Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

恒久不変な日本砂漠-46  本当に地球上の人間社会は「ワンチーム」なのか?

Whatever you do, don't believe only the numbers that China gives(何があっても、中国が出す数字だけは信じてはいけない)!

東仙坊、数字にいつもデタラメな中国が公表する数字をなど全く信じていない。
それゆえ、2月1日、感染者数11791人、死者259人、重篤者1795人だったのが、2月7日、感染者数34546人、死者722人(+国外2人)、重篤者6101人、2月14日、感染者数63851人、死者1380人(+国外2人)、重篤者1700人(???)になっても、なんとなく重篤者数の増加に注目するだけ。
そう、それがほとんど死者数に変ると直感しているから。
ともあれ、ここは、今回のテーマに則して、世界のウィルス学者たちの新型コロナウィルス「2019-nCoV」への反応から、このコロナウィルスへの本当の脅威を探ってみたい。
まず、特筆すべきは、2017年、ダボス会議でオスロに創設された、「CEPI:Coalition for Epidemic Preparedness Innovations(感染症流行対策イノベーション連合)」なるものの存在。
公的、私的、慈善、市民団体間の革新的なパートナーシップで、将来の流行を阻止するワクチンを開発するための組織。
ノルウェーや日本を中心に、ドイツ、カナダ、オーストラリア、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、ウェルカムから複数年の財政支援を受ける団体。
◆1月23日、「CEPI」が、新型コロナウイルス「2019-nCoV」ワクチン開発のため、USA「Inovio(インビオ)」に最高900万ドル(約10億円)の助成金を授与し、新型コロナウイルスワクチン「INO-4800」の臨床試験を、6月までに開始すると発表。
CEPIリチャード・ハチェットCEO、「2019-nCoVウイルスの急速な世界的広がりを考えると、世界はこの疾患に対処するために迅速かつ一丸となって行動する必要がある。今回の研究の狙いは、MERSコロナウイルスに関する我々とInovioの共同作業と迅速な対応プラットフォームを活用し、ワクチン開発のスピードを上げることにある」。
そして、医薬品・ワクチン開発会社「MRNA(モデルナ)」、USA国立アレルギー感染症研究所、オーストラリアのクイーンズランド大学などとの連携をアレンジ。
Inovio社長兼CEO、J・ジョセフ・キム博士、「世界の公衆衛生に対する新たな脅威に対処するため、CEPIとのパートナーシップを拡大できることを非常に光栄に思っている。当社のDNA医薬品プラットフォームは、新たなパンデミックに対抗するのにベストな現代的アプローチだ。当社はすでに、もう1つのコロナウイルスであるMERS-CoVのワクチンで良好な臨床結果を示している。重要なのは、ジカウイルスの感染発生を受け、Inovioと当社のパートナーが作業台からヒトによる試験段階にまで進んだワクチンをわずか7ヵ月で開発したことで、これはこの数十年間で最速のワクチン開発記録だ。この迅速化されたタイムラインをさらに改善することで、新型コロナウイルス2019-nCoV問題への対応は可能だと考えている」。
そして、今回のコロナウイルスワクチン開発においては、ウィスター研究所完全所有子会社であるVGXI、Twist Bioscienceが協力を示唆。
ちなみに、「Inovio」は、HPV(ヒトパピローマウイルス、ガン、感染症関連疾患を患う人の治療・治癒あるいは予防、またはその両方を行うための精密設計DNA医薬品の迅速な市場投入に重点的に取り組むバイオテクノロジー企業。
過去にもラッサ熱やMERSワクチン開発のため、「CEPI」から最高5600万ドル(約62億円)を授与され、MERS-CoVワクチン「INO-4700」をヒトで評価するところまで進めた最初の企業。
独自のスマートデバイスを介して体内の細胞にDNA医薬品を直接送達することで、子宮頸ガンの70%、肛門ガンの90%、外陰ガンの69%の原因となっている高リスクのHPV16型、18型を死滅させ、除去する強力な免疫反応を安全に発現させられることを臨床的に実証した最初で唯一の企業。
その最適化されたプラスミド設計と送達技術は、HPVだけでなく、標的のガンや病原体に対する強力かつ完全に機能するT細胞と抗体の反応を絶え間なく活性化することが実証されている。
また、パートナーや協力者には、アポロバイオ、アストラゼネカ、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、USA国防高等研究計画局、GeneOneライフサイエンス、HIVワクチン試行ネットワーク、MCDC、USA国立ガン研究所、USA国立衛生研究所、USA国立アレルギー・感染症研究所、リジェネロン、ロシュ/ジェネンテック、ペンシルベニア大学、ウォルター・リード陸軍研究所、ウィスター研究所などがあるとか。
◆2月4日、UK「グラクソ・スミスクライン」が、「CEPI」から助成金を授与され、新型コロナウイルスワクチン開発に自社独自の免疫増強剤技術を投入すると発表。
CEPIリチャード・ハチェットCEO、「グラクソの技術を利用できることは新型コロナウイルスのワクチン開発に向けた大きな前進」。
そして、オーストラリアのクイーンズランド大学と提携で合意が成立しているとか。
もっとも、この会社の中国法人、2014年、贈賄罪によって30億元(約530億円)の罰金を取られた前歴があるとか。
どうだろう?
少しはこれらの方々の潜在能力に期待してみたいのでは?
◆1月24日、積水化学工業子会社で遺伝子検査機器や試薬の開発・販売を行うシンガポール企業「ベレダス・ラボラトリーズ」が、新型コロナウイルスによる肺炎の感染を素早く調べられるポータブル式検査キットの開発に成功。3月までの商用化を目指すと発表。
◆1月27日、ロシア・ノボシビルスク州のウイルス学・バイオテクノロジー科学センター「ベクトル」が、新型コロナウイルスに対する2つの実験的なワクチンを開発した、プロトタイプの最初のテストは6月に実施すると公表。
そして、新型コロナウイルス用の2つの診断キットを作成したとも。
◆2月2日、タイ保健省は、「新型コロナウイルス感染した71歳中国人女性にインフルエンザとHIVウイルスの治療に使われる抗ウイルス剤を混合して投与したところ、症状の劇的な改善が見られた。48時間後のウイルスの検査で陰性となり、12時間後にはベッドで起き上がれるようになった」と発表。
◆2月5日、UKインペリアル・カレッジ・ロンドンのウィルス研究チームが、新型コロナウイルスワクチンの動物実験を始めると公表。
UK王立研究所も、2~3年かかるワクチン作成を14日間で作成すると発表。

What makes Japan's politics fatally ineffective must be that it is quite vulnerable to the wrecks of international organizations such as WHO, which are nothing more than plain corridors(我が国の政治が致命的に無能なのは、平然とただの汚職者の伏魔殿でしかないWHOのような国際機関のデタラメにとことん弱いこと)!

To be continued...







profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード