Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-26  東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件 -エピローグ

Look the police! Leak out arrest information to the media after finding a criminal earlier(警察よ。先にホシを確保してからマスコミに逮捕情報をリークしろ)!

東仙坊、キツネにつままれていた。
そして、これが犯罪都市ニューヨークやロスアンジェルスだったら、区長や知事、警察幹部は、区民や都民から袋叩きになっていただろうな…と、我が国の不可解な大らかさに驚愕を覚えていた。
それはそうだと思わないか?
11月29日、ちょうど「プロファイリング-26  東京板橋赤塚主婦強盗殺人事件-3」をアップした直後、ホシに窃盗(?)で逮捕状請求という吉報が流れた。
東仙坊、そのニュースに心の底からホッとしていた。
無念の被害女性の夫や家族たちの気持ちがそれで落ち着くことはないとしても、被害女性はきっとホシの逮捕を祈っていたはず。
たかが空き巣で10数ヵ所も刺す必要など全くなかったにもかかわらず、それを簡単に実行したホシは今や完全にサイコパス、窮鼠そのもの、第2、第3の犯行を重ねるかもしれないと本気で危惧していたからでもある。
そ、そ、それなのに、なかなか逮捕のニュースが出ないばかりか、現場付近に潜伏している可能性?などというワケのわからない情報ばかり…。
一体、日本の警察は、この数日間の現場近くの住民の気持ちをどう考えているのか?
パニックにならないのが不思議なくらいでは?
誰がどう考えても、重要参考人として確保してから公表すべきなのでは?
どうあれ、この中途半端な対応で明白になることは、2つ。
1つは、その凄惨な殺人事件からの物的証拠集めの杜撰さ。
もう1つは、どこからかハヤテのようにやってくる人権派弁護士へのビビり。
本当に情けなくてみっともないと思わないか?
東仙坊、もちろん、相当な捜査員を配置しホシを厳重に見張っているのだろうが、これでもし市橋達也のように取り逃がしてみろ!、当分の間、大々的な警察批判を辞めないから!と、ブツブツ。
すると、現場マンションからわずか700m。
東武東上線成増駅北口から約500mの東京都板橋区成増の2階建てアパートに住む、無職(?)、松尾元気(22歳)なるクソッタレを、警視庁高島平署が、12月1日午前9時すぎ何とか窃盗で逮捕。
何でも、「逮捕当日も午前2時、3時まで大声で話していた」、「女性と同居していた(妻かと思っていたのに…)。夜もたいていは部屋にいたようで午前2時ごろまで話し声がしていた。毎朝出かける様子もなく、大学生かフリーターだと思っていた」、「今年4月ごろに入居した。部屋は6畳で家賃は約5万円。11月分の家賃は滞納のため保証会社から振り込まれが、12月分は11月30日に本人名義で入金された。夜中まで部屋から大声がすることがあり、不動産会社を通じ、注意したこともあった」、「部屋のベランダにはキャラクターなどの絵柄のタオルが何枚も干してあった」、「ゴミ出しのマナーが悪かった」という周辺情報が…。
また、クソッタレは、今年1月から池袋駅近くのカラオケ店にアルバイトとして勤務。 3月には成増駅近くにオープンした系列店に移り10月に突然辞めていたというから、……。
さらに、奪ったキャッシュカードを引き出したコンビニエンスストアから約1.5㎞離れた東京都豊島区内のアパートに居住していたこともあったというから、……。
どちらにしても、 3年前に札幌から夫の転勤で、なぜか東京の板橋区赤塚に引っ越してきてしまった34歳の被害女性は、この4月にすぐ近くに引っ越してきてしまったクソッタレに、たった一度の人生をズタズタに分断されてしまったことだけは、現実なのでは?
それも、少し前に買ったドーナツとフライドポテトを食べることもなく…。
ところで、東仙坊、その自分のアパートで逮捕され、「やってない」と容疑を否認しているというクソッタレの顔を観て、何もかもが一気にクリア。
このクソッタレ、自分に捜査の手が伸びていることなど、これっぽちも疑っていなかったに違いない。
つまり、ニュースなど全くチェックしていなかったはず。
それどころか、ポンと「これで部屋代を払っておいて」と同居している女性に現金を渡した後、2人で外食を楽しんでいたに違いない。
もしかしたら、被害女性から奪ったジェリーをプレゼントしていたかも?
えっ、そのぐらい変装に自信を持っていたのか?って?
そうじゃない。
そんなことすら考えていない。
このクソッタレ、被害女性を残虐に刺殺したことすら、すっかり忘れていたはず。
えっ、どういうことか?って?
このクソッタレ、生まれて初めて自分を見つめ自分と暮らしてくれる女性が現れ、それに夢中でほかのことなど何も考えていなかっただけ。
その意味で、人を殺したリアリティもなく、おそらくそれも帰ってきた被害女性が悪いと思っているはず。
それゆえ、その自分の犯したことをイヤというほど自覚させるには、相当な刑期が必要だと思うが…。
本当にこういう性根の腐った大バカ者がこの国に増えてしまったのでは?

Asshol! Please enjoy living without her who found it with much effort relaxedly for a long time in a wall(クソッタレよ。せっかく見つけた彼女のいない暮らしを塀の中でごゆっくりお過ごしあれ)!
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback
http://tohsenboh.jp/tb.php/1962-d0e5628c
profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード