Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

新・日本砂漠化-135 世界の「Kizu-na」、フクシマノブイリ!?-2

We should have the worst problem with the place where such a liar didn't touch(ウソツキが触れないところに、一番最悪の問題があるはず)!

★お詫び

東仙坊、恥ずかしさのあまり顔面紅潮、ろくろ首…。
この原稿は、4月15日午前5時28分にupし、バタンと眠り、そのまま病院にまっしぐら。
ところがサーバーのシステム異常とかで、upできなかったばかりか、プロットがそのまま掲載されてしまっていたことを知ったのは、午後6時過ぎ。
本当に失礼しました。
そして、ようやく書き直して、再びupしようとしたら、またしても一部機能に異常が発生し、復旧までしばらくお待ちくださいと、内容がゴーン。
半ベソをかきながら、再再作成して、待つこと13時間…。
東仙坊にとって、ブログはフクシマノブイリみたいなもので、ガーン。

「INES(原発事故の深刻度を示す国際原子力事象評価尺度)」…。
レベル4ととりあえずして、まず自分たちの無準備を露呈させないことを企み、バレかかるとレベル5にしておき、いよいよマズイとわかると、やっと最も深刻なレベル7に引き上げるとは、典型的な詐欺師の手口。
そんな情けなくてみっともない恥知らずどもであるが、我が国で原発なる化け物の安全を司っているとは、本当にこの国は危ないのでは?

■「原子力安全・保安院」のウソ八百

②ベクレルは、放射線を出す能力、つまり、「放射能の強さを表す単位」。
テラは、「1兆倍」。
1テラベクレルとは、「1秒間に1兆回の原子核崩壊が起きる際の放射能の強さ」。
シーベルトは、「放射線の人体への影響を示すもの」で、1ベクレルの放射性ヨウ素131を経口摂取した場合の人体への影響は、0.022マイクロシーベルト。
100万マイクロシーベルト=1000ミリシーベルト=1シーベルト。
ということは、25日間でヨウ素131放出量は、63万テラベクレル、1兆3860億シーベルト。
100%致死量は7シーベルトだから、もし1時間で放出されたら、1980億人。
いやいや、フクシマノブイリには、8500万テラベクレルあるのだから、一体、何人分?
違う違う、それは1号機~3号機だけだから、4、5、6号機や福島第二原発を加えたら、い、い、一体、何人分?と考えただけで、気が遠くならないか?
どうあれ、この段階で、突然、レベル7となぜ公表したのか?
IALEの基準に合わせ、数十万テラベクレルだから、レベル7というのだが、その真意はそんなものではないはず。
何しろ、今まで、とっくにわかっていながら、自分たちの無能さ、安全対策の無策がバレたくない、金のなる木を簡単に捨てたくないと隠蔽し続けてきたのだから、同じ穴のムジナの政府と結託して、どこまでもこれはヤバいと責任転嫁を図っただけ。
今なお批判の矛先を変えようとは、本当に情けなくてみっともないと思わないか?
それにしても、姑息に数値をゴマカし、行き当たりばったりの泥縄式対応し、ここまでなりふり構わぬデタラメさブリを露呈するテイタラクに、すぐに豆腐の角に頭をぶつけて地球上から消え失せろ!と激怒しているのは、東仙坊だけではあるまい。
ようは、日本人特有のお人好し感覚、仕方ないという諦めのよさを頼りに、こんなに酷い状態なのだから、自分たちの手ではムリとブン投げただけ。
我々もいいようにオプティミストにならずに、この不逞の輩どもの失態をとことん糾弾すべきだと思うが…。
それはそうである。
確かに、火災と核燃料の崩壊熱で約2800度の高温状態が4、5日続き、ウランやプルトニウムなどあらゆる種類の放射性物質が蒸発放出されたチェルノブイリとは異なり、フクシマノブイリは、あたかもある程度冷却されているようにも見えるが、本当にそうなのか?
それもまた、鵜呑みにすべきではないのでは?
ウソにウソを重ねたら、もうウソをつき続けるしかないのでは?
東仙坊、もう一度、ここで明言しておきたいが、間違いなく何らかのメルトダウンはすでに起きているはず。
それどころか、かなりの危機的状況にあるのでは?

③完全なメルトダウンで漏出する物質には、放射性同位体窒素16、クリプトン、トリチウムなど、比較的毒性の低い放射性ガスがある。
こうしたガスは軽く、急速に拡散する傾向があり、人体への危険はほとんどないと言われている。
放射性同位体窒素16は、急速に放射性崩壊し、安定した酸素に変わる。
クリプトンも、非常に軽く、大気に漏出後、急速に拡散する。
トリチウムは、低エネルギーで半減期が12年だが、放射性崩壊すると、安定したヘリウムに変わる。
また、最もデリンジャラスなウランやプルトニウムなどの重金属も、その多くが格納容器の底に落ちて大気に漏出しない。
ここで最も厄介なのは、砂の粒子の4分の1ほどの粒子となって漏出する放射性元素。
放射性ヨウ素131、セシウム137、ストロンチウム90…。
放射性ヨウ素131は、環境によっては大気中や水中で急速に拡散、人体が自然に使う物質と似ており、口からあるいは呼吸によって簡単に人体組織に取り込まれる。
牛が食べる草に付着し牛乳を通じ人体に入るだろうし、葉物野菜に付着して食べられるだろうし、海水魚や淡水魚に蓄積し、それを人に食べるられることもある。
ただし、言われているように放射性ヨウ素131の半減期は8日と短く、数ヵ月で完全崩壊する。
東仙坊、最も危惧するセシウム137は、半減期が30年で、食品、水、チリの吸い込みを通じ摂取され、ガンのリスクが高まる。
放射性同位体ストロンチウム90は、半減期は29.1年で、。化学的にはカルシウムのような動きをするため、骨や歯に蓄積し、骨髄腫や白血病だけでなく造血器に障害を引き起こすのである。
さて、じ、じ、実は、その放射性ストロンチウム90が、3月16~17日という早い段階で、フクシマノブイリの30km圏からやや外にある福島県浪江町の2ヵ所と飯舘村の1ヵ所の土壌と植物から検出されていたことを、なぜ発表しなかったのか?
しかも、1km平方当たりストロンチウム90が最大32ベクレルも。
それだけじゃない。
福島県大玉村、本宮市、小野町、西郷村で、3月19日の早い段階で、採取された植物からも1km平方当たりストロンチウム90が最大5.9ベクレルも検出されていたのでは?
これは、紛れもなくメルトダウンが起きていることの裏付けではないのか?
そして、これこそがチェルノブイリと同様たる所以では?
なぜなら、チェルノブイリ原発事故では、大量のこのストロンチウム90が環境中に漏出し、当時のソ連、欧州北部、その他地域に堆積し、白血病患者を多数生んだはずだから…。
そもそも、外国人が日本から脱出した最大の理由がこれなのでは?

④ウソツキがウソツキである所以、真骨頂を発揮するのは、絶対に肝心なことに触れないこと。
自分たちが不利になりうることをはぐらかすこと。
東仙坊、ずっと心配しているのは、何も言おうとしない、1号機~3号機以外の原子炉のこと、そして、福島第二原発のこと。
同じ場所にあって、同じ影響を地震と津波から受けた以上、普通に考えて、同じような危機的状況にあるのでは?
事実、1ヵ月も経って、4号機で、使用済み燃料プールの水温が90℃まで上昇、付近の放射線量も毎時84ミリシーベルト、約6m上空で通常の10万倍以上となる高い放射線量(?)を計測したというから、変では?
何しろ、4号機の燃料プールには、あってはいけないはず(?)の1331体の燃料集合体があり、このうち548体は原子炉内工事のため全量を取り出したもので、通常の使用済みの燃料棒に比べ、高い熱を放出しているはず。
その余熱でプールが沸騰し、露出した燃料棒が過熱して被覆管が水と反応。水素が発生して爆発、原子炉建屋が大破したのでは?
そして、コンクリート圧送車で水を補給後、燃料棒の露出は収まったとされていたのでは?
それなのに、爆発前日の84℃を上回っているのである。
いくら冷やすための水を補給しても、その水量を増やせば、放射性物質に汚染された水が溢れてしまうのでは?
冷却水の注入は、プールの水があふれないよう蒸発分の補充にとどまるため、十分な冷却ができないはず。
ということは、当然、沸騰は避けられないのでは?
では、一体、何が起きているのか?
それは、この1ヶ月間、膨大な放射能の漏出が続いているという証拠ではないのか?
にもかかわらず、「燃料は水に覆われ、露出していなかった」というのは、単なるウソでは?
ここに、現場の責任者の言葉がある。
「プール内の燃料の損傷か、圧力容器内の物質が出た可能性などが考えられる。通常の循環冷却装置を早く復旧させたいが、建屋内の放射線量が高く作業ができない」…。
つまり、いまだに現場の詳細な状況さえつかめていないのが実情なのでは?
この点から言えば、恥知らずのウソツキども、何一つ真実を伝えていないのでは?
それだけではない。
何一つ言及されていない5号機や6号機にも、危険が迫っているのでは?
というのも、地震による亀裂があるかどうかのチェックすら終えていないのが真実なのでは?
仮に、あれだけの余震が起き、その亀裂が大きくなったりして、雨水などが溜まったら、い、い、一体何が起きるのか?

Even the all the detailed check of the nuclear reactor is not yet over(まだ原子炉の全部の詳細な点検すら終わっていないのでは)?

To be continued...
profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード