Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

緊急プロファイリング 愛知一宮女性業務用冷凍庫死体遺棄事件-1

In the times of such a peace-at-any-price mind-set, young women couldn't imagine that herself should die by all means sometime, that possibly she might be killed by somebody(こんな平和ボケの時代では、若い女性たちは、自分もいつか必ず死ぬこと、もしかしたら誰かに殺されるかもしれないということを、想像できない)!

官邸、閑。
鑑定、艦艇、忙。
そして、探偵、勘&忙…。
やはり、メチャクチャ、モラル完全崩壊社会日本と言わざるを得ないのでは?
さて、東仙坊、今年になって特に土地勘(?)ができてきた愛知県や岐阜県で、岐阜県出身ヤングガールが、また凄惨な白骨遺体で発見された。
発見されたのは、5月21日。
発見場所は、福井県大野市大谷の九頭竜湖岸。
近くに県道が走っているが、去年12月から今月末まで通行止め。
地元の人が、「発見場所は人里離れていて、周りに民家も全くない状態。交通量もまばら。ちょっと寂しい感じ」と言い切る、凄く不気味なところ。
発見状況は、高さ80cm、幅74cm、奥行き55cm、20年以上前の国内メーカー製造で、現在同じ型のものは製造・販売共にされていない業務用冷凍庫の中に、足を折り曲げ背中を曲げ「く」の字で、白骨化。
ちなみに、業務用冷凍庫には水はナシ。
発見者は、「骨のようなものが見え、何の骨かわからなかった。臭いもしなかった」。
司法解剖の結果、付近の道路から冷凍庫ごと湖に捨てられたとみられる遺体は、死後5ヶ月から1年経過。
死因は不明。
着衣も目立った外傷もなく、右手首に長さ約17cmの金属製ブレスレット、首に長さ約40cmの銀色のネックレス。
また、ハート型の汚れた腕時計、長さ15cmの毛髪も落ちていて、爪にはネイルアート。
10代後半~30代前半の女性、身長は150~160cm。
そして、DNA鑑定の結果、悲惨な遺体は、昨年11月24日から行方不明になっていた、愛知県一宮市丹陽町伝法寺に住む、一宮市のNO.1(?)キャバクラ嬢(27歳)なるラスティッククィーンと判明。
なお、このラスティッククィーン、岐阜県可児市出身で、岐阜県御嵩町の東濃実業高校を卒業。
3年ほど前から現在の1LDKマンションで一人暮らし。
また、遺体発見現場まで、その自宅から100㎞…。
東仙坊、少子化なのに本当にもったいない、それもまたヤングガールが残酷に…と感じつつも、仕方なくプロファイリング。

■愛知一宮女性業務用冷凍庫死体遺棄事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

昨年11月24日、愛知県一宮市のキャバクラで働くラスティッククィーンは、2012年1月に結婚式を挙げる予定だった年上フィアンセ(?)に「これから人と会う」? 、「客の誕生日を祝いに行く」?、「客とカラオケに行く」?と言い残し、店から車で10分とかからない場所にある自分のマンションにいったん戻り、荷物を両手に車で外出するのが、自宅マンションの防犯カメラで確認。
翌日の11月25日午前11時少し前、愛知県豊田市藤岡町の山中に、「山道に不似合いな車が放置されてるよ。1回見てくれないか?」と、通行人から愛知県豊田市役所に通報。
豊田市職員が見に行き、白いセダン型ベンツを確認。
前後のナンバープレートが外され、後部座席の窓だけ開き、カーナビも取り外され内部の配線がむき出し、タイヤはパンク。
施錠されていたが鍵は未発見で、車検証までナシ。
岐阜県の店が製作したクッションが車内に残されていたが、バッグや免許証など身元が判明する私物もナシ。
そして、持っていたと思われる荷物もナシ。
ちなみに、その車の発見場所は、ラスティッククィーンの自宅から数10㎞。
そのうえ、車台番号まで削られていたというから、ビックリ…。
というのも、車検工場経営者が、「車体番号を削るということは、車の戸籍がわからないようにすること。素人ではできない。熟練した技術がなければできない」と話すほどの高度な技術(?)。
さらに、行方不明後、10日間ぐらいは、ラスティッククィーンの携帯電話が繋がり、呼び出し音が鳴ることもあったが、応答は1度もナシ。
愛知県一宮市内で、微弱電波を発信。
そして、そのフィアンセや知人(男性客?)などにも、12月上旬までメールを送信。
特に、返信には、「12月5日に帰る」?、「もうすぐ帰る」?、「心配かけちゃってゴメンね」?、「ごめんね、忙しくて」とか、仕事に行く日付などが記されていたが、メールが遅いなど、普段とは違う不自然な点があったというのである。
ちなみに、そのラスティッククィーンの携帯電話はまだ見つかっていない。
ともかく、そこで、12月7日ようやくフィアンセが愛知県警一宮署に捜索願。
そのほか、かつての同僚女性に、「自宅がバレたかも」と客とのトラブルをうかがわせる話をしていた(?)。
行方不明になる前に、銀行口座から現金数百万円が引き出されていた(?)が、行方不明後は引き出された形跡はナシ。
「結婚を機に12月でキャバクラも辞める」って話をしていた(?)。
「彼のお金だけでやっていけるかな」と心配していた(?)。
「きれいな所を見つけたんだ」と結婚式場を予約したことをうれしそうに報告していた(?)。
行方不明後、自宅から冬物の衣類が数点なくなっていた(?)。
どうあれ、日本で1、2の無能な愛知県警が、福井県警と合同捜査本部を立ち上げ、月収百万円以上を稼ぎ、オシャレな(?)白いベンツに乗っていたラスティッククィーンの許し難い殺人死体遺棄犯の捜査しているというのだが…。

Even if the woman thinking about only a thing of the money can control a man freely in the world of the fiction, she can't easily control it in the real world(金のことしか考えない女性は、虚構の世界の中で男を自由にコントロールできても、現実の世界では簡単にコントロールできない)!

To be continued...


















profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード