Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-9 東仙坊、衝撃、慟哭、自省、憤怒、そして、激怒!

I am astonished at hear the news that a motherfucker was arrested for the murder of the Shiomi's case by the stupid police (潮見失踪事件で、愚鈍な警察に殺人でクッソッタレが逮捕されたと聞いて、吃驚仰天した)!

東仙坊、この失踪していたかのような江東区潮見の23歳女性が、すでに殺されてしまっていると聞いて、凄く衝撃を覚えている。
結局、この事件は、「神隠し」、「神から隠れ」でもなく、卑劣で卑怯な強姦殺人事件の「捜査漏れ」でしかなかったということらしい…。
その意味で、いつ女性が殺されたのか?という犯行時刻は、大変重要な意味をもっているはず。
それなのに、どうやらバラバラにされてしまった上に、こんなに時間が経ってしまったら、警察にとっては好都合かも知れないが、到底不可能に違いない。
そして、この最悪の結果に対し、その被害者の無念を慮り、心から慟哭している。
というのも、「プロファイリング-9 江東区潮見女性失踪事件-3」以降、失踪女性が生きていると楽観視していたのは間違いない事実だからである。
と同時に、その2人の氏名にまだ多少違和感を覚えているが、被害女性の姉に対しては慎んで謝罪したい。いくら甘ちゃんだからと言っても、それが容易でないことぐらい十分覚悟している。
どんな誹りも受け入れる。
それから、その一部屋隣のクソッタレ、星島貴徳(33歳)は、絶対に許さない。
何を言っても、今や言い訳かも知れないが、このクソッタレ、事件直後テレビインタビューに応えていて、確か「8時頃には家にいたが何の音も聞こえなかった……」と言った最後の方に「早く無事に見つかるといいですね」と言っていた。
それを観て、東仙坊、「こいつが犯人じゃない?」と即答していたのに…。
悪いヤツは、必ず喋る。

そんなことより何より、今頃になって、被害者の部屋にクソッタレの指紋が、クソッタレの部屋に血痕があったとは、一体何なの警察?
しかも、その血痕が何のものか?誰のものか?わからないとは…一体1ヶ月何をしてたの?
あれだけの状況証拠下で、マンション9階には、20室、居住室はたったの5室。しかも、当時、部屋にいたのはこのクソッタレだけだとは…?
今、クソッタレをテレビで観たが、何と怪しい気色の悪い顔のオトコか…そのうえ、「自分が疑われているのかもしれないけど、疑われるとこもちょっとあるかも…」と話した瞬間の不気味な表情に、何にも感じないなんて、ただただ呆れないか?
一体どんな鑑識眼、洞察力?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
プロファイリング-11 普通仮面を被った異常犯罪-5」でも書き込んだが、少なくとも、東仙坊、金輪際、日本の警察を信じない。
決して八つ当たりではない。
案の定、クソッタレの部屋からは、被害者の遺留品はもう何も出てこないというではないか…。
拳銃自殺したり、警察署で飛び降り自殺したり、いろいろな恥知らずの罪を犯したり、およそモラルの規範という自覚もないヒトが多いのも、なぜか納得できると思わないか?
それこそ、警察官は、天職とでも思わなければやっていられないはず…。
もう一度確認しておきたい。
110番通報を受けた直後、テレビに平然と応えていたこのクソッタレの部屋を、間違いなく聞き込みしたんだよね?
なぜなら、被害者の部屋から、エレベーター方向7室は空室、被害者が部屋に入ろうとした瞬間を素早く狙える、すぐ近くの部屋(1室先)の居住者は、奥のこのクソッタレしかいないのだから…。
それにしても、4月25日、警察が、全150戸の捜査を完了し、不審な点はなかった。何者かが防犯カメラの死角を突くなどして、マンション外に連れ出した疑いが強いとみて調べていると発表したのは、一体何だったのだろう?

事件直後、室内も玄関先も争った形跡がないと発表したのは、何だったのだろう?

どちらにしても、これだけ世間を震撼させ心配させた事件。
初動捜査の間抜け加減は別にして、まだまだ詳細不明で不可解な点が多いが、東仙坊のささやかな名誉のために、自分のプロファイリングを再確認しておきたい。



プロファイリング-9 江東区潮見女性失踪事件-1

■この事件(?)の重大ないくつかの疑問点

被害女性(?)が帰宅したことは、間違いなくビデオ確認されている。
ところが、被害女性が出て行った?もしくは連れ去られた痕跡が一切ない。
設置されている5台の防犯ビデオ全てで、確認できていない。
警察犬を使っても、通路に女性の臭気反応がなく、追跡できなかったという。
姉妹の部屋は、エレベーターホールから、かなり遠く、連れ去られるにしても、脅かされて歩いたにしても、その臭いが残らないこと自体が、変なのである。
確かに風が強いと言うこともあるが…。
4月21日現在で、マンション全体の30%、約50戸の空室チェックは終了し、残りの100戸ある居室の80%のチェックは終わったと警察は発表している。

同じ9階に住む男性が、午後8時には家にいたが何の物音もしなかったと証言している。
凄く変だと思わないか?あの通路を音も立てずに、臭気も残さずに、どうやって運んだのだろう?あるいは、どうやって連れ去ったのだろう?
どちらにしても、犯人(?)は、スーパーマンやスパイダーマンのような能力を持っていたということ?
実際、外階段を誰かが使った様子は1階の防犯カメラにはない。
そうなると、考えられるのは、被害女性が降りた9階エレベーター外か、外階段のどこかで、外部の誰かが待ち伏せしていたか?もしくは、女性の帰宅以前から部屋の中に侵入し、あえて果物ナイフ(?)を選び、待ち伏せしていたのか?
とするならば、一体9階までどうやって侵入したのか?それ以上に、部屋の中にどうやって侵入したのか?
被害女性が、9階でエレベーターを降りた時、1人だったことも確認されている。
では、女性が部屋に入る瞬間を後から狙ったか?

そうだとすると、犯人(?)は9階まで階段で上がった、相当の脚力の持ち主だと思うが…。

事件翌日の午前2時30分ごろ、同マンションの7階に住む女性が、隣の部屋から、ドスンという物が落ちるような大きな音と「イヤー」という女性の叫び声を聞いたという証言がある。
この情報って、物凄く重要だと思うのだが、どうだろう?
東仙坊、これが被害女性の声だったとしたら、全ての謎が一気に解決すると思うのだが?
それがあるから、9階~7階の重点的捜査を行っているに違いない。
110番後たったの5時間。その時、当然捜査員は現場に残っていたのではないのか?
だとすれば、それに気づかなかったのか?
当日は、万が一脅迫電話などがあることも想定して、現場には、捜査員がずっと残っていたはず。



たった1室隣での犯行だったら、全てが解決すると思わないか?
なぜマスコミは、あの証言しているクソッタレのビデオを、1室隣のオトコの証言として報道しなかったのか?香川事件以来すっかりビビってしまったということ?




プロファイリング-9 江東区潮見女性失踪事件-2

■東仙坊がプロファイリングする、犯行(?)動機

東仙坊、明言する、この妹だけが絶対的ターゲット。
あるいは、被害女性自身の大がかりな…。
これらの状況からすると、こんな時代らしく勝手に思慕の念を抱いた、同じマンションに住むパラノイア・オトコの犯行と考えてみる必要はある。
被害女性を自分の部屋にナイフ(?)で脅かしながら、連れ込み乱暴しようとした?短絡的な強姦目的の拉致(?)。

だとすると、被害女性は裸足(もちろん、ストッキングかソックスは履いている)、警察犬がその臭気を見逃すはずはないと思いたい(警察犬までが昨今の警官のようになっているかも知れないけど…)。
そして、思い通りに、防犯カメラの盲点を突き、有能な警察犬の追跡もかいくぐれるほど巧妙に、そのassholeが自分の部屋に被害女性を連れ込むか、外に連れ出すことに成功していたとする。
今、被害女性は、どうなっているのだろうか?
そのホシは、何をしているのだろう?
捜査を急ぐ必要があるのでは?
居室捜査が開始されている。
本当に外に連れ出されてしまっているのだろうか?
かなり、無理がある。
実際、東仙坊が忌み嫌う最低の犯罪であるrape(強姦)発生は増加しており、
この国は地獄なのか?週間映画人間-3」や「プロファイリング-6 世界不可視的戦争 今そこにある重大危機-3」で書き込んだクソッタレ栄紀祥のように、平気で同じマンションの複数女性を強姦する卑怯で卑劣なオトコは多い。
ちなみに、2004年7月5日、大阪府東署で逮捕された、強盗強姦魔、多田央(43歳)は、オートロックの同じワンルームマンションで、獲物の女性がドアを開けると同時に部屋に押し入り、強盗強姦したという。それも、何と50回以上待ち伏せし、5回は犯行に及んだと言う。



またしても、警察の無能さを露呈したというだけ?

The police, give me back my times(警察よ、時間を返して)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード