Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-29

I think the world situation must be so serious not to be pleased to diminishe other countries(世界の状況は、他の国を貶めてヌカ歓びしている場合ではないほど深刻)!

東仙坊、パリの同時の人質立てこもり事件で、ユダヤ教専用のスーパーマーケットでのテロリストが、「フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブド銃撃事件実行犯兄弟を解放しろ!」と言っていると聞いた瞬間、ああ、これで警察は同時突入するハメになったな…と直感。
その直感を確かめるべく、6時間もCNNのブレーキングニュースに釘づけ。
そして、郊外の大きな印刷工場の方はいろいろ突撃する侵入口が見つかりそうだが、マンション1階にあるスーパーマーケットの方は正面のガラス張りの入り口しかなさそうだから、厄介だな…とメチャクチャ懸念していた。
それから、どうあれ、先頭になる警官はかなりデリンジャラスでイヤだろうな、でも、仲間の警官が処刑のように殺害されたのだから、武器を持たない交通整理中の仲間の女性警官が殺害されたのだから、必死にやるだろうな…と心配してもいた。
現地時間午後5時ジャスト。
予想通り、突入が始まった。
観ることができた限りでは、印刷工場では屋上からも突入。
白い煙が上がったが、ほんの2~3分で収束。
死ぬ気で12人を残忍非道に射殺したはずのなのに、なぜか人質を取って立てこもった卑怯で卑劣なテロリストは射殺。
しかも、人質女性も無事救出、パチパチパチ…。
ところが、スーパーマーケットの方は、簡単じゃなかった。
先頭の警官は吹っ飛ばされ、ホシは手榴弾を使ったのか? 激しい撃ち合い。
それでも、なだれ込み続ける警官たち。
5分は続いた。
すると、子どもを含めた人質がゾロゾロ外へ、何が人質5人だと言いたくなったほど…。
そして、こちらも何とか射殺。
すると、すでに4人を殺害していたことが判明。
どうあれ、それでも、東仙坊、ただただパチパチパチ…。
なぜなら、窓を閉めて静かにしていないさいと言われたいた小学校の子どもたちが、窓からペンを掲げていたから。
そして、事件収束とともに、凱旋門の電光文字で「PARIS est Charlie(パリはシャルリー)」と流れたから。
やっぱり、パリには、本物のエスプリとシニスムがある。
その勢いで、絶食覚悟で、パリの親友に思わず電話してしまったほど。
えっ、何を話したのか?って?
それは秘密。
ただ、最後に、「サプア人は日本を貶めることを止めろ!」というプラカードを持って、パリでの輪に加わって!って頼んだら、電話を向こうに切られたけど…。
さて、東仙坊、昨年、サプアで、どんなことが起きていたのかということについて、ざっと一通り書き込んだ。
そこで、今度はサプアと我が国との間で生じている不気味で摩訶不思議なことについて言及しておきたい。
◎1月4日、サプアのお嬢さん大統領による中国人向けの新年のビデオメッセージが中国で話題。
12月29日、人民網が、「お嬢さん大統領が中国人にあてたビデオメッセージ」を掲載したから。何でも、「FTAの締結など経済関係が深まったほか、中韓両国の相互訪問者数が初めて年間延べ800万人を超えるなど文化面でも両国の関係が深まった」と強調。
最後に得意の中国語で「新年快楽」と媚びたとか。
このビデオメッセージへの中国netユーザーのコメント。
「いい歳だけどお嬢さん、イイネ」
「サプア語なのにところどころ意味がわかってしまう。中国観光年とか800万とかさ」
「新年の挨拶はいいけどさ、旧正月もサプアは世界遺産申請するんじゃないの?」
「お嬢さん大統領の中国語はウマいね。だけど、旧正月までパクらないでね」
「旧正月までパクらないで」
「世界遺産申請は止めて」
「パクらないで」

ところで、そのお嬢さん大統領は、円安の進行に神経過敏。
昨年11月17日、「世界的に不透明感が強まっているため株式市場を含む国内の資本市場では不安定感が高まっており、輸出企業の利益が円安のために悪化する恐れがある」と中央日報に吐露したり、オーストラリアでのG20首脳会合で、「自国の状況だけを考慮した先進国の経済および通貨政策は新興国にマイナスの波及効果を及ぼす」と日本の円安政策を暗に批判したり、得意のなりふり構わぬご様子。
それはそうである。
円安による打撃を端的に反映しているのか、日本とは全く対照的な株価動向。
円安・ウォン高で、電子、電機、自動車、鉄鋼など日本と競合関係にあるボラティリティー大手輸出企業の競争力を低下させるとの不安からか、サプア株は低迷の一途。
もともと、何でもマネっ子なのだから、金融緩和でウォン安に誘導すればいいものを、それができないところがサプアの致命的な弱点。
それはそうだと思わないか?
サプアへの外国からの証券投資額はGDPの4割以上。
もしウォン安になったら、それはそのまま外資のサプア売りの引き金。
そうでなくても、経済政策は本来、自国のために行うのが国際的な鉄則。
日本は国内需要の拡大を通じ外国の経済にも好影響を及ぼす結果を出すよう、粛々とアベノミクスを完遂するだけ。
今まで、どれだけ甘い日本にオンブにダッコだったかをイヤというほど知るべき。
得意の足の引っ張りで、円安を抑えようとしてもムダなこと。
日本のマスメディアかのようなサプアマスメディアが、何を言おうと馬耳東風。
「アベノミクスvsアベリスク」、「もはやアベノミクスは『逃げノミクス』に転落」、「アベノミクス失敗論」、だからどうした?と一蹴すべき。
安倍晋三政権発足時の2012年末に100円=1200ウォン台だった為替レートは、現在、900ウォン台。
昨年1~9月の対日輸出額は、輸出全体の5.7%(約244億4千万ドル)で、統計を開始した1966年以降で最低水準。
どうだろう?
経済成長率だけでアベノミクスを失敗だと言っている割には、まだまだ多いのでは?
そもそも、肯定的に評価できる経済指標が数多くあるのにそれを見ないこと自体が問題なのでは?
ともかく、それを象徴するアイテムが、サプアの酒。
1月2日、聯合ニュースは、「ハイト真露やロッテ酒類などのサプア酒類メーカーの焼酎輸出に占める日本の割合が減少し、中国の割合が増加」と報道。
サプア酒類業界とサプア関税貿易開発院によると、サプア酒類メーカーの昨年1~11月の焼酎輸出額は9211万ドルで前年同期比6.0%減。
2012年を除いて、2010年から毎年減少傾向。
輸出に占める日本の割合は、2012年80.6%、2013年73.5%、2014年68.9%と減少。
中国の割合は、2012年5.5%、2013年7.8%、2014年9.6%と増加。
何でも、韓流ブームの低迷や嫌韓ムードの拡大、円安の影響により、焼酎の最大の輸出先である日本での業績が悪化したことが、全体的な輸出低迷に繋がっているとか。
これを受け、サプアnetユーザーのコメント
「サプアの焼酎はマズイから当然だろう。好奇心で1、2回は飲んでみるかもしれないけど、すぐに飽きられるよ」
「サプアの焼酎は安いのがよいところなのに、日本ではとても高く売られている。飲む人がいなくなるのも納得だ」
「サプアのお酒を買う国が存在していることに驚く」
「サプアの焼酎は味を楽しむのではなく、酔うためのものだ」
「日本の酒を飲んでみろ!サプアの酒は酒とは言えない。ただエタノールと水を混ぜただけのもの」

「日本のサプア嫌いが拡大し続けている証拠だ。日本人は大した意味もなくサプアを嫌い、サプア製品不買運動をしている(?)」
「それでも日本旅行に行き、日本製品を買い漁るサプア人がいるのは何で?」

どうだろう?
日本人でサプアの酒を好んで飲んでいるヒトは、酒の美味しさを知らないのかも?
それ以上に、実に興味深い話がこれ。
◎昨年11月28日、サプア法務部は、「昨年1月~10月にサプアに難民申請を行った外国人が2176人」と発表。
年間難民申請者数が2000人を超えたのは初めてとか。
難民申請者が増加したのは一昨年7月1日に難民法が制定・施行されたため。
2012年1143人だった申請者数は、難民法が整備された一昨年には1574人に増加し、昨年は2ヶ月を残して2000人を突破。
申請者の出身国は、エジプトが416人で最も多く、パキスタン285人、中国208人、ナイジェリア170人、シリア156人。
ただ、難民者の急増によって審査は滞っており、1次審査を待っている人数は1917人。
昨年、難民と認定された人数はわずか61人。
人道的滞在許可が491人、1400人は非認定。
認定数は2012年60人や一昨年57人とほぼ同水準。
それに対する、サプアnetユーザーのコメント。
「なにトチ狂ってアジア初の難民流入国になったのか! ドイツのような先進国が難民受け容れを中止したことにはそれなりの理由がある。難民の受け入れには、多くの副作用が…国や大統領のイメージ…そんなもの気にせず、国民のためを思って追い出せってんだ!!」
「イスラム圏の難民は絶対に受け容れるな。 イスラムが一度入ってくれば、その勢力が急速に拡散して、あっという間に国が滅びる」
「アジア初の難民条約加入国だからって、何先進国ヅラしてんだ?国民の処遇からまず改善しろよ」
「頼むから、質の悪いのは送ってくるな!!イラつく。税金であいつらを養うのかよ、治安も悪くなる~」

「どうして日本じゃなくサプアにくるか知ってるか? 日本は徹底して自国民の保護を優先している」
「国籍を見て受け容れるかどうかを決めろ。サプアは掃き溜めじゃねえぞ…」
「だからオレは人権派を嫌悪している。多文化が失敗ということは欧州で証明され、難民問題で頭を抱えている。何を好き好んで、そんなことを?」
「難民流入に反対です。愛と寛容を掲げた欧州のすべての首相が、なぜ多文化失敗宣言をしたのでしょうか。大変なことになりますよ」

「オレ自身カナダに難民申請すべき状況で、難民を受け容れるだと?」
「自国民の面倒見ろ。これだからグローバルバカという汚名を浴びせられるんだ。反省しろ、法務部よ」
「主に北の住民だと思っていたのに、愕然…隣国でも無いのに…はるか遠くの国からも」
「日本は受け容れの難易度を極限まで高めている…日本人と結婚しない限りほぼムリで、これも5年、10年ごとに確認を受ける必要がある。日本はそれほど厳しくしているのに、サプアは外国人をあまりにも好意的に捉えて、軽い気持ちで簡単に帰化できるようにしていて、心配だ」

どうだろう?
どう考えても、コスモポリタン的発想は皆無では?
どちらかというと、かなりのレイシスト。
そこで、気になることが1つ。
逆に、エジプト人、パキスタン人、ナイジェリア人は何でサプアに難民申請をするのか?
言論の自由もない、法治国家でもない国なのに?
それで、よくよく考えると、どの国も他罰的な傾向の強い国民。
やはり、類は友を呼ぶのかも…。
最後は、リアルな話を1つ。
昨年末、東京随一のコリアンタウンとして知られる東京都新宿区新大久保近辺が、近年になく静かだったとか。
それというのも、日韓の国旗の看板が目印で街のランドマークだった「韓流百貨店」が一昨年4月に東京地裁に民事再生法の適用を申請しただけでなく、飲食店やアイドルショップなどの閉店が続出。
通称「イケメン通り」までが、ガラガラだったとか。
何しろ、新大久保は、「冬ソナ」ブームのころに急激にサプアの飲食店などが出店。
中高年で大賑わい、その後はK-POPブームで若い層までワンサカだったのに、今やコリアンタウンの店の売り上げは半分から3分の1に落ち、400~500軒あった店舗のうち1割が空き店舗なのだとか。
コリアンタウンの方々は、いい加減、サプアに怒り心頭になるべきなのでは?

Look Korea! you could establish identity by anti-Japan activity, so fucking what(サプアよ! 反日活動でアイデンティティを確立して、それが何) ?

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード