモノの言い方に虫唾が走る安住淳なる立憲ナンチャラ党国対委員長が、昨年12月14日、「自民党派閥裏金調査チーム」を立ち上げ、「国民の怒りは頂点に達している。自民党の体質を追及すると同時に『政治とカネ』の問題をどうクリアしていくか、次の通常国会に向けてしっかり弾込めをしていきたい」と反っくり返っておっしゃられている。
け、け、けれども、このクソッタレ、昨年11月28日、自分の2022年分の政治資金収支報告書に30万円分のパーティー券収入を購入した団体名と金額を記載しなかったとして大慌てで訂正したばかりというのだから、どこまでも姑息で小汚いご仁。
どうだろう?
それで、自民党を攻撃するだけ、人間としては最低で、万死に値するのでは?
どちらにしても、立憲ナンチャラ党の正体は、一事が万事そんな感じで、ただのセコい脱税党であることに、間違いナシ。
ともあれ、明確な額の違いで自分たちの不正に関しては目を瞑ってもらえるとでも錯覚したのか、幼稚なおバカ立憲ナンチャラ党、政党が「政策活動費」などとして国会議員に支出し、その使途を報告する必要がない税金にまで触れ始めて、ますます話はオオゴト。
それはそうである。
それは、自民党国会議員だけでなく、他の政党の国会議員にとっても、稀少で貴重な米櫃。
総務省が、昨年11月24日、公表した2022年の各政党の「政策活動費」報告書によると、2022年1年間の総額は、約16億4000万円。
そして、党から所属国会議員に渡された金額は、自民党14億1630万円立憲民主党1億円、国民民主党6800万円、社民党(「組織活動費」として)700万円
また、日本維新の会は、政党支部から5057万円支出。
さらに、公明党、共産党、れいわ新選組、政治家女子48党、参政党には、該当する支出ナシ。
ちなみに、「政治資金規正法」では、国会議員が代表を務める資金管理団体については、1件1万円超の支出を収支報告書に記載義務、その他の後援団体に関しては、1件5万円以上の支出のみを記載義務。
一目で歴然なように、圧倒的に多いのが、自民党。
2016年~2021年、160回にわけて、二階俊博元自民党幹事長は、計約47億7千万円を受領。
2021年、幹事長在任35日間で、甘利明前自民党幹事長は、3億8000万円を受領。
の茂木敏充自民党幹事長は、すでに党から24回にわけて、計9億7150万円を受領。
なかには、1日で計1億7850万円を受領したときもあるとか。
これらに対し、自民党幹事長室、「党に代わって党勢拡大や政策立案、調査研究を行うために、党役職者の職責に応じて支出している」と文書回答しているとか。
ところで、自民党国会議員のなかでもっとも高収入だというこのお方、「マッキンゼー・アンド・カンパニー」を経ているとは思えないほどイージーな錬金術を採用。
このお方、自分の政治団体「茂木敏充後援会総連合会」、自分の資金管理団体「茂木敏充政策研究会」を準備。
そして、どちらの団体も、所在地や連絡先も同じなだけでなく、会計責任者まで同じ。
実際、2016~2019年分の収入は、計1億3120万円で、「茂木敏光政策研究会」からの寄付(?)が99.9%。
そして、支出は、「茂木敏充後援会総連合会」からだけで97%、計1億2000万円。
つまり、記載義務が厳格な資金管理団体「茂木敏充政策研究会」から、記載義務が甘い「茂木敏充後援会総連合会」に金を移し、支出を意図的に不明瞭にしているというのである。
それなのに、それを問題視されても、このお方、その後もスマートと勝手に思い込んでいるやり方を継続。
2020~2022年の収支報告書でも、「茂木敏光政策研究会」が「茂木敏充後援会総連合会」に計9650万円を寄付。
「茂木敏充後援会総連合会」は、大半の支出を不記載。
どうだろう?
いくら単なる政治屋でも、一応脱税型支出隠しの蓄財をするのだから、もう少し頭を使ってくれよと言いたくならないか?

Why don't our country's idiot mainstream media, who only act as if they are pursuing fairness, make a big deal about the non-recording of the income of Constitutional Democratic Party members in their political fund balance reports(公正さを追及するかのように振る舞っているだけの我が国のおバカメインストリームメディアどもは、なぜ立憲民主党の国会議員の政治資金収支報告書への収入不記載は大きく取り上げないのか)?

To be continued...




















たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈7〉

The rotten Liberal Democratic Party must be pathetic and shameful, but isn't the Constitutional Democratic Party of Japan, which must be relentlessly attacking it, just as horrible and a piece of shit(腐り切った自民党も情けなくてみっともないが、それをひたすら攻撃する立憲民主党も同じくらいヒドくて、目クソ鼻クソの類いなのでは)?

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

今さら、腐り切った自民党の無能メモ読み首相の支持率が下がって、不支持率が上がっても、それに替われる政党もナシ。
それどころか、下品で口汚い幼稚園児政党立憲ナンチャラ党など、その自民党よりも不支持率が上がっているところが、重要なポイント。
それで、明確なことが、1つ。
いくら我が国のお人好しの普通国民でも、自民党がメチャクチャだとわかっても、二言目には国民が、国民が…と口に出す詐欺師丸出しのそれ以外の政治屋どもは、もっとメチャクチャだとイヤというほどわかっているのでは?
そ、そ、それなのに、本当のビジョンもポリシーも、もちろん、インテリジェンスもストラテジーも、人間としての勇気さえないメモ読み無能首相、性急で曖昧で中途半端なコトばかり勝手に口走るから、ますます図に乗った保育園児政党、よせばいいのに「政党交付金」にまで触れ始めて、すぐにヤブヘビ(?)。
それはそうである。
共産党以外の政治屋どもにとって、自分を潤す「命の水」、イヤイヤ、自分を肥やす「命の米」、イヤイヤ、「巧妙に脱税して懐を温める唯一のマネー」。
東仙坊、すでに書き込んだように、我々の血税を総額315億3600万円も手にできる政治屋にとっての「裏キン」用ビッグ米櫃。
政党別で、な、な、なんと、自民党160億5300万円/立憲民主党68億3500万円/日本維新の会33億9400万円/公明党29億800万円/国民民主党11億1900万円/れいわ新選組6億2900万円/社民党2億8800万円/参政党1億8900万円/教育無償化を実現する会1億1800万円。
ところで、何で「裏金(ウラガネ)」を「裏キン」と書くのか?って?
それは、テレビカメラの前で、立憲ナンチャラ党代表の勘違いハナハダシイ機転も融通も効かないボクネンジン、マジな顔で、自民党の派閥パーティー資金裏金化を責めるのに、「裏キン」と言い放ったから、正直、東仙坊、唖然呆然。
それ以来、これが立憲ナンチャラ党の正体とバカにしきって「裏キン」と使っているだけ。
どちらにしても、与党を執拗に口汚く罵ることが、政治屋の仕事と捉えている立憲ナンチャラ党のどこに我々が金に汚い自民党の代わりをできるスキルがあるのか?
東仙坊、ずっと感じているが、自民党と違って額が小さいだけで、やっていることはほとんど野党も同じなのでは?
逆に、ありとあらゆるところからセコく掻き集めている状態で、より恥ずかしいのでは?
実際、その立憲ナンチャラ党代表の人間的魅力ゼロオトコにも、いろいろヤバい話があるのだが、それは後回し。
まずは、たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-21 オドロオドロしい「噴火」よりもやるかたない「憤懣化」! 〈4〉で、すでに詳細に触れた「世紀の恥知らずクソオンナ国会議員」の辻元清美。
そして、なぜか、このクソオンナ、立憲ナンチャラ党代表代行。
そのせいなのか、自分の詐欺行為のことを棚の奥深くに押し込んで、急にイケシャアシャアとテレビ出演が増えてきて不愉快千万。
2月1日、「今日届いた参議院憲法審査会のメンバー表で驚いた。自民党21名中『清和政策研究会』13名、報道によればうち11名が『裏金議員』。しかも、差し替えた幹事が2人とも該当とは!! 2403万円の山谷えり子議員、700万円の丸川珠代議員ら11名で計5000万以上。裏金を作った議員に憲法審査会の資格ナシ。変えない限り議論はできない」とXでうそぶいただけでなく、2月10日、「絶望しないでよ、政治に。国民の手でしか変えられない」とテレビでのたまうフテブテしさ。
まだある。
自分を女性のなかのどの位置に置いているのかよくわからないが、上から目線で、1月31日、年上の上川陽子外務大臣に対し、「踏ん張っている女性たちのためにも、言うべきことは言う姿勢を 男社会で褒められる『わきまえる女』では『次の総理』になんてなれっこない」とXで皮肉っているのである。
ともあれ、このクソオンナ、2002年、「名義貸し」の手法で公設秘書給与1870万円を国から騙し取ったとして逮捕され、口裏合わせをし「勤務実態はあった」と名義借りを全面否定しておきながら、ついには口裏合わせをして証拠隠滅を図った事実を認め、2004年、懲役2年執行猶予5年の実刑判決を受けている不届き者でしかないはず。
そ、そ、それなのに、正真正銘の下劣極まりない悪徳政治屋、立憲民主党参院議員辻元清美が、代表を務める政治団体「市民と平和プロジェクト」が受けた寄付金について記載した2022年政治資金収支報告書と、寄付を出した側の政治団体側の報告書の額に「10万円」の食い違いがあったというのでは?
「市民と平和プロジェクト」の2022年収支報告書では、政治団体「私鉄関東交通政策研究会」から2022年12月27日25万円の寄付金が収入として記載。
「私鉄関東交通政策研究会」収支報告書では、2022年12月27日、「市民と平和プロジェクト」への「25万円の寄付金」の記載のほか、10月6日にも「市民と平和プロジェクト」に「10万円の寄付金」について記載。
つまり、「市民と平和プロジェクト」ト側には、「10万円の寄付金」の記載がないというのでは?
ということは、年間5万円を超える寄付については、寄付者の氏名や住所、金額などを収支報告書に記載し、開示しなければならないという「政治資金規正法」違反。
それに対し、「私鉄関東交通政策研究会」側は、「細かい支出になると、確認しなければならず、すぐに回答できない。収支報告書について、こちらは適正に処理させていただいていると判断している」と強弁していたのに、「ご指摘を受け、確認させていただいた結果、収支報告書寄付金として処理していたことがわかったので、本日、すみやかに修正を行った。我々の方に誤りがあった。10月6日の10万円はパーティー券代として振り込んだもので項目の振り分け間違い(???)」と苦しい言い訳。
すると、クソオンナ側は、文書で、「10月6日の10万円について政治資金パーティーの対価に係る収入(20万円を超えないもの)として適切に処理をしています。『私鉄関東交通政策研究会』側で収支報告書に誤記載があったことから、速やかに修正を行ったという連絡を受けています」と回答。
どうだろう?
今回の自民党の情けなくてみっともないヤツらと何がどう違うのか?と思わないか?
相変わらず額はセコいけど…。

Isn't it absolutely impossible to normalize our politicians if we allow shitty women like Kiyomi Tsujimoto to become members of the Diet(我が国の政治家の正常化など、辻元清美のようなクソオンナを国会議員になれるようでは、絶対に不可能なのでは)?

To be continued...


















たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈6〉

If you're a typical politician, don't you think that you should at least have the imagination to imagine that other politicians would think of the same stupid things as you(典型的な政治屋なら、まず他の政治屋も自分と同じように阿漕なコトを考えるに違いないという想像力ぐらいは持つべきなのでは)?

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

遮眼帯をつけてしまった認知症の意固地老人2人の大統領選なんて、USA人も本当にお気の毒…。
なんて、ノホホンと同情している場合ではない、老害頻発の我が日本の状況。
実際、1月28日、黒サングラスの自民組組長も、「今、女性というものであれば、今の外務大臣はカミムラ(カミカワ!!!) ヨウコ。女性ですよ。女性が日本の外務大臣になった例は過去にないと思います(実際は3人目!)」、「オレたちから見ていても、ほぉ~このおばさんやるねと思いながら」、「この間、ニューヨークで会ったけれども、少なくともそんなに美しい方とは言わんけれども」とまるでUSAのお2人のごとし。
きっと「ディープステート」のヤツらも、もう、こいつはダメだな。「使いっぱ」にもならないなと呆れているに違いない。
そのテイタラクは、「政治刷新本部」役員、茂木敏充自民党幹事長も大差ナシ。
何しろ、2021年の衆院選で1枚の領収書を使い回して、経費を二重計上」していたというのだから、「マッキンゼー・アンド・カンパニー」でもう少しマシなゴマカシ方を学べなかったのか?
栃木県選挙管理委員会に提出した「選挙運動費用収支報告書」に、「令和3年11月12日 47592円 電気代 A社」と栃木市内の製造業「A社」に対する支出記載。
何でも、選挙期間中、A社から事務所を借り、そこにかかった電気代を支払ったのだとか。
それなのに、コヤツが代表を務める政治団体「自由民主党栃木県第五選挙区支部」の政治資金収支報告書にも、「令和3年11月12日 47592円 備品 A社」とA社に対する支出を記載。
そこで、それぞれの領収書を比較すると、支出目的だけ違って、日付や宛名、1円単位まで同じ金額のうえ、すべての筆跡が、完全に一致しているというのだから、三流脱税犯。
どうだろう?
候補者になる個人が選挙のために使う「選挙運動費用」は、自分の懐から払うべきモノ。
政治団体が日常的な政治活動のために使う「政治資金」は、政治団体である「自民党栃木県第五支部」が支払うべきモノ。
つまり、2つは、法的に全く異なるモノで、それを一緒にすることは、違法。
これに対し、茂木敏充事務所、「選挙区支部の政党活動にかかる支出として選挙区支部の収支報告書に計上すべきところ、事務的ミスで選挙運動費用収支報告書に計上されていることが判明しましたので、速やかに訂正します」と恥じることなく平然。
まだある。
その選挙の際に、コヤツ、栃木県選挙管理委員会に届けず公職選挙法違反になるヤミ選挙事務所を持っていたコトもバレているのでは?
また、2016年、なぜか1億5655万円も集めて、秘書をパワハラ的に扱いながら、秘書とともに自分の選挙区である栃木5区の葬儀屋から自分の事務所名で購入した線香での新盆配布を実行しているのでは?
それに対し、「秘書も生前の故人とのつき合いがあり、故人と秘書との人間関係に基づき、行っているものと承知しております」と答弁しているが、自分で配布しようと、秘書が配布しようと公職選挙法違反なコトは間違いないのでは?
では、無能なメモ読み首相は、何を考えているのか?
コヤツの頭にあるのは、国民のことはもちろん、国のことなのではなく、自分の保身のことだけ。
そもそも、父親の代から、「世界平和統一家庭連合」の世話になりっぱなしなのだから、イヤでもおもねるしかないはず。
その意味で、コヤツが、笑顔で「ILC(国際指導者会議)2016」のブックレットを掲げ写真を撮られることなど、朝飯前。
それゆえ、「世界平和統一家庭連合」とベタベタな盛山正仁を文部科学相にして、なんとかお茶を濁そうとするも失敗。
2月16日、「(昨年10月に教団の解散命令を請求したことに対する反発ではないか?)意趣返しのように『世界平和統一家庭連合』側が揺さぶりをかけてきているということは十分考えられるのではないか。ボロボロといろいろな情報が、予算委員会のテレビ入りで行うタイミングで出てきている。林芳正官房長官が『「世界平和統一家庭連合」』関係者と面会したこと、首相が『世界平和統一家庭連合』友好団体の幹部と会ったことも報じられている。弄ばれている。そんなふうに感じている。2021年衆院選の公示直前にあった『世界平和統一家庭連合』友好団体の集会に出席したことは、先方からすると、これだけ応援したのにケシカランという気持ちになるかもしれませんが、誠に失礼といえば失礼だが、失念していた(?)と言わざるをえない。『世界平和統一家庭連合』側へ選挙支援を求めたことはない。世間の皆様に対しては、私の行動を見て、ご判断いただくしかない」なんて答弁なさるお方を頼るようでは、ハナから最悪なのでは?

Are there any naive people in our country today who demand honesty, fairness, and decency from politicians(政治屋に正直さや公正さや良識を要求するウブな人間が、今日日、我が国にいるのか)?

To be continued...








 













たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈6〉

Isn't it a perfect saying in Japan that even death doesn't cure stupidity(バカは死んでも直らないというのは、我が日本においては間違いなく完璧な至言なのでは)?

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

安倍晋三元総理暗殺まで決行できてしまうほど傍若無人化した、我が国の「大宏池会」構築を目論む財務省官僚や元官僚どもの「ディープステート」もどきは、恐れるものは何もナシ。
その点から言えば、自民党を含め、我が国の政治屋ども全員が、子分のようなモノ。
それだけじゃない。
金のために魂を売った我が国のおバカメインストリームメディアどもも、目先の利益至上主義の我が国の民間会社どもも、結局、子分のようなモノ。
そんなヤツらが、図に乗った「清和政策研究会」の面々を「ジャマ者は消せ!」的に片づけようとする綿密な計画を立てるのは、ある意味、必然。
そ、そ、それなのに、ストラテジーのない無能メモ読み首相とそれをパーフェクトに操っているつもりの財務省の「使いっぱ」ボケ自民組組長気取り副総裁は、首相並みに人望がない「平成研究会」領袖の幹事長から、「清和政策研究会」の弱点を聞くと、これだ!とばかりにボスどもに相談せず、対した絵を描かないまま、「清和政策研究会」メンバー追放大作戦を開始。
それも、幹事長の間者を通じ、我が国のおバカメインストリームメディアどもを総動員させての安倍晋三元総理の名誉失墜との一石二鳥の「清和政策研究会」メンバー撲滅大キャンペーン。
そう、それこそが、派閥政治資金パーティー券収入還流分の政治資金収支報告書不記載による裏キン問題。
そして、思惑どおりに「清和政策研究会」をボロボロにさせることに成功したうえ、同じくジャマだった「志帥会」まで片づけられそうになってほくそ笑むばかり。
それはそうである。
自分と副総裁との「大宏池会」構想、すなわち、「宏池会」と「志公会」合体が現実化を帯びてきたのだから、懸案の財政再建という政策実現のための政策集団誕生も目前。
そうなれば、もともと人望のない幹事長の「平成研究会」から、引っこ抜けばイイだけ。
実際、自分の撒いた種が自分の派閥「宏池会」にまで及んでくると、ビビり屋無能メモ読み首相、派閥解体を指示。
すると、解体しない「平成研究会」から、小渕優子、古川禎久、青木一彦、関口昌一、船田元、西銘恒三郎など脱会者が続出。
「飼い犬」の総理から咬まれたことになった自民組組長の「志公会」からも、岩屋毅が脱会。
それで、実に笑える話が、これ。
メモ読み無能首相直轄という自民党財政健全化推進本部の新布陣。
最高顧問麻生太郎、本部長古川禎久、本部長代行小渕優子、幹事長青木一彦。
どうだろう?
「大宏池会」構想こそが、コヤツらの本当の狙いなのでは?
では、なぜそれに執着するのか?
もともと、「宏池会」は、創始者の池田勇人をはじめ、大平正芳、(鈴木善幸)、宮沢喜一、(岸田文雄)と旧大蔵省出身首相の多い、極めて財務省色の強い派閥で、財務省と連んで、財政再生を旗印にする派閥だったからである。
どうあれ、そんなことからも、数少ない残された自民党派閥「志公会」の新領袖に、父親が鈴木善幸、義兄が麻生太郎の鈴木俊一財務大臣にしているとか。
とにもかくにも、今や、我が国で財務省に楯突くのは、命懸けを意味するのでは?
ちなみに、腐り切った自民党が、報告した2020~2022年分の不記載があった議員は、「清和政策研究会」91人、「志帥会」7人。
最終的に、議員284人(+元議員10人)、不記載議員82人(+元議員3人)とか。
そして、2月15日、自民党独自(?)の元「清和政策研究会」と元「志帥会」の議員91人に実施した(?)最終ヒアリング調査の結果を発表。
裏キン総額は、2022年までの5年間で、5億7949万円。
キックバックがあったとされたのが、85人。
そのうち、キックバックを認識していたのが、32人、認識していなかったが、53人。
そして、そのキックバック金未使用(?)、31人。
使ってしまった議員の使用目的は、介護費、車両購入費、書籍代、手土産代など15アイテムがあったとか。
どうだろう?
バカバカしすぎると思わないか?
なぜ自民党議員全員の、イヤイヤ、国会議員全員の調査をしないのか?
実際は、ほとんどの議員が、「「清和政策研究会」メンバーと五十歩百歩なのでは?

At the very least, I can't help but think that former Prime Minister Shinzo Abe would respond to the vulgar and foul-mouthed members of the Constitutional Democratic Party by saying, “By the way, your party doesn't make any omissions to make slush funds? Is that okay?” , I'm not the only one(せめて安倍晋三元総理なら、下品で口汚い立憲民主党の方々に、「ところで、おたくの党は、裏金作りのための不記載はしていないの? 大丈夫?」と言い返していると思ってしまうのは、東仙坊だけではあるまい)!

To be continued...











たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈5〉

Politicians who just wanna be an incompetent and inferior prime minister are indecisive and aim for popularity without hesitation, which would only lead to further decline(無能で低劣な首相になりたいだけ症候群の政治屋に限って、優柔不断に深慮遠謀もなく人気取りに走るから、ますます落ち目になるだけ)!

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

自分にとっての裏切り者である安倍晋三元総理を抹殺できて、「世界平和統一家庭連合」楕円老婆、どこか安心していたに違いない。
すでにかなりの金と労力を使って、金と選挙に弱い日本の政治屋どものほとんどをシンパにしていたつもりだったから、なおさら余裕だったはず。
「安倍晋三元総理以外、大した影響力を持った政治屋などいない。しかも、大派閥の『清和政策研究会』のヤツらを中心に、弱味を握って思いどおりにさせるようにできているのだから、もう心配ない」とさえ思い込んでいたに違いない。
と、と、ところが、「派閥政治資金パーティー券収入還流分の政治資金収支報告書に不記載はダメ」と口うるさかった安倍晋三元総理がいなくなって、重石の取れた「清和政策研究会」のヤツらは徒党を組んだうえ金と地位をほぼ独占したことでかえって増長しきって、いくら脅かしても、圧力をかけても、「それがどうした」と開き直るばかり。
そんななかで、ポチになるのは、総理になりたいだけ症候群のメモ読み無能首相だけ。
それはそうである。
総理公邸に家族や親戚を集めて記念写真を撮ったり、慶応大学卒業・「三井物産」勤務・地元事務所公設秘書経験のトウシロウ31歳長男翔太郎を、政務担当秘書官に起用してしまうほどのオトコ。
しかも、8人いる総理大臣秘書官のなかで、長年、政策秘書をさせていた山本高義を交代させてまで起用する親バカぶり。
まだある。
総理大臣在任中は派閥を離れることが慣例だったのに総理就任後も「宏池会」会長に居座り、派閥政治資金パーティー収入「裏キン」化疑惑が生じると、そそくさと「宏池会」を離脱した姑息で狡猾なヤツ。
そんなヤツがゆえに、「世界平和統一家庭連合」楕円老婆が、いくら怒鳴りつけても、梨のつぶて、暖簾に腕押しで、イライラが増すばかり。
さすがに、ビジョンもポリシーもパワーもないどうしようもない総理と、楕円老婆さえ、怒ることさえバカバカしいと思い始めていた。
それは、安倍晋三元総理暗殺に大なり小なり加担した財務省官僚や元官僚どもを中心に構築した我が国の「ディープステート」も、媚中派や親韓派の政治屋どもも同じだった。
と同時に、調子に乗ってのさばり始めている「清和政策研究会」のヤツらに対して、言いようのない憤怒の念を覚え始めていた。
もっとも、すでに政治屋どもの首根っこを押えきっている伏魔殿財務省にとって、そう、「大宏池会」色丸出しの我が国の「ディープステート」にとって、「清和政策研究会」潰しなどお茶の子サイサイ朝飯前。
それはそうである。
財務省、政治屋どもに超甘い汁を吸わそうと、血税を「政党交付金」として与えつつ、それを脱税しやすくするために34もの非課税事業を許可するデタラメぶり。
今年だって、期限の1月16日までに共産党を除く9党が受け取りを申請しているというのでは?
その総額315億3600万円
政党別で、およそ計算上、自民党160億5300万円/立憲民主党68億3500万円/日本維新の会33億9400万円/公明党29億800万円/国民民主党11億1900万円/れいわ新選組6億2900万円/社民党2億8800万円/参政党1億8900万円/教育無償化を実現する会1億1800万円
そ、そ、それなのに、オレたちを舐めやがって、自民党のバカどもは、特に調子に乗った「清和政策研究会」の大バカどもは、派閥政治資金パーティー券収入の還流分などを政治資金収支報告書不記載までしてポッポにガバガバ入れやがって、今に見ていろ、何かあったときは、それをバラしてやるから…と財務省は、見て見ぬフリ。
それはそうだと思わないか?
この日本を自分たちで仕切っているとまで自惚れている財務省、自分たちの大増税政策に逆らったら、自民党さえ解体しても構わないと決めているくらいだから。
そ、そ、そうしたら、人気低迷に全く歯止めのかからないメモ読み首相、財務省の「使いっぱ」のくせに政界のドン気取りに後押しされ、このうえなくジャマな「清和政策研究会」潰しに、焦って先に手をつけてしまったから、大変。

Even if our country ranks fourth in the world in terms of GDP, it would not affect our country in any way, but if the prime minister who leads the country lacks such decisiveness and action, our country would only decline(GDPが世界4位になっても何の影響もないが、国をリードする首相にここまで決断力と判断力がないと、我が国は衰退してゆくだけ)!

To be continued...

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈4〉

The devilish people who plotted to assassinate the former Prime Minister didn't think that many members of the Seiwa Policy Study Group would be happy that former Prime Minister Shinzo Abe was eliminated(元総理暗殺を企てた悪魔のようなヤツらは「清和政策研究会」のかなりのメンバーが、安倍晋三元総理が始末されたことを歓ぶとは考えていなかったのでは)!

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

東仙坊、すでに「世界平和統一家庭連合」における総裁親子・兄弟における骨肉の争い、「サンクチュアリ教会」や「世界家庭教会」との利権争いについて、詳細に検証している。
そして、安倍晋三元総理暗殺事件に、それぞれが何らかの関わりを持っているとして指摘している。
それから、USAの「ディープステート」、同じくUSAの「チャイナゲート」、CIA、KCIA、そして、我が国の陰険な「親韓派」や「媚中派」を中心とした政治屋どもも何らかの関わりを持っていたはずとも指摘している。
そのうえで、安倍元首相暗殺事件後の「安倍晋三元総理の死に責任がないとは思っていない。高額献金問題も含め現在のサプア教団は問題だ」という「サプア統一教会」元ナンバー2郭錠煥のコメントに着目。
何しろ、このお方、三男顕進の指導的立場にある人物。
そこから、「世界平和統一家庭連合」の自演的暗殺、もしくは、「サンクチュアリ教会」の逆恨み的暗殺だったのでは?と暗示している。
では、安倍晋三元総理暗殺は、どうやって誰が企てたのか?
東仙坊、思いっきりシンプルにプロファイリング。
◉安倍晋三元総理の[タマ]を取ってこいと命令した首謀者は?
あれだけ支えてやったのに恩を仇で返しやがって、フザケロ! 復讐してやる。目にもの見せてやる!!
間違いなく怒り狂って命令を下したのは、「世界平和統一家庭連合」総裁の楕円老婆。
えっ、「世界平和統一家庭連合」に恨みを持つクソッタレが鉄砲玉だったのだから、そんなワケないって?
そうだろうか?
犯行動機を自分たちの方へ向けることで、自分たちが疑われないという選択をしたと考えられるのでは?
ともあれ、この[返し]を計画するに当たって、楕円老婆と七男亨進と四男國進が共闘したことは間違いナシ。
◉実際に、この[音が鳴る]蛮行遂行に手を貸した許し難きクソッタレどもは、誰?
「世界平和統一家庭連合」総裁楕円老婆と通じるKCIAの手下、[エモノ]の指導を[鉄砲玉]にし[マメ]を渡した四男國進の[エダ]、[カタギ]の[鉄砲玉]を[カタにはめ]、[空気を入れた]七男亨進の「サンクチュアリ教会」信者、金のために魂を売った「親韓派」や「媚中派」の政治屋の下働きの警察官僚、USA民主党の「チャイナゲート」の議員など、盛りだくさん。
◉では、誰がその実行のための[絵を描いたのか]?
「世界平和統一家庭連合」に恨み骨髄で[ジギリ]を厭わず、かりに捕まって[うたう]心配がないので[落とし前]をつける必要のないガキがいることを知った「世界平和統一家庭連合」と通じるKCIAの手下、[ハジキ]の作り方を教えられる四男國進の[エダ]の一人、「親韓派」や「媚中派」の政治屋の下働きの警察官僚を中心とした共同作戦。
その点で、[鉄砲玉]の実行犯になったクソッタレは、[バックレ]の心配もない最適な安全パイだったのである。
安倍晋三元総理暗殺!!!
その卑怯で凄惨な蛮行に見事なまでに成功したのに、楕円老婆の思惑は、大きく外れる。
あれだけ、ありとあらゆる面でサポートしてきた政治屋どもが、手の平を返したように、「世界平和統一家庭連合」攻撃に転じたのである。
「世界平和統一家庭連合」総裁楕円老婆が、辺りにあったモノをすべてブン投げて、地団駄を踏んで、大声で叫んだに違いない。
「クソの役にも立たない日本の大バカ政治屋どもを、脅かして締め上げてやりなさい。誰のおかげでエラそうにしていられるのかを思い知らせてやりなさい!」
ところが、最大派閥の「清和政策研究会」のヤツらを中心に、それがどうした!とばかりに歯牙にもかけない様子。
それどころか、自分たちが数と金にものを言わせ、大臣の数を増やしているせいか、徒党を組んで強気。
楕円老婆、「これじゃ、何のために安倍晋三元総理を始末したんだかわからないわ。アイツらをかえって歓ばしてしまったみたいで、頭にくるわ」とますますカンカン。
その意味で、歓ばしたのは、目の上のタンコブがいなくなってホッとしているメモ読み首相だけ。
しかも、脅かして言うことを聞いたのも、ジョー・バイデンや習近平と同じ、そのチキンだけ。
すでに書き込んだとおり、実際、メモ読み無能首相が、「世界平和統一家庭連合」に協力の姿勢を見せてきたのは、宗教法人への解散命令ができる文部科学相に、「世界平和統一家庭連合」に雁字搦めの盛山正仁を登用したことだけ。
事実、東京地裁に解散命令を請求した、昨年10月、な、な、なんと文部科学相として「世界平和連合」関連団体の会合に参加していたことでも、明々白々。

It seems that the main reason why former Prime Minister Shinzo Abe was assassinated was that he supported the “World Family Church” through Donald Trump in court and had 70 billion yen taken from the “Family Federation for World Peace and Unification” Isn't there(安倍晋三元総理が、暗殺された一番の原因は、裁判でドナルド・トランプを通じ「世界家庭教会」を応援し、「世界平和統一家庭連合」の700億円を奪わせたことのように思わないか)?

To be continued...








東仙坊、ブログを開始して、17年。ブログが、コロナウィルス感染したようになって、大混乱???

To those who tried to enter my blog but couldn't enter!!! I am very sorry for the inconvenience(東仙坊のブログに入ろうとしては入れなかった方々へ!!! 大変ご迷惑をおかけしました)!

東仙坊、自分で自分のブログの管理画面には入れず、困惑の極み。
いつのまにか、自分が、FC2なるものにコストを払わなければ活用できなくなることすら、失念。
そして、復活させる方法までたどり着くのに、な、な、なんと1週間以上。
そ、そ、それなのに、そこから先も、難問山積。
連休も重なり、血と汗と涙で、なんとかクリアしたら、すでに約2週間。
と、と、とにもかくにも、つ、つ、ついに、東仙坊、自分のブログを取り戻すことに成功。
tohsenboh.jp
今後とも、どうかよろしく!!!

No matter how much I admit that I am an analog human being, it must be truly pathetic that I couldn't manage my own blog, which is my purpose in life(いくら自他ともに認めるアナログ人間でも、生きがいのブログまで自分で管理できないとは、本当に情けない)!

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈3〉

When it comes to money disputes between parents and siblings, it might be natural for the person who actually has the money to win in court(親子兄弟での骨肉の大金争いは、結局、金を実際に手にしているヤツが裁判で勝つのは当たり前なのかも)!

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

ウザい、余計なお世話だ、面倒臭いなあ、目障りだよ…。
メモ読み首相を筆頭に、中韓からの執拗なアプローチにどこか後ろめたさを感じている「媚中派」と「親韓派」の政治屋どもは、大派閥の領袖としていちいちいろいろ支持してくる安倍晋三元総理を煙たがり始めていた。
そ、そ、そんなとき、CIAやKCIA(サプア国家情報院)ともコネのある財務官僚が、実に興味津々の話をコヤツらのところに持ってきた。
皮肉なほど笑える「理想家庭と世界平和を実現して幸福になるための道」という「統一原理」を教義とする「世界平和統一家庭連合」教祖一族内での骨肉の争いが激化しているというのである。
そして、宗教の「し」も知らない楕円老婆が、勝手に「世界平和統一家庭連合」総裁になって、関連企業群を統括する経済部門「統一教財団」トップ三男國進、宗教部門トップで後継者だったはずの七男亨進を要職から外したために、2人はそれぞれにブチ切れ。
2015年、七男亨進は、「サンクチュアリ教会」を設立
USA銃器製造会社「カーアームズ」創業者四男國進の支援を受け、袂を分かち、独自に「サンクチュアリ教会」を設立。
三男顕進も、USA国内に複数の企業を擁する統一教会資金管理団体「UCI(国際統一教会)」などを掌握し、2017年、「世界家庭教会」をUSAに設立。
そんななか、安倍晋三元総理のおかげでドナルド・トランプを味方にし、「世界平和統一家庭連合」が日本からUSAに送金していた約700億円を独り占め。
それに怒った「世界平和統一家庭連合」と「サンクチュアリ教会」が、このときばかり手を結んで、三男顕進をUSA・コロンビア特別区控訴裁判所に提訴。
そして、「世界平和統一家庭連合」、「サンクチュアリ教会」がそれぞれに、安倍晋三元総理に手助けを求めるも、「世界家庭教会」とも関係する安倍晋三元総理、全く動かず。
「世界平和統一家庭連合」、「サンクチュアリ教会」が、それぞれに、安倍晋三元総理にサプア人の本質丸出しに怒り心頭。
では、なぜ安倍晋三元総理は、動かなかったのか?
すでに、この骨肉の争いに心底ウンザリさせられていたから。
それはそうである。
2015年、「世界平和統一家庭連合」が、理想郷を意味する「天一国」という言葉をUSAで商標登録しようとするも、「サンクチュアリ教会」がUSA商標審判部に異議申し立てをしたために、「世界平和統一家庭連合」は登録申請を取り下げるハメになったとか。
2018年、「世界平和統一家庭連合」が、「サンクチュアリ教会」に対し、教会の旧マークの使用中止と損害賠償を求めて提訴するも、「サンクチュアリ教会」側が勝訴し、「世界平和統一家庭連合」側は上訴権を放棄したとか。
2018年、「サンクチュアリ教会」男性信者が、「世界平和統一家庭連合」本部前で抗議活動中に暴行を受けたとして、犯行は「世界平和統一家庭連合」信者によるものだとするブログ記事を掲載。
これを否定する「世界平和統一家庭連合」は、仮処分を申し立て、ブログの削除が認められたとか。
どうあれ、これらのことから、一番肝心な大きな金のときに、動いてくれない安倍晋三元総理を、「世界平和統一家庭連合」と「サンクチュアリ教会」が、安倍晋三元総理を逆恨みし始めているという話が、財務官僚から入ってきて、色めき立つ、メモ読み首相、「媚中派」と「親韓派」の政治屋ども、「清和政策研究会」の政治屋ども…。
そこで、小うるさい安倍晋三元総理がいなくなれば…と期待する悪魔のごとき政治屋どもは、秘かに警視庁公安部に打診すると、「世界平和統一家庭連合」に不穏な気配があるとのこと。
どうだろう?
安倍晋三元総理抹殺を夢見た政治屋どもが、かなりいたに違いないと思わないか?
ちなみに、安倍晋三元総理暗殺後の8月25日、三男顕進の「W-CARP(世界大学原理研究会)」会長グループが700億円を手にできる最終判決が出ているのである。

How many of our fallen politicians dreamed of assassinating former Prime Minister Shinzo Abe(地に堕ちた我が国の政治屋どものなかに、安倍晋三元総理暗殺を夢見たヤツがどのくらいいたのか)?

To be continued...



















たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈2〉

In our country, an underground organization like the “deep state” established by the Ministry of Finance may be rampant(我が国では、財務省が築き上げた「ディープステート」のごとき裏組織が、跳梁跋扈しているのかも)!

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

安倍晋三総理の2回目の「持病の潰瘍性大腸炎が再発し、病気と治療を抱え、体力が万全でない苦痛の中で大切な政治判断を誤ることがあってはならない。国民の皆様の負託に自信を持って応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではない。様々な政策が実現途上にあり、コロナ禍のなか、職を辞することについて、国民の皆様に、心より、心より、お詫び申し上げる。ただし、次の首相が任命されるまでの間、引き続き職務にあたる」という辞任発表に、財務省の不逞のヤカラどもは、欣喜雀躍、飛び回り続けたに違いない。
それはそうである。
長い間、目の上のタンコブでしかなった安倍晋三総理が、突然、自ら消えてくれるというのだから、コヤツらにとっては、そして、媚中派や親韓派の政治屋どもにとっては、棚からボタモチの朗報。
しかも、安倍晋三総理は、無能このうえない首相なりたい症候群の岸田文雄に禅譲すると言っていたから、ますます安堵。
財務省や媚中派や親韓派の政治屋ども、あのバカなら麻生太郎を通じて、完全に自分たち傀儡にできると虎視眈々。
と、と、ところが、安倍晋三総理は、想像以上に強かだった。
二階俊博幹事長に一任したように装い、両院議員総会で総裁選を行い党員投票を省略。
その結果、2020年9月16日、宿敵石破茂とおバカ岸田文雄を排除し、自分のクローンのような菅義偉に跡目を継がすことに成功。
それに燃えたのが、財務省と媚中派や親韓派の政治屋ども。
我が国のおバカメインストリームメディアどもを支えているスポンサーを脅迫し、異常なまでの信憑性など皆無の世論調査を実施し、支持率低下、支持率低下の大合唱。
ついには、菅義偉に総裁選出馬を見送らせる陰険さ。
そして、予定どおりに、「日本長期信用銀行」出身のメモ読みおバカを首相にすることに成功。
け、け、けれども、簡単にソヤツらの思いのままにはならなかった。
メモ読み首相、安倍晋三総理に一喝されると、すぐゴロニャンなのである。
それはそうである。
圧倒的自民党最大派閥領袖になった安倍晋三元総理、その「清和政策研究会」から内閣に多数の大臣、副大臣、大臣政務官を送り込んでくるから、有無を言えないのである。
そのうえ、自分の政策の継続を押しつけてくるから、威張りたいだけのメモ読み首相、それがクソオモシロなくて、悶々…。
ここからは、東仙坊のオリジナル・フィクション混じり!!!
そ、そ、そんなとき、財務省と媚中派や親韓派の政治屋どもから、実に意味深で、なおかつ、メチャクチャ複雑怪奇で、まさに悪魔からの卑劣極まりない誘惑のような話が入ってきた。
それは、腑抜け首相にとっても、媚中派の代表格林芳正官房長官にとっても、親韓派の盛山正仁にとっても、精一杯耳を澄ましたくなる話でもあった。
実際、2019年10月、この腑抜け、安倍晋三首相に言われ元共和党の下院議長ニュート・ギングリッチ、「世界平和統一家庭連合」友好団体「UPF(天宙平和連合)ジャパン」トップ梶栗正義議長と会談しているというから、かなりリアル。
それは、林芳正官房長官も同じ。
2021年9月、「世界平和統一家庭連合」関係者と面会していたとか。
最悪なのが、盛山正仁文部科学相。
コヤツ、宗教法人を所管する文部科学省のトップとして、昨年10月、教団の解散命令を東京地裁に請求したご仁。
それも、2021年衆院選に兵庫1区から「宏池会」の支援を受け立候補。
その選挙公示の2日前、2021年10月17日、神戸市で「世界平和連合」がコヤツに持ちかけ、国政報告会を開催。
そして、「世界平和統一家庭連合」信者ら約60人が見守る前で、「世界平和連合」会長梶栗正義から推薦状を手渡されていたとか。
そのうえ、選挙期間中、「世界平和統一家庭連合」信者でもある「世界平和連合」の会員10~20人が、連日、コヤツの事務所名で有権者に電話で投票を呼びかけたとか。
それなのに、選挙区で敗れ、比例復活。
そ、そ、それだけじゃない。
な、な、なんと文部科学相就任後の昨年10月、「世界平和連合」関連団体の会合に参加したというのだから、何をかいわんや。
ともあれ、コヤツらを含め、自民党の国会議員だけでなく、相当の国会議員が「世界平和統一家庭連合」と関わっていることは事実なのでは?
ということは、直接、いろいろな話をできる関係にもあったということでは?

The Ministry of Finance, an organization of money-obsessed people, must be trying to eliminate one politician after another who opposes them(金の亡者どもの組織である「財務省」は、自分たちに刃向かう政治屋を次ぐ次と排除しようとしているに違いない)!

To be continued...










たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈1〉

Isn't it time for the Liberal Democratic Party, which has become so corrupt, to break away from its role as a subordinate of the Ministry of Finance(腐り切ってしまった自民党でも、そろそろ財務省の手下の役目から脱却すべきなのでは)?

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

東仙坊、腐り切った旧態依然の自民党、無知蒙昧な保育園児集団の立憲ナンチャラ党、国民第一を全く考慮できない国民ナンチャラ党、新興宗教のプロパガンダ実践のための公明党、時代遅れの意固地な偏狭者集団でしかない共産党、何もかもに吝嗇剥き出しの維新党、政治を単なるゲームにしようとしているれいわ党など、我が日本のいかなる政党も信じたことなど、生まれて一度もない。
というのも、戦後、政治屋を志すようなヤツらは、毎月保証された固定給を支給されながら、意味なく反っくり返り、血税をどうやって迂回させ自分の懐に入れるかばかりを考えていればイイだけのラクな商売としか思っていないアンポンタンばかりだからである。
ところで、我が国には、そんな大バカどもの政治屋どもを小僧のように使いまくる超利権省庁である財務省なる組織が存在している。
コヤツらは、政権与党の金の亡者どもの手下(?)と結託し、血税を自分たちの懐に集めるために、いろいろな阿漕な法改正に励むばかり。
そのためには、その手下どもの扱いは、ジャスミン茶の臭いのヒドいどこかのおバカが率いる独裁国家やマズいボルシチのキチガイが率いる独裁国家のように、上意下達の命令型、言うとおりにしなかったら難癖がつけられるように、それこそ、粛清されるように、捏造密告で貶めるのが、常。
その意味で、宗主国USAを牛耳る「ディープステート」気取りで、我が日本を陰で操っているのは本当は自分たちと増長し切っているのも、ミエミエ。
まあ、血税を握ると必然的にそうなるのも、世の常。
そうやって政治屋を眺めると、すぐにわかることが、1つ。
財務省の「使いっパ」でしかない財務大臣、なぜか漫画しか読まない元総理が、長くイスに座り続けたまま。
そう、2012年から、17代、18代、19代、20代と、な、な、なんと4代連続。
そ、そ、そして、「ディープステート」もどきの財務省をバックにしている余裕からか、もしくは、バックにしている自信からか、その素のままに、83歳の黒メガネの自民組組長を標榜する勘違い。
そのせいで、今回、派閥解散を命じられても、頑として拒否し続ける強気一辺倒。
そう、まがりなりにも副総理でもあるのに、現大臣の名前すら、躊躇いなく間違って呼び続けるほどのボケぶりなのだから、悪魔の伏魔殿財務省が「使いっパ」として離すはずもナシ。
それはそうである。
無能極まりないメモ読み首相を、間接的に自分たちの「パペット」として操るには、このボケ自民組組長気取り、超便利なちょうどイイ「クッション」。
ところで、東仙坊、かねてから検証し続けてきた、2つのケースで、かなり見えてきたことがある。
1つは、安倍晋三元総理暗殺に関する、そのバックグラウンド。
良血の本物の政治屋ボンボンで、大手企業の企業家の娘を嫁にした、安倍晋三は、異様にプライドが高く、政治屋としては金に頓着がなさすぎた。
それゆえ、財務省の言いなりになかなかならなかった。
それどころか、たかが総理の分際で恐れ多くも財務省サマに敢然と立ち向かったきた。
消費税10%実施は、安倍晋三が抵抗勢力化し、遅延に遅延を重ねられた。
それだけじゃない。
財務省は、数字さえ上がれば、税収が上がるからそれだけで満足。
とりわけ、メチャクチャ数字が上がるうえに「ブラックマネー」を作りやすい中韓との貿易が、大好き。
しかも、中韓両国は、露骨に経済低迷が顕著化、ありとあらゆるルートで助けてサインを送ってきているのに、ドナルド・トランプと協調し合って安倍晋三総理が毅然と拒絶。
そのために、財務省は、露骨にカンカン。
そ、そ、そんなとき、コヤツらが、思わずニンマリするニュースが飛び込んできた!!!

The essence of the slush fund problem currently occurring in our country is the 34 unprofitable business licenses granted to members of Congress by the National Tax Agency under the Ministry of Finance, including “political funding parties” for tax evasion(我が国の今起きているそこにある「裏キン問題」の本質は、財務省傘下の「国税庁」が国会議員に与えている脱税のための「政治資金パーティー」を含む34もの不収益事業許可)!

To be continued....

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-25 人生を凝視すると、太陽の死をいつも想ってしまう 〈11〉

If we humans have time to shed blood, shouldn't we think about ways to avoid a collision with a “neutron star” in 75 years, or to migrate to another star(我々人類は、人類同士で血を流し合っているヒマがあったら、とりあえず75年後の「中性子星」との衝突を避ける算段か、どこか別の恒星に移住する方法を考えるべきなのでは)?

■ほんの少し科学技術を持ったところで、「天の川銀河」のなかでさえ、メチャクチャ後発の人類が、何を勘違いして横柄でいられるのか!!!?

●なぜ我々人類は、大宇宙のなかの小さな太陽系に属する存在なのに、その太陽が死んだらどうなるのか?って考えないでいられるのか!!?

◆東仙坊、人生の岐路に立つと、必ずスティーブン・ホーキング博士の言葉に大きな示唆を受けてきた!?
メチャクチャ質量のある中性子星と中性子星の合体

東仙坊、「ブラックホール」手前(?)の「中性子星」を頭が痛くなりながら取り上げたのには、理由がある。
そのために、もう少し、「中性子星」について触れておきたい。
「中性子星」は、質量が、太陽程度、直径20km、大気の厚さ1mで、中性子が主な成分の天体。
密度は、太陽の1014倍以上。
それゆえ、中性子そのものは原子核を構成せずに漂っている状態で、半減期が約10分、平均寿命が約15分という不安定粒子。
そして、約109t/cm3とその桁外れに大きい密度のために、表面重力は、地球の表面重力の2×1011倍もの大きさ。
脱出速度は、1/3c。
重力崩壊によって非常にコンパクトに圧縮された結果として、「角運動量保存法則」によって、元の恒星よりもはるかに高速に回転。
典型的な自転周期は、30秒~1/100秒(2-6000rpm)。
中性子星に強い磁気がある場合、その磁極から電磁波が放出されるが、2つの磁極を結ぶ線が自転軸と一致していない場合、中性子星の自転により電磁波が放出する方向を変えながら放たれる「パルサー」。
中性子星自身は可視光線を発していないために、「パルサー」として実在が確認。
中性子星の表面は、通常の原子核や電子。
この中性子星の大気は、厚さが約1mほどで、その下には固体の「地殻」。
さらに内部には、「中性子過剰核」と呼ばれる非常に中性子の多い原子核でできた層。
このような原子核は、地球上では非常に短時間で崩壊してしまうが、「中性子星」内部では非常に圧力が高いために安定して存在。
さらに内部へ進むと、原子核から中性子が外へ漏れ出す「中性子ドリップ」と呼ばれる現象が見られるようになるとか。
この領域には、原子核と自由電子と自由中性子が存在。
さらに内部に進むにつれて原子核が融けあって一様な物質、中性子、少量の陽子、電子からなる「超流動相」。
そんななか、まず連星の両方とも「中性子星と」いう天体が、発見されたとか。
この「連星中性子星」、2つの超高密度の固まりが極めて近い距離を互いに凄まじい速度で公転し合っているために、その質量が周囲の空間を揺さぶり、重力波を発生。
重力波が発生することで、2つの「中性子星」は運動エネルギーを失い、両者の距離は接近してさらに速い速度で公転、そして、ついには衝突。
ダイヤよりはるかに硬い外殻が割れて中身の高エネルギー中性子が放出する、「キロノヴァ」と呼ばれる大爆発を起こしたとか。
爆発で飛び散ったおびただしい数の中性子は、周囲の物質の原子核に一斉に衝突。
「r過程」と呼ばれるこの現象によって発生した鉄より重い重元素の雲が、「キロノヴァ」を覆い隠したとか。
活性化した重元素の雲は2週間ほど輝き続けるが、その後、「中性子星」の衝突で生まれた「ブラックホール」が雲を吸収、一部は事象の地平の彼方へと消え、残りは「ブラックホール」の両極から光速に近いジェットとなって噴出、銀河中に重元素が撒き散らされた
こうして宇宙に広まった重元素がのちに惑星を形作り、我々のカタチの一部になったというのである。
まだある。
今まで、「中性子星」より密度の高いものは、「ブラックホール」しかないと考えられていたのだが、その中間に「クォーク星」と呼ばれる陽子や中性子などの素粒子を構成する何物かでできた星が存在することがわかったとか。
と、と、とにもかくにも、なぜ「中性子星」が、メチャクチャ気になるのかというと、そんな「中性子星」が、我らが太陽系に近づいていることが判明したというのである。
それも、約75年後、その「中性子星」によって、地球を含む我らが太陽系は破壊されてしまうというのである。
ということは、人類存亡を賭け、早急に巨大な宇宙船「方舟」を建造し、地球を脱出、どこか「第2の地球」に移住するしかないとか。
どうだろう?
人類同士で殺し合っているヒマなど全くないのでは?
すると、ESAが、1月29日、ハッブル宇宙望遠鏡が捉えた「渦巻き銀河」の写真を初公開。
NASAも、1月31日、ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が捉えた、19の「渦巻き銀河」の写真を一挙公開。
それを見て、東仙坊、メチャクチャ不思議な気持ち。
なぜなら、幼少のころから、それらの「渦巻き銀河」を夢で見た気がするからである…。

Even if we know that the sun will definitely die, humans, who are nothing more than tiny beings, have no choice but to simply live out the days we have(太陽が絶対に死ぬということを知っても、ちっぽけな存在でしかない人間は、その生きていられる日々を淡々と生きてゆくしかない)!

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-25 人生を凝視すると、太陽の死をいつも想ってしまう 〈10〉

Wouldn't a small star like the newcomer's solar system be destroyed instantly by a “black hole” or “neutron star”(新参者の太陽系のような小さな恒星では、「ブラックホール」や「中性子星」にはイチコロで破壊されてしまうのでは)?

■ほんの少し科学技術を持ったところで、「天の川銀河」のなかでさえ、メチャクチャ後発の人類が、何を勘違いして横柄でいられるのか!!!?

●なぜ我々人類は、大宇宙のなかの小さな太陽系に属する存在なのに、その太陽が死んだらどうなるのか?って考えないでいられるのか!!?

◆東仙坊、人生の岐路に立つと、必ずスティーブン・ホーキング博士の言葉に大きな示唆を受けてきた!?
メチャクチャ質量のある中性子星と中性子星の合体

東仙坊、宇宙嫌いなのに、スラブ人の誇大妄想狂、本物の漢民族かどうかもわからない無知蒙昧、いまだに核兵器頼みの時代錯誤のトウヘンボク、そして、世界中に跋扈している大バカ為政者どもに、太陽が死んだら、地球が死んだら、どうするの?と問いかけたくて、今回のテーマで書き込んできて、知りたくもないメチャクチャイヤなコトを知ってしまった。
それを、今回のテーマのエピローグとして書き込むことにする。
正直、何が何だかわからない部分が多いので、巧妙に説明できないところは、何卒、ご勘弁。
さて、この完全には得体が知れていない大宇宙には、「中性子星」なるものが、存在しているとか。
何でも、その「中性子星」、大質量の恒星の超新星爆発によってその中心核が圧縮され形成されるのだとか。
そして、「中性子星」として存在できる質量には、「トルマン・オッペンハイマー・ヴォルコフ限界」と呼ばれる上限値、それを超えると「ブラックホール」になってしまうとか。
ちなみに、上限の質量は、太陽質量の1.5倍~2.5倍、下限の質量は、太陽質量の0.1倍~0.2倍とか。
念のために、質量とは、モノ(生き物)がもつ量そのもののこと。
それゆえ、重量、いわゆる重さとは、質量×重力加速度(重力)のこと。
では、質量の大きな恒星が進化した最晩年の天体の一種だという「中性子星」の質量が、どのくらいか?
角砂糖1個の大きさで、人間86億人分の質量というから、なんとなくバカでっかいことだけは感じて素直に驚かないか?
どうあれ、恒星進化の最終期に「中性子星」として残るかどうかは恒星の質量によって決定するというのだから、ここはどういうケースで「中性子星」になるのか、太陽との比較でチェック。
◇太陽質量の約0.46倍より小さい恒星
「赤色矮星」とも呼ばれ、温度が低いためにヘリウム燃焼は発生せず、水素を燃やし尽くした後は、そのままヘリウム型「白色矮星」。
◇太陽質量の約0.46倍~約8倍までの恒星
中心核で水素を燃やし尽くした後でヘリウム燃焼が始まり、炭素・酸素・窒素が作られるが、それ以上の核融合反応は進まず、「赤色巨星」の段階を経て、「白色矮星」。
◇太陽質量の約8~10倍の質量を持つ恒星
炭素・酸素からなる中心核でさらに核融合反応が起こり、酸素やネオン・マグネシウムからなる核が作られる。
この段階の中心核では、電子の縮退圧が重力と拮抗するようになり、この中心核の周囲の球殻状の部分で炭素の核融合が進むとか。
中心核を取り巻く部分で起こる核反応生成物によって、次第に中心核の質量が増えていくが、やがて中心核を構成する原子内で、陽子が電子捕獲により中性子に変わった方が熱力学的に安定。
これによって中心核は中性子が過剰な原子核で埋め尽くされるようになり、一方で電子捕獲によって減った電子の縮退圧が弱まるために、重力を支えられなくなって星全体が急激な収縮を始める。
中心核の収縮は、密度が十分大きくなって中性子の縮退圧と重力が拮抗すると急停止。
これより、上の層は中心核によって激しく跳ね返されて衝撃波が発生し、一気に吹き飛ばされる。
この段階が、「超新星爆発」。
爆発後、中性子からなる高密度の核が残り、これが「中性子星」となる。
◇太陽質量の約10倍以上の大質量星
もともと密度が大きくないために、中心核が途中で縮退することなく、次々に元素が核融合反応してはさらに重い元素が作られ、最終的に鉄の中心核が作られる段階まで核反応が進む。
鉄原子は原子核の結合エネルギーが最も大きいために、これ以上の核融合は起こらず、熱源がなくなるために鉄でできた中心核は重力収縮しながら断熱圧縮により温度を上げていく。
温度が約1.00×1010℃に達すると鉄が光子を吸収し、ヘリウムと中性子に分解する鉄の光分解という吸熱反応が起きて急激に圧力を失う。これによって重力を支えられなくなり、星全体が重力崩壊で潰れて「超新星爆発」。
爆発後、爆縮された芯が残る。
残った芯の質量が、太陽の2~3倍程度なら「中性子星」として残るが、それ以上ならば重力崩壊が止まることなく「ブラックホール」になる。
◇太陽質量の30倍以上の恒星
ほぼ「ブラックホール」になる。
どうだろう?
「中性子星」とは、簡単に言えば、「ブラックホール」にならなかった、イヤ、なれなかった恒星の末路のようなものでは?
つまり、中性子のみから構成される大きな原子核(?)。
となると。その原子核内部では、陽子と中性子が互いに束縛されつつも動ける状態にあるのだから、液体、極めて大きい密度の超流動状態と言えるのでは?

I'm sure these reckless dictators never thought that the sun would eventually die(傍若無人な独裁者どもは、太陽がやがて死ぬことなど一度も考えたこともないに違いない)!

To be continued...






たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-25 人生を凝視すると、太陽の死をいつも想ってしまう 〈9〉

The Milky Way Galaxy, which was thought to have formed about 11 billion years ago, has been found to have formed about 13 billion yen ago, about eight years after the Big Bang(約110億年前に形成されたと思われていた「天の川銀河」が、ビックバンの約8年後、約130億円前に形成されていたことがわかったとか)!

■ほんの少し科学技術を持ったところで、「天の川銀河」のなかでさえ、メチャクチャ後発の人類が、何を勘違いして横柄でいられるのか!!!?

●なぜ我々人類は、大宇宙のなかの小さな太陽系に属する存在なのに、その太陽が死んだらどうなるのか?って考えないでいられるのか!!?

◆東仙坊、人生の岐路に立つと、必ずスティーブン・ホーキング博士の言葉に大きな示唆を受けてきた!?

東仙坊、自分の寿命もまもなく尽きそうなときに、改めて、太陽の寿命による老衰死、それとともに太陽系の一員である我が地球の死、とりわけ、我が地球には、それ以前に、小惑星や隕石との衝突もあるということを、イヤというほど再認識させられ、率直に、暗澹とした気分…。
それでも、この誰にもわかることのできないたった一度のミステリアスな人生、生きられる限り、必死に生き抜いてやると再度決意するだけ。
ところで、太陽が死ぬ前の我が地球の最大の危惧に触れるために、ここで我々が所属する「天の川銀河」の誕生と形成の歴史に関する最新研究成果を取り上げておきたい。
2022年3月30日、ドイツ「MPIA(マックス・プランク天文学研究所)」マオシェン・シャンとハンス-ウォルター・リックスは、「ESA(欧州宇宙機関)」の宇宙望遠鏡「Gaia(ガイア)」と中国の多天体分光観測用望遠鏡「LAMOST」の観測から、「これまで『天の川銀河』の『厚い円盤』と呼ばれる領域の形成が、約110億年前に形成され始めたと考えられていたものの、その時期が20億年遡る約130億年前、ビッグバンから約8億年後だった可能性がある」と発表。
何でも、2人は、「天の川銀河」全体に分布している「準巨星」約25万個の年齢を調査。
「準巨星」とは、主系列星から巨星へと進化しつつある段階の星とされていて、星の中心部では水素の核融合反応が終わりつつあるものとか。
今から約130億年前、まず最初に「天の川銀河」の「厚い円盤」を構成する星々の形成が始まり、それから20億年が経った約110億年前、「天の川銀河」が「ガイア・ソーセージ・エンケラドス(ガイア・エンケラドス/ガイア・エンケラドス・ソーセージ/ガイア・ソーセージ)」と呼ばれる別の銀河と合体。
それによって、「天の川銀河」における星形成活動が一気に活性化。
ハローの内側部分(内部銀河ハロー)を構成する星々が、短期間で形成。
合体後も、「厚い円盤」での星形成は続いたものの、元々あったガスが使い果たされたことで、約80億年前に終息。
しかし、その後も、「天の川銀河」には、外部から水素ガスが安定的に流れ込み、「厚い円盤」での星形成活動が終息していたので、流入したガスは「厚い円盤」の内部に蓄積。
その蓄積したガスは、やがて収縮して新たな星形成活動が始め、太陽をはじめとした「薄い円盤」の星々を形成。
そう、現在の「天の川銀河」は、こうした2段階の星形成活動を経て形成されたとか。
なお、恒星の内部では、核融合反応によって金属(ここでは水素やヘリウムよりも重い元素)が生成。
生成された金属は、「超新星爆発」や「恒星風」などによって周辺へ放出され、「天の川銀河」の金属量はときが経つにつれて増加。
今回の研究では、約130億~80億年前の星形成活動によって、「厚い円盤」の金属量が10倍以上に増えていたコトが確認されたとか
この時期に誕生した星は、年齢が同じなら金属量も同じであるように見えることから、その当時の「厚い円盤」ではガスがよく混合されていたと思えるとか。
また、「天の川銀河」は、多くの星々が集まっている中央部分の「バルジ(銀河バルジ)」、バルジを取り巻く扁平な「円盤(銀河円盤)」、バルジと円盤を取り囲む球状の希薄な「ハロー(銀河ハロー)」という構造になっているとも。
さらに、円盤の直径は約10万光年、太陽系は天の川銀河の中心から約2万6000光年離れた円盤の内部に位置しているとか。
この円盤は、単一の構造ではなく、比較的古い星でできた「厚い円盤(thick disk)」と、比較的新しい星でできた「薄い円盤(thin disk)」が重なり合った構造だとも。
「ESA」によると、「厚い円盤」は、「薄い円盤」と比べて2倍以上の厚みがあるものの、直径は「薄い円盤」よりも小さく、太陽系の近傍では「厚い円盤」に属している星は数パーセントとか。

The solar system might be located approximately 26,000 light-years from the center of the Milky Way galaxy, inside a thin disk made up of relatively young stars(太陽系は、「天の川銀河」の中央から約2万6000光年離れた、比較的新しい星でできた「薄い円盤(thin disk)」の内部に位置しているとか)!

To be continued...






たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-25 人生を凝視すると、太陽の死をいつも想ってしまう 〈8〉

Just as humanity must be suddenly and mercilessly attacked by a wide variety of disasters, the Earth might also be suddenly attacked by asteroids, meteorites, and extraterrestrial life forms before it reaches the end of its lifespan(人類が多種多様な災害に無慈悲に突然襲われるように、地球も、寿命前に、小惑星や隕石や地球外生命体の襲撃を突然襲われるかも)!

■ほんの少し科学技術を持ったところで、「天の川銀河」のなかでさえ、メチャクチャ後発の人類が、何を勘違いして横柄でいられるのか!!!?

●なぜ我々人類は、大宇宙のなかの小さな太陽系に属する存在なのに、その太陽が死んだらどうなるのか?って考えないでいられるのか!!?

◆東仙坊、人生の岐路に立つと、必ずスティーブン・ホーキング博士の言葉に大きな示唆を受けてきた!?

東仙坊、太陽の寿命が尽きての死まで、まだ約50億年あると書いてきて、少しも安心していない。
我が地球には、地球を狙うテロリストのような存在である隕石問題もあるからである。
そう、恐竜絶滅に誘った隕石の地球への落下。
実際、約6600万年前、な、な、なんと直径10㎞超の隕石が地球に落下したことで、恐竜の繁栄はジ・エンド。
そ、そ、そして、直近でも、2019年と2020年に小惑星が相次いで地球に接近し、通過後あるいは直前まで誰にも発見されないという事態が発生していたというのである。
しかも、いずれも人類の存続が懸かる大きさのものではなかったが、地上に落下すれば一つの都市が消え去る危険性をはらんでいたというのである。
そこで、その小惑星、地球衝突寸前だった事象について、深掘り。
2020年、ある小惑星が地球のごく近くまで接近しながら、世界中の天文学者たちが事前検知に失敗するというデキゴトがあったとか。
何でも、「2020 LD」と名づけられたこの小惑星、2020年6月5日、月の軌道の内側という至近距離まで地球に接近していたとか。
しかも、最初に存在が知られたのは、通過してから、な、な、なんと2日後のことだったというから、唖然。
どうあれ、人知れず過ぎ去っていた小惑星衝突の大危機だったのでは?
何しろ、小惑星の大きさは直径122m、月までの距離の80%にまで接近した後、ただただ幸運なことに地球に落下することなく通過したとか。
サイエンス・ジャーナリストのジェイミー・カーターは、「この規模の小惑星がこれほど間近まで接近したのは、2011年以来だった」と遅ればせながら分析。
2020年6月17日、「エクスプレス」は、「シロナガスクジラ5頭分」と「2020 LD」のサイズの大きさを強調し、「地球への接近について専門家たちは6月7日まで発見できなかった。天文学者たちは混乱していた」と観測体制の脆弱性を指摘。
確かに、「2020 LD」のサイズは、恐竜絶滅を招いた隕石ほどではなかったとしても、地球に落下すれば都市を滅ぼすほどの威力を持っていたというのでは?
つと想われるほどの小惑星が、2019年にも地球に大接近していたというのである。
まだある。
2019年7月、「2019 OK」と命名された直径60~130mの小惑星が、地球を「フライバイ(接近通過)」していたとか。
そして、NASAジェット推進研究所は、「地球への近接度では『2020 LD』を上回り、月までの距離のおよそ20%にまで近接していた。仮に地球の引力に引き寄せられて地上に落下していたら、その爆風は直径50マイルほどの範囲に局所的な壊滅状態をもたらしていた可能性がある」と分析。
そう、その衝撃は、1つの都市を丸ごと消滅させるほどだったというのでは?
事実、2019年7月26日、「ワシントン・ポスト」は、「オーストラリア天文学者が、『もしこの小惑星が地球と衝突していたならば、その大部分はおそらく地表に到達し、破壊的な被害を引き起こしていただろう』との見解を述べている」と報道。
それにしても、これだけ科学発達した21世紀に、小惑星接近の発見が遅れ、サイズと軌道が公にされたのは最接近のわずか数時間前というのは、あまりにも情けないのでは?
ともあれ、このように地球に非常に接近する小惑星は、非公式に「シティーキラー・アステロイド(都市破壊小惑星)」と呼ばれ、深刻な被害が懸念されているとか。
では、小惑星の落下は、どのようなメカニズムで発生しえるのか?
広大な宇宙空間で地球と小惑星の軌道が偶然に交差するというよりは、小惑星が地球の引力によって引き寄せられてしまうというのが現実的なシナリオだとか。
ちなみに、「フォーブス」は、「キーホール(鍵穴)」という用語でこの現象を説明。
何でも、地球の重力場のなかに「キーホール」と呼ばれる領域が存在し、ここに小惑星が突入すると、その軌道は地球側に大きく引き寄せられるのだとか。
とにもかくにも、このようなデリンジャラスな事態を防ぐには、潜在的に危険な小惑星の把握を的確かつ迅速にするしかないのでは?
それでオカシイことが、1つ。
NASAは、「地球付近をフライバイする直径1㎞以上の小惑星の90%以上をすでに発見している。宇宙空間に赤外線カメラを打ち上げ、熱によって小惑星の接近を検知するプロジェクトも開始している」と豪語していたのでは?
では、小惑星が、隕石となって地上に落下することが予測された場合、人類はどのような手を打てるのか?
「フォーブス」は、「宇宙船またはロケットを目的の天体に衝突させてコースを逸らすというテクニック『キネティック・インパクター』を紹介。NASAが死滅した惑星のコアと見られる小惑星『プシュケ』に対し、2026年に実践する計画だ」と発表しているとか。
他にも、複数の小型宇宙船から小惑星の一部に対してレーザービームを照射し、小惑星表面の一部を溶出させることでジェットエンジンのように推力を与え、軌道を逸らす技法もあるとか。
また、過激な手法としては、「アルマゲドン」のように、小惑星を核爆弾で破壊することもあるとか。
さらに、地球との衝突まで数年間ほどの時間的猶予がある場合には、目的の小惑星付近に宇宙船または小型の探査機を航行させ、機体の重力場によって緩やかに小惑星の軌道を逸らす「重力トラクター」という手法があるとか。
その意味では、2029年に地球周回軌道上のGPS衛星をかすめるほどの距離まで接近する「アポフィス」、2175年以降に2700分の1の確率で地球に落下すると予測される「ベンヌ」など、地球への危険因子となる小惑星のいくつかは、現時点で判明しているとか。
まあ、500m超の隕石の地球との衝突は、平均で13万年に1度程度の割合で起きているというから、それも仕方がないのかも。

When humans grow up a little and have time to waste time killing each other, shouldn't we devote ourselves to scientific and technological development in order to migrate to other stars(人類は、ほんの少し成長して、人類同士で無益な殺生をしているヒマがあったら、他の恒星に移住するための科学技術開発に精進すべきなのでは)?

To be continued...



たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-25 人生を凝視すると、太陽の死をいつも想ってしまう 〈7〉

If we dream of humanity's eternity, wouldn't the only option be to emigrate to some new star(人類の永遠を夢見るなら、どこかの新たな恒星に移住するしか道はないのでは)?

■ほんの少し科学技術を持ったところで、「天の川銀河」のなかでさえ、メチャクチャ後発の人類が、何を勘違いして横柄でいられるのか!!!?

●なぜ我々人類は、大宇宙のなかの小さな太陽系に属する存在なのに、その太陽が死んだらどうなるのか?って考えないでいられるのか!!?

◆東仙坊、人生の岐路に立つと、必ずスティーブン・ホーキング博士の言葉に大きな示唆を受けてきた!?

◇そして、縮む
ヘリウムの融合がすんでしまえば、同じことを炭素で行うことはできない。
すると、今度は縮み始め、「白色矮星」となる。
そして、もともとの大きさよりもずっと小さくなってしまう。
「白色矮星」はエネルギーがずっと少ないが、代わりに寿命は長い。
気が遠くなるような時間を輝き続けるが、遠い将来、間違いなく「黒色矮星」という死せる恒星になる。
それが実際に起こるまでに、宇宙が誕生してから現在に至るまででもまだ足りないから、正直、どのくらいかかるのかを想像できないとか。
◇地球の軌道が変化
太陽が死を迎えるころには、地球の生命も生きてはいないだろうが、だからと言って、地球自体が動きを止めてしまうワケではない。
「赤色巨星フェイズ」に入った太陽は、少なくとも地球との距離の4分の3まで膨張する。
意外にも、太陽が膨張すると付近の惑星に対する引力は弱まる。
このため惑星は太陽から螺旋を描くように遠ざかり、安全な場所に逃れていく。
ただし、水星と金星は飲み込まれる(???)。
もちろん、地球の生命はすでに死に絶えていて、その意味ではナンセンスな逃避行。
◇別の場所で生命が誕生する可能性
地球の生命は、太陽が「赤色巨星」になるとうの昔に死に絶えてしまっているはずだが(?)、他の惑星では生命が誕生するかもしれない。
木星や土星は、いくつもの衛星を従えているが、それらが生命に適した環境になる可能性はある。
「エウロパ」や「ガニメデ」には氷が存在する。
太陽が膨張して距離が狭まれば、氷が溶けて、生命に適した環境になるかもしれない。
◇「天の川銀河」と「アンドロメダ銀河」の融合
これは太陽の死を原因とするものではないが、ともに訪れる現象。
「天の川銀河」と「アンドロメダ銀河」は、時速40万2000㎞という超スピードでお互いに接近しているとか。
そして、太陽が断末魔の叫びを上げるころ、ついに衝突する。
「銀河」同士の衝突というと恐ろしげなイメージがあるが、どうやら太陽系は大丈夫そうなのだとか?
新しく融合した銀河の中で、太陽の死は進んでいく。
どうにかして我々人類がこの時点まで生きることができたとしたら、2つの銀河のガスと恒星の衝突によって生ずる光のショーを体験できるのだが…。
◇太陽系外縁部についに熱が…
太陽は死が近づくと明るさが増し、大きくなる。
近くにあった惑星は不毛の大地になるだろうが、ずっと離れたところにある現在、厳寒の中にある惑星はどうなるのか?
例えば、冥王星は、-233℃~-223℃という凍てついた惑星。
しかし、太陽の膨張によって冥王星などの惑星も温まってくる。だが、生命の条件をすべて満たすワケではないので、新しい生命は宿らない。
そして、太陽が「白色矮星」へ向かって縮小に転じると、その完全な死の前までは多少の熱を帯びたままでいられる。
◇地球における人類の生存は絶望的
どこかで新たな生命が芽吹くかもしれないが、地球ではその限りではない。太陽が死ぬとき、我々人類もまた死に絶える。
地球は加熱状態となり、生命が存続できなくなる。
仮に熱に耐える技術が開発されたとしても、作物は育たず、飲み水も手に入らない。
生存に必要なものは何もかも消えてなくなる。
だからこそ、地球以外の惑星で誕生する新しい生命は我々の希望そのもの。
しかし、それは人類とはまるで違う姿をしている。
たとえ同じような姿だったとしても、そうなるまでには数十億年という進化の月日が必要になる。
◇小惑星を破壊
太陽の死は小惑星にも影響を与える。太陽が「白色矮星」になるころ、木星などの惑星の軌道も大きく変わっている。
木星は巨大な質量を有しているために重りとして機能する。強力な重力を放っており、それが小惑星の軌道を乱し、太陽系の外に弾き出しさえする。
また、「白色矮星」となった太陽に向かって吹き飛ばされたり、塵になってしまう小惑星もある。こうした予測は既存の「白色矮星」の観測から導かれている。「白色矮星」の周囲には大量の塵があることがわかっており、それはかつて岩石の天体が存在していた証拠。
◇人類は新天地へ
将来的に我々がどのようなテクノロジーを有しているのか予測することは難しい。
太陽の命が尽きようとするとき、もしかしたらはるか彼方に存在する新天地へと旅立つためのテクノロジーが発明されているかもしれない。
すでに居住の可能性を匂わせる惑星はいくつも発見されている。
NASAは今、火星有人飛行ミッションに取り組んでいる。また数多くの民間企業も赤い惑星への入植プロジェクトを進めている。
これらは2030年代での実現が目指されている。
たとえ火星に人類が降り立ったとしても、はるか彼方にある新しい銀河に移住することに比べればごく小さな達成でしかない。

Although it would be impossible, I would like to see the moment when the Milky Way galaxy and the Andromeda galaxy collide(東仙坊、絶対に不可能だろうけど、「天の川銀河」と「アンドロメダ銀河」の衝突の瞬間を見てみたい気もする)!

To be continued...




たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-25 人生を凝視すると、太陽の死をいつも想ってしまう 〈6〉

It was said that the Sun is too light to become a “planetary nebula” that could be seen even after death, but isn't it a little romantic to think that it might become a “planetary nebula” that could be seen even in the dark(太陽は軽いために死んでも見える「惑星状星雲」になれないと言われていたが、もしかしたら暗くても見える「惑星状星雲」になるかもしれないなんて、ちょっとロマンチックでは)?

■ほんの少し科学技術を持ったところで、「天の川銀河」のなかでさえ、メチャクチャ後発の人類が、何を勘違いして横柄でいられるのか!!!?

●なぜ我々人類は、大宇宙のなかの小さな太陽系に属する存在なのに、その太陽が死んだらどうなるのか?って考えないでいられるのか!!?

◆東仙坊、人生の岐路に立つと、必ずスティーブン・ホーキング博士の言葉に大きな示唆を受けてきた!?

我らが太陽は、健康で、病気にもならず、ケガもせずにいても、約50億年後には、寿命がきて、老衰で死ぬとか。
では、太陽が死んだ後、何が起こるのか?
2018年5月14日、ポーランド・ニコラウス・コペルニクス大学クシシュトフ・ゲシツキとUK・ジョドレルバンク天文台アルバート・ザイルストラの研究チームは、「恒星のライフサイクルを予測するモデルを新たに開発し、異なる質量や年齢の恒星から放出された外層の明るさを推測する研究」を発表。
そして、「あと約50億年ほどすると一生を終えるとみられている太陽は、軽すぎるために見ることができるほど明るい『惑星状星雲』にはならない。すなわち、太陽の質量は、暗いながらも見ることができる『惑星状星雲』を作り出す下限近くで、太陽よりも数%軽い恒星では、『惑星状星雲』は見えなくなる。ところが、外層を放出した後の恒星は従来のモデルに比べて3倍も速く温度が上昇。その結果、太陽のような低質量星でも、これまで考えられてきたよりもはるかに容易に明るい『惑星状星雲』が形成できる」と説明。
ちなみに、質量が太陽の数倍程度以下の恒星は、その一生の最終段階でガスや塵の外層を放出するとか。
その外層部分が、後に残った高温の中心核に照らされて輝いて見えるのが「惑星状星雲」とか。
そして、そのなかには、数千万光年彼方にあっても見えるほど明るいものもあるが、それは「惑星状星雲」になる前の恒星で暗すぎて見えないほど遠い距離にあるとか。
ともあれ、このモデルは、約30年前に発見された観測事実の証明にもなったとか。
観測から、様々な銀河に存在する「惑星状星雲」のうち最も明るいものの本来の明るさはどれも同じだとか。
これは、太陽のような低質量星からも明るい「惑星状星雲」が作られることを示していて、従来のモデルによる理論の太陽の2倍程度より軽い星から作られる「惑星状星雲」は暗すぎて見えないと考えられていた矛盾を解決。
アルバート・ザイルストラは、「観測が非常に難しい遠方銀河内の数十億歳の星の存在を調べる方法が見つかっただけでなく、太陽が死ぬと何が起こるのかという疑問の答えも見つけることができました。スバらしい研究成果です」とコメント。
どちらにしても、この摩訶不思議な宇宙空間にあるこの世のすべてのモノには寿命がある。
それは、煌めく我が太陽だって同じ。
その寿命は、約100億年ほどと言われているのだから、現在、約50億歳、すでにその約半分が経過しているはず。
そもそも、太陽は、陽子反応によって水素をヘリウムに変換し、そのエネルギーで輝いているのである。
そう、水素こそが「命の源」。
それが使い果たされたとき、太陽は死ぬのである。
まあ、幸いにも? あるいは、幸運にも? それは我々人類が生存している間には起きないに違いない。
では、、太陽に死期が近づくといったい何が起きるのか?
◇地球に強力な温室効果
太陽が水素を使い果たすと、明るさが増し、そのエネルギーが地球に届くようになるとか。
すると、地球の大気が毛布のように機能し、太陽からの熱を留めている。
それゆえ、我々人類の生命が存在できているのだが、太陽から届くエネルギーが増えるおかげで、地球は異常なまでに暑くなり水分が蒸発し、分厚い雲が形成される。
しばらくの間、この分厚い雲によって、太陽の放射線から地球は守られる。
しかし、熱はさらに蓄積し、やがて海が蒸発し始める。
そうなれば、もはや地球上の生命は存在できない。
仮にそのときまで我々が生きていたとしても、水不足と高温によって死滅する。
◇膨張する
燃料を使い果たした太陽は、「赤色巨星フェイズ」に入る。
中心核付近にヘリウムを溜め込み、今度はそのヘリウム自体が核融合を始める。
その瞬間から太陽は膨張し始める。
膨張してサイズが増す一方、温度はそれまでの5000~9000℃から2000~3000℃にまで下がる。
「赤色矮星」というもっと小さな恒星なら、燃料がなくなればただ単に消える。
反対に、「青色巨星」は非常に大きく、重い元素に融合して、鉄のコアが形成される。
その後に起きるのが、超新星。

The fact that the sun turns red when it approaches its death is very similar to humans and must be truly strange(太陽が死期が近づくと赤色になるなんて、どこまでも人間と似ていて、実に不思議)!

To be continued...



profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード