Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

腐乱した大和魂-3 日本をフニャフニャにしなければ気がすまないサプアフリークども!?


We ordinary citizens should be fully aware that fake mass media must be creating fake politicians(我々普通の国民は、フェイクマスメディアどもが、フェイク政治屋どもを生み出していることを十分に認識すべき)!

東仙坊、今回の総選挙を総括しつつ、思わず口にした言葉は、一言。
もはや我が日本には、政治家など一人もいない、かねてから感じていたように醜悪な政治屋しかいないという絶望の言葉…。
そして、そんな政治屋どもをさらに劣化させているのが、教養はおろか知性の微塵もない無知蒙昧で低レベルな我が国のマスメディア。
間違いなくもうすぐこの国の既存のマスメディアは、誰からも信頼されなくなるに違いない。
それにしても、旭日新聞や廃日新聞や頭狂新聞とその系列テレビ局などによる安倍晋三首相パッシングはハンパじゃなかった。
何が何でも安倍晋三首相に冤罪の汚名を着せるような激しさだった。
ポイントは、なぜ自民党攻撃ではなく、安倍晋三首相個人攻撃にシフトしたのか?
やはり、親韓派の反政府マスメディアでしかない旭日新聞や廃日新聞や頭狂新聞にとって、サプアに一向におもねらない安倍晋三首相が許せないだけだったとしか思えない。
そう考えると、この下品で低劣な親韓派の反政府マスメディアどもが、「立憲民主党」なるメチャクチャな数合わせ軍団希望の党からも見棄てられた親韓派政党というよりも在日サプア人落ちこぼれ集団をサポートした理由も明白では?
そして、ソヤツらに投票する在日サプアニセ日本人どもが我が国の国政にそれだけ関わっているということでは?
実際、親韓派の反政府マスメディアでしかない旭日新聞や廃日新聞や頭狂新聞どもは一切取り上げないが、今、まさにおバカな「ユネスコ」の「世界記憶遺産)」にデタラメな「慰安婦関連資料」が登録されそうなのである。
それも、日中韓を含む8ヵ国の反日団体などで結成した「国際連帯委員会」によって…。
しかも、その全2744点の「慰安婦関連資料」のうち、日本(?)の反日団体と日本を貶めたい個人の文書が計923点で最多。
東京・西早稲田にある「アクティブ・ミュージアム 女たちの戦争と平和資料館」の資料数が783点で突出しているというから、言語道断。
これらの「立憲民主党」に投票したに違いない在日サプアニセ日本人どもを支援しているのも、親韓派の反政府マスメディアでしかない旭日新聞や廃日新聞や頭狂新聞ども。
まだまだ、日本を世界で貶めたいクソッタレどもはワンサカいる。
親韓派のUSAマスメディアの代表格のニューヨークタイムズに、「日本でリベラリズムは死んだ」という記事を投稿した自己陶酔型のアンポンタン左翼中野晃一上智大学政治学部教授。 
何しろ、「憲法をないがしろにして軍事力の強化を図る安倍晋三首相の姿勢は、有権者の支持を得ていない。最大野党の分裂のおかげで自民党が勝利するものの、政治はますます民意から離れていく」と民主主義が後退する日本のように思わせようというのだから、単なる旭日新聞の使いっぱ。
そう言えば、コヤツが作る胡散臭い組織の名が、「立憲デモクラシーの会」。
そう、「立憲民主の会」。
どうだろう?
これで、立憲民主党のお里が知れるのでは?
それより何より、日本をグジャグジャにしたオコチャマ菅直人内閣の菅直人首相が最高顧問、官房長官だった枝野幸男が代表、厚生労働相だった長妻昭が代表代行、首相補佐官だった辻元清美が国対委員長というのだから、「まっとうな政治」よりも「末等な政治」が関の山。
どうあれ、我が国の政治屋どもには、ジコチュウ丸出しの見境のない新党作りに走る恥知らずのロクデナシしかいないのが現実。
そして、選挙直後から野党再々編を無節操に語り出すこれまた恥知らずの政治屋どもしかいないというのも、また現実。
これでは、世界に誇る我が国の伝統の「恥」の文化など木っ端微塵。
一体、あの本物の政治家たちはどこへ行ってしまったの?という超現実こそ、本当の国難では?
そもそも、小池百合子だって、政治家が一人もいない民進党を数をアテにしたこと、お嬢さん大統領憎しの国民感情を巧妙に利用したサプアの茶髪大統領の二番煎じを企んだこと自体が、最初から失敗。
最も彼女の場合、自民党全体ではなく私怨でもあるかのように安倍晋三首相だけをターゲットにしたことが一番の問題。
さて、総選挙が終わって、東仙坊、唖然とさせられたことが、3つ。
1つ目は、前回2014の総選挙から10議席も減少したうえ、当選確実だった高村正彦や谷垣禎一が出馬しなかったのに、前回と同数の284議席という腐れ切った自民党の大勝利の結果になった、今回の総選挙。
それでも、旭日新聞や廃日新聞や頭狂新聞とその系列テレビ局などによる安倍晋三首相下ろしの手を緩めない異常な醜悪さ。
それだけじゃない。
安倍晋三首相が北の脅威を必要以上に煽って苦境を脱出した、改憲より「もり、かけ」だとまで、相変わらず個人攻撃する執拗さ。
そう、まるでサプアのマスメディアそのもの。

The intention of the fake mass media is to let Japan sink in Korea all the time(フェイクマスメディアどもの意図は、我が日本をいつもサプアにおもねらせること)!

To be continued...







.






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード