Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-9 東仙坊から、「甘ちゃんアマチュア警察」へご質問?

Let us think about this criminal investigation at the initial stage of the Shiomi's case together again(潮見事件での初動捜査を、もう一度考えよう)!

東仙坊、この残忍非道な潮見殺人事件について、どうしても解せないことがある。
もう一度、知りうる限りの情報を基に、考察してみたい。

その前に、なぜ、マスコミは加害者の母親を追うのだろう?
一体このクソッタレの母親に、何を言わせたいのだろう?
今更そんなことをしても、あれだけ直接やり取りし合い、あれだけの質問にあんな答えをしていたクソッタレを、正義の一翼を担っているはずのマスコミの責任を放棄し、看過した事実を隠せないと思うが、どうだろう?
政治も警察も、官僚化し、ここまで硬直化してしまった以上、マスコミまでが、そんなバカどもにサポートされることになったら、この日本は一体どうなるの?
バカどもが、抽象論や観念論を振りかざし、誤魔化したり、翻弄したり、虚偽を言ったりしている具体的真実を、どんどん暴き、曝し、仄めかすのが、使命では?
別に、二律背反に、ジレンマを覚えているのはマスコミだけでない。
また、いちいち報道を無菌消毒しなければならない義務もない。
とにかく、一番みっともないのは、ジャーナリズムの右顧左眄だと思うが?
少なくとも、東仙坊、マスコミが、せっかく正義感に溢れているのに、昨今の過誤を必要以上に叱責する風潮におののき、そのポピュリズム傾向を強めざるを得ないことは理解している。
けれども、「柔よく剛を制す」は日本の美徳だと思うが、どうだろう?
東仙坊、衝撃、慟哭、自省、憤怒、そして、激怒!でも書き込んだが、あのクソッタレのビデオをあれだけ持っていたなら、今頃放映するのではなく、あの収録直後に、「2軒隣りの男性の証言」としてガンガン流すなり、独自に心理分析医や犯罪心理学者なる方に見せ、それを警察に渡すべきだったのでは?
このままでは、マスコミは、捜査の進捗状況をホシに報告した、単なる協力者になってしまうが…?
あんな劇場型犯罪者志向の自己顕示欲の亡者に、いいように利用されたお人好しでいいの?

東仙坊の今なお不可解な点、そして警察への質問

①失踪事件通報受信後、何分で現場に駆けつけ、どんな捜査を、いつまでしたのか?

クソッタレへの1回目の聞き取りが、当日午後10時。発覚後かなり早い段階。何らかの不審点があったのでは?なのに、なぜ、玄関先で終わらせてしまったのか?
任意捜査の限界だとしても、なぜ、事件発生推定時刻に、たった1人あのフロアにいた不気味なオトコに集中し、巧妙に中へ入らなかったのか?
同じ時刻に、同じマンション住民が「女性の悲鳴のようなものを聞いていた?」と言うが、実際それをどう調べたのか?
それが本当だったら、誰も狂言とは推測しない。
玄関で見た血痕の量を、どこから、「ほんの微量」と発表したのか?
その後2回もチャイムを鳴らしても、応答しなかったクソッタレを、なぜ、放置できたのか?

②5台あった防犯ビデオ解析は、事件発生推定時刻のどのくらい前から、どのくらい後までやっていたのか?

このクソッタレ、4月21日午前0時、近くのコンビニで「70リットルと30リットルのポリ袋、タオル」を購入していて、その際、店員に「ゴミの日はいつ」と質問し、逆に店員から「バッグの底に血がついてますよ」と聞かれ、「友だちが魚を入れた(?)」と答えていたというではないか…この買い物は防犯ビデオに、映っていたのか?
まさか、ゴミ袋を捨て歩くことを含め、住民誰もが自由に出歩けたのでは?

③2回目のクソッタレへの聞き取りが、翌日午前2時~3時(当日の深夜)。それは何の目的だったのか?どうしても怪しい点があったのでは?

そんな時間に任意で聞き取りするだけで大勝負。玄関先で、何を聞いたの?
捜査は情報とスピードと知能が全て。
しっかり近隣の聞き込み捜査をしていれば、少なくとも21日にはクソッタレに、「昨夜、外出されましたよね。防犯ビデオに映っていたのですが、どちらに?」、とか、「昨晩、近くのコンビニで70リットルのポリ袋、お買いになりましたよね?こんなワンルームマンションにお住まいなのに、何にお使いになるのですか?教えてもらえませんかね?」と尋ねたりできたのでは?

④あんな戒厳令状況下で、安眠している住民がいるはずもないのに、なぜ、次の訪問が、翌日正午過ぎになったのか?

その能天気度に、今、東仙坊、豆腐を皿に投げつけている。
本当にプロフェッショナルなのか?
クソッタレがいみじくも言っていたが、「ちょっと大人しくしてようかな…警察の人にいてもらえるなら、ずーっといてくれてたら…」、ここまで愚弄されて、沽券にかかわらないのか?

⑤3回目でようやくクソッタレの部屋に入れた捜査員は、一体どこを、どんな気持ちで捜査したのか?

クソッタレも、「トイレやバスルームを見られた」と、税関を無事に通過したときのようなホッとした顔で、話していたが、天井裏や冷蔵庫の中や電気ジャーの中まで、隈なく捜索したのでは?
それなのに、今になって、クソッタレの部屋のフローリングの床や廊下から、血だまりができるほどの被害者の血痕が複数見つかり、毛髪まで大量にあったなんて…。
これもインタビューで話していたが、一人暮らしのオトコの部屋に、なぜ、複数の包丁があるの?
それ以上に、クソッタレが自ら指紋を提出したなんて、真っ赤な嘘。提出を頼んだら、拒否しただけでなく、指紋や掌紋が取れないように細工していた、とんでもない食わせ者である。

⑥クソッタレの共同記者会見が、一番奇々怪々?
テレビ局によって編集が違い、わかりにくい部分も多いが、東仙坊が着目したポイントは…。


「9階って、人が少ないんで、人に会ったことは1~2回しかない…人がいるって、電気メーター見るとわかるでしょ…」

「最初に入室されていたのが女性でしょ、やっぱ、こっちから行くのもちょっと警戒されるでしょ、まあ、むこうが警戒するでしょ…ピンクのスーツケースが置いてあって、玄関外に…」

「何か事件があったみたいだが、事件、いや、だったかな…」

「…朝出かけて、7時頃帰って、お風呂入って寝るだけ…」

「女性の写真を警察から見せられたというか見たというか、知ってる女性と全然違った…」

「場所柄、ホステス関係の女性が多くて、その延長線の方かなって…」

⑦事件(その時点では違うけど)翌日から、テレビや防犯ビデオに、ゴミ袋を持ってクソッタレが出かけるシーンが映っている…冗談じゃない!お願いだから、全部チェックしていたと言って欲しいが…。

4月21日、江東区清掃事務所で、警察立ち会いで、事件発覚後のマンションから出た可燃ゴミと不燃ゴミ計200~300袋を内部確認したが、不審なものは何もなかったというではないか?
案の定、5月28日、このクソッタレ、「出勤途中に、他のマンションのごみ捨て場などに、分散して捨てた」と供述しているという。
つまり、このクソッタレをマークしていなかったということ?

本当に情けなくてみっともないと思わないか?
警察だけじゃなくて、この国が?
不可解な国、Jabon、ジャボーンになってしまった気がしないか?
5月27日、東京地裁で、実の妹を殺害してバラバラに15のシンメトリーパーツにした、武藤勇貴(23歳)に、求刑17年に対し、殺人罪について7年、死体損壊に無罪という判決が下りた??
東仙坊、茫然自失、アスペルガー?
笑止千万の心理学者のご託宣、支離滅裂の判事のご判断、誰もが耳をかっぽじって聞くべきでは?
法廷で、実の娘をボロクソに言って、この本物サイコパスである二男の減刑嘆願までする、親がいるくらいだから…もう、ほとんど驚くこともないが…。
簡単に意訳させていただく。
「空気読めない、生来のキチガイ(?)。それが中学に入り、キチガイにしか感じられない不快感・不安感(?)を振り払おうと、さらなるキチガイ2乗に成長(?)。それが犯行時、人間にしか現われないはず(?)の記憶、意識、知覚がバラバラになる発作を起こし、それが酷くなり、さらなるキチガイ3乗に大成長。つまり、キチガイ3乗は、並のキチガイじゃないから、当然、責任能力はない?」と偉いヒトが言った。
それを受け、「そんなキチガイ3乗でも、殺した瞬間だけは正常になったのだから(?)、17年は重すぎるけど、懲役7年は仕方ない。ただ、死体をバラバラにするときは、元通りのキチガイ3乗に戻ったのだから、無罪?」と、別の偉いヒトが応えた。
どうして、これらの偉いヒトたちは、そんな考えができるのだろう?どうして、そんなことがわかるのだろう?どうしたら、そんなことが言えるんだろう?
凄く変で怖くないか?
まさか、星島貴徳、このキチガイをリサーチしてたり、死体が特定されないと立件不可を知っていたりしたら…?

I wonder if he should belong to the Asperger Syndrome too(アイツも、アスペルガー症候群だったりして)!




◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード