Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-14 千葉県東金市5歳女児変死事件

I have no choice but to recognize that our Japanese would like to copy the latest crime(日本人が直近犯罪のマネをするのが好きと思わざるを得ない)!

いまやモラル崩壊は、我が国の定番になってしまったのか?
本当に悲しくて、切なくならないか?
「強きをくじき、弱きをたすく」はずの日本の美学が、強きにおもねり、弱きをくじくものに変わってしまうとは、東仙坊、考えてみたこともなかった。
ともあれ、前回の自省から、そこで触れた今回の事件に対し、改めてプロファイリングをしてみる。

■現時点における知りうる限りの事件の断片的概要

9月21日午後12時26分、千葉県東金市東上宿の路上で、保育所に通う5歳女児が、雨中、プレハブ小屋にもたれかけさせられ、全裸で仰向けに殺害された。
母親のいた病院から南西に直線で300m。
現場から100m病院方向に離れた駐車場で、停車していた車の横と下に、5歳女児の衣服と靴が、近所の大手スーパー「ジャスコ」と現場付近のスーパーの透明なレジ袋に入れられて置かれていた。
当時は、かなり愚図ついた天候で、遺体は激しい雨に濡れていた。
被害者になった不運の5歳女児は、夜勤であった母親の勤務する病院(祖父が病院長)に宿泊。
当日午前9時から、祖母と近所周辺の清掃に参加。午前10時30分頃、「保育所の友だちの家に遊びに行く」と母親に言って外出。ところが訪れた家が留守だったので(?)、一旦病院に戻った?
午前10時40分頃、「病院の方に向かって歩いていた」と近所の人が、午前11時頃、「お母さん、まだ仕事が終わらないの?」と聞かれた病院職員が、それぞれ確認。
午後12時頃、病院内で5歳女児を見たという目撃者?もいるが、その頃、雨中、病院から100m辺りを傘もささず現場方面に向かって走っている5歳女児が、2人に目撃されている?
午後12時10分頃までは、現場には、何ら異状がなかったことも、2人の目撃者によって確認されている。
また同時刻頃、現場にトランクの開いたRV車が止まっていたという情報もある?
ただし、周辺のすべての防犯カメラに、5歳女児は一切映っていないという。
司法解剖の結果、死因は、鼻と口を圧迫したらしい窒息死。目立った外傷はなく、左腕に強くつかまれた痣と出血。
また、発見された濡れていた衣服、レジ袋に、家族以外の多数の指紋がはっきり残存。
前回のプロファイリングで、東仙坊、興奮のままに激しく糾弾した母親は、午前10時から午後4時まで、睡眠?
なお、この地域周辺では4月以降だけで、小中学生への性的イヤガラセなどの不審犯罪が17件発生している。

■この事件にあるいくつかの疑問点

①ホシの目的は、一体何?
もしフェテシズムからの犯罪なら、これだけ無防備な獲物を手にしたのに、なぜたっぷりと弄ばず、すぐ捕まるかも知れないリスクまで冒し、白昼堂々、遺棄したのか?
車を使っているのは歴然なのに…。
同じく、せっかくの戦利品の衣服と靴を、なぜ、手放すのか?
ところで、報道されない5歳女児の下着はどうなってるのか?
言語道断の変態の犯行には、どうしても思えないのだが…。

②真っ昼間の街中でのたった16分間の幼女殺人遺棄事件。おそらくギネスブック間違いナシだと思うが、狙いは本当に記録の更新?
いくら大雨洪水注意報まで出て、激しい雨が降ったり止んだりし、比較的人通りの少ない日曜日だとしても、結果的に、これだけの目撃者が現われているのである。
しかも、地元病院長の孫で、結構知られている5歳女児なのである。
ということは、病院、祖父、祖母、母親、5歳女児本人への憎悪による処刑なのか?
ところで、最初、母子家庭という報道だったのに、姉がいるようだが、一体兄弟姉妹は何人?そして、どこに?父親は?どこに?
あるいは、病院経営者の娘でもある、母親の彼氏は?

③前回のプロファイリング、プロファイリング-13 福岡小戸公園小1男子殺害事件2でも、すでに糾弾したが、母親は、祖母は、祖父は、なぜ、一ヶ月前に市立東金病院で殺人事件、5ヶ月間で17件も不審な性犯罪、前日福岡6歳男児殺害事件が起きているのに、5歳女児を放っておけるのか?
誰が考えても、一番人恋しくて、人との接触を欲する時期だと思うが、どうだろう?
それより何より、自分の子どもがあの雨模様の中遊びに行くと言った相手先が留守かどうかも、そして無事着いたかどうかも確かめない親って、一体何?
いくら疲れて眠くても、電話一本だと思うのだが、どうだろう?
一番生意気で執拗になる時期であることも、わからないわけではないが…。
ところで、寝るのであれば、正直に「お母さんは仕事で疲れて眠るから、それまでは静かにしておいて、お願いだから」と子どもに言わないのだろう?
どちらにしても、可哀想でこのうえない5歳女児は、無惨に窒息死させられ、雨に曝され、目覚めた母親が手土産を持ちその家を尋ね、在宅していた(?)子どもに「ここに来たかどうかわからない」と言われ、その時初めて(?)胸騒ぎし1人で探し、その友だちの母親から「ずっと留守にしていた」と電話を受け、祖父に相談し、警察に届けるまでの間、ジェーン・ドゥにされてしまったのである。それも、母親が眠っていた場所から、たった300mのところで殺害されていたのに…。
凄く残酷だと思わないか?

④このホシ、当然のことながらかなり慌てていたのか、よほど知能レベルが低いのか、大胆不敵なのか(?)、衣服と靴の始末に地元スーパーのレジ袋を2枚も使っている。
東仙坊、ここに事件の重大なポイントがあると確信している。
1枚の大きなゴミ収集袋を使わず、2枚のレジ袋を使ったのは、いつも買い物から帰って捨てずに取って置くレジ袋貯め場所から、習慣的に取り出したからに違いない。
つまり、それによって地元の人間とバレルとか、指紋が付くとか、中身が見えるとかさえ、瞬時に思わない、直情的な女性の犯行だと断定できる。
だからこそ、白昼堂々の凶行なのでは?
さらに、駐車場に止まっている車の下に隠すという行為ができるのも女性だけだと思わないか?

⑤最後に5歳女児が目撃された時、水筒をぶら下げていたというが、その水筒はどこに?
約束をしていたのかどうかはわからぬが、せっかく尋ねた友だちもいなかったという。
ところで、その友だちとどこかへ行くことにでもなっていたのか?
なぜ、水筒なのか?なぜ、雨の中を走ることになったのか?
ともあれ、その目撃証言が正確だとすると、友だちに裏切られ、母親は相手にしてくれない、暇を持て余していた5歳女児が、胸をときめかせて駆けつけた相手に殺されたと考えるのが、自然である。
そうすると、行きずりの変態の犯行ではないと断定できると思わないか?

■東仙坊がプロファイルする犯人像

①悪魔の化身のようなホシは、間違いなく女性。
かねてから、この5歳女児のフラストレーションを爆発させるかの天衣無縫さ、ある種の傍若無人なわがままに対し、ホシは、時にはうっとうしく、時には腹立たしく感じていたはず。
それなのに、ストレスがたまっていた5歳女児は、ホシと出会った瞬間、その悪魔の琴線に触れる何か可愛くない言動か行動をしてしまったと思わないか?
つまり、ホシは、突然、5歳女児自身に対し逆上してしまったに違いない。

②事件は、天をも恐れぬ仕業を犯したホシのmanslaughter(殺意なき殺人)。
まるで暗殺者のように5歳女児をピンポイントに狙い殺害遺棄したかのように見えても、どこまでも発作的に犯した衝動殺人でしかないはず。
その後の性急な遺棄、お粗末な所持品の放置は、稚拙で短絡的な偽装工作でしかなく、その時間的短さからすると、間違いなく顔見知りで、被害者の側にいる女性の一人。
しかも、左腕の強いつかまれ方、鼻や口にタオルかクッションを当てての殺害方法を考えると、その時間のアリバイが疑われやすい立場にいるはず。

東仙坊、前回のプロファイリングで明言した通り、この手の殺意なき衝動殺人こそ、動機がすべてだと確信する。
人間がなんとも言えないisolation(孤立感)から、思い通りにならないfrustration(不満)から、自分の気分のままに、自分より間違いなく肉体的にも精神的にも歴然とした弱者の相手に対してまで、自己中心的emotion(情念)の怪獣に化してしまう瞬間…。
そこで狂気に溺れず、正気の世界に踏み留まれるかどうかは、知性によるセルフコントロールしかないのだが…。
未成熟人間の本能の恐さを感じないか?
邪気のある子どもに、大人子どもはすぐにマジギレする…。

I don't know why she should be excited to kill the little girl so easily as same as that Ojuken case in Bunkyou-ku couples years ago(あの数年前の文京区お受験殺人事件と同じに、なぜ簡単に女児を殺すのかわからない)!



◎東仙坊へのメールはこちらへ◎

profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード