Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

たびたび大洪水襲来のある日本砂漠-26 国益第一で働く「政治家」のいない国の悲惨な現状!? 〈2〉

In our country, an underground organization like the “deep state” established by the Ministry of Finance may be rampant(我が国では、財務省が築き上げた「ディープステート」のごとき裏組織が、跳梁跋扈しているのかも)!

■何でも世界スタンダード好きの我が国には、世界同様、金のために魂を売った私利私欲の塊のジコチュウ「政治屋」しかいない!!!?

●立法府に属する国会議員は、「法」を創るのが仕事なのに、国会議員に関する全ての「法」を自分たちを律するためではなく、自分たちを存続させるために「法」を創るだけ!!?

◆現代社会には、多種多彩な喰うための商売がある。そのなかで、何の仕入れもいらず粗利がそのまま利益になる政治屋ほど、オイシイ商売はない!?

安倍晋三総理の2回目の「持病の潰瘍性大腸炎が再発し、病気と治療を抱え、体力が万全でない苦痛の中で大切な政治判断を誤ることがあってはならない。国民の皆様の負託に自信を持って応えられる状態でなくなった以上、総理大臣の地位にあり続けるべきではない。様々な政策が実現途上にあり、コロナ禍のなか、職を辞することについて、国民の皆様に、心より、心より、お詫び申し上げる。ただし、次の首相が任命されるまでの間、引き続き職務にあたる」という辞任発表に、財務省の不逞のヤカラどもは、欣喜雀躍、飛び回り続けたに違いない。
それはそうである。
長い間、目の上のタンコブでしかなった安倍晋三総理が、突然、自ら消えてくれるというのだから、コヤツらにとっては、そして、媚中派や親韓派の政治屋どもにとっては、棚からボタモチの朗報。
しかも、安倍晋三総理は、無能このうえない首相なりたい症候群の岸田文雄に禅譲すると言っていたから、ますます安堵。
財務省や媚中派や親韓派の政治屋ども、あのバカなら麻生太郎を通じて、完全に自分たち傀儡にできると虎視眈々。
と、と、ところが、安倍晋三総理は、想像以上に強かだった。
二階俊博幹事長に一任したように装い、両院議員総会で総裁選を行い党員投票を省略。
その結果、2020年9月16日、宿敵石破茂とおバカ岸田文雄を排除し、自分のクローンのような菅義偉に跡目を継がすことに成功。
それに燃えたのが、財務省と媚中派や親韓派の政治屋ども。
我が国のおバカメインストリームメディアどもを支えているスポンサーを脅迫し、異常なまでの信憑性など皆無の世論調査を実施し、支持率低下、支持率低下の大合唱。
ついには、菅義偉に総裁選出馬を見送らせる陰険さ。
そして、予定どおりに、「日本長期信用銀行」出身のメモ読みおバカを首相にすることに成功。
け、け、けれども、簡単にソヤツらの思いのままにはならなかった。
メモ読み首相、安倍晋三総理に一喝されると、すぐゴロニャンなのである。
それはそうである。
圧倒的自民党最大派閥領袖になった安倍晋三元総理、その「清和政策研究会」から内閣に多数の大臣、副大臣、大臣政務官を送り込んでくるから、有無を言えないのである。
そのうえ、自分の政策の継続を押しつけてくるから、威張りたいだけのメモ読み首相、それがクソオモシロなくて、悶々…。
ここからは、東仙坊のオリジナル・フィクション混じり!!!
そ、そ、そんなとき、財務省と媚中派や親韓派の政治屋どもから、実に意味深で、なおかつ、メチャクチャ複雑怪奇で、まさに悪魔からの卑劣極まりない誘惑のような話が入ってきた。
それは、腑抜け首相にとっても、媚中派の代表格林芳正官房長官にとっても、親韓派の盛山正仁にとっても、精一杯耳を澄ましたくなる話でもあった。
実際、2019年10月、この腑抜け、安倍晋三首相に言われ元共和党の下院議長ニュート・ギングリッチ、「世界平和統一家庭連合」友好団体「UPF(天宙平和連合)ジャパン」トップ梶栗正義議長と会談しているというから、かなりリアル。
それは、林芳正官房長官も同じ。
2021年9月、「世界平和統一家庭連合」関係者と面会していたとか。
最悪なのが、盛山正仁文部科学相。
コヤツ、宗教法人を所管する文部科学省のトップとして、昨年10月、教団の解散命令を東京地裁に請求したご仁。
それも、2021年衆院選に兵庫1区から「宏池会」の支援を受け立候補。
その選挙公示の2日前、2021年10月17日、神戸市で「世界平和連合」がコヤツに持ちかけ、国政報告会を開催。
そして、「世界平和統一家庭連合」信者ら約60人が見守る前で、「世界平和連合」会長梶栗正義から推薦状を手渡されていたとか。
そのうえ、選挙期間中、「世界平和統一家庭連合」信者でもある「世界平和連合」の会員10~20人が、連日、コヤツの事務所名で有権者に電話で投票を呼びかけたとか。
それなのに、選挙区で敗れ、比例復活。
そ、そ、それだけじゃない。
な、な、なんと文部科学相就任後の昨年10月、「世界平和連合」関連団体の会合に参加したというのだから、何をかいわんや。
ともあれ、コヤツらを含め、自民党の国会議員だけでなく、相当の国会議員が「世界平和統一家庭連合」と関わっていることは事実なのでは?
ということは、直接、いろいろな話をできる関係にもあったということでは?

The Ministry of Finance, an organization of money-obsessed people, must be trying to eliminate one politician after another who opposes them(金の亡者どもの組織である「財務省」は、自分たちに刃向かう政治屋を次ぐ次と排除しようとしているに違いない)!

To be continued...










profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード