Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

東仙坊、人様のpcをお借りしての耳元への「囁き」!?-1

I am sure I supposed a big earthquake should occur when I begin to clear it off actually(本気で後片づけし始めると、必ず大きな地震が発生するような気がする)!

東仙坊、ブロガーとしてのプライドから、1日も早く自分のpcで、自分の資料に囲まれながら、じっくりプロファイリングしたいと切望していた。
そのために、必死にその天の視線が何を凝視しているのか?と全身全霊の細胞を集中していた。
とにかく、あたかも自然界の主のように慢心し切った態度をしたり、さぁ終わった!と安易に独断して軽率な態度をしたら、すぐにさらなる鉄拳が飛んでくることは確実。
To do it or not to do itと、メチャクチャ複雑な心境。
そ、そ、それなのに、モラルを喪失し、ジコチュウ軽挙妄動ばかりが目につく情けなくてみっともない政治屋ども、クソの役にも立たない天下り官僚ども、コンプライアンスやコーポレイト・ガバナンスと全く無縁な東京電力、それ以上に、どうしても気になることがあって、凄くイヤな予感…。
こんな「沖の干潟はるかなれども、磯より潮の満つるがごとし」的悲惨な運命に直面し、どう人間として生きるべきか?と改めて考えるのは当然としても、逃げることのできない厄介な現実を笑って受け入れる度量こそが日本人の本質と再認識するのが、人間の人間たる所以のはず。
こ、こ、これはもう黙っていられない!、本格的にプロファイリングするっきゃない!と、救助犬や重機もなしに自分の部屋の再建を始めた、よせばいいのに。
そして、無残にも犠牲になった大事なキャラクターのマグカップを手に取り、思わず涙を浮かべたとたん、ガ、ガ、ガーンとかなり大きな地震が…。
「ああ、やっぱり…止めとけばよかった…」と、思わず、声を出した、東仙坊。
けれども、時遅しとばかりに、その揺れはいっこうに収まる気配なし。
BGMの防災ラジオが、「震源地は、静岡県富士宮市、震度6強!」と伝えた瞬間、即、復興中止。
「いよいよ、いよいよかも…」と、さすがに今日のブログアップを諦め、テレビに釘づけ。
そのまさにど真ん中の豪速球のストライクのような地震に、「こ、こ、これだったら、どうしようもない。瞬く間に日本中が被災地では?」と、ますます書き込みたくなったのだが…。

そ、そ、そこで、再び、「これこそ、自分の生き甲斐、生きていることの証!」と、人様のpcをお借りしての懸命のブログアップへの努力、再開。
まずは、観ているだけで日本という文字に「the end」マークが浮かび上がってくるような管直人、原子力安全・保安院、そして、こんな無責任で無能な会社が原発なる「化け物」の管理を担っていたのか?と青筋だらけにさせられた東京電力、「まぁいくら、しゃーべっと(マイクロシーベルト?)」も馬の耳に念仏と百も承知でも、どうしても、それらの「世界の恥」である大バカ者どもに、言わざるを得ない。
なぜなら、ここまで「振り込め詐欺社会日本」を的確に表現した事例は、歴史的に初めてと思われるから…。
その代表格は、「しっかり対応し一人も健康被害に陥らぬよう全力で取り組む。冷静な行動を心からお願いする。未曽有の国難とも言うべき地震を、国民一人一人の力と、それに支えられた関係機関の努力で乗り越え、未来の日本で『あの苦難を乗り越え、こうした日本が生まれたんだ』と言えるよう、それぞれの立場で頑張ってほしい。私も全身全霊、命がけで取り組む」とカメラをじっと凝視することなく、平然と言い放ち、記者の質問に答えず立ち去った管直人。
そして、こともあろうに、「最悪の事態になったら、東日本がつぶれることも想定しなければならない。そういうことに対する危機感が非常に薄い」とまで言ったというから、言語道断。
冗談でも、国家存亡の危機に、こんな最低のオトコが日本国首相とは、天は我が国を見棄てたのか?
そもそも、この焦点の定まらない直情径行の単純バカ、何が情けなくてみっともないかというと、その軽佻浮薄な言動とその貧しいボキャブラリィ…。
無教養丸出しの言葉は、国民を動揺させるばかりでは?
その意味で、一刻も早くご退場いただくしかないと思うが…。
それにしても、日頃から、自衛隊を大切にしていたら、もっともっとその人たちのモチベーションは違ったのでは?と思ってしまうのは、東仙坊だけではあるまい。
にもかかわらず、5万人増員、10万人増員、予備自衛官まで召集だというのだから、何をかいわんや。
どちらにしても、「管直人よ! せめてダイハードのジョン・マクレーンのように、24のジャック・バウアーのように、CSIマイアミのホレーショー・ケインのように、福島原発の放射能が本当に心配ないなら、それこそもう一度自ら福島原発に行って、それを国民に示せよ!」と思わないか?
そして、詐欺師の親玉らしく、「国民の安全を守るとか、安心して暮らせる生活などと軽々に二度と言うな!」と言ってやりたくならないか?
と、ここまで書き込んできて、ビックリ仰天。
と、と、突然、電気が消えた。
東仙坊、今できる範囲でのブログにしようと、そっと覚悟し、笑っているのだが…。

The greatest misfortune for the Japanese was incompetent by this earthquake greatest in history, theJapanese prime minister was such unripe and no having a management capability(この史上最大の地震での日本人にとっての最大の不幸は、首相がこれほどまでに未熟で無能で管理能力がなかったこと)!

To be continued...


profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード