Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

新・日本砂漠化-134 東日本大震災被災地での気になる殺人-2

This case may contribute if a natural disaster must be the wrath of Heaven(もし天災が天罰だとすると、この事件が一因になっているかも)!

東仙坊、その事件のことを知らなければ、福島県南相馬市なる地域に関し、全く想像する術もなかった。
しかも、その事件が公開捜査になったのは、3月11日の地震発生のちょうど1週間前の3月3日。
やはり、どこかその事件が今回の大震災、そして大震災後の卑怯で卑劣な犯行ともコネクトしている気がするのだが…。
きっとこのままでは、天の怒りを抑えられないと思うが、どうだろう?
人間である以上、自分の命を、それ以上に人の命を大切にしなければいけないと思わないか?

■福島県南相馬市女子高校生失踪事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

2月19日の午後6時ごろ、福島県南相馬市原町区桜井町に住む、福島県立相馬農業高校3年女子生徒(18歳)が、「男友だちと会う」と家族に伝え外出。
その後、家族に携帯電話のメールで「これから家に帰る」と連絡があったが(?)、いまだに帰宅せず、携帯電話はつながらない状態。
2月21日(??)、家族が福島県警南相馬署に「娘が帰らない」と捜索願。
失踪女子高生は、身長約160cm、中肉で面長、髪は黒の直毛で肩まで伸びていて、外出時の服装はカーキ色のフード付きジャンパー、灰色のスエットズボン、サンダル履き(??)。
そこで、親が知っていたのか(?)、会いに行ったはずの20代男友だちに、警察が任意で事情聴取。
そのオトコは、「女子高生とつき合っていた(?)。2月19日夜に数時間会って別れ話をした後(?)、市内で車から降ろし別れた」とその日に会ったことを認めたが、その後、自宅近くで自殺しているのが見つかったというから、???
また、南相馬市内の海岸で、オトコの車が焼けた状態で発見。
さらに、女子高生の所持品も見つかっていない。
どうあれ、女子高生は相双地方の会社に就職内定していたというから、凄く哀れ…。
そ、そ、それなのに、3月3日、福島県警南相馬署は、女子高生の顔写真などを公表して市民に情報提供を呼びかける公開捜索を開始したというから、わけワカメ。
そして、南相馬市の市街地や海岸周辺を中心に、約90人態勢で捜索し始めたというから、事なかれ的お茶濁しでは?

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①家族3人暮らしで、娘が男友だちと会うと出かけて帰宅しないのに、なぜ捜索願が2日後なのか?
東仙坊、この手の事件が起きるたびに指摘してきたが、なぜ娘にビビる親が多いのか?
この遅れでもわかるように、この失踪女子高生、今までにも何度も外泊したことがすでにあるに違いない。
だからこそ、すぐに対応できなかったに違いない。
いかなる親でも、自分の娘を守るためには、どんなことがあっても臆さないことだと思うが…。
それゆえ、もしその夜のうちにそのオトコのところに押しかけてさえいれば、すでに時遅しでも、娘の悲しい遺体だけでも確保できたのでは?
どちらにしても、今からでは何もかもが空しいだけだろうが…。
それにしても、何時ごろだったのか正確な時間はわからないが、もしかしたらホシが送ったかもしれない「これから帰る」という不自然なメールを受け取っていて帰ってこないのだから、すぐに捜索願を出すべきだったのでは?

②失踪女子高生は、まだ寒いのにサンダル履き
被災現場としてたびたび観る限り、南相馬市は間違いなくクルマ社会。
失踪女子高生がサンダル履きということは、すぐに車に乗ったことは確実のはずでは?
つまり、会ったオトコを特定した段階で、その車を徹底的に捜査すべきだったと思わないか?
オトコはなぜか車を燃やしている。
ということは、車を検証したら何かが出てきたのでは?
どうあれ、何よりも先にそれをすべきだったのでは?
それから、このオトコの車の走行した軌跡も、徹底的に検証すべきだったのでは?
東仙坊、誰も言わないから言わざるを得ないが、それしか失踪女子高生の遺体、もしくは遺体の一部を見つける方法はないと思うが…。

③なぜ失踪女子高生の携帯電話をチェイスしなかったのか?
今や、犯罪捜査のキーアイテムと言っても過言ではない携帯電話。
実は、東仙坊、自分の携帯電話を失くしGPSで探し当てて、改めてビックリ仰天。
その精度に感動したばかりだから言うのではないが、大切な子どもを持った親は、そのシステムを巧みに使うべきだと思うのだが…。
それは、捜査も同じでは?
その意味で、もし捜索願が出されたときに、素早く福島県警南相馬署は、それを実行したのか?
凄く気にならないか?
少なくとも、オトコに事情聴取するとともに、それをやるべきだったのでは?

④いくらムダでも、やはり福島県警南相馬署の捜査方法について言及せざるを得ない。
オトコが、その夜、失踪女子高生と会っていたことを認め、しかも別れ話(?)をしたと話した時点で、第一容疑者ではないのか?
それなのに、見張りもつけず、結果的に自殺されてしまうとは、原発と同じでは?
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
東仙坊、天が戒めるのでは?と心配する最大の要因が、そんな福島県警南相馬署の対応なのだが…。
その意味で、海岸を捜索中に津波に襲われなかっただけでも、メチャクチャ幸運では?
なぜなら、この事件の伏線になるような卑怯で卑劣な女性失踪未解決事件が、福島県南相馬市では17年前に起きているからである。
その件に関しては、後回しにして、話を続ける。

⑤誰がどう言おうと、この恥知らずにも自殺したオトコが、この女子高生の失踪に深く関わっていることは、自明の理。
「茨城県北茨城市女性殺人事件」同様、有力容疑者のオトコは自殺してしまっている。
これを逆説的に言うと、自殺するくらいなら人を安易に殺すなよ! それしかない。
それはそうだと思わないか?
自分とつき合っていた女の子から、「別れたい」と言われたくらいで殺していたら、この日本から女性がいなくなってしまうのでは?
本当に呆れるほど無知蒙昧で、勇気のないオトコだと思わないか?
こんなボールのないオトコが、何でここまで増えてしまったのか?
それで、東仙坊、突然、思い出したことがある。
今、被災地の人々に元気や勇気を与えてくれている奇特なアスリートや芸能人たちにふと聞いてみたいことがある。
この手の勇気のないオトコどもにも、本物の勇気を与えてやって欲しいけど、一体どうやって与えるのか?と…。
どうあれ、こんなオトコを放っておいた福島県南相馬市に、ある種の啓示が下りたのかもと思わないか?

Don't murder a person if you will commit suicide later immediately(すぐ後で自殺するくらいなら、人を殺すな)!

To be continued...




profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード