Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

日本汚染米化プロファイリング 本当のことは誰もオセンマイ-37 ベビーカーを押すのは、ベビーか? 

I believe the age has come which anybody should be a professional at any part except a liar(根っからのウソつきを除いて、すべてにプロの時代が必要な時代がきた)!

東仙坊、あまりテレビを観ない。
つまらないからに決まっている…。
数少ない気に入っている番組に、「アクターズスクール」がある。
必死にプロフェッショナルの俳優を目指す人たちと、成功した俳優とのやり取りが、理屈抜きに面白いからである。
そのせいか、コツコツと演劇の勉強もせずに、ただ偶然名前が売れただけで、映画やドラマに恥ずかしげもなく出演している(出演させている方が問題なのは百も承知)アマチュアに、鼻白むからである。
ましてやスポーツを見せるアマチュアには、ときどき絶句させられる。
民主主義社会になり、大衆が努力もせず平等を主張できるのだから、誰もがやりたいことをして、目立ちたがるのは当然かも…。
最近、一人の人間である以上、どんな人間でも「愛」を必ず持っていると信じ切ってきたことが、間違いかもと感じている。
その理由は、「合い」をまったく知らないまま、息をしているヒトがいるのでは?と本気で思えるから…。
「父親に自分を育てる面倒をかけたくないから」と父親を殺害しようとした息子。
独りよがりに社会貢献をしている気持ちで、世界一危ない場所にいて、金銭目当てのテロリストに誘拐され、税金を3億円近くも使い解放され、一緒に誘拐されていた年下の男と手を繋いで会見に臨んだ勘違いバカ女。「セキュリティ情報がないわけではなかったが、どうしようもなかった」とのたまわれていた…。
凄く哀しい気持ちにならないか?
きっと愛を、合いをまだ知らないに違いないと思うが、どうだろう?
さすがに、誰も、お好きなように!とは言えないと思うが、どうだろう?
かのジョン・レノンは、love is touchと歌っていた。
愛は、本気の関わり合い、触れ合いだと思わないか?

今回のテーマは、電車の中のベビーカー。
安全第一、かけがえのない命よりも大切な我が子のためか、極めて大きくゴツイ。
母親によっては、独りで操作するのもままならないようにさえ見える。
それらが、混んだ電車で、かなり幅を取る。
はっきり言って、かなり邪魔である。
しかも、乗り降りの時は、母親も他の乗客も難渋させられる。
ところが、母親の方は、ベビーカーを押している自分にアドバンテージがあるかのように、傲岸不遜である。
思わず、「自分で勝手に作った赤ん坊、抱いたり、おぶったりして、自分で汗をかけ!」と怒鳴りつけそうになって、危ない。
母親も、母親としてプロフェッショナルになるべきではと憤慨している。 
少し乱暴になっているので、きちんと説明しておきたい。
まず、誰が何と言おうと、ベビーカーは、赤ん坊のためではない。親が連れて歩くのに便利でラクだから以外に意味はない。
どんなにひねくれたイジケタ赤ん坊だって、親の温もりの方が安心で快適に決まっている。
次に、辛い思いをして直接触れて表情を見ていないと、微妙な赤ん坊の変化に気がつかない。間違いなくこの時期の変化は重要なはず。
つまり、赤ん坊と絶え間なく関わったり、触れたりしていないと、自分もそうかもしれないが、赤ん坊に愛が育たないと思うがどうだろう?
最初が肝心。
ちなみに、昨年の電車におけるマナー違反の報告では、32%の人が悪化傾向にあるという。
違反の1位は「座席の座り方」、そのほか「泥酔」、「騒ぐ」、「携帯電話使用」、「ヘッドホンからの音漏れ」の順。
東仙坊、1位と3位の両方に、「ベビーカー」が関係していると思うがどうだろう?
ついでに、アマチュアお母さん!再三再四警告しているように、電車の中にはたくさんのウイルスがいっぱいなことを、ぜひ忘れずに!

It must be too bad for a baby to use a babycar to make a baby feel the love(愛を感じさせるためにベビーカーの使用はよくない)!


profile

東仙坊 

東仙坊 tohsenboh.jp
コピーライター歴三十有余年。人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
RSSフィード