Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-29  いけないと思いつつ「台風7号」にちょっと願かけ!?

I think the good country which Japan was what tolerant and took it easy as Marine Day is just a holiday(海の日が祝日だなんてなんと大らかでのんびりしたいい国なのか日本は)!

東仙坊、自他ともに認める本物の無神論者。
それゆえ、神事、仏事に全く知識も興味もない。
ところが、お世話になっている老婦人から提灯を探してもらえないか?と頼まれて、大変なことになった。
「お祭りかなんかの提灯ですか?」
「何を言ってるのよ。お盆の提灯よ」
「お盆って? 8月じゃなかったでしたっけ?」
「それは旧盆でしょ」
「は、はい」
「いいから、今度の祝日にみんな集まるから、用意しておきたいの。早く探して」
「えっ、今度の祝日って、何の日ですか?」
「そんなことも知らないの?」
「す、すみません」
「7月15日のウミの日よ」
「えっ、少子化対策で、このクソ暑い夏に冷房ガンガンにして子作りをしろ!っていう祝日ですか?」
「何をバカなことを言ってるのよ。海、海の日」
「何で海の日が祝日なんですか?」
「そんなこと私に聞かないで、いつもpcに向かっているのだから、自分で調べなさいよ。そんなこと言ってないで、いいから提灯を探して」
「は、はい。でも、今pcが使えないから…」
「私のを貸すから、早く提灯を探してよ」
海の日は、1995年に制定され、1996年から施行された日本の国民の祝日の一つ。
制定当初は7月20日だったが、2003年の祝日法改正(ハッピーマンデー制度?)で、7月の第3月曜日。
何でも、海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願うことを趣旨としているのだそうだが、イマイチ、ピンとこない。
もっとも、世界の国々の中で「海の日」を国民の祝日としている国は唯一日本だけというから、それはそれでオモシロい気もするが…。
それにしても、1996年からということは、今回で17回目なのに、「海の日」も知らずに生きていたとは?と自分でビックリ。
その気恥ずかしさのせいか、東仙坊、なぜか台風7号に俄然注目していた。
強い小笠原高気圧のせいで、日本に上陸することがないことが歴然としていたうえ、その進行方向がどうしても気になったからに他ならない。
それだけじゃない。
ふと、日本人の偉大な祖先たちのミラクルなパワーが炸裂すると感じたからでもあった。

7月12日午前9時には、その非常に強い台風7号は、石垣島の南東260kmの海上を1時間に20kmの速さで西へ進んでいた。
中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45m、最大瞬間風速は60m、波の高さは12m、台風の北東側220kmと南西側150km以内では風速25m以上の暴風。
先島諸島と本島地方の一部が強風域に入っていて、宮古島地方、石垣島地方、それに与那国島地方に暴風警報。
宮古島市平良では午前7時すぎに26/4mの最大瞬間風速。
そして、台風7号は非常に強い勢力を保ったまま沖縄の南を北西へ進み、1時間に70mm以上の非常に激しい雨が降らしながら、7月13日午後1時ごろ、台湾を横断し、中国に向かって進んでいた。
石垣市の9200世帯を含む先­島地域の1万2千世帯が停電。
台風が通過した石垣市では、強風による倒木や車の横転の被害。
それでも、忍耐強く台風への備えが万全の先島諸島、宮古島地方、石垣島地方、与那国島地方の人々はガンバってとひたすら祈っていた。
というのも、台風7号には、ある期待が込められるからだった。
そ、そ、そうしたら、案の定、7月13日、中国広東省の東部地区は、台風7号によって豪雨に見舞われ、梅州、河源と潮州の3都市で合わせて30万人以上が被災し、3人が死亡。
1万3000ヘクタールの耕地が被害を受けたほか、1076棟の家屋が倒壊し、2万人が避難。
台風による直接的な経済損失は3億5000万元(約56億円)。
単なる経済損失なら、日本だって、宮古・八重山地区のサトウキビで3億3千万円、マンゴーなどの果樹で1億1千万円など総額5億1千万円、畜産施設の被害で1500万円。
東仙坊、お天道様が台風7号を通じ、日本をないがしろにする国やヒトたちがどうなるかが見たかっただけ。
すると、そうでなくても、記録的豪雨の被害に遭っていた中国では、台風7号に刺激され、梅雨前線が活発化。
中国四川省成都市彭州の竜門山鎮のように、川の堤防が決壊し住民約千人が被災しただけでなく、4億7000万円もかけた2008年5月の四川大地震で廃墟と化した街を保存した北川チャン族自治県の「地震遺跡」などが水没したりして、その被害が拡大し、もう大変。
そして、それ以上の期待の成果があって、思わずビックリ。
人間的には最低だな…と自戒しながらも、自然にお天道様とご先祖様に感謝、感謝。
隣のキチガイの国の梅雨前線も活発化。
7月15日夜から1ソウル・京畿道、江原道を中心に、突風や雷を伴う局地的な1時間あたり30mm以上豪雨が発生。
さらに、7月17日までの予想降雨量が、ソウル・京畿道、江原道、忠清南道の黄海側、黄海地域の五つの島で60~120mm、山間部の多いところでは200mm以上の豪雨が予想されているというから、ハンパじゃないのでは?
実際、KBSニュースで観る限り、ソウル中心部を流れる川、「漢江」の水位も危険状態。
まさに、日本人の「ハンガン」を浴びているかのよう…。
では、なぜ台風7号に願をかけてしまったのか?
それは、確か3年前の9月2日、台風7号が韓国北部に上陸し、少なくとも3人が死亡、中西部、忠清南道、光州市のある南西部、全羅南道などで13万世帯あまりが停電したはず。
そして、約100世帯で窓が壊れるなどの被害が出たり、地下鉄の電気系統にも影響が出て2路線が停止したり、農村地帯では果実や米の収穫にも大きな被害が出たはず。
さらに、ソウルでは、15年来で最大となる暴風を観測したはず。
どうだろう?
歴史的に、元寇以来、日本には神風は吹き続けているのでは?
そして、歴史的には、「韓中」は「寒中摩擦」、必ず「韓中摩擦」になるのでは?
どうあれ、暑い中にもどこか涼しい気がするのは、そのせいでは?

I am ashamed at myself who has expected it in the whereabouts of Typhoon No. 7 while I am thinking Iam wrong(いけないとは思いつつ、台風7号の行方に期待してしまった自分が恥ずかしい)!






 
profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード