Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-7

I'm not such an easy nihilist (東仙坊は安易なニヒリストではない)!

東仙坊、今、猛省している。
恥を知っているからである。
このプロファイリングを開始し、自分で考えられる、日本にあると思われる、ありとあらゆる罵詈雑言を駆使し、ヒトを非難しても、実は何も痛快じゃない楽しくない。
それどころか、その自己嫌悪で、困惑し、酷くブルーである。
では、何のためにそこまでして、暴走チャリンコ乗り、マナーの悪いドライバー、救いようのない教師、奮起して欲しい警察官、ジコチュウの偉いヒトを糾弾してきたかというと、再三再四指摘してきた通り、それこそがモラル再生への早急な道だと信じたからに他ならない。
東仙坊、お読みいただいている方にはとっくに理解していただいていると思うが、決して安易なニヒリスト(虚無主義者)ではない。
もちろん、日本国民に必要以上に不安を与えたいわけでもない。
当然、人間自身が早めている「世界の終わり」に怯えてもいない。
全く逆である。
「天」を、モラルを喪失してしまった日本に、人間を超越した存在はないと錯覚した日本に、困った時やみくもに助けてくれる都合のいい神しかいなくなった日本に、「そうじゃない、間違いなく信じられる何かはある。上手く言えないがバイブレーションみたいな何かを感じないか?」と、伝えたいだけ。
つまり、今なお「天(あめ)は見ている」、「天網恢恢疎にして漏らさず」と、言いたいだけ。
「毎日、例え昨日と同じ今日であっても、それを自分の壮大なる叙事詩、自分の感動的な抒情詩と捉え、粛々と生きてゆくしかないのでは?」と、尋ねたいだけ。
人間、必死で生きているからこそ面白い、そう思わないか?
紀元前に、「お金を増やすことを尊重すればするほど、ますます徳を尊重しなくなる」と、かのプラトンは国家論で言っているし、「富は海水に似ている。飲むほどに渇く」と、かのショーペンハウアーは言っている。
お金のために、刹那的な快楽のために、モラルを喪失しては、人生もったいないと思わないか?
どうあれ、その信じられる何かに愛されるには、普通仮面を被って異常な罪を犯してはいけないと、東仙坊、そう言っているだけだと理解して欲しい。
まさに、マキャベリの言う、「天国へ行くのに最も有効な方法は、地獄への道を熟知すること」を、実践したいだけなのである。
しかし、残念ながら、それは、もう儚い夢なのかもしれない。
今や、やはり世界から言われているように日本は、「極東のパラダイス」、「天の裁きもない、何でもあり天国」なのか…?

5月21日、山梨県警が、宇都宮地裁判事、下山芳晴(55歳)を、20代女性へのストーカー行為で逮捕した。
この現職判事、「今日も仕事するの」「明日、会えるのかなぁ」「今度いつ会えるかなぁ」などと、自宅パソコンやインターネットカフェからフリーアドレスを使い、匿名で1ヶ月間執拗にメール送信をしたという。
その上、警察庁幹部や山梨県警幹部に、女性の被害に関する相談をしたり、捜査に乗り出すよう要請したりという裏工作をしていたという。
肝心要の裁判官がこの体たらくじゃ、何を言っても無駄だと思わないか?
悲しいけどそんな気持ちになりそうな、自分が怖い。
いくら憲法で身分を保障されている裁判官でも、国会の弾劾裁判所で罷免できるはずなのだが…。
どちらにしても、取調べで「恋愛目的ではない」???と供述しているというから、ますます異常だと思わないか?

At last the bastard judge should come out who put on the stalker badge (ついにストーカーバッジをつけた可笑しな判事が出現した)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード