Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-38 トマトを持った千葉県茂原市の女子高生と千葉県警!?

I believe the disappearance of a young woman cannot but open a criminal investigation immediately without hesitating(若い女性の失踪は、躊躇うことなくすぐ公開捜査をするしかない)!

今、中国では、ロシアと国境を接する北東部の黒竜江省で、過去20年で最大規模の洪水が発生し、大変。
それだけじゃない。
北西部と西南部の四川省と雲南省でも記録的集中豪雨。
そこへ、大型の台風11号が香港のあたりから上陸し、もうメチャクチャ。
さすがに、安倍晋三首相の終戦記念日に靖国神社に参拝しない意向を固めたことなどの報道は何もナシ。
ところが、隣のキチガイの国では、それでもなお、近隣の国に配慮して参拝しないと言っているが、自民党総裁として私費で玉串料を納め、戦没者への尊崇の念を表する必要があるとも言っているのだから、騙されてはいけない、USAに言われ仕方なく行かないと決めただけ…との相変わらずの論調。
もちろん、更年期障害のお嬢様大統領も、「過去の日本によって傷ついた人々(?)が生きている現在、その傷を癒す(?)ことに責任と誠意ある措置をとること(?)を期待する。東北アジアの平和と繁栄を共に開いていく重要な隣国が歴史認識を巡る最近の状況が両国の未来を暗くしている(?)。過去を直視する勇気と相手の痛みに対する配慮がなければ未来を開く信頼を重ねていくことは厳しい」とのスカタントーク。
しかも、何を勘違いしたのかその国のキチガイ議員どもをノコノコ来日させ、「安倍晋三政権の右傾化に遺憾の意を示す」声明を靖国神社で発表させるというのだから、大きなお世話。
それにしても、そんなスットコドッコイどもを入国させるとは、我が国の相変わらずの何とお人好しなことか?
いくら鬱陵島視察を試みた日本の国会議員3人の入国を拒否した対応を批判してきたのだからと、日和見る日本政府の何と情けないことか?
どちらにしても、この国とは本気で別れることを考えるべきでは?
そうでなくても、この国の頭の中は、相変わらず金、金、金。
金の本家の国に足元を見られながらも、ファッション産業を中心にボロ儲けの宝庫である開城工業団地の再開に躍起。
それこそ、相変わらずなりふり構わぬご様子。
実は、日本のマスメディアはなぜか報道しないが、この国では自動車大手のHYUNDAIとKIAでストが決定し、約2兆ウォン(1800億円)の損失が出ると真っ青。
それだけじゃない。
ブラジル政府から、サムスンが工場の作業員を長時間働かせるなど労働法に違反したとして、2億5000万レアル(約106億円)の損害賠償を求める訴えを起こされ、さらに真っ青。
何しろ、サムスンの海外工場の中でも最大級のブラジル・マナウス工場で働く作業員は、約6000人。
USAや南米全域で販売する携帯電話やテレビを生産するために、32秒で携帯電話1台、65秒でテレビ1台を組み立てさせるというから、ハンパじゃない。
それゆえ、作業員たちは、1日最長15時間、約10時間は立ったまま作業させられ、27日間連続勤務まで。
事実、サムスンはマナウス工場作業員とすでに1200件の法的争いを繰り広げているとも。
どうだろう?
すべては情報。
それも迅速な情報が必要なのでは?

さて、そんな意味からも、よくわからない女子高校生の行方不明事件がある。
それも、行方不明から約1ヶ月近くも経ってから公開捜査というのだから、ますますよくわからないし、その女子高校生がメチャクチャ心配…。
相変わらずの千葉県警のテイタラクと憤怒しているワケにはいかない。

■千葉県茂原市女子高校生トマトごと失踪事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

①千葉県茂原市の千葉県立岬高校園芸科3年の17歳女子高校生(便宜上、Picked Tomato、もがれたトマト、「ピックトトマト」と呼ぶ)がいた。
身長、約155㎝、体重約45g。
髪は黒色で、ポニーテール。
胸に紺の「M」の刺繍がある白い半袖シャツ、紺と白のチェック柄のスカート、黒い靴。

②7月11日、ピックトトマトに、高校でテストの答案が返却される。
「それについて、特に悩んでいた様子はなかった」とクラスメートは言う…。
そして、トマトを収穫。
「トマトがいっぱい採れたので、そのことについて話しました。『いっぱい採れたね』みたいな」と一緒にトマトを収穫したクラスメートは言う。
そして、「午後2時ごろ別れた」とも。

③ピックトトマトは、その後、千葉県いすみ市にある高校の最寄り駅、JR外房線長者町駅午後2時46分発の電車に1人で乗って帰宅の途に。
そして、約30分、7月11日午後3時過ぎ、JR外房線本納駅の改札を1人で出る姿が防犯カメラに。
また、その際、紺色のスクールバッグ、高校で収穫したトマトが入っているとみられる白いポリ袋を持っていたとも。
なお、当日の茂原市の気温は30℃以上、夕立もナシ。
また、JR外房線本納駅前は閑散としていて、防犯カメラもあまりなく、特に平日の午後3時ごろは人通りがあまりいないとのこと。
さらに、当日、ピックトトマトの家にはその帰宅時間には誰もいず(?)、トマトがないので帰宅していないとのこと。

④7月11日夕方、なかなか帰宅しないピックトトマトの身を案じ、家族がピックトトマトの携帯に電話をかけたところ、呼び出し音はしたものの応答ナシ。
その後も複数回、電話をかけたり、メールを送ったりしたが、応答はナシ。

⑤7月12日、家族は高校になぜかピックトトマトの病欠の連絡(?)。
また、すぐになぜか捜索願も出していない。
そのために、学校にピックトトマトが姿を見せなかったために、クラスメートが「どうしたの?」とメールを送ったものの返信はナシ。
実は、東仙坊、もしかしたら家出をしたのかもしれないと一瞬考えてしまった、ピックトトマトの家族の逡巡、躊躇こそに、今の日本の家族崩壊の現状が垣間見られると思うのだが、どうだろう?
あんな辺鄙な帰路を年ごろの制服姿の小さな女性が一人で20分近くも歩くなんて、それだけで超デリンジャラスなのでは?
それだけで、すぐに捜索願を出して、仮に後で家出とわかって恥をかいたっていいと思わないか?
いくらピックトトマトの兄がマスメディアに登場し、「1ヶ月くらい前から就職のことに関して、結構心配している面もあった。全く今まで自分の進路に関して、考えてこなかったみたいなので相当思い詰めている感はあった
「学校へ進路に関する書類を提出しなければならない時期で、進路について悩んでいる様子だった。このまま就職するよりも専門学校なり、大学なり進学した方がいいんじゃないかとは言った」と釈明しても、そのためにすぐそうしなかったことこそ、一番悔いに残ることになると思うが…。

⑥7月13日、ようやくピックトトマトの父親(52歳)が千葉県警茂原署に捜索願を提出。
電源が入った状態では常に微弱な電波を発信し、電波を受信した基地局を調べることで、ある程度位置を特定できる携帯電話。
ピックトトマトの携帯電話から、7月13日までピックトトマトの自宅周辺で電波を発信していたのを確認。
また、ピックトトマトの銀行口座や通学のため持っていた交通系ICカードも使用された形跡ナシ。
そ、そ、それなのに、またもや不可解このうえない千葉県警。
なぜか、8月7日まで公開捜査ナシ…。
つまり、失踪後、28日…。
これこそが、ピックトトマト救出のための決定的な遅れと断定するのは、東仙坊だけではあるまい。
どうあれ、千葉県警は、自分たちに矛先が向くのを恐れ、公開捜査とともに、30人態勢、45人態勢で、ピックトトマトの自宅周辺の大捜索パフォーマンス。
誰が考えても、これって遺体発見のためのものでは?
そ、そ、そんなのってあんまりでは?

⑦8月8日午前8時までに、50数件のピックトトマトに関する情報提供アリ。

⑧8月9日午後5時までに、計約140件の情報提供アリ。
中には、JR本納駅で最後に姿が確認された直後の7月11日午後3時半ごろ、ピックトトマトと似た制服姿の若い女性が、駅と自宅の中間にある神社近くを歩いていたとする目撃情報も(?)。
どうあれ、千葉県警茂原署は、この日で大捜索のパフォーマンスを打ち切り、今後は寄せられた情報の裏付けなどを中心に捜査を進める方針だというが、本当に情けなくてみっともない警察では?

えっ、ピックトトマトはどうなったのか?って?
その日の醸し出すムード、その日の姿形と服装、その日の周辺状況と時間帯…。
少なくとも、愛する人と手と手を取って逃避行というワケではないのでは?
ということは、残念ながら、今や日本中の水たまりでウジャウジャ湧いているボウフラのように、目じりを下げ、鼻を含まらせ、ヨダレを垂れ流し、息を荒らしたクソッタレと出遭ってしまったと考えるしかないのでは?
そして、自分が収穫したみずみずしいトマトのように、もがれてしまったと考えるしかないのでは?

I don't know where the incompetent Chiba Prefectural Police would look at and what for a disappearance case investigate(無能な千葉県警は、どこを見て、何のために失踪事件捜査をしているのか)!




profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード